2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

旧日本軍弱小列伝

1 :日出づる処の名無し:2005/09/29(木) 02:16:21 ID:MBrm9HpG
第二次大戦で旧日本軍は緒戦で善戦するも、連合国の圧倒的な物量の前に敗北した?!
http://www.luzinde.com/

709 :日出づる処の名無し:2006/01/12(木) 11:40:26 ID:c3WRG5sy
>>708
圧倒的な国力を持つアメリカに対して1/3も作っていた訳ですが。
もっとも性能を加味すれば流石にもっと差は開くし、日本では用途としてアメリカほど有効
ではなかったので作らなかったとは言え、週間空母を入れたら国力相応になりますけどね。

別に主観に付いては反論する気は有りませんので、世界一ではなくてもベスト5に入る程度
には強かったと思ってはいても、強かったと思わないと言う意見には反論しません。
明らかな嘘/間違いを訂正したまでの事で、この程度の情報を素で忘れる人の主観に説得
力が有るかどうかも、一連の流れを追った人の主観で決りますしね。

710 :日出づる処の名無し:2006/01/12(木) 23:57:06 ID:xbvLARhe
チハタンは世界基準で言うと支援戦車だろ
初期の4号戦車みたいなもん

711 :だつお:2006/01/13(金) 10:47:44 ID:uePAhEVJ
>ドイツがヨーロッパで暴れてなければ、

北アフリカでロンメル率いる「4個師団」がなー。

  【連合軍の作戦計画】
 1942年6月にダンケルクが陥落してから英独両軍の戦いの場は遠く離れた北アフリカの砂
漠となった。だが、イギリスにとって砂漠の戦場が彼等にとっての生命線であるスエズ運河を死
守するという重要な位置づけをされていたのに対し、ドイツにとっては砂漠の戦いはあくまで副
次的なものだった。誤解されている人もいると思うが、北アフリカ戦線ではイタリア軍がメイン
でありドイツ軍はそれを支援するだけの存在だったのだ。
 この事は、ドイツ軍と死闘を展開しているソ連にとっても黙っていられる問題ではなかった。
ドイツが北アフリカに投入している兵力はわずか4個師団に過ぎず、現有(1942年11月6
日時点)256個師団のうち7割近い179個師団を東部戦線に投入しているからである。
 ソ連首相のスターリンは英米に第2戦線を早期に構築するよう強く要求した。彼は英米が独ソ
の共倒れを策しているのではないかと疑っていた。事実、英米にはそれを期待する人たちが多数
存在していた。
http://www.geocities.jp/wqjxt996/d-day.html

トーチ作戦前のエルアラメインの兵力は英第8軍が23万。
砲装備戦車1440両。 航空機1200機。ロンメル軍が8万以下、うちドイツ兵
2万7千。ドイツ戦車260両。イタリア戦車280両。航空機350機
http://www.oc.jful.jp/~oc429s/newpage22.htm

「終戦までのドイツ国防軍全体の損失は1348万8000人を数えた。
このうち1075万8000人が東部戦線で戦死するか捕虜になった」
http://www.jbook.co.jp/p/p.aspx/4059011738/i

712 :日出づる処の名無し:2006/01/13(金) 11:02:06 ID:6aQRSn7s
>>708
ドイツが〜などという妄想が通じるなら中国大陸で戦火拡大しなければ九七式以降の戦車開発が十分できたという事も言えるんだか。
九七式から何故開発がストップしたかは極東軍スレで散々既出。


713 :日出づる処の名無し:2006/01/13(金) 11:41:47 ID:6aQRSn7s
イギリス軍は45年頃、インパールで損害受けて回復していない日本軍に、ほほ同じ兵力(空、戦車、砲はイギリス軍が上)で戦闘して死傷者が日本軍上回ってたりする。


714 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 01:00:01 ID:lwdwCYwx
エゲレスの最新鋭戦艦POWを撃沈せしめ、禿げチャーチルをガクブルさせただけでも
大したもんじゃん、旧海軍。

715 :536−537:2006/01/14(土) 03:49:44 ID:oVyEcath
>>709
ベスト5には入るだろうな。
1位アメリカと2位ソ連の間に「歩兵師団自動車化の壁」があり
4位イギリスと5位技術力の壁があるけど。

ここの住人は馬鹿サヨクとは違うと思うので言うけど、現実見ような。

「ソ連の内部要因でソ連軍がぼろぼろだった状況の時に、装備の充実した関東軍が」局地戦でぎりぎり勝ちと言い張れる程度の戦いしかできてないんだよ。


716 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 07:28:14 ID:wuRnzmYm
>715
そういう君は日本が支那事変で疲弊してたのは考慮してるのかい?

717 :536−537:2006/01/15(日) 03:44:22 ID:OIVjJSe+
>>716
実戦経験という言葉は聞いたこと無いか?


718 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 18:25:12 ID:43Ruuu4N
>>716
まー素で忘れたとかいって実数の40%の数字を挙げていた人の言うことですから。
話も40%程度に聞いとけば良いんじゃねーの?

719 :536−537:2006/01/16(月) 03:53:19 ID:rfu8mJrL
乗せる航空機もない空母なんて、っていうのはおいといて、
空母こそ、一応17,8対5(うち戦力となり得ると言い張れるのは大鳳のみだが)と言い張れるが(正規空母に限ってだが)、
「他の艦種」について語る勇気はあるか?




720 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 21:01:16 ID:ZUpn5dYU
>>714
二度と来るな

721 :日出づる処の名無し:2006/01/20(金) 23:53:44 ID:QTzpGpWj
>>720
何だこいつは?また罪チョンが紛れ込んだか?w

722 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 12:20:03 ID:PO2QNoVx
まぁ、いずれにしろ大東亜戦争はわれわれ日本人と欧米列強との戦争だった。
支那人・朝鮮人はただの傍観者か軍夫にすぎない。

723 :だつお:2006/01/21(土) 12:47:00 ID:dPL0BvEW
航空機にしても品質では皇軍も米軍も大差はなく、大陸打通作戦
では日米互角の航空戦が繰り広げられ、147機ものB29が失われた。
米軍のP51やB29も、皇軍の隼や四式戦も決定的な優劣はなかった。

航空戦で大差がなければ、あとは機械的信頼性と走行性と燃費効率
に長けた97式中国チンピラゴロツキ大量殺戮マシーンの快進撃。
こうして中国チンピラゴロツキ3500万が、その生贄となった。
つまり中国人という生き物は、皇軍兵器の優秀さを証明するために
湧いてきては殺される、実験用ハツカネズミのようなものだった。

異論あるか?

724 :だつお:2006/01/21(土) 13:01:52 ID:dPL0BvEW
マッターホルン作戦をもってしても、97式中国チンピラゴロツキ
大量殺戮マシーンを止めるには至らなかった。

もうどうにも止まらない、97式中国チンピラゴロツキ大量殺戮マシーン。

皇軍は中国戦線では天下無敵。無敵皇軍が大陸打通3000キロを
進撃して中国チンピラゴロツキ3500万をミンチ肉にした。

勝利勝利の快進撃、無敵皇軍の復活。皇軍は最強、皇軍戦車は優秀。
中国人は皇軍にとっては殺戮実験動物ハツカネズミに等しかった。

725 :だつお:2006/01/21(土) 13:11:59 ID:dPL0BvEW
>もうどうにも止まらない

うわさを信じちゃ いけないよ
私の心は うぶなのさ
いつでも楽しい 夢を見て
生きているのが 好きなのさ
今夜は真赤な バラを抱き
器量のいい子と 踊ろうか
それともやさしい あのひとに
熱い心をあげようか
ああ蝶になる ああ花になる
恋した夜は あなたしだいなの
ああ今夜だけ ああ今夜だけ
もうどうにもとまらない

726 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 00:41:52 ID:a67VXALD
だつお!最後のは何だ?w

727 :536−537:2006/01/22(日) 05:09:35 ID:6qw9gIDz
>>723

品質って言葉の定義にもよるが、どう考えれば「日本とアメリカの品質に大差が無かった」の化を説明してほしいな。

「互角の被害」という点も「小国の引き分けは負け」だと紀元前に論破されているが。
誰だったか忘れたが。


728 :だつお:2006/01/23(月) 11:05:00 ID:bZlnbWSH
>どう考えれば「日本とアメリカの品質に大差が無かった」の化

中国抗日戦史では、中国軍敗退の原因を兵器性能の差としている
場合が多いぞ。他にも司馬遼太郎とか藤原彰とか、日中戦争を日本側
の非道な侵略行動として批判する本では、意外にも中国人を虫けら
同様に大量殺戮した旧軍兵器の火力を賞賛している。これではまるで、
国民党軍の標準装備だったドイツ陸戦兵器が、皇軍のそれよりも
甚だしく劣っているような物言いで、ドイツに対して無礼すぎる。
皇軍側史料でも、ドイツ陸戦兵器の優位性を認めコピー生産が
試みられた事実を認めているというのに。

中国人の絶望的な知能障害を前にしては、当時世界最優秀と謳われた、
かのドイツ陸戦兵器でさえも色あせてしまうのだった。

729 :536−537:2006/01/24(火) 02:16:58 ID:Elkobhn+
使ってるのが毛長土人じゃなぁ。
まあ確かにチハタンも「流れに置いて行かれた」だけで出来た当初は世界的に見て悪い戦車じゃなかったしな。



730 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 00:33:56 ID:DMv17vdV
>>729
98式中戦車のチハと言う愛称が、どういう理由でつけられているか知ってる?
1式・3式・4式・5式の愛称も知ってる?

731 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 00:56:50 ID:JRjMBty5
九十七式だけどな

732 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 00:59:48 ID:DMv17vdV
>>731
おっと、タイプミス。
指摘ありがと。

733 :大陸浪人:2006/01/26(木) 09:43:12 ID:ctBtOAub
九七式ではないか、よく知らんが。

734 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 14:36:19 ID:HH1YxUaU
零戦二一型とP-51D。
艦上機と陸上機。
しかも開発された年代も違う。
そんな2つを比較されてもねえ・・・
あの管理人は何を考えてんだか・・・・ってガイシュツか・・・

735 :536−537:2006/01/28(土) 06:17:24 ID:wPpwfWun
なるほど、ここはあのお笑いサイトのスレだったのか。
マコリンペンの通う学校に日協組がいて、左翼教育してたら嫌すぎだなw

>>730
知らん。つーか日本軍のパターンから言うと車体とシャーシのような気がするが、そうすると「チ」車体以降無いことになるし。
1,3,4,5は皇紀だろ。
皇紀二千六百五年にシャーマンの相手できる戦車を作っても手遅れだが。


736 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 14:43:00 ID:IQBLIaUA
なんというか・・・
あのサイト言ってることが極端過ぎるんだよな。
当時の世相というか置かれている状況とかを完全に無視して
あんな持論を持ち出されても「ハァ?」としかならん。
あのやり口がありなら誰だって
「終戦から20年も経っていないうちにマッハ3の爆撃機を完成させているのに
当時は音速未満のプロペラ機。当時の人達はよくこんな人命軽視自殺機に(以下略)」
と叩ける。

737 :だつお:2006/01/28(土) 19:38:24 ID:bn9Cj/Xz
http://www.ww2guide.com/usab.shtml
欧州戦の米爆撃機
http://home.att.net/~jbaugher2/b29_9.html
中国大陸のB-29
http://home.att.net/~jbaugher2/b29_10.html
マリアナ方面のB-29
http://home.att.net/~jbaugher2/b29_12.html
朝鮮戦争のB-29

大東亜戦争でB-29は延べ28550機出撃で喪失518機、
朝鮮戦争では延べ21000機出撃で喪失34機。

帝国陸軍の火力水準は、少なくともチンピラゴロツキの十倍以上。
チンピラゴロツキも撃破できない米軍に、日本上陸戦など夢のまた夢。

それとも日中戦争の中国人はチンピラゴロツキだったが、
朝鮮戦争の中国人はそれとは違うのか?

そもそもチンピラゴロツキでない中国人なんて存在するのか?

738 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 19:50:49 ID:aGCI8Ad7
たしか当時の日本はGMと同じぐらいの国力なんだって?
弱くて当たり前だな、むしろよく4年も戦ったよ。

739 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 21:06:37 ID:JenIlA85
GMってなあに?アメリカがガンダムで日本はジムってこと?

740 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 05:52:47 ID:fuunFbZI
>>738
確かにそうだな。人、物、金という圧倒的物量を誇り、
あらゆる面での技術にも遥か上に位置し「日独伊の2国+おまけ」に対し
「米英蘭豪中の5国」。初っ端に戦艦を潰された(わざと潰したとも言えるが)とはいえ
降伏させるのに何でそんなにかかるんだ?
F6FヘルキャットとVT信管が登場しても一年以上も降伏させることは出来なかったし・・・

741 :536−537:2006/01/29(日) 05:59:08 ID:LtwkwfDs
正直原爆実験をやりたかったとしか思えんな、自分たちで要請しといてソ連の侵略後「天皇の身の安全は保証する容易がある」みたいなと匂わせたとも言うし。


742 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 06:16:08 ID:5kYVilTU
>741
>正直原爆実験をやりたかったとしか思えんな、自分たちで要請しといて
ナニ言ってんだ?

>ソ連の侵略後「天皇の身の安全は保証する容易がある」みたいなと匂わせたとも言うし。

日本側の「天皇制だけは残してくれへんかー?」
米「天皇はGHQ司令官に隷属するものとする」
日「それは存続OKってことでっか?」
米「・・・YesともNoとも言わんよ(w」

743 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 14:44:22 ID:vFj7eH/d
>742
日本語の不自由な人?
読解力が無いという以前にその区切り方は酷い

744 :536−537:2006/01/30(月) 03:56:43 ID:ttgLJAB9
>>742
一応確認して億が、「ソ連の参戦は(形の上では)連合国の要請」なのは知ってるな?
実際には、ソ連が「もっと前に」って言ったのをアメリカが「いややるべく後の方」って綱引きの結果が「ドイツ降伏4ヶ月後」で一致したのだが。
ちなみに、4ヶ月の数字が違っていても気にするな、年表調べるの面倒だっただけだから。


745 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 08:44:43 ID:FpjpbGa3
原爆落とされたくなかったらとっとと降伏すりゃ良かったのに。

天皇制なんかにこだわるから数十万の死者を出すんだよな

746 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 11:23:28 ID:n5fkW+Yj
>>735
>知らん。つーか日本軍のパターンから言うと車体とシャーシのような気がするが、そうすると「チ」車体以降無いことになるし。

外れ。
チは「中戦車」、ハは「イロハでの正式に開発の始まった順番」、ちなみにケは「軽戦車」。
97式→チハ、1式→チヘ、3式→チヌ、4式→チト、5式→チリ
ニはチハと競争で負けて正式採用無し、チホは試製98式中戦車、チは重なるから欠番?
開発順は97>(98)>1>4>5>3。
何故4と5が先に送られたかと言うと、日ソ中立条約の成立が1941年、つまり1式の正式採
用の年だから、対戦車を想定した戦車の開発順位下がったからと言われる。
1939年のノモンハンの戦訓を元にチハの車台を改良し短期開発を目的とした1式と同時に、
新規に車台を設計した長期開発の4式、4式の車台を流用して砲撃力を挙げた5式。
3式は海が押し込まれ出したので急遽対戦車能力を拡充する必要が出てきて、1式の車台
に対戦車能力の高い砲塔を積んだだけで、4式までの繋ぎ。

しかし命名基準すら知らない割に偉そうな口振りで断定するのは、自分の発言の信憑性を
どんどん落している事に気付いた方が良いと思うが。

747 :536−537:2006/01/30(月) 22:46:48 ID:ttgLJAB9
>>746
命名基準など知らなくても、「チハタンの性能」と「日本が実戦配備できたのは結局一式まで」を知っていれば、「戦力を語る」には十分だろ。
あと、ついでにT−34の命名の理由教えてくれ。



748 :日出づる処の名無し:2006/01/31(火) 01:30:33 ID:IVkgoZTr
>>747
>命名基準など知らなくても、「チハタンの性能」と「日本が実戦配備できたのは結局一式まで」を知っていれば、「戦力を語る」には十分だろ。

真面目にこれを言っているなら、ただの馬鹿だな。
流石に負け惜しみだと思うが・・・。

749 :536−537:2006/01/31(火) 01:46:26 ID:QneK0U+y
>>748
命名基準を知らなければ戦力として語るのは無理と言いたいのか?
それとも俺が「チハタンと一式戦車だけで世界中のあらゆる戦力を語れる」と言ったとでも思ったか?


750 :日出づる処の名無し:2006/01/31(火) 02:10:49 ID:IVkgoZTr
>>749
それじゃ添削してあげる。
「日本が実戦配備できたのは結局一式まで」→「日本が実戦配備したのは一式まで」

別に日ソ中立条約成立下で、船や飛行機の開発よりも戦車を優先するべき根拠を明示出
来た後でなら、「できたのは」と言っても良いけどね。
命名基準は、その優先順位が下がっていたことが分かりやすいから挙げている。
せめて4式や5式の開発年度と、陸軍航空機の開発年度や正式採用年度を比較してから、
「できたのは」と言えば説得力があったんだけど、何も無しに>747なら「ただの馬鹿」。

実際は海で押し込まれたから戦車を開発せざるを得なかった、つまりそれまでは優先順位
が低かっただけだから、どう足掻いてもただの馬鹿だけど。
この話は反日軍オタが反論に詰まった挙句、最後に「戦車を埋めればトーチカになるから
島嶼戦でも有効だ」と馬鹿なことを言い出して袋叩きにあい、すごすご逃げ出した話題な訳
だが・・・。
雲龍型を素で忘れたとのたまう程度の人では話にならんよ。

751 :日出づる処の名無し:2006/01/31(火) 02:13:58 ID:i0WLvu0X
チハはドイツ戦車で例えるなら4号戦車D型みたいなもんだ
D型が対戦車戦に弱いからといってD型の評価は下がるのか?
チハは対戦車用に作られてないから戦車に弱くて当たり前なんだよ

対戦車戦だけでチハの評価のすべてが語れるとでも思ってるのか?

752 :536−537:2006/01/31(火) 02:19:19 ID:QneK0U+y
>>750

連合国側が「戦車も開発しつつ」海でも日本軍を押しこめたのは無視か?
海で押されてでも戦車を開発しろなんて言う気はないが、「事情はどうあれ」実戦配備「出来た」のは一式までだろ。

そろそろ、アミバ様って呼ぼうか?


753 :536−537:2006/01/31(火) 02:20:52 ID:QneK0U+y
>>751
だから「チハで対戦車戦をやらされた」英霊に対してそれがなんの慰めになるよ。


754 :日出づる処の名無し:2006/01/31(火) 16:34:56 ID:iG8jcLj8
>752
横レスだが、船や飛行機でも開発や生産に難儀していたのに、戦車なんか作っている余裕は無いと思うが?
只でさえリソースが逼迫しているのにそれを世界で最も豊かなアメリカを中心とした連合軍と一緒くたに考えるのは
馬鹿の極みだと思うぞ。
また飛行機でさえ、戦闘機生産を優先して、大型爆撃機開発はリソースの面で脇に追いやられていた。

戦前でさえ、日本は海軍に国力を取られて陸軍は冷や飯を食っていたんだ。
かつ中国大陸ではシナ事変で消耗を強いられていたしな。
歩兵師団の総合火力ですら不足気味なのに、その上金と油が掛かる機械化師団なんかに手を回せないっていうの。
米英と戦争に追い込まれた時点で日本はアウトだったの。

単に戦車を開発し、少数だけ配備するだけなら日本も出来たであろうが、それによる総合戦力の向上に如何ほど
の効果があるか?を考えたら、誰でも力を別に振り向けた方がいいと考えるだろうな。
あのイタリアなんかを見てみろ。妙な3発機や4発爆撃機を開発し、結局極少数生産しただけに終わり、一体ナニがしたかったの?
という悲惨なオチがついた国を見てれば、一極集中という考え方は間違いとはいえないだろう。
まあ、それでは戦争を長く持たすことは出来ても、決して相手に勝つことは出来ないけれどな。

755 :日出づる処の名無し:2006/01/31(火) 17:21:25 ID:x7+SZity
>>752
>753と言う事。
そういう考察も何も無しに貶すだけだから、「ただの馬鹿」と言われている事に気付けない様
だが。
この極東板では過去に議論の積み重ねが有るので、中途半端な知識では恥をかくだけ。
そもそも雲龍型を素で忘れて蘊蓄をたれた事を無視して強がってみても、客観的に見てア
ミバ並に間抜けに見えるのはどちらか、よく考えた方が良いよ。

756 :日出づる処の名無し:2006/01/31(火) 20:23:34 ID:BQ+IfCgc
>>751
4号D型とチハを同列に語る?それは問題ありだろう。

757 :536−537:2006/02/01(水) 05:07:29 ID:f/dBpsZj
>>754
ウン、勿論戦車開発にさくリソースなどあるわけがない。
だから「実戦配備できた」のは一式までなんだそれを無視して「戦車にリソースを向けていれば」なんて話をするから「アミバ様」なんじゃないか。
結局連合軍の戦車の矢面に立たされたのはチハタンであり、そのチハタンは大戦中期から後期にかけてもはや戦車と呼べるような代物でなかった。

それを認めた上で「なぜそうなったのか」「どうすればよかったのか」を論じるならともかく、「毛長土人の相手には十分だった」程度で満足していては、アミバ様と言うよりむしろニダーだな。

雲竜型については基本的に自分のミスだしあまり言いたくないが「雲龍なんて実際空母じゃない」
空母ってのは「空母艦載機のパイロットとしての技量を持ったパイロットが乗った艦載機」
があっての空母。実際には輸送艦として一度出撃し、戦後復員船としてがんばっただけの雲龍なんて空母じゃない。
(信濃もな、大鳳は一応自前の艦載機はないという前提で作られたので例外)



758 :日出づる処の名無し:2006/02/01(水) 05:50:00 ID:kHnVPxBD
>>757
やり取りを拝見した限り。。
あんたのほうが「アミバ様」「ニダ−」に相応しいように見えますよ。

295 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)