2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

天皇って敬う必要あんの?

1 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 20:07:38 ID:OEllsH6x
力を持った豪族の一つが勢力を伸ばした。
んで、自分達に都合が良いように歴史をでっち上げた(どっかの半島みたいにw)
なんでそんな集団を現在に至っても敬ってんの?
いち宗教法人で充分じゃね?

2 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 20:08:47 ID:fUbVWqVO
頭悪いスレ立てるな
バカチンが

3 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 20:12:08 ID:dtf/L1z5
>1
お前にはほとほとガッカリさせられるな

4 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 20:17:06 ID:q13VVg4d
江戸時代は誰も崇拝していなかった
以上



5 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 20:17:42 ID:oKypwnFT
このスレも食べ物スレに流用する?
別のにする?

6 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 20:20:50 ID:5h8Y7Uhy
前時代の遺物って事だな。

7 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 20:22:02 ID:EjBsXCeZ
外交関連ではそれなりに有効活用できるようなので、
敬っている振りくらいしても損は無い。

8 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 20:22:42 ID:dLVmdzwN
1>敬わなくていいよ。明治の捏造幻想だから。
もう嘘ばれてただの誇りだらけの汚い飾りもだから。
どっかへ蹴っ飛ばして川にでも転がり落ちればいい。

9 :チョウセンヒトモドキ共:2005/12/15(木) 20:25:00 ID:oKypwnFT
                       ._,,,,,,。,,、       广'x、   ,,、._    」'゙''i、
     ,,,,,_.,,,,、广゚┐     .,,,v―冖"~゛   ゙'i、      .ト  ,|,_  riゃ .}   .,i´ '冖i、
     .] ` f゙,l° ,i´     .゙l_ .y-┐ 'や'゙"゙’    _,,,vr"   .゙ト.゙'x,,,,广 ィ・'''゙~  .._,,v・゚ヒ''''・x、
     入、rУ ,iレ-v,,,、   .,r°."'''l゙  ,|√゙゚'i、   匸 ._  .y・'゙゚,,,v―-,  .:゚ーa  .√ ._,rll_  :}
  .,r''y|゛゙゙l..,i´ ,i"゙l,  .゙ト  ,r°,,,  ..,  ._,,vぐ    .`√ .,i´l广._,,,,,,,,i´  ,,i´ ,i´ ,「 .:| .~''''″
 .r″ .|゙l、 “ .,i″.yi入-イ  il∠i、.` .,メ|  |   」'ト   .,,i´ .,i´ ,, ̄      .[  .,i´.,,,,,,! .]_
 .゙l_,i´,レ  .'_,,,,レ ~''┐   .,r°.,i´.|  .|   ,l゙ :゙l、 ,,i´ ,i´ l゜.゚L__   .:―ヤ゚″_   :~''=、
   .,r″.,x=,,      .,i´  ,x'".,,x'″ .゙l、 ゙冖''″ .] |  .,i´ .゙l,    .~1   .゚L '゙〃 ,n, .,,}
  .,l彡'''″  .゙~"''''''''''"゜  .テ''~゛    .:゚'―---―・° ―″   .~''¬―'″    .:゚=_,r  


10 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 20:32:03 ID:dLVmdzwN
↑お前がか?

11 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 20:37:10 ID:FNM8Xab/
↑お前がだ

12 :氏ねチョウセンヒトモドキ:2005/12/15(木) 20:37:58 ID:oKypwnFT
>>10
日本語ちゃんと読め、ヒトモドキ…あっゴメンヨ、ヒトモドキにそんな知能無かったね♡

13 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 20:41:31 ID:Cm0WtSDI
良スレあげ

14 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 20:44:38 ID:zkFuInGw
>>1
マジレスすれば、

         前提が間違ってる

以上です。

15 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 20:44:56 ID:e3GBIdF5
現在の世界情勢に合わせてみると・・・

天皇陛下(emperor)≧ローマ法王(Pope)>英国女王(Queen)> アメリカ大統領etc(president)>日本国首相etc(premier)

 っつーわけで、天皇陛下が一番偉い。
 と、まで言わないが、世界で2トップのうちの一人なのよ。いや、マジで。

エリザベス女王だって天皇陛下と同席するときは上座を譲るし、当然アメリカ大統領
だって空港へホワイトタイで出迎えます。

ちなみにアメリカ大統領がこの歓迎の仕方をするのは、天皇陛下とローマ法王と英国君主のみ。
http://www.infosnow.ne.jp/~sevas/adult/japan/japan2.html

16 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 20:45:31 ID:dLVmdzwN
天皇いらね〜〜。
山口か薩摩で引き取ってくれ。頼む。。。
東京には、胡散臭くてブサイ一家必要ない。


17 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 20:46:15 ID:BRIUu7qq
>>15
ホワイトタイってガセじゃなかったか

18 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 20:47:23 ID:e3GBIdF5
まず、天皇陛下が普段なにをしてるかというと、お祈りしてるの。
 「国民が幸せになるように、日本が平和であるように」って。いやマジで。

ついでに言うと現存する最古にして最後の皇帝。
 文化的にも世界遺産並。

 そんな偉い人が国を行き来するもんだから、皇室外交っていうのは、外交官1000人分の威力があるとか言われるわけです。
 さすがに相手も気つかうしな。

 私見で言えば、世界的権威のトップ2の中にキリスト教徒ではない、しかも黄色人種がいるということは、世界の人種・宗教の
パワーバランスにおいて、大きな価値があるとも思ってます。

 天皇陛下いなければ、名実共に白人+キリスト教徒が一番偉い。
ってなことになってしまうしね。

 英国女王やアメリカ大統領でさえ敬う(うやまう)ってのに、
当の日本人ができないってのはどうよ?
http://www.infosnow.ne.jp/~sevas/adult/japan/japan2.html

19 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 20:47:34 ID:EjBsXCeZ
>>15
それは世界でも指折りの大国である日本の国家元首だからだよ。

ありえない仮定ではあるが、
孝明天皇が当時アメリカに行ったとしたって同じ扱いうけるわけ無い。

20 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 20:48:28 ID:eqpnCuOJ
朝鮮人には分からなくても仕方がありません。
気にしないで下さい。
ただ、特定3国以外の国は、皆さん天皇をお敬いくださっていて、お分かりのようです。


21 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 20:49:00 ID:zkFuInGw
ホロン部活動状況:
現在スレタイを埋める作戦中です。
良識ある皆さんは、ひたすらsage進行でお願いします。
また、同様のスレを発見した場合は住人への啓蒙をお願いいたします。
目に余る場合は、削除依頼をしてください。

ニュース極東板ローカルルール
◆ここは主にアジア(主に極東地域)のニュース・諸問題を扱う板です◆
・ニュース系スレッド以外にも、アジア情勢に関するスレッドや、アジアに関する議論、
アジア人論、アジアを良くする事などに関連するスレッドは存在を認めます。

★スレッド作成及び利用上の注意★
・削除ガイドラインをよく読んでスレッドを作成してください。
・一つの話題につき重複・既出スレッドを立てないでください。
・極東板でニューススレ、特定個人を語るスレを立てるときは、必ず根拠となるソースを掲げて下さい。
・糞スレ、度を越した煽り、荒らしは構わず徹底放置・速やかに削除依頼を出してください。

★極東板ではこれらの行為は禁止です★
 ◎著しく不謹慎・不道徳・下品・卑猥・呪詛的なタイトルを使用したスレッド
 ◎連続コピペや煽り目的のアスキーアート
 ◎個人のプライバシーに関する書き込みをする

22 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 20:49:34 ID:e3GBIdF5
>>19
まず、リンク先を読んでみよう。
>それは世界でも指折りの大国である日本の国家元首だからだよ。
アフォ

23 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 20:50:04 ID:Tfwrgo9u
必要などないだろう。
多数のアジア人を殺害した人物を敬うことはない。

24 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 20:50:05 ID:PCFsBFuo
>>1
ん〜べつに敬う必要ないよ。
だってお前日本人じゃないだろ?

25 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 20:50:46 ID:dLVmdzwN
15>笑わせるな。日本の天皇は日本国だけのエンペラー。裸の王様だ。
税金で細々食ってる日本の皇室に一目置くやつなんていなわ。
馬鹿馬鹿しい。英国皇室のように自分で稼げ。。。


26 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ :2005/12/15(木) 20:50:54 ID:FNM8Xab/
      ヽヽ〃 /
       ヽ〃   プシュ!
      ( _)
       | |  シコシコ・・・ シコシコ・・・
       | | /⌒⌒⌒ヽ/~ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
     /⌒ヽ⌒ヽ___   |  ∴ヽ  3  )
     /  ゝ      |
    / ID:dLVmdzwN)(9     (` ´) )j
   /  丿ヽ___,.───|彡ヽ ―◎-◎-|
  /   )           (   Y ̄ ̄ ̄ ̄)
 / _/           \____/


27 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 20:51:01 ID:e3GBIdF5
      r ⌒ヽ
     (´ ⌒`) ムカッ!!
         l l
 カタカタ ∧_∧    
     |<`Д´# >   
   _| ̄ ̄||_)_  
 /旦|――||// /|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| .

28 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 20:51:04 ID:BRIUu7qq
清の皇帝は英国女王より偉かったんですかい?

29 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 20:51:59 ID:EjBsXCeZ
>>22
ああそうか、天皇は象徴であって国家元首ではなかったな。

30 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 20:54:30 ID:ImklHAuj
ありえない仮定に意味はないな。
孝明天皇の頃はまだ天皇は「emperor」ではなかったんだよ。
初めて天皇が「emperor」として認められたのは日英同盟が結ばれてから。

31 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 20:54:46 ID:UR6zfnPn
>>28
英国の王はムガル皇帝を倒した実績があるので
そこいらの国王よりは格上で皇帝クラスの扱い、
という話を聞いたことがある。

32 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 20:56:46 ID:e3GBIdF5
>>31
それでも天皇陛下に上座を譲るんだから何をかいわんや

33 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 20:57:28 ID:BRIUu7qq
すると日本はイギリスに負けたから
イギリス王>>>>>>>天皇となる

34 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 20:57:49 ID:EjBsXCeZ
そもそもおかしな話なのは
東洋思想で皇帝か王か、と言う意味では皇帝なのかもしれんが、
英訳するのならemperorではなくkingだぞ。
血統で継ぐのがkingでemperorは武力で勝ち取るものだ。ナポレオンみたいに。
覇道ですね。

35 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 20:59:16 ID:ImklHAuj
>>33
具体的にいつどの戦いで負けたよ?

36 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:00:13 ID:e3GBIdF5
まあ、何を言っても英国女王が上座を譲っている事実があるわな。


37 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:02:00 ID:EjBsXCeZ
>>36
だからソレは大国の皇帝だからだろう。
将来的に日本が3等国家に成り下がっても同じ扱い受けるもの?

38 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:03:37 ID:e3GBIdF5
>>37
君は「位(くらい)」というものを理解してないね。
それからありえない仮定を語るのは詭弁のガイドラインの何番だっけ?

39 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:04:19 ID:e3GBIdF5
イギリスは今、何等国家だねw

40 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:04:44 ID:3Ew5hlLx
>>37
革命前のエチオピア皇帝は日本の天皇より格上扱いだった。
つまり国家元首の格と国の格はイコールではない。

41 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:04:54 ID:BRIUu7qq
まあ天皇を敬う必要はないね

42 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:05:38 ID:e3GBIdF5
>>41
ちょーせん人には関係ないからね。

43 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:06:00 ID:ImklHAuj
>>37
EUなんて連合しなきゃならなくなったイギリスなんかもはや三等国家じゃんw

44 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:06:11 ID:EjBsXCeZ
>>40
じゃ何で決まるのだ?

45 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:06:38 ID:e3GBIdF5
無知なチョーセン人が多いスレだなw

46 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:09:04 ID:ImklHAuj
>>44
皇帝という位に決まってんじゃん

47 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:09:26 ID:BRIUu7qq
大韓帝国ってのもあったよな

48 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:10:12 ID:zkFuInGw
>>45

>>21

>>1がスレを立てて、2〜3人で自作自演を行って、この時間帯age進行をしているんだと思います。
日本人であれば、「個人の自由」で決着するので自作自演とおもわれ。
また、>>1(ID:OEllsH6x)は、スレを立てて逃げてますので。


49 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:10:23 ID:EjBsXCeZ
>>46
いやそうじゃなくて、エチオピア皇帝と日本の天皇との格の上下は何で決まったんだ?

50 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:11:07 ID:3Ew5hlLx
>>44
エチオピア皇帝が尊重された最大の要因はソロモン王にまで遡れる
由緒正しい系図があったから。

51 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:11:53 ID:ImklHAuj
>>49
歴史じゃない?
確かエチオピア皇室は日本の天皇家より昔からあったはず。

52 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:13:14 ID:e3GBIdF5
>>48
なるほどね〜w

53 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:15:26 ID:BRIUu7qq
個人の自由ってことで終了。

54 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:16:45 ID:s91HVzcQ
エチオピア王家は天皇家とは違い万世一系ではなく、まったく血の繋がりのない人間が帝位についたこともある

55 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:18:37 ID:Tg//xmj9
天皇は徳の象徴。
天皇個人をウヤマウのではなく、自分の徳心を人間にみたてて
敬う。
仏像や神棚について「あんなん敬う必要あるの?」という疑問を持つのと
同じことを質問している。
近所のガキにこう聞かれたらなんと答えるかを考えれば
1の質問に対する答えも同じ。


56 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:19:47 ID:e3GBIdF5
ここはいい教育スレになったな。

57 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/15(木) 21:20:09 ID:ZAjzBRGo
今どき徳なんて儒教の概念で語っても仕方ねえけどな。

58 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:20:41 ID:pdiMEfNT
>>1
国家元首なんだから敬うのが普通

59 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:22:02 ID:pdiMEfNT
あカットワリを久々に見たw

60 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:23:54 ID:EjBsXCeZ
>>58
英国王室って敬われてるのか?
御茶の間にはスキャンダルしか流れないから英国人の本音は分からん。

61 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:25:34 ID:s91HVzcQ
>>60
当たり前だろ
ああ見えても、英国王はイギリス国教会の長

62 ::2005/12/15(木) 21:26:42 ID:OEllsH6x
個人の自由つっても税金から皇室費みたいのが使われてるんでしょ?
元をただせば突出した豪族が現在も敬われてる(国の姿勢として)のを疑問に思ったわけよ。
>>15の「偉さ」とか「格」とか今時重要視するものなの?
>>55
だから天皇も神棚とか仏像と同じで、いち宗教法人で充分じゃないの?


63 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:27:00 ID:BRIUu7qq
こないだチャールズ皇太子がハリケーンの被災者に会いに行ったら冷たくもてなされたらしいけど

64 :擬古侍(ポチ保守は米牛食って狂え) ◆lIberAli6k :2005/12/15(木) 21:27:01 ID:YtbJEmrQ
統計的にみて、発展途上にある国のほとんどが共和国制をとっている。

65 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:27:44 ID:BRIUu7qq
統計的にみて、犯罪者のほとんどが米を食っている。

66 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:30:06 ID:Wy8EED0N
共和制を「進歩的」と見なす行為は、単なる20世紀的「流行」であり、
根拠の無い「信仰」に過ぎないわけだけどな。

そう言えば北朝鮮も「共和制」だが、天皇以上の強権を持ったカルト教祖が、
しかも世襲で国を支配しているなぁ。

67 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:31:52 ID:e3GBIdF5
>>1
>元をただせば

そりゃ、なんだって元をただせばたいした物はないよw
なぜ、元をただそうとするんだね?

お前は皇室に税金をいくら払っているんだ?

68 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:32:12 ID:EjBsXCeZ
>>66
共産主義の間違いじゃないか?

69 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:33:51 ID:s91HVzcQ
スペインとカンボジアは王制が復活した
スペイン王家なんか元はフランス人なのに面白いもんだ

70 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:34:14 ID:e3GBIdF5
>>62
>>>15の「偉さ」とか「格」とか今時重要視するものなの?

の答えは>>18に書かれている。
自分の立てたスレくらい丁寧に読もうや。 な。

71 :市民派護憲教師 ◆j0Oon93KwY :2005/12/15(木) 21:34:17 ID:08huOo+t
ありませんよ。絶対に。人は生まれながらに平等です。

72 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:35:11 ID:FNM8Xab/
    ∩___∩   /)
    | ノ      ヽ  ( i )))
   /  ●   ● | / /
   |    ( _●_)  |ノ /   ウリンラファンタジーまみれの糞クマ――!!
  彡、   |∪|    ,/
  /__  ヽノ   /´
 (___)     /
    ヽ      /
     /  /\ \
    /  /    )  )
   / /   (  \
  (_/     \_)

73 :氏ねチョウセンヒトモドキ:2005/12/15(木) 21:35:40 ID:oKypwnFT
>>71
死民派護憲教師!貴様は、引っ込んでろ!邪魔だ!

74 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:36:12 ID:X3rYPM7T
>>71
法の下の平等と混同してないか?
あんたそんなんでよく教師とか言ってられるな
もう一回大学行った方がいいんでないの?

75 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:37:11 ID:e3GBIdF5
>人は生まれながらに平等です。

皇室以外はね。

76 :市民派護憲教師 ◆j0Oon93KwY :2005/12/15(木) 21:38:10 ID:08huOo+t
>>74 自然権について勉強しなさい。

77 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:39:03 ID:oKypwnFT
>>76
死民派護憲教師!!


   ハ   ウ   ス   !!

78 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:39:04 ID:s91HVzcQ
日本で始めて平等、和の心を説いたのは聖徳太子
それは「天皇の下に民は皆平等」という考え方だった
それが日本の今の平等社会を生み出したと言える

79 :市民派護憲教師 ◆j0Oon93KwY :2005/12/15(木) 21:39:34 ID:08huOo+t
私達は国家が作り上げた幻想に騙されてはいけません。私達の権利は国家より上位にあるのですから。

80 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:39:42 ID:n1WNTP5m
>>76
つ【国民統合の象徴】
似非教師が大好きな日本国憲法の骨子の一つだがw


81 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:39:45 ID:EBka+SaO
護憲なら天皇を尊重するのは当然だろw

82 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:40:18 ID:e3GBIdF5
>>76
>自然権

皇室には関係ない外国の思想だね。

83 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:40:21 ID:Tg//xmj9
ええと
あまり理屈で語る部分では無いものもあるのだが一応ツッコむと
『徳』は別に儒教固有の概念ではない。五徳のことかと思うが、仏教でも『功徳』という
言葉があるし、欧米にも該当概念がある。普遍的な概念。

>>62
仏像・神棚の例は、単なる制作物ですら宗教的に意味を持つという話。
"法人"というのは税制上で個人に対して一組織も個人として擬人化することで
経済を円滑にするための法律用語。
色をたずねられて数を答えるようなもの。

84 :市民派護憲教師 ◆j0Oon93KwY :2005/12/15(木) 21:41:40 ID:08huOo+t
皇室なる疲弊し、市民の興味も失い、歴史も汚した存在は、そろそろ平和的に退場して頂く時期です。

85 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:42:49 ID:oKypwnFT
>>84
おい、死民派護憲教師、貴様、北朝鮮に住んだらどうだ?
誰も止めないぞ。

86 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:42:55 ID:X3rYPM7T
>>76
自然権って人間が生まれながらに持ってる権利の意味じゃないのか?
平等とは違う意味だったような・・・

87 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:43:02 ID:e3GBIdF5
>>84
>皇室なる疲弊し、市民の興味も失い、歴史も汚した存在は、そろそろ平和的に退場して頂く時期です。

>>15>>18で既に論破。

88 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:43:59 ID:X3rYPM7T
自分で市民派とか名乗ってる奴って情けないよね

89 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:44:10 ID:e3GBIdF5
自然権はヨーロッパの人権思想。
皇室とは何の関係もない。

90 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:45:07 ID:s91HVzcQ
注※教師は既にクビになったらしいwwwww

91 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:45:48 ID:e3GBIdF5
市民派護憲無職?

92 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:45:52 ID:oKypwnFT
注※狂師は、女房にも逃げられたwwwww

93 :擬古侍(ポチ保守は米牛食って狂え) ◆lIberAli6k :2005/12/15(木) 21:46:09 ID:YtbJEmrQ
いつくしみます大君の
深き仁慈を仰ぎては

94 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:46:58 ID:e3GBIdF5
市民派護憲ぼろ雑巾?

95 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:47:09 ID:PnmZMQ69
>>88はどうみても在日チョン公

96 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:48:23 ID:X3rYPM7T
>>95
何故?

97 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:50:06 ID:EjBsXCeZ
>>87
それについては異議あり。
>>15 >>18 は海外での天皇の取り扱いであって、
(日本)市民の興味の有りや無しやは関係無い。

98 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:50:50 ID:oKypwnFT
>>91
死民派護憲教師は、元は、どこかの公立小学校の狂師。
小学校クビになって、女房にも逃げられて、今は、自称サラリーマンらしい。

99 ::2005/12/15(木) 21:55:06 ID:OEllsH6x
天皇だけ特別扱いってのはおかしくね?
創価学会の会長とかと同列でも良いんじゃないの?


100 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 21:55:52 ID:e3GBIdF5
>>99
はいはい、クマクマ

101 :神をた:2005/12/15(木) 21:58:48 ID:dtZiKjYc
別に層化の会長でも良いんだろうが、いかんせん歴史が足らない。
天皇陛下のランクになるにはそれなりの歴史と実績がないと。

102 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 22:01:24 ID:pdiMEfNT
>>99
層化では犬作先生が日本の国主w

103 :擬古侍(ポチ保守は米牛食って狂え) ◆lIberAli6k :2005/12/15(木) 22:21:02 ID:YtbJEmrQ
たまごが先か、にわとりが先か

とよく、議論されるが、

天皇が先か、国民が先かで言えば、天皇が先なのだ。

104 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 22:25:16 ID:8K3kOqU8
日本史を少しでも知ってるなら尊敬に値する存在だとは思う。
天皇=神と言うわけじゃないが、人間として尊敬する。
ひめゆりの塔事件での両陛下の器の大きさには正直度肝を抜かれた

105 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 22:27:33 ID:EGbx9dF1
>>103
(´^ω^`)よく言ったぉ!


(´^ω^`)禿同だぉ!

106 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 22:27:49 ID:EjBsXCeZ
日本史を少ししか知らないと、
騒動の種くらいにしか思えんが。

107 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 22:31:22 ID:8K3kOqU8
>>106
そうだな。ただの税金喰らい程度の見識しか持てない、いや持ち得ないだろうな。
それを子供たちに教える側のハズの日教組を初めとした教育界が教えようとしないし。
彼らの罪は大きいね。今まで何を勉強してきたのか疑う

108 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 22:49:26 ID:h6EP1z1h

      r ⌒ヽ
     (´ ⌒`) ムカッ!!
         l l
 カタカタ  ∧_∧    
     |<`Д´# >     天皇って敬う必要あんの?
   _| ̄ ̄||_)_  
 /旦|――||// /|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| .


109 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 23:07:38 ID:sOs72ElC

           .,.v-ー''″ ミ,
         ,,/  ,,,,   ミ
       .,/   ,,|||||||,,  ミ.
       ,!′  ,,||||||||||||| .゙゙!;
      ノ   |||||||||||||||||  ゙`!;        日本人だけの特権!
      .\.,  "|||||||||||||"   ..ミ            世界の中心で天皇陛下万歳を叫ぶ!
        .\  "|||||||" ,.,v-r|i
         )   ""  ./ ′ .ミ,
         .)    .,r'′   ミ.
          .゙'ー‐'¨¨″     フ∧_∧
                    r(,,゚Д゚)
                     〉日本つ
                    ⊂、 ノ
                      し'

     天 皇 陛 下 万 歳 !

日出づる処の極東板より
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1127163463/

110 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 23:15:43 ID:5h8Y7Uhy
>>109
将軍様万歳と何が違うんだよw

111 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/15(木) 23:20:29 ID:vP+gWad3
>>110
ウヨたん的には歴史があるってのが違いだと思ってんだろ。

112 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 23:25:02 ID:oKypwnFT
別に敬いたくないんなら敬わなくてもイイヨ → (○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ

113 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 23:26:34 ID:EjBsXCeZ
皇室にだって最初はあるわけで、
初期の天皇はどうしていたのだろう?
史実として遡れるのは1800年くらいまでだっけ?

114 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/15(木) 23:31:22 ID:vP+gWad3
当たり前だ。
会った事もねえ赤の他人を敬う理由はオレにはねえからな。
昔の支配者が為政者の権威となり「たまたま」今国の象徴とされてるだけだからな。

115 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 23:35:58 ID:oKypwnFT
>>114
だったら、放っておけば?

116 :擬古侍(ポチ保守は米牛食って狂え) ◆lIberAli6k :2005/12/15(木) 23:36:40 ID:YtbJEmrQ
たまたま 0 【▽偶/▽偶▽偶/▽適】


(副)
(1)偶然。ちょうどその時。
「―来合わせていた」「―目撃者となる」
(2)まれに。時おり。
「―しか会えぬ」「―の逢瀬」

世界一長く続く皇族に対して、たまたまとは日本語を少しは勉強してから
発言しろ。まあリテラシーが低いのだからしかたないかw

117 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/15(木) 23:37:59 ID:vP+gWad3
たまたまだろ。
天皇の消滅の可能性なんて歴史上何度もあったんだから。
運河よかっただけ。そんだけ。

118 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 23:39:29 ID:yzHFKK6t
今ある3種の神器って偽者だよね?壇ノ浦で安徳天皇と沈んだんでしょ?

119 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 23:40:43 ID:Tg//xmj9
行ったこともないエジプトのピラミッドを見て「スゲー」と思うくらいの感覚でいいのだ。
何か本気で酔い痴れたい物を探し過ぎなのだ。だから否定したくなるんだ。
有っても無くてもよいが有った方がいいな、くらいの肯定でいいのだ。
いきがかり上の義理に命を賭けるかどうかは
個々の人としての意地次第。

120 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 23:41:41 ID:Wy8EED0N
:(○´ー`○)はカワイイ か・・・。

コイツも数ヶ月前までは、結構「正論は正論として認めるソフトリベラル」
って感じを装ってたんだが、結局、教師やケザワと大して変わらない、ただの煽りキャラに
堕しちまったな。w

121 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 23:42:04 ID:2lCt/YXh
>>118
そもそも三種の神器って実在するのかよ。
誰も見た事無いんだろ?

122 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 23:42:33 ID:aRXl2FcM
天皇消滅の可能性があったのっていつだよ。

123 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 23:42:49 ID:qYzixLFN
浩宮天皇と敬宮天皇は敬えねえな

124 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 23:44:45 ID:PCFsBFuo
>>117
たまたまといえばたまたまだな
さまざまな偉業を成し遂げた人々もそう称されることがある

大抵こういうこと言う奴は、何故その人は偉業を成したのか、なぜ天皇家は存続しえたのか、という解析はしない
する気さえないのだろう
よって低脳が多い

125 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 23:46:04 ID:5h8Y7Uhy
>>116
必然的に今の国の象徴ってかw
そりゃ神様だもんなw

126 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 23:46:21 ID:Wy8EED0N

称徳天皇と弓削道鏡の「偽神託事件」が、危機としては最大だったかなぁ・・・。

もっとも、陰謀は和気清麻呂によって潰された、ということになってるが。

127 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 23:47:09 ID:qYzixLFN
>>122
第26代継体天皇、第102代後花園天皇、第119代光格天皇は、皇統断絶を救った天皇と言われている。

128 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 23:49:09 ID:PCFsBFuo
>>125
必然と言えば必然
現在の出来事は全て1秒前の状態によって決まっているといっていい
それをさかのぼっていけば何億年も前から既に決まっていたことである

だからどうしたって事も無いけど

129 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 23:49:12 ID:2lCt/YXh
南北朝時代、
誰も見た事もない、真偽の確かめようも無い三種の神器の奪い合いに、
日本中巻き込んで二分させ殺し合わせていた。
面倒臭いから両方とも潰しちまえとは誰も思わなかったのかね?

130 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 23:49:47 ID:Wy8EED0N
あと、壬申の乱で天武系に乗っ取られたときは、
奈良時代末の光仁天皇が天智系として復活するまでは、断絶してたんだよね。

天武が天智の弟というのは、まず嘘だから。(たぶん、皇族ですらなかったはず。)

131 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 23:51:32 ID:qYzixLFN
後桃園天皇の死後1ヶ月弱は天皇がいなかったことがある。なので一旦断絶したんだな。

132 :擬古侍(ポチ保守は米牛食って狂え) ◆lIberAli6k :2005/12/15(木) 23:52:12 ID:YtbJEmrQ
>>125
たまたまは、偶然や、その時にチラットと言う程度のことであり、
長く続く皇室にはそれは当てはまらないといったのです。
歴史や文化が成り立ってる上にはある程度の一貫性を認めることも重要である。

133 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/15(木) 23:54:23 ID:vP+gWad3
>たまたまは、偶然や、その時にチラットと言う程度のことであり、
勝手に言葉の定義を決めてるしw
オマイは金田一かよ。

134 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 23:56:21 ID:ZGvI0HKU
日本文化の背骨なんだからへし折ったらいかんだろ。
代々続けていくべき。

135 :日出づる処の名無し:2005/12/15(木) 23:56:32 ID:qYzixLFN
明治天皇偽者説が正しければ、現在の皇族も旧皇族もインチキになる。

136 :擬古侍(ポチ保守は米牛食って狂え) ◆lIberAli6k :2005/12/15(木) 23:59:38 ID:YtbJEmrQ
たまたまで、すべて批判してしまうことは、

すべての国の伝統文化がたまたまの産物であり、

文化否定である。

たまたまの定義を決めてるのは私ではなく、日本語の使用の問題。

137 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 00:03:03 ID:Wy8EED0N
>>135
何か、「徳川家康・影武者説」とか「天海大僧正・明智光秀説」を思い出すなぁ。w

138 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 00:18:51 ID:Mz0c54Ym
>>129
誰も見たことないのか!?知らんかった・・
足利尊氏は光明天皇に偽の三種の神器渡しといて鎌倉に連れて来させたって習ったけど

139 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 00:20:32 ID:Mz0c54Ym
明治天皇の前の孝明天皇は暗殺説があるな。タイミング良く死にすぎ

140 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 00:22:53 ID:ysFfTIMM
徳仁皇太子はインポ種無し説があるな。

141 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 00:23:19 ID:YJHr5Vo2
>>139
諡名に「徳」の字がつく天皇の死は、全て怪しい。と言われてるけどね。

142 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 00:26:13 ID:KbCjIFP+
>>138
天子様以外が見ると目が潰れると言われていたらしい。
中には興味本位で見た奴も居たかも知れんが。

143 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 00:29:50 ID:FDZc7b81
三種の神器が有るのは日本とユダヤだけ、
んで、日ユ道祖論がからみ、イスラエルの三種の神器が渡ってきた
っつう説があるのを御存じ?

>118
草薙の剣は流れ着き、熱田神宮に祀られているんじゃなかったっけ?

144 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 00:36:51 ID:z6A9HXq6
皇太子はインポではないよ。種の有無はわからんが。
高校の修学旅行のとき、皇太子だけ別室で泊まっていて、
クラスメイトから、部屋でなにしてたのか聞かれたら、
真顔で「オナニーしてました」と答えたのだから。

145 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 00:44:38 ID:eL5iviqp
都市伝説乙

146 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 00:47:01 ID:KbCjIFP+
第十一代垂仁天皇の頃、鏡と剣のみは模造品を造って、本物の方は伊勢五十鈴川のほとりに移され、
さらに剣は第十三代景行天皇の御代、日本武尊が尾張の熱田に移された、
 この時点で天皇家にある鏡と剣は模造品。
後に源平の壇ノ浦で神器は全て安徳天皇とともに西海に沈み、後に神剣は伊勢より本物の剣を取り寄せる。
 なぜか熱田ではなく伊勢。
鏡と勾玉は海中より浮かび上がって京へ回収。
順徳天皇著『禁秘御抄』に、伊勢から来た神剣は『普通蒔絵也』とあるそうな。

ソースが大衆娯楽小説なので真偽は怪しいが。

147 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 00:53:04 ID:YYW0eN0G
どうでもいいいけど
今日のミリオネアに明治天皇のお写真が出てたけど見た人いる?
すごぃいい男だね、惚れ惚れするよ・・・
早速写真でぐぐって保存しましたv

148 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/16(金) 00:59:51 ID:vqR4wyMv
明治天皇の写真なんて歴史の教科書に載ってたじゃん。


149 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 01:00:11 ID:Mz0c54Ym
>>143
初めて聞いたよ。
>>146
そういえば安徳天皇も生存説あったの思い出した
>>147
つうか明治あたりの著名人ってみんないい顔してない?
大隈とかの若い頃すげぇイケメンだし。黒田清隆はホモにもてそうな感じw
植木枝盛はジャニーズ系


150 :もはや日本人 ◆hWTRfNABt6 :2005/12/16(金) 01:02:08 ID:ZF8uhcZm
明治天皇って薩摩と長州のあやつり人形だった人の事か?

151 :邪馬台国侍 ◆G5PYesuXOc :2005/12/16(金) 01:13:17 ID:Hjj3qSPJ
>>150
おまえ全然日本人じゃないじゃん。

152 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 01:17:06 ID:Mz0c54Ym
あったあった
黒田清隆
ttp://www.ndl.go.jp/portrait/datas/71_2.html
大隈
ttp://www.e-obs.com/rekisi/sentetu/yanoryukei/jinmei/images/ookuma.jpg

153 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 01:18:57 ID:hTOHKdsV
>>150祖国にかえれ

154 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 01:33:04 ID:jrrdKNty
つか、天皇が誰かの操り人形でなかったことなんかあるのか?
さもなければほっぽらかしか、どっちかだろう。

155 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/16(金) 01:36:24 ID:vqR4wyMv
>>150
即位した頃はまだガキだったから操り人形レベルだったろ。
だが明治中期くらいから積極的に政治発言をするよ〜になったそうだ。
これは教育係の儒学者だった元田の影響が強かったよ〜だ。

156 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 01:56:53 ID:0IMjSbgC
つーか、
あんまり政治的発言されても弱るんだけどね。

その言葉は絶対の重みがあるから。

157 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 02:03:37 ID:cKjbKAKN
400年間皆の手で維持されてきた建物や茶碗は国宝として崇め大切にするのに
2000年間皆の手で維持してきた家系は敬えないって変じゃね?

158 :もはや日本人 ◆hWTRfNABt6 :2005/12/16(金) 02:05:28 ID:ZF8uhcZm
大正天皇は知能障害だったし、
昭和天皇の愚妻は性悪だったし、
皇后は、失語症だし、
皇太子妃は、うつ病患者だし、
日本の皇族って・・・・・

159 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 02:06:25 ID:0IMjSbgC
家系というか血筋ね。

権威たる魅力をもつ物語を維持する役割を担う一族の血筋、
から選ばれた天皇。

160 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 02:10:27 ID:48wIa959
>>158
ぶっちゃけ侮辱罪で訴える事も出来るかもね。
アンタの発言は
何か、人間として醜い

161 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 02:11:20 ID:0IMjSbgC
言葉から人柄というか、
品位がうかがえますね。

162 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 02:14:25 ID:Oc0zc6Nx
>>157
ワロタ

163 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 02:17:03 ID:jrrdKNty
国のトップが賢愚に関わらず血筋だけで選ばれると言うのは気に入らん。

164 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 02:17:06 ID:cKjbKAKN
>>159
まあどっちでも良いよ、そういう理屈や理由も
権威も魅力も皆が守ってきたからこそ

こういうことを言うと怒る人も多いだろうが、
骨董品と同じ
維持していく理由も
潰しちゃいけない理由も

165 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 02:19:42 ID:Y3yzcOzp
知能障害の人と性悪の人と失語症の人とうつ病の人に失礼。
特に皇后の失語症?だとしても普通の病気。これを悪口と考えるなら
お前が性悪

166 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 02:20:25 ID:Y3yzcOzp
お前=も日

167 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 02:23:51 ID:cKjbKAKN
>>163
だからこそ権威と権力を分けてるのでは?

168 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 02:24:31 ID:0IMjSbgC
伝統文化の継承者が、
賢愚に関わらず血筋だけで選ばれると思うのは、
気に入らない・・・かな?

つってもなぁ・・・。

169 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 02:25:50 ID:0IMjSbgC
・・・どっちかっていうと、
伝統文化を血筋で継承するのは、
ごく自然なことのような気がするんすけど。

170 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 02:26:06 ID:K5ms6zvl
(`・ω・)>>158はまるで障害者差別大好き民族の発言だぉ!

(`・ω・)その民族は天皇を認めたくないから日王と呼んで侮辱してるんだぉ!


(´・ω・`)他国や他人を貶めてばかり・・・


(´・ω・`)・・・なんか>>158が哀れになってきたぉ

171 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 02:28:07 ID:Y3yzcOzp
血統第一主義が嫌ならダライラマみたいに毎回生まれ変わりを探しに行け。
どう考えてもどっちもどっちだが。結局周囲の意識で決まっているもの。
絶対的なゆりかご的安心感な思想を求めるのはやめろ。
血統制で成立しているのだから血統制で良い。それだけ。

172 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 02:29:25 ID:0IMjSbgC
・・・す、すまん。

もうちょっと点を入れてくれるか。

173 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 02:29:36 ID:cKjbKAKN
国のトップってのを
米大統領や中世西欧の王をイメージして語ってるから
血統で決まるのはおかしいとか言ってるのでは?

174 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 02:30:24 ID:jrrdKNty
伝統文化なんてソレこそ能力で継承だろう。
絵画にしたって陶芸にしたって歌舞伎・能にしたって。
様式は受け継がれても血統は耐えるなんて珍しくないぞ。

175 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 02:30:46 ID:Y3yzcOzp
悪、い、
勢、いで、書、いてしま、っ、た

176 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 02:31:40 ID:0IMjSbgC
・・・うぐぁ。
いや、俺が悪かった。w

やっぱこの話題って、
勢いつくわな。

177 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 02:32:15 ID:K5ms6zvl
>>165
じゃあ最初から持ち出すなよWWW


何が言いたかったの?

178 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 02:32:50 ID:Y3yzcOzp
その能力は誰が判定するのだ。
判定文化を受け継ぐ世襲の判定員か何かか。

179 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 02:34:31 ID:48wIa959
他国が羨む日本が誇る、究極の外交カード、それ即ち「皇室外交」。
アメリカ大統領だろうがイギリス首相だろうが、陛下には逆らえぬ。
時の英国王より我が天皇の方が在位が長かったとしよう。
当然英王は天皇に上座を譲る。逆も然り。
(昭和天皇時代は天皇が上座、今上天皇、つまり現代はエリザベスが上座)
白人社会を統べるローマ法王とて、天皇は無下に扱う事は罷りならない。
時の法王が来日時、自ら皇居に出向いて謁見を求めたという話がある。

天皇陛下を日本国に頂く事を日本人は誇りに思うべし

180 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 02:36:21 ID:Y3yzcOzp
いや、俺の文章自分でもわかりづらいとよく思う。
句読点の打ち方が下手なのだ。日本びいきの日本人でも日本語は下手なのだ。
まだまだ日本修行が足りねえ。

-----
>>177
持ち出し・・??
お前こそなんだ?


181 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 02:36:33 ID:K5ms6zvl
>>158
チョウコウじゃそんな事教えてるの?

182 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 02:37:03 ID:0IMjSbgC
能力に関しては、
替えがきく部分に限ったほうが、
全体としては安定すると思う。

183 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 02:39:42 ID:K5ms6zvl
>>180
ごめん誤爆だった

もう消えるから勘弁して

184 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 02:42:02 ID:0IMjSbgC
敬う「必要」が必要かどうかよりも、
敬うことができる幸せ、

ってのをつくづくと感じる。

日本は良いなぁ。w

185 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 02:42:50 ID:jrrdKNty
法皇はシステムは詳しくは知らんが選ばれた人だから、キリスト教信者で無い俺にも「ああ偉い人なんだな」
と思えるが、天皇と英国女王は能力とは一切無関係だから何の畏敬の念も湧かん。

186 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 02:46:20 ID:0IMjSbgC
つまり、畏敬の念を抱くには、能力が必要なのだという主張かな。

187 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 02:47:08 ID:cKjbKAKN
なぜ能力を求める?
文化を直接受け継ぐのは天皇ではない
多少は受け継ぐだろうが基本は
皇室〜 皇宮〜 だとか 皇室御用達 だとか
直接文化を受け継いでいく人たちに
権威を分け与える
それが天皇による文化の伝承ってことでしょ?

188 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 02:49:09 ID:Rj72+ilJ
>>185
子供にはそれで十分。大人にならないと分からない事柄もあるんだから、あせる必要はない。


189 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 02:50:36 ID:jrrdKNty
>>186
そうだよ。
そして天皇や皇族に某かの能力が有ったとしても、
それを顕示できない立場にある。
なら居ても居なくても同じだ。

190 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 02:51:16 ID:0IMjSbgC
天皇が具現化する物語が魅力であり、
それが権威なんだわな。

・・・つか、伝統的権威としての王様に関してだけど、
「ムーミンパパの思い出」だったかで、ムーミンパパが、
いいこと言ってる。

ちょっと見上げることのできる存在が、
あることの幸せというか。

・・・まあ、その後で実際に王様にあって、
そのあまりにも庶民的すぎるところに、
ちょっと不満を持ったりもしてるんだけど。

まあ、北欧だしなぁ・・・。

191 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 02:57:14 ID:Y3yzcOzp
>>183
いえ、間違いなら全然。

------------------
能力とは果たしてなにのことでしょう。
人間を絶対的に区別できる要素の能力ってなんだ?
それこそ危険な発想に近付いていると思う。
むしろ差別的。また、胡座で空中に浮く能力のあるものが、
トップになれるどこかの某団体のよう。

192 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 02:57:33 ID:cKjbKAKN
>>189
権威は酒
天皇は樽

そう考えたらダメかね?

193 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 03:05:45 ID:cKjbKAKN
時代時代の人が
天皇という樽から権威という酒をいただいて行く
減った樽に尊敬畏敬という材料を注いでいく
そうすると熟成され権威という酒に変わる。

194 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 03:09:19 ID:HG/RWmSB
>>185
君はそういう考え方かもしれんが、
権威というハッタリが好きな人種はけっこういるんだよ。
日本だけじゃない、海外にも大勢ね。
割合で言ったら、むしろ海外の方が多い。

で、そういう連中にハッタリきかすために
皇室が存在してると便利なわけ。

195 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 03:09:53 ID:xdElMiF1
>>1
おい、一体どうしたんだマイケル?

196 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 03:10:44 ID:HG/RWmSB
だからぶっちゃけ、本気で敬う必要はない。
ただ、敬ってるふりはしとかないと、ハッタリの威力が薄れる。
それだけのことです。

197 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 03:16:43 ID:jrrdKNty
天皇と言うのは国のトップなんだから、
なぜ過去に滅ぼして成り代わろうとした奴が居ないのか不思議でしかた無い。

>>194
天皇そのものを敬っているのではなく、
天皇が外に与えられる効果を敬っているって事かな?
それなら未だ理解できなくは無いが。

198 :わがままな遺伝子 ◆0bNY21/WAs :2005/12/16(金) 03:18:42 ID:IEwmS3Tj
天皇家と皇居はすごい観光資源なんだよね。
東京には浅草と秋葉原以外ほとんど観光資源がない。
これから皇居に多数の観光客を招いて、天皇家にはさまざまな伝統儀式のパフォーマンスをしてもらう。
美智子と雅子のバトルなどもいいだろう(脚本橋田壽賀子)。
東京ディズニーランドに負けない観光スポットになることは間違いない。


199 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 03:20:57 ID:HG/RWmSB
>>197
>なぜ過去に滅ぼして成り代わろうとした奴が居ないのか

日本人は「影の実力者」「名目上ナンバー2だけど実質トップ」が好きだから。
んで、絶対権力者が嫌いだから。名目上のトップが実際の権力も
握ってしまうと、確実に突き上げられる。

200 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 03:24:00 ID:0IMjSbgC
・・・あのさ。

ハッタリ云々言うなら、
モナリザだろうが、叫びだろうが、
価値なんて無いんだよ。

米は食えるから価値があるけど、
絵画や音楽は、何も価値がないけど、
価値があるふりをしてるだけだと、

そういうことになるが。

201 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 03:30:09 ID:0IMjSbgC
つか、まあ、正直に言うと、
おれも、ちょっと前までは、
意味とか価値とかばっか考えてたわけよ。

なんか、理想主義的というか、
進歩主義というか、左っぽいというか、
ぶっちゃけ、若気の至りだわな。

で、そういうことを突き詰めると、
どうしても、人間が生きてること時代の意味や価値は、
まったくない、という結論に達しちゃうんで、
ジレンマに陥ってたわけね。

でも、あるとき、
ふっと、なんか突き抜けたわけよ。

人間が生きることには、意味も価値も無いし、
そもそも、そんなものは、まったく必要じゃないんだわ。

どうあろうと自由だし、だからこそ、自己を律する必要がある。
克己心ってやつな。

道徳がなぜ必要なのかも、それで分かったんだが、
こりゃ、口で説明しても分からんから、どうしようもない。

そのうち、分かる奴は分かるし、
分からん人は、求道を続けるんだろうて。

202 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 03:30:40 ID:0IMjSbgC
訂正:時代→自体

203 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 03:40:31 ID:0IMjSbgC
単純な話、
動物であるヒトの機能にすぎない我々ニンゲンにとって重要なことは、
本当の意味だの価値だの、どこかにあるに違いないと仮定している何かを求めても、
それこそ、意味が無いってことだわさ。

合理主義も、つきつめれば、
自殺するのが最も合理的ってことにしかならない。

重用なのは、
自分は何者であるか、漠然と答えが降りてくるのを待ってても、答えは絶対に得られない。
為すべきは、自分は何者であるべきかという理想を持って、それに努力することなんだわ。

意味や価値を決めるのは、自分自身なのよ。
合理的ではないから、意味や価値が無い、
ってのは、すべてを否定して終わるだけ。

共産圏の実情は、知ってるでしょ?

204 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 03:52:18 ID:0IMjSbgC
・・・すまん。

なんか、酔いが回ってきたら、
どっかでリミッターが外れちまった。

恥・・・。

205 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 03:54:53 ID:4xCWJjye
昭和天皇崩御の時、哲学の教授がレポートを書けと課題を出した。
ほとんどの学生が「悲しい」でんでんと書くわけで、
「お前ら尊皇攘夷派か」と罵ってたな。

しかし、崩御の日はテレビは特集だらけで、パチンコ屋大繁盛。
レンタルビデオ屋も人が多かったな。
テレビ東京はアニメを流してた気が汁。


206 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 03:56:14 ID:Fu6Y+kH2
最も由緒ある祭祀一族を国民の血税で養ったげる、という面では
別にいいかなあと思う。文化財保護みたいなのと同じ。

皇室祭祀の実態は情報公開されてないのでわからないけれど、たとえば
ある土器に息を吹き込み蓋をして水に流す、みたいな呪術。どうやら今でも
今のスメラノミコト(平成天皇)もやっていると思われる。奈良期の風習に
興味を持った三笠宮が兄(昭和天皇)に報告したところ、「朕がやっている
ことと同じだ」みたい言われたらしい。民俗学と宗教学とかに興味ある人は
今も禁裏で行われてるであろう怪しげな儀式が気になってならないはず。

207 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 04:00:24 ID:0IMjSbgC
つーかなぁ、

おまえら、フリでもいいから、
うやまえって。w

すごい幸運なんだぞ。

ギリシャ神話に美を感じるがごとく、
天皇とその周辺にも同じ美が伝承されてて、
しかも、現に日本国がそれを有してることの奇跡を、
素直に喜べよ。w

208 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 04:09:16 ID:4xCWJjye
さらに思い出したな。
1993年6月、漏れは台湾に出張中だったのだが、台湾人から
「今日、日本は祝日だろ」と言われ、「6月に祝日はない」と
言ってしまった。 皇太子殿下の御成婚の日は祝日だったな。

台湾人、韓国人の方が天皇陛下を崇拝してそう。

209 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 04:10:18 ID:0IMjSbgC
・・・ちなみに、

テレビ東京は、あれで良いんだ。w

210 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 04:17:49 ID:Fu6Y+kH2
縄文土器の過剰な美学が
原日本列島人のココロだと思ってるので。
半島色の濃い王権神話は大嫌いです

211 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 04:21:37 ID:0IMjSbgC
縄文土器の過剰な装飾は、
ちょっと派手すぎるだろ。

削って、削って、
枯れた素朴な何も無さ、
みたいな感じが、
むしろ美しいと思うが。

・・・いや、これは単なる、
俺の趣味。

212 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 04:27:26 ID:Fu6Y+kH2
[土器に息を吹き込み蓋をして水に流す]
これに反応しないカキコミはエセだと思う。
ものすごいことなんだがなあ

213 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 04:28:01 ID:0IMjSbgC
なにが?

214 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 04:36:14 ID:WVWlKkW2
縄文土器って何に使ってたんだ?
ゴツゴツしててめっちゃ使いづらそうなんだけど

215 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 04:37:23 ID:0IMjSbgC
法律やら大臣やらに、
息を吹き込むことは、
今でもやってるけど、

はて、どう考えるべきか。

216 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 10:40:34 ID:gnDLTMPe
アフォかお前ら。
天皇のお仕事はみなの無事を祈ること。
その特殊な仕事は血で継がれる。
大変貴重というに十分な存在だし、仕事内容から言ってもありがたい。

他の人が変わりにできる仕事内容ではない。
それから無理に敬う必要はないが(敬わない奴の常識を疑うが)
多くの日本人が皇室を敬っていることを忘れるな。
人が大事にしているのに「敬う必要あんの?」などという態度は
無知が理由にしても失礼だ。
良識を疑う。


217 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/16(金) 10:48:59 ID:4zz4BBwH
>>216
>天皇のお仕事はみなの無事を祈ること。
宗教だからな。皇室神道。

>その特殊な仕事は血で継がれる。
宗教上の教義で定められてるからな。

>大変貴重というに十分な存在だし、仕事内容から言ってもありがたい。
貴重なのは確か。皇室神道は唯一無二だ。
有り難いかど〜かは受け手によってそれぞれ。信じてない香具師にはど〜でもいい。

>他の人が変わりにできる仕事内容ではない。
それが教義だからな。アマテラスの末裔が司祭をすると決められてるから。

>それから無理に敬う必要はないが(敬わない奴の常識を疑うが)
常識は人それぞれ。

>多くの日本人が皇室を敬っていることを忘れるな。
根拠がねえよな。皇室への意識調査は行われてない。天皇制についての世論調査はある。

>人が大事にしているのに「敬う必要あんの?」などという態度は
>無知が理由にしても失礼だ。
好きな信者が勝手に敬ってる分には文句はいえねえわな。ただし、強要はしねえでくれ。


>良識を疑う。
御随意にど〜ぞ。

218 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 10:52:48 ID:xJGzOVms
天皇なんて明治維新〜敗戦までの日本の単なる傀儡
権力者の責任逃れの為に作られた存在だよ
現在ではもう利用価値は無いも同然なのにな


219 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 10:54:20 ID:s49PZZjY
>>216
んじゃ「女房が人格否定された」と言ってしまった皇太子に天皇になる資格ないな。
みなの無事を祈る人が「人格否定」など口に出せるわけない。
皇太子は明言しなかったが、その「人格否定」した人物に天皇も含まれると言われている。
となると、みなの無事を祈るはずの天皇が人格否定したことになる。
このことが事実でないにしても、そう推測されることが問題。天皇幻想が壊れている表れ。


220 :ほろんぶ ◆znHDYm4t8Y :2005/12/16(金) 11:12:24 ID:P45BHgmD
否定派のロジックがとても面白い。

221 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 11:16:08 ID:BU3ZjiM6
世界的に認められている家系連続のギネス記録、という解釈は失礼にあたるかな?

ほとんど変わってしまっているのかもしれないけど、
今の皇太子→愛子の顔立ちのコピー具合をみると
蘇我入鹿を倒した壬申の乱の中大兄皇子も
意外とおんなじ顔だったのかなと考えるとワロス

こういった想像ができるのも、万系一世というより、
家系がどこの誰よりハッキリしていることに由来している。

世界で1300年前の先祖が何をしていたのか記録に残っている人って
そう多くないんじゃない?

敬う必要があるかは個人の判断だけど、こうした家系を日本の税金でまかなっているというのは
誇らしいことだと思うし、皇室そのもの自身、日本が守っている文化そのものの一つと言っていいと思う。

222 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 11:55:27 ID:7EDx2aKi
皇族自ら存在を危うくしてんだからどうしようもない。
人格否定発言なんかする人を敬うことなどできないし
男が生まれるまで子作りしようとしないし。
皇族幻想と万世一系の破壊を自ら行っているんだよ。

223 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 11:56:56 ID:qyHgj23b
>>1
ないと思うけど。

224 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 12:34:45 ID:30Eb6v9Q
今上はきもいから敬えない

225 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 12:42:19 ID:SrFT0Kp9
>>1
「敬え」と強制はしないけど、逆に「コキ下ろせ」とか「軽蔑しろ」とか言う連中がいるなら、
彼らが敬うことを強制された場合か、それ以上の反発は受けるのは当然と思う。

ただ、敬わなくてもいいけど、日本に住んでる以上は、日本という国が立憲君主制をとっていることや、
象徴天皇制という制度が尊重されている事実は、それなりに「当然のこと」として受け止めて暮らしてくださいね。
天皇の身分は日本国の法で保証されているのですから。

ゆめゆめ、「税金使って天皇家を食わせていることがケシカラン。」などと勝手なことを言わないように。

226 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 13:05:41 ID:gnDLTMPe
>>217
>>人が大事にしているのに「敬う必要あんの?」などという態度は
>>無知が理由にしても失礼だ。
>好きな信者が勝手に敬ってる分には文句はいえねえわな。ただし、強要はしねえでくれ。

誰も強要はしていないし、失礼であるという主張の答えになっていない。

>>218
>現在ではもう利用価値は無いも同然なのにな

>>15>>18を読めヴァカ

>>219 >>222-224
キチガイの理屈はよくわからんし、そもそも朝鮮人には関係ない話


227 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/16(金) 13:12:53 ID:4zz4BBwH
>>226
強要しねえならいいじゃん。
「必要あんの?」と問われりゃ「オレはある」でお終い。
別に無知でもなんでもなくひとそれぞれってコトだろ。

228 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 13:26:02 ID:jrrdKNty
逆に
>>15 >>18 以前の時代、天皇が敬われていた理由が分からんな。

229 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 13:29:27 ID:gnDLTMPe
>>227
お前は>>1を読んでないのか?

>>228
勉強が足りないな。

230 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/16(金) 13:31:51 ID:4zz4BBwH
>>229
読んだけど何か?
オレも国に天皇がいる必要はねえと思ってるし。
好きな香具師だけで好きなだけ思いきり敬ってくれ
って思うし。

231 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 13:34:36 ID:gnDLTMPe
>>230
俺は>>1が失礼であることを言ってるのだが、お前のレスは答えになっていない。
>>217の自分のレスから流れを読み直せ。

232 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/16(金) 13:36:07 ID:4zz4BBwH
だからどこが失礼なんだか。
意味不明。

233 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 13:39:09 ID:xdElMiF1
我々に帰属する社会共同体の歴史の深さを象徴する存在だから。

文化や伝統とは、つまるところ民族としての遺伝子。
少しづつ変化をしながらも、脈々と受け継がれてきた我々のアイデンティティ。

現行憲法では「日本国民統合の象徴」とされているが、
アメリカに押し付けられた憲法が皮肉にも的を射ている。

例えば英国が世界に誇れるものといったら、王室以外にも大英帝国の歴史であるとか、
ブリティッシュの文化であるとかサッカーの母国であるとかあるだろう。
中南米の国であればマヤやインカの遺跡。韓国だったらキムチ。
そして、日本が世界に誇るべきアイデンティティとは現存する最古でかつ唯一のエンペラーだ。
つまり政治的な位置づけというより、生きる文化財であり日本の格調の高さの象徴なのだ。

この社会に帰属する我々は諸外国からも一目置かれるだろうし、
興味を持ってもらえるだろう。
サムライ、ブシドー、ゲイシャ、スシ、ハラキリ、フジヤマとか言いながら日本にやってきた
外国人が皇居を目の当たりにしてどんな感動を覚えるか。
天皇の存在を知り、どう感じるか。そしてそれが日本人への敬意に繋がる。そこが大事だ。

234 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 13:41:33 ID:gnDLTMPe
>>232
>>人が大事にしているのに「敬う必要あんの?」などという態度は
>>無知が理由にしても失礼だ。

お前はこれが理解できないのか?

235 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 14:12:00 ID:OeI49fCm
>>234

226 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2005/12/16(金) 13:05:41 ID:gnDLTMPe
>>217
>>人が大事にしているのに「敬う必要あんの?」などという態度は
>>無知が理由にしても失礼だ。
>好きな信者が勝手に敬ってる分には文句はいえねえわな。ただし、強要はしねえでくれ。

誰も強要はしていないし、失礼であるという主張の答えになっていない。

>>218
>現在ではもう利用価値は無いも同然なのにな

>>15>>18を読めヴァカ

>>219 >>222-224
キチガイの理屈はよくわからんし、そもそも朝鮮人には関係ない話

この物言いのおまえさんが「失礼」とか言うな。
人に失礼と言う前にまずは我が身を振り返ってみれ。

236 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 14:15:26 ID:qvjO30N3
たとえば、お前んちのインチキ家系図を
「これ偽物ですよ、こんなん信じてるんだプゲラ」と、
これは失礼かもしれん。

が、国家機関である天皇については常にオープンな意見表明が
できるし、またすべきでもある。

237 :テンノー:2005/12/16(金) 14:37:59 ID:hSrXtW/c
日本の酋長
それがテンノー屁イカ

238 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 14:49:56 ID:gnDLTMPe
>>235
俺は我が身に礼儀を求めているわけではない。
失礼な奴に失礼といって何がおかしい。

>>236
オープンな意見表明と一国の象徴たる存在に敬意を払う常識は両立しないといいたいのか?
態度の問題なんだよ。

239 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 14:55:53 ID:qvjO30N3
>オープンな意見表明と一国の象徴たる存在に敬意を払う

両立しない場合もあるでしょうな。
キチガイネットウヨが求める「敬意」と
オープンな意見表明は当然両立しませんし。ゲラゲラ

240 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 14:58:06 ID:gnDLTMPe
>>239
>キチガイネットウヨが求める「敬意」と

皇室に対する敬意を求めるのがキチガイネットウヨだと思っているところがチョーセン人らしいw

241 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 15:05:25 ID:OeI49fCm
>>238
だったら人が何言おうとかまわないってことだな。
それに対して文句言うのも勝手、失礼というのも勝手。
すべて勝手というわけだ。
もはやキチガイの域まで超えてるな。
好き勝手失礼なことを言ってもかまわない。それに対して失礼と言うまでだ。
なるほど。話にならんおまえのような自分勝手な変質者は。

242 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 15:10:26 ID:ynv9ZiLw
どうしたらあのキモイ一家を敬えるのか教えて!!
敬えと命令されたら鬱病になりそう><;

243 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 15:10:46 ID:6eOurxao
だから個人の自由です。

244 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 15:15:26 ID:jrrdKNty
天皇を敬うのが個人の自由裁量路は良い世の中になったものだな。

245 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 15:18:29 ID:xdElMiF1
そもそも朝鮮人がやたらと天皇に噛み付いてきてる時点で、
無視できない存在である事が明白。

>>1とか既に自分で結論を出してる。
要するに羨ましくって仕方ないんだよ。

そもそも朝鮮人が歴史を直視できない最大の理由は、
彼らの真実の歴史とは、どれもこれも情けない奴隷の歴史。
民族的自我の崩壊に繋がりかねない悲しい過去。

これに対して日本史の格調高さの象徴である天皇や皇室の存在が
羨ましくって仕方ないんだろう。
成りすましの在日コリアンが意味不明な事を言い出してしまうのも無理はない。
せいぜい日本人の顰蹙を買って、よりコリアンの住みづらい理想的日本社会に貢献してくれ。

246 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 15:21:30 ID:xdElMiF1
>>242
鬱病うんぬん以前に、コリアンは先天的精神○○をもった人々だから
その心配には及ばないよ。
お前が何かを敬おう等とも思わなくていい。

ただ、日本人に迷惑をかけずに生きろ。
それだけでいい。それすらできないのなら出て行け。

247 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 15:26:55 ID:gnDLTMPe
日本人で日本の学校に言ったのなら日本国憲法の第一条の意味は理解しているだろう。

だから>>241-243は必然的に朝鮮人が妬んで書き込んでいるとすぐ判別できるわけだw

248 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 15:43:34 ID:ynv9ZiLw
あのキモ〜〜〜イ一族を敬ってる人は頭のぶっ飛んだカルト
教徒だ。

あの病んで哀れな家族が日本の象徴じゃ
日本の未来は無いヮ〜〜〜www

内も外ともに美しくないじゃん。うん?

249 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 15:50:28 ID:OtIqDT+3
>>247
>日本人で日本の学校に言ったのなら日本国憲法の第一条の意味は理解しているだろう。

何?つまり総意に基づいているってことでしょ?
日本人だけどなんで敬うのかギ問だよ。

250 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 16:04:03 ID:tVgf+TOK
敬う必要は無いが伝統あるし昔の日本人が守り続けてきたのだから
大切にするのが当然。

251 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 16:04:34 ID:48wIa959
予想通りと言うか何と言うか、
ここは伝統を大事と思わない非国民が多すぎますね。
伝統は壊すのはとても簡単。いや、考えるほどにあっさり変えられる。
要は木と同じだよ。その時の必要性で伐採する事は簡単。

そもそも天皇の存在の有無など、
一時代を生きる私達が勝手に判断する問題ではない。先祖に対する無礼。
別に伝統を何とも思わない人は敬わなくて構わない。
惰性で敬うなど、逆に陛下に対して失礼だ。
俺は新潟中越地震を経験したんだが、陛下が現地をご訪問された事でどれだけ心の支えになったか。
俺らが仮設住宅生活で精神的に不安定になっていた時も、のうのうと生きていた貴様らには判らんだろうな。
判るか?俺らのあの時の悲惨さがお前らに判るか?

252 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 16:10:03 ID:HIiWS6FM
>>251
分からんな〜 見当付かんな〜
力道山とか美空ひばりのように一種の精神安定剤として作用する娯楽分野なら分からんではないが。
唯やってきただけでなんだっての?

253 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 16:17:58 ID:MT5H/ujp
明仁は逝ってよし。敬う必要なし。
徳仁は敬えそうだ。

254 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 16:23:53 ID:6eOurxao
普通逆だろ

255 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 16:27:56 ID:MT5H/ujp
明仁は気色悪いんだよ。徳仁は笑顔がすてき。
見た目も大事だよ〜♪

256 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 16:29:52 ID:MT5H/ujp
明仁は口調も気色悪い。納豆みたいなシャベリ方すんな。
徳仁はハキハキしていてよい。

257 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 16:37:20 ID:HIiWS6FM
今上天皇の声が永禄助にしか聞こえない。

258 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 16:41:30 ID:gnDLTMPe
所詮、朝鮮人には関係ないけどなw

259 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 17:06:52 ID:qvjO30N3
チンポに癌ができたり種がなかったりと
神様の意思は明らかでしょ

260 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 17:09:33 ID:RhpvwaW3
ない。
以上。

261 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 17:27:27 ID:cKjbKAKN
何故敬うかって「使える」からでしょ。
天皇の敬い保護するかって言ったら、
天皇の権威を利用できるから。

262 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 17:28:58 ID:gnDLTMPe
>>261
ハァ?
朝鮮人の理屈はよくわからんの。

263 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 17:32:30 ID:cKjbKAKN
ハァ?
はこっちの台詞だ
今までの歴史そして今現在、
日本人がどれだけ天皇の権威を守り保護し利用してきたか
知らぬとでも言うのか?

264 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 17:34:31 ID:9CSthEzW
天照大神の子孫で在られるから、以上。

265 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 17:41:05 ID:cKjbKAKN
>>264
明治に皇祖を神武天皇と定めたのではなかったかな?
天照大神という神話ではなく、人である神武天皇(正確には不明だが)を
皇祖とすることで日本「人」の象徴として権威付けを行ったと聞いたきがするが。

266 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 17:54:26 ID:6eOurxao
アマテラスはイザナギの左目から生まれたんだってね

267 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 17:57:33 ID:z6A9HXq6
神武は125歳まで生きたんだっけ?
すげーよ

268 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 18:00:04 ID:tYNhUUmu
>1
朝鮮人とブサヨに理解するのは無理な話だな。

269 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 18:01:00 ID:zGyczgvA
日本の守り神です。祭司です。
万世一系です。大事にしましょう。

270 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 18:05:56 ID:gnDLTMPe
ありがたみのわからないのが朝鮮人の証拠だな。

271 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 18:06:24 ID:qvjO30N3
>>268
その天皇が実はチョン!

272 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 18:07:18 ID:gnDLTMPe
>>271
前田何とかってプロレスラーも言ってたよ。
カールルイスは在日だってさw

273 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 18:08:43 ID:HG/RWmSB
>>271
わかってないな。
今の朝鮮人が人種として終わってるのは
ここ千年間の品種改良(?)のせいであって
それ以前は、今ほどひどい民族じゃなかったんだよ。

274 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 18:14:13 ID:qvjO30N3
チョン皇って敬う必要あんの?

275 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 18:15:59 ID:rNFYONIQ
>>274
sage進行で埋没させてください。

276 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 18:17:31 ID:gnDLTMPe
>>274
君の日本を羨む気持ちが俺の気分をよくしてくれるw

277 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 18:31:56 ID:qvjO30N3
天皇はいまやキモヲタのオナペットみたいだねw

278 :テンノー:2005/12/16(金) 18:41:14 ID:hSrXtW/c
日本連邦ー日本、韓国自治共和国、北朝鮮自治共和国からなる。
首都ー東京
元首ー天皇
外交ー韓国・北朝鮮は外交権を日本に委ねる自治共和国。
内政ー首相制、天皇が三カ国の首相を任命。
   韓国、北朝鮮は高度な自治権を持つ。
   移動・移住は自由。
公用語ー日本語、ハングル。
通貨ー円。


279 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 18:42:18 ID:esuVg4Xn
    へ          へ|\ へ     √ ̄|        へ
   ( レ⌒)  |\   ( |\)| |/~|  ノ ,__√    /7 ∠、 \ .  丶\      _ __
|\_/  /へ_ \)   | |   | |∠  | |__   | /   !  |     | |_〜、  レ' レ'
\_./| |/   \     .| |( ̄  _) |     )  | |    i  |  へ_,/    ノ   ,へ
  /  / ̄~ヽ ヽ.   | | フ  ヽ、 ノ √| |   ! レノ  |  !. \_  ー ̄_,ー~'  )
 / /| |   | |   | |( ノ| |`、) i ノ  | |   \_ノ  ノ /    フ ! (~~_,,,,/ノ/
 | |  | |   / /    | | .  し'  ノ ノ   | |       / /     | |   ̄
 \\ノ |  / /      | |___∠-".   | |      ノ /       ノ |  /(
  \_ノ_/ /     (____)     し'      ノ/      / /  | 〜-,,,__
     ∠-''~                        ノ/         (_ノ   〜ー、、__)


280 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 18:47:06 ID:gnDLTMPe
皇室がうらやましくてしょうがないらしいなw

281 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 19:10:02 ID:YYW0eN0G
>>149
明治天皇のお写真にはぐっと来てしまいましたよ〜^^
東郷さんもステキだけど、明治天皇はピカイチだわ。素敵過ぎ!!!

282 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 19:17:02 ID:OtrL02g/

ご存じの方も多かろうと思うが、ベルギーは日本と同じく立憲君主制で、ベルギー王室は日本の
皇室とも親交が深い。
先日、ベルギー人の友達と話していて、王室の話題になった。
「王室を尊敬しているか?」
と聞いたところ、相手は間髪入れずにウイと答え、自分は積極的な王室支持派だと胸を張った。

「ベルギーは小国ながら民族や言語の紛争があったりして大変だけど、国王のことは誰もが皆
尊敬しているし、国民は王様によって統合されているんだ。」
と彼は言った。

確かに、この国の王室に対する畏敬の念は強い。切手はすべて国王陛下の肖像だし、公共施設
には国王ご夫妻の御真影が飾られていることが多い。ブリュッセルのサッカースタジアムには
ボードワン前国王陛下の名前が冠されている程である。
彼は、「日本はどうなんだ?」と聞いてきた。筆者はこういう質問を予期しつつも、ちょっと回答に
窮してしまったが、こう答えておくに留めることにした。そして、相手の反応をうかがうことにした。

「皇室は一般に国民の尊敬を集めている。だが中には、天皇や皇室といった階級を認めず、
"平等"をことさらに強調する人たちもいる。例えば、国旗は天皇崇拝の象徴だと言って燃やして
しまう人がいたりするし、天皇から勲章を貰うのはイヤといって辞退する『民主主義者』もいる。」

彼はしばしの沈黙の後、怪訝そうな顔をして呟いた。
「おい、それって共産主義じゃないか?」

まさに至言である。


283 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 19:18:01 ID:TbUFdgoD
敬う必要は皆無だな、思想良心の自由が保障されてるし
法の下の平等原則があるから俺たちと全く同じ立場だし

右翼の政治方針には基本的に賛同するが
天皇を崇拝するのは
創価が池田大作を、北チョンが金正日を崇拝するくらい見ててキモい

284 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 19:33:01 ID:BcKT6aNd
>>283

まぁ、実生活に何ら影響しないからな。
だが、過去の日本国民と同様に立場と役割は違うが
日本国の基礎を築いてきた人の末裔なわけで、
親や近所の人たちと同程度の扱いだな 俺は

285 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 20:35:05 ID:xdElMiF1
天皇陛下がいる限り、朝鮮人は朝鮮人であると告白する。
これだけでも大いなる存在価値がある。

286 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 20:45:39 ID:zGyczgvA
アインシュタインも日本の繁栄は天皇にありと言っている。
万世一系の天皇をお守りし、日本の為に永遠に祭祀していただかねばならん。
無駄な宮内庁、共産党、社民党、チョン、ちゃんころどもからお守りせねば
日本は滅ぶだろう。

287 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 20:49:11 ID:+uMlTbll
>>286
リップサービスじゃないのかね?
『リップサービスの域を超えている』と言うが、比較対象が無いから良く分からんが。

288 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 20:51:21 ID:ynv9ZiLw
明治時代に書かれた捏造家計図をありがたがって天皇を敬ってるのは
薩摩長州の子孫くらいだろ。

薩摩長州の生き残り→その他の日本人を在日と呼ぶ。

289 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 20:52:19 ID:ynv9ZiLw
286>アインシュタインが日本の繁栄は天皇にあると言った証拠を!!!


290 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 20:59:11 ID:eKsymxoF
こんなこといったらしい・・・

http://www.aiweb.or.jp/en-naka/column-5/column.htm

291 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 21:10:45 ID:RuYER0ZN
アインシュタインは金もらったんじゃないの?

292 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 21:13:55 ID:+uMlTbll
「神に感謝する」
と言うあたりに格下扱いされている気がするのは勘繰りすぎですか?

293 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 21:24:38 ID:qvjO30N3
清水氏の著書を参照したが、上の文書とは文言が若干異なっているが、
ほぼ同じである。しかし、清水氏の著書にもその出典が出ていない。
清水氏も、何かの本から引用したのだろう。引用していくうちに、少しずつ
文言が異なってしまい、色々なヴァージョンがインターネット上に出回る
結果になったものと思われる。私も、昭和40年代後半〜50年代にこの種の
文書を読んだ記憶があるが、その本は、書棚のどこかに紛れ込んで見つからなかった。

 今回、アインシュタインと日本というテーマに関係する本を何冊か読んでみたが、
このような「予言」はどこにも掲載されていなかった。明らかに、新聞や雑誌に
発表された文書ではない。それでは個人的な私信なのであろうか? この文書は
そういう趣からもほど遠い。

 おそらくこれは創作(インチキ)である。その理由はこうである。

 

294 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 21:25:36 ID:qvjO30N3
引用元http://www.yorozubp.com/0502/050228.htm

295 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 21:41:41 ID:rrwi1Jvl
敬うっていうのは、必要だとか必要ないとかで論ずるものではないよ。
疑問に思った時点で自身がやめればよい。




296 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 21:43:03 ID:qvjO30N3
2ちゃんでだが、アインシュタインの出所不明の
文章を好んで引用するのは生長の家信者に多いという
カキコを見たことがある。

前記引用元にも最後の方にちょっとだけ触れてあるな。
http://www.yorozubp.com/0506/050626.htm

297 :市民派護憲教師 ◆j0Oon93KwY :2005/12/16(金) 21:51:34 ID:xzX5bVhv
>>295 しかし、今の日本では強制されています。

298 :市民派護憲教師 ◆j0Oon93KwY :2005/12/16(金) 21:56:54 ID:xzX5bVhv
身分制度の縛りや人権侵害的な制度から脱却し、日本も近隣アジアのような意識としての先進国になるべきですよ。

299 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 21:58:15 ID:StsMYWsr
>>297
・・・お前は時空を超えて生きているのか?

300 :市民派護憲教師 ◆j0Oon93KwY :2005/12/16(金) 22:01:26 ID:xzX5bVhv
天皇制度という前近代的な制度は、数千万のアジアの方々と日本帝国軍人を除く、大勢の無辜の日本人を悲惨ないけにえとしました。

301 :市民派護憲教師 ◆j0Oon93KwY :2005/12/16(金) 22:05:34 ID:xzX5bVhv
>>299 それでは堂々と天皇制度反対!といえますか?また、戦争犯罪人を政治取引で免除された昭和天皇が死亡した時の右へならへ的な異様な時代を覚えている方もいるでしょう?

302 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 22:08:13 ID:0IMjSbgC
弔意の雰囲気が異常だと思ったのか?
まあ、分からんでもないが。

だったら、中国や北朝鮮が、
常にあの異常な雰囲気の中にあることを、
どうして批判しないんだ?

303 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 22:08:14 ID:5Fe+MhiP
チミンハが来てるよww
何?今日はどんなたわごとを言いにきたの?

304 :市民派護憲教師 ◆j0Oon93KwY :2005/12/16(金) 22:11:52 ID:xzX5bVhv
>>302 中国や韓国のどこが異常なのでしょうか?私にはわかりませんね。

305 :市民派護憲教師 ◆j0Oon93KwY :2005/12/16(金) 22:14:19 ID:xzX5bVhv
>>302 当時は、警察が弔意を示せと、市民に対し強制し、派手な看板などを法律の根拠もなく取り締まっていましたからね。まるで昔の特高ですよ。

306 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 22:14:38 ID:StsMYWsr
>>301
いやぁ・・・私は天皇制度賛成派だからなぁ・・・
でも、町を歩けば反対してる人もいるよ

307 :市民派護憲教師 ◆j0Oon93KwY :2005/12/16(金) 22:17:40 ID:xzX5bVhv
>>306 その反対を堂々と言えない風潮や社会が問題なのです。

308 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 22:19:26 ID:StsMYWsr
>>307
無茶言うな、社会が形成されれば似たよった価値観が生まれるんだから
そういう現象は起こりえる
そんなもん天皇制に限ったことでもないだろうが

309 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 22:22:08 ID:HG/RWmSB
>>304
302氏は「中国や北朝鮮が」と書いてるのに
「中国や韓国のどこが」と返してどうする。

310 :308:2005/12/16(金) 22:24:07 ID:StsMYWsr
>>307
例えば、
今の日本(つうか先進国)では民主主義が絶対正義って共通概念みたいのがあるじゃない?
あくまで制度の種類と言うことで考えて絶対君主制にするべきだっていったらそれはそれで叩かれるでしょう

・・・いや、なんか最初と言ってることが支離滅裂になってきたな
えーっとな、とりあえず、>>297でいっている強制してるってのはないね

311 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 22:24:21 ID:g1B3T6Ti
市民派とかいって名乗ってる奴ってマジきめ〜んだけどww
何?市民って?
愛国心が駄目で、愛市心はいいってか?w
こいつがカルト宗教に犯されてるみて〜ww
アカはキモすぎて笑えるw

312 :邪馬台国侍 ◆G5PYesuXOc :2005/12/16(金) 22:24:42 ID:Hjj3qSPJ
>>305
当時、派手な看板自粛しなかったのは朝鮮系と共産党系ぐらいだったからな。
ちなみにどちらも公安の監視対象。仕方ない。
相手が天皇でなければ脅迫罪適用できそうな無茶苦茶なビラ撒く連中だもん。
んな風に空気読めてないから、世間の支持を得られないんだが。

313 :日本人は認知症民族:2005/12/16(金) 22:27:00 ID:CqKBfWYo
僕はバカザルどもに賛成して朕を敬っていま

314 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 22:28:53 ID:0IMjSbgC
自粛は良識の問題だろ。

えー、つまんねー、と思っても、
葬式では神妙な顔でご焼香あげるのが大人なのよ。

ところで、子供の場合って、
緊張感が高まりすぎて、未成熟な脳が耐えられなくなると、
笑いの衝動がおさえられなくなるのな。
関係ないけど。

読経の最中に、
くすくす笑い出して止まらなくなるとか。

315 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 22:33:39 ID:zGyczgvA
>>289
「一系の天皇を戴いていることが、今日の日本をあらしめた」
「近代日本の発展ほど世界を驚かせたものはない」
「日本人のすばらしさは、きちんとした躾や心のやさしさにある」
「日本人は、これまで知り合ったどの国のひとよりも、うわべだけ
でなく、すべての物事に対して物静かで、控えめで、知的で、芸術
好きで、思いやりがあってひじょうに感じのよい人たちです」
・・・・・

中国の正史、「宋史」の日本伝では、一千年前の宋の国王太宗が、
日本を羨んで嘆息するという珍しい場面があります。
それは日本の国王が、一つの姓で継承され、臣下もみな世襲して
いると聞いたからです。自国の中国は分裂断絶の歴史なのに、日本
は絶えることのないほど、平和が続く国家であることを羨望して
います。

世界の偉人達が贈る日本賛辞の至言33選  波多野毅著より(ごま書房)

316 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 22:37:59 ID:gnDLTMPe
おっとw
ずいぶんレスが付いているじゃないか。

焦った共産主義者と妬み朝鮮人かw
いまさら何をプロパガンダしてもお前らが嘘をついている事実がある限り
右傾化の波は止まらない。
俺はこれがほんとに愉快だよw

317 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 22:41:48 ID:+JDK7SlC
>>298
北朝鮮こそ「出身成分」による身分差別によって成り立ってる国家だろうがw

318 :市民派護憲教師 ◆j0Oon93KwY :2005/12/16(金) 22:42:02 ID:xzX5bVhv
甘いですな。反動というものはいつか来るものですよ。

319 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 22:42:50 ID:pfkD2JMO
捏造【アインシュタインの言葉】の「フル・ヴァージョン」

[1] 近代日本の発達ほど、世界を驚かしたものはない。
[2] この驚異的な発展には、他の国と異なる何ものかがなくてはならない。
[3] 果たせるかなこの国の、三千年の歴史がそれであった。
[4] この長い歴史を通して、一系の天皇をいただいているということが、今日の日本をあらせしめたのである。
[5] 私はこのような尊い国が、世界に一カ所位なくてはならないと考えていた。
[6] なぜならば世界の未来は進むだけ進み、その間幾度か戦いは繰り返されて、最後には戦いに疲れる時がくる。
[7] その時人類はまことの平和を求めて、世界的な盟主を挙げねばならない。
[8] この世界の盟主なるものは、武力や金力ではなく、凡ゆる国の歴史を抜き越えた、最も古くまた尊い家柄ではなくてはならぬ。
[9] 世界の文化はアジアに始まって、アジアに帰る。
[10] それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならない。
[11] 吾々は神に感謝する、吾々に日本という尊い国を、作って置いてくれたことを・・・・

引用元http://www.yorozubp.com/0502/050228.htm





320 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 22:44:53 ID:pfkD2JMO
最後に、ある読者の方からいただいたメールを転載させていただこう。

*******引用開始*******
実は数年前からこの言葉の真偽について、アインシュタイン研究の大家である金子務先生にお聞きしてみたいと思いながらそのままになっていました。
そんな折りに中澤先生の論文を読ませていただき、やはり他人の創作だったかと思った次第です。これで一件落着したのですが、もし金子先生からも何か一言いただければ決定的だと考え直して、中澤先生の論文コピーを添付して金子先生にお伺いしました。

金子先生からいただいたご返事の一部を抜粋してお送り致します。

「お手紙の一文ですが、おっしゃるようにまったく信用できません。十年前にも二、三の方から質問いただき、その際出典元が伊勢神宮の◯◯とか言っていたのを覚えております。」
*******引用終わり*******

 金子氏がこの情報を聞いたのは今から「十年前」というごく最近のことなので、筆者は、「伊勢神宮の◯◯」も原初の創作者であるかどうかはわからないと思っている
http://www.yorozubp.com/0506/050626.htm

321 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 22:45:35 ID:+JDK7SlC
>>318
つまり北朝鮮の差別的な独裁体制は反動で跡形もなく崩壊するわけだね。

322 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 23:09:14 ID:i7/FYaF4
市民派護憲教師 ◆j0Oon93KwYってカルト臭い・・・

323 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 23:09:53 ID:gnDLTMPe
>>318
>甘いですな。反動というものはいつか来るものですよ。

今、反動を受けている人から言われてもねぇw
つか、反日が嘘をついていたという事実がある限り右傾化の反動などあるわけないがw

324 :日本人は認知症民族:2005/12/16(金) 23:10:36 ID:0VipTqaK
こら 朕! 逝け!

325 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 23:10:59 ID:0IMjSbgC
中国や北朝鮮の実情を知っても、
自分の立場に疑問を覚えないんだから、
理想や思想が、どうこうってことじゃなくて、
なにか、明確な目的があるってことでしょう。

326 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 23:11:38 ID:gnDLTMPe
>>324
自分に市ねといってる奴はめずらし( ・ิω・ิ)

327 :日本人は認知症民族:2005/12/16(金) 23:13:28 ID:0VipTqaK
こら バカ朕子! 逝け!練炭や

328 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 23:14:34 ID:gnDLTMPe
どうも年を食ったチョーセン人を連想するなぁ( ・ิω・ิ)w

329 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 23:38:18 ID:B45Ff+GQ
>>4
うそつけ、馬鹿もの
京都、大阪では徳川より御所の方が敬われていた。

330 :日出づる処の名無し:2005/12/16(金) 23:48:30 ID:e3RP7J+b
天皇家が存在しなければ維新回天の偉業はならなかった。
これでは不足なのかな?

331 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 02:20:30 ID:HCmQXyXO
皇室ってのは、祭りの時に担ぐ御輿みたいなもんだな。

332 :日本人は認知症民族:2005/12/17(土) 07:05:59 ID:lrGC2RKh


    うるせえ バカ朕子 さっさと逝け!

333 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 09:04:37 ID:7uPvmLxJ
ガキのころは赤旗を熱心に読んでいた(他に読む物無かった)。
そのため天皇なんて税金の無駄だと思っていた。
しかし、世界での認識が
天皇陛下(emperor)≧ローマ法王(Pope)>アメリカ大統領etc(president)
と判ってからはその存在価値を認めた。
国際社会で価値が有ると認められている限りそれは価値ある存在である。

価値という面には貨幣制度にも通じる面が有ると思う
「□□には○○相当の価値がある」という評価がある限りその価値を持つ。
誰からも価値を認められなくなった時その通貨は存在意義を失う。
そういえば近年、存在価値を失いかけた通貨が有ったそうですね。

334 :日本人は認知症民族:2005/12/17(土) 09:25:32 ID:ufGACcWS


   うるせえっていってんだろが! バカ朕子 逝け!

335 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 10:37:44 ID:ARp6cntQ
>>333

>ガキの頃は赤旗を熱心に読んでいた(ほかに読むものが無かった)


(´;ω;`)カワイソス


>>334

ES細胞捏造疑惑のショックでファビョッておりまつ

336 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 10:50:46 ID:X+wCKltW
豚まん顔、麻原あいこ→天皇カルト

337 :神をた:2005/12/17(土) 11:02:12 ID:y2H4O2as
以前誰だかがレスしていたが、ヨーロッパ人に
天皇家とは「神々の王たるゼウスの子孫が面々と続き、今でも国家元首として存在している」ようなものです。
と説明すると誰もが凄く驚愕するらしい。


338 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 11:03:06 ID:2nPykTzY
そんなもんかねえ

339 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 11:03:53 ID:a/BUBgtt
>>337
呆れるのか素直に驚愕するのかどっち?

340 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 11:19:38 ID:X+wCKltW
339>もちろん呆れるんだろう。

敬うやつらは、戦争中、日本政府が作った
セックス産業(慰安婦産業)に興味深々のHおやじ達だ!!!!

アジア20万の女性を拉致して日本兵に売春を強要し、兵士から
高い金を取って拉致した女性達には金を支払わなかった。
女性達は1日何十人もの日本兵士を相手にさせられていたから
このセックス産業で政府&その取り巻き達は莫大な金を儲けた。
国連のHPでこの事を読んでビックリした。
戦争に行ってHして、戦争(強奪と強姦)してHして。。
なんて情けないんだ日本の皇軍て。。。
外務省のHPでも慰安所の管理に政府が関わっていたこと認めてるし
なんだか不潔だ天皇の取り巻き。安部も小泉も不潔に見える。

参考資料
http://www.comfort-women.org/coomaras.htm
↑UN(国連)の従軍慰安婦に冠するレポート。
世界中の人が国連のHP読むから、日本人として
海外に行くのが恥ずかしくなった。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/im_050804.html
外務省HP

341 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 11:22:53 ID:a/BUBgtt
>>340
なんだ、釣りかよw

342 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 11:52:47 ID:QU6zTjDn
>>341 でしょ。 所詮はバカ在日なんだから。

まぁバカは置いといて、実際のところ、ヨーロッパ人が知ってる神話で
日本神話に神話体系がいちばん似てるのがギリシャ神話でしょうね。

キリスト教やイスラム教のような、厳格な一神教以外の宗教の神話体系を
ヨーロッパ人が実例として知るならば、ギリシャ神話の比喩で説明するしかない。

確かに「天皇家はゼウスの子孫みたいなもの」というのは、多神教(汎神教)の神々の
中の1人が王家の祖霊という説明には非常によい方法だと思う。

343 :日本人は認知症民族:2005/12/17(土) 11:54:12 ID:lXPCva0Q


  こら だまれ バカ朕子 逝け!

344 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 11:54:28 ID:a/BUBgtt
>>342
スマソ、もれもギリシャ神話しか知らん。

345 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 11:58:46 ID:QU6zTjDn
「日本人は認知症民族 ID:lXPCva0Q」

この、同じコピペばかり貼り続ける念仏バカ、そろそろアク禁依頼しようか?
十分、ガイドラインの対象なんだよね。
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
★極東板ではこれらの行為は禁止です★
 ◎著しく不謹慎・不道徳・下品・卑猥・呪詛的なタイトルを使用したスレッド
 ◎連続コピペや煽り目的のアスキーアート

346 :もはや日本人 ◆hWTRfNABt6 :2005/12/17(土) 12:25:15 ID:oSCJ07n4



>>345
何でも人に相談しないと出来ないのか?
それとも、脅しのつもりなのか?
どちらにしても・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ヘタレw
 
 
 
 


347 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 12:32:35 ID:R9xG4oo4
う〜ん、大人気スレだな。 朝鮮人にw

348 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 12:44:36 ID:ARp6cntQ
>>346
どう見てもルール違反です。

逆ギレとはさすが材日です。

本当にありがとうございました。

349 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 13:01:38 ID:LiuAoEzG
天皇家を説明するときにヨーロッパ人に
「ゼウスの子孫だと僭称して、それに対立する部族を虐殺根絶やしにして
地位保全をはかり、おまけに神話を捏造してゼウスと現王家の関連付けを
宣伝して国民を洗脳しているようなものです」といったら呆れてたな。


350 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 13:07:46 ID:2nPykTzY
上野のパンダと同じように
税金で飼育され
繁殖と出産だけを注目されている
世襲のSEX鑑賞され職という
哀れな立場にあるのが天皇だよ

351 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 14:40:59 ID:HCmQXyXO
ノルウェーの初代王家(今の王家とは無関係。お家断絶)は
オーディンの子孫を自称してたな。

352 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/17(土) 14:52:35 ID:8Qmvqdxc
>>350
オマイのそれはオレが常に発言している「天皇パンダ論」と同じ論旨だ。
中々良い認識だ。

353 : :2005/12/17(土) 14:54:06 ID:Q7OyN56s
いい雰囲気のスレだ。

354 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 14:59:37 ID:bjwjj9Or
>>352
ソ連は国家じゃないと出鱈目発言して赤っ恥かいたアホの登場ですかw

http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1130298768/l50

355 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/17(土) 15:03:53 ID:8Qmvqdxc
>>354
出張してこなくていいからw

356 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 15:06:23 ID:MDwGUgSW
ただ手振るのが仕事のおっさんに敬えるか?

357 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 15:09:32 ID:bjwjj9Or
>>355
じゃあこれからもずっと貼り付けておいてやるよw

358 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/17(土) 15:11:07 ID:8Qmvqdxc
>>356
中々良い指摘だ。
少なくとも一般的にそのよ〜に認識されてるってのは考える必要がある。
ありがたがる、何も感じないってのの峻別はその宗教性を含む問題だ。

359 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 15:11:23 ID:vwyMsGA6
>>349
ギリシャ王家は、ゼウスの子孫でヨーロッパで最も権威のある王家だったが、
民主化された暁に、1970年代の軍事クーデターや癒着のために廃位、国外
追放にされたよな。

360 :日本人は認知症民族:2005/12/17(土) 16:27:05 ID:r9aG9mCR


  うるさい バカ朕子 逝け!

361 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 21:42:15 ID:P/PG9m18
天皇陛下万歳

>>360
通報しまつた

362 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 21:44:43 ID:GjY7o1m2
もとをただせば半島系交易集団
敬う理由などない

363 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 21:45:49 ID:P/PG9m18
日本は現地人と渡来人モンゴル人との混血です。
チョンなんか関係ありません。

364 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 21:50:25 ID:Xly0NAWk
天助の保身のせいで原爆が落ちたわけだが

365 :日出づる処の名無し:2005/12/17(土) 21:54:13 ID:Xly0NAWk
昭和20年2月14日に近衛文麿が「敗戦は必死だから早めに降伏すべし」と
天皇に上奏している。昭和天皇はこれを、「ここらでもう一戦果挙げて置かないと国体護持は難しい」
と断っているのである。昭和天皇の保身のためにずるずると降伏は引き延ばされ、
何万もの死ななくてもよい双方の犠牲が死んだのである。

366 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 00:32:23 ID:wph0lqeO
>359
ハア?

367 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 01:59:02 ID:Ue4LKPn1
北朝鮮の悲劇は、
権威と権力の分割ができないことにある。

金氏一族は、革命の父の一族として、
いわば権威としての立場に至ることができれば、
権力を委譲して、まあ、社長に対する会長みたいに、
責任を負わなくても良い立場になれるんだけど、

権力を失うと、処刑されかねない。
あるいは、そのように恐れてしまっている。
そこが不幸だな。

日本じゃ、仮に革命が起こったって、
変わるのは、権力機構だけだわ。
タイと同じ。

368 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 02:15:32 ID:YyDgwUNT
そういえばケザワもムゴイ自演してたな

369 :日本人は認知症民族:2005/12/18(日) 02:20:56 ID:fTsDEhuw


   うるせえな バカ朕子 逝け!

370 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 05:04:26 ID:/M8o3Who
市民派護憲教師みたいな人間にはつくづくヘドが出るよ。
だいたい、護憲っていう時点で天皇制に賛成だろw

廃止するなら、まず大事な大事な憲法を改正しないといけませんよ?w

371 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 05:18:22 ID:8h84xn1t
陛下ご自身が「国旗国歌は強制によるものではない」と仰っていらしたからね。
その時のネット右翼どもの狼狽振りときたら...

372 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 08:30:36 ID:YAqoJNL5
>>1
年配者に同じ質問してみ?





殺されかねないぞ

373 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 09:38:41 ID:GT2s5bSB
>>372
年配者はむしろ俺は裕仁のために殺されかけたと思ってるんじゃないの?

はだしのゲンの作者とか裕仁嫌いというより憎んでるじゃん

374 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 10:22:25 ID:B5y3IKrU
伝統は大切にしなきゃ。まあ馬鹿にはわからんさ。馬鹿には。

375 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 10:26:14 ID:d+QAd4qH
伝統で戦闘中にティータイムを取るイギリスみたいな国もあるから、
伝統だからって言うのは止めようぜ。

まぁ、ただ平成天皇は頑張ってると思うし、
日本唯一のロイヤルファミリーだから良いんじゃないか?
フランスを侵略したイギリスだってロイヤルファミリー残ってるだろ?
それに何より、人間としては好感を持てる人達だと思う。
確かに税金の話になるとあれだが…。

376 :もはや日本人 ◆hWTRfNABt6 :2005/12/18(日) 10:36:56 ID:W8AuS2VY



>>375
生活や贅沢を税金に頼らず、皇室を民営化すれば文句は出ないw
 
 
 


377 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 10:38:03 ID:JzT0BYYs
>>376
はいはい、そうですね

378 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 10:41:15 ID:OdJBx0Kn
>>373
家の祖母は前夫が戦死、父方は2人戦死しているが(もう亡くなったが祖母と曾祖母がいた)全国回られた際のこと「ありがたい」と言ってた。
海部総理だったかからの賞状や靖国神社の写真は今も仏壇の側に架ってある。
ついでに言うと朝日、毎日調べで女性の方が年配から若いのまで好感を持ってると出ていた。

379 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 11:07:45 ID:OdJBx0Kn
裸足のゲンとか漫画をソースにしてるって事は身近に祖父母や、当時を知る年寄りいないのかな?
田舎だと3世代同居なんて結構あるし、自分らが小学校位の時期は戦争体験者を招いて話を聞くなんてのもあった。
その中では一度として「天皇の性で殺された」とか「天皇を恨んでいる」と言う話はなかったし、近所の年寄りの話でも出たことはない。


380 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 11:37:52 ID:38xhbSRO
裸足のゲンの作者が代表例と言ってるんじゃないかな?
だいたい天皇タブーが残っている日本で、
公式の発言では天皇批判が出にくいのは当然で、
爺さん婆さんと親しくなって戦争の話をすると天皇について否定的な発言は
ゴロゴロ出てきます、むしろ多数派かな。

381 :日本人は認知症民族:2005/12/18(日) 11:46:34 ID:FP3N+gpv


   うるせえな バカ朕子 さっさと逝け!

382 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 11:50:30 ID:qdVl15bp
オンナにモテたければサヨクを見習う事である!!

http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1133957197/l50

オンナにモテたければサヨクを見習う事である!!

http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1133957197/l50


383 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 12:04:42 ID:OdJBx0Kn
>>380
すいませんがどういった点がタブーとなっているんですか?
天皇批判がタブーなんですか?
タブーなら今、この議論できてないはずですし、天皇の戦争責任云々は終戦以降頻繁に本や雑誌にも出ていますが。
また天皇制廃止を訴えていた共産党はもっと勢力拡大していてもいたはず。


384 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 12:08:55 ID:JwOXc1cZ
馬鹿だから想像力が働かないのか
信者だから見たいものしか見ないのか
天皇タブーでググルなり最低限の勉強はしたらよいな。

社会経験のないもの達で構成されてるネットウヨ業界だとしても
書物で勉強することくらいはできるだろ?ゲラ

385 :日本人は認知症民族:2005/12/18(日) 12:10:31 ID:mdrLnscq



  うるせえな バカ朕子 逝け!

386 :市民派護憲教師 ◆j0Oon93KwY :2005/12/18(日) 12:45:29 ID:CUqG8S3+
>>384 無駄でしょう。この種のネット利用層は、社会を肌で感じることや想像力を支える知識がないのですから。ネットばかりしかやらない典型です。

387 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 13:02:24 ID:d+QAd4qH
大体事情は分かるんだが、
Q、そもそも天皇制を維持させたのは誰か。

言ってみなさい。

そして批判の言葉をその人に向かってまず浴びせてみなさい。
その勇喜があるなら。

A,GHQ及びマッカーサー

388 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 13:09:23 ID:YyDgwUNT
身近の老人で天皇を悪く言う人にあった事ないが・・・


逆にテレビや新聞なんかでは見たが・・・

389 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 14:13:38 ID:ovCjrB3n
「天皇タブー」って言葉だけ勝手に作られてるだけだろ

陛下は日本国であり、陛下を拝するもの達が日本人ですよ
嫌なら他国にいけば良い、ただし、たいてい他国も似た王や理念を掲げる構図を取っているけどな
それも嫌なら流浪の民にでもなれば〜

天皇や皇室を批判することはとめられてない
ただ、その批判をしたときに「おまえは何者なのよ?」や「なぜ他国にいかないの?」って問いに答えられないだけ
批判をするやつが自己矛盾に陥り、「天皇タブー」って何?って聞かれたときにはっきりこれだと答えられなくなる
「天皇タブー」って人聞きの悪い言葉を作って、抽象的にしかぐだぐだ言わないしな

お前らの言ってる想像はただの妄想でしかないのよ
個人ありきで国にがあるわけじゃない、国があって国民がその中に個人がいるんだよ、勘違いもいい加減にしてね

俺からすれば、陛下を批判するやつは切捨ての対象ですので覚悟しておいてください
陛下を拝したくないなら、日本人をやめて、お前が望む所にいけ
それもできないお前らは何なんだろなw

390 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 14:18:48 ID:z6ujHHvM
>陛下は日本国であり、陛下を拝するもの達が日本人ですよ
何時の何処の封建社会だよ。
日本と日本人の為に天皇が居るのであって、天皇の為に日本と日本人が居るわけじゃない。
日本に居るから天皇では有っても、天皇が居るから日本ではない。

391 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 14:33:00 ID:ovCjrB3n
なぜに、封建制が出てくるのか、固定観念にとらわれすぎてない?

一応、貼っとく

日本国憲法 第1章 第1条
「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。」

392 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 14:42:24 ID:z6ujHHvM
>>391
今現在の状況で出来るとは思わんが、
理論上は主権の存する日本国民の総意で天皇の地位から引き摺り下ろす事も可能なのだろう、
その後で日本国が日本国でなくなるわけでも日本人が日本人で無くなるわけでもあるまい。
日本国は日本人のものだ、日本人は日本国の構成員だ。
そこに天皇が居ても居なくても変わらん。

393 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 14:43:28 ID:c4Dgt/pw
国民統合の象徴とは、国民意思という権威によってのみ
天皇の象徴という地位は根拠付けられるということです。

394 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 15:31:38 ID:ovCjrB3n
おまえさんの観念的なものに噛み付かれてるようにおもえるけど、未来の話をされても困る
日本人は日本の構成員じゃないとも言ってない、陛下に服従しろとも言ってない。

これは、俺個人の思いだけど、天皇と我々が長きの間、「日本国」として、ともに歩んできて、それを止めたときに
「日本国」と名乗り続けられるのだろうかね、俺は違うような気がするよ

395 :日本人は認知症民族:2005/12/18(日) 15:44:57 ID:4gC+HbqK


   うるせえな バカ朕子 逝け!
  (うるせえな ばかちんこ いけ!)

396 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 16:01:14 ID:h0WVhxj9
>>395
業務連絡。
効果低し。減俸とスルモノナリ。


397 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 16:13:26 ID:HoGEdPl1
敬う必要など無い
だが存続はさせるべき、たとえ強制的にでもだ!
万系一世は中国・朝鮮が夢見ている理想の君主の形
存在だけど連中は身悶えて苦しむ。

398 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 16:30:27 ID:oCZDtYb6
国を動かすために有能な人を首相にする。
しかし首相になる人が人格的に優れているとも、文化的素養があるとも限らない。
そこで、日本ではそれらの役割を分離している。
じゃあ、人格的に優れていて文化的素養があるひとをどこから探すか?
当然1億人のなかから毎回探すのは大変だから、
子供のころから国で保護して育てている。
その役割を担っているのが皇室で、育てられたのが天皇。

その大変な役割を子供のころから自覚して担ってきているから尊敬されている。

399 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 16:34:44 ID:7OLIAVce

皇室について勉強不足の日本人は>>15>>18をみなさい。

皇室がうらやましくて中傷している連中はそのまま続けなさいw


400 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 16:40:53 ID:oCZDtYb6
>>399
>>18の最初は良いとして、
>>15>>18を理由にすると、偉いから敬えってことになりそうな気がするんだよね。
敬う理由は偉いからじゃなくて、身を削って国民に対して利益を齎してくれるからだと
自分は思う。

401 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 16:46:56 ID:7OLIAVce
>>400
念のために言っておくが>>399にも>>15にも>>18にも「敬え」とは書いていない。

402 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 16:57:49 ID:oCZDtYb6
>>401
しかしこのスレは「何故敬うか?」でしょ。
その理由に>>15>>18を出してきたのでは?
中に書いて無いとしても。

403 :日本人は認知症民族:2005/12/18(日) 17:04:47 ID:Oi7LGn5J




       うるせえな バカ朕子 逝け!
      (うるせえな ばかちんこ いけ!)

404 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 17:22:51 ID:z6ujHHvM
>>15 >>18 
天皇の『外交的有効性』を敬っているのであって、
歴史等の天皇そのものを敬っている訳ではないのだな?
ソレだと幕末に持ち上げられた理由が分からんな。
日本人が天皇皇室皇族を敬っているのはそういう政治や俗世的なものではなく、
迷信や妄執に彩られた薄気味悪い物だと思うんだがな。

405 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 17:23:18 ID:DbxyUQUa
国民の税金収入だけで生活してる皇族って日本だけ?
土地とか所有できないし、財産も税金をちくちく貯めた貯金でしょう??

税金だけだとあまり収入なくて世界で一番貧乏な皇族なのかな??って
思ったりして。



406 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 17:25:06 ID:U/jRTr2E
>>405
ていうか、皇族は日本にしかいない。

407 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 17:27:45 ID:z6ujHHvM
>>15
あと欧米の文化基準で英訳するのなら天皇は『king』

408 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 17:28:29 ID:11/lvkWJ
>>405
礼服とか装飾品の組み合わせを変えて使いまわすなんていう貧乏くさいことやってる王族は少ないそうだ。

409 :日本人は認知症民族:2005/12/18(日) 17:37:52 ID:fTsDEhuw



          うるせえな バカ朕子 逝け!
         (うるせえな ばかちんこ いけ!)

410 :市民派護憲教師 ◆j0Oon93KwY :2005/12/18(日) 17:40:25 ID:CUqG8S3+
当たり前でしょう?国民の税金で養われているのですから。しかも、広大な都内の一等地の土地を根拠もなく占拠しているのですから。

411 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 17:42:06 ID:JzT0BYYs
>>410
PCと携帯を両方扱ってカキコすんのは、タイヘンだろ?ケザワ君

412 :市民派護憲教師 ◆j0Oon93KwY :2005/12/18(日) 17:44:51 ID:CUqG8S3+
そうやって、証拠もなく個人を中傷・攻撃するのが卑劣なネットウヨのやり方ですね?

413 :死民派護憲狂死 ◇j0Oon93KwY:2005/12/18(日) 17:45:57 ID:JzT0BYYs
そうやって、証拠があっても個人を中傷・攻撃するのが卑劣なケザワ君のやり方ですね?

414 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 17:48:37 ID:11/lvkWJ
何?この護憲教師の中の人って、嫁さんに逃げられた奴じゃなくてケザワ君なの?

415 :市民派護憲教師 ◆j0Oon93KwY :2005/12/18(日) 17:49:59 ID:CUqG8S3+
違います。良識派の私をあんなキチガイと一緒にしないで頂きたい!

416 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 17:51:39 ID:ZRtLFyNo
市民派護憲教師は朝鮮民族学校の教師で日教組に所属しているそうです。

【韓国】「マンガ嫌韓流」 `嫌韓流` 韓国マイデイリー紙が報道[07/17]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1121594271/979

979 名前:市民派護憲教師 ◆2DoXhXum8Y [] 投稿日:2005/07/17(日) 20:26:49 ID:gmFDJoaw
残念ながら私たちの組織は新しい歴史教科書の採択阻止で精一杯です。
こちらの妄動は日本人の良心たる市民団体の皆様に対処していただきます。

【日韓】韓国嫌悪マンガ『マンガ嫌韓流』が日本アマゾン売り上げランキング1位[07/17]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1121600666/287

287 名前:市民派護憲教師 ◆2DoXhXum8Y [] 投稿日:2005/07/17(日) 21:12:35 ID:gmFDJoaw
日教組はとりあえず大田原の方で正当な抗議活動に全力を尽くします。
人手が足りないのでこっちは後回しになります。

【日韓中】「『マンガ嫌韓流』は、日本の"周辺諸国虐待史観"台頭の証拠」…香港誌 [08/05]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1123329348/

902 名前:日中韓断交 ◆zmMHfeKpsM [] 投稿日:2005/08/06(土) 23:20:53 ID:GBmx3AqI
先生!
つくる会の教科書がまずいのはわかりましたが、
採択阻止のために過激派と手を組むのはもっとまずくないですか?

951 名前:市民派護憲教師 ◆2DoXhXum8Y [] 投稿日:2005/08/06(土) 23:24:00 ID:wv5l2W5d
>>902 大いなる目的のためには手段を選べないのです。


417 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 17:52:15 ID:7OLIAVce
>>402
あまりにも基礎知識の欠如している人がいるから指摘した。

>>407
>あと欧米の文化基準で英訳するのなら天皇は『king』

それを主張しているのは欧米ではなく朝鮮であるw

418 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 17:52:36 ID:JzT0BYYs
どうも、そうらしいです。
確定ではないのですが、ケザワ君がやっていると明らかになっているキャラの
出現タイミングや書き込みの内容の無さを考えるとケザワ君以外に考えにくいでつ。
PCと数台の携帯を駆使していると考えると分かりやすいでつ。

特にオリジナルの市民派護憲教師が出していた教師らしい匂いが市民派護憲教師 ◆j0Oon93KwY
には、感じられないでつ。

419 :418:2005/12/18(日) 17:54:11 ID:JzT0BYYs
418のカキコは、414へのレスでつ。
アンカー打ち忘れたでつ(´・ω・`)ショボーン

420 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 17:54:50 ID:rLXkGNq4
>>415
うるせえ 気違い

421 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 18:01:35 ID:z6ujHHvM
>>417
王は血筋で継承し、皇帝は武力で勝ち取った奴の事なのだがな。
天皇って覇王だっけ?

422 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 18:15:46 ID:7OLIAVce
>>421
>天皇って覇王だっけ?

当然だろ。無知な奴だw

423 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 18:17:46 ID:11/lvkWJ
>>421
それだと太祖以降の皇帝が王になってしまうのでは?

424 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 18:32:12 ID:6JjJ81iy
>>410
皇室から皇居を取り上げた場合ってさぁ
現在の皇居は元々徳川家の家なんだから、
徳川家に返さなきゃいけないよね。
どっちにしろ都内の超一等地にチョンが住むことはできないよね。

425 :ニポン人、死 ◆SZGE4HnD7k :2005/12/18(日) 18:34:25 ID:rLXkGNq4
お前ら馬鹿日本人の住むとこもねーよ

426 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 18:35:44 ID:6JjJ81iy
超一等地は住むとこじゃなくて、仕事をする所だよ。

427 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 18:39:48 ID:7OLIAVce
>>410 >>424
皇室が皇居に住む根拠がないってw あんたwブフッ
いったい何を読んだらそんな知識が得られるのかね。
国定教科書か?

428 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 18:44:39 ID:6JjJ81iy
明治、大正、昭和、平成と歴代天皇は遷都宣言してないじゃん。
だから正式な皇居は京都の御所で、いまは東京に行幸されてるだけなんだよ
天皇陛下には早く京都に帰ってきて欲しい。

429 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 20:02:24 ID:h0WVhxj9
でも日本国の首都は東京な訳だが。故に無問題w


430 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/18(日) 20:04:56 ID:A3YFCv93
ところが日本の首都が東京だとする法的な根拠は存在しない。

431 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 20:14:52 ID:lW37/1Xm
亀レスだが
>>379
俺も田舎出身で3世代同居してたよ
祖父は宮城に海軍の戦闘機整備に行って終戦を迎えた
そこの基地にも米軍機が来て、爆撃されて200人の兵が死んだとか
兵器の処分のため家に帰れたのは9月になってからとか色々俺に教えてくれた
天皇は別に好きでも嫌いでもなかった
小泉が気に入らないと祖父が言ったのに俺は天皇が気に入らないと返したら
そうか。ま、そうだなって感じに返した

天皇は国民の総意に基づき存在し、思想良心の自由は保障されてるんだから
敬う必要はないが、敬うやつが多いから存在するんだろうな

432 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 20:38:53 ID:D0746fkk
鰯の頭も信心。

>>430
つ「「首都圏整備法」

433 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 21:45:43 ID:L+Dp001M
いや、菊のタブーってのは、
確実に存在すると思うよ。

明治天皇が崩御されたときのことを思い出せば分かると思うけど、
異様に自粛ムードが漂ってたでしょ。

俺は、それが必要だと思ってる。
タブーがなくなったら、つまらんぞ。

434 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 21:47:06 ID:L+Dp001M
・・・実は京都が首都だって話は、
意外と根強いわな。w

そういう主張も、楽しくて良い。

435 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 21:53:52 ID:L+Dp001M
ただ、嫌なのは、
ヘタなことするとウヨクが押しかけてくるかも、
とかって、変な気を回して慎重な態度をとること。

それじゃ、市民団体の突き上げが嫌で、
日本叩きしてる連中と同じだ。

なんの脅威も実際には存在しないけど、
あえて畏れる、タブーとして配慮する、
そういうのが、楽しい。

436 :日本人は認知症民族:2005/12/18(日) 22:06:58 ID:xm+ppfED



     うるせえな バカ朕子 逝け!
    (うるせえな ばかちんこ いけ!)

437 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/18(日) 22:30:34 ID:tKiilBs5
>>436
逝きますよ。天寿をまっとうしたらね
でも、うるせえなって? テキスト読み上げするソフト使ってるなら
ボリューム絞ればいいじゃないですか
こちらで、音量を絞ってあげることができません。

438 :日出づる処の名無し:2005/12/18(日) 23:07:53 ID:UjNn/ZQZ
日本の首都と都庁所在地は『東京』と習ったが『東京』と言う場所は無いんだよな。
『東京都』は有るんだが、それだと青梅とか奥多摩とかも含まれるし。

439 :日本人は認知症民族:2005/12/18(日) 23:08:42 ID:CYaJJ/R9



          うるせえな バカ朕子 逝け!
         (うるせえな ばかちんこ いけ!)

440 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 02:51:14 ID:8dupGecx
ちなみに誘導されたので此処にも貼っておきます。
お好きなほうで書き込んで下さいな。

>>814
ではその「必要性」に反論させていただきます。

>天皇は日本神話の神々の末裔として敬われている
まずあなたは「神々の末裔」というのを信じているのでしょうか?
信じているのであれば、それは宗教的なものと云わざるを得ません。
つまりそれを税金で支えるのは政教分離に反するというものでしょう。
信じていないがそういった「物語」として重要視している、というのであれば、
それは「書籍」によってその「物語」を語り継ぐ事が出来ます。
(出来ないと言うならその理由を)

>天皇家不在の神道なんてありえないし・・・
現在の日本は神道を国教としてるわけではありません。
「天皇の利点」=「神道の為」
では、やはり税金投入は政教分離に反すると云えます。

>神道のない日本の文化というのもちょっと想像できない
そもそも議論の場に「ちょと想像できない」なんてかなり主観的な感想を語るのは適切じゃありませんね…。
天皇が、または神道がなくなっても日本文化は残るでしょう。
よもや過去から神道を消すわけじゃないんだから、たとえ起源が神道であってもその文化が消えるわけじゃありません。
日本の和歌や武道や語学も日本の文化ではありませんか。
それらには数億の税金が投入されたという話は聞いた事がありません。
つまり「あなたが想像できない」だけであって、実際には文化は多々あります。

よっていずれも天皇制を維持する利点(必要性)とは云えません。


441 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 03:26:44 ID:0dxvrZpf
万世一系を謳うならやはり男系で統一したいよねぇ
男が絶えた時だけはしゃーないとは思う

442 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 05:02:24 ID:yJyU1JeM
天皇を敬わなければいけないらしいから敬っているだけだろう。
何故敬わなければいけないのは良く分かってないんだよ。
外交では云々ローマ法王イギリス女王云々と言う奴居るが、
それなら外交しなかった時代なんで敬われていたのか?
日本の歴史云々と言う奴も居るが、
世界的に見たら識字率がどんなに高くたって読み書きソロバンがせいぜいな時代に、
古事記や日本書紀が素で読める町民なんかがごろごろ居るわけもない。
そもそも手に入らんだろう。
それでもなぜか敬われている。
奇怪である。

443 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 05:06:17 ID:WPlL4m/Y
うちの親父は必ず天皇に陛下をつける。
俺にもそれを強要して、つけなかったら怒鳴る。

アフォクサ。

444 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 05:14:03 ID:DjPUHXa+
まったく、ゆとり教育の弊害だな。
責任とって、文部省全員、2チャネラーにしろ。ニートもへるし。


445 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 05:18:51 ID:7Rgld8bJ
文部省とか外務省の役人と2ちゃんねらーを
全部とっかえっこしたら、おもしろいね

446 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 08:40:13 ID:xz94Lsmv
>>407
>あと欧米の文化基準で英訳するのなら天皇は『king』

いや、幕末当時で既に日本は帝国扱いですし。
初期の米国との条約でも帝国となっているし、薩英戦争とか見ても藩は欧州の
国と同等でしょ。

まあ、今でも島根県に対し、まるで同等の国のように騒いで、釣られる国が
あるのだから、やっぱり日本は帝国なのかなぁと思うし、天皇は皇帝だよな。


447 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 09:13:40 ID:WPlL4m/Y
いっそのこと、外国王家からバンバン結婚相手を迎えればいい。
タイ王族を皇室に入れれば、それだけで日タイ友好は永久に保障される。
イギリス王室から迎えてもいいんじゃないか。
どうせ万世一系が崩れるならば、徹底的に崩すべし。

448 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 09:26:21 ID:NBIfnQIp
天皇は日本の文化
二千年以上続く日本の伝統
利益だけで文化や伝統を語ってると中国みたいになるぞ

449 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 11:02:18 ID:1RItzND9
>>448
文化の一言で残すべき、敬うべきって結論は間違っている
中国の人食いや朝鮮の嘗糞も文化だ
その文化を尊敬し敬意を表すかどうかは人の自由

2千年という時の長さを根拠にするのは全くナンセンス
人権という重要な概念は200年そこそこのものだが
当時1000年続く封建的身分制より広めるべきだったのは明白で
200年しかたってないのに全世界(取り入れてない国もあるが地域的には)
に広まっていった

450 :日本人は認知症民族:2005/12/19(月) 12:18:45 ID:L48ofYfY



          うるせえな バカ朕子 逝け!
         (うるせえな ばかちんこ いけ!)

451 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 12:22:55 ID:9H353vO2
>>446
エンペラーって訳すから、欧米人は誤解して、天皇の責任だぁ何だぁ言うわけさ。

452 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 12:25:10 ID:Y7KWXYkf
日本人は無意識に神道を信じている。

>>440のような考え方は創価学会でしょ。
「どの宗教を信じているのですか?」
と聞くと、キリスト教とかイスラム教というように一つの宗教の名前を言うものと思っている。
でも、それは錯覚である。この世に神様がおられるなら、対立している神様がいるはずはない。
神様はケンカはしない。
日本人はそれが判っていたので、昔からの神様と仏様を同時に信じ、明治維新まで日本人は神道と
仏教を区別しなかったのである。
お寺の中に神社があり、鳥居もあった。
「長谷寺の祖先」は「神社」であり、それは何も不思議ではなく、そちらが当たり前である。
日本人は仏教を素直に受け止めた。
神様仏様という偉い方がおられて、ありがたいお恵みをくださる・・・まったく同じなのである。
仏教には大日如来、阿弥陀仏、観音様など大勢の仏様がおられるが、それは神道の「八百万の神」
につけ加わったに過ぎない。
真言宗と言い、真宗といい、分派はあるが教えは同じと理解した。
神様と仏様は同じように偉いのだから、ケンカするはずもなく、どちらが「本物?」と疑うことは不謹慎だ。
所詮、人間が判断できないのだから、区別する必要はない。
神仏は混淆していたのである。
現在でもそうだ。
正月は初詣(神道)、お彼岸はお墓参り(仏教)、クリスマスは賛美歌(キリスト教)で不思議はない。

初詣もクリスマスもするのが普通の日本人の感覚。
全て受け入れるのが日本の神道。
だから別に神道が国教じゃなくても天皇が敬われて何もおかしくない。

453 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 12:27:29 ID:Y7KWXYkf
追加。
>>440のような考え方は創価学会と共産主義者でしょ。

454 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 12:31:01 ID:Y7KWXYkf
>>449
>文化の一言で残すべき、敬うべきって結論は間違っている
>中国の人食いや朝鮮の嘗糞も文化だ

お前は残すべき文化と恥ずべき文化を同じに扱うつもりか。
日本国憲法の第一条を読んだことのない朝鮮人か?
文革万歳な共産主義者か?
俺は取り立てて天皇を崇拝していないが
本を焼く奴と文化を破壊する奴には反吐が出る。

455 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 13:12:14 ID:ZkztSnkS
>>1は日本人の文化・伝統の破壊を目論む朝鮮民族派工作員

456 :日本人は認知症民族:2005/12/19(月) 14:06:23 ID:JXa8pWQB




          うるせえな バカ朕子 逝け!
         (うるせえな ばかちんこ いけ!)

457 :ほろんぶ ◆znHDYm4t8Y :2005/12/19(月) 14:22:14 ID:HLcpqULt
そろそろ削除依頼対象に昇格だな。

458 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 15:10:33 ID:8dupGecx
>>452
私の
>現在の日本は神道を国教としてるわけではありません。
>「天皇の利点」=「神道の為」
>では、やはり税金投入は政教分離に反すると云えます。
に対する反論でしょうか?
何処に対する反論か明確に示してもらいたいものです。

私は
>必要性についての解答は、すでにしました。
>「天皇は日本神話の神々の末裔として敬われている。」
>「天皇家不在の神道なんてありえないし、神道のない日本の文化というのもちょっと想像できない。」
という意見に反論しているわけです。
分かるとは思いますが「天皇家不在の神道なんてありえない」という意見を考慮して
>「天皇の利点」=「神道の為」では、やはり税金投入は政教分離に反すると云えます。
と言ったのです。
それともあなたは「天皇の利点」=「神道の為」というのは否定して、
他の利点を指摘できるのでしょう?
出来るのであれば「天皇の利点」を挙げて下さい。


459 :日本人は認知症民族:2005/12/19(月) 15:59:56 ID:1iLgayvR


 うるせえな バカ朕子 逝け!
(うるせえな ばかちんこ いけ!)

460 :日本人は認知症民族:2005/12/19(月) 16:00:53 ID:1iLgayvR










                       うるせえな バカ朕子 逝け!
                      (うるせえな ばかちんこ いけ!)

461 :日本人は認知症民族:2005/12/19(月) 16:01:40 ID:1iLgayvR
 うるせえな バカ朕子 逝け!
(うるせえな ばかちんこ いけ!)

462 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 16:58:26 ID:YdF6Skq2
>>454
いや俺は日本人で朝日新聞を見ると心底むかつくアカ嫌いだ
残すべき文化か恥ずべき文化かを決めるのはそれぞれの主観だろ
俺も別に天皇はあっても言いと思うが
>>448が天皇を残すべき根拠を文化と2千年の長さに求めたから
それが根拠となるのはおかしいと反論したんだ
敬うかどうかはそれぞれの自由と言ったんだ
憲法1条には国民の総意に基づくと書いてあるので
国民が自由に考え、いらないと結論付けたらそれは憲法上残すべきではない

463 :日本人は認知症民族:2005/12/19(月) 17:31:05 ID:UvrzSobi



          朝日新聞よく読みな 
       異常だ わけのわからん人へ

464 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 17:38:06 ID:Y7KWXYkf
>>458
>それともあなたは「天皇の利点」=「神道の為」というのは否定して、
>他の利点を指摘できるのでしょう?
>出来るのであれば「天皇の利点」を挙げて下さい。

君はレスをする前に最低限スレを読んだらどうかね?
神道を否定してもしなくても天皇の利点なら>>15>>18で語られている。
反論も無い。
バカな左翼じゃなかったら反論は現実に則して具体的にしてもらいたいね。


465 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 17:39:50 ID:Y7KWXYkf
>>462
お前が文化をさっぱり理解していないことだけはよくわかった。
焚書をする共産主義者と同じだ。

466 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 17:41:15 ID:YX8VahTW
>>464
貴方はそういう利点があるから敬ってるの?
それはそれで合理的で素敵だが。
キンノーノシシが聞いたら火を噴いて怒りそうだ。

そういう外交的効力が無かった時代の日本人は何で天子様を敬っていたんだろうな?

467 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 17:47:17 ID:Y7KWXYkf
>>466
俺は大して熱心に敬ってはいない。
サヨクが大嫌いなだけだ。


468 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 17:51:47 ID:8dupGecx
>>448
「文化」は固定されるものではない。
文化とは常に自然に成り立つものだ。
現に今ある文化と呼ばれるものは少なかれ変化し、無理に残されてるとは言いがたい。
然るに「天皇」というものは、現在実質的な権力があるわけでなく、
わざわざ税金まで投入し、女系容認という苦肉の策まで考えられてる。
これは今の天皇制に「無理」が生じている事を示してるではないか。
「文化」とは自然と形成されるべきものであり、無理に残すべきものではない。
ましてや数億もの税金までも使って残すなど、他の文化ではありえない事ではないか。
「天皇は文化だから残す」と言うのであれば、他文化同様程度の扱いにするのが当然と云えよう。
もし特別扱いするのならば、それにはそれ相応の「理由」が必要となるのは当然だ。
モチロンその「理由」とは「他文化と違う保護を受ける理由」だ。
それは「文化だから」という理由では意味を成さないのは明らかであろう。
何か理由が言えるのなら反論をどうぞ。


469 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 17:54:39 ID:YX8VahTW
>>446
日本文化でもなく東洋思想なら、
天皇(皇帝)>徳川以下大名(王)
なのだろうが、
あくまでも>>15 >>18 は欧米基準だから。
皇帝ナポレオン(覇道)>ピウス7世>フランス国王(血統)
だろうし、当時それにあわせて英訳するなら、
emperor(徳川)>Pope&king(天皇)
だろう。
欧米は実力主義だからな、血筋などではなく力で勝ち取る『皇帝』を最上位に持ってきたのだろう。

470 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 18:02:00 ID:8dupGecx
>>464
天皇の利点は「皇室外交だ」という意見ですね?
しかしそれでは答えになっていないのです。
なぜならそれでは「天皇の利点は皇室外交が出来るからだ」という意味になってしまうからです。
「出来ること」が利益なのでしょうか?
問題のなのは「皇室外交の利点」でしょう?
あなたの反論は、「天皇の皇室外交には〜〜という利点があるから天皇は必要なのだ」となるべきでしょう。

しかし私が知る限り「皇室外交」による「効果」を聞いた事がありませんね。
『その「効果」が日本にどういう利益をもたらしたのか』
それが無ければ「利点」とは云えませんし、国民の税金を使う正当性も無いと云えます。


471 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 18:07:29 ID:3rktpU0x
皇室外交に利点があると言う人は皇室外交で以下のように出来るとでも?

農産物に関する交渉も骨抜きにはならない。
コメについても自由化などといつまでも言われない。
BSE牛肉の輸入断固拒否
米軍グァム移転費用は一切払わない。
常任理事国入り実現。
拉致被害者全員帰還。
北方領土返還。

どれかひとつでも【皇室外交】とやらで実現してくれませんか?

472 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 18:10:47 ID:3SVPFVHe
結局、天皇は裸の王様ってことだ。
税金で国民に養ってもらって、大した財産もなく
東京に間借りしてる貧乏王族てことだ!!
目が覚めた!!


473 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 18:11:54 ID:YX8VahTW
皇室外交に効力があるのかどうかは分からんが、
皇室外交があるから、世界で一番偉いから敬っていると言う人は、
60年前以上前の日本人とは別人種と言う事だな。

474 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 18:31:26 ID:Y7KWXYkf
>>468
お前はつまり、文化を保護するために金を使うなといいたいのか?
自然に残るものだけが文化であると。
世界でも貴重な意見だな。
有形も無形も世界遺産もあらゆる儀式も金がかかるならすべて排除すべきか。

それは文革をした共産主義だろう。ちがうか?
日本では残したいものに金をかけるのだよ。


475 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 18:32:56 ID:Y7KWXYkf
>>469
お前はアフォかw
天皇は覇王だぞ。

476 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 18:37:22 ID:Y7KWXYkf
>>470
だから現実に則して反論してよ。頭悪いなぁ。
天皇がいなければどうやって皇室外交するのさ。

皇室外交の効果を聞いたことがない?
http://www.google.com/search?hl=ja&lr=lang_ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=%E7%9A%87%E5%AE%A4%E5%A4%96%E4%BA%A4%E3%81%AE%E5%8A%B9%E6%9E%9C&num=50
http://www.google.com/search?hl=ja&lr=lang_ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=%E7%9A%87%E5%AE%A4%E5%A4%96%E4%BA%A4+%E5%8A%B9%E6%9E%9C&num=50
少しはググれよ。


477 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 18:38:49 ID:Y7KWXYkf
>>471-473
関係のない朝鮮人は引っ込んでなw

478 :日本人は認知症民族:2005/12/19(月) 18:40:35 ID:1AsQryq1



    関係のないエセはつっこみな エセ国家の大事なナントカだろ!

     天皇って敬う必要あるに決まってんじゃん なんでかというt

479 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 18:45:11 ID:8dupGecx
>>474
>文化を保護するために金を・・・
「妥当」かどうかという問題だ。
日本には文化がたくさんあるわけだが、どの文化が保護の為に数億もの税金を使っているのか?
先に書いたように、
「天皇は文化だから残す」と言うのであれば、他文化同様程度の扱いにするのが当然と云えよう。
もし特別扱いするのならば、それにはそれ相応の「理由」が必要となるのは当然だ。

>日本では残したいものに・・・
では聞くが、なぜ今すたれゆく日本の伝統工業に億単位のお金を使わないのか?
他にどんな文化や伝統が数億もの税金を使っているのだ?
「金をかけるのだよ」と言うからには「具体例」のひとつやふたつはあるのだろう?(当然天皇以外でだ)
それを言わなければ反論とは云えない。


480 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 18:45:47 ID:YX8VahTW
>>475
天皇は武力で『天皇』になったんだっけ?

481 :萌芸交速 ◆wTi5ggUu5U :2005/12/19(月) 18:47:41 ID:KsDN5wxD
なんで敬う必要があるのか、私を説得してみせて欲しいものですな。

482 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 18:49:09 ID:Y7KWXYkf
>>479
>もし特別扱いするのならば、それにはそれ相応の「理由」が必要となるのは当然だ。

憲法第一条にうたってるじゃないか。
朝鮮に渡る金額を考えたら数億なら安いくらいだ。

>それを言わなければ反論とは云えない。
お前が勝手に決めるな。
お前は文化庁の予算がいくらで何に使ってるかも知らないのか?
天皇反対論者ってのはこの程度のバカばかりか?

483 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 18:50:48 ID:Y7KWXYkf
>>481
まず、スレを読め。
だーれも敬う必要があるとは主張していない。
なんでこう、バカばっかりなんだ。
>>480
>天皇は武力で『天皇』になったんだっけ?
あたりまえだろう。
他の何でなったと思っているんだ。

484 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 18:56:05 ID:YX8VahTW
>>483
>他の何でなったと思っているんだ。
いつの話?

485 :興亜一心:2005/12/19(月) 18:56:35 ID:JgVoG5Lr
>>481
>>483
おまいらこそ何で金正日を敬うの?

486 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 18:56:49 ID:8dupGecx
>>476
>天皇がいなければどうやって皇室外交するのさ

それでは意味が無いのですよ。
「皇室外交が出来ること」が利点では「出来ること」という「可能」が利点だという事になります。
例えば「自動車の利点は何ですか?」と聞かれて「自動車に乗る事が出来る事」って言うのはおかしいでしょう?
そういった場合は「自動車に乗る事が出来る事でどういった利点があるのか」、
つまり「自動車に乗る利点」を示すべきなのは当然です。
同じ事が先の「(皇室外交が)出来る事が利点」と言うのにも云えるのですよ。
問題のなのは「皇室外交の利点」であって「出来ること」ではないでしょう?
私はそう言ってるのですよ。

>皇室外交の効果を・・・
どれもまともな効果が書かれてませんね。
せいぜい「外国人を喜ばせた」という意見しかないじゃないですか。
それがどうして日本の利点に繋がっているのでしょう?


487 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 19:03:15 ID:Y7KWXYkf
>>486
>どれもまともな効果が書かれてませんね。
それはお前の主観だな。
聞いたことがないのだから俺の検索結果を少し読みかじっただけだろう。
つまり勉強が足りないんだよ。

だから利点がわからない。

別に利点がなくても日本の象徴を廃止する理由が存在しないけどな。

488 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 19:03:22 ID:8dupGecx
>>482
>憲法第一条に・・・

議論を何だと思ってるのですか?
私はそれが「妥当でない」と言ってるのですよ?
憲法が全て正しいのなら九条も議論の対象にはならないでしょう?

>お前が勝手に・・・
私は「天皇が文化と言うなら、他文化と同様に扱うべきだ」と言った。
そしてそれに反論するなら当然他文化との差異を示すべきであろう?
勝手にも何も論理的にそれしか無かろう。


489 :ほろんぶ ◆znHDYm4t8Y :2005/12/19(月) 19:04:52 ID:HLcpqULt
>>488
真面目に議論する気あんなら捨てコテぐらい背負え。

490 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 19:05:30 ID:Y7KWXYkf
>>488
>議論を何だと思ってるのですか?
何だと思おうと俺の勝手だバカ。

憲法第一条が妥当ではないとお前がいつどこで発言した?
嘘をつくな。


491 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 19:07:32 ID:8dupGecx
>>487
主観ではありませんよ、客観です。
なぜならどれも「外国人を喜ばせた」という事しか書かれていないからです。
どれがどういう利益なのか?
それが書かれていません。
それを示さない限り、それこそ「客観的に」みれば「効果が無い」という事になります。

先に書きましたが「税金」を使っている以上国民に利点が無ければ当然正当性に欠けるではないか。


492 :ほろんぶ ◆znHDYm4t8Y :2005/12/19(月) 19:11:27 ID:HLcpqULt
だから議論する気があるなら捨てコテ背負え。
論客が現れる深夜にタコ殴りされるお前が見たいんだからwwwwwwwwwwww

493 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 19:12:48 ID:aY38rObY
王族ってのは他国にもいるけど皇族ってのは今日本にしかないし
他国に誇れる日本のアイデンティティみたいなもんだ
敬う必要は無いかもしれんが、多少の敬意を払うくらいは日本人としてやってもいいんじゃね?
言葉使いや物腰は見習う所はあるだろ

494 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 19:12:53 ID:Y7KWXYkf
>>491
>先に書きましたが「税金」を使っている以上国民に利点が無ければ当然正当性に欠けるではないか。

お前は聞くところを間違えてる。
2ちゃんじゃなくて会計監査院に聞け。
わかったか?

495 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 19:14:01 ID:8dupGecx
>>490
勝手ではないでしょう?
いいですか?私は「天皇制廃止」だという意見なんですよ?
(これは何度も言ってる事です)
にも拘らず私が「憲法が全て正しい」と思ってるとでも思ったのですか?
九条改正論者が「憲法は全て正しい」と考えてるとお思いか?

常識的に考えてこのスレは「憲法解釈」についてのスレではあるまい?
スレタイからして憲法の意図から反してるではないか。
どうして君が私の事を護憲派だと考えたのか理解に苦しむ。


496 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 19:14:13 ID:Y7KWXYkf
>>492
なんだ、俺の攻撃じゃ不満かw

497 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 19:14:18 ID:YX8VahTW
確かに皇室外交の具体的な成果を教えてもらいたいね。

>論客が現れる深夜にタコ殴りされるお前が見たいんだからwwwwwwwwwwww
何この虎の威を借る狐

498 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/19(月) 19:16:07 ID:8dupGecx
>>494
議論をしてるのですよ。
「正当性がない」とね。
何か問題でも?

499 :◆znHDYm4t8Y :2005/12/19(月) 19:18:02 ID:HLcpqULt
>>496
優しいからなww

>>497
ROMにはROMの楽しみ方がある。
他者の目を意識できないならMLでやれ。このマイノリティー野郎。

500 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 19:18:35 ID:YX8VahTW
>>493
皇と王の違いと定義って何?

501 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 19:18:54 ID:WPlL4m/Y
皇>>>王

502 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 19:21:49 ID:YX8VahTW
>>501
それならタイの王様だってイギリスの女王だって皇名乗ったら良いじゃん。
出来ない理由は何さ。

503 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 19:25:29 ID:3rktpU0x
俺は、仮に日本の経済が破綻して町中に失業者が溢れる状況に
なった暁には文化財の売却も有りだと思っているわけだが、
飯が食えない。寝る家がない。こういう状況でも文化を保護すべきだ
という奴はいるのか?

504 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/19(月) 19:26:05 ID:8dupGecx
わざわざコテまでつけたのに>>491にも>>495にも反論が無いな。
>>488にも反応したのは最初の一行部分でそれ以下は無視してるな。
議論する気があるならそういったものにも答えて欲しいものだ。


505 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 19:27:26 ID:YX8VahTW
>>503
占領中、随分文化財が流出したよな。
メトロポリタンの日本コーナーのコレクションは大体その次期蒐集。

506 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 19:28:05 ID:C+Mv7dTe
>>486
> 「皇室外交が出来ること」が利点では「出来ること」という「可能」が利点だという事になります。
> 例えば「自動車の利点は何ですか?」と聞かれて「自動車に乗る事が出来る事」って言うのはおかしいでしょう?

何処がおかしいのかわからんな、
「外交手段が加わる」ことと「交通手段が加わる」こと
これを利益と言えないとはどういう理屈だ?

> どれもまともな効果が書かれてませんね。
> せいぜい「外国人を喜ばせた」という意見しかないじゃないですか。
> それがどうして日本の利点に繋がっているのでしょう?

おかしなことをおっしゃる、
「外国人を喜ばせた」
これが日本人の利益に繋がってない?
あなたの考える利点と言う言葉と私の考える利点という言葉では認識に差があるのかな?
あなたの考える利点という言葉の意味が知りたい。

507 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/19(月) 19:31:57 ID:3Aa1c/Qg
>>506
横レスでわるいんだが、発言者は皇室外交について
具体的にどんな利点が存在するのかきいてるんじゃね〜の?

自動車の例でいえば、
・歩くより早く目的地につける
・荷物をつめるので便利
とかになるだろ。

508 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 19:35:55 ID:YX8VahTW
>「外国人を喜ばせた」
>これが日本人の利益に繋がってない?
直接的には関係ない。
外交の目的は自国民を喜ばせる事であって、相手国民を喜ばせる事じゃない。
歯噛みさせて地団駄踏ませても尚調印せざるを得ない状況に持っていくのが外交官の腕だ。
和気藹々で済めばそれに越した事はないけどな。

509 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 19:35:59 ID:C+Mv7dTe
>>507
だから、自分は手段が増えることは利益ではないのか?
と言いたいわけですよ。

電車が止まっても、自動車がある

というふうにね。

510 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/19(月) 19:38:34 ID:8dupGecx
>>506
「手段」が加われば利点になるわけではないでしょう?
その利点は飽くまでその先にある「効果」であろう。
「手段」とは「効果」が無くては「手段」とは言えまい?

「効果の期待できない『手段』」は利点とは言えないだろう?
だから私は「効果を示せ」と言っているのだよ。

>これが日本人の利益に繋・・・
ではどういう利点があるのか答えてほしいものだ。
それを私は何度も聞いている。

りてん 0 【利点】
有利な点。便利な点。都合のいいところ。

こう考える。

511 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 19:45:14 ID:C+Mv7dTe
>>508
直接的な利益が発生しないから利益が無いという主張ですか。
あなたの主張ならCM、ポスター、イルミネーション、すべて意味が無いということではありませんか?

皇室外交で日本のイメージを良くする、
それによって外交官が利益を得やすい環境が出来るならそれは利益ではないですか?

512 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 19:49:26 ID:LKJM2XZK
こんなに健気に頑張ってらっしゃる皇室の方々万歳!!
http://kjm.kir.jp/pc/?p=9597.jpg

513 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 19:51:04 ID:8CE0RFuY
ぶらくらですか?

514 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 19:56:47 ID:3rktpU0x
>皇室外交で日本のイメージを良くする、
それによって外交官が利益を得やすい環境が出来るならそれは利益ではないですか?

・・・。衆議院選挙前の特番で、郵政民営化で外交が良くなるのか?と
突っ込まれた際に、山本一太が、「郵政民営化を行う事により、
日本がダイナミックになってチャーミングな国だと諸外国から認められる」
旨の発言をして呆れられていたけど、それと同じですね。

知りたいのは皇室外交によって、日本に年間いくらの利益があるのか?
ですよ。
宮内庁費、皇室費、予算化されているだけで、約170億。
これは全て僕達が払う税金です。
それだけの投資に見合うものがあるのか?
でなければ誰も皇室維持のために税金なんて払いたくないですよ。

515 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/19(月) 19:57:02 ID:8dupGecx
>>511
CM、ポスター、イルミネーションはちゃんと「効果」を示しますよ?
モチロン「売上」という点でね。
客の「購買意欲を高める」という効果があり、実際CMなどの効果で売上が数値で出るではないか。

>皇室外交で日本のイメージを・・・
その結果がこの現状かね?
常任理事国入りすら叶わないのに?
天皇がいない国でももっと上手い外交をしてる国はたくさんありますよ?
どうしてそれらの国はそれだけ上手い外交ができるのでしょう?
軍事力の差でしょうか?
なら日本も天皇より軍事に力を入れた方がより良い外交が出来るかもしれませんね。
どちらにしろ現状外交は目覚しい活躍をしているわけでもなく、
よって「天皇」の皇室外交が上手くいってるという根拠は全くありません。

この有るか無いか分からないぐらいの効果の為だけに国民の数億もの税金を使い続けるのは妥当ではあるまい?


516 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 19:59:24 ID:YX8VahTW
>>511
天皇が中国に行ってから利益を得やすい環境になったのかしら?
そうなる事を見込んだのだろうが。
そうなってくれる事を願ったのだろうが。

そもそも日本人が天皇を敬うのは何時から利益の対価になったのだろうな?
勿論本来そう有るべきなのだが、
天皇が天皇だから敬われている、何て奇々怪々な時代が終ったのは良い事だ。

517 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 20:03:22 ID:C+Mv7dTe
>>510
> 「手段」が加われば利点になるわけではないでしょう?
> その利点は飽くまでその先にある「効果」であろう。
> 「手段」とは「効果」が無くては「手段」とは言えまい?

そこが意見の分かれる場所ですな。
外交官外交等一つの手段がつぶれたときに、
バイパスのようにほかの手段が用意されていれば有利ではないか?

インターネットはそういういくつもの経路を持つということに、
多くの人が利益を感じたから広まったものだと考えると、
手段を増やすことは利益であると考えてくれる方も多いのでは?


518 :512:2005/12/19(月) 20:06:58 ID:LKJM2XZK
>>513
しねえええええええええええええ

519 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/19(月) 20:08:34 ID:8dupGecx
>>517
>外交官外交等一つの手段がつぶれたときに、バイパスのようにほかの手段が・・・

その手段が「効果が期待できる」ならね。
「効果の期待できない『手段』」では意味がないだろう?
だから問題なのは「可能」かどうかではなく「効果」だと言ってるのだよ。

ちなみに、外交官外交等一つの手段がつぶれたときに「皇室外交」が活躍したという事例は聞いた事が無いな。
「効果の期待できない手段」は無いのと一緒だ。


520 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/19(月) 20:10:47 ID:W247ilSd
>>517
インターネットはエロがあったから広まったんじゃないの?

521 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 20:11:52 ID:xgL1xXt0
>山本一太が、「郵政民営化を行う事により、 ・・・

あやつは馬鹿ですから。


522 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 20:15:26 ID:YX8VahTW
外交って言ったって色んな省庁がそれぞれやってるんだが、
皇室外交はどれ担当してるの?

523 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/19(月) 20:15:29 ID:W247ilSd
>>519
まぁまぁ、

第1章 第7条 天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。
1.憲法改正、法律、政令及び条約を公布すること。
2.国会を召集すること。
3.衆議院を解散すること。
4.国会議員の総選挙の施行を公示すること。
5.国務大臣及び法律の定めるその他の官吏の任免並びに全権委任状及び大使及び公使の信任状を認証すること。
6.大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を認証すること。
7.栄典を授与すること。
8.批准書及び法律の定めるその他の外交文書を認証すること。
9.外国の大使及び公使を接受すること。
10.儀式を行ふこと。

やってんの見たこと無いけど

524 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/19(月) 20:15:58 ID:8dupGecx
>>521
その馬鹿と同じだ、と言われてるわけだが。

525 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 20:19:49 ID:gZvEbNW5
>>523
天皇がやらなければいけない理由が分からんな。
その手順省いても特に問題ないだろう。
十二国記の世界ならともかく。

526 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 20:22:44 ID:Y7KWXYkf
>>491
>なぜならどれも「外国人を喜ばせた」という事しか書かれていないからです。

嘘1.ググった先の一番最初から、国際的に日本文化の理解を高めるために貢献されてる
  と書かれている。
  どれもと言いながら何も読んでいないことが丸わかり。
  ついさっきまで「聞いたことがない」といっていた奴が55,100件の検索結果を
  「どれも」というほど読み込めるはずがないw バカ丸出し。

>>495
>勝手ではないでしょう?
いいや、勝手である。俺が議論をどう思おうとお前には関係ない。
お前は>>479で特別扱いするのならば「理由」が必要というから俺が憲法第一条を出すと
>>488で「私はそれが「妥当でない」と言ってるのですよ?」
と突然言い出した。

嘘2.憲法第一条が妥当ではないという主張は>>488まで一度も出ていない。
  >>495では当然そうと推測すべきだと言っているがw
  >>488の発言は事実として嘘である。

君が護憲であろうと改憲であろうと天皇を特別扱いする理由として憲法第一条が存在が立派な理由となる。

それから>>488の後半かw
>私は「天皇が文化と言うなら、他文化と同様に扱うべきだ」と言った。
>そしてそれに反論するなら当然他文化との差異を示すべきであろう?
>勝手にも何も論理的にそれしか無かろう。

君のレベルが如実にわかる書き込みだがw
天皇が文化ならなぜ他文化と同様に扱うべきか?
全ての文化が平等であるという根拠のない思い込みを勝手に前提にしている。
頭の悪い証拠ですなw

527 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/19(月) 20:22:54 ID:8dupGecx
>>523
え〜っと・・・、それは私に対する反論ですか?

528 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/19(月) 20:23:10 ID:W247ilSd
>>525
たしかに! 全部、内閣の承認いるしな

たぶんあれだよ・・・ほら・・・あの・・・文化遺産?

529 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/19(月) 20:25:35 ID:W247ilSd
>>526
落ち着いて・・・
人類が残り続けることの根拠も見あたらないのに・・・
すべてに根拠を求めてはいけません。


530 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 20:25:35 ID:Y7KWXYkf
利益を生まないものには金を出すべきでないって?
それ、誰が主張してんの?w
だから天皇制は廃止しようってかw

日本は民主主義だからその主張で多数決とってみようや。
俺は反対するけどねw

531 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 20:26:50 ID:gZvEbNW5
>>523
それと
>6.大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を認証すること。
これは司法に対する冒涜だと思う。
皇室に対する犯罪者を皇室の都合で赦すのは未だ分かるが、
全く無関係の犯罪者の罪に口出すのは制度上可能である事そのものが許せん。

532 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/19(月) 20:28:20 ID:W247ilSd
>>527
すまん。(>>523)
 ×>>519
 ○>>518
確かにがんばってるよねって言おうと・・・

533 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 20:29:08 ID:C+Mv7dTe
>>515
> CM、ポスター、イルミネーションはちゃんと「効果」を〜

国にとって「売上」をどう定義するか、数値で表せるものでしょうか?
「購買意欲を高める」は「日本と仲良くして行こうと思わせる」ではないかな

> その結果がこの現状かね〜

そこらへんは皇室の責任だろうか?
いまの現状は道端の石ころにラッピングして売ってる状態だと思うが。

534 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 20:29:17 ID:Y7KWXYkf
>>531
頼むから少しぐらい勉強しようや。
な。
バカすぎるぞお前。

535 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 20:32:55 ID:zPBsAcJD
お前らはアホか
天皇がいるかいらないかは日本人が決める事。在日や特亜には関係無い事だ
マジレスしてる奴はこんな事も分からんのか?
北に亡命するか祖国帰れ池沼が

536 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/19(月) 20:33:43 ID:W247ilSd
「天皇って存在する必要あるの?」 だな。
その上で
「天皇って敬う必要あんの?」 にいくのですな。

537 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 20:34:17 ID:gZvEbNW5
>>534
皇室の慶弔以外で恩赦特赦なんて有るのか?

538 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/19(月) 20:34:26 ID:3Aa1c/Qg
因みに西部は「皇室外交」なる表現はやめるべきだと逝ってるよ。
何故ならあれは実体として「儀礼」であり、外国高官の接受と同等の意味しか
持たないものだから。高度に政治的な意味での「外交」とは全く別物であると。

そもそも天皇(及び皇族)が政治的な意味のある活動とゆ〜のは、
できないのは憲法に定められてるとおりであり仮にそれが行われているとしたら
まさしく違憲行為であり重大な問題といえるわな。

539 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 20:35:49 ID:C+Mv7dTe
>>519
効果が期待できないと考えるのはあくまであなたの考え、
日本国としてはそうは思ってないということでしょ。

太一発言は知らない、
前後の話がわからないので書いてあることだけで考えると、
返答だけでなく質問も相当おかしなものではないか?

540 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/19(月) 20:37:03 ID:W247ilSd
>>536
ということで、
http://members.jcom.home.ne.jp/w3c/ASHIDSU/Koshitsunoseishinshi.html

541 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/19(月) 20:37:06 ID:3Aa1c/Qg
>国にとって「売上」をどう定義するか、数値で表せるものでしょうか?
費用対効果を求めるのは当たり前のこと。現代政治の潮流でもある。
なによりそれをおざなりにしてきたツケが国庫負担の悪化を招いてる。

542 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 20:37:58 ID:Y7KWXYkf
>>538
>外国高官の接受と同等の意味しか持たないものだから。

西部はいつ、相手国にアンケート調査をしたんだ?
なんでこんな勝手な前提をするかね。

543 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 20:40:10 ID:Y7KWXYkf
外交の成果は売り上げでのみ量れる。
ってかw

キチガイの理論だろ。

544 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 20:45:45 ID:gZvEbNW5
>>543
他にどんなもので量れと?
精神論は止めてね。

545 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 20:46:50 ID:NAWdByKt
天皇家っていいよな。手振ったり、海外旅行すれば仕事なんだからなW
体調不良と言えば簡単に休めるし

546 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 20:49:24 ID:3aLYdguX
>>545
簡単に言うねw
実際どうだか・・・

547 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 20:52:13 ID:3rktpU0x
費用対効果は重要だと思う。

548 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 20:52:43 ID:C+Mv7dTe
>>544
一国のメディア全体に数ページ日本文化の紹介のせるのにいくらかかるだろうね?
外国の元首に合うのにいくらかかるだろうね?

というか金を直接払ってもやってくれるところがどれだけあるだろうか?
確実に日本のイメージ下がるだろうしね。

549 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 20:54:11 ID:C+Mv7dTe
天皇を維持する利益のごく一部でも結構な額ではないでしょうか?

550 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 20:55:53 ID:gZvEbNW5
>>548
? 何言ってるの?
掻い摘んでくれるか?

551 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 20:56:44 ID:w/fCBzcm
俺は神武天皇以来の軍の統帥権(直接率いねばならないから義務かな)
を復活させて欲しいな、世界中の非難の声を笑顔で受止めよう!

552 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/19(月) 21:05:44 ID:W247ilSd
>>550
皇室外交って役に立っているのか?
別に外交官いるしいらないんじゃない?
皇室外交だって利があると思うよ。
利ってどのぐらいあるのよ?

553 :日本人は認知症民族:2005/12/19(月) 21:13:14 ID:DFqSWCI9



    皇室外交めっちゃ役にたってんで!
皇室外交のおかげで こんにちのエセ国があるといっていい!
皇室万歳  ええと神武ちゃんバンザイ ええとま なんでもいいからバンザイ
エセへ

554 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 21:27:04 ID:Dg3G+s3s
白丁は存在自体似非。

555 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 21:47:12 ID:2T5Wxx85
皇室に価値なしとしている人の発言を別の物に置き換えてみると、
ピカソの絵に何の価値がある?絵の具が塗りたくってあるだけじゃないか。
音楽って、ただの音の集合だろ。
と言っているように聞こえる。
周りの人が価値がある物と思えば、それは価値のある物だと思うんだか。
まっ歴史や伝統に価値を感じない人には皇室はムダにしかみえんわな。
朝鮮人だってほしがってほしがってしょうがない物なのにね、歴史と伝統。

利ってどのぐらいと言われると、「一度失うと二度と取り返しのつかない、
金ではどうにもならない貴重な物」
と私は思っている。
金に換算できないから価値が分からないのだろうか?

まあ価値観は人によってまちまちだから自分の意見を押しつける気は
ないから、否定派の人もおしつけないでね。
ちなみにたしか国民の8割は皇室を肯定していたと記憶しているが、この
人たちにも押しつけないでね。

556 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 21:48:15 ID:w/fCBzcm
そういや朝鮮民族には何にも無いな、「初めに恥ありき」の冒頭のみだw

557 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/19(月) 21:51:38 ID:3Aa1c/Qg
>>555
そ〜ゆ〜文化的な価値だとか、芸術への評価だとかは別の話じゃん。

558 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 21:53:57 ID:3XEn4KEH
>>1
必要
なぜなら日本国の天皇だから
これでわからなければとっとと自分の国に帰れ

559 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 21:56:25 ID:4p73nyS/
天皇の存在は日本の歴史を表すもの。すなわち古代に本からの日本の文化が具現化したもの

560 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/19(月) 21:58:55 ID:W247ilSd
>>557
いきなり抽象一般論理で「存在理由」があるかないかなどとの発想法で考へたのではならないと云ふことなのだ。
http://members.jcom.home.ne.jp/w3c/ASHIDSU/Koshitsunoseishinshi.html より

561 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 22:00:10 ID:WPlL4m/Y
天皇なんて中国の皇帝のパクリだし

562 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 22:27:32 ID:w/fCBzcm
>>561
よっく考えろよ
確かに初めはそうだったかもしれん
しかし実際に王朝の交代なしにそれを実現したのは日本の皇室だけだ
中国儒教の思想、もっと踏み込んで孔子が理想としたのは1代で滅んだ秦皇家か?
それとも日本皇家か?

563 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 22:41:25 ID:jK6saViQ
>>562
> 孔子が理想としたのは

周王朝ですね。周礼に習えって言ってたし。

564 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 23:30:42 ID:ZVHnP3eG
我々人間というのは、
動物であるヒトが持っている機能の一つにすぎない。

つまり、同じ遺伝子を持つ、機能分化した細胞のコロニー、
この体を、快適に管理するだけの仕組みだ。

それ以上の意味はない。

したがって、
人間が生きている理由というのは、
自分の体を養う以上の意味は無く、
それ以上の価値も無い。

・・・でも、
人間が生きるにあたって、
そもそも、意味だの価値だのなんてのは、
必要じゃないんだわな。

ただ生きるだけなら、
すべての動物が同じように生きてる。
必要性は、必要じゃない。

俺はただ、豊かに行きたいだけ。
ストイックな共産主義の人たちは、
あれは無駄、これも無駄って削り続けて、
なんか、悲惨なことになってるみたいだけど、
それも彼らの生き方。

565 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 23:37:54 ID:w/fCBzcm
>>563
孔子は周王朝の復活を説いていると誤解された為、様々な迫害に遭ったんだよ
彼が理想としたのは周王朝の血筋を王位に就かせる事ではなく、周の持つ王道を
受け継ぐ国を作ること、つまり争いではなく徳をもって国家を治める王家を
誕生させる事だったんだ、その為には沢山の決まり事を守らないといけない、
それくらい、中国文明の王の交代は難しい事だったんだ。

さて天皇家はどうだろう? 何回内乱が起きて何回血筋が絶えたかな?

566 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 23:43:57 ID:ZVHnP3eG
正当性は、神聖な権威を持つ。

仮に侵略者が新たな領地を獲得したならば、
権力者として君臨することを目指すだろうが、
それを正当化する根拠としては、地元の伝統的な権威を利用する。

これは、ネパールにおいても、
また現代のアメリカにおいても同様だ。

日本やタイでは、
内乱が発生して覇権争いが起きても、
権威には手を出さず、従う。

567 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 23:46:46 ID:ZVHnP3eG
ちなみに大陸では、
皇帝よりも上に「天」という概念を採用し、

周辺の異民族が中央を制圧した場合、
もはや天命は革まった、と宣言して、
革命による皇帝の君臨を肯定し、
いかなる民族の中華統治も正当化されることとなった。

568 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 23:48:52 ID:c+0f24/I
普段やたら敬う必要は無いが無用に貶める必要も無いだろ
阪神の地震のとき避難所を訪れた天皇ご夫妻に被災者がすごく喜んだのが
印象的だった
むしろ普段必要とされない状況こそ国民が幸せだってことなんじゃないか?

569 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 23:51:14 ID:ZVHnP3eG
・・・つか、
一切無意味って考えの俺としては、

子供の王様ごっこも、本物の王様も、
本質的な意味において、差はないんだけどね。
まあ、陛下は王じゃないけどさ。

価値は、どれだけ本気なのか、それで決まる。
命さえ賭けることができる価値があるとしたら、
その人は、幸せだと思う。

570 :日出づる処の名無し:2005/12/19(月) 23:58:18 ID:Y7KWXYkf
「じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6」くんは逃亡か。

情けない奴だ。

571 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 00:17:00 ID:CN4+hpO+
俺の場合、

子供たちが王様ごっこしてる場にでくわしたら、
王様役の子には、王に対するにふさわしい、と俺が思う態度で、
真剣に接する。

夕方になって、その遊びが終わったら、
俺は、非常に寂しい思いをすると思う。

俺は、豊かに生きたい。
ただ生きるだけでは不足だ。

贅沢かもしれないが、
死ぬ価値のある意味を持ちたい。
そこまで物騒でなくとも、
見上げる価値を持つことは、
なんだか、楽しい。

572 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 00:17:21 ID:qQQvCP2b
年上の人を敬えよ当たり前だろう

573 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 00:19:44 ID:Ske2YVN2
天皇皇族皇室が『文化』だって言うのなら公からは離れてもらいたいものだ。
『文化』と言うものは文明から脱落したものか、
そもそも実用性を持たないものなんだから。

574 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 00:21:14 ID:CN4+hpO+
実用性を持たないという理由で、
伝統文化を再破壊したのが、
あの、文化大革命だ。

悪いとは、言わない。
言う権利も無い。

でも、あれは醜かった。
中華の恥辱だ。

575 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 00:22:36 ID:Ske2YVN2
>>574
実用性が無いから消えて無くなれと言っているわけじゃないが。

576 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 00:24:00 ID:CN4+hpO+
誰が?

577 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 00:24:30 ID:gANjxGp0
きっと、中国も韓国も黄昏の時代に入ったんでしょう
老衰です、隣国としては出来るだけ沢山の遺産を継承しましょう(標本として)

578 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 00:25:02 ID:Ske2YVN2
>>576 皇室が。

579 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 00:27:11 ID:CN4+hpO+
いや、中国共産党は変わると思う。
そのように、まだ俺は、期待を抱いてる。
再度革命なんてのは、起こらない。
徐々に、良い方向に変化するだろう、
と期待してる。

革命というのは、無理が限界に達したとき、
一気に噴出する破壊的改革なわけだが、
今の中国は、爆発しないように変化を続けてる。
だから、期待できる。

韓国だって、そのうち、
まあ、その・・・むにゃむにゃ。
つか、あいつらめ・・・。w

580 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 00:30:39 ID:gANjxGp0
中国共産党が変わるのが早いか
中国人民の怒りが爆発するのが早いか

戦争でウヤムヤにする可能性もある、
最近イロイロと喧嘩吹っかけてくるし。

581 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 00:32:28 ID:CN4+hpO+
・・・ただ中国共産党に期待したいのは、
今までみたいに、ただイデオロギーの建前だけ主張するんじゃなくて、
中華の偉大な歴史を、ちゃんと再認識して、取り込んで欲しいってこと。

封建主義だからダメ、とか、
そういう単純なことを言うのは、革命が成功しないであせってる、
そういうときなら許されるかもしれないけど、大中華の後継者としては、
それが気に食わない体制だったとしても、偉大な歴史を公式に受け入れて、
その権威を継ぐべきだと思う。

重用なのは、イデオロギーではない。
そんなものは、ただの手段に過ぎない。
・・・つか、軍隊が暴走しないように、がんばってください。

582 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 00:37:47 ID:CPouraLr
>>565
孔子の「周礼に習え」という主張は、母国である魯国を守るという目的
も有って主張していたんじゃないかとにらんでいます。
政治家を志向した孔子の、彼の性向に合致した、彼なりの「「富国強兵策」なのではないか?
そういう疑念を持っているので、孔子の主張には眉に唾して見る様にしています。

583 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 00:47:47 ID:n3gTz4JF
別に敬う必要は無い。
朝早くおきて、御真影に向かって二拝二拍手一拝する必要も無い。

ただ己が日本人として、清く正しく生きたいのであれば、天皇陛下が
この地におわすことを覚えておくだけでいい。

今日一日の行いを正しく過ごせたかどうか、それが重要であり天皇陛下に
顔向けできない事をしなければ良いだけだ。



584 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 00:53:12 ID:BbJuMEGo
今日も元気にドカンを決めたら洋ラン背負ってリーゼント

585 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 01:05:56 ID:CN4+hpO+
つか、ぶっちゃけ、
現に在位する陛下でさえ、
天皇の権威を汚すことは、
困ったことなわけで。

586 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 01:38:19 ID:c9ifp4hi
日本書記の神武天皇だのアマテラスオオミカミとかのそういう神話を日本の象徴というか精神的支柱にしたほうがいいかもしれん

今の天皇皇室はマスコミなんかがワイドショーみたく扱われているから今のイギリス王室みたいに権威が失墜してるような希ガス

587 :擬古侍 ◆lIberAli6k :2005/12/20(火) 01:45:57 ID:udRxVLm5
イギリスの神話のように、日本国の天皇陛下の歴史を
しっかりと、子供たちにおしえなければいけない。

588 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 01:46:02 ID:gANjxGp0
宮家には英王室のようなスキャンダルは見当たらないが?

589 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 01:47:49 ID:BbJuMEGo
愛子さまがお歌がお好きなようだ。
大スキャンダルだ。その歌を張り込まねば

590 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 01:49:08 ID:CN4+hpO+
かといって、
北欧の王族みたいに、
庶民的になりすぎるのも、
ちと寂しいし。w

・・・にしても、
英国のマスコミ、絶対変。
英国人って、階級差が酷くて、
理想を実現するとか、しないのな。
誰も彼も紳士淑女、ってわけじゃないと。

なんで、理想を求めないかね。

591 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 02:32:21 ID:f/0aAdLH
つーか、実用性云々とか言ってる人いるけど、会社とかやくざとか町内会とか
とにかく一番偉い人が話しの場に出るだけで問題が解決することってあるだろ?
規模がでかければでかいほど、そういう看板は効く。

上の世界に行けばいくほど下世話に「格」ってものが重要で、現在の日本では天皇以外
とってかわれないだろ?

アンタッチャブルな存在がバックについてるのは、日本人の利点だと思うけど。
日本人ならな。



592 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 04:54:25 ID:uefiN1QX
>>591
冷静な話し合いを取り戻す事はあっても解決そのものはしない、
ヤクザの場合は知らないけど。

もしソレが国と国との話なら、
天皇に限らずTOPが出たくらいで解決するような温い事態なら、
TOPが出て行かなくても遅かれ早かれ解決する。

593 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 08:04:04 ID:GZSHvyMd
とりあえず、皇室費よりもそれを支える宮内庁費の方が額が大きいという
馬鹿げた構図はなしにしようや。
宮内庁はもっとスリム化できるというのは、いろんな識者が指摘している。
小泉は構造改革をするのであれば、宮内庁にメスを入れるべきだろうな。
利権の宝庫だと思うね。

594 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 08:16:09 ID:Z4x/l8r3
>>592
早くなるなら意味が有るじゃねえの?

595 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 08:51:52 ID:zniaOuuz
敬う必要も養う必要も無い

き っ ぱ り





596 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 09:46:17 ID:bfjQwO0x
日本人以外は敬う必要無い

597 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 09:48:39 ID:GZSHvyMd
>>595
同意。

598 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 10:50:15 ID:6DsLxP+4
敬う必要がどうとかより存在自体が必要なだけだろ。
敬えないってヤツはそれでいいし、敬うってヤツもそれでいいわけだ。
ただ、お互いにそれぞれの考え方を貶めたり、天皇家を貶めたりするのは違うだろ。

俺は敬ってるから天皇家がキモイだのと言われると腹が立つな。
そういうことだ。

599 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 11:18:29 ID:whtL8N2C
天皇がいるから日本は比較的安定した社会を保っていられる。
中国やソヴィエトの様に自国民大虐殺なんて起きないでそ。
社会の価値観が簡単にひっくり返ったりしないための重石みたいなもんだ。

600 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 11:21:47 ID:Bp5nvO/o
まあ国籍持ってないニート外国人を置いといても
外人労働者山ほど受け入れてればいずれ起こる問題。
イスラームに天皇敬えとか無茶な話だしな。

ただ、天皇の権威を今から失墜させて引きずり落とそうとすれば必ず遺恨が残る。
将軍様やシナの陰謀呼ばわりされても仕方が無い。

601 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 11:36:37 ID:lUzZa7yE
まるで、イスラム圏に国王がいないようだな

602 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 11:37:18 ID:Cgxu/I4R

朝鮮人がここでこういう反日活動をしたことはきっちり記録しておかないとな。


603 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 11:41:10 ID:17DTwRSr
>中国やソヴィエトの様に自国民大虐殺なんて起きないでそ。
それは共産主義の民主集中性によるもの。天皇は関係ない。

604 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 11:44:45 ID:cpkxmkay
関係ない?本当か?
民主集中制と天皇制の相関まで検証したのか?

ええ加減なレス書くなよ。

605 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 11:47:22 ID:17DTwRSr
>関係ない?本当か?
ホントに決まってんじゃん。
天皇がど〜だろ〜が共産主義の発展段階では必然的に起きるのが
民主集中性による締め付けだぜ?

606 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 11:48:27 ID:RHO9/RMT
>1

    天皇は、日本が立派に生きるてる見本であり信仰だ!



607 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 11:50:22 ID:17DTwRSr
オマイらウヨも、てめえに口当たりのいい狭い範囲の情報ばかり鵜呑みにしてねえで
左翼思想をもっと勉強しろよ。だいたいソヴィエトって何だよw
それをゆ〜ならソヴィエト連邦だろ。(正式名称はまた違うが)ソヴィエトって「評議会」
って意味だぞ。

608 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 12:04:55 ID:lUzZa7yE
おまえ、すごいな
「アメリカはアメリカ合衆国だろ」と言ってるのと同じだからな

あと其処を突っ込んで、「中国は中華人民共和国だろ」ともと言わない、君の視野に感動した

609 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 12:06:46 ID:17DTwRSr
せめてソ連っていえよ。

610 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 12:09:44 ID:xFAbgL5g
何が評議会だ。
お前はただそのウンチクたれたいだけだろw
GHQのおかげで地位が約束された戦後左翼ごときが笑わせるな。
その驕りがお前ら左翼の落とし穴と知れ。

611 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 12:10:26 ID:GZSHvyMd
リベラルをサヨクだの共産主義だのと言われたらたまらんな。
ボリビアの選挙結果を見ても分かるようにリベラルな中道左派政権への
揺り戻しが起きはじめている。

まあ日本の場合、民主がリベラルを標榜するどころか代表が「あれ」だから
当面、そうはならないと思うが。

612 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 12:16:58 ID:17DTwRSr
>その驕りがお前ら左翼の落とし穴と知れ。
期待に添えなくて悪いが、オレは左翼じゃね〜よ。

613 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 12:19:03 ID:RHO9/RMT
>1

    天皇は、日本が立派に生きるてる見本であり信仰だ!





614 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 12:24:57 ID:Vct0hS3V
>>612
自分を中道だと錯覚してるのかも知れないが、
どちらかの思想に傾いている人間を傾いていると言う理由のみで叩く人間は
サヨクとくくっていいと思うぞ。

615 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 12:25:56 ID:Z4x/l8r3
>>603
フランスでも起きてなかったっけ?
自国民虐殺

616 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 12:28:54 ID:RHO9/RMT
>614

左翼も右翼もレッテルだ!

それぞれの価値観があるだけだ!

617 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 12:33:27 ID:17DTwRSr
>>614
オレは別に叩いてるわけじゃね〜よ。「左翼思想をもっと勉強しろよ。」と逝ってるだけ。
敵を知らなきゃまともな攻撃はできねえじゃん。

>>615
フランス革命後の混沌期による王党派の巻き返しやロベスピエールらの専制的政治と
共産主義政権による殺戮は全く違った意味があるんだよ。共産主義にとって対立概念を
許さないのは思想的な形而上の問題を含んであり、それが知識層への弾圧につながるんだが
フランス革命後の共和制政権が行ったのは政敵への弾圧ってコトだ。

618 :日本人は認知症民族:2005/12/20(火) 12:37:07 ID:kIW835fc







           うるせえな ハヨ死ねよ

         てめえが日本人やと認識してるんやったら

619 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 12:38:03 ID:Vct0hS3V
敵を知れって・・・
まともな左翼思想を基準に行動してる人間が
この国のどこに居るんだよ

敵って具体的に誰のことだ。

620 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 12:38:06 ID:Z4x/l8r3
>>617
何をまと外れなことを書いてるんだか。
「自国民虐殺は共産主義だから」
としているあなたの説に例外を出しただけだが。

621 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 12:47:39 ID:17DTwRSr
>>620
オレははじめから共産主義による(>>599>中国やソヴィエトの様に自国民大虐殺)の
話しをしている。的はずれはオマイだよw

622 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 12:50:22 ID:Z4x/l8r3
>>621
()の括りの位置がおかしくて話の内容が不明

623 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 12:54:21 ID:17DTwRSr
>>622
反論できなければそれでいい。

624 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 13:00:27 ID:Z4x/l8r3
>>623
そんなアホな返答が来るとは思わなかったw

共産主義による()の 話しをしている

じゃ意味がわからぬだろうに

共産主義による()自国民大虐殺の話しをしている
共産主義()の話しをしている

等 「括弧の位置がおかしいのでは?」と判断するのは当然では?

625 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 13:02:26 ID:17DTwRSr
>>624
レス先を読めって逝ってんだよ。

626 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 13:04:35 ID:Z4x/l8r3
>>625
おいおい自分のミスとレス先の主張をごちゃごちゃにするなよ。

627 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 13:07:03 ID:17DTwRSr
>>626
そ〜ゆ〜ツッコミならもういいや。
本論とは無関係なレスを相手にするつもりはない。

628 :日本人は認知症民族:2005/12/20(火) 13:12:42 ID:kIW835fc




    うるせえから ハヨ逝けっていってんのが
          わかんねえのか ワレドモは!
       ぼこぼこにしてケツカルゾ!
     エセへ

629 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 13:13:15 ID:umKT8OBe
相手にわかりやすい書き方をすることは、こういう場だからこ
そ気にしたほうがいいはずだし、自分の意図を正しく相手に
伝えることも、議論において大事な要素だと思うが。


ま、左翼というのは他人の意見を誤解・曲解するのが大好き
だから、自分の意見を誤解・曲解されても平気だということか。



630 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 13:15:27 ID:Z4x/l8r3
>>627
あなたの単純ミスで、(あなたの思っている)本論がぼやけてる
からはっきりさせろと言うことだろうが。

誰も謝罪も賠償も要求しないから、さっさと訂正してくれ。
何を言いたいのだ?
話の上で、同じものに対して解釈が違ったま進めるとろくなことがない。

631 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 13:18:09 ID:Z4x/l8r3
「あなたの主張を明確に伝えてくれ」
という要求になぜここまで拒否の姿勢をとるのか理解が出来ない。

632 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 13:25:14 ID:17DTwRSr
やれやれ、己の認識不足を棚に上げて訂正しろかよw
まんどくせ〜な、オレの意見は以下の通りだ。

共産主義は民主集中性とゆ〜特殊な制度によって形而下はもちろん、形而上の概念も含めた
徹底化を目指す政治運動体であるがため、対立する政治思想については独善的な弾圧を加え
驚くべき虐殺をもたらす。それは一種の宗教対立よりも苛烈であり、丸ごとの自己否定を
求めるからだ。共産政権が多くの殺戮に奔走する理由はそこにある。

633 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 13:34:41 ID:Z4x/l8r3
>>599は天皇を

> 社会の価値観が簡単にひっくり返ったりしないための重石みたいなもんだ。

と定義して天皇がいない場合の一例として、共産主義への変革の際の虐殺を上げた。
それに対して【:(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ】は虐殺は共産主義への転換では
どこでも起こるから天皇がいようがいまいが虐殺は行われるので意味が無いとしている。

という認識で良いのかな?

634 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 13:37:55 ID:Z4x/l8r3
自分は天皇がいない場合のもう一例としてフランスを上げた。

635 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 13:47:09 ID:Z4x/l8r3
> 己の認識不足
とおっしゃるが、
自分は【:(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ】氏の語る
共産主義論に異論も意見も挟んで無いと思うのだが…

636 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 13:50:27 ID:17DTwRSr
>>633
う〜ん、ちょっと違うんだが。

まず天皇の存在の有無は重石の有無ではないとゆ〜コト。そして国の安定ってのは政治構造や
社会基盤の安定であって、日本の安定に天皇が寄与してるって意見には根拠がないってコト。

また共産主義政権の虐殺ってのはソ連や中国にしてもそうだが、必然的に権力の集中をもたらし
レーニンなどが逝ってるごとく指導体制への集中が必然であるとゆ〜概念から、対立概念への
徹底化が図られる。その結果として虐殺が起きる。

また、上でも書いたがフランス革命時の混乱による反対派への弾圧は、また別な問題によるもの。
一つは王制打倒とゆ〜先行概念だけが突出してしまいその後の政権安定化とゆ〜認識が希薄だった
コトと時代背景からして、相当なパラダイム変換だったがため思想的熟度が満たされてなかった。

つまり、三つの意味は全く違うモノであり、つながる概念はない。


637 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 14:05:51 ID:lUzZa7yE
おまえ、ほんとにすごいな

ソ連も中国も前国家は皇帝が居たのを忘れてるみたいだね
そこから共産政権に移り、また新たな存在(最高指導者や国家主席)を作りはじめ、その過程に多大な粛清が行われてるんだけど?

日本も同じく天皇が居たけど、そんな事にはならなかったね、ほんと何でだろうね?くっくっくっ
関係がないだって、背景も見えてないやつに言われたくないなw

638 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 14:10:03 ID:17DTwRSr
もう一つ。
現実的な選択肢として、共産主義政権が日本で成立する可能性は限りなくゼロに近い。
また、左翼政権が成立するとしてもそれは北欧や欧州各国にみられる社民主義政権であろう。
つまり、誰かさんが危惧しているよ〜な中国や旧ソ連、旧東欧型、あるいはカンボジアなどの
共産主義独裁政権誕生などが誕生する可能性など無に等しいのだから、それを必要以上に
危惧するのは「オオカミがくる」と煽ってるオオカミ少年ごときレベルの話しだ。

639 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 14:10:54 ID:Z4x/l8r3
>>636
> 国の安定ってのは政治構造や 社会基盤の安定であって

>>599の主張は、「政治構造や 社会基盤の安定」が失われた時の事を書いているのでは?
現状の安定の維持に役に立っているというのではなく、安定が崩れた際に極端に走らないための重石だと。

640 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 14:13:47 ID:GZSHvyMd
>>637
その二国だけかい?共産主義国家って?
そもそも共産主義だの社会主義だのいまだにイデオロギーで
括るのが時代遅れ。
中南米を見ても分かるように中道左派政権は必ずしも
ソ連やかつての中国のようなばりばりの共産酒国家ではないわけで、
天皇制廃止=共産主義国家樹立などと言うのがおかしい。

日本の場合はGHQの占領政策の一環で天皇が残されたが、
例え天皇が処刑され、当初の目論見どおりに神社が焼き払われていた
としても、日本人がイラクのように抵抗していたか疑わしい。

抵抗の意欲を失うほどに疲弊した当時の日本の状況を考えろと
言いたい。

641 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 14:15:20 ID:17DTwRSr
>>637
中国は辛亥革命で清王朝が滅んだのであって(無論原因はそれだけじゃないが)、共産党が
滅ぼしたわけじゃない。ロシアロマノフ王朝も同じ。滅んだきっかけは多々あるが、そのとき
レーニンはフィンランドにいた。その後のヘゲモニー争いをボリシェヴィキが制した。

642 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 14:17:31 ID:Z4x/l8r3
>>599>>637も「社会の混乱」の一例として共産主義への移行を使ってるだけだと思うが。

643 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 14:17:49 ID:17DTwRSr
>>639
>安定が崩れた際に極端に走らないための重石だと。
それなら尚のこと、その根拠が示されておらず無論オレはそうは考えない。

644 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 14:19:26 ID:17DTwRSr
>>642
それをゆ〜なら共産主義勢力を徹底して排除して成立した
メキシコ革命なども勘案すべきだと思うが?

645 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 14:21:00 ID:Z4x/l8r3
>>644
そうだろうね、
自分も共産とは関係ないところから「社会の混乱」の例を出している。

646 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 14:25:41 ID:mY7Mytd3
自分の主観をもって他人の危惧を否定するソースとはできない。

主体思想を奉じる大学教授が存在する昨今、
共産主義革命を無に等しいと断ずる根拠を述べよ。
独裁政権の誕生を否定できる根拠を述べよ。

647 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 14:27:22 ID:17DTwRSr
>>645
だから、特殊な事例であり現実的な選択肢の可能性も低い共産主義政権での
問題を包括的に「社会の混乱」に還元させるってのは論理的に無理があるんだよ。

648 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 14:32:22 ID:17DTwRSr
>主体思想を奉じる大学教授が存在する昨今、
それが思想的、あるいは政治的ヘゲモニーを握っているか?
存在するコトが危険性の発露だとすれば、どんな危険性だってあり得る。
確実にいえることは、現在の日本の国力と法体系、国民の知的レベルと経済力からすれば
そのよ〜な言説がヘゲモニーを握ることはあるまい。

649 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 14:37:41 ID:Z4x/l8r3
>>643
> 無論オレはそうは考えない。
そりゃあなたがどう考えようがあなたの勝手だろうけど

歴史上数々の社会的混乱の中、日本というまとまりが崩れなかったこと。
共産革命やフランス革命のような惨事が明治維新では起きなかったこと。

これに天皇が(天皇が動いたり、誰かが天皇を使ったりして)役に立ったこと。
これらの役割を期待している国民がいること。

それが天皇の存在理由の一部では?


650 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 14:40:07 ID:17DTwRSr
>>649
根拠もなくそ〜いわれてもな〜

651 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 14:47:51 ID:Z4x/l8r3
>>650
国内の大勢が決まった時点で、皇室が動いて権力者の認定を行ってきたではないか
それによって過度な粛清を止めることが出来ている。

それが、自主的なものであろうと脅迫的なものであろうと、
役に立っているとは言わないかい?

652 :646:2005/12/20(火) 14:48:33 ID:nfbv9+Nb
大学教授という地位がすでに多数派への一段目を上っている証拠とはならないのか。
何か起これば日ごろの危機管理体制云々騒ぎ立てるが、
主体思想の大学教授が教鞭を振るうことにななんら危機を感じないわけか。

お里が知れるとはまさにこのことだ。

653 :646:2005/12/20(火) 14:52:04 ID:nfbv9+Nb
つい最近まで国会議員が「拉致などでっちあげだ」と公言していた国の
国民のモラルや法体系をそこまで盲信できる才能には感服するほかない。

654 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 14:53:00 ID:17DTwRSr
>>651
正統性の付与を天皇が担ってきたって話しなら全く根拠にはならねえな。
「いつの時代の話しだ?」で終わり。反論云々のレベルになってない。

>>652
少なくとも一般的な認知度もない大学教授にどれほどのポリティカルパワーが
あるんだよw

655 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 14:53:24 ID:Z4x/l8r3
>>650
一例として錦の御旗なんかはどう?
流す血を少なくするのに役に立ってると思うが?

656 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 14:54:26 ID:17DTwRSr
>>653
そういっていた政党が今どんな状態かみれば分かるじゃん

657 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 14:57:37 ID:Z4x/l8r3
>>654
> 正統性の付与を天皇が担ってきたって話しなら全く根拠にはならねえな。
> 「いつの時代の話しだ?」で終わり。反論云々のレベルになってない。

歴史は意味が無いという主張と言うことでよろしいかな?

658 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 14:59:21 ID:17DTwRSr
>>655
まず、今の日本では明確な対立概念ってのが存在しない。
つまり内側からの決定的な混乱とゆ〜展開の可能性について考えてみ。
さらに、最悪のシナリオとして何らかのテロやクーデターが起きるコトを
想定して考えてみ?オレは例えば、三島の自衛隊市ヶ谷駐屯地占拠事件での
自衛官の対応からしてあれが現実的な収束だと思うぜ?

659 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 14:59:44 ID:Z4x/l8r3
根拠に成るなら無いの認定者が
:(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ
というのもおかしな話だが。

660 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 15:00:16 ID:17DTwRSr
>>657
違う。
そうした歴史的役割は今の天皇は担ってねえと逝ってる。

661 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 15:01:53 ID:Z4x/l8r3
>>658
今の安定を語ってるわけじゃないでしょ。
社会が不安定に成ったときとして歴史や他国から例を持ってきている。

662 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 15:03:18 ID:X2uGAjXf
>>526
>と突然言い出した。
なぜ「突然言い出す」と「嘘」なのか?
嘘とは「本当でないことを言う事」では?
私が今までに「憲法は正しい」と発言していたなら確かに「嘘」になりますが、
私は一切そんな事は言っていません。(言ったと言うなら示してください)
かつ、私はこれまで「天皇制廃止」を唱えています。
これは明らかに私が「憲法が妥当でない」 という理念をモトに言っているに決まっています。
なぜなら、「憲法を正当化」して「天皇制批判」はあり得ないからです。
これは「憲法を正当化」して「九条批判」するのと同じくらいありえない事でしょう?


663 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 15:03:56 ID:Z4x/l8r3
>>660
今の天皇が担ってないのは当たり前でしょ、平和なんだから。

664 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 15:05:23 ID:17DTwRSr
>>663
未来においても、って意味だ。
三島事件のことは少しは考慮したか?

665 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 15:06:33 ID:Z4x/l8r3
>>660
「社会が不安定なときに役に立つよ」
って主張に
「今は平和だよ」
って言われたって
「そうだねぇ」
としか答えようが無いのでは?

666 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 15:07:55 ID:X2uGAjXf
>>526
>>488の発言は事実として嘘である。
理由が書かれていませんね〜。
先ほども言いましたが「嘘」であるからには私が「憲法が正しいと言った」という事を言ってなければいけません。
そして私は言ってない。(言ったのなら示してください)
「当然推測すべきだ」とは後になって言いましたが、それは「嘘」ではないでしょう?


667 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 15:09:12 ID:Z4x/l8r3
>>664
未来においても担えないとするのは、完全なあなた独自の考えであって、
それを根拠に廃止しろというのは暴論だ。

668 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 15:13:43 ID:17DTwRSr
>>667
いや、だから三島事件をどう思ってるか書いてみりゃいいじゃん。
この事件はオマイの発言について多元的な意味を含んでるんだから。

669 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 15:13:53 ID:Z4x/l8r3
>>664
未来においては担えるとする論もまだ不確定であるが、
未来において担えなかった場合に廃止する選択肢も残る。

廃止した後、未来において担えるという結論が出ても、
元には戻らない。

670 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 15:14:45 ID:Z4x/l8r3
>>668
他人に聞く前に自分の解釈を書いたらどうですか?

671 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 15:15:41 ID:17DTwRSr
それに天皇ってのは今や憲法概念の内側におり、正統性を担う存在ではねえからな。
これは常識のレベルの話しであって独自の論理ではない。

672 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 15:16:18 ID:X2uGAjXf
>>526
>天皇が文化ならなぜ他文化と同様に扱うべきか?
>全ての文化が平等であるという根拠のない思い込みを勝手に前提にしている。

当然「勝手」に考えたのですよ?
ですから「全ての文化が平等でない」という根拠を示せ、と言ってるのです。
同じ「文化」という言葉でくくる以上、差を出すなら「差異」があって然るべきでしょう?
それとも、そんなにお偉い文化のクセに他文化と「差異」が全く無いんですか?

>天皇が文化ならなぜ他文化と同様に扱うべきか?
「文化」だからでしょう?
あなた自分の言ってる事が分かってますか?
上のあなたの発言は、私に
「文化をなぜ文化と同様に扱うのか?」
と言ってるのと同じですよ?
「文化」を「文化」として扱うのは当然でしょう?
そこで「特別」に扱うのなら、「差異」を示すのが当然です。


673 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 15:16:37 ID:17DTwRSr
>>670
答えられなきゃいいよ。
別に強要するつもりもねえし。

674 :日本人は認知症民族:2005/12/20(火) 15:22:29 ID:znn/kZdI


            私はエセで
           はありませんが
          チンのわだいについて
         わめかせてください チンは
        エセの生存にとって必要不可欠で
       あることは 欧米の白人たちの意見の
      一致するところです ですから エセどもは
     心配することなく チンを敬い続けてくれません
    か お願いします チンは僕たちにとってもとっても
   不潔感あふれるエセのトップであると確認してますですk

675 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 15:24:05 ID:Z4x/l8r3
>>673
おもしろい発想だね、
「強要するつもりがない」
とはずいぶん上の目線に移動したものだ。

あなたは勝つために討論(闘論?)するタイプか?

676 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 15:27:30 ID:17DTwRSr
>>675
いや、オレが提示した命題に対して答えるかど〜かの権利はオマイにある。
だからオレは強要しないってだけ。そんだけ。

677 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 15:28:59 ID:nfbv9+Nb
確かに憲法概念の内側であることがそもそも間違いだと最近指摘されはじめてきてるよな。
よきかなよきかな。

678 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 15:30:51 ID:Z4x/l8r3
>>676
そうですか、
ちなみにあなたは三島事件に関してどう解釈します?

自分も回答を強要はしませんが。

679 :日本人は認知症民族:2005/12/20(火) 15:31:34 ID:E6lriN/c





           エセが
          それをやり
         たがるのはよく
        わかりませんが エセの
       気持ちをくんでやることもひ
      つようかとおもう今日このごろとう
     ろん激論世界注目チョパリの意見おおいに
    世界は三光にしてまあす これからもエセがお 

680 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 15:33:26 ID:17DTwRSr
>>678
オレが先に聞いてるのでまずオマイが答えてくれ。
さすればオレも自説を述べよう。

681 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 15:33:59 ID:X2uGAjXf
>>539
>効果が期待できないと考えるのはあくまであなたの考え

その通りです、私の考えです。
しかし「そうでない」と(あなたが)言うなら「その効果を示してくれ」と言ってるのだ。
つまり「客観的事実」というやつを要求しているのです。
ちなみに私が示す「客観的事実」は「効果が示されない事」です。

・・・分かってるとは思いますが「悪魔の証明」を私に要求しないで下さいね。


682 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 15:35:55 ID:Z4x/l8r3
>>680
あなたが出したものだから先も後も無いでしょう。
自分の解釈が無のに他人に意見を求めるのかい?

683 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 15:37:26 ID:17DTwRSr
>>682
ゴチャゴチャゆ〜ならいいよ。
ヤメヤメ

684 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 15:37:40 ID:X2uGAjXf
>>555
「ピカソの絵」に税金が数十億円も使われてるなんて聞いた事がありませんが?
事実ならソースを。


685 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 15:40:07 ID:Z4x/l8r3
>>683
三島事件に対してあなたなりの意見があるから、
違う意見であろう私に意見をもとめたのではないのか?

それとも他人の頭の中をのぞきたいという下世話な理由か?

686 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 15:42:03 ID:whtL8N2C
>>638
>左翼政権が成立するとしてもそれは北欧や欧州各国にみられる社民主義政権であろう。
天皇制を維持したまま社民主義化するならいけそうだね。

共産主義独裁政権誕生などが誕生する可能性=天皇制廃止の可能性
だと思うんです、民族が持つ伝統や宗教を否定して共産原理主義に陥ったのが
>誰かさんが危惧しているよ〜な中国や旧ソ連、旧東欧型、あるいはカンボジア
なのではないかと、

統や宗教をのこしつつ緩やかに社民主義化して緩やかに平等な社会を目指すべき。

687 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 15:42:11 ID:17DTwRSr
>>685
だから答えるつもりがなければいいって逝ってんじゃん。
先に聞いたのはオレだ。それに答えるつもりがねえならかまわないとも逝ってる。

688 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 15:45:06 ID:X2uGAjXf

まず、現状を見てましょう。
日本の外交は上手く言ってるとは言えません。
これは「売上」に影響を及ぼさないのと同義であり、意味の無さの表れです。
一般企業なら「人通りの少ない所に看板をたてる」ようなものです。
結果がついてきません。

また、「妥当性」について考えてみましょう。
そういった「有るか無いか分からない効果」の為に「億単位もの金」です。
同じく、一般企業だっていくら「売上」に影響したって、
その「売上」を上回るようなお金を広告代やイルミネーション代に使いません。
なぜなら「割に合わないから」です。

企業は「割に合う(それぐらいのリターンが期待できる)」から、金を使うのです。
そこが天皇の税金と違うところです。


689 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 15:47:10 ID:Z4x/l8r3
>>687
自分の出した命題に答えないのと、
他人の出した命題に答えないのを同列に語って。

後先を論じるのは間違いだ。

690 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 15:48:51 ID:X2uGAjXf
間違えた・・・
>>533
まず、現状を見てましょう。
日本の外交は上手く言ってるとは言えません。
これは「売上」に影響を及ぼさないのと同義であり、意味の無さの表れです。
一般企業なら「人通りの少ない所に看板をたてる」ようなものです。
結果がついてきません。

また、「妥当性」について考えてみましょう。
そういった「有るか無いか分からない効果」の為に「億単位もの金」です。
同じく、一般企業だっていくら「売上」に影響したって、
その「売上」を上回るようなお金を広告代やイルミネーション代に使いません。
なぜなら「割に合わないから」です。

企業は「割に合う(それぐらいのリターンが期待できる)」から、金を使うのです。
そこが天皇の税金と違うところです。


691 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 15:50:38 ID:17DTwRSr
>>689
だからイヤなら強要しねえよ。
好きにしな。

692 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 15:50:53 ID:GZSHvyMd
いくつものスレで何度も、存続派にバランスシートを要求してるんだけど、
一度も提示してくれないんだよな。
結局、行き着くところは実体のない精神論なんだからね。
存続の必要性を感じない世代は確実に増えているから、
皇民教育を受けたお爺ちゃん、お婆ちゃんがいなくなったら
どうなるか楽しみだな。

693 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 15:52:38 ID:whtL8N2C
バランスシートってなあに?

694 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 15:53:04 ID:nfbv9+Nb
>>688
>有るか無いか分からない効果のために億単位もの金
つ男女共同▲予算累計50兆円

その価値観を敷衍していけば
建築物の竣工式も船舶の進水式にも
車の安全祈願のお守りにも割に合うリターンなぞ存在しない。
だから全て無駄だから止めてしまえとなる。

行き着く先に何も無い。虚無と拝金主義しか待っていない。
今の中国そのままじゃないか。

695 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 15:53:52 ID:Z4x/l8r3
>>691
自分は聞きたいのだがな、あなたの主張を。

自分の用意した命題だから言いたいことがあると思ったのだが、
どうも違うようだ。

696 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 16:00:55 ID:AbrAVi7z
>>694
私的にやる分には勝手にしたら良い。

697 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 16:01:18 ID:X2uGAjXf
>>694
「お守り」って、アンタ・・・。

少なくとも「お守り」に数百万円ものお守りを買うやつなんかいない。
(いや、いるかも知れんが妥当でない。お守りはそいつら個人が買うわけだが、税金は国民が払う故)


698 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 16:02:35 ID:Z4x/l8r3
>>690
> 日本の外交は上手く言ってるとは言えません。
まず、うまく行っている行ってないのラインはどこにおいてるのでしょうか?

699 :日本人は認知症民族:2005/12/20(火) 16:03:33 ID:E6lriN/c



            ここはて
           んのうをうやま
          う必要あんの?って
         とこですよね なにをぐ
        茶具茶煎ってるんですか?あ
       なたはエセでしょが! エセがて
      んのう担ぎ上げなきゃ誰があんなもん
     あいてするかよ!そんなことくらいわかれ
    よ ということでエセならてんのううやまえ け
   つろんだしてやったところで 解散! 散れ!

700 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 16:05:39 ID:X2uGAjXf
>>698

>>471
に色々有るみたい。
私もこの意見には賛成なので見て下さい。


701 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 16:06:23 ID:Z4x/l8r3
>>690
看板の出来と
設置場所を決める人間の有能無能は関係が薄いと思いますが。

702 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 16:06:28 ID:nfbv9+Nb
日本の外交が行ってない根拠の提出。
その外交の行き詰まりが天皇制にあるという因果関係の立証責任。
天皇制が費用対効果が悪いとする経済効果試算の提示。

よろしく。

703 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 16:07:51 ID:17DTwRSr
>自分は聞きたいのだがな、あなたの主張を。
悪いが人の質問に答えない香具師に、オレの意見を開陳するつもりはない。
オマイがど〜判断しよ〜が、それがこうしたスレでのオレの基本的姿勢だからだ。
オレの価値観でいえば、
「聞いたコトに答えないのは不誠実。だから不誠実な香具師に求められるまま回答はしない」

悪しからず。

704 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 16:08:39 ID:nfbv9+Nb
ぐはwミスww

日本の外交がうまく行ってないとする根拠の提出。
その外交の行き詰まりが天皇制にあるという因果関係の立証責任。
天皇制が費用対効果が悪いとする経済効果試算の提示。

積極的な天皇制廃止論を推進する上でとりあえず提出よろしく。



705 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 16:09:24 ID:Z4x/l8r3
>>700
>>471を実現できたらうまくいっている
実現できて無いからうまくいってない

こういう解釈ですか?

706 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 16:10:24 ID:Ws9u0Ieo
軍事力や資源が無いのに外交が思い通りに行く国なんてあるのかよ


707 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 16:11:30 ID:17DTwRSr
>>706
それは方法論の問題。

708 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 16:12:58 ID:nfbv9+Nb
>>706
そもそも外交うまくいかないから国の制度を変えようって論法がもうねぇw

709 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 16:13:07 ID:AbrAVi7z
>>471 に限らずここ数年で日本に有利な外交実績ってなんかあるのか?

710 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 16:13:33 ID:Ws9u0Ieo
>>707
上手くいってる国の実例を出してくれ
もちろんソースもありでね

711 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 16:14:40 ID:uYOJcQiY
わりと良スレ

712 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 16:14:48 ID:Z4x/l8r3
>>703
ずいぶん身勝手な主張だな。
「俺の出した質問に答えないのは不誠実だ」
という主張と
「あなたの聞きたい命題に対して、まずあなたなりの主張を」
というののどっちが不誠実だか。


713 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 16:18:20 ID:17DTwRSr
>>710
そんなの無意味だろ。
そもそも地理も国情もちがう国を事例しても「だから日本は」
にはならない。あまり良い例ではないが、北朝鮮は外交はうまい。
問題は自国の条件の中で、どれだけ有利な国益を引き出せるかだろ。
例えば日本には先進技術がある。だいぶ前だが、石原慎太郎は
そうした能力を外交交渉に生かせない日本の対応を嘆いていた。

714 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 16:20:49 ID:17DTwRSr
>>712
オマイがオレを身勝手と受け取ってるよ〜に、オレもオマイの態度を身勝手と
受け取ってるとゆ〜コト。つまり、互いの価値観が違うのだからどこまでも
平行線で交わらない、だからヤメヤメってなるんだよ。オレは強要しないと
逝ったはずだぜ?

715 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 16:22:37 ID:Z4x/l8r3
>>471は外交の失敗例でしょ。
失敗がある=外交がうまくいってない
なのか?

716 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 16:24:20 ID:AbrAVi7z
>>715
『皇室外交』の成果が有ればお願い。

717 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 16:24:54 ID:cpkxmkay
>>714
日本国民辞めてください。

718 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 16:29:17 ID:nfbv9+Nb
ホリエモンマインド全開だなぁ。
稼ぐが勝ちのメンタリティだから、王族皇族外交の成果に
「コメの自由化交渉を有利にすすめる」
みたいな拝金主義的な「成果」を求める。
そりゃそんな即物的な成果なんぞありませんよ。
交渉時に割引してもらえる割引券じゃあるまいし・・・

719 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 16:30:14 ID:Z4x/l8r3
>>717
では三島の話を取り下げて、
未来でも天皇が>>599曰く「安定の重石」と成りえない理由を言ってくださいな。

720 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 16:33:33 ID:Z4x/l8r3
>>716
外交の失敗例に対して『皇室外交』の成功例を要求するのは何故?
・外交の失敗例と外交の成功例
・『皇室外交』の失敗例と『皇室外交』の成功例
とするのが正しいのではないか?

721 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 16:36:38 ID:AbrAVi7z
>>720
>天皇って敬う必要あんの?
と言うスレの皇室外交云々の流れだから、
皇室無関係の外交についてはそもそもスレ違い?

722 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 16:37:13 ID:Z4x/l8r3
>>719
間違い>>717ではなく>>714

723 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 16:39:37 ID:17DTwRSr
>>722
2.26事件、5.15事件、その他

724 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 16:39:45 ID:Z4x/l8r3
>>721
ということは>>471は皇室外交の失敗例として上げてるのかい?

725 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 16:41:36 ID:UMRzYytn
天皇が安定の重石となりえたことなんて
古代くらいのもんか?中世以後、天皇が歴史の
表舞台に出てくるのってほぼすべて反乱の旗頭だの
反乱の首謀者だの、そんなんじゃん。

726 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 16:42:39 ID:AbrAVi7z
>>724
失敗成功以前にこの件に関して皇室外交やってないじゃん。
やったとして成功見込めるわけ無いし。

727 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 16:42:58 ID:17DTwRSr
最悪の事例としては1945年の敗戦を加えよう。
天皇を頂いて国家存亡の危機に陥ったわけだから。

728 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 16:44:04 ID:nfbv9+Nb
>>725
どうしてそういう時に担ぎ出されるのか、の理由分析が抜けとるぞ。

729 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 16:45:00 ID:AbrAVi7z
俺の中で最悪なのは南北朝。
そもそも日本中を巻き込む意味が分からん。
単なる内輪もめじゃないか。

730 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 16:45:55 ID:Z4x/l8r3
>>723
それをどう解釈したから担えないと思ったのかな?
ここで天皇についての意見が分かれるのと同じように、
歴史的事件ってのは解釈が分かれるものが多いからね。

2.26事件で〜だから、5.15事件で〜だから、その他で〜だから。

731 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 16:47:08 ID:17DTwRSr
>>726
そのと〜り。
以前から逝ってるよ〜に、皇室外交なんてのは存在しない。あれは西部も逝ってるごとく「儀礼」
あたかも実質的な効果があるよ〜に見せるために「皇室外交」なんて逝ってるだけ。

732 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 16:47:16 ID:nfbv9+Nb
>>727
どう敗戦に影響したのか詳しく説明してみ?
論理破綻するからw

733 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 16:49:01 ID:Z4x/l8r3
>>726
では>>471はこのスレの内容とはかけ離れているから
無視するということでよろしいか?

734 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 16:51:12 ID:Z4x/l8r3
>>731
> 失敗成功以前に【この件に関して】皇室外交やってないじゃん。

735 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 16:51:43 ID:/inef3gc
そもそも、外務省の責任を皇室に押し付けるなとw

736 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 16:52:24 ID:17DTwRSr
>>730
それほど複雑な問題じゃね〜よ。
天皇ってのは劇薬と同じで用法を誤ればクーデターによる社会不安を招くし、
本来すべきでない戦争の拡大にも利用されるってのを教えてくれるのが戦前の日本の国家だ。

737 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 16:52:27 ID:AbrAVi7z
>>733
外交官1000人分(と、言われる)天皇外交でも手も足も出ない(で、あろう)事例、
として残す分には良いと思うが。

738 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 16:55:38 ID:17DTwRSr
その劇薬について、現行憲法は無毒化するとゆ〜方法で押さえ込んでいる。
左翼の連中は(本心ではどうかは別として)危険だから取り除けという。
右翼の連中は利用価値を認めているから何とか維持したいと考えてる。
国民の多くは無毒化された現状に安住している。ってのが今の状態だろ。

739 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 16:55:48 ID:RkdfvtTS
小泉

そうか、儀礼外交はダメなのか・・・
裏で全部決まってる各国首脳会談も儀礼だから意味無いし無駄だな・・・
英国王室とか呼ばれても時間の無駄だから今度から断るか・・・

740 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 16:57:02 ID:/inef3gc
>>731
あなたは、儀礼は不要とお考えですか?

741 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 16:57:59 ID:AbrAVi7z
>今度から断るか・・・
え? 何様?

742 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 16:58:41 ID:/inef3gc
>>737
というより、管轄が違うということでは?>>471は、儀礼じゃないよね?

743 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 17:00:36 ID:17DTwRSr
>>740
いや。
儀礼を外交とゆ〜のは間違いだと逝っている。

744 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:03:23 ID:Z4x/l8r3
>>736
「用法を誤る人がいるから危険だ」という主張ですね?
これは暗に天皇の効果を認める発言では?
天皇と言うものに何の意味も効果も無いとすれば、
正しく用いようと誤って用いようと何の影響も無いはずだ。

745 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:03:40 ID:AbrAVi7z
>>742
じゃ天皇外交の管轄って何さ、
『儀礼』だと言うのなら端から成果は無い事前提?

746 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:06:04 ID:Z4x/l8r3
>>745
友好親善、存在アピールなどでしょ。

747 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:06:56 ID:Cgxu/I4R
>>662
>じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6
なんだ、復活したのか?w
じゃあ、一つづつ片付けようか。

>>488 >私はそれが「妥当でない」と言ってるのですよ?
言ってないw 嘘つき確定。

>>472
>ですから「全ての文化が平等でない」という根拠を示せ、と言ってるのです。
これも言ってないw ひどい嘘つきだw 朝鮮人か?
しかも>>681で人に「悪魔の証明」を求めるなといっておきながら自分は「平等でない」根拠を示せという。
キチガイだw
文化は平等であるという前提を採用するのならお前が文化が平等である根拠を提示すべきだろう。
議論のイロハも理解してないのか?
どうしようもない奴だw

748 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 17:09:32 ID:17DTwRSr
>>744
効果はあるだろ。いや、あったと表現するのが正しい。
オレは戦後復興に際しての昭和天皇の行幸は評価している。
論点はそんなところにあるんじゃなくて、天皇の利用価値は現在では失われている
ってコトだ。だが、天皇に価値を求める右翼が存在する限りにおいては危険性が
全く失われているわけではない。であれば、完全なる無毒化ってのも一つの選択肢だ。



749 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:09:59 ID:UbsJHt6T
うんこ皇族

750 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:10:37 ID:Cgxu/I4R
>>684
ピカソに税金のソースどころか、お前の理屈だと
美術品は投資目的以外で一円たりとも払ってはいけないことになる。
自分の説を理解してるのか?

751 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:10:47 ID:AbrAVi7z
>>744
そりゃ効果あるさ、敬われているからね。
しかしこのスレは『何で敬われてるの?』『敬う必要あるの?』ってスレ。

752 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:11:08 ID:/inef3gc
>>745
というより、>>471が儀礼に実利を要求する意味が分からない、ということです。

753 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:13:02 ID:Cgxu/I4R
日本の外交はうまく言ってない → だから皇室外交は意味がない
皇室は利益を生まない → だから廃止すべき

アフォウどもの主張はこれでいいのかね?w

754 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:14:46 ID:Z4x/l8r3
>>751
自分で結論出して無いかい?
「何故敬うか?」それは効果を持続させるため。

755 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:15:19 ID:hgchBeDQ
>>745
つうか皇室外交で取ってくるべき成果って具体的に何よ?って感じ。
友好親善以外に何があると。
「やけに費用かかる友好親善大使だな」とか言う向きもあるかも知れないが、
同じ目的でシナに流れた有象無象の札束に比べれば塵みたいなもんだし、
むしろ今までの害夢症外交よりはよっぽど費用対効果が高いと断言できるね。

反日国家以外への友好親善でな。

756 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:18:06 ID:AbrAVi7z
>>754
皇室なんてアンタッチャブルなものに某かの効果があるのは危険だ。

>>755
それは皇室外交の効果が高いのではなく、外務省の効果が低いんだ。

757 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:20:35 ID:/inef3gc
>「皇室の利益」
少なくとも私は、>>746で十分だと思いますね。

758 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:23:00 ID:Z4x/l8r3
>>756
危険だと思う人は敬わない、
危険だと思わない人は敬う。

「なぜ敬うか?」という疑問に答えが出たのでは?

759 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:23:16 ID:Cgxu/I4R
>じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6

おい、クズ。
お前はまず、全ての文化が平等である根拠を提示しな。
それから日本国憲法第一条が「妥当ではない」根拠もだ。
なにしろお前の主張だからなw

760 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:24:53 ID:GZSHvyMd
>>755
宮内庁や皇室に対して税金投入している以上、
それに見合うものが友好親善では国民の腹は太らないよ。
偉い人同士の自己満足じゃないの?

ODAはそのキックバックで利益を得ている企業・政治家がいるのは
公然の事実だし、企業が潤えば消費者に還元される可能性は
ゼロではないし、政治家が潤えば地元に利益誘導してくれるかもしれない。
ただ、皇室外交において問題なのはそういった具体的成果が何一つ見えないこと。
外交相手の王室が絶対王政を敷いている国を除くと軒並み権威がなくなっている以上、相手国の国民も皇室と王室の外交を友好親善だと感じることは
少ないだろうし、日本においてもそうでしょう?


761 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:26:26 ID:GZSHvyMd
>本国憲法第一条が「妥当ではない」

横レスだが「総意に基づく」とあるが国民投票を実施したわけではなく、
総意ではない。
速やかに国民投票で1条の是非を問うのが民主国家でしょうな。

762 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:28:53 ID:Z4x/l8r3
>>760
友好関係にある国と無い国では
カントリーリスクが違うでしょ。

金に直接影響あると思うが。

763 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:29:43 ID:Z4x/l8r3
企業が進出したりする場合の。

764 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:30:45 ID:Cgxu/I4R
>>760
お前は何を誤解している。
皇室を維持するのが国民の腹を太らせるためとか
外交の具体的成果を期待するためだと考えてるのか?

逆に問いたいが税金を使っているもの全てについて必ず具体的成果がいるのか?

国家は利益を追求する団体じゃないんだよ。

765 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:31:26 ID:AbrAVi7z
>>757-758
つまり貴方達は、『天皇皇室』を敬っているのではなく、
天皇皇室が『持っている効果』を敬っているのかい?
イスカリオテの銃剣神父風に言うのならば、
「神に仕えているのではなく、神の力に仕えている」って奴だな。
そういうのは合理的で良いよ。
そういうのは尊重する。

前時代の天皇『だから』敬っていると言うのは気持ち悪くてしかた無い。

766 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:31:59 ID:Cgxu/I4R
>>761
>速やかに国民投票で1条の是非を問うのが民主国家でしょうな。

俺はそれでちっともかまわないよw
国民投票の邪魔をしないようにねw

767 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:35:19 ID:Z4x/l8r3
>>765
別に構わんよあなたなりの解釈で、
ただ両方が切り離して考えられる性質のものとは思わんが。

768 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:36:42 ID:AbrAVi7z
>>764
>国家は利益を追求する団体じゃないんだよ。
それは困る。
各省庁、各部署では利益追求の民間では出来ない事を採算度外視で行う事もあるだろうが、
『国家』と言う括りでは利益を追求してもらわんとな。

769 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:37:01 ID:Z4x/l8r3
>>765が【前時代】をどれだけ知っているのかは、疑問だが。

770 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 17:39:15 ID:X2uGAjXf
>>701
「効果が無い」という「例」です。
もしそうなら意味がないでしょ?という例です。
私は天皇の皇室外交も(効果が期待できないなら)それと同じくらい意味が無いと言ってるだけです。

否定するなら「効果」を出してくださいね。


771 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:41:17 ID:Z4x/l8r3
>>768
> 各省庁、各部署では利益追求の民間では出来ない事を採算度外視で行う事もあるだろうが、
> 『国家』と言う括りでは利益を追求してもらわんとな。

それならなおさら皇室単独に、利益を出すことを求める姿勢がわからない。

772 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:41:44 ID:AbrAVi7z
>>769
戦時中の日本ではラジオから『天皇陛下』と言う単語が聞こえただけで皆脱帽していた。
と山田風太郎のエッセイに書いてあった。
当時一医学生の言う『皆』がどの程度の範囲かは知らんが。

773 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:43:06 ID:Cgxu/I4R
皇室外交の効果

>ところが1962年に、現地の人々の日本に対する印象が、
ガラッと変わる出来事が起こります。
当時の皇太子殿下(今の天皇陛下)と美智子妃殿下の皇室外交、
フィリピン訪問です。
この時の両殿下の姿を見て、あちらの人々にも、
日本を理解しようという動きが生まれました。
1966年にはフィリピンでの日本の通商活動が承認され、
この時、戦後初めて現地に日本企業の支社・支店の開設が許されます。
http://blog.goo.ne.jp/jj1955ph/e/2176878a0a7f7fe0f7eae10f5b1c3fb2

774 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:44:04 ID:Z4x/l8r3
>>770
看板の出来(天皇の効果)設置場所を決める人間(外交担当者)でしょ。

775 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:44:49 ID:Cgxu/I4R
皇室外交の成果

日本ヨルダン関係の概要は皇室外交の成果もあってか、良好でODAも結構出しているらしい。
http://hp1.cyberstation.ne.jp/negi/csdiary/dd200306.html

776 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:45:22 ID:Z4x/l8r3
>>770
効果として友好親善と存在アピールだと出したはずだが。

777 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 17:47:00 ID:X2uGAjXf
>>702
>日本の外交が行ってない根拠の提出
悪魔の証明ですか?
「南京大虐殺が無かった根拠」と同じくらい無理があります。
立証責任があるのは「ある」と言ってる側です。
「ない」証明としては「効果がひとつの例も挙げられていない」というのが妥当です。

>その外交の行き詰まりが天皇制
だれがそんな事言ったんですか?
だれも「天皇のせいで」なんて言ってません。(税金問題は別ですよ?皇室外交についてです)

私がなぜ「皇室外交」を持ち出してるのかと言うと、
私の討論相手が「天皇の利点は皇室外交だ」というようなことを言ったからです。
よって私は「皇室外交は利点でない」と反論してるわけです。

皇室外交では天皇の不利点にはふれてません。
あなただけです、それを言い出したのは。


778 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:48:11 ID:Cgxu/I4R
あまり目だったニュースにはならなかったが、天皇皇后の今回のポーランド御訪問の際、91歳の
老ポーランド人4名が、日本語で「もしもしかめよ」を歌って、両陛下をびっくりさせた映像が報じられた。
 
第1次大戦後、迫害を受けてシベリアに送られたポーランド人の中、せめて孤児だけでもと、当時
日赤総裁であった、大正天皇の皇后が800人の孤児を日本に一時引き取られたことがある。

その時の孤児たちの生き残りが、御礼を述べたいと願い、この光景となった。
政治家の外交は、何億ドル援助するとかの手土産外交が多いが、皇室の場合は、笑顔しか残らない。
一生懸命国際貢献しようとしているのに、アメリカや日本は何故嫌われるのだろうか。
相手国からすれば、何億ドル援助を受けても、金持ちに札束で頭をぶん殴られた心境だろう。
外交とかビジネスの世界では、「相手が私を嫌っているからこっちも嫌い」の幼児性感覚では済まされない。
誰が自分を憎んだり、さげすんだりする相手と商談や交渉ごとをしようとするだろうか。
「敵を滅ぼす最良の策は相手を好きになることである」という故米ルーズベルト大統領のコトバを思い出す。
ポーランド、フィンランド、トルコなど東欧圏やアラブ圏には親日国民が多い。
外交の危機が叫ばれる今日、皇室外交の果たす役割は大きいし素晴らしい。

779 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 17:49:03 ID:X2uGAjXf
>>777
>天皇制が費用対効果が

「効果」が誰も言えないんですから良いわけないでしょう?
数十億円かけて「だれも知らない程度の効果」。
これが費用対効果が良いと云えるんですか?


780 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 17:50:22 ID:X2uGAjXf
>>705
それでいいです。

781 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:50:53 ID:Z4x/l8r3
効果は友好親善と日本の存在アピール文化紹介など

782 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 17:51:21 ID:X2uGAjXf
>>706
なら天皇がいなくたって大して変わりませんね。
なんせ軍事力や資源が無いのだから。

783 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:51:39 ID:AbrAVi7z
友好親善がお仕事なら、仲良くない所に行って仲良くなってきてもらいたんだが。

784 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 17:52:53 ID:X2uGAjXf
>>708
違いますよ?
外交は飽くまで「皇室外交は利点でない」ってことの証明で、
国の制度を変えるのは「税金」の問題ですよ?


785 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:53:18 ID:Z4x/l8r3
>>783
種の無いところに水を撒けという主張だな。

786 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:53:26 ID:Cgxu/I4R
>じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6

おい、クズ。
お前はまず、全ての文化が平等である根拠を提示しな。
それから日本国憲法第一条が「妥当ではない」根拠もだ。
なにしろお前の主張だからなw


787 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:54:19 ID:AbrAVi7z
>>785
じゃ種を植えてきてくれよ。
外交官1000人分なんだろ?
誰が言い出したか知らんが。

788 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:55:14 ID:Cgxu/I4R
いいんじゃない。別に友好的じゃないところと無理に仲良くならなくても。

789 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:56:37 ID:Cgxu/I4R
>>787
どこに種を植えて欲しいのさ。
言っとくけど言論統制国家には皇室外交意味ないよ。
支那朝鮮とかw

790 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:57:29 ID:uYOJcQiY
皇室外交なんてその程度のものか

791 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 17:57:58 ID:X2uGAjXf
>>715
失敗がある=外交がうまくいってない なのか?
よもや「大成功」だとでも?
「失敗は成功の〜」とか言いたいんだろうが、いつまで失敗し続けるのだろうか?(税金数十億もかけて?)
少なくとも「皇室外交のおかげで日本外交は上手く言っているのだ」ということにはならんだろ?
すなわち「利点」とは言いがたい。


792 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 17:58:00 ID:hgchBeDQ
こんだけがちゃがちゃ言っても、天皇制廃止という結論にたどり着けないとこを見ると
廃止派の理論構築もまだまだだな。

まあそういう方向に持って行きたい勢力が居るのはもう十分分かったからもう帰っていいよ。
どうせ将軍様のとこか一党独裁の古めかしい国家か松井やより方面の人でしょ?

793 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:00:34 ID:AbrAVi7z
>>788
それを友好的にするのが外交の腕だろうよ。

794 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:02:18 ID:AbrAVi7z
>>792
そもそも『廃止論』なんてほとんど無いぞ。

今の世の天皇皇室の扱いなんて江戸時代のソレで良いじゃないか。

795 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:02:24 ID:Cgxu/I4R
>>793
腕もヘッタクレも友好的になりたくないんだけどw

796 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:03:01 ID:hgchBeDQ
あと、数十億を必死でものすごい無駄遣いのように錯覚させようとしてる表現が多々見られるが、
H2Aロケット一本確か2000億。アニータに貢いだのが何億だっけ?
シナの毒ガス処理用の水増し請求書が1兆。
そういう世界と比較してみるのもまた一興。

797 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:04:18 ID:Cgxu/I4R
>>794
このスレでバカが一人廃止論をたれてるじゃないかw

そんなこといったらカワイソスw

798 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:04:23 ID:s1RCXkIt

聖上陛下

 臣、慎んで、聖上陛下の萬歳を唱え奉ります。

 先帝陛下の御世に、赤子として生を賜り、この齢に成るまでの星霜、
 忝くも蒙り賜りましたる皇恩、一時として忘れたことはございません。

 天孫民族たるの大和民族として、四海の民を導く栄誉を授けられました
 身の誉れを思う都度に、よし聖上陛下、皇国に艱難ある時は、その身を
 鴻毛よりも軽くして、一身を挺して国難に殉ずる覚悟でございます。


         天 皇 陛 下 萬 歳 

       神 洲 日 東 帝 國 萬 歳 





799 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 18:04:31 ID:X2uGAjXf
>>718
しかし使ってるのは「国民の税金」です。

>即物的な成果なんぞありませんよ

道路特定財源なんかどうでしょう?
道路公団の方々も「効果」は重視してないようですが。
(なにせ大赤字になる道路を作ろうとするのですから)
「税金」なんだから「効果」を求めるのは当然でしょう?


800 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:04:37 ID:AbrAVi7z
>H2Aロケット一本確か2000億。
宇宙開発は失敗してなんぼじゃー!! 文句なら今の10倍出してから言えー!!
ってあさりよしとうが言ってた。

801 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:05:59 ID:Cgxu/I4R
ほら、アレ、なんていったっけ? 江戸東京博物館?
アレの年間維持費いくらだっけ?w

802 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:06:57 ID:Z4x/l8r3
>>791
おかしなこじつけですな。
失敗があることと、外交がうまく行っている行ってないは、直接の関係は無いということだよ。
そして上げられた例は「皇室外交」の成果とは関係の無いこと。

「皇室外交」の効果とは友好親善、存在アピール文化紹介などで、
外交成果の達成を助けることは出来ても結果に直接働きかけるものではないと言うこと。

803 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:07:43 ID:AbrAVi7z
>>795
韓国朝鮮はともかく、中国は隣の大国だからな。
腹の中では同思ってようと有効『的』にはなってもらわんとな。
国連の常任理事になるには中国の賛成は絶対必要なんだし。

804 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:08:25 ID:/inef3gc
>じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6
↑この人、全然人のレスを読んでないねw

805 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:09:46 ID:hgchBeDQ
税金無駄遣いで言うならそれこそ皇室廃止で節約できる金額と
特定アジアを黙らせて浮く金を天秤にかけてみるといいお( ^ω^)
力入れるとこ間違ってますからw
水増し請求書突き返すだけで1兆浮くお( ^ω^)

806 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:09:53 ID:Cgxu/I4R
>>804
ま、サヨクだからなw

807 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 18:10:48 ID:X2uGAjXf
スマン、誰かコイツをなんとかしてくれ。

>>747

人を「嘘つき」呼ばわりするわけだが、
「どこが嘘か示してくれ」と言ってるのになぜか
「突然言い出したから嘘つきだ」と考えてるようです。

個人的には「嘘」とは「間違った事を言う事」だと思うわけですが、
第三者の意見が欲しいです。


808 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:11:24 ID:86ZwPQNj
海外各国の国民にしてみれば
日本の首相が来るより、天皇が来たほうが
なんか、ハクがついたようで嬉しいんだそうだ。
俺のイギリス人の友人がこう言っていたが


809 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:12:16 ID:UMRzYytn
確か腐った卵投げつけられてたよな。

810 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:12:24 ID:Cgxu/I4R
>>803
支那と友好的になるのは不可能。
なぜなら支那の外交方針が日本と友好的にならないことだから。
話し合いも不可能。
まず、要求を呑まないと話し合いに応じないから。
支那に常任理事国賛成票もらうより、支那共産党を崩壊させるほうが現実的。

811 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:13:48 ID:AbrAVi7z
>>810
友好『的』にするにはいろいろ手がある。
『脅迫』とか。

812 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 18:13:58 ID:X2uGAjXf
>>747
「悪魔の証明」を知らないようですね。

悪魔の証明とは、「「あることの証明」は、証拠を一例でも提示すれば一瞬で完了する容易なことだが、その反面、
「ないことの証明」は調査範囲が限定されたケースを除き立証は事実上不可能である。
なぜならば、この世の全ての存在・可能性・森羅万象などを完全に調査しなければならないからである。
そのため、公平の見地から証明責任は「ある」と主張する側が負うことになっており、
存在を証明できなければ無いものと見なされその主張は排斥される。もしそうでなければ、
いかなる荒唐無稽な主張でも好き勝手に言いつのる事ができるのに対し、否定する側が「そうではないこと」
を証明しなければならないという不公平な重荷を背負うからである。」ということ。
だから、問題であることを証明するのは反対派の方で、
「ない」派は何もする必要はないということ。

「南京大虐殺が無かった根拠」と同じくらい無理があります。
立証責任があるのは「ある」と言ってる側です。
「ない」証明としては「効果がひとつの例も挙げられていない」というのが妥当です。



813 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:14:24 ID:/wlzjTH2
>>807
嘘:人をだますために言う、事実とは違う言葉。

814 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:14:47 ID:Cgxu/I4R
>>807
事実関係はこう。

>>488で(じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 )くんが
>私はそれが「妥当でない」と言ってるのですよ?

「言ってるのですよ」発言。
しかし>>488以前に該当の発言なし。
したがって嘘つき確定w

815 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 18:15:32 ID:X2uGAjXf
>>750
>美術品は投資目的以外で一円たりとも

税金が数十億円も使われたと?
>>684でも述べましたが、あるならソースを。


816 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:16:57 ID:Cgxu/I4R
>>812
早く根拠提示しな。
お前は「全ての文化は平等である」という前提なんだろ?
その根拠を提示しな。


817 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:18:22 ID:hgchBeDQ
税金の無駄が許せない正義感溢れる方は
皇室予算などという、それほど負担の大きくない「費用」にいちゃもんつけるより

・国連分担金
・北朝鮮食糧支援(闇市にコメが駄々漏れw)
・シナへの無駄なODA

とりあえずここ怒って下さい。
数十億が許せないと連呼しているようなので、おそらく憤死すると思いますw

818 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:18:53 ID:Cgxu/I4R
>>815
お前は税金を投入する限りは効果を求める。
税金で購入した美術品の効果を提示してもらおうじゃないか。
できなければ全ての美術品を処分すべきという主張になるよな。

819 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 18:19:15 ID:X2uGAjXf
>>764
>逆に問いたいが税金を使っているもの全てについて必ず具体的成果がいるのか?
>国家は利益を追求する団体じゃないんだよ

道路特定財源はなぜ一元化しようという動きになってるのですか?
当然「具体的成果」がでてないからでしょう?

国家は税金を無駄遣いする為の団体でもありません。


820 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:20:13 ID:Z4x/l8r3
>>815
ピカソの絵にこだわる理由がわからんな。

文化的や歴史的な価値があるものを、
税金を使って維持するのは不当な使い方か?

ということでしょう。

821 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 18:21:16 ID:X2uGAjXf
>>813
それでも構いません。
私が「騙す」ような発言をしましたか?

>>814
私は第三者に求めたのですが。


822 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:22:32 ID:Cgxu/I4R
>>819
>国家は税金を無駄遣いする為の団体でもありません。

ああ、もっともな意見だね。
そこで疑問なんだけど
お前はなぜ、「金額の大きい順に」無駄遣いを指摘しないんだね。
お前の中で皇室の無駄遣い順位は何番目だ?
それから皇室の予算が無駄遣いであるというコンセンサスは国民の中にあるのかい?

バカ丸出しだねw

823 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:22:39 ID:AbrAVi7z
東京現代美術館はリキテンシュタインの『ヘアリボンの少女』を6億で購入。
叩かれた叩かれた。

824 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/20(火) 18:23:11 ID:/wlzjTH2

人間には精神がある。
だから、精神論を除外して理論のみで物事すべてを立証しようとすれば
そこには無理が生じる。
      by.マ・・・なんとか

825 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:23:12 ID:hgchBeDQ
クリティカルなとこ突くとレスが帰ってこなくなる・・・寂しい(つд;)

826 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 18:23:26 ID:X2uGAjXf
>>820

ピカソの絵は本来私が持ち出した例じゃありませでんから〜・・・。
>>555が持ち出したものです。


827 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:23:52 ID:Cgxu/I4R
>>823
それは美術品を税金で購入する「行為」を叩かれたわけじゃないだろ?

828 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/20(火) 18:24:06 ID:/wlzjTH2
>>821
補足ですよ

829 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 18:25:44 ID:17DTwRSr
>>822
そりゃルール違反だ(2ちゃんとして)。
皇室予算をテーマに議論しているのにほかのテーマを持ち出すなよ。

830 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:25:47 ID:AbrAVi7z
>>827
漫画に6億とは何事か、と。
ちなみにこんな絵、誰でも見た事あると思う。
http://images.google.co.jp/images?hl=ja&q=%E3%83%AA%E3%82%AD%E3%83%86%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%80%80%E3%83%98%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%B0%91%E5%A5%B3&lr=&sa=N&tab=wi

831 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:26:15 ID:Z4x/l8r3
>>826
では議論の本題に上げる必要は無いではないか。
>>555を読んでも「ピカソの絵」に話の中心をおいてるようには読めないが。

832 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:29:25 ID:Z4x/l8r3
>>826
歴史的文化的かちのあるものを、税金を使って維持するのは不当な行為か?

それが内容ではないのか?

833 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 18:30:17 ID:X2uGAjXf
>>822

君の言ってる事は「あれ」ですね。
駐車違反者のいいわけ。

「オレだけじゃねー、アイツだって駐車違反してるじゃねーかーっ」
っていうやつ。

でもね、「違反」は「違反」なの。
「無駄遣い」は「無駄遣い」なの。

「無駄遣いをなくす」って考えは当然なのさ。
よって天皇も、「無駄」であるならなくそうって事じゃん?

無駄じゃ無いって反論は受け付けましょう。


834 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/20(火) 18:32:23 ID:/wlzjTH2
>>833

あんたの存在も無駄じゃん

835 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 18:33:42 ID:X2uGAjXf
>>832
問題なのは「額」ですから〜。

ピカソの絵にどれだけ税金が使われたのかは知りませんが、
少なくとも私には、毎年数十億円もの税金が使われたとは思えませんね。
モチロン↑は主観的判断ですが、
ソースがあるなら掲示してください。
掲示されたら私はそれを認めますよ?

836 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/20(火) 18:34:11 ID:/wlzjTH2

存在する必要性が ある 証明を・・・

837 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:35:48 ID:Cgxu/I4R
>>833
皇室の予算が無駄であると主張しているのはお前だけ。
皇室の予算に効果を求めているのもお前だけ。
無駄じゃないって反論じゃなくてお前の前提が間違ってるってことを言ってるんだけど。

都合の悪い質問はスルーですか?
税金の無駄づかいをなくしたいという動機なら金額の大きい無駄遣いから片付けるのが当然ですが?
他の全員がそう思っているでしょうw
要するにお前は天皇なくしたいという動機を隠して税金にかこつけてるんじゃねえか。
そういうところがサヨクの衰退を招いているとまだわからんのかねw

838 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:36:15 ID:Z4x/l8r3
>>833
> 無駄じゃ無いって反論は受け付けましょう。

あなたの意見はひとまずおいて置いて、
今まで無駄じゃないという意見が書かれているのは理解しているのかな?

「受け付けましょう」と言ってる割には、
のきなみスルーしてるように見受けられるが。

839 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:36:22 ID:AbrAVi7z
天皇皇室が『伝統文化』だと言うのなら公からは引っ込んでいれば良いのに、
文化というのは実用に耐えないと文明から脱落したものか、
さもなければ最初っから実用品ではない社会の彩り賑やかしなのだから。

840 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:37:57 ID:Cgxu/I4R
>じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6

お前の意見で国民投票したらいいと思うよw

841 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 18:40:06 ID:X2uGAjXf
>>831

>>555では「ピカソの絵の保護正しい、だから皇室制正しい」
という論ですよね?

ですから私は「ピカソの絵の保護は正しい、だが皇室制は正しくない。なぜなら税金が投与されてるからor額が違うから」
と言ってるわけです。(ピカソの絵には詳しくないからはっきりせんが↑)

「喩え」に対しては「喩え」で返すのが普通だと思いますが。
イヤならヤメテもいいですよ?

842 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:41:31 ID:Z4x/l8r3
>>835
やけにピカソに拘りますな。

「歴史的文化的価値のあるもの」

ですよ。
法隆寺だったり東大寺だったり姫路城だったり
正倉院だったり国立博物館だったり。

あなたの言ってる「額」に足りませんかね?
税金で維持されている「歴史的文化的価値のあるもの」の数々の維持費は。

843 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:41:32 ID:Cgxu/I4R
>>835
>問題なのは「額」ですから〜。

一方で額が問題だといってるのにw
もっと大きな無駄遣いがあるだろ、と指摘すると>>833になる。

どうおもいますか?みなさんw

844 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:44:00 ID:Z4x/l8r3
>>841
> >>555では「ピカソの絵の保護正しい、だから皇室制正しい」
> という論ですよね?

どう見ても違うでしょうに…
ピカソの絵は文化的価値のあるものの代表として上げたにすぎない。

845 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 18:44:41 ID:X2uGAjXf
>>837
だから〜
「無駄でない」っていうなら「理由を」って言ってるじゃないですか〜
なんで「理由」が言えないのかな〜?
あるなら言えば良いのに〜

>税金の無駄づかいをなくしたいという動機なら金額の大きい無駄遣いから片付けるのが当然ですが?

ほう?
では郵政民営化は順番違いですね?
殺人犯を捕まえる前に駐車違反者や窃盗犯を捕まえるのは駄目なんですね?


846 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:44:46 ID:hgchBeDQ
どう見ても国家解体です。本当にありがとうございました。

そもそも民潭のお偉いさんが以前webで
「最終目標は天皇制の解体」って明言しちゃってるからねw
半島人の特徴は「言ってからやる」だが
有言実行も時と場合によりけりだよねw

847 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:47:48 ID:AbrAVi7z
>>842
そういうものは『歴史的文化的』と言う付加価値をはがしても、
ただそれそのものが持っている美術的価値だけでも大変なものだが、
天皇から歴史的文化的価値を取ったら唯の人だからな・・・

848 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 18:49:20 ID:17DTwRSr
実際皇室予算の審議が有名無実になってるのは問題があるって
「皇室の財布」でも書かれてたよな。そこは問題アリだ。

849 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:49:21 ID:Cgxu/I4R
>>845
理由ならこのスレにイーッパイ出ているのにお前が知らん振りしてるんだろがw

日本の象徴を維持するのに税金を使う。どこが無駄なんだね?

犯罪取り締まりは無駄遣い取締りと同じですかw
お前、それでみんなが納得すると思う?

850 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:52:57 ID:Z4x/l8r3
>>847
> 付加価値をはがしても
はがす意味がわからない。
現に付加価値はついてるし、他につけかえる事が出来る付加価値でもない。

851 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:53:19 ID:Cgxu/I4R
>>845
あ、いけね。言い返し方があったんだ。

>ほう?
>では郵政民営化は順番違いですね?
>殺人犯を捕まえる前に駐車違反者や窃盗犯を捕まえるのは駄目なんですね?

問題なのは「額」ですから〜。

852 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 18:54:04 ID:X2uGAjXf
>>843
君の勘違い。
ピカソは価値が有って税金投与も少ないから問題ないじゃん?


853 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:55:20 ID:Fj0vwtYz
こんな破綻したスレ、上げるな。

天皇陛下万歳。


854 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:55:46 ID:Cgxu/I4R
>>852
>ピカソは価値が有って税金投与も少ないから問題ないじゃん?

何も勘違いしていない。アフォ

855 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:57:16 ID:yJAeBJHN
>>850
茶道具とかは箱書きの有無で随分違うぞ。
茶碗だけでも何千万。でも箱が残っていれば億、とかね。

856 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:58:12 ID:Z4x/l8r3
未だにピカソに拘るんだねぇ
自分は例え話が好きなのに、他人のたとえ話は理解するつもりが無いようだ。

857 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 18:59:30 ID:Cgxu/I4R
天皇制廃止論者の程度なんてこんなもんでしょw


858 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/20(火) 18:59:58 ID:VkCZ8fV3
>>852
>「無駄でない」っていうなら「理由を」って言ってるじゃないですか〜

皇室は存在していてほしいと人が望んでいるから。

859 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 19:00:47 ID:X2uGAjXf
>>854
じゃ何が問題なんだ?

>>856
君らが持ち出したんじゃン。
それでこだわるといわれてもな。

860 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:00:55 ID:Z4x/l8r3
>>855
だから何なのだろう?

861 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:03:31 ID:Cgxu/I4R
>>859
>じゃ何が問題なんだ?

お前が理解する必要はない。
おれは>>843でみなさんに問いかけてる。お前は含まれていないw

862 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 19:04:09 ID:X2uGAjXf
>>851
無駄なものは無くすんだよ。

殺人犯捕まえる事や窃盗犯捕まえることが「無駄」か?
だからどちらも捕まえる。


863 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:06:06 ID:Z4x/l8r3
>>859
「歴史的文化的価値の有るもの」の
例で出したピカソに食いついて離さないのはどなた?

だれもピカソを論じてるのではないよ。

「歴史的文化的価値の有るもの」の維持に税金を使うことは否か?

それがメイン。

864 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:07:44 ID:Z4x/l8r3
>>599の流れではってことね。

865 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:07:56 ID:yJAeBJHN
>>860
歴史的価値ってのは本来『付加価値』なんだが、
天皇皇室にとっては、『唯一』の価値なんだよな。
それを敬うと言うのも、まー滑稽な話ですよね。

866 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 19:08:58 ID:X2uGAjXf
>>861だそうなのでだれか考えてくださいな。
ついでに>>807とかも。

国際司法裁判所に委託しますわ。
見解をおねがいします。

867 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:09:20 ID:Z4x/l8r3
>>864
失礼>>555です。

868 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:10:33 ID:Cgxu/I4R
だーかーらー
日本の象徴を維持する税金が何で無駄なの?
バカなの?
チョーセン人?( ・ิω・ิ)

869 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:12:10 ID:Z4x/l8r3
>>865
> 天皇皇室にとっては、『唯一』の価値なんだよな。

まともにスレ読めば『唯一』の価値ではなく、
価値の内の一部だと理解できるはずだが?

870 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 19:12:40 ID:17DTwRSr
費用対効果を勘案するって話しだろ。

871 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/20(火) 19:12:42 ID:VkCZ8fV3
>>866
俺はスルー?(>>858)

じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6さん



872 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:13:53 ID:Cgxu/I4R
>>870
あえて言えば「存在すること」が費用に対する効果なんだが。象徴だし。

873 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:14:34 ID:yJAeBJHN
>>869
皇室外交云々か?
その唯一の歴史的価値が有ってこそだろう。
天皇以下皇族に外交手腕があるわけでないしな。
あー雅子様にはあるのかな? 元外交官だし。

874 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 19:16:48 ID:17DTwRSr
結局具体的な効果を示せないってことか・・・
こうして無限ループに陥る。

875 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:17:31 ID:Cgxu/I4R
早く返事しろよー>じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6

埋め立てが進まないだろうがw

876 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:18:02 ID:yJAeBJHN
>>868
>チョーセン人?( ・ิω・ิ)
コレ何? コピーできないんだが。

877 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 19:18:15 ID:X2uGAjXf
>>871
スマン、見逃した。
>>858
>皇室は存在していてほしいと人が・・・

あぁ、そうだろうね。
でも、使ってるのは「税金」だから。
国民全体のお金を一部の人が使いたいってだけで使っちゃだめでしょ?
道路特定財源と同じ。

君でも良いから、第三者の見解が欲しいな。
委託したやつ>>866

878 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:18:27 ID:Cgxu/I4R
>>874
アフォかお前。
存在することが具体的じゃないってのか。

879 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:19:25 ID:yJAeBJHN
>>876 書き込みは出来るのか。

880 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 19:19:49 ID:17DTwRSr
費用対効果って意味が分かってねえのか、
やれやれ

881 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:20:19 ID:Cgxu/I4R
>>876
内緒w

882 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:20:23 ID:Z4x/l8r3
>>873
なるほど「歴史的価値」ってのをそれが及ぼす影響まで含めて考えているわけですね。

そういう考え方なら納得ですな。

883 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 19:20:24 ID:X2uGAjXf
>>875

どれにだよ。
アンカーぐらい付けてくれ。
探すので大変なんだから。

884 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:23:13 ID:Cgxu/I4R
>>883
全部読め、全部。

885 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 19:24:44 ID:X2uGAjXf
>>884
無理、見つかんなかった。
わざわざレスするなら示せよ。
無駄な事を。


886 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:24:57 ID:Z4x/l8r3
>>873
ただ、自分はそういう価値の入れ物とし運命付けられながら、
小さいころからそれを自覚して歩んでこられた、
天皇という人間そのものも敬うに値すると思うがね。

887 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:25:32 ID:umKT8OBe
>>880
費用対効果って、経済的な数値として表現できるものに使用するのであって、
数値として表現しない、できないものには普通つかわないが。

東大卒業後、途上国でのボランティア活動を選んだA氏などという場合、その
志を評価しこそすれ、「高い金払って東大まで行かせたのに費用対効果悪す
ぎ」とは評しない。


もう少し、形而上のことについても考えたほうがいいぞ。


888 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:29:15 ID:Cgxu/I4R
>>885
じゃ、最新50レスを読んでこれだと思うのに勝手に反論しろw

889 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 19:29:33 ID:X2uGAjXf
>>838
スルーしてるのではありませんよ。
それらが「利点とはいえない」と反論してるわけですから。

890 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:30:13 ID:Cgxu/I4R
>>880
お前、一日一回は論破されてるなw

891 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 19:30:46 ID:17DTwRSr
国家機関の存在が形而上の存在とは妙な珍説だな。

892 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/20(火) 19:31:09 ID:VkCZ8fV3
>>877

守りたいという意志が、投入される税金には無い!ということですか?


893 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 19:31:36 ID:X2uGAjXf
>>888
てか君が第三者に委託したから止まったんだろ?
その見解が出なきゃ何ともならんじゃないか。
君がそれを撤回したら其処から反論しますよ?


894 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:31:42 ID:Cgxu/I4R
>>891
いいから、費用対効果を解説してくれよw

895 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 19:34:12 ID:17DTwRSr
>>894
その前に国家に形而上を持ち込む根拠を語ればいいじゃん。

896 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:34:19 ID:Cgxu/I4R
>>893
じゃ、反論しなくていいよ。

897 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/20(火) 19:34:50 ID:VkCZ8fV3
>>877
ピカソの話か?
物理的な価値という   限られた範囲内の解釈では
税金を投入する価値は ない

>>880
費用対効果 のみで 皇室の存在を語りたいのですか?

898 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:35:26 ID:Cgxu/I4R
>>895
逃げるなよw はやく解説しろ。

899 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:38:33 ID:Cgxu/I4R
ところでさ、皇室にかける税金は皇室の維持運営が目的だろ?
国民に利益を出すってw アフォかお前w

ああ、別に反論はいらないよw

900 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:39:08 ID:Cgxu/I4R
900


901 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 19:39:35 ID:X2uGAjXf
>>892
「守りたいという意志」とは「無駄な道路」にも適用するのですか?
税金は確かに有る程度は「守りたいという意志」を反映するでしょう。
しかし(喩えですが)道路特定財源はそれが「有る程度」を逸脱した、と見られて一元化に向かってるんですよね?
天皇制にかかる税金も「程度」を逸したなら「守りたいという意志」というのも「妥当」でなくなるという事です。
やっぱ国民全体のお金を一部の人が使いたいってだけで使っちゃだめって事でしょ?


902 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/20(火) 19:40:31 ID:VkCZ8fV3
>>899
1000ゲットねらってるんだから
反論いらない
とかいわないで

903 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:40:33 ID:Cgxu/I4R
>やっぱ国民全体のお金を一部の人が使いたいってだけで使っちゃだめって事でしょ?

これ、すぐ論破できるんですがw

904 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 19:41:30 ID:X2uGAjXf
>>903
ではどうぞ

905 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 19:41:42 ID:17DTwRSr
まあ、かなり荒っぽい概論ではあるが、

政策評価とは

政策評価とは、政府の各省庁の政策を対象として、政策効果を把握し、必要性・効率性・有効性等の
観点から評価を行うことにより、政府の企画立案や実施の見直し・改善を推進する制度とされる。
平成13(2001)年6月22日に政策評価に関する基本事項を定めた「行政機関が行う政策の評価に関する法律」が成立。
平成14(2002)年4月1日から施行された。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%AF%BA%F6%C9%BE%B2%C1

国家を含めた行政に費用対効果を求めるのは日本を含めて国際的なトレンドなんだが。

906 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 19:42:31 ID:17DTwRSr
>>894
その前に国家に形而上を持ち込む根拠を語ればいいじゃん。


逃げるなよ

907 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 19:42:47 ID:X2uGAjXf
>>897
わざわざどうも。

でも「物理的な価値」という限られた範囲での議論ではなかったんですがね。

908 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/20(火) 19:43:37 ID:VkCZ8fV3
>>901

つまり、無駄遣いをやめて「守りたいという意志」を逸しない「程度」におさめればいいのですね?

909 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:43:59 ID:Z4x/l8r3
>>901
「皇室」を「無駄な道路」に例えるあなたの話に、
誰もが納得しているような話の進め方ですな。

910 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 19:44:04 ID:X2uGAjXf
>>908
そういう事だな。


911 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 19:45:12 ID:17DTwRSr
>ID:Cgxu/I4R
おい、どうした?
トンズラか?

912 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 19:45:26 ID:X2uGAjXf
>>909

だからそんな事は百も承知だって。
納得して無いなら反論をって。

913 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:45:45 ID:Cgxu/I4R
>>904
>国民全体のお金を一部の人が使いたいってだけで

皇室にかかる予算は当然、国会の承認を得ていますので一部の人が使いたいからと決定したお金ではありませんw
日本人なら厨房でも答えられますw

914 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:46:47 ID:Z4x/l8r3
>>912
だからレスを読めという反応になってるのだろ?
反論が書いてあるでは無いか。

915 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 19:48:01 ID:X2uGAjXf
>>913
ばか・・・それは「憲法上」だろ?

前にも言ったが
ここでは「憲法解釈」について議論してるわけじゃありませんから〜


916 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:48:31 ID:Cgxu/I4R
>>911
お?
俺にいってんのか?
IDを確認しろアフォ。
形而上は俺が使った言葉ではない。

そんなことより、費用対効果を説明してくれよ。

917 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 19:49:54 ID:17DTwRSr
>>906
>>905

918 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 19:50:03 ID:X2uGAjXf
>>914

少なくとも>>909には書いてなかった。
どこに書いてあるかアンカーをお願い。

919 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:50:36 ID:Cgxu/I4R
>>915
お前、本当に日本人か?


920 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 19:51:12 ID:17DTwRSr
>ID:Cgxu/I4R
ではオマイはその珍説には与してねえと認識していいのか?

921 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/20(火) 19:51:26 ID:VkCZ8fV3
>>907
限られた範囲内の議論でなく

物理的な価値 ということのみで判断するならば 価値はない
美術的の価値 のみで 判断するならば 価値はある(とする人もいる)
歴史的な価値 のみで 判断するならば・・・(よくわからんが、当時の顔料などの資料としてはあるのかな?)
等々限定的に語るのであればという・・・
そんな感じです。

922 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 19:52:03 ID:X2uGAjXf
>>919
意味ワカラン。
絶対「憲法」は正しいと?

なら「九条」も正しいわけだな。

923 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:53:22 ID:Cgxu/I4R
>>915
国会での予算の承認が憲法解釈の話?
マジ?

924 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/20(火) 19:54:59 ID:VkCZ8fV3
>>919
皇室の周りにいるやつとか
無駄遣いは  やめろ

ということで、終了?

925 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:55:37 ID:Z4x/l8r3
>>918
おいおい自分の主張を述べるためだけに此処でレスつけてるのか?

無駄論に対して必要論が書いてあるだろうが、
このスレはほとんどその二つで出来ている。

あなたにとってこのスレの約半分が反論だ、
読んでいるならそれを見つけきれないわけが無かろう。

スレの半分を占める内容に「アンカーをお願い」って無茶苦茶だな。

926 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:55:51 ID:Cgxu/I4R
>>920
そんなことはどうでもいいから費用対効果を説明しろっての。
何回言わせるかねまったく。


927 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 19:56:40 ID:17DTwRSr
>ID:Cgxu/I4R
オマイ、脳みそ腐ってんのかよw
もう書いてるだろ。

928 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 19:56:56 ID:X2uGAjXf
>>923
憲法上の話だろ?

929 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 19:57:45 ID:Cgxu/I4R
>>920
皇室に税金を投入して維持できていることが具体的な効果じゃないって言いたいんだろ?


930 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/20(火) 19:57:54 ID:VkCZ8fV3
>>922
1条から8条は正しいが
9条は正しくない
と解釈もできます。

931 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 19:58:43 ID:X2uGAjXf
>>925
反論に反論がなければ納得したものと見なしても問題ないでしょう?


932 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 20:00:19 ID:17DTwRSr
>>929
オレが聞いてるのはオマイの認識だ。
逃げるなよ

933 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 20:00:33 ID:Cgxu/I4R
>>928
じゃ、じゃ、wお前は国会で承認された予算に一部の人のためだけの
恣意的な予算があると? マジ?w

934 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 20:00:57 ID:X2uGAjXf
>>930
しかし彼は
「憲法に書いてあるんだぞ?」
という口調ですが。
明らかに憲法を絶対視した口調じゃありませんか?


935 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 20:01:37 ID:Cgxu/I4R
>>927
ふざけんなw
どこに費用対効果の解説があるんだよw

936 :887:2005/12/20(火) 20:01:49 ID:umKT8OBe
>>891
おまいさんが具体的な効果だの費用対効果だのというから、皇室の存在は
精神的な意味合いもあるぞという意味で形而上と言ったのだが。

「もう少し、形而上のことについても考えたほうがいいぞ。」というカキコから、
>国家機関の存在が形而上の存在
を導くとは、やはり左翼は誤解・曲解が好きなようだなw

これ以上誤解・曲解できないように書いとくが、人やものの存在には金銭的に
評価できない、形而上的な意味合いもあるということだ。

>>905にしても、政策の話であって、機関の存在そのものの評価じゃないだろ。
政策は、どれだけのコストでどれだけの効果があったか客観的に評価できるか
ら費用対効果を追求されるが、例えば外務省の存在価値を金銭的に評価しろ
なんて言われて、誰が正確に算出できるかw

大体、皇室・王室の存在まで費用対効果を求めるのが国際的なトレンドなら、王
制の国家なんぞ壊滅してしかるべきだろ。皇室・王室なんかが存在するのは、な
にも日本だけじゃないんだから。

>>916
わたしのせいで、へんな絡みかたされたようで申し訳ない

937 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 20:01:55 ID:X2uGAjXf
>>933

道路特定財源


938 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/20(火) 20:02:53 ID:VkCZ8fV3
>>933
表面的には存在しないが・・・
それに、じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐなさんは
皇室の維持に不必要な無駄遣いをやめてくれればいいとしていますよ。

939 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 20:03:01 ID:17DTwRSr
>>935
オマイの読解力の欠如まで面倒みきれねえw

940 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 20:03:33 ID:Cgxu/I4R

皇室予算が一部の人の恣意的な予算であるという珍説が出ました。
証明してくださいw

941 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 20:03:40 ID:n5KrNH6N
モチツケ
ガキにはカリカリしても仕方ないぞ

942 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/20(火) 20:03:43 ID:VkCZ8fV3
>>934
w たしかに、そういう風に聞こえる。

943 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 20:04:24 ID:Z4x/l8r3
>>931
反論に反論が無い?
あなたの中ではそういう結論に達しているのか…

まあ少なくとも、
流れを読む限り「皇室」と「無駄な道路」を同じ無駄の象徴とする
あなたの考えの賛同者が多数いるとは思えないが?

つまりそんな論をもとにされても、こちらは答えようが無い。

944 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 20:04:40 ID:X2uGAjXf

ところでなんで
>>928

>>933

になるんだ?
なにが「じゃあ」なんだ?


945 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 20:05:03 ID:Cgxu/I4R
さあ、いよいよ埋めた手作業も最後に近づいてきましたw

946 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 20:06:09 ID:X2uGAjXf
>>943
だから
その反論を書けと何度も・・・

947 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 20:06:17 ID:17DTwRSr
>>940
「皇室の財布」読め。

948 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 20:07:06 ID:Z4x/l8r3
>>946
だから何度も反論されているではないか。

949 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 20:07:15 ID:Cgxu/I4R
みなさーん、このスレのどこに費用対効果の解説があるのでしょうか?

【費用対効果】 支出した費用に対して得られる効果のこと。

どこかに書いてある?w

950 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/20(火) 20:08:21 ID:VkCZ8fV3
>>945
(~ー~ ニヤニヤ

951 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/20(火) 20:09:31 ID:VkCZ8fV3
>>1000
ナイスだ! 俺

952 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 20:09:33 ID:17DTwRSr
>>949
オマイが馬鹿だからまたURL出してやるよ
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%AF%BA%F6%C9%BE%B2%C1

それより「皇室の財布」くらい読んでから>>940みてえなコト書け。

953 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 20:09:39 ID:Cgxu/I4R
>>950
お前に1000はやらん!w

954 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 20:10:39 ID:Cgxu/I4R
>>952
はいはい、クマクマ

955 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 20:12:03 ID:Z4x/l8r3
>>946
反論が終わったと勝手に自己解釈したうえに、
反論がおわったから自説が認められたと解釈する。

そういうのはどうかね?

956 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/20(火) 20:12:04 ID:VkCZ8fV3
>>953
( ̄囗 ̄;)マ・・・マジですか?
じゃぁじゃぁ >>951 書いたの恥ずかしいじゃないですか

957 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 20:12:57 ID:Cgxu/I4R
>>952

政策効果≠費用対効果

バカ?

皇室の財布? 国会の予算承認の話をしてるのがわからんとはw 一日最低2回は論破されるわけだw

958 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 20:13:17 ID:Z4x/l8r3
ってか結論は出ないが終了ってことだな。

959 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 20:14:03 ID:Cgxu/I4R
>>956
書き直しなさい!w

960 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 20:14:43 ID:UbsJHt6T
徳仁必死だな

961 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/20(火) 20:15:04 ID:VkCZ8fV3
>>958
でたよ。
日本では、思想の自由があるわけだから
「敬う」ことは、個人の自由だろってことで
いいんでない?

962 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 20:16:35 ID:17DTwRSr
>>957
オマイオレが示したURL読んでね〜じゃんw
みえみえのインチキかくんじゃねえぞ。

963 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/20(火) 20:16:45 ID:VkCZ8fV3
イきそうだよ(1000に)
もう我慢できない。
いい? いい?

964 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 20:16:49 ID:Cgxu/I4R
いやあ、楽しいスレだったよ。

だってさ、皇室を維持運営する予算に対して
「利益が出てない! 廃止すべきだ!」
って人がいるんです。いやまじでw

衝撃的だよねw

965 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 20:17:37 ID:17DTwRSr
>国会の予算承認の話をしてるのがわからんとはw
その話しはこのスレでオレがすでに書いている。
有名無実化してるコトも。ったくこれだから・・・

966 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 20:18:38 ID:Cgxu/I4R
はいはい、クマクマ

967 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 20:19:11 ID:Cgxu/I4R
>>963
ふふふふ

968 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 20:19:20 ID:17DTwRSr
オレも楽しかったぞ。
なにしろ行政に効果を求めるのは今や当たり前のトレンドなのに、
そんな認識もねえのが皇室支持者だとよく分かったからな。

969 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 20:21:40 ID:IAqC5x3p
>>968
ソ連の話はどうしたの?

970 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/20(火) 20:22:16 ID:VkCZ8fV3
>>968
トレンドか・・・
それが必ずしもすべてに正しいとは言い切れないが・・・

971 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 20:22:48 ID:Cgxu/I4R

皇室に効果を求めるのがトレンドだそうですw

俺は初耳w

972 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 20:23:32 ID:Cgxu/I4R

バカは予想も付かないことを言うから面白いw


973 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/20(火) 20:24:09 ID:VkCZ8fV3
>>967
あぁああぁぁあぁあぁ もうダメだぁ!

974 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 20:24:19 ID:17DTwRSr
>>971
皇室にかぎらねえし。
ってかオレは多くくりとして「行政」としているんだが。

975 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 20:25:15 ID:17DTwRSr
>>972
それって勿論、オマイのコトだよな?

976 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 20:25:36 ID:X2uGAjXf
>>948

それら全てに反論したつもりですが?



977 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 20:26:00 ID:Cgxu/I4R
>ってかオレは多くくりとして「行政」としているんだが。

はて?w

>そんな認識もねえのが皇室支持者だとよく分かったからな。

どこでよくわかったんだろうね? 不思議な人だw

978 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/20(火) 20:26:05 ID:VkCZ8fV3
ところで、俺のコテハンにつっこみがなかったわけだが・・・

説明しておこう

湿っぽい陰茎
damp + penis

dampenis

なんだよ。 気がついた?

979 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 20:26:47 ID:xQ+0uQNX
>>968
己の考えをトレンド、ねぇ・・・
まぁ、どうやらそれもうそ臭いようだがw


980 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 20:27:09 ID:17DTwRSr
>>977
オマイのばかっぷりw

981 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 20:27:28 ID:X2uGAjXf
>>964

利益が無い上に

「莫大な税金がかかる」からな。


982 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 20:28:38 ID:X2uGAjXf
↓どうなった?
ところでなんで
>>928

>>933

になるんだ?
なにが「じゃあ」なんだ?


983 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 20:28:46 ID:Cgxu/I4R
>>980
それは論理的な答えですね、クマクマw

984 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 20:29:39 ID:xQ+0uQNX
>>980
他人を無知と言いながら、自分では何一つ主張できず根拠も示せない。
あまりにも恥ずかしすぎるw
そして・・・もうこの馬鹿は煽る事しか出来てないじゃないかっ!
これ以上虐めたら可哀想だよ!許してやってくれよwwww


985 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 20:29:57 ID:Cgxu/I4R
>>982
いいよ、別にわからなくてw

986 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 20:30:56 ID:X2uGAjXf
>>985

結局自分でも分からないんじゃない?


987 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/20(火) 20:32:05 ID:VkCZ8fV3
資本主義の荒波がここまで・・・


すべてに善悪を求めてはいけない

なぜなら、善悪は人の概念でしかないのだから

すべてに利益を求めてはいけない

なぜなら、すべてが利益を生むわけではないから

すべてに価値を求めてはいけない

なぜなら、いまだに我々は人類に価値を見いだしていないのだから。

988 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 20:33:37 ID:X2uGAjXf
>>987

一般的には正しいけど、
「(人間の)社会」ってのはそれじゃー成り立たんよ。


989 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 20:33:55 ID:17DTwRSr
ID:Cgxu/I4Rは相手のレスも読んでねえし、論拠も対論もないからな。
わざわざURLを何度も出してやっても読んでねえし。

990 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 20:34:05 ID:Cgxu/I4R
>>986
俺はもちろんわかっているけど、お前がこれをわからないほどのバカだったとは思わなかったよw

991 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/20(火) 20:34:12 ID:VkCZ8fV3
(T-T

しもねたごときでは、人気を取ることができなかったか・・・

というわけで

1000get!!!!!!!!!!!!!!

992 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 20:34:27 ID:Cgxu/I4R
1000

993 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 20:34:44 ID:X2uGAjXf
あほ

994 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 20:35:20 ID:Cgxu/I4R
くそw

995 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/20(火) 20:35:20 ID:VkCZ8fV3
ぎゃぁあああああああ まだだった!

タイミング ムズ!!!

よぉし こんどこそ!

1000get!!!!!!!!!!!!!

996 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 20:35:59 ID:Cgxu/I4R
埋め

997 :(○´ー`○)はカワイイ ◆a7G9QH2uOQ :2005/12/20(火) 20:36:12 ID:17DTwRSr
国家機関として存在する以上は、予算から逃れることはできない。
そしてそれはしかるべき効果として確認され、ディスクローズされなくてはならない。

当たり前のコトなんだが。

998 :Dampenis ◆gtrxYfCkC6 :2005/12/20(火) 20:36:14 ID:VkCZ8fV3
1000get!!

>>951
ありがとう!

999 :じゃあ付けた。だからそんなに騒ぐな ◆f5ZXaatxv6 :2005/12/20(火) 20:36:23 ID:X2uGAjXf
はぁ〜
1000

1000 :日出づる処の名無し:2005/12/20(火) 20:36:33 ID:Cgxu/I4R
1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
 ″ ゝ ″ ヽ   ″ ヾ  ″ ゝ " ヽ丿〜    。
 ヽ ″ ゝ ″ ヽ ″ ゞ  ″ ゝ ノ 〜  ゚       ゚
ヽ ″  ゝ ″ ヽ ″ ゞ ″ ゝ ″ ノ     。
″ ゝ ″ ゞ ″ ヽ ″ ゞ ″ ゝ ノ 〜            ゚
ゞ ″ヽiiiiii;;;;:::::  ″ノ ″ノ ″ ノ 〜  ゚         。
  ゞ   iiiii;;;;;::::: )::/:/                。
   。   |iiiii;;;;:: :|:/  。 このスレッドは1000を超えました。
      |iiii;;;;;:: ::|     もう書けないので、新しいスレッドを立ててください。
゚   。   |iiiii;;;;;:: ::|   。         ゚              。
      ,|iiiiii;;;;;:: ::|      。  __     。
     |iiiiii;;;;;::: ::|        ヽ=oノ          ゚
。  ゚  ,|iiiiii;;;;;;::: ::| ゚         / )゚Д  新スレで会おう ゚        ゚
    |iiiiiii;;;;;;:: :::|    。     ヽ  :|        ゚
。     |iiiiiiii;;;;;;:: ::|            |  :|    。   極東アジアニュース@2ch掲示板
,, , ,,/ヘ;;M;;;i;;iii;;ヾ、 ,,,,  ,,,,   しソ, , ,,,  ,, ,,   http://tmp5.2ch.net/asia/ 
"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""


292 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)