2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

我々はどこに行くのか 別館 資料保存スレ

1 :情報提供屋:2006/01/14(土) 22:57:00 ID:w2JG3+wy
複雑多岐に渡る議論の中で、例えばIFを!氏のような書き込みは
保存してその度見返すと言うのが理想です。そこで資料閲覧スレを
別に立ててみました。まとまった発想のレスは保存しておくと
いちいち過去スレを辿らなくてもいいので便利でしょう。
厚かましくも自分も書いておこうと思いますが、ご容赦あれ。

2 :情報提供屋:2006/01/14(土) 23:02:27 ID:w2JG3+wy
共同体の広がりの可能性・・・。国家を飛び越えようというのだが、
段階を経るにしても昨今のリベラル系の人たちは「アジア共同体」を目指している。

東アジア共同体:対立浮き彫りも実現にようやく一歩
ttp://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2005&d=1222&f=column_1222_001.shtml

東アジア共同体評議会
ttp://www.ceac.jp/j/

これに例えば保守の重鎮(風見鶏だが)の中曽根なども賛同している

アジア・太平洋議員フォーラム
ttp://www.yatchan.com/seiji/index.html

民主党などは沖縄において一国二制度(これが先の選挙の時に叩かれた)を
実践しようと党政策として掲げている。

ttp://www.dpj.or.jp/seisaku/kan0312/kouan/image/BOX_KOA0022.pdf

そもそもこの企み、先の大東亜戦争時の大東亜共栄圏にある意味近いので、
大陸派の保守系もかなり受け入れやすい代物と言える。「アジア人同士戦わず」に
該当するゆえに、安全保障としても最適で、僕自身は賛成なのだが。
日本をイギリス等と同じ海洋国家と位置付けたい親米英派(海洋派)は反対のようだ。

アジア主義とは何だったのか
ttp://homepage1.nifty.com/tkawase/osigoto/asianism.htm

大アジア主義思想から「大東亜共栄圏」論へ
ttp://www.wako.ac.jp/souken/touzai00/tz2002.html

3 :情報提供屋:2006/01/14(土) 23:03:39 ID:w2JG3+wy
極東含むアジア経済の勃興は確かに注目に値する。ただし、
日本のGDPにおける貿易その他海外との交易総額は7%程度に過ぎないとも
指摘しておきます。個人消費と設備投資がGDPの大半ではあります。

伸び続ける中国経済
ttp://www.shinseibank.com/trust_info/necessity/china/mf_01.html

インドの政治経済の現状と展望
ttp://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/bluebook/2002/gaikou/html/zuhyo/fig03_01_04_01.html
ttp://www.marubeni.co.jp/research/3_pl_ec_world/040603imamura/hombun.html#ch1-1

今日本が進めようとしているアジア共同体の骨子はこう
ttp://www.ceac.jp/j/ceacmeeting.html#8round

目的として、1、脅威(軍事的)の削減 2、相互依存関係の構築
3、FTA体制の確立 4、統一通貨、あるいは通貨バスケット制の確立

・誰も明確には言わないが、EUと同じくアメリカ外資の猛攻を防ぐと言うのもある。

問題点 1、統治体制の違い 2、共通理念、価値観の欠如 3、参加国の選択

・誰もが知っている、中国の共産主義体制が深刻な懸念なのだと言う事を。

僕個人としては、経済交流を深めると言う観点でのアジア共同体は賛成。
ただし、現在の中国には要注意。 体制変換までは深入りは禁物です。

4 :若者達を神風特攻させて生き延びたハレンチ国家<1:2006/01/15(日) 14:10:50 ID:EEf4yblA
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/fukasaku05.htm
ふもとのインタバス村にたどりついたら、村人が6、7人、私を取り囲み、
キタンランド山になぜ登ったかを問うてきた。私は訳を話した。
残留日本兵の「食」に少し触れた。
その時に村人が示した反応を、どのように形容すればいいのだろう。
疲労の果てに夢を見ているのかと私は思った。
村人たちは口々にいったのだ。
「母も娘も食われました」
「私の祖母も日本兵に食われてしまいました」
「棒に豚のようにくくりつけられて連れていかれ、食べられてしまいました」
「食われた」。 この受け身の動詞が、私のメモ帳にたちまち10個も並んだ。
村人たちは泣き叫んではいない。 声を荒げてもいない。押し殺した静かな声だった。
なのにメモ帳が「食われた」という激しい言葉で黒く埋まっていくのが不思議だった。
老人は、戸惑う私を無言でじっとみつめていた。
(辺見庸『もの食う人々』単行本P51より引用・1994年ベストセラー


5 :越前は讃岐うどんが好き ◆WTQ4WXzIyQ :2006/01/16(月) 23:21:23 ID:6Bghd7bL
エレミヤ書 20章7〜18

7 主よ。あなたが私を惑わしたので、私はあなたに惑わされました。
あなたは私をつかみ、私を思いのままにしました。
私は一日中、物笑いとなり、みなが私をあざけります。
8 私は、語るごとに、わめき、「暴虐だ。暴行だ。」と叫ばなければなりません。
私への主のみことばが、一日中、そしりとなり、笑いぐさとなるのです。
9 私は、「主のことばを宣べ伝えまい。もう主の名で語るまい。」と思いましたが、
主のみことばは私の心のうちで、骨の中に閉じ込められて燃えさかる火のようになり、
私はうちにしまっておくのに疲れて耐えられません。
10 私が多くの人のささやきを聞いたからです。
「恐れが回りにあるぞ。訴えよ。われわれもあいつを訴えよう。」
私の親しい者もみな、私のつまずくのを待ちもうけています。
「たぶん、彼は惑わされるから、われわれが彼に勝って、復讐してやろう。」と。
11 しかし、主は私とともにあって、横暴な勇士のようです。ですから、私を追う者たちは、
つまずいて、勝つことはできません。彼らは成功しないので、
大いに恥をかき、それが忘れられない永久の恥となりましょう。
12 正しい者を調べ、思いと心を見ておられる万軍の主よ。
あなたが彼らに復讐されるのを私に見せてください
。あなたに私の訴えを打ち明けたのですから。
13 主に向かって歌い、主をほめたたえよ。
主が貧しい者のいのちを、悪を行なう者どもの手から救い出されたからだ。
14 私の生まれた日は、のろわれよ。母が私を産んだその日は、祝福されるな。
15 私の父に、「あなたに男の子が生まれた。」と言って伝え、彼を大いに喜ばせた人は、のろわれよ。
16 その人は、主がくつがえして悔いない町々のようになれ。
朝には彼に叫びを聞かせ、真昼にはときの声を聞かせよ。
17 彼は、私が胎内にいるとき、私を殺さず、私の母を私の墓とせず、
彼女の胎を、永久にみごもったままにしておかなかったのだから。
18 なぜ、私は労苦と苦悩に会うために胎を出たのか。私の一生は恥のうちに終わるのか。



6 :越前の片道切符 ◆WTQ4WXzIyQ :2006/01/16(月) 23:33:34 ID:6Bghd7bL
>>5
いや、誰も書き込んでいないのでちょっと利用させてもらった。資料ということではないが、
「我どこスレ」で真摯な議論をされている皆様に捧げる。
良質なレスも多く、「我どこスレ」は勉強になる。でも世の名には色々な考え方があって、
なかなか「共感、共鳴」、あるいは「止揚」という決着にいたらないのが現状。
たかが2ちゃんと言えども、議論をされている皆様は疲労感と虚無感に包まれてしまうこともあるかもね。
そこで、そんな皆様を励ますために、>>5のようにエレミアのど根性を提示させて頂いたしだいです。


7 :むっちょ:2006/01/17(火) 03:47:06 ID:Cy6k789s
正直、誰とは言わないが、俺との議論がすべて無かったことにされているのは萎えるよねー。
勉強になる?個々人が自分の勝手な妄想を書き連ねているだけにしか見えませんが。

8 :日本国珍法:2006/01/17(火) 06:28:43 ID:zpnGb8Dn
>>5「越前は讃岐うどん好きと言っているが、実は稲庭うどんの方が」まで読んだ。

聖書ってホテルに置いてあるの、たまに読むけど示唆に富んでいますよね。
意味よくわからないけど、何か考えさせられる。

議論がループしまくりで、すいませんね。俺もそろそろ一段落つけたいのだが。
さて今日も接待。夜の11時まで働いてくるか。これも我がため、お国のため・・・

9 :越前は讃岐うどんが好き ◆WTQ4WXzIyQ :2006/01/18(水) 06:56:57 ID:Bl4tA1er
そうか、ちんぽ氏やミニー・ノット氏は新参者だから一応、このスレの過去の雰囲気から現在の雰囲気までをパロディー風に紹介しますね。
ただし、>>261は内容があまりに過激なために一部伏字としました。議題は「夫婦の愛とその他」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


249:肺ガンなんて怖くない:>>248 君もおかしなこと言うねぇ!(・л・)y~盗撮の根拠ってなに?盗撮に根拠なんているのかねぇ!
250:千伝:小生の言う夫婦の絆とはそこに信頼関係という確固とした絆を基軸としたものであり、共通の利益のみを前提とした絆などでは断じてあり得ない。
251:人見一作:>>249便所盗撮人はまた馬鹿なこと言い始めましたねぇ。ニヤニヤ。女便所の盗撮に根拠がいらないのか!!ヴォケ!
252:名無しでよかたい?:つーか、あれじゃん、やっぱり漏れ的には結婚生活の基本は「ハァハァ・・・」だとオモワレ・・。
253:今こそ股間にイイ!を:夫婦の絆をCとすると、互いの共通の利益A+肉体的欲求B=Cと表層的にはそう言うことも出来ます。
             しかし、現在一般的には夫婦の絆Cはあまり実用的ではありませんね。そこでX、つまりロマンスということが重要となってくるのです。現在においては。
254:名無しでよかたい?:>>253の今こそ股間にイイ!を氏の意見にはうなずける。ということで漏れは今宵も夫婦の共同作業を・・ww
255:むちょっ:>>254夫婦の共同作業ってなにさ!そういうのは単なる「想像の共同作業」でしかないの!!ベネディクトリスの言う夫婦は想像なの!!
256:亀甲野よちりん:夫婦ということで言えば四十八手ということが古来から伝えられている。『表四十八手』『色道智恵潤』『秘戯艶説枕筥』などが著名である。
257:えっちぜん:あ!亀甲野よちりんだ!
258:名無しでよかたい?:軍事小林スレが例の物質に荒らされて困っています!!ここが荒れなければそれでいいのですか!!ダブスタですか!
259:鳥貞:ミモフタも無いが、オスとメスの関係を人類では夫婦というだけ。そういう意味においては一夫多妻のイスラム諸国はごく自然な状態でウラヤマスィ〜。




10 :越前は讃岐うどんが好き ◆WTQ4WXzIyQ :2006/01/18(水) 07:00:01 ID:Bl4tA1er

260:肺ガンなんて怖くない:>>251だから女便所の盗撮するのになんの根拠がいるの?(・〜・)y~ソースは?まぁ、おいら風邪気味みたいなのでもう寝るがなぁ〜。
261:千伝:>>255想像の共同作業?小生はまず、そっと愛撫しまた時としては×××を××××したりするが、それを想像と一蹴する貴君とは決定的な乖離を感じずにはいられない。
262:白鳩平和の元ちゃん:>>260肺ガンさんも風邪ですか。お大事に!
263:人見一作:>>262白鳩には散々手助けしてやったのに。以後、ロックオンしてやる!!
264:人見一作:しまった!>>263でコテハンはずすの忘れて書き込んでしまった!!
265:むちょっ:>>261ていうか一回キレていいかい?あんた変態だろ!
266:僕はいつでも途中下車:まだ夫婦の絆やってるんですか!もう飽きたな。
267:えっちぜん:僕は独身だし、夫婦のことはよくわからないので、今夜も小学生スクール水着大辞典で一発抜きますね。
268:むちょっ:>>267あんた人として最低のことしてる!
269:名無しでよかたい?:千伝はまだ一作みたいなやつを擁護してるのか。つーかここのコテハンの馴れ合いうざくね?
270:今こそ股間にイイ!を:つまりA+B=CにXという脳内エクスタシーをインストールすることによって、Bに内在する肉体的エクスタシーを増幅させる、ということです。
271:民兵@中林:そろそろ498KB。次スレの準備に・・・。
272:民兵@中林:ていうか・・・。そろそろこのスレ廃止にしません??



11 :越前は讃岐うどんが好き ◆WTQ4WXzIyQ :2006/01/18(水) 07:13:53 ID:Bl4tA1er
各コテハンの諸兄。上記のパロディーに関する苦情はこの別館スレにてお願いします。
ていうか、皆さん・・・・・・・。ごめんなさ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い!!!!!!!!!!!!!!!


12 :ミニー・ノット:2006/01/18(水) 07:26:40 ID:Tj4535A4
何wこのシュールなまとめw
夫婦の愛が愛国心のことを表してるくらいしかわかんねぇwwwww

しかし、もうなんというかね。一つのスレッドの中にあれじゃ、収集つかねぇよ。
人の話を聞かない、というか、自分の主張を通したいだけの人もちらほらいるし・・。
過去の雰囲気がどうとかより、むしろ1スレでごちゃごちゃやるのはよくないと思われ。
みんなB型なのか?

13 :越前は讃岐うどんが好き ◆WTQ4WXzIyQ :2006/01/18(水) 08:04:22 ID:Bl4tA1er
>>12
ごめんなさい。パロディーの内容が古過ぎましたね。一応解説しておくと、リンカーン君(一人一察)と煙管氏が
IAEAのイラクに対する査察の根拠について「この便所管理人が!」などと激しい言い合いになりまして・・・・。
あと、ナショナリズムについての議論でベネディクト・アンダーソンの「想像の共同体」についてむっちょ氏と千念氏の
議論があって、むっちょ氏の「あんたバカだろ」という名言がでたりしたのも懐かしいです。
それと、軍事板「小林将軍スレ」に我どこ某コテハンが名無しと化して荒らしまわってるという苦情があって、
そのことで大変大騒ぎになったこともありました。
また、我どこコテハンは馴れ合いに過ぎるという書き込みもあってそれも騒動になったこともありました。
亀甲野よちりん(甲野よしりん)は議論の最中に古武術の話などを展開して愉快なひとでした。
今こそ歴史にIFを!氏は解説する必要はないでしょう。ではでは。
確かにごちゃごちゃしたスレでした。今も?(笑)・・。



14 :日本国珍法:2006/01/18(水) 18:27:25 ID:uV+CA23p
夫婦愛ってのは愛国心の議論のパロディかな?

ちょっと、元帥との議論してかみ合わないのは、珍法に嫁がいると仮定して、

珍法:夫婦の愛とはうちの家ではこうである。だから夫婦愛とは・・・

元帥:夫婦は社会契約的であり、日本国民の総体としての夫婦愛の傾向がある。

とやっているから議論がかみ合わないとわかった。個別の夫婦愛と社会現象と
しての夫婦愛を同じ土俵で議論するから、混乱すると。

夫婦愛も人それぞれ、一つのタイプで語ることはできない。言語では
説明することができない、夫婦の間でしかわからない愛の形は存在するのだよ・・・

15 :越前の片道切符 ◆WTQ4WXzIyQ :2006/01/18(水) 19:32:49 ID:fmI6XGgw
ていうかさ、ここの別館スレ誰も利用しないんだね。また僕がヘイポースレみたいに1000までがんばろうかな?


16 :名無しかましてよかですか?:2006/01/19(木) 00:38:01 ID:wRllaVh5
まあ例の「彼」らしい名無しの人物は今でもほぼ毎日
軍事板の小林将軍スレに来ているらしいんですけどねえ。

ここのスレほっぽり出して何やってんだか・・・

17 :名無しかましてよかですか?:2006/01/19(木) 01:35:19 ID:x3XSF4SU
>それと、軍事板「小林将軍スレ」に我どこ某コテハンが名無しと化して荒らしまわってるという苦情があって、
奴は今でも荒らしているよ

18 :越前は讃岐うどんが好き ◆WTQ4WXzIyQ :2006/01/19(木) 13:12:53 ID:q/c0t5vY
>>7
「勉強になる発言」のことか・・・。
ていうか、むっちょ氏のレスもその勉強の中に入っているのだが。
まぁ2ちゃんでお勉強なんてバカのバカバカの
バカバカバカバカバカバカバカ言いすぎてカバになっちゃうぐらいのバカかも知れないけども(笑)。
「想像された共同体」ということも、なるほど国家とは国境によって画されたイメージとしての
共同体ということが言えるだろう。国境のみならず「昔からあるもの」と時間的なものまで
想像することも出来る。アンダーソンは想像=幻想ではないと、ある大学講演で語ったらしい。
幻想は現実には全く存在しないが、想像は両義的だということらしい。つまり想像は現実化する可能性を内包しているという。
たしかに「想像の共同体」ななかなか興味深いが時間がないのでまだ読んでいない(笑)。
自発的服従によって規格化された存在である労働者の僕の毎日は時間があまりないのだな(笑)。




19 :甲野よしりん:2006/01/19(木) 18:36:31 ID:kxH6VuvO
 こんなんあったんか。大塚英志もびっくりの何次創作にあたるんだろ。(笑)

20 :越前はお仕事 ◆WTQ4WXzIyQ :2006/01/19(木) 19:45:01 ID:X5G16/s/
>>19
あ!!甲野よしりんだ!!また思想、古武術についておもしろい資料、見解があればカキコ、キボン。




21 :日本国珍法:2006/01/19(木) 20:50:29 ID:KdJhxi1o
大塚英志の木島日記・北神伝奇は面白かったよ。
おれもオカルトに魅かれているんだろうか。

いや、いかん、いかん・・・

22 :甲野よしりん:2006/01/19(木) 21:19:41 ID:kxH6VuvO
>>20
お仕事がんばって

>>21
物語の構造を布教してる人物だけあって、変わった話書くひとだよね。

23 :情報提供屋:2006/01/20(金) 12:45:28 ID:7E9h8FJf
図々しく自分の書き込みを転載しておきます 自主独立へのシナリオ(仮)

前提 構造改革は金融、財政から地方への財源譲渡及び公務員改革から
特別会計、特殊法人改革まで政府がきっちりやってデフレも脱却し
東証225銘柄平均が20000円前後をキープできている日本

東アジア共同体を構成し、極東の安全保障を経済の密接な関係を築くことによって
担保した上で、北方領土、尖閣や竹島の問題も何とか解決する(妥協はしない)

憲法改正、防衛省格上げ、集団的自衛権行使、スパイ防止法も作り、日本版CIAを
内閣安全保障室と旧防衛庁防衛局を中心に作る。諜報も防諜もすると言う事
妙な内容の新防衛大綱とか改正すべき。勿論国軍として軍隊を保持。
後、自衛官予備役を増やしておく。先進国はみんなそれなりに保持してる

偵察軍事衛星をもう八基ほど揚げて、自前の情報収集能力を高める
TMDの能力も若干疑わしいようだが、ここは日米の科学技術力を信頼する

ここまでのタームで5〜10年前後。この間アメリカとの仲は徹底的に堅持
後はひたすら中国の民主化を待つ。それまでは沖縄の基地返還は台湾問題のため
言いたくても言わない事にする。台湾は民主主義国家なので守らなければいけない。

中国の民主化に伴い大量の移民が溢れる可能性があるので海保と海自の装備と
人員を強化しておく必要がある。5兆円の枠を超えても仕方ない。民主化以降は
共産覇権主義の脅威が消えるので在日米軍は随時撤退して頂く。北朝鮮も崩壊するはずだ

中国の民主化が日本の自主独立への要諦になるであろう。それまでに出来ること、
アメリカとの友好関係を崩さないように慎重に前に踏み出す事だ。ちなみに、中国の
民主化を受けても日米同盟は破棄せずともよく、より双務的な内容に変えるべき
核武装に関しては時の国際世論次第。ここのタイミングでしなければいけないかも知れない

24 :情報提供屋:2006/01/20(金) 12:47:06 ID:7E9h8FJf
ではそれまでの間日本はアメリカの強引な押し付けや内政干渉を
如何にして跳ね除けるか、でありますが、例を狂牛病肉輸入再開にとります。

1、国民世論の猛烈な押し上げで政府にNOと言わせる
2、野党、民主党などに政権を任せておく
3、ドル買いやアメリカ国債の買い支えをやめるぞと返す

1、が理想。アメリカほど民主主義を大事に思っている国家は無い
  「うちの国民が猛反対してますので・・・」ブッシュも沈黙
  だが、不思議な事にこれをしないのが自民党

2、は次善。民主党は親中派多い為、アメリカにはNOと言うだろうが
  今度は中国に阿りかねない。沖縄で一国二体制などと言っているから
  正直与党を任せたいとは思いにくいところがある

3、は一種の賭け。角栄のように潰しにかかられる可能性がある。
  しかし、かつて橋龍が一回クリントンにかましてダウが4%下がったことが
  ある。時のリーダーに気骨があれば出来ないことは無い

問題は日本人自体そもそもアメリカにNOと言おうと言う気概が無いことだ
国民の意思の問題なのだ。それで小林も徹底的にこの路線でやるつもりなのだろう。
しかし、日暮れて道遠しの観が否めない。それぐらい日本人は腰が砕けたままだ

25 :越前は讃岐うどんが好き ◆WTQ4WXzIyQ :2006/01/20(金) 13:51:44 ID:s8nCCPAC
>>21>>22
しかし、珍法氏も甲野よしりんも色々読んでいるなぁ。甲野よしりんは最初のころと今では印象が
まるで違ってきた。最初は寡黙な武道家みたいな雰囲気があったけど。
今の印象は、そうだなぁ・・・、おもしろ武道家かな?
そんなわけで、今日の夜勤明けの帰りに甲野善紀著「武術の視点〜故人の身体操法をいまに〜」を
買ってきた。ちょっと軽く読んでみたけど、アニメ映画「もののけ姫」にただ事ではない衝撃を受けて絶望感まで味わったという
記述があった。人間の自然破壊に対する絶望感である。
もしかすると、この人は僕の想像していた剣のように鋭く硬い孤高の超越的人物、というのではなく、
純で傷つきやすい典雅で繊細な人なのかもわからない。とにかく、明日はOFF日だからゆっくり読むことにしよう。
今は眠くってたまらない・・・。



26 :越前は讃岐うどんが好き ◆WTQ4WXzIyQ :2006/01/20(金) 14:21:16 ID:s8nCCPAC
>>23
図々しいなんてとんでもない。もともとリンカーン君が立てたスレではないか。ていうか、もうそろそろう旧コテハンに戻せば?
あっちの方がカッコイイぞ。迫力もあるし。


27 :甲野よしりん:2006/01/20(金) 19:06:49 ID:nwsr4hav
>>25
 武術のもつ効果を秘伝とかいって、特権化しないで、一般にどんどん開放
しようとする姿勢がいい。身体の使い方を変えることで、身体を酷使する職業
人は楽になるし、医療福祉業界なんかでも患者や利用者の療養や生活の負担が軽減す
る。一般の人々のことをよく考えてくれている武術家だと思う。ただわかりにくい部分もある
ので、関連する書籍を立ち読みでも参照してみるのをお勧めしておく。
実は元武術家の方が、一見武術と関係すると思えない理学の本を書いていたりするので、科学的裏付け
がほしいければ、そういう書もよんでみるといいとおもう。

28 :日本国珍法:2006/01/20(金) 20:54:55 ID:ZAVP5Rsc
元帥との議論も一応ケリがついたし、何だか本スレで熱い議論が繰り広げられて
いるので、ここで少し休憩しよ。何だか疲れた。

おやすみ。zzz。。。

29 :情報提供屋:2006/01/21(土) 01:03:43 ID:ze1PAqST
少なくとも我々スレに於いての天皇制、皇室の必要性は納得されたようです
一応保存しておきます 後は愛国心なのか・・・流れ次第で反論しますか

ゴー板なのに滅多に出てこない小林よしのり(w の天皇制必要論
ttp://otasuke.s12.xrea.com/koui.html

考えてみればよ、この日本の古代の中から、ご飯をちゃんと作って、食べられるということが
どれほどありがたいか!そうでしょ。他の国のどこに、いろいろ飢餓もいっぱいあってよ、
イラクもあんな状態でよ、ただ毎朝本当にありがたくご飯がいただけるってこと、
そのことが、お祭りに匹敵するほどのめでたいことだというその神事をね、ずっと
伊勢神宮では毎朝毎朝やってるわけよ。その毎朝毎朝やってるその公の感覚、無私の感覚と
いうものが、皇室の中にもちゃんとありますよ、そういう行事がね。

それがその、そういうことの大切さ、そこをちゃんと考えておかないと、日本人が、
民主主義がいい近代社会がいいっていいながらね、合理主義がいい近代がいいと言って、
どんどんおごり高ぶっていってしまっていることの、歯止めの部分、というのが、
本来日本人は何に感謝し何に畏怖して生きていくのかっていうものを守っている、というね、
そこに天皇の価値があるわけですよ。
我々はもう一度そこに立ち返って考えてみなくてはいけない。

「畏れ」を忘れた民、超人思想のニーチェ(神は死んだ)はナチスドイツを生み、
共産主義のマルクス(宗教は民衆のアヘン)はスターリン、毛沢東を生んだ。
宗教は人間に必要だと痛感させられる歴史事実である。ここで、宗教の有益性と危険性を示しておく。

天皇=国家の象徴、日本の神祇、祭司であるのをお忘れなく。

30 :情報提供屋:2006/01/21(土) 01:05:32 ID:ze1PAqST
■宗教を信じることの有益性

・人間の驕りの否定 ・論理的には説明しきれない道徳の拘束性を担保
・苦境の時の支え ・共感を持ちうる多数(少数)との出会い、疎外から逃れられる

■宗教を信じることの危険性

・教義の絶対性を信じることによる排他性、独善性の誕生
・教義によるが、来世を重んじる狭義の場合現世のあらゆる可能性を
 否定してしまう
・自己の信じる宗教を押し付けてしまう事による法で保障された権利の侵害

宗教はこのように諸刃の剣の感を否めない。ところが、現在の神道は素晴らしいことに

・教義がおおらか 排他性、独善性ほぼ皆無 何せ八百万の神ですから
・来世思想も無い。罪の意識も無い。審判もされない。現世利益をくれる(かもしれない)
・誰も押し付けなくとも皆年始は神社にお参りする 現世利益をくれる(かもしれない)から

神道は日本民族が伝えてきた、日本人の心象風景そのものなのかも知れない。
神道は宗教の危険性を殆んど有しない素晴らしいものだ。かつ「畏れ」の性格を有す。
ちなみに明治期に誕生した国家神道は性質が若干違う。排他性、独善性はあった。
今はそれらは消え失せた。だからこそ、私は神道を大肯定する。問題はこのような
事実を余り日本人が認識していない事であろう、と思う。

31 :情報提供屋:2006/01/21(土) 01:07:42 ID:ze1PAqST
しかしながら、教義を持たぬ日本の神道は、道徳、精神に対しての
影響力は持ち得ないであろう。決定的な国家秩序の安全装置としては
有益であるが、国民の道徳のありように関しては関与し得ないものと
考える。この点において黒鳩氏や千念氏は少々過剰な期待を
現代天皇制に求めていると思われる。

明治期作られた国家神道(純粋な神道とは別)は、その事を
はっきり自覚していたので教育勅語や大日本帝国憲法などで
それを補完し、国民の規範を提示し国家秩序を安定させようとした。
国民の道徳も国家秩序も全部天皇に担ってもらっていたと言える。

ところが現代において天皇制は相当様変わりし、むしろ2000年の歴史の中で
そこそこ標準的な立場に戻ったと言える。明治期までは天皇家も仏教も崇拝していたのだが
それは失われた。また、明治期には儒教のエッセンスも補完されていたのだが
現代天皇制にはそれも無い。ちょっと簡単に表にしてみます

大和時代 アニミズム崇拝(原始神道)
飛鳥時代 仏教伝来、神仏崇拝
  ↓
以降このまま明治期まで
  ↓
明治〜昭和20年 仏教排除、儒教と神道を混ぜた国家神道
  ↓
敗戦以降、純粋な神道のみになる、ゆえに道徳的影響力が消えた

こう見ていくと、日本人の道徳と倫理のよすがは、共同体の横の目を意識した
「恥の文化」を頼るしかない気がする。まさにそれこそが「伝統」であろう。

32 :ミニー・ノット@千念:2006/01/21(土) 02:02:03 ID:CkkRvLhv
えぇ、このスレを本来の目的で使用させていただきます。
本スレより千念氏の一連のレスをまとめます。
なにぶん長いので、引用マークはつけませんが、ここから先は千念氏の書き込みです。

 愛国心の問題を、ある人間集団と、そのメンバーの集団への帰属心・愛情の問題と
一般化して見ましょう。

 たしかに、その集団に帰属する時に、誓約書を交わしたわけでもなく、自分で好きで
入ったわけでもない場合、最初から、本人の意思に関わりなくそのメンバーとされてい
た場合に、その集団に帰属心や愛情を抱かねばならない謂われはない。

 とすれば、人間は、生まれてくる家族(父母)を選べるわけではなく、偶々ある家族
(少なくとも母親)に生まれて来るわけであるから、その家族(父母・あるいは母)を
愛さねばならない理由はない。理論的には。

 産んだ以上、育てるのは親の義務であり、親が義務を果たしているだけなのに、子が
それに恩を感じなければならない理由はない。理論的には。

 だが、この「義務」は、政治的に規定されて義務であり、政治や国家などの強制力を
除いて、また、最初から考慮の外におかれている倫理や道徳も除いて考えれば、親が
子供を育てなければならない義務も、また、ないのである。理論的には。

 だから、育てなければならない義務もないところから、育ててくれた、というのが、
本来の事態の捉え方であり、親にその義務があるとしたときには、既に、政治的あるいは
道徳的強制力が働いている。


33 :ミニー・ノット@千念:2006/01/21(土) 02:06:47 ID:CkkRvLhv
 愛国心の問題を、ある人間集団と、そのメンバーの集団への帰属心・愛情の問題と
一般化して見ましょう。

 たしかに、その集団に帰属する時に、誓約書を交わしたわけでもなく、自分で好きで
入ったわけでもない場合、最初から、本人の意思に関わりなくそのメンバーとされてい
た場合に、その集団に帰属心や愛情を抱かねばならない謂われはない。

 とすれば、人間は、生まれてくる家族(父母)を選べるわけではなく、偶々ある家族
(少なくとも母親)に生まれて来るわけであるから、その家族(父母・あるいは母)を
愛さねばならない理由はない。理論的には。

 産んだ以上、育てるのは親の義務であり、親が義務を果たしているだけなのに、子が
それに恩を感じなければならない理由はない。理論的には。

 だが、この「義務」は、政治的に規定されて義務であり、政治や国家などの強制力を
除いて、また、最初から考慮の外におかれている倫理や道徳も除いて考えれば、親が
子供を育てなければならない義務も、また、ないのである。理論的には。

 だから、育てなければならない義務もないところから、育ててくれた、というのが、
本来の事態の捉え方であり、親にその義務があるとしたときには、既に、政治的あるいは
道徳的強制力が働いている。


34 :ミニー・ノット@千念:2006/01/21(土) 02:07:49 ID:CkkRvLhv
 さて、これから先を、感情論や道徳論と見れば、それはそれで結構で、普遍的な観念の
世界に舞い戻ればよいが、小生には、愛国心の問題は、このような感情や倫理的観点を
無視して語れないように思う。(無論、「愛国心」という言葉を声高に主張するものが、
それだけで、道徳的に立派であると主張するつもりはないが、一方、「愛国心」を口に
することに拒否反応を示して、感情的な反発から、「愛国心」そのものの否定の衝動に
身を任している人を評価することもできない。)

 世の中は、生存してゆくための同類を含む他の生物との競争という原理があり、人類が、
この原理の元で動いてきたことは否定しないが、それでも、子は、単に義務として育てる
べき存在としては、親の目に映らない。一方、子にとっても、親は、最初、世界そのもの
として現れてくる。嬰児が自分を見守る存在に最初に返す「笑み」を、親として受けられ
る幸福感は、至福というものがあるとすれば、これを除いては考えられないというほどの
ものだ。

 さて、いわゆる家族というものは、本来、このように、親が、(通常は愛情をもって)
子を一人前になるまで(家族を離れて生きて生きるようになるまで)成育することにより
成り立つもので、子は、自分の生を、まず両親に負っている。これは客観的な事実である
(無論、様々な特殊な状況があり、このいわゆる理想型で語られる「家族」から外れた
家族で成育したものにまで同じことを当てはめるつもりはないが、それは、変形例と
して語られるべきで、一般的な話として語られるべきものではない。)


35 :ミニー・ノット@千念:2006/01/21(土) 02:08:56 ID:CkkRvLhv
 とすれば、何かを誰かに対して負う、という事態が、人に呼び起こす感情は感謝であり、
感恩である。これは、現実の感情のぶつかり合いの最中にあるときは、子になかなか自覚
できないことであるが、大人になり、特に、自分が子供を持ち、親になれば、痛切に自覚
されるのが、一般である。

 だから、貴殿の言う、
>たとえば、自分の家族が大嫌いな子供がいて、家族の文句を言っていても、私は悪いことではないと思います。
>それを、育ててくれた恩が(ryなどということでもないでしょう。

その、まだ訳の分からない子供に、恩を自覚しろと、説教するつもりはないが、普通の家庭
に育った子供で特に愛情を受けて育った通常の子供は、恩を感ずべきものと、思っている。

 この集団と成員の議論に入った時に気づかれたように、この家族は、ゲマインシャフト
の典型であり、契約により成立する集団とは、ゲゼルシャフトそのものである。

 近代の国民国家は、このゲゼルシャフトであるというのが、一般的な認識であるが、上記の
集団と成員という、大きな枠組みの中で、この集団を国家としたときの成員の愛国心の
問題については、また、明日。(議論のちょうど半分までの展開なので、明日夜の、後半の
展開を待ってからのレスで結構です。)


36 :ミニー・ノット@千念:2006/01/21(土) 02:09:55 ID:oY5juE6Z
国家は、国民をその成員とする集団と述べることができる。近代の国民国家に
限らず、成員が、地縁血縁により、パーソナルで親密な人間関係を結ぶ村落単位
の集団を超えた、郡県レベルの国でも、ゲゼルシャフトに分類できると思うが、
テンニースが国民国家としたのは、ギリシャの都市国家がゲマインシャフトとし
て念頭にあったからだろう。

 さて、ゲゼルシャフトという社会学における理念型(ideal type)を援用すると、
国民国家は、[2]制御と規則の必要性、を源泉とするゲゼルシャフトの典型的
集団とある。>>111

[理念型については右参照:http://www.tabiken.com/history/doc/T/T089C100.HTM
 小生が用いてきた「理想型」ともいうと解説されていますが、ググルと中国のサイト
ばかりですね。30数年前に教養課程において名調子の講義で楽しかった社会学だ
ったが、たしかに、理念型という訳語で習ったはず。orz]

 当スレでも、国家は、経済活動の足枷になっているという発言があったが、国の
規制がなければ、もっと自由に金儲けができるのに、という状況は、近代国家以前
から変わりはしない。

 ホッブズが、リヴァイアサンで想定した「万人の万人による闘争」を典型とする
ように、個人が互いに武器を持って殺し合わないで済み、一部の経済人による収奪
に歯止めをかける規制力を付与された統治者により、あるいは、その統治の方法を
決定している法体系により、安全に維持される集団が国家である。

 グローバリズムは、新しい秩序を打ち立てたというよりも、新しい経済活動の態様
をもたらしたのであり、それは、国家と国家間の共同により、制御すべき対象が増え
たことを意味している。自然なマーケットの自由競争に任せて、国家による経済活動
に対する様々な規制介入を講じなければ、世界は経済的大混乱に陥るばかりでなく、
経済的強者による弱者の収奪は、苛烈を極めることになるだろう。


37 :ミニー・ノット@千念:2006/01/21(土) 02:16:22 ID:oY5juE6Z
 国家は、このように、その成員たる国民の安全と繁栄を、規制と制御により保証す
べき集団として成立している。群雄割拠による争いが絶えなかった戦乱の時代から、
1つの権力のもとに、国家の再統一がなされ、元和偃武がもたらされたのである。

 しかし、この国家もまた、外敵との間に常に争いの可能性、即ち、戦争の可能性を
有しているのであり、この集団が機能して行くためには、国民には、国家への忠誠が
求められる。(ローマ時代を参照しても、そのまっとうな成員(ローマ市民)は
兵役につくという義務を負い、そのことに誇りを持っていた。戦わずに、経済的な
魅力で庇護してもらおうという、妾根性は、無論WGIPに犯されるまでは、日本国にも
なかった。)

 国家が、その集団の維持のために、様々な奸計を労して、国民の自発的な忠誠心を
求めるのは、いわば当然のことで、その意味では、ことある毎に、国旗に対する敬意
の表明が求められ、国歌が歌われるUSAのあり方は、むしろ自然である。

 では、成員(国民)の側から見るとどうなのか。もし、国家というものがなければ、
当然警察力もないわけで、個人は自分で自分の安全を確保しなければならない。無論、
経済活動は自由であるから、能力のあるものは大きな財力を蓄え、富を独占し、武に
長けたものは、自分の力の及ぶ限りを自分の思うように支配するであろうし、支配さ
れるものは、法や正義が世に行われることを期待することもできまい。

 我々は、安定した国家の状態を当然のように思っているので、その国家が果たす恩恵
を意識することはない。空気の抵抗がなければ、もっと速く飛べるのにと考えている鳩
のようなものだ。


38 :ミニー・ノット@千念:2006/01/21(土) 02:20:39 ID:oY5juE6Z
 国民は、実際は、自分の命を国家に預けている(警察力や軍事力を頼んでいる)わけ
で、2チャンネルのような単におしゃべりするだけの集団とは違い、人間にとって一番
大事なものがかかっている集団といえる。その時、その成員が、この集団がどうなろう
が、俺の知ったことではないと述べて、その集団の他の成員からの非難を免れることが
できようか。

 同様のゲゼルシャフト集団で、野球の同好会を考えてもよい。同好会であるから、試合
に勝つことを目的にするわけではないが、同好会即ちそのチームの成員が、チームがどう
なろうが知ったことではなく、自分が野球を楽しめればよい、と公言したとき、他の成員
の理解が得られようか。

 ゲゼルシャフト国家は、成員に忠誠心・愛国心を求め、成員に国家維持のための忠誠心
愛国心がなくなれば、ゲゼルシャフト国家は内部から崩壊するだろう。これは、複数民族
からなる複合国家において、特にその政権が、国民の忠誠心・愛国心をつなぎ止められな
かったときに、現に起きている事象だ。

 また、鎖国時代の日本のような場合はいざ知らず、現代においては、国籍の移動は、相
手国や当人の資格にもよるが、可能である。ゲゼルシャフト集団であるが故に、その成員
は、しかるべき手続きにより、国籍を移すことが可能である。主として経済的事情(困窮
もしくは税金対策)により、他国に移住する人も多い。だが、移住した以上、その国への
忠誠心と愛国心を期待されるのもこれまた事実である。国家は、自らを維持しなければ、
その成員に対するサービスを提供し続けることができない。


39 :ミニー・ノット@千念:2006/01/21(土) 02:22:49 ID:oY5juE6Z
 さて、以上は、制御と規則の必要性を源泉とする、ゲゼルシャフトの典型としての国家
(特に国民国家)一般とその成員に求められる忠誠心・愛国心について、常識的なことで
あるが、ほとんど軽視されていることを、かなり図式的に述べた。

 ところで、国民国家に対して、民族国家というものがありそうであるが、この民族は、
ゲマインシャフトに分類されている。次回は、同じように、ゲマインシャフトとゲゼル
シャフトというテンニースの社会類型概念を援用して、民族国家としての日本について
述べて見たい。


40 :ミニー・ノット@千念:2006/01/21(土) 02:23:50 ID:CkkRvLhv
 近代に成立した国民国家は、ゲゼルシャフトに分類される。むっちょ氏が言及し、小生
なども遅ればせながら、議論のたたき台の参考として通読した「想像の共同体」において、
国民が「国民とは、イメージとして心に描かれた想像の(imagined)政治共同体である。」と、
定義されているのと見合っている。

 ベネディクト・アンダーソンによれば、近代に発生した国民国家の国民とは、既に実在
していた存在の自覚により発生したものではなく、出版などの人工的手段により、「まず
人々の“頭”のなかに表象され」たものである。つまり、観念が先にあり、この観念に
見合う実体が形成される。

 これは、独立へ突き動かした動機が、主として参政権なき課税などの経済的利害を主と
していたとはいえ、自由平等を掲げた、アメリカ合衆国や、アンシャンレジーム(旧体制)
に代わる秩序(国家)として、「自由、平等、博愛」を掲げた共和政フランスが、それぞれ
これら建国の精神や、革命の理念により、形成された人工的なものであったのとパラレル
である。

 これらの、まさに、テンニースのゲゼルシャフト概念がぴったり当てはまる近代以降に
成立した近代国家が、本来実体を欠いていたそのメンバーの形成とともに、建国されていっ
たのとは相違して、従来現実に存在していた民族としての共同性(ゲマインシャフト性)に
基盤を置いて成立した、わが国を典型とする、民族国家というものもある。


41 :ミニー・ノット@千念:2006/01/21(土) 02:24:41 ID:oY5juE6Z
 ゲマインシャフトが内包する自然的・実在的共同性は,
[1]感情や気分の共有,[2]習慣や伝統の共有,[3]良心や信仰の共有,
 という三つの源泉をもつ、とされ、[1]に対応する典型的集団が 、家族・民族とされて
いる。
 しかし、これら、[1]〜[3]の源泉を見ると、少なくとも1500年程の長期に亘り
(日本国における有史以来)、他民族による蹂躙を受けることもなかった極東の島国の住民、
即ち、日本民族にとって、これらは多かれ少なかれ明治維新政府成立時にも存在していたと
いえると思う。

 要するに、近代日本は、アメリカ合衆国などのように、理念があって成立した国家ではなく、
既に歴史的に存在していた民族としてのまとまりを中心に、外敵に対応する形で、その政体を、
近代的なスタイルに改めることによって成立したのである。

 無論、江戸時代の百姓、町民であれ、武士であれ、彼らの頭脳の中に、「日本国民」という
観念など有り様がなかったのは事実であるが、織田信長などが「天下」として意識し、徳川
政権が、「鎖国」という政策を採ったことなどを想起すれば直ぐに分かるように、日本国と
いう観念に見合う実在は、既にあったのである。

 明治維新は、この実在が、西欧の侵略的な、近代国家に対して、自らの政体をリフォームし
て対応したものである。それまでは、国内的な治安が維持されれば済んでいた国が、常に外敵
の脅威に対して警戒し、いわば自然発生的な土着の感情に対して、観念に基づき、人為的、計
画的に、その内部をいわばゲゼルシャフト的な方法により変容させて行く過程が明治である。

 明治時代、そしてもっと下って大正時代の、特に唱歌において歌われる感情に特徴的なのは、
旧来の土着の共同体が失われて行くことへの悲しみである。若々しい発展期の青年の時代という
イメージが強い明治であるが、例えば、英国留学した漱石などの心象にも現れるように、近代化
というのは、旧来のベースとなる感情(sentiment)が大きく押し曲げられ、一部喪われていく
過程でもあった。


42 :ミニー・ノット@千念:2006/01/21(土) 02:26:26 ID:oY5juE6Z
 識字率は既に世界一であり、国民平均の民度(政治思想意識などではない)は、世界で最も
高い水準にあったわが国であれば、黄色人種として唯一世界の列強に伍し、5大国の一つに数え
られるまでになったが、先の敗戦である。その敗戦に至るプロセス、その負け戦の戦い方など
この板でも様々に論じられて来たが、問題は、戦後である。

 ミニー・ノット氏が、
>>60で、

>制度に過ぎないものあるいは国土 + 国民 + 国の文化などという漠然としたものにである国家に
>あなた方がとうしようと勝手だが、全国民が国に対して感謝の気持ちを持ったり、忠誠を誓う必要はないと思う。

というとき、「全国民」を「国民一般」と読み替えても、いわゆるゲゼルシャフト国家
であるアメリカ合衆国などにおいて、果たして、良識ある発言と見なされるであろうか?

>>111のゲゼルシャフトの類型概念の定義を援用すれば、[3]概念や知識の客観性を源泉と
する典型的なゲゼルシャフト集団としての[3]コスモポリタン的知識人共和国の住人ならば
アメリカ合衆国においても言いそうであるが。

 これは、近代の帝国主義時代に対応すべく(侵略されて他国、他民族の支配を受けないように)
身構えた国の国民に当然発生するナショナリズムをうまく制御できずに、勝ち目のない戦いを起
こし、2発の原爆まで落とされて国が焦土と化す徹底的な敗北を喫したこと、さらには、核の出現
により、戦争は、人類全体の滅亡ももたらしうる可能性が意識されたこと、そして、占領国、主と
して米国による、戦争罪悪意識植え付け計画(War Guilt Information Progaram)に基づき、徹底し
た検閲によって、戦後の国民に、キャンペーンの主体(異民族、占領政府)の存在を意識させる
ことなく、戦争に対する負い目を植え付けられたこと、などにより、「国家」というもの、国家
が起こす「戦争」というもの、戦争を遂行する上で必須となる愛国心というものに、否定的な感情
を持つようになったことと無縁ではないように思われる。


43 :ミニー・ノット@千念:2006/01/21(土) 02:32:14 ID:CkkRvLhv
 さて、自分で選んで自分の家族(父母のもと)に生まれたわけではないように、自分でこの民族
(日本の場合その自覚された共同体である国民)を選んで、その一員として成長したわけではない。
しかし、子が、自分が貧乏に生まれずに金持ちに生まれたから親に恩を感じ、もし貧乏に生まれて
いたら恩を感じないといえば、その子は、家族という共同体を認めていないのである。その共同体
あるいはエッセンスで言えば親がいたからこそ自分がいるという事態を自覚していないのである。

 同じように、自分の生まれ育った国(日本)が、他国に比して豊かな国で、政治制度や社会的に
優れた国だから、それを愛し、貧しく、政治制度や社会的に劣った国であるから、それを愛さない
あるいはどうでもよい、というのは、まだ、自分がその民族という共同体に生まれたことを認めて
いないのである。エッセンスで言えば、自分が日本人として生まれたことを自覚していないのである。

 さて、小生の主張したいことを要約すれば次のようになろうか。

 日本民族の共同(ゲマインシャフト)性とその美点が、できるだけ維持されていくように、その
共同性の解体へのベクトルを有する愛国心の表明に対するアレルギーが、国民から払拭されること。


44 :越前の片道切符 ◆WTQ4WXzIyQ :2006/01/21(土) 05:04:30 ID:+TD1yToy
お、やっと本来の目的のためにこの別館スレが利用され始めましたね。では僕も個人的に良かったと思うレスを
貼っておきます。でも勝手に貼ったりしてあとで作者に怒られるかな(笑)。
 

45 :越前の片道切符 ◆WTQ4WXzIyQ :2006/01/21(土) 05:05:38 ID:+TD1yToy
今こそ歴史にIFを! ◆M1giMJq9gY 投稿日: 2006/01/21(土) 00:13:54 ID:cNLWJ+gG
 自然科学と社会科学

 どちらも時空間に展開している森羅万象、いっけんカオスと見受けられるその事象群に内在する『構造』を解明する事を目的とする。
自然科学の場合、ケプラーは惑星運動の中に、ケプラーの第一、第二、第三法則という自然法則、『構造』を解明した。
ガリレオは物体の落下運動を説明する自然法則、『構造』を解明した。
で、ニュートンは、何で林檎は落下するのに、月は落下せず公転し続けるのだろう、という疑問を解き明かした。
惑星の公転運動も、林檎の落下運動も、どちらも万有引力の法則という自然法則、『構造』に則っているのだ、と。
自然界にその例外は無い。もし例外事象が発見されたら、その自然法則は否定され、修正というマイナーチェンジなり、
フルモデルチェンジを求められる。
 で、時代が下るにつれ、惑星運動の観測精度が向上してきて、太陽系の惑星運動が万有引力の法則に厳密には則っていない
という事が発見された。最初は、未発見の惑星や小惑星群があって、その重力によってズレが生じているのではないかという予想のもと、
新惑星の発見が期待されたりした。そこをブレークスルーし、重力法則のフルモデルチェンジをしたのがアインシュタイン。
で、その理論が、一般相対性理論。
 今の所、一般相対性理論に合致しない事象は一件も発見されていないのかな。つまり宇宙の森羅万象の中に例外なし。
例外ではないが、説明できない領域は、ビックバン直後とかブラックホール内部という高エネルギーな場では、あるけど。
もし例外が見つかったら、観測ミスが疑われ、例外事象の再現性が世界各国の研究者によって試され、例外が実在するとなったら、
一般相対性理論のマイナーチェンジやフルモデルチェンジが模索されるようになる。
オカルトはあまりにもトンデモな例外だらけゆえに、自然科学の対象からはずされ、トンデモ電波扱いされたりする。
オカルト事象を定量的に観測できる生体センサーなんかが開発されたら、オカルトもまた自然科学の対象になるだろうけど。


46 :越前の片道切符 ◆WTQ4WXzIyQ :2006/01/21(土) 05:06:29 ID:+TD1yToy
今こそ歴史にIFを! ◆M1giMJq9gY 投稿日: 2006/01/21(土) 00:14:50 ID:cNLWJ+gG
 転じて、社会科学でいうところの『構造』は、森羅万象の事象の少なからずを捨象する事によりようやく浮かび上がるものであり、
その構造という物語に回収されえない、あるいは構造という物語に反する例外的事象は腐るほどある。だってはなから捨象しているんだから。

『森羅万象の事象群が真実であり、構造なんてただただ大学のテクストにのっているだけの、『幻想』に過ぎんっ!!!。』

と言いきってみたりなんかしてw
でも、テクストで勉強したテクストに載っていた構造が真実であり、それに反する例外事象は、幻想だ〜〜っ!!、
とか言いかねない人もいるのかなぁ。
まぁ、たまたま職業上知りえた身近にあった例外事象をカキコした人に、『バカ』認定する人はいるようだが。
あの〜〜、社会科学でいう所の構造は、少なからずの例外事象を捨象して浮かび上がらせたもの、これ、基本認識として持っていないと、
まずいような・・・

 自然科学にしろ社会科学にしろ、森羅万象の事象の内部に隠された構造を解明する事は、知的興奮に満ちた知的営為だ。
そして、先人達の発見したその構造にテクストを通じて触れ、理解する事もまた、知的興奮に満ちた知的営為だ。
でも、現在ひろく支持されている構造の物語は、自然科学においてさえ、絶対ではない。将来のブレイクスルーによって破棄される対象かもしれない。
ましてや社会科学ならばなおさら。


47 :越前は讃岐うどんが好き ◆WTQ4WXzIyQ :2006/01/21(土) 05:45:30 ID:+TD1yToy
さてさて、ただ単に貼り付けだけではこのスレの存在意義が希薄になってしまうので、少しオリジナルレスをカキコ。
本スレ登場のカルヴァンとかいうおっさんの痛い理屈を少し紹介。いわゆる予定説だ。
「我々は予定ということを神の永遠の意思決定と呼ぶ。すなわち、これによって神はその御意志に従って一人一人の
人間に起こるべきことを自ら規定したもうのである(マジかよ!BY越前)。なぜばら、すべての人は同じ条件のもとに
作られたのではなく、あるものは永遠の生命に、あるものは永遠の断罪に予定されているからである(僕はどっちに
予定されて作られたのかなwww!BY越前)。したがって、どちらかの目標に向けられて作られているのであるから、
我々は彼が生命に予定されているか、そうでなければ死に予定されているというのである」
神ってイケズなのね。もちろん、内村鑑三なんかは肯定的に予定説をとらえたりしている。
聖書にも予定を示唆するような記述もある。しかし思弁や理屈によって神の御心を規格化するのは思い上がりも
甚だしいのではないか。
それとも、予定説を聞いて「突然の爆笑」に陥る僕の精神の根源的なものの中にはやはり神道的なものが鼓動しているから
なのだろうか。



48 :越前は讃岐うどんが好き ◆WTQ4WXzIyQ :2006/01/21(土) 08:11:20 ID:+TD1yToy
あと、これは本スレとは全然関係ないが、ゴー板で「神奈川と千葉1000目指すスレもうだめぽ」ってスレがあるけど、
あれは・・・、いったい何(笑)?「国鉄広島スレ」みたいにわけわかんないよ(笑)。
抜粋してみると、
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
名前: 軍曹 ◆8Gu1RigssA [さげ] 投稿日: 2006/01/07(土) 19:26:09 ID:bLFLOeK1
先ほどパソコンを起動したら、煙が出て爆発しました。
幸い大きな怪我はありませんでしたが、右肩を脱臼しました。
やはりパソコンを買い換えたほうが良いでしょうか?
名前: BOB [sage] 投稿日: 2006/01/07(土) 22:41:53 ID:Bv+9QfHU
爆発しちゃったらなあ〜
買い替えなきゃパソコン使えないしねえ。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
と、まぁこんな感じ(爆笑)。
単なる雑談馴れ合いスレかな。しかしなんでゴー板なんだ(笑)!!大体、パソコンが爆発したなんて、
それ、PL法の対象なんじゃないか(笑)??!電気屋に行くより弁護士事務所に行きなさいよ〜〜!なんて
突っ込みたいが、なんか怖いのでここで静かに突っ込んでおく(笑)。


49 :情報提供屋:2006/01/21(土) 09:45:48 ID:ze1PAqST
もう一度、改めて自由と民主主義の大事さを噛みしめるために
特に、我々スレには「民主主義」が嫌いで「共●主義」が好きそうな
困ったクンが混じりこんでいるようなので

ttp://www.americanrhetoric.com/MovieSpeeches/moviespeechthegreatdictator.html

映画界の英雄チャーリーチャップリンの映画「独裁者」より
ヒトラーに扮した、ヒンケルの名演説の音声。重いけれど動画もあります。
時は1940年、ナチスドイツの台頭著しい頃真っ向からヒトラーを批判した
チャップリンの勇気と信念に感動します。魂のこもった名演説です

Now let us fight to fulfil that promise.
Let us fight to free the world, to do away with national barriers, do away with greed,
with hate and intolerance.Let us fight for a world of reason, a world where science and
progress will lead to all men's happiness.Soldiers! In the name of democracy, let us all unite!

戦おう 約束を果す為に!世界に自由をもたらし 国境を取除き 貧欲と憎悪を追放しよう!
良心の為に戦おう 文化の進歩が全人類を幸福に導くように 兵士諸君 民主主義の為に団結しよう!


※後年チャップリンはレッドパージの被害にあってしまいますが、それは濡れ衣に過ぎません。
ただの喜劇映画監督ではない、深い思想と情熱を持っていた偉大な人でした。

50 :情報提供屋:2006/01/21(土) 09:47:16 ID:ze1PAqST
tp://dreamer1.hp.infoseek.co.jp/dream.html

続いては偉大なキング牧師の名演説。20世紀最高の演説と言われています。

When we let freedom ring, when we let it ring from every tenement and every hamlet,
from every state and every city, we will be able to speed up that day when all of God's
children, black men and white men, Jews and Gentiles, Protestants and Catholics,
will be able to join hands and sing in the words of the old spiritual,

"Free at last, free at last. Thank God Almighty, we are free at last."

そして私たちが自由の鐘を鳴らす時、私たちがアメリカの全ての村、すべての教会、
全ての州、全ての街から自由の鐘を鳴らすその時、全ての神の子、白人も黒人も、
ユダヤ人も非ユダヤ人も、新教徒もカソリック教徒も、皆互いに手を取って古くからの
黒人霊歌を歌うことができる日が近づくだろう。

「自由だ、ついに自由だ、全能の神よ、感謝します。ついに我々は自由になったのだ」と。


※民主主義国家に差別はいらない。差別ある限りその国に自由があるなどと
口が裂けても言えない。日本にもまだ差別がある。その解決なくして何が自由、民主主義か!

51 :情報提供屋:2006/01/21(土) 09:49:33 ID:ze1PAqST
ttp://www.americanrhetoric.com/speeches/jfkichbineinberliner.html

最後はケネディ大統領のベルリンの壁が作られてすぐの西ドイツのベルリンでの演説。
自由と民主主義を守る為の真摯な演説にベルリン市民が感激の声を上げています。

Two thousand years ago, two thousand years ago, the proudest boast was
"civis Romanus sum." Today, in the world of freedom, the proudest boast is
"Ich bin ein Berliner."

2000年前、2000年前、最も誇らしい事は「私はローマ市民である」ことだった
今日、自由世界の中で、最も誇らしい事は、「私はベルリン市民である」ことだ


※いつの日か、誰かがこんな演説をして欲しいと痛切に願っています。

「Today,in the world of freedom,the proudest boast is "I am the Beijing citizens."」
今日、自由世界の中で、最も誇らしい事は、「私は北京市民である」ことだ

52 :日本国珍法:2006/01/21(土) 10:57:46 ID:+KC4BGN3
>>1
ここ、資料を貼るスレだと思うけど避難所としても活用していい?
何か、本スレガチンコの議論が盛り上がっていて、俺の居酒屋妄想語ると
周りの冷たい視線が気になってきた。スレの流れと違う、雑談する時に
活用させてもらえないかな。

53 :日本国珍法:2006/01/21(土) 11:02:02 ID:+KC4BGN3
24 :日本国珍法:2005/12/21(水) 23:34:08 ID:FEEZ1iVd
ただいま元帥。今日はお酒をいっぱい飲んでもう眠いよ。じゃ、おやすみ元帥・・・

と思ったら>>17氏がとても興味深いことを言っている。愛国心=patoriotism
ん?愛国心=パトリオティズム=愛郷心??今まで僕が言っていた愛郷心的愛国心の
ことじゃないか。それが英和辞書で調べると愛国心=patoriotism??
と思って、愛国心、ナショナリズムをググって見た。

「愛国心 patoritism」 はてなダイアリー 
ttp://d.hatena.ne.jp/keyword/%B0%A6%B9%F1%BF%B4
個人が生まれ育った国に対する愛着と精神的依存および献身の態度をいう。
その中核は愛郷心にみられるように,風土・習慣・文化的伝統にあこがれと
安らぎ,懐かしさなどを抱くとともに誇りを感ずる自然の情にもとづいている。
社会的な帰属意識や帰属欲求による愛情的充足欲求(マズロー)が一般同胞
意識として民族・国家へと拡大すると考えられる。これらの感情は,国際的
な競技や戦争などを契機として喚起されることが多い。民族中心主義も愛国
心の一形態であるが,血縁的排他的で偏狭な団結心などの集団心理にもとづ
いた国粋主義として思想的政治的支配に利用されることが多い。

「ナショナリズム」 はてなダイアリー 
ttp://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%CA%A5%B7%A5%E7%A5%CA%A5%EA%A5%BA%A5%E0

一つの文化的共同体(国家・民族など)が、自己の統一・発展、他からの
独立をめざす思想または運動。国家・民族の置かれている歴史的位置の多
様性を反映して、国家主義・民族主義・国民主義などされる。
場合により国粋主義とされる場合もある。
なお、英単語nationalismとカタカナ語のナショナリズムが必ずしも1対1で
対応しているわけではない。


54 :越前は讃岐うどんが好き ◆WTQ4WXzIyQ :2006/01/21(土) 11:20:03 ID:dMheO5zW
>>52
周りの冷たい視線ってなんだよ。おいおい、2ちゃんねるだぜ!『視線』なんてあるもんかい。
『冷たい視線』もなけりゃ『甘い吐息』もない。だから安心して思う存分カキコするのだ!!さ、本スレに帰還せよ珍法氏!!


55 :情報提供屋:2006/01/21(土) 11:21:56 ID:ze1PAqST
>>52
全く構いませんよ。保全にもなるでしょうし
ただ、ここでこそこそ陰口を言うのには反対です
言いたい事は本スレで堂々と言って欲しいです
それ以外の雑談や時事放談等は全く問題無いでしょう
大体スレタイから軽く間違えていますしね orz
次スレが必要になった際はテンプレから何からきちんとしますw

それから、基本的には自分のレスをそれぞれ貼ってください
勝手に他人のレスを貼るのは失礼に値すると考えていますので

56 :日本国珍法:2006/01/21(土) 11:27:56 ID:+KC4BGN3
>>54昔は気にしなかったんだけどね。さすがにスレの流れや周りの冷たい視線が
気になってきた。甲野氏とオカルト談義やりたいんだが。本スレでやるのは
どうかと・・・元帥に言われて空気読むようになってきました。
ガチンコの議論もいいけど、個人的には妄想垂れ流しの居酒屋談義が大好きw
元々ゴー板ってそういう気質があったから好きだったんだよね。

>>55
了解です。邪魔にならない程度にやらせてもらいます。

57 :日本国珍法:2006/01/21(土) 11:34:32 ID:+KC4BGN3
32 :日本国珍法:2005/12/22(木) 00:22:40 ID:rc5cSGEH
こんなのもあった。
社会共同体への愛国心=愛郷心 国家共同体への愛国心=忠誠心

フリー百科事典 Wikipedia ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9B%E5%9B%BD%E5%BF%83

「愛国心」概説
一口に「愛国心」といっても、話者によってその意味するところには大きな幅がある。愛国心の
対象である「国」を社会共同体と政治共同体とに切り分けて考えると分かりやすい。

社会共同体としての「国」に対する愛着は「愛郷心」(あいきょうしん)と言い換えることが出来る。
政治共同体としての「国」に対する愛着は「忠誠心」(loyalty)と言い換えることが出来る。

愛国心によって表出する態度・言動の程度は様々で、郷愁(仏:nostalgie)から国粋主義(英:nationalism)
まで幅広い。よってこれらを十把一絡げに「愛国心」と表現することもできるため、その内容は往々にして不明
確である。また、愛国心を訴える事は政府側からのみでなく、反政府側からも行われることである。

政府側の期待する「愛国心」は現政府に対する「忠誠心」と解釈できる。
反政府側の訴える「愛国心」は革命後の新政府に対する「忠誠心」もしく
は国家体制に関わらない「愛郷心」と解釈できる。 また、愛国心は大衆を煽動する道具と
されてきた一面もある。特に戦時において大衆を動員するために利用された。
バーナード・ショーのような文化人や反戦主義者、平和主義者は愛国心こそ
が戦争を起す最大の要因であると説いた。
国家存続の危機たる戦争時には、無政府主義者ですら、国粋主義的愛国心
に自主的に転向する事例もある。


58 :日本国珍法:2006/01/21(土) 11:36:52 ID:+KC4BGN3
↑上の資料は辞書のコピペだけど、しょっちゅう活用するので保存させて
置いてください。

59 :越前は讃岐うどんが好き ◆WTQ4WXzIyQ :2006/01/21(土) 11:43:28 ID:dMheO5zW
>>47
で、>>47の続きだが、結果的にカルヴァンとか言うおっさんの「予定説」はその後、資本主義の勃興をよんだ。
カルヴァン派の典型がピューリタンといってもいいかな?そんな信仰的裏づけによって富の蓄積と投資という
ビジネスに倫理的正当性を見出した。結果カトリックはあらゆる面で衰退していった。
では日本人とビジネスって、いったいそこに原理的なものはあるのかっていう疑問が湧き出てくるが答えを
出すにはまだ僕は稚拙すぎる。




60 :越前は讃岐うどんが好き ◆WTQ4WXzIyQ :2006/01/21(土) 11:58:06 ID:dMheO5zW
>>55
> 勝手に他人のレスを貼るのは失礼に値すると考えていますので
なんだよw。僕に対する批判かな。そんなルールがあるなら最初にそう言っといてよw!!!

そういうことなら、本スレで展開した自分の素晴らしいレスを探してここに貼っておく。
えっと・・・・・・・・・。


無いな。


61 :日本国珍法:2006/01/21(土) 12:02:08 ID:+KC4BGN3
>日本人とビジネスって、いったいそこに原理的なものはあるのかっていう疑問が

「文明としてのイエ社会」って本がある。日本のムラ社会が発展したものが「会社」
であると。会社ってある意味、ムラと似ているんだよね。稲の耕作の共同作業
運命共同体であること。それが愛社精神となって日本の高度経済成長に貢献したとか。

俺も「文明としてのイエ社会」は浅羽のナショナリズムに書いてあったダイジェスト
をサラっと読んだ程度だが。日本型企業・外資系企業の人事考課・会社文化の
違いがよく指摘されるが、その差の主要な原因は農耕民族と狩猟民族の違いなんだろう
なと思う。

62 :日本国珍法:2006/01/21(土) 12:22:10 ID:+KC4BGN3
日本のビジネス文化ってかなり特殊だよ。でもその特殊性が日本を世界第二位
の経済大国に育て上げた。ジャパン アズ ナンバー1なんてのもそう。

今、欧米風の成果主義人事制度が輸入され、各企業採用しているが、日本の昔ながらの
年功序列が見直されつつある。富士通なんて成果主義から日本式人事考課に戻したな。

愛国心も農業方法にしろ、日本に直輸入してそのまま適用してもうまくいかない
ことが多い。やはり日本には日本の文化・風土があって、合う合わないがやはり
あるんだろうね。

63 :名無しかましてよかですか?:2006/01/21(土) 13:21:36 ID:303370QE
というか、これだけ「論客」とやらが集合しているはずなのに、
まとめHPを作ろうとする人が一人も居ないところがワロス

普通なら、これだけスレが続けばそういう物好きな人が出てくるはずなのにね〜
その辺りに参加している「論客」とやらがあのスレにどういう位置付けをしているのかが伺える


64 :越前は讃岐うどんが好き ◆WTQ4WXzIyQ :2006/01/21(土) 13:48:28 ID:dMheO5zW
>>61
>>62
なるほど。「文明としてのイエ社会」か。文化としてでなく、あくまで文明としてのか。
これだけ経済が成長すると日本的文化を文明と言い切ってしまってもいいかもわからない。
まぁでも、文明には「普遍性」が重要だから、その点は考慮しないといけないか。

珍法氏、話はちょっと跳ぶけど、「弁当」の文化に興味ある?この前テレビでおもしろい
特集をやっていた。外国人のお母さんが「日本式の弁当」を作るのに苦労しているという特集だった。
そういえば、外国の映画なんか見ているとクシャクシャの紙袋にクッキーやらサンドイッチやらリンゴ(切らずにそのまま)
を入れただけってやつが多いね。
あの特集はおもしろかった。日本の弁当はただ単に「携帯食」というわけではなく、「色どり」や「季節感」を
演出しなければならない。そこに全世界共通の普遍的意味はない。これは特殊な文化だからだ。
例えば、リンゴ。これは食べやすい大きさに切るのみならず、皮の部分はウサギちゃんの耳のようにしなければ
ならない。外国人のお母さんはウサギちゃんの耳のように細工することは技術的にはたやすいだろう。
しかし、なぜ携帯食のために持ち出すリンゴにウサギちゃんの耳のような細工をしなければいけないのか、
そのことを理解するのに苦労するっていうのが本音なんじゃないかな。
ウィンナーだってそうだ。ただ焼いて弁当箱に詰めるだけではだめで、出来れば先端をタコちゃんの足状態に
細工を施すことがのぞましい。
なぜ、携帯食のために持ち出すウィンナーをタコちゃんの足状態に細工せねばならないのか?
このことを全世界の人々に普遍的文明的に説明することは困難だ。たとえ説明できても定着はしないだろう。
僕たちが当たり前のように考えてる「弁当」のイメージはこれは特殊な文化に他ならないからね。
もともと、弁当の言葉の由来は中国からきたものであるが、その後、日本式弁当文化は日本国内で独自に発展したようだ。
もっとも、家庭の弁当が華やかになったのはせいぜい戦後以降なのではあるが、そのルーツは
「花見、船遊び、ひな祭り、旅迎え」などの物見遊山弁当にあったのだと思う。
幕の内弁当が登場するのは江戸末期で、名古屋(元禄の頃)や大阪では芝居弁当と呼んでいたそうだ。






65 :甲野よしりん:2006/01/21(土) 15:21:13 ID:HRls3x9Q
へエ×10 京極夏彦の熱い薀蓄のようだ。

66 :日本国珍法:2006/01/21(土) 15:37:28 ID:+KC4BGN3
うー寒かった。外は一面雪景色。寒いから今日は家にひきこもり雑務処理しよう。

>>64
弁当の文化論かどうかわからないが、知り合いの主婦にこんな話を聞いたことがある。
弁当は食べてもらう人に対する愛情表現とのこと。タコのウィンナーやウサギのリンゴ
とかね。栄養補給という面で考えればまったく無駄だろうが。そこには作り手の
愛がこめられているとのこと。

ただ、食べる方の男はそんなこと気にせずパクパク食べるだけなのだが。
今日のお弁当どうだった?と聞いても、ああうまかったよ。の一言で私の愛に
気づいてもらえず寂しいとのこと。弁当を作ってもらう人はそういう作り手の
気持ちを汲んであげて、今日の弁当のタコさんかわいかった。めっちゃうまかった
と愛に答えてあげた方が良いかと。

俺も高校時代かあちゃんの弁当に文句ばっかり言っていたが、あれも色々気持ちが
込められていたのだろうな。ごめんよ、母ちゃん・・・

67 :日本国珍法:2006/01/21(土) 15:40:53 ID:+KC4BGN3
奥さん、だんなに冷たくされているんですか。じゃあ私のウィンナーを・・・(以下自粛)

68 :越前は讃岐うどんが好き ◆WTQ4WXzIyQ :2006/01/21(土) 16:13:51 ID:dMheO5zW
>>65
あ!甲野よしりんだ!「薀蓄」なんて漢字で書くのはやめて欲しいwww!!「蓄」だけ読めてそこから
推理してやっと「ウンチク」と読むのだという結論に達した(笑)。
ただいま甲野善紀著『武術の視点』を読書中。甲野善紀氏の和服についての見解はおもしろかった。
なぜ、甲野善紀氏は洋服を好まず、いつも和服を着用しているのか?答えは、「わからない」という目の覚めるような
すばらしい答えであった(笑)。
日本の武術に熱心な外国人についても、なぜ彼らは日本の武術に魅せられているのかということについて、
甲野善紀氏の見解は「わからない」というダイナミックな回答であった。
安易に答えを出して精神的安定を得ようとする現代人に対する皮肉なのかもわからない。


69 :甲野よしりん:2006/01/21(土) 16:18:12 ID:HRls3x9Q
 私も少し京極風に。 
日本にはもともと漢字がなくて、天を「あま」や「あめ」と表現した。
天からふってくるものも「あめ」「雨」、海のように広いところも「あま」「海」
といったんだ。天の原といえば、海を意味せず、ひろい平原のことで、天の橋立は
海の中にあり、それが天に昇る橋と感受された。「橋」については古代人は
つながらない存在をつなげるものを「はし」といったんだ。天地や、あの世とこの世
男女などをつなげるものだね。だから日本映画や歌謡では、男女の出会いの場所として
よく橋がつかわれる。これらの言葉は朝鮮から来た者でも、シナからきたものでも、
オホーツク海をわたってきたものであろうと、時間をかけて共通の感覚となって記憶されていく。
これらの言葉は漢字のない時代からあったし、日本語 国語の標準になった夏目漱石の
文章にも使われている。別に日本人の国語は近代のオリジナルというわけではないし、
シンガポールのように人工的に共用された言語や記号でもない。
 こういう古代のどこを探しても日本以外ではみあたらなかった言葉はやはり
あって、海やまの間に広く浸透していたんだ。このような単語の配列から
日本でしか通用しないような文法や「ニュアンス」ができあがっていく。
一歩島を出るともう通用しがたくなっていくようなルールが、時間をかけて
仕上がっていったんだ。こう言うルールがすでにあったから、漢字も直接
公用語となることなく、ひらがなという日本独自の発明のヒントで収まった。
「倭」という国号も飛鳥浄御原令によって「日本」に差し替えられた。
まあこう言う文脈を率直に読むと、日本という国が想像体やフィクションだったとはとても
思えなくなってくるね。一部日本なりの記号はやはりあり続けたといえるんじゃないだろうか。


70 :甲野よしりん:2006/01/21(土) 16:20:38 ID:HRls3x9Q
>>68
いやあ、自分もそこ読んで和服にしようかと数秒迷ったよ(笑)
一応動き方と関連してるらしいんだけどね。

71 :越前は讃岐うどんが好き ◆WTQ4WXzIyQ :2006/01/21(土) 16:28:44 ID:dMheO5zW
>>66
母ちゃんに懺悔したいと言うのか!
そういうことが言えるとは・・・。
珍法氏・・・。
なかなかやるな・・・。
(あ、いや、この口調は今はなき××××スレ用であったorz)
でも、このまま所得格差が開いていくと、お昼のお弁当の内容も
勝組みの子、負け組みの子、と二極化が進むのかな?

>>67こういう男根至上主義的なエロは僕はあまり好みません。



72 :越前は讃岐うどんが好き ◆WTQ4WXzIyQ :2006/01/21(土) 17:01:44 ID:dMheO5zW
>>69
なるほど。勉強になりました。感謝です。


73 :日本国珍法:2006/01/21(土) 18:33:47 ID:+KC4BGN3
>>71
それは失礼。一応ゴー板1のフェミニストを自称しているのだが。
たまに男根至上主義者と間違えられること多いんですけど。何でだろう?

>>69
「岬・みさき」の意味も、「御先」神の先という意味から変化したそうですね。
昔の漁師にとって方向を失い、陸地を見失ったとき、一番最初に見える
「岬」は神の手に見えたのでしょう。

74 :日本国珍法:2006/01/21(土) 18:37:48 ID:+KC4BGN3
参考までに貼っておきます。

岬の語源
 
海や湖のうちにむけて突き出した陸地の先端部をいう。陸地が浸触を受けたと
き,固い岩の部分だけが残った場合が多いが,砂嘴が突出してできる場合もあ
る。半島に比べて小さいが,半島の先端を岬と呼ぶこともある。海上の運航技
術が低かった時代には,岬の意味は今日では考えられないほど大きかった。
古くは,主の御前にあって先駆けをする神を御先・御前(みさき)といい,
民間では怨霊として恐れられたが,その御先と関係があるのかも知れない。
船にとって岬は目印となり,その航行の安全のためにはきわめて大切であった
。岬は聖地とされ,そこには神社がつくられている。舟人は,帆をさげて礼を
し,また獲った魚をお初(はつ)として捧じる習俗も一般化していた。海上交
通と深い関係をもつ熊野信仰においては神の使いとされる烏(からす)をみさき
と呼んでいる。岬はまた海流の強い難所である場合も多く,恐れられている場合
もあり,陸の峠と対応している。

75 :越前は讃岐うどんが好き ◆WTQ4WXzIyQ :2006/01/21(土) 21:32:22 ID:7e30DpFg
>>73
> たまに男根至上主義者と間違えられること多いんですけど。何でだろう?

何でだろうって、あの〜・・・・・。あなたのコテハンは・・・・・・・・(笑)。

76 :日本国珍法:2006/01/21(土) 23:23:22 ID:+KC4BGN3
予定調和のつっこみ、ありがとうございました。

77 :千念 ◆rpi5g182N. :2006/01/22(日) 14:57:08 ID:xBMQAo3G
>>76

日本国珍法氏

 予定調和の話ではありませんが、越前殿にも関係する話なので、本スレの方の「伝えたいこと」を。

 上の方で、ホームページ云々の話が出ていましたが、メルアド交換やリアルの居酒屋談義(オフミ)を
する交流はありますぞ。多分、議論した感触でお察しと思いますが、リアルの元帥殿も、小生のような
ジジイのみに対してだけではなく、誰にも気配りのできる好漢です。

 カラオケで午前2時まで一緒に騒ぐと、スレでの議論の時の舌鋒が必然的に鈍るということはありますが、
小生は、得難い友人達が増えたと歓んでおります。 メルアド交換の要領は、下記の通り:

 1) kotehan@hotmail.co.jp 宛て、本スレ、もしくは、別館にカキコ予定の、できれば貴殿ならではの
任意のメッセージを、トリップ付きのコテハンとともに、お寄せ下さい。

 2) 半日程おいて(メールの遅配の可能性を見込み)、同一内容のメッセージを、この別館もしくは本スレに、
上記トリップ付きコテハンで、カキコして下さい。 これで本人同定完了。

 トリップは、とっくにご承知かと思いますが、http://www2.2ch.net/2ch.html に説明がありますように、

 「◆はトリップ(一人でキャップ)で、名前欄に「#好きな文字列」をいれるだけです。
 簡単に本人の証明ができるので、騙りがいる人などは使ってみてくださいです。」

 よろしかったら、ご参加下さい。(ミニー・ノット氏もよろしければ)

千念


 



78 :日本国珍法 ◆5cb4qW5qaA :2006/01/22(日) 16:31:05 ID:9/he8N92
テス。

79 :日本国珍法 ◆5cb4qW5qaA :2006/01/22(日) 16:35:54 ID:9/he8N92
日本国珍法:2006/01/22(日) 10:59:29 ID:9/he8N92

お誘い、ありがとうございます。私はそういうの大好きなので呼んでいただければ
参加しますよ。まあ、他の方が私を呼んでよろしいと言えばの話ですが。

一応、トリつけました。パソコンのメール今故障して、送れませんので後日、
メールします。とりあえず、今日はトリのみつけて置きますね。



80 :千念 ◆rpi5g182N. :2006/01/22(日) 16:46:33 ID:xBMQAo3G
>>79

 日本国珍法氏

 早速の対応、ありがとうございます。
 他のメンバーにも周知しているところですが、皆さん、歓迎されると思います。
 次回のオフミの楽しみが増えました。

 とりあえず、返レスのみにて。


81 :日本国珍法 ◆5cb4qW5qaA :2006/01/22(日) 18:15:04 ID:9/he8N92
まあ、その辺の話は後日連絡してください。

それはともかく、今日は雪で路面が凍結していて自転車で思いっきりこけて
しまった。持病の腰痛が・・・いてて。今日は早く寝よ。

82 :越前はお仕事 ◆WTQ4WXzIyQ :2006/01/22(日) 21:03:44 ID:uHEqt6Mj
>>77ぬわ!!!こんなことになってるんだ・・・・。マジかよ!!!!
大兄・・・。また酒豪が一人参戦か・・・・(涙)。
越前←(天然禁酒法)


83 :越前の片道切符 ◆WTQ4WXzIyQ :2006/01/23(月) 05:16:36 ID:JL0f8Iyn
閑散としているのでここで友人のゼッペリン教授に人物評でもしてもらいましょうか・・・。


84 :越前の片道切符 ◆WTQ4WXzIyQ :2006/01/23(月) 05:18:07 ID:JL0f8Iyn
★「ゼッペリン教授の分析」 ベン・G・ゼッペリン著

コテハン分類体系論

射精型・・・議論当初から中盤にかけては表面的には理論的に反論者に対応することが出来る。
      がしかし、その内面には絶えず怒り、鬱積を内包しそれが飽和状態になると突然爆発し、まるで人格
      が豹変したかの如く相手を口汚く罵る。しかし、この型の特徴は爆発したあとは
      すぐに平常心を取り戻し、再び理論的対話が可能となる。
      また、一部はその際にコテハンを変更するなどの理性回復手法(表層的リセット方)をとる者もある。

      林間氏、むっちょ氏などはこの型に分類される。
         
超越型・・・まずこの型は未だにこの型の分類方法について学会での統一見解が発表されるに到っていないことを確認しておきたい。
      そこで仮説としてではあるが、この型の特徴として鳥瞰的視点から発言することが多い。
      鳥瞰ということではこの型は徹底しており、それゆえにこの型の発言には「マップ」という
      言葉がよく登場する。
       
      今こそ歴史にIFを!氏はこの型の典型であるが、ミニー・ノット氏をこの型に分類してもいいのでは
      ないかという意見も学会には少なからずあり、いずれにしてもこの型についての今後の研究成果を期待したい。
      謎の多い型であることは確かである。





85 :越前の片道切符 ◆WTQ4WXzIyQ :2006/01/23(月) 05:19:22 ID:JL0f8Iyn
流木型・・・いわゆる超越型の変形態。以前は超越型に分類されていたが、最近ではこの
      カテゴリーに分類されることが一般的となっている。
      この型の特徴としては、武術でいう「いなし」という技を得意とするところにある。
      それはちょうど大海に浮かぶ流木に似ていて、たとえ大波に時化ようと、静かな
      凪ぎに包まれようと、ただただ浮かぶだけでけして沈むことはない。
      つまり、この型は強力な反論(時化)であろうと雑談(凪ぎ)であろうと、波に浮かぶ
      流木のように沈むことはなく波のうねりにうまくのっていることが出来る。
      ある意味この型は最強である。

      日本国珍法氏、甲野よしりん氏、1氏はこの型に分類される。

突撃型・・・いわゆる猪突猛進という手法をとる。以外とこの型は持久戦に強く、相手が降参するまで食い下がる。
      また打たれ強いというのもこの型の特徴である。弱点としては印象操作、論点のすり替えなどの小技を
      不得意とするところである。漫画家の小林よしのり氏はあるいはこの型に分類されるのかもわからない。
      突撃型は時にカリスマ的人格を生むのが最大の特徴である。
       
      黒鳩金元帥はこの型である。


86 :越前はお仕事 ◆WTQ4WXzIyQ :2006/01/23(月) 05:21:54 ID:JL0f8Iyn
現実型・・・この型は別名「リアル型」あるいは「本気汁ちゃんねらー」などと呼ばれる。
      つまり、この型は2ちゃんねる上のキャラと現実生活的人格に大きな乖離がみられないのである。
      つまりこの型はあまりに日常的なのである。それ故にかえって掲示板上では特異な
      存在になりやすい。しかしながら、いわゆるネット掲示板の狂気性、無責任性に一定の歯止めをかけているのは
      この型なのであって、今後この型の活躍に期待される。

      千念氏、過去レス読まず途中参加氏、民兵@中村氏、鳥坂氏はこの型の代表である。


寄生型・・・この型はスレッド上に常駐し、それなりに発言はするものの実際何を主張したいのかが、
      いまいち曖昧であるのが大きな特徴である。
      つまりこの型の第一の目的は掲示板上で遊ぶことなのである。しかしながらこの型は好奇心が以外と強く、
      気になったレスについて個人的に調べて考察したりすることがある。
      つまり、この型は遊びを通じて知識を得たいという基本原理があるように見受けられる。
      また、打たれ弱いというのもこの型に見られる特徴である。

      この型の代表は越前氏である。
      

看守型・・・この型ついてはまだ研究が始まったばかりで一定の結論が出るまではもう少し時間がかかりそうである。がこの型について、
      某商業高校二年生Y.S君はユニークな学説を発表している。いわゆる「構造的井上公造症候群説」である。

      ティキ氏、煙管氏が一応この型に分類される。





87 :越前はお仕事 ◆WTQ4WXzIyQ :2006/01/23(月) 05:39:29 ID:JL0f8Iyn
越前:「なるほど。僕は寄生虫みたいなもんですか・・・」
ゼッペリン教授:「そうですね」
越前:「はぁ・・・」
ゼッペリン教授:「まぁ、この分類方法が性格かどうかの判断は読者に委ねたいとおもうがね。
           今後、新たな学説が発表され次第またここに公開いたしましょう」
越前:「それよりも僕達二人、近々このスレから追い出されそうな気がしません???」
ゼッペリン教授:「・・・・・・・・・・・・・・」


88 :排斥されそうな越前:2006/01/23(月) 05:57:02 ID:1HebBtk8
連投規制くらってこれは携帯。
追い出される前に誤変換の訂正。
×以外→〇意外
×性格→〇正確
ほかにもあったらorz…

89 :名無しかましてよかですか?:2006/01/23(月) 10:31:17 ID:uS5llqBN
>この型の特徴は爆発したあとは
>すぐに平常心を取り戻し、再び理論的対話が可能となる。
>林間氏、むっちょ氏などはこの型に分類される。
軍板などを見ると林間はずーーっと爆発しっぱなしなんですが?
平常心を取り戻しているように見えるのは他のスレで爆発して
我々スレ以外ではあまりそれを行わないからだと思われ。
(それでもたまに爆発するけどね)

90 :日本国珍法 ◆5cb4qW5qaA :2006/01/23(月) 20:14:52 ID:c5byKDLt
とりあえず、一番謎なのは越前氏だな。自ら狂言回し・道化師を演じているの
でしょうが。中々正体を見せない。いつまでも皮をかぶってないで早く、出てきて
くださいよ。

91 :過去レス読まず途中参加:2006/01/23(月) 21:14:34 ID:qawaKJTJ
>>90 珍宝殿

>一番謎なのは越前氏だな

一番謎なのは わたしのライブドア株が売れないことだな(爆涙)

ほりえ 逮捕かよ・・・。

>いつまでも皮をかぶってないで早く、出てきてくださいよ。

いつになったら売れるんだよ  買ってよ!!



92 :日本国珍法 ◆5cb4qW5qaA :2006/01/23(月) 21:21:44 ID:c5byKDLt
途中氏・・・

上場廃止はほぼ確定かと・・。ただ、ホリエモンがライブドア株を外資
なりソフトバンクなりに売却すればまだ生き残る可能性はあるかと。

一応、無借金経営ですし、上場企業の株を保有しています。PBRで考えると
100円くらいで一度値がつきますかね。資産価値から考えて1円とかには
ならないと思いますがね。

その後の展開は、ホリエモンがライブドアを売却するかどうか。政府・東証も
ライブドアを完全につぶしてしまうと、市場・経済に与える影響が大きいので
おそらくなんらかの救済措置を取る可能性もあります。

しかし、途中氏どれくらい買ったんですか。無理の無い額ならいいんですが。
ちょっと心配です。

93 :日本国珍法 ◆5cb4qW5qaA :2006/01/23(月) 21:24:36 ID:c5byKDLt
実はライブドア、株買おうと狙っております。
上場廃止は避けられないかもしれませんが、思惑で一時的に反発するのでは
と予想しております。

途中氏のために私も資産を投げ打ってライブドア買いにいきましょう。
100円になった時に10万円くらいですが・・・

94 :日本国珍法 ◆5cb4qW5qaA :2006/01/23(月) 21:29:07 ID:c5byKDLt
高い授業料払ったと思ってあきらめましょう。久しぶりに買いに入った
というのなら、資金的に余裕があれば他の株に投資してみてはどうでしょう。

LDショックで他の優良株も値下りしており、有る意味買い時であるかと。
麦わら帽子は冬に買えと申しますし。個人的にはここ1〜2ヶ月は買い場で
あると思っています。ただ、私の場合、あんまり余裕資金ないので買いに
いけませんが。

ではお風呂入って寝ます。途中氏・・ご自愛あれ。

95 :越前・四面楚歌 ◆WTQ4WXzIyQ :2006/01/23(月) 23:20:12 ID:9f/y4TOJ
>>91
あ!途中殿だ!!


96 :越前・四面楚歌 ◆WTQ4WXzIyQ :2006/01/24(火) 00:48:23 ID:6YzLQ2w1
>>90
越前:「ゼッペリン教授。珍法氏がまた予定調和の突っ込みを期待しているんですけど・・・・」
ゼッペリン教授:「越前君!チンコっちの期待を裏切ってはいけないのだ!さ!突っ込みを入れなさい!!」
越前:「チンコっちって・・・・」
ゼッペリン教授:「そうなのです!コチンコチンのチンコっちです。あなたにはこの意味が分からないというのですか!?」
越前:「分かってたまりますか!!」
ゼッペリン教授:「では、そのことについては後ほど講義いたしましょう。今は前回に引き続き、予定調和の突っ込みをしてさしあげなさい」
越前:「はぁ・・・。わかりました・・。では、やってみますね」

>>90『珍法氏!僕は確かに皮を被っているけど、でも仮性であって深刻な真性包茎ではないですよwww』


越前:「突っ込みましたよ」
ゼッペリン教授:「よろしい」


97 :ミニー・ノット ◆XdP5.U2ftI :2006/01/24(火) 02:24:20 ID:kbWoLYws
>>77
オフですか。むぅ・・。
せっかくのお誘いでありますし、興味があるのも事実ですが、
こういった議論系の板でオフ会してしまうと、
どうしても、「議論の舌鋒が鈍る」のは避けられないと思いますし、
その他少々思うところありますので、参加のほうはひとまず保留にさせていただきたい。
せっかく誘っていただいたのに申し訳ありませんm(__)m
気が変わったときの為にトリだけ付けておきます。

98 :日本国珍法 ◆5cb4qW5qaA :2006/01/24(火) 05:54:51 ID:CQXLLZgZ
>>96
釣られましたね(笑)皮をかぶっているというのは、羊の皮をかぶっている
という意味ですよ。早く羊の皮を脱いで狼の越前氏を見せてくださいよ。

99 :過去レス読まず途中参加:2006/01/24(火) 07:11:22 ID:VmnPvtRc
>>92 珍宝殿

お心遣いありがとうございます。

不幸中の幸いにして軍資金乏しかったので20万ほど(現在数万円)です。

痛いと言えば痛いのですが まあ、これも株と割り切ってます。

しかし 上場廃止かな? それは辛いな。

廃止でなければ10年保有もありえるけど 廃止なら
売り切らねば・・・・。

100 :越前 ◆WTQ4WXzIyQ :2006/01/24(火) 11:08:34 ID:I6AZS0xS
>>お、もう100まで行ったか!

101 :越前 ◆WTQ4WXzIyQ :2006/01/24(火) 11:14:37 ID:I6AZS0xS
(間違えた。ではもう一度あらためて…)
>>98いえいえ、僕は子羊そのものですよ。
お!もう100まで行ったか!

102 :日本国珍法 ◆5cb4qW5qaA :2006/01/24(火) 22:54:06 ID:CQXLLZgZ
>>99
途中参加氏、20万円ならまだ何とかなりますね。株板見ると、ライブドアで
人生終わった人のスレなんてあります。まあ、株の損は何千・何億損している
人もいるので、株の怖さを教わったと授業料と思うのが良いのではないでしょうか。

私も去年競馬で40万損していますし。まあ、投資・ギャンブルに損はつきものかと。

あとライブドアですが、村上ファンドか楽天・ソフトバンクあたりが買収に
乗り出すのではないかとも思います。明日か、明後日には値がつき、一時的に
反発するのではないかと。ただ、上場廃止はほぼ確定でありますので、その辺
の判断が難しいですね。ライブドア、個人的に買いに行って見ようかと思うので
しばらく情報収集してみます。

103 :日本国珍法 ◆5cb4qW5qaA :2006/01/24(火) 23:03:45 ID:CQXLLZgZ
野も山も一面みんな売りならば、あほうになって株を買うべし・・・
麦わら帽子は冬に買え。
人の行く裏に道あり花の道。

ライブドア買い出動するか。値がついたら、5万円くらい買ってみるか。

104 :越前・四面楚歌 ◆WTQ4WXzIyQ :2006/01/25(水) 00:10:29 ID:WB/nshb/
越前:「ゼッペリン教授。途中殿も珍法氏も経済に詳しそうですね。でもホリエモン逮捕されちゃいましたね」
ゼッペリン教授:「ちょっと強引すぎたのだな。まぁ、そのうちツキも戻ってくるだろう・・・」
越前:「ツキが戻ってきたらホリエモンは復活するのでしょうかねぇ・・・」
ゼッペリン教授:「うむ。・・・・・・。いや!!いかん!それはイカン!!」
越前:「うわぁ!びっくりした!!!教授落ち着いて!!どうかしましたか!!」
ゼッペリン教授:「掘りエ門にツキ、つまり月が付いたら掘り肛門になってしまう!!!これはツキが戻ったらオカマになってしまうことを
           暗示してるのではないかっ?!!!」
越前:「全然暗示してませ〜ん(涙)。あんじんしてくださ〜い(涙)」


105 :越前・四面楚歌 ◆WTQ4WXzIyQ :2006/01/25(水) 00:17:38 ID:WB/nshb/
越前:「いいかげんにしないと、ほんとにこのスレからおいだされちゃいますよ・・」
ゼッペリン教授:「越前君・・・」
越前:「なんですか・・・」
ゼッペリン教授:「我々はどこに行くのか・・・」
越前:「知りませんよ!」

106 :名無しかましてよかですか?:2006/01/25(水) 02:12:00 ID:r3kEjBom
>>104
ワロタ

107 :日本国珍法 ◆5cb4qW5qaA :2006/01/25(水) 07:53:38 ID:EXP8iwWa
>いえいえ、僕は子羊そのものですよ。

>ゼッペリン教授:「我々はどこに行くのか・・・」

うーん、しょうもない下ネタの間に、深い言葉が・・・
私も迷える子羊ですな。ストレイ・シープ。先の見えない現世において
プルプル震える子羊みたいなもんです。

とりあえず、ホリエモンはどこに行くのだろう・・・

時価総額・金が存在価値であったホリエモン。三畳一間の拘置所に入れられ
何を思うか。アイデンティティ・クライシスを起こさねばよいが。
個人的にはホリエモンの今後どのような方向に行くのか気になる。

金をいくら集めても、所詮砂上の楼閣。六本木ヒルズは現代日本のバベルの塔か。
どんなに金を集めても、科学がどんなに発達しても人間には未来のことはわからない。
我々がどこへ行くのか・・・神のみぞ知る。

だから、人は宗教にすがり、オカルトを克服できない。無神論者だが、何か宗教
入ろうかな。いや、いかんいかん・・・



108 :過去レス読まず途中参加:2006/01/25(水) 09:20:37 ID:4XvdxKdu
珍宝殿

>株板見ると、ライブドアで人生終わった人のスレなんてあります

それは悲惨すぎますね。本業あっての株 趣味程度の株でないと・・・。
ジェイコムの誤発注で20億儲けたなどと報道が煽るので
俺もと思う あるいは 勘違いする人も出てくるでしょうね。

ほりえんもん 個人的な好悪を別にして ちょっと気の毒に思いますね。
ここまで叩かなくてもよいのに・・・。やはりマスコミを買収しようなどと
企てたのも ここまでのバッシングにつながっているのでしょうか。

結果的には上場廃止になるとしても テレビで コメンテイターと称する人や
学者が上場廃止は間違いないなどと言ったり 東証も廃止を検討などと言った次の日に
東証が否定しましたよね(その次の日には廃止規定に従うとコメントしましたが) これも
テレビのフライングですよ。

109 :過去レス読まず途中参加:2006/01/25(水) 09:25:46 ID:4XvdxKdu
仕事の電話が入りちょっと中断でした

ライブドア株は持ち続けます 成り行きで注文しても配分で1株しか成立せず
もういいっか てな感じですよ。

珍宝どの言われるように買収がおこるかもしれないし再上場もあり得ますので。




110 :日本国珍法:2006/01/25(水) 12:15:18 ID:QUP5DcDm
携帯から。途中氏、フジがライブドア買収するんじゃないかと思えてきた。

111 :千念 ◆rpi5g182N. :2006/01/27(金) 07:33:44 ID:Zz9TalGq
●社会契約説 しゃかいけいやくせつ(http://www.tabiken.com/history/doc/I/I068C100.HTM

政治社会または国家の起源を,その社会を構成する諸個人の相互契約に求める学説。
これ自身は近代ヨーロッパの思想なのであるが,臣民と主権者,あるいは神とのあいだの
服従契約をも含むと考えれば,遠くギリシア時代にさかのぼって原型を求めることもできる。

とくに中世ヨーロッパの封建制にあっては,領主と家臣の関係が保護と忠誠の相互給付を
基礎とした契約関係になぞらえて理解されていたため,それを君主と人民の関係に拡張して,
一種の支配・服従契約とする考えが生まれた。だが,こうした主張がなお多かれ少なかれ
身分制的思考の影響を残しているのに対し,社会の形成に先立つ自由・平等の個人とその
自然権から出発して,個人相互の社会契約にもとづく国家の成立を説いたのが,17,18世紀の
西ヨーロッパにおけるホッブス・ロック・ルソーらであり,彼らの思想こそ字義本来の意味での
社会契約説にほかならなかった。

そこでは,政治権力の完全な不在である仮定的状態,すなわち自然状態の特性と市民社会
または国家の機能を比較することによって,なぜ政治権力が必要であるか,どのような条件の
もとでそれが有用であるのかを示そうとした。自発的強制はすべての理性的人間によって受容
されるとし,人民と主権者あるいは人民相互のあいだに結ばれる「社会契約」に政治権力の源泉,
すなわち国家形成の原理があると説いた。




112 :千念 ◆rpi5g182N. :2006/01/27(金) 07:41:07 ID:Zz9TalGq
>>111続き

しかし,自然状態をいかにとらえるかで社会契約の質的形態は異なる。ホッブス(『リヴァイアサン』
1651年)は,自然状態を〈万人の万人にたいする闘争〉状態ととらえ,この善悪の区別がない
戦争状態は人民が自らの自由を一人の主権者の手に委ねることによってのみ終了しうるとした。
すなわち,市民生活の安全が保障される条件において主権の力は絶対的であるわけで,事実上
絶対王制を正当化する役割を果たした。

これに対してロック(『市民政府二論』1690年)は,自然状態でも自然法のもとに個人の自由は存在する
とみた。しかし,同時に不安定が宿るので,個人の自由を保つために人民相互間の社会契約が結ばれ,
国家が形成されなければならないとした。その場合,人民は国家に服従の義務を負うことになるが,
為政者の契約違反に対しては抵抗権を留保するものとしたのである。

ルソー(『社会契約論』1762年)は自然状態と社会状態を区別し,前者において人民は闘争を常態化する
ものではなく,自由・平等を個人による平和な状態が保たれていたとする。だが,その後不平等が発生して
個人の自由が脅かせるにおよんで,人民は社会契約を結び社会状態に移行し,人民自身が安全な主権者
として自由と平等を回復するとした。





113 :千念 ◆rpi5g182N. :2006/01/27(金) 07:43:08 ID:Zz9TalGq
>>112続き

以上のように,同じ社会契約説の立場にありながら,ホッブスは絶対王制を擁護し,ロックは名誉革命を
正当化したうえでイギリス的な議会政治を擁護し,ルソーはこれらを批判して,社会契約が行われたのちも
人民は依然として主権者であるとした。この人民主権国家における最高の決定者は「一般意志」である。
それは私的利害に走りがちな,単なる「個別意志」の総和以上のもの,すなわち共同の普遍的利益を追求する
意志を意味し,譲渡も分割も不可能な絶対的な存在である。そして,政府・権利などはすべてこの一般意志に
根拠を置くと同時に,それによってのみ制限されるとしたのである。いいかえれば,自然権はこの諸個人を真に
自由にする共同体に,社会契約を通して吸収されるということであった。

こうした契約が歴史的事実とは無関係な抽象的概念にすぎないという指摘はビュームによって行われ,さらに
18世紀末以降の近代歴史主義の誕生に伴い,社会契約説はしだいに衰退していった。だがしかし,人民の同意に
もとづく政府という考え方が,近代民主制度の発展に果たした意義を見落としてはならないであろう。


114 :千念 ◆rpi5g182N. :2006/01/27(金) 07:49:20 ID:Zz9TalGq
>>113 注

 ”ビューム”は、”ヒューム”(デイヴィッド・ヒューム)のタイプミスと思われる。


115 :千念 ◆rpi5g182N. :2006/01/29(日) 18:20:00 ID:phKS8WNO
保守をかねて、

ゲマインシャフトとゲゼルシャフト (http://fmp.gyb.co.jp/encyclopedia/search.htmの検索結果)
改行段落修正by千念。

●ゲマインシャフト

 “有機体”をモデルに,ドイツの社会学者F.テンニースによって厳密に規定された社会類型。
ゲゼルシャフトの対極。共同社会・共同態と訳される。

 共同性が根本をなし個体性を包み込んでいるような社会関係のこと。共同性は人々の“心”に
内在し,人々は全人格的に結合している。パーソナルで親密な人間関係を前提にして,制度的
諸関係はあとから派生する。人々はあらゆる分離にかかわらず本質的には結合しつづけている。

 ゲマインシャフトが内包する自然的・実在的共同性は,三つの源泉をもつ。
[1]感情や気分の共有,[2]習慣や伝統の共有,[3]良心や信仰の共有,

またそのおのおのに対応する典型的集団は,
[1]家族と民族,[2]村落と地域自治体,[3](中世的)都市と教会,である。

 ゲマインシャフトは,歴史の進展に伴い,ゲゼルシャフトにとって代わられ衰退する傾向をもつ
が,あらゆる社会の基底にはつねに存在しているものなので,人間集団がある限り消滅はしない。




116 :千念 ◆rpi5g182N. :2006/01/29(日) 18:20:54 ID:phKS8WNO

●ゲゼルシャフト

 “機械”をモデルに,ドイツの社会学者F.テンニースによって厳密に規定された社会類型。ゲマ
インシャフトの対極。利益社会・集列態と訳される。個体性が根本をなし,第2次的な合成により
共同性が付加されているような社会関係をいう。

 共同性は,まず人々の“頭”のなかに表象され,次に個々人の活動を規制する制度的枠組として,
作為によって現実化される。共同性は人々に外在し,打算的でインパーソナルな関係がとり結ばれる。
人々はたがいに手段として利用し合う。あらゆる結合にかかわらず人々は本質的に分離している。

 ゲゼルシャフトをつくり上ける作為的・観念的共同性は,次のような三つの源泉をもつ。
[1]利益の相補性,[2]制御と規則の必要性,[3]概念や知識の客観性,であり,

 またそのおのおのに対応する典型的集団は,
[1]大都市,[2]国民国家,[3]コスモポリタン的知識人共和国,である。

 社会のゆきすぎたゲゼルシャフト化は,社会のゲマインシャフト化という反動を引き起こす。



93 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)