2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

我々は何処へ行くのか 7

1 :中村 ◆CHBTxVTges :2005/10/13(木) 01:23:47 ID:KF+VYc+o
【我々は】ネオわしズムスレ3【何処へ行くのか】からの分岐スレ。
小林よしのりが提起している問題を含み、日本国の保守主義に
関わる問題に関し、哲学からエンタメまで幅広く論じるためのスレです。
果たしてこのスレの議論は何処へ向かうのか、そして行き着くのか。
仕事中でも晩酌中でも、コテも名無しも気楽にカキコしれ!

また、凛家亜武氏と個人的に対談したい方は
【煽り厨クン】ポチとブサヨは日本の産廃【千客万来】
ttp://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/kova/1127114599/
へ、お立ちより下さい。

過去スレなどは>>2-10

前スレ(上から順に)
我々は何処へ行くのか 6
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/kova/1127572040/

我々は何処へ行くのか 5
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/kova/1127147333/

我々は何処へ行くのか 4
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/kova/1126523513/

我々は何処へ行くのか 3
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/kova/1125931514/

我々は何処へ行くのか 2
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/kova/1125039284/

我々は何処へ行くのか
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/kova/1123767078/


2 :中村 ◆CHBTxVTges :2005/10/13(木) 01:26:01 ID:KF+VYc+o
【我々は】ネオわしズムスレ3【何処へ行くのか】
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/kova/1122578044/

【沖縄論】ネオわしズムスレ2【靖国論】
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/kova/1120488470/

【小学館に】ネオわしズムスレ1【転進】
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/kova/1118321748/

その他、テンプレ案があれば随時募集中。

3 :中村 ◆CHBTxVTges :2005/10/13(木) 01:48:30 ID:KF+VYc+o
む…夜中に立てたのは失敗だったか(;´Д`)

4 :中村 ◆CHBTxVTges :2005/10/13(木) 02:20:01 ID:KF+VYc+o
とりあえず容量に現在進行中の議題(?)でも。

鳥坂センパイ
アイルランド史を元にしてナショナリズムを論ずる
「とびきりいい加減なアイルランド独立史」進行中。
現在「イースター蜂起」まで。

凛家亜武氏
「仏教論(史)」
予定中。

5 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/13(木) 02:44:27 ID:mJLmTfMY
ゴーゥ!ジャパーン!
>>1
乙ですだ。わたくし、これより出張でございます。
リアルが盛り上がってまいりましたので、なかなか遊びに来れませぬが、
そのうちまた、のたまいに来まするぅ〜

6 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/13(木) 03:23:07 ID:qW3/klgu
>>1
中村殿

 スレ立て、いつもありがとうございます。
 小生、体調8.5割で仕事も遅れているため、議論に資するレスを書く余裕が
ありませんが、ボチボチ(ポチポチではないw)スレ復帰して行こうと思っ
ております。


7 :凛家亜武 ◆zgWjY89cfk :2005/10/13(木) 11:22:08 ID:ER+Uiiqe
>>1乙+リクエストの実施感謝です。さてと、最初に言っておきたい
のですが、仏教論についてですが、これは調べればすぐわかりますが
膨大に過ぎます。そもそもの越前氏の要望に答えるならばいわゆる
根元仏教、ブッダの根本の教えから、バラモン・ヒンズー教との
相互影響、大乗・小乗仏教への分派から、中国大陸、朝鮮半島を
通じての日本への伝来、そこから日本独自の流れとしての更なる
多くの分派と、儒教と国家神道との融和・共存と、それらを全て
引き受けた今日の日本仏教を総括して説明しなくてはいけないのですが
駆け足にもほどがあると言う内容になると思いますが、自分がこれを
調べようと思った動機は、そう言えば日本の道徳や理念に多大な影響を
与えてきたはずの仏教が今日余り顧みられないな、何故だろうと素朴に
疑問に思ったからであり、例えば五木寛之や梅原猛や瀬戸内寂聴らが
仏教の見直しを言っておりますが、何かしらの決定打を仏教は現代日本で
失っているのではないか?と。仏教が失っているのか、それとも日本人が
宗教自体に価値を見出さなくなっているのか。いや、そもそも日本で仏教に
限らず宗教自体が強い求心力を持っていた時代があるのか?
つまり、「日本人と宗教」と言う俯瞰で見なければいけないのではないかと。
この命題の果てには「宗教とは何か?」「人にとっての宗教とは?」に
ぶち当たります。この命題を考えて、曲がりなりにも答えが出せたら
大川隆法とかとか麻原彰晃とか福永法源とかへの第一歩を踏み出せます。
ちっとも踏み出したくはありませんが、卑しくも思想について語ろうと企む者は
この道を一度は通らなくてはいけないかも知れません。最初にブッダについて
ある程度考証し、仏教自体の考えを捉え、後に大まかに日本に仏教が入ってくる
流れを追った後、各時代の背景と照らし合わせながら当時の代表的な宗派に
スポットを当てながら現代に迫ろうかな、と言う感じにします。
間違った事を書いていればどんどん批判して下さい。さすが仏教ともなれば
解説のサイトも大変多く、無知の身と言うか殆んど門外漢に近いので
とんでもない間違いを書くかも知れませんので・・・。
(どれが正しくてどれが間違ってるかの判別がつきません 泣)

8 :凛家亜武 ◆zgWjY89cfk :2005/10/13(木) 11:23:09 ID:ER+Uiiqe
     〜現代日本に仏教の意義を問う@〜

ゴータマ・シッダルタは紀元前500年頃に、古代インドのカピラ王国の王子と
して生誕する。16歳にて結婚し、29歳の時に啓示を受け出家し、苦行を続けた。
やがて、35歳の時に菩提樹の元で悟りを開き、ブッダ(目覚めた人)となる。
当時のインドに於いてはバラモン教が強い力を持っており、バラモン教は
司祭階級バラモン(ブラーフマナ)をカーストの最上位に置き、王族
(クシャトリア)庶民(ヴァイシャ)、隷民(スードラ)の順に並べる厳格な
身分制度を確立していたので、シッダルタは高いの身分の人であった。つまり、
世界の四聖(キリスト、ソクラテス、孔子、ブッダ)の内、ブッダのみが
言わば高い身分の出身であった。そのブッダは明確にカースト制度を否定。
また、シッダルタ自身の苦悩の根源は、誕生と同時に死に別れた母への思慕で
あったと言われている。また、ブッダが開いた仏教自体も、発展していくに
従ってバラモン教の事実上の後形のヒンズー教の影響も受けていく。
代表的なものが輪廻思想である。ちなみにヒンズー教は後にイスラム教の
影響も受ける。また、カースト制度を現在も継承しているのもヒンズー教。
多少意外ではあるが、現代インドに仏教徒は少ない。
そのブッダとなったシッダルタは、80歳で亡くなるまでひたすら教えを説き、
入滅100年を持って、分派が始まっていくが、ブッダの教え自体は
いかなるものだったのか。それは、輪廻から解き放たれ、成仏、文字通り
仏になり、生の苦しみから逃れること。四諦から逃れ、煩悩を越え、
涅槃に入り、人生苦から解き放たれる。その為に八正道を行わなければならない。
八正道とは、1.正見、2.正思惟、3.正語、4.正業、5.正命、
6.正精進、7.正定、8正念 の8つの項目から成る。詳しく知りたい方は
これらのサイトをどうぞ。ttp://www.j-theravada.net/kogi/index.html
ttp://www.miyagawa.com/syuha/osie/a.html
大変興味深いところは、ブッダ自体は個人の努力を説いており、また、
定義として超越した存在(神)がおらず、救済してくれる存在自体がいないところ。
つまり、ブッダ自身は「自力」での解脱、成道を説いていたのです。

9 :名無しかましてよかですか?:2005/10/13(木) 16:14:59 ID:wfpOMoSa
>>8
>「あぁ、お兄ちゃん、そんなことしちゃダメだよ〜。
  僕たち兄弟なんだよ。」
まで読んだ

とか言われないように、もう少し読みやすいように書いた方が良いんじゃないな?
区切りで一段落空けるとかして
あと語尾が「である」とかの断定調と、「です、ます」調が混在しているのもどうかな?
どちらかに統一してた方が良いと個人的には思う

>間違った事を書いていればどんどん批判して下さい。
と言ってるから、内容とか間違いについての批判じゃないけど書いてみた


10 :名無しかましてよかですか?:2005/10/13(木) 19:40:37 ID:UBcFxxDe
>>7->>8
>「お兄ちゃんダメェ〜!そんなとこ舐めちゃ汚いよぉ〜」

まで読んだ

11 :名無しかましてよかですか?:2005/10/13(木) 19:53:55 ID:8Y0tw1vW
「国の借金など日本人に真の郷土愛と愛国心が芽生えればすぐに返済できる」

どうやって?

12 :日朝中は顔が同じサル顔:2005/10/13(木) 20:05:53 ID:Rq0lUM1B
中年男の毛深い肛門をペロペロ舐めることさえ出来ない青二才が
愛国だとか民族だとか天皇だとか、、笑わせるんじゃないぞ。
ママの布団に潜って早く寝ろ!
http://www.asyura.com/sora/bd4/msg/426.html
http://members.at.infoseek.co.jp/YaYa/isihara.htm
私が抱きついてゆくと三島さんは急に体の向きを変えて抱き返してきて小さな声でささやいた。
「しばらくぶりだったね、会いたかったよ。」
、、、、懸命に三島さんの首から、胸、腹に、強いキスを浴びせかけていった。
、、、三島さんはこちらが驚くほどの、甘えた子供のような声をほとばしらせた。
1966年、昭和41年8月27日、熊本、ホテル・キャッスル。
三島由紀夫42歳、福島次郎36歳、中年男の熱い再会だった。
「・・・・私の方から三島さんの体を強く抱きしめ、その首筋に、激しいキスをしゃぶりつくようにしたのだった。
三島さんは、身悶えし、小さな声で、わたしの耳元にささやいた。
「ぼく、、、幸せ、、」歓びに濡れそぼった、甘え切った優しい声だった。・・・」
http://sv.mcity.ne.jp/D/7044/i/102.shtml
「林さんはもう駄目です。」
「え?」
「もうだめです。あの人、右と左の両方から金をもらっちゃった。」
林とは勿論、右翼の論客・林房雄である。
1970年・昭和45年の9月のある日、場所は銀座「浜作」
呼ばれて駆け付けた毎日新聞徳岡孝夫は『五衰の人』のなかで書いている。
「、、それまで私が見たことのない、世間の人が三島に想像したこともない、
投げ遣りな姿と言葉遣いだった。、、(林房雄に対する怒りは)執拗であった。
普段そんなに飲まない人が、少し自暴自棄に酔っていた。」
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Hinoki/4247/hokanshoko/m39.html
月例検査で初年兵の肛門に裂傷が見つかった。
本人は否定したが稚児経験のある医者の目から見れば鶏姦であることは明白であった。


13 :名無しかましてよかですか?:2005/10/13(木) 23:16:12 ID:hiN42hfQ
>>11
愛国心や郷土愛のある人が債権放棄したり、返還義務の
無い愛国債(すでに債券じゃないw)を大量に引きうけてくれる
んじゃね( ^∀^)y─┛~~

14 :名無しかましてよかですか?:2005/10/13(木) 23:41:58 ID:uxcdaM1I
また精神論か

15 :中村 ◆CHBTxVTges :2005/10/14(金) 01:15:37 ID:zWJRYAFh
>凛家亜武氏
乙です。
まだ仏教の先鞭をつけただけとはいえ、
これから期待しております。

頑張って下さい。

16 :中村 ◆CHBTxVTges :2005/10/14(金) 01:18:51 ID:zWJRYAFh
小林センセ…今回のSAPIOは正直

儲でもついていけねぇんじゃないのかと思ってしまいますよ

17 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/14(金) 01:57:39 ID:ijFn0m2d
>>7->>8
凛家亜武殿

 一大事業に乗り出された感がありますが、「意気や良し!」、と思う。

 小生も関心はあったと言え、歎異抄や正法限蔵随聞記を読みかじった位で
仏典は皆目読んでいないので、これといったコメントも付けようがないが、
今回の貴君の解説した段階での仏教、即ち、原始仏教の教典として有名
な阿含教の解説書を読んだことがある。

 そこで述べられていたことで印象に残っているのは、仏法という言葉にも
あるように、「法(世界の法理)を理解し、それに依拠せよ」という教えだ
った。

 この法の理解(悟り)に至るのに、ブッダは、苦行という手段を放棄し、
観法によったというのも、注目すべき点ではないかな(これは、小林秀雄の
「私の人生観」辺り書いてあったことの受け売りだが。)

 キリスト教は、いわば中心に動かし難いドグマ(教義)があり、それが述
べ伝えられるのみであるが、仏教は、もともとこの法理を悟ることを目指し
たが故に、仏教信徒の集団は、その法理の研究集団(学派:スクール)とい
う面を保ち、その後様々な形で発展していくことがいわば当然のこととなる。

 健康、仕事の面で、余裕がないので、この程度のレスも、あまり書けない
と思うが、つまらぬ飛沫を気にせず、書き進めていただきたい。


18 :名無しかましてよかですか?:2005/10/14(金) 03:22:15 ID:6qatJotK
ぬるぽ

19 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/14(金) 03:34:09 ID:k+A1EppZ
いやぁ〜遠乗りはおケツが痛い。痔になりますな♪
>>8
そう!基本的に自力なのです♪
ラオシから“法”の話が出たので林間ドノにプレゼント♪

おんあぼきゃ〜
http://homepage2.nifty.com/y-ookubo/index.html
               キュウキュウニョリツリョウ…

12番の“事事無碍法界”のところで、かなり前スレで私が失念しているにも関わらず無責任にのたまった
“四法界”について概略だけ触れております。
解釈・本質に踏み込んでいくと仏教“史”から逸脱しかねないので、まぁ、そこテキトーに…w
一般的には、あくまで仏教観念に過ぎませぬので…。

では逃げます♪

20 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/14(金) 05:05:25 ID:ijFn0m2d
>>19
色坊主殿

 12番、参照させていただいた。以前議論した実在論や知覚(脳)の問題
と近く、大変興味深かった。感謝。

21 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/14(金) 09:04:05 ID:bdUi09je
>>1
>中村氏
いつも乙です。

>>746
>鳥坂氏、
>「勝った(と大声で言った)モン勝ち」 
>言っちゃあ何ですが、虎の威を借りるキツネで要領の良いヤツが「祖国の解放者」として教科書に名を残すんですよ。>>WW2 

な、なんか日本が最も苦手とする方法ですね。そう考えると沖ノ鳥島(岩)を海の侵食から防護するためコンクリートで固めた
ハマコーや、所轄自治体の長として(?)海に潜った都知事の行動も「言った(やった)モン勝ち」の観点から見ると、歴史的
な流れに沿ったもの、と言うことが出来そうですね。今は戦時ではないにせよ。
小泉首相始め閣僚の皆様にも択捉島の砂浜でビーチバレーでもして欲しいモノですな。

>>748
>(´Д`)y─┛~~ドゴールのことかぁぁぁぁぁw  

シャルル・ドゴール空港やジョン・F・ケネディ空港など、人名を冠した空港、公共施設は外国には多々ありますけど、日本で、
アクアラインをハマコー橋、(例えば⇒)成田空港を佐藤栄作空港、長岡インターチェンジをカクエイICと施設名に政治家の名前
をつけるととたんに生々しくなりますね。「ムネオハウス」とか。

現在は大分改善されましたが以前は長野〜新潟の県境を越え、新潟側に入ると途端に道路がすばらしくキレイになっていました。
「国土の均衡ある発展」という言葉に対する疑念を県境を越える度に深くした記憶があります。

22 :名無しかましてよかですか?:2005/10/14(金) 09:11:05 ID:kRQrdve1
建造物にしろ何にしろ形にして残るからには汚名では困るわけですけどね
公共物に名を残すというのは後世の人間に後ろ指を指されないようにする覚悟が必要です
もっとも、そこまで考えてないか汚名を着る可能性を考慮してないかでしょうけど。

23 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/14(金) 10:15:25 ID:bdUi09je
>>6
>千念氏、

私の周りでも体調を崩す方が多く、休日の約束がドタキャンになったり、仕事上も突然の病欠を
とった社員の埋め合わせの調整等で予定がシッチャカメッチャカになっています(涙

私自身、そういえばこの5年くらい病気らしい病気していないです。また千念氏も恐らくそうなの
でしょうが、風邪くらいで仕事を休める立場ではありませんので(←と思い込みませんと仕事などで
ませんね)、37度5分の熱で休みたいと電話で言ってきたバイト君に、カチンとしてしまう大人気ない
私めでした。
↑しかしながら仕事中のカキコを止めないなんて、なんて私は自分勝手なヤツなんでしょ♪

関東はここ10日間くらい秋の長雨で鬱陶しいかったですね。しかし今朝はすばらしい秋晴れ、当てに
ならない天気予報マンセー!です。

24 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/14(金) 10:47:36 ID:bdUi09je
>>13
あと10%を超える消費税の導入に絶える、ですかね。それは「愛国心」なのか?

それより先にニートとかフリーター対策何とかしてくれ。
昨日NHKの「難問解決!ご近所の底力 」でニート問題を取り上げていたが、全くの甘えん坊の子供と
「今の時代の人たちなら仕方が無い」なんて言っている馬鹿親の迷コンビが出ていましたね。

「自分がやりたかった研究が出来なかった」「人間関係を築くのが面倒くさい」とか。
あのねー、そんな学校出て何年も経たない人間が直ぐに自分のやりたい仕事になんか就けないよ。
自分の意見を通したいのなら何年(何十年)も掛けて実績を積んでいかないと誰もそいつの言うことなぞ
聞いてくれない。
しかも一生自分の望んだ仕事に就けずにリタイアしていく会社員とかの方が、恐らく圧倒的多数だろう。
もしどうしても自分でやりたい仕事があるのなら、このスレでいうと、千念氏や途中参加氏のように自分で
リスクを負ってでも独立すればいい。

人間関係だって、何もその嫌なやつの養子になる訳でもないんだから、仕事上の付き合いくらい、腹の中
であっかんベーしながら満面の笑顔で対応すれば言い訳じゃないですか。←そんな付き合いをしている
顧客なんかゴマンといるけどなー。それで溜まったストレスは酒や趣味で晴らす!

と、給料泥棒の私が言っても説得力ないか…、orz。

25 :凛家亜武 ◆zgWjY89cfk :2005/10/14(金) 10:58:15 ID:zbpBIGuO
      〜現代日本に仏教の意義を問うA〜

もう少し細かくブッダ、釈迦の教えを要点としてまとめておきたいと思う。
ベースとなる教えをまとめておくと、後代の諸分派が、どこの教義に重点を
置いていたかがわかりやすくなり、その時代の要請と言うものも読み取りやすく
なると思うので。

・苦行の否定 自らが足掛け6年程度苦行に塗れた結論として、苦行により
 得られるものは無いと判断、教義に取り入れなかった。

・現世を「苦」として捉えた 四聖諦(苦集滅道)の頭に「苦」を持ってきて
 世界は四苦八苦で満ち溢れている(生老病死、愛しい人との別れを指す
 愛別離苦、苦手な人や嫌いな人間とのつき合いを指す怨憎会苦、
 欲しいものが手に入らない苦しみを指す求不得苦、人間の生きていること
 自体が苦しみであるという五固執蘊苦、人間はこれらから逃れられないと。

・諸行無常と諸法無我と言う言葉で、万有は全て移り変わる、故に執着を捨てよ、
 それにより涅槃に至れると説いた。その方法が八正道である。やや抽象的であるが
 これら(前レスリンク参照 長いので)の実行を個人に求めた。自力の発想である。

・慈・悲・喜・捨の四つの心を説き、慈しみ、哀れみ、喜び、平等の精神を説いた
 
・個人の魂は不滅であり、縁起によって輪廻を繰り返し、前世は今世とつながっている。
 この輪廻転生から解放され、涅槃に入るのがブッダの教えの最大の目標。

様々な解釈があるようだが、ブッダ、釈迦自体の教えとしてはこのような感じである。
後代様々な分派が生まれるのは、ブッダ自身がソクラテス同様明確な著作を残さず、
口承によって伝えられたことと、その教義のどこに重点を置くかによると思う。

26 :凛家亜武 ◆zgWjY89cfk :2005/10/14(金) 10:59:01 ID:zbpBIGuO
>>9
納得。出来る限り一レスに多くの情報を詰め込んでやれ、と思い、また、
随所に個人の感想を放り込む書き方をしていくつもりなので、文体の統一、
手法はよく考えようと思いますw

>>中村氏
これ、やってみたら案外面白いのです。いかに自分が仏教に無知であったか思い知って
いるところです。書き方は試行錯誤します。このスレで完結に持っていけるように
頑張ります。20個ぐらいにまとめたいなぁ・・と。

>>千念氏
持っている小林秀雄集を早速開いて見ましたが、さすが小林ですね。
参考にしようと思いますが、こんなレベルのものは勿論書けませんw
宗派については正直うんざりするほど別れてくれています。
深入りすると出家するはめになりそうですので、公平に各宗派を
眺めて書こうと思います。自分も親鸞大好きなので、改めて浄土真宗は
根元仏教からすると、異端のニュアンスが強いな、と感じていますね。
 
>>色坊主氏
そうなんですよねぇ、自力尊重だったのですねブッダ本人は。
自分は座禅や瞑想と言うものを不必要な努力と認識し、もっと
簡単なモノと仏教を捉えていたので正直軽く頭を殴られた気分ですw
世の中に簡単な道はないのだなぁ、と思いました。親鸞に対して
考察するのが楽しみ?になったとも言えますが。


27 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/14(金) 11:56:32 ID:ijFn0m2d
>>23
元帥殿

 ご心配感謝。運動不足と不規則な睡眠が原因でしょう。健康診断したばかり。


28 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/14(金) 15:51:23 ID:bdUi09je
>>19
>色坊主氏、
>いやぁ〜遠乗りはおケツが痛い。痔になりますな♪ 

移動は自動車ですか?私も今週は外回りが多く、自動車の運転が仕事のような日々を送っています。
車の運転往復4時間、打ち合わせ20分って、本職はどっち?

>>22
>建造物にしろ何にしろ形にして残るからには汚名では困るわけですけどね 

レニングラード、やスターリングラードなどは「汚名」かどうか分かりませんがその類の話かもしれませんね。
しかしある作家曰く「日本ほど政治家のイメージが悪い国も珍しい」とのことですので、日本人、勿論私も含め
て、政治家の名前がついた建造物=汚職という偏見があるのかもしれません。

>>27
>千念氏、

健康診断に向けての心構えに係る男女間の相違。
女性=健康診断に向けてダイエットに励みます。
男性=健康診断に向けて肝臓を休める為、禁酒します。

私も今月健康診断があります。お酒控えないと…、



29 :名無しかましてよかですか?:2005/10/14(金) 19:37:40 ID:7DpcED6C
>>24
「メイド服の下には何も着ていなかった」

まで読んだ。

30 :名無しかましてよかですか?:2005/10/14(金) 22:10:36 ID:JIK8LeOw
>>21
 鳩山大橋とか胡散くさい事この上ないし、日本で建築物に人名なんて
つけたら土建利権に関わってる人間みたいだ(´ー`)y─┛~~
 神埼空港とか、うはwwwヤバスwwwww( ^∀^)y─┛~~

>>18

                 ,r=''""゙゙゙li,
      _,、r=====、、,,_ ,r!'  ......::;il!
     ,r!'゙゙从人´    `'ヾ;、, ..::::;r!'
ガッ  ,i{゙, , ,∧__∧'_,,_ ・;∵ :l}..::;r!゙
.  ,r!'゙´ (:::::>>18 )・;∵、;;;:....:;l!:;r゙ ..
 ,rジ  ⊂ノ::::: つ  `~''=;;:;il!::'li
. il .... ⊂○::. ノ    .:;ll:::: ゙li .
..il'   ' ' '‐‐ し'=;;;;;;;:.... .;;il!::  ,il!...::..:
..ll    YWW   `"゙'' l{::: ,,;r'゙  ..
..'l!       . . . . . . ::l}::;rll(,.......       .......::;;
 'i,  ' ' -=====‐ー《:::il::゙ヾ;、
  ゙i、            ::li:il:: ゙'゙'\ ∧_∧ ヨイショォォォ!!
  ゙li、      ..........,,ノ;i!:...::,.ヾ(`(・∀・ )    
   `'=、:::::;;、:、===''ジ゙'==-、、゙\   と)
     `~''''===''"゙´        \/ /つ      
                     (__/ 
ハレンチ☆パーンチ

31 :凛家亜武 ◆zgWjY89cfk :2005/10/15(土) 06:55:35 ID:+c2OW5Fk
      〜現代日本に仏教の意義を問うB〜

釈迦入滅後、初期教団は釈迦の言葉、教えを忠実に広めてきた。しかし、
戒律の中に一切の所有をしてはいけない等と厳しい教えがあったため、
上座部(保守派)と大衆部(改革派)と二つに別れ、これを部派仏教と
呼ぶことになっている。上座部はインド本国での主流派となり、一方の
大衆部から、大乗仏教への流れが出来てゆく。近年では、小乗仏教と言う
呼び名自体は余り使用されなくなっている。何故かと言うと大乗側からの
一種の蔑視の意味が込められているからである。流れを書くと、
 
       釈迦の元に集った最初の教団
              ↓
      入滅後、上座部と大衆部に分かれる
              ↓   
     部派仏教と呼ばれる更なる分化が始まる
              ↓
大衆部から大乗仏教へと流れていく。上座部は小乗仏教とと呼ばれるようになる。
 
この部派仏教(紀元前〜一世紀頃)の勃興の際、それぞれの部派によって
経(経典)律(戒律書)論(論書)の三蔵が編まれ、教義が既に分かれ始めてゆく。
上座部(小乗仏教側)は煩瑣で難解なな教義体系を作り、それに反発した大衆部
(大乗仏教側)は、小乗とは違った教義自体を主張するようになる。二つの比較で
肝心な部分は、まず布教の対象が、小乗が出家者中心に対し、大乗が在家者。
常道に至る手段は、小乗が個人の修行としたのに対し、大乗は菩薩行、「利他」の
実行に拠って悟りを開くこととした。もう全く別の宗教になってしまっている。
また、小乗は常道に至ったものを阿羅漢と呼称したのに対し、大乗は仏陀と呼称した。
この段階の両派は、ともに常道を目的しているし、その方法論の自己の修行と言うことと
他者への行為と言う違いが明確になっているが、ともに「自力」である。敢えて言えば
小乗のほうがブッダ自身の教えに近いかも知れないが、ブッダ自身も利他を否定は
しなかったし、実際は小乗仏教は六世紀にはほぼ消滅してしまうことになる。
大乗独自の経典として『般若経』『法華経』『維摩経』『華厳経』等今日も名前を
聞くような経典がこの頃に既に編まれていた。もう少し大乗の流れを追う事にする。

32 :凛家亜武 ◆zgWjY89cfk :2005/10/15(土) 06:58:17 ID:+c2OW5Fk
>>31
誤りが。訂正します。下から六、五行目 常道→成道 輪廻から逃れ仏になる事です。


33 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/15(土) 20:36:17 ID:Pzi4hmUL
とびきりいい加減なアイルランド独立史

第十五回 戦い済んで日が暮れて(1916年)

 さて、英国側と殆どのアイルランド・ナショナリストにとって「寝耳の水」の事態だったイースター蜂起。
 結局1週間で鎮圧されたのだが、これを「一週間しか」と見るか「一週間も」と見るかは微妙なところ。
 ただ、軍ヲタ的には鎮圧側(英軍)の手際の悪さが気になる。
・戦力の逐次投入。
・作戦中に指揮官がコロコロ変わる。
・相手が民兵だと嘗めてかかったのか、緒戦では正面突撃が多い。
・・・・・・などなど。
 まぁソレはともかく、英国側がカナリ慌てていたのは、この後の一連の逮捕劇を見ると分かる。
 まず、蜂起に直接参加した約1500名が、降伏と同時に逮捕された。
 前に蜂起時点のIRA戦力が約1000名と書いたが、連絡は受けなかったが騒ぎを聞きつけて押っ取り刀で駆けつけたIRA義勇兵が数百名いたのだ。
 シンフェイン党首のアーサー・グリフィスも、IRBメンバーでもIRA義勇兵でもなかったが、蜂起を知って泡食って駆けつけ、「やんわりと」追い返された事は先日書いた。
 これら蜂起に参加した兵の他、英国軍とアイルランド警察は、かねてから「アヤスイ」と睨んでいた連中を片っ端から逮捕する。その数およそ2000名。
 蜂起参加者と合わせて3500名ほどが逮捕され、その内1000名が暫くして釈放された。
 地下鉄サリンテロ後の一斉捜査&検挙なみの大雑把ぷりである。
 残りの約2500名も、その殆どが蜂起から約3ヶ月後の16年8月から17年7月までに釈放された。
 ピアス以下16人の首謀者クラスを除いて。

34 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/15(土) 20:37:26 ID:Pzi4hmUL
 さて、ピアス以下首謀者を残らず逮捕したのは見事というか、全員が蜂起に参加してその場で降伏したんだから当たり前というか、まぁココまでは良かった。
 拙かったのは、この後である。
 まず、叛乱の最中に話は遡るが、アイルランド行政の英国側代表である、内閣アイルランド担当相、現地のアイルランド総督とその次官が、蜂起直後に残らず辞表を提出した。
 責任を取ったと言う事だが、責任者辞任時の継承序列も決まっていないので、だれも「火中の弾けた栗」に手を伸ばそうする勇者はいなかった。
 コレによって英国側のアイルランド行政機能が完全に機能停止を起こす。

 ちなみに、この時のアイルランド総督は、ウィンストン・チャーチルの血縁に当たるボンクラ野郎だった(ホントにボンクラだったらしい)。
 チャーチルは「ゴロツキ共が、由緒ある我が身内に恥をかかせた」と、アイルランド・ナショナリストを恨む事になる。
 ここら辺が後年の対IRA用極悪部隊〔ブラック・アンド・タンズ〕結成の遠因かも知れない。

 文官側の高官が1人もいなくなり、代わりにアイルランドを支配する事になったのが、鎮圧軍司令官のマクスウェル中将である。
 この56歳の将軍サマ、ボーア戦争で戦功を挙げ、その後、エジプト統治で功績を挙げた退役将官である。
 知っている人もいると思うが、ボーア戦争は「英国史上最も恥ずべき戦争」と呼ばれている。
 ダイヤと黄金欲しさに戦争吹っ掛けたと言う戦争目的もさることながら、現地ボーア軍捕虜に対する非人道的な扱いがボロクソに叩かれた戦争である。
 まぁ、数年後には20世紀、と言う時代に、世界に冠たる大英帝国軍が、野蛮なアメリカ人が昔やっていた「インディアン戦争」をしていたと言うんだから、リベラリストには耐えられないだろう。
 そしてエジプト統治。
 スエズ運河欲しさにエジプト王国を経済・財政的に乗っ取り、ソレに我慢がならないベドウィンや各部族をガドリングガンやマキシム機関銃で薙ぎ払って「言う事を聞かせた」19世紀型帝国主義の模範みたいな事を、この将軍サマはしていた。
 彼は、英国政府から何の制約を受けてない事を良い事に、当時の英国事情やアイルランド事情を全く考慮に入れず、自分の地位を築いた「過去の成功方程式=海外植民地流統治手法」で蜂起を処理した。

35 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/15(土) 20:38:33 ID:Pzi4hmUL
 マクスウェル将軍は、叛乱参加者を残らず軍法会議にかけた。
 おい、チョット待て。である。
 第1に、彼らは英軍将兵ではなく、英軍法が及ぶ範囲の人間ではない。
 第2に、叛乱軍は、国際法上の交戦相手の要件を満たすよう、独自の国旗を掲げ、英軍とは異なる制服を着ていた。
 つまり、「アイルランド共和国軍」を名乗る反乱者達を、英軍が裁く道理も法も無いのだ。
 それに加えてどうも、逮捕から裁判まで、その経過をロンドンに逐次報告していたかも怪しい。
 何つーか、マッカーサーが連合国派遣の司法集団を無視して、米太平洋方面軍だけで勝手に東京裁判をしたようなモンである。

 結果、97名が死刑宣告を受ける。
 蜂起参加者約1500名に対して、約100名弱だから、分隊クラス指揮官(下士官)レベル、つまり少人数でも班や部隊を指揮していた者達が残らず死刑宣告を受けたと考えられる。

 刑は5月3日から執行され、まず首謀者クラスのピアス以下15名が銃殺された。
 さて、ここでイースター蜂起が、いつ起こったか思い出して欲しい。
 ドタバタ劇のような経過を経て蜂起が始まったのが4月24日(月)の昼。
 ピアスが降伏文書に署名して、市内の戦闘が全て終わったのが4月29日(土)。
 そして、ピアスが死刑になったのが5月3日(水)の早朝。
 軍事裁判は、僅か三日チョイで開廷から結審まで済んだ計算になる。
 お か し い と は 思 わ な い か ?
 だが、事実である。
 結局、マクスウェル将軍の行った軍事裁判は、勝者のセレモニーに過ぎなかったのだ。

36 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/15(土) 20:39:29 ID:Pzi4hmUL
 この顛末に、一番驚いたのが英国政府だった。
マ将軍「射殺しマスタ。褒めて褒めて」
英政府「ナ、ナンダッテー! ΩΩΩ ガクガク(((;゜д゜)))ブルブル」
・・・・・・である。
 実は、前世紀に2度起きたアイルランドでの叛乱でも、英国は首謀者を殺していない。
 その当時なりに公正な裁判にかけ、無期か長々期刑の判決を下している。
 これは、首謀者を殺せば彼らが殉教者となってしまうと言う、妥当な計算があった。
 オウムの裁判がダラダラと長引き、アメがラディンの"逮捕"に拘る理由もここにある。

 加えて、WW1へのアメリカ参戦を最大の外交課題としていたこの時期、多数のアイルランド移民を抱えるアメリカ政府(と世論)の機嫌を損ねるような事は、絶対にしてはならなかった。
 英国の「名誉ある孤立」は、もはや過去の栄光に過ぎない。

 だが、大英帝国全盛期の海外植民地支配のやり方が身に付いていたマクスウェルにはそんな計算は無用だった。
 アメリカへの配慮なんて、露ほども考えていなかっただろう(当時の英国上流階級人と同じく、アメリカを「貧乏移民の吹き溜まり」程度にしか思っていなかったと思う)。
 彼は彼なりに考えて「帝国への反乱者」へ「当然の処置」を下したのだ。
 英政府は、大慌てでマクスウェルに死刑中止の命令を下す。
 それまでに、15人のナショナリストの命が失われた。

37 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/15(土) 20:40:48 ID:v6H0txEY
 15名が処刑され、16名が死んだ・・・???であるが、「16人目の男」は、蜂起直前に逮捕されたケイスメントだ。
 彼は、逮捕後にアイルランド警察に引き渡されていた為、マクスウェルの魔手を逃れる事が出来、公正な裁判を経て、「反乱者」として絞首刑に処された。
 妥当な判決ではあるが、「アイルランド事情への配慮」は無い。
 既に15人も死んでいるから、もう1人ぐらい加えたってどうでも良かったのかも知れない(事実、ケイスメントの扱いは、神話化した「イースター蜂起」では非常に軽い)。

 英国政府の次に驚いたのが、ロンドンでアイルランド自治化への準備作業に入っていたナショナリスト主流派「アイルランド議会党」首脳陣だった。
 彼らは、蜂起勃発当初から、「首謀者を絶対に殺さないように」と英政府に嘆願していた。
 彼らも、首謀者が殉教者となり、今は自分達になびいている草の根ナショナリスト達が、殺された首謀者達を"崇拝"して、その結果としてアイルランド自治化がオジャンになることを恐れていた。
 彼らの嘆願に対して、英国政府が冷淡だった・・・・・・とは思えない。
 英国側も首謀者の死を望んでいなかったのだから。
 全ては「無能な働き者」マクスウェルの独走であり、それをあらかじめ抑えるような条件付けをして彼を派遣しなかった英国政府の怠慢であり、同じく「彼に任せれば大丈夫だろう」と人を見る目の無かった「無能な怠け者」英国政府の不明である。

38 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/15(土) 20:41:48 ID:v6H0txEY

 死者は無敵である。記憶の中で如何様にも強く・美しく描く事が出来る。

 5月3日を境に、アイルランドの空気は変わっていく。
 市民は、英国(マクスウェル)の「非文明的かつ非道な仕打ち」に怒った。
 そして、やり方は違えど、主義は同じくする首謀者達を救えなかった〔アイルランド議会党〕に失望する。
 ナショナリスト達とは犬猿の仲のアルスター・プロテスタントも最初は「はっはぁ、ザマミロ」と思っていたが、首謀者が処刑されたのを知るや、顔色を失う。
 彼らも、アイルランド自治化反対運動の1つとして「英国への叛乱」を考慮に入れていたから、下手をすれば「明日は我が身」なのだ。
 英本土の新聞も、僅か3日足らずで処刑するという異常性を指摘し、非難した。

 アイルランドの新聞の論調も、次第にではあるが、180度回頭し始める。
 英政府が恐れていたとおり、ナショナリスト系やカトリック系はピアス達を「英雄」として書き始めるようになる。
 プロテスタント系も「何だかなぁ」と、英国政府に対して良い事を書かない。
 街頭では、ピアス達のプロマイドが堂々と売られ、コレが結構売れた。
 どうでもいい話だが、この時代の欧州のカルチャートレンドは「オッサン萌え」である。
 ビスマルクやツェッペリン伯のようなオヤジが市民のアイドルで、彼らの写真を見て「ヒゲ萌え〜(*´д`*)」「ハゲ萌え〜グラッドタソハァハァ」な時代だった。

 ピアスが処刑された5月3日、ピアスに追い返されてからずっと自宅でおとなしく警察を待っていたシンフェイン党党首アーサー・グリフィスが逮捕される。
 グリフィスと同様に蜂起を全く知らされていなかったIRA(の正式)指揮官たちも同じ頃に逮捕される。
 彼らが海外へ逃亡しなかったのは、法廷で堂々と論戦を挑む為だったのだが、それにしても英国政府発表どおりなら、彼らこそが「蜂起の首謀者」の筈である。
 そこまで放っておいた英国側も何だかなぁ・・・である。

39 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/15(土) 20:43:06 ID:v6H0txEY
 アイルランド史の概要には、ここからアイルランド独立戦争に火が付いた・・・とあるが、事実だけを並べていけばコレは「神話」でしかない。
 5月3日の処刑に対して、アイルランド市民が撃高して暴動が起こった・・・と言う記録はないし、報復テロや武装蜂起が起きたという記録もない。
 そりゃそうである。
 IRAの主力(主流派)は西部戦線、跳ねっ返りの非主流派は監獄、非武装系ナショナリスト達も大物・小物問わずしょっ引かれてフルイにかけられ、引っかかった者は全員監獄行き。
 つまり、「火付け役」が1人もいないのだ。
 地元新聞の論調も、日本の8.15とは違い、徐々に変わっていったモノである。
 市民は、英国政府と〔アイルランド議会党〕への不信感を胸に刻みこんだだけで、日々を平穏に暮らしていた。
 何より、アイルランドは戦争景気で沸いており、「いらん騒ぎ」を起こす必要を市民は感じていなかった。
 20世紀初頭から冷めたままの魔女の鍋は、火が一瞬通っただけで、未だ冷めたまま、中で静かに化学反応を起こしているに過ぎなかった。

 戦争の勝敗は、作戦の優劣より、どっちが多く・大きなヘマをしでかしたかで決まる。とも言われている。
 イースター蜂起を決算すれば、最終的に大きなヘマをしでかしたのは英国側だった。
 この件に限って言えば、英国政府は上から下まで、「いらん時にいらん気を回して、いらん事をしでかして、いらん面倒の種をまく」と言う、「無能な働き者」だった。
 その結果、ピアス達を殉教者に祭り上げ、穏健派かつ主流派だった〔アイルランド議会党〕の政治生命を危機に追いやり、アイルランド市民へ「大英帝国の枠内に留まる事」への不信感を植え付けた。

 イースター蜂起を「神話」にしたのは、アイルランドではなく、英国だったとも言える。

40 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/15(土) 20:44:10 ID:v6H0txEY
 そして何より、英国が逮捕者の中で二人の男を殺さなかった事が、後のアイルランド事情に大きく左右する。

 1人は、アメリカ人を母に持つエーモンド・デヴァレラ。
 聖職者志望の数学者で熱心なゲール文芸復興運動家で、蜂起では大隊を率いて、一番最後に降伏した指揮官である。
 事と次第では「17人目の男」になったかも知れない人物だ。
 実際には、彼の担当区画が一番重要度が低く、加えて派手な戦闘もなかったので、英軍も「まぁ、(降伏勧告は)最後でいいや」と後回しにしたのだが。
 この「最後まで戦った"17人目の男"」と言う事実(の一部)だけが一人歩きし、イースター蜂起が神話化される過程で尾ひれ背びれが付き、デヴァレラは「イースターの英雄」として生きた伝説になった。

 もう1人は、蜂起に参加したアイルランド貴族御曹司の付き人として、ピアスらと共に郵便局に立て籠もったマイケル・コリンズ。
 この時点では、彼はまだ一兵卒で、蜂起3ヶ月前に出稼ぎ先の英本土からアイルランドへ帰郷したばかりだった事もあり、英国側からもノーマークの男だった。
 やがて彼が大英帝国を相手に独立戦争を(実質的に)指揮するとは、神ならぬ誰もが想像していなかった事である。

 今日はここまで。
 明日は、アイルランド独立戦争とその後の内戦で指導的立場となる、コリンズとデヴァレラのプロフをサラッと。
 あらかじめ言っておきますが、明日のカキコは「漏れの好き嫌い」が露骨に出て多分にバイアスかかった文章になるかも知れません。
 そこら辺を勘案した上でご笑覧下さい。

41 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/15(土) 21:11:27 ID:v6H0txEY
>>21 元帥ドノ
>所轄自治体の長として(?)海に潜った都知事の行動も
 俺ぁ、あんなパフォより都や国が出資して「釣り馬鹿日誌 ハマちゃん竹島/沖ノ鳥島で釣る」でもやった方がエエジャマイカ・・・と思います。
 
>>24
>「自分がやりたかった研究が出来なかった」「人間関係を築くのが面倒くさい」とか。
 何故か知らないが、ウチの業界にも似たような"人生の若き敗残者"がやって来る。
 ハタ目には「約束の地」に見えるのだろうか?>アニメ業界

>>28
>「日本ほど政治家のイメージが悪い国も珍しい」
 やはり・・・
「越後屋、そちもワルよのう」
「いやいや、御家老様こそ」
「ぐっふっふ」×2
・・・の”すりこみ”が効き過ぎているのでは?
 アメリカの友人に言わせれば、「日本もアメリカも、政治家がワルだってのは一緒だよ」です。
 向こうも向こうで、エエ加減くたばれと言いたくなる超長老議員がいたり、族議員がいたり、セクハラ野郎がいたり、公費私用の常習犯がいたり・・・・・・
 永田町の住人と何もカワランそうで。
 でも、ドラマ「ホワイトハウス」とか見ると、フィクションだと分かっていても「政治家って格好エエナァ(大変そうだけど)」と思いますね。

42 :中村 ◆CHBTxVTges :2005/10/15(土) 22:28:31 ID:waNxWSSK
両氏乙です。

鳥坂センパイ…仕事の合間っぽいですが、
ご無理はなさらぬよう(w

43 :ティキ ◆LStfMiPE.w :2005/10/15(土) 22:38:10 ID:JrP7R7WJ
>>24 >>41
そっちのハナシになったのでリアルでニートになった人を数人目撃したオレから実情をば。

だいたいそういう風になっちゃう人というのは「社会に対する見立てが甘く」かつ
「誰かが必ず自分の願いを叶えてくれると思っている」一言で言うと夢見るアリスチャン(by 田丸ピロシ)
としか言いようのないヤツが多いんですよ。マジでマジで

そのくせ「努力も嫌い」で「望めば望んだモノが得られるのを当然だと思い」「自分の思い通りに
ならんと八つ当たりして逃避する」よーなのが多いですね。
一応オレの通ってる大学は国公立ですが、そういうどうしようもない理由でそういう道へ迷わず
進んじゃう人が結構いるようです。まあ、「身分相応」なんて言葉は伝えてこなかったからな。

44 :ティキ ◆LStfMiPE.w :2005/10/15(土) 22:42:39 ID:JrP7R7WJ
そういう意味で「人間には限界がある、自分で出来ることと出来ないことがある、夢で喰っていくのは
大変だ」なんかは早めに教育なりキャリアカウンセリングの中で教えていくことは必要かも知れませんね。

・・・いやね、実際ワナビから一歩何でも良いから踏み出すと自分に足りないものや自分に出来ないことが
はっきりと見えてきて「どうすればいいのか」というのが見えるという経験をここんとこ色々大学生活で
幸いなことにさせてもらっているので非常にためになっているんですよ。

45 :名無しかましてよかですか?:2005/10/15(土) 22:46:00 ID:GnQ7L3Sc
 おいらが言うのもなんだが司法浪人はマジでニート率高ぇ…。(´Д`)y─┛~~
司法浪人とかなんか少しくらい補償あたえたほうが…って血迷う発言するくらい
泥沼に入ったらどうしようもない。 あと教師志望も結構高い。 とりあえずどっかに
就職しときゃあいいのに…。
ああ…ビッグなロックアーティストになる!!って親の仕送りもらいながらアメリカで
武者就業中の先輩は元気だろうか?(´Д`)y─┛~~

46 :ティキ ◆LStfMiPE.w :2005/10/15(土) 23:16:17 ID:JrP7R7WJ
フリーターとニートは一応違うらしいですけどね。まあ、前者は後者に統計上含有されるという
程度の問題ですが。

芸能関係や難関資格で一時的に職業がない状態になるというのは昔からあった話ですけど、今
問題になっているのはそういう目的さえないまま流されてニートになるという存在が問題視されているんですよね。

47 :企画屋さんですよ:2005/10/15(土) 23:54:58 ID:qyTKxGVV
>>44
重要なのは
>実際ワナビから一歩何でも良いから踏み出すと
ってことであって、決して
>人間には限界がある、自分で出来ることと出来ないことがある、
ッてことじゃないと思うけど。

前も同じ反論したことがあるな、しかし。

「人間の限界」なんて、まっとうな生活しているウチに見えてくるものでは
ありません。限界を極めなければならない生活なり、仕事をしなければ
わかりません。正直なことを言うと、ここにはちょっとムッと来たかな。

あまり簡単にあきらめる人間ばかりだと、成り立たない業界というものも
ありますね。出版でもアニメでもいいですが、それこそ「供給する人間」が
存在しなければ本屋やDVD屋さんにとどくことはないのです。

48 :名無しかましてよかですか?:2005/10/16(日) 00:09:55 ID:JaIcJs8t
>死者は無敵である

至言かな

49 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/16(日) 00:11:17 ID:/MNKn16p
>>43-44 ティキどの
 いやぁ、分かります(苦笑)。

>「努力も嫌い」
>「望めば望んだモノが得られるのを当然だと思い」
>「自分の思い通りにならんと八つ当たりして逃避する」
 あっはっは。思い当たる某大人気アニメの主人公がひとーり、ふたーり、さんry)。
 こういう「甘っちょろいファンタジー」ばっか提供して、脳内糖尿病患者を大量発生させたのは、我々エンタメ側の責任です。
 サンマのワタの苦みを美味いと感じるお子様はいないモンでしょうか?

>「人間には限界がある、自分で出来ることと出来ないことがある、夢で喰っていくのは大変だ」
 漏れはそこら辺を消防の頃に、ガケーンの「まんが偉人シリーズ」や、図書館にあった偉人物語で学んだけどなぁ。
 エジソン、ノーベル、グラハム・ベル、ライト兄弟、キュリー夫人の苦労話。
 ピカール親子、ジャック・クストー、リンドバーク、チャック・イェーガー、アムンゼン、スコット、ヒラリー&テンジン、ヘイエルダール博士の冒険記。
 悪魔を騙してでも夢を叶えようとするフォン・ブラウンなんかを読んでワクテカしたもんだが。
 そう言えば、リンカーンやケネディー、ガンジーにはワクテカしなかったな。>あの頃から工学屋指向だったのか!
 政治家系の伝記で感動したのは、ケマル・パシャぐらいか。スクラップ&ビルドの醍醐味故か?
 ↑ずっと後日、アル中寸前の"敬虔なイスラム教徒"だったと知り、大笑いした。>ケマル御大
 今どきの子は、ファミコンで遊ぶのに忙しくて、読まないのかな? ゲームやアニメなんかより、ずっと面白いと思うけど。

50 :名無しかましてよかですか?:2005/10/16(日) 00:17:31 ID:JaIcJs8t
>47

>43の
>そのくせ「努力も嫌い」で「望めば望んだモノが得られるのを当然だと思い」「自分の思い通りに
>ならんと八つ当たりして逃避する」よーなのが多いですね。

てのを踏まえてだとオモワレ。

やらずに後で後悔するくらいなら、やって後悔した方がマシだとは思うが、それは努力の末に自らの限界を見極められる事ができればの話だとオモワレ


51 :中村 ◆CHBTxVTges :2005/10/16(日) 00:23:31 ID:Zi5JnmT9
しかしまあ、提供する側もやはり
「需要」っつーか、それを欲しがる人々がいてからこそのところも
やはりあるんでしょうけれども。

こういうことを言い出すと鶏卵になりそうな気もしないでもない


52 :企画屋さんですよ:2005/10/16(日) 00:24:59 ID:Q/JXazxK
>>50
そーゆーのは、元からヘンなんだから教育でどうこうしようが無駄でしょ、
とおもうわけでありますよ。逆に言えば、「そう言う教育」をしたところで

「おれは日教組のせいで将来性を踏みにじられた!!111!!」

とか言い出しかねない。

あと、限界とかあんまり簡単に口にして欲しくないなあ、と。自分が
握っているのはナイフなのかピストルなのかライフルなのか、はたまた
バズーカ砲なのか。簡単にわかる事じゃないよ。

53 :名無しかましてよかですか?:2005/10/16(日) 00:30:33 ID:JaIcJs8t
>52
いや、わかるよ。
今、一線で活躍してる人達のどこが凄いか、それすらもワカランならそもやるべきじゃないさ。

54 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/16(日) 01:13:34 ID:/MNKn16p
 面白い求人
 「007」モデルの英情報機関HP、アクセス殺到
つ【ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051015-00000112-yom-int】
 MI6がhp開設したそうで。>www.mi6.gov.uk
>ホームページには、組織の役割や沿革のほか、活動内容の説明や採用募集もある。
>スパイの仕事については、「多様で刺激的。人間関係をうまく結べることが不可欠。頻繁に外国出張あり」などと説明している。

 海外出張は滅多にない事以外、程度の差こそあれ前2者はアニメ業界も前いた建設業界も変わりませんな。>スパイの仕事
 キム・フィルビーになってみる国士サマはいねぇがぁ?

55 :60's Rock'Roll:2005/10/16(日) 01:25:38 ID:pZLiqa+z
そろそろ・・・・やってみるかな?












【人】を語れ!・・・コヴァ的に、そして、2ちゃんねる的に。

56 :取りあえずメール送れ!!:2005/10/16(日) 03:17:38 ID:M0He28tC
中国民間保釣連合会 http://www.cfdd.org.cn/
日本の尖閣諸島に上陸しようと企む悪辣集団の
MAILアドレス   webmaster@cfdd.org.cn

中国海洋石油総公司  ←あのガス田の会社
http://www.cnooc.com.cn/

みなさんMAIL待ってま〜す^^V
たくさん送って下さいね!!
取りあえず小さな事からコツコツと。

57 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/16(日) 10:40:57 ID:B/p8J0/I
>>20 千念ラオシ
あのHP、けっこう聞かせるでしょ。ところで、“いらっしゃいませ”って…。“壷”を想像してしまうw

>>26 林間ドノ
なるほど。ちなみに私はネオコンテイストな人々(オマケに某知人w)の“本人達も気付いていない布教”に
対抗するために、仏教を引っ張り出してきた程度の知識しかありません。まぁ過去の話ですが。
御館様的苦肉の策とでも言いますか…。故に“史”からの考察は、今後も無責任に期待しております。

>>28 元帥閣下
車です。車と言えば温暖化。温暖化と言えば、南極の氷の中には大量のカビが眠っておるそうな。
10日単位で爆発的に増殖する脅威の繁殖力を持っておるそうな。詳しく知りませんが。ん〜、腐海ですな、腐海!
また末期的なことを言うw (が、笑いごっちゃない…)

>>43 ティキティキバンバン殿(←いや、なんとなく…。すんませんw)
お久です。あいかわらず他スレで悪フザケをしているのでしょうか?w (←悪意ナシ♪)
私もわけあって、今後ニート君と付き合う機会が増えてきます。
あなたの見解は今後も参考にさせていただきます。よろしく

58 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/16(日) 10:42:17 ID:Bd8NPuDa
>>54 鳥坂殿下
「俺がスパイ?ガッハッハッ!そんなモノは、もうちょっとマメな奴のする仕事さ」
                                        ポルコ・ロッソ
スパイといえば実はわたくし昔、ツナギ及び興味本位で、
興信所の短期バイト?をしておったのですが (おまいは何をフラフラしとったのだ!)
…いや、スパイとはまた別物ですな♪
しかし裏付けのない見解ですが、思想性の強い国士にスパイ活動はムリかと…w
ほらぁ、いるじゃないですか〜、保守すべき価値?の一つに、
徹底リアリズム集団の“忍”が…w

追伸: アイルランドといえばマスターキートン(でしたっけ?)で知った程度のIRA・SAS抗争と
コネリーと、チェックのスカートと、ウイリアムズ姉妹(誰やねん)ぐらいしか分からない
私には連載は新鮮でございます。なかなか自分で調べることもないですので。
ご本人も勿論、楽しんでおられるとは思いますが、それでもお疲れ様ですw
ラストに向け期待しております。

>>55ドノ 人ですか?深いですな。これは難しい…。何が難しいかってコヴァじゃない私が
コヴァ的に語るのが難しい(なんちて)。しかし面白いテーマですな。誰でも参加できる。

とまぁ皆様に返レスだけして、このへんで…

59 :名無しかましてよかですか?:2005/10/16(日) 10:58:01 ID:QdmyrTcO
元イスラエルのスパイが書いた本に「理想のために働く奴は連れてくるな。金のために働くやつの方がまだ使える」みたいな事を書いてあったとオモタ

60 :ティキ ◆LStfMiPE.w :2005/10/16(日) 11:16:02 ID:6poGDwI3
>鳥坂氏、企画屋氏

いや、私が言ったのはそういったああいったギョーカイや、難関資格など
ではなく、極々普通のリーマンなり公務員を望む子が、そういう風に
なっちゃうことが珍しくなかったんですよ。
まあ、大概フリーターとか契約社員で最終ライン死守するのが普通なんでしょうが
そういう夢追い型でもないのにわざわざニート化しちゃうヤツとかいるんですよね。
実際問題ね。香山リカの「就職が怖い」辺りで扱っている事例に近いですが。

実例としては何も努力せずマスコミ受けて就職浪人してもマスコミ受けて
「マスゴミはサヨク!ポチ!!111」などと叫びながら北陸某県に帰って
ニート君(まあ、バイト豊富な群馬県で一度もバイトできなかった時点でアレな
人なのではあろうが)のコヴァな先輩とか、大学出た後親にアパートの金出して
もらって公務員試験の専門学校入れて貰ったのに辞めてエロゲライフしているヤツ
とか、全然オレより勉強も出来て首都圏の国立大へと進み、同じゼミで自衛官の少尉
(3尉だっけ?)になったオレの友人いわく「すげえ優秀」だったのに就職試験で
二社しか受けず結局イオンでバイトしてるヤツとか(なら最初からイオン受けておけと
問いたい、問いつめたい、小一時間略)オレから言わせれば「すごーーくもったいない」
人が多いんでねえ。
・・・中退歴アリの実質二浪には冷たい季節ですのぉ・・・。まだ三年だけど。

61 :60's Rock'Roll:2005/10/16(日) 11:20:51 ID:Mil0EVVh
しかしまあ・・・人大杉でひととおり板の書き込み読むのも
容易なこっちゃないね。


また見に来よう・・・

62 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/16(日) 14:32:52 ID:Vh6BdYdE
>>58 坊主ドノ
>コネリーと、
 お馬鹿B級傑作映画〔ザ・ロック〕で、コネリー扮する元SAS工作員がアイリッシュ系米海兵隊員(実はテロリン)に
「この英国野郎が! (漏れの)オヤジはアイルランド人だ!」
と、殴られるシーンで(劇場の中で)爆笑してしまった。

>>60 ティキどの
>極々普通のリーマンなり公務員を望む子が、そういう風になっちゃうことが珍しくなかったんですよ。
 んげげ! そこまでヒドスとは・・・
>公務員試験の専門学校入れて貰ったのに
 こういうガッコがある事が信じられない。
 中学→高校→大学、と2度も受験経験が有りながら、まだ受験技術をガッコに頼るのかと小一時間ry)
 かく言う自分は、高専時代に国家2種を滑り止めで受けた。
 ↑今考えると、すんげーゴーマンだけど、バブル絶頂期のあの頃、求人は佃煮に出来るぐらいあった(信じられないが本当だ)。
 前後して大学編入試験に受かったんで、合格通知貰ってもお役人サマにはならなかったけど。
>冷たい季節ですのぉ・・・
 ガンガッテ下さい(`・ω・´)

 今日のアイルランド史は、本当に深夜になりまつ。

63 :名無しかましてよかですか?:2005/10/16(日) 14:56:29 ID:k4GH9Wet
【ワシズム】小林よしのり将軍を語る17【売りたい】
ttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1128824280/

ここ読むとここで議論してる固定ハンドル達の表の顔と裏の顔がよくわかる。
特定の固定を最悪レベルで罵倒、中傷し、ここでは何故か無関心のふりをしている。

64 :名無しかましてよかですか?:2005/10/16(日) 19:24:24 ID:QFz0U+Nv
 毎日毎日、社会不適合者から訳解らん相談受けて
おいらもニートになりたい。( 'A`)y─┛~~
しかし東トルキスタンだかの武装集団の情報がまったくないが
これで単なるテロ屋になり下がったら、そこで試合終了だ罠(´ー`)y─┛~~

65 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/16(日) 23:31:10 ID:y3gEbZ6i
びきりいい加減なアイルランド独立史

第十六回 英雄になった男 と 英雄になる男 前編

 エーモンド・デヴァレラ と マイケル・コリンズ。
 両名とも、アイルランド独立戦争を語る上で欠かせない人物である。
 しかし二人は、コインの裏と表、水と油、光と闇、そんな表現がピッタリ当てはまるぐらいに何もかもが違った。
 最終的に二人は袂を分かち、コリンズは内戦で戦死し、デヴァレラは生き残って長期に渡ってアイルランドを支配する事になる。
 二人とも、功罪その両方が大きい人物なので、どっちが偉いか? とか、どっちが正しかったのか? とかは一概に言いにくい。
 漏れ個人的にはコリンズ贔屓である。
 が、これは自分の主観なので、読者諸兄に同調して貰おうという気も無い。
 何と言っても、映画〔マイケル・コリンズ〕のコリンズ役リーアム・ニーソン(御本人にソックリ!)が格好良すぎた(苦笑)。
 まぁ、そこら辺を勘案して、以下のカキコを読んで下さい。

 今日は、二人の生い立ちからイースター前後まで。
 イースター以後は、アイルランド事情と二人の動きはシンクロします。

66 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/16(日) 23:32:18 ID:y3gEbZ6i
 まずは年長のエーモンド・デヴァレラ(実は、「エーモンド・デ・ヴァレラ」か「エーモン・デ・ヴァレラ」が正しかったりする。冷や汗。スマンコッテ)。
 公式文書の誕生日は1882年10月14日生まれ。後述するコリンズより8つ年上だ。 出身地は、なんとアメリカ・ニューヨーク市。
 母親はアイルランド移民1世のケイト・コル(通称キャサリン)。
 父親はスペイン人の音楽家ヴィヴィオン・ファン・デ・ヴァレラ。
・・・・・・と、公式文書ではそうなっている。
 つまり、生粋のアイルランド人でも、純血のケルティック・アイルランド人でもなかった。
 また、両親の結婚記録と本人の出生記録が、時系列的にもアヤフヤで「私生児じゃね?」と言う説もあったりする。
 ともかく、彼の出生については謎が多い。これだけでヒトラー・ユダヤ血統ミステリーみたいなネタが一本出来る。
 漏れ的にはどちらもドーでも良い事なんだが、御本人はかなり気にしていたようである。
 ドーでも良いついでに、彼の名前「エーモンド/エーモン」は、「エドワード」のゲール語風読みである。

 デヴァレラの幼年・少年期は、かなりカワイソス(´・ω・)だ。
 まず、デ・ヴァレラが3歳の時、母親ケイトが亭主に逃げられる。
 母ケイトは、デ・ヴァレラを故郷アイルランド・リメリック州の田舎にある実家へ送り返した(・・・と資料にはあるけど、「返す」なのか?)。
 幼いデ・ヴァレラがドーやってアイルランドへ渡ったのかは分からない(そりゃ船だって事は分かるけど・・・)。
 親戚を頼ったか、親切な人がいたのか、カトリック教会の扶助なのか、とにかく彼はNYで母と別れてアイルランド行きの船に乗った。
 この時の「母に捨てられた」と言う思いは、彼のトラウマになる(当然だろう)。


67 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/16(日) 23:33:23 ID:y3gEbZ6i
 彼は、アイルランドの実家で、「エドワード・コル」として成長する(ローモンド・デ・ヴァレラを名乗るのは、イースター後である)。
 実家は貧乏な小作農であったが、この頃から軌道に乗りだした英国政府のアイルランド農地改革のおかげもあって、"何とか"食っていく事は出来た。
 叔父は厳格な人(つまり敬虔なカトリック)なので、自然と質素な性格が身に付いた。
 にしても、周りの家は「貧乏の子沢山」で兄弟の多い同世代の子ばかり、しかも彼はスペイン人との混血で顔つきもチョト違う(叔父夫婦に子はいなかった)。
 「いじめ」に遭ったんジャマイカ・・・・・・などと邪推してしまう。

 そんなある日、母がヒョッコリと帰ってくるが、またすぐにアメリカに1人で戻ってしまう。
 そしてアメリカから届いたのが「再婚しマスタ」の知らせ。相手はプロテスタントの英国人。
 トドメに、再婚後の母はデ・ヴァレラを引き取ろうとしなかった。
 もう、何だかなぁ・・・・・・である。
 彼の中で、母に見捨てられた・・・と言う思いが益々強くなる。

 後年の彼の行動心理「偉くなる事&他人に認められる事への強烈な欲求」の源泉が、ココにあるのかも知れない。
 また、後年彼が見せるアメリカへの一方的愛情欲求も、母とアメリカを重ね合わせていたため・・・・・・とする資料もあったりする。
 要は、少々歪んだマザコン少年の一丁上がりである。



68 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/16(日) 23:34:41 ID:y3gEbZ6i
 14歳で小学校(義務教育課程)を卒業した後、叔父に頼み込んでカトリック系のクリスチャン・ブラザース学校に進学する。
 ここは低所得カトリックの子供達が通う中等学校で、デ・ヴァレラは卒業までの2年間、片道11キロ(!)の通学路を毎日歩いて通った。
 ここを優秀な成績で卒業し、彼は奨学金付きで、ダブリンの南にある上級学校へ寄宿舎生として進学する。
 上級学校とは、カトリック聖職者育成と王立大学卒業資格試験受験が目的の受験予備校で、修道院と予備校が一緒くたになったような学校である。
 ↑日本の「大検」とは違い、卒業資格(つまり卒業したと同等の学力)を問う試験。>大学卒業資格試験。

 彼は、ここでも抜群の成績を挙げ、島内統一テストか何かで学内一番・島内九番の記録を残している(調べても、何のテストなのかは分からなかった)。
 特に彼は、数学が大好きだった。

 この頃、ゲール復興運動の高まりで、カトリック系学校では盛んにアイルランド古来のスポーツを楽しむクラブが結成されていた。
 が、彼は見向きもせず黙々と自習室で数学の勉強をしていた。

 弁論部にも所属していて、その当時の記録を見ると、彼は同級生達よりも保守的だったそうである。
 ソレを示すエピソードとしては、学校の慈善活動でダブリンのスラム街を訪れた時に、彼は酷いショックと嫌悪を露わにし、近代主義を否定して、つつましいアイルランド農村地にこそアイルランドの真の姿があると、言うたそうだ。
 彼の治世下での「アイルランド農本主義」に繋がるのかも知れない。

 青春期真っ盛りの彼の交友関係だが、彼はいつも「孤独」だった。
 親しい友人がいたという資料は無い。
 「聖書と数字が友達」だったのかも知れない。

69 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/16(日) 23:36:30 ID:kaXYsw8H
 この頃の彼の夢は、聖職者になるか、大学で数学の教授になる事だった。
 しかーし、大学卒業資格試験に落っこちる。まさか、高等数学は苦手だったのか?
 この事が彼の「学歴コンプレックス」になったのか、後年彼は自分がアイルランドの国立大学名誉学長である事を死ぬ間際まで自慢している。
 おまけに、アインシュタインの相対性理論が理解できる「世界有数の人物である」と吹聴していた。ここまで来ると病気である。

 一方の聖職者であるが、こっちは教会から"やんわり"と拒絶された。
 この事が、彼の「私生児説」の根拠になっている。カトリックにとって私生児は唾棄すべき存在なのだ。
 が、漏れは彼の性格に問題があったんジャマイカ・・・・・・と思う。
 神父さんは「頭は良いけど、人付き合いは下手」な人間がやって良い職ではないのだから。

 彼は中等学校と上級学校を転々として、非常勤の数学教師として生計を立てていく。
 ここでカトリック系学校の生徒=「将来の聖職者達」と繋がりを得た事が、後々彼に有利に働く。
 そんな頃、アイルランドではゲール復興運動が絶頂期を迎え、アイルランド地方公務員(教師含む)になるには、ゲール語の試験が科せられるようになった。
 後にイースター蜂起を暴発させる事になるパトリック・ピアスが「ゲール語連盟」を(言い方は悪いが)乗っ取り、ヒロイズムいっぱいのアイルランド・ナショナリズムをゲール語に乗せて布教し始めた頃だ。
 常勤教師になることを目指すデ・ヴァレラは「それじゃあ」と、1908年(26歳)にゲール語サークルの「ゲール語連盟」に入会して、ゲール語を習う。
 この時の彼の教師が、4歳年上のシドニ・フラナガン。
 ダブリンのブルジョア出身で、本業は小学校の教師で、アマチュアの舞台にも立つ美人だったそうな(ホォー)。
 で、何だかんだあって(聞くだけ野暮だw)1年後の1909年、デ・ヴァレラとシドニーは結婚する。オメッ!
 そして、努力の甲斐あって、ゲール語と数学の教員資格を得る。

70 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/16(日) 23:37:50 ID:kaXYsw8H
 この頃から、デ・ヴァレラの権力志向が現れてくる。
 「ゲール語連盟」でピアスらIRB指導者と知遇を得た彼は、更に彼らと近づこうと、「ゲール語連盟」の執行委員に立候補する。
 が、既にIRBメンバーで席を固められた執行部に、メンバーでない彼が座る椅子は空いていなかった。
 だからといって、IRBに加わる事はしなかった。IRBは秘密結社故に様々な宣誓や制約があり、ソレを嫌ったようである。

 だが、1908年にIRAが結成されると、彼は直ちに志願した。
 この頃が、デ・ヴァレラの「ただの数学教師」から「熱烈なナショナリスト」への変身期だったようだ。
 彼は誰よりも熱心にIRAの活動に参加した。その行為が認められてIRA内で昇進していく。
 14年に行った密輸作業でも、冷静な指揮力を発揮し、その成果が認められてダブリン第3大隊の指揮官になる。
 IRAダブリン第3大隊指揮官ドノの評判は「軍服、訓練、命令系統マニア」だ、そうな(言うなれば「痛い軍ヲタ」)。
 WW1が勃発すると前述したようにIRAは分裂するが、デ・ヴァレラは非主流派に残る。
 この頃、彼は武装闘争でなければアイルランド独立は為し得ないと考えるバリバリの急進派ナショナリストになっていた。

 と言っても、前述したようにIRA指導部は武装蜂起には消極的であり、彼らの尻を叩く為にIRB軍事委員会が指導するようになると、非IRBメンバーのデ・ヴァレラには何かと不都合な事が起きてくる。
 IRA大隊指揮官の彼が知らない事を、IRBメンバーの部下が先に知っていたりするケースが頻繁に起きてきたのだ(まぁ、こういう組織形態だと良くある事)。
 仕方なく、彼はIRBに加盟する。
 で、イースター蜂起を迎える。

71 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/16(日) 23:39:55 ID:kaXYsw8H
 彼の大隊は、ダブリン南部のビスケット工場か、製粉工場に立て籠もった。
 資料を漁っても、どっちなのか詳しく書かれていない(泣)。
 どっちも大した戦闘の無かった場所なので、史家には注目されなかったのかも・・・・・・
 まぁ、どちらにせよ、市街中心部の郵便局で派手にドンパチやってる時に、「さぁ、トミーども、来やがれ!」と気合い満々で立て籠もっていた事は確かだ(ソレが任務だし)。
 で結局、ロクに戦闘もしないまま、本陣の郵便局が陥落。
 英軍の軍使が持ってきた、蜂起指揮官ピアスのサインが入った降伏文書を読んで、デ・ヴァレラは部隊に降伏を命じる。

 彼は「イースター蜂起で最後まで戦ったIRA上級指揮官」になった。

 そして、マクスウェルの"あの"無茶苦茶な軍事法廷である。
 上級指揮官のデ・ヴァレラは当然、死刑宣告を受ける。
 が、ここで福音が訪れる。
 妻のシドニが「夫は実はアメリカ人(正確には二重国籍者)なんです!」と、申し出たのだ。
 ここで刑の執行にストップがかかり、確認作業を行うとアメリカに住む母のケイトが「そうですよ」と認める。
 それで彼は無期懲役に減刑され、英国の刑務所に送られた。
 彼が身分保障の為に「デ・ヴァレラ」姓を名乗るのは、この時からである。


72 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/16(日) 23:41:10 ID:kaXYsw8H
 彼が投獄された英国の刑務所には、蜂起に参加しなかった(と言うか連絡を受けなかった)IRA正規の参謀長マクニールも一緒にいた。
 デ・ヴァレラは蜂起に参加しなかった彼にも敬意を評し、その度量の大きさで他のIRA義勇兵から一目置かれるようになる。
 そして、IRAの獄中闘争で指導的役割を果たし、リーダーとしての頭角を現していく。

 ここまでがデ・ヴァレラのイースター前までのあらましで。
 更に特筆すべき事があるとすれば、彼は幼少期に読んだ絵本以外、小説や物語を全く読んでいないと言う事だ(聖書は別格である)。
 これは終生通じて同じで、聖書以外に読んだ本は、この後の一八年に投獄された時に差し入れられたマキャベリの「君主論」だけで、これが彼のもう一つのバイブルになった。
 おっかない話である。

 今日(一六日)はここまで。
 日付変わったら、後編(マイケル・コリンズ)いきます。

73 :企画やさんですよ:2005/10/16(日) 23:45:29 ID:Q/JXazxK
これも前に書いた気がするんだけど、ニートだからって何が悪いのかなあ。

生産性がない? そんな人間がいなかった時代があると思う? また、会社の
中にでもそういう人間がいくらでもいることは、少しでも働いてればわかるはず。

生活を国家が支えてる? 冗談じゃない、彼らの自堕落な生活は、基本的には
近親者が支えている。生活保護を受けてまでできることじゃないさ。

仮に生活保護を受けているとしても、生活保護を受ける最低限の生活とは、
実に惨めなものだ。それまでも否定するというなら、そもそも憲法の理念すら
否定することになる(否定してもいいけど、おれは否定できない)。

ヤクザの不正受給問題とかに影響されすぎだよ、この手のことを持ち出す人って。
母子家庭の悲惨な状況とか知ってて言ってるのかなあ。ちなみにオレは大学の
卒論が福祉問題で、スゴイ例を山ほど見てかなり鬱になった。アレは人の生活
じゃない。

あえて極論を言えば、下を見て溜飲を下げたいという下世話根性もあるんじゃ
ないの、とか「ゲスの勘ぐり(w」すらしたくなることがある。

74 :企画やさんですよ:2005/10/16(日) 23:46:21 ID:Q/JXazxK
うわ、すまんです。でも割り込まずに済んでよかった。

75 :名無しかましてよかですか?:2005/10/16(日) 23:59:54 ID:Eym90iPX
聖書とマキャベリしか読んだ事のない革命家・・・
恐い、恐すぎる。

76 :むっちょ:2005/10/17(月) 00:02:26 ID:wiP8gLhb
>>60
「もったいない」っつーのは、いっちゃなんだが大きなお世話なんじゃないかな。
まかり間違えば簡単に「もったいない」と言われる立場からすると特に。

77 :むっちょ:2005/10/17(月) 00:25:16 ID:wiP8gLhb
>>73
まあ、そう思いますよね。
ニート問題というのはもちろんあるんだけど、ただ「甘えるな!」という
究極の思考停止キーワードを使いたいがために持ち出すだけなら、黙っとけと。
確かにラクですからね。「甘えるな!」って。一言で相手の人格を全否定し、自分の
立ち位置を守ってくれるわけだけれど、わざわざ言いたがる人って悪趣味だよなあ。

78 :名無しかましてよかですか?:2005/10/17(月) 00:43:52 ID:a+a9rYGi
>>73
 まだ30代半ばくらいの働ける分際で働かず、金髪に染まった髪で
すみませーん、生活保護の受けたいんスけどー。って生活保護課に
来る人間が問題。 基準が甘い市町村だと、そんなヤツすらとおる場合がある。
あと生活保護はソコまで悲観的にひどい基準じゃないよん。 ある程度の贅沢品
だって買えるし、普通の暮らしを送ることはできる。ただ人間には恥とか申し訳
なさを併せ持った人間もいるので、自殺者も結構多い(´Д`)y─┛~~ 担当した
人間は警察から事情聴取だって受けるし、鬱になって離職する例も多い。
 まあ、叩かれてる地方公務員だけど課によっては地獄を見る事になりますです(´Д`)y─┛~~
 だからおいらはニートで寄生できなくなったからって国民の血税に寄生するやつ
には「帰れ」と一言でいいから言ってやりたい。
 まぁ、親に寄生してる限りは別にどうでもいいんだけど(´ー`)y─┛~~

79 :名無しかましてよかですか?:2005/10/17(月) 01:02:43 ID:3vg2RMdE
>>78
>基準が甘い市町村だと、そんなヤツすらとおる場合がある

だから、そういうのは基本的に例外だと言っているんだよ。あまり繰り返して
言いたくないけど、そう言うレスを見るたび、福祉の無策を隠蔽するような
興味本位の番組や報道が多すぎないかなあ、と思う。

>あと生活保護はソコまで悲観的にひどい基準じゃないよん。

ひどいです。まさに最低限。クーラーは贅沢品、ということで却下され、
夏の炎天下で死んだ老人はご存じでしょう? また「運用の弾力性」は、
即役人の点数稼ぎにもつながっている、ということも理解しなければいけません。

さらに生活水準もさることながら、彼らは生活のすべてを監視、といって
悪ければ報告と調査受け入れ(……)の義務がある。彼らは医者にも自由に
行けない、ということを知ってますか?

80 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/17(月) 02:01:18 ID:74/PW1Uc
とびきりいい加減なアイルランド独立史

第十六回 英雄になった男 と 英雄になる男 後編

 さて、もう1人の英雄、マイケル・コリンズである。
 生まれたのは1890年10月16日。
 アイルランド南部コーク州の田舎で、8人兄姉の末っ子として生まれる。
 コリンズ家は昔は由緒ある族長の家系だったらしいが、アイルランド史の流れに乗って没落し、コリンズが生まれた頃には「由緒ある小作農」になっていた。
 それでも、デ・ヴァレラの実家よりは裕福だったようだ。

 父ちゃんはコリンズが生まれた時に75歳で、母親は父が60歳の時に結婚した23歳年下の女性(つまり37歳)である。
 お盛ん・・・と言うより、この時代に70代まで生きているとは、相当に頑丈な人物だったようだ。
 加えて、父親は身体が頑丈なだけでなく、大変な読書家であり、フランス語、ギリシャ語、ラテン語が話せ、数学も得意だったと言うから、何というか小作人には勿体無い人物だ。
 無論、ゲール語も話す事が出来た。
 熱心なナショナリストだった父は、幼いコリンズに18世紀のアイルランドの英雄ダニエル・オコンネルの事を語り、愛国主義的な唄を子供達に歌わせた。

81 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/17(月) 02:02:25 ID:74/PW1Uc
 だが、その父もコリンズが6歳の時に死亡する。享年81歳( ̄人 ̄)ナムナム。
 父親の本の虫は、コリンズにも遺伝した。
 コリンズは5歳で小学校に通い始め、シェイクスピアを始め英国の古典文学を小学校で読破する(こども文庫みたいなヤツなのか?)。
 同時に校長や担任の先生の影響を受けてアイルランド史にも興味を持ち、その正史を読み始める。
 アイルランドの歴史書に、ピアスのゲール復興運動の悪影響がまだ及んでいない頃の話だ。

 彼と親交のあった小説家のフランク・オコナーに言わせると
「コリンズは死ぬまで異常なほどの読書家であった。歴史、哲学、経済学、詩、何でも読み、機知に富んでいたので先生は必要無かった。彼は毎週劇場に通って、ショー、バリー、ワイルド、イェーツ、シングなどの芝居を賞賛し、有名なセリフは全部暗記していた」
そうである。
 アパートにコクヨの本棚12本を抱え、本の虫を自認する漏れも負けそうである。
 生涯一冊の小説も読まず、劇場にも足を運ばなかったデ・ヴァレラとソリが合わなかったのも無理はないかも知れない。

 さて、少年コリンズが本の虫だけだったかというとさに非ず。
 父親の頑丈な身体も受け継いでおり、一方でスポーツ万能の腕白少年だった。
 中学校に進むと、その頃に創刊されたナショナリスト系雑誌「ユナイテッド・アイリッシュメン(編集長はアーサー・グリフィス。後のシンフェイン党党首)」の読者になり、その影響を受けるようになる。
 が、この頃はまだ「熱意だけはある若い(幼い)ナショナリスト」なだけだった。
 運動に参加するより、畑仕事の手伝いや読書やスポーツの方で忙しかった。
 運痴だった漏れには、ウラヤマシス(´・ω・)な文武両道だ。

82 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/17(月) 02:03:55 ID:74/PW1Uc
 コリンズ15歳の時、中学校卒業を前に、就職活動として受験した英国公務員試験に合格する。オメッ!
 卒業と同時に、ロンドンの郵便局で働く事が決まる。
 この時代のコリンズのような階級の次男・三男・末子は、アメリカへ移民するか、イギリスへ出稼ぎに行くか、アイルランド警察官になるかぐらいしか、自活の道はなかった。
 実家に留まれば、アイルランド慣習法に従って、小作地の小作権を「田分け」しなくてはならないのだ。
 
 ロンドンには、既に郵便局員として出稼ぎに来ていた姉がおり、姉と同じ郵便局で働き、16年にアイルランドへ戻るまでの10年間、姉と同じ街区で暮らした。
 お姉ちゃんと1つ屋根の下か・・・・・までは、分からない。残念!
 翌07年に、母が没するが、カネの無いコリンズは帰郷する事が出来なかった。
 彼と同じく17才で父を失った身としては、その心中カワイソス(´・ω・)である。

 コリンズは郵便局で働きながら、更に上級の公務員(税吏とか)になるべく夜学に通ったりもしたが、やがてゲール復興運動に参加するようになる。
 ロンドンに開設された「ゲール語連盟」と「ゲール人体育協会」に参加し、持ち前の文武両道ぶりを発揮する。
 09年、19歳の時にIRBに参加する。
 IRB派閥に入った事と、「ゲール語連盟」と「ゲール人体育協会」での熱心な活動振りが評価され、両組織ロンドン支部の書記に抜擢される。
 委員会の書記をやってみれば分かるが、書記ってのは情報整理能力が高くないとやっていけない職務である。
 何せ、あらかじめ議事資料を作り、会議では速記録を取り、雑談混じりをナマ速記録をそれらしく清書して公式議事録にしなくちゃならんのだから。
 大の大人も参加している組織で、19才で書記を任されるのだから、大したモンである。

83 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/17(月) 02:05:15 ID:74/PW1Uc
 翌10年、彼は郵便局を辞職し、株屋の店員になるが、すぐにそこも辞め、別の株屋に移っている。
 14年4月、24才の彼はIRAに志願し、ロンドン第一中隊に入隊する。
 と言っても、ロンドンで事を起こす部隊ではない。>ロンドン第一中隊。
 ロンドン在住のIRA義勇兵の為の訓練部隊、と考えて良い。

 同年、彼が自費購入したライフルで訓練している間に、WW1が始まる。
 この時、既に徴兵制を見越していた兄のパットは、自分と同じくアメリカへ移民する事をコリンズに勧めている。
 だが、コリンズはそういった「消極的抵抗」は自分に合わないと拒絶している。

 それでも、万が一を考えて、アメリカ資本の信託投資会社ロンドン支店に転職をしている。
 そこで彼は、もし徴兵制施行で網に掛かりそうになったら、米本土の本社へ転勤させて貰う手はずになっていた。
 ここまで好意的な扱いを受けるとは、相当に「出来るヤツ」だったのだろうか? >コリンズ
 
 アイルランドではIRAが分裂。コリンズはデ・ヴァレラと同じく非主流派として残る。
 そうこうしている間に、「アイルランドで蜂起」の噂が飛び交い、ソレを証明するかのように、IRB軍事委員会は英本土のIRA義勇兵にアイルランド帰郷の命令を下す。



84 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/17(月) 02:06:11 ID:4BrcvF77
 16年1月、26才のコリンズは10年ぶりにアイルランドの土を踏む。
 すぐに、ダブリンの会計事務所に就職した。IRB人脈のコネ就職だろう。
 そして、在アイルランド英国貴族のプランケット伯爵家の財政顧問を担当する事になる。

 プランケット伯爵家は、クロムウェルの虐殺を逃れた数少ないノルマン・アイリッシュの血統である。
 しかし、小作農出身の中卒青年(社会人的にはまだ若造)が、伯爵家の金庫番である。
 IRBの"引き"があったとは言え、階級の壁が今より遙かに厚く高いこの時代に、よくなれたモンだ。

 伯爵家は熱心なアイルランド・ナショナリストで、嫡男のジョゼフは、イースター蜂起の際に独立宣言書にサインをした人物である(当然、マクスウェルに処刑された)。
 蜂起軍でジョゼフは作戦部長という肩書きだった。
 ケイスメントの渡米と資金調達に力を貸し、「拠点防御型叛乱」と言う戦術を強く推したのも彼だった。
 29才のジョゼフは当時は不治の病だった結核の末期患者であった。
 実際の蜂起では、喉の手術直後という事もあって、殆ど寝たきり状態。
 コリンズは彼の付き添いという形で蜂起に参加する。

 なんかもう、この設定だけでコリンズ×ジョゼフの801本一冊ぐらい書けそうだ。
 でも、貴公子ジョゼフは処刑前夜に刑務所で婚約者と結婚式を挙げている。婦女子の方々、残念!

85 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/17(月) 02:07:20 ID:4BrcvF77
 蜂起でコリンズは、ジョゼフの付き添いとして、蜂起軍司令部となった郵便局にピアスら蜂起軍指導部と共に立て籠もる。
 ここで初めて、コリンズはIRB指導者のピアスを間近に見るのだが、後に彼はピアスを「空想的な理想主義者」と評している。

 蜂起は失敗に終わり、コリンズ達は降伏・逮捕される。
 この時の「正規軍相手の拠点防御型叛乱」に嫌気がさし、コリンズはゲリラ戦を指向するようになる・・・・・・と多くの資料にはあるのだが。
 そのヒントは、コリンズと共に郵便局に立て籠もっていたIRB古参メンバーで、後に処刑される事になるジョン・マクブライトが与えたのかも知れない。
 イースタ蜂起から遡る事十数年前のボーア戦争に、彼は「英国人を撃てるなら、地球の裏側だって良いさ」と、アイルランド人義勇兵を率いてボーア軍に参加した。
 そこで彼は、英軍を引っかき回したボーア軍司令官ボサ将軍のゲリラ戦を間近で見ている。
 郵便局で防衛戦をしている合間にマクブライトは「拠点防御型叛乱」を選択した過ちを認め、「ゲリラ戦で行くべきだった」と悔いていたという記録がある。
 マイケルは、作戦部長ジョゼフの横でソレを聞いていたのかも知れないし、マクブライトが直接マイケルに話していたのかも知れない。
 ↑推測の域は出ない。

 さて、刑務所送りとなったコリンズだが、彼は一兵卒である上に蜂起3ヶ月前に帰郷したばかりで英国側も詳しい情報を持っていない。
 刑務所での扱いは軽く、行動は比較的自由だった。
 ソレを良い事に、コリンズは獄中闘争で活躍し、次第に指導者的立場になっていく。
 獄中闘争とはその詳細は不明だが、後のIRAが採ったソレと同じと考えるならば、
「漏れ達を犯罪者ではなく、敵軍戦時捕虜として国際法に則って扱え!」
と、待遇改善を終始主張・要求し、「ああ言えば、こう言う」と抵抗し続ける戦術である。
 口八丁手八丁でなければ出来ない事だ。
 同じ事を、デ・ヴァレラもしている。

86 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/17(月) 02:09:34 ID:4BrcvF77
 その年、英内閣首相がロイド・ジョージに代わり、クリスマス頃にコリンズは釈放される(恩赦か?)。
 この時、「とんだとばっちり」でタイーホされたシンフェイン党党首アーサー・グリフィスも釈放されている。
 デ・ヴァレラより1年ほど早い出所だ。

 ここまでが、コリンズのイースター前までの経歴である。
 コリンズとデ・ヴァレラの接点であるが・・・・・・
 資料には、「コリンズとデ・ヴァレラは終始ソリが合わなかった」とか「コリンズはデ・ヴァレラを尊敬していた」とか様々に書かれている。
 ここら辺、デ・ヴァレラ治世時代にデ・ヴァレラによる「史実修正」が加わっているから、どうにもナラン。
 しかし、一方は一兵卒、もう一方は大隊指揮官で、部隊も違う。
 それにお互いに本業を持っている。
 更に、コリンズはアイルランドに帰郷して間がない。
 この時点までは殆ど無かったと言うのが正しいのではないだろうか?

 イースタ蜂起の16年時点で、デ・ヴァレラ34才、コリンズ26才。
 この二匹の虎が野に放たれた時、アイルランドの情勢は大きく動き出す。
 
 今日は、ここまで。
 次の週末は、壊滅したIRBとIRAが復活の狼煙を上げ、シンフェイン党が変質していくまで。
 ではでは。

87 :名無しかましてよかですか?:2005/10/17(月) 07:47:59 ID:gmsXj3lw
>>79
クーラーは贅沢品だよ。

88 :名無しかましてよかですか?:2005/10/17(月) 09:19:01 ID:rulsop7i
>>79
>ひどいです。まさに最低限。クーラーは贅沢品、ということで却下され、
>夏の炎天下で死んだ老人はご存じでしょう?
新聞ネタになった埼玉の老婦人の事なら、『死にそうにはなった』が、
死んではいないよ。
近所の電気屋が、テレビをカタにとって、クーラーを『貸与』したはず。
ちなみに、その電気屋は、カタに取ったテレビを『店に持って帰るのを忘れた』
んではなかったかな。
まぁいずれにせよ、こういう『何の義務も負っていない無名の人々の善意』
が無ければ生きてゆけないようにしているあたりに、『生活保護に携わる官僚』
の怠慢と言うより『悪意』を感じるんではある。
そういえば、担当の職員に「ムダ飯ぐらい!」「早く死ねばいい!」と3年以上に
渡って罵倒され続け、ついに耐えられなくなって自殺(遺書にはっきりとそう
書いてあった)したご婦人も居られたね。
この件で最も問題なのは、このことが国会で問題にされたときに、当時の
厚生大臣が「調査した結果、問題のご婦人は病死であったと判明しました
(だから厚生省に責任はありません)」と平然と言い切ってしまった事である。
警察の検死報告書に、はっきりと『縊死』と書いてあるのに病死という『調査』
結果を公の場で発表した事なんだが、未だにこの『天井から輪になったロープが
垂れて来て、首に巻きつきそのまま引っ張り挙げて死亡に至らしめる』という
『奇病』について、厚生省(現厚生労働省)は何も調査を行っていない。
これなんかは、上記の『悪意』が剥き出しになっている事例と言えるだろうね。

89 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/17(月) 11:58:13 ID:Km3I0fy0
>>41
>鳥坂氏

>「釣り馬鹿日誌 ハマちゃん竹島/沖ノ鳥島で釣る」

あっははははは…、昨日ROMしてから今朝までずっと笑いつづけていました、↑このネタ。
武力行使なんて野暮なことしてないでエンタメで皮肉ってやれ!
「独島は俺達のモノ」なんて歌が過去に韓国で流行ったような記憶が…


>ハタ目には「約束の地」に見えるのだろうか?>アニメ業界

学生時代のバイト先によくアニメーター希望の子が来ていました。代々木の専門学校に真面目に
通っていたらしいが、彼らはその後「約束の地に」たどり着けたのだろうか?

90 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/17(月) 12:14:46 ID:Km3I0fy0
>>49
>鳥坂氏
>今どきの子は、ファミコンで遊ぶのに忙しくて、読まないのかな? ゲームやアニメなんかより、ずっと面白いと思うけど。 

禿同です。私の親は基本的に漫画は買ってくれなかったのですが、学研の伝記や科学モノの漫画は買ってくれました。
エジソン、野口英世、チャップリン、ベーブルース、ノーベル、ヘレンケラー、等の伝記は何度も読み返しましたし、
科学モノの漫画で、特に天体に興味を持って小3の時買ってもらった天体望遠鏡で単体観測をしたものです。
土星の輪や木星の縞模様を見たときは本当に感動しました。←ちょっとしたガリレオ気分でした♪

私の世代の親は漫画=勉強の障害、と捉えていたようですが、昨今鳥坂氏の仰るようにゲームにその地位を漫画が奪われ
てしまったことと、中高生などの科学の知識が低下している(と言われている)現象は無関係ではないと思う。

他に諺や四字熟語、漢字の成り立ち、なども私は漫画で覚えましたけどね。


91 :凛家亜武 ◆zgWjY89cfk :2005/10/17(月) 12:42:16 ID:c6jZR83c
        〜現代日本に仏教の意義を問うC〜

今日は大乗仏教の流れを追う前に、儒教とヒンズー教についてまとめておこうと思う。
時系列的にも、後の日本での相互影響の為にも必要であるので。まずは、儒教だが、
紀元前500年頃、ブッダ登場とさほど変わらない頃に孔子の登場によって確立された。
古代中国にあったシャーマニズムと、道教の影響を受けながら、人の生き方について
重点を置いた教義を展開した。宗教と言うより思想と呼ぶほうがしっくり来ると思う。
代表的書物は論語。「仁・義・礼・智」を重んじ、施政者は徳を持って万民に施政せよと
説く、儀式重視の思想。四書五経が代表的経典とされ、四書は「論語」「大学」
「中庸」「孟子」五経は「易経」「書経」「詩経」「礼記」「春秋」をいい、五経を
以て四書よりも高しとする。人間に重点を置いたという点でキリスト教に近いと言える。
日本には513年、百済の王仁の手によってもたらされたとされる。実は仏教より早い。
仏教は538年とされている。この時代一気に神道・仏教・儒教の三本柱となる。

ヒンズー教については、根をバラモン教と同一しながら、4世紀頃には実質生まれ変わり、
それまでの上座部より発展していた小乗仏教と競合しつつ、実質7世紀にはヒンズー教が
インドの主流となり、小乗仏教はインドでは衰退してしまうことになる。主な教えは
想像→存続→破壊の輪廻転生から逃れ、煩悩から離脱するために、祭祀(カルマ)
知識(ジュニーナ)神への絶対的帰依(バクティ)の三つを尊重し実践することを説く。
教義としてはブッダの根本仏教に限りなく近いが、社会的に保守の立場をとった為、
いまだにカースト制度を否定しない教義になっている。「マヌの法典」と言う書物に
残されたものである。「ヴェーダ」が聖典としてある。主な神はこれら。
創造神ブラフマー世界の創造者 存続神ヴィシュヌ……世界を維持・発展させる。
クリシュナ、ラーマなどに化身する。 破壊神シヴァ……世界を破壊し、再生する。
また、瞑想などと言った修行も肯定する立場である。「自力」の宗教である。

92 :凛家亜武 ◆zgWjY89cfk :2005/10/17(月) 12:46:04 ID:c6jZR83c
経済発展著しいインドとはこれから日本は様々な形で交流していく事になるだろうと
思うので予備知識的に寄り道しました。ヒンズー教のついでにイスラム教も言及すべきかな・・。
ご存知のようにパキスタンて地震があったけれど、インドvsパキスタンはヒンズー教
vsイスラム教であり、カシミール地方は中央アジアの火薬庫状態だが、それも同じ理由。
もっとも、イスラム教に言及したらついでにキリスト教と言う流れにもなりますw
まずは、仏教と日本人の歴史と交わりを追いかけたいと思います。ああ、それにしても
今日小泉総理が靖国に行くとは!!尖閣春尭ガス田問題、化学兵器破棄の賠償問題、
国連安保理事国入り問題、拉致問題、全て停滞か・・。やんぬるかな。

93 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/17(月) 16:30:33 ID:Km3I0fy0
>>45
>煙管氏

ニート=Not in Employment, Education or Training
ですから司法浪人は一応in Educationなのでニートにはならないのでは?
最も彼らの「非生産性」について仰っているのだと思いますので、その意図は十分に伝わりますが。
しかしそれでも、40過ぎてまで司法浪人している人の話など聞くとちと問題を感じますね。

私なぞはせいぜい30くらいまで頑張ってみて、無理ならば司法書士や土地家屋診断士など司法試験
よりは合格しやすい資格に目標を振り替えたら、と思いますけどね。

>とりあえずどっかに就職しときゃあいいのに…。 

全くですよ。学生時代、学費と生活費を稼ぎながら大学に通っていた私からすると…、正直羨ましい…。
しかし精神的プレッシャーは可也な物があるのでしょうね。

>ああ…ビッグなロックアーティストになる!!って親の仕送りもらいながらアメリカで 
>武者就業中の先輩は元気だろうか?(´Д`)y─┛~~ 

アメリカって市場がでかいから優秀な才能が集まってくる、と言うだけで根本的には大した文化ないですよ。
ミュージシャンでいうとアメリカという国は「ビックになった人が行く」国であって、「ビックになるためにいく」国ではない。

アメリカンロックの代表みたく言われているエディ・バン・ヘイレンはオランダ人だしメタリカのラーズ・ウルリッヒはデン
マークの人だ。

まぁ、Fコードで手を攣って4畳半一間で一人悶え苦しんでいた私が言っても説得力がないですけどね。

94 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/17(月) 20:16:41 ID:9mewj7ng
>>89-90 元帥ドノ
>代々木の専門学校に真面目に通っていたらしいが
 漏れも専学経験者ですけど、毎日通ってもアカンやつはアカンです。
 ああ言うところは、学校で習った「上っ面の知識や技術」を、授業以外の時間帯(プライベートタイム)を利用してどれだけ自力で掘り下げられるかが重要なんでつ。

>彼らはその後「約束の地に」たどり着けたのだろうか?
 辿り着いても、そこはイスラエルではなく、マサダ砦のようなキリング・フィールドなんですな、これが。
 蜜と乳が流れる地、なんかではなく、自分が血と汗を流さなくてはならないゴルゴダの丘でつ。>ただし、誰の罪を救済するのか、分からない。

>私の世代の親は漫画=勉強の障害
 漏れの両親はソレに加えて「TVゲームは人類の敵」と思ってました。
 おかげで漏れは、「パックマン」と「平安京エイリアン」までで、ゲーム脳の進行は終わってる。
 「ゲームセンターあらし」は面白かったなぁ・・・
 ファミコン系は、ジョイパッドすら触った事も無い。
 これでもウリは生粋の日本人ニダ。

>中高生などの科学の知識が低下している(と言われている)現象は無関係ではないと思う。
 TVアニメで漫画の「栄光無き天才達」をやりたいっす、って言ったら「誰が見るんだよ? ボケ!」とケッチン食らった事があるなぁ。
 ↑昔、特番形式で上作品の「月を目指した男達」はアニメ化された。低予算だったのか、地味だったのが残念。

95 :中村 ◆CHBTxVTges :2005/10/17(月) 20:47:32 ID:xzDPFTlx
「栄光無き天才たち」…のアニメ版ですか。スゲー見たいようなw
今だったら「プロジェクトX」をアニメ化するようなモノですかな?(違うか

まあでも「アニメンタリー決断」が放送されていたように
(確か当時は戦記物ブームだったはず。「タカ」とか「はやと」とか)
そういう「ブーム」がありゃ制作可能なのだろうか。
で…ブームがどう生み出されるかって…これは鶏か卵かなんだろうけども、
エヴァで綾波みたいなキャラがブームになった(と自分では認識してる)ように、
先に「優れたモノ」が生み出されれば、それに乗っかることも多くなるのだろうか…
でもその下地とか、そもそもやはりエヴァ自体「近未来ロボットモノ」に乗っかってきた、
とかそういうことを考えると、全く異色であるとも言える
「実録&地味モノ」をパッと出して人気を博すかどうか微妙な…

まあでも、そういうと「じゃあロボットもののブームは何が」って話になるだろうし、うーむ

96 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/18(火) 08:36:49 ID:wuWIAHkx
>>57
>色坊主氏

>南極の氷の中には大量のカビが眠っておるそうな。

東京湾の海底には江戸時代に蔓延した、安藤広重の死因ともなったコレラで死んだ人たちの死骸が多く沈んでいるらしいですね。
このまま温暖化が進むと、海底の低温で活動を休止していたコレラ菌が活動を再開する恐れがあるとかないとか、、
という恐ろしい話を聞いたことがあります。
まぁ2000年問題であれだけ脅かされて何もなかった国の人が言うことですのでどこまで本当か知りませんが。

でも温暖化防止といっても自動車乗らないと仕事になりません!ハイブリットカーにすれば、と言われても社長に言ってくれ、です。
「渋滞は二酸化炭素の排出量が○%アップします」、好きで渋滞にはまっている人は一人もいません…。




97 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/18(火) 09:47:39 ID:7dbmutz5
>>92
凛家亜武殿

>今日小泉総理が靖国に行くとは!!

 靖国スレでもあまり議論されていないようなので、コメントさせていただ
くが、この件については、小泉首相を支持したい。参拝目的のコメントはと
もあれ、参拝するという最後の一線だけは断じて譲らなかった。

 郵政民営化が、吉と出るか凶とでるかという大問題は残っているが、気骨
があり、信念がある首相と評価すべきではないだろうか。イラク派遣問題も、
同盟国としての筋を通したという側面があり、単なる対米追従一辺倒とも言
えないように思う。そうでなければ、常任理事国問題で、追加国を絞る米国
案を蹴って他の候補国への信義を通すなどという発想は浮かばないのではな
かろうか。

 本日の産経の一面に、小泉首相が周囲に漏らしたコメントとして「中国は、
日本人の心の問題にまで踏み込んだことを後悔するだろう」という言葉を載
せている。無論、このようなコメントをおおっぴらに述べると、対中関係
を悪化させるだけで百害あって一利なしであるからその必要はない。しかし、
非公式なコメントしても、この言葉は、国民への信頼を含意しており、日本
人の精神(スピリッツ)に対する頼もしさという感覚を呼び覚まさせる。

 小林よしのりは、性格的、心情的には、小泉首相とは近い方だと思うが、
小林よしのりの政治家との距離の取り方については、古賀誠の件がその典型
だが、かなり難点があるように思う。

98 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/18(火) 10:00:52 ID:wuWIAHkx
ロッテ31年ぶりのリーグ優勝!このスレにいらっしゃるロッテファンの皆様おめでとうございます。

去年から始まったプレーオフですけど、プロ野球に興味のない私でも見てしまいますね!
去年に続いて手に汗握る展開でテレビorラジオに噛り付いて試合展開を見(聴き)守りました。
このプレーオフの展開を見届けてしまうと、私のような浮動票はどうしてもロッテ贔屓になってしまいます。
たった7試合を見ただけでまるで生まれたときから応援していたような錯覚に陥るから人間なんて勝手な物
です。しかしこういった心情になってしまうのは私だけだとも限らないと思うんですよね。小泉劇場ならぬプレ
ーオフ劇場ですか(笑)どちらも浮動票を書獲得するのには効果が絶大なのでした。やっぱりあの試合展開や、
2年連続プレーオフで敗れてしまい、レギュラーシーズンを首位で終えたにも拘わらず日本シリーズに進出出
来なかったホークスの王監督初め選手の悲壮な表情を見ていると、どうしてもそれを勝ち残ったパリーグを応
援せずにはいられません。

セリーグ代表のチームは私のような浮動票がついたパリーグ代表を相手にするのですから、多少賊軍的
な意味合いを背負わされてしまう状況になり、ちと気の毒な気がします。でも井川が髪を切ったら少しは応援
してもいいかな>阪神。

それに視聴率が関東でも平均で13%って(第4戦、しかもテレ東)、巨人戦の3倍も取っているじゃないですか(笑)
これはパリーグに一足お先に行かれた感も否めませんね。

99 :kk:2005/10/18(火) 10:01:35 ID:W9+xF0R6
kkl

100 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/18(火) 10:39:53 ID:wuWIAHkx
>>92>>97
>凛家亜武氏、千念氏、
あら、凛氏は靖国参拝には否定的か。
千念氏に便乗させて頂くと、今回の首相の靖国参拝に関して、相も変わらず公的参拝キボン派の私としては不満は残る。
しかし先日の大阪高裁の「判断」がでた直後というここのタイミング下での配慮、といった観点からは、ある意味致し方が
なかった点があるだろう。このスレに於いての判決、判例に関するオーソリティである(だろう)煙管氏のお考えを拝借すると、
彼の大阪高裁の「判決」は「靖国参拝肯定」なのだという、それは「判決」において原告の慰謝料請求を退けたことに依拠する
のだそうだが(←煙管氏これで宜しいでしょうか)しかし(飽くまでも)判決文のなかで「違憲判断」がなされている以上は首相は
その判断に従うべきであろう。

公人の最たる日本国首相であるのならば、その立場にいる人間が先頭を切って司法の権威を否定する、というのも公人
のなすべきこととしては褒められた行為ではないだろう。そこで大阪高裁の「公的」=「違憲」という判断に目を付け今回の「私的」
参拝に相なった、ということなのだろうが、これも煙管氏の判断に沿った、多少皮肉を含まれているか、とも捉え得る、「私的なら
問題ないんでしょっっ」的な意図が見えて多少溜飲が下がる思いも無くはない。


101 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/18(火) 10:40:43 ID:wuWIAHkx
>>92>>97つづき

ただ小泉首相が残したコメントの、「日本国国民小泉純一郎が参拝した」という点について、以前も私が示した、「私(黒鳩)も
‘国民’という‘公的立場’にて‘公的参拝’をしている」と言う私的見解を基にすれば、今回の小泉首相の‘私的参拝’も、
‘公的参拝’に捉えなくもない、といった点において、上記小泉首相のコメントには支持を表明するものです。

あと、凛氏が心配されている外交上の諸問題に関しては、相も変わらず彼の諸国は「アジア諸国」と自らをアジアの価値観を
代表していることを前提とした発言が目立つが、あなた方は「特定アジア地域」である、ということを忘れないで頂きたい。
勿論貿易額、経済交流を見れば他のアジア諸国の比較にならないかもしれませんけど。しかし経済の場に精神(スピリッツ)を
持ち込む、とった方法への批判も忘れないで欲しい、と思う。

相変わらず町村外相は「靖国参拝は不戦の誓い」発言ですか。中国や北朝鮮への牽制としては逆の方が効果的だと思うのですが…。
「拉致被害者救出の為なら方法を選ばない、そのための誓いをしてまいりました」ぐらい言ってくれよ(現実的には難しいとは思い
ますが、心情的にはね…)

102 :越前HG ◆WTQ4WXzIyQ :2005/10/18(火) 10:48:48 ID:/wx6JDi9
パケ禁の掟を破ってアクセスしてしまった…。うぅ…。やばい。
おっ!リン君の仏教史はだいぶ進んでる!
しかしながら省略をクリックするとパケ代かかるのでやめとく。
もう二、三日でパソコンからアクセス出来るから、その時、ゆっくり咀嚼しながら読ませてもらうぞ!!
頑張ってくれ!!
それと、越前は小泉首相が靖国に参拝する『姿勢』に合点がいきません。
参拝そのものは支持ですが、その『姿勢』に合点がいかないのです。
ちなみに大阪高裁の違憲判決は傍論ですから法的拘束力はありません。

103 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/18(火) 11:04:37 ID:IyHX/Yb8
>>96
>好きで渋滞にはまっている人は一人もいません…。

私だw。過去の話ですが、無理難題製造機の事業統括(しかも煮詰まっていないアドリブを言う)が
会社を離れる時間帯を見計らい、その時間帯に一旦帰社できるよう、一人時間差をもくろむ…
まぁ時には、こういうのもまじえつつ…w

ところで、車に乗っていると“今は絶対、事故って死ねない”という時がありますな。
例えば、助手席に大量のエロトピアを積んでいる時とか…。
私の場合はエロトピアではありませんでしたが、絶対に事故ってはいけない恥ずかすぃ時に、
居眠り衝突で記憶のないまま病院に搬送されたことがあります。
死者が出なかったので笑い話ですみますが、変態認定…orz

返レスだけ… では

104 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/18(火) 11:22:51 ID:wuWIAHkx
>>94
>鳥坂氏

>ああ言うところは、学校で習った「上っ面の知識や技術」を、授業以外の時間帯(プライベートタイム)を利用してどれだけ自力で掘り下げられるかが重要なんでつ。 

東京都が「第二の黒澤を輩出する」とか言って都立の高校に映画に関する専門コースを設けた(設ける?)とのことなのですが、
この発想も上記鳥坂氏が批判されているものに類しますよね。
私は映画、漫画などの文化・芸術に優れた人材を作るのには、そういった映画などの専門コースをやたら設けるよりも本来の学問、
文学、法律、経済、工学、医学etcをより深く掘り下げることの方が近道なのでは?と思うんですよね。
映画や日本の漫画というのは上記の知識がもう不可欠なほど発展していると思います。手塚治虫先生の医学の知識をひいてくるま
でもなく。

関東地方では9月にテレビの第二シリーズが終了した「甲殻機動隊」も、その基本設定や世界観がいま一つ理解が出来ず、講談社刊の
士郎正宗の原作を購入し「勉強」しなおしをしているところです。この作品に限らず漫画、アニメに携わる方々の、軍事、経済、バイオテ
クノロジー等工学分野に関する知識は半端ではないですよね(勿論含鳥坂氏)

以前「ゴルゴ13」にてイラク戦争に於ける日米とEU諸国に於ける経済のバランスから見た物語、が描かれたときに、当の国会議員から
「これは良く描かれたいる、勉強になります」とかコメントしている議員がいましたが、「よくそんなこと言っていられるな、立場が逆やろ」と
鼻白んだ思いをしたことがあります。

ですから上記学校等にて、その技術面は教育で何とかなるとしても問題はその中身、でないと技術だけだと中国などの安い人件費に
一掃されてしまいかねない。

105 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/18(火) 11:27:49 ID:wuWIAHkx
>>94つづき
>鳥坂氏

>ゲームセンターあらし」は面白かったなぁ・・・ 

すがやみるつ氏、ですね。最近では小説家になられてるとか。「炎のコマ」の練習に毎日励んでいた小学生時代が懐かしい、
ついに炎は出ませんでしたが(笑)、あとインベーダーキャップ、流行りましたね。それほしさにコロコロコミックの懸賞に何百枚!も
葉書を送って両親にこっぴどく怒られた記憶があります。すがや氏が石ノ森先生のお弟子さんだった、とは大分後に知りました。

>漏れの両親はソレに加えて「TVゲームは人類の敵」と思ってました。 

私の両親もです。その両親がその10年後、会社に導入されたパソコンに四苦八苦しているのをみて「ざまぁ見ろ」と思いました。
パソコンに他に先んじて手をつけたのは幼い頃から「98」「マック」等、TVゲームに勤しんでいた人種であったと思います。

>昔、特番形式で上作品の「月を目指した男達」はアニメ化された。低予算だったのか、地味だったのが残念。 

私の幼い頃は、「まんがはじめて物語」や「トンでもハウスの大冒険」など、良質の化学・人文を扱ったテレビアニメがあったと思います。
「まんが日本昔話」が復活するとか(?)これは喜ばしいことです。
「トンでもハウスの大冒険」はキリスト教を扱ったもので、単なる思想ばら撒きアニメに堕することなく、飽くまでも物語として楽しめた
優秀な作品だと思います。記憶が正しければタツノコプロ制作であったかと…


106 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/18(火) 11:36:15 ID:wuWIAHkx
>>105
失礼、地味な間違い、
×「トンでもハウスの大冒険」
       ↓
○「トンデラハウスの大冒険」

制作はやっぱりタツノコプロのようですね。


107 :名無しかましてよかですか?:2005/10/18(火) 11:43:45 ID:ARjZtG0z
子供に科学の興味を持たせるにはアニメより実写のドキュメンタリーのほうがいいと思いますよ
歴史や偉人伝とかはアニメでオブラートかけたほうが良いと思いますが
こと自然科学の分野なら実写の迫力と説得力に勝るものは無いでしょう
映画だとディープブルーとか皇帝ペンギンとかが良作

108 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/18(火) 12:21:41 ID:wuWIAHkx
>>107
>こと自然科学の分野なら実写の迫力と説得力に勝るものは無いでしょう 

その点でも私は幼い頃から教養科学番組に慣れ親しんできた、と思います。現在でいうと日テレ系の「所さんの目がテン!」は
毎週欠かさず観ていますし、幼い頃はNHKの「ウルトラアイ」という科学番組が好きでした。確か司会が山川静雄アナウンサー、
ナレーターが「太陽に吠えろ」の小林恭二氏だったかと思います。
因みにこの「ウルトラアイ」で、小学校低学年の頃、「箸の持ち方」を扱った回がありまして、そのとき初めて自分の箸の持ち方が
間違っていることを知り、自ら正しい持ち方に矯正した、という経緯があります。

しかしそういった自然科学番組に興味を持つきっかけとしての漫画、アニメの機能は重要だと思います。私が天体に興味を持った
のも学研の漫画がきっかけでしたから。その上でテレビ画面や紙の上で観た天体は、実際望遠鏡を通してみた天体、しかも歯の
根が合わないほどの氷点下の寒さに絶えながら観たプレアデス星団とは皮比較にならない物と思います。


109 :凛家亜武 ◆zgWjY89cfk :2005/10/18(火) 12:25:28 ID:WyCzFNUe
     〜現代日本に仏教の意義を問うD〜

さて、少し時代の針を巻き戻して、小乗仏教が煩瑣で難解で狭き門に
なってしまった西暦一世紀前後のインドに戻る。小乗が出家者の内輪に
篭ったのを嫌った大乗の一派は、本来のブッダの教義を少し曲げて、
在家(一般民衆)のものも等しく成仏出来ねばならぬ、と考えた。
この考えが民衆に受け、大きな広がりを見せていく事になる。ちなみに、
大乗とは大きな乗り物を意味し、衆生救済を重んじる大乗仏教に対する
自賛を込めた呼称。大乗は二世紀頃に中国へ小乗とともに伝わり、
同時期にベトナムなど東南アジアにも広がっていく。対し、小乗は
スリランカ経由で同じく東南アジアへと。ところが、この初期大乗仏教を
受け入れた中国が、当時の道教などの価値観を大事にするため、後代の
日本も同じだろうが、解釈を変えたり、仏典を誤訳したりしてしまう。
格義仏教とこれを呼ぶが、この仮定で偽の経典が生まれる事になる。
七世紀に有名な玄奘三蔵(西遊記の三蔵法師でおなじみ。三蔵については
前も触れたが、経(経典)律(戒律書)論(論書)の事)がインド遊学を
し膨大な経典が持ち込まれるまで当時の中国の経典は本来のものと
若干違う形のものになってしまう。

大乗仏教についてはBで小乗との比較はしたが、これをもう少し深く
見ておくと、何と言っても龍樹の存在なくして大乗の体系化、
広域への展開は無かった。龍樹は、根本仏教の頃からあった「空」の
思想を体系化します。「般若経」を元に更に深めたその思想とは
如何なるものなのか。何ものにもとらわれない「空」の立場に立ち、
またその境地に至るための菩醍の行(六波羅蜜)の実践を説きます。
その中でも般若波羅蜜の体得が強調される。すべてのものは実体がなく
空である(無自性)という立場を表明しています。この立場に立つと、
既存の小乗仏教の数々の教義を論駁出来るので(と、言う事らしく、
僕自身はこれの説明は出来ない)龍樹の大乗仏教が支持されるようになった、
という歴史事実もある。

110 :凛家亜武 ◆zgWjY89cfk :2005/10/18(火) 12:27:00 ID:WyCzFNUe
     〜現代日本に仏教の意義を問うD’〜

もう一つ、ストゥーパ、卒塔婆も大乗にとって重要な思想である。
ブッダが死後埋葬された場所に卒塔婆が立てられ、それが深く慕われ
信仰の対象となったのだが、これを大乗は重視した。後年葬式に仏教が
深く関るのもこの辺りに原点があるのでは。
自分としては一部出家者のみのものであった仏教を広く在家に普及させた大乗を
歴史と民衆の必然的欲求であったと考えたい。

===================================

すごく辛いのが、意気揚々と思うがままに書いたらすぐ「本文が長すぎます!」
になるw掲示板で歴史事実追うの辛いなぁ。書き直しまくる内になんだか
内容が言いたいことと少しずれてくるぞ。困ったなぁ。

>>97 千念氏
消極的賛成というところでしょうか。自分は小泉総理を保守だなどと
認めてはいませんので。靖国に行くなら古賀誠だって行ってますしね。

>>100 黒鳩氏
上記に加え、やはり本来堂々と行くべきだと思いますね。
後、少々雑談を控えていただければと思います。というか
最近過去レス氏を見かけませんね。どうしたのかな・・・。

>>102 越前HG氏
おかげさまで仏教と取っ組み合いだぜい!色即是空 空即是色とか
わけわからないぜ正直!という事で歴史概略はともかく仏典解釈は
基本的に間違っているという前提で読んでくだされ。(>>ROM諸兄も)
でも、改めて勉強するのは楽しい。これが終わったらちょっとだけ
賢くなった「気分」になれるんだろうw

111 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/18(火) 12:52:55 ID:wuWIAHkx
>>110
>凛氏
>「本文が長すぎます!」 

私もよくそのメッセージにみまわれます。私の文章は皆さんと違って冗長なものになってしまいますからね、いま少し
推敲をしていきたいと思います(←本当か?)

>後、少々雑談を控えていただければと思います。

あああ、済みません。一応、アニメ、漫画に関しては以前の「ニート・フリーター問題」から派生した議論(?)でしたので(??)
皆様の厚意に甘え書かせて頂いた次第なんです。上記にも掛かることなのですが、冗長すぎる文章がそのように捉えられて
しまったのでしょう。私の文章表現力の稚拙さが招いた状況です、お許しください、orz、

ただ、このレスにおられるコテハン&名無し諸氏に対して、参加しやすい状況を整える、という作業は必要なのではないかと
思います。ある一方向の議題でなければ書き込みは禁じられる、というった風潮も避けられるべきだと思っています。
例えば一コテハンに対する感情的攻撃などの、よっぽっどの個人的な感情やらものすごくミクロな話題で無い限り、ある程度
の議題の幅はお許し頂ければ幸いです。プラス多少の潤滑油、ハンドルの遊び、程度は。

ですからもし私のレスに返レスがなければその議題は却下されたもの。と判断させて頂きますので、それまではご容赦ください。

112 :中村 ◆CHBTxVTges :2005/10/18(火) 15:26:20 ID:gPMfEIMY
まあ、「哲学からエンタメまで」って>>1にも書いてありますから、
それほど規制する必要もないような気もス。

>>1…そろそろ他の文言に書き直したほうがいいかな


113 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/18(火) 17:02:14 ID:wuWIAHkx
>>103
> 色坊主/改氏、

>例えば、助手席に大量のエロトピアを積んでいる時とか…。 

エロトピアって…、、、何も自動車に積んでいた時に限らないと思いますよ。私の学生時代に働いていたアルバイト先にいた子で、
事故にあった子がいました。原付に乗車中の出会い頭に事故に遭い、それが大腿骨骨折の全治3ヶ月、という重いもの。その事故
が元で彼は通っていた専門学校は休学、そのバイトは退職、で住んでいたアパートも引き払わなくてはならなくなった。

その子(♂ですよ)と仲良くしていた私とバイト先の仲間が、彼の住んでいたアパートを引き払うお手伝いに行ったのだが、彼のお母
様が先に来られていて荷造りをしていて、その中に彼が溜め込んだエロ本が山と積まれていたわけです。前日お見舞いに行った際
の集中治療室に患部を完全固定されていた彼の惨めな姿と、そのエロ本の山が妙にミスマッチで、何だか涙がこみ上げてきた記憶
があります。

人間、自分のエロ本の処分を自らの親にしてもらうこと程、親不孝はない、と思いました。いま私が事故にあって、私の部屋を両親が
洗いざらいひっくり返したら…、と考えると事故になんか死んでも遭えない!、と思う次第であります。

事故でなんか死ぬと輪廻転生出来なくなるぞ、、と無理やりスレの流れにこじつけてみる、、、く、苦しい。

114 :むっちょ:2005/10/18(火) 17:07:29 ID:oOV3Eue4
勝手に靖国参拝を日本国民の総意と決め付けるのはどうかなあ。
各種世論調査でも、参拝支持/反対は五分五分ですよ。むしろ反対のほうがちょびっと多いくらい。
客観的に見て、日本国民の中でも靖国神社という場所に違和感を感じる国民は多い。
そのへんはどーすんのさ。

115 :ティキ ◆LStfMiPE.w :2005/10/18(火) 17:17:03 ID:gOQ6+8Ne
小林の靖国神社ベタ褒めも構造的に問題はらんでいるしね。

「故郷」を根拠にすると、靖国という国が作った装置に強引に集約したという
事実との差にどうしても違和感を感じてしまう。勿論靖国自体を否定するもの
ではないが、そういう「故郷」を踏みにじって(明治時代に当時の政府は全ての神社を
順序よく格付けし国家統制の元に置いた。実はこの格付けを巡って、争いも起こった
ケースも珍しくない)中央集権的に統制した大元を無条件で認めてしまうと言うのは
どうしても違和感が拭えない。その意味で小林の靖国無条件肯定は問題をはらんでいる。

靖国神社は靖国神社として「故郷」や「宗教」と切り離して考えなければいけないんじゃ
ないかなあ。

116 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/18(火) 17:40:36 ID:wuWIAHkx
>>114
>むっちょ氏、

あら、お久しぶりです。

>客観的に見て、日本国民の中でも靖国神社という場所に違和感を感じる国民は多い。 
>そのへんはどーすんのさ。 

一度靖国参拝に関して国民的な議論をすべきでしょうね。確かに各世論調査を見ますと、反対意見が勝っているものを多くみます。
ただその世論調査の対象となっている人たちが、どの程度靖国参拝に関しての認識を持っているか、と言う点に一つの疑念があります。
「例え無知な国民の意見でも国民の意見は尊重すべき!」即ち衆愚政治でも民主主義を押し通す、という選択はありえます。これは否定
しません。

しかし靖国参拝⇒軍国主義の復活⇒赤紙が明日届く⇒満州に出兵⇒上官に殴られる⇒戦死♪、ぐらいに思っている国民も結構多い
のでは?←これは馬鹿にしすぎか…。

ただ、(これからは私の個人的な妄想です)では、靖国に参拝をしない、ということは⇒日本という国は、国家の為に命をも捨てて殉じた人に
対して「(少なくとも)公的に」敬意を払わない国家である⇒そなんななら俺たちゃ危険な仕事などやらんよ⇒戦争などという生命に係る国家的
‘事業’は今後一切出来なくなる⇒そんな国怖くねぇ〜、と世界中から舐められ続ける、⇒敢えて言うまでも無い外交問題も永遠に解決しない、
↑この展開は全くの妄想と言い切れますか?

もしその展開(妄想)をまでも完全に織り込んでその上で、参拝反対が多数を選択するのであれば私は「民意」に従いますよ、思想以外では。


117 :フリーター中村 ◆CHBTxVTges :2005/10/18(火) 18:04:48 ID:KyPtthQv
それを言うと、千鳥ヶ淵でいいじゃんてことにもなると思う。
国、社会的な貢献をした人をきっちり追悼するのだっていうことであれば。

118 :むっちょ:2005/10/18(火) 18:23:02 ID:oOV3Eue4
>↑この展開は全くの妄想と言い切れますか?
うん。

119 :フリーター中村 ◆CHBTxVTges :2005/10/18(火) 18:30:15 ID:KyPtthQv
自分が言いたいのは要するに、追悼から一歩行った意味づけが曖昧になりつつあるんじゃないかと。
例えば戦前なら国家神道としての位置として靖国があった(んですよね?)わけですが、戦後それは解体されてしまったわけで。
それをどうかしないと、所謂ティキ氏の指摘する「靖国と他の神社・宗教の立ち位置の違い」を明確に出来ないかと。

120 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/18(火) 18:32:51 ID:wuWIAHkx
>>117
>中村氏、

それは恐らく、まず@政教分離、の問題、と>>155ティキ氏の仰る(ティキ氏もお久しぶりですね♪)A靖国神社の正当性、
の2点の問題となると思う。

@政教分離について、
以前もフランスの徹底的な排除型とアメリカ型の緩やかなもの、に分かれると思います。日本はどちらを目指すのか?
もし前者の厳密なもの、ということになれば、靖国への参拝もダメでしょうね。しかし公明党に対する創価学会の支持
だって同時に問題視されることになるし、あと私が疑問に思うのは、日本の天皇自体が「神道」に則った神話にそのル
ーツを持つものではないですか。日本は神話に則った国家元首を憲法に象徴と言えども、その地位と定めている国、
ということになると思うんですよ。だから政教分離を徹底的に確立するとしたら天皇制も廃止しなければならないのでは、
と思うわけです。勿論これも「天皇制も廃止して大統領制にする」と「民意」がそうなれば従いますが。

A靖国神社の正当性について、
これはティキ氏のご指摘通り、明治期おける人工的、政策的なものはあるでしょう。しかし「神道形式」となれば如何ですか?
例えば伊勢神宮でも、出雲大社でもいいから対象を変えればいいのか?という話になる、これは小泉首相がよく言う、
「伊勢神宮に初詣をしてもなにも問題にならないじゃないか」との反論は当たっている、と思います。

しかし「英霊」=祀られている神様を、人間が勝手に動かしてもいいのか?それは「神道」を肯定する立場なら矛盾するので
は、と思います。←この感覚を日本人が持っているな、と感じてしまうのは、ビルの屋上に建てられている神社です。街中では
よくみかけますよね。
「所謂A級戦犯は人間が勝手に合祀のタイミングを計ったじゃないか」という反論はあるでしょうが、「所謂A級戦犯といえども
神様は神様」と考えた方が、日本人のメンタリティに合致するのではないかと思います。元来合祀して当たり前、という事だと思
います。


121 :名無しかましてよかですか?:2005/10/18(火) 18:36:06 ID:0IjhAD10
>>116
>どの程度靖国参拝に関しての認識を持っているか
これは靖国信者の方々にも問いたい。現在の靖国神社が国営靖国神社が廃止された後で、
有志によって創られた私的宗教団体だという認識を持っているのだろうか?
現在の靖国の祭祀は、戦前の国による祭祀を継承していると自称しているに過ぎない。
戦前と違い、現在の日本国は現在の靖国の祭祀、戦死者が祭神としてそこにいるなどと認定
した事は無い。
そもそも、現在の靖国神社は神道と言う宗教形式にこだわって、国営と言う立場を捨てている。
戦死者を公的に追悼顕彰慰霊感謝する場所としての資格を自ら放棄しているのだ。
これらを認識した上で、なおかつ、靖国への公式参拝を要求しているのだろうか。
そうであれば、私的な信仰を国家公認のものにしろと要求する事であり、靖国の国教化の企み
に他ならない。。

>靖国に参拝をしない、ということは⇒日本という国は、国家の為に命をも捨てて殉じた人に
>対して「(少なくとも)公的に」敬意を払わない国家である
この展開が既に、今でも靖国神社が公的なものであると錯覚しているか、神道形式の祭祀でなければ
敬意を払った事にはならないと言う宗教的信念に取り付かれた者の発想であり、妄想。
国家としては、毎年武道館の追悼式典で戦死者への敬意は示している。
常設の国営追悼施設の設置に反対しているのは靖国だ。また旧靖国神社跡地がそのような国営
追悼施設(もちろん特定宗教に偏らない)の設置場所としては最も適切なのだが、どこかの私的
宗教団体が居座って邪魔をしている。
結局靖国は営利欲か名誉欲かは知らないが、唯一の戦死者追悼施設と言うブランドイメージを
守りたいだけなのではないだろうか。慰霊事業は結構な金になるしね。

122 :過去レス読まず途中参加:2005/10/18(火) 18:36:10 ID:VW6DCXQ0
>>98 元帥殿 小学生の頃田舎でしたのでテレビ中継は巨人戦のみ。野球はしてましたが
あまりテレビは見ませんでしたね。しかし親父が阪神ファンだったので親に阪神の帽子を買ってくれと
せがみ、お袋が紺にエンジの帽子を買ってきてくれました。嬉しくて毎日かぶって野球してましたが
1年後、その帽子は阪神ではなくロッテの帽子と友人に指摘され愕然。まあ、気に入っていたので
それも1年もかぶってたのでロッテには少しだけ思い入れがあります。
しかし今年は阪神が頂きます。

>>110 林君 ちゃんと読んでおります。最近仕事がばたばたしておりあまり書き込んでおりませんが。
それと、段落分け した方がよいと思いますよ。 ちょっと読みづらい。3行ごとに一行あければ随分
読みやすくなると思います。



123 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/18(火) 18:37:28 ID:wuWIAHkx
>>118
>むっちょ氏

そうならば軍事的背景を前提にしない経済制裁は効果があると思いますか?
この「軍事的背景」には勿論日米安保も含まれますよ?

要するに「全ての国家は話せば分かり合える」との考えに繋がると思いますが。

124 :むっちょ:2005/10/18(火) 18:38:13 ID:oOV3Eue4
>>121
戦没者追悼は政治的行為の以外の何物でもありません。

125 :むっちょ:2005/10/18(火) 18:39:39 ID:oOV3Eue4
>>120
でした。


126 :過去レス読まず途中参加:2005/10/18(火) 18:44:50 ID:VW6DCXQ0
靖国参拝ぐらいいいじゃない。公的に参拝したって 特定の宗教を援助等したことになると
本当に思う人っているの?この中にいます?

中韓の問題があるから行くべきでないと言うことと政教分離がごっちゃになってると思うけど。




127 :むっちょ:2005/10/18(火) 18:45:28 ID:oOV3Eue4
>>123
そも、「日本が戦争できなくなる」という前提がデムパ。

128 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/18(火) 18:48:15 ID:wuWIAHkx
>>121
>有志によって創られた私的宗教団体だという認識を持っているのだろうか? 

全くその通り、私の好きな相撲も「国技」とは言っているが、そんなことを定めている規則など何処にも存在しない。
しかし相撲のルーツは古代まで遡られると言われている(←まぁどの文明にもそれらしきものがあるようです、単純な競技ですからね)

靖国神社だって、戦前のような国営ではなくなっていち宗教法人ではあるが、相撲ほどはるか昔から日本人に受け継がれてきて、
現代でも(一時期よりは人気は衰えたとはいえ)愛されている競技はあるでしょうか。
靖国だって、「国家の命により戦死した人間を祀る」といった意味で靖国以外に相応しい場所があるのか、という問題だと思いますよ。

129 :過去レス読まず途中参加:2005/10/18(火) 18:49:31 ID:VW6DCXQ0
>>116 元帥殿
>>靖国参拝⇒軍国主義の復活⇒赤紙が明日届く⇒満州に出兵⇒上官に殴られる⇒戦死♪、ぐらいに思っている国民も結構多い
のでは?←

そんな人いないと思いますよ。煽る評論家はいるかもしれませんが。

130 :むっちょ:2005/10/18(火) 18:53:54 ID:oOV3Eue4
>>126
外交的問題・政教分離問題とともに、歴史的に日本の帝国主義的戦争を支えた、
また現時点においても先の戦争を正当化する立を崩していない、
「靖国」という場所に追悼することに対して違和感を持っている国民も多いわけです。

>>128
別に祀る必要はないんじゃないでしょうか。追悼の場としての国立施設をつくればいいだけだと思います。


131 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/18(火) 18:53:57 ID:wuWIAHkx
>>129
>途中参加氏
ウチの実家にいますよ約2名。←これが冗談でないから情けないorz、

それはさておき、その展開は途中参加氏の仰る、「中韓の問題」と絡んでくるのかもです。中韓からの逆輸入で
「そのように中韓に思われたくない」という発想はあると思います。

132 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/18(火) 19:07:19 ID:wuWIAHkx
>>122
>途中参加氏

閑話休題、
>1年後、その帽子は阪神ではなくロッテの帽子と友人に指摘され愕然。

ああ、それは私が小学生の頃、「なめねこ」の免許書だと信じて学校で自慢していたものが「なめ‘る’なよ」だった、
ということと同義でしょうか。ばったモノだということが判明してとたんに恥かしくなり捨ててしまった。(ロッテをばった
ものと言ってる訳ではありません、念のため)今考えると逆に価値が出ているのでは?と考えます。

133 :名無しかましてよかですか?:2005/10/18(火) 19:24:50 ID:0IjhAD10
>>128
>靖国神社だって、戦前のような国営ではなくなっていち宗教法人ではあるが、相撲ほどはるか昔から
>日本人に受け継がれてきて
実は日本には、国家のために戦った戦死者を神として祀ると言う習慣はなかった。死者を神として
祀るのは、平将門や菅原道真など、その祟りを恐れての事であるのが大半。例外は豊国神社や
東照大権現などの最高クラスの権力者。
戦死者を追悼顕彰するのは、明治期に西洋の真似をして始まった、国家統制や軍の士気高揚のために
作られた制度でしかない。靖国神社の伝統は明治以降。相撲と比べるのは相撲に失礼だ。

>靖国だって、「国家の命により戦死した人間を祀る」といった意味で靖国以外に相応しい場所があるのか、
>という問題だと思いますよ。
祀るという宗教行為は、私的に行うのなら、信教の自由があるから止められない。しかし、遺族の了承も得ずに
勝手に他人の名前を登録してしまうのは、あつかましく礼儀知らずな宗教だと思うが。
また戦死者の公的な追悼顕彰の場としては、自らその立場と責任を放棄した、私的宗教団体靖国神社こそ、
それに最もふさわしくない場所であるとも言えまいか?

134 :過去レス読まず途中参加:2005/10/18(火) 19:54:46 ID:6SM28GFc
>>130 >靖国」という場所に追悼することに対して違和感を持っている国民も多いわけです

私自身が靖国に無関心 関西では靖国と言われてもぴんと来ない(私の周りだけかもしれません)ので
今一そのあたりの違和感というものが実感できないのです。

もちろん 国民皆が賛成でないというのは分かりますが、政治なり司政について全員の賛成を得ることは出来ないので
どのあたりで折り合いをつけるかと言うことになると思うのですが、靖国ぐらい折り合いつけても と
思えてならないのです。

年代や地域によって違うのでしょうね。




135 :名無しかましてよかですか?:2005/10/18(火) 20:17:12 ID:53X+G2Zh
国として靖国で追悼したいと本気で思ってるなら、靖国を国が召し上げるべきだね。
国の所有物になってしまえば、運営について国民が口出しできるようになる訳だから。
運営は独立宗教法人として好き勝手やりたい。でも国に祀ってもらいたい。では、話がオカシイ。

136 :名無しかましてよかですか?:2005/10/18(火) 20:36:30 ID:53X+G2Zh
>>126
思うよ。

137 :名無しかましてよかですか?:2005/10/18(火) 20:44:27 ID:kkX5JfMz
小生ゴーマニズムをまとめて購入しただ今拝読中でありますが
読むにつれマスコミや著名人のいい加減さに腹立たしくも己の無力さ故の虚しさを憶えておる次第です


138 :名無しかましてよかですか?:2005/10/18(火) 20:57:42 ID:zMwtzG+4
日本がマジでヤバイ状況です。

このサイト、ちょい長いけど読む価値あるよ↓
とくに「3」の後半部分(日本のメディアの姿あたりから)は必見。

韓国はなぜ反日なのか?
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html

139 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/18(火) 21:09:07 ID:HY8aLCgh
>>104
 うーん、漏れは「器」を作って整備する事自体は反対じゃないんですよ。
 この業界って、渓谷の砂金取りみたいに、まずは有象無象の”有志”をフルイにかけなきゃナランですから。
 んで、「天才の発生確率」ってのが、現実として存在する以上、有象無象の数が多ければ多いほど、「金」が見つかる可能性も高いんです。
 問題は「器」より、そこに集まってくる生徒の方で、「ここを卒業すれば、漏れも黒沢、宮崎!」なんていう「〜させてくれる願望」な甘えん坊が100人やって来たってしょうがないんですよ。

 だいたい、大学でもそうでしたけど、ガッコで優秀だからって社会や業界で「使えるヤツ」になるとは限らない訳で。最近はむしろ逆な奴が多いし。
 それよりも、その集団の一員となる最低限の知識と技量を持っていて、チームワークとリーダーシップに秀でたヤツの方が「業界が必要とする人材」なんです。
 ↑最低限以上の知識と技量なんて、業界で働いていれば自然と積み重なるモンです。
 その上で、優秀な才能を持っていれば万々歳なわけで、才能持っていても上記2者がスカスカなヤツは「迷惑なだけ」なんですよ。

 俺ぁ、そう言う専門門校(就職予備校)では、座学より集団実習過程をテンコ盛りにして、「集団作業に不適合なヤツ」をどんどんフルイにかけて、「使えないヤツ」が映像業界に入ってくるのを阻止して欲しいです。
 ↑100人入学して、卒業時には10人残ったぐらいで充分です。
 そうして残った「使えるヤツ」だけ業界でフルイにかけて、「優秀なヤツ」「普通のヤツ」「才能のないヤツ」をフルイ分けしたいです。
 ウチの業界、万年人材&人員不足ですから、上記3者なら「それなり」のポストに填めて使う事出来ますから。

>靖国
 この問題については、随分前に書いたので省略します。

 では、仕事モードに。

140 :名無しかましてよかですか?:2005/10/18(火) 22:45:06 ID:wXK4y18Q
>>93
>私なぞはせいぜい30くらいまで頑張ってみて、無理ならば司法書士
>や土地家屋診断士など司法試験よりは合格しやすい資格に目標を
>振り替えたら、と思いますけどね。
しかし、それまでやって合格しやすい資格にすらうからなかったら悲惨
だなぁ。(´Д`)y─┛~~ 30歳職歴なしは正直きびしすぎる。だからこそ
働きながら試験勉強なりなんなりすればいいと思うのだが。
>>100は違憲判決ではない判決という意味なら、これでいいス。

 傍論に法的拘束力はないかもしれんが、危険なのは傍論に多大な
影響力があるのは無視できないんだよなあ。(´Д`)y─┛~~ 外国人参政権
賛成者が好んで使うのも最高裁の外国人参政権は違憲ではない判断
だし、この判断は公務員試験の外国人参政権を否定できない根拠としても
使われているし。(´ー`)y─┛~~

141 :名無しかましてよかですか?:2005/10/18(火) 22:54:59 ID:wXK4y18Q
 しかし資本原理主義批判みたいのが流行ってるようだけど、
外資の批判として会社は社員の為でなく株主の為に働いてる!!
って批判がなされてて、唖然としたなぁ。(´Д`)y─┛~~
最近、陰謀論に使われるネタの順位がかなりかわってるよね。こんな感じで↓

1位 天 狗 ↑
2位 ハゲタカファンド ↑
3位 アメリカ(CIA含む) →
4位 ユダヤ(フリーメーソン含む) →
5位 在日工作員 ↑

142 :名無しかましてよかですか?:2005/10/18(火) 22:55:49 ID:bujYqbzx
淋ちゃんとか、元帥の
>しかし靖国参拝⇒軍国主義の復活⇒赤紙が明日届く⇒満州に出兵⇒
>上官に殴られる⇒戦死♪、ぐらいに思っている国民も結構多い
>のでは?←これは馬鹿にしすぎか…。
とか、さりげなく愚民思想を開陳するヒトが居ますね。
本人は、自分達以外はみんな愚民だと思っているんだろうけど、少なくとも
他人を愚民だと思っている(態度にそれが表れる)限り、ダレもキミ達の言う
事をまともに聞きませんよ。

143 :名無しかましてよかですか?:2005/10/19(水) 00:59:45 ID:jRo6Q2u3
職業軍人からしてみれば、的外れにレベルの低い議論なのでしょうな。>靖国の是非
このあたり、色坊主氏の意見を聞いてみたいような。

144 :名無しかましてよかですか?:2005/10/19(水) 01:05:10 ID:AJI7/VhA
とにかく最近孤独ですよ。
自分の家族と小林のゴー宣、あとこの板が拠り所。
友達も多分そこそこいる方だと思うけど
深層部分の価値観が全然合わなくなってきた。
嫌韓流とかハン板・東ア板とかは好きでも
日本の今後とかを建設的に考えようとする奴って少ないと思う。


145 :越前HG ◆WTQ4WXzIyQ :2005/10/19(水) 02:35:34 ID:o4heRqA6
『我々は何処に行くのか』
旅の途上で立ち寄る
誰もいない森の中…
霧の中遠くに、あの子の
声がして…
どこに行くのだろう…
それとも、戻っているのか…。
ただ、俺に言えるのは、
今もあの子を探して、
旅の、途上さ…。
どこに行くのだろう…
それとも、戻っているのか…
深い霧の中…
どこに行くのだろう…
俺は
どこに行くのだろう…

146 :むっちょ:2005/10/19(水) 03:23:23 ID:+kmQ2wM1
>>143
レベルと職業軍人がどう関係するのかがわからない。

147 :越前HG ◆WTQ4WXzIyQ :2005/10/19(水) 05:06:46 ID:o4heRqA6
夜勤の憂鬱に負けてパケ節約アクセス禁止の掟破ってまたアクセス&カキコしてしまった。
でも、バカ高¥携帯も今夜まで。
明日からはPCだ!
この携帯は解約してプリケーで決め!!アディオスDoCoMo!!

148 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/19(水) 05:55:24 ID:uTIjyvln
>>133

「日本国民は、(中略)、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、
われらの安全と生存を保持しようと決意した」という憲法の前文によれば、
日本国の安全と生存は、ひたすら「平和を愛する諸国民の公正と信義」に
依存している。その故に、戦後の日本は、精神としては、国防の必要を完全
に放擲した。(軍備も持たないのが国是だというのだから。)

 日本国は、思想上は、この実に危うい前提の基に存続してきた。それが可能
であったのは、ひとえに、米国の圧倒的影響下にあり、その前提を真に自国
の存立上の大問題として考えることを、大多数の国民も回避してきたからに
他ならない。

 世界が国と国に別れている現実がある以上、そしてお互いの利益を追求し
て、様々な局面で争っている以上、国という共同体は、人間(国民)の安全
と生存を保証する最後の拠り所である。(国による防衛機制がなければ、例
えば、拉致され放題となり、例えば、中国、韓国、あるいはロシアの版図に
組み込まれても文句は言えまい。)

 弱肉強食の国際社会の現実を、武士階級の先覚者達のお陰もあり、直視し
対応することのできた明治期から敗戦までは、国防ということは、国民にとっ
て自明の必要事項であった。

149 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/19(水) 05:56:33 ID:uTIjyvln
>>148続き

 さて、国のために戦えば、命を失うものが出るのは当然である。この死を
覚悟して戦地に赴くもの、あるいは戦死者として自分の家族を失ったものの
(国民の)大多数の心情は、むしろ、英霊として祀られることを求めた。靖
国は、この国民としての死(戦死)を、心情的に救うものとして機能した。

>戦死者を追悼顕彰するのは、明治期に西洋の真似をして始まった、国家統制や軍の士気高揚のために
>作られた制度でしかない。

 という観点は、国防の必要が現実にある国家における国民側の心情を閑却し
ているのではなかろうか。

150 :名無しかましてよかですか?:2005/10/19(水) 07:38:26 ID:tlu5SZpy
>>149
国防の必要性や国のために働いた戦死者を追悼顕彰する事を否定しているのではない。
しかし、靖国が追悼顕彰の場としてふさわしいかと問うているのだ。
既に幾つも理由は述べているが、信者が個人的にやる分にはどうぞご勝手にとしか
言えない(アレフにもそう言うしかない)が、公式な慰霊顕彰の場として最も不適切な
場所であろうと私は思っている。


151 :越前HG ◆WTQ4WXzIyQ :2005/10/19(水) 07:48:53 ID:o4heRqA6
『神々の島、そして海の子』
灰色の画用紙に
金色の星を描き
これで、カラフルになったって?
俺にはそんなふうには思えないよ。
カラフル!
ビューティフル!
カラフルな新世界!
『犬死にせし者に告ぐ』
『犬死にせし者に告ぐ』
新世界のキラキラした黄金色のシュプレヒコール…
そんな灰色の金色の
カラフルなとこから逃げ出して、
俺は明日海に行くんだ。
こんな歌があったな…。
我は海の子、白波の
さわぐ磯辺の松原に…

152 :名無しかましてよかですか?:2005/10/19(水) 08:05:03 ID:mq9RgGnV
今の靖国は国家神道の抜け殻
戦没者用の葬儀屋でしかないと思うね
経緯や過去は重要だけど今現実にどういう立場かのほうが重要だろう
靖国が戦没者慰霊の場というのは国内だけでなく国外においてもそれなりの知名度がある
極端な話中韓とメディアが政治問題化させなければ問題は無かったといえる


153 :ティキ ◆LStfMiPE.w :2005/10/19(水) 08:16:16 ID:Hqqk7+U7
>>152
ソレを認めちゃったら尚更靖国に固執する必要はない気がするんだがどうだろうか?
それこそ「抜け殻」で「葬儀屋」であるのなら、突っつかれる要因てんこ盛りの
靖国神社に固執せず、無宗教の国家追悼施設作ればっていう話になると思うのだがどうだろうか。

あと、小林のように故郷と国を繋ぐモノとして靖国を想定すると、その靖国神社は
極めて人工的なモノであり、伝統もへったくれもない近代国家日本が戦死者の死後追悼の
ために作り上げた(それこそアメリカ的な)中央集権政府の産物に過ぎないしなあ。

いわゆる小林文脈でアレすると、天皇制の問題が(戦前の日本と天皇の問題切っても
切り離せないし)どうしても大きくなってくる。特に小林自身が天皇について殆ど
コメントをしないため(英霊とかそういう言葉でごまかすからね、言い方は悪いけど)
問題が放置されている感がある。

154 :ティキ ◆LStfMiPE.w :2005/10/19(水) 08:29:22 ID:Hqqk7+U7
アメリカ的は不適切だな、アメリカ的→欧米的とでも修正しておくか。
東洋で比較するなら中国的と言っても良いかもしれん。

「伝統」を持ち出してくるなら、靖国神社って歴史はかなり浅いんです。
出来て150年ぐらいしか経ってませんから、多分皆さんの家の近所にある
稲荷神社とか星の宮神社とかの方がよっぽど古いところが多いはずです。
農村地帯なら300年前後、新田地帯を開発したニュータウンの神社でも
200年程度経っているところが多いですから。ましてや出雲や伊勢などとは
比較になりません。

オレから言わせると、あの靖国論は天皇と国家神道の問題を(注・私は両方とも
否定するつもりはない。ただ、主権としての天皇も国家神道も伝統に見せかけた
西洋文明とのハイブリットなキメラであるとは思っている)不問にして、ただ
英霊とじっちゃんでごまかしきっただけにしか思えないんだよ。
国が全ての神社に格付けして、きっちり国家統制の下におかれてさ、一部では
格付けを巡って結構問題になったこともあるんだぞ(オレの故郷栃木県では、
国幣中社の格を巡って宇都宮と日光の二荒山神社で争いがあったし)。
そういうのまで分かった上で、それを許容して彼がアレを書いたとはちょっと
オレは考えられません。

155 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/19(水) 08:36:20 ID:MCKqW/nE
敢えて細かい議論を、
>>133
>実は日本には、国家のために戦った戦死者を神として祀ると言う習慣はなかった。

「国家」という概念が生まれたのは明治維新から、靖国の歴史もそこから始まっている、即ち「国家の為に〜」以下の
概念は、日本が「国家」となって以降はあったと言うことになる。

>靖国神社の伝統は明治以降。相撲と比べるのは相撲に失礼だ。

そう言われると相撲ファンの私からすると嬉しいな♪失礼ですが貴方はお幾つですか、私は今年三十路に足を踏み入
れた位の年齢なのですが、もし私と同世代以下の若い世代だったら嬉しいですね。

>>142
>本人は、自分達以外はみんな愚民だと思っているんだろうけど、

その上の私の「妄想」の流れは、今回の靖国参拝についてのマスコミの反応をみたことによる。報道ステーション、ニュース23
ではそういった、「軍国主義色の払拭されていない靖国神社への参拝」といった論調であった。
貴方はこの匿名掲示板に於ける私への批判の前に、その影響力は段違いに大きいと思われる、それらマスコミに対しては
既に批判のメールなり電話は入れたのでしょうか?
若しくは世間一般の思考をそういった批判されずに平穏無事に毎日放送されているマスコミから捉える、といった私の方法は
間違っているのかな?

>ダレもキミ達の言う事をまともに聞きませんよ。 

>>111で私はレスの付け方に関する見解を示しているが、最後の一文を参照してください。
要するに、「ダレもキミ達の言う事をまともに聞きませんよ。 」とレスを付けてくれた君に言いたい、
「私の言うことを聞いていてくれて有難う♪」と、

156 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/19(水) 08:47:29 ID:md+P5HDj
>>143ドノ
しょえ〜!御指名とあらば答えねばなりますまいが、前にも申し上げた通り、
一言で“職業軍人”と言っても、いろ〜んなタイプありますからな。
己のスキルと戦いに生甲斐を感じる『いくさ人タイプ』、憂国の士をジで行く『国士タイプ』、
兵器に携わっているだけで悦に浸れる『マニアックタイプ』、晩酌のことしか頭にない『税金ドロボータイプ』、
部活動と勘違いしている『マッスルタイプ』…etc
まぁ思想テストで篩いには、かけられているので、どんなタイプにしろ、あまりヤバい奴はいませんが(建前上)。
で靖国ですが…、“私のタイプ”から言わせていただくと、ぶっちゃけ興味無しです(英霊の皆様、すんません)
祭られたい、己の死後、何とかなりたいとかいうテンションではありませんでしたので。
実戦知らずの退役がエラソーにすんません。

私は『小林氏が出たからコヴァが発生した』のではなく、『たまたまこの時代は小林氏だったので、
もともとそういう傾向のある人間がコヴァになった』と考えております。そういう意味で“人間の種類”は
今も昔もあまり変わっていないと愚考します。シビコン統制下とはいえ、“軍部内での靖国是非の議論”
があってもいい…、というか、あるのが必然だと思うのですがどうでしょう?

ではお仕事…

157 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/19(水) 09:16:21 ID:uTIjyvln
>>150

西部邁の言い種だが、死者にも投票権を与えて国民投票をしてみたい。

 靖国で会おうと言って一つしかない命を捧げた兵士達は、やはり靖国に
祀ってあげるべきだろう。現在の諸外国の「信義と公正」に信頼して、死者
を裏切るのは、果たして真に死者の霊を追悼していることになるのか?

 国は、現に生きているもの達だけのための国ではない。既に逝ったもの達
の国でもあり、これから来るもの達の国でもある。国の歴史の「スレッド」は、
可能な限り維持されるべきである。

 日本国のために命を捧げた霊を祀る場所としては、靖国が一番ふさわし
い。公的にであれ、私的にであれ。仏教の各宗派を初めとする様々な宗教の
信者が、靖国で会おうと言って命を捧げたのだから。

158 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/19(水) 09:28:56 ID:MCKqW/nE
>>139
>鳥坂氏

> 問題は「器」より、そこに集まってくる生徒の方で、「ここを卒業すれば、漏れも黒沢、宮崎!」なんていう「〜させてくれる願望」
>な甘えん坊が100人やって来たってしょうがないんですよ。 

私仕事柄、いろいろな年齢、経歴の方々とお会いする機会が多い(と思っている)のですが、少なくとも一般的に困難だと言われて
いるハードル、例えば、高校受験、大学受験、就職活動、または就職した会社を継続する、若しくは難しい資格試験etc、を避けた、
若しくは意図的に逃げた人種、というのは、ろくな人間がいない、というのが今のところの印象です。
「○○がやりたくて高校中退しました、大学を中退しました」って言う奴、大抵仕事も長続きしません。←これは過去の、高校卒業まで
の私も含めて、です(若しかしたらいまでも…)アイドルになりたい、歌手になりたい、小説家になりたい、野球選手になりたい、これは
いいのですが、「だから学校に行きたくない、会社辞めたい」…、てそれって単なる現状逃避の言い訳じゃない?と、現実逃避していた
人間としてはそのメンタリティに疑念を持つ訳です、蛇の道は蛇ってやつですかい?

ですので、既出の映画やアニメの専攻も、その「現実逃避」の受け皿になってしまう可能性が高いのでは?それを公的な金つかって
やるの?ってことなんですよ。

それだったら、黒澤、宮崎もいいが、まず人間として、とか、社会人としてのフルイにかけるべき、その機能は従来の学歴社会に備わっ
ている、と言うのが私の考え方なんです。そこから逃げる人間(全てとは言ってませんよ)の為の施設とは意味があるのか、ということです。
東大でて芸能人になる奴だって珍しくない世の中なんですから。

159 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/19(水) 10:03:17 ID:MCKqW/nE
>>140
>煙管氏、
>しかし、それまでやって合格しやすい資格にすらうからなかったら悲惨 
>だなぁ。(´Д`)y─┛~~ 

そこで踏ん切りがつくと思うんですよ。東大目指していて早稲田あたりに受かったのなら「よし来年も」という気
にもなるが、早稲田、上智どころかニットーコマセンすら落ちた、となればその道は完全に諦めは付くでしょう。
(学歴ネタ多いなぁ)

>30歳職歴なしは正直きびしすぎる。だからこそ 
>働きながら試験勉強なりなんなりすればいいと思うのだが。

働きながら、って点は賛成ですね。時間と体力的にはキツイですけど精神的なプレッシャーは無いかもしれません。
それが緊張感の欠如になるかも知れませんが。 
30歳って、そんなにキツイのかぁ…、取りあえず仕事があることに感謝。

>危険なのは傍論に多大な影響力があるのは無視できないんだよなあ。(´Д`)y─┛~~ 

その傍論に影響された世論がそのうち民意になって、具体的な措置に発展していくグダグダ感は嫌ですね。
「戦争回避が出来ない‘空気’のようなものが支配していた」といって泥沼の負け戦を続けざるを得なかった国があったなぁ。
だいたい靖国に否定的な人たちは上記の国に対しても否定的だと思うのだが。

160 :名無しかましてよかですか?:2005/10/19(水) 11:04:00 ID:iegsWCEx
映画を仕事に希望する中学生が普通の高校を選ぶしかない状況はなんとかしないとな。

161 :名無しかましてよかですか?:2005/10/19(水) 11:49:05 ID:6f+EUPS2
戦後、国家神道の中枢、天皇とその領地を、宗教色を希釈した形で国家政府が召し上げ、政府所有、宮内庁管理としたように、
戦後、国家神道の中枢、靖国神社も、国家政府が召し上げ、宗教色を希釈した形で、政府所有、政府管理で、国立無宗教戦没者追悼施設にすればよかった。
明治維新以降、古神道は、ナショナリズムのイチ道具“国家神道”に成り下がり、穢されてしまった。

各・日本人の各・郷里に息づく、各・方言、訛りのローカル日本語があって標準語があるのであり、その逆では決してない。
民俗神道、古神道の、ローカル稲荷神社、ローカル八幡神社のローカル小鳥居があって国家神道、靖国神社の大鳥居が作られたのであり、その逆では決して無い。
これは時系列でとらえれば自明である。

 日本国は戦後、あの靖国神社の大鳥居を爆破し、英霊を本来の帰すべき郷里の小鳥居に帰してやり、そして靖国は国立無宗教戦没者追悼施設にするべきであった。
独立イチ宗教法人にしてしまったのは、間違いであった。

宗教法人・靖国神社は、今すぐに緊急理事会を開き、宗教法人・靖国神社の全資産を、政府に寄贈すべきである。
政府はそれを召し上げ、あの大鳥居を爆破し、理事長、理事、職員を全員クビにし、国家公務員をその運営に当たらせる。
参拝者からの賽銭は寄付金として、国立無宗教戦没者追悼施設・靖国の運営費にあてる。
遺族の“祈り”の気持ちは、郷里に息づく、苔生す小鳥居にこそ、向けられるべきである。
彼らが郷里のために戦い、そして死んでいったとするならば、彼らの帰る場所は、そこにある。

 けっして九段下などには、ない。

(↑こういう主張も、とっても保守的な主張としてありえるのですよ、皆さん。)

162 :名無しかましてよかですか?:2005/10/19(水) 12:19:01 ID:6f+EUPS2
祈りの思考停止装置・靖国

 戦没者を思う時、靖国に祈って、それですますなっ!!!
戦没者を思う時、農村の、漁村の、山間部の、厳寒の地の、南国の、炭鉱町の、古都の、彼らの郷里に思いを巡らせっ!!
彼らが息づいていた、その郷里に、真剣に、真剣に、思いを巡らせっ!
靖国に手を合わせ、それですますとするのならば、それは追悼コンビニエンス・ストアであり、追悼インスタント食品であり、追悼ファースト・フードである。
そしてそれは、追悼のサボタージュである。

それは祈りの思考停止である。


163 :名無しかましてよかですか?:2005/10/19(水) 12:22:57 ID:kcqaqiNo
>>157
>靖国で会おうと言って一つしかない命を捧げた兵士達は、やはり靖国に
>祀ってあげるべきだろう。
まず、彼らは靖国に祀られる為に命を捧げたわけではない。靖国に祀られる事を
望んでいたとも限らない。当時は戦死者は全員自動的に靖国に祀られた。それゆえの
挨拶であるからだ。小学生が友達との別れ際に明日また学校で、と挨拶するのと変わらない。

次に、当時の靖国はもう存在しない。戦前の靖国は国家神道の神社であると同時に国営の
追悼慰霊顕彰機関であった。現在の靖国は国家神道でもなければ、国営機関でもない。
今あるのは、廃止された国家神道靖国神社の旧職員が創り、旧靖国の土地と建物を払い
下げてもらい、祭祀を継承していると自称し、公的追悼顕彰施設としての立場と責任を放棄した、
私的宗教法人靖国神社である。戦前と同一であるかのようなイメージを与えているが、別物だ。
個人的には、消防署の方から着ましたと公的であるかのように思わせる消火器販売と同類の
手口の、詐欺も同じではないかと思う。

164 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/19(水) 12:24:13 ID:6f+EUPS2
 そこには、
士官学校の合格通知を握る、誇らしげな手もあれば、
赤紙を握る、震える手もあったはずだ。

 靖国を取り巻く最近の言説は、あまりにも、あまりにも、そこから乖離しているように思う。

165 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/19(水) 12:28:04 ID:6f+EUPS2

 んぎゃっ!!
コテさらしてしもうた〜〜〜〜!!。
みな様お久しぶりです。
しかし、仕事上の諸事情により、また書き込み冬眠に入りますです。


166 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/19(水) 12:40:38 ID:6f+EUPS2
 蛇足ですが、私がこの『我々は何処へ行くのか』シリーズのスレッドに名無しで書き込んだのは、
161、162だけです。
ROMもほとんどしていませんでした。
ただ、小泉首相が靖国参拝したので、それを受けての2ちゃんねるでの状況を知りたくて、
それでこのスレッドも久々にのぞいてみたしだいです。
時間がある時に、鳥坂氏のアイルランド・シリーズ、リンカーン氏の仏教シリーズを読んでみたいと思いますです。
では、では。


167 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/19(水) 13:24:15 ID:XH/nLZqL
>>158
 仰る事は分かります。
 ただ、欧米には大学課程に映画専科があり、また社会人・フリーター向けの映画制作講座も存在し、そこからスピルバーグのような逸材が出てきたという証左もあります。
 ↑日本にも、日大にありましたよね?
 自分が問題としているのは、入ってきた生徒・学生をトコロテン式に卒業させる現行の専学システムなのです。

 ハードルは、学校の中に山ほど作れば良いんです。戦闘機乗りの養成所や、パリス・アイランドの米海兵隊養成所みたいに。
 入学者は中卒、中退、フリーター、元リーマン、とりあえず「映画を作りらい」ヤツは千客万来でいいです。
 そこから2年制か4年制か分かりませんが、その間にドンドンとハードルをクリアさせていく。落伍者は「ハイさよなら。明日から来なくて良いよ」です。
 それこそ、前に書いたように「100人入って10人卒業」ぐらいの厳しいハードルを。
 もう、学校に行くのが嫌になるぐらいの課題と実習の山と競争の日々。
 それでも「映画を作るのが好きだから」と歯を食いしばって学校に通う奴だけが来れば良いんです。

 それに、自分はそう言う公立専門学校に、映画業界人が再入学できる短期教育課程を作って欲しいです。
 丁度、「戦闘機乗りの中の戦闘機乗り」を育成する米海軍トップガン・スクールのようなヤツを。
 仕事の中だけで知識や技量を蓄積していくと、どうしても偏りが出てしまいますから。
 そこで、クラスチェンジ、キャリアアップに必要な知識、または最新の映像技術や理論、そう言うモノを集中的に勉強できる教育機関。
 そんな業界人向けの課程が将来できればいいなぁ、と言う期待を込めて、自分は公立専学設置に賛成しています。  

168 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/19(水) 13:32:10 ID:MCKqW/nE
あ、IF氏だ、お久しぶりです。書き込み冬眠ってあるのよね〜。仕事の事情やら家庭の事情やら、、、
いや、一般論ですよ、飽くまでも。

冬眠宣言をされた方にレス返すのもアレだが、

>>162
近代国家、と言うものが人工物であって、ナショナリズムという概念が近代国家運営に必須なものであるのなら、

>それは追悼コンビニエンス・ストアであり、追悼インスタント食品であり、追悼ファースト・フードである、

のも致し方がないであろう、それを言い出すのならそもそも近代国家そのものがインスタントのファーストフードである。比喩でも、
実物そのものでも、それらの恩恵を被るという状況は考えられないのだろうか。因みに私の昼食はいつもインスタントラーメンである。

>そしてそれは、追悼のサボタージュである。 

サポタージュではなく簡素化である。簡素化したことにより全国民に浸透できた価値観である。国民に統一された価値観の
流布は必要だった。もしそれをしなければ近代国家として独立を保つ、という道も閉ざされたかもしれない。←少々の論の飛躍
はあるにせよ。

>>164
>靖国を取り巻く最近の言説は、あまりにも、あまりにも、そこから乖離しているように思う。 

‘乖離’ではなく‘成熟’の度合いの問題たと思う。なんと言っても永らくこの問題は表だって議論されるのが憚られたものであった。
心情的にはIF氏の仰る点に同意しつつも、

169 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/19(水) 13:32:48 ID:uTIjyvln
>>163

国が戦争に負けて体制が変わったからと言って、国のために戦って死んだ
者たちを祀るためにこそ創建された神社を、そこまで悪し様に言わなければ
ならない心情というのはどこから来るのだろうか?

>>161
IF氏

 愛すべきは国土であり、国家体制ではないというIF氏の主張は解らぬで
もないが、やはり、彼らは国のために戦ったのであり、国がそのために創建
した神社に詣でるべきであろう。

 ともあれ、ドクがジゴワットとの電流を雷で得ようとして失敗した(落雷
にあった)わけではないことを確認できたのは嬉しいことでした(歓笑)。



170 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/19(水) 14:46:48 ID:uTIjyvln
>>167
鳥坂氏

 アイルランド史に関してですが、昼休みヒストリーチャンネルで、かつて
NHKで放映された「街道をいく」愛蘭土紀行をやっていました。途中から
見ましたが、例のジャガイモの話や、死んだ鍋(dead pan)も出てきた。

 ケネディ家がアイリッシュというのは小生も知っていましたが、ビートル
ズもそうだったんですね。レーガン大統領も、西部劇監督のジョン・フォー
ドも。ビートルズは、さておき、気骨の固まりとでも言うべき共通する性格
がありますね。

 荒蕪の島、アラン島の話も出てきて、全くの岩盤のような島にジャガイモ
畑を作って生き抜く、何とも強い精神。このようなところで生き抜くには、
信仰心なくしては不可能ですね。

 一敗地にまみれただけで、国家防衛の主体性喪い、皆さんのお心一つで存
続させていただきますと言うばかりの国是と、戦死者を祀るべく国の伝統の
流れに沿って創建された神社を無用のものとする「恵まれすぎた」国民が棲
息する国とはエライ違いだ。

 さっそく、司馬遼太郎の「街道をいく」愛蘭土紀行も購入しました。


171 :名無しかましてよかですか?:2005/10/19(水) 14:58:10 ID:mq9RgGnV
>>153
ですから本来は日本的グレーゾーンで風化させときゃいいものを政治問題化されたわけです
本来の靖国の意味とか政教分離とかはもはや問題じゃないと言いたいのです
固執する必要があるとは私は思いませんが世論調査でも意見は真っ二つ
簡単にじゃあ代替施設だけというわけにはいかない政治状況になってきてると思います

なんとも真面目に靖国論を戦わせてる人から蹴られそうな意見ですが・・・

172 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/19(水) 15:05:20 ID:uTIjyvln
>>170

 多分と思って検索したら、ジョン・ウェインもアイリッシュですか。「静
かなる男」の舞台もアイルランドだったか。良い映画だったなー。アイルラ
ンドファンになりそうだ。

173 :名無しかましてよかですか?:2005/10/19(水) 15:19:31 ID:kcqaqiNo
>>169
>悪し様に
事実とそこから言える事を述べているだけですが。
国家としての追悼顕彰機関の立場と責任を放棄しておきながら、公的な存在でもないのに、公的な
存在の振りをして、慰霊事業に人(と金)を集め、あまつさえ公的な追悼施設の設立に反対し、首相の
公式参拝まで求める意見を支持する(ttp://www.yasukuni.or.jp/siryou/siryou2.html)、現在の私的
宗教法人靖国神社は厚顔だと思いませんか? 
貴方こそ靖国に寛容すぎるのはなぜですか?

>国がそのために創建 した神社に詣でるべきであろう。
そのような神社は現在は存在しません。
今ある靖国神社は、戦前の国営のものとは別物です。戦前の靖国と同一であるかのようなふりを
しているだけの私的宗教団体です。

174 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/19(水) 16:08:35 ID:uTIjyvln
>>173

靖国は、帝国主義の弱肉強食の国際世界に日本が国家として乗り出してい
くときに、そのために、命を落とした人々を祀る目的で創建された。

 一旦霊を迎えた以上、只のハコものと同じように、周りの都合で、霊をど
うにでもできるという感覚が解らない。国家の一機関としての役割を失おう
が、その途端、靖国に祀られている霊が消失するというものではない。

 国家の庇護を失って、一宗教法人としても、英霊を祀る行為が継続された
が故に、戦後日本の国民が、祖先の霊に対して恩知らずの国民となることを
免れたのであり、むしろ感謝すべきことであろう。

 靖国の霊が、靖国という場を失っても祟ることがない場合として、唯一
想定できるのは、世界が国と国に別れて争うという現実がなくなった時であ
ろうが、それでも、その時まで国を支えた霊として、そのまま継続して靖国
に祀られることを喜ぶと思う。

175 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/19(水) 17:37:46 ID:MCKqW/nE
>>167
>鳥坂氏、
>ただ、欧米には大学課程に映画専科があり、また社会人・フリーター向けの映画制作講座も存在し、

よく言われていることですが、日本の大学は入ることは難しいが、出るのが簡単、アメリカの大学は入るのは簡単だが、
出るのが難しい。大学、という括りに拘れば、元来のそういった入ってしまえば後はエスカレーター、といった鳥坂氏仰る
トコロテン式の風土が根付いている日本の大学に鳥坂氏のお考えの価値観を実現するというのは、如何なモノなのだろう。

私は22歳まで(18歳でもいいや)の勉強を(表現は良くないが)‘世間体の勉強’、それ以降の勉強を‘生きる為の技術を身に
つける勉強’と捉えているんです。

私が>>158で言っている学歴社会についての言及は、前者、世間体の勉強。要は「今時大学ぐらい出ていなくては恥ずかしい」
「隣のクラスの○ちゃんはI大学行ったから私はO大学に行きたい」くだらないようだが、こういった感覚って、世に出て役立つ、
と思うんですよ。「ライバルのA社がこれだけの売り上げを上げたのだから、同じ条件の当社でもこのくらいの実績をあげないと
恥ずかしい」とか、社内でも「前任のWの時よりはこの部署の業績を上げないと俺の立場が無い」、この感覚あって、鳥坂氏
の仰る、>>139の「チームワークとリーダーシップ」、言葉を勝手に変えさせて頂くと「社会適応力」というところでしょうか、←これ
が育成される、その機能は現行の学歴社会にも備わっている、と思うんですよ。

学歴社会、若しくは鳥坂氏の仰るトコロテン式学校の備えていないのは、私の挙げた後者、「生きる為の技術を身に着ける」とい
った意味合いの教育機関であろう。鳥坂氏は>>167で仰っているのはそういった意味合いだと思うがいかがでしょう。

↑こういった教育機関を、「公立」で、とのことなのだが、まずフリーターも元リーマンでも、となると学費はある程度低く設定しなけれ
ばならない、その点は公立、という点はメリットに働く。しかし「ハードルを山ほど」という点はいかがか?「100人入って10人卒業」
では教師の責任問題になって、結局トコロテンに堕す結果にならないか、との疑いがありますね。民間でならそれが売り物になる
と言う点もありうりますが…。

176 :名無しかましてよかですか?:2005/10/19(水) 17:54:09 ID:kcqaqiNo
>>174
霊魂があると決めてかかってますね。
習俗だとか、霊魂があると信じている多数の人の感情のため、と言うなら
まだ話はわかりますが、霊魂の存在を前提に話されても、宗教的水掛論に
しかなりません。

>国家の庇護を失って、一宗教法人としても、英霊を祀る行為が継続された
>が故に、戦後日本の国民が、祖先の霊に対して恩知らずの国民となることを
>免れたのであり、むしろ感謝すべきことであろう
逆ですよ。神道形式の祭祀にこだわるあまりに、国家としての追悼顕彰を
捨てたんです。国家としての公的な追悼より、私的な宗教を選んだのです。
どちらが恩知らずな事か。
今も靖国は公的な追悼施設に反対しています。国家として戦死者に報いる
障害になっているのですよ。

177 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/19(水) 18:13:09 ID:uTIjyvln
>>176
>霊魂があると決めてかかってますね。

 神社というものは、霊の存在を前提として成立しています。

>逆ですよ。神道形式の祭祀にこだわるあまりに、国家としての追悼顕彰を
>捨てたんです。

靖国は神社ですよ。神社が、神道の祭祀にこだわらなくてどうしますか?国家としての追悼顕彰を 捨てたのは、靖国ではないでしょう。自分のやった
ことでもない責任を問われたら、冤罪というものです。

 国家の特別の庇護を受けられなくなったのが、靖国の責任ですか?


178 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/19(水) 18:14:42 ID:MCKqW/nE
>>176
横レス失礼、

霊魂はありますよ。無かったら日本人はお盆なんて風習とっくに捨てているはずじゃないですか。

それに日本人が霊魂を大切に思うのは自分が死んだ時には、手厚く送られて欲しい、というどちらかと言うと
送る側の心情である。だから霊前に供える花は仏様の方に向いているのではなく、送る側に向いているのです。
>>149の千念先生の受け売りだけどね。

>今も靖国は公的な追悼施設に反対しています。国家として戦死者に報いる 
>障害になっているのですよ。 

↑この根拠は>>173の(ttp://www.yasukuni.or.jp/siryou/siryou2.html)なの?だったらその意図が読み取れないのだけれど…、


179 :凛家亜武 ◆zgWjY89cfk :2005/10/19(水) 19:13:24 ID:wcPrW2Qf
〜現代日本に仏教の意義を問うE〜

ようやく舞台を日本に移す事が出来そうだが、と言っても、
とても十全に仏教の流れを追えたとも言えないのだが。さて、
舞台は日本に移るが、まずは日本と言う国仏教伝来までに
いかなる宗教が成り立っていたかも見ておこうと思う。
アニミズム(自然崇拝)と神道である。

日本のアニミズムと原始神道はほとんど同一と考えてよい。そもそも、
卑弥呼の宗教的権威の鬼道とやらもアニミズムの一種であろう。
卑弥呼を天照大神と同一とする考えもあるが、古事記、日本書紀も
絶対とは言い切れないので、この辺りは断定出来ない。
(詳しい事は調べきれなかった・・。スンマソン。詳しい人補完してくれ〜。)

『日本書紀』の第三十一代用明天皇の条に、「天皇信仏法尊神道」
(天皇は仏法を信じ、神道を尊びたもう)とあり、これがわが国の
文献上での初出であり、神道は日本民族の間に自然に生まれ育った、
伝統的な神祇信仰(じんぎしんこう)ですから、これに対する固有の
呼称はなかったようだが、欽明天皇の御時に伝来した仏法に対比して、
神道と表現することにより区別することになったと思われる。

つまり、儒教と仏教が伝来(ほぼ同時期C参照)し、初めて
日本固有の宗教を「神道」と名づけて区別することになったようだ。
また、明確な教義を持たなかったため、却って儒教、仏教と
ぶつかり合いが起こることなく、共存が可能であったと思われる。
今日に於いてもその性質は本質的にこれっぽっちも変わっていない。
日本人が宗教におおらかなのは神道の教義ゆえか、それとも国民性なのか
中々判断が難しいところであるが、これは長所と考えていいと思う。
後神仏習合等が起こっていくが、お互いの完全融合は無く今日に至る。

180 :凛家亜武 ◆zgWjY89cfk :2005/10/19(水) 19:14:59 ID:wcPrW2Qf
>>111 黒鳩金元帥氏
でしょう。ケチくさい掲示板ですよここは(じゃあ来るなよw)
やっぱり基本は議論や情報交換板であって学求(そんな大層な
ものなのか!)には不向きですねぇ。チビチビ頑張ります。
雑談も問題ないですが「雑談だけ」だと困る、と言う感じです。

>>112 中村氏
別にいいでしょう変えなくて。本当に幸いな事に最近は
きちんと住み分けがなされているようですし。
自分としては煽り煽られが無くなったのは本当に有り難いです。
で、あんまりにも雑談満載だと自分としては不満なだけですw

>>122 華古麗守氏
そうですか、仕事頑張ってくださいね。後、仏教論は
書き方よく考えますwロム感謝です。

>>142
そんな事思っていませんよ。あくまで討論した相手に
「この子は・・」と思ったことはあるけれどw

>>144
おおう同志よ。もっと色々主張してくれ。これからもよろしく!

>>147越前HG氏
おめ!カキコ楽しみにしてるぞ!

>>IFを!氏
お久しぶりです。読む価値無いと思いますが、よろしければよろしくですw

181 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/19(水) 21:03:31 ID:TIaZppv2
おお!IFドノではございませぬか!くたばっておられず何よりです♪

挨拶だけというのも何ですので一言だけ…
>>179
林間ドノ
ここでいう神道というのは勿論、古神道のことだと思われますが、
古神道というのは(詳しく知りませぬが)道家哲学も色濃く受け入れておるそうです。
そう考えると、宮内庁と法務…じゃなくて、神道と仏教の相性が良いのはおのずと明らかかと。
何故か?私の知る限り、仏教哲学と道家哲学はそっくり瓜二つだからでございます。
そこに異色の儒まで取り入れて違和を覚えない古神道の姿勢をみるに、当時は大陸からの
舶来品を積極的に貪欲に取り入れておったようですな。
明治以降の日の本が欧米からの渡来品を、無意識に上等なモノだと認識してしまう
感覚に近かったのではと愚考します。
母なる大陸から(皮肉)、父なるアメリカから(皮肉)、これだけパクリまくっても
同じくこれだけのオリジナリティを発揮してしまう(脳内ソースだ文句あっかw)
日本という国が私は好きどす♪

182 :名無しかましてよかですか?:2005/10/19(水) 21:30:01 ID:MQ6UnqvB
高校における専門課程の話ですが、

地元の高校の体育科は効果をあげています。卒業してメダルを取った子もいます。
教師になった子も慕われているようです。

体育科がない時代には、普通の高校へ行って、成績もそれなりで、埋もれていたかもしれません。
普通の高校には指導者も施設も志を同じくする仲間もいませんから。
また「やりたいことができる」ことほど成長に良いものはありません。

ですから、公立高校における映画科は良い考えでしょう。

民間の専門学校は、生徒を集めて利益をあげなければなりません。
トコロテンにならざるを得ません。

183 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/19(水) 21:38:40 ID:uTIjyvln
>>179
凛家亜武氏

>卑弥呼の宗教的権威の鬼道とやらもアニミズムの一種であろう。

 どなたもツッコマないようですが、これはシャーマニズムというのでは?


184 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/19(水) 21:41:09 ID:uTIjyvln
>>183補足

 シャーマニズムはアミニズムとは区別されますが。

185 :名無しかましてよかですか?:2005/10/19(水) 22:02:16 ID:tlu5SZpy
>>177
>神社というものは、霊の存在を前提として成立しています。
だから神社は宗教団体なのですよ。それを信じる者のための存在なわけです。
まあ、自然宗教に見られるように半ば習俗と化してますが。

>靖国は神社ですよ。神社が、神道の祭祀にこだわらなくてどうしますか?
戦前の靖国は神社であると同時に、国営の追悼顕彰施設でもありました。
キリスト教から礼拝を強要する事にクレームを付けられた時に、公的な追悼施設であるので、
神道を強要するものではないと当時の日本政府は回答しています。現在の靖国はその
公的追悼施設の面をそぎ落とした、私的宗教団体です。

>国家としての追悼顕彰を 捨てたのは、靖国ではないでしょう。
国家神道の廃止にともなって、国家神道の神社としての面をそぎ落とせばいいものを、国家神道
では無い神道を奉じる団体を創って、神社として靖国の存続を図ったのです。その際に公的追悼
施設としての立場は捨て去られてしまいまいした。
これは、現在の靖国神社の選択であり、当然、その責任は靖国神社にあります。

186 :名無しかましてよかですか?:2005/10/19(水) 22:12:21 ID:tlu5SZpy
>>178
>霊魂はありますよ。無かったら日本人はお盆なんて風習とっくに捨てているはずじゃないですか。
違います。霊魂があると信じる人がいるだけです。

>送る側の心情である。
これが解かっているなら、上記の主張は理解いただけると思いますが?

>だったらその意図が読み取れないのだけれど…、
公式HPにあのような記事を載せて流布しているのですから、靖国が公的追悼施設の設立に
反対であり、その障害になっているのは明らかだと思いますが?

187 :名無しかましてよかですか?:2005/10/19(水) 22:20:58 ID:tlu5SZpy
>>185訂正
X まあ、自然宗教に見られるように半ば習俗と化してますが。
○ まあ、多くの自然宗教に見られるように半ば習俗と化してますが。

188 :名無しかましてよかですか?:2005/10/19(水) 22:57:51 ID:chdLATmh
>>180
>そんな事思っていませんよ。あくまで討論した相手に
>「この子は・・」と思ったことはあるけれどw
おや、そうですか。
>今回の選挙、自民大勝利したのは以外だった。ここまで日本国民が何も
>考えていないとは思っても見なかったので。
という貴方の書き込みから「オレ以外はミンナ愚民」というメッセージを読み取る
のは、ごく自然な事だと思いますが。

189 :名無しかましてよかですか?:2005/10/19(水) 23:09:14 ID:1nxJRYnF
>>159
>働きながら、って点は賛成ですね。時間と体力的にはキツイですけど精神的なプレッシャーは無いかもしれません。
>それが緊張感の欠如になるかも知れませんが。
>30歳って、そんなにキツイのかぁ…、取りあえず仕事があることに感謝。
きついと思いますよ。 なんたって、おいらの行ってた地方国立ですら、多数が
仕事にあぶれてる状態でしたから。(´Д`)y─┛~~

>その傍論に影響された世論がそのうち民意になって、具体的な措置に発展していくグダグダ感は嫌ですね。
民意にはなってないけど、公明党が無宗教施設にも手を出し始めてるし、外国人参政権にも手をつけてるしね。
でも無宗教施設が出来ても、首相が靖国に行く行為自体は問題にならないって気がついてるのかねぇ。 彼ら。(´ー`)y─┛~~

190 :名無しかましてよかですか?:2005/10/19(水) 23:23:57 ID:1nxJRYnF
そもそもおいらとしては靖国の本質やら日本の伝統やら云々
よりも小泉首相が個人的に行っている事ですから、そもそも
国民にも外国にも政府にもどうこう言われる必要がないと思うんだよねぇ。(´ー`)y─┛~~
 参拝を公約にしたって意見もあるけど、今までの裁判において
その行為が違憲だとされたわけじゃなし。(´Д`)y─┛~~
参拝といってもこれからの首相にそれが強制できる訳でもない。
あくまで政治家個人の考え方による参拝になんで批判が来るのか
がわからん。 はっきり言わせてもらえば、マスコミや外国、議員による
参拝批判は小泉の基本的人権への圧力と言わざるを得ないなぁ。(´ー`)y─┛~~

191 :越前HG ◆WTQ4WXzIyQ :2005/10/19(水) 23:28:07 ID:o4heRqA6
>>千念大兄、『愛蘭土紀行』は感動的ですね。何より、須田画伯と司馬先生の名コンビはたまりません!
僕も、鳥坂氏のアイルランド史に触発されて、司馬先生の『愛蘭土紀行』を読み返しました。
司馬先生や小林よしりんは、いつも『視点』について僕に問いかけてきます。
もちろん司馬先生とよしりんは大東亜戦争に対する評価が違いますが、僕の中では互いに矛盾することなく融合しています。
さて、今日は夜勤明けで疲労困憊でして寝てしまい、明日電気屋に行ってPCセットアップしてきます。
しかし、もしも氏はびっくりしました。

192 :名無しかましてよかですか?:2005/10/19(水) 23:42:35 ID:4ATzJ4q3
>自分としては煽り煽られが無くなったのは本当に有り難いです。

自分の過去の言動を棚に上げていけしゃあしゃあとこういうこと言える神経はすごいですね。

193 :甲野よしりん:2005/10/20(木) 00:42:35 ID:OicjyJZK
戦中に甲野理論や植芝理論があればな。刀で米国
に勝てたかもしれん。   ・・・言いすぎた。

194 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/20(木) 01:23:48 ID:gQ/ew4hI
>>175 元帥ドノ
>トコロテン式の風土が根付いている日本の大学に鳥坂氏のお考えの価値観を実現するというのは、
 確かに難しいというか、ブーイングの嵐で生徒が来ないかも知れません。
 ですが、業界に入る前に、どっかでフルイにかけないと、業界がいらん苦労で疲弊するんです。
 一般の会社のように、新入社員を研修にかけて・・・・・・なんてウチの業界はやれる体力ありません。
 10人採って9人落とす・・・・・・なんて、首にするまでの9人分の給料が勿体無いんです。
 ↑確立論的にこんなモンです、10人入って3年後に1人残ってりゃ良い方です。
 フルイ分けは、ガッコの方でやって欲しい。それが正直なところです。

>「生きる為の技術を身に着ける」といった意味合いの教育機関であろう。
 まぁ、そうです。ただ、「教えて貰う」じゃなくて「自ら学ぶ」姿勢が最重要ですけど。義務じゃなくて志願して入ったんですが、甘えるのは止めて欲しい。

>「100人入って10人卒業」では教師の責任問題になって、結局トコロテンに堕す結果にならないか
 二十歳間近になって自分の能無しを他人のせいにする香具師は、逝って良しですよ。
 商業映画監督ってのは、戦闘機のパイロットになるより確率は低いんです。NASAのアストロノーツ並みと言っても良い。
 何にだって「適性」はあり、その適性に合致しない香具師は「向いてない」んです。
 1人の監督の下に3〜5人の助監(アニメだと演出)がいて、その下に数十人の監督志望の有望なスタッフがいて、更にその下に数百人の「適性を間違えたスタッフ」がいます。
 このピラミッド・ヒエラルキーの最下層を、ガッコの方で税金使ってぶった切って欲しい。
 人生色々ですが、早めに「お前、諦めた方がいいよ」と無謀な夢に引導渡すのも、親心だと思います。
 それでも「くじけない香具師」だったら、それはそれで「適性有り」です。

195 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/20(木) 02:00:35 ID:ZjWdgJ8u
>>194
鳥坂殿下
戦闘機の話が出ているので少しだけ横レス失礼いたしますw

>それでも「くじけない香具師」だったら、それはそれで「適性有り」
 ん〜、これに該当しない職種もあるような気がします。例えばレーダーサイトから各方面隊の“オオモト”に
 にIP反応を報告したは良いが、怠慢かましてコンタクトロスト。オブジェクト、スピード、アルチュード、
 ヘディング、全て不明。パイロットの有視界にも限度があり、“上”にいる者からして見れば「殺す気か!」です♪
 ジャンボなら一瞬で数百人が塵になります。
 「頑張ったけど出来ませんでした」は通用いたしません…

とまぁ、退役ふぜいのエラソな独り言です♪

196 :越前HG ◆WTQ4WXzIyQ :2005/10/20(木) 02:47:31 ID:DekpqsXY
>>193あ!甲野よしりんだ!
さて、矢のような批判を想像しつつ、いつもながら、少し宣伝させて頂くと、
今回のわしズムは『天籟』がよかったな。
「小泉首相はパトリオットなきナショナリズム」…。言うじゃないかよしりん。あと、パラオの日本統治論もよかった。
日本のクソ真面目過ぎる統治は、欧米の搾取至上主義植民地政策と、どう違うかがよくわかる。
まぁ、この点はすでに司馬先生が幾度となく語っているから越前は知っていたのだが。
あと、そろそろ業田氏のシャルル・ド・クサイはネタ切れかな?ややマンネリか。

197 :企画屋さんですよ:2005/10/20(木) 03:10:32 ID:Nu2UydKj
>>194
>一般の会社のように、新入社員を研修にかけて・・・・・・なんてウチの業界はやれる体力ありません。
> 10人採って9人落とす・・・・・・なんて、首にするまでの9人分の給料が勿体無いんです。
> ↑確立論的にこんなモンです、10人入って3年後に1人残ってりゃ良い方です。
> フルイ分けは、ガッコの方でやって欲しい。それが正直なところです。

それはまたちょっと違う話だと思うよ。

クリエイションの現場は、その「もったいないコスト」も存分に利用し、踏みつけた
上で作品を作り続けている。若い人間の希望を踏み台にし、給料も極限まで削って、
例えば俺たちのようなP、D、企画屋どもがふんぞり返る(うわお

制作現場とはそういうシステムだ。若い人間の希望と我慢を前提にしないと、
まわってはいかない。そもそも「育てる余裕がない」ってのは事実ではあるが
こうした多大なメリットを享受している以上、我々の怠慢でしかないさ。

だいたい、プロダクションによってやり方の説明なんて全然違うし、実際の作品を作る
なら自分のやり方やらその「学校」のやり方を体得していく必要があるだろうけど、
実際に商業誌に関わったときにそれがいったい何の役に立つのか。

取材のアポ入れにおける電話の取り方、くらいしか結局役に立たなかった
という「エディター専門学校卒」の人間もいますよ。あと、校正が大好きだったりする
けど、校正は専門のスタッフを臨時で雇うだけだしね。

「我々の仕事」に役立つ人間が欲しければ、「我々が教育」するしかないよ。
クリエイションの現場ではそれが鉄則だと思う。

今はフリーの企画屋だけど、編集部内の肩書きは一通りつけたことがある35歳の
オヤジの一意見であります。


198 :名無しかましてよかですか?:2005/10/20(木) 03:20:25 ID:Nu2UydKj
あと、我々の系統の職業対策セミナーでよく言われていることですが、

『本当に第一線の知識を教えられるなら、こんなところにいないよな』

という笑い話というか、ジレンマというか(w

199 :『YOU ASKED ME WHY』越前HG ◆WTQ4WXzIyQ :2005/10/20(木) 05:24:52 ID:DekpqsXY
行くべき場所もなく
行き方もわからない。
しかめっつらで苛つく
惨めな男。
そんな俺に、君は声を上げてたずねた。
『なぜなの?』
振り向いて君を見つめる。
『なぜなの?』
錆ついた俺を見つめて。
『行くとこがなければ、帰ればいいんだわ…』
YOU ASKED ME WHY…
YOU ASKED ME WHY…
君を抱きしめた2005年秋…

200 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/20(木) 09:55:26 ID:w3WWGlfx
>>182
高校も体育教育にも素人ですが、ことスポーツにおいては現議題の映画、アニメよりは大分恵まれた環境にあるかと
思います。私は私大に行っていたのですが必ずどのクラスにもスポーツ推薦で来ていた子がいました。

これは私立高校にも同じことが言えます。甲子園に出場し、好成績を修めている高校がスポーツ推薦にて優秀な人材を
青田買いしている私立高校だという状況をみればお分かりいただけるかと思います。
それにある意味、私が一般の高校〜大学の学歴社会に求めている社会適応力の育成は体育会系にて養われる、といった
状況が強いのではないのでしょうか。実際に就職活動上において、「ワセダのラグビー部出身」等と言うと企業のウケがいい、
と言う点は現実的には否めないと思いますし、このような判断は学閥といった意味合いもあるのでしょうが、体育会系の、
上記社会適応力への期待、といった部分もあるのではないかと思います。

要は、映画だとか、アニメを志す方々が集う集団(サークルだとかまぁ専門学校も)にその「ワセダのラグビー部」の様な
社会適応力を養う機能が備わっているのか、といった点だと思うんですよね。私はそういったグループに所属したことが無い
ので判断がつきかねるのですが。
ただもし社会適応力を養うことなくその教育機関に集った、要は学歴社会から逃れたいが為にその道を選択した人間が、社会
適応力を養う機能を持たない教育機関に通っても、何の意味もなさないと思うんですよ。←全て仮定の話ですよ。

それだったら鳥坂氏の仰るある程度の「チームワークとリーダーシップ」を養える、と思われる、学歴社会にそういった人材を
置いておいて、その後業界に行った方が後々役に立つ人間に育ちやすいのではないのでしょうか。

大学って結構それぞれの業界にパイプを持っていることが多くて、典型的な例だと早稲田のマスコミに対するパイプですよね。
「マスコミに就職したいのなら早稲田に行け」とはある意味受験業界の常識なのではないのでしょうか。なかにはマスコミに就職
したいが故に”サークルだけ”早稲田に所属していたU先輩の例などもあります(笑)

201 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/20(木) 10:19:31 ID:mTz4Ra6H
>>185

>キリスト教から礼拝を強要する事にクレームを付けられた時に、公的な追悼施設であるので、
>神道を強要するものではないと当時の日本政府は回答しています。

政府の回答がどのような状況で、どのような趣旨でなされたものか知りた
いので、いつのどのような回答か具体的に教えてください(いわゆるソース
希望)。(その回答により、神社が神社でなくなるとは思わないが。)

202 :名無しかましてよかですか?:2005/10/20(木) 10:54:34 ID:Mpb3oF3D
>>190
実際一番問題にされてるのはA級戦犯合祀問題ですからね。
そこをうまく分祀してしまえばほとんど解決
そこを圧力かけて実行させるなら小泉総理は他はさておきA級総理(w)の評価を与えてもいい。

先日の調査でも一番賛成理由で多かったのは他から口出しする事じゃないという意見ですからねえ
反対だってA級戦犯問題がなけりゃ賛成かもしれない
政教分離は分かるけどそこまで厳格にするようなものかというのがあるのでしょう
実際墓参りを宗教儀式として実感してない国民も多いのではないかと。

次期首相の参拝については反対が上回ってるので、総理の靖国参拝を常態化させようとはさすがに考えてないようですな
小泉総理は公約があったからというのが理由かもしれませんですな。

203 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/20(木) 11:04:19 ID:DxH6OzZ4
本日はこれより楽しい楽しいピクニックどす♪
その前に少々…

鳥坂殿下
昨晩は少々パラっておったようです(また酒のせいにする)
野暮なツッコミを入れてしまいましたな。おっしゃりたい意図はよく分かります。
(独り言が多い!アルツ乙!というツッコミはご容赦)

ついでに…
越前くらげ
“2ちゃんで自作自演がバレた時”より恥ずかしい赤面ポエム乙ですw
このMめ!w

では…

204 :名無しかましてよかですか?:2005/10/20(木) 13:11:28 ID:ys6xgc3v
>>201
時と状況は1932年の上智学生靖国参拝拒否事件です。上智大学は危うく潰されるところでした。
ttp://www.nagasaki.catholic.jp/dai13_3.html
ttp://www.coara.or.jp/~yufukiri/localnet/tetuyakoen.html
ttp://blog.ekuniumi.com/koki/archives/000477.html
ttp://www.jca.apc.org/stopUSwar/notice/yasukuni_mondai.htm
ttp://ch.kitaguni.tv/u/10977/%a5%b3%a5%e9%a5%e0/%a4%bd%a4%ce%c2%be/0000277475.html
ウェブ上では適切なソースは私は知りません。上記は参考までに。


205 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/20(木) 14:41:37 ID:w3WWGlfx
>>186
>違います。霊魂があると信じる人がいるだけです。 

なんか、禅問答みたいだね。じゃあそれでいいよ。

しかしそんなこと言ったら全ての宗教や多くの価値観を否定してしまうね。「幸せな結婚生活」や「構造改革の必要性」とか、
それらが現実に存在しているのではなく、それらの存在を信じているいる人がいるだけだ。確かにそうだが、しかしそれらを信
じて多くの人は幸せを得たくて結婚するし、構造改革が必要だと信じている人たちによって先の選挙で自民党は大勝した訳だ。
神社仏閣への信仰も同じこと。

>これが解かっているなら、上記の主張は理解いただけると思いますが? 

分かるが、なんか中共の思想弾圧みたいな論法だな。「宗教とは麻薬の様な物だ」とか。

>公式HPにあのような記事を載せて流布しているのですから、靖国が公的追悼施設の設立に 
>反対であり、その障害になっているのは明らかだと思いますが? 

それはそうだ。少なくともその歴史に於いて英霊の合祀、総理大臣の参拝も根拠があるのだから。それに煙管氏の論法を
借りれば、「一宗教法人である靖国神社の意思表示」を、批判はしても規制は出来ないだろうね。
あと、君の説は「公的追悼施設の設立は必須」という前提ありきだと思うけど?





206 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/20(木) 14:49:16 ID:mTz4Ra6H
>>204
 貴君の論旨は、高橋哲哉の「靖国論」と同趣旨のものだろうか?小生購入し
ただけでまだ読んでいないが。

 いずれにせよ、上智大学生2名の参拝拒否事件については、貴君(高橋?)
の貴君の>>185の主張:
>神道を強要するものではないと当時の日本政府は回答しています。

とは違うカトリック関係者による下記の内容のものがあったので、参考まで
にここにコピペさせて頂く:
http://peace-appeal.fr.peter.t.nishiyama.catholic.ne.jp/shaken0721.htm

 8日後の9月30日付で、粟谷謙文部次官名の返事がシャンボン大司教宛に届
きます。
「学生生徒児童等を神社に参拝せしむるは教育上の理由に基づくものにして、こ
の場合に学生生徒児童の団体が要求せらるる敬礼は愛国心と忠誠とを表わすもの
に外ならず」

 参拝させるのは教育上の理由であり、学生らが表わす敬礼時に求められるのは
愛国心と忠誠だけだ、というのです。注意しなければならないのは、シャンボン
大司教は神社参拝が非宗教行事はどうかを尋ねておらず、文部次官もそれに答え
ているわけではないという事実です。ましてや、神社ないし国家神道が宗教かど
うかについては一言も触れられていません。

 にもかかわらず教会当局は、この回答をもって「政府は神社参拝を非宗教行事と
保証した」と断定しました。この断定の公表が12月にまでずれ込んだのは、無理な
解釈に後ろめたさを感じたからであろうかと考えられます。

 上記の注意を喚起している点についていえば、解釈が違うようだ。この解釈の
ほうが、拡大や歪曲を免れていると小生には思われる。いずれにせよ、カトリック
側の見解(解釈)であったという責任を自覚している点で良心的と言える。

207 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/20(木) 15:16:44 ID:w3WWGlfx
>>189
>煙管氏
>おいらの行ってた地方国立ですら、多数が 仕事にあぶれてる状態でしたから。(´Д`)y─┛~~ 

えええ、国立大学ですらそうなんですか!三流私立大学出の私は自重しよう(汗、

>でも無宗教施設が出来ても、首相が靖国に行く行為自体は問題にならないって気がついてるのかねぇ。 彼ら。(´ー`)y─┛~~ 

小泉首相がその点をもっと主張すべきでしょうね。ただどの程度靖国参拝に対して積極的意思を持っているのかが疑問だが。

>>190
取りあえず私的参拝、ってことにしておくしかないようですな。民主党政権になったらその時点で頓挫しそうだ。ただ靖国参拝
を支持の判断基準にする、というのも私始め国民の「思想の自由」になる訳だ。

208 :名無しかましてよかですか?:2005/10/20(木) 15:24:30 ID:rtmntD/8
>>202
あとは、A級戦犯の問題には、
「正式な手続きを経ず、昭和天皇の預かり知らぬところで決められた合祀」
言う問題もあるって聞いた。
一部の人は厳格に基準を適用すると、合祀されないらしくて
天皇に聞かずに強引に決めたってはなし。

209 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/20(木) 15:41:52 ID:w3WWGlfx
>>194
>鳥坂氏、
>>197の、専門知識をお持ちの企画屋氏のご意見を踏まえてお話したいのですが、

給与体系に関しては一般の企業でも「篩い分け」的意味合いを持たせた給与体系を導入している企業が多いと思いますよ。
要するに徹底した成果主義に基づいた評価基準による給与体系です。

私も自分の親ぐらいの年齢の人で、お子さんや奥様がいらっしゃる方に、10万円台の給料を付けていたことがあります、
最初の1〜2ヶ月は手が震え、心が痛みましたが、3ヶ月以降は「こいつの責任じゃ」と開き直りました。
要するにそういった情け容赦ない給与体系によって「無能な者」を排除する手段を企業は既に取っています。

逆に鳥坂氏の業界、組織はそういった篩い分けの装置は備えていないのでしょうか。「無能者には一銭たりとも払う金なんかねー」
とまでは仰りますまい。それは企業の負うべき一定のリスクでしょう。気持ちはわかりますけどね。私だって給料返して欲しい奴が
いない訳じゃないです。社長は私に対してそう思っているのかもしれませんが…、、

>義務じゃなくて志願して入ったんですが、甘えるのは止めて欲しい。 

2年制を3年制にして、最初の1年間自衛隊にでも行って貰いましょうか?目上の者に対する礼儀も、昼夜構わず業務に従事する
体力も身につきますぞ。「俺らは自衛隊に入りたくて映画学校に来た訳じゃねー」と言う奴ならば、以前書きましたが、学校でて直ぐに
自分のしたい仕事が出来る訳ではないのですから、その点でもフルイに掛けられる。

>二十歳間近になって自分の能無しを他人のせいにする香具師は、逝って良しですよ。 

二十歳過ぎても親が口を出すから始末が悪い。テメーの息子の才能も適正もないのを学校側のせいにする親がいれば、それが
圧力になりかねませんよね。





210 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/20(木) 16:18:08 ID:w3WWGlfx
>>194
つづき

>1人の監督の下に3〜5人の助監(アニメだと演出)がいて、その下に数十人の監督志望の有望なスタッフがいて、更にその下に数百人の「適性を間違えたスタッフ」がいます。 
>このピラミッド・ヒエラルキーの最下層を、ガッコの方で税金使ってぶった切って欲しい。 

それはほぼ全ての企業の経営者が考えているでしょう。それにその「適正」とは一元的に判断できるものなのでしょうか?
うーん因みに私は未だに自分の適性が分からない。少なくとも芸術系の才能はないな、「画」とよべるものは小学生の頃に描いていたロビンマスク
しか描けない。あと理学系もダメ、文章もダメだし、経理は分からんし、営業もあんま…、、、嗚呼、自衛隊行くのは私かも…orz、、

「馬鹿と挟みは使いよう」と言いますが、企業にそれだけの体力が無くなってしまった、と言うことなんでしょうね。
でも、>>197企画屋さんの仰るように、所謂「ギョウカイの人」って安い人件費で働きません?
私の友人、センパイ、でソッチの方向で働いている人がいますが給料メチャ安いですよ。その給料でウチで働いて欲しいくらいですよ。
しかしそうはいかないんだろうな。


211 :名無し四等兵 ◆clHeRHeRHo :2005/10/20(木) 18:55:19 ID:KUSJ9CFb
>>208
というか「戦死者」を祭るものだからその意味でA級戦犯を入れていいのかって話があったような。
 
とりあえず広田・東条・松井の3人だけは放逐すべきではないかと。
梅津とか木村あたりのとばっちり組はともかくとして。

212 :名無しかましてよかですか? :2005/10/20(木) 19:25:22 ID:pFSzxS3F
>>211
宇垣中将と、彼に付き従った特攻隊員も靖国入りして無いんだよね?
大分県宇佐の航空掩帯身に言った時、特攻隊員たちの名に彼らの名が
無かったのをみて、なんと言うか寂しく思ってしまった。
せめて宇垣中将に従った中津留大尉以下は靖国入りしても良かった希ガスが
そこら辺微妙な問題なんでしょうねぇ。

213 :名無しかましてよかですか?:2005/10/20(木) 20:10:50 ID:jXVdzRGI
>>200
ちょっとおっしゃる意味がよくわかりません。

中学生の段階での「映画の技術を勉強できる高校に行こう」は、
「学歴社会から逃れたいが為にその道を選択しよう」とイコールじゃないでしょう?

214 :213:2005/10/20(木) 20:21:07 ID:jXVdzRGI
>>175
>私は22歳まで(18歳でもいいや)の勉強を(表現は良くないが)‘世間体の勉強’、それ以降の勉強を‘生きる為の技術を身に
>つける勉強’と捉えているんです。

生きる為の技術を身につければ、自然と(良い意味での)世間体が身につくものですよ。


215 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/20(木) 21:08:39 ID:mZKGDhll
アーアー、PCのテスト中

216 :名無し四等兵 ◆clHeRHeRHo :2005/10/20(木) 21:29:31 ID:KUSJ9CFb
>>212
その話は知りませなんだ。
宇垣は大西瀧次郎の弁の通りとしても、道連れの方までハブなのはなんとも……
まあ、区分でいえば「戦死」にはならないのは確かなのですがなんとかならなかったのか。

217 :ティキ ◆LStfMiPE.w :2005/10/20(木) 21:53:01 ID:qwDsgPJp
>>213
まあまあ、でも「逃げ」で進路選んでもロクな事はない(断言

218 :過去レス読まず途中参加:2005/10/21(金) 00:50:57 ID:MpTVubX3
ああ〜 ようやく仕事が・・・・・・終わらない・・・・・。

しかしそろそろ寝ないと明日が・・・・・。

最近書き込めないな〜!

半年ぶりに嫌いな散髪行った・・・・・・短すぎる・・・・俺の髪ははねまくるのだ!

カッパみたいだ・・・・憂鬱!

では お休みなさい。



219 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/21(金) 01:13:46 ID:cv00JBWR
途中殿、やっと越前もパソコンを導入したぞ。携帯とパソコンでは全然景色が違うな。
でも、キーボードは難しいな。



220 :名無しかましてよかですか?:2005/10/21(金) 03:51:40 ID:kXM5hpC+
>>208
一私的宗教団体が自らの判断で行う宗教行為に、天皇の賛成も承諾も必要ありませんよ。
聞かれたって天皇は答えなかったでしょう。天皇の職分とは無関係ですから。答えたりしたら
大問題になりますから。

221 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/21(金) 03:56:14 ID:04MFbxYC
>>197
>クリエイションの現場は、
 うーん。そこの認識が自分と皆さんとの違いだと思うんですよ。
 建設業から転職して制作畑にいるせいかも知れませんが、自分には商業映像業界は「クリエイション」より「コンストラクション」だと思ってます。
 作品仕様があり、予算があり、納期があり、映倫やら放送コードやらの基準・規格があり、各セクションごとに分業されて、下請けがあって・・・・・・
 何だ、橋や堤防を作るのと、何にも変わらないジャン、というのが転職して思ったところです。

 「クリエイティブな才能」を発揮する場なんて全工程の数パーセントに過ぎず、だったら一般製造業と何も変わらないジャマイカ。
 ↑最近、その数パーセントに食い込む事が出来ましたが。
 実際、大学時代のノートと教科書引っ張り出して、スタジオで新人制作相手に工程計画基礎やら積算の仕方やらトヨタシステムやらをレクチャーしてます。
 以前、東大にプロデューサー講座が出来るって聞いた時、「アホウ、開設するなら東工大だろ!」と思っちゃいました。

>こうした多大なメリットを享受している以上、我々の怠慢でしかないさ。
 俺にはそんなメリットがあると思えないんですよ。無駄に安月給ばらまいているだけで。>今の給与システム。
 んな無駄金使うなら、ハイビジョン対応への設備投資や社会保障に回したいです。
 実際、長寿作品を持ち、スケジュール良く制作をしているスタジオほど、一般企業に近い給与体系と社会保障制度を持ってますから。
 工場ラインのように淡々と各話数を納品するスタジオこそが「映像作品製造業」として目指す姿だと思うんですよ。
 よくスタジオの社長達が「制作管理のプロがいねぇ」と嘆いていますが、んなモン当たり前です。プロに見合う給料払ってないんですから。
 アマチュアの給料払ってれば、いつまでも制作マンはアマチュアのままです。

222 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/21(金) 04:16:09 ID:04MFbxYC
>>200
>アニメを志す方々が集う集団(中略)に社会適応力を養う機能が備わっているのか
 手描きアニメ系の制作同好会は、その数自体が少ないですね。
 実写映画(ビデオ含む)系と比べると、作品制作に必要なマンパワーと時間が圧倒的に多くて「物理的に無理」なところもありますから。
 で、大学の映像創作サークルに、そこに上記のような能力があるかと言えば。
 「あるところはあるし」「無いところは無い」としか言いようがありません。
 圧倒的に後者が多いですが。
 そう言ったサークルが化けるかしぼむかは、「何が何でも映画を作る!」と周りをグイグイ引っ張る強力なリーダーの有無で決まります。
 最近多いCG系映像サークルは、殆どが個人作業・個人作品なんで、どう言って良いモノか。
 時折化け物みたいなCGクリエイターが出現しますけど。

>要は学歴社会から逃れたいが為にその道を選択した人間
 専学はこんな香具師ばっかですよ。
 2年間、机を並べてて「こいつ社会に出て大丈夫か?」なんて心配するヤツもいました。
 ちなみに、ウチのクラスは約30人が業界入りして、3年後に残っていたのは自分を含めて3人です。笑っちゃいましたね。
 専学にとってドル箱の声優科に至っては・・・ゲフンゲフン。 

223 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/21(金) 05:24:51 ID:6KQ2ufNp
>>219
越前殿

 パソコン導入おめでとう。キーボードは慣れればずっと簡単ですよ。小生
にとっては、親指一つで長文の携帯メールを打てる人は特殊技能の持ち主
です。


224 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/21(金) 06:10:10 ID:FU/WCH7B
千念大兄、実はまだパソコンをいじくってました(笑)。大兄、おはようございます。禁断の壷は、エア・エッジには重すぎて
ギコナビをダウン・ロードしたところです。こんなにパソコンに燃えたのは小学生の時PC6001というパソコンで、
「はるみのゲームライブラリー」を読みながらBASICをシコシコ打ち込んで以来です。あ、理科室にあったMZ80Kでも遊
びました。懐かしいなぁ-。さて、そういうわけで、これからもよろしくお願いします。いろいろと・・・・www。
今夜は夜勤なのでそろそろ寝ます。
それと、靖国については、どんな主張も意固地にならなければそれでいいとおもいます。
落ち着いていればいいのではと。言葉は悪いかもわかりませんが、英霊達とスローダンスを踊れるぐらいのゆとりが
大事なんじゃないかと。マスコミの煽り報道が僕は一番許せません


225 :名無しかましてよかですか?:2005/10/21(金) 06:52:10 ID:/IzcXHYE
>>207
>えええ、国立大学ですらそうなんですか!三流私立大学出の私は自重しよう(汗、
まあ、おいらの住んでる場所が県外就職思考がすくない地域性もあるとは思う
のですが(´ー`)y─┛~~ 無宗教施設に関しては小泉首相より、作る事により
首相(政治家全般?)が参拝しなくなると思ってる連中が問題だと思いますです。
無宗教の代替施設を作ったって、それが靖国に英霊がいると思ってる人間にとっては
靖国のかわりになるわけでもないし、小泉首相は彼らの脳の構造改革を進めた方
がいいと思う。( ^∀^)y─┛~~ まあ民主政権云々よりも、靖国参拝に関しては政治家の
宗教観の問題となるでしょうよ。 民主党でもさすがに党の国会議員に靖国参拝は
するな!とはいえんでしょうから。

226 :名無しかましてよかですか?:2005/10/21(金) 07:04:21 ID:/IzcXHYE
>>202
 いやあ、首相や政府が宗教に圧力をかけるのはまずいなぁ。
A級戦犯をまつろうが、悪魔を崇拝しようが、木彫りのチンコみたい
なのを御神体としようが、各々の宗教団体の勝手なんだから( ^∀^)y─┛~~
まあどちらにしても、国民も政府もごちゃごちゃ言う権利ないんだし、
そもそもイチ個人の宗教や思想に関して賛成やら反対やらいってる方
が異常なのだよ(´ー`)y─┛~~  
政治家の靖国に対しての姿勢は石原タンの心の中で分祀が一番正しい
と思うねぇ。たまに電波発信するけど。(´ー`)y─┛~~ 小林は気にいらん
みたいだけど政治家やマスコミが分祀を要求するのは明らかにおかしい。

227 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/21(金) 09:10:27 ID:0edLnKg9
>>213
>中学生の段階での「映画の技術を勉強できる高校に行こう」は、 
>「学歴社会から逃れたいが為にその道を選択しよう」とイコールじゃないでしょう? 

>>158の、
>少なくとも一般的に困難だと言われているハードル、例えば、高校受験、大学受験、就職活動、または就職した会社を継続する、
>若しくは難しい資格試験etc、を避けた、 若しくは意図的に逃げた人種、というのは、ろくな人間がいない、というのが今のところの印象です。 

という飽くまでも私の「印象」から言っていることでありますので、もし貴方の周りに逆な状況、物凄く仕事が出来る高校中退した人、とかが
いるのでしたらそれは否定しません。そういった人も多々いる、ということも認識していますので。ただ、学校を途中で投げ出す人の多くは、
私の認識の人種が多いのでは?またその「映画の技術を勉強できる高校」の入るのにどれだけ困難が伴うか、ということですよね。
「宝塚歌劇団にはいるのには東大に入るより難しい」といわれる世界もあるわけですから。

>>214
>生きる為の技術を身につければ、自然と(良い意味での)世間体が身につくものですよ。 

そうですか?これも、どちらにせよ一概には言えないとは思いますが、例えば、
>年間2億円稼いだオレオレ詐欺の首謀者、
>ロリコンビデオを作らせたら右に出るものはいない、と業界で評価の高いビデオ制作会社、
>指名が3ヶ月待ちの超売れっ子ソープ嬢、
>毎月の様に新作が発売される売れっ子のAV女優、etc、

犯罪行為は勿論ですが、合法的なものも含め、「生きる為の技術」=「世間体が保てる」とはいえないと思います。
もし貴方のお姉さんや妹さんがAV女優であったとしたら貴方やご両親はそのことをご近所に自慢しては歩かないでしょう。
AV女優は立派な、合法な職業である、としても。

228 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/21(金) 09:29:08 ID:0edLnKg9
>>218
>途中参加氏、

私も散発は大っ嫌いです。しかし髪が伸びるのがそれ以上に嫌いなので、月一回は散発に行っています。
私の髪は「超」直毛でキューティクルがたっぷりの、雨上がりの蛍ちゃんのような髪質ですので、
長くなると、ゲゲゲの鬼太郎か、(鳥坂氏ではなく)ホンモノの鳥坂センパイのような髪型になります。
自分でも気持ちが悪ので(ホンモノの鳥坂ファンの皆さんごみんなさい)、コマめに散発せざるを得ません。
いっそのこと坊主かパンチにしてしまおうかな〜。

その話を以前つるっぱげ部長に聞かれてしまい、「俺もお前の年齢の頃には前髪が邪魔でしょうがなかったんだ」と
大変恐ろしいことを言われてしまいました。

229 :凛家亜武 ◆zgWjY89cfk :2005/10/21(金) 10:00:04 ID:B/7n1hWK
     〜現代日本に仏教の意義を問うF〜

さて、改めて飛鳥時代の538年に、(日本書紀では552年)王仁と言う
百済人に依って(公伝 私伝は522年らしい)仏教がもたらされた。
欽明天皇自身はこれを崇拝するか考え、物部尾輿と蘇我稲目に相談する。
これが崇仏論争を起こし、遂には実力行使に。結果は曽我氏の勝利、
物部氏は滅ぼされる。(587年頃)この後、推古天皇が(女性天皇!)
即位し、それをサポートしたのが聖徳太子である。太子自身の活躍は
今更書くまでも無いので、この時日本に渡来した仏教の本質とその
広がりを追求していく。

太子自身が書いたとされる三教の義琉(ぎしょと読む。変換出ないw)
は、法華経、維摩教、勝蔓(しょうまん 当て字w)教の三つの解釈書だが、
当然大乗仏教である。我が国が国教と定義したのは大乗仏教が最初であった。

この時代、仏教は「仏教興隆の詔」などを出され盛んになっていくのだが、
求められたものは三つ。1、戦争勝利 2、先祖崇拝 3、病気平癒
である。まぁ、2,3は現代にも通じるが、1となると考えられない。
現世でのご利益を求めているという点で、極めて大衆的である。

太子の十七条の憲法は、当時の儒仏神道のエッセンスがたくさん詰まっていて
大変興味深い。ここ参考に。
ttp://www.geocities.jp/tetchan_99_99/international/17_kenpou.htm
これ、憲法と呼ばれるものの、心得文のようなものであるのだが、
まず一条で「和」の精神を説くが、これは仏教の慈悲の観念と儒教の
和の精神の両方であろうと言われている。二条で仏・法・僧の三法を
敬えと説く。三条で天皇への忠を説くが、これはもろ儒教の文言からである。
四条も同じであり、五条はまた仏教・・・という風に聖徳太子という人間の
豊穣な勉学の成果が余すところ無く発現している。飛鳥の昔にここまで
今日にも通じる立派な道徳・倫理の規範が作られていた。これが
現実に実行出来れば、という悩みこそがまた多くの人を葛藤させていく。

230 :凛家亜武 ◆zgWjY89cfk :2005/10/21(金) 10:08:34 ID:B/7n1hWK
>>181
道家哲学・・老子のあれですか。大乗の中国伝播の際に
かなり相互影響して問題なかったようですから、ああ、でもこの辺りは
突っ込むと難しすぎます。今は日本の仏教のみで勘弁してください〜。
ただ、後の解釈は正しいでしょう。曽我氏は新進の取得の気に富んだ
革新派、物部は保守派だったというのが正しいようです。

>>183-184
その通りですね。その辺り、不勉強を晒してすみません。訂正します。

ええと、一つだけ疑問が。鳥坂、毎日書き込んでいるようだが・・・。
忙しくて書き込めなくなるんじゃ無かったのか・・・。
あんた六個も七個も長文連投して流れぶった切るんだから
さっさとアイルランド史書き終えてよ。

231 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/21(金) 10:09:34 ID:0edLnKg9
>>222
>鳥坂氏、
>で、大学の映像創作サークルに、そこに上記のような能力があるかと言えば。 
> 「あるところはあるし」「無いところは無い」としか言いようがありません。 
> 圧倒的に後者が多いですが。 

サークルの類は教育機関ではありませんからね。しかしそこにたどり着くのには大学受験、という
ハードルが設けられていて、全員それを越えるための何らかの措置なり手法なりは講じてきた、のです。

>専学はこんな香具師ばっかですよ。 
> 2年間、机を並べてて「こいつ社会に出て大丈夫か?」なんて心配するヤツもいました。 

謙遜(自嘲?)的な表現もあるのでしょうが、もしそうであるのならばそれと大差が無いような教育機関をまた設け
るのにはあまり大きな意味が無いように思えるんですよ。それなら上記の、大学受験というハードルを乗り越えら
れる人間を教育した方がフルイをかける、と言う意味においても自治体など公的な立場のする行為としては意味
があるのでは、と思うのですが。

>専学にとってドル箱の声優科に至っては・・・ゲフンゲフン。  

声優って人気ありそうですね。以前取引先でAVのアフレコをやっている会社がありました。そういった方面で
も活躍されていそうですね。映画監督でも周防正行監督は確かポルノ映画出身だったかと思いますが。


232 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/21(金) 10:18:21 ID:0edLnKg9
>>230
>凛家亜武氏

>ええと、一つだけ疑問が。鳥坂、毎日書き込んでいるようだが・・・。 
>忙しくて書き込めなくなるんじゃ無かったのか・・・。 

鳥坂氏は私のレスにお付き合いを頂いているんです。恐らくお忙しい、しかも私とは責任の重さが格段に違う
仕事の合間を縫って、と察しますが。

確かに私とのレスの交換よりもアイルランド史の連載の方を楽しみにされている方の方が多数を占めている
とは思いますが。


233 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/21(金) 10:39:04 ID:l0T+TUlU
 黒鳩金氏と鳥坂氏へ

生きるための技術 と 良い意味での世間体

この両者を対置するので、分かりにくくなるのでしょう。
生きるための技術、の意味が多様、多義、拡散傾向ですので。

稼ぐための技術 と 良い意味での世間体

とすれば分かりやすくなります。

生きるための技術、という表現では、その中に、地域共同体内でハブにされないための作法、も含まれるように印象されてしまいます。

>年間2億円稼いだオレオレ詐欺の首謀者、
>ロリコンビデオを作らせたら右に出るものはいない、と業界で評価の高いビデオ制作会社、
>指名が3ヶ月待ちの超売れっ子ソープ嬢、
>毎月の様に新作が発売される売れっ子のAV女優、etc、

 上記は、稼ぐための技術、もしくは、稼ぐための市場価値ある何か、を有していながらも、
世間体的には、地域共同体からの隠遁生活、つまりは“もぐり”を余儀なくされるわけです。

 世間体を学ぶ、とは、共同体内で行きる上での作法、社会倫理とソーシャル・スキル(コミュニケイション能力、交渉能力、チームワーク、リーダーシップなどなど)を
獲得する、という事でしょう。
その土台を構築した上で、その上に稼ぐためのスキルを乗せれば、まぁ、バスト100のIカップ、ウエストは56の超〜くびれ、しかも顔は萌え系ロリロリ・フェイス、
さらには究極のアニメ声の持ち主だったとしても、高卒ならばアイドル・タレント、大卒ならば民放局アナを目指す事はあっても、AV制作会社の門をたたく事は無いという事です。

234 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/21(金) 10:42:34 ID:l0T+TUlU
 TBS局員の平均年収1400万円、と今日の読売新聞に載っていました。局と制作会社の幕藩体制、高級とる無能な新卒採用局員と薄給の有能な制作スタッフ、というのもねぇ〜。
局員をいったん全員クビにして、で、能力本位で全局員を中途採用で募集したら、再び局員に返り咲ける現・局員って、相当少なそう・・・・
「フジテレビ・報道2001」の黒岩とかいう無能な局アナ・キャスターを見るにつけ、つくづく、テレビ局局員って・・・・と思います。
紳士的2ちゃんねら〜論客のほうがよっぽどキレがイイですねぇ〜。
規制護送船団ぬるま湯放送業界は、乗る船さえ間違えなければ、楽でイイですね〜〜
制作スタッフって、きっと一攫千金とかいう夢というカスミを食って生きてる、あるいは、夢をあてがわれ食わされて飼われている、バクなんでしょうかねぇ。
海外先進国でのテレビ局社員の新卒と中途採用の割合って、どうなっているのでしょう。日本の場合は、ほぼ100%新卒採用でしょうね。
そんなテレビ局が報道番組で、規制緩和、労働市場の活性化、能力本位の成果主義給与体系、談合撤廃、競争原理の導入、とか言っているのですからねぇ。
ちょっとオマイら、こっちへ来いっ! オマイらに小1時間・・・・(以下略w
まぁ、自分の事は棚に上げる、自分に甘く、他人に厳しいのは、世の常、人の常ではありますが、テレビ局ってその乖離がいくらなんでもデカすぎ・・・

夢だの愛だのじゃぁメシは食えねぇっ!!!!    至言です。

235 :名無しかましてよかですか?:2005/10/21(金) 11:09:02 ID:djQml6zb
>>234
テレビ局員ってスポンサーや官庁の子息のための枠が大半だったりして。
彼らの価値は能力ではなく、コネにあるわけですよ。彼らの給料はスポンサー及び官庁の懐柔費なわけです。

236 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/21(金) 11:45:20 ID:l0T+TUlU
 イケてる女子大生があこがれる2大職業
 民放局アナ と スチュアーデス
これらは、放送業界と旅客航空業界という、ガチガチの規制業界であるが故に競争と無縁のぬるま湯業界。
それゆえに、厳しい競争化にあれば当然そうならざるを得ない経営の論理優先による企業経営からの安全地帯、安楽椅子の上にいられ、
ゆえに伝統的に労働組合が異常に強くなってしまっていて、労組の論理による企業経営が特権的に可能であり、
それゆえに分不相応の高給をとる2大職業ですね。
 まぁ、幕藩体制の下、分不相応な高級をとる徳川幕府おかかえの能無しお侍さんみたいな物ですか。
フランス革命的・規制緩和・新規参入で、マリー・アントワネットのように、ギロチン台送りにならなきゃいいけどww


237 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/21(金) 11:48:54 ID:l0T+TUlU
 IF、オリンピック日本代表選手が世襲であったなら、つまりは元オリンピック代表選手の子供しかオリンピック代表選手になれないとしたら、
日本のメダル獲得数は増えるでしょうか、減るでしょうか? 
当然、日本の国際競争力は劇的に低下、メダル獲得数は激減ですね。
 政治や報道もそれと同じ。
もし世襲やコネで、国会への代表や報道機関への代表を選び続けるとしたら・・・・
 
 冷戦後、世界が単一市場となった現在、そこで繰り広げられている国益バトルロイヤルを日本が勝ち抜く上で、
日本の政治やジャーナリズムの国際競争力は・・・とほほ、です。

 なぜ、自民党代議士にJr.や元代議士秘書が多いのか。
それは、地元代議士と、地元の土建屋、農協、医師会、薬剤師会、特定郵便局などなどの集まりである代議士後援会、
この既得権益と利益誘導のパイプである後援会をもっともスムーズに継承するには、Jr.か、もしくは代議士秘書に跡を継がせるのが“最善の”策だからです。
私は自民党が大っ嫌いですが、それは自民党の掲げる政策が嫌いなのではなく、この自民党のよどみきった体質がゆえです。
 戦後、特に角栄氏支配以降、地元の利権というミクロ政治はあっても、日本国・国益をにらんだマクロ政治は不在であり、
そしてそんなミクロ政治主体であったがゆえに、マクロ政治としての合成の誤謬であった、バブル発生、財政危機、多くの産業にのける国際競争力の低下、などなどがもたらされたのです。

 テレビ局と制作会社の幕藩体制、その中でニカワのように固着した既得権益。
テレビ局の買収を狙った、孫正義氏やホリエモン氏、三木谷氏は、泰平の眠りを覚ます黒船なのでしょうね。

238 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/21(金) 12:30:54 ID:lJ8PEBjq
>>236
>スっちゃん
 なんか最近ではフライトアテンダント(だったかな)ってゆうそうですよ。
 一種の言葉狩りでしょうかのぉ。
 “ゲレンデの法則”か否か、別嬪さんに見えますなぁ。
 高度10000mで何ゆえ、あそこまで男をムラムラさせねばならぬのか!
 “死ぬ前の安らぎ”というのなら喫煙を復活させなさい、喫煙を!
 しかし個人的にはピー!(←放送禁止)は機体にかなりガタがきているように思うのだが大丈夫なのだろうか…
 ところで昔、政専機のスっちゃんに「ただのお茶酌みじゃねえか!」って言ったら、説教小一時間…略
 官・民問わず、“現場は”かなりハードなようです。まぁいろいろあるそうな…

239 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/21(金) 12:38:52 ID:l0T+TUlU
 自民党の公認候補って、今まではその既得権益・利益誘導のパイプ機能装置である、地元後援会が決めていた。
まあ、ボトム・アップですね。そうやって決めると、まぁ、Jr.や元・代議士秘書になるわけです。
ですが、今回の衆議院選では、小泉総裁のもと党中央がトップダウンで決めた。いわゆる“刺客候補”ですね。
地元の言っていた、『地元の事情を無視して』、というのは、地元後援会の既得権益・利益誘導パイプ護持の事情を無視して、という意味です。

 自民党にとって後援会や支援団体こそが集金・集票マシーンであった。
小泉総裁は、その後援会や支援団体との関係を破壊している。
それは自民党の集金・集票マシーンを破壊していることに他ならないのであり、
それはまさしく『自民党をぶっ壊す』行為にほかなりません。
総裁任期、残すところあと1年足らず。
再起不能なまでに、思う存分ぶっ壊してください。
ですが、自民党をぶっ壊すのは大いに結構ですが、日本までぶっ壊さないようにお願いいたしますですw

240 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/21(金) 12:52:15 ID:l0T+TUlU
  おお、色(ry)氏は、 『じゃぱね〜ず・えあ・坊主・わんっ!!!』 に乗られたことがあるのですかっ!!
それは、すごいっ!!

  でも、フライト・アテンダントの仕事って、空飛ぶバス・ガイドさんですよねぇ〜〜
機内食出す仕事は、ファミレスのウェイトレスよりメニュー少ないぶんだけ楽そうだし、
顧客の人命をあずかるフンタラカンタラは、あんの〜〜私の姉はナースなんですけど・・・と突っ込みを入れたくなるw

 私の友人が某2大旅客航空会社のかったっぽで、スチュワ〜デスの配置ローテンションを決める仕事をしていましたが、
『なんでこいつらこんなに高給取りなんだ』とボヤいていました。
それに、
『昔は結婚したら潔く辞めてたけど、最近、スチュが世間より給料的においしい仕事だと分かっていて、結婚してもやめやしないっ!!。マジ、アイツらいらねぇっ!』
と言っていました。
地上勤務よりも、いろんな手当が付いて、高給になるそうです。


 

241 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/21(金) 13:05:03 ID:lJ8PEBjq
>>240
いやいやいやいや、“ナイ”です♪
知り合いが、G8に行く小泉タンの後ろに映って(報道されて)いて、思わず豆乳を噴き出したことはありますが。
そうそう、“乗っていない時”がハードらしいんですわ。お土産ヨロって言ったら、
「現地でそんな余裕無い!」と小一時間…
“乗る”と、ただ単にサービス過剰なオバチャンに変身するんですが。
確かに手当ては大きいですな。危険手当、夜勤手当、出張手当…

242 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/21(金) 13:26:02 ID:l0T+TUlU
 う〜〜む、私的には、制服着られた『お・ん・な自衛官』というのも、かな〜り『萌え〜〜っ!』な対象ですが、
リアルでそれを知っている色坊主氏にとっては、『萎え〜〜っ!』な対象なのでしょうねぇw

IF、私が内閣総理大臣になったら、制服着たハセキョウ激似の、お・ん・な自衛官に、最敬礼されたいっ!!。。。。。。。←逝ってよし

『お・ん・な・だ・ら・け・の水泳大会、乳○もポロリ』 → 『お・ん・な・だ・ら・け・の自衛隊、○首もポロリ』。。。。。。。。。←国賊認定

243 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/21(金) 13:32:23 ID:6KQ2ufNp
>>234
IF氏

>「フジテレビ・報道2001」の黒岩とかいう無能な局アナ・キャスター

 何をもって、黒岩氏を無能呼ばわりされるのか分からないが、小生は、男子
キャスターで現在好感を持てる人物3人上げろといわれたら、黒岩氏は当然入
ります。

 彼の「恩師」という灘高の名物国語教師のことを書いた本も、恩師の素晴ら
しさもさることながら、ご当人の人柄も分かり、面白かった。

 それに彼は、医師にしか救急医療ができないとした馬鹿げた医師会の縄張り
意識と戦って、最低限の救急医療を救急救命師ができるようにするキャンペー
ンをり、気道確保などの医療行為をできるようにするのに功績があったという
救急医療の分野での大きな実績がある。下記参照:

http://www.e-doctor.ne.jp/e-doctor/08month/anohito/a02-05.html

 このような正義感のある人物を、どのような根拠を持ってか知らないが、
無能呼ばわりする感覚は(正義感が有能を含意しないのは無論だが)理解不可
能だ。

 万が一、貴兄が、呼吸困難で救急車で運ばれたとき、救急救命士の気道確
保によって辛くも命を助かったとしたら、それは黒岩氏のお陰です。

244 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/21(金) 13:36:55 ID:lJ8PEBjq
>>242
WAFって言うんですよ。ウーマン・エア・フォース…
ウーマン(ry… ダッセ〜!ケケケ…

ではこのへんで…

245 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/21(金) 14:28:22 ID:l0T+TUlU
 いい加減な記憶ですが、黒岩氏の奥さんは、たしかナースか何かだったと思います。
ググっても引っかからないので、私の脳内ソースかもしれませんが。
 近い身内に医療従事者がいるから医療業界に対して興味を持つ、それじゃ、その辺のパンピーと問題意識のあり方が変わらないのです。
それに、医療だ、福祉だ、環境だ、教育だは、言葉は悪いですが、オンナ・コドモが興味を持ちがちな政治経済分野です。
かつて、中身のうすっぺらな社会党マドンナ議員達は、これらをバカのヒトツオボエのように連呼していました。
 曲がりなりにも、保守の立ち位置に立つフジサンケイ・グループの看板報道番組のメイン・キャスターだったならば、
外交、安全保障、国防、あとは内政のメインディッシュ、税制構造や歳出構造などなどに関するエキスパートでなければならないのです。
彼はこれらの分野に対する知識、見識があまりにも脆弱です。
 数年前ですが、今は無きw橋本龍太郎氏がゲストだった時、確か税制に関してだったと思いますが、ケチョンケチョンに言いくるめられていました。
まぁ、橋龍氏は自民党Jr.政治家の中ではトップ・クラスの政策通であり、討論も切れるのですが。

 菅直人という人がいます。その見識、人柄に関しては賛否分かれるのでともかくとしても、彼は知識と討論での切れに関しては優れています。
最低でも菅直人氏くらいの知識と討論の切れは持っていなくてはならない場所でしょう、報道2001のテレビ画面上での、あのド真ん中のメイン・キャスターのシートは。
前にそのシートに座していた露木氏のほうが論は切れました。ただ彼は政治家からカネをもらったのがバレて、モグリのご隠居の身ですが・・・

 失礼ですが、千念氏は、ものの見方にバイアスがかかりすぎていると思います。

『アバタもエクボ。』、あるいは逆に、『坊主憎けりゃ袈裟まで憎い。』、といったような・・・
それが千念氏の目を多少なりとも曇らせているように感じます。
黒岩氏がもしテレビ朝日のリベラル派看板キャスターで、同じような救急医療に対する貢献をしたとして、そこまで肯定的に評価なさるでしょうか?

246 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/21(金) 14:29:44 ID:l0T+TUlU
 私は、

何も全肯定しない。
何も全否定しない。
肯定するとしても部分肯定に留める。
否定するにしても部分否定に留める。
そして
肯定する部分からは教師として学び
否定する部分からは反面教師として学ぶ。

という事を20歳くらいの頃から自分に課してきました。
なかなか修行が足りませんが・・・

247 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/21(金) 15:21:57 ID:6KQ2ufNp
>>245
IF氏

 誰にだって、得意、不得意の分野はあるでしょう。何はともあれ、社会的に
評価できることをなした人を、無能呼ばわりはいかがなものか?貴君の評価する
菅直人も、貴君の論法でいえば、女子供の省で、一躍ブレークした政治家ですが。

>外交、安全保障、国防、あとは内政のメインディッシュ、税制構造や歳出構造
>などなどに関するエキスパート

そんなスーパーマンがいたらお目にかかりたいものです。これが必要条件だ
とする、貴君の面接試験に受かる人はいないんじゃないの?どなたか、その
ようなキャスターをご存知でしたら教えてくださいな。まさか、田原(某)な
とはおっしゃるまい。(誰かさんみたいな激した口調になってきたなw)

 露木茂は、イラク報道でフセイン支持の煮え切らない、朝日やTBSの
司会者と50歩100歩の司会ぶりだった。平和ボケは、早く引っ込んだ方
がよいと抗議のメールを出したこともある。何か、特筆すべき実績がありま
したか?

>>246
 貴君が露木氏を出したから露木氏について云々したわけだが、無能呼ばわり
する方が、相手を全否定していませんか? 小生がバイアスから自由だとは
毛頭思いませんが、男気や、正義感側には、かなりのバイアスがかかっている
といわれても何とも思いません。

248 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/21(金) 15:30:35 ID:6KQ2ufNp
>>246
IF氏

 要するに、小生は、貴兄の黒岩氏を全否定する「無能」呼ばわりが承伏し
難かっただけのことで、全否定という過ちをおかしたのは貴兄のほうだと
小生は思うのだが。


249 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/21(金) 15:37:42 ID:0edLnKg9
>>233
>世間体を学ぶ、とは、共同体内で行きる上での作法、社会倫理とソーシャル・スキル(コミュニケイション能力、交渉能力、チームワーク、リーダーシップなどなど)を 
>獲得する、という事でしょう。 

その能力を獲得でき得るのが従来の教育制度だと思っているんですよ。だからそこから溢れた人種の受け皿(=逃げ道)をわざわざ
つくってやる必要など無い。もっとその社会倫理とソーシャル・スキルなるものを欠如した人種を矯正する方向に持っていた方が公的
な期間としての判断としては正しいのではと思いますけどね。

>高卒ならばアイドル・タレント、大卒ならば民放局アナを目指す事はあっても、AV制作会社の門をたたく事は無いという事です。 

現役東大生がAVに出ている世の中ですし、東大卒の芸能人が珍しくない昨今、←それらも「個性」の一言で肯定される風潮下、
「怠惰」さえも「個性」と誤魔化す輩のモラトリアムの場を敢えて与えてやることないですよ。

>稼ぐための技術 と 良い意味での世間体 

↑この表現の方が的確ですね、こっちにします。



250 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/21(金) 15:41:01 ID:0edLnKg9
昼休み時間に理髪店で散髪してきました。
若い少々押し付けがましい店員さんで、今風の妻夫木聡やら速水もこみち風の髪型にしてくれた
つもりらしいが、どうみても緒方拳にしかみえない、orz、、

251 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/21(金) 15:54:46 ID:0edLnKg9
>>245
>IF氏

>それに、医療だ、福祉だ、環境だ、教育だは、言葉は悪いですが、オンナ・コドモが興味を持ちがちな政治経済分野です。 
>かつて、中身のうすっぺらな社会党マドンナ議員達は、これらをバカのヒトツオボエのように連呼していました。 

選挙でオンナ・コドモの目を引かんが為に、また自らの与党精神、政策の特に財源の根拠の希薄さを覆い隠すが為の
「バカのヒトツオボエ」と、いちジャーナリストの報道姿勢とは同列には扱えないだろう。

黒岩氏が国政への出馬を目論んで、その手土産的な意味合いのものであるのなら、IF氏の仰ることはまだ分かるが、
そのような話も聞こえてきません。

それに「保守」といってもフジテレビは産経新聞等と比べるとその政治色は大分薄まっていると思うが。その媒体に対して
そのグループへの帰属を持って過剰な保守論壇の倫理性、みたいなものを求めるのもどうかとは思う。


252 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/21(金) 16:29:23 ID:5wWKckMK
どうも。“小一時間”の使い方を微妙に間違っておる色坊主です。

(話の流れをブった切って申し訳ないが)
>>241補足
思い出した!というか記憶が確かなら、“寒冷地手当”なんてのもあったような…。
機内のどこが寒冷地なのだ!
屋外のことなら、んなモン出張手当の中に入れとけ!
裏技もたいがいにしろ!まぁ脳内ソースでキレてもしゃーないのだがw

253 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/21(金) 19:15:27 ID:/gKCsLUa
もしも氏の、GO STRAIGHT精神は、なかなか大変だと思うが、がんばって下さい。嫌味ではないです。
俺は好き嫌いが激しい人間だからむりだな。出来るだけ、その癖は、セーブしてるのだが・・・・・。

254 :我々は北千住へ行くのか↑ :2005/10/21(金) 19:20:05 ID:uH8Meohv
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/yuseimineika03.htm
2005年の日本のマス・メディアは、〈天皇制軍需利権〉内の官僚ー政界(政権党)ー財界という三極構造に準ずる地位に位置しつつ、〈天皇制軍需利権〉に奉仕している。
日本の新聞がほぼ一貫して見せる"反体制"の姿勢は、いたって表面的なもので、〈天皇制軍需利権〉への「反発」よりも、「依存」に重点がおかれている。
日本のメディアが2005年の「〈天皇制軍需利権〉を"真正面から本格的"に論じること」なく、
「〈天皇制軍需利権〉の本質的な特徴やそれがどの方向に日本を導いているかについて、読者が検討できるよう、批判的な観方を用意していない」。
これは簡単にいえば、いわゆる「事実報道」の欠如である。
政治報道の特徴については、「日本のマスコミの"政治分析"は、終始くりひろげられる自民党の派閥間の権力闘争に関する論評と推測が中心である」。
マス・メディアは、日本の政治過程の一要素にすぎない派閥闘争を、あたかも日本政治全体において決定的に重要な
争点であるかの様に、あるいは「サムライの忠誠と裏切りをテーマとする日本の連続テレビ時代劇」の様に描き出しているのである。
 こうして一般の人びとは、社会的な事物について正確で重要な事実を知らされることなく、歪められた情報を受容する。
これによって、〈天皇制軍需利権〉全体もしくはその一部が一定の政治的利益にあずかるという、世論操作を媒介とした政治的支配の構造が成立することになる。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik3/2004-05-25/03_01.html


255 :名無しかましてよかですか?:2005/10/21(金) 20:28:02 ID:s08+zdqy
>>227
>>213での
>中学生の段階での「映画の技術を勉強できる高校に行こう」は、
>「学歴社会から逃れたいが為にその道を選択しよう」とイコールじゃないでしょう?

という問いかけに答えたもらってないようですが?
あなたが勝手に中退者うんたらと叫んでいるだけですよ?

>年間2億円稼いだオレオレ詐欺の首謀者、
>ロリコンビデオを作らせたら右に出るものはいない、と業界で評価の高いビデオ制作会社、
>指名が3ヶ月待ちの超売れっ子ソープ嬢、
>毎月の様に新作が発売される売れっ子のAV女優、etc、

生きる技術というテーマに対して、犯罪や著しくリスクを伴う職業などの極論を持ってくるのは格好いいですね。

あと石原知事の言ってる映画を教える高校というのは、多分体育科や芸術科の高校と同程度の
一般教育をするでしょ。

率直に言って「もうアホかと」思ってます。

256 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/21(金) 21:51:37 ID:6KQ2ufNp
>>246
IF氏

 貴兄に対してだけはどういうわけか遠慮会釈のない物言いをしてしまう。
戦争論スレ以来の悪い癖で、貴君の無視戦術に少し懲りたのだが、貴君の
カキコの中には、何故か小生にとって、牛にとっての「赤い」もののように、
ツッコミたくなる衝動に駆られるところがみつかるのです(>牛か?私は)。
これに、貴兄が相手故に、抑制が利かない形でレスをぶつけてしまう。

 スレの議論取っては、そう悪くないことかも知れないが、貴君の心情に
とっては負担の大きすぎる対応だろう。相済みません。

 せっかく久しぶりに御降臨いただいたというのに、歓迎の言葉もそこそこ
に噛みついてしまった。ドクはどうしてしまったのだろうというカキコを何回
したことか。この小生等の心配も知らないで、という気持ちも若干は作用した
のかもしれない。

257 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/21(金) 22:32:35 ID:l0T+TUlU
 今、帰ったなり〜〜〜♪

>>256の千念氏へ

>貴君の無視戦術に少し懲りたのだが

 無視戦術を取っているのではないのです。
私は皆様とは違い、かなり遅筆な上に、理知的説得力と情的共鳴力を己の文章のなかに言魂として深く深くインストールしたいがために、
それなりに推敲に時間をかける癖があり、よって、私にアンカーを付けていただいた書き込みに対して、
返事をしたいのはやまやまながらも、無視してしまっているという結果となっているのです。
 これははっきりいって皆様に対して大変失礼な事なのですが、真面目にレスをつけていると仕事のクオリティーが著しく落ちてしまうので、
仕事優先にさせていただいておりますしだいです。今までの無礼、御免であります。

>貴兄に対してだけはどういうわけか遠慮会釈のない物言いをしてしまう。

 その点に関してはまったくお気になさる必要はありません。
私が大嫌いなのは、薄汚い煽り口調の書き込みなどであり、千念氏の私への書き込みにはそういった点はまったくありませんですので。
千念氏が私に振ってくれるネタは、私の関心のストライクゾーンど真ん中の事が多く、レスをしたいのはやまやまなのですが・・・

 まぁ、例の『雷に落ちても知りませぬぞっ!!』発言は、私の中で、イラン保守派であったホメイニ氏による『悪魔の詩』の著者に対する死刑宣言を想起させ、
正直あまり気持ちの良いモノではありませんでしたが・・・w
千念氏とのやり取りの中で、私が不快に思ったのは、あの一点だけです。

 越前HG氏へ
私のバイクは、TT250R・RAID、です。



258 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/22(土) 03:14:11 ID:uI4zl+wl
いや〜本日は“それなりに”働いた。働いた?働いたら?はらたいらに5000点…
どうも。頭の悪そうな文章力の色坊主です。

寝る前に少々…
>>256
千念ラオシ
>貴君の カキコの中には、何故か小生にとって、牛にとっての「赤い」もののように、
>ツッコミたくなる衝動に駆られるところがみつかるのです(>牛か?私は)

 この理論でいくと、越前は私にとって真っ赤っかどす♪

ではもやすみなさい…

259 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/22(土) 09:24:45 ID:L+dDcWI8
>>257
IF氏

>私のバイクは、TT250R・RAID、です。

 おー、IF氏もバイクライダーか。うらやましい。小生、小5−中3まで
親父のカブをイタズラして最後に始末書取られたのが響いたのか、とうとう
バイクライダーになれずじまいだった。

 数ある映画の中で、「大脱走」のマックウィーンが逃亡のためにバイクで
国境地帯の平原を疾走するシーンは、最も好きなシーンの一つです。あの
ブレーキを使った方向転換のテクを、高校時代の自転車通学時に使おうとし
て、見事にコケて、周囲にいた登校中の小・中学生を驚かせ、「オレなにも
してないよ」などという彼らの間の言葉を、恥ずかしさと屈辱の入り交じっ
た思いで聞いたことも、今となっては懐かしい想い出だ。(雑談、ご容赦)


260 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/22(土) 10:55:26 ID:HlXzL0ZV
皆様、おはようございます♪

私のバイクは、完全に街乗りスクーターと化しており、オフロード車なのに、アスファルトの上しか走らしておりません。(苦笑
それでもバイクって、いいもんです〜♪
一年に一日くらい、まぁ春先なんかですが、もう、ほけ〜〜とするくらい気持ちいいバイク日和というのがありますです。
ただ街乗りしているだけでもそんな時は、
 『えぐずだじ〜〜〜っ!!!』
でげす。
でもそれは、官能的というよりも、健康的な『えくずだじ〜〜〜っ』でげす。
千念氏にお子さんがいなければ、ぜひバイクを薦めたいところですが・・・
この前、バイク事故での怪我の写真をたまたま立ち読みした雑誌で見ましたが、・・・orz・・・でした。
しばらく、ちょ〜安全運転してました。(ww





261 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/22(土) 10:57:05 ID:HlXzL0ZV
 黒岩氏に関しては、あの人いい人です、たぶん(笑
もし私に年頃の娘がいて、

『お父さん、今度の日曜日、会わせたい人がいるんだけど・・・』

とか言い出され、その日曜日、朝からそわそわし、でも、30歳の黒岩さんみたいな人を連れてきたら、
まぁ、父親としてほっとするでしょう。
 だけど当たり前ですが、それとこれとは話が違い、やっぱり、報道2001、サンデープロジェクト、報道ステーション系の、
政治家をゲストによんで呼んで来て丁々発止するタイプの番組のメイン・キャスターとしては、力不足は明らかでしょうねぇ〜。
もちろん、筑紫氏、久米氏のような、55年体制冷戦構造イデオロジカルな視点を未だに卒業できない左翼は問題外ですし、
その久米氏と朝日の看板を意識しすぎるエピゴーネン、古館氏も同様です。
 田原氏は、まぁ、融通無碍ですね〜。彼もまた政策通ではありませんが、左のキャスターの中では、賞味期限がまだありそうです。

 政策通と私が思う政治家を適当に挙げますです。
中曽根、宮沢、橋龍、加藤宏一、野田、冬柴、

小沢、菅、枝野、
藤井祐久
(↑元・民主党幹事長。私はこの人を大変高く評価していましたが、先の衆院選で落選、引退してしまいました。
神奈川14区民っ!!オマイら人を見る目無さすぎ・・・orz)

262 :凛家亜武 ◆zgWjY89cfk :2005/10/22(土) 11:15:49 ID:ZM15V2Yy
この土日は仏教論お休みします。流れに乗って
僕の各局の政治関連番組のキャスター・司会者の評価を

■毎日放送
筑紫哲也
死ぬまでリベラルで行くだろう。対談は慎太郎とでもする気さくさ
だが、この人が評価する人は全て左と断定していいだろう。

■朝日放送
田原総一朗
政府与党のヨイショをテレビではするが、書き物の中では別人のよう。
テレビの限界を知らしめてくれる格好のサンプル。書く本はそれなりに
面白い。
古館伊知郎
これはただの馬鹿。読売なら保守、朝日ならサヨクと言うだけの男

■フジテレビ
黒岩祐治
報道2001は日曜の朝家にいて早く起きれた日は結構見るが、
この人が今話題になっているが可も無く不可も無いと思う。
党首討論でも頑張って自民にも突っ込んでいたし。
それより竹村アメ・小泉ポチのほうが一億倍痛く感じる。

■読売テレビ
辛坊治郎 しか知らない
たかじんの委員会で頑張っている。政府ヨイショの読売だけに
苦しいところもあるだろうけど、それなりに頑張っている。
ナベツネ批判が出来たら認めてやるぞw

テレビでは本当の事は言えません。よって無能も有能も
断定出来ないと思います。古館ぐらい別格なら別ですが。

263 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/22(土) 11:35:55 ID:G5h1zxmY
>>もしも氏
そうですか、千念大兄の「落雷にあっても知りませんぞ・・・・」は不快だったのですか。
越前は大爆笑してしまいましたが・・・・。
大兄は基本的に理性の人です。そんな大兄が頭から湯気を出して「落雷・・・」と声を荒げている姿を想像して、
一人爆笑してしまいました。
しかしながら爆笑と同時に感動しました。
今の時代、超自然現象を真顔で述べるのは勇気がいるし、気合もいるのです。そのことに敢えてチャレンジした大兄に
感動しました。
もちろん、越前は感動しましたが不快に感じたもしも氏の意見を否定はしません。
ちなみに、もしも氏のレスで大爆笑したのは、「ボケを憎んでボケ老人を憎まず」という格言です(笑)
八月十五日頃のレスだったかな。あれは笑うとこではなかったかもわかりませんが、壷にはまってしまった。



264 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/22(土) 11:47:09 ID:G5h1zxmY
>>262そうなのだ。テレビなんて本当のことはいえないのだ。
おまけにVTRなら編集という魔法を使えば左の意見も右に変えられる。
テレビで人間なんて評価出来ない。視聴率に亀甲縛りにされた奴らのどこを評価するのだ。
と、いいつつ毎日放送の「ちちんぷいぷい」の石田は大好きなのだが・・・・(関西限定で悪いが)



265 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/22(土) 11:54:01 ID:G5h1zxmY
>>260そうか、もしも氏もレイド乗りだったのか。煙管ちゃんはCRM250なんだな。
越前もまたオフロードバイクに乗りたいな。今のビックスクータは便利なのだがややつまらない。



266 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/22(土) 12:02:42 ID:13CCTp+w
>>255
>という問いかけに答えたもらってないようですが?
>あなたが勝手に中退者うんたらと叫んでいるだけですよ?

>>227で私はその根拠を飽くまでも「印象」である、と言っている。つまり「勝手に中退者うんたらと叫んでいるだけ」で結構
ですよ。別に君の反証を聞かないとも言っていない。

「子供の個性を尊重して」だとか「いい大学に行くだけが人生じゃない」なんて理想論や机上の空論ではその通り、それを
言うのは別に批判はしない。「思想の自由」の範囲だからね。

でも現実世界ではその価値観を盾に学校を中退したヤツは「使えないヤツが多い」という「実体験」の話をしているの。
鳥坂氏も業界のサバイバルの厳しさを挙げて、篩をかけるべき、と仰っているんだから、ただその篩をかける機関が、鳥坂氏
は専門学校であったり、私は大学受験であったりという差異があるだけだ。

>生きる技術というテーマに対して、犯罪や著しくリスクを伴う職業などの極論を持ってくるのは格好いいですね。

ハッキリ言ってしまうと映画、アニメ、その他そういった業界に進むのなんか「犯罪や著しくリスクを伴う職業」そのものなんじゃないの?
それを「それも子供の個性」なんて簡単に許しているから現場で役に立たないアマちゃんが出てくるんではないの?
私にもし将来子供が出来て、その子が代々木の学校に行きたい、と言ったらまず10発殴って止めさせるけどね。それでも行く
というのなら勘当する。学費も出さない。それでも「行きたい」という子供だけ行けばいいのじゃないのか?そこの篩は重要だと
思うし、その篩は「犯罪や著しくリスクを伴う職業」くらいの認識を、それら職業に持っていないと掛けられないだろう。

君いくつ?学生さん?恐らく社会に出てみるとそういったアマちゃんと会う機会も出てくるだろうから、私や、若しくは鳥坂氏の
言っていることが理解できるようになると思うよ。机上の空論や理想論だけでは会社は回らないんだよ。

267 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/22(土) 12:30:19 ID:13CCTp+w
>>256
>千念先生
>カキコの中には、何故か小生にとって、牛にとっての「赤い」もののように、
>ツッコミたくなる衝動に駆られるところがみつかるのです

私は「赤いもの」の方ですな。ここの板には牛がたくさん居られるようで、その闘牛場に真っ赤な全身タイツで
放り込まれたのが私、ってなところですかな。しかし私がウシ化することも多多あり(ッンモォォォ〜!ゲフゲフ、)、
その点ではお互い様という事でしょう。

>もしも氏
『雷に落ちても知りませぬぞっ!!』発言はこのスレで話題に度々上がる3連作の映画のワンシーンを引っ張って
きたものなのでしょう。皆さんも既にご存知だとも思いますが。
私も越前氏同様、とてもユーモラスと捉えてしまった発言なのですが。

>バイク
私は大学の4年間、原付のスクーターで通学しておりました。とにかく山の頂上近くにキャンパスがある大学でしたの
でそこに至るまでの坂道を上ることが憂鬱になり、そのまま講義をサボる、そのまま単位が足りずに留年する人もいま
した(それだけが理由ではないのでしょうが)。その学校を4年間で卒業できたのは私のスクーター、ホンダのディオの
お陰です。友人はスズキのバンディット、カワサキのゼファーΧなんて乗っていましたが、街中ではベンツよりもダビット
ソンよりも原付が速いんですよ〜♪
あと、私、ホンダカブのキックは職人芸ですよ。4ストなのでキック大変なんですよね、カブって。タマにバッテリーが弱って
いてキック地獄に落ちいりますが。

268 :凛家亜武 ◆zgWjY89cfk :2005/10/22(土) 12:36:47 ID:ZM15V2Yy
>>266
元帥氏・・・。

>ハッキリ言ってしまうと映画、アニメ、その他そういった業界に進むのなんか
>「犯罪や著しくリスクを伴う職業」そのものなんじゃないの?

いくらなんでもこれはないです。言いすぎだと思う。偏見を呼びますよこれは。

それで、元帥氏の理論を演繹したら、
「社会に適応する事が大事=夢も理想も現実の前に
屈せねばならない=生命と財産の安定と幸福を保つことが大事」
の親米保守派的ロジックに到達しかねないと思うんですが。
そうではない、覚悟と戦略と努力が大事なのだ、と言うのならば賛同出来ますが。

今の議論だけに関して言うと、相手の言う事のほうに妥当性を感じます。
ただ、会社で人事担当か何かをなさっているようですが、実体験で語る事は
当人には確信事項でも相手にはピンと来ないところもあるでしょう。
掲示板及び一般の議論に於いても「説得」と言う事は物凄く大変な事ですね。

269 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/22(土) 12:44:37 ID:G5h1zxmY
(独り言)
牛か・・・・。
俺は「蚊」だな。ムホホ・・・

270 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/22(土) 12:56:44 ID:13CCTp+w
>>268
>凛氏

ええ、「言いすぎ」です。今の「子供の個性」と言って「世間体」を蔑ろにし過ぎている風潮下ではそのくらい
言っても良いのではないのですか?

>「社会に適応する事が大事=夢も理想も現実の前に
>屈せねばならない=生命と財産の安定と幸福を保つことが大事」

これもその通りですよ。そのまま受け取って頂いて構いません。
しかし>>266の第6パラグラム後半、「私のもし〜」のくだりを読んで頂きたいのですが、最終的に私はそういった
「犯罪や著しくリスクを伴う職業」のような道に進むことを最終的には否定はしていませんよね。

その「個性」だの「理想」の道に進むにはそれなりの覚悟が必要ですよね、その覚悟が余りにも甘いんでは、
と思っているんですよ。

仰ることはごもっともなのですが、そういった「理想だけで現実的な稼ぐ為の手法や良い意味での世間体」すら
身に着けずに社会に出てきてしまった人間に辟易している、という前提で話をしています。ですから重ねて、
「反証は否定しない」と言っているのです。本田総一郎、田中角栄、など、学歴や教育機関での教育をマトモに
受けなくても世に功績残した人物など枚挙に暇が無いでしょう。
もしその「前提」がない方に対する説得はまず無理でしょう。お酒を飲んだことが無い人にお酒の美味しさを理解さ
せるのは無理でしょうし、私はタバコを吸わないのですが、タバコの美味しさは全く理解できません。しかしお好きな
方がタバコを嗜むのを否定するものではありません。


271 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/22(土) 13:00:11 ID:13CCTp+w
>>269
>越前氏

>俺は「蚊」だな。ムホホ・・・

蚊ですか、私は皮膚が弱く、蚊に刺された小さな小さな痕でも、1週間以上かぶれ、膿み続けます。
牛に突進されるより厄介かも知れませんな。

272 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/22(土) 13:00:37 ID:Qg+1R8pQ
どうも。自演疑惑ののこる色坊主です。ムホホ…

>>269
焚くぞ

言い遅れますた。オハヨウゴザイマス!
私も少々、横槍参加…
以前にも言いましたが、

“頑張ってけど出来ませんでした” という人間より
“頑張ってないけど出来ました” という人間を選びます。少なくとも私は…

しかしプライベートでの人間関係はまた別です。
ど〜しようもない奴と一番気が合ったりする(誤解があるとイケナイので言いますが、
越前のことではないです。ど〜しようもない奴というのは)

蛇足ですが、職場での人間関係は“輪”の形をしておりますが、
プライベートでの人付き合いは“閉じた尻の穴”の形をしております。

273 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/22(土) 13:03:04 ID:Qg+1R8pQ
>>272
論点がズレてる…

274 :凛家亜武 ◆zgWjY89cfk :2005/10/22(土) 13:08:51 ID:ZM15V2Yy
>>270
ええ、わかるんですよ。日教組的「個性尊重、周囲との調和はさほど唱えず、
他者との相互監視としての共同体自身をないがしろにする」発想はおかしいですからね。

自分が言いたいのは、これは論敵の鳥坂をかばう形になるけれど、(w
「映画やアニメ業界(成功者は一握り)に進むならば犯罪者に堕ちる覚悟もせよ、
 それほどリスクがある覚悟をせよ」
こう言い切ってしまうと、手塚治や藤子不二男みたいな才能の持ち主がいたとしても
躊躇してしまうのではないか、と言う事です。本人に覚悟をせまる為と言えど、犯罪は
言いすぎだと思うのですよ。特定業界を貶めるのはいかがなものかと言う事です。
夢に挫折→犯罪に手を染める、と言うのはロジックとして飛躍があります。

教育論は不得手だし余り考えた事の無い分野なのでこれ以上は差し控えますが、
毒が効き過ぎる可能性があるので犯罪と言う言葉は使わないほうがいいと思います。


275 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/22(土) 13:15:02 ID:13CCTp+w
>>272
>色坊主氏おはようございます。

>“頑張ってけど出来ませんでした” という人間より
>“頑張ってないけど出来ました” という人間を選びます。少なくとも私は…

「頑張ってないけど出来ました」っていう人間って、実は陰で人一倍の涙ぐましい努力をしている場合が
多いと思いますよ。水鳥が水面上は優雅に見えるのに、水面下では一生懸命に水を掻いているがごとく。
「天才」とか「営業のスーパーマン」と呼ばれている人の普段は結構地味なものだと思いますよ。

一番悪質なのは、その「頑張ってないけど出来ました」と言っている人間の、その陰の努力に全く気がつかず
努力をせずに宝くじ確立の一攫千金を期待しているだけの輩だ。

うーーーん、私の職場の人間関係が悪すぎるのでしょうか?


276 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/22(土) 13:25:52 ID:rELf7NYH
>>272焚かないでね。


277 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/22(土) 13:31:55 ID:Qg+1R8pQ
>>275
>「頑張ってないけど出来ました」っていう人間って、実は陰で人一倍の涙ぐましい努力をしている場合が
>多いと思いますよ。水鳥が水面上は優雅に見えるのに、水面下では一生懸命に水を掻いているがごとく。
>「天才」とか「営業のスーパーマン」と呼ばれている人の普段は結構地味なものだと思いますよ。
>一番悪質なのは、その「頑張ってないけど出来ました」と言っている人間の、その陰の努力に全く気がつかず
>努力をせずに宝くじ確立の一攫千金を期待しているだけの輩だ

 一般大多数に適応されるのは、それが正解だと思います。ん〜極論になりますが、まっつんのセンスは
 努力で身に付くものではないかと。
 しかし基本的に私も閣下に賛成でございます。そこを酌んでいただければ、私が単なる能力至上主義者で
 ないことはご理解いただけるかと思います。ここからは私の個人的美学の話になってしまいますが、
 今、自分のしていることが“努力”だと認識できる内は、まだまだ及ばぬ努力だと愚考します。
 今、自分の置かれている状況が、努力であるか何かも認識出来ず、小便チビって逃げ出したくなる程の状況…
 これを経験すれば、“努力”などという言葉は、簡単に出てくる言葉ではありませんな。
 極論に過ぎました。超〜〜〜偉そうですんません。私はヘタレですので誤解なきよう…

278 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/22(土) 13:39:17 ID:rELf7NYH
今夜も夜勤ゆえ寝ます。おやすみなさい。しかし、俺の人生はなんなのだ(笑)。まぁいいか。こんなしみったれの
インケツな毎日でも神から与えられた毎日には変わりない。感謝することにしよう。





279 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/22(土) 13:41:38 ID:Qg+1R8pQ
>>278
>神から与えられた

 IRAIRA…
 まずは御両親に…

280 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/22(土) 13:49:32 ID:L+dDcWI8
>>261
IF氏
 レス読み安心しました。しかし:

 政策通と人間性は別物でしょうが、貴兄の上げた政治家中では、人間とし
て評価できるかというと疑問、あるいは分からない人が多いですね。

 橋竜は、中国人スパイではないかという女性との交際や、族議員として、
他の議員にすごんだという話も聞こえて来るし、ポーズにこだわる政治家と
いう認識です。

加藤は、何とも人間として最も評価できないタイプの人間です。佐々淳行
の「わが上司 後藤田正晴―決断するペシミスト」 文春文庫を読んでご覧な
さい。ハマコーのほうがよっぽど人間として信頼できる気がしてくるから。
加藤の乱などのその他の動きからも、こんな人間がトップになるようなら
日本は終わりだ、と小生には思える。戦国武将の藤堂高虎なら、決して仕え
ようと思わなかったタイプですね。(略全否定だなこれは。政策に詳しい
らしいということまでは否定しないが、その政策通は屁のつっぱり位にしか
ならないとも思われる。)

 野田。彼も小沢の新進党に参加したあたりの発言でこんな人がいたかと評
価していましたよ。しかし、あの目をきょろきょろさせながら話す話し方と
いい、その後の身の振り方といい、信用なりません。

 冬柴氏は、寡聞にしてしらず。小沢は、党の枠を離れて、国のためで行動
したように思われる政治家で最近までは最大の評価。藤井も大蔵省主計局の
エリート官僚出身でありながら小沢をサポートする姿勢が好ましかった。

 イラ管は略。

 さて、今日は高校の同窓会。これから出かけるので、レスは今夜か明日に。

281 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/22(土) 13:58:33 ID:Qg+1R8pQ
>>280
なんと!建築一級の藤堂高虎はお嫌いか!
まぁ好き嫌いの分かれる人物でしょうなw

大谷ギョーブに横槍くらって敗走〜

282 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/22(土) 14:13:19 ID:L+dDcWI8
>>281
色坊主殿

 仕える人を選ぶ目のあった藤堂高虎なら、加藤紘一には決して仕えようと
は思わないだろうと、いいたかった。

 明日の報道2001、前半のゲストはその加藤紘一。さて、黒岩氏の司会
ぶり、いかがでしょうか。

 では、これから外出。

283 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/22(土) 14:15:25 ID:Qg+1R8pQ
>>282
あちゃー!読解ミス。すんません

284 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/22(土) 14:25:45 ID:Qg+1R8pQ
私も落ちます。いや、一応報告を…

追伸:文脈を無視した早トチリ、以後気を付けます。およよ…

285 :名無しかましてよかですか?:2005/10/22(土) 14:46:58 ID:X77s05Gu
>>266
どうもよくわからないな。
>中学生の段階での「映画の技術を勉強できる高校に行こう」は、
>「学歴社会から逃れたいが為にその道を選択しよう」とイコールじゃないでしょう?
正直これに答えてほしいな。

286 :名無しかましてよかですか?:2005/10/22(土) 15:48:35 ID:DX+LaEWJ
藤堂高虎は主を何回も変えている。
これは逆に見る目がないという証左ではないだろうか(w

287 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/22(土) 18:25:37 ID:kzyF8MLT
>>266 元帥ドノ
 うーん。そこまでは・・・>「犯罪や著しくリスクを伴う職業」
 ウチの業界に来る若者は、殆どが一般に言う「良い子」ですよ(ただ、それだけじゃドーにもナランのが現実でして)。
 まぁ、この業界に入って、それなりのポストにつくまでは「世間体」や「一般社会」からはアウトサイダー的な存在になるのは確かで。
 そこら辺の「世間の白い目」を覚悟せにゃナランでしょうが。
 ですので、「リスク」はともかく、「犯罪」とは縁がないですよ。
 唯一、この業界に入った若者が治法と無法の境界線に立つ場面があるとすれば、それは社用車を運転して深夜の青梅街道などをぶっ飛ばす時ぐらいですね。

 かく言う自分は、この業界入る為に地元を出る時、親戚中から縁を切られましたからね。
曰く「立派な定職を持っているのに、なんでそんなヤクザな仕事に転職するのか!」
曰く「鳥坂(仮名)宗家の跡取りが、結婚もせんと地元を離れるなんて! 代々の墓はどうするの!」
曰く「いい年して、まだクダラン夢を見てるのか!」
 漏れの身を案じる反対が半分と、漏れに「家」を継がせる為の反対が半分ぐらい。
 前者はともかく、後者は「江戸時代の大名・旗本じゃあるまいし、何を大げさな」とオモタ。
 だいたい、ウチは(どうも)江戸期から「由緒正しき百姓」の家柄で、「家」も何もあったじゃモンじゃないでしょう・・・・・・と。

>バイク
 漏れの愛車はTREKのカーボンフレーム2000年モデルをベースに組み上げた「鳥坂(仮名)カスタム」でつ。>ダウンヒル用マウンテン・バイク。
 
 今夜のアイルランド史は、日付変更線前後になります。

288 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/22(土) 19:19:07 ID:JH126wze
寝起き・・・・。ななっ!阪神負けてる・・・・。
リンカーン君の仏教史にコメントしようと思い、
寝る前に仏教関係の本を貧しい本棚から探していたのだがほとんどない。
越前は引越しが多くそのたびに本がなくなっていく(涙)。
しかしながら、おもしろそうなのが一冊のこっていた。
「今東光の毒舌仏教入門」・・・・・。なんじゃこりゃ?(笑)
今東光はよしりんが憧れていたひとだが、俺はなんでこんな本持っているんだ?
読んだ記憶がなく買ったままおいていたのだな・・・・。それで捨てなかったのか。
少し読んでみると「仏教漫才」・・、なんだ?ななっ、禁断の四文字言葉まで・・・・。
うぅ、下手に紹介すると今東光が誤解される(笑)
これは今度の休みにじっくり読むことにしよう。
鳥坂氏は、マウンテンバイクか。イメージはモンキーにキタコの88キットなんですけど、まぁいいや。

289 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/22(土) 19:29:06 ID:JH126wze
ついでながら、千念大兄のイメージはCD125Tで、ウィンカーを出すたびに「ピー、ピー」って
電子音がするタイプのやつかな(笑)。
いや、無駄話でした。orz・・・・

290 :名無し四等兵 ◆clHeRHeRHo :2005/10/23(日) 00:34:06 ID:2Gz8NY+R
>>287
>それなりのポストにつくまでは
伝説の御禿様といいデムパ河森といい犬キチ押井といい、むしろ有名になる人ほど世間的にアレな人になっていく気がする謎

291 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/23(日) 00:56:20 ID:NfWvauBB
>>290
 ああ、アレはですねぇ。
 世間様が「ゲージツ家」と持ち上げるモンですから「自我を抑制する壁」が崩壊して「我が侭」になっちゃうんですよ。
 ある人事論の本に、
「人は地位が上がるほど社会から甘やかされて、自ら我欲を抑える力が弱まり、精神の一種幼児化が進行する」
とありましたが、良くも悪くもその典型です。

 だいたいの演出・監督さんは、「概ね常識人」ですよ。
 そうでなけりゃ、「えー、あの人と組むのぉ?」と、作画サンやライターさんから敬遠されますから。
 時々、アニメ雑誌でバブル的に持ち上げられた(比較的)若手の監督が、のぼせ上がって「我が侭王子」になり、ブームが去るとあっと言う間に干される・・・なんてザマミロな事が起きます。

 我が侭デムパを押し通し、尚かつ地位と才能を維持できる「我が侭大王」なんて、希にしか発生しません。
 押井・トミーノ様の足元には、「彼らになれなかった数百人の押井・トミーノ」の屍山があるんです。

 んじゃ、「アイルランド史」行きマース。

292 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/23(日) 01:02:30 ID:NfWvauBB
とびきりいい加減なアイルランド独立史

第十六回 雌伏の時

 さて、イースター蜂起から約8ヶ月後の16年のクリスマス頃、マイケル・コリンズは英国本土の刑務所から釈放され、アイルランドに帰郷する。
 叛乱軍一兵卒の帰還に、とりたてて注目する者は英国側にいなかった。

 叛乱後の一斉検挙で、IRBとIRAは壊滅的な打撃を受けた。
 ・・・・・・と、資料にあるが、あながち間違いではないだろう。
 とにかく有象無象を含めて「アヤスイ」と言う輩は残らず逮捕・拘留されたのだから、開店休業状態だったのは間違いない。
 そんな時にマイケル・コリンズはアイルランドに帰郷した。
 以前いた会計事務所に復帰したのかどうかは不明だが、とりあえず「ゲール語連盟」のキーティング支部に入ったのは確かだ。
 ピアスが乗っ取って以来、「ゲール語連盟」はIRBの巣窟となっており、コリンズは同組織を隠れ蓑に、IRBとIRAの再建に努力する。
 特に彼がその才能を発揮したのが、両組織の財務管理だった。
 株屋と信託管理会社で培った経験が生かされたのだろう。
 彼の仕事ぶりは、ケチで細かかった。
 1ペニーでも請求する場合にはその理由か領収書を要求すると言う「締まり屋」で、後年の話になるが、浪費家に豹変したデ・ヴァレラとよく衝突したらしい。
 ただ、「カネに五月蠅い」と言うのは、革命家・運動家に欠かせない資質であり、その資質故に組織で重宝がられた事は間違いない。
 17年早々に、IRAの評議会が開催され、そこでコリンズは臨時執行部幹部に選ばれている。

293 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/23(日) 01:03:33 ID:NfWvauBB
 ここで、コリンズのIRAとIRBへの見方を整理しておく。
 一般に、IRAはIRBの戦闘部門──喩えればナチ党と武装SSの関係──と見られているが、コリンズはIRBとIRAは別個の組織であると考えていた。
 IRBは「アイルランド独立」を願うアイルランド人達の受け皿であり、IRAは「アイルランドの為の軍事組織」であり、政治的に共闘する事はあってもIRAがIRBの指揮下に入る事は無い、と言うのが彼の考えだった。
 これは、ピアス達IRB幹部のロマンチシズムにIRAが振り回されたイースター蜂起がトラウマになっているのだろう。
 この後の独立戦争期、彼はアイルランド独立政府の財務大臣とIRA司令官を兼任するが、彼はIRAが独立政府の指揮下へ完全に組み込まれる事に徹底抵抗している。
 その根底には、デ・ヴァレラ達理想主義者に対する不信があったと思われる。
 
 同じ頃、マイケルと同時期に釈放されたグリフィスは、「とばっちり」で滅茶苦茶にされた〔シンフェイン党〕の再建に努力していた。
 んが、彼が監獄に入っている間に〔シンフェイン党〕はすっかり様変わりしていた。
 とにかく名前だけは有名になった〔シンフェイン党〕に、党が主張する方針や考えを理解しないままに「熱心なナショナリスト」達が集まってきたのだ。
 前にも書いたが、党首グリフィスの唱える「将来のアイルランド像」は、イギリス国王をアイルランド国王とする二重王制国家である。
 熱心なナショナリスト達が夢見ている「アイルランド共和国」とは、ある意味で対極にある。
 ところが、そんな事はお構いなしに「熱心なナショナリスト」達はシンフェイン党に続々と入党してくる。


294 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/23(日) 01:07:09 ID:NfWvauBB
 イースター前にいた「熱心なナショナリスト」は党員になる事はなく、党をサロン代わりにしていただけだったが、今度の熱心なナショナリストは「シンフェイン党」の金バッチを付けているところが異なる。
 当然の事ながら昔からいる「グリフィス派」と新規入党した「共和国派」との間で意見の衝突が起きる。

 そうなるんだったら「共和国派」が出て行けばエエジャマイカ・・・・・・と思う。
 が、彼らは「イースター蜂起の首謀者=シンフェイン」と言う金看板をどうしても捨てがたく、結局このままアイルランドが独立(正確には準独立)するまで、同床異夢を続ける事になる。

 この頃は、とりあえず「徴兵制のアイルランド適用反対」と「南北アイルランド分割反対」と言う、両者が歩み寄れる二点を党の方針としてまとまっていた。
 ただ後者の方針について、グリフィス派はアイルランドのカトリックとプロテスタントを「アイルランド国王(=イギリス国王)の臣民」と言う枠で括る事で「1つのアイルランド」を形成しようとしていた。
 一方の共和国派がどのような統一アイルランド像を持っていたのかハッキリしない。

 「熱心なナショナリスト」の代表格であるデ・ヴァレラが後年、一時期本気になって考えてた事から想像するに・・・・・
 力尽くでアルスターのプロテスタントをアイルランドから追放するつもりだったんじゃないか・・・・・・と想像してしまう。

295 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/23(日) 01:09:04 ID:icMvBbfT
 さて、IRB、IRA、シンフェイン党がそれぞれ各個に再建に励んでいる頃、穏健派ナショナリストの代表組織〔アイルランド議会党〕は何をしていたか
 ・・・・・・と言うと、イースターの騒ぎが収まった後も黙々とアイルランド自治に向けて準備をしていた。
 ところが、彼らの足元を揺るがす事件が起きる。
 
 17年2月、アイルランドのクレア州で英国国会議員の補欠選挙が行われた。
 この選挙に、シンフェイン党は、イースター蜂起で処刑された貴公子ジョゼフ・プランケットの父親、プランケット伯爵を擁立する。
 投票前の下馬評はアイルランド最大政党の〔アイルランド議会党〕公認候補優勢だった。
 〔シンフェイン党〕は、イースター蜂起で有名になったとは言え、議会に席も持たない弱小政党であり、組織力も弱い。
 が、結果は、シンフェイン党の圧勝だった。
 この「意外な」結果を英国労働系新聞マンチェスターガーディアン紙は、
「シンフェイン党の勝利は、戦地での英国陸軍の重大な敗北に相当するモノだ」
と評している。

 日本でも国会議員の補欠選挙は、その時々の世論のバロメーターに使われている。
 この補欠選挙でも同様の評価がなされ、それまで唯一のアイルランド人の代表者だった〔アイルランド議会党〕は、その地位が怪しくなってきた。

296 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/23(日) 01:10:09 ID:icMvBbfT

 その頃、デ・ヴァレラはまだ監獄の中にいた。
 アメリカ国籍を持っているという事で死刑は免れたが、その代わりに無期刑になっていた彼に社会復帰の見込みはなかった。
 が、ここで17年2月の補欠選挙結果が、思わぬ福音を彼にもたらす事になる。
 
 補欠選挙の結果を見たロイド・ジョージ英政権は、このまま〔アイルランド議会党〕のみを相手に自治化準備を進める事が、果たしてアイルランド人の意見を反映するモノになるのか? と疑問を持ち始めた。
 17年5月、ロイド・ジョージはアイルランド議会党に、
A:とりあえず北部6州(アルスター)を自治範囲から分離するという特例条件付きで、いますぐ暫定的自治に移行する。
B:全アイルランド各派の代表を集めて「アイルランド大会議」を開催し、アイルランド自治の方式をもう一度協議し直す。
・・・・・・の、どっちにするか? と聞いた。
 議会党はB案を選択した。


297 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/23(日) 01:11:08 ID:icMvBbfT
 英国政府は「全アイルランド各派」と言う条件を満たす為、獄中のナショナリスト達を釈放した。
 その中に、デ・ヴァレラもいた。
 17年6月、彼はアイルランドに帰郷する。

 帰郷した彼を待っていたのは、選挙だった。
 既に「神話化」が進んでいたイースター蜂起に参加した生存者の中で最も地位が高く、最後まで抵抗したナショナリストを、シンフェイン党が見逃すはずがなかった。
 7月に行われる補欠選挙に、彼はシンフェイン党公認で立候補する。
 そして当選した。

 この前の5月にも補欠選挙が行われ、シンフェイン党の候補が当選している。
 デヴァレラでなくてもシンフェイン党候補が当選したかも知れない。
 それはとにかく、この選挙戦で彼は水準以上の選挙運動指導力を発揮して、「政治家の資質」を持っている事を世に証明する事が出来た。



298 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/23(日) 01:15:27 ID:icMvBbfT
 で、この頃、コリンズは何をしとったかというと、徹底して裏方業務に励んでいた。
 彼は組織運動と組織運営には熱心だったが、実際の政治には無関心と言うと語弊があるが、とにかくあまり関わりを持たないようにしていた。

 熱心さではデ・ヴァレラと負けず劣らずの彼にしては、なんか矛盾しているようにも聞こえるが、この頃の彼は、
「どんな馬鹿がトップに立っても大丈夫な、揺るぎないアイルランド独立派組織」
を作る事に邁進していたのではないだろうか?
 または、彼らに対して「学」が無い、と言う引け目もあったかも知れない。

 前者の推測については後年の独立戦争期に、彼がどんなに多忙になっても、財務と情報組織と兵権(IRA)=〔組織の胃袋と背骨と拳骨〕は絶対に手放さなかった事から、ソレを推測する。
 まぁ、経理とかの実務を経験した者から見れば、言う事は立派だが組織を維持運営する事に関してはド素人な連中に、組織を任せるなんて自殺行為はしたくないだろうしねぇ。
 後者の推測については、同じく後年、イギリスとの講和交渉の代表に選ばれた時に「俺は大学出じゃネェぞ!」と逃げ回った事実から推測した。
 ↑無論、ロンドンに行ったらチャーチルに殺されるという恐怖もあったろうか。

 コリンズ、デヴァレラ、それにグリフィスと役者が揃い、アイルランド独立運動は、これ以後、急速な転換と激動の時代を迎える事になる。

 今日はここまで。
 明日は、シンフェイン党の躍進と独立戦争勃発前夜まで。

299 :中村 ◆CHBTxVTges :2005/10/23(日) 06:24:36 ID:OgLBixQn
鳥坂センパイ乙です。
蛇足ながら、今回は「第十八回」かと。
(前後編を分けて考えなければ、第十七回)


やっと規制解除された…


300 :越前HG ◆WTQ4WXzIyQ :2005/10/23(日) 07:31:42 ID:JJaeOAvZ
時間かかりましたが前に頂いたネィティブアメリカン格言の越前なりの咀嚼の結果は
『怒りは、人生の目的になりえる。人間の感情の中で
喜びは時に退屈だ。
笑いはすぐ飽きる。
悲しみは時が解決する。
しかし怒り、あるいは憎しみはどうだ?
怒りは人生そのものになる魔力がある。
いや、怒りは生きる者の魅力となりえる。
人生は容易に、怒りに支配される。
もっと豊かに生きられる人生を
怒りに譲渡するようなことは愚かなことだ…。
怒りは悪魔の誘惑だ…。
怒りに耐え切れなくなった時、悪魔はお前に手を貸すだろう…』

301 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/23(日) 09:20:11 ID:aRuouVTZ
>>277
>色坊主/改氏
>まっつんのセンスは努力で身に付くものではないかと。

同じ天才肌といえば往年の天才、ビートたけしが挙げられるのではないかと思います。
私は彼のお兄さん、北野大さんが好きでして、本などをよく読んだものです。そこで大さんがたけしのその
努力を大変に認めている。
身内のことを自らの著書の中でべた褒めするのは傍から見ているとあまり美しくまいのですけど、「天才」と
評されているたけしさえも「努力の人」だったと言うことに「天才とは1%のひらめきと99%の汗である」という
エジソンの言葉に説得力を持つものです。

北野大さんの講演を聴きに言ったことがありまして、講演後「出待ち」をしてタクシーに乗り込む際に、当時
読んでいた氏の著書の見開きにサインをして頂いたことがあります。お忙しいところに丁寧にサインをして頂
き、ますます氏のファンになってしまいました。

>今、自分のしていることが“努力”だと認識できる内は、まだまだ及ばぬ努力だと愚考します。

至言ですな。やっぱり努力が足らんかったのかなぁ〜(←なんのこっちゃ!私レス失敬…)

302 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/23(日) 09:31:19 ID:aRuouVTZ
>>287
>鳥坂氏、

>「リスク」はともかく、「犯罪」とは縁がないですよ。

少し極言が過ぎましたね。「犯罪」は取り消します、済みません。
しかしそれだけリスクの高い道に進む、という決断はそれまで大切に育ててくださったご両親への
背信行為、であるとは思います(←まだ食いつくのかい!)
それを「個性」の名の下に、大学への進学やら大手企業への就職と同列に扱ってしまう、ということは
「リスク」をまだ認識しきれていないであろう、その子の将来にとってもマイナスが大きいだろうし、その
子の覚悟を試す、と言う意味においても、ご両親には大反対をして欲しいと思っているんです。
その方向性とは、公立高校への学科の設立は相容れないのか、と考えているんです。

>だいたい、ウチは(どうも)江戸期から「由緒正しき百姓」の家柄で、「家」も何もあったじゃモンじゃないでしょう・・・・・・と。

黒鳩家(仮名)の墓も作らず、私の「嫡男辞退」も簡単に認めたウチの両親よりは暖かいご両親ではない
ですか。ウチの場合、「お前などイラン子じゃ」と言われている様で何となく悲しかったです。
まぁ家を出たかったもは私の方ですので、私がそういうのも矛盾しているんですけどね。

303 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/23(日) 12:35:52 ID:sCOyWVCk
オハヨウゴザイマス。頭痛が痛い…。奈良は急に寒うなりもうした。

>>286ドノ
見る眼があるかないかはさて置き、“見切り”の早い人物であるのは確かなようですな。

>>301 元帥閣下
確かに。“素質”を“才能”というものに転化させるには“何か”が必要であることには同意します。
私はそれが“努力と認識できる努力”だけであるとは思いませんが。
まぁ別に半泣きにならずとも“楽し過ぎて努力している気がしない”というのも、ある種の鍛錬には
なっているんでしょうな。元々が面倒臭がりなので、なかなかこの境地には至れませんがw
私の場合、まずは“半泣きになる段階”が必要ですw。表面上は“屁でもない”と嘯くんですがw

面白いウンチク、というか蛇足なんですけど、私が社会?に出て中2以来とったことのない“ノート”
なるモノをとっていたら(正確には勉強しているフリをしていたらw)、
「そんなモンとってどないすんねん。ノートが無けりゃどこに書く気や?脳みそに書くクセつけとけ」
と一言…。ん〜天才肌は言うことが違うw

304 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/23(日) 12:46:23 ID:sCOyWVCk
>>303 追伸:
むかし世話になった中に“努力の天才”なんてのもいましたな。私は適正ゼロだw

305 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/23(日) 12:48:10 ID:sCOyWVCk
>>303 さらに追伸:
wい過ぎ

306 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/23(日) 13:09:22 ID:sCOyWVCk
>>301
タケちゃん(馴れ馴れしい)の話が出てきたので思い出したのですが、以前彼が、
「親父が可哀そうに見えないと、大人になったとは言えない」と言っておりましたな。
大人の定義を云々言い出すと、また長くなりそうですが、よく分かる格言ですな。
ガキのまんま(ガキの定義もまた長くなるので省)の私が言うのもなんですが、
親父見ていると、感謝こそすれ、尊敬はできない。って言うか可愛い。
子供の頃は、ラオウのごとく恐怖政治をひいておるように見えましたが。
ちょっとは大人になってきたんですかねぇw

ではいったん…

307 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/23(日) 13:17:32 ID:sCOyWVCk
おっと言い忘れ…
親とは言え、一人の漢wに“可哀そう”という表現は私の勝手な美学(出た!)に反するので
表現を変えてみました。以上

308 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/23(日) 13:30:58 ID:SDWU2fi3
年々、親父が偉大に見えてしまう俺はスーパーガキだな。
結局、俺は親父や兄貴を見上げるだけなのかな・・・・・。
寝よ。今晩も夜勤だ。

309 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/23(日) 14:19:34 ID:BrHfWIVt
ただいまです。
“適性”と“布いて”に訂正。バカ丸出し…

>>308 はよ寝ぇ!
それはそれで、いいんじゃないか?“可哀そう”に見えるか“偉大”に見えるかは
主観一つだと思うが。視点が違うだけで、見ているものは同じ。勿論、対象が同一人物の場合な。
まぁどーゆー意味で見上げているのかは分からんが…

310 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/23(日) 14:24:40 ID:BrHfWIVt
>>309
表現は違うが、受けている感覚は同じ…に訂正
くたびれた背中を見て、哀愁を感じるのか偉大さを感じるのか…という意味で

311 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/23(日) 14:45:27 ID:BrHfWIVt
まだおかしいな…
“くたびれた背中”を、“哀愁”と表現するのか、はたまた“その哀愁を偉大”と表現するのかの違いだけで、
見ているものは同じ…に訂正
(あかん。訂正のドつぼに…)

深い意味なく、言葉通り、単純に“偉大”に見えるというのは、この場合、論外な。
あかん、何ゆうてるか分からんようになってきた。落ちます

312 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/23(日) 19:03:54 ID:2hFRodbt
起きた。うぅ、また阪神負けてる・・・・・。
最近、甲野よしりんは来ないな。途中殿も忙しそうだし。
コーヒー飲んで、シャワー浴びて、お気に入りのルージュをひいて、今夜も仕事なのよ。


313 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/23(日) 19:14:10 ID:2hFRodbt
>>300
お、パソコンと携帯では、トリップの文字が変わるんだな。ムホホ・・・!


314 :越前HG ◆WTQ4WXzIyQ :2005/10/23(日) 20:34:21 ID:JJaeOAvZ
会社の事務所から携帯でレス。>>311などの色坊主へ
『主観』に限定して話せば、色坊主家の次期城主として期待されているおまいと、
リン君的に表現すると内藤家の産業廃棄物として厄介者扱いされてる俺とでは、
当然、そのへんの主観は変わってくるだろうな。
交換日記化してくるのでこの話題は終了(笑)

315 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/23(日) 21:41:31 ID:OpuIUY65
>>314
最後に一言だけ…
何を卑屈になっておるのだ。イケイケどんどんの孫堅パパや孫策兄ちゃんに
必要以上にコンプレックスを抱く必要はないぞ、孫権仲謀君!(なんちて)

316 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/23(日) 21:55:35 ID:9hxQJkmF
追伸:
つーか30越えた、おっさんの会話じゃねーぞw

では…

317 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/23(日) 23:07:21 ID:n6i+Z2/Z
>>288 越前ドノ
>モンキー
 以前は工事/調査現場内の移動用で、〔ゴリラ(ノーマル)〕に乗ってましたよ。中型4駆にも積めて便利デスタ。

>>299
 うおわっち! ドモです。

>>302 元帥ドノ
>大切に育ててくださったご両親への背信行為、であるとは思います
 親の想いに応えるのも孝行なら、親の想いを越えていくのも孝行でしょう・・・・・・などと、親のいない漏れが言うてもせんない事ですが。
 専学時代、三十路目前リーマンからの業界転職ってのが珍しかったのか、同級生の親御さんに呼ばれてよく話しました。
 ぶっちゃけた世間話から始まって、行き着く先は「ウチの息子と来たら・・・」となり、何と言っていいやらな状況へ。
 でも何故か、漏れの生き方には肯定的だったりしました。>そう言った御両親。
>暖かいご両親
 あいや。漏れの転職に反対したのはパパンとママンじゃなくて、叔父貴・叔母貴の親戚でつ。
 両親は既に鬼籍に入ってましたから。

>>312
 ニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤ

 今日(23日)分のアイルランド史は、24日午前3時以降に。
 まだまだ仕事だよ。グスン。

318 :名無しかましてよかですか?:2005/10/24(月) 00:19:18 ID:eoegjopC
>>285
>中学生の段階での「映画の技術を勉強できる高校に行こう」は、

数年前に「映画技術が後継者がいないため途絶えてしまう。さあ困った」という内容のテレビ番組を見たことはあるよ。
何の技術だったかは覚えていないw 都知事の学校はそのためかも。
ただ、今だったらデジタルで何とかなりそうな気もする。現場の技術を学校で教えられるか?というのもある。

高校の段階なら専門学校に比べて、リスクは少ないかな。
卒業して大学へ行けばリカバリー可能だろうし。

ただ学校はあくまで学校でしかない。食っていくのは本人次第だ。これは高校や大学も同じだけど。


319 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/24(月) 03:23:32 ID:8TYzgLaX
とびきりいい加減なアイルランド独立史

第十九回 「何となく親英かつ反英」から「何が何でも反英」へ

 さて、出所した直後のデ・ヴァレラがシンフェイン党から英国国会議員補欠選挙に立候補して当選した17年7月、英国首相ロイド・ジョージが提唱した「アイルランド大会議」が開催される。
 しかし、「自治後のアイルランドをドーするか?」が議題のコノ会議に対し、アイルランドの完全独立を目指すシンフェイン党とアイルランド労働党は反発し、ボイコットする。
 数的にはまだ弱小ではあっても”時の勢い”だけはある同党の出席が見込めなくなった時点で、何を話し合っても意味がないようにも思える。
 それでも大会議は17年7月から18年4月まで行われ、何の結論も出ないままに閉会した。
 もっとも、会議は、彼らとは別の目的で「自治反対」を唱えるアルスター・プロテスタント勢力に引っかき回されていたから、仮にシンフェイン党が出席したとしても、実りのある結論が出たとは思えない。
 つまり、この頃には既に、南北アイルランドは政治的に分断されていたのだ。

 アイルランド大会議が空理空論を積み重ねている頃の17年10月、シンフェイン党の党大会が開催された。
 焼け太り的に膨れあがった党組織を再編し、党の方針を一本化するのが目的である。
 具体的な数字で言えば、17年2月時点の党員数が約2000名(少なっ!)だったが、同年10月には25万人(!)になっている。
 まず議長選出が行われ、そこでデ・ヴァレラが議長に選ばれた。
 設立時から同党を指導してきたグリフィスは副議長となった。


320 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/24(月) 03:24:35 ID:8TYzgLaX
 この人事の裏事情はこうだった。
 まず、数の上で「共和国派」が多数派になった以上、彼らの中から議長を選ぶのが筋であるという意見。
 次に、「イースター蜂起の首謀者」という看板を掲げている以上、肝心の蜂起に参加しなかったグリフィスが議長になるのは、どうも「体面」が悪い。
 蜂起の時に慌てて参加したのにピアスにヤンワリとカエレ(・∀・)と言われ、英国政府に「お前が首謀者だ」と勝手にデッチ上げられたグリフィスにとっては言いたい事もあったろう。
 デ・ヴァレラが選ばれた理由は、「神話の英雄」。ただそれだけである。
 人柄とか指導力とか、そう言う要素が根拠になかった事は複数の資料が認めている。
デ・ヴァレラはグリフィスに「党員の大多数を占める共和国派と、党と共闘すべきIRAの両方の仲をまとめられるのは私だけだ」と、議長選立候補を辞退するように説得したと言う。
 また、ある資料には二人の間をマイケル・コリンズが取り持ったという説もある。
 いつ頃からかは分からないが、この頃にはコリンズもシンフェイン党に入党していたようだ。

 彼もちゃっかりと党執行部幹部に納まっているが、上記の説の通りにグリフィスを説得した事で古参党員「グリフィス派」の反感を買ったのか、最下位当選だった。
 そして、スッタモンダの末に決まった党方針は、「グリフィス派」と「共和国派」の意見を足して2で割ったようなモノだった。
1.まず、共和国として独立する。
2.しかる後、この先「共和制」で行くか「二重王制」で行くかは、アイルランド国民による国民投票で決める。
・・・・・・とされた。
 まぁ、宗主国的立場の英国だって昔の革命期には王制→共和制→王制とコロコロ変わっているから、やってやれない事はないだろうが、何だかなぁである。
 この国民投票に、アルスター・プロテスタントもカウントされているのかどうかは不明である。

321 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/24(月) 03:25:38 ID:8TYzgLaX
 シンフェイン党党大会が開催された後、IRBとIRAも再編を目的とする秘密大会が開催された。
 新編IRBの新綱領作成を行ったのがコリンズで、内容は不明だが、彼は旧綱領よりも規律を厳格とするようにしたらしい。
 コレに反発したのがデ・ヴァレラで、彼は新IRBをカトリック教会の支配体型に似た秘密主義だと批判し、新編に伴う再宣誓を拒否し、IRBから脱会する。
 IRBが秘密結社である以上は秘密主義を伴うのは当たり前だし、ソレにアンタはカトリックの聖職者になるのが夢やったやないけ! と突っ込みたくなる。
 まぁ、アイルランド国民の代表であるシンフェイン党議長(←無論、デヴァレラの誇大妄想である)が、秘密組織の「使い番」にされる事が我慢がならなかったのだろう。

 IRAの大会では、「神話の英雄」デ・ヴァレラがIRA議長になり、コリンズは組織部長となった。
 既にIRAの財務を仕切っていたコリンズに対する人事は、現状追認の意味が強い。
 ただ、この頃のデ・ヴァレラは
「IRAをどのような武装組織にするか?」

「IRAをどのように政治的に使うか?」
について具体的な考えはなく、実質的にコリンズへ「丸投げ」していた。
 デ・ヴァレラが何とかの一つ覚えで「市民軍」「市民軍」と言い出すのはもうちょっと先の事で、その頃にはIRAはコリンズ構想に基づいてゲリラ部隊化していた。


322 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/24(月) 03:27:27 ID:ApcOhRjU
 この頃、すでにアメリカはWW1に連合軍側で参戦しており、大西洋を行き交う物資量は格段に増えていた。
 IRA(コリンズ)は、このドサクサに紛れて積極的に武器を密輸し、主に南部の山間部で軍事訓練(と言っても、射撃訓練程度だが)に励んだ。
 シンフェイン党の党大会では、IRAの兵士が行進し(非武装である)、その数を誇示し始める。
 ↑しかし、コレがますます「IRA=シンフェイン党の武装組織(軍隊)」と言う、市民や英国の勘違いを強くさせる結果になった。
 だがその実情は、「弾丸の数より兵の方が多い」と言う昔ながらの事情にあまり変わりはなかった。

 さて、17年の2月(プランケット伯)5月(?)、7月(デ・ヴァレラ)、と立て続けに補欠選挙で勝利したシンフェイン党だが、やはりソレは「一時の熱病」でしかなかった。
 その後の、北部6州で行われた補欠選挙では三連敗する。その理由は、シンフェイン党が(空想的方針を党是としている故に)具体的政策を何にも語れないところにあった。
 イースターの熱が冷めた上に、プロテスタント勢力が強いアルスターでは「反米独立」を連呼するだけでは選挙には勝てなかった。

「潮目が変わった(w」
と読んだ英国政府は、反英国的なシンフェイン党の弾圧に乗り出す。
 その過程で、シンフェイン党幹部でIRBの最高評議会議長のトマス・アッシュが逮捕された。
 彼はイースター蜂起の際、「タッチの差」でデ・ヴァレラより先に降伏したIRA幹部で、いわば「18番目の男」であり、コリンズの親友だった。
 アッシュは、不当逮捕に抗議する意味で獄中ハンストを行い、その結果死亡する。
 コレを奇貨としたのがコリンズだった。
 彼はダブリンで、盛大な葬儀を行った。
 200名のIRA義勇兵にライフルを持たせ、コリンズ自身は副司令官の制服に身を包み、アッシュを「アイルランド国葬」で祀ったのだ。
 この葬儀には数万の市民が参列し、コリンズはIRAの復活とその力を、彼らの前で誇示した。


323 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/24(月) 03:28:34 ID:ApcOhRjU
 ある史家は、コリンズがコーディネイトしたこの葬儀を
「第2のイースター蜂起」
と呼び、またある史家は
「アイルランド市民に与えたインパクトは、16年イースターよりも大きい」
と評している。
 コリンズは、変わり始めた潮目を、親友の死を利用して強引に引き戻したのだ。

 ところが、英国政府はソレを見逃した。
 WW1からロシアが脱落した事で東部戦線の圧迫から逃れたドイツは、アメリカ軍が本格的にやって来る前に西部戦線の決着を付けようと攻勢を強める。
 事ここにいたり、英国政府もなりふり構っていられなくなり、アイルランドからも徴兵可能とする法案を下院に提出する。
↑この事からも、前の「徴兵法」がアイルランド適用外だったことが分かる。
 この、アイルランドをピンポイントに狙った新徴兵法案に、アイルランド市民は反発する。
 まぁ、西部戦線の凄惨さが既に知られていたこの頃、誰だって兵隊にはなりたくないわな。
 ハーメルンの子供達宜しく「ジョニーよ銃を取れ」に幻惑されたヤンキー共はドーだかしらないけど。
 シンフェイン党は、
「ほら見ろ、俺達の行った通りだ!」
と、小躍りして「徴兵法反対!」を叫ぶ。
 未だ英国議会でアイルランド勢力の多数派である〔アイルランド議会党〕も、
「話が違う!」
と怒った。
 彼らは修正案を提出するが受け入れなれないと見るや議事堂を退出。審議拒否の姿勢を見せた。
 それでも法案は18年4月に可決。〔アイルランド議会党〕は、その政治力の低下を世に知らしめる羽目になる。

324 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/24(月) 03:29:31 ID:ApcOhRjU
 アイルランドでは、アルスター・プロテスタント(ユニオニスト)を除く全組織がアイルランド徴兵法反対で結集した。
 ダブリンの市長までもが徴兵制反対会議で、
「これは、アイルランド民族に対する英国政府の宣戦布告である。(中略)
 これは、小民族の民族自決の権利を明らかに侵犯するモノである。(中略)
 われわれは、全アイルランド人が、自らの意志によって最も効果的な方法によって抵抗するように訴えるモノである」
などと声明を発しているのだから、アイルランド全体がかなりヒートアップしている事が分かる。
 この声明に応えるように4月23日(イースター蜂起からほぼ一周年)、アイルランド労働組合会議は、ゼネストを決行する。

 この「寝た子を起こした」「やぶ蛇をつついた」結果になった事態に対し、英国政府は更に強硬な手段に出る。
 徴兵制反対運動の中心的存在であるシンフェイン党への弾圧を強め、その過程で今度はマイケル・コリンズが逮捕される。
 シンフェイン党の軍隊(と、英国が勘違いしている)IRAの実質的リーダーである彼を拘束して、イースターの再現を防止するのが目的だった。
 ところが、IRAが用意した保釈金で、コリンズはアッサリと出獄する。
 何だったんだ? である。

325 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/24(月) 03:30:32 ID:ApcOhRjU
 ここまでの流れを見れば分かるように、アイルランドの「熱狂的反英精神」と言うのは、英国側の失策と、ソレを上手く利用した急進的ナショナリストの狡猾さと「時の運」によって産み出されたモノである。
 もともとは世論の少数派でしかなかった急進的ナショナリスト達が、世論の大勢を取り込む過程を、もっと詳しい資料で再検討して欲しい。
 そこには、「主張の正当性」や「方針の現実性」とは別次元の、市民の不安や不満につけ込み、彼等を自分達の同志に取り込むマーケティングと宣伝の「技術」がある。

 今日はここまで。
 来週末は、いよいよ独立戦争開戦です。

326 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/24(月) 08:34:35 ID:3RSJI747
皆さんおはようございます。
この日曜日は、千念先生VSIF氏の黒岩氏談義に触発されて、いつもはTBS系のサンデーモーニングを観ているのですが、
報道2001をついつい観てしまった黒鳩です。「喝〜ッ!」

この「報道2001」に限らず、この日曜日の報道番組は小泉首相の靖国参拝が主に取り上げられていましたが、「報道2001」
などは櫻井よし子と日中歴史研究所のナンタラという人の意見を戦わせる、というカタチを取っていてまだバランスがとれて
いたと思いますが。サンデーモーニングなどは酷かったですね。その後の「サンデージャポン」も、これは既に報道ではなく
バラエティなのだが、こっちも酷い、とにかく「同じ日本人としての政治的失策の追求」と「敵国の事後法による一方的な私的
制裁」の区別をつけないで所謂「A級戦犯合祀」を語っている人間ばっかりで、観ていて開いた口が塞がらなかった。←この
区別をつけることを姜尚中は「戦争責任の二重基準」等と批判しているが、彼はナショナリズム自体を否定している「ボクタチ
地球人」の人なので話にならない。あとテリー伊藤なんかに靖国語らせるなよ。認識不測が露呈されて彼の価値が下がりか
ねない。私は彼のことが好きなので、これは飽くまでもファンからのお願い♪、の範疇。

「政治的失策」で東条などへの絞首刑が肯定されるのなら、小泉首相の構造改革が将来失敗だと判断されたのなら、小泉首相
をギロチンにでも掛けろ、とでもそういう方々は主張なさるのだろうか。1万歩譲って300万人もの戦死者を出した責任ある為政者
の責任追及の方法として何かしらのペナルティなり懲罰なりを課したとしても、それは同胞である日本人の手によってなされるべ
きである。所謂「A級戦犯」などという、敵国の一方的に押し付けられた観念で同胞を語るべきではないだろう。

今更ながらの話題ですけど、この日曜日に気になったことなどカキコ。あと、祝ディープインパクト三冠達成♪


327 :凛家亜武 ◆zgWjY89cfk :2005/10/24(月) 08:39:27 ID:8CnMKmW1
    〜現代日本に仏教の意義を問うF〜

飛鳥時代に国教としての地位を獲得した仏教は、氏族だけでなく
民衆にも知られていく事となる。各地に天皇が寺院を建立し、
奈良時代になると、神宮寺のように神仏習合の発端も起こる。
これはいかに仏教が興隆していたかの一つのよすがであるが、
聖武天皇の国分寺、国分尼寺、東大寺の大仏建立などがあり、
国家安穏の為に仏教が信頼されていた事がわかる。

また、遣唐使を通じて南都六宗などが発展し、この辺りから
解釈が雑多になってくる。(この六宗は宗派というほどの差はない
@法相宗、A華厳宗、B倶舎宗、C三論宗、D成実宗、E律宗の六つ)
また、鑑真も来日し、律宗の流布にも努めた。

この辺りの宗派は深く追求する価値は余りない。氏族階級の為の
仏教と言う色合いが強く、聖武天皇は若干違ったが、基本的には
僧尼令によって僧尼を厳しく統制、民間への不法な布教や私度を
禁じたので、民衆はその恩恵にあずかり辛く、また権力と癒着して
奈良仏教は腐敗していく。

この時代の考察はこの程度に収め、仏教への疑問としてずっと、
「地獄思想はいつから?」と言うものが自分の中であったのだが、
どうも天台宗かららしい。中国の仏教家の天台智の書いた
「天台小止観」の中で「十界とは地獄、餓鬼、畜生、阿修羅、人間、
天の六道の迷いの世界に、声聞、縁覚、菩薩、仏の4つを足した物」
と、地獄と言う単語が初登場する。一応ブッダのスッタニパータにも
地獄と言う言葉は出てくるものの、きちんと定義されて出てきたのは
「天台小止観」かららしい。民衆の不届き者の為に編まれた思想である。

328 :凛家亜武 ◆zgWjY89cfk :2005/10/24(月) 08:41:22 ID:8CnMKmW1
>>327
はうあ。FじゃないGでした orz
直すの忘れてたww

〜現代日本に仏教の意義を問うG〜でよろしくです、、、

329 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/24(月) 08:54:07 ID:3RSJI747
>>303
>色坊主/改氏、
>私はそれが“努力と認識できる努力”だけであるとは思いませんが。 
>まぁ別に半泣きにならずとも“楽し過ぎて努力している気がしない”というのも、ある種の鍛錬には 
>なっているんでしょうな。

イチローの逸話に、中学〜高校時代に彼は一年に364日近所のバィングセンターに通い、打撃練習をしていた
そうですね。その練習をしなかった1日も、元日でバッティングセンターがお休みの日だった、とか。
もうここまで来ると鬼に金棒、素質に努力を苦にもしない感覚がプラスされた人間は強いことは間違いがない、
でしょうな。

私は仕事でも勉強でも「天才にモノを教わるな」というモットーを持っています。長嶋さんにあるレポーターが、
「なぜあれほどホームランが打てるのですか?」と聞いたところ、「来たボールをバットに当てるだけだ」と答えた
という長嶋さんはやっぱり天才だろう。しかし人を指導するのにはどうでしょうな。
イチローも将来バッティングコーチなり監督になったとして、「練習終了後364日バッティングセンターに通いなさい」
と指導したら、それについてこられる人間なんて如何ほどいるのだろう。

因みに私はノートに書かないと脳みそに書き込めない凡人でございます。

330 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/24(月) 08:57:48 ID:3RSJI747
>>312
>越前氏、
>コーヒー飲んで、シャワー浴びて、お気に入りのルージュをひいて、今夜も仕事なのよ。 

目指せお店のナンバーワン♪若い青臭いガキなんかに負けないでくださいね。

阪神どうしたんだろう?先発がた崩れで、クリーンナップ総崩れじゃ話にならない。
髪切れ!井川!



331 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/24(月) 09:06:26 ID:3RSJI747
>>317
>鳥坂氏、
>親の想いに応えるのも孝行なら、親の想いを越えていくのも孝行でしょう・・・・・・などと、親のいない漏れが言うてもせんない事ですが。 

カッコいいなぁ〜。なかなか言えませんよそういったことは。でも親の思いを越えるのは学校終えてからでもいいのでは?と思ってしまう。

>でも何故か、漏れの生き方には肯定的だったりしました。>そう言った御両親。 

そういった覚悟ある姿勢に共感を持った、という点もあるのでしょうが、あと他人の息子に対する無責任、見たいなところも
あるのでは。おじいちゃんおばあちゃんが孫を甘やかしすぎるのと同じ心理もあるとおもう、そういった状況に全くなかった
私のジェラシーでござる。

>あいや。漏れの転職に反対したのはパパンとママンじゃなくて、叔父貴・叔母貴の親戚でつ。 
>両親は既に鬼籍に入ってましたから。 
あらら、これは失礼。間違えてはいけない点でした。ご容赦ください。


332 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/24(月) 11:13:38 ID:GaiYIg+u
>>327のリンカーン氏へ
>仏教への疑問としてずっと、 「地獄思想はいつから?」と言うものが自分の中であったのだが〜

 確かにそうですね。私もその点、疑問です。
バラモン教、仏教、ヒンズー教ともに輪廻転生・仮説をベースにしているので、
輪廻転生での生まれ変わるステージにどのようなものがあるかについて、
釈迦が生まれる以前にバラモン教の中でどのように説かれていたのかにも関心があります。
釈迦の思想は当然その思想の影響下にあるでしょうし。
 もっとも釈迦はステージ自体には関心は無く、そこで抱える、生・老・病・死、といういわば逃れられない苦の十字架、に主眼を置いていたのかもしれません。
そうだとすると、地獄・仮説よりも、重要なのは、因果応報・仮説、つまりは善因善果、悪因悪果・仮説、ですね。

現世で善を為せば、それに応じた報いとして、来世で善なる結果が訪れる。すなわち苦が減少、楽が増大する。
現世で悪を為せば、それに応じた報いとして、来世で悪なる結果が訪れる。すなわち苦が増大、楽が減少する。
(果報、結果の報いは、寝て待て・・かw)

この因果応報・仮説の起源は?
そして釈迦のそれへのコメントは?
どうだったのでしょう。
因果応報・仮説自体は、ユダヤ・キリスト・イスラム教にもあるので、それ自体、特異な思想というわけではないですが。



333 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/24(月) 11:15:15 ID:AYBwLB/Y
>>327
地獄についての研究、マジで勉強になったぞ。
そうか、天台宗か・・・・。


334 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/24(月) 11:15:24 ID:v2EOKbos
>>329
>私は仕事でも勉強でも「天才にモノを教わるな」というモットーを持っています

 今、作りましたねっ!w (←嘘嘘、冗談です。御気を悪くなさらぬようw)

ところで閣下、例のトリップでアレするアレですけど(←よく分かる説明)、
忘年会?に向け、そろそろ第2弾でもいかがかと。希望者がいればの話ですがw
まだ早いですかのぉ。「じゃあ、お前がやれ」とか言われそうですので、
“言ってみるテスト”ということで…。逃げ〜♪

一応、仕事中ですので、ここらで御免!

335 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/24(月) 11:15:32 ID:GaiYIg+u
 『地獄』の概念の発明自体はそんなに人間にとって難しい事ではないと思います。
人間を取り巻く自然を見わたせば、
オスがいればメスがいる。食う強者がいれば食われる弱者がいる。生があれば死がある。光があれば闇がある。上があれば下がある。
善があれば悪がある。楽があれば苦がある。 ♪じ〜んせ〜い〜楽〜ありゃ〜苦〜もあ〜る〜さ〜♪
というように対称構造になっている物事が多く、それからの連想として、
神がいれば悪魔がいる。天国があれば地獄がある。
という発想は、わりと容易にできるでしょうから。
 問題はそれをバラモン教は取り入れたのか否か。
取り入れたとしたら、『いつ、どこで、だれが、なにを、どうして、どのように』取り入れたのか。
釈迦はそれに対してどうしたか、ですね。

 前々から、仏教の、逃れられない『苦』というモチーフと、ユダヤ・キリスト・イスラム教の、逃れられない『原罪』のモチーフの相似性って面白いと思っていたIF乃助です。

 IF、ドラえもんのタイムマシーンがあったなら、ソクラテスとイエスとマホメットと釈迦と孔子、彼ら自らの著作のない大思想家の一生まるまるをハイビジョン映像におさめ、
ブルーレイ・ディスクかなんかにして売り出したら、世界的大ベスト&ロングセラーになりますねぇw。

336 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/24(月) 11:34:30 ID:GaiYIg+u
 私、冬眠宣言をしはしましたが、このスレッド、クセになりますね。
『♪やめられない〜、止まらない〜、カッパえびせん♪』です。
というわけで、しばらく、ちょろちょろと書き込みを続けさせていただきます。

 私の書き込みへのアンカー付きのレスをスルーし続けるのが常の私ですが、ちょっとまとめてレスつけます。

>>249のクロパトキン氏へ

 『稼ぐための技術 と 良い意味での世間体』
自分で上記のように書いておいてなんですが、
 『稼ぐための技能 と 良い意味での世間体』
に、さらに変えたほうがさらに良いですね。
『技能』と表現すれば、『技術と能力』の2つの意味を同時に内包でき、便利です。

 『良い意味での世間体』。こちらがやっかいなのでしょう。
私が子供の頃は、
『娘を芸能界に入れるなんて、娘を女郎屋に売り飛ばすようなもの。』
とでもいったような『空気』が『世間様』の支配のもとこの日本社会を覆っていましたが、
今は、ちょっとばかり容姿に恵まれた娘を、親が進んでアイドルタレントにして稼ごうともくろむ、
なんて事は珍しい事でもないご時勢です。。
 美空ひばり氏にしろ、山口百恵氏にしろ、あの頃芸能界入りするのは、ワケありの家の娘、という感じがありましたが。
まぁ、一枚岩の堅物・頑迷であった『世間様』も、地域、世代、そして個人の多様化、個性化によって、
今となっては一枚岩たりえなくなったということですね。
この多様化は必然・不可避ですので、『世間様・全体主義』の崩壊も、やはり必然・不可避です。
ならば、『世間様・全体主義』から離脱した『個』を律する、新たなる『律』を構築し、『個』の中にインストールしなければなりませんね。


337 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/24(月) 11:39:47 ID:GaiYIg+u
>現役東大生がAVに出ている世の中ですし、東大卒の芸能人が珍しくない昨今

 私は、AVは困りますが、東大卒の芸能人に対して、なんの心の引っかかりも発生しません。
団塊世代にとって、東大は解体するに値する権威の要塞だったのかもしれませんが、
私の世代にとっては、東大は某・漫画家の『東大一直線』によってパロディのネタにされるくらい、
その権威は失墜、落ちぶれ、相対化されていました。
私にとっての東大は、学校秀才が集う場所、それが第一のイメージです。
『権威』、あるいは『神聖にして侵すべからず』というイメージは、私の中にはありません。
特に東大生に関してはそうですね。ただそんな私の中でも、『東大教授』は今だに権威付けされていますが。

 陸上競技の種目に10種競技というものがあります。
東大生は、いってみれば、お勉強の10種競技・18歳全国大会で、1位から6000位くらいまでの人達、ということです。
お勉強の10種競技の競技種目は、
現代国語、古文、漢文、数学、英語、物理、化学、日本史、世界史、これじゃ9種競技か・・・、です。 
6000位、という数字は、東大、京大の入学定員がたしか3000名くらいだったので、両者を足して6000としました。
陸上の10種競技18歳全国大会で、1位や2位、3位の者に対しては、すごいな〜と思いますが、全国で第6000位の者に
対して、すごいな〜とは、あんまり思いませんね。それと同様、東大・京大に主席で入学しちゃうような者に対しては、
すごいと思うし、その脳髄をうらやましく思いますが、第6000位ともなると、あまりそうも思いません。
あと、現在の18歳人口は170万人くらいだったと思いますので、単純に
170万人÷6000名≒280人
ですので、東大・京大生の発生確率は、280人に1人なんですね。

338 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/24(月) 11:40:58 ID:GaiYIg+u
 ちなみにその18歳約170万人中、男子は半分の85万人くらい。
プロ野球選手になれる者は、ドラフトでの1チーム6名指名×12球団として1年に72名。
つまり、プロ野球選手の発生確率は、
85万人÷72名≒1万人
で、1万人に1人くらいです。

 『ナショナリズムは神聖にして侵すべからず。』とか、『東大は神聖にして侵すべからず。』という思考停止の態度から、
『ナショナリズムや東大を、いっちょ解剖台にのせてやれっ』という態度への変化は、その権威の解体を招いたりもするのですが、
私はそれを
『限界ある人間理知の、ひとつの前進』
、だと思っています。

339 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/24(月) 11:41:12 ID:AYBwLB/Y
>>335
もしも氏、デュアリズム(二元論)に対して決着をつけたのが法然、親鸞、そしてイエス・キリストではないでしょうか。
いわゆる、他力思想です。もっとも、キリスト教では、パウロ主義に限定されるかも分かりませんが。
神あるいは、阿弥陀様の前に善も悪もありません。



340 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/24(月) 11:56:14 ID:GaiYIg+u
>>338のつづき
 あと、その権威ある対象を『神聖にして侵すべからず』として自らの実存の中心に祭り上げている者にとっては、
その権威的対象を解剖台にのせて切り刻む、という行為は、自らの実存を切り刻まれると等価であり、
その者の実存を大きく脅かす結果となるでしょう。

 ゆえに、私は千念氏にとっての赤い布切れなのではないでしょうか。

341 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/24(月) 12:05:22 ID:GaiYIg+u
 千念氏の少年時代、テレビで見るオリンピック金メダリスト達は、血と汗と涙と、才能と努力の純・結晶体。
オリンポスの神殿にて永遠にその栄光をたたえるべき、あるべき若人のイデア、なのでした。
その鍛え抜かれた肉体はギリシャ彫刻のように光り輝き、その精神は、神の恩恵をうけたもうた、と。
 しかし、私の少年時代、オリンピック放送の裏番組で、ビートたけし氏がその股間に両手をVの字にあてがい、
    『コマネチっ!!!』
とかやっていたのです。
権威も糞もないのです。これは私の属性という事もありますが、世代的属性という面も強いです。
ちなみに、日本における『権威をぶっ壊す』に大きく貢献したビートたけし氏は、確か昭和22年生まれ、団塊一期生です。

342 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/24(月) 12:14:40 ID:3RSJI747
>>336
>IF氏、
>美空ひばり氏にしろ、山口百恵氏にしろ、あの頃芸能界入りするのは、ワケありの家の娘、という感じがありましたが。 
>まぁ、一枚岩の堅物・頑迷であった『世間様』も、地域、世代、そして個人の多様化、個性化によって、 
>今となっては一枚岩たりえなくなったということですね。 

問題なのは美空ひばりや山口百恵、若しくはモー娘。になる為の競争率は、以下に述べておられますが、東大に入る
それより激烈だということなのですよ。然し乍らそれに至る過程は、「芸能コース」は、その評価が一概ではない為、客観
的評価が付けにくい、という部分があると思うんですよ。しかし「東大コース」の評価は客観的ですよ。センター試験900満点
中、何パーセント以上だと東大合格県内であるし、それ以下だと足きりに引っかかってしまう。数字にはっきりと出てきてしまう。
だからわが身の愚かさを見ずに済む、より評価基準が曖昧な方向への「逃避」が起き易いのでは、と思っているんです。
要するに「芸能コース」の方が基準が曖昧な為、一見間口が広いように見えてしまう。「東大コース」は入り口からしてキッチリ
した基準が設けられていてそこから漏れた人間はすきいる余地が無い。
しかしその基準とは、誰もが努力さえすれば到達出来るであろうことを前提としている。門地、家柄などと言う基準は設けられて
はいない、という実は誠に公正なものなのである。

>ならば、『世間様・全体主義』から離脱した『個』を律する、新たなる『律』を構築し、『個』の中にインストールしなければなりませんね。 

だから上記の、実は、「公正」である「東大コース」と、その「曖昧さ」から誰も彼も受けれいれてくれそうに錯覚してしまう「芸能コース」
の認識の違い。
「芸能界で成功する確立」「映画監督で成功する確率」なんて東大に入る可能性より低いんだ馬鹿野郎〜!、と叱る親御さん
は、実は「娘を女郎屋に売り飛ばす」という意識の問題というよりも、「確率からみても妥当」と言わざるを得ない、という問題なのでした。

>>337-338の確率のお話にも鑑み、「だったらよけいに‘楽して’‘確実な’東大を目指せ」と言いたくなりますね。



343 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/24(月) 12:45:05 ID:3RSJI747
>IF氏

IF氏のお説は「東大の権威は地に落ちている」という処から始まっていると思えますが、私は、まず「それありき」
の処から話をしています。

東大はじめ学歴社会の権威は一度落ちたでしょう。学歴社会の勝ち組と思われている官僚や経営者の汚職、
国会議員や大学教授の不埒な犯罪行為←贈収賄ならまだしも(?)痴漢の類って。

上記の経緯から一度落ちた学歴社会の権威に、こぞって「個人主義」が都合よくまとわり付き、「勉強ばかりしても
ろくなオトナにならんぞ〜」的な度を越した反権威主義に対して、いやいや実は学歴社会というものは 『稼ぐための
技能 と 良い意味での世間体』 を同時に身に付けられ、上記のIF氏のご説明の通りに、誠に確率のいい、進学先
であるという話をしているんです。

344 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/24(月) 12:49:26 ID:3RSJI747
>>334
>色坊主/改氏、
>ところで閣下、例のトリップでアレするアレですけど(←よく分かる説明)、 

うう〜ん、よ〜くわっかりますた!
何のことか分からない方の為に以前のレス貼っておきますね↓

345 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/24(月) 12:50:57 ID:3RSJI747

496 名前: 黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo [sage] 投稿日: 2005/09/17(土) 16:11:39 ID:OrG3RwIh
皆さんこんにちは、2週連続の休日出勤中の黒鳩です。 
このスレ在住の皆さんの個人情報を比較的安全に交換する方法を考えました。 

@情報交換を希望するコテハン諸氏各々がトリップをつける。 
            ↓ 
Aキーマン1名を選出し、そのキーマンがレス上に携帯のメルアドを公開する。 
            ↓ 
Bそのキーマンのアドレスに対し他のコテハンが「コテハン#トリップ」を送信する。 
            ↓ 
Cキーマンは取得したトリップを名前欄に記入し、各々のコテハンとトリップが一致するか確認をする。 
            ↓ 
DキーマンはCでアイデンティティが確認できたコテハンの携帯に対しメールにて連絡を取る。 

キーポイントは、@でつけるトリップはBでキーマンに教えます。この点に差支えがる方はその時にだけいつもと 
違うキャップをつけてもいいのではないのでしょうか。その本人確認はIDでします。 

Aで公開するキーマンの携帯のメルアドは流出&悪用される可能性大なので、その時にだけ使用するメルアドを 
設定し、従ってコテハン諸氏のメールの受付も一定の時間を区切って行う。その時間を経過したときにはキーマン 
は公開したメルアドも元に戻す。 

Bでキーマンに送信する情報はメルアドに限った方が無難でしょう。いきなり本名だとか現住所を送信するのは 
リスクが高い。 

Dで携帯のメルアドが交換できる訳ですから、後は個々人メールの交換を通じて本人の確認が出来たところで 
本名やら住まいなどの情報を交換してもいいでしょう。 

いかがなモンでしょう? 



346 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/24(月) 13:02:35 ID:F0gT7CV7
IF氏

>ゆえに、私は千念氏にとっての赤い布切れなのではないでしょうか。

 権威を祭り上げる故に、その権威を攻撃する姿勢が赤い布切れになるので
はとおっしゃいますが、神祇を祀るまっとうな行為を単なる金儲け(霊感商法
と一緒にしたこと(例の落雷フレーズの時)を含め、超越者を信じる行為を
安易に「人間の了見」で否定することに対して非をならしたことはありますが、
小生が貴兄に噛みついた時は、大概、小林よしのりを含め他者を軽侮するよう
なニュアンスを感じたときが殆どだと思いますが。この他者は、権威ある存在
ではなく、小林よしのりも含めむしろ権威の対極にある人々ですが。

 小生も団塊の世代の端くれですので、単なる権威の否定はむしろ身に付いた
性分と言ってもよく、自身も、能力等で分け隔てすることなく級友と付き合っ
て来ましたので、小中高と友人が多すぎて困る(帰省時の飲み会その他)ほど
です。

 小生が、小学校以来最も嫌ってきたのは、自分の知性や、腕力や、親の富力
等に自惚れて、人を見下す類の人間です。その意味で、小林ファンに対して、
痴者呼ばわりする貴君には当初親近感を感じなかった。(おいおい人柄も分か
って来たので今はそうでもないが。)

 闇から矢を射かけて平気な卑劣な人間、信用ならない人間、高ぶる人間等に
対しては、衆寡敵せずという環境でも戦いますが、人間として評価できる存在
を無能呼ばわり等しないというのが小生のポリシーです。

 小生にとっての「これ見よがしにひらひらする赤い布きれ」は、貴兄の自己
の知性及び知性一般への過信かも知れない。

347 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/24(月) 13:08:16 ID:3RSJI747
↑以前千念先生より「仮とは言えトリップを送信するのには抵抗がある」とのご意見を頂きましたので、
B以下のトリップを、5か条程度の「自己紹介文」にする、というのは如何がでしょうか。これも千念先生
からのご指導ではありますが。
例えば次のような、

@好きなタレント⇒高倉健
A好きな自動車⇒スバル360
B好きな歌⇒文明堂の歌
C好きな三角形⇒二等辺三角形
D好きなゴレンジャー⇒群青レンジャー

…という、要は真実でなくていいんです。そのメールに送られてきた自己紹介文をその後、スレ上にて
公開することによって自己同一性を確認出来ればいいのですから。
しかしトリップはつけたほうがいいと思います。そのトリップはその日のレスのIDでやはり確認させて頂きます。

あとこれを行う時間帯が問題になるでしょう。前回は半分実験、という意味合いもありましたので、午後6時くらい
の30分間程度でしたが、然し乍ら3名の有志の方のご参加頂けました。
ただその時間帯だと参加したくとも出来ない、と言う方も居られるでしょうから、都合のいい時間帯、なども予め
お知らせいただければ幸いです、あと勿論行うことの是非も含めて皆さんのご意見を頂きたいと思います。

348 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/24(月) 13:09:47 ID:3RSJI747
ありゃ、誤爆でした。失礼。>>347>>345への補足説明です。


349 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/24(月) 13:25:41 ID:GaiYIg+u
>>342のクロパトキン氏へ
 クロパトキン氏には
『馬券は本命を買いましょう。大穴狙いはやめましょう。最終的にならせば、本命外のほうが、お徳ですよ。』
という人生観が土台としておありなのでしょうか? いや、そもそもギャンプルなどするなっ!!、かな(笑
確率で計算したらその通りでしょう。それは置いといて、

 お勉強努力という地味な努力から逃避する言い訳の自己正当化として、個性の『美名』の下でお勉強街道からドロップアウトし、
それでもって、アイドルになるっ、映画監督になるっ、ではダメですよ。

という主張なのでしょうか? それならば同意です。

 お互い、『芸能人(リベラル)』⇔『東大(コンサヴァ)』は、分かりやすい例として取り上げているだけでしょうが、
ちょっと例が極端なので、その両極端の例の広い広い間の中で、いったい何が言いたいのかが食い違っているようです。
 実際多くの15歳や18歳以下の子供、若者とその親は、『料理人』⇔『日東駒専』くらいの間で人生の選択に揺れ動くのでしょうから。
親としても、現在15歳でとりあえずは普通科高校に入学した、将来、料理人になりたいというわが子に対して、
限られたお給料の中から、塾に通わすべきなのか、それとも、さまざまなレストランや料亭につれてってやり、
そこで、1流、2流、3流の料理に触れさせてやるべきなのか、という選択ですね。

 企業の経営資源といえば、『ヒト・モノ・カネそして時間』ですが、人生の経営資源も同様でしょう。
『料理人』になるためと『日東駒専』に合格するため。一体どちらに15歳までの、あるいは18歳までの限られた経営資源の多くを
つぎ込むか、といった所が、多くの子供、若者やその親の実際の悩みどころなのでしょうね。
 私ならは、一概に『日東駒専』を選択はしないですね。
まぁ、子供の立場なら『勉強は塾に通わず家でしっかりやり、料亭でアルバイトをし、週末は親の金+バイトの金で旨いものめぐりする』
が、私の考える最適解かなぁ。親の立場だとしても同様かなぁ〜。(笑


350 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/24(月) 13:30:20 ID:F0gT7CV7
>>348
元帥殿

 申し訳ない。タイミングを考慮せずにカキコして分断してしまいました。
業務連絡、ご苦労様です。


351 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/24(月) 13:44:07 ID:3RSJI747
>>349
>IF氏
>いや、そもそもギャンプルなどするなっ!!、かな(笑 

ギャンブルのない人生などありえないでしょう。もしあるとしたら全くの平和裏に生涯を終える天皇陛下位のもの
なのではないのでしょうか?
その皇室の方も先日清子様が府中免許センターにて自動車運転免許を所得なさったのですから、、ますます
ギャンブルちっくな人生は皇室の方にまで満ち溢れている、と言わざるを得ません。

> お勉強努力という地味な努力から逃避する言い訳の自己正当化として、個性の『美名』の下でお勉強街道からドロップアウトし、 
>それでもって、アイドルになるっ、映画監督になるっ、ではダメですよ。 
>という主張なのでしょうか? それならば同意です。

その通りです。その「逃げ道」のなり得る選択肢である都立高校の映画コースの設立などに対する疑念が発端でした。 
要は「映画監督なんざ東大に入るよりムズカシーんだ!」と、叱ってくれる文化が減っているんでは?と、モー娘。にわが子を
応募する親などを見ていて(←極端な例ですよ、これだけではない)感じている次第なのですよ。

>『料理人』になるためと『日東駒専』に合格するため。一体どちらに15歳までの、あるいは18歳までの限られた経営資源の多くを 
>つぎ込むか、といった所が、多くの子供、若者やその親の実際の悩みどころなのでしょうね。 

私は料理人を目指したことも無ければ、興味を持って調べたことも無いので何ともいえませんが、「2流の料理人」が「1流の料理人」
になることよりは、「日東駒専」を通り越してマーチに入るほうが容易いと思います。その方法も十分に開発されていますし、料理の
道よりはガチガチの本命、倍率2.00倍台くらいの確率は期待できるでしょう。
要はその子の覚悟、の問題ですよ。普通高校に行かせても、若しくは自分で学費を稼いででも行きたい、くらいの覚悟があるのなら
ば是非行かせるべきでしょう。


352 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/24(月) 13:54:26 ID:3RSJI747
>IF氏、
それに昨今の少子化の影響もあってニットーコマセンからマーチレベルの偏差値がかなり
リーズナブルになっている、と言うことも付け加えさせていただきます。
というか、私たちの頃の私大バブルがおかしかったんだい!←という負け犬の遠吠え、orz

>>350
>千念先生、
タイミングが悪かったのは私のほうです。お気になさいませんよう。よりよいお友達の輪が
広がることを期待しています。「馴れ合い」の誹りは敢えて受けるとしても…。

353 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/24(月) 14:24:45 ID:F0gT7CV7
>>347
元帥殿

 できれば、「先生」ではなく、「氏」くらいのほうがありがたい。

自分の呼ばれ方まで相手に指図するのはわざとらしいので、今まで過分の
敬称に甘んじてきましたが、他者の過分の敬意を当然とする権威主義者と認識
されると不本意なのです。

 また、本来平等主義の極致たる2ちゃん流(コテハン推奨は議論の便宜上、
敢えて提唱していることですが)を大きく逸脱するので、ROM諸兄の当然の
反発を恐れるからです。

 できれば、氏や、貴兄、大兄などの、同列の人に対する敬称くらいにとどめ
ていただければ有り難いのですが。

 直上に投稿したカキコのこともあり、この際お願いすることにしました。


354 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/24(月) 14:38:05 ID:3RSJI747
>>353
>千念氏、

承知いたしました。そこまでは考えが至りませんでした。お恥ずかしう…。


355 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/24(月) 14:52:21 ID:F0gT7CV7
>>349
IF氏

>『馬券は本命を買いましょう。

 今週末(日)の天皇賞。有力馬の一頭は、3冠ジョッキーになったばかり
の武豊騎乗の「リンカーン」です(w。アンチ凛家亜武の諸兄は外して買わ
れるのだろうか? いや、失礼(ゲフ、ゲフ。。。)

356 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/24(月) 15:01:03 ID:3RSJI747
「リンカーン」って流行なのですかね。
TBS系バラエティ番組「リンカーン」毎週火曜午後10時より

http://www.tbs.co.jp/lincoln05/

リンカーンって母親の父がトニービンか、気性が荒そう……。
↑飽くまでもウマの話です、誤解無きよう。

ああ、また雑談してしまった、orz、

357 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/24(月) 15:08:49 ID:F0gT7CV7
>>354
元帥殿

 早速の対応、ありがとうございます。

>承知いたしました。そこまでは考えが至りませんでした。お恥ずかしう…。

こちらこそ、折角のご厚意に勝手を申しまして済みません。馴れ合い批判
の矢が飛んで来そうなので、これにて。

358 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/24(月) 15:18:40 ID:GaiYIg+u
>>346の千念氏へ
 これらが世代的属性なのか個人の属性なのかはちょっと分かりませんが。

 団塊世代の方々は、権威に対してそれを権威とし、その権威に対して誠実に真面目に真正面に向き合い、そして破壊を試みた。
それ以降の私の世代は、息も絶え絶えのピクピク状態の権威、その半殺し状態の権威に対して、からかい、茶化した世代。
あるいはその茶化しをメディアから浴びせられた世代、です。
 この私の世代的属性+私個人の属性、『何も全肯定しない、なにも全否定しない〜』で、ニヒルで斜に構えた薄笑い野郎、という風に
像を結んでいるのでしょうか、千念氏の脳内IF乃助は。ゆえに噛み付くと(苦笑
 それは私の不徳のいたすところです、コミュニケイション・スキル低すぎですね。



359 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/24(月) 15:21:53 ID:GaiYIg+u
>小林よしのりも含めむしろ権威の対極にある人々ですが。

 これは千念氏の世代的属性ゆえの誤解です。
団塊世代的世界観では、小林善範氏はまんが家、すなわちメインカルチャーに対するサブカルチャーの担い手であり、
権威に対する反・権威の人なのですが、サブカルをあびて育ったそれ以降の世代では、小林善範氏は売れっ子漫画家であり、そして薬害エイズやオウム事件以降、
若者にとって彼は権威そのもの、めっちゃ頼れるウルトラ兄貴、となったのです。
 私は戦争論以降の善範氏の業績の成績は、それはもう5と1とが混在しているとしか思えません。
今まで誰も成し遂げなかった事を成し、そのいくつかはこれからの日本を善導する。・・・・@
その一方で、ヒトラー著『わが闘争』級の(←言いすぎですね)我が日本の将来に禍根を残しかねないとんでもない電波を撒き散らした。・・・・A
私がコヴァと称し卑下する対象は、@に影響され導かれた者ではなく、その強力な扇情力によりAに影響された者です。
なんで、せっかく米ソ冷戦・55年体制の終わった時代に育ったお前らがそれほどまでにイデオロジカルにしか世界を見られないんだっ、と。
 私が善範氏を徹底的に手を変え品を変えて批判してきたのは、彼らの中に祭り上げられた権威ある存在、善範氏の、その権威を失墜させるためです。
これは私だけではなく、多くの者たちが、おそらくそれを意図してこの2ちゃんねるで論を張っていました。
極めて紳士的な書き込みをする、中庸、中道路線の論客が、血気盛んで空元気なコヴァの相手をしつつ、その偏った思考の修正を試みていました、このゴー宣板で。
その成果か否か、1年前に比べ、いわゆるコヴァは激減しました。
 前にも言いましたように、となりの『共産党』掲示板にすくっていたアカも1年、2年前に比べ、激減しました。
私がこの2ちゃんねるで、その存在からして否定したいのは、極左に凝り固まったアカと、極右に凝り固まったコヴァと、それと薄汚い煽り口調の者くらいです。

360 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/24(月) 15:22:57 ID:GaiYIg+u
 ここで私のいうコヴァの中には、もちろん現在のリンカーン氏やクロパトキン氏は入りません。
彼らの若かりし頃は知りませんが。
お二方は戦争論以降、決して少なくないその読書量によって、善範氏そのものや、自分の中の善範氏を客観視、
相対的比較の対象にする力を持った人達でしょう。
はっきり言って、善範氏の主張は、60年代の右翼一派の主張、『YP体制の打破』そのままなのですから、特に目新しくも無いのです。
60年代の頃から親米保守も反米保守もこの日本にいたのですから。なのに、その反米保守思想のオリジネーターであるかのごとく
善範氏をあがめている者のその曇った目は覚ませてやらねばならなかったのです。
彼は反米保守思想のオリジネーターではない。
60年代には角刈りコワモテ、ヤクザやチンピラと外見上見分けが付かない右翼さんたち、そんなお兄様方が同じ事を主張していたのですから。
これは歴史的事実なのですから。
 まあ、1年2年3年前には、もうどうしようもないアカやコヴァがここにはもっともっと沢山いたのです。
しかし、ようやくどうにかこうにか収まりつつある今日この頃の2ちゃんねるゴー宣版でしょうか(笑

361 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/24(月) 15:27:13 ID:GaiYIg+u
>人間として評価できる存在を無能呼ばわり等しないというのが小生のポリシーです。

 黒岩氏の『無能』認定は、推敲の過程で迷った所です。私は物事を対称的に表現するレトリックをよく使います。
で、有の反対は無、ならば、有能の反対は無能だなぁ、と。
字面だけみると、『無能』は能力が無い、ですから、ひどい言い様でありますが、ではより私の本来の主張に近い、
彼はあのポジションを担うには能力が低い、『低能』というのもなんだかな〜
と、推敲の段階で迷って、で、結局、『無能』という表現にしました。
 私としては、ほぼ全ての著名人に対して、『〜〜氏』と記述しているにも関わらず、あの書き込みでだけ『黒岩』と呼び捨てにしたのが、
エモーショナル、ぷちムキだしだったか知らん、とは思います。

362 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/24(月) 15:33:41 ID:GaiYIg+u
>人を見下す類の人間です。

 これはある意味当たっています。私は人を見下しています。しかしその『人』とは、『他人』という意味ではなく、
自己をも含めた『人間』という意味です。そう、人間を見下しているのです。
私が『理性』と『人間理性』とを、使い分けるのもそのためです。人間理性とは、文字通り人間の理性、しょせんはサルの進化型に過ぎないこの
1500グラムの脳髄に宿った理性ですね。
転じて、私が『理性』と記述する時は、それこそイデア世界の理性、理性のイデアという意味あいです。

始めにLogosありき。
Logosは神とともにありき。
Logosは雷、じゃなくって神なりw

と前に書き込んだ時のLogos=理性、です。
ただ、この理性は、ユダヤ・キリスト・イスラム教の人格神、つまり人間の姿かたちとして私の頭の中で像を結んでいるわけではありません。
では何なのかといえば、未だ解らず、未知、未明、未解明として保留中です。

363 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/24(月) 15:33:59 ID:F0gT7CV7
>>358-360
IF氏

 早速、誠実な応答ありがとう。1件、納期延長してもらった件を処理中
なので、これ以上、現在続行不可能なため、当方のレスは、今夜にでも。
申し訳ない。

364 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/24(月) 15:38:36 ID:KlVNaque
>>357
な、なんと!(今後のために…)

“ラオシ(老師)”は可でしょうか?w
私も2ちゃんでのヒエラルキーを嫌います。かと言って“氏”等には私の中で勝手に抵抗がある。
決して儒教的な意味合いではなく、私の方針として、やはり年齢という“経験の差”には敬意を払いたい。
そこで、茶目っ気と愛嬌を込めて、“ラオシ”と呼ばせていただいております。
これにて一種の敬意と同時に均衡を図りたいと愚策を弄しておる次第です。
決して馬鹿にしておるのではございませぬ。幸い、さすが殿下には、そこらへんを酌んでいただき、
(そう思いたいw)“殿下”には“坊主”で返していただいております。
元々、堅っ苦しいのが嫌いという性分や、“年下には礼儀正しく、年上には生意気に”という
反骨精神も作用しておるのでしょうw
説明するのもカコワルイ書き込みですがw

皆様のカキコを読むにつけ…
越前の“色坊主家の次期城主”発言で、誤解があっても困ると思ひ、
一方的に弁明いたしますが、我が実家は金持ちでも何でもありませんのであしからず…

365 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/24(月) 16:12:58 ID:KlVNaque
>>358 IF乃助ドノ
>それ以降の私の世代は、息も絶え絶えのピクピク状態の権威、その半殺し状態の権威に対して、からかい、茶化した世代。
>あるいはその茶化しをメディアから浴びせられた世代、です

 そう!そうですな。でも“本当に怖いモノ”を知れば変わりますよね。知ればね。ふふふ…

“よしりん論”と“見下す論”については概ね同感。過去に少し触れておりますが…。ふふふ…
まぁ同意ばっかしてても面白くないので、戻ります。ふふふ…

366 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/24(月) 16:28:41 ID:F0gT7CV7
>>364
色坊主殿

 いや、お気を使わせて済みません。ラオシはユーモア方向にバイアスがか
かっているニュアンスがあるので、ROM諸兄の許容範囲かと思いますが。
込められた御存念は、有り難く受けておりました。しかし、誰からもラオシ
と呼ばれると、一挙に老け込みそうでこれも困りますなー。(自分への敬称
をどうのこうのと注文付けて何様のつもりかという思いが募るばかりです。
参った。)

 右顧左眄して、「ゴーマンかましてよかですか」とは、エライ違いだ(w。

367 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/24(月) 16:47:25 ID:3RSJI747
>>359
>IF氏

>私がコヴァと称し卑下する対象は、@に影響され導かれた者ではなく、その強力な扇情力によりAに影響された者です。 
>なんで、せっかく米ソ冷戦・55年体制の終わった時代に育ったお前らがそれほどまでにイデオロジカルにしか世界を見られないんだっ、と。 

そういった煽動にのり易い人種は、どの方向のバイアスからも影響されやすいでしょう。
夏は冷麦に嵌まってしたと思っていたら、秋口になると秋刀魚に嵌まって、より涼しくなったら既に鍋に嵌まって、、、と、ああ、私か、、

>私が善範氏を徹底的に手を変え品を変えて批判してきたのは、彼らの中に祭り上げられた権威ある存在、善範氏の、その権威を失墜させるためです。 

あの人そんなに権威に固執しているとは思えないけどなー、良かれ悪しかれ、その‘権威’に固執できるほどの立場の安定性もないのでは。
そういえば私も長くよしりんに言及していないなー。このレスもゴーマニズム板らしからぬニュートラルな立場のものに変質してまいりましたな。
ああ、「お前の変質が大きな要因だ!」という声なき声が聞こえてくる……。



368 :凛家亜武 ◆zgWjY89cfk :2005/10/24(月) 17:03:51 ID:8CnMKmW1
スレの流れを受けての書き込みですが、自分が小林、西部、佐伯、
あるいは石原、西村、福田ラインを一番評価するのは「国家の独立」を
主張するからです。はっきり言ってまだ日本はアメリカの頚木のもとにある。
イデオローグにはさほど自分はこだわりは無いです。保守でありたいと願うのは
かつて自主独立していた日本を取り戻したい、この意味で保守です。
そして、WWUで負けるまであった日本の道徳と倫理をふるいにかけ善いものを残したい。
「保守すべき価値」はそこにあるに違いない。もっとも、戦後受け入れた価値感にも
善いものはたくさんあるとも思いますが。今探っている仏教も根幹から勉強すると
西洋の神や哲学にも負けない素晴らしいものだと言うのがわかってきました。
しかし、五木やら梅原と言ったサヨッた人々が言うから余り評価されない。
(梅原は九条の会に参加している。もっとも、宗教家は煎じ詰めれば全員
 そこに至るのかもしれないけれど、サヨのイメージが悪いのが致命的)
近代日本に仏教の復興はなるのか?少なくとも創価学会がのしている現状は
肯定は出来ないな、と思いますね。

369 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/24(月) 17:36:03 ID:3RSJI747
>>345>>347をまとめさせて頂きます。

@情報交換を希望するコテハン諸氏各々がトリップをつける。  
            ↓  
Aキーマン1名を選出し、そのキーマンがレス上に携帯のメルアドを公開する。  
            ↓  
Bそのキーマンのアドレスに対し他のコテハンが「コテハン+自己紹介文」を送信する。  
            ↓  
Cメール送信をしたコテハンはスレ上にその「自己紹介文」を開示する。

Dキーマンは取得したトリップを名前欄に記入し、各々のコテハンと自己紹介文の内容が正しいか確認をする。  
            ↓  
EキーマンはDでアイデンティティが確認できたコテハンの携帯に対しメールにて連絡を取る。  

キーポイントは、Bで送信する自己紹介文はCでスレ上に公開します。勿論、一番先に開示したレスをつけたコテハン
がホンモノ、ということになりますが、一応アイデンティティの保持と言う意味合いからトリップは必須とさせて頂きます。  
尚、トリップを送信して頂く必要はありません。

Aで公開するキーマンの携帯のメルアドは流出&悪用される可能性大なので、その時にだけ使用するメルアドを  
設定し、従ってコテハン諸氏のメールの受付も一定の時間を区切って行う。その時間を経過したときにはキーマン  
は公開したメルアドも元に戻す。  

Bでキーマンに送信する情報はメルアドに限った方が無難でしょう。いきなり本名だとか現住所を送信するのは  
リスクが高い。  

Eで携帯のメルアドが交換できる訳ですから、後は個々人メールの交換を通じて本人の確認が出来たところで  
本名やら住まいなどの情報を交換してもいいでしょう。  


370 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/24(月) 17:39:52 ID:3RSJI747
>コテハンの皆様。
>>369
のレスをご参照頂いた上で、趣旨にご賛同頂ける方は上記レスに沿ってお手続きの程をお願いいたします。
アイデンティティ確保の為、ご参加いただく方は恐れ入りますがトリップを必須とさせて頂きたいと思います。

メール送付後、>>369Bで送付頂いた自己紹介文をスレ上に提示して頂きたいのですが、上記手続きをする際、
トリップがありませんとなりきりが可能になってしまいます。
よってトリップが提示されていない方に対してはこちらからのメール送信は致しません。
即ち、普段トリップを使用していない方は本日中にレスをつけている方で、その上、本日中にトリップ設定をして
頂く必要があります。

送信先のメルアドと開示時間帯は後ほどカキコ致します。

371 :過去レス読まず途中参加:2005/10/24(月) 17:51:51 ID:z4lXUw3g
元帥殿 こんにちは トリップは必須ですよ。



372 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/24(月) 17:54:11 ID:TFdw+Tbm
 外の仕事から帰ってみれば、ドーンと延びてますなぁ。
 合間合間にROMさせて貰います。
 ざっと見でレス。

>某念会
 漏れは状況的に無理です。
 この時期、新番組の立ち上げでテンテコマイですから(@o@)フォー!!
 年が明ければ旧作品の整理でこれまたテンテケテン。
 それに、多分行うのは週末でしょうから、納品直前で毎週が「文化祭前夜」の有様でデンデケデン。

373 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/24(月) 17:59:01 ID:3RSJI747
>>371
>途中参加氏、

それは送信することが必須、という意味でしょうか?スレ上でのトリップ表示をした上での自己紹介文の内容確認
では足りないでしょうか?

374 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/24(月) 18:02:31 ID:3RSJI747
>>372
>鳥坂氏

そうでしょうな、鳥坂氏のいつものレスを拝見すれば推して知るべし、ですね。
それに個人情報を開示するのに可也リスクを負っている状況下と推察します。

鳥坂氏は個人的に是非ともお会いしたい方の一方だったので残念ではありますが。
また機会があるときにご参加いただければ幸いです。

375 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/24(月) 18:03:23 ID:GaiYIg+u
 人間理知はあまりにもあまりにも未だ貧弱です。
ヒトの大脳ハードウェアは、20万年前、採集・狩猟・漁撈をしていた時代と変わらないのですから。
 物理学者達はこの宇宙で繰り広げられる森羅万象を数式によって記述しようと試みておりますが、
それはまだまだ道半ばでしょう。
最後の箱と思ってそれを人間理知によってこじ開けたら、 その中にまた箱が入っていた、という、その繰り返しです、今までのところは。

 越前HG氏は千念氏を理性の人・認定しましたが、私はこの意味においてそう認定しません。私を含め理性の人など存在しないのです。
人間理性の磨かれた人、は存在しますが。

376 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/24(月) 18:04:51 ID:GaiYIg+u
 千念氏はロジック=論理の人とは思います。千念氏はデカルトを経由してキルケゴール、すなわち宗教的実存、に至った方なのですから。
池田大作氏と氷川きよし氏に熱中する創価学会のおばちゃん信者のごとき、ロジックもへったくれもなく宗教的実存を自分の実存とする
天然の者とはワケが違います。

 千念氏は、若かりし頃からロジックを積み重ねて来た。それは千念氏の魂の中で、ロジックの巨大なピラミッドとまでなった。
しかし千念氏はそのロジックのピラミッドをもってしても、自らの実存のその真奥(しんおく)を埋める事はできなかった。
ゆえにその自己が半生をかけて構築したロジックのピラミッドの頂点から、宗教的実存へと『飛翔』したのです。
千念氏のピラミッドと千念氏の宗教的実存の間には、ロジックのブロックが存在しません。千念氏もそれは百も承知です。
 千念氏は、その飛翔を上への飛翔と思っている。あるいは思いたいのではないでしょうか。
私は、
『千念氏、その飛翔は、もしかしたら千念氏の半生をかけて構築したロジックのピラミッドを台無しとする、下への飛翔かもしれませんよ。』
と遠慮なく告発するのです。
『それはロジックからの飛び降り自殺かもしれませんよ』、と。
『王様は裸かもしれないぞ〜〜!!』と得意満面で告発するガキですかね、私は。
まぁそのガキは、その後とっつかまって市中引き回しのうえ打ち首獄門となり、さらにはそのさらし首に雷が落ちる運命なのですがw

 私は、まだ、ロジック・ピラミッド建設中の身です。いまだ、自己の実存の真奥(しんおく)は埋められていないようです。
しかし少なくとも今の私は、その真奥(しんおく)を宗教的実存で埋める事を保留、します。
将来の事は、分かりませんが。


377 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/24(月) 18:16:31 ID:3RSJI747
すみません。急で申し訳ありませんが、旧来のトリップ送信の方法に変更させてください。
仮トリップの使用をお勧めいたします。

@情報交換を希望するコテハン諸氏各々がトリップをつける。  
            ↓  
Aキーマン1名を選出し、そのキーマンがレス上に携帯のメルアドを公開する。  
            ↓  
Bそのキーマンのアドレスに対し他のコテハンが「コテハン#トリップ」を送信する。  
            ↓  
Cキーマンは取得したトリップを名前欄に記入し、各々のコテハンとトリップが一致するか確認をする。  
            ↓  
DキーマンはCでアイデンティティが確認できたコテハンの携帯に対しメールにて連絡を取る。  

キーポイントは、@でつけるトリップはBでキーマンに教えます。この点に差支えがる方はその時にだけいつもと  
違うトリップをつけてもいいのではないのでしょうか。その本人確認はIDでします。  

Aで公開するキーマンの携帯のメルアドは流出&悪用される可能性大なので、その時にだけ使用するメルアドを  
設定し、従ってコテハン諸氏のメールの受付も一定の時間を区切って行う。その時間を経過したときにはキーマン  
は公開したメルアドも元に戻す。  

Bでキーマンに送信する情報はメルアドに限った方が無難でしょう。いきなり本名だとか現住所を送信するのは  
リスクが高い。  

Dで携帯のメルアドが交換できる訳ですから、後は個々人メールの交換を通じて本人の確認が出来たところで  
本名やら住まいなどの情報を交換してもいいでしょう。  


378 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/24(月) 18:23:38 ID:GaiYIg+u
千念氏へのレスは完了。連投すみませんでした。

>>365の色坊主氏へ
>そう!そうですな。でも“本当に怖いモノ”を知れば変わりますよね。知ればね。ふふふ…

 色坊主氏が言うと、迫力ありますよね〜〜〜。
千念氏は、ロジックに依拠するという点においては、千念氏と私は同じ人種で、千念氏はその先輩格です。
ゆえに、世界のとらえ方が似ていて、そして一番肝心なところで違う。ゆえに赤い布切れになってしまう。
 しか〜し、色坊主氏は、そのハンドル・ネールからして、ロジックなんかオトトイキヤガレで相手をヒ〜ヒ〜むせび泣かせる
『秘術』の使い手を連想させますです。
クワバラくわばら、エロエムエッサエム、エロエムエッサエム、テクマクマヤコン、るるるるる〜〜〜w

 『本当に怖いモノ』とは何でしょうか?
私が人生のこれからで一等賞で恐れる事は、『アレ』ですが、『アレ』以上に怖いモノってあるのかなぁ?
まぁ、いくらでもありそうですねぇ〜
 『本当に怖いモノ』、すなわち『究極の−価値』、に出会うと、人生それを基準に考えますね。
それと同様
 『本当に価値あるモノ』、すなわち『究極の+価値』に出会えれば、やはりそれを基準に人生観、世界観を構築します。
私がテレビ局に対して辛辣に批判したのは、テレビという音と映像を同時に担うことができるメディアで、
なんでそれほどまでに価値無きモノを垂れ流さなけりゃならないんだ、という日常的な怒りをこめてゆえです。
ジャニタレの歌のほとんどとか、氷川きよし氏の歌とかですね。

 ところで、なぜ、鳥坂氏は連投規制に引っかからないのですか?私は5回で打ち止めくらいましたが・・・。

 リアルで会うお話ですが、私、残念ながら遠慮させていただきます。
思い出すならば私の2ちゃん歴は、ゴーマニズム板でコヴァを叩き、共産党板でアカを叩いただけではなく、
創価・公明板で、創価学会を批判していたのでした。被害妄想かもですが、リアルで私を特定されるのは、非常にマズイ・・・


379 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/24(月) 18:32:26 ID:3RSJI747
>>377 
のメール送信先は↓ 

imadakenareai@docomo.ne.jp 

時間帯は本日22:00〜翌5:00くらいまで。 

尚、確認作業は明日夕方以降になります。予めご了承ください。 

以前メルアド交換したメンバー諸氏間にて、具体的なオフミの実現に向けて調整が始まっております。 
もし、匿名掲示板の粋を越え、生身の人格同士のお付き合いを希望される方のご参加をお待ちしております。 
尚、頂いた個人情報、メルアドの取り扱いには最善の注意を払わさせて頂きます。 

380 :凛家亜武 ◆zgWjY89cfk :2005/10/24(月) 18:34:07 ID:8CnMKmW1
すみません、僕も流れをぶった切るカキコをしますよw

>>to 軍事に詳しい人 

日本版「動く海上基地」で高速輸送艦を導入 政府、米に伝達
ttp://www.sankei.co.jp/news/051023/morning/23iti001.htm

日本の新型ヘリコプター搭載護衛艦で、実質的な戦後初のヘリ「空母」
ttp://military.gozaru.jp/others/16ddh.htm
ttp://www.jda.go.jp/j/info/hyouka/15/jizen/san02.pdf

この二つどうですか?実戦に使えるの?



381 :凛家亜武 ◆zgWjY89cfk :2005/10/24(月) 18:35:29 ID:8CnMKmW1
自分もリアルでの交流などは遠慮しておきます。
ここに書いている目的とは少し違いますので。

382 :過去レス読まず途中参加:2005/10/24(月) 19:03:53 ID:TP8hm8lX
ちなみに 私は以前のトリップのやり取りに参加しています。
最初からの参加 初めてだ。

今回のトリップによる交換においても 元帥殿とはメルアドの交換になるとは思いますが
それでいきなり私を含め他の参加者とメルアド交換とはなりませんし、現時点では私も
いきなりメルアド交換はしないと思います。

気軽に参加し今後の話の中でこの人とはメルアド交換しても良いなと思えた時点で
元帥殿にその旨連絡すれば良いのではと思います。

最初は私も躊躇う部分もありましたが どうってことありませんよ。
参加している人を信用しておりますので。
私以外の参加者が誰かは私が言うことではないので自分のことしか言いませんが
最初はメルアド交換なしで最近交換した方も居ます。

まあ、元帥殿一人に役目を押しつけているようなので一つ援護宣伝です。(人によっては
援護にならないか〜)

383 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/24(月) 19:05:57 ID:F0gT7CV7
>>372
鳥坂氏

>某念会

 なんかカスった気がするのは気のせいでしょうか(w。


384 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/24(月) 19:07:19 ID:GaiYIg+u
 しかしまぁ、放送メディアを覆う、
『ジャニーズは神聖にして侵すべからず。』

『池田大作氏は神聖にして侵すべからず』
というジャニーズ全体主義、池田大作氏全体主義は、どうにかならんものですかね〜
ジャニーズ・体制翼賛会、大作氏・体制翼賛会、ですねぇ。
 いったい日本のメディアは、戦前、戦中から何を学んだんだか・・・、とほほ。
正社員として、身分を保証されている局員がやらないものを、イチ・制作スタッフや、
イチ・キャストができるわけ無いわなぁ〜〜。
フジテレビ局員、黒岩さ〜〜ん、学界批判、いっちょやってくれませんかぁ〜〜〜。
 

385 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/24(月) 19:10:24 ID:GaiYIg+u
>>384の千念氏へ
>なんかカスった気がするのは気のせいでしょうか(w。

 それ、私のツボっす〜〜〜〜〜(マジ笑い

386 :過去レス読まず途中参加:2005/10/24(月) 19:13:41 ID:1+sP2MWW
IF氏 こんにちは。
草加の問題は1サラリーマンには無理ですよ。
身分は保障されていますが、それ以外の保障が・・・・。
創価がいろいろな問題を起こしているとしても創価に熱心な方が多いことも
事実ですね。そこまで信者を抱えているという事実を抜きに批判をしても
どうかと、ましてや、一局員に任せるようなこともどうかと思いますが。

387 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/24(月) 19:39:20 ID:GaiYIg+u
>>386の途中参加氏へ
 具体的には池田大作氏批判をしようものなら、抗議電話や抗議ファックスで、業務がとどこおってしまいます。
業務用ファックスから、排出され続ける、紙、紙、紙・・・。インク・カートリッジはあっという間に空っぽに・・・
資源の無駄使い、はんた〜〜いっ!!!!熱帯雨林伐採、はんた〜〜いっ!!!ww

 ちょっと、ひとネタ。
株式会社や有限会社の役員3役といえば、代表取締役、取締役、監査役、です。
学校法人や医療法人では、これが理事長、理事、監事、となります。宗教法人でも同様。
これらは法律に規定されており、法的責任や義務を彼らは抱えます。
 しかし、大抵、宗教法人のカリスマは、この3役のどれでもなく、しかし、理事長、理事会の上に君臨します。
要するに実質的権力、絶対的影響力を持ちながら、法的責任は問われないポジションにいるわけです。
宗教法人・創価学会、宗教法人・立正佼成会も組織図はそうなっていますねぇ。
宗教法人・靖国神社の理事長って、誰なんでしょうか? これほどメディアで『靖国』が話題に出ているのに、
メディアで取り上げられたところを私は見たことありません。ググっても見つかりませんでした。
 宗教法人・靖国神社の組織図は? 理事長、理事会の上に君臨するカリスマはいるのか?
よしりん、小泉効果により、賽銭や靖国グッズの売り上げがアップしている現状、かれらの給料は?
ヘタすれば、内閣総理大臣や天皇陛下の給料より高かったりするのか?

 あと、この実質的権力者と、法的責任者のズレ、権力の二重構造は、大日本帝国憲法の構造そのものでは?
あっぁ、大日本帝国は宗教国家だったのだな〜と。
まぁ、権力の二重構造は、田中、金丸、竹下キングメーカーの下での自民党一党支配時代にもありましたが。

388 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/24(月) 19:41:52 ID:F0gT7CV7
>>376
IF氏

 また赤いひらひらが(w

>池田大作氏と氷川きよし氏に熱中する創価学会のおばちゃん信者のごとき、
>ロジックもへったくれもなく宗教的実存を自分の実存とする
>天然の者とはワケが違います。

創価学会の中年婦人の信者でも、自分の至らなさを自覚し、自己を越える
善き存在を信じる姿は尊いと思うので、小生は、このような見方、言い方を
決してしないでしょう。まあ、選挙の度毎の電話攻勢には辟易しますが。

 神の目から見れば、それこそ、貴兄のいう「人間理性の多寡」など、五十
歩百歩に相違あるまいというのが小生の認識です。とすれば、理屈をこね、
論理を展開できる能力に人より長けているからといって、何ほどのことが
ありましょうか。そのようなこと故に人を見下し差別するのは、小生の価値
観(諸価値の序列の意識)に反する。
 

389 :首相と創価学会の中年婦人の靖国神社参拝は当然である。:2005/10/24(月) 19:45:33 ID:KMQUpxD2
軍需利権産業に乗っ取られた神が、
若者たちを人殺しに変えて行った。
易々と徴兵などというものに応じるような、
命令されれば黙って銃の引き鉄を引くような、
他人の土地を侵略して女子供を平気で殺すような、
生まれて来た価値も無い情けない人間を作ってしまった。
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/tuzimoto39.htm


390 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/24(月) 19:48:52 ID:o6oNNaH8
>>378 IF乃助ドノ
そう!アレです、アレ!w

>>380 林間ドノ
特に軍事全般に詳しいというわけでもなく、最新情報飛び交う第一線にもいない私ですが、
元自などと暴露していまったので一応レスw
ザッと軽く目を通しましたが、“時勢が動き出したのかな?”ぐらいのことしか言えませんなw
「やる気かい!」と…w
越前、悦べ!てめぇの好きな空母だ、空母!
(誰でも言えそうなカキコで申し訳ないw)

>元帥閣下
丸投げしといて言うことじゃないですが…
予想通り、集まり悪いですなw(←勿論、皆様に悪意なく♪)

完全に逃げ態勢の無責任レス三連発!w
では帰りますです…るんるん♪   wい過ぎ…

391 :過去レス読まず途中参加:2005/10/24(月) 19:52:43 ID:Zli2LFeH
>>387 IF氏 ちょっとスレの意図が読めないのですが、草加に関してはメディアも
及び腰だし僧か自体に問題があるのだろうとは思いますが 熱心ではないにしても
まわりに創価学会の人はちょっと探せば結構イマスよね。

批判に対しFAX等の嫌がらせというのはそれはそれとして問題ですが
かなり多くの人が草加に入っている このことは何を意味するのか、そういった
ことを考察することの方が大事に思うのですが。



392 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/24(月) 20:01:53 ID:F0gT7CV7
>>376
IF氏

 2度レスになって申し訳ありませんが、

>千念氏は、その飛翔を上への飛翔と思っている。あるいは思いたいのではないでしょうか。

小生の実存の自覚は、むしろ失墜と結びついており、自己の無力の自覚を
その中心的な要素としています。以前も、申し上げましたが、自分は自分で
自分を造ったわけでもなく、自分が造ったわけでもないこの世に、意識を得
て存在している。とすれば、これは、自己以外の自己を越える誰かのお陰に
相違あるまいという「論理」ですが、この論理は、上記無力の自覚がないと
納得するのが困難らしいというのが、これまで同様のカキコをしてきた小生
の感想です。

393 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/24(月) 20:34:09 ID:3Q09iY2/
>>376
そうですか。
では、その道を極めて下さい。真奥を埋めてください。
まぁ、越前は、ある時期からそいうややこしい作業はすべて神におまかせするようにしてます。
妄想的人格と後ろ指さされようが逃避と言われようが、やはり祈っていると神を感じるのは致し方ないです。
キルケゴール的跳躍と言われても全然かまいません。
(しかしながら神を感じるなどということを、公表するのもなかなか度胸がいるものなのです)
でも、あなたは、違う。
哲学は、起源(アルケー)、元素(アルケー)の探求です。もしも氏はもしも氏の真奥を構成するアルケーを、
探し出してください。
だだし、そのことは、脅威の挑戦と言えるかも分かりません。カントの哲学によると、
人間の理性で捉える実体と、その実体の本質が符合するとは断定出来ないからです。
まぁ、でもそんなことより、いつか理性のイデアを得てもしも氏の真奥にせまってみてください。

あ、それと越前は高卒ゆえ、体系的に哲学を学んだことはないので難しい返レスはやめてね。無視してくれて可。
キリスト教理解の付属物として学んだだけで・・・・。orz

あと、よしりんについては、かたくなに応援する所存です。
彼の思想というより、彼自身が好きだからです。
越前は人格について好き嫌いが激しく、思想については、あまり重要ではありません。

越前も忘年会は辞退で・・・。酒が飲めないの。下戸にとって宴会ほどつらいものはありません。








394 :名無しかましてよかですか?:2005/10/24(月) 21:05:13 ID:vC5kiFKv
小林は西尾と和解しないのか?

395 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/24(月) 21:05:23 ID:GaiYIg+u
>>388の千念氏へ
 う〜む、私はロジックの構築と、良いのだか悪いのだか、妙に情念に絡みつく書き込みをする事に関してはそれなりだと思いますが。
後者は、ただ一時期心理学の本を必要にかられてよく読んでいたからかもしれません。
前に述べた、境界性人格障害の友人に深く関わっていた頃です。
私はフォースのダークサイドに落ちつつあるのかもしれません、これは真面目に注意いたします。御忠告ありがとうございます。
よく言われることですが、耳に痛い忠告をしてくれる人は本当に大切です。自分が歳をとるにつれて、そういうひとは減ってゆくのですから。
私のほうが、私にしか見えない立派なロジックのヨロイを着込んだ裸の王様になってしまいますです。(苦笑

 私は知識量では、私はこのスレッドのコテハンの方々の最後尾にいるような気がします。
これは私の謙遜ではなく、おそらく事実でしょう。ググル能力も最下位かなぁ。
 私は物事を自らの頭で考えるのが好き、ただそれだけです。
少ない知識を、自分の頭で組み上げ、ロジック的には突っ込みどころの無い、水も漏らさぬ首尾一貫した建物物にするのが好きです。
そしてちょっとだけそれが得意、それだけです。
日常的には日々、自分の能力の限界に打ちのめされています。根性無しのへタレでもあります。
私が子供の頃、父がよく『根性、根性』といい、私はそれを聞かされるのが大っ嫌いでしたが、今思うと・・・・です。(苦笑
私は単なるネット弁慶に過ぎません。

396 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/24(月) 21:07:22 ID:GaiYIg+u
 今回の選挙に関しては、見えてないんだな〜少なからずの有権者は、と正直思います。
創価学会員の知り合いが、先の選挙への勧誘で、小選挙区では自民候補に投票するよう勧誘してきました。
で、私は、
『創価学会員が公明党への投票を勧誘するのはまだ分かるけど、なんで、自民に投票勧誘するの?
貴方たち学会員は、なぜ公明党候補が立たない小選挙区で自民に自らの票を回すの?』
ときいたら、答えられませんでした。自分でも分からん事を人に勧誘する行為は人間理知のランク付けとかいった次元ではなく、ただの無責任です。
 その無責任の集積でこれからの4年先までの日本国国政の行く末が決まるのです。公明党がこの日本国に存在する限り、その繰り返しです。
小泉自民党が獲得議席において大勝したのは、これはもう散々分析されているように、小選挙区制のマジックですね。
前回の衆議院選挙では東京1区2区3区4区・・・、あと県庁所在地である47各都道府県である1区、すなわち都市部で、民主党候補が自民党候補を僅差で
競り勝ち、議席を伸ばしました。今回はその逆が起きただけであり、自民党の得票率は50%以下だったと思います。
ゆえに、今回の有権者の判断は、そう極端に触れたわけではない、妥当な選択をしたんだと思います。
ただ小選挙区制のマジックで、より多くの議席が自民に回っただけだと。

397 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/24(月) 21:09:11 ID:GaiYIg+u
 ただ私の『日本共産党、社会民主党のスワン・ソングだ』、の選挙予想は見事に外れました。(苦笑
小選挙区では自民党に、比例区では日本共産党に投票した者を一人知っています。私の職場のリーダーです。・・orz あの〜ボス、ちょっと小一時間w。
『どうしてですか?』という私の質問に対する彼の返答は、もう、アホらしくってここには書きません。ちなみに彼はアカではありません。
 今回、前回より投票率が伸びました。つまりほっとけば棄権するような無党派層が投票所に脚を運んだという事です。
日本共産党や社会民主党はマニアにのみ支持される政党であり、ゆえに投票率が上がればこれら2党の得票率は下がり議席は減るだろう。
小泉劇場に煽られて投票所に脚を運んだ人達は、マニアではないであろうから、それが私の予想でした。
しかしその予想ははずれた。普段、選挙にすら行かないような無党派層が小泉劇場に煽られ投票所に脚を運び、
比例区で日本共産党や社会民主党に投票したのです。私はその者たちに胸を張って、政治的愚衆、政治的愚民認定を下します。

>>391の途中参加氏へ
 その通りですね。
 創価学会は特殊な存在です。日本で唯一、政党を、しかも今は与党となっている政党を下部組織に持つ宗教団体ですから。
キリスト教でリバイバルという言葉があります。信仰復興運動とか訳されると思います。アメリカのキリスト教界だけで使われる言葉かもしれません。
神から離れがちな大衆を、神に、教会に、回帰させようとする、アメリカで定期的に起こる信仰運動の事です。
創価学会は、これを、選挙のたびに、NHKでの政見放送をはじめ、全てのマスメディアを総動員してやっているのです。
それが国政選挙ゆえに、マスメディア側から総動員体制で報道してくれるのです。
そして選挙は信仰が試される踏み絵の場でもあります。国民の税金で全国的に大々的に行われる国政選挙を自らの宗教儀式に組み入れたたそんな宗教団体は、
創価学会以外にはありません。
 
 創価学会信者は、日本において、自らが特権的な何者かであると勘違いしているのかもしれません。そう勘違いしている信者は、一人や二人ではないでしょう。

398 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/24(月) 21:11:26 ID:3Q09iY2/
>>380
越前としては、イージス艦を八隻体制にするより、六隻にして残り二隻をVSTOL機発着型空母を導入してほしいと
妄想・・・・wwwww


399 :名無しかましてよかですか?:2005/10/24(月) 21:25:34 ID:UIKyKxot
>>398
ダメです。
まだJSF35が調達できません。
流石にいまさらハリアーを導入するなんて税金の無駄遣いです。
2015年まで待ちませう。

400 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/24(月) 21:33:43 ID:3Q09iY2/
>>399
がっくり・・・・・。


401 :ティキ ◆LStfMiPE.w :2005/10/24(月) 21:34:40 ID:mSgrMEra
>>397
あのう・・・。オレも小選挙区自民、比例で共産に入れたことはありますよ。

ただ、オレの場合は基本的に自民と共産以外は信用できないイメージがあるんです。
民主はただの反自民の寄せ集めだし(今のところ)積極的に投票する意味が
見いだせないです(ただし、今回は群馬四区だったので面白半分に民主に入れた)。

自民が日本の右を象徴するなら、左は共産だとオレは考えています。あとはオレから
言わせれば要らない子です(今のところ)w

ある種の「伝統厨」なのかもしれませんね、選挙に関しては<私

402 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/24(月) 21:41:26 ID:GaiYIg+u
 あと、関係ないかもしれませんが、私にはいわゆる霊感とか言われるものが、小指の爪の先ほども無いのです。
小学生の頃から、金縛りにあった話でもりあがる友達達の輪の中に入れず、しかし、その金縛り現象とやらをその当時の自分の頭の中に
あった理科の知識を総動員して解明しにかかる、そんな子供でした。
ゆえに、祈ると神を感じられる、というのは、ある意味、うらやましくもあります。
 無恥をさらけだして知ったかしますが、東洋医学では『気』というものを中心にとらえるそうです。
色坊主氏はこの『気』という言葉が嫌いと前にいっていたような気がしますが。
 話を続けます。
気とは言ってみれば生命体の生命エネルギーであり、その生命体の中の『気』の流れる道が経絡(けいらく)である。そしてその経絡の結節点がいわゆるツボである。
心身の病気は、経絡での『気』の流れの乱れが原因である。ゆえにツボを適切に刺激し、経絡における『気』の流れを整えてやれば、人間の自己治癒能力が発揮され、
病は治る、と。
 ガイア思想というものがあります。比喩ではなく地球が1つの生命体であるとする考えです。本流科学者はこれをトンデモ認定します。まぁ、私も同様、トンデモ認定しますが。
話を続けます。
 IF、地球が1つの生命体ならば、それには『気』があるだろう。そして気の通り道としての経絡も、その経絡の結節点としてのツボもあるだろう。
いわゆる霊的場所、心霊スポットとは、そのツボの位置する場所の事ではないのか。
神社の存在する場所が霊的になるのではなく、その逆で、先人達はもともと霊的な場所に神社やストーンサークルなどを創ったのではないか。
もちろん、全ては現在まで証明されていない仮説、あるいは私の個人的空想に過ぎません。

 色坊主氏へ。
かつて貴方は風水だったか陰陽道だったかに詳しいといわれていました。
その説で言えば、地球上、あるいは太陽系、あるいは天の川銀河、あるいは宇宙全体において、我らが日本列島は、どういう場所に位置しているのでしょうか。
こういう事に興味があること自体・・・な私ですが(苦笑

403 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/24(月) 21:43:11 ID:3Q09iY2/
>>401
話し飛ぶから無視してほしいが、群馬と言えば山田かまち。あれは、結局、ブームだったのか・・・・。
越前は、遥遥、群馬の記念館までいったのだが。


404 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/24(月) 23:15:02 ID:GaiYIg+u
 ほとんど粘着連投の荒らしと化しているので、これをもって書き込みは修了させていただきます。
で、最後にちょっと。>>361の自分の書き込みの中に嘘がある気がするので。

  黒岩氏に対して、『無能』と書くか『低能』と書くかに関して、
@推敲の段階でどちらか迷い、『無能』と書き込んだ。
A書き込んだ後、自分でそれを読み返してみて、『低能』と書いたほうが良かったかとも思ったが、『無能』のほうがまだましかな、と思った。
B千念氏につっこまれて、『低能』と書けばよかったかな〜、と思ったが、それもちょっと響きがキツイので、『無能』のほうがまだましだと思った。
上記の@ABの内、どれが真実か自分でも時系列の前後関係の記憶が曖昧です。
@と書いたのは自己正当化のためですが、真実はAだったような気がします。Bではなかったような気はしますが、定かではありません。
 私の文章は、それを構成している単語はそれほど刺々しかったり、毒々しくはありませんが、文章の流れが毒々しいタイプですね。
推敲の段階で、刺々しい単語を使わずに、なるべく論理的に適切な単語を選択するよう普段から心がけているので、
千念氏に指摘される前に、『まずかったかな〜』、と反省モードになった気がしますが、ちょっと定かではありません。

 ちょっと誰かさんから、私の薄汚い自己正当化を見透かされているような気がするので、
皆様にとってはどうでもイイことなのかもしれない事の経緯をイイワケさせていただきました。

405 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/25(火) 00:11:51 ID:70S8kU00
ただいまどす♪
>>402 IF乃助ドノ
逃げたと思えばまた質問…w。え〜っと…、まずは“氣”からいきませうか…。何ゆえ私が
この言葉を嫌うのか?それはですな、あまりにもエンタなどで取り上げられていて完全に
SFの産物になっとるからです。それが何ゆえ気に入らぬのか?それは以前にも言いましたが、
私がその“氣”を練れちゃうからなんですなw。いつからか?今年からです。
こんなヤバすな話を2ちゃんでしていいのか迷いましたが、少し話しましょう。
私は今、某神宮の○○○支部長wの元で修行しております。出会いは省略しますが、
私の師匠にあたる人になります。私は“おばば”と呼んでおりますがw
この人は宮内庁のリストにも名前を列ねる“本物”です。細木氏などとは次元が違うようですw
中国政府からも認定されております。絶対に表舞台には出てきませぬ。
私が宗教嫌いなのは御存知ですよね?したがって、この話は“壷の類w”とは一切関係
ありませぬw。越前と千念ラオシには話しました。何故か?この2人はいわゆる現代常識に
毒されていない人間ですので、思考停止には至らぬと判断したからです。(IFドノへのイヤミじゃないですよ)
列島の話は、国家機密(w。ジョーク)になるので省略します。
(こんなん話して大丈夫なのかw。ハッタリだと思ってくれた方がむしろ助かるw)
追伸:金縛りというのは、体は寝てるが脳は起きている…という状態らしいですよ。
詳しく知りませんが…

406 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/25(火) 00:27:04 ID:KpvIbMAn
 私は私なりのチンケなフォース(単なる能力という意味)の持ち主ですが、そのダーク・サイドに落ちそうになった所を
千念氏、色坊主氏、越前HG氏に指摘していただいたような気がします。
よもや自分がダーク・サイドに落ちるなどとは夢にも思いもしませんでしたが、人間一般というか、このIF乃助というか、
過信と油断は禁物、一寸先は分からないものですね。
自分の中に毒々しいヘドロ的な霧が垂れ込めてくるのを確かに感じましたです。

 ありがとうございました。

これがホントの書き込み修了(苦笑

407 :中村 ◆CHBTxVTges :2005/10/25(火) 02:48:19 ID:1HGFDbi/
流れを読まずにカキコ。
10ch(東京)で太平洋戦争末期の「九州大学生体解剖事件」について。

代用血液(塩水)の実験などなど。

408 :中村 ◆CHBTxVTges :2005/10/25(火) 02:53:02 ID:1HGFDbi/
ttp://www1.ocn.ne.jp/~sho1948y/kaibou.htm
参考サイト。

大戦末期で切羽詰まってたときとは言え…アレな事件ですな。

409 ::名無しかましてよかですか?:2005/10/25(火) 03:15:20 ID:H5fS5w5D
>>408
それを見ると、「魍魎の匣」を思い出してしまった・・・


410 :名無しかましてよかですか?:2005/10/25(火) 05:58:29 ID:i5OooU2H
…海と毒薬ってノンフィクションだったんですか?

411 :名無しかましてよかですか?:2005/10/25(火) 07:17:09 ID:mvk7saVs
1945年5月から6月なんだね。

こういう事件が起きるのは、個人の意思もさることながら、周囲の意思も大きいかな。

412 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/25(火) 07:38:17 ID:5MP9reCO
おはよう。甲野よしりん、未だあらわれず・・・・。


413 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/25(火) 08:25:36 ID:octLySlC
>>387
>IF氏
>要するに実質的権力、絶対的影響力を持ちながら、法的責任は問われないポジションにいるわけです。 
> あと、この実質的権力者と、法的責任者のズレ、権力の二重構造は、大日本帝国憲法の構造そのものでは? 
>あっぁ、大日本帝国は宗教国家だったのだな〜と。 

‘ネタ’と断っているのにマジレスで失礼ですが、
まず解釈が逆だと思います。要するに「大日本帝国は宗教国家」ではなく「(そのようなある特定の)宗教法人の
権力者(台策くんとか)が‘天皇化’している」のです。

大日本帝国憲法でも、日本国憲法でも天皇は政治的責任を負わない、と定められています。しかし逆に天皇が
政治的意図を示す、といった状況はなかったと思います。
太平洋戦争開戦時の‘裁可’の再も「四方の原、皆同胞と思ふ世に〜」と明治天皇御製の歌を詠んだのは有名な話。

414 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/25(火) 08:45:34 ID:octLySlC
>>388
>千念氏、
>創価学会の中年婦人の信者でも、自分の至らなさを自覚し、自己を越える 
>善き存在を信じる姿は尊いと思うので、小生は、このような見方、言い方を 
>決してしないでしょう。まあ、選挙の度毎の電話攻勢には辟易しますが。 

層化の信者の皆さんって、少なくとも私の周りは熱心な方が多かったですね。
会社にアルバイトに来ていた女の子も実は働くことを目的にしていたのではなく、主たる目的が学会への勧誘で、会社のメンバー
全員に断られた次の日から来なくなったりすることもあったりして。因みにその子、稲森いずみ似のすっごく可愛い子!でして、
やはりそういった勧誘は可愛い子を当てるのだと、なんとなく北朝鮮の工作員を思い出してしまいました。

また東京で一緒だったバイト君(今度は♂)が私が地方に異動になったその後も「そちらまで行くから会ってくれ」と携帯に電話が
あったりして気味が悪くなったこともあります。

そんな方々を見てきますと、彼らの目的はどちらなのか、と思ってしまいます。千念氏の仰る、>自分の至らなさを自覚し、自己を越える 
善き存在を信じる、ことなのか、単に組織を大きくするという本末転倒に陥っているのか、と。

東京で暮らしているとオイソレと草加について言及できません。なんと言っても東京都議会の最大会派は公明党ですから。



415 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/25(火) 09:52:57 ID:O6qfTdam
>>406
IF氏

 例の「論理空間」の説明という夏休みの宿題は意識しております。近いう
ちに、納得していただけるよう説明したいと思いますので、どうか長期冬眠
に入られませんよう。これは、貴兄のレスを心待ちにしていたIF氏ファン
の声を代弁する意味もあるのですが、貴兄のファンは、貴兄が自分で思うよ
りも多分ずっと多い。

416 :過去レス読まず途中参加:2005/10/25(火) 09:56:23 ID:l7pURvdo
>>414 元帥殿 草加の問題と 昨日元帥殿とIF氏との話とは実は結構リンクするところがあるように
思います。ひいてはニートや引きこもりまでつながるようにも思っております。
IFしに投げかけた疑問は、草加には確かに問題はあるが、その草加に入っている
人が大勢いると言うことについて なぜなのかという視点での考察が必要ではということです。

東大 野球選手 漫画家 一流料理人 若しくはモー娘。等々そこを目指して
努力することは大変素晴らしいことですが、結果としては大多数がそこにはたどり着けず
端から見れば”平凡な人生”を生きていくわけですよね。

スポットライトを浴びる人生を送る人などごくごく一部の人のみです。

努力報われず、夢破れ と言う人が圧倒的多数です。

そこで端から見れば”平凡な人生”を生きていくわけですが、大事なことは
端から見れば”平凡な人生”であっても自分にとっては、あるいは、自分の気持ちの切り替えで
いくらでも心豊かで幸せな人生を送ることが出来るのに、そこで自分の人生の意味を失い
いわば他人の物差しで測った”平凡な”に縛られてしまい人生を放棄し、その意味を考えることを放棄し
草加や宗教に走る 家に閉じこもってしまう。

417 :過去レス読まず途中参加:2005/10/25(火) 10:01:47 ID:l7pURvdo
続き
大事なことは 夢やぶれても 自分の人生が 端から見てたとえ”平凡”と評価されたとしても
幸せに生きていくことは可能ですよ、と教えることではないでしょうか?

東大に行けば幸せになれる 野球選手になれば幸せになれるというのは幻想です。

東大に行けば東大の中での競争があるし 野球選手だって1軍に残れるかという熾烈な
競争がありますよね。

東大に行ったが同期は社長まで行ったが自分は部長止まり 野球選手になったが2年で解雇された
こんなことはいくらでもあるわけです。

野球選手になれなかったものから見れば野球選手になったものを見てうらやましいと思うのでしょうが
プロにはプロの悩みがあるわけで 改名している選手も結構イマスよね。

大事なことはどんな境遇になっても前向きに生きていくことで幸せになれるんだと言うことを
小さい頃に教えることだと思うのです。

418 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/25(火) 10:14:10 ID:O6qfTdam
>>414
元帥殿

 創価学会は、小生の中学時代にその勧誘のすさまじさから、統一教会の
それと同じように社会問題になりました。学会信徒にとって、信心と学会の
勢力拡大は不可分なものがあるのかも知れません。ですから、仰せの趣旨は
よく分かります。

 これを政治的、社会的な側面から眺めると、信者の問題点ばかりが浮かび
上がりますが、だからといって彼らの信心が全てウソであるとは思えない。
その信心という善への志向は認めるべきだろうという一般論です。

419 :凛家亜武 ◆zgWjY89cfk :2005/10/25(火) 10:31:22 ID:HOggUc9o
今日は最澄と空海との取っ組み合いで、夜ぐらいに
仏教論書こうと思います。書けるかな・・。
で、創価学会に関しては論の最後には触れなければ
いけないのですが、とりあえずこれだけ。

日蓮正宗のHPより

創価学会員への 折 伏 教 本
ttp://www.nichirenshoshu.or.jp/jp/indexj.html

長いので飛ばし読みをしても1時間以上食いますが、
よ〜〜く創価学会の本質がわかると思います。
気になるセンテンスだけなら5分ぐらいで済むかも。

>>413
ちょっと細かい事を。昭和天皇の三聖断と言うのはありました。
2,26事件と田中内閣総辞職(張作霖爆殺事件の責任)と終戦の決意の三つです。
天皇自体がタイラントになってはいけないと考えていたようですね。


420 :凛家亜武 ◆zgWjY89cfk :2005/10/25(火) 10:33:15 ID:HOggUc9o
>>419
あ、HTMLが細かく区切られてないないですね。
コンテンツの「創価学会関係」の「折伏教本」を
クリックしてください。

421 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/25(火) 11:05:45 ID:62YP3btP
>>415
確かに、もしも氏がいないとつまらないですね・・・・・。



422 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/25(火) 11:10:28 ID:62YP3btP
ちなみに、エアエッヂの実験を兼ねて、今は青空の下でカキコ中。奈良の有名な神社の敷地内で・・・・。
なにやってんだ・・?www




423 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/25(火) 17:17:32 ID:octLySlC
>>416-417
>途中参加氏、
御説に沿いますと、私は宗教等に嵌まるほどの挫折は未だ味わったことがありません。そんなある意味
幸いな?起伏の無い人生を送っている私が言うのも説得力がありませんが、宗教に嵌まっている人って
そんなヤワなんですかね?そんなヤワな人間が今や政権与党を支える支持基盤を形成するほどの人数
の規模があるとすると、この国ってなんだか怖い気がします。

学歴に関しても結果的に東大でなくともそれなりの大学にいければ十分だと思いますし、一流のプロ野球
選手になれなくても、「俺、○○高校のショートでレギュラーだったんだぜ」っていう酒の席でのネタになれば
十分のレベルだってあって然るべきです。

上を見たらキリがないです、しかし反対に下を見てもキリが無いんですよね〜世の中って(←若造が仙人み
たいなこと言いおって!)

オウムの時も、理工系の優秀な頭脳があのカルト集団に集まった、というのもその「自己への過剰なまでの
期待」みたいなモノがあったのでしょう。即ち大学や企業にいたのでは出来ない研究が、麻原の下ではさせて
貰える、みたいな状況が。その目的の是非を判断する客観性があったのか無かったのか、という問題はあるの
ですが、結果的には非人道的な犯罪に加担してしまったことになる。
↑この問題でも自分のやりたい研究、仕事をやらせて貰えるまでには何十年の実績を積む、という状況に耐え
られなかった、というある種短期的な視点しか持ち得ない人間が多い、ということなのかとも思う。

ええかお若いの、私がこの歳まで生きてきて感じているのはどんな小さな結果でも出しておいた者勝ち、ってこ
となんじゃ。東大〜ッイ、とかモー娘ェ〜ッ。とか、ハネマン狙いもいいが、セコイ手を積み重ねる、というのも人生
においての必勝パターンとなり得る、、、という‘教義’を信じて奮闘中でございます。
後は「捨てる神あれば拾う神あり」を信じるしかないですね〜。でも結構←これって当たってないかな、と思うんで
すよね。話題が雑多になってしまった、失敬。



424 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/25(火) 17:31:12 ID:octLySlC
>>418
<千念氏、
>だからといって彼らの信心が全てウソであるとは思えない。 
>その信心という善への志向は認めるべきだろうという一般論です。 

行動や言論は一定の規制は受けますが、(ex.テレビ、ラジオ等での放送禁止用語とか)、頭の中身はどんな思考でも自由
ですものね。
かく言う私も、中山美穂に始まり、広末涼子や仲間由紀江に矢田亜希子に奥菜恵と、‘頭の中’だけで何度付き合って何人と
結婚したことか(w、うーん、オトコなら誰しもイスラム教に改宗しようと思ったことは1度や2度ではないだろう!←キッパリ!
↑モンダイは宗教ではなくもっと根源的なことであることは重々承知です、、、orz、、

ですからこのような不埒なアタマの中身を持っている私は、他人の頭の中まで批判する権利はありません。

しかしあれだけナマナマしい現世での行いをやっている政治団体の信者の方が、どれだけその団体に対して‘神聖さ’を保てて
いるのか、という気持ちもあるんですけどね。
↑これこそ「アバタもえくぼ」なのでしょうか。


425 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/25(火) 17:35:03 ID:octLySlC
>>419
>凛氏、
ご指摘有難うございます。

彼の団体は彼の名誉会長をタイラントたらしめるための装置にしか見えません。

426 :過去レス読まず途中参加:2005/10/25(火) 18:28:22 ID:MivSyKuG
>>423 元帥殿
>宗教に嵌まっている人ってそんなヤワなんですかね?

オウムのようなカルトや荘かをはじめとする宗教に熱心にはまっている人の多くは
ある意味考えることを放棄していると思います。
考えることを放棄すればかなりの悩みから解放されますよね。

>オウムの時も、理工系の優秀な頭脳があのカルト集団に集まった
あまり詳しくはありませんが
>即ち大学や企業にいたのでは出来ない研究が、麻原の下ではさせて
貰える、みたいな状況が
だと思います。普通に勤めていれば下積みから始まるところ、オウムに入れば
いきなり責任者で幹部ですから。

考えることを放棄しいきなり幹部 この魅力にまけたのでしょう。

427 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/25(火) 18:44:54 ID:octLySlC
>>426
>途中参加氏、
>オウムのようなカルトや荘かをはじめとする宗教に熱心にはまっている人の多くは 
>ある意味考えることを放棄していると思います。 

思考停止ですか、「最高ですか〜!」って叫んでいた宗教も「頭取れ!」って叫んでいたような。

小林教のよしりん尊師も「自分の頭で考えるな〜」って言い出したらヤバイですね。
私は、よしりん尊師(←シャレですよ、過剰に反応なさらぬよう)は「自分の頭で考えてみろ」と言っている限り、信用に値すると捉えています。
その結果、不支持に回る‘信者’も増えたのも事実。

嗚呼、私も層化したい、orz、、仕事で大失敗(涙、(←ヤワなやっちゃね〜〜、)よーし、な〜んにも考えないように酒酒♪


428 :過去レス読まず途中参加:2005/10/25(火) 19:37:54 ID:ml2xYR+J
>>427 元帥殿

>よーし、な〜んにも考えないように酒酒♪

お酒教ですね。 健全です。

先にも書いたように 自分の人生を 自分で認める 価値あるものと思えないときに
宗教というのは非常に魅力的に写るわけです。そしてそこに行けば 人生がうまくいかないのは
人のせいだという連中が多く傷のなめあいによる 非常に居心地の良い居場所を
見つけることが出来るのだろう と思います。

宗教というのは一種の避難場所であり 現実の世界への復帰を予定すべきものと
それが宗教の有るべき姿 そう思っております。

囲い込んでそのまま それは宗教ではなく ただの団体です。

もちろん大多数のまともな宗教を否定しているわけではありません。誤解なきよう。

ただ、近所の寺を見て思うのは どのような宗派か知りませんが ことごとく門を閉ざしてます。
閉鎖的だな〜 と思う次第です。

知識不足かもしれませんが オウムから逃げた信者をかくまった宗教といえば キリスト系の
教会のみ あるいは ほとんどがキリスト系だったように思います。

仏教系でもかくまった寺はあったのかもしれませんが 知りません。

もしキリスト系の教会等のみあるいは大多数がキリスト教系であれば すなわち
かくまったお寺がほとんどなかったなら それが現在の仏教の限界だろうと思っております。
簡単にかつ挑発的・極論的に言えば 役に立たない宗教という のが私の現時点での
仏教への評価です。

猛反撃くらいそうだな。 

429 :名無しかましてよかですか?:2005/10/25(火) 23:40:46 ID:xfpdbDS/
 創価学会の知り合いにたのまれて一度、聖教新聞を取った事が
あるが、テレビ欄が2つあって使いやすかった罠。(´ー`)y─┛~~
 3面などの他宗派への暴言は見られたものじゃなくて、どうすれば
ああいう風に厚顔無恥に紙面で醜態を晒せるのかご教授願いたかった。( ^∀^)y─┛
 そういえば、セルビアモンテネグロの元王女も創価学会員だったっけか?
いやー信者の層は広いねい。(´Д`)y─┛~~

430 :ティキ ◆LStfMiPE.w :2005/10/26(水) 00:13:42 ID:XRtUZaec
聖教新聞というと、消防の頃好きだった女の子の家にあったなあ・・・。
高校の頃は「国民の歴史の読書会」に部活が乗っ取られ、大学では応援団と
新左翼に追いかけられた思い出もあったなあ・・・

アレ、ナンデナイテイルンダロウ

431 :名無しかましてよかですか?:2005/10/26(水) 00:20:25 ID:+rPqAV1r
>>430
バカメ!バカメ!高校1年の頃、大切な話があるって言われて
告白だと思ったら創価(仏法?)の勧誘で涙を飲んだおいらより
ましだい!!(つД`)y─┛~~

432 :ティキ ◆LStfMiPE.w :2005/10/26(水) 00:24:33 ID:XRtUZaec
オレ、この前大学で「のーん」とした感じの学生に声をかけられて
即座に「あ、こいつ宗教だ」と思ってダッシュで逃げましたが、こういう
経験を積むと見た目と口調で「こいつぁゃしぃ」と言うのが即座に分かる
ようになるよね。

433 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/26(水) 00:34:30 ID:smAZVHI9
創価学会については、知るところが少なく、何とも言えない。
しかしながら、過去に付き合った学会信者の人々に悪い人はいなっかたな。
いや、むしろいい人達だった。もちろん、いやな奴も当然いるだろうけどな。
なぜか、越前が知り合う学会信者は母子家庭が多っかた。みんな優しい人だった。
あの、怒涛の聖教新聞勧誘攻撃を除けば、人格に欠点らしい欠点は見つからなかったな。
あの人達の入信の動機が、もし、社会的孤立からの不安であるとするならば、
これは、部外者が軽軽しく取り扱える問題ではなく、安易に「創価うざい」等とは言えない。


434 :中村 ◆CHBTxVTges :2005/10/26(水) 00:38:49 ID:J6KS7rpr
自分創価ですよ(w

正確には、二世というやつですが

435 :ティキ ◆LStfMiPE.w :2005/10/26(水) 00:40:19 ID:XRtUZaec
個人的経験で言えば、おせんべいやさんはそれほどうるさくないイメージ。
選挙さえなければ問題なし。個人的に言えば、多分あそこまで大きくなっちゃうと
ある程度ヤバいヒトはハブられる自浄作用が変な集団でも出てくるのだろうと
思っている。

・・・今、ホットなのは日蓮宗系だとケンショウカイだね。ウチの大学でも
「車に無理矢理乗せて拉致る宗教」と悪名高すぎ。何故か高校や中学の側に
本拠地を構える傾向があって、「学習塾か?」と思ったらケンショウカイ
だったこと多数。

436 :ティキ ◆LStfMiPE.w :2005/10/26(水) 00:43:18 ID:XRtUZaec
ちなみにウチの大学は実は、

・トーイツ(教授有り)
・せんべい(教授有り)
・腱鞘炎
・キリスト教系

と四つも団体抱えていたりする・・・。まあ、積極的に問題行動起こしているのは
後者二つなんだが。多分、>>432でオレに声をかけてきたのは腱鞘炎だと思うけど。

437 :凛家亜武 ◆zgWjY89cfk :2005/10/26(水) 00:47:49 ID:4Ydx/ZBU
軍事板の小林将軍スレより

458 :ティキ ◆LStfMiPE.w [sage] :2005/10/25(火) 22:32:50 ID:???
その前に彼は親の経済的支配から独立せよと言いたい。
まあ、あんまヒトのことは言えないけどな。学生だし
経済的に見ると日本が持ってるアメリカの国債全部売ると楽しいことになるんですがね。
一応言っておくけど。こっちも大変なことになるがな。
軍事的・政治的に独立しているのがエライのならば、日本はおろかソ連や中国の逆鱗に
触れてまでクネクネする北朝鮮が最強と言うことになるんだが。
ニートのプライド維持のために戦争するのはマジ勘弁な

459 :ティキ ◆LStfMiPE.w [sage] :2005/10/25(火) 22:38:02 ID:???
小林は景気のいい話はブチまけないけど、ゼージャクなお坊ちゃんのプライドを
くすぐって良い気持ちにさせる技術についてはしらん間にこの国でも有数の存在
になってしまった。まあ、昔で言うところのクロカンとか赤尾レベルだからまだまだ
と言えばまだまだだけどな。
で、それにまんまとハマった一部のお坊ちゃんがもう面白いように「此の世は偽り、
彼の言うことが真実」という罠にまんまとやられてまあ大変。私もこれで数人友人が
社会からランナウェイしていくのを目撃しましたよ。
消えていく影も美しくね。
ところでニートの話と宗教論の話から向こうのスレが非常に彼にとって居心地の悪い、
現実を突きつけられるようなスレッドになってるみたいね。クス


438 :凛家亜武 ◆zgWjY89cfk :2005/10/26(水) 00:49:39 ID:4Ydx/ZBU
ティキと便所正日君はこのスレには来ないで貰いたい。

仏教論・・最澄と空海は中々消化出来ません。もう少しお待ちを・・。

439 :凛家亜武 ◆zgWjY89cfk :2005/10/26(水) 00:55:20 ID:4Ydx/ZBU
まぁしかし、隔離産廃スレはその為のスレだから煽られてもいいけど
軍板のあのスレなんだよ?w俺批判の為のスレになってるじゃないか!!
小林よしりんが将軍なら俺も少尉ぐらいの地位に(違)

440 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/26(水) 01:03:29 ID:smAZVHI9
それと、ついでながら、極端な話しをすると、まともな宗教とイカレタ宗教との境界線なんてないのだ。
では、なぜ、麻原とマザーテレサはああも違うのか?
それは、ひどく単純な答えになってしまうが「人間性」の違いなのだ。
宗教は当然ながらそれ自体が単独では成立しない。
必ず人間とリンクして成立している。
一神教的な言い方をすると、神は人間が背負いきれない重荷は、代わりに背負ってくださるが、
神は人間が追うべき責任までは面倒はみてくれないのだ。


441 :名無しかましてよかですか?:2005/10/26(水) 01:05:09 ID:+rPqAV1r
>>438
いつから、このスレは君の私物と化したの?( ^∀^)y─┛~~
お断り申し上げるねぇ。だいたい、>>437みたいのを他で
やる為の産廃スレだったはずなのに、自分からその意義を
捨てるか(´ー`)y─┛~~  嫌だったら自分が出て行けば
いいじゃん。 ガッAAを貼りつけただけでものすごい粘着をする
割には>>437みたいなのは問題なしと。ものすごいダブルスタンダード
ですな( ^∀^)y─┛~~

442 :名無しかましてよかですか?:2005/10/26(水) 01:06:04 ID:TDGqHxbC
>>437
はてはて、別スレのことをコピペ出されて怒っていたのは誰でしたっけ?
まぁこういう行為は普通は「荒らし」って言うんですけどねぇ。スレの流れにそってないんで。
ROMっていて不愉快ですので二度とこのようなことをしてもらいたくないですね。


443 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/26(水) 01:17:44 ID:smAZVHI9
>>438
まてまて、そういうことを言うとまた大阪環状線になる。やめておくのだ。それと、密教は根源まで極めるには
どうやら肉体的作業が必要らしいから、まぁ、出来る範囲のことをレスすれば充分だとおもうからがんばってくれ。
煙管ちゃんって俺はなかなか気に入ってたりするがなぁ・・・・。



444 :名無しかましてよかですか?:2005/10/26(水) 01:22:22 ID:8b++wgjP
そういや凛家亜武はまえに黒鳩金元帥に対して
>後、少々雑談を控えていただければと思います。
という発言をしつつ、自分はスレの流れを無視して
他の板からティキの発言をコピペですか。


445 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/26(水) 01:23:50 ID:smAZVHI9
>>440訂正
人間が追うべき×
人間が負うべき〇
に訂正・・・・・。


ていうか、もう誰も聞いていないか・・・・・。ショック・・・・。



446 :名無しかましてよかですか?:2005/10/26(水) 01:25:04 ID:8b++wgjP
>>443
そういや越前も、軍板のスレの話題をこちらに持ち込まれた時怒ってましたよね。
凛家亜武に対して、その態度は甘いのではないのですか?ここは彼の私的な空間
では無いんですから。

447 :名無しかましてよかですか?:2005/10/26(水) 01:27:01 ID:8b++wgjP
まぁコピペするなら凛家亜武、君の立てたスレにでもコピペすればいいだろう。
ワザワザこちらにコピペするなんて君はこのスレを荒らしたいのかね?

448 :凛家亜武 ◆zgWjY89cfk :2005/10/26(水) 01:29:45 ID:4Ydx/ZBU
いやぁ、俺がティキの発言をコピペッたのは、
「お前向こうのスレでドンだけ言いたい放題言ってんだ?」て事ですよ。
物質呼ばわりまでされてるからね俺。働いてるのにニート呼ばわりだしw
で、こっちのスレでいけしゃーしゃーと普通に書き込んでる神経が理解出来ないので
ああいう行動をさせて貰いました。

>>越前氏
産廃スレでも読んで来ればいい。煙管がどんな奴かよーくわかるから。
ただ、泡沫を気にするなとの千念氏の忠告を受けてココまでにします。
もう煙管の相手アホらしいので永遠にあぼーんにしたしね。


449 :名無しかましてよかですか?:2005/10/26(水) 01:36:47 ID:btSpw4x7
>>448
ああ、ティキが気に入らないからこのスレを荒らしたってことだね。


450 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/26(水) 01:36:57 ID:smAZVHI9
>>446
はぁ、ごもっともです・・・・。甘いですか?

もう寝ます・・・・。





ウジウジ。。。。。。



                ウジウジ。。。。。


451 :名無しかましてよかですか?:2005/10/26(水) 02:36:39 ID:UDD/XVkw
>>448

でたよでたよ。自分の荒らしはいい荒らし。
ホントこいつはすくいようがないな。

452 :名無しかましてよかですか?:2005/10/26(水) 03:45:13 ID:C6nh+u6e
>>448
>「お前向こうのスレでドンだけ言いたい放題言ってんだ?」て事ですよ。

   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ´∀`)< オマエモナ-
  (    )  \_____
  | | |
  (__)_)


453 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/26(水) 03:56:03 ID:tWXMdNE/
 寝る前に、
>>千念ドノ
>某念会
 深い意味はありませんです。はい。
 浅い意味もありませんです。はい。

454 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/26(水) 04:32:05 ID:oEQrdNtl
>>453
鳥坂氏

 忘年会はさておき、いつの日か一献差し上げられる可能性を確保しておき
たいという思いがあります。リアルで会えば話題豊富な貴兄に圧倒されそう
な気もするし、2ちゃんは2ちゃんにとどめておくのも一つの交際のあり方
ではありますが。


455 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/26(水) 07:29:15 ID:Y1rLOQig
眠れない。まぁ、今晩は夜勤だしまぁよいが。
鳥坂氏も大兄とメル友になればいいのになぁ・・・・。
越前にとっては、大兄は吉田松陰です。
しかしながら、大兄は崇め奉られることを極端に敬遠されるので、大兄賛美は極力控えます。
でも、なぜ大兄は松蔭に似ているかと言うことを少しだけ述べると、
松蔭は、弟子達を自分と同等に扱いました。
いつも弟子達に敬語を使って、声を荒げたこともなかったといいます。
「私には、門人はいない。すべて友人である。同じ道を極める友達である」とまで言っています。
また、松陰は、人の長所を見つけて、それを褒めることが実に上手でした。
門下生の中には、どこも誉めようもない輩も当然いたのですが、それでも松陰は無理やり
その落第生の長所を発見し、誉めたといいます。
松陰はやさしい人でした。
獄中でも松陰は、同じ入牢者のお尋ね者の長所を発見し、「あなたは、俳句の才あり。
私はあなたを師匠とし、俳句を学びたい」
と言って真剣にお尋ね者を師匠と呼び、俳句の講義を受けました。
お尋ね者の方も、今まで世間の嫌われ者であった自分が師匠と称えられ、優秀な弟子(松陰)まで
持てたことに感激してしまい、次第に改心していったと言います。
大兄は吉田松陰にとてもよく似ています。


あんまりここで大兄を賛美すると、また「小生は、越前殿が言われるほどの器ではなく、小生の心情的な分析において、買かぶりが
いかぶりがあるように思われ、その方法論としての手法は・・・・・etc」などと謙遜されそうなのでこれでやめますね。
大兄、これからもよろしく。






456 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/26(水) 07:39:42 ID:Y1rLOQig
>>455訂正(タイプミス有り):越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/26(水) 07:29:15 ID:Y1rLOQig
以下が正。
> 眠れない。まぁ、今晩は夜勤だしまぁよいが。
> 鳥坂氏も大兄とメル友になればいいのになぁ・・・・。
> 越前にとっては、大兄は吉田松陰です。
> しかしながら、大兄は崇め奉られることを極端に敬遠されるので、大兄賛美は極力控えます。
> でも、なぜ大兄は松蔭に似ているかと言うことを少しだけ述べると、
> 松蔭は、弟子達を自分と同等に扱いました。
> いつも弟子達に敬語を使って、声を荒げたこともなかったといいます。
> 「私には、門人はいない。すべて友人である。同じ道を極める友達である」とまで言っています。
> また、松陰は、人の長所を見つけて、それを褒めることが実に上手でした。
> 門下生の中には、どこも誉めようもない輩も当然いたのですが、それでも松陰は無理やり
> その落第生の長所を発見し、誉めたといいます。
> 松陰はやさしい人でした。
> 獄中でも松陰は、同じ入牢者のお尋ね者の長所を発見し、「あなたは、俳句の才あり。
> 私はあなたを師匠とし、俳句を学びたい」
> と言って真剣にお尋ね者を師匠と呼び、俳句の講義を受けました。
> お尋ね者の方も、今まで世間の嫌われ者であった自分が師匠と称えられ、優秀な弟子(松陰)まで
> 持てたことに感激してしまい、次第に改心していったと言います。
> 大兄は吉田松陰にとてもよく似ています。
>
>
> あんまりここで大兄を賛美すると、また「小生は、越前殿が言われるほどの器ではなく、小生の心情的な分析において、買かぶりが
> 買いかぶりがあるように思われ、その方法論としての手法は・・・・・etc」などと謙遜されそうなのでこれでやめますね。
> 大兄、これからもよろしく。
>
>
>
>
>


457 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/26(水) 07:49:51 ID:Y1rLOQig
456もまちがってる!!!!。「買いかぶり」×2になってる!!!
消えない!!!もう知らん!!寝る!!!!
やっぱり、俺は携帯男でしかないのか!!!!!
パソコン難しい(涙)



458 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/26(水) 08:08:38 ID:Q5KMrYbb
皆さんおはようございます。
先日ラーメン屋で店員の忠告を聞かず、激辛ラーメンを食べて、余りの辛さに鼻血を出してしまった黒鳩です。
↑実話。

しかし阪神どうしたんでしょうね。日本シリーズ終了後に岡田監督の去就問題になりかねない程の状況だと
思いますが。甲子園の観客席同様、テレビの前で白けきっています。
是非田尾監督には「楽天もセリーグだったらAクラスか?」と強烈な皮肉を言ってもらいたいものです。

459 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/26(水) 08:32:04 ID:Q5KMrYbb
>>428
>途中参加氏、
昨日、>宗教に嵌まっている人ってそんなヤワなんですかね?と言ったことを取り消します。
恐らくそういった思考は私の現状が、健康且つ幸せだから言える誠に身勝手な発言だったと思います。

例えば、人間何をやってもうまくいかない時期、少し古い言葉で言うと「ロンバケ現象」のようなタイミングが
あると思います。
私も一時期そういった時期があったもので、←しかし後から考えると私自身に原因がありました。

例えば、今私は健康ですが、先日受けた健康診断の結果、不治の病が見つかったとか、ほぼ毎日運転をし
ている自動車で事故って両脚切断、その上失明して会社も解雇、なんてあたかも韓流ドラマのヒロインのよ
うな不幸が度重なったら、現世に失望をして宗教に嵌まってしまう可能性はあると思います。
「もしこの200万円の壷を買ったらその不幸から逃れられるよ」などと、そのタイミングで言われたら、買ってし
うかもしれません。

これはオレオレ詐欺に引っかかる心理に似ているかもしれません。とある心理学者が、「私も状況によっては
詐欺に引っかかるかもしれない」との告白を聞いたこともあります。

しかも現在私は独身ですが、これが家族を抱えて、しかも年老いた両親も巻き込んで、となるともっとそういった
心情になる可能性は高いと思いますね。オレオレ詐欺だって家族関係を狙った手口が多かったと思います。
宗教への入信は飽くまでも本人の自由意志によるものでオレオレ詐欺のように悪意ある手法で入会させる、
という状況は皆無だと思いますが、ここでは心理だけの比喩で挙げた次第です。

460 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/26(水) 08:38:09 ID:Q5KMrYbb
>>428
>途中参加氏、
その疑問、憤慨に対する答えは、>>440の越前氏のレスに重要なヒントがあると思いますね。

曰く、
>それと、ついでながら、極端な話しをすると、まともな宗教とイカレタ宗教との境界線なんてないのだ。 
>では、なぜ、麻原とマザーテレサはああも違うのか? 
>それは、ひどく単純な答えになってしまうが「人間性」の違いなのだ。 

本来日本の郵便制度の普及に寄与しようとの誠意から始まった特定郵便局制度も、胡坐をかいて特権
階級化したようなものだろう。

まるで「金閣寺」の、徳だけを除いて、煩悩だけが残った住職みたいなのが多いのでは?

461 :過去レス読まず途中参加:2005/10/26(水) 08:38:29 ID:M6ODmh2W
>>458 元帥殿  おはようございます。

>>しかし阪神どうしたんでしょうね

いや、ここから4連勝での日本一のための岡田監督の憎い演出です(言ってて つらい・・・。)
しかしロッテはパのプレーオフで調子を上げ このシリーズでは爆発力ありますね。
このまま押し切られたら やはり 初戦の井川起用が問題かと思うのですが。
それと、やはりボビーの(からくりのボビーではないよ )指導力は素晴らしいですね。
日産のゴーンと言い立て直すには外人がよいのかなと思ったりもします。

かつて元帥殿が言っていた 政治にも オブザーバーなりで経験ある外人の起用 その通りだと
思うようになりました。日本人と違い 大なたふるうことが出来るし 誉め上手だし 日本人の
外人コンプレックスから 同じ注意を日本人にされると反発することでも 外人だと なんか
引け目みたいなもので言うことを聞いてしまうのでしょうか(それはそれで悲しい性ですが)。

話は飛びますが 女性 女系天皇が現実味を帯びてきましたが 遺伝子的に初代天皇に
つながらない天皇の出現は天皇制のよってたつ基盤が亡くなってしまうと危惧するところです。



462 :過去レス読まず途中参加:2005/10/26(水) 08:42:29 ID:M6ODmh2W
>>459 元帥殿 書き込んでいる間に書き込まれてしました。

>>昨日、>宗教に嵌まっている人ってそんなヤワなんですかね?と言ったことを取り消します。
その必要はないと思いますよ。人間 私を含めて ヤワになる時期はあります。
何かにすがりたいと思ったこともありますが 宗教とは無縁でしたので宗教にすがらなかっただけです。
近縁に宗教にはまっている若しくは近い人がいれば私だって宗教に救いを求めたかもしれません。



463 :過去レス読まず途中参加:2005/10/26(水) 08:45:35 ID:M6ODmh2W
>>460
>曰く、
>それと、ついでながら、極端な話しをすると、まともな宗教とイカレタ宗教との境界線なんてないのだ。
>では、なぜ、麻原とマザーテレサはああも違うのか?
>それは、ひどく単純な答えになってしまうが「人間性」の違いなのだ

越前殿とは認識が違うのですが マザーテレサと比べると確かにその通りですが、オウムも
犯罪さえ犯さなければ未だに宗教法人(オウムって宗教法人でしたっけ?)のままそれなりの
信者を抱えていてもおかしくないと思います。
あえて言うなら いまでも 立派な(立派というのは世間から認められるという良い意味ではありません)
宗教団体ですよ。

464 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/26(水) 08:46:51 ID:Q5KMrYbb
>>440
>越前氏、
便乗ついでに知ったかさせて頂くと、マザーテレサという人は何も知らない人が見るとお金に執着の強い
人、と写ったようです。マザーの前に寄付のお金を差し出したひともの手からそのお金を、即座に鷲掴み
してポッケにしまい込むマザーの姿はよく見受けられたとか。
↑ここだけ見れば、麻原や台策となんの違いも無いように思います。

しかしそのボロボロの佇まいから誰もマザーがそのお金を自分の為に使うとは思わなかったそうです。
あと、宝くじの主催でもマザーは有名だと思いましたが、宝くじはもとは基金の募集、という意味合いが強か
ったようです。日本の宝くじも元元は戦後復興の基金を一般から募集したものであったと思いますが。
知ったかになっていない、orz、皆さん既知のこととは思いますが。

465 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/26(水) 09:12:58 ID:Q5KMrYbb
>>461
>途中参加氏、
>やはりボビーの(からくりのボビーではないよ )指導力は素晴らしいですね。 

ボビー)ぅふざけんなよぉ、ぉれおのどこぐあ、かれねんなだおっよ
セイン)誰もお前のこと金無しなんて言ってないだろ。「からくり」って言ったの!

女系、女性天皇に関しては、もう現実的に致し方のない状況下ですからね、ただ、男系に限ってきたという
その根拠が中国の易姓革命だということで、それは日本の文化ではなかった、と諦めるしかないでしょうね。

しかし女系、女性天皇の誕生が、ジェンダーフリー思想に拍車をかける可能性の方が私は心配です。


466 :名無しかましてよかですか?:2005/10/26(水) 09:50:38 ID:/Vm9J+aY
>>448
どう見てもお前そっくりの名無しがそのスレにずっといて
ティキや鳥坂に粘着しているんだけど、それもこっちに貼り付けてもいいってこと?
まさかそれはこのスレでやるなとは言わないよな?

467 :名無しかましてよかですか?:2005/10/26(水) 11:42:12 ID:wzmwJ0ZE
なぜ靖国に右翼は反応するのか
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-26.html
靖国問題になると急にアクセスが増える。喜んでいたら、
何のことはないネット右翼の到来というわけ。
(中略)
転換期は、敵も怖いのだ。60年間封じ込めてきた亡霊が、
いま墓穴から飛び出してきやしないか、ビクビクしているのだ。
それが、ファシストの靖国反応なのであろう。

そう考えると、靖国はやはり、突いて突いて突きまくらねばならない。
60年間靖国神社の礎石の下に閉じこめられていた、亡霊諸君と共に。


468 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/26(水) 12:22:13 ID:CAHjN0tm
>>454 千念ドノ
>いつの日か一献差し上げられる可能性を確保しておきたいという思いがあります
 そうですねぇ。
 来年の春前後(GW前)なら仕事も落ち着いてると思いますので、その頃に一席どうでしょうか?

>>458
>阪神
 ロッテの投手が「楽天より弱い」とでも言ってれば怒濤の4連勝ですよ。
>岡田監督の去就問題
 あっこのフロントにとって「優勝は罪」なのれす。選手の年俸上げなきゃナランですから。
「デッドヒートの末に最終戦で2位ケテーイ」が、フロントが望む夢のシーズンでつ。

469 :凛家亜武 ◆zgWjY89cfk :2005/10/26(水) 12:46:24 ID:4Ydx/ZBU
    〜現代日本に仏教の意義を問うH〜

平安仏教は最澄・空海の遣唐使によって中国で仏教を学んできた
両者によって新たな展開を迎える。まずHでは最澄を追う。

伝教大師最澄は、804年に遣唐使により唐の天台山でGで書いた
天台智の弟子から天台教学、密教、禅、戒律を学んで帰国した。
2年後、比叡山でそれらを融合した天台法華宗を開いた。法華、法華経が
ルーツなのである。大乗仏教の流れを受けている事がわかる。

奈良仏教は権力と癒着し貴族仏教と化し堕落しつつあった。これを見た
最澄は政治と一定の距離を置いたが、最澄自身は天台宗の大目標の一つに
鎮護国家を見出していたので、国家には認められたい。そこで朝廷に遣唐使
に自宗派からも二名出すように申請し、受け入れられた。これが南都六宗らと
その後ぶつかる原因にもなるのだが、それらの宗派と並んで朝廷に認められた
証左である。また、生前は果たせなかったが、死後に大乗戒壇と言う
鎮護国家仏教としてのお墨付きも獲得する事になる。

比叡山に天台宗を開いたのは、国家と一定の距離を持つ為だったが、
天台宗の教義を無理やり簡単にまとめておくとこうなる。

「一切皆成(いっさいかいじょう)人はもちろん草や木でさえも成仏できる」

南無妙法蓮華経と題目を唱え、悟りを得る為に修行せよ。特徴として
混沌と言うイメージ。法華経に由来するところ大なのであるが、
密教から禅から何でもかんでも教義に取り入れているきらいがある。
自力宗派であるのは間違いないけれども。また、布教対象に庶民も入っていた。
日蓮宗の「日蓮」浄土宗の「法然」浄土真宗の「親鸞」曹洞宗の「道元」
臨済宗の「栄西」や時宗の「一遍」などがみな天台を学んでいると言うのも
改めて納得出来る。最澄死後は密教化が進み「台密」とも呼ばれるようになった。

470 :凛家亜武 ◆zgWjY89cfk :2005/10/26(水) 12:47:15 ID:4Ydx/ZBU
      〜現代日本に仏教の意義を問うI〜

続いてIは空海、弘法大師。「弘法も筆の誤り」で有名である。
嵯峨天皇、橘逸勢と共に「三筆」と呼ばれるほどの書の名人でもあった。
空海は、嵯峨天皇に重用され816年に高野山に金剛峰寺を建てた。空海の
真言密教は貴族や地方の豪族や民衆のなかに急速にひろまった。
ちなみに、最澄も入唐時に真言の相伝を受けていたが、半年程の留学期間で
あったので空海ほど深く密教を体得出来なかった。

空海の開いた真言宗は「東密」と呼ばれ、平安時代を通じて教勢は振るい、
教理、儀式、仏教芸術上での各方面への影響は大きかったが、その教えは

「三密修行により、即身成仏が達成できる」、と言うもの。

大日如来を宇宙の根本仏とし、修行によって誰でも「即身成仏」出来ると説く。
わかりやすい自力成仏の教義である。空海も最澄と同じく奈良仏教を批判し、
経典の研究ばかりして、庶民の救済が足りないと批判し、また、「十住心論」
と言う書を著し、人の心のありようを説いたりもした。また、手芸種智院と言う
日本最初の民間教育機関を作ったのも空海。仏教だけでなく儒教と道教も教えていた。

空海が体得した密教は、極めて純度の高い正統真言密教であったとされている。
空海が唐で師事した人物は恵果と言い、その師匠は不空金剛(不空三蔵)と言う。
インド名アモーガヴァジュラ。本国インドから師匠の金剛智とともに中国へ
伝導に来ていたインド僧である。インド密教が成立したのが7世紀のことであり、
その時代のインド僧が直接中国に訪れ、その直弟子から教えを受けたということである
と言う事は、真言宗は小乗仏教の流れを汲んでいると言える。後本国インドも中国も
密教は弱まる事になるので、真言宗は極めて貴重な密教宗派ということになる。

この二大大師の登場で日本仏教は好ましいほうへと向かった。一切衆生の元に
仏教が近づく事になったからである。宗教の基本は分け隔ての一切無い事だから。

471 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/26(水) 14:25:57 ID:Q5KMrYbb
>>431
>煙管氏
バカメ!×3
客先のすっごい可愛い子に「黒鳩さんの携帯の番号知りたいな♪」と言われて教えたら後日「今度の週末、
一度会いません?」と言う電話が掛ってきて、鼻の下伸ばしながら指定された喫茶店に言ったら、その子の
隣にゴッツイお兄さんが座っていて、マルチの勧誘だされた私よりマシだい(涙、

↑因みに私20代半ばの話です、何やっているんだろ…orz、

472 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/26(水) 14:42:30 ID:oEQrdNtl
>>468
鳥坂氏

 了解。楽しみにしています。お互いスケジュール調整がうまく行くことを
祈りましょう。小生来年5月末の中学校の同期会(全国の同期生に案内状を
出す)の責任者なので、あるいは仕事とのからみで厳しくなるかも知れませ
んが。


473 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/26(水) 15:00:04 ID:oEQrdNtl
>>455
越前殿

 お気持ちはうれしいが、歴史上の偉人と較べるなど、どうかおやめ下さ
い。ときどきIF氏に噛みついて後悔しながら潜伏したりしている泥の中
のスッポンかそれ以下の存在であることは本人がよく承知しています。
 この件はこれにておしまいにしたいのでどうかレスもご無用に願います。


474 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/26(水) 15:47:56 ID:Q5KMrYbb
>>468
>鳥坂氏、
>ロッテの投手が「楽天より弱い」とでも言ってれば怒濤の4連勝ですよ。 

昨日の第3戦の勝利投手の小林宏之もヒーローインタビューで、かなり気を遣って対応していたらしいですね。
まぁ3戦の通算対戦成績が30対2の余裕と言ったところですね。しかし火を付けられたタイガースも観てみたいような
気がします。

> あっこのフロントにとって「優勝は罪」なのれす。選手の年俸上げなきゃナランですから。 
>「デッドヒートの末に最終戦で2位ケテーイ」が、フロントが望む夢のシーズンでつ。 

そのフロントの方々はさぞかし竜を応援していたでしょうなぁ、、、、、10ゲーム差、orz、、、

>来年の春前後(GW前)なら仕事も落ち着いてると思いますので、その頃に一席どうでしょうか? 

私も参加させてください、鳥坂氏とカラオケで「山本正之メドレー」を歌うのが私の当面の目標です。
千念氏や途中参加氏の前ですと白い視線が痛そうで……、鳥坂氏もか!?

475 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/26(水) 16:38:01 ID:Q5KMrYbb
コピペ失礼、私↓の「ふしあなトラップ」なるものを知りませんでした。もし私のような方がおられたら
いけないと思いますので貼らせて頂きます。↓絶対に言う通りにしないで下さい。

>名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [age] 投稿日: 2005/10/26(水) 11:46:02 ID:???
><<<ご注意ください>>> 

>あなたは2ちゃんねる初心者ですか? 
>書き込む前にSG(セキュリティー・ガード)に登録しないと危険です。 
>SGに登録せずに書き込んだ場合、あなたのPC内の情報が他人に見られる恐れがあります。 
>初期の頃から2chにいる方達は、殆どSGに登録しています。 
>リモートホストを抜かれ、住所まで公開された人も数多くおり、社会的に抹殺されてしまう。 
>それが2chの隠れた素顔でもあります 
>SGしておけば、どんなにスキルがある人でもリモートホストを抜く事が不可能になります。 
>登録する方法は、名前欄に『fusianasan』と入れる。これだけです。 
>一度登録すれば、電話番号を変えない限り継続されます。 
>fusianasanは、正式にはフュージャネイザン、又はフュジャネイザンと読みます。 
>元々は、アメリカの学生達の間で、チャットの時のセキュリティを強化する為に開発されたシステムです。 
>fusianasanを掲示板に組み込むのは結構面倒なのですが、2chにカキコしてたら個人情報が漏れた、等の 
>抗議がうざったくなったひろゆきが、仕方なく導入しました。 
>悪意のある人間にクラックされる前にSGを施す事をお勧めします。 

>名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2005/10/26(水) 16:26:40 ID:???
>↑「ふしあなトラップ」です! ご注意を!

>http://d.hatena.ne.jp/keyword/%a4%d5%a4%b7%a4%a2%a4%ca%a5%c8%a5%e9%a5%c3%a5%d7 

476 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/26(水) 18:59:05 ID:fCBNj0qB
また阪神は負けているのか。


ボビーよ・・・・・・・。








477 :過去レス読まず途中参加:2005/10/26(水) 20:33:16 ID:IH9P0eYO
>>468 鳥坂氏
>>いつの日か一献差し上げられる可能性を確保しておきたいという思いがあります
 そうですねぇ。
 来年の春前後(GW前)なら仕事も落ち着いてると思いますので、その頃に一席どうでしょうか?

是非私も参加させて頂きたいものです。鳥坂氏とはおそらく同年代でしょうし、
全く違う業界(経歴的にも私は文系 鳥坂氏は理系と違いますし)の話を
お聞きしたく です。

478 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/26(水) 21:48:08 ID:CAHjN0tm
>>476
(・∀・)つ【準優勝】オメ

479 :家族殺し犯罪者としての英霊問題 >476>468:2005/10/26(水) 22:32:26 ID:cqvxWjjD
http://members.at.infoseek.co.jp/YaYa/isihara.htm
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/tuzimoto39.htm
http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/gyakusatu.html
北コリアの天皇である金正日さんが特攻隊の英霊が祀られている廟を参拝した。
国家と民族のため、愛する家族を守るために日本人拉致を決行した拉致特攻隊の
愛国兵士たちが祀られている軍人墓を参拝したのである。
10月17日にはジャパンの首相小泉さんが靖国神社を参拝した。
国家と民族のため、愛する家族を守るためにアジアで強姦侵略強盗殺人を決行して
今もアジアの被害者家族からペンキやペットボトルを投げつけられている愛国兵士が英霊として祀られている軍拡神社である。
身内を殺された被害者の家族から見れば北コリアやジャパンの民族愛国英霊兵士は許すことの出来ない犯罪者である。
しかし
金正日さんや小泉純一郎さんからみれば、
じーっと目を凝らして良く見れば 、
やっぱり、家族殺しの愛国英霊兵士というのはとんでもない犯罪者であった。


480 :越前HG ◆WTQ4WXzIyQ :2005/10/26(水) 23:24:13 ID:UhkKHJwu
ボビーよ・・・・
†\(T_T)>
ボビーよ・・・・

481 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/26(水) 23:28:21 ID:oEQrdNtl
>>469-470
凛家亜武殿

 皆さんの批判を受けて、文体的には非常に読みやすく改善されてきた気が
します。内容もよくまとまっていて、文章を練られたかその前段階の作業が
充実していたのでないかと推察されます。知らなかったこともあり、勉強に
なります。今後の進展を期待します。

482 :ティキ ◆LStfMiPE.w :2005/10/26(水) 23:42:50 ID:WyIgAHfr
とうとう「全て悪いのは外国のせい」とまで言い切ったか・・・。

そうやって免罪されることを英霊は望まないと思うんだが。勿論死んでしまった
人達のことだから生きている我々がこういう風に勝手に口添えすること自体が
失礼なことなんだけど、それにしても最近の小林の言動は「靖国」を神格化する
余り祭られる側の心情を踏みにじっているようにさえ感じられる。

その意味で戦争論1・2の頃はオレは健全だったと思うけど。

483 :ティキ ◆LStfMiPE.w :2005/10/26(水) 23:50:39 ID:WyIgAHfr
戦争論1・2の頃はまだ死んだ庶民を戦争犯罪から切り離して再評価するという
彼の独自のスタンスがあったけど、今や靖国というテーゼの前で思考停止して
甚だしいからね。沖縄なんて言う「今までの国家観」をリセットしてある種乗り越える
チャンスもみすみす反米に囚われて逃してしまった感じだし。

で、その「靖国」というのは戦前の価値観から言えば天皇と切り離し不可能なもので、
そのことによってアイデンティティを維持してきた面があるけれど、もう天皇陛下が
国民統合の象徴という一個人になって国家神道を止めてしまった今、生き残るための
術だったとはいえ妥当性は失われてしまっている。

まあ、とある案のように昭和天皇退位→靖国神社の神主にでもしていれば
それ相応に説得力があったのだろうけど、それも無理な話だしなあ。

484 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/26(水) 23:51:47 ID:4TjjhmVF
>>469-470のリンカーン氏へ
 前にも言いましたが、私の宗教観は強いて言えば、一神教汎神論。
それに最も近いのが、仏教諸派で言えば真言宗です。
ゆえに、貴方の仏教シリーズにおける、真言宗、空海についての記述、楽しみにしていました。

 比喩としてではなく、地球を1つの生命体であると考える思想をガイア思想という事は以前書きましたが、
宇宙を1つの生命体とする思想、それが真言宗でしょう。
 その生命体の名は大日如来。曼荼羅・図絵の中心に鎮座ましますアレです。
さしずめ、この青い、水と命の惑星、地球は、宇宙生命のツボの1つに位置するのかもかもしれませんね(笑)
“大日”如来、という名前も、何かの縁でしょうか・・・・“大日”本帝国と。
宇宙を1つの生命体とするこの世界観は、このスレッドでよく登場する手塚治虫氏の『火の鳥』の中心モチーフでもあります。

 詳しくは知りませんが、真言宗と、チベット仏教=チベット密教=ラマ教、は兄弟か何かの系譜だったと思います。
さらに言えば、オウム真理教も、その孫の孫の孫の・・・・・そのまた孫に当たると思います。
まぁ、オウム真理教はその奇形児として誕生したのですが。

485 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/26(水) 23:53:05 ID:4TjjhmVF
 『我々は何処へ行くのか』の2だか3だかのスレッドで、宗教の相対化は可能、と私は言い方ましたが、
正確に言えば、宗教及びその諸派を、宗教マップの中にマッピングする事ができる、という事です。

縦の2分類として、セム・ハム一神教(ゾロアスター教、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教) と インド系宗教(バラモン教、仏教、ヒンズー教)
横の2分類として、神秘主義宗教(仏教用語では密教) と 非・神秘主義主教(仏教用語では顕教)

です。
 ユダヤ教ではカバラ、キリスト教ではクエーカー教(=フレンド派)、イスラム教ではスーフィズムが神秘主義宗教的ですね。
神秘主義宗教とは、メソッド化された修行によって獲得される神秘体験を信仰の手段、もしくは目的とする宗教です。
神秘体験とは、例えば、ヒトは一週間、飲まず食わずの荒行をすれば、いろんな幻覚(幻視、幻聴などなど)が起きるようです。
脳がそういった特殊な状況下で、通常とは違った機能をしだすのでしょう。

 神秘主義宗教からの連想として、よくセックスが連想されます。 
神秘主義宗教とセックスとの親和性が高いのは、
神秘体験の中で獲得する、大いなるものとの自己との合一感、あるいは大いなるものの臨在感と、セックスにおける相手と自己とのの合一、臨在、
神秘体験の中で獲得するエクスタシーと、セックスによるオーガズム、
この相似性ゆえでしょうね。

 しかし神秘主義宗教家がセックスに手を出すと、あっという間にダーク・サイドに落ちますが。
所詮ヒトはサルの進化型にすぎないので、理性としてのセックスなど無理、獣性、野性としてのセックス、サル本来の姿に落ちます。

486 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/27(木) 00:42:25 ID:a3UJ1suT
どうも。失言の多い色坊主です。

>>484-485 IF乃助ドノ
ハッキリ言いましょう。あなたは頭が良い。良すぎる。材料さえあれば、何でも組み立てれる。
故に、そういう人間の特徴として、口調にトゲがあったり、暴走したりはいたしますが。
黙秘を貫いておるアッコちゃんな私ですが、あなたのレスは私が今勉強しておる入り口に
物凄いニアミスをかけております。一機や二機ではございません。危険です。
○I○コードを表示の上、A-○をビハインドで飛行して下さいw
少し言いましょう。キーワードは“創造と破壊”、“表と裏”、“東方の光”です。
別に天狗説ではございません。とだけ…。あなたならこれで分かるかも(←カルト常套手段w)
リアルでならいくらでもお話いたします。(さりげなくリアル釣りw)
無論、私などよりも精通しておるジェダイw、妖怪wの類は山ほどいますが。ふふふ…w
では色坊主家、筆頭軍師の席を用意してお待ちいたしておりますw
(無論、宗教話であって宗教話ではありません)

しばらく篭ります(どこへw)
皆様、意味不明な私的レス失礼いたします…

487 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/27(木) 00:49:39 ID:a3UJ1suT
追伸:
色坊主、サイコ認定…w

488 :越前HG ◆WTQ4WXzIyQ :2005/10/27(木) 01:36:29 ID:pMcUSesD
>>485もしも氏、
神秘主義か・・・。密教の異端?で有名なのが真言立川流だったかと思います。
いわゆる男女の性交により即身成仏を遂げるという…。
確か後醍醐天皇がこれに耽溺していたとか。
でも密教についてはよくわかりません。
リンカーン君に立川流まで調べさせるのは悪いし。
そう言えば、ザビエルもロヨラの指導のもと、何らかの秘技を実効し神秘体験を得たといいます。
さて、越前個人の神秘体験と言えばこの2ちゃんねるです。
時々、リアルの本人が、「越前、お前は誰なんだ?」と呟いていますよ(笑)

489 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/27(木) 01:37:35 ID:a3UJ1suT
>>486-487
なんちて。悪フザケが過ぎましたな。IF乃助ドノが私に聞いておられた話題に
託けて、飲み会に釣らせていただこうと姦計をめぐらせた次第ですw

私は末期思想主義ではありません。あしからず…
IF乃助ドノ、申し訳ない

490 :越前HG ◆WTQ4WXzIyQ :2005/10/27(木) 01:43:45 ID:pMcUSesD
>>488
訂正
実効×
実行〇
追伸…もしも氏って、いくつ?42ぐらいかな?

491 :中村 ◆CHBTxVTges :2005/10/27(木) 06:12:24 ID:1HhxVwua
現在、当方ギコナビ表示にて401KB。
前回よりペース早めかな…?


492 :中村 ◆CHBTxVTges :2005/10/27(木) 06:18:57 ID:1HhxVwua
早朝ニュースにて。
NYタイムズでイラクで死亡(戦死?)した米兵1000人分の遺影掲載。
イラク戦後04年9月までに約1000人が死亡。
その一年後にあたる現在では、死亡者数が更に1000人増え2000人を超えた模様。

憲法投票のことと言い、イラクの夜明けはまだ遠い…

493 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/27(木) 08:32:47 ID:ba9GBu/e
皆さんおはようございます。
会社の忘年会と大学の同窓会のダブル幹事に東奔西走している黒鳩です。
思ったのですが私のような大酒飲みに幹事は不適かと思います、「飲み放題にフルーツパフェは付くの?」などという
トンチンカンな問い合わせに血圧を上げている次第です。宴会なんてビールと焼酎と枝豆で十分じゃねえか全く!←自分の
価値観を無理やり他人に押し付ける典型的なB型♪この憂さを晴らすために当日はメートル上げて大虎になってやる!
しかし幹事やると余り飲めないんですよね、二次会の手配やら酔っ払いどもの誘導やら現金の管理や支払いや領収書を切
ってもらったり、←といいつつも毎回領収書を切ってもらった記憶がない(汗、幸いに領収書もらい損ねたことはないが…。

ロッテ日本一おめでとうございます。逆に阪神は残念でしたが、甲子園を初め思っていたほどの乱闘、混乱など起きなくて
良かったですね。以前もこのスレで雑談したのですが、リーグ優勝をした際の道頓堀ダイブの乱痴気騒ぎをみていると、今回
の日本シリーズに於いての阪神の醜態(ファンの皆さん失敬)に、甲子園は大暴動が起きるのではないかと心配があったかと
思います。実際、大阪府警はリーグ優勝の時より警備を増員したそうですね。
しかし試合終了後淡々と帰途に着く甲子園の、恐らく阪神ファンの方々の背中を見ていて、少し阪神ファン、関西の方々に偏見
を持っていたかな、と反省してしまいました。
流石に阪神大震災の際に震災の際につき物とされている暴動、略奪行為が起きず、日本人の道徳心や民度の高さを世界中に
知らしめ、驚かせた地域の皆様だな、と思いました。

今日は仕事早めに終わらせてイトーヨーカ堂のセールに行かないと♪←一人暮らし暦12年、最早感覚は主婦です、orz、

494 :過去レス読まず途中参加:2005/10/27(木) 08:59:08 ID:F39sEFY2
>>493 元帥殿 おはようございます。
>自分の価値観を無理やり他人に押し付ける典型的なB型♪

私も・・・・B型・・・・学生の頃より仲良くなった友人のほとんどがBでした。
知らず知らずにお互いを呼ぶのか、はたまた、B以外の人が避けていくのか・・・・。

阪神? なんのこと?  知らないな〜 さあ、来年もリーグ優勝っと!


495 :名無しかましてよかですか?:2005/10/27(木) 09:03:31 ID:u5NjrX7w
>>481
甘やかしすぎだよ。同じ失敗を繰り返すつもりかい?
表面はおとなしくなってる様だけど、名無しで誹謗中傷個人攻撃の疑惑は
軍板でいまだ現在進行形だ。期待するのはあなたの自由だが、肯定する
ような言葉をかけるのはまだ早いと思う。

496 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/27(木) 09:16:36 ID:ziqzSfAd
>>486の色坊主氏へ
>材料さえあれば、何でも組み立てれる。

 そうですね。もちろん何でもではないのですが、私がプチ得意なのは、ロジック・ピラミッドの建設というよりは、マップ作りですね。
この宇宙で起こっている森羅万象の全てをその上に配置できる、超〜〜〜デカ〜〜イ脳内マップを作ること、それが私の趣味です。(笑)
まぁ、この善宇宙、じゃなくって、『この全宇宙は仏様の手のひらの上にある』、という比喩に乗れば、その仏様の手相を全て記述した手相図を描きたいのです。
だからそのために、常に誰よりも上をとろう、上をとろうと思うのです。
『上』とは、優劣、勝ち負けという意味よりは、より高い俯瞰の視点、視座の高み、という意味です。

 昨日、たまたま『我々はどこへ行くのか・6』をつらつらと読んでいたら、貴方の、ロゴスをその頂点とする7階建ての世界観の記述を見つけました。
そうですか、ロゴスですか。(笑) 私の脳内マップも、そうそう捨てたものではなかったのですね。

 私は、千念氏と吟遊詩人・越前HG氏による顕教的ご指摘、および色坊主氏による密教的暗示により、自己の中のゴーマンに気付きました。
私のゴーマンは主に2つでした。

497 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/27(木) 09:20:33 ID:ziqzSfAd
ゴーマン、その@ 
 私の人間理性は、地球人の中では、けっこうイイ線いっているのではないか。イデア理性にはもちろん達していないものの、
ワシの人間理性とイデア理性は、けっこう相似形をなしているのではないかいな、いっひっひっ!!(←ゴーマン認定、逝ってよしw)

 イデア理性は137億光年の空間と、137億年の時間の彼方にある。私はこの地球の地ベタの上でたかだか高さ数十メートルのロジック・ピラミッドを立て、
『わ〜い、イデア理性はもうすぐそこだ〜い。』と勘違いのゴーマンに陥っていた♪おさ〜〜るさぁんだよ〜〜〜♪です。
現実は、その高さ137億光年の7階建てのビルの、まだ1階にいるとです。
私のロジック・ピラミッド、そのバビルの塔に雷が落ちましたです。世界貿易センタービルのように、あっという間に崩壊しましたです。(苦笑)

ゴーマン、そのA
 私の人間理性から発するその理力(フォース)はかな〜りショボい、しかし山椒は小粒でピリリと辛いんじゃいっ!!! 
質は一級品、けっしてダーク・サイドに落ちる事はないのじゃっ。
他のどんな者が落ちようとも、けっしてこのIF之助だけは落ちる事はないのだ〜〜〜っ!!!。(←ゴーマン認定、氏ねw)

 私のそのショボ〜〜いフォースは、あっけなくダーク・サイドに片足ツッコマさせていただきました。(苦笑)

 あんまり関係なさげな身近な小話を
 ここに7段の跳び箱があります。太郎君はその7段の跳び箱を跳ぶことが目標です。しかし今はまだ4段までしか跳べません。
太郎君は、何段の跳び箱で練習したら良いでしょうか?
 
 答えは、もちろん7段ではないですね。4段を跳べるのだから、5段で練習すれば良い?そうじゃないと思います。
太郎君は、もうすでに跳べる3段や4段の跳び箱で練習するべきなのです。
4段の跳び箱を『正しいフォーム』で跳べる者は、もうすでに5段の跳び箱を、跳べるのです。
急がば回れ。ローマは一日にしてならず。千“理”の“未知”も一歩から     至言です。

498 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/27(木) 09:37:15 ID:ba9GBu/e
>>494
>途中参加氏、

B型っていうと特に女性には相当嫌われる風潮がありますけどね、アレなんとかして欲しいですよね。
B型いいですよ〜、嫌なことがあっても3歩歩けばみ〜んな忘れるんですから。
↓証左、
>阪神? なんのこと?  知らないな〜 さあ、来年もリーグ優勝っと! 

>私も・・・・B型・・・・学生の頃より仲良くなった友人のほとんどがBでした。 
>知らず知らずにお互いを呼ぶのか、はたまた、B以外の人が避けていくのか・・・・。

以前いた職場で10名中8名がB型だったことがあります。日本人の血液型比率でB型は10%ですのでこの
比率は度を越えています。営業部門だったのですが、上記のトサカ頭は職業上嫌なお客さんと会わなけれ
ばならない可能性のある状況に一番向くのかもしれないですね。
 
もしかしたらスレ上でもそういった特色が出る場面があるのかも知れません。
「雑談はやめろ!」と忠告されているのに雑談レスしかつけないヤツとか…、




499 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/27(木) 09:44:57 ID:ba9GBu/e
>>496
>IF氏、
>自己の中のゴーマンに気付きました。私のゴーマンは主に2つでした。 

若しかしたらIF氏もB型か?

>>495の人も「B型トサカ頭」になってみては、ソッチの方が人間関係楽だよ?

500 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/27(木) 10:26:48 ID:9Ed9pjyc
>>499
元帥殿

 30年ほど前、血液型性格分類が話題になり始めた頃、メイフラワー号の
乗員に特定の血液型が多かったという話(確か)を聞いて、血液型が大西洋
を渡るんではなく、人格が渡るんだとムキになって馬鹿げていると反論した
ことがあります。
 我が家族はきれいに4型に分かれ、それぞれその血液型に該当する性格の
特徴を示していないという、血液型性格分類への明確な反証の根拠を挙げら
れぬまま(回りクドイ!)それなりに仲良く調和して暮らしております。


501 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/27(木) 11:27:46 ID:pCQR7Ju8
まだB型が一人ここにいるわけだが。

502 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/27(木) 11:36:41 ID:YJUhMxCs
血液型を科学的に分析するのが流行っておるようですな。
私が聞いた話によると、昔、人類はO型しかいなかったそうな。
いわゆる狩猟民族の血ですな。故にO型は肉の栄養吸収率が他の血液型より高く、
食料確保にムラがあるので粗食に強いと聞いたことがあります。白人やインディアンはほとんどが
O型らしいですな。
そして遊牧を始めるようになってB型が登場し、農耕を始めるようになってA型が登場したそうな。
中央アジアの大部分を占めるらしいB型が、閃きに優れ、自己中と言われるのにも、
わけがあると。草が無くなっているのに、その場に我慢強く停留していると家畜は全滅ですな。
反対にA型は農耕に適した我慢強さを備えておると。したがって、A型は穀物、B型は乳製品が
他の血液型より栄養摂取率が良いらしいですよ。AB型は交易が始って出てきた血液だそうな。
一応、理屈は通ってますな。
 赤血球の中にはAとBの何かwがあって、両方凝固しておるのがAB型、A・Bそれぞれだけが凝固しておるのが
A型とB型。両方凝固しておらぬのがO型らしいですな。このもともと凝固しないという適性のタイプが凝固してしまうと
ゲームオーバーで、その兼ね合いで、輸血相関関係や、両親の血液型による子供の血液型相関関係も
決定されるというのは有名な話ですよね。

詳しい方、補足・訂正、最悪、全否定ヨロで…。
ちなみに私は最もオールドタイプのO型ですだ。(篭るんちゃうんかいな…)

503 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/27(木) 11:49:12 ID:YJUhMxCs
>>502
あ、あとこの理論で決まるのは“基礎性格傾向”であって、人格的な“性格”ではないらしいとだけ補足しておきます。
そりゃそうですな。人格を形成するのは後天的な要因が最も大かと…

ときに、おんにゃの子の血液談議に、科学的にマジレスできる勇気のある男はいるか?w

504 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/27(木) 12:01:08 ID:pCQR7Ju8
>>497
しかし、もしも氏のいうイデア理性というのは、なかなかおもしろい議題だな。
やっぱり、もしも氏は時々腹立つけど、でもおもしろいな。
いつの日か、もしも氏は、プラトンの言う「洞窟」から抜け出して、真理(アレーテイア)の世界を見つけてください。
プラトンは、言っている。
我々の魂がイデア界に在りし日には、しっかり理性の目でイデアを見ていたのだと。
つまり、イデア界の理性は、もしも氏の言うイデア理性なのだ。
もちろん、上記のことは、プラトンによれば・・・、と言う注釈がつきますが・・・・。
では、なぜ我々の理性はこの世界で曇ってしっまているのか?
それは、体に支配されているからです。
この世界の体は朽ち果てる不完全なものです。体の完全型(イデア)はイデア界にあります。
この世界の不完全な体に支配されている理性。
これは、キリスト教の罪とよく符号します。もちろん、越前の個人的な考えですけど。
もっと言えば仏教の苦にも通じるのかもわかりません。

まぁ、そういうわけで、だからこそ越前は「体」を語る甲野よしりんの話しが好きなのです(笑)

理性の純化、これはもしも氏の大きな挑戦ですね。
期待しています。



505 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/27(木) 12:16:52 ID:pCQR7Ju8
越前はB型ではあるが全然B型らしくないぞ。多分血液型なんて性格の資質に関係ないと思う。


506 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/27(木) 12:19:07 ID:YJUhMxCs
どうも。最近、根拠なくエラソな色坊主です。

>>505 クラゲ
だからそう言うとるやろ、たわけ!

507 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/27(木) 12:25:31 ID:9Ed9pjyc
>>504
越前殿

 越前殿の哲学方面の教養は端倪すべからざるものがあります。

 プラトンが話題に上がったので、少し関連した話を。

 プラトンの対話篇の諸著作は、ソクラテス対他の論客の対話からなってい
て、議論としてプリミティブな形態を取っていますが、その分、却って分か
りやすく面白い。いわゆる弁証法により議論を深化させるということの最も
基本的な例示があります。これが成り立つためには論客も自分の言葉の使用
に対して能う限り誠実であるという前提が必要条件としてあります。


508 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/27(木) 12:41:05 ID:pCQR7Ju8
>>495
敢えて横レスするが、リンカーン君が「ここにいてもいいか?」と聞いてきた時に、
こに残るように言ったのは俺だ(過去レス参照)。
だからと言ってここが大荒れのポチ・コヴァ論争に失墜してしまうと、他の人に申し訳ない。
その点は俺も悩んでいるのだ。(と、言っても俺も荒れる張本人に時々なるのだがwww)
でも、リンカーン君はセルフ隔離スレをたてて気を使ってるし、
いきなり萌えポエムを書く俺よりはまともだ(笑)。
軍事板で個人攻撃していると言うことだが、その点については、なんとも言いようがない。
苦しい弁解で恐縮ではあるが、やはりそのことは、軍事板の方で解決願いたい。
うぅ・・・・。




509 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/27(木) 12:46:44 ID:pCQR7Ju8
>>506
だからエロ坊主の話を肯定するレスしたんやろが!!!たわけ!!!


510 :名無しかましてよかですか?:2005/10/27(木) 12:56:22 ID:xRZHHUp8
>苦しい弁解で恐縮ではあるが、やはりそのことは、軍事板の方で解決願いたい。
でも今回持って来たのはリンカーンなんだけどなぁ…

511 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/27(木) 13:18:24 ID:pCQR7Ju8
>>510
そう言われると、そうなのだが(笑)





512 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/27(木) 13:38:50 ID:pCQR7Ju8
>>507
大兄、僕は基督教の付属物として雑多的に哲学を知っているだけで、
体系的に正式に学んだことがありません。
自らの学歴(高卒)を卑下しているわけではございませんが、やはり哲学は大学で正式に学ばなければいけない学問です。
独学の第一の弊害は得た知識を体系化することが困難であることかと存じます。
前は笑い話として紹介しましたが、頭の中で古典芸能と共産党がリンクしてしまうのも、そのせいです。
もしも氏は物事を体系化するのが上手いし、さすがだと思います。
もちろん大兄もです。
さて、今晩も夜勤ですので、そろそろ寝ますね。昨夜は工場でとびっきりのミスをしてしまい、
工場のコンピューターが壊れてしまい、復旧出来なければ非常にやばいことに・・・・。
眠れるかな・・・・?w


513 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/27(木) 14:11:38 ID:9Ed9pjyc
>>512
越前殿

>工場のコンピューターが壊れてしまい、

Oh, My God!

ソフトのバックアップがあれば、ハードウェアの故障のほうが比較的簡単
でしょうか。復旧することを祈っています。


514 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/27(木) 14:13:10 ID:ziqzSfAd
 ちなみに私は30歳代後半、血液型はO型、です。
私は体系化がプチ得意、その通りです。
さらに言うならば、体系化"しか”得意ではない・・・orz
あぁ、体系付けと、あともう一つ、関連付け、も、プチ得意です。でもそれだけです。
日本共産党 と 古典芸能 との関連付けの連想ゲーム、正直、見事です。
越前HG氏は、やはり詩人的嗅覚の人なのでしょうか??
私も哲学を体系的に学んだことはないです。
私の哲学知識は、高校倫理の教科書と資料集に大きく依拠します。←これマジ・・orz



515 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/27(木) 14:29:12 ID:pCQR7Ju8
>>513
眠れないので追伸、
適当に工場のPCいじってたら、「タイミングアウト」?だったかのメッセージが出て
モニターとPCがフリーズしてしまうのです。
うぅ、やばい。なんなのかなぁ・・・・・。
班長、主任登場でしこたま叱られ超ブルー(笑)
久々にやってしまった・・・。
昼間はエンジニアが来ているので直っていればいいのですが・・・・・。


516 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/27(木) 14:37:41 ID:pCQR7Ju8
>>514
一度聞いてみたいもの「もしも氏と色坊主の居酒屋討論」(いつの日か実現出来たらなぁ・・)
一度見てみたいもの「もしも氏のシャツの柄」(なんか、奇抜そ・・・www)


517 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/27(木) 14:41:11 ID:ba9GBu/e
>>500
>千念氏、
>我が家族はきれいに4型に分かれ、

推察いたしまするに、
千念氏、奥様⇒AO、BO、
お子様⇒OO、AB、
ということですか、私の両親が母親がB型で父親がO型ですので私はBOです。AOの女性と結婚すれば
千念家のような状況は生まれる可能性もあるのでしょう。文科系の私はその確率がどのくらいかは計算も
出来ませんが。

>血液型性格分類への明確な反証の根拠を挙げられぬまま(回りクドイ!)

何年掛けるおつもりですか(笑)最近血液型を取り上げたテレビ番組が多く、私も楽しく観ていますが、
幼稚園児を血液型別のグループに分け、一人では困難と思われる作業を各グループでやらせるという実験を
興味深く観た事があります。
あれを観ていると血液型による性格の差があるようにも見受けらますね。テレビの演出が過剰でない限りでは。

因みに私は、B型の私よりズボラなA型を約2名知っています。あと大変攻撃的性格を持つO型。

518 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/27(木) 14:44:18 ID:ba9GBu/e
>>501
>越前氏、
おお、越前氏もB型か!

途中参加氏の
>知らず知らずにお互いを呼ぶのか、はたまた、B以外の人が避けていくのか・・・・。 

の証明に一歩近づきましたな?


519 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/27(木) 14:47:25 ID:ba9GBu/e
>>516
>越前氏、
>一度見てみたいもの
私は越前氏が酷使されている(いた)携帯電話、ですかな。


520 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/27(木) 15:17:35 ID:9Ed9pjyc
>>517
元帥殿

 小生がO型です。多分これで残りは確定できるのでしょうね。

>>514
IF氏

 IF氏もOでしたか。小生のあまり当てにならない血液型性格分類の知識
で理由付けすると、さっぱりした自己肯定型を本能的に嗅ぎ分けていたせい
で、貴兄には忌憚のないレスを付けられたのかも知れません。
(そろそろ、リンカーン殿の癇癪弾が破裂しそうな予感もあるがW。)

521 :名無しかましてよかですか?:2005/10/27(木) 15:34:14 ID:1Cm/c4pn
420KB

522 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/27(木) 16:00:17 ID:ba9GBu/e
>>520
>千念氏

>小生がO型です。

それでは奥様がABですか、もし違っていたらいらぬ騒ぎを千念家にもたらしそうな気が…(汗、

あと、>>517の>>あと大変攻撃的性格を持つO型。 、というのは私の過去の知り合いのことです。
このスレに居られる方々のことではありませんので、O型の皆様誤解無きよう。


523 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/27(木) 17:00:12 ID:9Ed9pjyc
>>522
元帥殿

 お陰様で、ピンポーンです。

 諸兄、子供には獲得形質がすぐさま現れますぞ。小生、左の人差し指の爪
は、少年時代の川遊びで、ウナギを捕るためのウナギの巣を石を積んで造っ
ているときに、大きな石を落とされて爪がつぶれて、町医者ではがしてもら
ったため、わずかに変形しているのですが、なんと、娘の同じ指の爪にそれ
が出ているのです。

 獲得形質は直ぐに次の世代に(ハッキリと認められる形)で出る。子孫に
期待しようと思えば自分の代から頑張らねばなりません。頑張れば効果があ
るということはある意味大きな希望となります。

 もっとも、過大な期待をかけられると子孫も迷惑するでしょうが。

話は、大きくなりますが、戦後の日本民族の獲得形質が心配だ。数も、質
も、精神も、努力もこのまま低下傾向が続くと、江沢民が、30年(?)も
すると、日本なんて国は無くなっているとうそぶいたことが事実になりかね
ない。

524 :名無しかましてよかですか?:2005/10/27(木) 17:13:20 ID:u5NjrX7w
>>523
事故に伴う変形は遺伝しません。その理屈で行けば、事故で片目になった親からは
片目の子供が産まれる事になります。
マウスか何かで何十世代にわたって尻尾を切るという実験がされていますが、
子孫の尻尾が短くなったと言う結果は得られてません。

肉体的形質ではなく精神的形質は獲得遺伝すると言えない事も無いですが。

525 :名無しかましてよかですか?:2005/10/27(木) 17:22:13 ID:u5NjrX7w
>>508
今現在のこのスレでのリンカーン氏を追い出せなどと言うつもりは無い。
まあ、漏れは彼の仏教論に全く期待していないし、現状、大した事を書いている
とも思わない。しかし、このスレでは節度を守って発言している以上、軍版での所業
が彼の仕業であったとしても、ここから追い出す事を要求するつもりも無い。
ただ、千念氏が同じ過ちを繰り返しつつあるのではないかと言う老婆心から
書き込んだまで。

526 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/27(木) 17:53:26 ID:9Ed9pjyc
>>524

>事故に伴う変形は遺伝しません。その理屈で行けば、事故で片目になった親からは
>片目の子供が産まれる事になります。

ウム。理屈としては見事に一本取られました。

 しかし、敢えて、現実の事例(小生の認定事態に疑問符を付されるかも知
れないが)にこだわって憶測をたくましくすると、自己で失明したとしても
遺伝子情報から目に関する情報が消去されるわけではない。ある世代の器質、
機能の喪失は、遺伝子情報の喪失を意味しない。

 しかし、小生の爪の場合は、無論、はがした後から爪そのものは再生して
生えてきたわけです。この時、遺伝子情報の喪失ではなく、遺伝情報の獲得
乃至追加がなされたとすると、次の世代にそれは現れることになる。

 マウスを高脂血症なり高血圧症体質にして、実験されたら、尻尾をちょん
切った場合とは違う結果が出るのではあるまいか。100%とはいわないが、
幾らかでも有意な確率で。

>>525
ご忠告ありがとう。貴兄のような方の認識が持つ意味を理解し尊重してく
れれば、小生がこのシリーズに復帰した際の当初の目的の何分かが遂げられ
たことにもなるのですが。


527 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/27(木) 19:43:37 ID:0jX6I7G4
>>525
軍事板でよしりんを語ることは意義があることだとは思う。
よしりんの戦争論は近代兵器考察についてやや弱かった。
あの時代の優秀な旧日本兵達が、無能な偉いさん達にどんな兵器を持たされていたのかは重要だ。
あの、ゼロ戦だって、防弾甲板を極力省いて軽量化をはかり、貧弱な千馬力エンジンで飛んでいたのだ。
F6Fヘルキャットは確か二千馬力エンジンを積んでいた。

いや、そんな話はどうでもいい。

とりあえず、千念大兄は不誠実をもっとも嫌う方であるとだけ言っておく。


528 :凛家亜武 ◆zgWjY89cfk :2005/10/27(木) 21:42:46 ID:8pONOevB
     〜現代日本に仏教の意義を問うJ〜

さて、平安時代には入末法という仏教の問題がある。末法というのは、
ブッダの教えは伝わっていても、それを行じる人もなく、それによって
悟りを得る人もない荒廃した時代となるという事なのだが、日本では
ブッダ入滅後2000年で末法に入ると考えられた。その年が、
永承7年(1052)であった。この末法思想と当時の飢饉・疫病・地震・洪水が
阿弥陀仏浄土信仰が人々の心を強く捉えて広まってゆく。

源信(恵心僧都)と言う僧が登場し、このような中で「往生要集」を著し
日本念仏思想の基礎を築いた。浄土教の始祖とも呼ばれている。源信は
天台宗の僧であったが、このころ既に世俗化しつつあった延暦寺を嫌い、
また貴族への出仕もせず、独自の学習、修行を行った。

平安時代も奈良仏教とその国家管理システムは続いており、寺と僧は
国家お抱えの地位にあった。その代わりに官僧には様々な制約があった。
平安時代には官僧に対して、勝手に出家して僧侶を名乗る「私度僧」が現われ、
庶民のさまざまな願いに応えて活動する者があった。空也の民間布教は
そのひとつであった。彼は庶民に阿弥陀信仰を勧め、「市聖」と呼ばれた。

ここで気になるのが、どうしても奈良仏教であれ平安仏教であれ、
時の国家、朝廷と懇ろになるとその本質が一部の特権階級のものに
堕ちていくと言うことである。僕が特権階級と接近した事が一度も無いから
言える事に過ぎないのかも知れないが、権力の旨みはどうしても
その人間の、思想の、ある意味の純粋さを鈍磨させてしまうのであろうか?
この一連の考察とずれるので今は疑問を提示するだけにとどめるが、
一種の不愉快さを感じずにいられない。これも創価学会の考察に絡めて見る。

529 :凛家亜武 ◆zgWjY89cfk :2005/10/27(木) 21:47:31 ID:8pONOevB
>>481 千念氏
あなたにこうして簡単な言葉をかけて貰えるだけで随分とやる気が湧いて来ます。
本は20冊ほど買い込み、サイトは40〜50個ほどモゾモゾ見比べていますが、
割りに思い切りよく(開き直って)書いていたりします。所詮これは素人の駄文なのだあぁとw

>>484 IFを!氏
自分も最終的には一神なのかな、ただしその解釈と言うか、表出の形が違うのかな、と
今のところ考えたいですね。遠藤周作の晩年のエッセイに、山の入り口が違うだけで
到達するところはどの宗教も一緒、とあったのが感慨深いです。

>>407-408 中村氏
そのレスに触発されて遠藤の「海と毒薬」あらためて読みましたよ。
生体解剖とかまさにクレージーだな、と昔読んだ時に随分嫌な思いしたの
思い出しました。で、サヨク的中学生に(w火垂るの墓とかはだしのゲンとか
読んだらサヨりますよねぇ・・。冗談はともかく、「海と毒薬」読んで見て下さい。
規範が共同体である恥の文化の日本人が、共同体=他者の目の無い場所で
自らの行動をどう律するか?そこに仏教の地獄思想、罰の文化があればいいのかな・・。
おそらく日本人(含む僕)には「罪の文化」は今のところ理解出来ないのでは・・・と。

今、多分日本有数の仏教マニア(wと化している僕ですが、この後鎌倉〜現代まで
法華宗と浄土・浄土真宗抜きでもう少し考察した後、もう一度、日蓮、法然、親鸞の
3人で現代まで細かく検証して、この仏教論を終えようと思います。
自力仏教と他力仏教を比較して、日本人と仏教、ひいては宗教と言うものとの接し方に
何らかの日本人的特徴を見出したい、それが今後の日本人にとっての必要・不要な
価値観を見出す方策につながるであろう、と今の時点では考えています。

後、千念、越前両氏に迷惑をかけて申し訳ないので言っておきますが、
こちとら仏教論に必死でここ以外でどうのこうのしてる暇なんか無いです。
ここだけは無意味に荒らさないで欲しい、そうお願いしておきます。

530 :名無しかましてよかですか?:2005/10/27(木) 22:15:14 ID:irn/jzBP
>ここだけは無意味に荒らさないで欲しい、そうお願いしておきます。
そうですね。
ココをアラす様なヤツは人間のクズですよね。
特に>>437-439みたいなコピペアラシのクズは氏ぬべきだ、と貴方も思いますよね。

531 :名無しかましてよかですか?:2005/10/27(木) 23:10:33 ID:02YslJsr
>>471
 おたがいおいしそうな話には気をつけませう。( ^∀^)y─┛~~
元帥のおんなじよーな手でマルチに引きこまれて助け出した
友達がいるですよ。最大の違いは元帥タンと違ってソイツの場合
本気で気があると思ったことですがね。(´ー`)y─┛~~

しかし、いやー公明党の参政権法案を自民が蹴ってくれてよかった。
3/2とって人権擁護法案云々いってた人もいたが逆に選挙で自民が
負けてたら公明党の影響が大きくて承認したかもわからんねい(´ー`)y─┛~~

532 :名無しかましてよかですか?:2005/10/27(木) 23:13:59 ID:02YslJsr
>>530
 そうやって恥の心を喚起させようとしても無駄だよん。
無駄に付き合いが長いからよくわかる( ^∀^)y─┛~~

533 :名無しかましてよかですか?:2005/10/27(木) 23:46:24 ID:irn/jzBP
>>532
>そうやって恥の心を喚起させようとしても無駄だよん。
いえいえ、人間のクズをからかって楽しんでいるだけですよ(笑)

534 :名無しかましてよかですか?:2005/10/28(金) 00:35:16 ID:sruOH+Z2
>ここだけは無意味に荒らさないで欲しい、そうお願いしておきます。

厚顔無恥という言葉を体現してますね。
呆れてモノがいえない。

535 :名無しかましてよかですか?:2005/10/28(金) 01:17:27 ID:I9uZF7Mn
いや、流石にマターリROMっている俺でも
>ここだけは無意味に荒らさないで欲しい、そうお願いしておきます。
この発言はいただけないぞ。
スレの流れをぶった切った>>437-439は一体ナンなんだ?
アレは荒らしという行為そのものだと俺は思うが?

536 :名無しかましてよかですか?:2005/10/28(金) 01:38:47 ID:Z7g3sBV3
私怨で他スレの話題を持ち出してひっちゃかめっちゃかにして
荒らされてほしくないだぁ?

やっぱこいつ成長してないね。

537 :名無しかましてよかですか?:2005/10/28(金) 02:17:12 ID:NpfOnrDB
>>536
やっぱあれかなあ。子供を下手にいじっちゃったから、狂っちゃったのかな?
ま、いずれにしても楽しい素材だ、もう少し上手く転がしていこう。

538 :名無しかましてよかですか?:2005/10/28(金) 04:19:48 ID:NuzBlInL
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/kova/1127114599/394

これってホントの話なの?


539 :越前HG ◆WTQ4WXzIyQ :2005/10/28(金) 04:22:20 ID:cGiagp7x
拝啓、夜中のクソ工場から携帯にて…。
今夜は始末書まで書かされて最高にブルーだぜ…。

540 :越前HG ◆WTQ4WXzIyQ :2005/10/28(金) 07:15:29 ID:cGiagp7x
朝は冷えるな。早く帰って××××を×××して×××といきたいとこだな…。

541 :越前HG ◆WTQ4WXzIyQ :2005/10/28(金) 07:18:37 ID:cGiagp7x
>>540
カキコするスレ間違えたのだな。
ムホホ…
(はぁ〜…)
何もかもいやになってきちゃった…

542 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/28(金) 08:17:39 ID:5C2P6N1E
皆さんおはようございます。
駐車場の発券機から出る駐車券を取ろうとしたが、ウィンドウを下げるのを忘れていて指を‘グキッ’と
やってしまった黒鳩です。こんな人間に国家は運転免許を交付しておいていいのでしょうか?

皆さん運転免許をお持ちの方は写真はどのような格好で取られているでしょうか?私は学生時代と20代
前半の頃はTシャツで写っていたのですけど、三十路に近くなってきた頃からいい年こいて公的なものに
載せる写真にTシャツはないだろう、と思いだし、免許更新の際にはスーツを着用し写真を取られるように
しています。
私のようなサラリーマンですと日曜日に免許センターに更新に行くのですが、仕事がない休日、しかも私
6月生まれの双子座ですので、温暖化が進んだ日本ではスーツの上着を着るのには暑い時期です。
「そこまでして…」と、同じ更新にきている「これからゴルフですか?」と思われる服装のおっちゃんや、
ビーチサンダルできているオニイチャンを見ていると、いささか自意識過剰かな、と思ってしまいます。

543 :過去レス読まず途中参加:2005/10/28(金) 08:22:53 ID:3gEox2Vu
>>542 おはようございます。
私は今年更新でしたが 2時間講習 来年も2時間講習です。

40人くらいで簡単な片山右京のドライブの心得と講習を受けましたが
周りを見渡し、ああ、この人たちも同じような違反をしたのだなと、妙に安心してしまいました。

免許の更新については安全協会への勧誘がさも強制のような勧誘の仕方で問題だと
兵庫の更新センターがやり玉にあがってました。私は払ってませんが。

544 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/28(金) 08:35:58 ID:5C2P6N1E
>>523
>千念氏、
>話は、大きくなりますが、戦後の日本民族の獲得形質が心配だ。数も、質 
>も、精神も、努力もこのまま低下傾向が続くと、江沢民が、30年(?)も 
>すると、日本なんて国は無くなっているとうそぶいたことが事実になりかね 
>ない。 

先日ラジオ番組に出演されていた、教育研究家の三石由起子さんが仰っていたのですが、
曰く、「天才を作るのには3代かかる」というのです。
要するに天才と言われる才能を持った子供が出てくるのには、その家庭環境、しかもそれは
一朝一夕にできるようなものではなく、その天才をつくる親、その天才をつくる親をつくった親、
こういった家庭環境を築き上げるのに3代の時間が必要だというんですね。

ただ一方では、戦後民主主義教育を受け始めた世代がいまや孫が生まれている世代ですので、
そろそろ戦後民主主義の天才が生まれてきている可能性があるのかもしれません。
↑これって必ずしもネガティヴだけに捉えられるのではなく、昨今注目されている宮里藍や、
さくらちゃん、ボクシングの亀田興起なんかも含まれるのではないか、と思います。
ただ彼らの国家観やら民族観やナショナリズムはというと…。

ですから「2世議員」といえば批判の対象になりやすいですが、この三石由起子さんの理論
からすると評価すべき面もあるのではないのでしょうか。


545 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/28(金) 09:05:42 ID:aNgiZ03Z
 色坊主氏からいただいた御題から、私の脳内で起きた連想ゲームを書きます。

お題その@『創造と破壊』
 真っ先に思ったのはシヴァ神ですね。これはめっちゃくちゃ多神教であるヒンズー教(インド教ともいう)の、
多々存在する神々の中の3大神の1つだったでしょうか。確かオウム真理教の主神であったと思います。
ヒンズー教では、この変化する宇宙は舞踊するシヴァ神の身体そのものととらえます。
 そして同時にシヴァ神は、創造と破壊をつかさどる神です。
シヴァ神の『永遠性』と、それ上で巻き起こる創造と破壊という『刹那性』『無常性』。
私の連想ゲームは、ここで止まってしまいました。陳腐だな〜〜。残念w

お題そのA『東方の光』
 これは『日出づる処の天子〜』という事でしょうか。
日本で売っている世界地図は、球体である地球を大西洋でぶった切り平面化しているので、日本国が真ん中にあります。
しかし西洋で売っている世界地図は、地球を世界一広い大洋であり日付変更線も通っている太平洋でぶった切り、
平面化しています。
 それゆえ、日本国はその世界地図上では東のはずれにあり、ゆえに極東の島国と呼ばれるゆえんです。
太陽は東から昇り世界を照らす。日の本の国。天照大御神は太陽神。天皇がその子孫という物語。そして日の丸。
これほどナショナル・アイデンティティがきれいに符合しているネイションも、世界191ヶ国の中で、稀有でしょう。

546 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/28(金) 09:08:31 ID:aNgiZ03Z
お題そのB『表と裏』
 このお題ですね。私を最も混乱させたのは。
最初、私がよく口にする、フォースのライトサイドとダークサイドの事かしらん、と思いましたが、そうではなさそうです。
なるほど、『表と裏』ですか。それは私の世界観のほとんど総とっかえというくらいの大幅な書き換えが必要ですね。
 表・次元と裏・次元。それはコインの裏表のごとく、ぴたりと背中を合わせくっついている。
しかし霊感、第六感のかけらもない私の五感で捉えることができるのは、表・次元のみ。
表・次元のこの身体をいくら解剖しても、経絡も気も発見できません。
ただツボの部分は、細胞組織が解剖学的にもちょっと他の部分と違うというのを聞いた事があります。
人の身体を裏・次元から見れば、そこにはありありと気が経絡を流れているのが観察できるのでしょうか。
それはあたかも光の川、天の川の流れのように。色坊主氏や大ばば様にはそれが見えると。
で、ツボは、表次元と裏次元とをつなぐ穴だと。メビウスの輪か、はたまたクラインの壷か。
 表・宇宙と裏・宇宙、そしてそれをつなぐブラック・ホールとホワイト・ホールという考え方は、
宇宙物理学ではそれなりな説として言われておりますが。そうか〜、表と裏か・・・

 正直言って色坊主氏の>>405>>486の書き込みは、私の頭の中のそれなりに整理整頓されていた脳内マップを
大きく混乱させ、それをコスモスからカオスへと変化させました。
で、再び整理整頓できるまでガチンコ・レスは控えていましたが、まぁそれなりに整理整頓できたのでレスましたわけです。
一度に濁ってしまった私の脳内マップの見通しが、また回復してきましたです。

547 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/28(金) 09:28:18 ID:aNgiZ03Z
『創造と破壊』に付け足し

 シヴァ神の身体を構成する個々の細胞は、生まれそして死ぬしかしシヴァ神は永遠である、と。
個々の日本人は、生まれそして死ぬ、しかし日本民族は・・・
個々の天皇は、生まれそして死ぬ、しかし万世一系は・・・

 『無常』なるものと『永遠』なるもの じつはそれは対立構造ではなく、分かちがたく表裏一体であると。
バトンの受け渡しに失敗さえしなければ・・・・
保守すべき価値とは何か?

548 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/28(金) 11:30:25 ID:r9GHow7D
>IFどぬ
♪たいむれこだぁガッチャンガッチャン押せば ヒャー!っとめげてる場合じゃないベンベン…

勘弁して下せぃ。続きはリアルで…。(宗教でもアム○ェイでもありませんので安心して下せぃw)

549 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/28(金) 11:52:25 ID:r9GHow7D
あと、超常マニアの某編集長みたいなことも言いませんから安心して下せぃw

550 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/28(金) 12:31:09 ID:/j70Zuqh
>>547
うぅ、とうとう話がそっち(インド系)にいってしまったか・・・。
越前は天才的に密教が分からない。
ここはだまってROMに徹しようと思います。
だけど、もしも氏にとって、密教は興味深い題材だと思います。
ですので少しだけ話すと、空海は「弁顕密教二経論」の中で、
「秘密という言葉には、二つの意味がある。それは、衆生の秘密と、如来の秘密であって、衆生の秘密は、
衆生の自秘と言う」と説明しています。
今日はリアル世界での心的疲労が激しく、ややウツ状態なので、
このうちの如来の秘密についてだけ紹介しておきます。知ってたらごめん。
如来の秘密とは、我々がその秘密を知ってしまうと、とても尋常ではいられない、真実を受け止めることが出来ない
脅威の秘密です。
訓練の出来ていない我々がその秘密を知ることによって、なにごとかが破壊されてしまう危険があるのです。
ゆえに、仏は、敢えて秘密にしているのです。
どうでしょうか?もしも氏はそんな秘密を一目見たいと渇望されているのではないでしょうか?

密教は越前は宗教だとは思っていません。
あれは、訓練の方法論です。
翻って、浄土真宗、キリスト教はまさに宗教です。
「ありのまままでよい」のですから・・・・。
救う偉大なものと、救われるダメなもの・・・・。わかりやすぅ・・・・(笑)。

さてさて、最後にもしも氏に空海の言葉を捧げて終わりにしますね。


「顕薬は塵を払い、真言は庫を開く」
(顕教は、教義という洗剤で塵を払って見た目だけはきらびやかに美しくみえる。
しかし、密教は外面の見た目は関係なく、庫をこじあけて本質を掴み取る力がある。
庫をこじあける方法が密教の教えである・・・、ということだと思いますがどうでしょうか・・・?)


551 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/28(金) 12:41:23 ID:/j70Zuqh
>>550について、補足すると越前の雑多の脳内の中では密教、インド、シバ神、気象衛星ひまわり、は完全に
リンクしているので、とりあえず、密教の話をしてみました。




552 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/28(金) 12:47:14 ID:/j70Zuqh
>>543
払わなかったと言うのか。
なかなかやるな。
途中殿は男なり!!!

553 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/28(金) 12:58:24 ID:/j70Zuqh
>>542
元帥って、そういうとこあるんだなぁ・・・・。俺も気をつけよう。もういい年だしな。


554 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/28(金) 13:56:34 ID:5C2P6N1E
>>531
>煙管氏、
>ソイツの場合本気で気があると思ったことですがね。(´ー`)y─┛~~ 

私も多少は……orz、
(髪をかきあげながら、)
いいでぇすかぁ〜、‘恋’という字は下心がつきまぁ〜す、‘愛’という字は真心がつきまぁ〜す。
(眼鏡掛けて歯を出しながら)
相手にぃ、求め続けていくものが恋、奪うのが恋ぃ〜、与え続けていくものが愛、変わらぬ愛ぃ〜♪
「黒鳩君、何泣いているの?」
「いいえ、何でもないんです、煙管さんの煙が目にしみて…」(┛~~ ←これね♪)

>参政権法案
そもそも日本の参政権が欲しければ日本人になればいいじゃないか。(大島部屋の関取の)旭天鵬
は今年の9月にやっとこさ決定がでて晴れて日本人になったのだぞ(彼はモンゴル出身)。今回の総
選挙には間に合わなかったが次回の選挙には投票が出来る。
旭天鵬の相撲の得意技は分かるが彼の政治心情は知らない、若しかしたら「天皇制を廃止して共産
党の一党独裁を!」なんて考えているのかもしれないが、その手続きを終えるまで我慢強く待った、
と言う点は評価すべきだろう。選挙権、公民権が欲しければ旭天鵬を見習いなさい、と言いたいです。

555 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/28(金) 14:28:43 ID:5C2P6N1E
>>543
>途中参加氏、
>40人くらいで簡単な片山右京のドライブの心得と講習を受けましたが 

ええ?片山右京本人が講習に来たのですか?すっごーい!
神奈川県警も吉岡美穂でも呼ばないかな?←もとレースクィーンということで、それ目当て違反するヤツが
増えたりして…、

>周りを見渡し、ああ、この人たちも同じような違反をしたのだなと、妙に安心してしまいました。 

「赤信号、皆で渡れば怖くない」の心理ですね。中には70近いだろうと思われるおじいちゃんがいて、この人
いい年こいてなにやったんだろ、と思いましたが、10代の子からすれば、このスーツ着たおっちゃん、と私も
見られているのでしょうね。
くっそー、名古屋でのあの駐禁さえなければ、愛知県警めぇ〜午前4時に駐禁なんか切るなよ!←逆恨み。

>兵庫の更新センターがやり玉にあがってました。私は払ってませんが。 

それ以前テレビの特集番組で観ましたね。ほぼ無意識で払っている人が多いようですね。私は払っている
意識がないのですが、神奈川県警はないのだろうか?

今までの人生あまりコネだとか推薦とは無関係でしたので、学校に寄付金も払ったこともなければ、上司に
年賀状の一つも送ったことがありません。


556 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/28(金) 14:39:39 ID:5C2P6N1E
>>548
>色坊主氏、
○衛隊への勧誘も無しですか?

昔、阪急梅田駅の前の交差点で、高校の同級生が「自衛隊に入りませんか?」と声を掛けられたことがあります。
その子はガリ勉の華奢な体つきの子でしたのでとても自衛隊に入れるようなタイプではなかったので、マジな勧誘
なのか、ゲイのナンパなのか仲間内で意見が真っ二つになったことがあります。

色坊主氏、ホントのところはどうなのですか?←質問の意味不明

557 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/28(金) 15:01:25 ID:/j70Zuqh
夕日が優しく感じるわけは、

赤くてきれいだから?

夕日が優しく感じるわけは、

正面から俺を照らすから。

見上げることがないからさ。

見上げつづけた一日の、

そんな日にも、

夕日は、正面から俺を照らす。

見上げることがない、

優しい光・・・・・、朱色の涙・・・・・・。





558 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/28(金) 15:23:57 ID:/j70Zuqh
>>557
いつも、朝陽とケンカし、夕日に慰められるアホな越前でしたwww


559 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/28(金) 16:48:21 ID:xUpYJhQe
>>556
ああ、それはあるかも…(なんちてw)

ところで誤爆ドノ、あいや、中村ドノあたりなら、未だ部外幹候の年齢制限にも
引っ掛からないのではないかな?ハッキリ憶えておりませぬが…。
空自なら幹校は奈良にあるから、冷やかしに行ってあげるのに…w

>ホントのところ
 ん?何が?w

560 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/28(金) 17:25:36 ID:5C2P6N1E
>>559
>色坊主氏、
>>ホントのところ 
> ん?何が?w 

越前氏とのご関係、じゃなかった、>>556、マジな勧誘orゲイのナンパ…、、

561 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/28(金) 17:35:17 ID:xUpYJhQe
>>560
我何処昼の帝王 元帥閣下

両方、天地神明、おかあちゃんの名にかけて、ありませぬので心配御無用!w

しっかし、元帥閣下を噂だけで知っておる時は、軍服着て薔薇を咥えたイメージだったのですが…
今更ですが意外に砕けてますねw 何かあったのれすか?(なんちて) では落ちます

562 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/28(金) 17:47:03 ID:5C2P6N1E
>>561
>色坊主氏、

>軍服着て薔薇を咥えたイメージだったのですが… 

それは今でも変わりませぬ、薔薇の棘で唇が荒れるのが悩みです。

>今更ですが意外に砕けてますねw 

硬軟併せ持った、といってくださいな、まだまだ尖ったナイフは持ってますゼ、ふっふっふっふっふっ、

563 :過去レス読まず途中参加:2005/10/28(金) 18:37:21 ID:7cD8d3M3
>>555 元帥殿

>ええ?片山右京本人が講習に来たのですか?すっごーい!

違います、片山右京はビデオ あとは免許センターのおっちゃんの講習です。
紛らわしい書き込みですっません。

片山右京本人の講習なら毎回でも、なんて講習は嫌。

スレは仏教ですか しばらくはROMということで・・・。



564 :過去レス読まず途中参加:2005/10/28(金) 18:39:42 ID:7cD8d3M3
>>552 越前殿
>払わなかったと言うのか。 なかなかやるな。

以前は払っていたのですがテレビの特集で免許センターが美味しい天下り先で
教則本なども必要以上の部数を高めに発注しているとやっていたので
それ以来窓口で「皆さん払ってくれますけど」と言われても
少し引け目を感じながら 断っています。




565 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/28(金) 20:24:51 ID:E9om92GF
どうも。私が後先考えずレスした内容に興味をそそられたIF乃助ドノから
レスをいただいたは良いが、2ちゃんねるでするにはサイコ過ぎる話題なので
リアルにお誘いしたら、元帥あたりから勧誘と勘違いされドツボにはまっておる色坊主です。

最近、自衛隊か密教の話しかしておらず、ほとんどキャラが加藤保憲(帝都大戦の嶋田久作)化
しているので、しばらく自重します。誰か話題を変えて下さいw では…

566 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/28(金) 21:05:33 ID:JdlmrL3/
>>550
 色坊主殿は自主規制で逃走されたようですが、
越前殿は、空海にも詳しかったのですか。恐るべし。

567 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/28(金) 22:52:26 ID:F+0Hw2+M
>>502
>O型は肉の栄養吸収率が他の血液型より高く、食料確保にムラがあるので粗食に強いと聞いたことがあります。
 なるほど。
 この業界に入って食事のタイミングも量も乱れまくりなのに、体重がチーともカワランのはそのせいか。
 徹夜が続くと食事の量が何故か増える。
 風邪を引いても食事量は増える。
 以前、39度の熱で入院して、病院食を全部平らげたら看護士さんが呆れて「点滴要らないですね」と言った。
 更に「腹減ったな」と、病室抜け出して近所のファミレスでハンバーグ定食食って戻ったら、医者が呆れてた。
 ↑慌てて検温したら、39度6分だった。
 快復の為に要栄養! と、脳が判断すると、胃腸の調子を無視して食欲を刺激するらしく、
「アンタは身体が頑丈じゃなくて、身体の警報装置が鈍いだけだから、気を付けるように」
と釘を刺された。
「ソレって、脳が鈍いって事っすか?」
「医学的にはね」
「・・・・・・orz」

568 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/28(金) 22:58:11 ID:F+0Hw2+M
 いかん、肝心な事を書き忘れていた。
 明日土曜のアイルランド史は、また深夜に。
 明後日日曜は、スタジオの引っ越しがありますんで、状況次第では無理かも知れません。
 ↑「引っ越し終わったー」「疲れた。腹減ったー」「ビールだ。焼肉ダー!」になる可能性が高いので。

569 :中村 ◆CHBTxVTges :2005/10/28(金) 23:23:20 ID:+gMWP9L+
>>529 凛家亜武氏
はだしのゲンは名作!(だと思っておりますw
コレはもうdat落ちした他のスレで書いたことなのですが、
呉智英という評論家の言葉に
「はだしのゲンほど不幸な読まれ方をする漫画はない」
というような一節がありまして。
いやはや、ああいうのは読む人によって「内容(評価、ではない)」が変わってしまうのだろうと、
ふと、思った次第。
遠藤周作は「マリーアントワネット」の話くらいしか読んだことが無いですな。
近いうちに読んでみます。。

>>559 色坊主氏
年齢はいけそうですが、視力など他の部分で撥ねられそうです…w
(航空自衛隊HPで確認済)

570 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/28(金) 23:25:05 ID:aNgiZ03Z
>>550の越前HG氏
 いろいろお気遣いありがとう。
『私と宗教』について、ちょっとお話を。
私の宗教観は、20歳過ぎまでは、平均的な日本人のそれでした。
 正月には神社に初詣で
お彼岸、お盆、命日には、お寺に墓参り
クリスマスにはケーキを食べる。
そういう信仰を伴わない、市民権を獲得した習俗と化し、形骸化たものは普通に受容し、
信仰を持つ宗教は、胡散臭いもの、と思い、真っ先に、宗教→壺、という連想ゲームが
頭の中をよぎる、そんな感じでした。
 そこに、今からちょうど10年前、あの事件が起きたのです。
 
 1995年、オウム地下鉄サリン事件。
 
 あの事件にメディアを通して接し、オウムがボロクソに糾弾されている中、
私は自己の中に、どうしようもなくオウム、あるいはオウム的なるものに惹かれる、そんな自分を発見したのです。
私は混乱しました。その混乱から脱出し、視界を確保するために、
世界観の構築、宗教観の構築が必要でした。オウムをも相対比較の対象とできるよう、
オウムをもその一部として配置できる、世界観マップ、宗教観マップの自己内部での構築です。
 また、その後、安定した職業についていた私の血のつながった知人が、『仕事をやめて神学校に通い、牧師になるっ!』
と言い出しました。それから私とその知人との神学論争2年戦争が、始まったのです。
その中で私は、今まで私が表面的に知っていたキリスト教とはまったく違う、キリスト教の内部を知ったのです。
私はそれに正直、惹かれました。また、セム・ハム系一神教の中では、後出しジャンケンの有利さで、
一番最後に登場したイスラム教が最も優れているのではないか、と思った事もあります。
そこでセム・ハム系一神教をも配置できる、世界観マップ、宗教観マップの構築が必要となったのです。


571 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/28(金) 23:26:37 ID:aNgiZ03Z
 チベット密教では、導師は弟子を一生涯のうちに数人しかとれないと読んだ事があります。
もともと資質がないと密教の習得ができないうえ、その弟子が例え資質に恵まれていたとしても、長い長い時間とプロセスが必要だ、と。
オリンピック・マラソン選手とコーチとの関係を連想させますね。
 また、修行の途中で脱落してしまう者も少なくなく、そういった者は、廃人か、はたまた妖怪となる、と。
ジェダイの騎士に成れる者はほんの一握り、とも。

>>557の詩、イイですね。一人称は『俺』ではなく、『僕』の方がイイかも、です。
越前HG氏がまだ越前氏だった頃、最初にアップした詩もよかったですし、いつだったかの、
『怒りは人生の目的に〜』もよかったです。

 では、私も一つ。むか〜し作ったヤツです。あまりにも未完成、しかもたったの4行ですが。


戦士たちは 神の愛を叫びながら 殺し合い、

血ぬられた大地の向こうへと 楽園を夢見ている。

誰も見ようとしない現実の中で、

それでもまだお前は 奇跡を信じるというのか。


572 :名無しかましてよかですか?:2005/10/28(金) 23:39:24 ID:kAWQ51UU
あなたは何問解けますか?
第1-3-1 図の調査で、国際比較に使用された共通11 問は以下の叙述の正誤をそれぞれ問うもので
ある。あなたは何問正解できるだろうか。
(1) 地球の中心部は非常に高温である。
(2) すべての放射能は人工的に作られたものである。
(3) 我々が呼吸に使っている酸素は植物から作られたものである。
(4) 赤ちゃんが男の子になるか女の子になるかを決めるのは父親の遺伝子である。
(5) レーザーは音波を集中することで得られる。
(6) 電子の大きさは原子の大きさよりも小さい。
(7) 抗生物質はバクテリア同様ウイルスも殺す。
(8) 大陸は何万年もかけて移動しており、これからも移動するだろう。
(9) 現在の人類は原始的な動物種から進化したものである。
(10) ごく初期の人類は恐竜と同時代に生きていた。
(11) 放射能に汚染された牛乳は沸騰させれば安全である。

科学的常識、日本人の平均正答率は54%(90ページ)
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/16/06/04060202/010.pdf

ちなみに 韓 国 は 正 答 率 7 2 %

このことにより日本人は、韓国人より頭が弱いことが実証されましたwww
雑魚日本ww  日本に植民地にされてなきゃ、日本を超える経済大国になれたことを実証したも同然だな

573 :名無しかましてよかですか?:2005/10/29(土) 01:17:27 ID:w/Gd3Sin
>>554
(´・ω・)y─┛~~カワイソス
まあ、顔がイケメソでも女のコから積極的に来る事なんて
ほとんど無いと聞きますから、アヤスイ人には気をつけやしょう(´Д`)y─┛~~

 帰化させるにしても相当厳格な基準でやってもらわないと困りますな。
アメリカみたいにポンポン移民受け入れてマイノリティ同士の抗争なんか
が始まっても困るし、働かなかったり働けない人を帰化させて社会補償費
増大ってオチも困る。(´Д`)y─┛~~


574 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/29(土) 12:37:43 ID:himOxvGu
>>566
詳しくはありません。
密教を調べても最後には「だからなんなんだよ・・・」と思ってそこで終わりです。
密教を学ぶにはいい師匠につかないとダメです。
でも、僕の場合はいい師匠についてもダメだとおもいます。
なんか体質的に密教はウンザリしちゃうのです。



575 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/29(土) 13:38:03 ID:phyc8N0k
(自粛宣言直後ですが、レスがあったので返レスだけ…)

>>567
これで千念ラオシ、IF乃助ドノ、鳥坂殿下、私の4人がO型であることが判明…
“性格”ではなく“性格傾向”が似てるような似てないような…w

>>569 誤爆ドノ
あんなモンは書いとるだけです♪ 多少の情状酌量はあるかと…

>>571
3人の弟子?の中では私が一番、ベイダーになる確率が高いそうなw
ちなみに3人の内の一人はまだ見つかっていないのです。(なんちて)
ほ〜ら、だんだんサイコな話になってきたw では自粛…

576 :名無しかましてよかですか?:2005/10/29(土) 14:45:06 ID:RE1zY2Wu
今軍事板で、大変イタいヒトが大暴れしていますが、
リンちゃん、ココに出て来れるかな(笑)

577 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/29(土) 15:01:46 ID:7YWHIfGk
>>575 追伸:
IF乃助ドノ
タチ悪過ぎですなぁ。ホントにすみません。フェアじゃないのは百も承知ですが、しかしお察し下され。
越前には、リアルで会うのでいろいろ話せるのですが…。
少し話すと、“あの人”はちょっとイッておるのですよ(悪い意味じゃなく)
私も勉強不足(修行不足?)で詳しく分からんのですが、“あの人”には3人目の存在が分かっているんですね。
前に私が林間ドノに、住まい確認したのを憶えておられるでしょうか?。あの時、私も「もしかしたら…」って思ったわけですよ。
まだ、私が1人目とも会っていなかったのでもしや林間ドノかと…(私が2人目なので)。
いや、別にIFドノに3人目疑惑があるからリアルにお誘いしたわけじゃないですよ。
もう二度とどなたもお誘いしません。勧誘疑惑を生むのでw
でもマジちょっと、危ういので自粛します。

578 :名無しかましてよかですか?:2005/10/29(土) 18:24:49 ID:Fc4KC0T/
>>577
あなたは、つくづく得体の知れない人ですねw
もしかして陰陽師さんですか?

579 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/29(土) 20:04:25 ID:oaD4v6Lc
>>578
ほんとに、得体が知れないですよねぇ・・・・・。
ぬるっと出てぬるっと去る。ドジョウみたい・・・。
ドジョウ掬いがうまい人いないの?誰か掬ってちょ。


580 :中村 ◆CHBTxVTges :2005/10/29(土) 20:11:39 ID:S45MCFxL
現在457KB

581 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/29(土) 20:19:26 ID:C2HaRwjs
色坊主は逃げ出した。ザザザザザザ…
しかし回り込まれてしまった!コマンド?(懐かし過ぎる…)

>>578ドノ
宗教嫌いで2ちゃんにハマっている陰陽師ですか?ほとんどギャグですなw
幸か不幸か、今年からその類の世界に足を踏み入れて(踏み入れさされて?)しまったのは確かなようですが…
(え〜皆様、人生、いつどんな転機が訪れるか分かりませぬw)
まぁ、あれですな、“教団関係”ではないということだけは声を大にして言っておきます。
なんせ宗教嫌いですのでw (くどいようですがマルチでも超常マニアでもありませんのでw)

色坊主は逃げ出した…

582 :中村 ◆CHBTxVTges :2005/10/29(土) 20:21:54 ID:S45MCFxL
しかし回り込まれてしまった!コマンド?

583 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/29(土) 20:30:01 ID:C2HaRwjs
>>582
リセット世代最終奥義… リセットボタンッ!

584 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/29(土) 20:33:43 ID:oaD4v6Lc
さてさて、今日は天気が悪くてあんまり楽しい遊びも出来なくて、久々にSAPIOを買って読んでみた。
よしりんは相変わらず司馬先生を批判しているな。

司馬先生は昭和の軍人は明治の軍人に比べると夜郎自大になっていた、と言う。
越前もそう思う。

だからよしりんはおかしい、間違っている、とは言わない。

ピンポイントでよしりんや司馬先生を評価しても意味がない。

越前は市井の一読者に過ぎないから、よしりん、司馬、両氏の視点と作品を咀嚼して味わうつもりだ。

司馬先生はもう亡くなられたが大きな宿題を越前に残された。
一方、よしりんについては、今後ますます応援していきたい。

よしりんの言う馬鹿言論人をますます馬鹿にしてからかってほしい。
それこそがよしりんの使命なのだ。

がんばれよしりん!!!



585 :578:2005/10/29(土) 20:53:33 ID:4xhBZrkI
>>581
あはは!たしかに(w

586 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/29(土) 21:06:03 ID:j3TgHrms
>>582-583
 天の声が響いた。
「ゲームは1日30分でしょ!」←ゲーマーじゃないんで相場が分からないが、とりあえず。
 無慈悲な女神サマはコンセントを引き抜いた。

 予定通り、深夜にカキコします。>アイルランド独立史

587 :凛家亜武 ◆zgWjY89cfk :2005/10/29(土) 21:46:31 ID:Bh7sDY9Y
こんばんわ。えーと、>>580>>586を受けて仏教論は次スレに・・・。
と言うか、濫読に必死でございます。ウッヘヘヘ(壊)
おかしいな。かなりせっせと毎日書いたから1スレッドで終わると思ったんだけど
長文書いたから食うのが早いんだな〜。ま、いいか2スレに渡っても。

588 :名無しかましてよかですか?:2005/10/29(土) 21:50:33 ID:RE1zY2Wu
で、軍事板のイタいアラシがいなくなったら、出てきましたな(大笑)

589 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/29(土) 23:11:09 ID:Ng/ISIOj
 皆様にはチンプン・カンプンの密教話は置いといて(実は私にもチンプン・カンプン・・・orz)
一般的な、皆様にも役に立つ『宗教マップ』を明日か明後日、アップいたしたいと思います。
相変わらすの長文連投となるような気がしないでもありません(苦笑
これを読めば、宗教に対する見通しがかなり良くなると思います。
形骸化した、しかし市民権を得た宗教習俗は受容するが
信仰を伴う宗教は、胡散臭いものとして断絶する。
そういった一般的日本人の宗教観から、ちと、抜け出せると思いますです。
これによりリンカーン氏や越前HG氏の言う、他力宗教 ⇔ 自力宗教 の二項対立を止揚できます。
また、大乗宗教 ⇔ 小乗宗教 の二項対立も止揚できそうです。
対立に出会うと止揚したくてしょうがなくなる私は、ほんとにほんとに中道中庸野郎ですねぇw
 色坊主氏の釣り、釣られてみようと思います。せんだってまでしばらく書き込み冬眠していた私ですが、
冬眠はやめようと思います。書き込みペースは落ちる事もあるかも知れませんが。
私は現在、天皇陛下のお膝元、東京在住です。

 >>571でアップした詩ですが、これは今から15年位前、20才過ぎの時に創り、
そのままほったらかしにしていたものです。
それが何故か、15年の歳月をへて、今朝、続きが思い浮かび、完成いたしました。
ではでは

590 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/29(土) 23:12:34 ID:Ng/ISIOj

戦士たちは 神の愛を叫びながら 殺し合い、

血ぬられた大地の向こうへと 楽園を夢見ている。

誰も見ようとしない現実の中で、

それでもまだお前は 奇跡を信じるというのか。

血ぬられたその両手を合わせて

それでもまだお前は 何を祈るというのか

何をいったい、何をいったい祈るというのか

地獄の扉は もう 放たれたというのに

それが お前たちの 望みだったのであろう

それが お前たちの 祈りだったのだから

血を欲したのは お前たちだったのだから

591 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/29(土) 23:16:13 ID:LeGAnT+M
さて、司馬先生ではあるが、司馬先生は、昭和初期の統帥権の異常膨張解釈について
憤怒されていたわけで、この点は声を大にして司馬先生を支持したい。


592 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/29(土) 23:26:27 ID:LeGAnT+M
>>590
もしも氏、なかなかやるな・・・。


593 :中村 ◆CHBTxVTges :2005/10/29(土) 23:29:03 ID:S45MCFxL
>>590 IF氏
IF氏のその詩を見ると聖飢魔Uの「HOLLY BLOOD」という曲を思いだす…w

594 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/29(土) 23:38:17 ID:LeGAnT+M
罰と痛みと憎しみと、怒り

リアル

罰と痛みと憎しみと、怒り

そう、あまりに、

リアル

ああ、肌に突き刺さる・・・・・。

リアル

そう、あまりに、

リアル



癒しと赦しと、慰めは、

陽炎のように・・・


おとぎの国の物語


まぼろしの




595 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/29(土) 23:49:24 ID:Ng/ISIOj

頬を染めて 遊ぶ子供達のように

僕はいつか 昨日を忘れられる

パパ トント クライ  

ママ ドント クライ

ほんとうのパパはどこにいるの?

ほんとうのママはどこにいったの?

優しさに抱きしめられたことのない僕には

記憶なんていらないんだ

頬をそめて 遊ぶ子供達のように

僕もいつか 昨日を忘れられる


596 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/29(土) 23:56:46 ID:LeGAnT+M
>>595
もしも氏、なかなかやるな。


597 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/30(日) 00:00:35 ID:5xq7iswd
 いえいえです。
越前HG氏に触発されたです。
私が冬眠していた時にも、越前HG氏は詩をアップしていたと思いますので、
今度時間を見つけては、味わせていただきたいと思います。

598 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/30(日) 00:06:23 ID:l3O1KKqp
親父とお袋の快感の残りカスが、

生き物として、

のたうちまわる・・・・。






599 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/30(日) 00:11:51 ID:l3O1KKqp
>>597
もしも氏のアウフヘーベン、楽しみにしています。





600 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/30(日) 00:13:44 ID:5xq7iswd
それはいつしかチェーンとなった

憎しみは継承され

喜びは断絶した

果てのないこの物語を

もう やめにしないか

約束は 失われたにしても

601 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/30(日) 00:18:49 ID:l3O1KKqp
>>600
いやだね。約束は守ってもらうぞ(笑)



602 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/30(日) 00:23:42 ID:5xq7iswd

大ばば様 『なんといういたわりと友愛じゃ〜〜ぁっ  2ちゃんねら〜が心を開いておるっ!!!』w

603 :中村 ◆CHBTxVTges :2005/10/30(日) 01:15:48 ID:6CTq/hNr
えー、過去ログを漁っておりましたらちょいと気付きました。
鳥坂センパイ、恐らく次は「第二十一回」になると思われます。
十四回が二回ありましたので、今の回+1ということで…

毎度毎度、どーでも良さげな細かいことをすみません(;´Д`)

604 :中村 ◆CHBTxVTges :2005/10/30(日) 01:19:56 ID:6CTq/hNr
しかし、初出が我々スレの5だったのですが、
もうそろ3スレ目突入ですな…w(責めてるとかそういうのではないので悪しからず
月日にして、9月20日からですので、もう一ヶ月以上の連載になるという…

こういう連載形式の長い読み物は、
軍事板の、「そんだけ」氏の中世史のカキコを思い出します。
あの方のカキコも、とても質の高いものでした。

605 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/30(日) 01:32:41 ID:0wD5qdRQ
>中村ドノ
 チェック、THXです。
 「そんだけ」氏は凄かった。
 では、行きます。

とびきりいい加減なアイルランド独立史

第二一回 コリンズが背負った十字架

 1918年3月、西部戦線でドイツ軍が「カイザー攻勢」でパリへ猛進撃している頃、人的資源がとーとー払底した大英帝国政府は、それまで英本土のみに適用していた徴兵法をアイルランドにも適用する法案を提出し、翌4月に議会を通過する。
 当然と言えば当然だがアイルランド人は猛反対。
 16年イースター蜂起前から「徴兵法反対!」を叫んでいたシンフェイン党を中心に、アイルランドは久々に全島規模の統一意志を持つ事になる(無論、北部アルスターのユニオニスト達は別だ)。
 4月頃、英国が「シンフェイン党の軍隊」と誤認しているアイルランド・ナショナリストの武装組織IRAの実質的リーダー、マイケル・コリンズが突然逮捕される。容疑は不明である。
 しかし、コリンズが所属するIRAとIRBが用意した保釈金によって、彼はすぐに釈放された。
 ココまでが前回のおさらい。

606 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/30(日) 01:33:45 ID:0wD5qdRQ
 映画「マイケル・コリンズ」で、コリンズがダブリンに帰郷するシーンはこの辺りを描いている。
 このシーンでは同時に、コリンズの特徴的な活動も描いている。
 駅でIRAメンバーがコリンズを出迎えるところをアイルランド警察の刑事達が見張っていて、それを見たコリンズとメンバーとの会話。
コリンズ「何で(奴らは)俺がこの列車で帰ってくるのを知ってるんだ?」
メンバー「こっちの朝食まで知ってる」
コリンズ「だったらやる事は1つだ」
メンバー「なんだい?」
コリンズ「奴らの朝飯を調べればいい」
 彼はIRAの再編期に、独断で情報部門を創設し、その長にもなっていた。
 この頃既にコリンズは、ダブリンにある総督府、電信所、アイルランド警察に相当数の情報提供者を持っていたようである。
 その事は、DVD「マイケル・コリンズ」の特典映像ドキュメンタリーでも語られている。
 タイピスト、電話交換手、そして現役の刑事まで、あらゆるところにコリンズが外套の下に隠した短剣は延びていた。
 そして信じられない事だが、諜報戦の権化みたいな英国側は、その事を全く知らなかった。
 無理も無いかも知れない。
 何せ、総督府にいる少数の英国人を除けば、後は皆「生粋のアイルランド人」で、アイルランドの行政機構は構成されている。
 前も書いたが、逃げるIRAもソレを追うアイルランド警察も、同じアイルランド人なのだ。
 疑いだしたらキリが無くなるし、通常業務すら出来なくなる。
 英軍が本格介入する前のアイルランド独立戦争の特異さの一面である。

607 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/30(日) 01:35:22 ID:0wD5qdRQ
 さて、アイルランド史上、コリンズが初めて構築したアイルランド系情報網の成果は、コリンズが出所した直後に現れた。
 アイルランド徴兵法は議会を通過したが、アイルランドでの騒ぎを知った国王が「彼等の言う事にも一理あるよ」と”意見”を内閣に伝え、法の適用にストップが掛かった。
 カイザー攻勢が峠を越した5月、今度は反撃の為にもアイルランド人が頭数として必要になってくる。
 英国政府は、徴兵に反対するアイルランド人の頭を押さえ付ける為、シンフェイン党幹部に「ドイツの陰謀に加担した」と言う容疑をでっち上げ、彼等を一網打尽にする計画を立てる。
 その情報は、彼等の逮捕を実際に行うアイルランド警察の刑事から、コリンズにもたらされた。
 そして「IRA情報部長のコリンズ」は、「シンフェイン党幹部のコリンズ」として(←この使い分けが重要!)、党幹部会で幹部達に「身を隠せ」と言う。
 しかし、党首デ・ヴァレラは、あえて逮捕される事を選んだ。
 逮捕されれば、世論が沸騰して自分達に有利になる、と言うのがデ・ヴァレラの理屈だった。
「冗談じゃない! またブタ箱に入るのか!」
と反対したのはコリンズと、彼の親友で党幹部のハリー・ボウランドだけ。
 結局、コリンズとボウランドを除く党幹部と主な党員80名がタイーホされる。その中にはアーサー・グリフィスもいた。

 残されたコリンズとボウランドは、党運営を任される形になる。
 この時、コリンズ28歳。
 彼は、夏に行われた補欠選挙で、獄中のグリフィスを擁立して選挙戦を指揮し、見事にグリフィスを当選させている。
 それも、アイルランド警察に追われながらの選挙活動だった。
 コリンズもまた「ドイツとの陰謀」に加担した容疑者だったし、それ以上に英国を怒らせる事を彼は既にしていた。


608 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/30(日) 01:36:45 ID:0wD5qdRQ
 コレより少し前に出版された義勇軍機関誌(勿論、地下出版)〔オン・トグロック〕で、彼はIRA義勇兵に向けてこう書いていた。
1.正規軍の歩兵中隊は忘れろ。
   我々はヨーロッパの小さな独立国の常備軍のような正規軍を設立しようとは思っていない。
   もし我々がそのような事を企てれば失敗するであろう。
(中略)
2.訓練や軍務の為に、我々は民衆の善意や、相互信頼、本能的な愛国心に依存している事を銘記せよ」

 つまり、要約すると、
1.今後IRAは非正規戦を行う。
2.部隊は少数編成・少数精鋭で行く。
3.各部隊は武器や資金の調達も自給自足シル!
4.我々に味方してくれる市民の”ささやかな善意”をありがたく思え。

 どっかで聞いたような・・・・・・と思う貴方、そう、これは毛沢東の遊撃戦論に近いモノである。
 と言うか、当の毛沢東がコリンズのゲリラ戦術を研究していた形跡があったりする。
 実は、毛沢東だけでなく、インドのネルー、ベトナムのホーおじさん、キューバのゲバラも、コリンズが指揮指導したアイルランド独立戦争について研究していた。
 つまり、コリンズは20世紀ゲリラ戦のパイオニアだったりしたのだ。
 そのコリンズは、自分より二つ年上で当時アラブで暴れまくっていた「ダイナマイト・キング」トーマス・E・ロレンスを尊敬していた。
 二人の交流については、また書く機会があればその時に。

609 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/30(日) 01:38:01 ID:5OFU3+ob
 英国側は、コリンズが書いた檄文を「IRAの宣戦布告」と受け取った。
 だが当のコリンズは、10月頃に書いた友人宛の手紙で
「次の(英軍との)衝突は、近い内には起こらないだろう」
と書いているから、本人は身内(IRA)向けの方針転換通達のつもりだったのだろう。

 そうとは知らない(知っていても怒ったろうけど)英国は、コリンズを追跡する。
 彼は友人宅を転々とし、その間にシンフェイン党・IRA・IRBへ様々な指令を飛ばし、情報提供者と会い、恋人への手紙も書き、変装する事もなく自転車でダブリン中を駆け回っていた。
 映画の中でリーアム・ニーソン演じるコリンズが、
「お尋ね者がスーツ姿で自転車に乗ってるかよ」
と言っているんで、流石に「神話・伝説」の類だろ、と思っていたら・・・・・・
 独立戦争の真っ最中のダブリン市内で、自転車の荷台に載っけたスーツケースを机代わりにアイルランド債権の契約業務を行っているスーツ姿のコリンズのスナップショットをネットで見付けた時には仰天した。
 ↑保存しておけば良かった・・・orz。
 まさに「人民の海」の中を、コリンズは自在に泳ぎ回っていたのだ。

610 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/30(日) 01:39:15 ID:5OFU3+ob
 コリンズのIRA戦術転換は、「カネ無し・弾無し・人材無し」の台所事情を考えれば至極妥当なモノである。
 「アイルランド共和国"軍"」と言っても、所詮は民兵集団である。
 正規軍相手にガチでやり合っても勝ち目がない事は、「神話」ではないイースター蜂起を知っているコリンズならば嫌と言うほど分かっている。
「雑踏に紛れ、雑踏から襲い、また雑踏に隠れる『見えざる軍隊だ』」
と映画の中でコリンズが言っているが、この「良き市民を装って敵の背中を刺す」ゲリラ戦術は、二つの暗黒面を持っている。

 1つは、仮に敵(英国)の警察や軍隊に捕まっても、「正規の戦時捕虜」としての扱いは受けられない。
 ベトナム戦争の映像記録に、武装警察官がベトコンを問答無用で射殺するショッキングな映像があるが、アレは国際法上正しい。ゲリラに人権は無いのだ。

 もう1つは、「市民を守れない」事である。
 IRAの設立理由の1つは、
「アルスター義勇軍に代表される、英国及びアイルランド・プロテスタントの暴力から、アイルランド・カトリック市民を守る」
と言うモノだった。
 だがゲリラ戦をやる限り、コレを実行する事は出来ない。
 何故か? 防衛戦となれば、彼等とガチでやり合わなくてはならないからだ。そうなればゲリラ化したIRAの必敗は目に見えている。
 WW2末期に東プロイセンでドイツ軍が見せた死に物狂いの防御戦──市民を守る軍隊のあるべき姿──と同じモノを演じられるはずがない。
 だからこの後、独立戦争後半に英国が送り込んだ治安部隊がフン族のようにアイルランド各地で暴れまくっている時、IRAは息を潜め、市民達が暴力の嵐の中で血を流すのを黙って見ていた。

611 :鳥坂 ◆nSC8E.bvp6 :2005/10/30(日) 01:40:48 ID:5OFU3+ob
 ゲリラ戦部隊は、「正しいゲリラ戦」をしている限り、自分達の損害は極めて少ない。
 何せヤバイとなったら武器を捨てて雑踏に参れ込めば良いのだから。
 その代わり、関係の無い多くの市民がトバッチリを受けて酷い目に遭う。
 以前、軍板の神風スレだったかで自分が
「ゲリラ戦を行うには敵兵1人を殺すのに対し、関係のない市民を含む味方100人の損害を許容する必要がある」
と書いた事があるが、そういう意味である。

 マイケル・コリンズは、手持ちの駒で対英武力闘争を勝ち抜く為に、この「外道の戦術」を選択した。
 それは目的達成の為の現実的判断としては正しい。
 しかし同時に彼は、とてつもなく大きな十字架を背負う事になったのも確かである。

 今日はここまで。
 明日(日曜分)はこちらの事情でチョト無理そうです。
 来週は、シンフェイン党の躍進と、独立戦争、そしてデ・ヴァレラの「アチャーな訪米記」を。
 ではでは。

612 :中村 ◆CHBTxVTges :2005/10/30(日) 04:34:06 ID:6CTq/hNr
乙です。

613 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/30(日) 07:57:38 ID:jsRQEzUc
みなさんおはよう
みなさん「越前さん、おはようございます!!」
お、元気がいいな。


614 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/30(日) 08:08:34 ID:jsRQEzUc
あ、人大杉になっていない!!!
普通に見れる。が、これからドッグランに行くのだった。

615 :越前HG ◆ZeaV7KCImo :2005/10/30(日) 08:16:53 ID:jsRQEzUc
越前のギコナビの状態がよろしくない。
いじくってたらワケワカメになってしまった。
最初の状態に戻したいが再インストールしてもだめだった。
やはり、禁断の壷のほうがいいのかな。
うぅ・・・。


616 :名無しかましてよかですか?:2005/10/30(日) 08:29:53 ID:qiQpgbVL
janeにすときなさい(´ー`)y─┛~~

617 :名無しかましてよかですか?:2005/10/30(日) 08:41:37 ID:qiQpgbVL
しかしsageって大文字で書いてて下げきれてないのが越前タソらしくて
カワイイよな(*´Д`)y─┛ハアハア

618 :名無しかましてよかですか?:2005/10/30(日) 15:13:07 ID:QIKELbgO
ココの他人のアイルランド史に粘着的な誹謗を繰り返して、自分の長文
カキコがさっぱり進んでいないおヒトが、軍事板を荒らしているんですが、
何とかしてもらえませんか。


619 :中村 ◆CHBTxVTges :2005/10/30(日) 15:49:04 ID:WXeDpIN+
現在476KB。
もう一度長文投下出来るくらいの余裕はありますが…

この後の進展具合によっては、次スレですかな。

620 :名無しかましてよかですか?:2005/10/30(日) 15:54:05 ID:QIKELbgO
済みませんが、あらしの輸出は勘弁してもらえませんか。
なんだか随分酷い事になっているんですが・・・

621 :名無しかましてよかですか?:2005/10/30(日) 16:11:33 ID:QIKELbgO
ホントに助けてもらえませんか。
このスレが平和なら、他の板でカレがどんな汚いことをしても平気なんで
しょうか?

622 :名無しかましてよかですか?:2005/10/30(日) 16:26:59 ID:n7KaHcfK
>>621
そんなナイーブになることもなかろう。
そもそも「お客さんの来場」はヲチスレの宿命みたいなもんだから、
ある意味でそれは甘受すべきリスクだよ。

むしろ転がして遊んでやろうよ。
今もバカみたいな基地外踊りを繰り返してるだけだ。それを眺めて
おけば、ここでどんなに偉そうなことを書こうがニヤニヤ眺めていられるでしょ。

623 :名無しかましてよかですか?:2005/10/30(日) 16:33:31 ID:dbAjmsni
むしろこっちで追いつめられたのでムキになって向こうへ遠征を繰り返しているようにしかみえん。
こっちで追いつめられた理由は向こうでの言動が原因だが

624 :名無しかましてよかですか?:2005/10/30(日) 16:49:49 ID:SVhWZP1q
別に漏れは被害担当艦を荒らすな!とかは言わないけどな

しかしね、このスレの林間君関係者や林間君に甘い態度をとった人達は軍板の当該スレをどうぞご笑覧下さい、
位のことを言っても罰は当たらないんじゃないかな?
可哀想な子を甘やかしてもろくな事はないよ


625 :名無しかましてよかですか?:2005/10/30(日) 16:54:00 ID:n7KaHcfK
>>624
>このスレの林間君関係者や林間君に甘い態度をとった人達は軍板の当該スレをどうぞご笑覧下さい、
>位のことを言っても罰は当たらないんじゃないかな?

いや、それは別に反対しないよ。でも、なんか「荒らすな」とか言うのは
ちょっとナイーブすぎるかな、と。だいたいあそこ被害担当艦なのに。

ここの常連にとっては、アレだよ。駄目な子ほどかわいい、ともいうし(w

626 :名無しかましてよかですか?:2005/10/30(日) 17:06:27 ID:yMiCSBc0
すみません、僕があっちの軍板の隔離小林スレで痛すぎる子達を
煽って追い詰めてしまったのでここに彼らは逃げてきました。
あそこは聖域としてそっとしとくのが一番のようです。
しかしね、一回軍板の当該スレを見てみて下さい、無茶苦茶に某コテが叩かれています。
それで義憤に駆られたと言うのもあるんだけどね。奴らは自分達のやっている事に
何の問題も無いと思っている、鳥坂も中村も我関与せずの態度です。良識を疑うよ。
君ら>>620-625はあっちのスレに篭ってなさいな。妄想、煽り、罵倒、誹謗中傷、
2ちゃんの最悪板並みの腐れスレが軍板の小林スレです。


627 :名無しかましてよかですか?:2005/10/30(日) 17:09:20 ID:n7KaHcfK
>>626
見られたら一番困るのお前じゃないの?
「妄想、煽り、罵倒、誹謗中傷」を繰り返してるのは、他ならぬお前だろうに。


628 :名無しかましてよかですか?:2005/10/30(日) 17:15:33 ID:QIKELbgO
>>626
>あそこは聖域としてそっとしとくのが一番のようです。
そうですね。
できればキミのような汚い荒らし方をするのは勘弁してください。
少なくとも荒しを歓迎するのは、産廃淋ちゃんのクソすれだけですから。

629 :名無しかましてよかですか?:2005/10/30(日) 18:13:59 ID:VQLMvt18
>>626
ここの板の住人として言わせて貰うと、幾らなんでもあれはやり過ぎだね。
誰だって自分が叩かれて良い気持ちはしないだろうけど、ああいうやり方では相手も納得しないでしょう。
「正々堂々」と反論することで相手に「勝者の余裕」を見せるのも一つの手だと思いますよ。

というわけで、仏教論のほうも楽しみに待たせてもらいますね。

630 :中村 ◆CHBTxVTges :2005/10/30(日) 23:31:06 ID:Llh4sH57
現在、480KB。
なんやかやで、もう長文投入はつらいかも知れません。
明日新スレ移行、早ければ(今後このスレの進みが)深夜にでも立てます。
早朝組が書き込んで保守して下さるのを願って(w

>>626
今回だけレス。
「我関せず」の姿勢についてですが、その理由を一言。
「不毛だから」です。どーでもいいんです。
もう後はご勝手に。良識でも何でも疑って下さい。

631 :名無しかましてよかですか?:2005/10/30(日) 23:32:14 ID:foEuw2hF
>ベトナム戦争の映像記録に、武装警察官がベトコンを問答無用で射殺するショッキングな映像があるが、アレは国際法上正しい。ゲリラに人権は無いのだ。

これは諸説あるような気がス

 

632 :中村 ◆CHBTxVTges :2005/10/30(日) 23:32:32 ID:Llh4sH57
追伸:このペースならば長くて700、短いと660くらいで頭打ちになるかも。

633 :名無しかましてよかですか?:2005/10/30(日) 23:38:15 ID:qiQpgbVL
 そういえばイラクのテロを批判してると、必ず今、テロをやってるのはイスラム原理主義者
でレジスタンスは別にいるんだみたいな反論をされるけど、そのレジスタンスとやらは一体
何処へいったんだろ??(´Д`)y─┛~~ そういえば小林は以前、アルカイダも普通のイスラム
教徒も同じ原理主義者なんだみたいな事を言ってたな( ^∀^)y─┛~~

634 :名無しかましてよかですか?:2005/10/30(日) 23:38:54 ID:foEuw2hF
ついでに言わせてもらえば、2chでコテを張るならある程度叩かれるのは覚悟しないと。
どんな良コテでも叩くヤシはいるのだ。

現実の人格とは違うという事を割り切れないのなら2chでコテなど使っちゃいけないと思うのだよ。

635 :名無しかましてよかですか?:2005/10/31(月) 00:11:43 ID:3+h/Y8q2
休憩して元気を取り戻したのか、件の彼がまた軍板の当該スレで活発化しだしました
興味のある方はどうぞご笑覧下さい


636 :千念 ◆rpi5g182N. :2005/10/31(月) 01:57:39 ID:lIBUirGG
>>602
IF氏

 さぁ でかけよう ひとやまのファイル、 ノートパソコン、かばんにつめこんでー♪

小生の場合、ジブリは 「ラピュタ」が一番面白い。この作品は、失われた夢の
世界への遥かな想いを刺激する。したがって、この面白さには悲哀の成分がわず
かだが混入している。

 1週間ほど田舎で介護しながら仕事します。「論理空間」については向こ
うからカキコできるかも知れません。


637 :いろぼうず♪ ◆sywW1GdOmQ :2005/10/31(月) 03:54:58 ID:Q/oqpPRH
♪ペ〜 ペ〜ポ〜 ペ〜ペポポ〜(キコキコキコキコ…)

IF乃助ドノ
了解いたしますた。まぁマターリいきませうw

返レスだけ…

638 :いろぼうず♪ ◆sywW1GdOmQ :2005/10/31(月) 04:00:17 ID:Q/oqpPRH
↑オ、オカルトやがな…orz

639 :イロボウズ ◆sywW1GdOmQ :2005/10/31(月) 04:10:22 ID:Q/oqpPRH
↑い、いや、朝の4時にいきなり“とおりゃんせ”で登場するもコワいなぁと…

640 :色坊主/改 ◆sywW1GdOmQ :2005/10/31(月) 04:19:08 ID:Q/oqpPRH
失礼いたしました。では私は(IFドノに返レスだけして)自粛続行…

641 :越前 ◆ZeaV7KCImo :2005/10/31(月) 06:33:12 ID:HSYUGtri
>>636
大兄、旅のご無事をお祈りします。
郷里からのカキコ、楽しみにしています。

宮崎アニメは、「千と千念」・・・・、いや、「千と千尋」が大好きです。
なんていうか、千尋の両親の描き方が虚無的でよかったです。
千尋の両親=我々現代人、という捉え方は間違っているでしょうか・・・?

それと、介護を兼ねてということですけれども、
やっぱり、日本にとってもそのことが最大のテーマなんでしょうね。

弱者切り捨ての道を歩むか、それとも消費税を30%ぐらいに上げて、越前の欲しいVSTOL空母も諦めて、
福祉を充実させるのか・・・・・・。

実は社会保障のことはよく分からないので、
このあたりのことは、専門家の煙管ちゃんに任せるとします。

それでは、大兄、お気をつけて!!!


642 :越前 ◆ZeaV7KCImo :2005/10/31(月) 06:44:13 ID:HSYUGtri
今日は早起きしたが、朝は冷えるなぁ・・・・。すきま風に起こされたいたいけな子羊越前。
2DKブルース(涙)


643 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/31(月) 08:29:49 ID:63BDALWt
み゛な゛ざんお゛ばよ゛う゛ござい゛ま゛ず。
おおよそ2年ぶりに風邪を引いてしまい、今朝まで臥せっておりました黒鳩です。
関東はここのところ雨と低温が続いて、それに体がついて行かなくなってしまったようです。
ついこないだまでは真夏日も、真冬日も対して変わらない格好で外を出回っていてな〜んともなかったのに、
季節の変わりめを〜、私の体調で知るなんて〜、もう20代も〜、もう20代も〜、終わるのね〜♪、orz、

土曜日騒ぎすぎたのかなぁ、カラオケ行って午前様になって、喉がガラガラするな、と思ったら日曜日に熱が出
てしまった。そういえば土曜日も寒かったですしね。とは言いながらスーツは今朝も夏物です♪

こういう日に限って仕事が急がしい…、無事今日が終わりますように。
皆さんも体調崩しませんよう。

644 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/31(月) 08:53:01 ID:63BDALWt
>>567
>鳥坂氏、
>以前、39度の熱で入院して、

私も過去に39度5分の熱を出して、仕事の合間を見て医者に行きました。そしたらその医者、熱も計らんと、
「ああ、風邪ですね、薬出しておきます」と2分の治療で帰されました。その後、熱も下がらず、喉の痛みも引かな
いので、今度は仕事先の近くの街中(←新宿の高層ビルの中の内科)の、女医さんに診てもらったら、「化膿性扁
桃炎」と診断されてしまい、内科ではなく耳鼻咽喉科の専門の病気で、風邪の薬などへの役にも経たないそうで、
新たにその病気に対応した薬を処方されました。

その女医さん、見たところ30代の若い方だったのですが、私の膿の溜り真っ白になった喉を見て、「うわぁ〜〜っ」
と汚いものを見たような声を上げていらっしゃいました。意外とそういうの傷つくんですよね。絶対そういった状況で
デリカシーのないのは女性のほうだと思います。

皆さんも一人の医者の診断を信じ過ぎない方がいいかも知れません。↑こういうの‘セカンドオピニオン’って言うん
でしたっけ?

645 :名無しかましてよかですか?:2005/10/31(月) 13:04:47 ID:bD3zwv5+
38度までの熱なら、バファ○ン&栄養ドリンクで何とかなりますな。

646 :過去レス読まず途中参加:2005/10/31(月) 13:30:35 ID:FrTQSzhJ
>>643 元帥殿 お風邪でしたか。

数年前 またサラリーマン(半分サラリーマン 半分自営業)の頃
会社で仕事をしながら熱っぽいなと思いながらも休めないので
そのまま仕事をして 家に帰って 悪寒はするし熱も上がったようなので
診療所に行って(実家には体温計なし)熱があるのですがと言ったら
受付の人が何度ですかというので「いや 家に体温計ないので分からないけど
熱はあります」と言ったら 怪訝な顔で これではかって下さいと体温計。

はかったら40.5度 それを見た受付の人がびっくりして こちらで横になって下さい!と
ベットに寝かされました。

確か木曜日で 土曜日に東京の友達の結婚式に行かなければならなずかつスピーチを
せねばならんので、とにかく きつい注射でも良いから熱を下げてくれと医者に依頼。

ぶっとい注射で熱は下がりましたが、40度超えると寝るに寝れませんね。体中熱いのに
悪寒で震えるし。  後にも先にも40度の熱はそれっきりでしたが。



647 :過去レス読まず途中参加:2005/10/31(月) 13:32:24 ID:FrTQSzhJ
続き 親父に熱があると言ったら 身体を熱くして汗をかけばすぐ治る 卵酒作ってやるから
これ飲めと。
親父、酒飲んだら余計身体熱くなって苦しかったぞ!

648 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/31(月) 15:58:53 ID:63BDALWt
>>569
>中村氏、
>はだしのゲン、

以前も言いましたが私の家は祖父の時代から続く由緒正しき共産党、なのですが、
物心付いたときから「はだしのゲン」は全巻揃っていましたね。当時は続巻だったので、
最新刊が出るたびに共産党の地方の支部にある書店から父親が買ってきてくれましたね。小学生の頃最新刊
を絶えず読み続けていたのは「ドラえもん」と「はだしのゲン」でした。
当時は単純に「戦争ってヒサンだなぁ〜、こんな戦争に反対している共産党はすんばらすぃ〜ですね〜」
と単純に考えていたものです。

実は最近、ネット上でこの本を読む機会に恵まれて現在の私の価値観で捉えてみることが出来たのですが、
今考えると、この作品、原爆投下に結びつくその経緯を一方的に日本の軍部の責任に押し付けている観は否
めず、その点に「戦争なんてそんな単純なものではないだろう」といった違和感は残ります。

しかし実際に原爆を体験した原作者の中沢啓治がその手で、漫画、という媒体を世に送り出している、という状況
は評価すべき点はあると思います。何と言っても実戦においての「被爆者」も自らの主張を訴える手段として漫画を
選択できうる「漫画家」も日本にしかいないものなのですから。
実際、戦争の体験者自体が歳を追うごとに少なくなっているのですから、この実体験に基づいた漫画は貴重な存在
と言わざるを得ません。

649 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/31(月) 16:05:43 ID:63BDALWt
>>645
その通りですね、私はまず風邪をひいたら「アセロラジュース」の1リットルパックを買ってきて飲み干します。
後はひたすら寝ます、zzzガンダム…。おっとまだ職場だった、

650 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/31(月) 16:16:34 ID:63BDALWt
>>646-647
>途中参加氏、

>40.5度、
これはいけませんね〜、体温が40度を越えたら生殖機能が失われるという話なのだがどうなのだろうか?

>卵酒
体を温めるのはいいのだろうが、アルコールとタバコは体内で分解するのにビタミンCを消費してしまうから
風邪をひいたときには控えたほうがいいと聴いたのですが、私はタバコはもともと吸わないのですが、風邪
を引いたときにはお酒は……、控えるはずないじゃありませんか♪
しかし焼酎ロックではなく、お湯割りにしておきます。



651 :黒鳩金元帥 ◆16FvO1YOjo :2005/10/31(月) 16:30:45 ID:63BDALWt
>>573
>煙管氏、
>女のコから積極的に来る事なんてほとんど無いと聞きますから、

「おい、黒鳩、こないだ町で女の子に逆ナン(←死語?)されちゃってさー」
「まじっすかセンパイ、やったじゃないですか。」
「うん、グレーのスーツ着た女の子で、『私とお茶してくれませんか?』って声を掛けてきて、喫茶店に連れて行かれて
話してきた、なんか絵画がどうかとか言って、」
「センパイ、それ…」
「キャッチです…」という言葉は喉から出てこなかった…、

>帰化させるにしても相当厳格な基準でやってもらわないと困りますな。 

帰化には素行、生計、思想の条件がありますからね、後はこの役所の窓口での手続きにおいて厳しくうやってもらいたいですね、
新宿市役所やら、管轄法務局などは簡単には通さないかもしれないが、「じゃあどこが緩いのか」という話になりかねない。


652 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/31(月) 21:33:35 ID:cse/TWhZ
 宗教マップは今晩書くとして、その前にちょっと。
戦後日本をおおったイデオロギーは、戦前、戦中の極右暴走に対する反省、反動、反抗、反発として左傾化したものでした。
いわゆる『戦後左翼』というやつです。
その戦後左翼を支えた左翼イデオロギーは2つ。
マルクス・エンゲルス著『資本論』をその教典とする、『夢想的・社会主義』と
日本国憲法・『第九条』をその教典とする、『夢想的・平和主義』、です。
 1991年のソ連の崩壊にともない、『資本論』は『神聖にして侵すべからず』の信仰の対象から、
批判的分析の対象に成り下がりました。よい事です。
 そして、いよいよ第九条のほうも、改定まで時間の問題となりました。よい事です。

 問題は憲法・序文ですね。
世界は191ヶ国、日本は経済規模・世界第2位。
新しい憲法は、間違いなく世界各国がそれぞれの自国語に、直ちに翻訳するでしょう。
 世界の人達に向けては、それを読んだ世界の人達が、その心、打ち震わすような、その心、響かすような、
そんな内容にして頂きたい。
 日本の人達に向けては、日本人が、日本というクニの、そのけっして短くない歴史に思いを馳せる、
そんな内容にしていただきたい。
そしてそのためにも、ぜひとも文語体で書いて頂きたい。

653 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/31(月) 21:39:34 ID:cse/TWhZ

進歩のない者は決して勝たない 

負けて目覚めることが最上の道だ 

日本は進歩といふことを軽んじ過ぎた 

私的な潔癖や徳義にこだはつて、本当の進歩を忘れてゐた

敗れて目覚める、それ以外にどうして日本が救はれるか 

今目覚めずしていつ救はれるか 

俺たちはその先導になるのだ 

日本の新生にさきがけて散る 

まさに本望じゃないか


吉田 満   『戦艦大和ノ最期』 より

 私が『日本人』として、
『継承したい』、と思うのは、
否、『継承しなければならない』、と思うのは、
この一編の文学作品の中の、この一片のことば、
そこにこめられた魂です。

 あの戦争は、この魂を日本人が得るために、歴史の中に、現われた。
そんな考えは、ロマンティシズムでセンチメンタリズムに過ぎるでしょうけど、ね。
  

654 :名無しかましてよかですか?:2005/10/31(月) 21:56:45 ID:qYKHyOmw
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1129104699/

655 :名無しかましてよかですか?:2005/10/31(月) 22:09:44 ID:IeVG88Ha
>>653
>あの戦争は、この魂を日本人が得るために、歴史の中に、現われた。
としたら、得られたものに対して代償が高すぎますな。

656 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/31(月) 22:35:43 ID:cse/TWhZ
>>644氏へ
>得られたものに対して代償が高すぎますな。

 代償が高すぎたのか、そうでなかったのかは、
これからの私や貴方、そして日本人の、生き方の姿勢、『生きざま』、それしだいです。
 命が尊いとするならば、失われた多くの命の代償はあまりにも重く、そして大きい。
しかし我々はそれを背負って生きてゆくのだ、日本人である限りは。
そういった自覚を、今の、そしてこれからの多くの日本人が持つのならば、
けっして無駄では無かった、と思います。
 あの血と命の代償を、無駄にするか否かは、これからの我々の『生きざま』こそがそれを決めるのです。
彼らの『死にざま』を無駄にするか否かは、これからの我々の『生きざま』がそれを決めるのです。
『死にざま』を迫られないだけ、戦後の私達日本人は、幸せなのでしょうが・・・



657 :名無しかましてよかですか?:2005/10/31(月) 22:47:12 ID:IeVG88Ha
>>656
一体何を得れば『300万の同胞の生命と国家の独立の喪失(全土が軍事
占領されましたからね)』が対価として『高すぎない』のでしょうか?


658 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/31(月) 22:47:24 ID:cse/TWhZ
 宗教マップのアップは、日付をまたいで、明日の未明になりそうです。


659 :越前 ◆ZeaV7KCImo :2005/10/31(月) 22:55:53 ID:UhLi4M/1
>>653
「戦艦大和ノ最期」はワシズムでも紹介されてましたね。


660 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/31(月) 23:09:17 ID:cse/TWhZ
 戦後、復員し祖国に立ち戻った者は、焼け野原になった我が祖国を見て愕然とし、
その少なからずの者達が、祖国の復興を心に誓ったと言います。
 あるいは内地であの玉音放送を、直立不動であるいは涙にひれ伏して聴いた者達の中にも
同様の者が少なくなかったのではないでしょうか。

 20世紀の世界の3大『奇跡』とも称される戦後の日本の復興は彼らによってなされたのであり、
私のような戦後生まれの者によってなされたのでは決して、ない。
それを成し遂げた彼らの心の中には、いったい『何が』あったのでしょうか。

 耐え難きをたえ、忍び難きを忍ばなければならないこれからの日本人の心の中には、
その『何か』が必要なのでは無いでしょうか。
しかし、その『何か』は失われつつある。
我々は『何を』再び心に宿さなければならないのか。
『何を』宿せば、これからの困難を克服できるのか。
もしその『何か』を日本人の多くがその心にインストールできれば、
これからの日本人を襲う困難の克服も、けして不可能ではない。
そしてその『何か』を再インストールし、そしてその『何か』を『継承』するのならば、
彼らの死を、せめて無意味にしてしまう事はふせげる、私はそう思います。

 新しい憲法序文には、それを刻んでいただきたい。

 IF、大日本帝国があの戦争を上手くやり抜けたとして、
それはそれで戦後の日本は、狂ったものとなっていたのではないでしょうか。

661 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/31(月) 23:12:40 ID:cse/TWhZ
ゴーマンは、へし折られてこそゴーマンであり、
そしてゴーマンがへし折られてた後、そこから学べないものは、
それこそ、氏ね、です。

662 :名無しかましてよかですか?:2005/10/31(月) 23:16:51 ID:IeVG88Ha
>>660
>IF、大日本帝国があの戦争を上手くやり抜けたとして、
>それはそれで戦後の日本は、狂ったものとなっていたのではないでしょうか。
何か根拠があるんでしょうか?
まぁ、『300万人の同胞を無残に死なせなければ』目覚められなかったというのが
本当なら、まさにキチガイだったんでしょうけどね。

663 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/31(月) 23:22:21 ID:cse/TWhZ
そして目覚め、そして誓った。
我々には再びその『誓い』が、必要なのです。

664 :越前 ◆ZeaV7KCImo :2005/10/31(月) 23:23:36 ID:UhLi4M/1
>>656
人間の人生には、春夏秋冬があります。
人間の集団にも春夏秋冬があります。
国家、宗教集団、その他・・・・。

人間の集団には必ず春夏秋冬(歴史)があります。
宗教で言えば、その宗教団体の春夏秋冬(歴史)を、無視することを原理主義と言います。

その意味においては、カトリックなどは、晩秋ですね。
晩秋を春だ春だと言い張るのが原理主義です。
その意味で言えば、
創価学会は猛々しい青春期なのかもわかりません。
穏やかな秋を迎えるのは、もう少し時間がかかりそうですね。

国家もそうです。

我々の近代国家日本は、青春期を終え、

夏を過ごして

今はおそらく、初秋にさしかかっています。

青春期を思い出すいい時期であることは間違いありませんね。

665 :名無しかましてよかですか?:2005/10/31(月) 23:26:00 ID:IeVG88Ha
>>663
>我々には再びその『誓い』が、必要なのです。
何が必要なのか、『具体的に』ご説明願えませんか?
失礼ながら、貴方は300万人の同胞の生命を、自己満足のためにもてあそんで
いるように見えます。

666 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/31(月) 23:39:41 ID:MBvN/KWO
>>665氏へ
 今はまだ上手く言語化できません。
その核心に対しては、抽象的イメージがあるだけです。

 その核心を実現する具体的施策としては、
国連改革とか、
新憲法、特にその序文の文言とか、
国旗・国歌、新憲法の公教育での取り扱い方とか、
教育基本法とか、
学習指導要領とか、
実際の公教育のカリキュラムとか、
大学入試を中心とした入試制度とか
公的資格の制度とか、
選挙制度とか、
政党のありようとか、
創価学会のありようとか、
 これらをすべて内包する壮大な施策郡の提示になるので、
ここにはとても書ききれません。

 それらの施策郡を上手く組み合わせて何とか実現し、
そうしてようやっと日本人の中にインストールできる『何か』ですね。
つまりは、その『何か』は、簡単には日本人の手には入らない。
つまりは、あの犠牲を無駄にしない事は、不可能ではないにしても簡単ではないですね。


667 :越前 ◆ZeaV7KCImo :2005/10/31(月) 23:41:17 ID:3Y8hg4Lw
666ゲット!!オーメン!!やった!!





668 :中村 ◆CHBTxVTges :2005/10/31(月) 23:42:19 ID:DK2t9BCQ
次スレが必要です…499KB
今から立ててみますが、もし30分以内に立たなければ、
どなたか立てて下さいまし。

669 :今こそ歴史にIFを!:2005/10/31(月) 23:42:48 ID:MBvN/KWO
 ダーク・サイドに堕ちる運命・・・・・orz

670 :越前 ◆ZeaV7KCImo :2005/10/31(月) 23:46:19 ID:3Y8hg4Lw
>>667
せっかく、もしも氏を666の魔の手から救おうとしたのに・・・・・。
もしも氏また666踏んじゃったね・・・・・。

もう、・・・知らない!知らない!!!(涙)


501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)