2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【内戦に備えよ】女系天皇断乎阻止2

1 :日出づる処の名無し:2005/12/07(水) 19:33:12 ID:VFySgtRV
このスレはあくまでも内戦に備えるためのスレです。
女性天皇あるいは女系天皇の是非などについての議論は下記のスレをご利用ください。
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1133413042/

前スレ
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1131371798/

2 :観て参考にしてください:2005/12/07(水) 19:59:34 ID:uUMykqys
この問題が良く分からない方は、下記をどうぞ。時間があれば、下も見て下さい。
http://www.geocities.jp/banseikkei/qa.html
http://www.geocities.jp/banseikkei/
http://www.angelfire.com/journal2/hikojuro/
 http://nagane.kimono.gr.jp/hideki/messages/27_title_msg.html
http://homepage2.nifty.com/nishidah/m_royal.htm(・∀・)イイ
http://mimizun.com/cgi/dattohtml.pl?http://mimizun.com:81/log/2ch/asia/tmp5.2ch.net/asia/kako/1118/11189/1118977539.dat天皇の事が少し分かる。
様々な意見とblogを集約したSite。 http://plaza.rakuten.co.jp/oo00wa00oo/diary/200510200000/
歴史と伝統、そして心情的に男系維持に賛成な方の意見。
http://blog.goo.ne.jp/kurokuragawa/e/d17e724705f700bdfbeeb75dc85e5552
有識者達に対する批判と意見。
http://kahkun3601.at.webry.info/200509/article_14.html

特定アジアを注視するSiteでも問題提起が。
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri/index.php?day=20051027
http://www.enpitu.ne.jp/usr4/bin/day?id=45126&pg=20051028

> 日本国の二千年を越える歴史を顧みれば、連綿たる万世一系の天皇が
> 治められて来た国なのです。(「万世一系」というのは、王朝が一つであるということです)
> このような国は世界中どこを探しても他にはありません。これは日本国の国体(国柄)
> であり、誇るべきものとして、その意義を子どもたちに教えるべきだと私は考えます。
http://hepoko.blog23.fc2.com/blog-entry-43.html
「どうしてそんなに(典範改正を)急ぐのか理解できない」 (外交評論家の加瀬英明氏)

「男系で一点の狂いもなかったから、神話の時代から皇室が続いた。
頼朝、信長もやらなかったことを、小泉内閣で、それほど皇室のことを
調べたこともない少数の人がやろうとしている」 (渡辺昇一・上智大学名誉教授)
天皇・皇室に関して。世界からの視点。日本人として最低限頭に入れたい基礎知識。
http://www.infosnow.ne.jp/~sevas/adult/japan/japan2.html


3 :日出づる処の名無し:2005/12/07(水) 20:41:01 ID:C3NQZHnt
>私が繰り返し書いているのは皇族の範囲では無く、
>「歴代の天皇で(いずれかの天皇から)五世孫以下血統の方は存在しない
>」という歴史的事実、皇統の正統性の話をしているのですが。

つまり律令上の問題がまったくなく、
嫡当男系で継続している事実を認められるわけですな。
皇統の正統性という点で5世以降の嫡流に行為が継承されていない事は
基本的に翔瑞というべきで、万が一嫡系直流に後継者が存在しなくなった場合に
備えるための嫡系宮家傍流であるとの合意に至ったものと判断します。
当初発言されていたような伝統的律令上の問題がないということであれば
嫡流男系という皇室の伝承形式に揺るぎがない継承のあり方で
世襲が行われるべきとの当方本論に立ち返ることが出来ますので、
律令上の問題があると指摘されていた理論について、
本論としての正当性に異論はさしはさめないのではないかと思われます。

4 :擬古侍(ロハス的保守派さん) ◆lIberAli6k :2005/12/07(水) 20:41:40 ID:Nsb/+5dF
女系天皇は殺すべきだ、

5 :日出づる処の名無し:2005/12/07(水) 20:49:54 ID:C3NQZHnt
>>3
>過去に前例の無い傍系継承を行うにあたっては、皇統の正統
>性を低下させないための何らかの施策を行う必要があるのではないか、という話
>をしているのですが。
律令上の問題(五世ルール)から発展した理論でしたので
律令五世ルールの伝承形式に立脚する論拠は
伝承形式に関する意味を成さないと思います。

また、傍系嫡流からの継承の前例がないと理論の趣旨を変更される場合、
そもそも傍系男子嫡流からの継承の前例はあり、
女系嫡流なるものからの伝承事例はないため、
男系嫡流親王への女系嫡流の婚姻による関係強化という点を除き、
皇家といえど現代において出来る限り自由恋愛を尊重奉りたいため、
旧宮家への親王宣下復刻なきまま、直系を維持することのみに腐心する
議論については同意いたしかねるという次第です。

6 :日出づる処の名無し:2005/12/07(水) 20:51:51 ID:rY9o37sY
>1、4
内戦ねー。
キモウヨは放水車で終わりだろ。汚い物にはこれがいい。これで十分。
糞スレ終了。

7 :日出づる処の名無し:2005/12/07(水) 20:55:31 ID:C3NQZHnt
>>5
最後に、
現在親王宣下を受けられ、皇籍離脱された宮家は概ね四代以内であり、
この四代宮家当主に対する親王宣下が行われることなく
嫡当の方がご逝去された場合、
遺憾ながら当方本論は意味を成さないものになる事を付け加えておきます。


8 :日出づる処の名無し:2005/12/07(水) 20:56:06 ID:AURKj4od
朝敵(ちょうてき)
 朝廷=天皇に背(そむ)く賊=小泉=国賊である。
   ,;;《iiミミミミii巛ミミ彡ミミ;;,,
  彡ミミミミミミ巛三三ミミミミ;,,
  巛ミミ《《《llll;;|ミミミ《彡彡彡ミミ》ミ
  巛ミ《llli/⌒` '" `゙゙ヾ三》巛彡ミ
  ミ巛llノ    ─    ミ》》》ミミヾ
  ヾミi/  ー   '_,,,,,,  ゞ》》》彡ミ
  彡/,-一ヾ ,i / _  `  ミ)))ミミ彡
  川|  ,.。- ) /、' °ヽ-  |||))ミミ彡
  彡) ' ノ/ ゝ   ̄    ||lゞ三彡   ________
  |l||.i^  / ヽ      r |l(.6ノミ  /女系天皇推進!!
   ミ(  (ゝ-'ヽ 'ヽ      |ー'彡  |私の「皇室有識者会議」は
   ヾ|!  ノl  _  ヽ    〉 川ミノ  |  天皇制をぶっ壊す!!   
     |  r-─一'冫)   ノ |巛ノ < すなわち国民の声!!!
     `| '  ̄´  ノ ! _,.. '  |彡   | これぞ「天皇構造改革」!!
      !,  ,  ' ノ'  i. ヽ|_    | 天皇制をぶっ壊す!!
      `-┬ '^     ! / |\   \天皇制をぶっ壊す!!

ヽ(´ー`)ノ ニュー速住人小泉信者と創価学会員も、
小泉の「天皇構造改革」を応援しています

小泉の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」が女性・女系天皇を認めた。
これは小泉が天皇制をつぶそうとしているという事実
女性・女系天皇を認めた(天皇制の崩壊・解体)
「皇室典範に関する有識者会議」は小泉の私的諮問機関
                      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
小泉は正に、君側の奸  朝敵 天皇のお側(そば)に在(あ)って邪魔をする不忠者。

小泉にこれ以上騙されるな!part4【超・売国奴】
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1132596027/

9 :擬古侍(ロハス的保守派さん) ◆lIberAli6k :2005/12/07(水) 20:56:12 ID:Nsb/+5dF
女系は敵だ。天皇ではない。

10 :鹿爪 ◆hWGuV5xdAI :2005/12/07(水) 20:56:22 ID:Vfbr3pUh
仮に内戦に突入するとして、決起の時期はどうするのか?

女性天皇が男を侍らせて即位したときか、女系天皇が即位したときか、

11 :日出づる処の名無し:2005/12/07(水) 21:32:51 ID:KnkTT5ef
>>10
女系天皇即位は無論阻止すべきだろうけど、
>女性天皇が男を侍らせて即位
ってのはどうなんだろうね。つなぎとしてOKなのかちょっと判断しかねる。

12 :鹿爪 ◆hWGuV5xdAI :2005/12/07(水) 22:05:47 ID:m8SKlAbb
>>11
個人的には、天皇家以外の家の男が天皇家に入婿した時点でもうすでに問題が大ありだと思うんのですが。

13 :日出づる処の名無し:2005/12/07(水) 22:07:32 ID:1t5Trh1U
つくづく人権無いな、皇族って。

14 :日出づる処の名無し:2005/12/07(水) 22:50:20 ID:GumckzON
女系天皇が決裁された後に決起などはありえない。
女系天皇が決定された時点でその後はズブズブ。
天皇制廃止まで続く。
だから今しかないんだよ。

15 :日出づる処の名無し:2005/12/07(水) 22:54:32 ID:GumckzON
まあ、俺として女系天皇容認の時点で天皇制廃止と同義
なんだけどな。

16 :愛国者@一般人 ◆GdyrK1vk.6 :2005/12/07(水) 23:08:29 ID:DZ05Iojs
この微妙な時期に内戦、ですか・・・。
しかし、その内戦となった時にこそ、支那朝鮮の付け入る隙が生じる危険性がありますよね。
国内がどたばたしていると、自衛隊や米軍に影響が及ばないはずは無いですし。それは取りも直さず防衛力の弱体化を意味します。
それに、不毛な戦いを煽るのは、何時の時代も工作員と相場が決まっていますし。

ただ、もしそのような事態が起こるとすれば、それは女系天皇即位が決定した瞬間だと僕は予想します。
なぜなら、その瞬間こそ皇統が断絶したと言えるからです。(女性天皇が即位しただけでは皇統は断絶していない)

内戦防止策としては、ありきたりですが一刻も早い宮家の皇籍復帰(宮家復興)と、皇統の傍流探しでしょうね。
皇統維持策としては前者が断然容易な手段ですが、後者も同時に進めるべきでしょう。
傍流と言えど皇統の流れを汲んでいるのは間違いないですから。
まあ、勿論それを受け入れる事が出来るかどうかはまた別問題ですけどね。

17 :日出づる処の名無し:2005/12/07(水) 23:09:16 ID:KnkTT5ef
>>12
それは問題だろうけど、正統な血筋の男系天皇に対立して内戦ってのはどうなのかな。
つたない知識で申し訳ないが、皇族以外と結婚するのに降嫁しない女性皇族に正統性があるのかって話だよね?

18 :愛国者@一般人 ◆GdyrK1vk.6 :2005/12/07(水) 23:09:27 ID:DZ05Iojs
下げ忘れてしまいました・・・。●」 ̄|_

19 :日出づる処の名無し:2005/12/07(水) 23:13:25 ID:1t5Trh1U
女帝なり女系なりになっただけで日本に隙ができるのであれば、
皇室はもはや日本にとって『弱点』でしかないな。

20 :愛国者@一般人 ◆GdyrK1vk.6 :2005/12/07(水) 23:22:26 ID:DZ05Iojs
>>19
>女帝なり女系なりになっただけで日本に隙ができるのであれば、
>皇室はもはや日本にとって『弱点』でしかないな。

このスレでは誰もそんな事書いてないと思うんですが・・・。
仮に僕のレスを前提としているというのなら、誤解されてますよ?

21 :邪馬台国侍 ◆G5PYesuXOc :2005/12/07(水) 23:31:30 ID:+cxWQ2mT
>>10
女系の御子が立太子なされた折がターニングポイントですな。
然るべき宮様に吉野に行幸賜わり、伊勢の神託を受け、勤皇有志が盾となる。
宮様御自ら、正統なる日嗣の皇子たることを内外に宣する綸旨を給われば、世論は自ずから決す。
その折に、女系の御子を奉る売国どもの悪意も白日に晒せよう。

女系偽天皇の即位に際して、我々は神器奪還の挙兵に及ばねばならないが、
押し込みで済めば上等。内戦となるならこのタイミングだろうね。

典範改悪が決まれば、まだ見ぬ我が子の名を、男子ならば正成、女子ならば千登世とする。
代々勤皇に力めた家系の誉れを一身に背負うてもらう。

22 :日出づる処の名無し:2005/12/07(水) 23:36:22 ID:nYb7XWRS
すべてを決めるのは、
皇族を初めとする、文化を担ってる人たち。

その人たちが決めたことなら、
俺は素直に受け入れる。

でも、それが確定するまでは、
自分が思うことを言う。

言うだけだけど。

23 :日出づる処の名無し:2005/12/08(木) 00:17:37 ID:n29XX+CE


史上何度かしか登場しない「朝敵」を生で見られて、ある意味ラッキーな世代。

冗談じゃないんだけど。

24 :日出づる処の名無し:2005/12/08(木) 00:34:54 ID:i7zx2Etr
朝敵(ちょうてき)
 朝廷=天皇に背(そむ)く賊=小泉=国賊である。
   ,;;《iiミミミミii巛ミミ彡ミミ;;,,
  彡ミミミミミミ巛三三ミミミミ;,,
  巛ミミ《《《llll;;|ミミミ《彡彡彡ミミ》ミ
  巛ミ《llli/⌒` '" `゙゙ヾ三》巛彡ミ
  ミ巛llノ    ─    ミ》》》ミミヾ
  ヾミi/  ー   '_,,,,,,  ゞ》》》彡ミ
  彡/,-一ヾ ,i / _  `  ミ)))ミミ彡
  川|  ,.。- ) /、' °ヽ-  |||))ミミ彡
  彡) ' ノ/ ゝ   ̄    ||lゞ三彡   ________
  |l||.i^  / ヽ      r |l(.6ノミ  /女系天皇推進!!
   ミ(  (ゝ-'ヽ 'ヽ      |ー'彡  |私の「皇室有識者会議」は
   ヾ|!  ノl  _  ヽ    〉 川ミノ  |  天皇制をぶっ壊す!!   
     |  r-─一'冫)   ノ |巛ノ < すなわち国民の声!!!
     `| '  ̄´  ノ ! _,.. '  |彡   | これぞ「天皇構造改革」!!
      !,  ,  ' ノ'  i. ヽ|_    | 天皇制をぶっ壊す!!
      `-┬ '^     ! / |\   \天皇制をぶっ壊す!!

ヽ(´ー`)ノ ニュー速住人小泉信者と創価学会員も、
小泉の「天皇構造改革」を応援しています

小泉の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」が女性・女系天皇を認めた。
これは小泉が天皇制をつぶそうとしているという事実
女性・女系天皇を認めた(天皇制の崩壊・解体)
「皇室典範に関する有識者会議」は小泉の私的諮問機関
                      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~小泉は正に、君側の奸  朝敵 天皇のお側(そば)に在(あ)って邪魔をする不忠者。

小泉にこれ以上騙されるな!part4【超・売国奴】http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1132596027/
【内戦に備えよ】女系天皇断乎阻止2http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1133951592/



25 :日出づる処の名無し:2005/12/08(木) 00:39:24 ID:T+AkEjRp
時間的、期間的に考えて、
小泉首相には、皇族に関わる問題を解決する余裕は無い。

それはそれ、これはこれ。

26 :日出づる処の名無し:2005/12/08(木) 00:46:07 ID:n29XX+CE
典範が万が一国会通過しても、愛子崩御までの回天の時間はあるんだよな。



あと80年位か

27 :日出づる処の名無し:2005/12/08(木) 00:53:52 ID:EIqoi7A1
80年あれば日本民族は持ち直してくれると信ずる。

28 :日出づる処の名無し:2005/12/08(木) 01:10:56 ID:DIH6VGF9
旧宮家出身の男子を皇族に復帰させるなら、そのうちの一人に
桂宮家を相続してもらいたい。
桂宮殿下は宮家が増えるのを避けるため、独身をつらぬかれている、
自己犠牲の化身のような方だ。まるで北斗の拳のトキにも通じる姿勢である。
と、勝手なことを言ってみる。

29 :日出づる処の名無し:2005/12/08(木) 01:30:38 ID:T+AkEjRp
なに言ったって、
責任が無い俺たちだから、
自由だわな。

でも、決めるのは皇族、
および、その周辺。

決まったら、従う。
それまでは、好き勝手に、
下賎な話題を盛り上げちゃう。

それが庶民だし。

30 :日出づる処の名無し:2005/12/08(木) 01:33:05 ID:bVXlSsyS
テンプレ多すぎると読む気無くす人がいるだろうから


【3分でわかる!天皇について、皇室について】

日教組が教えない日本人として最低限知っておきたい基礎知識
http://www.infosnow.ne.jp/~sevas/adult/japan/japan2.html

【わけわかんない!という人へ。】
ここに女系問題の本質が書かれてる。
わけがわからないという人は一読することをお薦めする。
http://www.geocities.jp/banseikkei/



31 :日出づる処の名無し:2005/12/08(木) 01:35:10 ID:kvhwwd4V
問題提起シリーズその1 このままでいいのか、天皇制

ttp://www.akibach.com/tenno/

32 :日出づる処の名無し:2005/12/08(木) 01:42:09 ID:bVXlSsyS
でもふと思ったのだが民間人の血が入った今の系統が滅んで傍系に移るのは正しいことなのかも。

>>31
なにこのウルトラ左翼

33 :日出づる処の名無し:2005/12/08(木) 01:44:44 ID:T+AkEjRp
・・・氏族の概念において、
民間人も何も無いっての。

父親の子どもは、
父親と同じ氏族。

何度、繰り返させるのか。

34 :日出づる処の名無し:2005/12/08(木) 01:51:45 ID:bVXlSsyS
ごめんね。私このスレ初めて来たから。ごめんね。

でも竹田氏もやはり反対した方が良かったとかいってるし当時反対した人いたんじゃないの
権威を保つ上では問題あったんじゃないのかな?
氏族の概念がどうとかいったって半分は血が民間人になるわけだし。

35 :日出づる処の名無し:2005/12/08(木) 02:19:00 ID:T+AkEjRp
男系氏族のタテマエにおいて、
女性の血は、問題にはならんと思う。

民間人だろうが何だろうが、
父親が偉大なら、子も偉大。

ある意味、
能力とは無関係な、
究極の平等主義。

当の本人には、
過大な負担かもしれんが。

36 :日出づる処の名無し:2005/12/08(木) 07:36:01 ID:7HQI6Uw/
内戦に突入するとして、錦の御旗(菊の御紋)はでてくるのか?
承久の乱のときはだしてこず、あくまで私闘のかたちをとったそうだが。
北条方は上皇方が御旗をかつぎだしてきたときは降伏するときめていたというのを
きいたことがある。

37 :日出づる処の名無し:2005/12/08(木) 10:34:38 ID:anU3Vkhj
錦の御旗なのいまの日本人には効力ないだろう。
逆に警官隊なり機動隊なり自衛隊なりが、
そんな物にひるんでしまう様な存在ならそっちの方が問題。

38 :日出づる処の名無し:2005/12/08(木) 11:41:24 ID:tztzuHDZ
2ちゃんキモウヨが武装蜂起するようなら、それはそれで見物かも・・・


39 :日出づる処の名無し:2005/12/08(木) 11:44:11 ID:bOKlG8hL
女系容認が決まろうか、と言う現在で合法的で平和的なデモ一つ碌に起きていないのに、
決まった後に武装蜂起なんて出来るわけ無い。
もし出来たとしたら順番がおかしい。

40 :日出づる処の名無し:2005/12/08(木) 12:39:53 ID:VrxlSLHU
どうも女系天皇が容認された場合に内乱を起こすのは
せいぜいウヨだけだと思ってる人がいますな。
歴史上、国家の最高権威がその正統性を失った時、
新しい権威を擁立して蜂起するのは、多くの場合「野心家」です。
国家のまとめ役がその求心力を失うという事態は、
権力を握ろうとする人にとってこの上ない魅力的な事でしょう。

むしろいわゆるウヨな人は、女系天皇に反対はしますけど
実際に女系天皇が誕生したらそれはそれで敬いますよ。
矛盾していると思われるかも知れませんけど、
「耐えがたきを耐える」というのも日本の伝統の1つですからね。

41 :邪馬台国侍 ◆G5PYesuXOc :2005/12/08(木) 12:40:26 ID:b7GPKWtq
>>36
正統を争う訳だから、効果ないね。

>>37
あるんじゃない?
雲行きによって非合法な武装集団や反乱軍扱いされる訳だから。
そのあたりの空気読めないと会津の悲劇が繰り返される。

>>38
正確にはその子供たち。

>>39
まだ法案審議も始まってないじゃん。

42 :邪馬台国侍 ◆G5PYesuXOc :2005/12/08(木) 12:43:31 ID:b7GPKWtq
>>40
結果的にせよ、神武男系以外の皇統を支持するウヨなんぞ、自覚なき共和主義者です。

43 :日出づる処の名無し:2005/12/08(木) 13:00:58 ID:VrxlSLHU
>>42
従軍慰安婦はただの娼婦で、南京大虐殺なんて幻想で、国内に「戦犯」などおらず、
自衛隊が違憲だというなら憲法の方を変えるべきであり、
合意がなされてないのに東シナ海の油田を勝手に掘り出す中国からはODAを引き上げ、
たとえ拉致問題が解決したとしても金王朝が続く限り北とは和解すべきでなく、
在日特権は排除すべきでむしろ特別永住資格も無くすべきだ、と思ってる私が、
ウヨでなく共和主義者だったとは新鮮な驚きだw

当然思想としては私も女系天皇に断固反対ですよ。
ただ力及ばず女系容認が決定してしまった時に、
武力に訴えて政府を倒してでも男系復活、というのは、
ウヨサヨ思想の枠からもはずれてると思うですよ。

44 :日出づる処の名無し:2005/12/08(木) 15:11:42 ID:Xr/bKzVY
ネットウヨクは所詮口先だけ。

45 :鹿爪 ◆hWGuV5xdAI :2005/12/08(木) 21:31:07 ID:GnF3xuQH
>>17
天皇家の血筋だからというだけど、必ずしも正統な天皇となることができるとは自分は考えません。
日本国の歴史に則って、正しい形式を踏んでいるかというのが問題だと思います。

46 :邪馬台国侍 ◆G5PYesuXOc :2005/12/08(木) 23:11:36 ID:b7GPKWtq
>>43
女系相続された国民の象徴さんは、神器の簒奪者であって天皇ではありません。
天皇でない国民の象徴さんは、世襲大統領でしかありません。
日本の国号は天皇と不可分ですから、その国は日本でさえありません。
そのような国の政府に従えるのなら、価値の重きを国民におく共和主義者かと思うのです。
サヨだのチョソだのと罵る訳でなく、愛国共和主義者だと、思うのです。

自分はかかるいびつな共和国の国民たる気はさらさらなく、
正統を求めて吉野に身を投じるか、国籍離脱してタイかパラオにでも消えます。

わずか60年前、占領という困難な時代に、皇位と国体を守らんと命を賭け、
若くして洋上の桜と散られた、ご先祖さまに申し訳が立たない。

47 :日出づる処の名無し:2005/12/09(金) 00:26:06 ID:uDJ1iEzL
自民 石田議員 メルマガにて女系反対
http://www.ishida-masatoshi.net/#




48 :日出づる処の名無し:2005/12/09(金) 02:25:33 ID:0YduyEwb
>39
いゃ デモは起きてるぞ。自分参加してきたし。
例によってメディアが報道しようとしてないだけだ
チャンネル桜ぐらいだからな この手の報道 積極的にやってるの

49 :鹿爪 ◆hWGuV5xdAI :2005/12/09(金) 20:14:36 ID:NVeKJSMT
>>21
つまり、愛子内親王の婿を迎える形での結婚は認めるということか。

50 :日出づる処の名無し:2005/12/10(土) 01:52:28 ID:wvuNU7Uj
>>45
皇統をくみ、神器を持っているわけだからその点は申し分ないでしょ。
歴史的にみて婚姻に関してのみ正式ではない天皇(もしくは即位直前)に対して
クーデター?により手順的には全く正式ではない新天皇(しかもおそらく皇族ですらない)を持ってくるわけで
正直な話どちらが正統かっていうと、前者かなと思ってしまうんだが。

51 :日出づる処の名無し:2005/12/10(土) 04:58:17 ID:++RUW06h
朝敵(ちょうてき)
 朝廷=天皇に背(そむ)く賊=小泉=国賊である。
   ,;;《iiミミミミii巛ミミ彡ミミ;;,,
  彡ミミミミミミ巛三三ミミミミ;,,
  巛ミミ《《《llll;;|ミミミ《彡彡彡ミミ》ミ
  巛ミ《llli/⌒` '" `゙゙ヾ三》巛彡ミ
  ミ巛llノ    ─    ミ》》》ミミヾ
  ヾミi/  ー   '_,,,,,,  ゞ》》》彡ミ
  彡/,-一ヾ ,i / _  `  ミ)))ミミ彡
  川|  ,.。- ) /、' °ヽ-  |||))ミミ彡
  彡) ' ノ/ ゝ   ̄    ||lゞ三彡   ________
  |l||.i^  / ヽ      r |l(.6ノミ  /女系天皇推進!!
   ミ(  (ゝ-'ヽ 'ヽ      |ー'彡  |私の「皇室有識者会議」は
   ヾ|!  ノl  _  ヽ    〉 川ミノ  |  天皇制をぶっ壊す!!   
     |  r-─一'冫)   ノ |巛ノ < すなわち国民の声!!!
     `| '  ̄´  ノ ! _,.. '  |彡   | これぞ「天皇構造改革」!!
      !,  ,  ' ノ'  i. ヽ|_    | 天皇制をぶっ壊す!!
      `-┬ '^     ! / |\   \天皇制をぶっ壊す!!

ヽ(´ー`)ノ ニュー速住人小泉信者と創価学会員も、
小泉の「天皇構造改革」を応援しています

小泉の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」が女性・女系天皇を認めた。
これは小泉が天皇制をつぶそうとしているという事実
女性・女系天皇を認めた(天皇制の崩壊・解体)
「皇室典範に関する有識者会議」は小泉の私的諮問機関
                      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
小泉は正に、君側の奸  朝敵 天皇のお側(そば)に在(あ)って邪魔をする不忠者。

小泉にこれ以上騙されるな!part4【超・売国奴】http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1132596027/
【内戦に備えよ】女系天皇断乎阻止2http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1133951592/

52 :日出づる処の名無し:2005/12/10(土) 05:02:00 ID:iktAIxcI
うんこ皇族

53 :日出づる処の名無し:2005/12/10(土) 08:31:12 ID:ihj/c1k7
我が国が世界に誇る2665年続く万世一系の男系男子天皇制は、
国家の根幹であります。しかし極左売国の馬鹿有識者より安易な女系決定で、
破壊の危機にあります。男系男子天皇制は旧皇族の復籍で十分に維持が可能です。
しかし時間がありません。従って世論の意見をメールで送り意思を伝えましょう。
ポイントは意見を発していない大物議員にいかに声を届けるかです。
特に重要なのが自民党総務会。郵政で全会一致の慣例は崩れたが、
反対が多ければ多いほど、ここの通過は難しくなります。
(皇室関連で多数決を強行しようとすれば政局になる可能性大)
あとは参議院と民主党。勿論、地元の議員にはどしどしメールしましょう。
(過激な表現はさけて、節度ある文章をこころがけましょう)

■皇室典範改正懇談会資料 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kousitu/
■首相官邸御意見募集フォーム http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
■内閣官房御意見要望フォーム http://www.iijnet.or.jp/cao/cas/jp/goiken.html
■自由民主党意見要望フォーム http://www.jimin.jp/jimin/main/mono.html
■民主党メールアドレス info@dpj.or.jp
■安倍晋三御意見要望フォーム http://newleader.s-abe.or.jp/modules/contact/
■平沼赳夫意見メールアドレス info@hiranuma.org
■自由民主党総務会長 久間章生メールアドレス info@f-kyuma.com
■自由民主党総務会長代理 笹川 堯 メールアドレスinfo@e-sasagawa.com
■民主党幹事長 鳩山 由紀夫メールアドレスyuai@tky.hatoyama.gr.jp
■小沢一郎御意見要望フォームhttp://ozawa-ichiro.jp/keijiban/s8_a.php3?b_id=19&d_order=4
■男系男子知識補充頁 http://www.geocities.jp/banseikkei/
■旧皇族基礎知識事典 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E7%9A%87%E6%97%8F


54 :船虫Jr ◆.Tg2yBtH66 :2005/12/10(土) 17:18:36 ID:eTCNuMPg
伝統だけを理由にしてるヤツは皇室問題を
不毛かつ不利な「価値観に関する争い」にしようとする売国奴

55 :日出づる処の名無し:2005/12/10(土) 17:22:54 ID:H9+GksCI
>>54
今晩は、今夜も頑張るの?

56 :日出づる処の名無し:2005/12/10(土) 17:25:43 ID:RgxezQvb
ネ ッ ト ウ ヨ は 所 詮 口 先 だ け

57 :船虫Jr ◆.Tg2yBtH66 :2005/12/10(土) 18:18:23 ID:eTCNuMPg
>>55
おまえ日本人だろ?
おまえが頑張れ、ハゲ。

58 :日出づる処の名無し:2005/12/10(土) 18:22:40 ID:H9+GksCI
>>57
おや、ホロン部の間でもIDが知られるようになったの?
全然嬉しくないけど。
まぁ、無駄無意味な努力頑張って。


59 :日出づる処の名無し:2005/12/11(日) 02:09:20 ID:cR0ahOuY


もし、女系が皇位につくことになったら、即位の礼で伊勢と熱田は拒否宣言をだす。


伊勢と熱田が南朝を支持する。

60 :日出づる処の名無し:2005/12/11(日) 03:04:06 ID:+nmrcdOO
・・・まあ、皇族じゃないからねぇ。

61 :日出づる処の名無し:2005/12/11(日) 03:34:19 ID:XlJgJAyM
とっとと滅びろ

62 :日出づる処の名無し:2005/12/11(日) 03:48:44 ID:cR0ahOuY
即位の時に神器は皇居に貸すの?


女系に貸さなきゃいい。
参拝させないのと。

63 :日出づる処の名無し:2005/12/11(日) 08:55:20 ID:gbvgLXtH
伊勢とその周辺で独立、美しい神々の国を築き、女系天皇政府の自壊を待つというのはどうだ。

64 :日出づる処の名無し:2005/12/11(日) 13:55:37 ID:h1PCl7Qv
天皇誕生日に皇室典範を考える集い(北海道)

http://www.bnn-s.com/bnn/bnnMain?news_genre=18&news_cd=I20021022471

65 :日出づる処の名無し:2005/12/11(日) 18:25:43 ID:k7A3XKDD
>>63
そりゃ独立が許されたらそれもいいけど
少なくとも国内の独立勢力は政府が看過するわけない。
だいたい住民の支持が受けられるのか…
政府軍と独立勢力で武力闘争が起きたら、それはつまり内戦だ。


66 :日出づる処の名無し:2005/12/11(日) 18:44:02 ID:d7XR2E1L
●フェミナチ活動家の年表
1991 韓国の元「従軍慰安婦」日本政府に賠償を求め東京地裁に集団提訴
1992 フェミニスト議員連盟発足
日教組教研集会等で「男女混合名簿」の問題さかんに取り上げられる

●リンク先サイトに名前の出たフェミナチ活動家達
円より子:民主党議員、「朝鮮総連」ともつながりがある
辛淑玉:読みはシンスゴ、在日朝鮮人。人権擁護法案にも関わっている。
辻元清美:内縁の夫は日本赤軍の人間、ピースボートともつながりがある。
田嶋陽子:TVタックルでおなじみ

樋口恵子、坂東真理子、船橋邦子、堂本暁子、上野千鶴子、田中和子、
船橋邦子、亀田温子、伊田広行、館かおる、村松泰子、山下泰子、橋本ヒロ子、
斉藤誠、藤枝澪子、大沢真理、伊藤公雄、斎藤周

http://homepage.mac.com/saitohmasami/gender_colloquium/gendernenpyo.htm

猪口邦子:少子化大臣。北朝鮮シンパ。人権擁護法案の原案を作った武者小路公秀の弟子。


67 :邪馬台国侍 ◆G5PYesuXOc :2005/12/11(日) 20:06:27 ID:U3UNcA5v
>>65
前スレにも書いたが、南朝遺臣二百軒をご存知か?
山深い吉野の里には、後醍醐天皇行幸の折に南朝に忠勤を励んだ家がたくさんある。
南北朝統合の後も尚も後南朝の近臣として活躍、応仁の乱の折には西軍山名氏の後南朝擁立に馳せ参じた。
その後は元の山村の民として静かに過ごすが、江戸幕末には尊皇派として中山忠光卿の大和五條の蜂起にも参戦。
幕末の京都で坂本龍馬ら維新派志士とも交流、十津川郷士の名が有名にもなる。
特に南朝遺臣二百軒は未だに家の誇りを持ち、年に一度先祖の形見を持ち寄り語り合うらしい。

皇族様方から綸旨を賜り、旧宮家の王が決然と立たれたなら、祖先の偉業を継がんとする地域、
それが神武東征に恭順し、天武・後醍醐両帝の懐刀となった、吉野という土地だ。

知り合いにそういう家の方がいる。

68 :日出づる処の名無し:2005/12/11(日) 20:16:50 ID:BNwv3ZYN
>>67
へえ

69 :日出づる処の名無し:2005/12/11(日) 20:18:43 ID:cE0Sf+pG
>>67
へえ

70 :日出づる処の名無し:2005/12/11(日) 20:29:07 ID:VAP2B9hy
>>67
南朝遺臣の方がこの件で動いてくれるのか。

71 :日出づる処の名無し:2005/12/11(日) 23:50:02 ID:2JzGN/Jb
統一教会系の世界日報が女系天皇を絶賛 日本語版では反対
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1134312138/l50


72 :日出づる処の名無し:2005/12/12(月) 00:14:29 ID:vCd+ZPt7
スレタイが過激だよな
内戦ってw

73 :日出づる処の名無し:2005/12/12(月) 04:23:47 ID:QswnYgJK
>>67
なるほど。南朝遺臣の方が動くとすると吉野はかなり有力だな。

74 :日出づる処の名無し:2005/12/12(月) 10:16:44 ID:CKzf5yJZ
もう全然スレ伸びなくなったね
結局日本人の体質通り熱しやすく冷めやすい訳か

75 :日出づる処の名無し:2005/12/12(月) 12:58:37 ID:IdFSi/Gc
南北朝時代のように、
天皇の都合で誰も見た事もなく真贋の付けようもない三種の神器などというものを奪い合って、
国を二分するような奇々怪々な時代と今は違う。
日本と日本人のために皇室が有るのであって、天皇の為に日本と日本人が居るわけではない。
日本の都合で天皇の有り様が変わる事はあってもその逆は有り得ない。

76 :日出づる処の名無し:2005/12/12(月) 14:29:46 ID:3vR2rPcn
先祖の魂は父方から受け継ぐというのが日本の伝統的考え方。
女系はその考えになじまない。男女平等とは違う伝統的な日本の価値観。
女系反対。

77 :日出づる処の名無し:2005/12/12(月) 15:44:17 ID:siBCr1fM
>>74
女系天皇即位の時期が何十年も向こうじゃあね。

78 :日出づる処の名無し:2005/12/12(月) 15:56:43 ID:xKifDnOn
つーか女系天皇を認めた時点で、その政府は朝敵なんじゃないのか?
なにしろ日本の伝統を終了します宣言=日本を終了させる な訳で。
平将門と一緒だろ、今の政治家は

79 :日出づる処の名無し:2005/12/12(月) 16:37:48 ID:mbV99Rtk
・・・皇族から派生した王朝、

それが絶えたら、また皇族から、
新たな王朝を建てる。

とかね・・・。

80 :日出づる処の名無し:2005/12/12(月) 21:09:10 ID:2hQvlMpo
アメリカ辺りに集団移住して影の亡命政府を作るというのが一番現実的。

81 :邪馬台国侍 ◆G5PYesuXOc :2005/12/12(月) 21:50:02 ID:fZzhnDdM
>>70
敗戦後の赤化時代、勤皇の家に生まれたというだけで、
赤い平等主義者に謂われなき攻撃を受けた人もいたそうな。
出身や門地で他人を糾弾することが進歩的らしい。まったく左翼はコレだから。
理不尽な弾圧を受けることのなくなった今上帝の御代に、御皇恩を感じる人も多い。
蜂起は次の御代以後、綸旨が下ってからではなかろうか。
家とは別に個人的に集会などに参加されている方もいらっしゃるみたいだが…。

>>73
吉野ならば伊勢にも京都にも大阪にも近い。
展開としては理想的だと思います。

>>80
外国に窓口を設けておくのは大事だ。
しかし、白村江の百済王子が帰国後に、現地司令官たる鬼室福信と微妙に対立した故事に学ばねばならん。
亡命外国政府をやれば外国政府の操り人形に堕してしまう可能性を怖れてみるテスト。

82 :日出づる処の名無し:2005/12/12(月) 23:42:01 ID:QswnYgJK
あえて現実的に考えてみよう。例えば吉野に独立国家を形成するとしてだ。
個々人何の能力が必要だろうか。
このような小規模な政治的独立国家の住民となるには、政治力、戦闘力、生存能力の3つが必要だと思う。
まず自分達の主張が認められるように政治的工作を日本政府、日本国民にしていかねばならない。
もちろん並行して戦闘能力も必要だ。警察、下手したら自衛隊の実力行使に耐えられねばならない。
そして紛争になれば電力、水道、ガス、通信などのライフラインはストップするかもしれず、
さらに食糧供給、燃料のことなども考えれば、自給自足の生活をおくらなければならないだろう。

さて、これだけのことが出来るか。

83 :日出づる処の名無し:2005/12/12(月) 23:52:17 ID:25zazi75
>>78
平将門は桓武天皇の5世孫。
600年前の民間の男系を即位させる方が朝敵だな。

安倍が慎重派から推進派に変わったのは陛下のご意向であることを知ったからだろう。
その時点で勝負はついた。
原理主義者は南朝の熊沢天皇みたいに民間でシコシコやるんだな。

84 :日出づる処の名無し:2005/12/13(火) 00:07:37 ID:17mZWqVn
ニュー即+の皇位継承関連スレが切れてるぞ
誰かたててくれ


85 :日出づる処の名無し:2005/12/13(火) 08:13:02 ID:suBQQKW7
内戦やるにしても、人はともかく
武器がない。まともな装備なしでは
戦えない。

86 :擬古侍) ◆lIberAli6k :2005/12/13(火) 08:32:57 ID:pY9+tzyr
女系は敵であり、官側の敵であり、偽天皇である。

こんなものを認めるわけにはいかん。

87 :大陸浪人:2005/12/13(火) 08:51:29 ID:2qb7tVjo
天勾踐ヲ空シウスル莫レ 時ニ范蠡無キニシモ非ズ

88 :日出づる処の名無し:2005/12/13(火) 10:46:39 ID:IOsR7zqO
>>83
>平将門は桓武天皇の5世孫。
>600年前の民間の男系を即位させる方が朝敵だな。

将門が反乱者なのは、中央に正統な継承者がいるからだろ?
民間人でも復籍するのなら全く問題ない。

89 :日出づる処の名無し:2005/12/13(火) 11:02:45 ID:Dgp89phu
>内戦に備えよ

この国は良識を持ち、世界に平和を発進できる。
アメリカの片棒を担いで注目されてるが、アメリカの意思に従う政治や外交を
このままでは、如何しても崩せない。

だがしかし「方法」はある。

国連の力を輝かせること!&アメリカ軍事帝国を衰弱させること!
軍隊要らぬ・兵器要らぬ・

世界平和=国際警察設立、国際最高裁判所開廷

90 :擬古侍 ◆lIberAli6k :2005/12/13(火) 11:08:45 ID:pY9+tzyr
アメリカこそが悪の枢軸だ。

91 :日出づる処の名無し:2005/12/13(火) 14:17:05 ID:srCBP2li
女系か否かなど、日本を二分する価値のある話じゃない。

92 :前スレ788:2005/12/13(火) 14:59:24 ID:7NcIrIlC
>>3

>つまり律令上の問題がまったくなく

全く無いとは言いませんが、これは解釈及び新たな律令の制定によってどうにでも
なる問題ではあるでしょう。ただそれの正統性付与については慎重に理論武装する
必要があるとは思いますが。

>万が一嫡系直流に後継者が存在しなくなった場合に備えるための嫡系宮家傍流

これには最初から疑義を唱えてはおりません。私が危ぶんでいるのは、22〜23世と
いう傍系継承による正統性低下を防ぐためにどのような施策があるのか、そのため
には女系一部容認の考えかたも取り入れることを検討せねばならないのではないか、
ということですね。

>>4

>律令上の問題(五世ルール)

五世ルールは律令では無く、前例及びそれに基づく伝統です(そもそも継嗣令は四
世までしか認めていませんし)。この前例を破ると言う事態をどうやって乗り切る
のか、という話ですね。

つまるところ男系維持という点においては私も貴方も同意していると思いますので、
その方法論の差異についての議論ということになりますね。

93 :日出づる処の名無し:2005/12/13(火) 17:12:57 ID:xVvb2LAI
しかし良く考えるとこのスレも議論は全然必要だよね。
何を阻止すべきで何を阻止すべきじゃないのかはすごく大事だと思う。
それに議論すると勉強になるしね。

94 :日出づる処の名無し:2005/12/13(火) 20:48:38 ID:M23Gz5LV
>>83
今上陛下、わが孫可愛さに気でも狂ったのか・・・orz

95 :日出づる処の名無し:2005/12/13(火) 22:00:37 ID:ZoGRCkdI
我が国が世界に誇る2665年続く万世一系の男系男子天皇制は、
国家の根幹であります。しかし極左売国の馬鹿有識者より安易な女系決定で、
破壊の危機にあります。男系男子天皇制は旧皇族の復籍で十分に維持が可能です。
しかし時間がありません。従って世論の意見をメールで送り意思を伝えましょう。
ポイントは意見を発していない大物議員にいかに声を届けるかです。
特に重要なのが自民党総務会。郵政で全会一致の慣例は崩れたが、
反対が多ければ多いほど、ここの通過は難しくなります。
(皇室関連で多数決を強行しようとすれば政局になる可能性大)
あとは参議院と民主党。勿論、地元の議員にはどしどしメールしましょう。
(過激な表現はさけて、節度ある文章をこころがけましょう)

■皇室典範改正懇談会資料 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kousitu/
■首相官邸御意見募集フォーム http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
■内閣官房御意見要望フォーム http://www.iijnet.or.jp/cao/cas/jp/goiken.html
■自由民主党意見要望フォーム http://www.jimin.jp/jimin/main/mono.html
■民主党メールアドレス info@dpj.or.jp
■安倍晋三御意見要望フォーム http://newleader.s-abe.or.jp/modules/contact/
■平沼赳夫意見メールアドレス info@hiranuma.org
■自由民主党総務会長 久間章生メールアドレス info@f-kyuma.com
■自由民主党総務会長代理 笹川 堯 メールアドレスinfo@e-sasagawa.com
■民主党幹事長 鳩山 由紀夫メールアドレスyuai@tky.hatoyama.gr.jp
■小沢一郎御意見要望フォームhttp://ozawa-ichiro.jp/keijiban/s8_a.php3?b_id=19&d_order=4
■男系男子知識補充頁 http://www.geocities.jp/banseikkei/
■旧皇族基礎知識事典 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E7%9A%87%E6%97%8F



96 :有識者会議に小泉首相もほとんど出席していた。!!:2005/12/13(火) 22:12:24 ID:FotHOTF8
チャンネル桜からの情報。

総理大臣の私的諮問機関の有識者会議は、”私的”ではない。

内閣府の担当官に取材をして明らかになったのは、この諮問機関は、
総理大臣の諮問機関。予算も官房から出ている。

しかも、驚くことに小泉総理大臣もほとんど出席していたということがわかった。

女性天皇容認への答申は、明らかに小泉総理大臣の”意思”だ。

有識者会議の人選はどういう基準があるのかと尋ねたら、担当官もわからないと。
小泉総理が自ら選んだのだ。

97 :重大ニュース!必読!コピペ頼む!:2005/12/13(火) 22:14:53 ID:/lwunghQ
現在放映中のチャンネル桜の番組「報道ワイド」にて、皇室典範改悪を
推し進めている有識者会議というものの新たな正体が明らかに!
雑誌SAPIOなどにも原稿を書いているジャーナリストの水間氏が
同番組にゲスト出演し、有識者会議とやらが小泉総理の私的諮問機関
ではなく、正式名称は「内閣総理大臣懇談会」だということが取材から
わかったと伝えている。しかも、内閣総理大臣懇談会には、
その名の通り首相が出席している。要するに、これまで性急に
推し進められていた異常な改悪の動きに有識者会議が全会一致で
取りまとめられたとされているが、その会議の都度、小泉総理が
加わっていたことが判明したということである。(やはりというか)
水間氏は続けて、「内閣総理大臣懇談会」ということは、その集まりに
税金が使われている。これまでは小泉総理の私的な諮問機関とされて
いたので有識者会議は総理のポケットマネーで運営されているのだと
思っていたが、税金が使われている以上、この性急な動きをする
有識者達を任命した選出基準も公表されなくてはおかしい。取材では
このあたりを追求したが、関係各所が知らぬ存ぜぬで押し通そうと
している。」と報告していた。
これがどういう事を意味するか、良識派の日本国民ならお解りであろう。
この番組は今夜の25時と翌朝の10時にも再放送があるので、
チャンネル桜の視聴者でまだ見ていない人はチェックすべきである!

98 :日出づる処の名無し:2005/12/13(火) 22:20:53 ID:ZoGRCkdI
我が国が世界に誇る2665年続く万世一系の男系男子天皇制は、
国家の根幹であります。しかし極左売国の馬鹿有識者より安易な女系決定で、
破壊の危機にあります。男系男子天皇制は旧皇族の復籍で十分に維持が可能です。
しかし時間がありません。従って世論の意見をメールで送り意思を伝えましょう。
ポイントは意見を発していない大物議員にいかに声を届けるかです。
特に重要なのが自民党総務会。反対が多ければ、通過は難しくなります。
あとは参議院と民主党。勿論、地元の議員にはどしどしメールしましょう。
(過激な表現はさけて、節度ある文章をこころがけましょう)

■皇室典範改正懇談会資料 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kousitu/
■首相官邸御意見募集フォーム http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
■内閣官房御意見要望フォーム http://www.iijnet.or.jp/cao/cas/jp/goiken.html
■自由民主党意見要望フォーム http://www.jimin.jp/jimin/main/mono.html
■民主党メールアドレス info@dpj.or.jp
■安倍晋三御意見要望フォーム http://newleader.s-abe.or.jp/modules/contact/
■平沼赳夫意見メールアドレス info@hiranuma.org
■自由民主党総務会長 久間章生メールアドレス info@f-kyuma.com
■自由民主党総務会長代理 笹川 堯 メールアドレスinfo@e-sasagawa.com
■民主党幹事長 鳩山 由紀夫メールアドレスyuai@tky.hatoyama.gr.jp
■小沢一郎御意見要望フォームhttp://ozawa-ichiro.jp/keijiban/s8_a.php3?b_id=19&d_order=4
■男系男子知識補充頁 http://www.geocities.jp/banseikkei/
■旧皇族基礎知識事典 http://jhttp://www.kantei.go.jp/jp/singi/kousitu/dai6/6siryou2.pdfa.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E7%9A%87%E6%97%8F
■旧皇族家計図8頁目 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kousitu/dai6/6siryou2.pdf

99 :日出づる処の名無し:2005/12/13(火) 22:55:39 ID:srCBP2li
>>94
もう天皇制がウザいんだろう。
天皇にしか分からない苦労ってのものアルだろうしね。

100 :日出づる処の名無し:2005/12/13(火) 22:57:29 ID:DTnaiLGJ
皇室典範のフラッシュってまだ出来ないの?

101 :日出づる処の名無し:2005/12/13(火) 23:15:44 ID:/lwunghQ
test

102 :日出づる処の名無し:2005/12/13(火) 23:28:19 ID:3zc/OeQj
産経新聞夕刊
お堀の内側で見る女性天皇論 伝統は「柔らかく」継承
社会部 豊川雄之

 敬宮愛子さまの誕生にあたって、“大大叔母”にあたる高松宮妃喜久子さまが、女性誌「婦人公論」(中央公論新社)で、男児誕生への期待を述べる一方で、「長い日本の歴史に鑑みて(女性天皇は)決して不自然なことではないと存じます」とつづられた。
 敬宮さま誕生に関して皇族方が女性天皇問題に言及したのは初めてのこと。宮内庁には直面する最も大きな懸案の一つである半面、「宮内庁が議論の先頭を切るわけにはいかない」(幹部)微妙な問題でもあった。

 大上段に歴史を振り返ってみれば、中世以降、天皇家は、幕藩体制、近代の明治憲法、戦後の現行憲法の下で、時代に沿いつつ歩んできた。

 「本音で言えば、男系の伝統を守りたい」という宮内庁幹部も、男系を守るための旧皇族の皇籍復帰や養子縁組には「世の中に受け入れられるのは難しい。仮にこのままならば(女系による継承の)他に選択肢はない」と打ち明ける。
 
 皇位継承は政治問題であると同時に、天皇家の私的な問題でもある。
 天皇陛下は、外国訪問や王室来日の際に、同じ悩みを抱えている各王室の話に耳を傾けられていると聞く。
 印象的だったのは敬宮さまが誕生した翌日の昨年十二月二日、記者団が病院前で天皇陛下に初対面の感想を尋ねたときのことだった。
 天皇陛下は、こちらが拍子抜けするほどてらいのない笑顔で「とってもよかったね」と皇后さまに笑いかけられた。継承問題について、誰よりも深く考えられているはずの天皇陛下が見せた笑顔からは、男児でなかったことについて一点のわだかまりも感じられなかった。
 残念ながら直接、気持ちを確かめる機会はないが、長く子供に恵まれなかった皇太子ご夫妻を純粋に祝う気持ちとともに、陛下は継承問題について、自身のなかで、何か“柔らかく”整理をつけられているのではないだろうか。
 皇室にとって難しい時代、仮に「男系継承」の伝統が失われ、社会の在り方が変わったとしても、こうした「柔らかさ」が、皇室に受け継がれてきた、ひいては私たちの社会の伝統なのかもしれない。お堀の内側で、そう考えている。


103 :日出づる処の名無し:2005/12/13(火) 23:37:08 ID:3RZYIxsU


安部ちゃんは今、どんな問題でも何も出来ない状態。


総理のイスが全てなのか?
安倍ちゃんの転向はでかかった・・・・・・・

104 :邪馬台国侍 ◆G5PYesuXOc :2005/12/13(火) 23:47:46 ID:/G3yTQJK
>>95
憶測に踊らされてはならない。
畏れ多くも今上陛下の皇祖皇宗の霊に篤く祭祀なされることは、維新期の明治天皇の再来を見るが如しである。
皇族さまの御行事の度に、伊勢、橿原の神宮に御参りになり、桃山御陵に行幸なされ給う。
東宮時代より神祇に崇拝篤く、かくも皇祖皇宗の御教えに模範的な今上陛下に限って、
皇祖より守り続けた一族の掟、皇室祭祀の最重要な天壌無窮の神勅を、まさか疎かになされない。

陛下は百姓(おおみたから)と皇孫(すめみま)の弥栄を祈って日々の儀礼をなされている。
そのような今上陛下が大事な皇統を破壊されるようなことはなされないだろう。

105 :日出づる処の名無し:2005/12/13(火) 23:59:56 ID:3RZYIxsU
>>104


どうすんの?
このままだと本当に女系「天皇」できちゃうよ



106 :日出づる処の名無し:2005/12/14(水) 00:39:04 ID:wAx6VmoM
天壌無窮、神聖にして不可侵、
そんな迷信と妄執にまみれた荒唐無稽な存在からやっと脱却できるようになったのか。
自立だ。
日本人の自立が始まるのだ。

107 :日出づる処の名無し:2005/12/14(水) 00:51:07 ID:Fv0GDsek
天皇自身が自身に課せられた規範をやぶるんだから
これ以上言及しても無駄だろう。
天皇制は続くであろうが、実質的に終わったことは間違い
ない。

108 :日出づる処の名無し:2005/12/14(水) 01:22:43 ID:XNBD0V9E
97 :重大ニュース!必読!コピペ頼む!:2005/12/13(火) 22:16:14 ID:/lwunghQ
現在放映中のチャンネル桜の番組「報道ワイド」にて、皇室典範改悪を
推し進めている有識者会議というものの新たな正体が明らかに!

雑誌SAPIOなどにも原稿を書いているジャーナリストの水間氏が
同番組にゲスト出演し、有識者会議とやらが小泉総理の私的諮問機関
ではなく、正式名称は「内閣総理大臣懇談会」だということが取材から
わかったと伝えている。しかも、内閣総理大臣懇談会には、
その名の通り首相が出席している。要するに、これまで性急に
推し進められていた異常な改悪の動きに有識者会議が全会一致で
取りまとめられたとされているが、その会議の都度、小泉総理が
加わっていたことが判明したということである。(やはりというか)
水間氏は続けて、「内閣総理大臣懇談会」ということは、その集まりに
税金が使われている。これまでは小泉総理の私的な諮問機関とされて
いたので有識者会議は総理のポケットマネーで運営されているのだと
思っていたが、税金が使われている以上、この性急な動きをする
有識者達を任命した選出基準も公表されなくてはおかしい。取材では
このあたりを追求したが、関係各所が知らぬ存ぜぬで押し通そうと
している。」と報告していた。
これがどういう事を意味するか、良識派の日本国民ならお解りであろう。
この番組は今夜の25時と翌朝の10時にも再放送があるので、
チャンネル桜の視聴者でまだ見ていない人はチェックすべきである!

109 :日出づる処の名無し:2005/12/14(水) 01:24:48 ID:R8C+AEUc
子供殺しの最大の殺人犯はダントツで母親である。

警察庁の犯罪統計(児童虐待)
http://www.npa.go.jp/safetylife/syonen3/h13jidougyakutai.pdf

【殺人犯数】
実母  26  (殺人以外にも傷害致死も10件あり)
実父  5   (傷害致死は5件)
継父母 0
※以上は児童虐待による殺害であって、嬰児殺は全く含んでいません。
嬰児殺犯は別に女31人・男4人います。
日本で起こる全ての殺人既遂事件総数(当然嬰児殺含む)が年600件なのに・・・。

子供にとって全てである親に、密室で延々と虐待され続け、ついに殺害される。
被害者の立場に立ったとして、これほど悲惨な犯罪はちょっと他に想像できません。

しかも被害者の児童は年々増えるばかり・・・。

(参考)警察庁犯罪被害者統計
http://www.npa.go.jp/toukei/keiji8/H14_05_2.pdf 
→レイプ殺人なんて実は年間ゼロ件。その裏で真の被害者と凶悪犯が放置されています。

110 :日出づる処の名無し:2005/12/14(水) 02:29:31 ID:dbEKiRCZ
権威の本質は物語。
物語の魅力こそが価値を生む。

それを担うのは皇族。
皇族の定義が変わっちまうのは、
ちと、問題があるとは思う。

111 :日出づる処の名無し:2005/12/14(水) 02:48:24 ID:sGGR0+iZ
女系天皇なんか認めたら、支那は必ず言うでしょう。
「天皇の権威の根拠は何ですか?神話の時代から万世一系で来ている事でしょう?
今度の方は、男系で見ても女系で見ても、これまでの天皇とは違う系統ですね。
つまり革命が起きてますよね。私たち中国人は権威を正統に引き継いでいるかどうかを
非常に重視するんです。これまでの日本は消えたと私たちは見ているんです。
それで新しい国として認めるか、まだ決まっていません」


112 :日出づる処の名無し:2005/12/14(水) 02:51:58 ID:dbEKiRCZ
・・・まあ、
共産党としては、言わんだろうけどね。
専制だの封建だの言って、否定してるから。

ただ、中国文明の基礎的な常識として、
血縁による氏族の感覚ってのはあるから、
日本は終わった、と見なされても仕方は無い。

それを覆せるかどうかは、
分からんな。

113 :日出づる処の名無し:2005/12/14(水) 02:54:21 ID:wAx6VmoM
>>111
封建社会ならいざ知らず、
国民主権の民主主義国家で 王朝が変わる=日本が消える となるのか。
日本に居るから天皇。かもしれんが、天皇が居るから日本。じゃないぞ。

114 :日出づる処の名無し:2005/12/14(水) 03:05:46 ID:dbEKiRCZ
日本国というのは、
日本の文化の上に立脚してる。
ようするに、日本国という仕組みは、
日本文化に間借りしてるだけよ。

合理主義の人たちは、
理想的な制度さえ整えば、
どの民族の、どの宗教を持つ人の集まりでも、
ちゃんと共存できる、とか思ってるらしいけど、
そんな簡単なもんじゃない。

あと、一口に民主主義って言っても、
全部同じだと思ったらいかんでしょ。
国民主権なら、どこでも同じ、
って考えちゃうのは、いかにもらしいけど。

115 :日出づる処の名無し:2005/12/14(水) 03:31:29 ID:x9FMs3CD
>>113


その国民主権とやらで選ばれた人間は誰の認証を受けて初めて権力者になるんだ。


天皇の認証を受けずに権力者となった人間は日本史ではいない。
女系は王の王たる存在証明を消してしまうのであるから、天皇制はないのと同じ。

本質は共和制とかわらない

116 :日出づる処の名無し:2005/12/14(水) 03:33:49 ID:wAx6VmoM
>>115
>天皇の認証を受けずに権力者となった人間は日本史ではいない。
天皇に拒否する権限がないなら居ても居なくても変わらんだろうが。

>本質は共和制とかわらない
何が問題だ?


117 :日出づる処の名無し:2005/12/14(水) 03:35:12 ID:dbEKiRCZ
物語の喪失。

今、必死になって、
中国共産党や、北朝鮮の首領様が得ようとしてるものだ。
うまくいってないけど。

118 :ごるごるもあ ◆753Z/RLFiY :2005/12/14(水) 03:56:47 ID:N9I5+U3z ?##
     //
   _//
/ ||_ノ          __________________
\/// ̄\      /
 |> <_> \     | 我々の要求は、沖縄県における最大規模の大図書館の建設だ。
 く\___|    <
 |∇     \   | 明日宮内庁を爆破する。
  \__/       \
    |≧||≦ ̄|       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

天皇制と文明論 〜恐るべき国民統制のカラクリ〜
天皇制の実質的な地位は、明治政府の意図した絶対的権力に基づく国家思想そのもので
あり、社会整備や、教育現場における最高権力であった。しかしながら、その時代背景
には、権力者が独占的に政治と資本を支配し、その結果、国民の無権利や、不平等格差
が非難され、政治家への暴行、及び暗殺事件が多発していたことからも示されるように、
天皇制絶対主義という位置づけがなされたのである。
さらに、日本が軍事国家として巨大化していくうちに、天皇制絶対主義はこれとは違うもう
ひとつの様相を有してきた。それが世界でも有名な、植民地支配の象徴である。日本国民
はそれまでの不平等格差を政治家や天皇に向けるのではなく、侵略することによって解消
し、それこそ子供だけでなく大人までもが、天皇制の意義を見出すようになったのである。
世紀の大混乱の中で支持された天皇制絶対主義とその思想文学は、現代においても侵略的
意義(琉球民族とアイヌ民族の国家的侵略)の組み込まれた大和民族のアイデンティティー
そのものであり、他民族圧殺という民主主義プロパガンダを脈々と流しつづけているのである。

119 :日出づる処の名無し:2005/12/14(水) 04:05:56 ID:sGGR0+iZ
現実に憲法は「身体」ではなく「衣服」のようなものだ。
皇太子がまたまた異例の発言をなす仕儀に追い込まれたとしよう。

「天皇家としては『天津日嗣(あまつひつぎ)は必ず皇緒を立てよ』との神勅を守らなければなりません。
そこでこの度、天皇と天津日嗣命を分けることにしました。天皇は日本国憲法に定められた
国事をとり行います。天津日嗣命は天皇家だけのもので、大嘗祭で天津日嗣の霊を宿し、
これまで歴代天皇がされてきた宮中儀礼にて、国民の平安を日々お祈りすることとします」

天皇の祭りは天皇家の中のこととされており、昭和天皇の大葬の礼でも、国の儀式とは
切り離されて行われていたから、上で問題ないと思う。
しかしこの場合「天皇」とは名のみで、真実の権威は「天津日嗣命」にあることは誰にも明らかだ。
国民は自然に「天津日嗣命」を敬うようになる。「(新)天皇」のほうはあまり関心を引かないかもしれない。
こういう具合だから天皇は国体と言われる訳である。そして憲法は衣服のようなものだ。

自然に「日本国憲法」は意味がないものとされ、するりと脱ぎ捨てられ、新しく憲法が拵えられると思う。

120 :日出づる処の名無し:2005/12/14(水) 04:13:02 ID:dbEKiRCZ
つーより、スローガンみたいなもんで。

それを実現するために努力できるかどうか、
あるいは、現実に応じてスローガンを代えるべきかどうか。

121 :日出づる処の名無し:2005/12/14(水) 07:02:12 ID:55dAFeoC
ちょっとまてw
なんで、おまえらの妄想で、皇都が吉野って事になってるんだ?w

122 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 00:25:11 ID:hQjWeS6p

桜井の後醍醐帝の墓前に集〜合〜ww





123 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 04:54:22 ID:h/2d0EWo
今、小泉首相がどんどん女系天皇容認の方向で典範の改正を進めているけど、
まぁ普通に空気を読めば、やっぱり今の天皇陛下や皇太子殿下の意向を汲んで
いるとしか思えない罠。

俺も>>94と同じ気持ちで_| ̄|○ なのだが。さりとて天皇陛下がそうお考えで
あるならば、やっぱ逆らえんわな。だが1500年とも2600年とも続いて
きた伝統が…………。

124 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 05:26:41 ID:VlyVDthJ
>>116
国事行為の責任は内閣が全部おいますし、
憲法条項にない国政に関して提案も採択権もありませんが、
法の定める手続きを踏んで各国事を他者に委任しない限り
国民の為ではない国事は行う必要がありませんよ。
法の施行宣言や内閣任命は憲法4条によって明示され、7条によって明記された国事行為ですから。
拒否された場合、内閣が責を追って総辞職なり解散するなりして
国民に信を問えば、国民の為という大義名分が成立するでしょうが。

125 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 07:48:52 ID:4bdew+ma
宮内庁、小泉動かして自身は意見を明らかにせず
受身を装って目的たる女系天皇容認を達成する。
・・・・・。
言いようが無いほど不潔感漂う手法だな。


126 :邪馬台国侍 ◆G5PYesuXOc :2005/12/15(木) 08:14:02 ID:zd4CdinU
>>125
憶測は良くないと思うぞ。
天皇のご内意は宮内庁よりも皇族方の方がご存知でしょう。
皇族方や菊栄会、神社本庁のご意向を拝察するに、
おそらく陛下はまだ誰にも底意を示されてはいません。

つか、ことは国会に提出される法案づくり、陛下がご内意を暗示でもされれば憲法違反です。
そもそも、陛下の内諾がある、という悪質な噂に乗せられること自体、
非常におかしな話でありまして。

陛下よりお言葉があるまで噂は噂として捨て置き、
主権者国民として正しい国の在り方を考えるべきではないでしょうか。

127 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 15:01:32 ID:cBwx6vpp
藻前ら、天皇陛下皇族一同が女系天皇賛成を表明したらどうするよ。
逆らって良いのか?

128 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 15:10:25 ID:Gug4+2PM
封建時代じゃないんだから天皇だろうが皇族だろうが、
一人一票以上の価値を与えるな。

129 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/15(木) 15:19:39 ID:ZAjzBRGo
>>127
皇室信者的には万世一系の末裔が今の天皇家だから、天皇家といえども
その先祖の意志に逆らっては逝けないってのがロジックとしてあるんだろ。
それを受け入れたとしたら、ある意味明仁氏は大改革者なんだけどな。

130 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 16:58:47 ID:2zet2tRI
 天皇陛下の心の中は女性皇族のお婿さん選びのときしかわからん。
1:国民から選ぶのは天皇制の終焉。
2:旧・宮家から選ぶのは室町にさかのぼった傍系継承。伏見宮朝のはじまり。
3:側室の子なら直系での継承の継続。

 1は典範改正前に黒田さんを追い出したからたぶんない。
 2か3だな。

131 :恐ろしい日本史のカラクリ:2005/12/15(木) 18:14:36 ID:iz4ckM2L
ttp://blog1.fc2.com/m00m/ ゴルゴ14 
●維新の立役者たちの正体(上) -米英に操られた幕末の日本-
(一)司馬史観の正体 (二)生麦事件はイキリスの謀略 (三)ジョン万次郎は米国の工作員
(四)坂本龍馬と勝海舟の正体
.....イギリスと薩長の間には早くから提携関係が生じてをり、文久三年(一八六三)に起きた薩英戦争での奇怪な動きは、既に記した通りである。
この年、長州藩も下関で外国船を砲撃し、翌年八月に英米仏蘭の四国連合艦隊による報復砲撃を受けた。
こゝで注意すべきは、主力のイギリス軍と長州が交戦してゐないといふ事実である。
 戦闘は、米仏蘭と長州藩内の本物の攘夷派の間で行はれ、藩内の親イギリス派は事前に連絡を受けて戦闘に加はらないやうにしてゐたのである。
 かうして勢カを温存した親イギリス派は主導権を握り、倒幕へと邁進して行つたのである。 .....
(五)明治憲法制定に関与したロスチャイルド
.....「伊藤博文らは、十九年後の一八八二年に明治憲法法を作るために再びイギリスに渡り、ロスチャイルド家の世話になつてゐる。.....
.....ロスチャイルドは、『日本のような後進国にはイギリスの最先進国の政治体制(コンスティチューション)は似合わない』として、
ブロイセン(プロシア)ぐらいが丁度良いだろうと判断して、プロイセンから来ていた意法学者のグナイストやシュタインを紹介した。
 このグナイストに家庭教師をしてもらつて作つたのが明治憲法である」 グナイストやシュタインはユダヤ系 .....
●田中角栄を殺したのは誰だ
.....王政復古と新政権登場の直後から、十数年にわたって続いためまぐるしい政局の転変は、ことごとくユダヤ・フリ−メーソンの仕掛けによる。
つまりユダヤに同調しない国枠派、民族派、日本精神派、穣夷派を、入念な計画で罠にはめて陥れ、排除してゆく過程ではなかったか。
そして彼らが日本民族を操作する手品の種は、安政不平等条約であり、それを改正するためには、日本がより欧米化=国際化(ユダヤ化)することが必要だ、
というエサを投げ与え、どこまでもユダヤ化し、ユダヤ的欧米白人の忠実な番犬となるようにおぴきよせる手口である。こうしてつくられた明治新政府.....

132 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 17:04:27 ID:BhCb0dGq
>>127
神勅に背いた仲哀天皇は神罰によって処刑された。
天皇がどんなに偉いといっても皇祖神よりは下。
たとえば、天皇であっても「伊勢神宮を燃やせ」という命令は出せない。

もし天皇が女系を容認したらその途端に天皇としての資格を失う。
女系容認天皇を殺してもただのおっさん殺しであって大逆罪ではない。


133 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 17:13:47 ID:BhCb0dGq
>>126
今上天皇はなにを考えてるのかね。
即位の時の「護憲宣言」もそうだけど。

雅子問題だって、国民に媚びて我が息子を非難したのはどうなのか?
もれとしては皇太子夫妻をかばってほしかった。
王者としての振る舞いとマイホームパパの演じ分けを
完全に間違ってるとしか思えない。
それは今上天皇と同世代の政治家や文化人のズレっぷりと
妙に重なってみえるんだよなぁ。
結局「あの世代の人たち」って括りでみてしまうもれがいる・・・。

134 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 18:39:22 ID:dyJxabWu
産経新聞夕刊
お堀の内側で見る女性天皇論 伝統は「柔らかく」継承
社会部 豊川雄之

 敬宮愛子さまの誕生にあたって、“大大叔母”にあたる高松宮妃喜久子さまが、女性誌「婦人公論」(中央公論新社)で、男児誕生への期待を述べる一方で、「長い日本の歴史に鑑みて(女性天皇は)決して不自然なことではないと存じます」とつづられた。
 敬宮さま誕生に関して皇族方が女性天皇問題に言及したのは初めてのこと。宮内庁には直面する最も大きな懸案の一つである半面、「宮内庁が議論の先頭を切るわけにはいかない」(幹部)微妙な問題でもあった。

 大上段に歴史を振り返ってみれば、中世以降、天皇家は、幕藩体制、近代の明治憲法、戦後の現行憲法の下で、時代に沿いつつ歩んできた。

 「本音で言えば、男系の伝統を守りたい」という宮内庁幹部も、男系を守るための旧皇族の皇籍復帰や養子縁組には「世の中に受け入れられるのは難しい。仮にこのままならば(女系による継承の)他に選択肢はない」と打ち明ける。
 
 皇位継承は政治問題であると同時に、天皇家の私的な問題でもある。
 天皇陛下は、外国訪問や王室来日の際に、同じ悩みを抱えている各王室の話に耳を傾けられていると聞く。
 印象的だったのは敬宮さまが誕生した翌日の昨年十二月二日、記者団が病院前で天皇陛下に初対面の感想を尋ねたときのことだった。
 天皇陛下は、こちらが拍子抜けするほどてらいのない笑顔で「とってもよかったね」と皇后さまに笑いかけられた。継承問題について、誰よりも深く考えられているはずの天皇陛下が見せた笑顔からは、男児でなかったことについて一点のわだかまりも感じられなかった。
 残念ながら直接、気持ちを確かめる機会はないが、長く子供に恵まれなかった皇太子ご夫妻を純粋に祝う気持ちとともに、陛下は継承問題について、自身のなかで、何か“柔らかく”整理をつけられているのではないだろうか。
 皇室にとって難しい時代、仮に「男系継承」の伝統が失われ、社会の在り方が変わったとしても、こうした「柔らかさ」が、皇室に受け継がれてきた、ひいては私たちの社会の伝統なのかもしれない。お堀の内側で、そう考えている。


135 :邪馬台国侍 ◆G5PYesuXOc :2005/12/16(金) 23:47:50 ID:Hjj3qSPJ
>>133
恐れながら東宮殿下におかれては、皇室を取り巻く不穏な空気に鈍感であられたと思う。
陛下はそれをたしなめられたんだと思う。

護憲は天皇ならば当然のこと。先帝のお苦しみを一番御存知なのは今上陛下であらせられるから。
でも今上陛下の大東亜戦争史観について、自分は一点の疑いも抱いていない。
地方巡幸の多忙を縫って護国神社に行幸頂き、誠に恐れ多い次第だ。
だから、陛下を制限された天皇から、元の国家元首にして民間に権力委譲なされた伝統的な天皇の姿に、
復古復興奉るのは、他ならぬ日本人各位の覚醒による国民としての洞察力にかかってると思う。
つまりは憲法改正だ。

俺は大日本帝国憲法の良さは認めるが、しかしいささか古いとも思っている。
推古天皇の御代に倣い、官民一体となって国を支える真の立憲君主制国民国家を目指して。

一人でも多くの日本人が国家と天皇の在り方について洞察を深めるべきである。

136 :日本人は認知症民族:2005/12/16(金) 23:58:43 ID:0VipTqaK


  うるせえな バカ朕子 逝け!うみ!

137 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 00:08:15 ID:IASifffy
絶対反対!伝統を守ろう!


138 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 00:40:52 ID:8lHtE9W+
>>135
じゃ皇太子はどうすればよかったというの?

「いささか古い」のはむしろ「立憲君主制」そのものだと思うが。
昭和天皇は立憲君主制という形式ばかりこだわって
愚かな臣僚に運命を委ねて国を滅ぼした。
今上天皇も似たような誤りに陥ってるように思います。

昭和帝は最後ににっちもさっちにいかなくなって
立憲君主からはみだした行動(御聖断)をとらざるを得なくなった。
じゃ今上帝はどうなのか?
昭和帝のようにイザという時に本当に政治的発言で
日本を救いうるのか?おれは正直、疑問を抱かざるを得ない。
皇位継承問題について今天皇が発言しなかったら
国家の危機についての保険としての天皇の存在意義はないだろ。
内閣が「女系容認典範」を作ったら、はいよっとハンコを、
先祖伝来の玉璽を、押すのか?そんな國體破壊典範に?
押すんだろうな。あの人はリベラル派だしな。


139 :日本人は認知症民族:2005/12/17(土) 00:46:37 ID:TWEbbx2W


  うぜえ バカ朕子 ウミ逝け!

140 :邪馬台国侍 ◆G5PYesuXOc :2005/12/17(土) 01:51:06 ID:AUT/bzBR
>>138
先帝の御聖断も、内閣が職務を放棄し、判断を陛下に委ねたという立憲的な顛末。
実は御名御璽の拒否権を持っていた天皇は孝明帝まで。
拒否権を使われた天皇自体少ないのだが、それはともかく。
故に俺は憲法改正において、御名御璽の拒否権と拒否に伴う国民投票の発議権力を主張する。

歴代の天皇は、勿体なくも国民と一蓮托生を理想となされ給う。
東京大空襲で皇居が焼けた折も、先帝は「これでようやく皆と同じになれた」と申されたそうな。
我等国民が恐れ多くも皇室を傾けんとしたなら、天皇は敢えて抵抗なさらぬであろう。
そして日本人はその手で自分の首を絞めるのだ。かつての南北朝の争乱のように。

141 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 02:01:29 ID:LnQPvnuf
天皇、歴史、政治…
日本人はいつになったら目覚めるのか…
どうしたら目覚めさせることが出来るんだろう。

142 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 02:33:29 ID:2nPykTzY
江戸時代以降の日本人は統治者の従順な羊になっちゃったからな

143 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 03:01:49 ID:8lHtE9W+
>>140
もれはもうその「来たるべき新しい南北朝時代」に備えてるよ。
気持ちだけは。

女系天皇=偽帝僭主など絶対に認めない。
そうなったら男系子孫かついで抵抗する。

144 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 03:02:59 ID:8lHtE9W+
>天皇は敢えて抵抗なさらぬであろう

そんなやつは天皇失格。

145 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 04:49:04 ID:APmyQcyX
 よその国を滅ぼす、だめにする技法では英国が圧倒的に優れている。
 例えばインド。まず綿を買ってやって感謝されながら上り込んでいく。
 頃合を見計らってムガール朝の国王を島流しにして政治実験を握る。
インド人がそんな横暴を咎めなかったのは英国に敵わないという気後れに加えて、英国が
予め「イスラムとヒンドゥの確執」を煽っておいたからだ。
それでインド人同士が殺しあう。英国人の安全は別のシーク教徒に守らせるという巧みさ
で、わずか二千人の英国人文官が四億インド人を支配できた。
 ビルマ支配でもまず国王夫妻と王女をインドに流して、王座の継承権を持つ王子や王族は処刑した。
流された王女はインド兵と結婚させ、ビルマ王家の純潔は絶たれた。ちなみに王女の生ん
だ国王の孫娘が貧民街で造花を売っているとHindustan Timesがだいぶ前に報じていた。
 王を取り払った上に行政はインド人に、軍隊はモン族など山岳民族にやらせてビルマ人
を国家の主の座から追放した。ビルマ人はインド人を通さないと英国人にも会えなかった。
そのビルマをビルマ人の手に取り戻したのが日本と組んだアウンサンだが、戦後、彼は暗殺される。
 英国はビルマを去る際アウンサンの娘スーチーを連れていく。彼女はいま英国の手先に
なって、ビルマが植民地支配の償いを求めるのを阻止している。
 米国も英国に引けを取らない。とくにハワイ王朝乗っ取りは秀逸だ。
 のっけは英国のインド進出と同じ。経済協力で王朝に取り入り、閣僚の半分を占めると
民主主義を口実に新憲法を制定する。
 それで王と貴族の特権を奪い、選挙制にする。ただし選挙権は高額納税者に限られ、貧
しいハワイ島民は政治から締め出された。
 かくて米国人移民グループが実験を握り、抵抗したリリオカラニ女王は武力で退位され
られた。彼女はあのアロハオエの作者だ。
 しかし次のフィリピンはひたすら力ずくで潰した。抵抗するものは家族ごと殺した。マ
ッカーサーが「I shall return」とか言って戻ってきたレイテ島は全島民が皆殺しにされた島だ。
 スペインと米国から二度にわたって虐殺と愚民化政策をやられ、この国は未だに自立できていない。

146 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 04:49:56 ID:APmyQcyX
 米国がその次に滅ぼしにかかったのが日本だ。
 罪状は白人国家の財産だった第三世界を目覚めさせたことで、ルーズベルトは英公使キ
ャンベルに憎しみを込めて「日本を四つの島に閉じ込め滅ぼす」と語っている。
 実際、米国は終戦時までにフィリピンを越えるほどに日本全土を徹底的に破壊し殺しまくった。
 ビルマ方式も採用した。まず天皇ご一家を中国に遠流し、居並ぶ皇位継承権者を処分する案で、蒋介石のアドバイザーO・ラティモアがさかんに進言した。
 しかし英王室などが反対し、それで宮家の取り潰しだけに終わった。それでも根切りと
同じで、やがて本体も枯れると読んでいた。
 スーチー方式も使った。神道の祭事である天皇家にクエーカー教徒の家庭教師を送り込んだ。
 この宗派は非暴力を旨とするキリスト教の一派で天皇家を内側から崩壊させる狙いだっ
た。後に同じ宗派のライシャワーを大使として送り込んだが、目論見は失敗に終わっている。
 日本弱体化ではハワイ方式も併用された。つまり米国製憲法の押し付けだ。
 この憲法の第九条はバイニング夫人条項とも言われ、クエーカー教の教えを文章化して
いる。すなわち暴力は一切だめ。だから「軍隊はいらない」殴られても「神の思し召し、
戦ってはなりません」という内容だ。
 そして止めがインド統治方式を入れた憲法前文だ。ただ日本にはヒンドゥもイスラムも
ない。国内で争わせる材料はない。そこで前文は「政府の行為によって再び戦争の惨禍が
起き」ないよう国民に決意させた。
 つまり国民に破滅をもたらす「敵」は自国の政府だという意味だ。以来、国民は政府を
憎み。首相をけなしてきた。政府と国民が協力して悪い中国を糾すなど夢のまた夢となった。
 自分の国がどういじられたか、それを考えれば今度の皇位継承問題も自ずと答えが見つかる。

147 :日本人は認知症民族:2005/12/17(土) 06:33:40 ID:BlgjPeKO


  うるせえ バカ朕子 逝け!

148 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 15:43:26 ID:HIQnY97J
閑院宮系統の天皇家ももう終わりか。長い間ご苦労様でした。

149 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 23:43:12 ID:QOtnWo9x
正論1月号 P.120

「一九四六年第一次共産革命」とは、一九四六年の皇室典範改悪作業のことを指す。
この皇室典範改悪作業において、
「皇族会議」に関する条項については、米国はほとんど何も圧力をかけていない。
記録によれば、現・皇室典範の第三十七条の挿入を突然命じたことのみであった。
(*第37条 皇室会議は、この法律及び他の法律に基く権限のみを行う。)
「天皇から皇室典範の剥奪」を、GHQは指示していない。
せみの抜け殻のような“空洞化した皇室会議”を設置して、
“皇族会議の解体”と“皇室典範から天皇の削除”を定めたのは、
日本共産党系の憲法学者である宮沢俊義(東大法学部教授)らであった。
GHQによる「皇室典範は国会が議決する」との憲法第二条の強要を好機とばかり、
ドサクサ紛れの便乗をなして、まさしく国家レベルの犯罪が、
GHQという外国人ではなく、日本人の学者や法制官僚によって遂行されたのである。

150 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 02:38:23 ID:h2xk9wg+
"私的諮問機関は実は私的ではなかった"水間政憲氏が解説

http://bx28.ja-21.net/mizuma.wmv

151 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 19:24:58 ID:w4NbaoyF
ここで「内戦」を起こせと煽動している奴ら、日本人同士で殺し合いをしろ
と喚いてる奴らこそ、日本人の敵ではないのか?

152 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 21:09:14 ID:qKskpf4U
できることなら殺生な事態に至るのは避けたいものだが。

153 :日出づる処の名無し:2005/12/21(水) 02:32:53 ID:YZAj3Yf0
どうやって内戦を避けるかを考えなくちゃいけないな。

154 :日出づる処の名無し:2005/12/21(水) 02:37:36 ID:23OvLLId
そもそも内戦なんか起きないよ。
よしんば起きたとしても勝負になるまい。
自衛隊どころか機動隊に制圧されるのがオチだ。

155 :邪馬台国侍 ◆G5PYesuXOc :2005/12/21(水) 04:49:46 ID:wFTiSTpp
>>154
警察や軍隊が二つに割れて初めて内戦になる。それまでは思想戦だな。
インチキ元首を仰ぐ政府と正統な元首を仰ぐレジスタンスと、どちらに味方するか。

こうなる前に何とかしたいが。

156 :日出づる処の名無し:2005/12/21(水) 13:27:23 ID:5uYHgCP6
>>155
そんな事で警察や軍隊が割れるものか。
女系とは言え女帝の実子をインチキ元首とし、
現民間人の旧皇族を正当な元首と言い張って世論が付いて来るものか。
しかも旧皇族の男系男子が複数居たら誰を立てるかで派閥争いが起こって共倒れに成るがオチだ。

157 :日出づる処の名無し:2005/12/21(水) 13:33:24 ID:NY7q2XHX
内乱の火だねである天皇家およびその親族を全て始末したほうがいいなw

158 :日出づる処の名無し:2005/12/21(水) 18:49:28 ID:W8LKjZzZ
やはり、女系天皇が即位した段階で海外に亡命政権をつくるのが一番現実的。流血の事態も避けられる。

159 :日出づる処の名無し:2005/12/21(水) 20:24:43 ID:4YRw9hAw
>>158
日本政府の後ろ盾無しで外国で生活できるのかしら?
今日本国籍もって外国で生活している人って、
実感の有無に関わらず日本のご威光に多かれ少なかれ守られているわけだし。
そもそも菊のパスポート無しに外国いけるのかい?
『海外』って八丈島とかそういう意味?

160 :日出づる処の名無し:2005/12/21(水) 20:29:43 ID:9AJkMXHF
内戦がおきないように島流しにしてどうでしょう?
か新しい島を作って幽閉する。


161 :日出づる処の名無し:2005/12/21(水) 21:10:15 ID:0ZhByuh1
>>159
例えばフランスなんかどうだろう。
あの国の場合、イスラム系の移民が多くて困った事態になってる。
そこに日本国から亡命を余儀なくされた人々が集団移住させてくれと言ってくる。
イスラム系の移民とそれ以外の国からの移住者の均衡をはかる上でも、向こうの政府にとっても利点があると思うが。

162 :日出づる処の名無し:2005/12/21(水) 21:14:52 ID:4YRw9hAw
外国に亡命するのなら日本政府に政治的に弾圧され、
日本に留まっていると命の危険があるという実績が無いとね。
軍事政権でも独裁者も居ない民主主義国家から亡命なんて他国の政府が認めてくれるのかね?

163 :擬古侍 ◆lIberAli6k :2005/12/21(水) 21:17:58 ID:1ehd3yss
さて、どこのプランテーションに住もうかしら

164 :日出づる処の名無し:2005/12/21(水) 22:44:20 ID:4YRw9hAw
>>161
>そこに日本国から亡命を余儀なくされた人々が
どういう理由で亡命を余儀なくされるの?
愛子女帝陛下が崩御され女系天皇が即位するのは普通に考えて80〜90年後だ。
その頃の日本の体制がどうなっているかは分からんので現在と同じと仮定して、
名実ともに民主主義国家で男系維持派は国民世論の支持を得られなかった。
てだけだろ、それで亡命させてくれって要請したって「祖国へ帰れ!」って言われるだけだろう。

165 :日出づる処の名無し:2005/12/22(木) 00:20:16 ID:LVQQ05JC
例えばパラオなんてどうだろう。楽観的かもしれないが歓迎されるんじゃないかな。

166 :日出づる処の名無し:2005/12/22(木) 01:20:44 ID:zqB4/RuA
んで、パラオで従業員を求めるような事業をするならともかく、
せっせと働いて、パラオで職を奪うようなまねしたら、
東南アジアにおける華僑と同じように憎まれかねないけどね。

真面目で働き者なら良いってわけでもないんで、
どうにも・・・。

167 :日出づる処の名無し:2005/12/22(木) 01:40:05 ID:3Xllwfrq
ネタスレになりつつあるな。それはそれで面白いけど。

168 :日出づる処の名無し:2005/12/22(木) 01:42:14 ID:wzDJ9bAI
で、男系を固持するとなると、愛子女帝の後の王位継承権は元宮家の誰になんの?

169 :日出づる処の名無し:2005/12/22(木) 01:49:14 ID:zqB4/RuA
現宮家の養子になってくれる男系の誰かがいれば、
その子が一番だろうけど・・・。

170 :日出づる処の名無し:2005/12/22(木) 01:55:58 ID:MdsWT+Kz
>>168
元宮家である限り誰にも無い。
それに愛子天皇の後は80年くらい先だから現存する人はもう死んでるだろう。

171 :日出づる処の名無し:2005/12/22(木) 02:25:53 ID:3Xllwfrq
東久邇家に一歳の男児がひとり、賀陽家に小学生男子が二人いる。
愛子のダンナ候補になるだろうな。さもないと愛子女帝は結婚できないだろうし。

172 :日出づる処の名無し:2005/12/22(木) 05:41:05 ID:2FMlKQgs
漏れが元宮家の小学生だったとして「おまえが愛子タンを女房にもらえ 生まれた子供を天皇にする!」と言われたら...





秋篠宮家のお嬢さんを下さい血は同じてしょ?って言っちゃうわな

173 :日出づる処の名無し:2005/12/22(木) 05:45:45 ID:ZY+0Dw1W
ブサ愛子の婿になる奴なんておらんよw

174 :日出づる処の名無し:2005/12/22(木) 09:55:41 ID:fBF6qxYs
>>172-173
じゃ、愛子が女帝になったところでその先はないから
結局旧宮家に皇位がうつる以外に選択肢はないんじゃないの?

175 :日出づる処の名無し:2005/12/22(木) 11:14:50 ID:rL57+abX
俺、厨2だけど、高校に行かずに自衛隊に行きます。
皇太子が即位して、退位する頃には俺はかなりの位だから、
第二の2.26目指して同志を増やします。

176 :日出づる処の名無し:2005/12/22(木) 11:25:43 ID:wzDJ9bAI
今後も特定アジアに、昭和天皇の戦争責任うんたら言われ続けんなら、
むしろ>>172あたりに移ってくれた方が良さそうだけどな。

177 :日出づる処の名無し:2005/12/22(木) 12:17:41 ID:wzDJ9bAI
あ、>>171だった。

178 :日出づる処の名無し:2005/12/22(木) 15:46:23 ID:LVQQ05JC
>>175
書かない方がいいんじゃないのか。
公安にマークされるぞ

179 :日出づる処の名無し:2005/12/22(木) 17:03:41 ID:D2G9AvXJ
書いても書かなくても
ネット糞ウヨという属性は隠しようが無いので
当然の如く自衛隊でもブラックリスト入りは
免れないでしょうね。w

180 :日出づる処の名無し:2005/12/22(木) 23:33:46 ID:DeSeN7X1
>>179
あほか。
公安が全部マークできるほどの量じゃないだろ、ネット糞ウヨは。
公安の人員を百倍しないとムリw

181 :邪馬台国侍 ◆G5PYesuXOc :2005/12/23(金) 01:42:52 ID:Q21aHAb7
>>175
高校は出た方が良い。できれば防大上がりの方が尚よい。
佐官とまでは言わないがせめて尉官でないと、自分の意思は通し難いよ。

恩ある上司と意思や希望が違うとき、情や命令を重んじてしまうのもまた日本の軍隊組織さ。
どんな組織に属するにせよ、事を為すのに出世は大事なことだよ。

182 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 11:42:12 ID:CAEIlV8O
>>181
自衛隊に入ったらの話ですよ。

ネット糞ウヨカルトの中心となってるものは以外に少数ですので
こちらは常時監視対象でしょうが。

183 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 18:07:56 ID:wQXag8ht
>>164
自分が例としてあげましたフランスについて言及していただきたい。
あと、向こうの政府に亡命だと報告しなくても、普通に移民ですとだけいって移住することも可能ではないか。

184 :日出づる処の名無し:2005/12/23(金) 18:13:59 ID:p8SfeJLY
80~90年後には小和田母系が日本の象徴となるのだな。

185 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 10:20:26 ID:VEq3wDyV
天皇陛下、72歳に(産経新聞)
http://www.sankei.co.jp/news/051223/sha024.htm
 「皇室典範に関する有識者会議」が女性・女系天皇を容認したことに
関連しては、言及は控えられたものの、女性皇族の存在について
「その場の空気に優しさと温かさを与え、人々の善意や勇気に働きかけ
るという、非常に良い要素を含んでいる」とし、療養中の皇太子妃雅子
さまのご回復を待ち望まれていた。

天皇陛下のお誕生日に際しての記者会見(全文)
http://www.kunaicho.go.jp/kisyakaiken/kisyakaiken-h17.html

問3  皇室典範に関する有識者会議が,「女性・女系天皇」容認の
方針を打ち出しました。実現すれば皇室の伝統の一大転換となります。
陛下は,これまで皇室の中で女性が果たしてきた役割を含め,皇室の
伝統とその将来についてどのようにお考えになっているかお聞かせください。

【天皇陛下】
 皇室の中で女性が果たしてきた役割については私は有形無形に
大きなものがあったのではないかと思いますが,皇室典範との関係で
皇室の伝統とその将来についてという質問に関しては,回答を控えよ
うと思います。

 私の皇室に対する考え方は,天皇及び皇族は,国民と苦楽を共に
することに努め,国民の幸せを願いつつ務めを果たしていくことが,
皇室の在り方として望ましいということであり,またこの在り方が
皇室の伝統ではないかと考えているということです。

 女性皇族の存在は,実質的な仕事に加え,公的な場においても
私的な場においても,その場の空気に優しさと温かさを与え,
人々の善意や勇気に働きかけるという,非常に良い要素を含んで
いると感じています。その意味でも皇太子妃の健康が現在徐々に
快方に向かっていることは喜ばしく,一層の回復を待ち望んでいます。

186 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 20:21:17 ID:1j++btBX
>>166
なるほど、そうだよな。じゃあ、移住するのはあくまでも高貴な方々とそれにお仕えする人たちに限り、
現地ではあくまでも金を落とすだけで労働などは一切しなければ、憎まれることもないのではないか。
資金は国内に残った有志がまかなうということで。

187 :日出づる処の名無し:2005/12/26(月) 20:25:31 ID:xqZEkk3M
朝敵(ちょうてき)
 朝廷=天皇に背(そむ)く賊=小泉=国賊である。
   ,;;《iiミミミミii巛ミミ彡ミミ;;,,
  彡ミミミミミミ巛三三ミミミミ;,,
  巛ミミ《《《llll;;|ミミミ《彡彡彡ミミ》ミ
  巛ミ《llli/⌒` '" `゙゙ヾ三》巛彡ミ
  ミ巛llノ    ─    ミ》》》ミミヾ
  ヾミi/  ー   '_,,,,,,  ゞ》》》彡ミ
  彡/,-一ヾ ,i / _  `  ミ)))ミミ彡
  川|  ,.。- ) /、' °ヽ-  |||))ミミ彡
  彡) ' ノ/ ゝ   ̄    ||lゞ三彡   ________
  |l||.i^  / ヽ      r |l(.6ノミ  /ポチの国民への。
   ミ(  (ゝ-'ヽ 'ヽ      |ー'彡  | クリスマスプレゼントは米国産毒牛肉!!
   ヾ|!  ノl  _  ヽ    〉 川ミノ  | クリスマスプレゼントは米国産毒牛肉!!
     |  r-─一'冫)   ノ |巛ノ < 女系天皇推進!!女系天皇推進!!
     `| '  ̄´  ノ ! _,.. '  |彡   |  私の「皇室有識者会議」は
      !,  ,  ' ノ'  i. ヽ|_    |天皇制破壊!日本国をぶっ壊す!
      `-┬ '^     ! / |\   \すなわち国民の声!!!天皇制をぶっ壊す!!

小泉の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」が女性・女系天皇を認めた。
これは小泉が天皇制をつぶそうとしているという事実
女性・女系天皇を認めた(天皇制の崩壊・解体)
「皇室典範に関する有識者会議」は小泉の私的諮問機関
                      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
小泉は正に、君側の奸  朝敵 天皇のお側(そば)に在(あ)って邪魔をする不忠者。

小泉にこれ以上騙されるな!part4【超・売国奴】http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1132596027/
【内戦に備えよ】女系天皇断乎阻止2http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1133951592/



188 :日出づる処の名無し:2005/12/27(火) 16:10:54 ID:eV3EXOW1
>>183
>向こうの政府に亡命だと報告しなくても、普通に移民ですとだけいって移住することも可能ではないか。
何それ、日本人として日本政府の菊の御紋に守られながら、女系天皇の戦うのか?
なんかこー滑稽だな。

189 :日出づる処の名無し:2005/12/27(火) 16:27:27 ID:s1uIwzwt
>>175
>高校に行かずに自衛隊に行きます。

知ってるとは思うが念の為。

「自衛隊生徒募集要綱」
http://homepage3.nifty.com/higasioosaka-jsdf/seito.html


190 :鹿爪 ◆hWGuV5xdAI :2005/12/27(火) 20:50:26 ID:V/mXEled
>>188
滑稽なのは現在の天皇家とは別系統の天皇を天皇として戴こうとしている日本政府のほうではないのかな。

191 :日出づる処の名無し:2005/12/28(水) 09:21:02 ID:TP99jf1i
小泉首相 「公明抜きの大連立ない」  山崎氏らに表明

--------------------------------------------------------------------------------
 小泉純一郎首相は27日夜、都内の日本料理店で自民党の山崎拓前副総裁、二階俊博経済産業相、
公明党の冬柴鉄三幹事長と懇談した。
 出席者によると、首相は民主党との大連立構想に関連して「公明党抜きの連立はあり得ない。(自公)
連立の信義は守る」と述べたという。
 また、首相は在日米軍再編問題で政府、与党一体となって基地の負担軽減に取り組む必要性を強調
。再編問題を進めるため、政府、与党の協議機関を設置することで一致した。 米軍普天間飛行場の新
たな移設案について、首相は「海域を汚さず、環境を大事にする。負担を軽減するわけだから、理解して
もらえるのではないか」との見通しを示した。
 中国の軍備増強に対する警戒論に関しては「私は中国の発展が(日中関係にとって)チャンスだと言っ
たことはあるが、軍事力の膨張について脅威と言ったことはない」と強調した。
http://www.kahoku.co.jp/news/2005/12/2005122701003411.htm

192 :日出づる処の名無し:2005/12/28(水) 10:09:14 ID:ZYXSS5lt
>>191
表明する相手が、何故山崎なのかって言うのは、
すでに山拓が公明の手先に転落しているから。

公明との連立とか、はっきり言って国にとってマイナスでしかないんだがね。
甘言をろうして〜っていう戦略なら、頭良いが、マジでいってる可能性も捨て切れん。
電凸か。

193 :日出づる処の名無し:2005/12/28(水) 16:48:36 ID:4QLxzVU4
>>190
天皇の内閣や決議の承認と言う機能さえ生きていれば良いという割り切り方は結構な事だ。

194 :日出づる処の名無し:2005/12/29(木) 11:31:18 ID:ikVNJnsS
男系護持のオフ会

http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1134381954/
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1132749112/

195 :日出づる処の名無し:2005/12/29(木) 12:12:40 ID:N/wQNifv
53 :世界@名無史さん :2005/12/29(木) 11:34:20 0
この辺はまんまオーストリア継承戦争の開戦理由になってくる。
サリカ法はあくまで慣習法であって、独仏でも一部例外はある。
オーストリア大公家の相続と神聖ローマ帝国皇帝のタイトルは別物であることに注意。
オーストリア大公家の相続そのものは継承者がマリア・テレジアしかいなくなった時点で、
女系継承が認められたけれど、それでもいざ継承になるとケチをつける国が多かったわけ。
ハプスブルク家の世襲領土を継承したのはあくまでマリア・テレジア。
しかし神聖ローマ帝国皇帝の称号は、原理上、ハプスブルク家の世襲ではなかった。
したがって、一端、ルクセンブルク家に帝位が移ったあと、「ロートリンゲン家」のフランツ1世に
帝位が継承された。
神聖ローマ帝国という概念からすれば、マリア・テレジアはあくまでロートリンゲン家の皇帝フランツ1世の配偶者に過ぎない。
ヨーゼフ2世以下は系が違うのだから、むしろロートリンゲン家、譲ってハプスブルク・ロートリンゲン家になる。
但し、慣例的にハプスブルクという名前が継続されたということで、
それこそロシアでも、ピョートル3世以後は女系に移っているからあれをロマノフ朝とは厳密には言えないけれど、実際には言っている。
それと同じ。

ヨーロッパの君主制国家はほとんどは男女を問わず長子相続になっているから、
王朝名としては男系のものを使うという習慣は今後なくなっていくのだろうと思われ。




196 :邪馬台国侍 ◆G5PYesuXOc :2005/12/29(木) 23:43:39 ID:2SbXI7Wr
>>195
皇位の成り立ちや意義の違う神聖ローマ帝と天皇を比べても仕方ないやね。
だから女系論は歴史を知らぬと笑われるんだろが。

197 :日出づる処の名無し:2005/12/29(木) 23:45:30 ID:nubdPYLY
男系の誰かを、
現宮家の養子にして、
さらにその男子を立てれば、
いいんじゃね?

198 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 01:01:42 ID:QWetqLkJ
「ジュンイチロウ、テンノウセイハカナラズツブセ、コレヲツブセバニホン
ハホウカイスルノダ。ユウセイミンエイカダケデハタリナイ」・・・
今日もブッシュフォーンで催促される純一郎であった。

199 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 01:33:37 ID:1yLjTkYQ
首相が繰り広げるドラマに関しては、
やっぱ、是々非々だろ。

200 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 01:43:09 ID:VSofeNnm
>>195
日本は日本であって、欧州のどの国でもない。

他の奴がどうこうだから、それを真似しろ、
なんて言う意見は伝統を論じる時に通用しないと思われ。

201 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 01:45:39 ID:1yLjTkYQ
神代から続く、俺たちの物語だし。

確かに、欧米は関係ないわな。

202 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 04:07:19 ID:ZNizlKyv
皇族男子のお子様が天皇を名乗る
→他に有力な皇位継承者がいなければ、正統な万世一系の「天皇」。神聖にして侵すべからず。

皇族女子のお子様が天皇を名乗る
→万世一系でないので天皇に非ず。天皇でないのに天皇を名乗る偽天皇は、
神聖な天皇を侵した朝敵だから投獄しなければならない。


203 :邪馬台国侍 ◆G5PYesuXOc :2005/12/30(金) 04:34:39 ID:J6mU3G/b
>>202
んだ。偽天皇を担いだヤツラは有史に例のない逆賊だな。

ところで、亡命政府論には反対っていうか、そこまで追い込まれることはないよ。
日本で国を二分する争いにおいては、両陣営に皇統に属する方がおわすことが普通。
普通ってか、日本史上、これまで一切例外はなかったりする。
国民各層が各々の正論を皇位を旗印に掲げるのが日本のあるべき姿。
男系信奉者で内戦主義者は、日本人にありがちな行動パターンであって、
いざ、その時が来れば、侮れない大きな勢力に育ってるよ。

俺はだから、心配はしていない。でも、主張は明らかにしたい。

204 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 05:15:24 ID:QvezzZex
>>782 間違ってるぞ。王朝の交代なんて世界史的には歴史上いろんな国でいくらでもある。
イギリスでもフランスでも、王朝が変わったところで国は変わらない。
だから、世界史的に言えば、以下のようになる。

天皇制廃止
【一般人】 別になくさなくてもいいんじゃないか? っつーか、今の天皇っていくつだっけ?
【共産党】 これで人民の政府ができる!
【ネットウヨ】 大変だ! 王朝の交代による「日本」の消滅だ
【世界史オタ】 単なる王朝の交代・共和制移行

205 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 05:16:53 ID:QvezzZex
誤爆スマソ

206 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 12:10:56 ID:hNpJrwAO
女系天皇は、天皇制廃止への流れ。

部落問題と天皇制http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daigojuukyuudai
・「33年3月開催の全国水平社第11回大会にさいして左派の全水解消派が作成した
「運動方針討議委員会の意見書」‥この「意見書」には「天皇制の打倒なくして
部落民の解放はありえない」とはっきりと「天皇制打倒」がうたわれている。
・「意見書」は「日本における政治的反動と封建制の一切の残存物と強力な主柱である
天皇制はすでに吾々が述べた如く、特殊部落民を封建的身分関係に束縛する根拠である」と
述べている。つまり天皇制こそが部落差別の原因ととらえてその打倒をうったえている。
・部落解放人民大会の主題は天皇制であり、解放委員会のリーダーたちは天皇制との対決、
打倒をうったえ、聴衆はこれに賛成した。
・部落解放同盟が綱領に「天皇制の廃止。一切の貴族的特権の完全な廃止」をかかげた
のは1960年のことである。

第35回部落解放研究京都市集会http://www.kyoken.jp/35/houkoku35/1houkoku.htm
 憲法に規定されている法の前の平等や主権在民と、憲法第1条の天皇制とは明らかに
矛盾していますし、皇室典範第1条「皇位は男系の男子がこれを継承する」は、男女平等に
反しています。また、皇室典範第3条及び16条には、障害者差別ではないかと思われる
項目があります。
 天皇制として現に果たしている機能の中には、様々な差別が内包されていて、それとセット
で天皇制が私たちの前にあるというとき、部落解放を願う者、反差別を願う者が、天皇制を
糾弾の対象から外していいのでしょうか。

解放同盟は「被差別部落出身者、女性、障害者、在日外国人などを人権委員にする」ことを
要求している。 (東京新聞記事)http://kuyou.exblog.jp/1694387
 解放同盟は九日、中央委員会を開き、組坂委員長が「与野党折衝で、われわれの目指す
方向を担保する」とぶち上げた。与野党に、法務省からの独立性と実効性ある人権委を
要求してゆくという。
 独立性とは内閣府外局にするか、法務省から片道出向させる、との意味。実効性とは
被差別部落出身者、女性、障害者、在日外国人などを人権委員にすることだ。与党の
一部が強硬に主張するメディア規制条項も、削除することを明確に求めた。

207 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 13:06:42 ID:Ewr7ixVT
>>204
>王朝の交代なんて世界史的には歴史上いろんな国でいくらでもある。

変わってもいいんですけど、憲法改正が必要ですよね。

208 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/30(金) 13:10:25 ID:LzWu+Okr
憲法改正は必要ない。
皇室典範改正で充分。

209 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 13:16:16 ID:Ewr7ixVT
>>195
ヨーロッパの王家はみんな中世以降に成立したでしょ?
日本で言えば上杉家とか芦名家、相馬家みたいなものでしょう。

みんな女系継承どころか、養子OKだし。

天皇家は古代氏族だから血統重視でしょ。
古代欧州のclanみたいに。
比べるとしたら、古代欧州のclanであって現代の欧州王室じゃないんじゃない?

210 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 13:20:13 ID:Ewr7ixVT
>>208
現在の天皇制を廃止して、さらに別の王朝を樹立するのでしょう?
なぜ必要ないんですか?



211 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 13:24:27 ID:Ewr7ixVT
憲法の理念ゆえに、王朝廃止にも設置にも国民の直接投票が必要になります。

それが単なる国会という一国家機関が勝手に決めたら民主主義が踏みにじられたことになり
断固賛成できない。

212 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/30(金) 13:33:49 ID:LzWu+Okr
>>210
女系を容認するってのは天皇制の「拡張」であり王朝交代ではない。

213 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 13:40:57 ID:Ewr7ixVT
>>212
日本国憲法の「天皇」ってのはかつて大王と呼ばれた「あの天皇家」の代表者でしょ?
「あの天皇家」は古代に成立したから男系のみの血統で構成された一族であって、
女系を現代に容認すればそれは現代に成立した別の王朝と考えるべきではないでしょうか。

「天皇」といったって、単に天皇という呼称を付された者を言うわけじゃないでしょ。
2条の「世襲」は養子も含むのだから、池田大作先生が今上の養子になって「天皇」と名乗っても
も文言上は問題ないけど、それは「あの天皇家」の構成員ではないからやっぱり王朝交代になるわけで。

214 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/30(金) 13:46:07 ID:LzWu+Okr
>>213
男系の根拠となる万世一系の概念は律令制以降のものだろ。
大王がそうであったという客観的根拠はなにひとつない。
日本書紀は大化改新を正当化するためのものであり、それを根拠に
大王の本質ということはできまい。伝統を変えるのではなく、
拡張すると解せば何の問題もない。

215 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 13:50:23 ID:Ewr7ixVT
>>214
>大王がそうであったという客観的根拠はなにひとつない。

もしも男系ルールがそれ以前に存在しないのだったら、なんでわざわざ
そんなめんどくさいものを採用したんですか?

よく中国の受け売りとか言う方もいらっしゃいますが、そうだったらなんで中国みたいに
血縁のない家からの養子制度は入ってこなかったんですか?

216 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 13:50:36 ID:dNFGyVJ2
家系が変わっても「王朝交代ではない」という理屈が通用するなら、

そもそも中国で「易姓革命」などという思想は生じていないし、皇帝の妻(皇后)を出した家系を
わざわざ区別して「外戚」などと呼ぶことも起きてなかっただろう。

皇位の簒奪や王朝交代を正当化するために、「皇位の世襲制を否定する」
ための理屈である、易姓革命が生まれたのである。

女系(いわゆる「外戚」)が王家を乗っ取ることを含めて、万民に対し
「皇位は問題なく継承された」と言い張ることができるのなら、こんな
正当化のための理屈は必要無かったはず。

217 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 13:58:24 ID:Ewr7ixVT
>>216
>易姓革命が生まれたのである。

恐縮ですが、易姓革命と天皇家とも無関係では?
だって源氏だった宇多天皇や醍醐天皇も天皇になれたのでしょう?

218 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/30(金) 14:01:00 ID:LzWu+Okr
>>215
それは大化改新が中大兄皇子を担いだ中臣(藤原)のクーデターであったコトに起因する。
王朝は分かりやすく固定している方が利用しやすい。藤原氏の執権政治を見れば分かるはずだ。

219 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 14:08:18 ID:Ewr7ixVT
>>218
要するに、娘を入れてこられるだけで藤原氏に皇位を奪われないためにってこと?

でもさ、それを「奪われない」と認識するのは男系思想が前提じゃないですか?

もしも女系容認が当時までの思想だったら、娘を入れられたら王朝を「奪われた」と中大兄皇子が
認識するわけで、そうなると男系にした意味がないわけで。

220 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 14:09:18 ID:Ewr7ixVT
じゃあ、そろそろ。

221 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 14:15:07 ID:dNFGyVJ2
藤原氏は、天皇に「とって代わる」だけの実力は十分に有していた。

しかし、天皇に「とって代わる」よりも、皇后を代々出し続けることによって「外戚」の立場に
いたほうが権力の永続性があると分かっていた。

つまり、皇后を出す家系はあくまで「外戚」であり、皇室に「とって代わる」ものではないと理解していたことに他ならない。

女系の人間まで含めて「皇室」と見なすのなら、藤原氏の権勢はあり得なかったろう。

222 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/30(金) 14:18:19 ID:LzWu+Okr
>>221
そのと〜り。
つまり現代の天皇制ではそうした危惧をする必要はないとゆ〜コトだ。
だから拡張しても何ら問題は起きない。問題があるとすれば万世一系
とゆ〜長らく続いた風習(伝統ではない)を変えるコトへのためらい。

223 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 14:25:34 ID:Ewr7ixVT
>>222

何がそのとおりなんですか?

憲法がせっかく権威ある「天皇家」を象徴にしたのに、
現代に成立した権威ない王朝を象徴にしちゃ駄目でしょう。

224 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/30(金) 14:28:48 ID:LzWu+Okr
何が駄目なんだ?
女系容認は世論のマジョリティでもある。筋も通っている。
これ以上の後継者問題解決方法などないだろ。

225 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 14:29:24 ID:Ewr7ixVT
もともと男系継承じゃなかったのなら男系継承に買える理由もない。
だから天皇家はもともと男系継承。

それ以外は天皇家ではない。
そのため女系は天皇家ではなく女系移行は王朝交代で憲法違反。

226 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 14:33:13 ID:Ewr7ixVT
>>224
>女系容認は世論のマジョリティでもある。

単に興味がないだけでしょう。
人権保護法案も私は興味がないので、多分質問された文章形式に応じて、
質問者が期待してるほうにこたえてしまうと思います。

もしも真にマジョリティなら憲法改正によることもできるはずです。
それをしないのはそこまでの民意は得られないからです。

>筋も通っている。

構成員でないものが跡をついでも王朝交代でない?
どこが筋が通っているのですか?

227 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/30(金) 14:39:40 ID:LzWu+Okr
>>226
>単に興味がないだけでしょう。
裏付けのない無根拠な発言は感想でしかない。

>もしも真にマジョリティなら憲法改正によることもできるはずです。
必要ないからしないだけ。皇室典範改正で対応可能だから。

>構成員でないものが跡をついでも王朝交代でない?
愛子は構成員だし、その子供が出来れば構成員となる。
皇族の定義を拡張するだけで何ら問題は起きない。


228 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 14:44:24 ID:0X+lcm82
>>226
>単に興味がないだけでしょう。
そうだと思うよ、
日本人が天皇皇室を敬っているが、それは男系女系は無関係なのだよ。

229 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 14:44:45 ID:Ewr7ixVT
>>227
>裏付けのない無根拠な発言は感想でしかない。

世論調査が十分な裏づけとはいえないでしょう。
そんなもの質問項目しだいでどうとでもなる。

>必要ないからしないだけ。皇室典範改正で対応可能だから。

天皇制廃止に改憲が不要?
その根拠を聞きたい。

>皇族の定義を拡張するだけで何ら問題は起きない

歴史概念によって定義されてきたものを政治によって帰るのは不可能でしょう。
たとえば民主主義の定義の中に絶対君主制を含むという拡張のしかたはできると思いますか?

230 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 14:49:20 ID:Ewr7ixVT
>>228
伝統があるから敬われてるけれど、その伝統の要素の一つ一つが何かまで興味がないだけだろ。

231 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 14:53:10 ID:Ewr7ixVT
たとえばね、刑事裁判で容疑者を拷問して自白させて決定的な証拠物件が出てきても
有罪の証拠にできないんだよ。

その根拠は国民の裁判所への信頼ってのがでかいわけだ。

信頼というからには国民がその法則を知らないとおかしいのだが、国民のほとんどは
証拠が出てきても有罪は有罪ぐらいの認識しかない。
つまり、一人一人の国民の認識ってやつと法制度上の「国民」ってのはズレるわけだ。



232 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 14:57:16 ID:Ewr7ixVT
女系天皇は歴史的権威がないので象徴足り得ない。
よって実現したら憲法違反。


民主主義をなめるなよ、小泉!

233 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/30(金) 14:57:44 ID:LzWu+Okr
>>229
>世論調査が十分な裏づけとはいえないでしょう。
>そんなもの質問項目しだいでどうとでもなる。
だから、オマイの主観による「感想」はそれ以下でしかないんだよ。

>天皇制廃止に改憲が不要?
へっ?オレは女系容認の話しをしてるんだが。

>歴史概念によって定義されてきたものを政治によって帰るのは不可能でしょう。
歴史概念?慣習が?意味不明。

>たとえば民主主義の定義の中に絶対君主制を含むという拡張のしかたはできると思いますか?
できる。北朝鮮がそれだ(勿論ギャグだが)

234 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 15:02:25 ID:Ewr7ixVT
>>233
>だから、オマイの主観による「感想」はそれ以下でしかないんだよ。


以下も以上もありません。問題はあてになる情報があるのかということです。
つまりさ、どうとでも取れる情報しかないってこと。
それはそうと世論調査で多数になれば憲法に違反してもいいという条文でもあるのですか?

>へっ?オレは女系容認の話しをしてるんだが。

天皇家は男系でつながった血統による王朝。

>歴史概念?

天皇家が。

>できる。北朝鮮がそれだ(勿論ギャグだが)

あなたは本気でおっしゃってるのでしょう?
だから怖いんですよ。


235 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 15:04:39 ID:0X+lcm82
>>232
日本の象徴は『天皇』であって『天皇の歴史』じゃないんだよ。
歴史的権威が有るから天皇を日本の象徴とした。
と言う流れは無論あるだろうが、日本は法治国家ですので、
歴史的権威が有ろうが無かろうか、『天皇』になれば自動的に『日本の象徴』の位置に付きます。

236 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 15:04:49 ID:Ewr7ixVT
慶応大学で教授をなさっている、女系容認の笠原氏でさえ女系移行には
憲法改正が必要とおっしゃっています。

皆様もそれぐらいの「筋を通す」という態度をとられてはいかがですか?

237 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 15:07:06 ID:Ewr7ixVT
>>235
>歴史的権威が有ろうが無かろうか、『天皇』になれば自動的に『日本の象徴』の位置に付きます。

天皇と勝手に呼んでるだけで、それが天皇であるかどうかは別問題です。
「民主主義」の中に絶対君主制も含めるという前提での立法がなされても
それは憲法違反なのと一緒です。

なぜなら民主主義も学術的に作られた概念だからです。

238 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/30(金) 15:08:47 ID:LzWu+Okr
>>234
>以下も以上もありません。問題はあてになる情報があるのかということです。
オマイの感想は当てになるのか?そうだとした客観的根拠は?


>天皇家は男系でつながった血統による王朝。
という慣習を天智天皇以降続けたってだけ。

>天皇家が。
女系に移行しても天皇家は天皇家。

>あなたは本気でおっしゃってるのでしょう?
>だから怖いんですよ。
ギャグを真に受けるなw
民主主義の名を語った世襲の絶対君主制って意味だ。

239 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 15:09:10 ID:0X+lcm82
>>236
なんで?
憲法には『世襲』とあるだけで『男系』とは書いてないが。
逆に『愛子女帝』は容認だがその子供は不可、であっても『皇室典範』の改正は必要だが。

240 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/30(金) 15:13:28 ID:LzWu+Okr
>>237
笠原が「女系移行には憲法改正が必要」と逝っているとする
論文の原典と可能ならその引用をよろ

241 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/30(金) 15:15:02 ID:LzWu+Okr
234の補足。
偉い大学教授が何を逝ったのかが重要なのではなく、
その論旨と論拠が重要だから。

242 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 15:17:23 ID:0X+lcm82
>>237
>天皇と勝手に呼んでるだけで、それが天皇であるかどうかは別問題です。
誰が『天皇と勝手に呼んでいる』の?
政府だろう? 制度だろう?
昔の封建時代はどうか知らんが、今は誰が天皇かは『法』と『制度』が決めるんだよ。

243 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 15:30:30 ID:le0PeOoo
>>242

誰が天皇かは『三種の神器』だけが決定する。
これが唯一の天皇制の根拠。
あんた馬鹿ぁ?

244 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 15:32:50 ID:0X+lcm82
>>243
んなもん引き渡せば済む事じゃないか。
つかそもそも三種の神器って実在するのか?

245 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/30(金) 15:37:09 ID:LzWu+Okr
皇室にあるのはレプリカらしいな。

246 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 15:39:23 ID:0X+lcm82
>>245
そのレプリカすら見た事無いんだが、
公開されたことあるんだろうか?

247 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 15:40:54 ID:le0PeOoo
>>244
鏡は伊勢神宮
剣は熱田神宮
これは動いてないのでこれが本物。

儀式用にレプリカがそれぞれあって、玉だけ本物を天皇が所有。
壇ノ浦に三種の神器沈んだときは
レプリカと本物が混在。
『玉だけ海女によって回収』されたとあるが

沈んだモノのうち、玉だけ『本物』だったので
これが無くなったのではどうしようもないのでそりゃそう記録するわな・・
と思う程度。
玉だけは怪しいが、あとは実在する。

248 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 15:42:06 ID:0X+lcm82
>>247
三種の神器は天皇以外見た事がないという話だが。

249 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/30(金) 15:42:17 ID:LzWu+Okr
>>246
さあ?
一般公開はしてねえんじゃなかったか?

250 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 15:45:22 ID:le0PeOoo
剣は熱田神宮の神主かなんかがこっそり見た記録があるよ。
菖蒲の葉のような形で、色が全体的に白っぽかったらしい。
そいつらみんなほどなく死んだんだけどね。
皇室関係に殺されたのか、呪いか、御伽噺かは不明つーかそこまで調べてない。

251 :日出づる処の名無し:2005/12/30(金) 16:00:28 ID:0X+lcm82
天照大神が皇孫ニニギノミコトに下し賜ったヤタノカガミ、アメノムラクモノツルギ、ヤサカニノマガタマ

第十一代垂仁天皇のころ、剣と鏡の模造品を作り本物を伊勢五十鈴川のほとりに移し、
さらに剣のみは第十三代景行天皇の御代、日本武尊が尾張の熱田に移す。
 この時点で天皇家にある神器のうち剣と鏡は模造品。
源平合戦で壇ノ浦に安徳天皇と共に神器は全部沈み、剣は伊勢より本物を取り寄せる。
 何故か熱田ではなく伊勢。
玉と鏡は浮かび上がり京へ帰還。
順徳天皇著『禁秘御抄』に伊勢より来た神剣は普通蒔絵也とあるそうな。
天照大神の時代に蒔絵?

山田風太郎『忍法創世記』より引用。

252 :日出づる処の名無し:2005/12/31(土) 00:23:19 ID:QUfNxvvS
つーかさ、女系が認められて
「自由恋愛のうえ、結婚します!」とか言って
女性天皇が金正日連れてきたらどうすんの?
ブッシュ連れてきたらどうすんの?

金家が天皇家になるんだよ?
ブッシュ家が天皇家になるんだよ?
いいのか?おまえらマジで。

金家が天皇家になると小躍りして喜ぶ輩もいるだろうが、
ブッシュになる可能性もあるんだぞ?

253 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/31(土) 00:42:49 ID:FysFog8C
>ブッシュになる可能性もあるんだぞ?
ハプスブルグ家並みの政略結婚なんざ過去のモノ。
ジャニ系とでも結婚させとけばパンダ皇室は安泰だ。

254 :日出づる処の名無し:2005/12/31(土) 00:56:19 ID:olunh8g9
「女系を認める」と言う奴は、所詮は「拡大&権威の希薄化」しか頭に無い。

「女系を皇族として認めろ」の次は「女系の親族は全て皇族として認めろ」になって、

最終的には「女系の親族で10親等までは皇族と見なしていい。」さらには「そうなったらもう
皇族の意味がどうせ無いだろうから、皇族という概念自体を廃止しろ。」

でしょ。

繰り返すが、「皇族という概念の意図的な拡大」=「権威の希薄化」という狙いしか読みとれない。

だから、世間では「女性天皇」は容認しても「女系容認」は大勢にはなっていないのが現実。

255 :日出づる処の名無し:2005/12/31(土) 01:02:09 ID:olunh8g9

逆に聞いてみたいもんだ。

「地球市民」的な、「権威の意図的な拡大&希薄化→弱体化&無力化」以外の目的で

女系容認を叫んでるリベラル左派って、いるのか?と。

「均一化」、「ボーダーレス化」を無上の価値とする地球市民的な独善意識で、立憲君主制まで
事実上の解体を目論んでるだけにしか聞こえないし、事実、そういう論者とは何回も話したことが
あるが、図星だそうだ。

単なるフェミを意識したリップサービスなら、「女帝容認」で止まるはずだね。

256 :日出づる処の名無し:2005/12/31(土) 01:07:39 ID:olunh8g9

左派の主張は、常に「合目的的」 「作為的」であって、
「最初に目的ありき」だから、すぐに勘ぐられて結局のところ大勢には理解されない。

悪意に似た「合目的的意識」が、ハナッからミエミエなんですよ。

257 :日出づる処の名無し:2005/12/31(土) 01:31:26 ID:MkCRCskw
>「女系を皇族として認めろ」の次は「女系の親族は全て皇族として認めろ」になって、
被害(?)妄想だな。
愛子様の夫の実家は今の小和田家の扱いで良いじゃないか。
勿論そのお子様の配偶者も同じだ。

258 :日出づる処の名無し:2005/12/31(土) 11:31:52 ID:olunh8g9

「権威の意図的な拡大&希薄化→弱体化&無力化」の極端な例として言っただけだよ。
(もっとも、女系容認論者が本当に言い出したとしても不思議ではないがね。)

繰り返すが、「女性天皇」で止まらずに、一気に「女系容認」まで考えがブッ飛ぶ連中の頭の中に

「地球市民」的な独善意識に基づいた、「皇室の権威の意図的な拡大&希薄化→弱体化&無力化」
以外の目的ってあるのか?ってことよ。

単なるフェミを意識したリップサービスなら、「女帝容認」で止まるはずだろうに。


259 :日出づる処の名無し:2005/12/31(土) 16:13:44 ID:MkCRCskw
>>258
勘繰りすぎだよ。
日本じゃ『女帝』と『女系』の違いは一般常識とはいえない。
それに外国の王族でもそんなに重要な事でもない。
>「女性天皇」で止まらずに、一気に「女系容認」まで考えがブッ飛ぶ
ぶっ飛ぶのではなく、一緒くたなんだよ。

260 :日出づる処の名無し:2005/12/31(土) 16:45:05 ID:9JqTHPAV
>>238
>オマイの感想は当てになるのか?そうだとした客観的根拠は?

天皇家の存在を意味する、男系の意義を知らない国民が多数だからですよ。
きちんと意義を知っていれば違った結果が出てくる可能性がある間は、それを「正確な」資料とはいえない。

ジャーナリスの櫻井よし子氏も同様の見解に立たれていますね。

>>239
>憲法には『世襲』とあるだけで『男系』とは書いてないが。

男系男子同士の女系継承もありえますから、(皇太子の次に愛子様と旧皇族の子供)
「世襲」の解釈と男系維持とは直接の関係はないでしょうね。

むしろ、「天皇」と呼べるかいなかの解釈の問題でしょうね。

261 :日出づる処の名無し:2005/12/31(土) 16:47:42 ID:9JqTHPAV
継承者の範囲「拡大」というのは欺瞞ですね。
たとえば小泉が天皇の養子になったとして(これも語義的には「世襲」の範囲内です)
小泉がそのまま次の天皇になったら

262 :日出づる処の名無し:2005/12/31(土) 16:52:41 ID:olunh8g9
「家」の概念を「拡大する」という行為は結局、

世襲とか、系図とか、そういう単語まで、現代語の中から意味を剥奪することになるね。

「国家という概念を捨てて、国境という言葉が意味を持たなくなるようにしよう」というのと大差ないと思われ。

263 :日出づる処の名無し:2005/12/31(土) 17:12:48 ID:MkCRCskw
娘しか居ない家に婿養子を取って家系を存続させる。
これは一般的な『家』の概念だと思うが。
どちらかと言えば旧態依然な世襲の固執、頑迷固陋な家系の維持だ。

264 :もはや日本人 ◆hWTRfNABt6 :2005/12/31(土) 17:13:46 ID:q2+uzyn7
 
 
>>ID:olunh8g9
おやおや、こんな所に居たのですか。
みなさん、こんばんは。
ID:olunh8g9 に呼ばれてきました。
よろしくお願いしますw
 
 
 


265 :日出づる処の名無し:2005/12/31(土) 20:34:59 ID:zGB9jUlz
継承者の範囲「拡大」というのは欺瞞でもなんでもないよ。

左翼の常套手段でしょ。

男女共同参画だってちゃくちゃくと工作に勤しんでるし
無防備都市宣言だってそうだ。
とりあえず「一歩」を進めて、その一歩に「思想」をちょこっと忍ばせて
それでバレなければ更に次の一歩で・・・と。
人権擁護法案だってそうじゃないか。

左翼の計画的長期工作は、既にバレて広まってるんだっつうの。
もう時代が違うんだよ。
10年前までとは。

266 :日出づる処の名無し:2005/12/31(土) 21:08:10 ID:UhU/FOfX
男女共同参画は主に経済的な現実に見合った社会基盤の整備という
側面が強い。イデオロギーだの、旧態依然の家概念だのから
批判をしても無意味。馬鹿の暴論としか理解されない事を考え合わせると
無意味である以上に有害。

267 :日出づる処の名無し:2005/12/31(土) 21:09:20 ID:UhU/FOfX
>左翼の計画的長期工作は、既にバレて広まってるんだっつうの。

馬鹿の中で都市伝説のように広まっても社会は無視するだけ。

268 :日出づる処の名無し:2005/12/31(土) 21:10:45 ID:9JqTHPAV
>これは一般的な『家』の概念だと思うが。

天皇家は「家」じゃない。
家制度は中世に成立したものだが、天皇家は古代。

269 :日出づる処の名無し:2005/12/31(土) 21:14:05 ID:9JqTHPAV
>>262
「拡大」の前提として、拡大が可能かを論じないのがすでに欺瞞ですね。
天皇家は古代氏族だから女系に拡大なんて出来ない。

せいぜいで臣籍降下したのを戻すだけ。

270 :日出づる処の名無し:2005/12/31(土) 23:46:12 ID:cgZoOtYt
>>268
制度が成立して以降も存在が続いているものはその制度に従うんだよ。
『不文律』は却下します。

271 :れいぎをあいするみんぞくより:2005/12/31(土) 23:49:04 ID:sPwRdif+


          あ
         けまし
        ておめでと
       うございますこ

272 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 13:01:41 ID:l12SuvHP
制度は本質を害しない範囲でしか効力を持ちえません

たとえば男女の別をなくそうという制度改革をしても
無意味

273 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 15:26:29 ID:riddeB6S
        ィ'ミ,彡ミ 、  
       ミソ_、 ,_`彡
    -= ミj  ,」 彡 <皇室改革だ
  -=≡  i' _ーノ   
    -=( つ┯つ
   -=≡/  / //
  -=≡(__)/ )
   -= (◎) ̄))

274 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 15:54:21 ID:Tw2HYjku
>>269 :日出づる処の名無し :2005/12/31(土) 21:14:05 ID:9JqTHPAV
>「拡大」の前提として、拡大が可能かを論じないのがすでに欺瞞ですね。

まったく、そうですね。

最初から「拡大する」という結論ありきで、高々30時間程度の形式的な会合で
ろくに反対意見も出ないうちに(出ないような面子を集めたんだから当たり前)決めたんですから。

結局、ゴリ押しで「皇室という家の概念の“拡大”」に成功すれば、結果として
「権威の希薄化」→「皇室の無意味化」という流れになり、ゆくゆくは皇室廃止という究極目標の
ための強烈な布石となるという目論見があるからこその「合目的的な改悪」なんですよね。

大多数の国民は皆、とっくに見抜いてるっての。w 

275 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 16:01:14 ID:Tw2HYjku

逆に言えば、「女系への天皇家の拡大」という行為に対し、

多くの国民が「天皇家の権威が希薄化、無意味化する」という認識を持つはずだ
という強烈な確信があるからこそ、なりふり構わず「女系容認」にやっきになるわけでしょ。

天皇家を女系にまで拡大しても、「天皇家」というものに対する国民の敬意や尊崇の念が
何ら変わらないのであるなら、「奴ら」にとっては何の得も無いから、やる意味がないわけでしょ。

276 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 16:09:37 ID:3wpvoH1q


 「天皇家の権威が希薄化、無意味化している」という現実

 を裏書してるだけだ

277 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 17:19:26 ID:qL8UnS9H
>多くの国民が「天皇家の権威が希薄化、無意味化する」という認識を持つはずだ
4:主観で決め付ける

>強烈な確信があるからこそ、なりふり構わず「女系容認」にやっきになるわけでしょ
7:陰謀であると力説する

278 :うでにほんあしにほん:2006/01/01(日) 17:38:16 ID:li0nOz1L
ここにかきこみされてるかたって
あぶなすぎるかたかなもしかして

279 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 18:29:37 ID:Tw2HYjku
>>277
言論は自由ですし、同じ考えを持つ人が相当数現れたとしても、その責任は私にはありません。
「女系容認」というものに対する、国民の認識が現実にそれに近いものだというだけのことです。

ちなみに、女系容認が、「天皇家の権威の希薄化」につながると言うか、イコールなのは
主観というより、客観的な事実でしょ。

「権威」というものは具体的に数値化できるようなものではないけど、それを担う母集団を広げるならば
少なくとも「分母」は肥大化するんだから。

280 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 18:38:00 ID:fl2vbam0
>「女系容認」というものに対する、国民の認識が現実にそれに近いものだというだけのことです。
それが主観だって言うだ。
それに今の世論調査では女系容認は多数派だ。
彼等彼女等にとって女系になったからといってその権威が毛ほども揺らぐものではない。

281 :日出づる処の名無し:2006/01/01(日) 20:04:05 ID:/nzVdV7B
天皇の権威は為政者の任命の場面で必要なだけ。

個別の国民の意見は無関係。

282 :ムスカ:2006/01/01(日) 23:40:02 ID:DnwAZf+e
    , ..-‐−- 、、
  ,ィ":::::::::::::::::::;;;;;:ii>;,、
  /:::::::::::::::;;;;;;;;iii彡" :ヤi、
 i::::::::::::;:"~ ̄     ::i||li
 |:::::::::j'_,.ィ^' ‐、 _,,. ::iii》
 |:::i´`  `‐-‐"^{" `リ"
  ヾ;Y     ,.,li`~~i 素晴らしい。600年もの間男系男子の帰り待っていたのだ。
   `i、   ・=-_、, .:/ 君の天皇家と私の伏見宮家は元々崇光天皇家だったのだ。
   | ヽ    ''  .:/  室町時代に二つに分かれたがね。
   |  ` ‐- 、、ノ   君は天皇家の正当な皇位継承者、○子内親王(女王)だ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8F%E8%A6%8B%E5%AE%AE
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E7%9A%87%E6%97%8F


283 :日出づる処の名無し:2006/01/02(月) 00:22:14 ID:3to76VzG
一切無意味の立場から言えば、
女系になっても、直ちに問題が生じるとは思わない。

でも、伝統維持は、それだけで価値があるとも思う。
俺は、伝統維持を推す。

皇族とは、父親が皇族の人たちによって形成されてきた。
それが伝統だから、それがすべて。

284 :日出づる処の名無し:2006/01/02(月) 11:55:48 ID:EjTRwpXk
憲法上、天皇の地位権威は国民の意思により
与えられるもので、伝統などはその地位を根拠付ける理由と
なりえません。

男系維持を天皇制の本質としたいカルトどもは
まず憲法を改正し天皇の位置付けを変える必要がありますが、
国民意思に基かない権威権能を全否定するのが日本憲法の根本で
この根本に反する改正は不可能とされていますので、
クーデターなどを行うしかないということになります。

285 :日出づる処の名無し:2006/01/02(月) 11:58:35 ID:EjTRwpXk
キリストの幕屋、統一協会、日本会議等の構成員と
ネットニートウヨが起こすクーデターも見てみたいですね。
実害は皆無だと思われますので。wwwww

286 :日出づる処の名無し:2006/01/03(火) 01:40:33 ID:7mo29IZA
>>284
>憲法上、天皇の地位権威は国民の意思により与えられるもので、

国民の意思で権威が生じるなら大統領制でもよかったはず。
それがなぜ君主制が導入されたか。

287 :日出づる処の名無し:2006/01/03(火) 01:44:20 ID:DtV1MLWW
お約束だから。

288 :日出づる処の名無し:2006/01/03(火) 12:58:54 ID:FcEe7Z/1
>>286
「国民の意思で権威が生じるなら」という仮定は意味はありません。
 
 「天皇の地位(と付随する権威)は国民の総意に基く」

と憲法に明記されていますから。
そして憲法上、天皇の地位権威は国民の意思により
与えられると明記してあることの当然の帰結として、
伝統などはその地位を根拠付ける理由となりえません。

男系維持を天皇制の本質としたいカルトどもは
まず憲法を改正し天皇の位置付けを変える必要がありますが、
国民意思に基かない権威権能を全否定するのが日本憲法の根本で
この根本に反する改正は不可能とされていますので、
クーデターなどを行うしかないということになります。


289 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/03(火) 13:14:24 ID:tm9mBi2Z
>それがなぜ君主制が導入されたか。
それは成立過程に類する話しだ。
日本は国体護持にこだわり、アメは民主化を求めた。
その結果として「天皇制は残し、その代わりに軍事を放棄する」とゆ〜憲法になった。

まあ、元首規定を設けず「象徴」としているコトから正確に「君主制」とはいえないんだけどな。
憲法学では大統領でも君主でもない「象徴」を持つ共和制だという見解もある。

290 :日出づる処の名無し:2006/01/03(火) 13:16:10 ID:7VAUq5Ky
>>286 今ここで、理屈を言っても仕方がありません。残念ながらあのGHQ謹製の欠陥憲法の中に、

「民主主義を衆愚的に悪用すれば、天皇制を廃絶することも可能である。」
 (だからやりたい奴は、上手くやれ。)

に等しいことが書いてあるのだから仕方がありません。恐らく、GHQの狙いは、

「戦後、日本人がアメリカに対してあまり反感を持たないようにするために、一時的には天皇制を残す(利用する)が、
 天皇制自体は、100年以内には必ず潰れるか、無意味化するようにする。」

でしょう。だから、あの欠陥憲法を押し付けたのです。あの憲法の「欠陥」の悪辣さは、9条だけではありませんよ。
西洋型の民主主義が必ず衆愚政治に陥ることを熟知している人間が、それを利用して日本人のアイデンティティを
根底から破壊するために作った憲法です。

だから、今回の典範の改正が、あの憲法に対して正当性を持つかどうかをここで論じても無意味です。

291 :日出づる処の名無し:2006/01/03(火) 13:20:01 ID:KyZSkfkX
>>288
>そして憲法上、天皇の地位権威は国民の意思により

それは天皇の「象徴たる地位」が国民に由来するってだけでしょ?

天皇自身の権威は天皇の存在による。
その権威により内閣総理大臣を権威付けさせようとして「総意により」象徴としただけ。

民意だけで十分に権威付けできるなら天皇という触媒を使う意味が無い事になる。
直接総理大臣を権威付ければよかったはず。


>国民意思に基かない権威権能を全否定するのが日本憲法の根本で

実際にはそうでないことを憲法は前提としています。

>>289
>その結果として「天皇制は残し、その代わりに軍事を放棄する」とゆ〜憲法になった。

天皇制とは天皇により国民政府を正統化してもらうという体制の事です。

>憲法学では大統領でも君主でもない「象徴」を持つ共和制だという見解もある。

君主でないのなら、何故総理大臣を「任命」出来るのか?

292 :日出づる処の名無し:2006/01/03(火) 13:24:44 ID:KyZSkfkX
>>290
まず、その欠陥憲法ですら否定できなかった天皇制の存在意義=権威がある。
それから美濃部先生の言う事には、現行の法律に批判する立場ですら、
現行法に法的根拠を求める。ジレンマのように見えるが法学上やむをえない。

と言うことばがあります。

293 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/03(火) 13:25:50 ID:tm9mBi2Z
>>291
>天皇制とは天皇により国民政府を正統化してもらうという体制の事です。
ところが今の憲法ではそうした概念によって成り立ってない。
天皇はあくまで象徴として国事行為を執り行う。

>君主でないのなら、何故総理大臣を「任命」出来るのか?
国民統合の象徴だから。いわば君主と象徴大統領の中間的に位置する存在。
良くいえば、制度として良いとこ取りしているのが象徴天皇制。

294 :日出づる処の名無し:2006/01/03(火) 13:28:28 ID:7VAUq5Ky
天皇制を、「立憲君主制」というスタイルと、「従来の伝統」という、
双方の原則を理想的に保ったまま維持できるのは、戦前の憲法のみ。

「皇室典範の改正は帝国議会の議を経るを要せず」明治憲法・第74条

つまり、この原則が生きている限りにおいて、「衆愚」によって天皇家の尊厳が脅かされる
心配は無かったのです。

現行憲法自体が、

「立憲君主制というスタイルは認めるが、従来の伝統どおりに存続することは保証しない。」

という欠陥を持っているのだから、どうにもなりません。

295 :日出づる処の名無し:2006/01/03(火) 13:29:04 ID:FcEe7Z/1
>>291
「象徴たる地位」しか現憲法上持たないんだから
それが国家機関・天皇の地位権威に直結します。

明治憲法は万世一系の皇統などから発生する権威を
天皇の地位権威の源泉としていましたが、そのような要素は
現憲法上全否定されていますので、残念でしたぁ。ww

内閣総理大臣の任命行為も、国民の総意により正当化され、
内閣の助言承認の下にある天皇が行う儀礼以上の意味を
持たず、また何重にも国民による正当化の契機を求めただけですよ。

迂遠なのは、制定手続きの政治的妥協の産物ですが。

296 :日出づる処の名無し:2006/01/03(火) 13:29:35 ID:KyZSkfkX
>>293
>天皇はあくまで象徴として国事行為を執り行う。

それが権威なんですけど。
あと、プラス総理大臣の任命。
鎌倉幕府の将軍任命と何も換わらない。

>国民統合の象徴だから。いわば君主と象徴大統領の中間的に位置する存在。

あなたの主張は象徴=大統領??

297 :日出づる処の名無し:2006/01/03(火) 13:31:01 ID:FcEe7Z/1
>>294
>どうにもなりません。

そうです、どうにもならないのです。
どうにかしようとするとクーデターしかないようでもあり
物騒ですね。

298 :日出づる処の名無し:2006/01/03(火) 13:32:52 ID:FcEe7Z/1
>それが権威なんですけど。

そうです。例えば、内閣総理大臣の任命行為も、
国民の総意により正当化され、
内閣の助言承認の下にある天皇が行う儀式で、
最終的な権威は国民にもとめられます。

299 :日出づる処の名無し:2006/01/03(火) 13:34:38 ID:KyZSkfkX
>>294
>双方の原則を理想的に保ったまま維持できるのは、戦前の憲法のみ。

いえ、江戸時代にも幕府は口を出していましたね。
ただ、口を出すというのと本質部分を変えるというのは別概念です。

天皇家が存在して貰わなきゃ自分たちの正統化が図れません。
それなのに本質的部分である男系を変えて、王朝交代したら権威がなくなってしまいますから。

>>295
>内閣総理大臣の任命行為も、国民の総意により正当化され、

国民の総意は「象徴たる地位」についてでしょう?
1条の文章構造を良く観てください。

>迂遠なのは、制定手続きの政治的妥協の産物ですが。

妥協的産物として権威ある天皇を政治利用する象徴天皇制が誕生したんでしょうが。
したがって女系天皇という権威ない天皇は象徴足りえないので違憲。


300 :日出づる処の名無し:2006/01/03(火) 13:36:10 ID:KyZSkfkX
>>298
>国民の総意により正当化され、

国民の総意により正当化されるのなら大統領制でも十分だったはずですね。
あなたの主張は何条によるものですか?

301 :294:2006/01/03(火) 13:36:53 ID:7VAUq5Ky
しかし我々は、改憲に成功しない限りは、この欠陥憲法という土俵で勝負するしかない。
ですから、ここで憲法に対する理屈とか、立憲君主制の意味とかを論じても仕方がありません。

我々にできることはまず、自分の選挙区の国会議員に、少なくとも「女系天皇」と「女性天皇」の違いが
ちゃんと分かっているか?を問うこと。「女系容認」とは、「外戚による皇位簒奪の容認」と同じことであり、
そもそも「女性天皇」と「女系天皇」、何の関係もないのだという事実を訴えること。それしかできません。

実際の話として、国会議員の大半が「女性天皇」と「女系天皇」を分かっていない。国民がではなく、
国会議員がですよ。いまこの状況で採決を採られれば、

「ん?“女系”天皇?何かよく分からないけど、何となくフェミっぽくて女性票稼げそうだからいいや。さんせー!」

多くの代議士が、この程度の判断で決められてしまいかねません。そもそも「女系」と「女性」という何の関係もない二者を
わざと紛らわしく併記することそのものに詐術が含まれているのですから。
この現実から、何とかしてゆくことしかありません。地元の国会議員、マスコミへの働きかけが必要です。もう、時間がありません。

302 :日出づる処の名無し:2006/01/03(火) 13:40:05 ID:FcEe7Z/1
>>299
天皇は象徴以外の何者でもないと位置付けられていますので
国家機関天皇を議論する場合は、象徴である天皇について
議論すればよく、またそれ以外の要素は持ち込み得ません。

303 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/03(火) 13:43:47 ID:tm9mBi2Z
>>296
>それが権威なんですけど。
天皇条項第一章第一条にある 「この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。」という条文通り
天皇の地位は主権者によって規定された存在。すなわち、中世の権威機構とは構造も地位の担保の意味も
全く違う。言い方を変えるなら天皇の権威は国民によって担保されるものであり、どこまでも国民の
意志によって規定される。中世のヒエラルキー構造とは違う。

>あなたの主張は象徴=大統領??
いや、象徴とは機能ではなく本来的には地位を指すもの。
地位として君主、大統領、天皇、それぞれがあり、天皇は象徴という機能に限定した存在というのが
現行憲法の定義だ。大日本帝国憲法は条文から理解すれば明らかに天皇に君主の地位を与えている。

304 :日出づる処の名無し:2006/01/03(火) 13:43:58 ID:FcEe7Z/1
>>301
>我々は、改憲に成功しない限りは、この欠陥憲法という土俵で勝負するしかない。

そうです。ぜひこの立場を堅持なさるよう。

また、国民主権と人権尊重を根本規範とする現憲法下では、
天皇であっても、国民意思による正当化を避けては通れません。
例え、改憲したとしても、明治憲法のような規定を制定する事は
不可能ということです。

305 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/03(火) 13:45:50 ID:tm9mBi2Z
×いや、象徴とは機能ではなく本来的には地位を指すもの。
○いや、象徴とは地位ではなく本来的には機能を指すもの。

真逆だった。すまん。

306 :日出づる処の名無し:2006/01/03(火) 13:48:41 ID:KyZSkfkX
>>302
>天皇は象徴以外の何者でもないと位置付けられていますので

天皇は憲法以前の存在である天皇であるのと同時に、憲法上の象徴です。
象徴以外の何者でもないのなら、1条は「象徴を象徴とする」と書かないといけなかったはず。

>>303

>天皇の地位は主権者によって規定された存在。
構造を良く見て。
「この地位」の「この」は直前にかかるわけで、「象徴」なんだよね。

第一条【天皇の地位・国民主権】
 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。

>大日本帝国憲法は条文から理解すれば明らかに天皇に君主の地位を与えている。

何条?


307 :日出づる処の名無し:2006/01/03(火) 13:55:44 ID:KyZSkfkX
だいたい民意により天皇の地位が与えられたなんてナンセンスだよ。
国民国家成立以前から天皇は存在していたんだし。

308 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/03(火) 13:59:16 ID:tm9mBi2Z
>>306
>構造を良く見て。
「日本国の象徴であり日本国民統合の象徴」というのは地位ではなく機能を意味する。
つまり天皇という地位は日本国象徴でと日本国民統合象徴という機能を持ち、その根拠は
主権者である国民の総意であると逝っているのがこの条文。

>何条?
「大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之レヲ統治ス」(第1条)
「天皇ハ神聖ニシテ侵スヘカラス」(第3条)
君主としての地位規定であり、欽定憲法として定義できる。
特に第3条は君主制の地位の根拠である王権神授説からの援用。

309 :日出づる処の名無し:2006/01/03(火) 14:01:00 ID:FcEe7Z/1
>>306
国家機関天皇を議論する場合、象徴と規定されそのように位置付けられている
天皇について議論すれば必要十分でありますよ。
国民が多様な意思意見をもち、必ずしも憲法に規定されない存在意義を持つとしても
法的な位置付けを考えた場合、憲法から一元的に考える必要があるのと同様です。

310 :日出づる処の名無し:2006/01/03(火) 14:16:23 ID:7VAUq5Ky
ここで天皇制解体推進派のサヨに煽られて、理屈合戦に終始している人たち、行動に結びつかないなら、こんなことしてても何にもなりませんよ。
もともと最初から「天皇制解体の布石となるものなら、何でも歓迎する。正当化する。」という哲学ありきの人たちなんだから、相手にするだけ無駄というものです。こんな連中放っておいて、自分たちにできることをやりましょう。

とにかく、地元の国会議員に訴えてゆきましょう。大半の国会議員ですら「女系」,「女性」の併記の詐術に絡めとられてしまってるのが実状なのですから。

・「女性天皇」と「女系天皇」は、何の関係もないこと。
・「女系容認」とフェミニズムも、何の関係もないこと。
・「女系容認」とは、単なる「外戚による皇位簒奪容認」であり、王朝交代容認と同じであること。

人権擁護法案のときと、やることは同じですよ。なんで、民主主義を脅かす人権擁護法のときにはあんなに行動的だった人たちが、民主主義どころか日本という国のアイデンティティそのものを脅かす皇室典範改悪問題のときには、理屈合戦、憲法談義に終始してしまうんですか?

理屈合戦に引き込んで、あなた方が実質的な行動に出れないように足止めするのも、天皇制解体主義者の狙いであることに気づいてください。

311 :邪馬台国侍 ◆G5PYesuXOc :2006/01/03(火) 14:54:31 ID:bgXB3Ajd
あけましておめでとうございます

皇位が女系に渡れば、天皇を名乗ることは許されません。
皇室祭祀はじめ、皇室の伝統を尽く否定した地位を天皇と呼ぶのはナンセンス。
日本国憲法に規定されているのは国家における象徴の地位であって、天皇の資格ではない。
だから女系に国民の支持があるのなら、正しく世襲大統領支持と言わねばならない。
つまり女系を積極的に支持する人は、みな、ごまかしで天皇の名を利用する嘘つきなんだな。

312 :日出づる処の名無し:2006/01/03(火) 16:01:57 ID:un1rA4pb
>>308
>「日本国の象徴であり日本国民統合の象徴」というのは地位ではなく機能を意味する。

参議院の内部資料だけど、「象徴たる地位」という言葉を使ってるよ。
http://www.sangiin.go.jp/japanese/kenpou/houkokusyo/hb/hb03_01.htm

やはり、「象徴」は地位だよ。
よって「この地位」とは象徴たる地位を示す。

 国事行為とは、天皇が象徴たる地位に基づき国家機関として行う、
憲法が定めた行為です。国家的意義を有する行為であると同時に、国政
に関する権能を持たない象徴としての天皇の中立性が守られるように、
内容に天皇が責任を負わない行為でなければならないと、一般には理解
されています。

313 :日出づる処の名無し:2006/01/03(火) 16:07:58 ID:kPZwWFAi
現行憲法は、天皇を日本国及び日本国民統合の象徴とし、その地位を主権の存する日本国民の
総意に基づくものと規定しました(第1条)。また、第4条は「国政に関する権能を有しない」と規定し
ており、この点で、天皇の地位の性格は統治権の総覧者であった明治憲法下の天皇とは全く異な
っています。

314 :日出づる処の名無し:2006/01/03(火) 16:12:07 ID:un1rA4pb
>>309
>天皇について議論すれば必要十分でありますよ。

女系天皇には権威がないから象徴足り得ない。

315 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/03(火) 16:14:20 ID:tm9mBi2Z
>>312
「象徴たる地位」とは「象徴(という機能を持つ)地位」という意味だ。
例えば富士山や日の丸は日本の象徴だが、ここでいう象徴は地位ではない。

316 :日出づる処の名無し:2006/01/03(火) 16:16:35 ID:un1rA4pb
>>313
>天皇の地位の性格は統治権の総覧者であった明治憲法下の天皇とは全く異な
っています。

統治は権力の問題。
権威とは話が別。

317 :日出づる処の名無し:2006/01/03(火) 16:19:36 ID:un1rA4pb
>>315
>「象徴たる地位」とは「象徴(という機能を持つ)地位」という意味だ。

「たる」ってのは言い換えの助詞「である」だからイコールってことだよ。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%BF%A4%EB&kind=all&kwassist=0&mode=0&jn.x=8&jn.y=9
(1)資格を表す場合に用い、「…である」の意を表す。


>例えば富士山や日の丸は日本の象徴だが、ここでいう象徴は地位ではない。

その場合は「象徴たる山」という意味だろ。

318 :日出づる処の名無し:2006/01/03(火) 16:24:54 ID:un1rA4pb
富士山は日本の象徴であり、この位置づけは日本国民の総意による。

319 :318:2006/01/03(火) 16:26:30 ID:un1rA4pb
小泉首相は日本の首相であり、この地位は国会の指名による。

320 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/03(火) 16:30:11 ID:tm9mBi2Z
>>317
それが正しいので有れば憲法に対する「憲法調査会」での発言者の見解が間違えてるってコトだ。
憲法条文では、「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、」となっている。
いずれにせよ「象徴たる地位」とはしていない。

321 :318:2006/01/03(火) 16:34:08 ID:un1rA4pb
>>320
だってさ、天皇の地位は戦前からあったわけでしょ?
民意によるってのはおかしくない?

322 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/03(火) 16:44:36 ID:tm9mBi2Z
>>321
それぞれの憲法を百回位読んでみてはいかが?

323 :318:2006/01/03(火) 17:09:41 ID:un1rA4pb
>>322
たとえば「人間」って言葉があるわけだが、人間は民主主義により生じた概念ですか?
もしもそうなら外国人は人間じゃないとかいえることになりそうですが。

324 :日出づる処の名無し:2006/01/03(火) 18:50:42 ID:k62rQy0W
>>323
社会通念一切無視して憲法だけ解釈するのなら、
日本人ではない外国人には日本国憲法で保障する基本的人権の範囲外、
と言うのもありっちゃありだろう。

325 :日出づる処の名無し:2006/01/03(火) 22:46:08 ID:XIETDs/j
>>324
いや、憲法で言ってるのは
外国人の権利は日本人の権利より制限されるって話。
基本的人権は基本的には存在する。

326 :日出づる処の名無し:2006/01/03(火) 23:03:56 ID:BtE1l5uK
各種条約や各種法律など民意と呼べるものは
憲法規定の本質を害しない限りで、その解釈に
不断にフィードバックされているわけです。外国人の
人権というものはその典型例で、ネットウヨウヨ馬鹿は
ともかく、右翼系学者など、勉強不足や、既に国際的な
合意となったものに対して負け惜しみ電波が目立つという
特徴があります。

327 :日出づる処の名無し:2006/01/03(火) 23:08:38 ID:BtE1l5uK
天皇規定解釈に関しては、国民主権を害さない限りという
厳然たる制約が科され、現行天皇制自体が、国民主権と
君主制の残り滓のギリギリの調和であるといえるので、
天皇マンセー派にとっては、どのように解釈しても、天皇制強化には
繋がらないきらいがありますね。

328 :日出づる処の名無し:2006/01/03(火) 23:15:09 ID:BtE1l5uK
ま、ネットウヨウヨ馬鹿にもわかるように言うと
伝統だの皇統だのといった要素は今回の皇室典範改正の
論点とはなりえないということですね。
諮問機関が論点としなかったのは理由があるわけで、
今後もネットウヨウヨ馬鹿がいくら喚こうと、日本会議や
統一協会がいくら横槍を入れようと、論点とはなりえない
ということでもあります。

329 :日出づる処の名無し:2006/01/04(水) 00:38:39 ID:2p/yaJeZ
人権は、国籍と関係ない。
基本的人権の意味も知らんのか。

330 :日出づる処の名無し:2006/01/04(水) 01:27:52 ID:sOIyVoph
寛仁親王:「一度切れた歴史はつなげない」女性天皇に異議
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060104k0000m040054000c.html

 昭和天皇が自らの神格性を否定し、後に人間宣言と呼ばれた「新日本
建設に関する詔書」が発表されたのは、終戦翌年の1946年1月1日だった。
4日後に生まれた昭和天皇のおい、寛仁親王殿下が毎日新聞の単独
インタビューに応じ、皇室の歩みや将来像などについて語られた。殿下は
「(詔書について)昭和天皇ご自身は『自分は戦前から何も変わっていない』
とおっしゃっていた」と明かすとともに、皇室の役割を「光の当たっていない
ところに光をあてるもの」との考えを示された。

 皇室典範改正問題についての質問にも応じ、「政治を超えた歴史の
問題」との認識のうえで、男系による皇位継承の伝統を踏まえ、「一度
切れた歴史はつなげない。腰を据えて議論すべきだ」とした。「皇室典範
に関する有識者会議」が出した「女性・女系天皇の容認」の結論に異を
唱えた形だ。

 殿下は既に福祉団体の会報のエッセーで、元皇族の皇籍復帰や女性
皇族に養子を取ることを認めることなどによる男系男子継承方法を示して
いるが、「過去にはこうした方法で、皇位継承の危機をたびたび回避してきた」
「先人が築き上げた貴重な財産(方法)にならって、できるだけの手を尽くして
いくべきだ」とした。

 「人間宣言」については、「戦前・戦中と戦後を区別し、新しい日本に
向かうという意味があった」と位置づけた。また、皇室のあり方について
「日本民族の知恵が権力を持たせないようにしてきた。国を守っていくため
に必要な存在」とした。

331 :日出づる処の名無し:2006/01/04(水) 02:15:31 ID:2p/yaJeZ
女性天皇っていうか、
女系天皇のことかな?

まったく、同感だけど。
・・・女系だよね。

なんかの間違いかな。

332 :日出づる処の名無し:2006/01/04(水) 03:05:29 ID:KbbzkSxd
『女系天皇は違憲だ派』は何をそんなに必死なのでしょう?
違憲ならば放って置いても勝手に自壊するでしょうに。

分かってるのだろう?
所詮は解釈の範囲内だと言う事が。

333 :日出づる処の名無し:2006/01/04(水) 03:10:54 ID:lFuhazdW
>>331
有識者会議の結論には異議だけど、女性天皇に異議なんて読みとれない。
マスゴミは皇族のインタビューも歪曲するのか?


334 :日出づる処の名無し:2006/01/04(水) 03:21:22 ID:KbbzkSxd
いっその事政府の管理下の天皇『制』なんて辞めて、
民間の天皇『家』で勝手に男系男子を続けたら良い。
憲法1〜8条と皇室典範が無くなれば、
天皇『家』がどういう継承を続けようが誰からも何からも干渉を受けないよ。
天皇『制』が無くなったからと言って天皇『家』やその血筋が消えてなくなるわけじゃないしね。

335 :日出づる処の名無し:2006/01/04(水) 03:21:38 ID:2p/yaJeZ
いや、違憲とか、どうでもいいし。

つか、憲法の問題じゃないだろ。
なに言ってんだ?

336 :日出づる処の名無し:2006/01/04(水) 03:24:21 ID:2p/yaJeZ
あのな、
日本国が皇族、皇室の権威を戴いてるんであって、
それこそが重要なわけよ。

上からのしかかってるわけじゃない。
下から、担ぎ上げてんだ。

中共や北朝鮮ごときと、一緒にすんな。

337 :日出づる処の名無し:2006/01/04(水) 03:43:03 ID:KbbzkSxd
>>336
つ[江戸時代]
別に天皇天子の権威が地に落ちてもさしたる不都合は無いよ。
宇宙人でも攻めてきて、日本人が団結しなければいけなくなったら再び担ぎ上げるかも知れんが。
それまで自分自身で自給自足しながら自画自賛して自縄自縛と自存自衛をしていれば良い。
民主主義社会で天皇の元に団結しなければいけない時代が来るかどうかは知らんけどな。

338 :日出づる処の名無し:2006/01/04(水) 03:57:46 ID:2p/yaJeZ
江戸時代・・・って、なんのことやら。
意味が分からんが。

将軍を任命してたのは、天皇だぞ。
その程度の知識も無いのか?

339 :日出づる処の名無し:2006/01/04(水) 04:29:12 ID:KbbzkSxd
>>338
そ、徳川幕府にとって天子禁裏はただそれだけの存在、
それには権威の裏づけが必要だったかも知れん。
だが将軍知れども天子は知らず。
傷んだ魚に舌鼓を打ち濁ってない酒に感動する。(山岡荘八 明治天皇)
『天皇制』と言う制度の無い江戸時代は天子はそんなんでも全然構わなかったわけだ。
ここまでは江戸時代の話。

今の『天皇制』の天皇は内閣を承認し、法案を承認するだけの存在、
そしてそこに天皇の権威の裏づけは要らない。
それは民主主義国家の元、主権者たる国民が担当する。
と言うかしなければいけない。
今の日本に天皇の権威は有っても無くても、そもそも天皇そのものが有っても無くても変わらん。

340 :日出づる処の名無し:2006/01/04(水) 15:55:21 ID:KpemSZFs
確かに今の日本で天皇の歴史的権威がなくちゃ困るのなんて一握りかもしれん。
しかしだ、今の日本人が今この瞬間だけ納得しただけで2600年も続いて来たものを変えてしまってもいいのか?
歴史とか、文化とかそんなものは今の人間だけのもので、使い捨ててもいいものなのか?
違うだろ。過去も現在も未来も全ての人間が納得出来る形じゃないと変えちゃだめなんだよ。


341 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/04(水) 15:56:20 ID:FbgFbbJu
2600年も続いてねえわけだがw

342 :日出づる処の名無し:2006/01/04(水) 16:24:15 ID:J30hd+Ea
万世一系でもないしね

343 :日出づる処の名無し:2006/01/04(水) 16:49:04 ID:6PiKQJjh
伝統とか馬鹿なこと言ってるんじゃねえよ。
だから右翼か左翼か知らないけど馬鹿なんだよ。

344 :日出づる処の名無し:2006/01/04(水) 19:41:52 ID:J30hd+Ea
右翼も左翼も大馬鹿だよ。

345 :日出づる処の名無し:2006/01/05(木) 00:08:20 ID:bwcHtRaX
>>340
同感。
まあ、2600年は違うとしても千年以上続いてんでしょ?
天皇を尊ぶとか別にして、「もったいない」ってのが俺の本音。

正月早々、友人と女系反対か賛成で揉めちゃったよ。
「女系?女性?そんなの知らん、どっちでもいい。
国民がいいと言えば、それでいいじゃんか。
伝統?男系?今の時代に合ってないよ。
合わない物は代えればいいんだよ。」
だってさ、俺の友人。

色んな説明したんだが、まったく聞く耳を持たんかったorz
俺だって、天皇を尊ぶ気持ちは今は無い。
でも将来年取ったら、どう変わるか判らんじゃないか。
そんな軽い気持ちで変えちまって、後で後悔してもどうにもならんのだぞ!

346 :日出づる処の名無し:2006/01/05(木) 00:52:48 ID:qpkEQYj3
天皇家(皇統)が世界遺産に登録されたらいいのに。

347 :日出づる処の名無し:2006/01/05(木) 01:18:48 ID:rdz4w3W7
>>346
ワロタ。
世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約
ttp://www.biodic.go.jp/biolaw/sekai.html
> 第一条
> この条約の適用上、「文化遺産」とは、次のものをいう。
>・記念工作物 建築物、記念的意義を有する彫刻及び絵画、考古学的な性質の物件及び構造物、
>金石文、洞穴住居並びにこれらの物件の組合せであって、歴史上、芸術上又は学術上顕著な
>普遍的価値を有するもの
>・建造物群 独立し又は連続した建造物の群であって、その建築様式、均質性又は景観内の位置の
>ために、歴史上、芸術上又は学術上顕著な普遍的価値を有するもの
>・遺跡 人工の所産(自然と結合したものを含む。)及び考古学的遺跡を含む区域であって、
>歴史上、芸術上、民族学上又は人類学上顕著な普遍的価値を有するもの
> 第二条
> この条約の適用上、「自然遺産」とは、次のものをいう。
>・無生物又は生物の生成物又は生成物群から成る特徴のある自然の地域であって、観賞上
>又は学術上顕著な普遍的価値を有するもの
>・地質学的又は地形学的形成物及び脅威にさらされている動物又は植物の種の生息地又は
>自生地として区域が明確に定められている地域であって、学術上又は保存上顕著な普遍的
>価値を有するもの
>・自然の風景地及び区域が明確に定められている自然の地域であって、学術上、保存上
>又は景観上顕著な普遍的価値を有するもの

348 :日出づる処の名無し:2006/01/05(木) 02:39:35 ID:AyMFdUaK
日本は『利用価値の有る天皇の権威』を守ってきたのであって、
『天皇そのもの』を守ってきたわけではないということですね。
その権威に利用価値が無くなれば脆いものですね。

349 :日出づる処の名無し:2006/01/05(木) 17:39:16 ID:HsxomH/7
あんな憲法などどうでもいい。
占領下で作られた憲法に拘束力を求めるのはおかしい。
アメリカが数週間で作り上げた理想主義糞憲法よりも、
二千年間守り通してきた伝統の方が遥かに大事だ。


350 :日出づる処の名無し:2006/01/05(木) 17:46:37 ID:+dlwagWw
そういうこというからカルト、ニート呼ばわりされるんですよ。w
実際、男系維持派は統一や日本会議と近い人脈が多いですけど。

滅び去った大日本帝国の正統な後継政府が現在の日本国であり
その日本国は新憲法により運営されてることをお忘れなく。




351 :日出づる処の名無し:2006/01/05(木) 18:24:01 ID:8FRkXHKp
あのー、統一って統一協会の事?
あれは創価学会同様に、朝鮮の工作組織ですが。
反共は建前で、日本の政界・保守を内部工作するために使われて来ました。

半島、大陸の工作組織は。反日で共闘できます。

陰謀論と片付けたい方にひと言。
スパイ天国である日本で、謀略を考えない方々は、あまりにおめでたいです。


352 :日出づる処の名無し:2006/01/05(木) 18:30:49 ID:LQAR7qBn
その朝鮮の工作組織に近い人脈が
必死に男系維持を主張してるんだよな。

353 :日出づる処の名無し:2006/01/05(木) 18:40:16 ID:9KfkLmru
男系維持は、伝統だろ。

天皇に象徴される日本の文化、
伝統たる物語を構成する要素だわさ。
合理主義的に、安易な改変を加えてしまうのは、
いままでのお約束を無視した、無謀な行為だ。

文明は、あこがれ、魅力から生まれる。

その魅力が交易を生み、王を敬う心となり、
日本においては、天皇を戴くことになったわけだ。
文明は戦争から生まれるとか言う人もいるが、
順序としては、それは後だ。

分かりやすく言おう。

大人気のアイドルがいる。
みんな、その魅力に価値を見出してる。
それを独占したい、実力で自分のものにしてしまいたい。
そういう連中が、実力で、暴力で、実権を握ろうとする。
つまるところ、後から出てきた親衛隊を自称する連中が、
ファンを取り仕切ろうとするようなもんだ。

合理主義は、暴力を根拠とする。
権力は、暴力だ。

天皇の権威というのは、魅力であり、
物語なんだよ。

354 :日出づる処の名無し:2006/01/05(木) 18:42:48 ID:LQAR7qBn
なお保守に対して一方的に工作を行っていたわけではなく、
利害が一致する限りで同一歩調を取っていたようだね。

また、前述の「勝共」運動で伝統的に保守・右翼との結びつきがあり日米韓などで
支援活動を行ってきた、とされる。教団が関連するマスコミ活動などは例外なく
極度に反共的である。国内では右翼のフィクサー児玉誉士夫との結びつきが
指摘された。フランスでは、ジャン=マリー・ルペンの支持を行ったことも有名。
現在の国内政治においては安倍晋三などへの関与が噂されているようだ。ちなみに、
岸信介元首相は日本統一教会の初期の頃から熱心に賛同していることで有名。
岸氏は文鮮明師が創設した言論人会議の議長も務め、更に文師が脱税の冤罪事件で
不当な裁判にかけられ収監された際にも米国大統領宛に抗議文を送っている。
http://72.14.203.104/search?q=cache:Czxe2ei_HPoJ:ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%B1%E4%B8%80%E6%95%99%E4%BC%9A+%E5%B2%B8%E4%BF%A1%E4%BB%8B%E3%80%80%E7%B5%B1%E4%B8%80%E5%8D%94%E4%BC%9A&hl=ja

355 :日出づる処の名無し:2006/01/05(木) 18:43:24 ID:8FRkXHKp
だから、統一協会がそう言っているんなら、ソースを出せよ。

ちなみに、日本会議をごっちゃにしているのは、極左活動家の方々だけです。
あの方々は刷り込まれているようです。


356 :日出づる処の名無し:2006/01/05(木) 18:49:00 ID:LQAR7qBn
なんで、統一側のソースが必要なんすかね?
信者だから、公式見解しか信じないのでしょうか。

357 :☆ご注意☆:2006/01/05(木) 18:50:56 ID:kUi9+rpX
刑法78条  内乱の予備又は陰謀をした者は、一年以上十年以下の禁錮に処する。

358 :日出づる処の名無し:2006/01/05(木) 19:19:13 ID:LQAR7qBn
>>355
統一協会と日本会議をごっちゃにはしていないけど、
関係者が微妙にかぶるのもまた事実で。
以下、日本会議の母体の生長の家が統一にお墨付きを与えたと言われる文章。

「最近・・・・・・好いお手紙を頂いた・・・・・・『・・・・・・地球上の凡ゆる所に於いて
人類に甚大な害毒を流しつつある共産主義者を撲滅して、地球上に神の国を
実現する為強烈なる活動を続けて居ります“勝共連合”の団体が福岡にもあり
まして、約十年程前から大幹部を自宅に呼び、生長の家の教へを説き聞かせたり、
御著書を読ませたり致しまして、天皇を中心とする日本を護る正しい運動を展開す
るやう指導に努めて居りましたところ、最近では生長の家の真理をよく理解し、今回
長崎で九州ブロック大会が開かれる機会に、九州各県の最高幹部が二十四名、
龍宮住吉本宮に参拝し、聖者谷口総裁先生の御尊顔を拝したいと申入れて来て
居りますので、誠に恐縮至極な御願ひで御座いますが、今後導師先生の御心を
体して日本護持の大使命遂行の一翼を担って頂きます為、寸時でも御拝顔の栄を
賜りますれば誠に幸甚に存じます。参拝致しますのは九州管区長等二十四名で
御座います・・・・・・』「原理運動」とも称する勝共連合は生長の家と類似の教義を
もってゐたが朝鮮の文鮮明と称する予言者を八紘一宇の世界の中心者とする運動
だったので私たちは今まで協力できなかったが、S(上記の手紙の筆者)さんのやうな
正しい説得で、日本中心の運動にすることが出来れば協力してもよいのである」
(『生長の家』一九七九年八月号)

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20050930


359 :日出づる処の名無し:2006/01/05(木) 19:28:25 ID:kUi9+rpX
統一教会って右翼なのか?
てっきり左翼だと思ってた

この前下部組織に募金と称して3000円のハンカチ買わされた

360 :日出づる処の名無し:2006/01/05(木) 20:45:10 ID:hEDNlCKu
皇室典範改悪反対。
皇統が絶えるのも宿命。
宿命を厳粛に甘受してほしい。

361 :日出づる処の名無し:2006/01/05(木) 20:49:27 ID:hEDNlCKu
皇室の話題が「極東アジアニュース」板にあるのは、やはり皇室は半島系という判断なのですか。

362 :日出づる処の名無し:2006/01/05(木) 22:26:11 ID:9KfkLmru
いや、日本は極東アジアだ、複雑な気持ちだけど、
ってことだ。

363 :日出づる処の名無し:2006/01/05(木) 22:33:54 ID:1lkNJAbj
万世一系、男系を維持せよ。
欧州はそうしなかった為、王位簒奪、不和が絶えなかった。
外国の王朝と日本の王朝は違う。
うわべくらい真似てもいいが、基本的なところは日本独自の伝統を守るべきだ。

364 :日出づる処の名無し:2006/01/05(木) 22:36:18 ID:YciQgIdW
>>363
今の天皇家に簒奪する価値はないよ。

365 :日出づる処の名無し:2006/01/05(木) 22:42:03 ID:1lkNJAbj
天皇は日本の祭司だよ。だから大事な役目だ。
外国の王朝とは違うかもな。

366 :日出づる処の名無し:2006/01/05(木) 23:50:29 ID:kwsxEJRS
国家機関・天皇は祭祀の承継人でも、
伝統を基盤にした君主でもなく、
民意に権威の源泉をもつ「象徴」にすぎないので、
その存在意義から演繹した積極的な議論は始めから不可なんですよ。
存在意義は国民が決めるものでありますから。

当然の帰結

>憲法が定める皇位の世襲の原則は「男子や男系であることまで求めるものではない」

>各種世論調査で約八割が女性天皇を容認していることなどを背景に「幅広い国民の積極的な
支持が得られる制度である限り、正統性が揺らぐことはない」

367 :日出づる処の名無し:2006/01/06(金) 02:32:44 ID:pTsfo7eG
・GHQは、旧・宮家を強制的に臣籍降下させて、天皇家の持つ「血のスペア」を激減させた。
・さらにGHQが、日本中にクソサヨの種をバラ撒いた。(日本をフヌケにするためには、サヨとさえ手を組んだ。)
・ちょうど天皇家の男系の血が絶えそうになってくる頃、キチガイ・フェミの連中が暗躍しだすように仕組んでおいた。
・そしてそいつらは、宮内庁の内部にまで入り込んだ。
・皇太子の婚期を決定的に遅らせたこと、および、サヨ教育に毒された妃を民間から迎えさせることに成功した。
・帝王学が施されていない女性が皇室に入れば、当然、子供はなかなか作りたがらない、皇室への伝統にも価値を見出せない。

実は、天皇制は60年前に滅んでいたのだよ。GHQの仕掛けた、超・遅発性の「天皇制破壊爆弾」が、
いまようやく破裂しはじめたというだけ。

368 :日出づる処の名無し:2006/01/06(金) 04:18:20 ID:2gC3mxkS
伝統文化というものは誰も触らなければ永久不変のスペースデブリとは違うので、
意識的に守ろう、能動的に保とう、と言う勢力が無くなれば自然と朽ちていくものです。

369 :日出づる処の名無し:2006/01/07(土) 17:10:06 ID:aC1PgIoW
【皇室】自民党、皇室典範改正案の採決、党議拘束をかけずに自主投票にする方針
ttp://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1136621226/

地元の議員にメール投げとこ。

370 :日出づる処の名無し:2006/01/07(土) 17:28:16 ID:rsz5JpJP
男系護持オフ

http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1134381954/
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1132749112/

371 :ここの板の住民はヅカ板で土下座しろ!:2006/01/07(土) 17:31:35 ID:eHyqM4X/
543 :名無しさん@花束いっぱい。:2006/01/07(土) 17:08:06 ID:KbWjjX0h

日本の児童書「ズッコケ三人組」で、パクリテロリズムが発生しました。
これに対し、韓国の有名俳優がパクリテロに関与した事をほのめかす犯行声明を出しました。 
今回起きたパクリテロリズムによる犠牲者は、今後も増える模様です。


【日韓】ソウル大出身俳優が過去に出版した童話は、日本の『あやうしズッコケ探険隊』のパクリ★2 [01/06]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1136578627/
画像:http://kuki1.stoo.com/news/image/000/451/866/20060106s1.jpg
http://www.poplar.co.jp/shop/bookimages/4-591-00793-6.jpg
http://dcinside.com/newsinside/img/ahehe/70.jpg

> 「ちょこちょこ探険隊」を出版した小学社関係者はクッキーニュースとの電話で
> 「チョン・ジンヨンさんが日本童話を翻案創作したのは事実」と確認した。続いて
>  この関係者は「しかし当時は我が国が国際著作権条約に加入していなかったうえ、
>  翻案作家を著者として紹介する慣行があって法的・倫理的に何ら問題がないと判断している」



翻案作家を著者として紹介する慣行があって法的・倫理的に何ら問題がない
  
        ↑          ⊂⌒~⊃。Д。)⊃           ↑

韓国では外国の本を翻訳しただけで、その本の作者になり代われるんですね。

372 :日出づる処の名無し:2006/01/07(土) 17:33:18 ID:gp13apxl
どうせおまいら 愛子様より早く死ぬんだから・・・

373 :とりあえず、政治板から転載しておきますね。:2006/01/07(土) 18:57:25 ID:usvy8CXf
683 :国民は此処の常駐別系統強要派とは違います :2006/01/07(土) 15:30:58 ID:pWGDD9Kp

毎日の調査では八割が「女性皇族の婚姻時の降下を自由にするべき」との調査結果があります。
つまり、此処の女系強要派とは違い男系以外との婚姻時には自らの意思で降下しても良いの意見で、
一般の容認たは必ずしも女系に誘導したいと言う訳ではありません。

この結果からは女系容認は容認でしかなく、皇族内で調整して男系との婚姻で維持し非男系は降下でも構わないとの意見です。
(勿論、非皇統との婚姻で非皇統が皇室に残る事も否定して無いけど。)

つまり、ここの常駐女系強要派とは違い、強制してまで女系をとの意見では無いのです。
今回の調査では内親王も含めてで、増えすぎたらとかでは無い。

毎日新聞も有識者案とは「国民意識とズレ・ギャップ」としてます。
「婚姻時(←ここ重要)」の自由降下への調査結果なので、強要してまででは無いとの結果です。


374 :とりあえず、政治板から転載しておきますね。:2006/01/07(土) 19:00:13 ID:usvy8CXf

[上記転載の続き]

【12月14日の毎日新聞より】

>女性皇族が結婚後も皇室にとどまる考えに対しては、80%が「自分の意思で皇族から離れられるようにすべきだ」と答え、
>  有識者会議に異論を唱える形になった。

またTBSの世論調査では

>「皇室典範の改正には天皇、皇室の考えを聞くべき」が76%



375 :日出づる処の名無し:2006/01/07(土) 20:47:48 ID:rakC/g47
「女系容認」と「自由意思による皇籍離脱容認」、
この二つを考え合わせれば自ずと世論の
指し示す方向は明らかだな。


376 :日出づる処の名無し:2006/01/07(土) 22:09:13 ID:p9CIfzrP
陛下には祖国朝鮮に還御願うのが至当であろう。

377 :日出づる処の名無し:2006/01/08(日) 12:11:39 ID:YESIpfto

(゚∀゚)ーー!!キターー(゚∀゚)ーー!!キターー(゚∀゚)ーー!!キターー ... ーー!!キターー(゚∀゚)ーー ...


【皇室】「女性天皇の容認」に留め、「女系天皇」は結論先延ばし…政府が改正案で検討
 ttp://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1136660020/

378 :日出づる処の名無し:2006/01/08(日) 12:27:34 ID:YESIpfto
>>377の記事によると

・世論調査でも、女性、女系天皇ともに七割超が容認しているが、首相官邸内などから
  《1》女性天皇と女系天皇が混同され、違いが十分に認知されないまま世論調査が行われている
  《2》史上初の女系天皇誕生はこれまで男系男子で継承してきた皇室の存在を揺るがすきっかけになる
 との強い懸念の声が浮上。

・こうした状況から、政府は「有識者会議の報告書をそのまま改正案化すると国会答弁が乗り切れない可能性がある」(官邸筋)

・政府関係者によると、「首相も女性天皇は念頭にあったものの、女系容認まで想定していなかった」という。

ま、時間をかけて議論する、という方向に動いたのも良識が働いたからでしょうね。
それが普通だ。

379 :日出づる処の名無し:2006/01/08(日) 13:31:03 ID:ZglDXH86
別系統強要派の正体
http://stick.newsplus.jp/id.cgi?bbs=newsplus&word=ID%3AAE5KIqVx0

380 :日出づる処の名無し:2006/01/08(日) 16:11:40 ID:fWvqfEk0
377 名前:エージェント・774[sage] 投稿日:2006/01/08(日) 00:29:07 ID:xf3omKri
>>325
詳しい方が
もう一方のスレに「日本会議国会議員懇」に入っているかどうかも分かる
とても便利なHPのURLの紹介をしてくれましたよ。

http://tx86.ja-21.net/kaida_shinmachi/kokkai/index.html

381 :日出づる処の名無し:2006/01/08(日) 16:22:33 ID:fwQsVJ8L
<万世一系[男系]の皇統を維持する為に旧皇族の復籍を建白し死守しよう>
■現職全国会議員メールアドレス http://www.jca.apc.org/silvernet/giin_all.html ←大推奨
我が国が世界に誇る神話を含めた万世一系[男系]の皇統は国家の根幹です。
初代・神武天皇御即位の建国記念日から連綿と125代・今上天皇に継承され、
平成18年で2666年を迎え世界唯一且つ世界最長の王朝が維持されています。
しかし、皇室廃止論者の売国奴小泉及び極左の皇室知識無能者会議により、
僅か30時間[実質15時間]の会議で女帝及び「女系」を勝手に決定した上に、
第一子優先・皇族無視宣言・政治家不介入・国民代表者気取・即刻成立強要等、
大暴走した挙句に歴史観・国家観で議論していないと大妄言を吐き逃亡致しました。
現行の男系男子は旧皇族の復籍及び婿養子や一般養子解禁で十分継続が可能です。
政府はこの改悪案を通常国会で強引に成立させる構えです。従って時間がありません。
真実の世論をメールで送り意思を伝えましょう。議論も大切ですが行動も大切です。
大物議員・皆様の地元議員・若手自民党議員等の意見を発していない方がポイントです。
自民党は自主投票となる予定の上、日本会議国会議員懇談会も動き出しています。
国民一人一々の行動が我が国の大根幹である皇室制度を死守継続することに繋がります。
■皇室典範改正懇談会資料 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kousitu/
■自由民主党意見募集フォーム http://meyasu.jimin.or.jp/cgi-bin/jimin/meyasu-entry.cgi
■首相官邸御意見募集フォーム http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
■内閣官房御意見募集フォーム http://www.iijnet.or.jp/cao/cas/jp/goiken.html
■安倍晋三御意見要望フォーム http://newleader.s-abe.or.jp/modules/contact/
■日本会議国会議員懇談会会長[平沼赳夫] info@hiranuma.org ■民主党 info@dpj.or.jp
■男系男子サイト http://www.geocities.jp/banseikkei/  ■久間章生 info@f-kyuma.com
■旧皇族家計図8頁目 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kousitu/dai6/6siryou2.pdf
■旧皇族基礎知識事典 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E7%9A%87%E6%97%8F

382 :日出づる処の名無し:2006/01/08(日) 16:42:36 ID:Z7K0BwTP
キチガイどもの狼狽が楽しいスレだな

383 :日出づる処の名無し:2006/01/09(月) 07:17:56 ID:62tffOaE
女系容認は拙速だと言うのは分かるが、じゃどんだけ時間かけたら納得するの?
男系維持と言う結果ありきで、そこにたどり着かなければいくら時間かけても未だ足りないって言うんじゃないの?

384 :自称右翼:2006/01/09(月) 07:55:53 ID:RZx2EkuP
>>383
漏れの場合、時間の問題じゃなくて、
「国民の意見は聞かない&皇族が他の意見も聞かない
でも、漏れらは国民の代表だから、俺らの意見は正しい」
って言う有識者会議の方針が気に入らんだけ。
皇族方が揃って賛成すれば、漏れは別にイイヨ。

385 :日出づる処の名無し:2006/01/09(月) 09:34:39 ID:62tffOaE
>>384
天皇皇族が政治に口挟んじゃ駄目だよ。
天子禁裏と呼ばれた時代からの伝統だよ。

386 :日出づる処の名無し:2006/01/09(月) 15:44:18 ID:FmBnkEoq
それは天皇が勝手に自粛してるだけで
政治に口はさんじゃいけないなんていう法的根拠はない。

387 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/09(月) 15:50:17 ID:iXfJQGvi
>>386
あるよw
知らないのかよ。

388 :日出づる処の名無し:2006/01/09(月) 16:37:15 ID:uB3Vy7Up
>>387
で?それはどういう法律?

389 :日出づる処の名無し:2006/01/09(月) 16:42:02 ID:uB3Vy7Up
>>387
日本国憲法ってのはナシなw

390 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/09(月) 16:52:36 ID:iXfJQGvi
>>389
どうして都合が悪い法典は除外したいんだ?

391 :自称右翼:2006/01/09(月) 19:25:18 ID:RZx2EkuP
>>385
天皇家を女系がついでいいのかどうか、っていうのは、
政治的問題である以上に、天皇家の問題。
だったら、天皇家の人々の意見も聞くのが、当然。
さらに言えば、「皇室と言う伝統」を守ってきたのは、誰よりも皇族の方々だから、
その伝統を変えようとするとき、皇族方の意見を聞かないのはオカシイ。

392 :日出づる処の名無し:2006/01/09(月) 20:05:39 ID:g8+Df1QA
女系云々は国家機関の問題で
政治的に無権能な天皇皇族が口を挟む問題ではないよ。


393 :日出づる処の名無し:2006/01/09(月) 20:07:23 ID:g8+Df1QA
天皇は賢いからここらへんはわきまえてるのだが、
賢くないもいるようだね。皇族にも旧皇族にも。

394 :自称右翼:2006/01/09(月) 20:07:44 ID:RZx2EkuP
>>392
だから、国家機関の問題でもあるが、
同時に、日本の伝統や天皇家の継承の問題だろう、と言っているんだ。

395 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/09(月) 20:08:40 ID:WZ/8w+9q
>>394
それはそれで別問題。

396 :自称右翼:2006/01/09(月) 20:12:13 ID:RZx2EkuP
>>395
どう別問題なの?
女系天皇を許すかどうか、というのは、
女系天皇を出してこなかった、と言う日本の伝統と関わっているだろう?
天皇家の代表を女系にしてもいいか、という天皇家の継承の問題と関わっているだろう?

397 :日出づる処の名無し:2006/01/09(月) 20:13:07 ID:nX6lIci7
>>391
>さらに言えば、「皇室と言う伝統」を守ってきたのは、誰よりも皇族の方々だから、
天皇家の権威を利用してきた権力者だろう。
権威有る天子様の家臣として権威有る官位を賜ると言うスタンスである以上、
その天子様の権威が損なわれるのはよろしくないから。
天皇家はその自存自衛を常に時の権力者に依存してきたのだから、
その時の権力の都合で潰されても文句は言えまい。
それがイヤなら自活しろ。

398 :自称右翼:2006/01/09(月) 20:15:12 ID:RZx2EkuP
>>397
>天皇家の権威を利用してきた権力者だろう。
権力者だけが努力して、天皇家が全く何もしてこなかったなら、
オマイさんの意見は正しいのかもしれんがね。
皇室が権力者に協力し続けてきたことを、無視してるのかい?

399 :日出づる処の名無し:2006/01/09(月) 20:17:24 ID:nX6lIci7
>皇室が権力者に協力し続けてきたことを
勝てる方に付く。
一般的には卑怯者と謗られても文句は言えないが、
『官軍』って便利ですね。

400 :自称右翼:2006/01/09(月) 20:20:40 ID:RZx2EkuP
>>399
一言、スレ違いの発言をさせてもらおうか。

「皇室が卑怯だから滅びろ」って思ってるなら、ハッキリそう言え。
女系天皇を立てて、皇室を潰そうなんて、下手な策略を立てるな。

401 :日出づる処の名無:2006/01/09(月) 20:20:50 ID:P5UgEP9H
知れば知るほど、現行制度が
すばらしいということがわかりますね。
やっぱ女系天皇はおかしいよ。
いままで続いてきた伝統を変えるべきではない。

402 :日出づる処の名無し:2006/01/09(月) 20:23:09 ID:nX6lIci7
>>400
いや別に、生き残り戦術を卑怯とは思わんよ。
ただもう頑張って守らなければならない利用価値が無いな、と思うだけ。

403 :自称右翼:2006/01/09(月) 20:32:28 ID:RZx2EkuP
>>402
皇統のことを、どーでも言いと思っている、ってコト?
まあ、オマイ1個人がそう思うのは、オマイの勝手だがね。
どーでもいいと思っているなら、
伝統を守ろうとしている人々の邪魔するようなコトは言わないほうがいい。
漏れは、スラブ民族の東方教会のことを、どーでもいいと思っている。
だから、東方教会の伝統を守ろうとしている人々を邪魔するようなコトは、言わないようにしている。

404 :日出づる処の名無し:2006/01/09(月) 20:38:05 ID:nX6lIci7
>>403
常に官軍であり、天子禁裏の為に尽くしてきた連中であっても、
自らの都合で賊軍と切り捨る事もいとわなかった皇族を、
負かしてみるのもまた一興。

405 :自称右翼:2006/01/09(月) 20:39:32 ID:RZx2EkuP
>>404
>負かしてみるのもまた一興。
それだけの動機で、1つの家系を断絶させようとする自分が恥ずかしくないか?

406 :日出づる処の名無し:2006/01/09(月) 20:41:31 ID:nX6lIci7
>>405
たかだかそれだけの動機で断絶されてしまうようならそれだけの家系だ。
別に非合法なテロ活動をやるってわけでもないしな。

407 :自称右翼:2006/01/09(月) 20:44:38 ID:RZx2EkuP
>>406
>たかだかそれだけの動機で断絶されてしまうようならそれだけの家系だ。
何? 野生の王国なみの弱肉強食論理が正しいんだ、って?
正義もクソもなく、力だけを肯定するような発言をして、マジで恥ずかしくない?

408 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/09(月) 20:44:46 ID:WZ/8w+9q
女系に変わっても断絶と思わなければいい。
考え方を切り替えれば済む。


409 :自称右翼:2006/01/09(月) 20:46:18 ID:RZx2EkuP
>>408
ID:nX6lIci7 は、あくまで断絶を目指してるようだけど・・・
まあ、>>396 に答えてくれるとありがたい。

410 :日出づる処の名無し:2006/01/09(月) 20:51:45 ID:nX6lIci7
>何? 野生の王国なみの弱肉強食論理が正しいんだ、って?
>正義もクソもなく、力だけを肯定するような発言をして
常に時の政権の権力と武力に取り入ってきた天皇支持者に言われてもな・・・
賊軍にも正義は有ったんですよ?

411 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/09(月) 20:51:46 ID:WZ/8w+9q
>>409
オレは皇室の存在意義には神道祠祭としての役割と憲法にある如くに象徴としての役割があると
考えている。オマイたちが心配してるのは男系とゆ〜皇室神道の有り様が侵害されるコトだろ。
それぞれ別個の問題として整理しないと、問題の本質が見失われるはずだ。

412 :自称右翼:2006/01/09(月) 20:55:52 ID:RZx2EkuP
>>411
>神道祠祭としての役割と憲法にある如くに象徴としての役割
ソレに加えて、「皇族という家系の問題」でもあると考えてるが。

オマイさんの見解からしても、
「憲法にある如くに象徴としての役割」とだけ見るなら、たしかに、政治家が決めれば住むことだ。
が、「神道祠祭としての役割」もあるんだから、ソッチの意見も聞かんといかんだろうに。

なんで、ソッチは無視していいんだ?

413 :自称右翼:2006/01/09(月) 20:58:02 ID:RZx2EkuP
>>410
「負かしてみるのもまた一興。」に、どんな正義があるんだ?

414 :日出づる処の名無し:2006/01/09(月) 20:58:57 ID:nX6lIci7
>>413
正義が無くても、勝てば官軍。

415 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/09(月) 20:59:32 ID:WZ/8w+9q
>>412
「神道祠祭としての役割」を変えればいい。
実際に皇室は道教や仏教の様式を取り入れて変遷した歴史がある。

チッソとは雅子の実家のコトか?
それは当人とは関係ないじいさんの時代の話しだろ。

416 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/09(月) 21:01:07 ID:WZ/8w+9q
大嘗祭などは数百年止めていたなど、時代に即して変化してきたのが
皇室の姿だ。明治以降のスタイルだけを守る必要はあるまい。


417 :自称右翼:2006/01/09(月) 21:01:24 ID:RZx2EkuP
>>414
「正義はないけど、あの家系は気に入らんから、断絶させてやるぜ、ケケケ」か。

「あひゃひゃひゃ、アイツ殺してやる。殺してやる。殺してやるーーっ。」にならんように気をつけろよ。

418 :日出づる処の名無し:2006/01/09(月) 21:03:50 ID:nX6lIci7
>>417
まぁ別に俺がするわけじゃないけどな。

419 :自称右翼:2006/01/09(月) 21:05:14 ID:RZx2EkuP
>>415
「神道祠祭としての役割と憲法にある如くに象徴としての役割がある」
「象徴としての役割」を変えようという意見がある。
「神道祠祭としての役割」を担ってきた人々の意見は聞いていない。

○ ココに論理の断絶があるような気がするんだが、解説できる?

→「神道祠祭としての役割」を変えればいい。

420 :自称右翼:2006/01/09(月) 21:08:20 ID:RZx2EkuP
>>418
繰り返すがな。(つーかコピペだが)
伝統をどーでもいいと思っているなら、
伝統を守ろうとしている人々の邪魔するようなコトは言わないほうがいい。
その人たちにとっては意味があるんだから。
まあ、オマイに損害を与えてるんなら、そんなことも言ってられんだろうが、
そーいうわけでもないんだろ?

421 :日出づる処の名無し:2006/01/09(月) 21:08:35 ID:nX6lIci7
神道祠祭としての役割って公務でやってるんでしたっけ?
皇室アルバムとかで見た事無いが。
毎週欠かさず見ているわけでもないけど。

422 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/09(月) 21:09:51 ID:WZ/8w+9q
>>419
>「神道祠祭としての役割」を担ってきた人々の意見は聞いていない。
それは憲法の象徴としての役割から鑑みた見解からすれば仕方ない。
憲法学の通説でも皇室神道は「天皇家の私的信仰」と位置づけられており
ある意味でアンタッチャブルな天皇の側面でもある。

423 :日出づる処の名無し:2006/01/09(月) 21:10:37 ID:nJpIGh10
・・・本当は、そこが肝心だったり。

424 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/09(月) 21:10:40 ID:WZ/8w+9q
>>421
>>422
私的行為だよん


425 :自称右翼:2006/01/09(月) 21:15:38 ID:RZx2EkuP
>>424
もうちょっと詳しく。
皇室神道は「天皇家の私的信仰」としてもだな、
その信仰に政治が介入していいということになっているのか?

例えば、ある土地を開発しようと政治家が決めたときに、
その土地が、どこかの神社の聖域だったら、
神社の代表の意見を聞くのは、当然だと思うが、ソレとどう違うんだ?
(あるいは、そんな場合、神社の意見を聞いちゃいかんのか?)

426 :日出づる処の名無し:2006/01/09(月) 21:18:36 ID:nX6lIci7
>>425
それは地主との交渉だろう。
土地の所有者と神社が無関係なら部外者だ。

427 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/09(月) 21:20:01 ID:WZ/8w+9q
>>425
>その信仰に政治が介入していいということになっているのか?
そこがデリケートな問題なんだよな。私的行為としてるから政治介入の恐れもあるし
天皇ってのは一般国民とは違って通常の権利と義務がない。どこかですり合わせが必要だ。
オレが思うに典範改正の際は、皇室会議を開いて皇族の意向をくみ取る必要はあると思う。


428 :自称右翼:2006/01/09(月) 21:21:24 ID:RZx2EkuP
>>427
>オレが思うに典範改正の際は、皇室会議を開いて皇族の意向をくみ取る必要はあると思う。

>>422 のコレと矛盾してないか?
>>「神道祠祭としての役割」を担ってきた人々の意見は聞いていない。
>それは憲法の象徴としての役割から鑑みた見解からすれば仕方ない。

429 :日出づる処の名無し:2006/01/09(月) 21:22:50 ID:nX6lIci7
>オレが思うに典範改正の際は、皇室会議を開いて皇族の意向をくみ取る必要はあると思う。
>>386-390 えー?

430 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/09(月) 21:23:17 ID:WZ/8w+9q
>>428
それは象徴としての役割から見た場合。
皇族だってプライベートがあると考えればそこをどうするかは
勘案する必要はあるだろ。奴隷じゃないんだから。

431 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/09(月) 21:24:56 ID:WZ/8w+9q
>>429
最終的にはどうせ国会決議で決まるんだ。
成立過程において私的部分との兼ね合いを勘案するのは
何も問題ではない。

432 :自称右翼:2006/01/09(月) 21:27:14 ID:RZx2EkuP
>>430
しかし、典範改正はあくまで「法律」で、
法律を改正する権限は持つ国会議員「だけ」が持ち、
皇族方も皇室会議も持ってない。
今回の有識者会議という総理の「私的な顧問機関」こそ、
皇族方の意見を聞くべきだと思うんだが。

433 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/09(月) 21:30:51 ID:WZ/8w+9q
>>432
だから有識者会議と国会決審議にサンドイッチにする形で
皇室会議を挟み込むんだよ。私的部分を訴えるのはそこしかねえんだから。


434 :自称右翼:2006/01/09(月) 21:36:05 ID:RZx2EkuP
>>433
>私的部分を訴えるのはそこしかねえんだから

だから、ソコが判らんの。
有識者会議に、皇族方の私的な部分を聞き取りしたら、何故いけないんだ?
有識者会議って、所詮「私的な顧問機関」だろ。
そこが意見を聞きにいくだけで、どうして憲法上の問題にまでなるの?
なのに、国会って言う公的な機関が、意見を聞くのは、
どうして憲法上の問題じゃないの?

435 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/09(月) 21:39:14 ID:WZ/8w+9q
>>434
有識者会議は既に諮問案をまとめているし、皇室の意向は聞かないと逝っている。
あくまでも憲法に則った象徴としての天皇をどの様に世襲させるかに絞った議論だけを
しているんだから、そこに働きかけても無駄だろ。

436 :自称右翼:2006/01/09(月) 21:46:23 ID:RZx2EkuP
>>435
>皇室の意向は聞かないと逝っている。
漏れは、まさにその点をこそ非難しているんだが。

>あくまでも憲法に則った象徴としての天皇をどの様に世襲させるかに絞った議論だけを
>しているんだから

そーでもない。首相官邸HPの「皇室典範に関する有識者会議 報告書」
ttp://www.kantei.go.jp/jp/singi/kousitu/houkoku/houkoku.html
>2) 伝統を踏まえたものであること
>憲法における天皇の位置付けの背景には、歴史的・伝統的存在としての天皇があると
>考えられるため、皇位継承制度も、このような天皇の位置付けにふさわしいものである
>ことが求められる。

437 :自称右翼:2006/01/09(月) 21:56:04 ID:RZx2EkuP
>>435
スマンが、ちょっと話し戻して、いい?
漏れは、憲法の通説判例って、よく判ってないから、教えてほしいんだが。

有識者会議っていう、総理の「私的な顧問機関」が、皇族に意見を聞きに言ったら、
憲法上の問題があるんだよね?
だったら、国の最高機関である国会が同じことをやったら、
もっと問題だと思うんだけど、どうして国会は許されるの?
「私的な機関」と「公的な機関」を比べたら、
普通、「公的な機関」のほうが法的な縛りはキツイもんじゃないの?

438 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/09(月) 22:02:33 ID:WZ/8w+9q
>>437
>憲法上の問題があるんだよね?
天皇は国政上無権能だからな。

>だったら、国の最高機関である国会が同じことをやったら、
>もっと問題だと思うんだけど、どうして国会は許されるの?
勿論許されない。そんなコトしたら大問題だ。昔、防衛庁長官が任命を受けたとき
天皇から良くある挨拶として「しっかりやって下さい」と逝ったのを「陛下から期待されて云々」
とマスコミに自慢して大問題になったが、国会議員も同じコト。


439 :自称右翼:2006/01/09(月) 22:07:29 ID:RZx2EkuP
>>438
じゃあ、>>427 のコレは、何で許されるんだ?
>オレが思うに典範改正の際は、皇室会議を開いて皇族の意向をくみ取る必要はあると思う。

国会がやるのかと思ってたが、そうじゃないのか?

440 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/09(月) 22:12:39 ID:WZ/8w+9q
>>439
皇室会議は皇室典範など皇族に関わる問題だけに限って審議できる皇室専門の会議だ。
首相を議長として国会議員他2名の皇族も加わる。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S22/S22HO003.html

441 :自称右翼:2006/01/09(月) 22:15:53 ID:RZx2EkuP
>>440
皇族会議に皇室典範の改正に関われる権限があるのか?
すくなくとも、そのリンク先を見る限り、書いてないが。

442 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/09(月) 22:20:30 ID:WZ/8w+9q
>>441
実質的には無理だろう。
オレが皇室会議を開くべきと逝ってる意味は、少しでも皇室側の見解を
開陳すべきだと考えるからだ。天皇は受動的な存在だけに、何らかなの
公的な意思表明の場を設ける必要はあるはずだ。


443 :自称右翼:2006/01/09(月) 22:25:07 ID:RZx2EkuP
>>442
>少しでも皇室側の見解を開陳すべきだと考えるからだ。

だからこそ、私的な顧問機関がね・・・って繰り返しになりそうだから、言わんけど。

むしろコッチが気になった。

>天皇は受動的な存在だけに、何らかなの
>公的な意思表明の場を設ける必要はあるはずだ。

「公的な意思表明の場」で意見を言うほうが、マズイんじゃないの?

444 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/09(月) 22:27:41 ID:WZ/8w+9q
>「公的な意思表明の場」で意見を言うほうが、マズイんじゃないの?
まずくはないだろ。
皇室会議はちゃんとした法律で認められた公の会議だ。


445 :自称右翼:2006/01/09(月) 22:32:58 ID:RZx2EkuP
>>444
根本的な問題として、漏れの中では、
「私的な場で言っちゃ行けないコトを、公的な場で言うのは、もっとマズイ。」
って言う常識があるわけよ。
公的な場所での発言には、私的な場所以上に責任が伴うから。

で、憲法解釈上、天皇陛下・皇族方に関しては、この「常識」は間違ってるの?
間違ってるとしたら、どこが間違ってるの?

446 :日出づる処の名無し:2006/01/09(月) 22:35:47 ID:ZyFbFs9D
>>438
意見を言うぐらいなら国政上の権能の行使とはいえんだろ
たとえば国政調査権で民間企業に証言させることも出来るが
それは民間企業が権能を行使したなどとはいわん


だいたいそんなこと言ったら例の国旗の発言も
権能行使になってしまう

447 :日出づる処の名無し:2006/01/09(月) 22:46:17 ID:ZyFbFs9D
>>444
法律ですら公的場面の発言という社会に強い影響を与える行為を許容しているなら
私的な発言というより影響の小さい場面も当然許容出来るだろ

448 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/09(月) 22:47:40 ID:WZ/8w+9q
>>445
私的と位置づけられている皇室の祠祭としての側面が、典範改正で危機に瀕してるワケだろ。
オレはこのまま逝けば間違いなく女系になると思うぜ?何しろ後継者がいない、旧皇族の
復帰は可能性が低い、男系維持論者は世間的に見れば一般人とは違った連中だ。
これらの主張が世論のマジョリティを獲得するためには、竹田某の発言とか八木が逝ってる
Y遺伝子が云々などとゆ〜特殊な意見では世論は動かせない。

いずれにしろ憲法では天皇を世襲の国事行為に限った象徴としか位置づけていない。
それは公的な面のコトだ。少し違うが分かりやすくするために、天皇を公務員として
考えてみればいい。公務員は憲法や公務員法などで公的な行動をかなり規制されている。
だが私的な部分はどんな宗教を信じてもいいし、違法行為さえしなければあらゆる自由が
認められている。基本的に皇族もそうあるべきなんだが、多くの人権規定から例外的な
扱いをされているのが皇族だ。サ〜ヤが民間人になってようやく運転免許が手にできた
ってのも本来プライベートである部分が一般人と違うからだし、そうした規制の中で
皇族が私的な意志を表明する機会は少ない。女系容認となれば国民にとっては大した
問題ではなくとも皇族にとっては大問題なのだから、それを鑑みるのは当然だろう。

449 :自称右翼:2006/01/09(月) 22:56:11 ID:RZx2EkuP
>>448
話が拡散してるぞ。とりあえず、ココを詳しく。
>基本的に皇族もそうあるべきなんだが、多くの人権規定から例外的な
>扱いをされているのが皇族だ。

つーか、もうちょっと絞って言うと、
「皇室典範の改正に関して、皇族が意見を言う場合、
有職者会議という私的な場と、皇族会議という公的な場では、
どちらのほうが、より責任が伴う?
また、より慎重であるべき?」

450 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/09(月) 23:05:52 ID:WZ/8w+9q
>>449
>話が拡散してるぞ。
いや、拡散ではなく深化。実際男系維持からしたら深刻な事態だろ?
オレは女系でも構わないって立場だからいいんだけど、はっきし逝って男系論者の意見には
説得力がないし、どうして祠祭としての私的部分だとはっきり言わないのか不思議なくらい。

>有職者会議という私的な場と、皇族会議という公的な場では、
私的諮問機関と逝っても公的ではあるんだよ。拘束力がないだけ。
皇族会議では決議した結果には拘束力が伴う。だから三権のメンバーを加えてる。
と逝っても女系に拡張する判断についての条文はないから、ある意味拡大解釈が必要。
責任が伴うかどうかについては明らかに皇室会議だ。拘束力があるからな。

451 :自称右翼:2006/01/09(月) 23:10:22 ID:RZx2EkuP
>>450
>責任が伴うかどうかについては明らかに皇室会議だ。

責任が伴わない有識者会議では、言ってはいけないコトを、
責任が伴う皇室会議で、言っていいのは、何故なんだ?

452 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/09(月) 23:13:47 ID:WZ/8w+9q
>>451
逝ってはいけないなんてコトはねえよ。
座長が象徴に関する問題だけを議論するから皇族の意見は聞かないと
逝ったからそれに従って審議されたってだけ。私的諮問機関だから文句付ける筋合いもない。


453 :自称右翼:2006/01/09(月) 23:17:57 ID:RZx2EkuP
>>452
>>422 のコレと矛盾してないか?
>>「神道祠祭としての役割」を担ってきた人々の意見は聞いていない。
>それは憲法の象徴としての役割から鑑みた見解からすれば仕方ない。

コレ読む限り、「聞きに行くのはマズイんだ」と言っているように思えたが、
「座長が皇族の意見は聞かないと言ってるから、ソレでいいんだ」って、ことか?
「聞きに行くのは、何の問題もない。単に今回は聞かなかっただけ」で、FA?

454 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2006/01/09(月) 23:19:28 ID:WZ/8w+9q
>>453
それでいいんじゃないの。


455 :自称右翼:2006/01/09(月) 23:20:44 ID:RZx2EkuP
>>454
領海

456 :日出づる処の名無し:2006/01/10(火) 09:10:38 ID:P/xpw5qg
小泉の親韓朝鮮度は歴代最高峰
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1136851679/
小泉の親朝鮮政策

・相互訪問ではなく、二度連続の訪朝。
・村山以来の戦争謝罪談話。
・史上初、歴代首相として総連の全体大会に祝辞を送る。
・韓国人観光客に対するビザ免除決定。
・朝銀に1兆4000億円の公金投入。
・朝鮮学校卒業生に大学入学資格認める。
・朝鮮学校卒業生の国体参加を認める。
・東アジア共同体構想を宣言。
人権擁護法案
天皇制廃止
韓国・中国人ビザ免除
中国新幹線ODA
特定アジアへの8/15の一斉謝罪
韓流ブーム
きわめつけが
 日 朝 国 交 正 常 化 w


つまり小泉は左翼だったということだ 


457 :コピペ:2006/01/10(火) 18:30:33 ID:kWZ1iR8n
359 :朝まで名無しさん :2006/01/10(火) 18:14:05 ID:kRcc8O9c
「フィーリングカップル15対15」をやればいいよ。年齢順にくっついたと仮定すると、

久邇邦晴氏(43)と伏見朗子氏s34生(46)が結婚、お世継ぎのない桂宮を継承。
東久邇盛彦氏(37)が伏見宣子氏s36生(44)に婿入り、伏見宮を再興。
久邇朝俊氏(33)と伏見雅子氏s39生(41)が結婚、久邇宮を復興。
朝香明彦氏(32)と北白川宣子氏s44生(36)が結婚、朝香宮を復興。
東久邇征彦氏(31)が北白川明子氏s47生(33)に婿入り、北白川宮を復興。
竹田恒貴氏(30)と民間人女性(X)が結婚、お世継ぎのない常陸宮を継承。
竹田恒泰氏(29)が三笠宮彬子女王s56生(24)に婿入りし三笠宮継承。
竹田恒俊氏(26)と三笠宮瑶子女王s58生(22)が結婚。皇室本家である閑院宮を再興。
竹田恒昭氏(25)が高円宮承子女王s61生(19)に婿入りし高円宮を継承。
東久邇睦彦氏(24)と高円宮典子女王s63生(17)が結婚し東久邇宮を復興。
竹田恒智氏(24)と高円宮絢子女王h2生(15)が結婚し竹田宮を復興。
賀陽正憲氏長男某氏(小学生12歳〜)が真子内親王h3生(14)に婿入りして秋篠宮を継承。
賀陽正憲氏次男某氏(小学生〜7歳)と佳子内親王h6生(11)が結婚、賀陽宮を復興。
東久邇昭彦氏長男某氏(1)が未来の天皇に、愛子内親王h13生(4)が未来の皇后に。
久邇朝尊氏(45)の未来の男児と民間人女性(X)が結婚、断絶していた秩父宮を再興。

15組のうち1組が皇室で、残りで14宮家つくれる。
三笠宮・高円宮・秋篠宮は旧皇族から婿入りで継続。東久邇宮・竹田宮・賀陽宮は皇族女性を嫁にして復興。
閑院宮は皇族女性と旧皇族の結婚で再興。桂宮・久邇宮・朝香宮は旧皇族同士の結婚で復興。
伏見宮・北白川宮は旧皇族から婿入りで復興。常陸宮・秩父宮は旧皇族に継いでもらう。

458 :みゆき:2006/01/10(火) 18:34:40 ID:Ru7sVh8G
女帝問題に賛成か反対かに関する宿題が出て困ってます。誰かの意見を200字
程度で聞きたいです☆おねがいしますぅ!

459 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 02:21:27 ID:n5fXMxHe
ttp://mu-cha.hp.infoseek.co.jp/index.htm
これどうよ

460 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 12:20:00 ID:an9CEAD2
女系天皇容認に諸手を挙げて喜んでいるのは

 天 皇 制 反 対 派 の 皆 さ ん で す

天皇制反対派とはつまり、
左翼政党、クリスチャン左派、親中派、親韓派、親朝派、フェミニストです。
「天皇制反対派=女系天皇容認派」である彼らは
「北朝鮮の拉致は無い」と言っていましたね。
北朝鮮への食料支援にも熱心でした。
外国人参政権&人権擁護法実現に向けて工作に勤しみ、護憲を叫び、九条死守にも熱心です。
「アジア諸国との友好」も声高に叫び、靖国神社参拝にも反対してますね。
そしてここにきて「女系天皇」ですよ。
つまり

 女系天皇容認派の皆さんは、 売 国 奴 だということです。

男系天皇制は、2千年以上続いてきた「歴史的伝統」です。
時代によって左右されること無い、民主主義から超越した「歴史的伝統」です。
首相を選ぶように天皇を選ぶことは、「民主主義」の名のもとに「歴史的伝統」を破壊することです。

上に挙げた売国奴の皆さんは日本の歴史的伝統を破壊することにも熱心でしたね。

461 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 12:24:05 ID:C3Zy260O
2000年ねぇ、
一文明と考えればそんなに長くは無いんじゃないか?
中華人民共和国は60年だが中華文明は4000年だからな、
縄文時代は10000年だし、
天皇文明、天皇時代だっていつかは終るわな。

462 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 12:26:28 ID:dniKURqr
>>459
巧みな女系誘導乙。

とはいえ、男系派の一部のキレっぷりに対しては
確かに引いてる人はいると思う。

463 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 12:42:19 ID:an9CEAD2
さっそく媚中派>>461が釣れますた


464 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 12:43:35 ID:dniKURqr
>>461
いつかは終わるにしても、まだ続けられるのに無理に終わらすことはない。

465 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 12:47:25 ID:Hes0wSdP
小泉首相 「公明抜きの大連立ない」  山崎氏らに表明

--------------------------------------------------------------------------------
 小泉純一郎首相は27日夜、都内の日本料理店で自民党の山崎拓前副総裁、二階俊博経済産業相、
公明党の冬柴鉄三幹事長と懇談した。
 出席者によると、首相は民主党との大連立構想に関連して「公明党抜きの連立はあり得ない。(自公)
連立の信義は守る」と述べたという。
 また、首相は在日米軍再編問題で政府、与党一体となって基地の負担軽減に取り組む必要性を強調
。再編問題を進めるため、政府、与党の協議機関を設置することで一致した。 米軍普天間飛行場の新
たな移設案について、首相は「海域を汚さず、環境を大事にする。負担を軽減するわけだから、理解して
もらえるのではないか」との見通しを示した。
 中国の軍備増強に対する警戒論に関しては「私は中国の発展が(日中関係にとって)チャンスだと言っ
たことはあるが、軍事力の膨張について脅威と言ったことはない」と強調した。
http://www.kahoku.co.jp/news/2005/12/2005122701003411.htm

466 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 12:49:46 ID:Hes0wSdP
【日本解体】小泉首相”天皇制構造解体”着手か?
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1136944223/

笑える小泉信者のレスはここに張れ!!【小泉は親韓】
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1135542792/



467 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 12:51:48 ID:C3Zy260O
皇太子には女の子しか居ないんだからその子に継がせりゃ良いじゃん。
そんな程度の軽い考えだと思うよ。

468 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 16:40:38 ID:BdLAggOF
>>467
だからGHQによって皇族から外された旧宮家から連れてくりゃいいやん。

26代目の継体天皇だってそうやって天皇家を継いだんだから

469 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 16:45:42 ID:vw5ZShOY
皇室ファミリーに親しみを感じるのが
戦後象徴天皇制であって、
どこの馬の骨ともわからない旧皇族など
お呼びでないということです。

470 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 16:49:26 ID:C3Zy260O
旧皇族ってのはどれだけ血の繋がりがあろうと法的には俺らと同等の民間人だからな、
それを皇族、宮家という特権階級にするのは法の元の平等に違反しやしないか?

471 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 16:53:40 ID:vw5ZShOY
皇族は平等原則の枠外とは言われてるが
可能な限り例外的存在は増やさないという運用が
憲法の趣旨だろうな。
将来的に天皇となりうる皇族が存在してるのなら、なおさら。

472 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 16:54:50 ID:C3Zy260O
>>471
旧宮家と言うのは『皇族』なのだろうか?
『血族』では有るだろうが。

473 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 16:56:11 ID:vw5ZShOY
法的には一般人だろ>旧宮家

474 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 16:59:29 ID:hACbqCUQ
旧皇族復帰で無問題じゃん
現実的にはそれが一番だろ
1600年も続いた伝統をくだらない理屈で潰すなよ

475 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 17:00:39 ID:2x8LRQvi
>>474
その通り

476 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 17:01:29 ID:C3Zy260O
>>474
一般人を特権階級にするのか?

477 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 17:01:49 ID:vw5ZShOY
直系の皇族がいるのに、無理して
どこの馬の骨ともわからぬ旧皇族を復帰させる必要は
なく、平等原則という意味から好ましくないという趣旨。

478 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 17:03:35 ID:2x8LRQvi
>>477
> どこの馬の骨ともわからぬ旧皇族

おまえいっていることがおかしいだろ。
旧皇族以外こそがまさに「どこの馬の骨かも分らぬ」だろ


479 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 17:04:59 ID:hACbqCUQ
>>477

だから愛子さんが女性天皇になればいいじゃん。
問題はその次。
つーか、どこの馬の骨ともわからないってw

【旧皇族】ですが。
出自はしっかりしている方々です。

480 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 17:06:30 ID:hACbqCUQ
一番いいのは、aikoさんが旧皇族の男子とケコーンすればいいんだろ?
んで男の子産んでもらって。
その子が天皇になればいい訳でそ?

481 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 17:07:36 ID:vw5ZShOY
皇族から離れて自活し始めた段階で
世俗のアカにまみれまくってるわけで
竹田君の香ばしい経歴などを見ると
戦後皇族的な価値観から見ると
旧皇族などまさに「馬の骨」。

血筋だけから見ると、天皇と繋がってる人間など
山のように存在するし、熊沢天皇でもいいわけだな。

482 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 17:09:54 ID:vw5ZShOY
>>480
愛子にも相手にも選ぶ権利はある。
右翼のオナニーの道具ではないだろう?えぇ?w

483 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 17:10:09 ID:hACbqCUQ
>>481

それ言ったら、妃殿下だって民間から来てんだから
元々は「馬の骨」じゃないですかw

随分とまぁ失礼な方ですねw

484 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 17:11:37 ID:hACbqCUQ
>>482

だから、aikoさんとその相手が相思相愛で結婚すれば問題ないよね?w

万が一、aikoさんが民間人と結婚するんなら、
旧皇族で男系の系譜をしっかり持ってる方に復帰していただくしかないね。

485 :日出づる処の名無:2006/01/11(水) 17:16:17 ID:Re7yMkEq
>>474に賛成だよ。

知れば知るほど、改正に反対になる。

486 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 17:18:23 ID:vw5ZShOY
>>484
前段は同意。

しかし

>復帰していただくしかないね。

などという馬鹿な右翼のオナニーは無視されるということだな。
わかったか?

487 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 17:20:01 ID:vw5ZShOY
>>485
旧皇族を知れば知るほど、復帰は論外ということになるな。
また、知れば知るほど、世論は女系容認で動かないということでも
ある。残念だったな。

488 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 17:20:34 ID:hACbqCUQ
>などという馬鹿な右翼のオナニーは無視されるということだな。
>わかったか?

わかりません
第一、オナニーじゃないし。
天皇制存続の為の一手段です。



489 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 17:22:48 ID:hACbqCUQ
>>487

世間は女性天皇と女系天皇の区別なんてついてないしね。
しっかりと議論する必要があるだろね。
別に急ぐ必要なんてないんだしさ。皇太子もその弟君も健在だ

aikoさんが即位するまで、ゆっくりと議論しましょうよw

490 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 17:23:09 ID:vw5ZShOY
象徴天皇制は男系維持など求めていないし
旧皇族復帰などという手段は忌避してると思われるな。

右翼のいう天皇制と、その他一般人のいう天皇制が
乖離してるということだな。

491 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 17:25:09 ID:vw5ZShOY
>>489
馬鹿な右翼や宗教でも女性と女系の区別はつくのだから
一般人もその程度は理解してるぞ。

自分らの頭のオカシイ言説が理解を得られないことを
大衆の無知に理由を求めるなど、オウムみたいなもんだな。

492 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 17:28:07 ID:hACbqCUQ
ちなみに俺は始めは女系天皇に賛成だった。
しかし、色々調べるにつけ、男系天皇=天皇制そのものの歴史 であることがよく分かった。
世間の連中も事実を知ったら、きっと考えを変えるだろう。

右翼も左翼もねーんだよ
1600年も続いた伝統を、くだらないオナニー理論で潰すわけにはいかない。

つーか、なんで俺が右翼なの?w
その根拠は?w
自分と違う考えを持ってるから右翼なの?ww

そうやって決め付けるお前こそが、俺にはキチガイとしか見えんけどねw

493 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 17:30:22 ID:vw5ZShOY
コテンパンに論破されてファビョったようだな。
以降議論にはならんだろう。頭のオカシイ右翼だからな。

494 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 17:32:38 ID:hACbqCUQ
えっ、どこが論破?w

「ドコの馬の骨ともわからない一般人」が天皇家に嫁入りしている現実を踏まえて、
現天皇家に男子が生まれない場合、旧皇族の方に復帰していただき、天皇家を継いでもらう。

ドコに問題があるんだい?w

ところで、俺のドコが右翼なの?w

495 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 17:34:52 ID:hACbqCUQ
まぁ、きっとaikoさんが旧皇族のイケメン男子と恋に落ちて、
可愛い男の赤ちゃんを産んでくれるよ。
それまで広く議論でも続けましょう。
あと20年くらいねw

496 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 17:57:42 ID:Re7yMkEq
vw5ZShOYは必死だな
がんばれよ。

497 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 18:21:53 ID:/SVr+nSi
一緒に日本の明日を考えよう

http://c-docomo.2ch.net/test/-/seiji/1136970710/i

498 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 21:03:30 ID:Gb1TQr4m
TBSが皇族に対する失礼なテーマを設定。


 三笠宮寛仁さまが、女系天皇に異論。
 政府は皇族の意見を皇室典範の改正に反映させるべきだと思いますか?

 A.思う
 B.思わない

投票はここから↓
http://tbs954.jp/ac/index.html

499 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 23:12:27 ID:FfM5fSZ0
>>490
で、「26代目の継体天皇」という
「別の男系を天皇として男系断絶危機回避した」という「前例」は無視か?

500 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 23:28:59 ID:oa50Bkb1
<万世一系[男系]の皇統を維持する為に旧皇族の復籍を建白し絶対死守しよう>
■現職全国会議員メールアドレス http://www.jca.apc.org/silvernet/giin_all.html ←大推奨
我が国が世界に誇る神話を含めた万世一系[男系]の皇統は国家の根幹です。
初代・神武天皇御即位の建国記念日から連綿と第125代・今上天皇に継承され、
平成18年で皇紀2666年を迎え世界唯一且つ世界最長の王朝が維持されています。
しかし、皇室廃止論者の売国奴小泉及び極左の皇室知識無能者会議により、
僅か30時間[実質15時間]の議論で女帝及び「女系」を勝手に決定した上に、
第一子優先・皇族無視宣言・政治家不介入・国民代表者気取・即刻成立強要等、
大暴走した挙句に歴史観・国家観で議論していないと大妄言を吐き逃亡致しました。
現行の男系男子は旧皇族の復籍及び婿養子や一般養子解禁で十分継続が可能です。
政府はこの改悪案を通常国会で強引に成立させる構えです。従って時間がありません。
真実の世論をメールで送り意思を伝えましょう。議論も大切ですが行動も大切です。
大物議員・皆様の地元議員・若手自民党議員等の意見を発していない方がポイントです。
自民党は自主投票となる予定の上、日本会議国会議員懇談会も動き出しています。
国民一人一々の行動が我が国の大根幹である皇室制度を死守継続することに繋がります。
■皇室典範改正懇談会資料 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kousitu/ ↓優良情報多数↓
■自由民主党意見募集フォーム http://meyasu.jimin.or.jp/cgi-bin/jimin/meyasu-entry.cgi
■首相官邸御意見募集フォーム http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
■全省庁一斉意見募集フォーム http://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose
■安倍晋三御意見要望フォーム http://newleader.s-abe.or.jp/modules/contact/
■日本会議国会議員懇談会会長[平沼赳夫] info@hiranuma.org ■民主党 info@dpj.or.jp
■男系男子サイト http://www.geocities.jp/banseikkei/  ■久間章生 info@f-kyuma.com
■旧皇族略系図8頁目 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kousitu/dai6/6siryou2.pdf
■旧皇族基礎知識事典 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E7%9A%87%E6%97%8F

501 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 23:34:43 ID:OLZYlonv
短期間で女系天皇がいたとしても、長い歴史を持つ皇族が途絶えるはずがない。
民主主義の原則の本に一時従ったとしても、
今後男子が皇族に生まれないという訳でもないし、

今後1000年以上は続くものだから、日本人として、
この問題に執着したり、うろたえる必要はない気がする。


502 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 23:37:41 ID:NakrmwUy
>>499
よく知らんけど
継体天皇ってホントに皇室の血を継いでたのか?

503 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 23:41:18 ID:auyHQLCH
何としても「皇室典範改正案」に反対せねば!

2666年の皇統をわずかに30時間程度の、
皇室のなんたるかを全くご存じない素人たちの集団の討論で
結論付けさせた小泉首相。

これが通れば、大和2666年の伝統・栄光は途絶え崩壊する。
日本の終焉を意味する。

この問題は、政治的な問題ではない。
皇室については、崇高な歴史観と国家観に基づいて議論、
決定されるべきだと思う。


日本の皇室、
日本国の建国以来連綿として続いてきた、世界にも類をみない
万世一系の皇統は、それだけで価値あるものである。

単なる外交官としての存在になってしまったら、もう
天皇家の存在意義すら否定されることになる。

文藝春秋2月号に書かれた寛仁親王のお言葉は、大変素晴らしかった。
よくわからずに「愛子さまでもいいんじゃない」と言っている人たちも
これを読んだら、日本国民だったら、危機感を感じると思う。
大和を終焉させてはならない。






504 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 23:48:28 ID:fNspYAp2
議員は権威に属する、陛下のポートフォリオ。
その構成を決めるのは、国民の投票なんだわな。

貨幣制度が金本位制でなくなっても、
国家の信用がゆらぐような事態になれば、
金の価値が上昇するのは、いまでも当たり前だわな。

議員は、自分の地位の根拠を、
もっと真剣に考えたほうがいい。
誰の代理で、物語を紡いでるのか。

505 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 23:52:09 ID:OLZYlonv
皇族は守られるべきだと思うが、
実質的に皇族が日本の歴史の中で政治を支配した年数を見ると、
驚くほど少ない。
この国を作って来たのが皇族ではないことがわかる。

GHQは、天皇をシンボルと書いた。
日本国憲法では、天皇は象徴と、苦しい訳文とて載せた。

日本の歴史を見ても、GHQの表現の方が現実に近いことが皮肉だ。

506 :日出づる処の名無し:2006/01/11(水) 23:54:41 ID:fNspYAp2
唯一絶対の神が、
人間を支配したことが、
一回でもあったか?

507 :日出づる処の名無し:2006/01/12(木) 00:02:22 ID:NgLz0h+8
>>501

神武天皇から連綿と続く男系の系譜こそが天皇制なんだよ。
歴史上、女帝はいたが、女系になったことは一度としてない。

君は女性天皇と女系天皇を混同してるだろ?

女系になるってことは、天皇家の歴史をリセットするってことなんだよ?




508 :日出づる処の名無し:2006/01/12(木) 00:06:44 ID:NgLz0h+8
>>501

旧皇族の方に復帰さえしてもらえば、
この歴史の断絶が防げるんだよ?
それなのに、なんで昭和天皇家の血脈に拘る必要があるんだい?


509 :日出づる処の名無し:2006/01/12(木) 00:22:27 ID:ejM2HWrr
☆★☆「すべての国民は草莽崛起して、1/14・日比谷野音国民総決起集会へ」☆★☆
http://nf.ch-sakura.jp/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=422&forum=1&start=20

明治政府は皇室典範を決めるのに十五年の歳月を費やしました。
占領軍総司令官マッカーサーですら変えられなかった日本の国柄。
先帝陛下が「耐へ難きを耐へ忍び難きを忍び」守り通された日本の国体。
靖国神社に祀られた英霊が命を捧げ守ろうとした国体。
私達は余りに拙速な皇室典範改定に反対します。
祖国の国難突破に向け、全ての国民は日比谷野音へ!!
悠久の時間のかなたから全ての英霊が私達日本国民を見守っています。
世界最古の国日本を守り、歴史上かつてない国難を突破しよう!!

【日時】平成18年1月14日(土)開場12時開演13時デモ出発14時30分

【場所】日比谷野外音楽堂(東京都千代田区日比谷公園1-3)

【登壇者】井尻千男氏、伊藤哲夫氏、伊藤玲子氏、遠藤浩一氏、大高未貴氏、
小田村四郎氏、小山和伸氏、加瀬英明氏、河内屋蒼湖堂氏、小堀桂一郎氏、
田久保忠衛氏、中西輝政氏、名越二荒之助氏、西尾幹ニ氏、西村幸祐氏、
荻野貞樹氏、平田文昭氏、宮崎正弘氏、三輪和雄氏、百地章氏、八木秀次氏、
渡部昇一氏(50音順)※その他多数の識者の先生方がご登壇予定

【主催】「皇室典範改悪阻止」草莽崛起の会

ぜひ御参加を!!

510 :擬古侍 ◆lIberAli6k :2006/01/12(木) 00:24:37 ID:LZgDJifd

 小泉が豆腐の角で、頭を打って死ぬべきなのです。池田大作も。

511 :日出づる処の名無し:2006/01/12(木) 00:26:37 ID:nr3lHTaK
皇族に神を求めるのはキツイと思う。


512 :日出づる処の名無し:2006/01/12(木) 00:37:42 ID:7GQT68TR
ネパールのクマリは神だが。

513 :日出づる処の名無し:2006/01/12(木) 01:05:37 ID:7YyQFZIe
>509
参加表明アゲ。
人生初の政治デモ参加だ。

514 :日出づる処の名無し:2006/01/12(木) 01:08:34 ID:IGIJqYnR
>>509
桜井女史は出ないの?

515 :日出づる処の名無し:2006/01/12(木) 01:16:34 ID:gW7asATr
伝統の歴史が持つ重みをわかってないのでは。
あとその実益も(あまり言いたくないけど)。

エリザベス女王だって天皇陛下と同席するときは上座を譲るし、
当然アメリカ大統領だって空港へホワイトタイで出迎えます。
ちなみにアメリカ大統領がこの歓迎の仕方をするのは、
天皇陛下とローマ法王と英国君主のみなんだが。
< http://www.infosnow.ne.jp/~sevas/adult/japan/japan2.html >より

516 :日出づる処の名無し:2006/01/12(木) 03:51:47 ID:f3doQ/Tb
女系は、実質、前例がある。

仲哀天皇と応神天皇の間には、今日的な意味では血縁関係は無い。
「母親の胎内に何年もいた」という荒技で父子関係を作っている。

神功皇后は、皇室典範ができる前は天皇扱いで、仲哀→神功→応神。
そして仲哀帝と応神帝は血縁関係が無い。ここに実質的な女系が発生する。

傍証として、応神天皇は八幡様だけど、一緒にまつられているのは神功
皇后で、父帝ではない。古代には、明らかに女系であったことが認めら
れていた証拠。

517 :日出づる処の名無し:2006/01/12(木) 03:59:56 ID:f3doQ/Tb
時代は下って、持統天皇からの継承も事実上、女系。

森鴎外の「帝謚考」からも明らかなように、天智天皇→天武天皇は
赤の他人による易性革命。
(「天智」・・天智玉→殷の末王、「天武」・・周の武王)

よって、皇室の実質的な血脈は、天智天皇→持統天皇(娘)→文武天皇(孫)
と続き、ここに女系が発生する。

加えて、奈良時代の研究者なら周知のように、奈良時代の皇位は、明らかに
持統天皇の血脈が最優先されている。天武帝の他の系譜は、むしろ組織的に
排除されていった。俗に「持統朝」と呼ばれる所以。

518 :日出づる処の名無し:2006/01/12(木) 04:04:17 ID:f3doQ/Tb
「女性天皇と女系は別物」とか言ってるヤツはアホ。

古代において、女性天皇から系統が発生しなかったのは、一生、処女で
あることを要求されていたから。現代において、愛子様に一生独身でいろ、
なんて言えるわけがない。

愛子様が即位したとして、子供ができた場合、それを無視して旧皇族に
帝位を回すなんざ、国民世論が納得せんよ。前例的にも変。

519 :日出づる処の名無し:2006/01/12(木) 04:12:32 ID:f3doQ/Tb
天皇のあり方において、近年の変化といえば、男系・女系なんか
よりも「一般参賀」を始めたことだろ。古来の姿では、天皇が
庶民に姿をさらすなんて、絶対にありえん。
神社の御神体をさらすようなもんだ。

大きな変化ではあるが、この「英断」により、国民の支持が高まり、
今日の万世一系の維持に繋がっている。天皇の本質も考えず、
男系、男系と騒いでいるヤツラは無知だね。

だいたい、男系論者のメンツを見るに、マスゴミの御用文化人ばかりで、
まともな研究者は皆無。桜井よしこあたりも恥ずかしくないんかね?
皇室の研究で論文の一本も書いた実績があんのか?
渡辺昇一センセ、あんた、外国文学が専攻では?

520 :日出づる処の名無し:2006/01/12(木) 04:21:40 ID:f3doQ/Tb
一番の謎は、「男系」の根拠。
古事記、日本書紀にでも、それに関する記述があるのか?

天皇の継承において、何よりも優先されるのは、万世一系の原則だろ。
乳幼児の死亡率が高かった古代・中世において、それを達成する
ためには、男子の天皇に対し、后を多数配するのが適当であることは
赤子でも分かる。一夫一婦制において、安定に皇位を継承するためには
女系を認めることは必要条件。
皇族を拡大して、無理に男子をもってくるなんざ、本末転倒。

一夫一婦は、昭和天皇の英断によって、始まったときくが、これを非難
するやつっているのかね?先帝は、どこかのボケナス共と違って、天皇
にとって大事なのは根拠があいまいな先例主義よりも、国民の支持で
あることを理解していたってことだね。

521 :日出づる処の名無し:2006/01/12(木) 04:28:18 ID:f3doQ/Tb
そもそも論として、天照大神からの継承は「女系」にカウントされんのか?
始原が、女性なんだが。

522 :日出づる処の名無し:2006/01/12(木) 04:38:17 ID:f3doQ/Tb
臣籍降下した皇族を復帰させて、ホイホイ帝位を与えるなんてのは
賜姓皇族の源氏や平氏の簒奪を認めるようなもんだね。

いじましい。あまりにも、いじましいく、かつ、さもしい。
ああいう人格の連中が、皇位に付こううものなら、皇室も終わりだね。
チャールズ一代で潰れかかっている英王室のように。

523 :日出づる処の名無し:2006/01/12(木) 05:03:37 ID:HaAs60TK
>>516-522
別に珍しくもないコジツケ説やどっかできいたような電波説を
知ってる限りつなぎ合わせてるだけじゃんw

ボクちゃん、物知り自慢したかったの?


524 :日出づる処の名無し:2006/01/12(木) 16:57:03 ID:2F8NS1yg
>>502
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B6%99%E4%BD%93%E5%A4%A9%E7%9A%87

525 :日出づる処の名無し:2006/01/12(木) 19:49:27 ID:SAt4UEMd
女系天皇は厳密に言えば女系ではない。
なぜなら、現在皇統として残っているのは男系のみだからである。
有識者会議はそこをごまかし、愛子さまを始祖にして女系と使っているのかもしれないが、
その一方で長子優先も主張しており、女系と食い違う。
要するに有識者会議というのは最初から皇統断絶を目的としてつくられたと。
そんな奇怪な有識者会議が男系男子を排除して推進する女性天皇って一体・・・。

526 :日出づる処の名無し:2006/01/12(木) 23:59:29 ID:Y/qiuTvX
>>516
遅いがレス
神功皇后と応神天皇の件については賛成
仲哀天皇の「哀」の字は中国では王朝末期に殺されたような
皇帝についた名前だしね

しかし、そうだとすれば実際女系で継承しながら建前としては
男系を貫く体裁を保ったこともまた重視しなければならないだろう
「女系が認められていた」とまでいえるかは微妙

また応神の本当の父と見られる住吉大神がタケノウチノスクネだとすれば
以前の皇統に男系でつながっていることになる

527 :日出づる処の名無し:2006/01/13(金) 00:12:24 ID:YjiZ3hn6
>>525
有識者会議の座長、吉川は日本学術会議の会長だったころ
「男女共同参画 キーワードはジェンダー」って本を
日本学術会議から刊行し、その「はじめに」を書いてる。
http://www.h4.dion.ne.jp/~jssf/text/tosyo/sousyo3.html

さらに、有識者会議には
岩尾寿美子やら緒方貞子やら、それこそ「重鎮」と呼べるフェミナチばかりなわけで。

528 :日出づる処の名無し:2006/01/13(金) 00:18:15 ID:5vztXGQh
>>517
他の可能性はいくらでもある、自分の思想に都合のいい説を
確定した史実の様に言うのはミスリード

>>518
過去の女性天皇は女系を発生させないために即位してからは結婚しなかった
ともいえるので無意味

>>519
「一見関係ありそうで関係ない話」

>>520
>「男系」の根拠
当然のことはわざわざ記録されないことがしばしばある
歴史時代の史実と神話時代の建前が男系継承を貫いていることから原理であることが明らか

乳児死亡率はいまや0に近いだろ

昭和天皇が男子が産まれなければ傍系が継げばいいと仰せられたことはスルーですか?

>>521
皇統は神武天皇から
またアマテラスまでさかのぼるとしてもアマテラスは始祖であってその先祖からの
継承でないので男系女系の概念はない
また曲玉を噛んで子供をはき出す神に男系女系があるとも思えない

529 :日出づる処の名無し:2006/01/13(金) 00:24:29 ID:nu5o9+Th
>>509
土曜は仕事休みだ。
行きます。

>>513
実は俺もはじめて。政治デモ。一生縁が無いと思ってたんだが。

530 :日出づる処の名無し:2006/01/13(金) 00:33:29 ID:RgxoUK6m
>>527
フェミについては議論はあれど
目の敵にしてるのは統一協会産経ラインの
カルトウヨだけだろ?ゲラゲラ

531 :日出づる処の名無し:2006/01/13(金) 03:34:00 ID:UD9adXTl
>仲哀天皇の「哀」の字は中国では王朝末期に殺されたような皇帝についた名前

じゃ「仲」は?「中頃」の意味で「末期」ではないだろ。
確かに「神罰で」殺されてるから「哀」の諡号でいいだろうし
別に何も矛盾ないじゃん。

>また応神の本当の父と見られる住吉大神がタケノウチノスクネだとすれば

そんな憶説をつなぎ合わせたこと言われてもな。
珍説自慢なら日本史板いけば?

532 :日出づる処の名無し:2006/01/13(金) 08:26:49 ID:ZiXuc9M8

しかし、普段は北方領土還せとか、共産党批判でやかましい街宣右翼が、

同じ領土問題であるはずの竹島の件と、この皇室典範改悪の問題に関しては
借りてきた猫みたいにおとなしいんだもんなぁ。

「街宣ウヨの正体は、ほとんどが○○人である。」ってよく言われるけど、
あれ、本当だったんだな。(態度が証明してる。)

ま、皇統護持派のイメージ悪くなるから、あんな奴らに騒がれても困るんだが。


533 :日出づる処の名無し:2006/01/13(金) 09:10:26 ID:7EmFFYeM
テレ朝で女系議論やってた。

やっぱそうだよな。天皇家に対する尊崇の念ってのはべつにY遺伝子を崇めてるわけじゃないんだから、
女系だろうがなんだろうが天皇は天皇なわけだ。

女系でいいんじゃね。

534 :日出づる処の名無し:2006/01/13(金) 09:39:06 ID:8pAXmqAw
>>533
天皇の威厳の一つに「伝統」と言うものがあるわけで。

Y染色体に関しては、それ自体を崇めるわけではないが
(だから男系女性天皇も俺的には大有り)
「伝統」の科学的根拠として考えるべき。

535 :日出づる処の名無し:2006/01/13(金) 10:02:16 ID:ZiXuc9M8
>>534
まぁ、男系ならY遺伝子、女系ならミトコンドリアDNAってことになるんだろうが、
どちらも「後付け」の根拠でしかないわな。
正直言って、八木さんにY遺伝子がどーのこーの、ってのは言って欲しくなかった。
テロ朝は早速、「待ってました」とばかりに「男系維持派はこんな後付け理論で正当化しようとしてますよ。」
というイメージ劣化&喧伝工作に利用し始めている。

Yだとか、ミトコンドリアだとかの理論は後付けに過ぎないが、男系にしろ、女系にしろ、
「一つのルールに則って、ものすごく長い時間に渡って続いてきたこと」自体に「伝統」の重みが生ずるのだ。

つまり、男系維持派(皇統護持派ともいう)の主張は、フェミorアンチ・フェミ とも何の関係もない。
なぜなら、もし日本の天皇家が女系によって長年維持されてきたのなら、やっぱり現代において「男系容認」などという
論議が起きれば、同じように反対するからだ。

「継承規則を途中から勝手に変えるな。」 それが、伝統護持の姿勢。

536 :日出づる処の名無し:2006/01/13(金) 10:59:05 ID:0vq9p9w5
              , ‐ ' ´  ̄ ̄ ` 丶、
            /              丶
              , ' r、'´    _ _      ヽ
           /  /ヽヽ__ ' ´   _____,, イ ヽ
          ,'  ,'  {_r'‐'',ニ二、ー===-‐'|l 、`、
           iヽ i //  '´  ̄`ヽヽ       l| l  i
        ,' ヽ l /  、>‐=、、      =ニヽ ! l  l
        ,' /⌒ l |  ´ /(__,!゛       `、! |  !    女性天皇と女系天皇は違うのよ!
       ,' ! '^> |!   i。_oソ     , ニ、,  ノ 丿        
       ,'  ヽ ヽ     ` ─       '⌒Y, ' /       
        /   |`T 、            j     /}´       ,'^!
     /   l l i iヽ     i` ーァ   /ノ      / /
      /    | | i i ! \   l_/    ノ |   {ヽ  / /
     ,'    | | i iノ   丶、 __  , イ | |   l } 〃 二ヽ
    ,'    r| | '´\_  / ,' ,′  | |   |└'{_/ ,─`、
   ,' , --─/ l | ─ 、 `X´ト、 ,′  | |  |  '-イ_ィ、 〉

537 :日出づる処の名無し:2006/01/13(金) 11:36:33 ID:4YtSutSU
雅子様が女系天皇をしてやったりと喜ぶお姿を見たくない。女系反対!

538 :日出づる処の名無し:2006/01/13(金) 11:38:45 ID:WtwPOscq
秋篠宮殿下夫妻にもう人頑張りしてもらえば良いじゃないか、
あの夫婦は健常者だろ?

539 :日出づる処の名無し:2006/01/13(金) 12:10:16 ID:VBKhE7t2
八木は除系派工作員じゃね?
別にホントは血が繋がってなくても男系継承は大事だろ

540 :日出づる処の名無し:2006/01/13(金) 12:42:36 ID:scC76NFz
>>533
この板にいながらテロ朝をソースにすんなハゲ

541 :526:2006/01/13(金) 18:43:59 ID:V/oXEBeE
>>531
いや、その辺は漏れもどうでも良いと思って書いてるんだが
ちょっと冗長に書きすぎた
>しかし、そうだとすれば実際女系で継承しながら建前としては
>男系を貫く体裁を保ったこともまた重視しなければならないだろう
>「女系が認められていた」とまでいえるかは微妙
言いたいのはこれだけ

542 :日出づる処の名無し:2006/01/13(金) 22:06:56 ID:95Ah93Zq
              , ‐ ' ´  ̄ ̄ ` 丶、
            /              丶
              , ' r、'´    _ _      ヽ
           /  /ヽヽ__ ' ´   _____,, イ ヽ
          ,'  ,'  {_r'‐'',ニ二、ー===-‐'|l 、`、
           iヽ i //  '´  ̄`ヽヽ       l| l  i
        ,' ヽ l /  、>‐=、、      =ニヽ ! l  l
        ,' /⌒ l |  ´ /(__,!゛       `、! |  !    女性天皇と女系天皇は違うのよ!
       ,' ! '^> |!   i。_oソ     , ニ、,  ノ 丿        
       ,'  ヽ ヽ     ` ─       '⌒Y, ' /       
        /   |`T 、            j     /}´       ,'^!
     /   l l i iヽ     i` ーァ   /ノ      / /
      /    | | i i ! \   l_/    ノ |   {ヽ  / /
     ,'    | | i iノ   丶、 __  , イ | |   l } 〃 二ヽ
    ,'    r| | '´\_  / ,' ,′  | |   |└'{_/ ,─`、
   ,' , --─/ l | ─ 、 `X´ト、 ,′  | |  |  '-イ_ィ、 〉


マネ。&実験


543 :日出づる処の名無し:2006/01/13(金) 22:07:49 ID:NBlmDVlX
「皇室典範改悪阻止!!」日比谷野音国民総決起集会New!
参加費 :無料

登壇者
渡部昇一、西尾幹二、名越二荒之助、西村幸祐、井尻千男、小田村四郎
伊藤哲夫、伊藤玲子、遠藤浩一、、大高美貴、加瀬英明、河内屋蒼湖堂
小堀桂一郎、田久保忠衛その他(敬称略)


会場 日比谷野外音楽堂(千代田区日比谷公園1-3)

日時 平成18年1月14日(土)

開場:12時/開演:13時(入場無料)/デモ出発:14時30分

主催 「皇室典範改悪阻止」草莽崛起の会
E-mail:matsuura@joy.con.ne.jp
http://bx28.ja-21.net/koushitu.html

544 :日出づる処の名無し:2006/01/13(金) 23:54:39 ID:lC9txwDL
統一教会系の世界日報が女系天皇を絶賛 日本語版では反対
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1134312138/l50

545 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 00:09:29 ID:9cztwpbb
皇室典範改正、党議拘束きますた。
ageるか。

546 :日出づる処の名無し:2006/01/14(土) 00:11:24 ID:9cztwpbb
>>543
見れば見るほど怪しいメンバーだなぁ。
ん、なもん逆効果だろ?

547 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 00:44:36 ID:t3akqIXZ
>>545
今回の党議拘束発言、小泉にとっては致命傷かもしれんぞ。

反対派は絶対折れないからな。
当然党議拘束を無視する人間が出てくる。
かといって小泉は郵政のときのように解散総選挙などできない。
郵政解散の「英断」との評価を貶めることになるからな。

マジで自民党が真っ二つになって民主党が政権獲る可能性も出てくる(´・ω・`)

548 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 01:02:52 ID:q7dd5nYC
 伊勢神宮に皇室典範改正反対者と賛成者の衆参議員の名前を
刻んだ石碑を建てるべきだな。

549 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 05:10:02 ID:HhHDxMAj
狂牛肉といい女系といい最近小泉さんの株が個人的に下がってる

それ以外の外交は嫌いじゃないんだけどねぇ・・・

550 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 06:03:50 ID:F099sufP
伊勢神宮は靖国カルトと違い最低限の良識はあるんじゃないかな?
ま、そんなことすれば神社業界=馬鹿右翼、という認識を広めるだけだよね。

551 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 06:30:14 ID:Zy1eInXo
小泉はポピュリストですからね。
国民の多数派が女系容認なら女系にしますよそりゃ。

552 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 16:53:37 ID:iwlJt+/p
>>550
伊勢神宮は戦中の戦意発揚に使われたワケだが。
なぜにそんなに靖国と差別化したがるんだ?

553 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 17:05:21 ID:nz8rRqFN
アメリカは戦争の正統性がないので、パールハーバーとバターン死の行進(歪曲)でアメリカ人の憎しみを煽って、戦争をエスカレートさせた。

554 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 17:38:59 ID:i1EwBha6
>>552
戦後の行動かな?靖国カルトのように政治的な動きは少ないですから。
また、右翼の溜まり場というわけでもないでしょうし。

555 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 17:39:38 ID:RRVg0Q+7
>>543
そういやコレどうなった?
雨だったが。

556 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 22:02:48 ID:jblvU3+q

道鏡に匹敵する天皇廃止主義者、小泉を支持するアホの集まりです。

小泉総理は運が強すぎる ▲234▲
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/giin/1137247374/l50


557 :日出づる処の名無し:2006/01/15(日) 23:47:14 ID:inR3j0rs
>>554
カルトかw

オレから言わせりゃお前のような左派思考に凝り固まって
柔軟性を失った脳梗塞野郎のほうがカルトだよw

558 :日出づる処の名無し:2006/01/16(月) 12:25:46 ID:ePSwZpi3
民主党に自民主流派に迎合しないようにメールおくっといた。
女系天皇賛成は自民主流派に対する迎合だ、という内容で。

559 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 01:50:59 ID:nAm/VHBk
 羽毛田宮内庁長官と風岡次長は、投稿のあった国土交通省のグータラ役人同様、
かつて「ノーパンしゃぶしゃぶ桜蘭」の常連であった。
 こんな猥褻コンビが宮内庁のNo.1,No.2であったことは恐れ多くも宮内庁の歴史上
ないはずである。

 しかも、本年4月に週刊現代が報じたように、風岡宮内庁次長はせんべい学会員で
あるし、かつ、半島系らしい。
 羽毛田もその出自にはとかくの噂(なかでも童話出身との噂が根強い)のある人物であるし、
一体陛下の役所はどうなってしまったのか。
 しかも、このような連中が臣民(の中でも低級倫理の輩)の分際で、恐れ多くも陛下や
皇族方のご意向も伺わず、皇位継承という国体に関わる最重要問題を取り仕切っているの
である。
 このような宮内庁幹部人事をそもそも考えたのは、一体どのような勢力なのか。
 右翼の正統派はこのような事態をなぜおとなしく看過しているのであろうか。

 また、風岡次長は、建設省の局長、課長時代に半島系の建設業者と癒着するとともに、
アメリカのべクテルをはじめとする外国建設業者に特段の便宜を図ってきた売国官僚である。
http://battlestation.seesaa.net/article/9193761.html#more

560 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 03:26:41 ID:RxClFE7e
いち考古学徒からいわせると、どっちもどっちだと思う。
つかどっちでもいいから箸墓とか掘らせてくれればそれでよい。

561 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 04:54:27 ID:H+/AWjdd
皇太子の嫁取りもさんざん苦労したし、
嫁でも婿でもいまさら皇室入りしたがる人間なぞ
男女共に居らんのだよ

562 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 12:43:32 ID:g7R4mHJh
ジャップはすっかり世界の孤児でつね。w

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/shugi/1137813740/2-5

ジャップってなんでこんなに醜く邪悪なんだろう
地球上から消えてくれないか



563 :自称右翼:2006/01/21(土) 13:13:21 ID:ccTgCLNM
>>562
手始めに、オマイから消えたら?

564 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 13:57:25 ID:g7R4mHJh
ジャップ死ね!!  のガイドライン
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/gline/1137817002/


565 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 16:53:52 ID:YKmo3dOy
>ID:g7R4mHJh

あのさ、「ジャップ」なんて使うのやめたほうがいいよ。
お前が支那人なのか朝鮮人なのか知ったこっちゃ無いけどさ、
「JAP」ってのは白人が日本人に対して使う蔑称なワケよ。
それを黄色人種のお前が使うということは
すなわちそれが「白人崇拝意識」も現れなのよ。
「オレも白人になって日本人を蔑んでやりたい」って想いのな。
自民族の誇りもプライドも投げ捨ててしまう愚行なワケよ。

恥ずかしいだけだからやめたほうがいいよ。

566 :日出づる処の名無し:2006/01/21(土) 20:44:12 ID:g7R4mHJh
470 名前:行殺 ◆KINOKO.5cU [] 投稿日:2006/01/11(水) 23:05:45 ID:GBw8/uH5
そう、ジャップの無個性ぶりはキモく、アメリカ人に限らず世界中の全人類はこれを見て
全身を、物理法則を無視した方向に思いっきりくねらせ、
顔面を原型をとどめないほどに歪め、
喉の奥からふりしぼったコウモリにしか聞こえない超音波を含むもはや人間の声とは思えないような奇声を上げてこう叫ぶだろう、
き、き、き、きんも〜っ☆  っと!
人類がジャップの無個性ぶりをキモいと思う、のではない。
ジャップをキモいと感じる健全な感性の持ち主だけが人類の一員なのだ。
もちろん、日本人の両親のもとに産まれても、
みずからの意思で人間たらんとすれば、脱ジャップして人間になれる。
ジャップの無個性ぶりはキモい。
そう「気づく」ことが第一歩だ。

471 名前:行殺 ◆KINOKO.5cU [] 投稿日:2006/01/11(水) 23:10:41 ID:GBw8/uH5
ジャップは何故キモいのか。
水族館で・・・あるいは映像で、魚の群れを見たことがあるだろうか?
誰が号令をかけているのでもなく、群れ全体が一斉に方向を変える。
これがジャップである。
一人一人の「個」としての意識なんかない。
魚のような下等生物と同じで、全体で、ひとつなのである。
一匹のジャップが死ぬということは、1億2千万分の1が欠けたという意味でしかない。
かけがえのない、たったひとつの命が失われたのではないのだ。
ジャップは1億2千万でひとつ。
いっぽう、国民皆が「個」として自立した人間として、人間らしく生きている国では、ジャップ1億2千万匹分の重みをもつひとつひとつの命が何百万、何千万、何億という人口になるのだ。
すなわち、ジャップ一匹の命の価値など、一人のまともな人間の1億2千万分の1でしかない。



567 :日出ずる処の名無し:2006/01/21(土) 21:58:35 ID:VIHlLxIh
天皇は女系でもいいと思う。

そんなことより、一刻も早く層化をカルト認定して、公職から一切追放すべきではないか?

568 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 10:44:04 ID:SE0o5kKX
>>567
>天皇は女系でもいいと思う。

女系天皇こそカルトそのものだろう。


569 :日出づる処の名無し:2006/01/22(日) 10:57:28 ID:YYmmd0ru
 自民&層化→後藤組→ダイナシティ→ライブドア→株式市場混乱
 ↓↓↓↓
 ↓↓↓ヒューザー→偽造→不動産市場混乱
 ↓↓消費者よりアメリカ→危険部位→食品市場混乱
 ↓有識者会議→女系容認→国体混乱
 韓国ビサ恒久免除→治安混乱

      ┌─┐  ┌─┐
      │●│  │●│
      └─┤  └─┤
      _   ∩   _  ∩ 小泉!
    ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  大作!
 ┌─┬⊂彡┌─┬⊂彡        
 |●|    |●|
 └─┘    └─┘


570 :鹿爪 ◆hWGuV5xdAI :2006/01/22(日) 13:22:18 ID:B28Ttq3+
一度天命の下った際には身を粉にして奉公できるよう、日々心身を鍛錬しようではないか。

571 :日出づる処の名無し:2006/01/24(火) 23:21:42 ID:mLPS8vPU
女系天皇反対!!!

572 :日出づる処の名無し:2006/01/25(水) 22:41:08 ID:p+B1l22+
男系男子にこだわると、皇族の子孫そのものがいなくなる。

男系男子にこだわるなら、側室制度の導入は不可避だが、
いったい誰が側室になるだろうか?
男子を産むためだけの道具になりに、側室になろうという女性がいるか?
ただでさえ、天皇の妻になるのは嫌なものである。
自由にどこかに行けなくなるし、買いたいものも気軽に買えない。
友人とも会えなくなる。
自由を奪われ、プライバシーもないに等しい。
美智子様も雅子様も、流産したことを国民全体に知らされた。
それ程人に知られたくない悲しいできごとはないだろうに。

よっぽど皇族にほれるか、皇族の仕事に自分の存在意義を認められなければ、
普通、天皇の妻にはなりたくない。
その上「側室」だなんて、なりたい人がいるだろうか?

側室だけではない。

皇太子妃のなり手もいなくなる。

将来、自分の夫が自分以外に女を囲うかもしれないのに、結婚したがる女がいるか?
しかも、子供を産む義務以上に大変な、男子を産む義務を負うことになっても?

側室制度が制定されたら最後、皇室の男系男子には、妻になる女がいなくなるだろう。
つまり、その時点で天皇だけなく皇族全体が途絶えてしまうのである。

男系男子固執派は、天皇、ひいては皇族そのものを根絶やしにするという
目論見によって発言しているのだろう。

573 :鹿爪 ◆hWGuV5xdAI :2006/01/25(水) 23:05:33 ID:qzs1tB3l
>>572
>自由を奪われ、プライバシーもないに等しい。
では、皇統を護持すると同時に、そのことに関しても必要な対策をとればいいではないか。

574 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 22:57:08 ID:TsoyAhZ2
竹田恒泰と三笠宮家の女王が結婚(入婿)して親王誕生すればその子に欽明天皇
になっってもらえばいいじゃん。


575 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 23:35:24 ID:G/Woln5v
もう諦めろ
小泉首相は改めて皇室典範改正法案を
通常国会に提出する方針に変わりが無いと表明した

お前ら男系派が国民運動を起こして小泉内閣の支持率が
急落しない限り、皇室典範改正案は衆・参とも可決し成立するぞ

まあ頑張って小泉内閣の、倒閣運動を全国規模で展開しろ

576 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 23:41:38 ID:8rFOI2BL
何百年も天皇を無条件に敬うように洗脳してきたつけを払う時が来ましたか。

577 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 23:53:08 ID:PH7SkFlB
>>575
つかライブドア問題を引っ張れば神風が吹きそうな気がする。
小泉政権転覆か。

578 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 23:56:05 ID:hSJ/HA53
・・・逆だろ。

たかがライブドアごときで、
野党が喚いてるってのは、
深い失望。

おまえら、相変わらず、
その程度かと。

579 :日出づる処の名無し:2006/01/26(木) 23:58:06 ID:V6WqmhIG
>>578
だよな。

本来なら上海領事館電信員の自殺を徹底追求するべきなのにな。

580 :577:2006/01/27(金) 00:05:55 ID:O5aqb/eC
>>578
小泉はやると言ったらやるだろ。
野党が女系天皇問題で反対したって改正案通すよ。
それなら野党には別の問題出してもらった方がいい。

581 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 00:06:47 ID:AbdcYBAq
>>578
別に癒着したわけでもないし献金したわけでもない。
たかが一会社の社長に対して何で沸いてるのか正直判りかねる。
むしろきな臭い小嶋や領事館殺人を叩くべきだろうと思うんだが。

582 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 00:11:04 ID:WR0eXdU5
まぁ、現代の日本人にとってさして関心のある議題ではないのさ。

583 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 08:55:31 ID:77JNSFJ2
男系女系を論じておられる方は、
サイアーラインとファミリーライン、どちらが人権倫理として正しいかを考えてください。

女性を子宮扱いする女系は、非人道的すぎると思います。

584 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 18:55:33 ID:ef2THCRn
安倍ッちが皇室典範改正推進を明言
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060127-04216676-jijp-pol.view-001

男系厨終了しますたw

585 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 21:14:54 ID:YHwGVTZm
皇室典範改正案、今国会に提出──議論すれば必要と分かる

小泉純一郎首相は27日夕、首相官邸で記者団の質問に答え、
今国会提出予定の皇室典範改正案を巡り、自民党内で慎重論が強まっている状況に対して、
「よく議論していけば、この皇室典範の改正が必要だと分かっていただけると思うんですけどね」
と党内の理解が進むよう期待感を表明した。
武部勤幹事長に同日指示した内容については、
「(政府が)提出してよく議論していけば、自民党も協力してくれるだろうという話をしていたんです」と説明した。

また、自民党内で女性天皇は認めても、女系天皇には反対する意見が強いことに対しては、
「女系天皇を認めないという議論は、仮に愛子さまが天皇になられた時に、
そのお子さんが男でも(皇位継承資格を)認めないということですよね。
それ分かって反対しているんですかね」と不快感をあらわにした。

また、党内論議の集約に際しては多数決でなく、
全会一致で決定すべきだとの声に対しては、「それはもう全会一致だったら
それが望ましいですよね。 これからよく議論していけばね、協力してくれると思いますけどね」
と説得に全力を挙げる考えを示した。
皇室典範改正案に反対する議員は抵抗勢力かとの質問に対しては、
「いや、それは議員個人個人の意見でしょう。(郵政民営化の議論とは)違いますね」と応じた。
http://www.nikkei.co.jp/seiji/syusyou.html


首相官邸投稿フォーム
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html

586 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 21:27:55 ID:u6yvdFT9
我が國有史以來最大の危機である。大東亞戰爭敗北等とは較ぶべきもない
程の危機である。合法的に採決されたとしても認められないものである。

587 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 21:38:38 ID:VzZztcDt
さっきテレビの20:50ニュースを見て驚きました。

小泉首相は

「女系天皇認めないという議論は、仮に愛子さまが天皇になられたときに、
そのお子さんが男でも認めないということですよね。
それをわかって反対しているんですかね。
よく議論していけば、この皇室典範の改正が必要だとわかっていただけると
思うんですけどね」と述べ、



小泉首相、皇室典範の改正案についてあらためて今国会で法案を成立させる考え強調
http://fnn.fujitv.co.jp/headlines/CONN00084287.html
2006/01/27 21:01

588 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 21:43:33 ID:VzZztcDt
>>584 時事通信の捏造のようだな。

Date: 2006/01/27(金) 17:42:29 ID:jtcp0+Cq0

おまいら、今日の衆議院中継での高市とのやりとりを聞いてみれ
         ↓
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.cfm

高市:125代男系継承されている重みについて、どう考えているか?

安倍: 官房長官として政府を代表する立場なので、特定の立場に立つことは差し控え
    させて頂くが、政府としては古来、例外なく(男系天皇が)継承されてきたことを
    認識して、そのことの重みを受け止めつつ、皇位継承制度のあり方を検討すべきもの
    だと考えております。

平成18年1月27日 予算委員会
高市早苗の14分30秒ごろから始まるよ。



589 :日出づる処の名無し:2006/01/27(金) 22:02:25 ID:2erGzAsh
スレの流れ見ずに書き込むけど、
宮家の復活ってのは、考慮されてないのかな。
男の子を産まなければならないっていう責任が
分散される分、精神的にも肉体的にも楽になると
聞いたけど。


590 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 00:15:46 ID:ExDlTVEY
GHQの工作で皇籍を亡くされた旧宮家×11を皇籍に戻せばいいだけだ。


当時既に「こんなに皇族を減らされたら断絶の危機を招く」と議論されていた。
その時の宮内次官・加藤進は
「いざとなったら11宮家が皇籍に戻ればいい」というような発言をしている。

591 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 00:49:39 ID:p6IfzwWF
旧宮家復活でOK

592 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 01:13:21 ID:DhNk13FI
>>587
地元の自民党議員から
「小泉はなんにもわからんと推進しとるだけや、あのボケ!」
と聞いていたが、どうやら事実みたいだな
こちらは正しくその「小和田王朝」に反対してるのに…
郵政以外何一つないクズはさっさと辞めさせないと

593 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 05:29:12 ID:5f7Ps0X/
皇室典範の拙速な改正に反対する緊急集会
〜男系による皇位継承の伝統を守ろう!〜

日 時 平成18年2月1日(水)午後2時〜3時30分 開場:午後1時
会 場 憲政記念館 大ホール   
   東京都千代田区永田町1−1−1 電話:03−3581−1651

提言者 渡部昇一氏(上智大学名誉教授)
     工藤美代子氏(ノンフィクション作家)
     平沼赳夫氏(元経済産業大臣)
     三好 達氏(元最高裁長官)ほか
     ●多数の有志国会議員が提言します!!

参加費無料・カンパ歓迎
共 催 日本会議国会議員懇談会・日 本 会 議
●お問合せ先 日本会議事務局
〒153-0042 東京都目黒区青葉台3−10−1−601 
電話03(3476)5695  FAX03(3476)5612

594 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 05:32:11 ID:io7zGled
キチガイ小泉何詭弁理論でやってる?

だったら廃止しろ皇室。

595 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 08:06:58 ID:YqAMABJr
600 名前: 名無しさん@6周年 投稿日: 2006/01/28(土) 06:58:52 ID:LLT7RwY30
女系を認めるとこうなる↓

YX―┬─XX(他家の人)
    |                   ←この時点でオリジナルの「Y」が喪失
    |
   XX―┬─YX(他家の人)
       |               ←この時点ではまだ「X」は残っている。
       |
       YX―┬─XX(他家の人)
           |            ←この時点でXYの両方が喪失し、
           |             2代前の遺伝子は完全に無くなる。
          YX―┬─XX


このように最速4代目にして遺伝的に断絶します。

596 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 11:19:24 ID:Oc08Seew
>>595
Xはもともと皇后由来なので女系の時点で性染色体は途切れてるだろ。
しかも性染色体で皇位が継承されるという論拠もないので遺伝子による継承論はナンセンス。

597 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 14:18:42 ID:YvtcOUNZ
内戦はやっぱり特攻とか一人で多く殺れる方法をとるの?
それとも普通の陸上戦?

598 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 18:18:39 ID:c0eYDZNC
「女系の天皇ったら実際江戸時代の天皇におられた」

 by石原都知事 2006/1/27

 http://www.metro.tokyo.jp/GOVERNOR/KAIKEN/kako18.htm


599 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 18:27:21 ID:fr8F1aRo
染色体にはあまり頼らない方がいいようですよ。以下コピペ


Y染色体の話ですが・・・
「男系で続いているから、こういうこともある」
という程度の話であって、Y染色体のものに価値があるわけではありません。
(男性であるかどうかを決定しているだけで、
遺伝的な働きはほとんどないと言われています。
また、突然変異しやすく、
数千年同じものが保持されることはあり得ないとも聞きます)
男系論者にも不評ですし、
話が変な方向に行きやすいのでこの話はあまりされない方がよいと思います。

600 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 19:02:52 ID:pz0VWUu3

 「 30年後を見越しているんですよ。愛子天皇でどうかやって欲しいと、しめた!と思っているんですよ。
    30年経ったら、これはもう万世一系の天皇とは言い難い。あらは偽者だと必ず騒ぎだす。
    のみならず、皇族の方々は犠牲者であると、言い出してその人権を、今から言ってますからね、
    皇族の方々の人権、皇族の方々の離婚の自由、皇籍離脱の自由、
     
→  その時、たいへん畏れ多い言葉ですがあえて申しますが、今日の皇太子妃に皇族としての自覚の乏しい
    観察を私はいたしておりますので、(拍手) 皇后陛下になられてその危機を乗り切ることができなかった
    としたら、そういう状況で、左翼の攻撃の前に国民はうんざりして、やめちまえ、こんな制度やめちまえ、
    という声が高まる思うのであります。その未来予測を私は一番憂慮しているのであります。

    そうなった時今度は、逆の側から、もはや今の天皇家は対応できないので、伏見の宮家の直系を担いで
    新しい天皇家の出現を期待する声が保守伝統派の中から澎湃として沸き起こらないとも限りません。
    いや沸き起こるでしょう。歴史は必ず復讐するんです。戦後熊沢天皇の例もあるんですけれど、
    もっともっと証拠のある。もっともっとハッキリした道理のある主張でありますから、私が生きていたら、
    私も担ぐかもしれません、今の天皇家は左右の両翼から挟み撃ちに合い、陛下が最も恐れた事態、
    最も避けねばならない国内紛争、忌まわしい悪夢の状態が出現するでしょう。
    そうなった時に国民は、もうそんなことはやめてくれ、この制度いらないよと言い出す声に拍車がかかる
    でしょう。
    そのことを事前に防ぐのが有識者会議の仕事じゃないですか。(拍手)」(続く)


皇室典範改悪阻止!!
「草莽崛起」国民大会
(平成17年11月18日)
http://www.ch-sakura.jp/onlinetv_sakura.php
http://www.ch-sakura.jp/asx/tenpankaiakusoshi2.asx



601 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 19:19:08 ID:lFfqMHNO
女系が認められて愛子様が天皇になれるなんていったら、
また基地外韓国人が妄想するんじゃないか? 愛子様が韓国人と
どうのこいの、恋に落ちて、結婚! とか何とか。

602 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 19:20:07 ID:lFfqMHNO

どうのこいの→どうのこうの

603 :船虫Jr ◆.Tg2yBtH66 :2006/01/28(土) 19:21:29 ID:9AGB/09d
>>599
>Y染色体の話ですが・・・
>「男系で続いているから、こういうこともある」
>という程度の話であって、

その程度ことでも、無かったら血の繋がりそのものが否定されるわけ。
たとえ、一部であっても、血が繋がってることと、赤の他人では大違い。

>(男性であるかどうかを決定しているだけで、
>遺伝的な働きはほとんどないと言われています。

男性を決定してるってのは、途轍もなく大きな「遺伝的な働き」なわけだが。
こういう表現の仕方で無意味化してしまうってのは、デンパ丸出し。

>また、突然変異しやすく、

これも乱暴すぎで、デンパ丸出し。

http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1130295818/55
http://www.geocities.jp/webhitoshi/archives/nempo2000.html
 Alu配列は,交叉がPARの範囲に止まり動原体側に及ばないように区切っているものと理解されている.
ただしこの部分からわずか近位側にSRY遺伝子の座位が存在するわけであり,
数万回に一回の頻度ではあるが,SRY座位をこえた近位側でキアズマが生じることがある.
転座したSRY遺伝子をふくむX染色体の精子が,卵(X)と受精することで,
XXmaleが生じる(SRY(+)23,X + 23,X = SRY(+)46,XX).”

要するに、遺伝子交換(交叉)が起こりやすい場所とそうでない場所があって、
性決定遺伝子(SRY)を含むY染色体に独特な領域は交叉しにくい。
その頻度は数万回に一回であり、天皇の100世代程度では、まず交叉してない。
また、たとえ交叉したとしても (その場合、現に男子である皇太子はXXmaleとなってるわけだが)、
この場合でもY独特領域は保持している。

604 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 22:46:57 ID:Oc08Seew
>>603
それは問題の本質ではない。遺伝子的に優れているから天皇になれるというのであれば、
現皇太子が皇太子妃を思いやって、とはいえあんなに無思慮に発言するわけがない。
尊敬する人やひいきの力士をおっしゃらなかった昭和天皇の血が皇太子にも流れてるんだから。

必要なのは皇統という家柄であって、この家柄について説明する際に
Y染色体を例にとって説明するのはいい。だけどその説明が不適切だと考える人もいて、
603は「不適切だ」と批判されてファビョってるようにしか見えない。

605 :日出づる処の名無し:2006/01/28(土) 23:35:21 ID:gy3djVLk
927 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :2006/01/28(土) 02:09:50
遺伝の話をするんじゃなくて、世帯の文化に置き換えて工作員を放ったほうが効果的だな。

「父親が日本人のハーフだと世帯の文化が日本だから安心できるが、母親が日本人の場合はなんかアレだね。」
「父親が日本人のハーフだと優秀な感じがするけど、母親が日本人だと世帯の文化が異質でなんかね。」
「父親が日本人のハーフは日本人だと思うが、もし朝鮮人やイスラムや途上国の場合はただの道具ではないのか?」

こんな感じの例え話をして普段は口には出さない不安感を煽るとか。
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/eco/1137502859/


606 :日出づる処の名無し:2006/01/29(日) 23:51:25 ID:GFGcwYrN
>>590-591
十一も残ってないっつーの。現存する子孫は八家。そのうち男系子孫が続く可能性があるのは五家のみ。
昔は十四宮家あったが、敗戦以前に三宮家が断絶して十一になっていた。
他に古代末〜中世にも九宮家あったらしい。
(この九宮家の中には神祇伯王や鎌倉将軍宮、小倉宮(後南朝)も入ってる)

607 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 01:18:58 ID:hL/KsgtS
断絶:閑院・梨本(養子相続)・山階・東伏見(そもそも未亡人のみ)
男子無し:伏見・北白川
存続:久邇・東久邇・朝香・竹田・賀陽

こんな感じかな
人数的にはもっと多いけどね

608 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 14:49:04 ID:XuzrQrws

内戦w

609 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 14:56:39 ID:AqpNwTVw
確かになあ。
女系天皇になったら、韓国・朝鮮人は必死になってプロポーズするだろな。
そういう空想小説が、韓国でベストセラーになってた。
日本乗っ取りだよ。


610 :船虫Jr ◆.Tg2yBtH66 :2006/01/30(月) 15:45:42 ID:9sS82y4n
>>604
>それは問題の本質ではない。遺伝子的に優れているから天皇になれるというのであれば、

誰も遺伝的に“優れている”なんて言ってねーじゃん。
遺伝的な“繋がりがある”と言ってるわけ。

>現皇太子が皇太子妃を思いやって、とはいえあんなに無思慮に発言するわけがない。
>尊敬する人やひいきの力士をおっしゃらなかった昭和天皇の血が皇太子にも流れてるんだから。

おまえは遺伝子についてとんでもない誤解をしてる。
遺伝子に「あんな発言しない」などと規制させるパワーはない。

>必要なのは皇統という家柄であって、この家柄について説明する際に
>Y染色体を例にとって説明するのはいい。

だから、「皇統という家柄」を権威あるものとするには「血の繋がり」が必須だって言ってるんだよ。
血の繋がりのない者あるいは家系が、「オレ(オレ達)は皇統だ」なんて言い出しても、
国民は納得しないだろ? たとえ、そいつ(ら)が人気者であってもそうだろ?

611 :船虫Jr ◆.Tg2yBtH66 :2006/01/30(月) 15:46:32 ID:9sS82y4n
・「皇統という家柄」を権威あるものとするには「血の繋がり」が必須

で、

・血の本体は遺伝子である。
・「皇統という家柄」を権威あるものとするには「遺伝的繋がり」が必須
・しかし、百代も通して血(遺伝子)の繋がりがあるなど、ほとんど絶望的。
・ゆえに、万世一系などナンセンスなものだとして否定されかねないが、
 実際の天皇家に関しては、奇跡的に、そのような否定から防御できる。
・その理由こそY染色体であって、これによって皇統という神話を
 神話たらしめることができる(反証不可能なものとすることができる)。

こういうこと。
血の本体とか科学的(遺伝学的)な視点などまったく持たない愚民は、
なんとなく「血の繋がりがあるんだな」と思ってればいいのであって、
Y染色体などということを考えて、妙に唯物論的な意識に囚われる必要はない。
Y染色体論は、上記のように、まさに唯物論的な反証に考慮した場合にのみ必要な
議論なわけ。

612 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 16:57:21 ID:GTnZY+6y
>>607
梨本の現当主は養子とはいえ久邇家の王が養子になったのだから
血筋は問題ない立派な旧皇族だよ。でもその後継者(また養子)が
秋田の山伏だけどw

613 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 17:06:39 ID:GTnZY+6y
>>607

【すでに断絶】閑院・山階

【存在しているが断絶確定】
東伏見(未亡人のみ生存)
梨本(後継者が養子)
伏見・北白川(後継者に男子無く女子のみ)

【存続】
賀陽(傍流の1家のみ存続、男児二人)
朝香(嫡流の1家のみ存続、独身男性一人)
久邇(嫡流は断絶の危機だが傍流が複数存続)
東久邇・竹田(嫡流はじめ複数系統存続)

614 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 20:55:29 ID:MxtZZab+
>>610,611
遺伝子的な近さを家柄というのなら、
皇太子様の次は皇太子様に一番近い愛子様でかまわないな。
俺はそうは思わないから遺伝子による継承論に反対している。
それと染色体が科学的というが、
家制度に対する考察だって社会科学的だ。

615 :614:2006/01/30(月) 21:05:43 ID:MxtZZab+
間違えた……
×皇太子様の次は皇太子様に一番近い愛子様でかまわないな。
○愛子様の次は愛子様のお子でかまわないな。
とすべきだった。これじゃ小泉を笑えないよ……

616 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 21:14:43 ID:GLF0utg5
内戦の過程

2006年 女系天皇容認法可決
2019年 愛子皇太子の婿に朝鮮李王家の男子が確定
    竹田が挙兵、全国の皇胤に綸旨(竹田は敗死)
2020年 賀陽・朝香・久邇・東久邇連合軍挙兵(伏見宮党)
2021年 徳大寺挙兵(鷹司党)
2022年 近衛挙兵(信尋党)
2023年 久我挙兵(源氏長者党)
2024年 熊沢挙兵(後南朝党)
2025年 大室挙兵(地家党)
2026年 愛子が壇ノ浦に入水、李氏天皇滅亡
2027年 各党が即位宣言し、戦国時代突入

617 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 21:27:55 ID:/XcsS3Tl
男系男子にこだわり旧宮家を復帰させると、
後4〜50年くらいで現宮家は全滅するわけだが、
現民間人と総取替えになって、国民はそんな『ロイヤルファミリー』を敬うかね?

618 :自称右翼:2006/01/30(月) 21:44:25 ID:xBbzuBcZ
>>617
40〜50年かけて、皇族としての教育を受けた人々が皇位につくわけですね。
・・・何が問題なのか、わからんな。

619 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 21:51:53 ID:/XcsS3Tl
>>618
んなもん一般人にとってはポッと出と変わらんと思うがな。
彼等は皇族としての教育を受けるだろうが、
一般人に彼等が皇族である、と言う持てるのや否や。
それに菊のカーテンにこっち側に60年も居ればスキャンダルの1ダースや1グロスくらい具体的な証拠コミで出てくるだろうしね。

620 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 21:53:00 ID:/XcsS3Tl
×一般人に彼等が皇族である、と言う持てるのや否や。
○一般人に彼等が皇族である、と言う感覚を持てるのや否や。

621 :自称右翼:2006/01/30(月) 21:54:44 ID:xBbzuBcZ
>>619
スキャンダルが証拠込みで出てから考えたら?
「スキャンダルが出てくるに違いないから、ダメ」
なんて、意味不明のたわごとにしか聞こえんけどね。

622 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 22:02:06 ID:qghJd+Iw
思うにだな
あー あれだ
今いる人か、今後生まれる人の誰かを
性転換してしまえばいいんじゃないか。
継承争いでイクサが起こるよりマシだろう。先鋭的だ

623 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 22:07:25 ID:/XcsS3Tl
>>621
スキャンダル云々はまぁその通りだが、
少なくとも私生活を知っている民間人は確実に存在する。
それは現代においてもなお菊のカーテンを張って守っている皇室の神秘性の蟻の一穴にはなりはせんか?

624 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 22:18:17 ID:xggNhWs2
安倍さんも女系天皇賛成派なの?
党議拘束にかけるべきとか言ってるの聞くとちょっと失望したよ。


625 :自称右翼:2006/01/30(月) 22:52:25 ID:xBbzuBcZ
>>623
いまの皇后陛下の私生活を知っている民間人は、多数いるが、
それで何か問題が起こっているか?

626 :日出づる処の名無し:2006/01/30(月) 23:21:12 ID:/XcsS3Tl
>>625
御成婚まで生粋の民間人から皇族になるのとは分けが違うな。
雅子様は皇室の一員であっても、天皇神話の一員ではないからな。

627 :日出づる処の名無し:2006/01/31(火) 03:36:05 ID:eDEjQWm9
スキャンダルなんてあった方が人間らしくていいじゃん。

628 :船虫Jr ◆.Tg2yBtH66 :2006/01/31(火) 13:45:04 ID:Kzi5bUYB
>>614
>遺伝子的な近さを家柄というのなら、

「近さ」なんて言ってないぞ。
例えば、全遺伝子(ゲノム)を考慮したら、歴代天皇はバラバラになるわけで、
「近い者が皇族」ってことにはならない。というか、「近い」とか、
ゲノム全体を考慮しなきゃならないようなことは確定できない。
オレが言ってるのは、「歴代が引き継いできた遺伝子(この場合、単にDNAでもいい)を引き継いでいるか」
ということ。「有る・無し」の問題であって、定量的な(近い・多いの)問題ではない。

>○愛子様の次は愛子様のお子でかまわないな。

それが「万世一系か直系か」っていう問題だろ?
「皇太子という個人に近い」なんてのは、生物学的に見た“希有さ”という意味でも、
一般人が考える権威という意味でも、たいした価値はない。
今上天皇との近さは、美智子と同じでなわけだが、
可能性としては、「今上天皇の遺伝子をまったく引き継いでいない」ということもあるわけ。
今上天皇で、これなんだから、昭和天皇では、正田英三郎と同じで、
まったく引き継いでない可能性もずっと高い。十代も離れれば、遺伝学的に皆無認定が出る。
なにか、代々同じものとして続いてきたのが皇室なんだから、一般人の目から見ても、
「こんなのは違う」ってことになるだろ?
ただ、一般人は、上のような中学生レベルの考察もできない(やってない)ってだけのこと。

>家制度に対する考察だって社会科学的だ。

実在(モノの有る無し)と社会的な取り決めは大違い。
後者は、廃棄しても、また適当な儀式をすれば取り戻せるかもしれんが、
前者は、無くしてしまったら取り返しがつかない。
この「取り返しがつかない」ってのが、この問題の最重要ポイントなんだが。

629 :日出づる処の名無し:2006/01/31(火) 13:52:49 ID:8H4VUI7O
内戦って誰と誰が戦うの?

630 :日出づる処の名無し:2006/01/31(火) 21:05:54 ID:Q+39OUzX
>>628
いや、そもそも遺伝子と血を受け継ぐ事と家系を同じように考えるのが問題なんだよ。婚姻法読むと、
一卵性双生児同士が結婚して出来た子供同士の婚姻は遺伝子的に近いけど家系的には婚姻可。
父親が死んで未亡人になった義母とは結婚できない。遺伝的に何の関係もないのに。
天皇家という特別な家系の継承ルールは男系男子であって、これをY染色体と関連づける事には
何の根拠もない。Y染色体論と結果的に同じ事になるという事実があるだけ。
しかもY染色体論を持ち出すと天皇家の継承ルールは100年くらいしか歴史がない事になる。
そんな浅い歴史は別に終わらせてもかまわない、と反論される可能性もある。
>後者は、廃棄しても、また適当な儀式をすれば取り戻せるかもしれんが、
取り戻せない。長年続いてきた儀式と新しく作った儀式とでは格式に違いがある。
男系男子を守らなければならないのはむしろこの点に理由がある。

631 :日出づる処の名無し:2006/02/01(水) 03:54:41 ID:1nMyh2dK
>>619
皇籍復帰したあとは、ますこみはスキャンダルなんかおもてにださないよ。


632 :日出づる処の名無し:2006/02/01(水) 04:13:33 ID:Vv/Au2yR
そもそも旧宮家は皇族復帰したいのかね?
本人達の意思は無関係、って言うのならともかく。
誰かアンケート取って来て。

633 :日出づる処の名無し:2006/02/01(水) 05:33:05 ID:Wu1dOLyP
内戦ゴッコでもしとろw

260 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)