2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本の一次・二次産業を活性化して輸出しよう!2

1 :日出づる処の名無し:2005/10/04(火) 20:05:07 ID:MyhRiI+b
日本産の農産物や海産物、工業製品かなり良質だと思う。
けど、日本政府は開発ばっかりでせっかくの耕地や漁場を潰してるし、中小零細企業は構造改革の名のもとに
貸し渋りや貸し剥がしで潰れていく。
魚沼産のコメ、松坂や米沢などの和牛、国産の黒豚、松茸や椎茸やシメジ、伊勢海老・関鯵・関鯖。
どれも日本が誇る良質な農産物海産物。またモノ作りも、ウォークマンやホンダの省エネ車、新幹線や造船技
術は世界一ではないだろうか?
これらは日本の中小零細企業の努力の結晶であると思う。
都知事は沖ノ鳥島で漁業を復活させようとしてるし、新銀行で日本の中小零細企業を活性化させようとしてる。
とても頼もしい政治家だが、他の道府県では?あるいは日本政府は?
極東板はどうも国際問題(主に支那や朝鮮)に偏りがちだけど、こういうところに目を向けて板全体で盛り上げ
たらどうだろ?
前スレ
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1114318592/l50#tag216


67 :日出づる処の名無し:2005/11/19(土) 15:29:09 ID:bTfZvyy1
【農業】新農業助成制度 価格下落による減収分を9割補填(10/27)
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1130422956/l50
【農業/関税】WTO非公式会合 日本、立場厳しく 農業交渉、食料輸出国に押され[11/8]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1131568420/l50

68 :日出づる処の名無し:2005/11/19(土) 15:51:05 ID:bTfZvyy1
5 :可愛い奥様:2005/11/03(木) 18:28:12 ID:3c61OlGH
  関連リンク

厚生労働省HP 輸入食品等の食品衛生法違反事例
http://www.mhlw.go.jp/topics/yunyu/1-4/0501.html
韓国製品の不買運動に御協力ください!
http://merit.sesames.jp/yamauti_shouta/html/p2/
中国製品不買運動委員会
http://6313.teacup.com/jaco/bbs
危ない中国野菜 - 日本反華連盟
http://www.geocities.com/jaco2005jpn/ccc.html
アジアの安全な食べ物 中国の7色に輝く河川と食品
http://blog.livedoor.jp/safe_food_of_asia/archives/50010839.html
<丶`д´> パクリ大国 南朝鮮(左フレーム・日韓お菓子比較 参考)
http://nandakorea.sakura.ne.jp/frame.html
◆私達が日頃スーパー等で見かける輸入水産物の主要原産国・地域
http://www.jfta-or.jp/Ippan/minichishiki_yunyu.html#region
北朝鮮のアサリは北朝鮮の子どもたちに
http://www.sukuukai.jp/report/200501181.html
北朝鮮のアサリ
http://poohbooh.s22.xrea.com/cgi-bin/se2_diary_u.cgi?txtnumber=2&mynum=81
北朝鮮貨物船入港状況
http://nyt.trycomp.com/hokan/0030.html
意外に出回る北朝鮮産 マツタケ、カニ、紳士スーツ・・・低価格を売り物に
http://www.hokkoku.co.jp/_keizai/K20021006001.htm


69 :日出づる処の名無し:2005/11/20(日) 10:03:43 ID:oBg/9DYr
611 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :2005/06/15(水) 09:22:43
日本の物価が高いのは、基本的な生活を営むのに必要な財・サービスが規制によって超割高に設定されているからだ。

特に農畜産物や酪農製品の関税
これのお陰で日本の食費は内食、外食問わず諸外国より三倍以上高い(下記参照)
総務省統計局 http://www.stat.go.jp/data/sekai/pdf/1303.pdf

そして家計消費支出に占める食費の占める割合は概ね18%くらいである(下記参照)
http://www.stat.go.jp/data/sekai/pdf/0308.pdf

高関税を是正してOECD主要国程度並の食費になれば、国民一人当たり年間約15から20万円も購買力が増加するのである。
日本の物価はほんと高すぎる。





経済板からコピペ

70 :日出づる処の名無し:2005/11/20(日) 10:24:10 ID:oBg/9DYr
日本の農家は売る為 以外でなく自分の家の為に
作ってる所も結構あるし大概が兼業農家だよ
農業だけでは 食えないし 空いた時間は 働きに出てるよ
かなり勤勉だと思うよ
リーマンだけの奴に較べたらね
日本の悪いところは 作った農家に恩恵がなくて
流通が大概の利益を取るから、よくないのだろうな
有機栽培や無農薬等で作っても 価格は少しだけしか
変わらない価格で買われるから 農家は楽で大量に作れる方法を選ぶ
まっ 誰でもそうする方法を選ぶだろ?
農薬が悪いとか言うのは基地がいな奴らばかりでね
日本では無農薬は作れませんし日本の農薬の基準は
世界一安全な農薬の使い方してるのだしね


71 :日出づる処の名無し:2005/11/20(日) 14:56:52 ID:oBg/9DYr
自給率向上だの環境改善だの食料供給だのを日本の農家に期待するなら、
それ相応の保護なり助成が不可欠。
期待しないなら、
・日本国内の経済変動(地方の放棄)
・日本と世界での環境負荷増大
・日本の外交カード喪失
このあたりを甘受するのかってこと。

普通の兼業農家は自前で食べる分は確保するから国の保護がどうなろうと今の営農は続ける。
ただそれだけ。

72 :日出づる処の名無し:2005/11/20(日) 18:53:48 ID:hBGnpnHk
ベランダ農園つきマンションはどうか。

73 :邪馬台国侍 ◆G5PYesuXOc :2005/11/22(火) 05:02:35 ID:9d/fdOUE
>>65
国産の衣服といえば、和服がありますよ。
絹はもうかなり寒い状況だけど、麻や木綿ならまだ国産がある。勿論、染料は国産。
しかも農業→伝統工業→文化の消費→リサイクル可能となかなか国産サイクル。
確かに高価だけど、焦らず気が向いた時に消費するだけでいい。
洋服だと素材は石油の加工品。その差は明らかでつな。

74 :日出づる処の名無し:2005/11/22(火) 22:32:21 ID:U/ZrDwte
>流通が大概の利益を取る
これに農協もね
俺は農協には出さないけど

ちなみに今年某大手に苗を出してみたが
一株200円ちょいで買い叩かれたよ‥

>保護なり助成が不可欠
アメリカはこれがマジでしっかりしてる
日本と比べれば雲泥の差と言える位にね
更に農業で使う様々なTOOLはアメリカが圧倒的に上
俺は向こうで買って日本に持ってきてる

農作物の安全性は‥どうとも言えないけど

75 :日出づる処の名無し:2005/11/25(金) 21:50:44 ID:eGBfNQ6L


76 :日出づる処の名無し:2005/11/26(土) 22:26:32 ID:fwoo/+yL
米もディーラーが混ぜちまうシナ
混ぜモノ無しが食べたきゃ農家から直で買うしかない
たくわえくんを食べるのが模範的日本国民だろうけど

77 :日出づる処の名無し:2005/11/27(日) 13:49:21 ID:A9D6XJMi
日本も欧州のように別途資格を制定していればいいんだよ。
欧州にはEUREPGAP(欧州小売業組合適正農業規範)とかあるわけで認証取得
しないとまともに商売できない。輸出入は自由ですよ、でもあなたは基準をクリアし
てますか?、とすれば、まがい物を買いたくない客にはすぐ分かる。

食べ物は見た目では違いが分からないから問題。産地表示も偽装できるから問題。
認証はそうは行かない、しかも認証する側に主導権があり続けるわけだしね。ぶっち
ゃけ参入させたくない業者は認証しなければいくらでも規制が可能(もしくは認証基準
なんていくらでも都合よく変えられる)


78 :日出づる処の名無し:2005/11/27(日) 14:45:47 ID:A9D6XJMi
生産コストの減少は優先課題ではなく、むしろ経営の多様化や柔軟性を
持たせることで経営健全性を高める方が活性化に繋がる。副業農家の
ように生産コストを非社会化することができるなら、その方が健全性
は遥かに高く、日本の財政余力を考えると現実的解はむしろこっち。
副業農家を主体とする方が財政負担(農業保護)は一番少なくて済む。
アメリカの農業政策の失敗を見れば明らかだよ。

○アメリカ農業政策('96農業法と'02農業法)の失敗
生産の自由化による合理化・省コスト化の追求
  ↓
生産過剰による生産価格の崩壊
  ↓
生産農家の収益悪化
  ↓
生産農家を守るための財政出動
  ↓
生産農家の経営健全性の悪化
  ↓
財政出動の恒常化&肥大化  ※以下悪循環が続く


79 :日出づる処の名無し:2005/11/29(火) 05:46:53 ID:wig2kKKS


80 :日出づる処の名無し:2005/11/29(火) 19:07:26 ID:q0hT6xlq
大都市の高層ビルと地下で、水耕栽培、

81 :日出づる処の名無し:2005/12/02(金) 05:44:48 ID:hEU5Pcyv
>>80
なるほど

82 :日出づる処の名無し:2005/12/03(土) 08:03:31 ID:6Qat2i2i


83 :日出づる処の名無し:2005/12/06(火) 05:46:44 ID:iybVEQt8


84 :日出づる処の名無し:2005/12/08(木) 06:08:18 ID:cHKT4Mil


85 :日出づる処の名無し:2005/12/11(日) 11:11:50 ID:5jjTZQ74
参考までにケアンズグループに入っている国々
アルゼンチン、オーストラリア、ボリビア、ブラジル、カナダ、チリ、
コロンビア、コスタリカ、フィージー、グアテマラ、インドネシア、
マレーシア、ニュージーランド、パラグアイ、フィリピン、南アフリカ、
タイ、ウルグアイ

これらの国々は農産物の輸出大国で、農業問題において自給維持の確保
を強硬に主張している途上国グループとは正反対の主張をしている。
農業交渉に関しては、大まかに分けて
・ケアンズグループ
・アメリカ
・富裕な輸入国(日本・西アジア諸国)
・EU
・途上国グループ
という5つがあって、これらは全て主張がバラバラ。特に自国農業保護
の主張が極めて強い途上国グループの存在が交渉の行き詰まりを決定
づけている。


86 :日出づる処の名無し:2005/12/11(日) 11:13:29 ID:5jjTZQ74
あと途上国が求めている先進国の市場開放は日本がターゲット
ではない。むしろ、日本に対しては二国間交渉の中で市場開放
というより優先(=独占)的な輸入枠拡大を求めているのが実情。
先進国の市場開放について、最大のネックになっているのは
ローンレートのような国際価格と生産者価格を穴埋めするような
制度のことだよ。

87 :日出づる処の名無し:2005/12/11(日) 11:16:03 ID:5jjTZQ74
先進国の農業補助金の削減や関税削減が途上国の貧困を軽減するという主張は鵜呑みにはできない。
少なくとも疑ってみる必要はある。

同時に、このような少数の輸出品目に特化した農業モデルは非常な脆さを抱えている。
ますます頻発することになるだろう大規模な気象災害、病虫害による打撃は、
農産物輸出収入に大きく依存する国の経済自体にも大きな損害をもたらしかねない。
ブラジルでは最近、牛口蹄疫が勃発、50ヵ国近い国がブラジルからの牛肉・豚肉輸入を停止した。
鳥インフルエンザも世界的蔓延の兆しを見せている。ラテンアメリカも例外ではない。
大部分の輸出産品が輸出できなくなる恐れがある。
そうなれば、貿易自由化で得られる利益などは、たちまち吹き飛んでしまう。
今は、貿易自由化を叫ぶ前になすべきことが山積している。

http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/globalisation/agritrade/news/05110901.htm


先進国・途上国を問わず、世界のすべての国の農業と農村が危機的状況に追い込まれている。
最強の競争力を誇る輸出国(例えばブラジルやアルゼンチン)でも、
農産物輸出拡大優先戦略が経済多角化を阻み、環境を犠牲にし、
貧富の差を拡大させ、貧困撲滅を遅らせている。

http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/agrifood/asia/highlight/03102401.htm


「最後進国の農民とその家族にとって第一の問題は、家族の食い扶持の生産であり、
次いで国内市場へのアクセスであり、輸出などというのはずっと後のことなのだ」

http://www.diplo.jp/articles03/0309-4.html

88 :日出づる処の名無し:2005/12/11(日) 11:35:14 ID:5jjTZQ74
WTO貿易自由化交渉ードーハ・ラウンドーが”野心的”成果を得られるか
どうかの鍵を握るとされる香港閣僚会合が間近に迫ってきた。
それにもかかわらず、農業交渉が一向に進展せず、
閣僚会合成功はほとんど絶望的といわれる状況が続いている。
そのなかで、一部マスコミが、日本は農業自由化への後ろ向きな姿勢を改め、
率先して世界貿易の自由化に貢献すべきだと騒ぎ立てている。
今日の日経新聞の社説がその典型だ。
だが、このように訴えは、様々な事実を捻じ曲げて世論を誘導しようとする
悪意に満ちたイデオロギー(一部の特定利害会関係者の利益を護ろうとする主張)にすぎない。
国民はこの主張を鵜呑みにしてはならない。

http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/globalisation/agritrade/news/05102401.htm


89 :日出づる処の名無し:2005/12/11(日) 12:35:38 ID:JW1kMIqQ
六韜より

「農、工、商を三宝と言い・・・(略) 根本たる農業を捨てて、抹消たる工商に力を注いではいけません。」

時代が全然違うともいえるが、長い目で見るとあっているな。
日本は食料の自給自足できてないし、特に最近は特定の国からの日本向けの食料には悪意がこもりまくってるし。
簡単に言えば、日本は他国からの毒を食わざるを得ない状況に陥っている。


90 :日出づる処の名無し:2005/12/13(火) 08:03:20 ID:MS4g/ZGE


91 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 18:55:35 ID:vOkYIqZJ


92 :ワタコー:2005/12/18(日) 19:07:49 ID:Brb4i0p0
学校教育が農業や工業は頭の悪い人間が行うものといった、先入観が第1次・第2次産業を発展しない。

93 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 03:48:47 ID:9QYmUSK2
>>92
昔、「○○さんは農業高校卒だよ」と聞いて
「へー、なんかのどかな感じ〜」と返事したら
「今の農業は、バイオがあるから結構ハイテクなんだよー」と
無知を諭された記憶が。(なんかアタマ悪そうな会話の再現ですみませぬ)

94 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 07:24:16 ID:vmuCfCgl
農業が金になる、そりゃもうシャレにならんくらい儲かる、となったらこぞって農業するようになると思う。

95 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 15:54:14 ID:UUrIOftL
先入観って香具師だな
政府も啓蒙に勤めて失業対策の一部にすれば…

96 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 05:57:57 ID:CYccj1LK
やりかた次第なんだけどな
やり手はサラリー貰うより儲けてるぞ

97 :日出づる処の名無し:2006/01/02(月) 01:23:50 ID:H4MVM9/a
鉄鋼業も最近はなぁ
農業も…

98 :日出づる処の名無し:2006/01/02(月) 01:42:25 ID:3to76VzG
鉄鋼だって、伸びるだろ。
今の状況なら。

にしても、例のキノコ屋さん、
アガリスクの煽りがあったにしても、
業績からしたら、そろそろ伸びても良さそうなもんだが・・・。

いや、もう少しなのかな。
PERって、なんだかんだ言っても、
けっこう、重要。

99 :日出づる処の名無し:2006/01/05(木) 10:38:12 ID:4Y7RWjgs
>>96
小なりとはいえ社長だからなー
雇われ人より儲かるだろうな。


100 :日出づる処の名無し:2006/01/09(月) 16:17:10 ID:yx3oMRti
失業率と食料自給率の低下、過疎と過密問題
一挙に解決する方法は…

101 :日出づる処の名無し:2006/01/10(火) 19:12:15 ID:xAWnSWTI


102 :日出づる処の名無し:2006/01/12(木) 11:08:05 ID:16N8OYhO
田舎帰って実家の農業後継ごうかな・・・・・・

103 :毛沢東 ◆MwKQAfxIM6 :2006/01/12(木) 12:28:59 ID:OuGUHJa6
自然世万歳、法世に死を!
大道廃れて仁義あり。

104 :日出づる処の名無し:2006/01/12(木) 12:30:21 ID:0amKsQ0O
>>103
ケザワ、合格おめでとう。
東大でもホロン活動がんばるのかい?
それとも、農学部に入って、田舎の試験農場でホロン活動するの?

105 :日出づる処の名無し:2006/01/12(木) 20:15:48 ID:BW547kUK
いいなぁ…>>102

106 :日出づる処の名無し:2006/01/13(金) 00:31:31 ID:zrcoT38j
ぶっちゃけ戦時に食料で農家が強いのは前大戦でも明らかだしな

107 :二羽鳥:2006/01/16(月) 12:47:45 ID:W7QnLXA1
>>105
102だがそんなにいいものでもない。
うちは兼業農家だから普通に働く+農業ってことになる。
とりあえず近いうちに田舎に帰ってハローワークに行ってみるつもり。

108 :日出づる処の名無し:2006/01/18(水) 01:18:26 ID:04SJsPIs
やっぱり、天候との闘いになるのでしょうか>農業

109 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 07:17:48 ID:gnwY1o+Z


110 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 07:41:31 ID:4SZ8K2mX
一株の13000個のトマトが取れる

IT錬金術の比喩ではありません
巨木のトマト http://www.kyowajpn.co.jp/rironE.htm


111 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 13:07:10 ID:ysm18kw1
俺は某地方に住んでるんだが、市や県の広報見ても「都市化進めるために〜」
て感じなんだよね。
率先して農業都市目指してるトコってあるのかね?

112 :日出づる処の名無し:2006/01/31(火) 17:22:12 ID:9HdlZ2Ws
>>111
政令指定都市めざしてる新潟なんかそうじゃない?

113 :日出づる処の名無し:2006/01/31(火) 20:12:45 ID:7F3OECp6
>>110
すごーい、葡萄のようにトマトがなってるね。

114 :日出づる処の名無し:2006/01/31(火) 21:03:27 ID:jlK3GG4O
今年の温州ミカンはおいしいのだが、市場では安値が続いている。十一月下旬には出荷量の
一部をジュースなどに回す緊急出荷調整を全国で行ったものの、あまり効果はなかった▲

 今月上旬の京浜市場の卸売平均価格は前年同期比33%減の一キロ百四十六円。これに
比べて愛媛産は同28%減の百六十一円で、まだましだ。年末にかけての贈答需要が勝負どこ
ろだけに、生産者は祈るような気持ちだろう▲

 価格低迷の原因は、十月の極早生(ごくわせ)が全国的に品質が悪くて暴落し、十一月に入り
早生の価格の足を引っ張ったこと。さらにナシやカキなど他の果実が遅くまで出回り、競合したこと
も響いた。初物がおいしくなかったので、消費者が買わなくなったというわけだ▲
 とは言っても、ミカンの安値は毎年のように続いている。根本的な原因は消費者が果物をあまり
食べなくなったことだ。厚労省の調査によれば、国民一人が一日に果物を食べる量は二〇〇三
年に百十五グラムと一九七五年の六割。中でも三十代や二十代は平均の半分強と極端に少
ない▲

 ショックだったのは今年発表された総務省家計調査。昨年中の一世帯当たり果物購入量で、こ
れまでずっとトップだったミカンが十七キロと、バナナ(十八キロ)に抜かれた。ミカンの購入はピークの
七三年に九十キロあったのに比べると隔世の感だ▲
 若者のミカン離れを食い止めるため、コンビニでの販売やミカン給食の拡大など手を尽くしてほし
い。日本一の生産県であろうとするならば消費も日本一をめざしたい。
情報源:愛媛日報

http://www.ehime-np.co.jp/rensai/chijiku/ren018200512173944.html

115 :日出づる処の名無し:2006/01/31(火) 21:27:53 ID:ZZeITIdR
とてもじゃないが、農業収入だけでは食べていけません。

米を作る兼業農家なれば
朝4:00起床は、当たり前。
その後に、お仕事です。

さらにいうならば、農協が駄目です。
ついこの前も、出資金を返さなくて良いなどと改正しやがるし
JAだってなんだって、出資金で散々作りやがったうえに
勝手に独立させる。
なにが、「農家組合員のため」だ。おめぇら
1mmでも、役に立ってるのか?
お前らは、いなきゃいないでいいんだよ。
なんでお前らを通さないと駄目なんだよ。

116 :日出づる処の名無し:2006/01/31(火) 21:52:05 ID:jlK3GG4O
静岡県内ニュース(政治・経済):昨年 緑茶輸出17年ぶり1000トンの大台確実
http://www.shizushin.com/local_politics/20060127000000000008.htm

昨年の緑茶輸出量が17年ぶりに1000トンの大台を回復する公算が強まった。
健康志向の高まりを受け、海外での日本茶ブームが背景にあるという。12月分
は来月発表されるが、11月までの累計は940トンに達した。輸出量は1カ月
平均80トン以上あり、大台達成はほぼ確実だ。
緑茶輸出は長らく低迷していた。海外業者が緑茶の供給先として、安価で大量生産
が可能な中国に求めたことが要因で、1988年の1230トンを最後に減少した。
91年には253トンと2万トン前後だったピーク時の100分の1に落ち込んだ。
しかし、米国を中心に健康志向の高まりで日本茶ブームが広がったほか、高価な
日本茶を求めるアジア諸国の富裕層が買い支えたことで4年前から増加に転じた。
2004年は前年と比べ、約15%増の874トンにまで持ち直した。
緑茶輸出量が年間数1000トン単位で推移していた1988年までは、インスタント用
として粉末状の茶が輸出の主流だった。しかし今回は、日本人が日ごろ飲んでいる
せん茶が輸出の1番人気で、“真の緑茶”が質と量の両面で海外市場を席巻しつつある。
日本茶輸出組合は「アジア、オーストラリア、米国など環太平洋地域が一大市場。
この流れはしばらく続きそう」(谷本宏太郎副理事長)とみている。
こうした情勢をにらみ、県内の製茶問屋やJAなどはこぞって海外市場に参入している。
県は中国、香港で商談会やフェアを開き、県内業者に現地スーパーの買い手と交渉
する機会を設けた。2月から3月には、13日間の長期にわたり、香港と台湾のスーパー
で緑茶を売り込む。

良いニュースだ・・・国内でも外国産茶を蹴散らすくらい流通させてください


44 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)