2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

脱亜論を再考すべし

1 :日本人:2005/12/24(土) 19:58:55 ID:rnvmLkrs
日本人は国家成立の時点から独立独歩で処してきたので、自然と自立心のある
遺伝子を有する人種が形成され、世界からも尊敬されているんでしょう。
一方朝鮮人は反覆常ならざる卑しい心情のヒトのみが生き残り、腐臭漂う
人種の集団が形成されたと考えます。
以前イラクで斬首された人質の処し方を比べ、今度の黄教授の身の処し方を
観るにつけ以上のような推測せざるを得ません。
福沢先生の説く如く日本は朝鮮や中国の腐臭に交わらず、これらの
民族と距離おくべきでしょう。

2 :擬古侍 ◆uXYb6WWUlI :2005/12/24(土) 20:01:27 ID:YplPLhG5
まったくその通りです。

3 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 20:03:41 ID:VWylNHvz
朝鮮もイラクもアジアでは有りませぬ
中国に至ってはムーです

4 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 20:05:42 ID:EfVO136D
おれ早稲田の付属校生だけど、福沢せんせは尊敬してる(笑)

5 :擬古侍 ◆uXYb6WWUlI :2005/12/24(土) 20:11:35 ID:YplPLhG5
私は国立だが、息子を慶応にいかせるように、所得的に
がんばりたいと思います。


まだ、、、未婚。。。

6 :雨風雷音丸 ◆Rudra.OXgA :2005/12/24(土) 20:14:03 ID:lveWckYz
そうですね、
ただ、アメリカにも距離は置くほうがよいでしょう。
ええ、中国よりかはアメリカ寄りで結構です。
利用できるうちはどんどん利用しましょう、警戒心を忘れずに。

また、脱亜は良くありません、
あくまでも中華圏からの離脱です。




7 :日出づる処の名無し:2005/12/24(土) 20:15:17 ID:pLdfnc2J

イザベラ・バードの『朝鮮紀行』(講談社学術文庫)を読むと李朝が
人民をどう扱ったかよく分る。本当にムゴイね。北朝鮮の収容所でやって
いる事は李朝時代の拷問そのものだ。

南や支那も似たり寄ったり。
市民社会を経験していない国と対等な関係は築けないと多くの日本人は
分かったはずだ。100年前の特定アジアに肩入れして列強と対峙した愚を
繰り返してはならない。安っぽい同情心で特定アジアにのめり込まない方がよい。

国益を考えるなら『脱亜入殴』を完遂するべきだ。自力で独立出来なかった
特定アジア3国に同情は無用だ。


8 :日出づる処の名無し:2005/12/25(日) 15:59:51 ID:vcYlaRQa
良いスレ


9 :日出づる処の名無し:2005/12/25(日) 16:49:17 ID:z/Iv/wcs
別に「脱亜」になる必要もないんじゃない?

必要なのは「脱・特亜」でしょ。

10 :日出づる処の名無し:2005/12/25(日) 16:51:18 ID:R5xEI27+
そうだな、「脱・特定アジア」は、必要だよ。

11 :日出づる処の名無し:2005/12/25(日) 18:34:50 ID:Tdquy7xL
漏れATOKなのに、「脱アロン」になっちまうorz
つttp://www.jca.apc.org/kyoukasyo_saiban/datua2.html

>然るに爰に不幸なるは近隣に國あり、一を支那と云い、一を朝鮮と云ふ。
という記述から、せんせも「脱特亜」がいいたかったんじゃない?

12 :毛沢東 ◆MwKQAfxIM6 :2005/12/25(日) 18:53:47 ID:uRzRn2TN
おまえら二次大戦の時だけ東亜共栄とか言ってたくせに都合が悪くなると脱亜かよ
どっちかを否定しろ自家撞着野郎!!

13 :雨風雷音丸 ◆Rudra.OXgA :2005/12/25(日) 19:01:43 ID:9mf4fFOv
>>12 過去の反省

14 :日出づる処の名無し:2005/12/25(日) 19:24:32 ID:kcJLTNFc
>12
だから再考なんだろうが。

15 :わがままな遺伝子 ◆0bNY21/WAs :2005/12/25(日) 19:31:18 ID:LS7gK0Ot
中国・朝鮮・日本は極東三馬鹿として世界の笑い者だな。

16 :毛沢東 ◆MwKQAfxIM6 :2005/12/25(日) 19:35:01 ID:uRzRn2TN
日本だけね

17 :日出づる処の名無し:2005/12/25(日) 21:41:24 ID:LyQrJYuf
隣の大陸、半島に中華思想がなかったら
脱亜論なんか必要なかったんだけどね。
いっそ清がイギリスなりオランダなりの植民地になってれば
イギリス人が中華思想に染まって今ごろ面白い事になってたかも

18 :日出づる処の名無し:2005/12/25(日) 23:21:27 ID:z/Iv/wcs
いや、半島がとっとと中共に併呑されれば、全ては丸くおさまる。

あんな国、独立国家として存在してること自体がマチガイ。

19 :日出づる処の名無し:2005/12/26(月) 11:30:13 ID:Crb+Hvap
もう脱亜してるじゃん、日本は


20 :日出づる処の名無し:2005/12/26(月) 11:34:05 ID:h+AAXQUk
高句麗は中国の地方政権っていう中国の見解を韓国は認めちゃったからな
内政干渉までしてごり押ししようとした日本に対してとは対照的
半万年属国なんだから中共と一緒になってもかまわんだろ

21 :日出づる処の名無し:2005/12/26(月) 12:27:26 ID:nVd+ISwV
脱「特亜」だろ。

22 :日出づる処の名無し:2005/12/26(月) 12:48:59 ID:46IbDDoV
>>1に納得

23 :日出づる処の名無し:2005/12/26(月) 13:27:56 ID:wfizYB4o
福沢先生自身も脱「特亜」論として発表したのでしょう

24 :日出づる処の名無し:2005/12/26(月) 14:22:06 ID:y4iBZ3sJ
極東三馬鹿国不要論でいいんじゃね。アジアっていっても広いからね
ヨーロッパからみてアフリカじゃない、アジアだし。
 腐儒の儒教文明不要論でもいいんじゃね?

25 :日出づる処の名無し:2005/12/26(月) 15:39:31 ID:ZZT1TI/w
脱亜論・・・脱華論だな。

26 :日出づる処の名無し:2005/12/26(月) 17:16:21 ID:8/6zdeIo
脱華論っていい響きだね

27 :日出づる処の名無し:2005/12/26(月) 18:12:51 ID:qpBdFUO3
脱朝論は響きわるいな

28 :日出づる処の名無し:2005/12/26(月) 23:11:23 ID:ggpjbxv1
福沢諭吉 「脱亜論」(明治18年)

 日本の不幸は中国と朝鮮だ。
この二国の人々も日本人と同じく漢字文化圏に属し、同じ古典を共有しているが、
もともと人種的に異なるのか、教育に差があるのか、 日本との精神的隔たりはあまりにも大きい。
情報がこれほど早く行き来する時代にあって、近代文明や国際法について知りながら、
過去に拘り続ける中国・朝鮮の精神は千年前と違わない。
国際的な紛争の場面でも「悪いのはお前の方だ」と開き直って恥じることもない。
もはや、この二国が国際的な常識を身につけることを期待してはならない。

「東アジア共同体」の一員として その繁栄に与ってくれるなどという幻想は捨てるべきである。
日本は、大陸や半島との関係を絶ち、 欧米と共に進まなければならない。
ただ隣国だからという理由だけで特別な感情を持って接してはならない。
この二国に対しても、国際的な常識に従い、国際法に則って接すればよい。
悪友の悪事を見逃す者は、共に悪名を逃れ得ない。
私は気持ちにおいては「東アジア」の悪友と絶交するものである


これか
中国と朝鮮って特亜だよな
2chでいうとまさに「脱特亜」だ

29 :25:2005/12/26(月) 23:24:05 ID:ubgmxXAi
>26
脱亜だとベトナムやカンボジア、モンゴル、タイなんかしらねーよ、
という感じがするんで、脱華の方がイイんでないかな、とオモタ。


折角だから、おっぱいのヒトに叫んでもらおう。

    _  ∩
  ( ゚∀゚)彡 脱華! 脱華!
  (  ⊂彡
   |   | 
   し ⌒J


30 :日出づる処の名無し:2005/12/26(月) 23:34:02 ID:ggpjbxv1
でも脱華だと中華民国(台湾)も含まれちゃうんじゃ…

それに中国より糞な朝鮮が入ってないぞ

31 :日出づる処の名無し:2005/12/26(月) 23:36:02 ID:QWtvHD0P

やっぱり、「脱・特亜」。

それで決まり。

32 :予備校生:2005/12/27(火) 01:58:38 ID:wAw9hBgM
福沢諭吉のせいで未だに日本には
アジア蔑視的風潮が残存しているが
地域統合が進む昨今の東アジアにおいて、
脱亜論は百害あって一利なしと言える。

33 :日出づる処の名無し:2005/12/27(火) 02:03:01 ID:GeL/TB4v
>>31
特亜を一文字で表せないもんかな・・・

34 :日出づる処の名無し:2005/12/27(火) 02:15:32 ID:LM5emPJg
太平洋主義はどうかな?アメリカからオーストラリアの海洋国家全て
カバーするし。だれか地図引っ張りだして、どの地域と付き合いカバー
するか仮説だいてくれる?地図はカキコさなくていいからさ。

35 :現役慶応生:2005/12/27(火) 02:23:04 ID:1SIzC2yW
さすが福沢先生だ、と思うことは度々ある。

例えば経済、民主と言った明治以降に伝わってきた欧米的概念の日本語化だ。
現在も新たな言葉の日本語化はなされているが、ITを情報技術というように、センスのない直訳になっている。
それに比べてなんとすばらしい訳し方なのだろうか。

同様に脱亜論もそうだ。
現在と同様に隣人、同胞という意識のあり、当時まだ日本と同等か格上と思われていたアジア(正確には東アジア)と、つるんでいては日本がダメになるという達観はすばらしい。
福沢先生は義塾の誇りである。

36 :日出づる処の名無し:2005/12/27(火) 18:21:46 ID:oVdTaBwr
福沢諭吉って天才だね



37 :船虫Jr ◆.Tg2yBtH66 :2005/12/27(火) 18:30:54 ID:fW0wKNZC
じゃあ、とっととアジアから出て行けよ(プ

38 :日出づる処の名無し:2005/12/27(火) 18:48:39 ID:cCVnaGjs
船虫Jr ◆.Tg2yBtH66 はこの世から出て行けよ(プ


39 :日出づる処の名無し:2005/12/27(火) 19:14:27 ID:Gs+v3pv2
船虫最近バカだよね、完全に。
どうやってアジアから出すんだ?
ほれ、いってみろやw

40 :日出づる処の名無し:2005/12/27(火) 20:04:37 ID:+UyzP3CX
は?

「特定アジア」が、アジアから出て行けばいいでしょ。「特定」なんだから。

41 :日出づる処の名無し:2005/12/27(火) 23:25:26 ID:L46rQPwd
脱亜論といえば、このフラッシュは必見。

金玉均の戦い
ttp://www.geocities.co.jp/Playtown-King/2816/flash/kim_okkyun.html


諭吉先生が脱亜論を書かねばならなかった時代背景は、
ここら辺が判りやすいかな。

朝鮮の近代化
ttp://www.infosnow.ne.jp/~sevas/adult/japan/japan6.html
ttp://www.infosnow.ne.jp/~sevas/adult/japan/japan7.html

42 :日出づる処の名無し:2006/01/06(金) 18:36:55 ID:oDI0jmi0
脱衣入浴

43 :日出づる処の名無し:2006/01/06(金) 18:52:43 ID:oDI0jmi0
>>41
キム・オッキュンの近代化の意志は評価されているが、その現実感覚は疑問視されている。
それは、成功率が低いのに、日本と手を組んでクーデターを成し遂げようとしたことである。
いずれにせよ、キム・オッキュン暗殺事件を利用して、日本政府は朝鮮植民地化を進める世論を形成したのだ。
それにしても、未だにキム・オッキュン事件で植民地化を正当視しようという輩がいるんだな。
とてつもなく時代遅れだ。

44 :日出づる処の名無し:2006/01/07(土) 01:45:21 ID:Ofbsx1xo
>>34
どの地域とも対等に付き合うべき。

>>35
日本語化というか、日本訛り中国語化だな。

45 :大和 ◆JApAN.yB6w :2006/01/07(土) 01:49:30 ID:oqt1wBFv
>>42
お世辞にもおもろい言えない。


俺は思う。日本が亜細亜の鏡にならねばならぬと。
親日国家を裏切りたくない

46 :日出づる処の名無し:2006/01/07(土) 01:55:05 ID:u649wXP8
平成脱亜論=脱極東三馬鹿

47 :日出づる処の名無し:2006/01/07(土) 17:51:14 ID:M4g/9/+l
>45
そこで麻生外務大臣の持論、「日本はアジアの実践的先駆者、Thought Leaderたるべし」ですよ。
ttp://www.mofa.go.jp/mofaj/press/enzetsu/17/easo_1207.html

48 :日出づる処の名無し:2006/01/07(土) 18:01:48 ID:GOduNc/1
120年以上前の脱亜論を考えると、結局シナやチョンは第二次大戦など
関係ないつーことだね。とにかく、日本にたかればいいというわけだ。


49 :日本鬼子:2006/01/07(土) 18:10:54 ID:DQZnmqLH

 日本はアジアから出て行け。

 小日本の糞ども、脱亜を考える前に、脱糞をしろ。

50 :日出づる処の名無し:2006/01/07(土) 18:11:38 ID:XWlB9sH0
福沢が中国・朝鮮二国に将来の希望はないと見なした核心の根拠は、両国が西洋文明を
拒絶する態度である。中国と朝鮮は、みずからを西洋文明から隔離し、自身の独自の文明を
維持しつづけようとしている。ところが日本は西洋文明に対して積極的に摂取しようとする態度
を取り、みずからを西洋文明のうちに投じて、運命を共にする道を選んでいた。福沢によれば、
西洋文明とは“麻疹(はしか)”のようなもので、伝染性を持つものであり、拒否すれば列強に
国を分け取りにされて滅ぶのであるから、中国と朝鮮による西洋文明の拒否は到底成功しない。
そして後の歴史は、中国と朝鮮について福沢の予見が正しかったことを証明した。西洋列強が
植民地主義思想を改めていなかったら、中国も同じく分割されていたことはほとんど疑いないからだ。  
  私は、「脱亜論」を読んで、近代において中国が蒙ってきたさまざまな苦難や屈辱はかなりの
程度、中国人がみずから“選択”した結果ではなかったかという思いを禁じ得ないのである。 
ttp://www.eva.hi-ho.ne.jp/y-kanatani/minerva/Column/2005/c20050411.htm

51 :日出づる処の名無:2006/01/07(土) 19:10:35 ID:+lTSm7F0
>ただ隣国だからという理由だけで特別な感情を持って接してはならない。

諭吉先生すばらしい!!

52 :日出づる処の名無し:2006/01/07(土) 19:34:55 ID:jAJktbQE
スレタイは間違い

×脱亜論を再考すべき
○脱亜論を再確認すべき

53 :チンぽんとあしにほん:2006/01/07(土) 19:37:20 ID:abpJ81gz
だつあろんとはアジアをだっしゅつするということですね

いけ ためらうんじゃないぞ

54 :日出づる処の名無し:2006/01/07(土) 20:07:41 ID:4ocjwWnR
むしろ外国人の書いた書籍をガンガン和訳するべきだと思う

55 :日出づる処の名無し:2006/01/07(土) 21:45:48 ID:tRiOXYR/
良い事書いてるな。
http://ameblo.jp/kyouikusituke/entry-10006500107.html

ちなみに「脱亜論」という主張は本来は無い。
「脱亜論」というタイトルは後世の人が勝手につけたもの。

あれは勝海舟が提唱した「興亜論」に反発した文章なのだ。
勝海舟と福沢諭吉は咸臨丸以来、犬猿の仲だった。

勝海舟と福沢諭吉の遺恨や人格の違いはここが詳しい。
http://ww6.tiki.ne.jp/~viper/butsuzo7.html

福沢は勝の人格の下劣さや観念論を激しく批判している。(「痩せ我慢の論」など)

「勝がどれほど、中国や朝鮮を知っているのだ!私は知っている!興亜論が成り立つのは、中国と朝鮮の“成熟”を前提としてだ。
その前提が無い以上、彼らに期待すべきではない!」という現実論なのだ。
福沢は中国人や朝鮮人の事を良く知っていたからだ。

ちなみに勝海舟の興亜論を受け継いだ樽井藤吉は「大東合邦論」を書き、日韓合邦を推進した。
http://www.yorozubp.com/asiaism/asiatarui.htm

樽井は「対等な合邦関係」を主張したので、「現在のEUに繋がる先進性!」として現在の左翼にも評判が良い。
しかし…最近、日韓併合直前の樽井の論文が見つかった。
なんと…樽井は日韓併合を賞賛していたのである。
仮にそれを「変質」であるとしても、その程度の人間が「興亜論」を説いていたのである…。

そして樽井は「東洋社会党」を作った人でもある。
現在の「社民党」のルーツである。
つまり「社民党」は「日韓併合賞賛派」がルーツにある政党なのだ。

ここも必見。在日中国人には賢いやつもいる。
http://www.eva.hi-ho.ne.jp/y-kanatani/minerva/Column/2005/c20050411.htm

56 :日出づる処の名無し:2006/01/07(土) 22:03:17 ID:tRiOXYR/
かなり粗雑だけど…。

                      (咸臨丸以来の確執)
            興亜論(勝海舟)←──反発──→脱亜論(福沢諭吉)
            ┌──┴──┐     
            ↓        ↓
大アジア主義(頭山満&孫文) 大東合邦論(樽井藤吉)※後に日韓併合を賞賛
    ┌──┴──── ┐  http://www.kazankai.org/publishing/toa/2001_08/asia/03.html
    ↓           ↓               ↓
石原莞爾(満州国)   中華民国           東洋社会党
(五族協和思想)└融合──┘              ↓
             ↓                  社会党
          中華人民共和国              ↓
                                 社民党


こう見ると「興亜論」(勝海舟)のおろかさと、「脱亜論」(福沢諭吉)の正しさがよく分かる…。

57 :日出づる処の名無し:2006/01/07(土) 22:17:11 ID:tRiOXYR/
あと、これは余計な話かもしれないが…。

福沢諭吉を家族を愛し、家族に愛された人だ。
彼はどんな時でも揺るがない人だが、子供に関してだけは直ぐに狼狽する可愛い人だ。
愛がいっぱいある人だ。

でも勝海舟は…。
彼の夫人の遺言を読めば分かる。


勝海舟の妻の遺言
「私の遺骨を間違っても夫と同じ墓に埋めないで下さい」


家族にすら、これほど嫌われた勝が「東洋の連帯」を叫んだのである。
これが観念論でなく、なんであろうかw

58 :日出づる処の名無し:2006/01/07(土) 22:21:22 ID:YRmaFJhz
福沢諭吉は、保守派に弾圧を受けたリベラル派だけどね。明治時代に親欧米派だった人物は大概リベラル指向で、国学派等による抑圧を受けている。


59 :日出づる処の名無し:2006/01/07(土) 22:29:06 ID:oUPtK1OL
ユダヤ人と仲良くすればいい。それだけ。


60 :日出づる処の名無し:2006/01/07(土) 22:42:43 ID:YRmaFJhz
親欧米派も社会民主主義的影響を色濃く受けていたから、戦前、国体を破壊する危険思想と見られていたんだけどね。


61 :擬古侍 ◆lIberAli6k :2006/01/07(土) 22:44:33 ID:xjXP2rSl
>>59
うむ、そういう意見があるが、
日本の左翼、日本赤軍がテルアビブで銃乱射している

62 :日出づる処の名無し:2006/01/07(土) 22:50:19 ID:Aic5K2GA
一万円札の人は、

脱亜=支那朝鮮から距離を置け

っていう認識でおk?当時は「特ア」って言葉無かったからなあ・・・

63 :日出づる処の名無し:2006/01/07(土) 23:00:09 ID:VIYDYbdp
一万円札の人はねえ、当初は入れ揚げてたんですよ。金玉均なんて、彼の弟子でしたから。
金玉均を応援して止まなかった。彼を含む朝鮮人の不祥事には顔をしかめてましたけどね。
朝鮮で新聞を発行するために、漢字ハングル混じり文の表記法を考えたのも彼ですよ。
しかし、金玉均は失敗し、あろうことか同じ朝鮮人に殺されてしまった。師は絶望します。
脱亜論には、彼自身の期待と体験が、色濃く影を落としています。
シナ朝鮮に何の関心もないのだったら、初めから取り上げたりしませんよ。

64 :日出づる処の名無し:2006/01/07(土) 23:03:35 ID:YRmaFJhz
慶応の先生によれば、福沢諭吉の書物には、亜細亜的なるものに悲観的部分は多々みられるものの、脱亜論というものは福沢諭吉の業績を嫉んだ人物による捏造だとさ。


65 :チンぽんとあしにほん:2006/01/07(土) 23:05:27 ID:D5mjKXzq

 だつあろんをきめてください

ありぞなしゅうちじに はがきだしますからよろしくという

66 :日出づる処の名無し:2006/01/07(土) 23:07:49 ID:Aic5K2GA
>>65
ねえねえ、こっちからにげないでね。

日本神話って韓国の神様の話なんでしょ?
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1136347351/


67 :チンぽんとあしにほん:2006/01/07(土) 23:10:33 ID:D5mjKXzq

 いいえ にっぽんしんわはかんこくのかみさまのはなし
ではなく ちょうせんのしんさまの わ です

かんじのつかいかたにちゅういしてよくよんでください ぽんへ

68 :日出づる処の名無し:2006/01/07(土) 23:13:34 ID:CVZvw8bo

 物事は正確に言うおぜ。脱亜じゃない、脱儒教民族だ。
中国・朝鮮は何千年って変わらない民族なんだよ。世界が見えないと言うか、文化の固定って言うか。
大体、文明が起きた所は滅びてたんだが、何故か儒教民族だけは・・・・ まー何千年も変わらない民族だから
死滅か分裂しかありえない。経済的側面でもね。

69 :チンぽんとあしにほん:2006/01/07(土) 23:19:00 ID:D5mjKXzq

 いつごろでっかしめつすんのは とけいもってはかるから
せいかくにおしえてくれ (もちろんせいこお のとけいではかる)

なんぜんねんってかわらないのはじじつですよ あんたたちがかわ
らないからむこうがかわらないようにみえてるだけですけどね

70 :日出づる処の名無し:2006/01/07(土) 23:21:12 ID:hOnEvAb7
中華帝国って度々異民族に侵略されて、異民族の王朝が誕生する
でも、どういうわけか異民族が儒教民族化しちゃうんだよね。

もし、清が完全にヨーロッパの植民地にされてたら
今頃ヨーロッパが儒教民族になってたかもね

71 :日出づる処の名無し:2006/01/07(土) 23:32:10 ID:Aic5K2GA
>>69
にほんごになってないね
もっとにほんごべんきょうしてね

72 :チンぽんとあしにほん:2006/01/07(土) 23:34:42 ID:D5mjKXzq

 にほんごになってますよ よくよんでください
あなたにほんじんでしょ これくらいのにほんごにへこたれていて
は いざというときに はらきれませんよ

73 :日出づる処の名無し:2006/01/07(土) 23:36:16 ID:Aic5K2GA
はらきれませんよ

いみわかりませんw

74 :チンぽんとあしにほん:2006/01/07(土) 23:37:26 ID:D5mjKXzq

  はらきれないなら
ありぞないきなよ はがきだしてやるから ありぞなしゅうちじに

75 :日出づる処の名無し:2006/01/07(土) 23:39:17 ID:Aic5K2GA
ありぞないきなよ

ますますいみわかりませんww

76 :日出づる処の名無し:2006/01/08(日) 02:16:05 ID:uWiuaUdW
いっそ、欧米からも孤立して一つの独立文化圏を生成
すれば。

77 :日出づる処の名無し:2006/01/08(日) 02:25:11 ID:CnrPz5Wx
脱皮

78 :日出づる処の名無し:2006/01/08(日) 02:31:23 ID:JGZjQD5t
>>64
現在「脱亜論」と呼ばれている時事新報に掲載されたあの文章は、福沢諭吉が本当に
書いたかどうかは怪しいというのは事実。時事新報自体は福沢の発行していた新聞だが
今で言うWriterが何人も居て、福沢の名前で新聞に掲載していた。

79 :日出づる処の名無し:2006/01/08(日) 20:15:14 ID:qd9IA6B2
仮に「脱亜論」が福沢の直筆でなかったとしても、その内容が福沢の主張と大差ないのは事実。
他の本(例えば福翁自伝)なんかを読めば分かる。

福沢が特に嫌ったのが朝鮮人。


なんせ、「道義にもとる行為」を「朝鮮人をする」と表現するくらいw
http://diarynote.jp/d/67247/20050526/


福沢先生も朝鮮人には散々な目にあわされた。


■THEMIS 2002年4月号 高山正之帝京大学教授
「1881(M14)年、朝鮮の青年約60人が慶応義塾にきた。
しかし彼らは遊んでばかりで、ついには大学の金庫を荒らし、福沢諭吉を怒らせた。
諭吉の『隣国の開明を待つ猶予あるべからず』という『脱亜論』は、この留学生の姿を見て書かれたもので、そこには、はっきりと失望が読み取れる」

80 :あしにほんじんのうんこもじ:2006/01/08(日) 20:37:07 ID:S4yl89TN
わたしはあなたたちに煎ってるんじゃなく
にほんじんに煎ってるんです

にほんじんにわかってもらえればそれでいいんです
あなたたちに煎ってませんよ

ばかやぼけやにほんじんじゃあるまいし わかってね

81 :日出づる処の名無し:2006/01/08(日) 21:27:47 ID:qd9IA6B2
面白いなー。
http://seisantou-k.hp.infoseek.co.jp/risekikei01.htm

82 :ninigi:2006/01/08(日) 21:31:42 ID:7CFkNcY0
脱特亜論がよろしいかと・・・。

83 :日出づる処の名無し:2006/01/08(日) 21:39:24 ID:qd9IA6B2

   ちょっと改造

                         (咸臨丸以来の確執)
            興亜論(勝海舟)←────反発────→脱亜論(福沢諭吉)
            ┌──┴──┐     
            ↓        ↓
大アジア主義(頭山満&孫文) 大東合邦論(樽井藤吉)─影響→李容九(一進会)
    ┌──┴──── ┐      │                   │
    ↓           │      │                 上申
石原莞爾           │      │                  ↓
(東亜連盟)         │      ↓                李完用(韓国首相)
(満州国)         中華民国 東洋社会党              ↓
(五族協和思想)      │      ↓                日韓併合
    └───┬───-┘     社会党
          ↓             ↓
      中華人民共和国       社民党



84 :日出づる処の名無し:2006/01/08(日) 21:47:41 ID:qd9IA6B2
     
       ■■■日本を地獄に突き落とす“興亜論”とは?■■■


                         (咸臨丸以来の確執)
            興亜論(勝海舟)←────反発────→脱亜論(福沢諭吉)
            ┌──┴──┐     
            ↓        ↓
大アジア主義(頭山満&孫文) 大東合邦論(樽井藤吉)─影響→李容九(一進会)
    ┌──┴──── ┐      │                   │
    ↓           │      │                 上申
石原莞爾           │      │                  ↓
(東亜連盟)         │      ↓                李完用(韓国首相)
(満州国)         中華民国 東洋社会党              ↓
(五族協和思想)      │      ↓                日韓併合
    └───┬───-┘     社会党                ↓
          ↓             ↓               在日朝鮮人の発生
      中華人民共和国       社民党(地球市民派 )      │
          └─────────┼────────────┘
                         ↓
                    東アジア共同体思想

※補足(歴史は繰り返す)
━━━━━━━━━━━━━
大東亜共栄圏=東アジア共同体
五族協和=多文化共生社会
八紘一宇=地球市民
━━━━━━━━━━━━━


85 :日出づる処の名無し:2006/01/08(日) 22:05:33 ID:qd9IA6B2
これ、無茶苦茶なけるんだけど…。
http://seisantou-k.hp.infoseek.co.jp/iyongu04.htm

誰が悪いわけではないんだが…。
どうして今、安重根が「英雄」で、李容九が「売国奴」なんだ?
韓国人はもうちょっと考えるべきだ。
”興亜論”という悪質な観念論が、こんな悲劇を生むんだなあ…。



86 :日出づる処の名無し:2006/01/08(日) 22:08:13 ID:qd9IA6B2
日清戦争と日露戦争に勝利した「アジアの一等国、日本」と「韓国」が
対等合邦なんか出来るわけが無い。

そういう意味では、李容九は馬鹿だったと言える。
でも、やっぱり可哀相だよ…。


25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)