2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

天皇陛下って必要なの?

1 :右や左の名無し様:2005/09/03(土) 01:46:32 ID:LVTRJX1O
天皇陛下って必要なの?

2 :右や左の名無し様:2005/09/03(土) 01:54:19 ID:nGnPORGD
どんだけ重複すれば気が済むのか。

3 :右や左の名無し様:2005/09/03(土) 01:55:29 ID:???
永遠の課題だな。

4 :右や左の名無し様:2005/09/03(土) 11:50:41 ID:???
たったひとりの公人左翼として

バカウヨと身を挺して闘争しておられる

尊敬申し上げております

5 :右や左の名無し様:2005/09/03(土) 14:44:29 ID:/UuLQt/X
>3
>4
永遠の片おm(ry

6 :名無しさん:2005/09/03(土) 17:31:00 ID:t9ZuPxAD
萬世一系の天皇陛下は、我が神洲たる大八洲の現人神であり本来ならばその御仁政によって我が民族を束ねられるお立場の方である。

7 :名無しさん:2005/09/03(土) 17:32:12 ID:t9ZuPxAD
萬世一系の天皇陛下は、我が神洲たる大八洲の現人神であり本来ならばその御仁政によって我が民族を束ねられるお立場の方である。

8 :右や左の名無し様:2005/09/07(水) 00:42:35 ID:ZZhakaBl
天皇制なんて即刻廃止すべき。
必要無いじゃん。税金の無駄だし、公務なんて政治家がやりゃ良いんだし。

ちなみに俺はネットウヨといつも言われてるが、
天皇制に関してはサヨって事になるのかな?

9 :天皇:2005/09/07(水) 01:10:20 ID:2wy3X4/0
>>8 貴様は日本人ではない!!即刻北朝鮮にでも行け!!
神聖な神国日本の元首であるべき天皇陛下に対して無礼である。
前の戦争に勝っていたら気様のような非国民は居なかったろう。
前の戦争に負けた事で日本の国体、特に天皇制を否定することは万死にあたいする。

10 :右や左の名無し様:2005/09/07(水) 01:12:47 ID:???
たったひとりの公人左翼として

バカウヨと身を挺して闘争しておられる

尊敬申し上げております


11 :右や左の名無し様:2005/09/07(水) 01:23:41 ID:ZZhakaBl
>>9
今日、初めてこの板来たんだけど、
この板ではこういう明らさまな釣りが流行ってるの?w

12 :右や左の名無し様:2005/09/07(水) 01:43:45 ID:???
コピペに反応するのはウヨサヨ以前にう゛ぁか

13 :右や左の名無し様:2005/09/07(水) 01:46:09 ID:ZZhakaBl
この板の新参者だから>>9がコピペかどうか知らんのに
いきなりヴァカとは酷いな。

14 :右や左の名無し様:2005/09/07(水) 01:51:00 ID:???
のの

う゛ぁか

のっとヴァカ

15 :右や左の名無し様:2005/09/07(水) 02:12:08 ID:ZZhakaBl
う゛ぁかにう゛ぁかと言われたw

16 :右や左の名無し様:2005/09/07(水) 02:16:02 ID:???
光栄じゃないかチミ

17 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 02:04:27 ID:oqgWZjbw
くそスレだなこりゃ

18 :右や左の名無し様:2005/09/14(水) 19:29:14 ID:???
天皇制イラネー!!
五体満足なんだから自活できる。
国民の税金で養う必要はないよ。本家の天皇家は大化の改新の時に
殺されてるから。
それ以降もいろいろ切れてるだろ。
とにかく明治時代から国民の教育程度だって格段に上がってるし
民度だってあがってる。
今回のような政策を争うような選挙を積み重ねていけば
政治的に成熟してくるはずだ。
あと20年以内に
天皇制を廃止して大統領制に出来ると思う。

19 :右や左の名無し様:2005/09/15(木) 18:49:39 ID:kUYAtIXj
うん、

じゃあ天皇制廃止したらその次は天皇制とは切っても切れない
「日本」という由緒正しき国名もあらためないといけないね。
もちろん国旗のデザインも変えないと。
あ、それと日本各地にある天皇が名付けた、あるいは由縁
のある地名も全部改名!世界に通用するイケてる地名を考えよう!
そしてバカな発展途上国の人間共を見下すんだ!
あぁ…楽しみだぁ!な、>>18!!

さぁ、うるわしき未来(あす)の民主国家に、万歳!!



…て、こんなもんでいい?

20 :天皇:2005/09/15(木) 19:42:12 ID:bztNG39k
お前達は馬鹿??日本国=天皇制と言っても過言ではない。前の戦争で何ゆえ天皇制
を無条件降伏でも維持させたか。それは日本人の絶対的な精神論である「天皇制」がなければ
日本は今のイラクと同様になってしまうからだ。かつ天皇制はヒットラー、ムッソリーニなどの
国民ではなく、由緒正しき家柄であり私利私欲がない方である。日本人の心の支えである。
お前らが日本人を止めたいならさっさと止めて北朝鮮に亡命してくれ。
恐れ多くも天皇制下は「空気」の様なもの。有って当たり前、無ければ死亡。
天皇制など必要ないというのは直接自分の生活には関係ないだけです。
しかし日本人の精神論を良く考えて誇りを持って生きて行くことが大切。

21 :右や左の名無し様:2005/09/15(木) 19:50:41 ID:MfGHwqlt
>>1
少なくとも王族スキャンダルで揺れる某国よりは誇りに思っていていいよ。


22 :右や左の名無し様:2005/09/15(木) 20:20:31 ID:/tuBnLVl
       _,,、 ─‐'''''''''''''‐.、.っ      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     ,、‐'`::::::::::::::::::::::::::::::::::`、 っ    |                  |
    ,r.'::://:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ っ  |  >>1の母です。           |
   ,/::::::/:::;':i::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::゛、    |                  |
  /::i:::::!i:::::::i:::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::i    |  ・・・ごめんなさい、      |
  l:i:i::::l_,|l::!:::i、:::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::l   .|  軽い気持ちで.         |
  !l::!:::|=、゛!`、!`ニ 、::`:::、:::::::::::::::::::::!   |  このスレをのぞいた     |
  ヽ:!:l|      ̄`u`、:::::::::::::::::::::::ノ    |  私が馬鹿でした。       |
    |{l 〈    u  l:l`irr、:::::::::<  _ノ  こんな糞スレを         |
.     |ハ 、,,,__     リ ,ヒノ:::::::::::::', . ̄ ̄|   こっそり立てていたなんて !!|
    /7'i、`='" u   ' !;::::::::::::::ノ     |  私が今日              |
.   iY/,/,ヘ:、_,、‐'`   `'---'"     .|  このスレを読んだこと、   |
   !', , , ノ l ヽ    u  / |       |  >>1 には          |
.  〈 ' ' ' / :l  `i、   ,/  l       .|  黙っておいてくださいね。   |
   i   'i  |   !,  ,/   l.       \___________/

23 :右や左の名無し様:2005/09/15(木) 20:42:00 ID:kUYAtIXj
>>20
おいおい18に皮肉ってやろうかと思って考えたジョークなのに
真に受けて本気で返してくんなよ…冷静に読みゃ分かるでしょ普通。

24 :右や左の名無し様:2005/09/15(木) 22:06:57 ID:/tuBnLVl
         ,〃 // イ  il  |l  l ' 、ゝ ヽヽ丶ヽ  iト   !   |     ヽ
        , ',' イ i  ||  | l || ! | `、、ヽ  ' ヽヽ _ .ムヽ },   !   i    ヽ
         ,' i l.| {  ll   l ! |! l l  ヾ 丶 `>ヾ 丶- 丶l   !、i  !    ヽ
      /  | ! ! l !‖ | l Lム L._  ヽ `'´, , ,-‐ュ-、.|   ト,ヾ ヽ     丶 天皇なくても国民は育つ。
       /  │ ' l ! l L_」'´ ,. ‐ュ-ャ、     / ヒ' さリ / l.   ! /l   ヽ    ヽ
      ,′  レ' | ト‖  lトャく 弋こハ}       ー─'"  !   |イ !   ヽ    ヽ 皇室費なんで払うのカシラ?
.     {     | l l   !iヽ  ー一´   、          ,!.   | i  l   \    ヽ
      !     j| l |   |、 ヽ         _,    ,イ!    !. !  l     ヽ
         /|| ! |  ‖ `i丶、   `  ̄      ,ィ !|    | l   !     丶
        / ,!| .l  i   |l  !  |i丶       ,. ' ! l|    | |  i      ヽ
      /   i ! l   l   || |  l}   !`iト . _, 彡 _, ヘ. i|    l |!  |         ヽ
     /     l.| !  |   || ‖  ||   | ! |>不ヽ<  ∨    !-─=二コ      ヽ
    〃      l.|i  │  !i .|l  ||_」」ィ ,イ ハヾ 丶 /    /    }    丶    ヾ
    ,'/      i ||   l   | r' ¨¨ ´  i ヽ' i ! l iヽ'" ,'   /    ノ     ヽ     ヽ

25 :右や左の名無し様:2005/09/15(木) 22:14:56 ID:aMxsviGU
   「官」から「民」へ
   宮内庁を民営化して下さい。

  天皇家は沢山の資産を持ち、十分ひとり立ちできます。
 崇拝する国民も多く、官で「税金を食べなくても」生活できます。

小泉は、「日銀」や「NHK」より先に、いの一番に「宮内庁を民営化」すべきです。


26 :右や左の名無し様:2005/09/15(木) 23:48:20 ID:EsT7AYcP
>>20 分かりやすくて素晴らしいです!
天皇=日本人の日本人たるアイデンティティ

27 :右や左の名無し様:2005/09/16(金) 00:21:34 ID:w+C7oVa0
恐れ多くも天皇陛下におかれましてはって、、、、、。
わてらとおんなじ、人間やん。
なんでそんな、特別扱いせんなならんねん?
アホチャウカ?

28 :右や左の名無し様:2005/09/16(金) 14:10:09 ID:PJ/aPoUr
歴史を学べ!

29 :右や左の名無し様:2005/09/16(金) 15:09:37 ID:???
この国をずっと完全統一して治めていたのは、武士です。
天皇は、今も昔も飾りです。
無くても何の支障も無く、国は動きます。
歴史の一部が無くなるだけの事です。
我々のは何の障害も有りません。

もし障害が有ると言う方は、具体的にお答え下さい。
伝統とか、慣習とかそんな精神的なことは要りません。


30 :右や左の名無し様:2005/09/16(金) 15:33:56 ID:???
>>29
>>歴史の一部が無くなるだけの事です
一部所か、天皇制が無くなったら、日本の歴史は中華圏の一部になるだけだよ........

31 :右や左の名無し様:2005/09/16(金) 16:03:02 ID:???
天皇陛下は神の御子だから。
陛下に必要とされる臣下に成るべき。

32 :右や左の名無し様:2005/09/16(金) 16:48:27 ID:???
>>31
北朝鮮の馬鹿将軍も「神の子」らしい。
お前らと、同じ考え方してらー。
大爆笑!!プッ!

33 :右や左の名無し様:2005/09/16(金) 17:03:11 ID:TtPweSKu
>>29
また馬鹿が一名。
日本に武士が現れたのはいつの時代からか分かってんのか?
まぁ釣りだろうが。

34 :右や左の名無し様:2005/09/16(金) 18:26:45 ID:or7wbqoU
>>31
モノホンのバカ!!!

35 :右や左の名無し様:2005/09/16(金) 19:10:59 ID:???
>>29
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1126411148/l50
お舞にもよく分かるはず。

ところでお舞に言いたいんだが、天皇陛下がいらっしゃっても何の支障もないよな?
だったら毎年数百円払うくらいどうでもいいだろ。

36 :右や左の名無し様:2005/09/16(金) 20:45:01 ID:or7wbqoU
           _-ー' ̄ ̄ ̄`ー-、
          r'´      |     `ヽ、
        r'´    ___|_ _    ヽ
        l   r' ´__☆_ `ヽ、  l
         ヽ r';´=──── == j- '´
          l `ヽ'´  ̄ ̄ ̄ ̄` --Ll
          k';_ ` ̄_ ̄ ̄二`─'~l
         f^ヽ``l´ (。)Y`k'(゚)ヽ`。
          ヽl  `-、_丿 lヽ__ ノソi
           l   , .r_、_,hヽ  ノ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           ヽ  r,yllllllllllllllk) l  < わたしが東条。戦陣訓嫁。そして、天皇のために死ぬのだ!!!
            l  ' ヽ| .::::/.|ソノ   \_________
         _ノ´~\ ヽ::::ノ丿 l
     _ ,-ー´  ヽ  ,、`-しw/ノ,、kヽ-、_
  rt-'~        ヽヽヽ ∪ k ' /ノ     `ー 、
../ ヽ          \~,- t ~/        /ヽ
/   ヽl          ~l _(~)_ ____ ______l  l、

37 :右や左の名無し様:2005/09/16(金) 21:07:13 ID:???
>>33
一番最初の征夷大将軍、だ〜れだ?

38 :右や左の名無し様:2005/09/16(金) 21:50:02 ID:???
>>35
糞スレの案内は止めてください。
障害があるなら具体的に書いてください。
利益でも良いですよ。


39 :右や左の名無し様:2005/09/16(金) 22:54:38 ID:???
>>38
糞スレだというのは貴方の勘違いだ。

俺がこの板に来るようになったのは最近のことなんだが、
れ という人を見て、
「発言長いし 文見にくいし 難しそうで読む気にもならん…」
と思って読んでなかった。つまり理解しようともしていなかった。
しかし、もう少し簡単にした方がいいと思う、ということを伝えると、
低脳の自分にも分かりやすく説明してくださった。
そこで初めて れ サソの行っている事が分かり、理解することができた。
そして、正しい事を言っている方だなぁと思った。

貴方も初めから理解しようとしていないのではないか。
頭の悪いヤシ(俺も含むがw)に説明をしようとする人は、そのレベルに合わせなければいけない、と聞いた事がある(正しいと思う)。
特に理解しようという考えがないヤシに対しては。
れ サソはレベルを合わせようとしてないだけで、言っている事は正しい、と思う。
だから貴方も一度、理解するつもりになって、理解できるまで何度も読み返すといい。
れ サソの言っている事を人に説明できる力は俺にはまだない…
だから今はhttp://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1126411148/l50
をよく読んでくれ、としか言えない。

40 :右や左の名無し様:2005/09/16(金) 23:21:47 ID:???
>>39
お前、「れ」の言っている事が正しいと「思う」ってさ、
「思う」だけで、自信はないのだろ。
自信が無いのは、現在「れ」のような意見は一般的に通じないからだろ?
糞スレの過去の他の人の意見少しでも読んだか?
俺はそっちの方が正しいと、断言する。

41 :右や左の名無し様:2005/09/16(金) 23:40:49 ID:???
>>40
いや、本当は「思う」というのは抜きにしたかったが、
2ちゃんで「ウヨは断定して他人に思想を押し付けるから嫌だ」
「せめて思う、とか〜と感じる、とか付けろ」
と言われた事があるので、最近は極力そうするよにした。
>糞スレの過去の他の人の意見少しでも読んだか?
まだ読んでいないが、少しずつ読んでいくつもり。

ちなみに、れ サソは本当は普通に 天皇陛下は敬うべき存在で、
陛下がいるから国民はまとまるし、陛下はある意味空気のような存在で
普段は有り難味を感じることは少ないが
なくてはならない、掛け替えのない存在なのである。
という事を俺みたいに思っているが、
それだと全然根拠が無く、「天皇イラネッ(゜Д゜=)」と思っている方々を納得させる事ができないので
理論的に天皇陛下の必要性を述べているだけだと思う。(勝手な推測)

42 :右や左の名無し様:2005/09/17(土) 00:13:03 ID:???
>>41
あの馬鹿そんなこと思ってないし、書いてない。
伝統、血統、風習、慣習、研究論など
羅列して、ダラダラ理屈こねているだけ。
憲法は歪曲するし、政治家みたいに変な解釈するだけ。
天皇の必要性を述べているのでなく、天皇は偉大だとヒタスラ言っている。
ついでに馬鹿に取っては、靖国も伝統だそうだ。

43 :右や左の名無し様:2005/09/17(土) 21:59:28 ID:???
さういふ偉大なお方を頂点に日本がまとまつてきた、その重要性を認識
せんことには、愚か者になにをいつても馬耳東風だな。戦後だけが歴史ではない。

44 :右や左の名無し様:2005/09/19(月) 00:14:35 ID:???
いや、現天皇が数年前に会見で話していたが、明治以前は今のような政治権力はなか
ったと、ご本人がおっしゃている。

45 :右や左の名無し様:2005/09/19(月) 06:58:12 ID:???
>20  陛下は見てはならぬもの、語ってはならぬ神聖にして不可侵のお方。そ
のように公然と私利私欲のないお方などと、卑しい民衆、下賎な大衆が語ってはな
らぬお方ですぞ。先の大戦敗戦直前、人民には決して責任など問う存在でないから
こそ、金銀財宝をスイスに預け、第三国へ亡命されようとした。

46 :右や左の名無し様:2005/09/19(月) 07:03:52 ID:???
>20 日本の歴史について、1500年前から以前は、もう知ることができないの
だろうな。津田左右吉という学者によると、文字で記録されている以外に、人類は
歴史を知ることができないそうだ。炭素法による年代測定、DNA鑑定、考古学発
掘調査は、日本では行ってはならない手法となる。文字を持たなかったバカ民族は、
バカのまま死ぬしかない。

47 :右や左の名無し様:2005/09/19(月) 07:20:04 ID:???
>41 人類に語り尽くせない偉大な貢献をした物理学者でも、専門外については、
素人であって不思議ではない。専門外については、優秀なブレーンと協調するのが、
偉大な名誉を汚さないのではないか。そう思う今日この頃ですが、あえて単独発言
に固執されるなら、言論攻撃されてもやむを得ない、そう言うしかない。

48 :極左過激派:2005/10/18(火) 19:08:35 ID:???
皇室費の妥当性についてはおいておいて
1.儀礼的外交時の重み
2.権威の分離先
3.天皇の身柄を国が押さえておくこと
の3点から天皇制は妥当だと思うよ。

49 :右や左の名無し様:2005/10/30(日) 02:47:06 ID:???
戦争末期に亡命しようとしていたんだからな。
もともとヨソモノだから出て行くのも平気なんだな。

50 :右や左の名無し様:2005/10/31(月) 03:13:11 ID:???
必要どころか諸悪の根源。

51 :右や左の名無し様:2005/10/31(月) 11:36:21 ID:fEEbNpDD

日本のお母さんもがんばっています!

283 :可愛い奥様:2005/10/31(月) 10:22:30 ID:Qwx9s79X
私たちアンチの力で

*池沼天皇阻止
*仮病サボリM子の早期離婚
*ヅラ殿下の更迭
*太平洋戦争大虐殺総責任者の息子夫婦による謝罪
*性欲まみれの次男夫婦の皇室離脱

を求めて参りましょう!賛同よろしくお願いします。

52 :右や左の名無し様:2005/10/31(月) 18:32:33 ID:???
合言葉は
殺せ天皇性。

53 :右や左の名無し様:2005/11/05(土) 12:09:08 ID:???
ひつよう

54 :右や左の名無し様:2005/11/05(土) 22:42:58 ID:9+MMP9ga
天皇は日本民族の本家本元。
天皇を敬うのは日本人として当然。何せ本家本元なのだから。

譬えて言うなら、自分達の本家の祖父母を敬うのと同質。
心ある日本人なら盆には先祖様に対して線香をあげ、お墓参りをするでしょう。
でもこいう一部の人はいるもの。
「祖父や祖母の墓参りなんかしなくても生きていける。小遣いなんか貰ったこと
 もない。」
確かに、先祖や祖父母の墓参りをしなくても肉体的には問題なく生きていける
だろう。しかし、本当にそれでいいのであろうか?精神的にあまりにも貧しく
はないであろうか?
 この延長線上に天皇への敬いの精神がある。
天皇への無関心には、自分達の先祖や祖父母への無関心があると思う。

55 :右や左の名無し様:2005/11/05(土) 23:32:44 ID:5jAYeo6W

天皇イラネーーーー。

56 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/06(日) 00:03:03 ID:77KS/KSP
>>54
だから本家だの分家だのって概念が失われて久しいちゅうの。

ましてや、オリが天皇家の分家であるはずもない。
なぜなら私の家こそ総本家であるからである、もちろん分家は無い。

57 :右や左の名無し様:2005/11/06(日) 05:02:35 ID:2W/Cia5b
ある意味自爆テロより特異な民族気質かもしれない
日本の常識 世界の非常識

58 :右や左の名無し様:2005/11/06(日) 05:29:14 ID:???
× 日本の常識
○ 一部の日本の常識 

59 :右や左の名無し様:2005/11/06(日) 18:20:05 ID:???
>>54
こいつの言っていることはオウム信者と同じ。
どこに違いがある。
信じ込んでいるあたまのおかしな人を説得しようとしても無駄だな。

60 :亀哲人 ◆Y/iFN9LABc :2005/11/06(日) 18:26:09 ID:???
儒教的な価値観で作り上げた、教育勅語などの戦前天皇制の犠牲者なのでしょう。
間違った思想が現在にまで生き残った証左なのです。

61 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2005/11/06(日) 21:32:20 ID:ZWGNvUgM
第1条 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、
    この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。

この限りに於いて天皇は必要であり、また時として必要でも無いのネ。
今の天皇は良識的な天皇で、国民の大多数が現在廃止など
考えてもいないのだから必要だわさ。
ただ、今後戦前戦中のように天皇と言う地位を利用して国民を
操作しよう等とする独裁又は選民思想が蔓延ってくるようならば
不必要であると判断するだけネ。

まあ、>>54のような輩が増えてくると危ないがネ。

62 :右や左の名無し様:2005/11/06(日) 21:38:12 ID:n4YQbU5A
何皇族なんて糞一家を擁護してるんだか

63 :右や左の名無し様:2005/11/06(日) 22:04:33 ID:Z5VNSmRY
アンケート
マスコミへのコメントで片山議員が前原議員のことをコイツと言っていました。さあこれって?!
http://enquete.nechira.com/?mode=vote&vno=24c9bdc2ea1131024715
1. これからの時代はこれが常識
2. 何か問題あるの???
3. 誰でもよくある失言
4. こんな議員も必要かも?!
5. 品位無しで議員失格
6. 上下関係無視の社会人失格
7. 礼儀知らずの人間失格
8. その他

64 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :2005/11/06(日) 22:07:10 ID:VLoPuEL8
>>63
8. その他(タカビーの高飛車女)

おり見てたわその場面。リアルタイムで。

65 :右や左の名無し様:2005/11/06(日) 22:19:56 ID:???
>>64
どんな感じだったの?

66 :右や左の名無し様:2005/11/06(日) 22:33:49 ID:???
我が大日本帝国は天地開闢の初めより絶対霊妙の神慮に従ひ多くの年所を経歴し、
崇高幽玄なる天祖の稜威を継承され、皇祖皇宗の神聖なる御遺訓に依り皇統連綿
万世一系の天皇を戴き君民一体忠愛一本の御國體にして敬神尊皇愛国は我が皇国の
生命である、皇祖皇宗の 天祖の神意を奉じて君臣の大義と親子の至情とを以て
天地間に我が国家を創立されたるは、実に我が御國體の精華でありて万邦に冠絶する
所以も茲に存するのである。而して我が御國體は即ち我が国の道徳権威にして 皇祖
皇宗の御遺訓を列聖相継がれ、其の大御心を伝紹され我が皇国を統治し給ふ天皇は
即ち祖神より一貫したる現人神に在しますのである。
此の如く天孫族の雄大崇高なる神慮に依り、神人合一の順路を経て、皇祖は天下を
統治すべき天子の天業を恢弘すべく、皇孫に詔し給ひ、豊葦原千五百秋の瑞穂の
国は吾が子孫の王たるべきの地なり宜しく爾皇孫就て之を治めよ宝祚の隆なる当に
天壌と倶に窮りなかるべし」と三種の神器を授け給ひし事は今茲に申す迄もなき御國體の
源である。故に我が国家は建国の精神たる國體に起因し、我が國體は神人合一に依りて
発生したる 皇祖皇祖の神威霊光とも称すべき霊の発顕なる稜威に起因するものである。


67 :右や左の名無し様:2005/11/06(日) 22:40:19 ID:???
>>61
憲法が無い時代から天皇家は続いてきた。
天皇家と憲法や人権や平等などは、ほとんど関係ない。
戦後の60年など天皇制にとってはたいした状況じゃない。
おそらく、天皇制の危機になると、法律も人権も国家すら無視して、
楠正成の様な武士が天皇を奉じて立ち上がるだろう。
そして、、、なぜか、、歴史では天皇の正義で終わるのだ。

68 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :2005/11/06(日) 22:41:07 ID:VLoPuEL8
>>65
実は直視していたんでなくて、仕事しながらちらちら見てたんで
あまり正確でないかも知れないけど・・

片山議員:「前原、こいつもおなじだったんだ・・・」

(場内騒然)

民主党議員:「公党の党首をつかまえて、こいつとはなんだ。タカビーの高飛車女・・・」

ま、あとはニュースでやっていたから・・

69 :右や左の名無し様:2005/11/06(日) 22:42:42 ID:???
>>68
解説ありがとう。
そりゃ酷いな。舛添要一とも上手くいかないわけだ。

70 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2005/11/06(日) 23:21:40 ID:ZWGNvUgM
>>67
まあ、天皇とは判子みたいな物だから
握れば天下取れるって感じだったからじゃないのかネ?
それに天皇に正義が在るとなったのは、天皇と言う権威を利用する者が、
掲げたものが汚れてたら誰も納得しないと思った結果だわさ。

でも、今は情報社会ネ。
昔のように、全てを覆い隠すのは至難の業だわさ。

71 :右や左の名無し様:2005/11/06(日) 23:41:12 ID:NS4gY/a5
天皇は日本文化そのもの、いや日本そのものといってよい。
天皇を否定し理解できないものは、@日本とは何か弁えていないといいてよい。
もしくは日本を解体させようとするAコミンテルン思想に染まっているものか、
B中国、朝鮮の工作員のいずれかに該当する。
@のものは日本文化歴史に関する本を300冊以上読め(例えば55〜62)。
ABのものは問答無用。


72 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2005/11/07(月) 01:00:11 ID:M8jA5YPS
>>71
2,3はどうでも良いが、1、の「日本とは何か弁えていないといいてよい」に
ついてだが、キミの日本とは何かを説明してくれないかネ?

僕は、日本とは何かを説明は出来ないのだわさ。
せいぜい、僕が暮らす割と良い国とぐらいしか言えないのネ。

それに天皇は文化ではないのネ。

文化とは、1 権力や刑罰を用いないで導き教えること。
       文徳により教化すること。

     2 世の中が開け進んで、生活内容が高まること。

3 自然に対して、学問・芸術・道徳・宗教など、
       人間の精神の働きによってつくり出され、
       人間生活を高めてゆく上の新しい価値を生み出してゆくもの。

と言う意味なのでキミの言ってることは、チョット違うのネ。
言いたいことが、判らなくもないがネ。

73 :右や左の名無し様:2005/11/13(日) 03:35:47 ID:RBcNNDkq
正直、皇室の何気なさ過ぎる日常なんて日曜朝の番組だけで十分だし(イベントならともかく2時間スペシャルイラネ)、
「愛子様ー!」なんて叫びながらカメラもって付いて回ってる人も気色悪いし(ストーキングだろ)
「皇太子殿下」とか尊敬語付けまくりで呼ぶのにも違和感がある(三重尊敬じゃないのか?)

でも

大変強力な外交カードである
歴史の長さ
チョンやチュンが廃絶を今か今かと待っている ←これが一番気に食わん

これだけでも、十分金使う価値があると思ってる。
日本にとっては貴重な存在だ。
女系になったらこれら全てがハサーンなんだよな?
女系を推し進める話の裏にチョンチュン臭さが漂いまくってて鬱だ。

74 :右や左の名無し様:2005/11/13(日) 03:44:13 ID:HzXuF8Er
(・ω・)ノ{君は陛下の為に死ねますか?僕ムリポ…

75 :右や左の名無し様:2005/11/13(日) 03:49:09 ID:RBcNNDkq
自分もムリポ。
だから、陛下にも国民の為に死ねとは言わないぽ。

76 :右や左の名無し様:2005/11/13(日) 04:14:48 ID:HzXuF8Er
(・ω・)ノ{馬鹿ウヨが死ねって押し付けるぽ…だから元凶の陛下にいなくなって欲しいぽ…

77 :右や左の名無し様:2005/11/13(日) 04:25:13 ID:RBcNNDkq
別に陛下が氏ねって君に言ったわけじゃないんだから、陛下に責任押し付けるのはどうかと思うぽ。
華麗にスルーするのが吉だと思うぽ。

78 :右や左の名無し様:2005/11/13(日) 04:31:54 ID:HzXuF8Er
(・ω・)ノ{そうね…でも馬鹿ウヨ嫌いなの…生理的に受け付けないぽ…

79 :右や左の名無し様:2005/11/13(日) 04:44:55 ID:RBcNNDkq
馬鹿じゃないウヨと馬鹿じゃないサヨの話だけ聞いて、自分の中で結論出せばいいぽ。
ウヨならもれなく馬鹿に見えるなら、ウヨ系スレには近寄らない方がいいぽ。

じゃおやすみ。

80 :右や左の名無し様:2005/11/13(日) 05:11:08 ID:HzXuF8Er
(・ω・)ノシ{オヤスミ

81 :右や左の名無し様:2005/11/13(日) 05:36:28 ID:Jlyx5Zs1
愛國精神
http://m-space.jp/?risingsun

82 :x:2005/11/13(日) 14:28:31 ID:UT8o9Ner
くそ天皇 ガンで死ね

83 :x:2005/11/13(日) 14:30:32 ID:UT8o9Ner
ホルモン剤打って、ニューハーフ !

84 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/13(日) 15:34:02 ID:hKcOiV87
片山議員の「こいつ」と同じような感じで、雅子たんが陛下を「こいつも」とか
裏で吐いてたりしてね.....
音声ってのは、心底軽蔑しているってのをリアルに表現するものだとオモタヨ!

もち、私の勝手な想像でつ、一切事実に基づくお話ではありません。

85 :私の勝手な想像でつ、一切事実に基づくお話:2005/11/13(日) 18:02:58 ID:???
S-RAMは論理をしらないな

偽の仮説からは、いかなる結論でも導けるんだよ
84はそのいい例だね

片山議員の「こいつ」と同じような感じで、S-RAMたんが猫を「こいつも」とか
裏で食べてたりしてね.....
食べている音声ってのは、心底軽蔑しているってのをリアルに表現するものだとオモタヨ!



86 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/13(日) 18:20:07 ID:7Wwbh6C7
>>85
猫てオリは飼ってもいないし...だいたい猫の様な肉食動物の肝臓は
ビタミン過剰で人間には毒だぜ!

87 :猫てオリは飼ってもいないしたべるだけだが:2005/11/13(日) 18:37:28 ID:???
つまり仮説が間違っているわけだ。 どんな結論でもいいんだよ
お宅のいつもやっていることだよ
事実に基づかなければ、主張に真実性はないんだよ


88 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/13(日) 18:39:24 ID:7Wwbh6C7
>>87
単なる想像は想像だと、ちゃんと断り書きを入れいるがどうした....

自分の信仰対象が揶揄されて口惜しいのならそう素直に言えばどうだね。

89 :主張に真実性はないんだよ :2005/11/13(日) 18:39:51 ID:???
3>4 ならばS−RAMは死んでいる。

これは論理的には正しい。
3>4はありえないから、何を言っても大丈夫なんだよ


90 :何を言っても大丈夫なんだよ :2005/11/13(日) 18:42:25 ID:???
>単なる想像は想像だと、ちゃんと断り書きを入れいるがどうした....

といつもその調子でっちあげで論争をしてきたわけか?

91 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/13(日) 18:45:16 ID:7Wwbh6C7
雅子たんが天皇陛下と同席の食事の後...
「こいつも....」っと、片山議員のような、侮蔑を滲ませた発音をしていても不思議ではない。

嫁と舅の間では良くある話じゃんか。

それが、なぜ天皇家だと想像しちゃいけないのだ?
念のため、

  私の想像上のお話であり、なんらかの事実に基づく話ではありません。

よろぴく!

92 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/13(日) 18:48:35 ID:7Wwbh6C7
>>90
色んなパターンがある。
今回は、片山議員のあの「こいつ」って単語ひとつに、最大限の侮蔑を含ませられる
あの表現力に敬意を払いつつ。

つい、雅子妃が誰も居ないところでつぶやいている姿が目に浮かんだだけだ。

  想像したって話をしたら何か罪に問われます?

93 :右や左の名無し様:2005/11/13(日) 18:49:18 ID:???
むちゃくちゃだよ

まあ 2chだから どうでもいいよ
おもしろくなきゃ よんでくれないだろうからね


94 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/13(日) 18:51:36 ID:7Wwbh6C7
雅子妃は皇太子を対象に

片山議員風の「あいつ...」って言葉を使っているところを、想像しないだけでも
よしとしてもらいたいものだ。
それだと、愛子ちゃんの不幸がイタイタし過ぎるからな。

95 :右や左の名無し様:2005/11/13(日) 18:59:30 ID:vZJFDfpu
まさこのまんこなめなめー

96 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/13(日) 19:12:42 ID:7Wwbh6C7
>>95
そういうセクハラまがいの発言は問題があるので、お止めになって
はいかがでしょうか?

97 :右や左の名無し様:2005/11/13(日) 20:06:19 ID:???
マッチポンプの恥知らず目!


98 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/13(日) 20:22:44 ID:7Wwbh6C7
>>97
私は皇族の人権侵害の問題も論点にしているため、単なる誹謗中傷はしない。

99 :右や左の名無し様:2005/11/13(日) 20:35:04 ID:HEcTP1+W
よういうわ おまえが一番皇族の人権侵害の実行者ではないか

100 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/13(日) 20:42:53 ID:7Wwbh6C7
>>99
はぁ?

具体的にどの文章がどう侵害しているかを指摘してみな。

101 :右や左の名無し様:2005/11/13(日) 20:52:02 ID:hfkKlyX+
平和戦士の勝ち!! ウヨ論破される!!

http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1129290611/l50


102 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/13(日) 20:57:21 ID:7Wwbh6C7
ありゃ逃げちゃったよ。

103 :右や左の名無し様:2005/11/13(日) 21:17:10 ID:HEcTP1+W
相手にされてないんだよ

104 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/13(日) 21:46:29 ID:7Wwbh6C7
ま、自分の信心している香具師がからかわれたらいたたまれんってのは
判るがな.....

キモイから人間を信仰するちゅうのはヤメレ!

105 :右や左の名無し様:2005/11/13(日) 21:56:03 ID:HEcTP1+W
あんたの頭の構造のいかれ具合を指摘しただけなんだけど

106 :右や左の名無し様:2005/11/13(日) 23:10:57 ID:vZJFDfpu
まさこのまんこなめなめーまさこのまんこなめなめー
まさこのまんこなめなめーまさこのまんこなめなめー
まさこのまんこなめなめーまさこのまんこなめなめー
まさこのまんこなめなめーまさこのまんこなめなめー
まさこのまんこなめなめーまさこのまんこなめなめー
まさこのまんこなめなめーまさこのまんこなめなめー
まさこのまんこなめなめーまさこのまんこなめなめー
まさこのまんこなめなめーまさこのまんこなめなめー
まさこのまんこなめなめーまさこのまんこなめなめー
まさこのまんこなめなめーまさこのまんこなめなめー
まさこのまんこなめなめーまさこのまんこなめなめー
まさこのまんこなめなめーまさこのまんこなめなめー

107 :犬のまんこなめなめー犬のまんこなめなめー :2005/11/14(月) 00:18:08 ID:???
S−RAM ◆nXT9l8d5qU よ やめなさい


108 :やめなさい :2005/11/14(月) 00:21:14 ID:???
S-RAMの馬鹿さ加減が科学的に立証されているスレだね

109 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/14(月) 02:37:55 ID:8s0lVIJX
自作自演は君達の方でしょ。

110 :自作自演は君達の方でしょ:2005/11/14(月) 07:55:42 ID:???

犬のまんこなめなめー犬のまんこなめなめ--
犬のまんこなめなめー犬のまんこなめなめ--
犬のまんこなめなめー犬のまんこなめなめ--
犬のまんこなめなめー犬のまんこなめなめ--
犬のまんこなめなめー犬のまんこなめなめ--
犬のまんこなめなめー犬のまんこなめなめ--
犬のまんこなめなめー犬のまんこなめなめ--
犬のまんこなめなめー犬のまんこなめなめ--
犬のまんこなめなめー犬のまんこなめなめ--
犬のまんこなめなめー犬のまんこなめなめ--


111 :まあまあまあ。。。:2005/11/14(月) 08:04:36 ID:???
       // ,'      ,'_,..,_ l,  ヽ     ノ´//⌒ ミヾヽ、_ 
     //,r'´     ,r'´   `ヽ、、、`;ニ三彡´〃   ! ゙ゞヾ、_`ヽ
     (({ グチュ {       ````  /´  {  l  | // ヽ`ーr' }
  パン パン ! ズチャ !    `、     '   ノ  l. ||l     i l / l
       ',     ; ',      | ̄``''''ー―- ,'´l  l |!` ‐--| l l l
         ',     l ',    |             l  l  |    リ,! l
       i     ; ',   |          | | ,!    ' リ
,,,,--−---、ノ     ,'___',   |          |. |    ゚。
           ,'' ´ `ヽ   !         | |
、、....___ .....,r'-......__ ,.r'  


112 :右や左の名無し様:2005/11/14(月) 09:25:58 ID:???
        __ ハァハァ
  シコ   ( ・ω・/"lヽ
      /´   ( ,人)
  シコ  (  ) ゚  ゚|  |   
      \ \__,|  ⊂llll
        \_つ ⊂llll
        (  ノ  ノ
        | (__人_) \


113 :右や左の名無し様:2005/11/14(月) 17:42:41 ID:g9fuUJVe
           /ハ | /  /   /  / /  | | l  ヽヽ
      __      >| | ∨   /  / ,/ ,/  /| |  l  ヽ !
     /__ \   〈. |. ∨  />x', イ'  ,.イ  /' l  |.  l.  | |
       ヾ;、  ,入/l   jl.ィ==ミ、イ / /  |  |  |  ,ハ.|   天皇家が、特別扱いなんて、
 ‐--、     >‐- 」 | |   |l ハ{::::}::j. ヽ/ /  _,レナ|'' /|. / リ   法の下の平等が守られてないわ。
 --、 \  / _  `Y |  |. |_ しと  /'´  ,イ:::ノ`!|,人j/
    \. \. \_゛>| ハ  |   ̄ _    {.じリ イ' ヽ ヽ      人として同じ人権であるべきよ!!!  
     `ー- 二二 -‐|.「 |   |  /   `ヽ  `ー' λ   ヽ ヽ
      /  /r'`ヽ|l_ |   ト、 {      /   ノ  |    ト、.〉   イマから独立自営の道を進むのもイイわよ。
     /    \>    ヽ}  ト ヾ、_  / -‐ ´__  |   | リ
   〈., -',三三ニ¬、    | | ̄`= ̄Lrュf'´    ``|  |    これからの日本は天皇なんて頼らなくてもOK.
   //,r‐''_,二''メ、. \   |/ |__≧_」L≦{        |  |
  / / /,.イ¬I'フ゛\   l  /    ヽ  / \      | /〉 必要としないものに予算はイラナイ。
  | ,' / /‐'_厂`l|    ト、 | /     _..⊥⊥. ___ ヽ    l//
  | | l √/ l  ヽr_フ'「゛l/    /  _ _ _  ヽ 〉  /   どうしても寄付したい人だけが、お金を出せばイイのよ。
  弋YУ\ ヽ,r_,zト--く_|_  /   '´ |} ヽ  |ーーく
   ヽ \__,X_,フ{__,..イ  `Y   _, t-、   ,ィ  j|` T′ 右翼は他人のカネ、あてにスンナ、   バカ!!
    `ヽ、..__,. イ    入 ヽ\ヽYi ///}/'| .|
              |\_ /  `ーQ、ヽトiVム,O' Y  |
                ',       _,二‐-r 'r=ュ. | 〈
               '、      `フイ]. | [ド> ,| _,」_   

114 :右や左の名無し様:2005/11/14(月) 22:26:43 ID:qFjjcc53
天皇さまは中華皇帝陛下より冊封されています
日本国民でその存廃は決められません

115 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/14(月) 22:36:38 ID:8s0lVIJX
漢とか魏の皇帝の子孫とか言われているしとでもつれてくるか?

116 :右や左の名無し様:2005/11/15(火) 12:37:52 ID:xC+ia9DJ
まぁ、あれだな。
そのうち、愛子ちゃんが留学中に、
金髪と青い目の子を産んでくれれば
アボーンするでしょう。

117 :右や左の名無し様:2005/11/15(火) 12:41:53 ID:xC+ia9DJ
-続き-
男系ってのは、
よそで子ども作っても、認知せずに誤魔化すことができるので
天皇制にとっては超ベンリだ。
女本人が生んだものは、青い目だろうが何だろうが、
入れ替えられないからなぁ。


118 :右や左の名無し様:2005/11/15(火) 14:09:28 ID:3LAa6UTK
天皇制廃止を言う人ってさ、
成人して生活力がつくまで、資金を供給してくれて養ってくれる存在が他にいさえすれば親なんか要らないって言ってるのと同じような気がする。
ま、そう言うとどう突っ込まれるかも想像はつくが。

119 :右や左の名無し様:2005/11/15(火) 14:19:09 ID:???


120 :右や左の名無し様:2005/11/15(火) 14:25:52 ID:???
祝お家断絶

121 :右や左の名無し様:2005/11/15(火) 17:29:22 ID:LjjCQZNc
他人の結婚式でワーーーーワーーー言うて喜んでるヤツはアホだぜ。

122 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/15(火) 21:59:10 ID:2ewtrKdb
結局、おばあちゃん、おばちゃんの信者の割合が多い様子だ。
ちょっと間をおいて、おじいちゃんってところか。

123 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :2005/11/15(火) 22:13:32 ID:???
>>122
若いお兄ちゃんも祝っているよ
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/6551/

124 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/15(火) 22:29:24 ID:2ewtrKdb
>>123
割合の問題だよ。
記帳の連中の画像見たろ?

125 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :2005/11/15(火) 22:36:15 ID:???
>>124
だって、俺らは仕事してるし

126 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/15(火) 22:40:29 ID:2ewtrKdb
>>125
男女差を見ても一目瞭然。
だいたいおばちゃんも家事ってもんがある。

サッカーの試合があの時間にあったとして、あの年齢、男女の比率は有り得ない。

127 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :2005/11/15(火) 22:49:12 ID:???
>>126
街宣には、若いのが多いよ。みんな皇室に感謝している。

128 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/15(火) 22:51:20 ID:2ewtrKdb
>>127
そうそう、街頭宣伝車の乗員には若い在日さんが多いらしいね。

129 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :2005/11/15(火) 22:56:09 ID:???
>>128
それは、根も葉もないガセネタだよ。
あんがいS−RAMが、その発信源じゃないのかね。

130 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/15(火) 22:59:38 ID:2ewtrKdb
>>129
そうだと聞いたぜ!
右翼にも、ヤクザに多いそうな。

131 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :2005/11/15(火) 23:06:44 ID:???
>>130
S−RAMは、新宿の地下道に住んでるそうだな。
電波の入り具合はどうかね? 
ちかごろは地下でも電波が届く工夫がしてあるそうだな。

132 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/15(火) 23:12:52 ID:2ewtrKdb
>>131
地下道に住むくらいなら、パソコンを売り飛ばして食い物でも買うさ。

133 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :2005/11/15(火) 23:15:02 ID:???
>>132
食い物なんて買わなくても、残飯がいっぱいあるんだろ。
変にいきがるなよ。

134 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :2005/11/16(水) 00:13:46 ID:???
>>132
パソコンなど売り払ってもいくらももたねーぞ。

135 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/16(水) 00:20:57 ID:HgBBOBh2
>>134
たこ焼きぐらい買えるっしょ。

136 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :2005/11/16(水) 00:33:40 ID:???
>>135
まぁタコ焼きなら食べきれないほど買えるだろーよ。けどタコ焼きで何日
もたす気だ?

137 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/16(水) 00:35:31 ID:HgBBOBh2
>>136
おらあ三菱自株買ってね〜からたこ焼き買わなくて良いですし、こうして
パソコンも手元にあるです。

138 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/16(水) 00:37:02 ID:HgBBOBh2
明日は、もんじゃでも喰うか....阪京は喰えないだろ?

139 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :2005/11/16(水) 00:37:49 ID:???
S−RAMは、外国から仕送りがあるからね

140 :右や左の名無し様:2005/11/16(水) 00:39:33 ID:???
たこ焼きより松屋の豚めしのほうが安くつく件

141 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/16(水) 00:39:44 ID:HgBBOBh2
>>139
海外株にはまだ手を出していない....いや、少し手出ししてんな、そういやあ。

142 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :2005/11/16(水) 00:40:04 ID:youpN5Ps
>>137
おりはピークつける前にわずかな利益で売っちまったよ。今回は高所恐怖症
が功を奏した。けど、東京エレクトロンは例によって売り急いだような稀ガス。
しかし、日経産業新聞ではアドバンテストに比べて妙味が少ないと。新規公開株
狙いは全然あたらねーの。新規狙いで東エレク売ったのだけど。

143 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :2005/11/16(水) 00:41:50 ID:youpN5Ps
>>138
らむたんは関東在住か? 近所でもんじゃ出してる店なんて知らんわ。

144 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/16(水) 00:42:32 ID:0gcnAvPO
>>140
大阪ちゅう町を侮ってはいけないねい。

145 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/16(水) 00:43:01 ID:0gcnAvPO
>>143
だろうね。

146 :右や左の名無し様:2005/11/16(水) 00:56:17 ID:???
もんじゃはゲロみたい

147 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/16(水) 00:58:58 ID:0gcnAvPO
>>146
お好み焼きをおかずに飯を食う香具師が何を言うか!

148 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/16(水) 01:02:34 ID:iHb1Aeca
>>146
そんなことを言っていると、納豆食わせるぞ!

149 :右や左の名無し様:2005/11/16(水) 01:03:56 ID:k3CQXJNT
宮内庁民営化賛成。
皇族を全員民間人に!!

150 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :2005/11/16(水) 01:04:29 ID:???
飯に醤油かけて食べてる人が見栄はって >>148

151 :右や左の名無し様:2005/11/16(水) 01:04:52 ID:O0IAli/A
やっぱりお多福ソースがないと

152 :右や左の名無し様:2005/11/16(水) 01:06:40 ID:k3CQXJNT
上で誰か言っていたけど、天皇や皇族を養う予算は、存続を望んでる人だけが
寄付すればいいじゃん!

153 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :2005/11/16(水) 01:07:59 ID:youpN5Ps
飯に花かつおかけて醤油かけて喰っているクチかな? 猫マンマつーヤシ
だな。

154 :右や左の名無し様:2005/11/16(水) 01:15:58 ID:???
さーやのまんこなめなめー

155 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/16(水) 01:19:33 ID:iHb1Aeca
>>153
せめてジャコぐらい混ぜて喰えよ。

156 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :2005/11/16(水) 01:39:48 ID:youpN5Ps
>>155
おれんことじゃねーよ。おりはまともな食生活送ってるよ。飲み過ぎて
膵臓に来たとき以外は(藁。じゃこは飯に混ぜるとなんとなく臭いような
気がすんで、大根おろしで喰いま。

157 :右や左の名無し様:2005/11/16(水) 02:25:30 ID:???
やっぱしエスラムはきのうはいろいろ動いたんだよね?
雅子様のドレスが白かったから次期皇后にはなれないとかなんとか。
早くあの人、ゲロみたいなもんじゃとか納豆とかお好み焼きとかじゃことか食べられるようになるといいね。

158 :右や左の名無し様:2005/11/16(水) 14:07:08 ID:7spfnk1X
天皇のおかげでいいことありました?本当に、皇族は廃止してもらいたい。国民投票で決めて欲しい。昨日のニュース見て吐き気がしたよ。金食い虫の馬鹿族。日本から消えろっての!

159 :右や左の名無し様:2005/11/16(水) 14:41:39 ID:???
国民の天皇制支持率は,調査機関によって多少揺れはあるがだいたい
どこも7割は超えている。その理由としては「伝統だから」というのも
当然多いが「天皇の人柄」ってのが案外高い。これはちょっと間違えば
反対に回る可能性のある人々だ。皇室の問題発言一発で世論が動く可能性
があるってことだ。宮内庁もそのへんのイメージ作りはよくわきまえている
が,カメラが回っている時間の全てをコントロール下に置くことは難しい。
私には,皇族,宮内庁が国民の機嫌を気にしている様は実に痛快だ。

今のところ天皇,皇后,(旧)紀宮の3人に関しては本人の人柄が実際に
良いのだろう,安心して見ていることができるが,秋篠宮,雅子,皇太子
の3人は注意が必要だ(特に秋篠宮。雅子は別の意味でも要注意)。最近話題の
ヒゲのあの御仁については本当に危ない。

160 :右や左の名無し様:2005/11/16(水) 18:42:21 ID:7spfnk1X
>159
その7割。調査機関ってどこ。
いい加減のことなら、ここには書かないで貰いたい。
なにが伝統だ。誰様のおかげでできた伝統だい おい
その昔は 天皇も乞食の時代があったんだ。
馬鹿な奴が権力欲しさに天皇制を復活させたのよ
あと天皇の血は北朝が混ざってるんだぞ


161 :右や左の名無し様:2005/11/16(水) 18:52:51 ID:jhcsMK+A
別に怨みもなにもない
ただ、税金の無駄使いは止めて欲しい

162 :右や左の名無し様:2005/11/16(水) 19:01:47 ID:/5WqFTDb
天皇制は必要。
日本国民の民度が高いレベルを維持しているのは、天皇制があったからこそだ。
社会景気が悪い不満を、皇族にぶつけるのは、全く不敬だ。
もし、天皇制が無くなったら、日本人の良い部分が無くなる。
確実に、国民全体の品位が落ちるだろう。





163 :右や左の名無し様:2005/11/16(水) 19:18:58 ID:k1urBnLh
天皇制をなくしたら皇居、財産を皇族などに返還しなければいけないのを知ってて言ってるのか?

164 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/16(水) 19:21:57 ID:iHb1Aeca
>>163
不良債権は早めに処分するべし。

165 :右や左の名無し様:2005/11/16(水) 20:20:51 ID:TspQ0Ws/
紀宮結婚を騒ぎ立てる日本列島の薄気味悪い空気を感じて

現天皇の五女、紀宮が、東京都庁職員の黒田慶樹氏と結婚したという事で、
マスコミはどこもかしこも紀宮と黒田氏の結婚を連日のように取り上げ大騒ぎし、
それに煽動されるかのように日本国民がこの結婚式を注目し、
日本全土は現在、民主主義国家とは思えないような薄気味悪い状況に陥っています。

紀宮の結婚を祝福し、騒ぎ立てる今の日本の状況は、戦前の天皇制ファシズムを彷彿とさせます。
平和を希求する文化的で進歩的な21世紀の日本人なら、
皇室関係者の事など時代遅れでどうでもいいはずなのに、ここまで注目し祝福するという事は、
今の日本人はアジアを侵略した忌まわしき約60年前の野蛮で未文化的な日本人に先祖帰りを起こしつつあり、
今回の紀宮結婚騒動は、戦前回帰の胎動ではないのでしょうか。
私は女性天皇容認問題や今回の紀宮結婚騒動における日本の状況、雰囲気に対し、うすら寒い感覚すら覚えます。

http://blog.livedoor.jp/yuichi_fkd/

166 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :2005/11/16(水) 20:26:20 ID:youpN5Ps
>>165
>右翼と2ちゃんねる関係者はお断りです。速やかに退出して下さい。
おい、そのサイトにこんなの書いてるぞ。コヤツ確信犯の馬鹿サヨだろ?

167 :右や左の名無し様:2005/11/16(水) 20:29:50 ID:jOM0wIqf
(・ω・)ノ{>>162日本の民度を下げているのは、戦争を美化したり幼稚な中韓叩きをするウヨたん達ぽ

168 :右や左の名無し様:2005/11/16(水) 22:34:02 ID:/5WqFTDb
>>167
右翼の人=天皇崇拝が2ちゃんでは、成立しない。
崇拝までいかなくとも、日本国民なら普通、敬うものだがな。
2ちゃん見て不思議なのは、嫌韓中なのに天皇制を嫌う連中が結構いるね。
反皇室と言う点で、連中は革新左翼と変わらん。
嫌韓中で反皇室って、最近の風潮かね?さっぱり理解できんな。

若い世代を中心に民度は確実に下がっているだろう。
最近、子供が簡単に人を殺すニュースが目立つ。
学力低下は酷い。岡崎久彦によると学生レベルだと、日本は中国に負けているそうだ。
別スレにも書いたが、携帯電話は20歳以下は持たせたらイカンね。
ネットもガキにやらせたらイカン。
政府は、すぐに対応し、規制を入れるべきだ。







169 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/16(水) 22:46:27 ID:iHb1Aeca
>>168
そうそう、若者は概して天皇なんぞに興味など無い。
国民の総意を得られなくなった天皇制は廃止するべきでしょ。

170 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :2005/11/16(水) 22:52:11 ID:youpN5Ps
>>169
どこの新聞社の調査でも天皇支持が70〜80%程度でつけど? ブサヨの
見果てぬ夢カコワルーイ。

171 :右や左の名無し様:2005/11/16(水) 22:55:47 ID:qidg2IFO
天皇というだけで俺らと同じ人間。
そんな一個人を崇拝するのはおかしい。
北朝鮮、オウムとなんら変わりない。

172 :右や左の名無し様:2005/11/16(水) 23:08:22 ID:6M74Olog
うんこ皇族

173 :右や左の名無し様:2005/11/16(水) 23:08:41 ID:/5WqFTDb
>>171
全然違うだろ!
正日や松本は己の欲しかない低俗な人間。
天皇は、真逆だ。

174 :右や左の名無し様:2005/11/16(水) 23:14:49 ID:qidg2IFO
>>173
だったら天皇は国民のために何をしている?何をしてくれるんだ?
税金吸い取ってるだけじゃねーか。

175 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/16(水) 23:28:37 ID:iHb1Aeca
>>173
明日の天皇が低俗でない確証は無い。

176 :右や左の名無し様:2005/11/16(水) 23:33:28 ID:jOM0wIqf
(・ω・)ノ{>>168やっぱりウヨたんと嫌韓厨は別なんだ…単発か併発かの違い?

177 :右や左の名無し様:2005/11/16(水) 23:33:48 ID:/5WqFTDb
>>174
国民の幸せと、平和の希求、社会の平穏を誰よりも願っておられるよ。
不満一つ言わずにな。
日本の象徴となられる事は、俗人には堪え難い苦行であるはずだ。
私を語る事が許されないんだから。
日本は資本主義、合理社会だが、天皇制が存続していたからこそ、まだ社会に潤いが残っているとも言える。
皇族の生活は質素だよ。
金にあかしてバカやってる正日や松本と一緒にするな。




178 :ご隠居:2005/11/16(水) 23:35:31 ID:blUkOvDt
分らんのか、どこの国であっても、国家には
国家国民を統合するシンボルが必要なのだ。
アメリカやフランスの大統領は政治的権力を
兼ね備えるシンボル。
日本や英国は政治権力とは別のところにある
シンボル。

179 :右や左の名無し様:2005/11/17(木) 00:46:43 ID:rpj6uiCm
>>178
わかった。じゃあ共和制に逝こうな。
お前の言い方じゃあ反対できないよね。

180 :右や左の名無し様:2005/11/17(木) 04:16:23 ID:oJFpDmjC
まぁ、天皇制が廃止された日本は妄想だけで楽しみな。これだからサヨは非現実的だから困る

181 :右や左の名無し様:2005/11/17(木) 04:33:42 ID:R8O7cywd
(・ω・)ノ{日本のシンボルはミスター長嶋ぽ

182 :神戸人 ◆S3//NYH/w6 :2005/11/17(木) 04:37:47 ID:???
>>179
天皇制はシンボルとして世界有数の威力なんだよ。天皇は米国大統領がホワイトタイで
迎えるのは、教皇と英国王と天皇だけ。外交官1000人分といわれる皇室外交は伊達じゃ
ないんだよ。これを手放すのは国益に反する。あとは、>>177の言うとおり。一人当たり
月17円程度で大活躍してもらってるわけだから、現時点で批判すべき制度ではないだろう。
明日の天皇が低俗になった時点で考えればいい。ただ、みっちり学問をやらされるから確率
は低くなるが。

183 :右や左の名無し様:2005/11/17(木) 04:52:13 ID:???
>>182
それじゃ雅子さんもどんどん外国に出せばいいのに。
せっかく英語ができるのに。
なぜ幽閉してんの、監獄の中に。

184 :右や左の名無し様:2005/11/17(木) 10:04:22 ID:VwsRCTVF
>>178、182
シンボル、象徴が必要!なに 寝言言ってんだぁ 
そんなもん いらねえよ。
あんな 平和ぼけした馬鹿皇族どもがシンボル 
やめてくれ。

185 :右や左の名無し様:2005/11/17(木) 11:16:50 ID:TZPqkUCb
天皇廃止を声高に叫んでいる人は
日本から即刻出てってください。

186 :右や左の名無し様:2005/11/17(木) 11:31:53 ID:0qBcEDZV
しかし、我が国民の幸せや安寧を望むより、世界平和と、他国の幸せを希求
するご発言はいかがと思う。
おかげで、日本、やられっぱなしじゃね〜か。
朝鮮、支那、リップルウッドとかとか、他所の国民なんぞ、ど〜でもいいいの!

187 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :2005/11/17(木) 12:05:33 ID:???
>>182
そういう功利的な説明はよくない。
それでは、米国が皇室に敬意を示さなければ、皇室はどうでもいいような言い方だ。

俺らは「国益」とかいうような損得勘定で天皇を尊敬しているわけではない。

188 :右や左の名無し様:2005/11/17(木) 12:41:31 ID:???
テンノウイラネ,アノトキコロシトクンダッタ

189 :右や左の名無し様:2005/11/17(木) 15:08:48 ID:???
>>186
間違いなく一つ言えることは,
「天皇は右翼みたいな考え方が大嫌い」
ってことだな。

190 :右や左の名無し様:2005/11/17(木) 18:32:25 ID:X3ilr3XD
>>187
どういう理由で尊敬してるんですか?

191 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/17(木) 18:32:51 ID:xQwG1993
>>182
そんな意味の無いものに金を使うくらいなら、奨学金を充実させ
日本の活気を高める方が良い。

192 :右や左の名無し様:2005/11/17(木) 19:58:54 ID:NUlgobFG
雅子さまの追っかけしてるおばちゃんたちにとっては必要そうだが…

天皇制なきゃないで今度はヨン様とか追っかけるんだろうな(藁)

193 :全宇宙全生命永久永遠の大天国zxy:2005/11/17(木) 20:05:51 ID:+bgHjeIQ

日本を愛するものよ 一度観てくれ 頼む 損はしないから

★★★神風特攻隊の動画★★★です ↓↓↓すぐ終わりますよ 長くはありませんので どうぞ

http://nandakorea.sakura.ne. jp/media/sinjituwadokoni.swf
               
              ↑
       わざと スペース空けてあります
       くっけて観てください


マジ 感動する 涙がとまらねぇぇぇーううう。。。(泣き)


 ★↑靖国反対の人も賛成の人も一度 観てくれ マジ感動するから★


194 :ご隠居:2005/11/17(木) 20:14:24 ID:C8CbpMJM
>>184
寝言言ってるのはお前だ。
少なくともお前よりは、日本のシンボルにふさわしい。

195 :右や左の名無し様:2005/11/17(木) 20:54:13 ID:pgplpqWO
どうだろうなあ、俺も今回のサーヤ報道ばかりの
TV見てて、正直疑問を感じたよ。
俺らみたいなド庶民なんかがどう努力しても、
家柄のいい家系と呼ばれるまでには何世代もの努力が必要だろ?
アメリカの進駐によって華族制度は廃止されたけど、
実質日本にはいまだ華族という種類の人間はいるね。
でも、なくすといってもそう簡単になくせるもんなのか?
残すための大きな力が働いてるんじゃないか?
世の中牛耳ってるのは、しょせん財閥とか家柄のいい人たちだろ?
俺自身は、別に大統領制でもいいと思うけどね。
社会主義は御免だけど。

196 :右や左の名無し様:2005/11/17(木) 21:07:42 ID:oJFpDmjC
残念ながら大統領制にはなりません。日本はそういった国だから嫌なら外国に行きなさい。

197 :俺らみたいなド庶民なんかがどう努力しても、:2005/11/17(木) 21:10:11 ID:???
日本はそういった国だから嫌なら>> http://www.bb-chat.tv/

198 :神戸人 ◆S3//NYH/w6 :2005/11/17(木) 21:40:03 ID:???
>>191
その前にもっと意味の無い税金の無駄使いを廃止してから考えましょう。

199 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/17(木) 21:50:00 ID:xQwG1993
>>198
無駄なものに例外は認められない!

 聖 域 無 き 構 造 改 革 き ぼ ー ん 。

200 :神戸人 ◆S3//NYH/w6 :2005/11/17(木) 22:14:40 ID:???
>>>199
全くの無駄ではなく、意見の分かれることなのですよ。明らかな無駄とは意味合い
がちがいます。革命でも起こす気ですか?段階を経ることが失敗のリスクを減らす、
即ち国益になります。

201 :右や左の名無し様:2005/11/17(木) 22:18:24 ID:???
じゃあとりあえず公費から出すの半分ぐらい削るという事で


202 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/17(木) 22:36:18 ID:xQwG1993
>>201
もうイヤなんじゃないの?
中古のベンツとか乗らされるの。

彼等ならもっと金を集め、自由に生活をエンジョイできるよ、廃止が成功すれば。


>>200
革命なんてトンデモナイ、民意による憲法改正を目指します!

203 :ご隠居:2005/11/17(木) 22:42:14 ID:C8CbpMJM
大統領制がそんなにいいのか。
ニクソン見ろよ。
マルコスなんかどうだった。
イメルダの浪費。
韓国の歴代大統領見てみろよ。
李承晩は国外追放。
その後の大統領もほとんど、
訴追されたり、獄に繋がれたり。

204 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :2005/11/17(木) 22:45:57 ID:???
>>202
> 彼等ならもっと金を集め、自由に生活をエンジョイできるよ

えすらむの言う「エンジョイ」した生活ってのは、レベルが低すぎるからなあ

205 :神戸人 ◆S3//NYH/w6 :2005/11/17(木) 22:48:24 ID:???
>>202
がんばって!強い心、知性、勇気があれば運命の力を阻み、しばしばそれを逆転することが可能である。

206 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/17(木) 22:52:16 ID:xQwG1993
>>204
少なくとも彼等が、人格を否定されたって、愚痴をこぼすことは無くなるっしょ。

207 :右や左の名無し様:2005/11/17(木) 22:53:09 ID:???
>彼等ならもっと金を集め、自由に生活をエンジョイできるよ、廃止が成功すれば。

漏れもそんな気がする。

208 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :2005/11/17(木) 22:56:41 ID:???
>>206
たしかに、えすらむは、人々から罵倒されても打たれ強いね。
「人格を否定されたって、愚痴をこぼすことは無」いもんね。

209 :右や左の名無し様:2005/11/17(木) 23:19:27 ID:???
>>203
馬鹿ですか?
お前が上げてるのみんな右翼政権じゃあねえかよ。


210 :ご隠居:2005/11/17(木) 23:23:38 ID:C8CbpMJM
>>209
馬鹿野郎。
ルーマニアのチャウシェスクは右翼か。

211 :右や左の名無し様:2005/11/17(木) 23:28:44 ID:0OWIwbLX
>>203
これまでの日本の首相だって
ロクでもないのばっかだったじゃん。
街にはDQNが溢れて、皇室が品格の規範にもなってないし。
日本もイギリスも水の堀に囲まれた島国のせいか、
君主を退けさせて共和制に移行する頃合を失ったね。

212 :右や左の名無し様:2005/11/18(金) 02:34:01 ID:BfyJnLbh
力で抑えられたくない、抑えられるなら抵抗するといった、このスレいる大半が共産主義的イデオロギーに害されてる若者が多い件について。

213 :右や左の名無し様:2005/11/18(金) 02:38:05 ID:???
>>212
そうか?
逆じゃないの?
寧ろ、圧倒的に屈したい、支配されたい本能的マゾヒズムとでも言うかな。

214 :右や左の名無し様:2005/11/18(金) 03:22:43 ID:???
■右翼に狙われた「朝青龍」〜週刊新潮6月5日号

実は例の”キムチ野郎”発言が物議をかもした5月上旬から、
複数の右翼団体がこれは聞き捨てならじと次々と”決起”。
相撲協会や、文部科学省の競技スポーツ課、九重親方の後援会事務所、
はては首相官邸や日韓議員連盟会長の森善朗前首相などにも「朝青龍をどうにかしろ」

と、執拗な抗議行動を繰り広げていたのだ。
なかには”天覧相撲で弁当に排泄物を入れてやるぞ”と脅迫じみたもの
もあって相撲協会も一時は緊張状態になったという。

【解説】
何故「キムチ野郎」という言葉に「右翼」がキレて抗議行動をするのか?
また、何故天皇を敬愛しているはずの右翼が「天覧相撲」を「排泄物」で汚すようなこと言うのか?
理解できない方は、「右翼 在日」或いは「排泄物 朝鮮」で検索されたし。
とどめ

■在日の辛淑玉(シン・スゴ)も日本の右翼の構成員に在日が多いと認めています。
朝日のインタビューで記者が外国人だったので気を許して、口を滑らしたのでしょう。

Most of those who appear to be right-wingers, she says, are just frustrated people feeling the same sense of
isolation that minorities such as herself feel.Many, in fact, are Koreans, she said.
「右翼と思われる人たちの大部分はフラストレーションを抱え、マイノリティ(彼女自身もそうだが)が感じているのと
同じ孤独感を感じている。実際、その多くがコリアンだ」と彼女は言った。

きりがないのでこの辺で。
皆さんのまわりの街宣車に乗った「右翼」は何をしていますか?


215 :右や左の名無し様:2005/11/18(金) 06:57:02 ID:???
>>195 3世代前になると思う、米国大統領の先祖にあたる人はユダヤ人だから、まと
もにやってたら社会の底辺の生活しかできないと、マフィアに手を出すというドキュ
メンタリータッチの映画が公開されている。日本では警察が電話盗聴、郵便物、尾行
等を通じて人的関係を毀損する行為を通じ、社会の底辺で生きざるを得ない人々の生
活向上を破壊している。既得権者を守っている。NTTも警察協力者だから、ヤフー
が一日も早く通信回線を手に入れるべきだ。皇室離脱者取得の15000万円を海外預金し
たら、年収1000万の利子生活ができる。これが既得権者を守っている行政官僚による
政治だ。これを下支えしているのが天皇制という政治体制だ。

216 :ご隠居:2005/11/18(金) 10:35:12 ID:jdlDwLhf
>>211
首相は元首(国のシンボル)じゃねーだろうが。
島国・イギリスだけやないで。
北欧、オランダ、ベルギー、スペイン等
みな君主制だ。もっとよく勉強しろい。

217 :ぱとりおっと:2005/11/18(金) 14:41:28 ID:s7A2v7vX
 テンプラウヨの中に在日がいることは事実です。在日系は韓国非難しないのでチョンバレ^^;

218 :右や左の名無し様:2005/11/18(金) 18:12:31 ID:hlqDlYCh
(・ω・)ノ{つまり、違いは韓国非難するかしないかってだけで、後は在日と同レベルなのがウヨたんて事?

219 :右や左の名無し様:2005/11/18(金) 18:42:10 ID:NOOAD5/u
>>214
在日が営業右翼をやってるということですな。(笑)

220 :右や左の名無し様:2005/11/18(金) 18:48:35 ID:???
>>216
なんか落ち目の国ばっかだな

221 :右や左の名無し様:2005/11/18(金) 18:55:16 ID:???
>>220
落ち目じゃ無い国というと中国か?

222 :右や左の名無し様:2005/11/18(金) 19:10:48 ID:???
>>221
中国は大殺界に入りました
経済格差や環境問題が通信の高度化で浮き彫りになり経済が停滞するでしょう

223 :ご隠居:2005/11/18(金) 20:07:46 ID:jdlDwLhf
>>220
スウェーデンは落ち目か。

224 :右や左の名無し様:2005/11/18(金) 23:30:31 ID:???
>>220
お前、馬鹿なんで相手しねえ。

225 :右や左の名無し様:2005/11/19(土) 02:59:46 ID:???
間違えた。スマソ>>220

おめえだよ>>223

226 :右や左の名無し様:2005/11/19(土) 06:50:52 ID:???
>>177 あんた、天皇の朝飯見たことあるの?

227 :右や左の名無し様:2005/11/19(土) 06:52:54 ID:???
>>178 バカ!天皇に政治権力はない!

228 :ご隠居:2005/11/19(土) 10:37:15 ID:wqJHCJUD
>>227
馬鹿はおめーだ。
しっかり文章読めよ。
「政治権力とは別のところにあるシンボル」と
書いてあるだろうが。

229 :右や左の名無し様:2005/11/19(土) 10:48:13 ID:???
天皇の朝飯うんこって料理番が言ってたね

230 :右や左の名無し様:2005/11/19(土) 15:49:21 ID:xgu95BtC
>>ご隠居
天皇が必要なのは、シンボルが必要だからなのですか?

231 :右や左の名無し様:2005/11/20(日) 22:58:31 ID:59hIt7z8
           _,.  --──- 、_     +
      /_`ン '´           \   + +
    , ' /   ,             ヽ、
.   /      リーヽ-!l  l l   i       ヽ  + 天皇陛下みたいに
   / ,    / /   |li  i l j_l  ,     ハ
   !/ / / _,/ィT「`  lハ! iハ「 l リヽl、i  i i i  +    楽して、人からお金貰って
.  i| i i 7「l,.ェ._     |/ j‐'こサメ、l/! i j li
.  {i l |ハlイ_ノri}    l'  .K^ し| jトl / / i |  +     生活できますように!
    V!l lィ!' !__,..ユ        └--シ ' l/ レ'ニ V|
    ヽi{ l ///       ///  〃/ ./ }ノ
      ヽ. {     r──┐       ー'/
      ヽ    ヽ、__,ノ      ,.r‐='´   + +
.         \            //   + +
           `  、.___,.. - '´ {.\
           /ハ      / ! i\    +
          /' i. ヽ   / .|  ! \
         / /  l  ハ ̄    !  l   \   +
        / ,'   ! ,イ  \   j  l    ヽ.
      /   i    l/ L__/ `ー/   l    / ヽ
     ハ  !   |  | |  /    l   /    }

232 :右や左の名無し様:2005/11/21(月) 00:53:38 ID:WGP+eV4k
本当に天皇は必要なの?
戦前はまだ科学も未成熟で、天皇賛美教育が存在して、
それが惰性で続いてるだけなんじゃないの?
シンボルってなに? じゃあ大統領制のアメリカはシンボルないけど
それなりに繁栄してるじゃん。汚職だのなんだの言っても、日本もどっちもどっち。
キリスト教がシンボル?でも、日本の天皇なんて、アメリカのキリスト信仰ほど
存在感ないじゃん。天皇陛下〜雅子さま〜とか騒いでるのは、爺さん婆さんや
バカそうなオバハンぐらいで、今の若い人は大部分が興味ないでしょ。


233 :右や左の名無し様:2005/11/21(月) 01:00:51 ID:oh788SzE
俺、若いけど天皇陛下はいいと思うよ。

234 :ご隠居:2005/11/21(月) 10:32:59 ID:ttcx/yyQ
>>230
その通り。
どこの国にもシンボルとなる
国旗があり元首がいる。
それを否定するなら、国家の存在を否定するしかない。

235 :右や左の名無し様:2005/11/21(月) 11:26:42 ID:telvq8Jv
>>234
シンボル、国旗が国の存在を肯定するものか?おい、お前 馬鹿か!
馬鹿ならいいけど。二十歳にもなって、税金払ってない奴。
税金を無駄使いしてる、官僚、国家公務員。
意味のない皇族。全て必要なのか!

236 :ご隠居:2005/11/21(月) 11:57:55 ID:ttcx/yyQ
>>235
馬鹿はおめーだ。

237 :右や左の名無し様:2005/11/21(月) 13:46:26 ID:MToEIkLl
別にシンボルが天皇じゃなくても良いじゃねえか。

238 :右や左の名無し様:2005/11/21(月) 17:33:26 ID:???
>>234
シンボルがなくなっても日本ならまた新しいシンボルを作るだろうし、
それで傾くほど軟な国ではない。
(傾くのはバチカンか北かイスラエルくらい)

239 :右や左の名無し様:2005/11/21(月) 17:50:34 ID:oh788SzE
そう考えてるほど失敗する

240 :右や左の名無し様:2005/11/21(月) 18:07:59 ID:utVoPc5K
天皇は日本の歴史、文化に一番深く関わってきた。
日本を象徴するものとして、ここまで適切なものが他にあるか?

241 :ご隠居:2005/11/21(月) 20:15:42 ID:ttcx/yyQ
>>237
総理大臣がシンボルになれるかよ。

242 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/21(月) 20:51:09 ID:mP7WBg+V
>>241
おまいは国民の信託ちゅうもんの尊さを理解できない様子だな。

243 :ご隠居:2005/11/21(月) 21:45:16 ID:ttcx/yyQ
>>242
天皇陛下は国民の信託受けてるじゃないの。
社民、共産に至るまで、憲法第一条にある
象徴として認めているじゃないか。
小泉総理大臣いくら支持率高くても、悪く言う奴も
大勢いるわな。

244 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/21(月) 21:51:01 ID:PCx8QYhi
>>243
信託とは選挙で勝つことである。
天皇たんは選挙の洗礼を受けていない。

245 :ご隠居:2005/11/21(月) 21:57:43 ID:ttcx/yyQ
>>244
憲法で明記されてるやないの。
信託されてないと言うのやったら
今、憲法改正が議論されてるが
ここで天皇をはずすという議論が
出てしかるべきだろ・・・。


246 :糞ウヨ厨房 ◆EO.qomHMmU :2005/11/21(月) 22:09:27 ID:???
ご隠居の勝ち。
ダグラス・ラミスとか天野恵一なんかの反天皇論者は、S−RAM氏の
ような詭弁を弄せず、自分たちが「圧倒的少数派」であることを認めた
うえで反天皇制運動を展開している。すこしは見習ったら?

247 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :2005/11/21(月) 22:11:42 ID:???
しかし、インチキ憲法で明記されているから、というのは論理としては認められない

248 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/21(月) 22:19:09 ID:PCx8QYhi
>>245
天皇が信託を受けていないってのは、憲法とは無関係に受けていないのだ。

口惜しかったら、信任投票だけでもやれっちゅうの。

249 :糞ウヨ厨房 ◆EO.qomHMmU :2005/11/21(月) 22:19:50 ID:???
>>247
じゃあ、その「インチキ憲法」に則って国事行為をされている天皇の
行為は否定すべきとお考え?

250 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :2005/11/21(月) 22:27:21 ID:???
>>249
現天皇のお振る舞いはやむを得ないが、先帝はもっと毅然として
頂きたかった。

251 :ご隠居:2005/11/21(月) 22:28:51 ID:ttcx/yyQ
>>247
インチキ憲法だろうが何だろうが
社・共はそれを護ると言ってるのだろ。
また、自・民はそれを改正すると言ってるのだろ。
ただし、第一条ではなく第九条を中心にね。
>>248
憲法に明記こそ、最大の信託だろうが。
これを改正する時は国民投票するよ。

252 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :2005/11/21(月) 22:30:33 ID:???
>>251
俺は社・共や自・民ぢゃないわ

253 :右や左の名無し様:2005/11/21(月) 22:34:58 ID:???
日本に住んでいる以上、発言の自由に至るまで全ての権利は
憲法に拠ってのみ保障されているわけで、成立の過程を問題視
しているだけでしょう。
憲法が保障する権利だけは都合よく利用しながら憲法を否定している
天皇制廃止論者はネオナチと大して変わらないですね。

254 :右や左の名無し様:2005/11/21(月) 22:39:02 ID:jppSHzKP
>>251
話が噛み合ってないな.
> 憲法に明記こそ、最大の信託だろうが。
どういう意味で「信託」という言葉をこの場で使ってるかエスラムと確認した
ばかりじゃないのか?

> これを改正する時は国民投票するよ。
そんなのは当り前だ. 存続か廃止かを問う「信託」=国民投票を定期的にやれ
ということだろ? エスラムがいってるのは. その投票結果が廃止で固まったら
やっと憲法改正の手続きが出てくんだよ.

255 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :2005/11/21(月) 22:41:18 ID:???
あんなインチキ憲法、アメリカが恫喝して、吉田や幣原がコソコソ
迎合してでっちあげたんじゃないか。
国民は信託したわけではないわ。

256 :糞ウヨ厨房 ◆EO.qomHMmU :2005/11/21(月) 22:45:28 ID:???
>>254
国民投票は実施されていないが、終戦直後はともかく、天皇制は選挙の争点に
なったことはない。自民党から公明、社会党(現社民党)まで濃淡の差はあれど
天皇制支持で一致しているし、共産党だって愛子様生誕を祝う決議に賛同するなど、
天皇制へ摺り寄りが目立つ。
こうした勢力が選挙の度に当選していることを考えれば、あえて「国民投票」せず
とも国民の意思は明白だろう。

257 :右や左の名無し様:2005/11/21(月) 22:58:09 ID:???
まんこ

258 :右や左の名無し様:2005/11/21(月) 22:58:36 ID:jppSHzKP
>>256
>あえて「国民投票」せずとも国民の意思は明白だろう。
もちろん現在投票を実施すれば賛成多数なのは明白だ. しかしだから
やるまでもないという結論にはならない. 定期的に統計をとって
性別・年齢別・都道府県別などで賛成反対の割合がどうなっているか
を知ることは意味がある. 現在では新聞社などの調査が一部その
役割を果たしていると言える. しかし国民投票は天皇制の存続の根拠確立
の手段としてやるべきと思う. 例えば参議院選挙などと同時に実施すればよいと思う.

259 :右や左の名無し様:2005/11/21(月) 22:58:41 ID:mG911T2B
【意味】皇位継承会議の議長はロボット博士【不明】
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1131455769/

260 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/21(月) 23:08:12 ID:PCx8QYhi
4年の任期と、途中の解散による選挙により信託を受ける衆院に選ばれる
首相に勝ちたければ、それ以上に短い周期で選挙による信託を受けるべき。

261 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/21(月) 23:14:03 ID:PCx8QYhi
>>256
政治的実権を持たない、お飾りの人形として認められてきたに過ぎない。
そして、もはや人形はイヤだと、人格を否定するなと、皇族が騒ぎ始めている。

主権者たる国民は、この皇族の不満に対して責任を負わなければならない。

1)主権を天皇家に返還し、国民は皇族の奴隷になる。
2)国民主権を維持し、天皇制を廃止する。

さあどっち?で投票しようぜ!

262 :右や左の名無し様:2005/11/22(火) 04:50:37 ID:tld3j+nS
>>261
甘い。人格を否定するなと言っているやつがいるかと思えば今まで勉強したこともないような遺伝学の書籍を
読んでにわか知識を身に付け,世継ぎのどさくさにいろいろ企んでるやつもいる。

263 :ご隠居:2005/11/22(火) 15:08:04 ID:4VBA66cM
>>258
明白、即ち信託されてるってことだろうが。
もし反対の声が大きくなるなら、当然
憲法改正の動きも出るだろうて。
信託云々するため国民投票せよとは、
憲法には明記されてないわな。
ま、世論調査するという方法はあるが。
>>261
アホか。
なんでその二つで投票や。
主権はあくまでも国民で、その主権者たる国民が
天皇を象徴として仰いでいるのだ。


264 :◆r0FmiN9ADk :2005/11/22(火) 15:28:21 ID:???
というか、
主権者(現在ただいま参政権を有している人々)が、国体(国の枠組み・国柄・国の理念、と言い
換えても良いが)を決める、正当な権利まであると考えるのは、間違いかと。

265 :右や左の名無し様:2005/11/22(火) 16:05:33 ID:HRfeQvln
とにかく、皇族はいらねんだよ。
この現代は!ごたごた ならべるな。

266 :ご隠居:2005/11/22(火) 16:51:45 ID:4VBA66cM
>>265
ごたごた並べてるのはてめーの方だ。

267 :右や左の名無し様:2005/11/22(火) 17:06:23 ID:LZNJBVhd
うんこ皇族

268 :右や左の名無し様:2005/11/22(火) 17:30:57 ID:tld3j+nS
>>264
なんで?「国民の総意に基づく」だから続けるのも捨てるのも国民が
決めることじゃないの?

269 :◆r0FmiN9ADk :2005/11/22(火) 17:39:04 ID:???
>>268
え?なんでも、現在の参政権を持つ人々の多数決で決めても良いとは思えないんだけど・・・。


270 :右や左の名無し様:2005/11/22(火) 17:50:43 ID:???
>>268
「なんでもかんでも」じゃないのは俺も分かるよ。でも国家の一機関で
ある天皇制を例外の方に入れるのは無理があるんじゃない?

271 :◆r0FmiN9ADk :2005/11/22(火) 17:57:49 ID:???
私は、国体(国の枠組み・国柄・国の理念、と言い換えても良いが)について書いている。

無論、天皇とは関係が深いが、必ずしも国事行為を行なう機関としての天皇の定め(天皇制)
と、象徴であることは一致するとも思っていないんで・・・。

国家機関として国事行為を行なわない象徴天皇でも(まぁそんな必要もないが)、国の枠組みの
根拠たる我が国の歴史性とか、国の継続の象徴、国が統合している象徴、歴史的な国柄
我が国の理念などは変らないと思うし、逆にそれさえなくせば、変ってしまうと思うしね。



272 :右や左の名無し様:2005/11/22(火) 18:30:10 ID:???
>>271
連投規制にかかってレスが遅れてしまいました。

それは国家と結び付けなくちゃ存在できないの?「国家の結び付き」とは,
公金でメンテナンスされて国家が後ろ盾を与えること,という意味を念頭
に置いてます。こんな論筋はれさんはもう聞き飽きたことだと思うけど。

天皇制に価値を認める人がいて一方で認めない人がいる。そういう人が
議論して仮に不要論(もちろん「存在の抹消」ではなくて国家からの
切り離し程度のことです)が確立してもなお国に結び付けておくべき,って
こと?それは国民主権より上位に位置するもの?

273 :右や左の名無し様:2005/11/22(火) 19:41:39 ID:R7wHIdIp
経済の事よりも一人の人間の人権を尊重しろ。
よって理屈上いらない

274 :◆r0FmiN9ADk :2005/11/22(火) 20:01:47 ID:???
>>272
いやそういうはなしはあきあきしていないし、最近的確に自分の意見を言えるようになったよ。

人類が不断の努力で獲得した理念があるように、日本人は日本人として不断の努力で
獲得した平和に対する強い希求とか、正義なんていう胡散臭いものより公平で穏やかな
社会を目指したいと思う精神とかがあるわけです。(これは無自覚かもしれないけれども、他
国の文化を知るほどに、よく解ることだと思います。)

私たちは、精神とか考え方や価値観などについて一定の同一性を持つ先人から、我が国という
枠組みや諸制度や考え方や価値観を譲り受け、未来の同様の子供たちに引き渡す、時系列的
な存在でしょう。自分たちの世代だけの利害で、何かを決めていってよいものではない。

個々の価値観はあるとしても、国としてはそういう継続性を持っていると私は思うんで
「日本国の個性が譲り渡され継続していること」を何かが象徴する必要があると思いますよ。

275 :右や左の名無し様:2005/11/22(火) 20:51:13 ID:cla1yFkZ
秋篠宮(39)を最後に

清子(36)彬子(23)瑶子(21)承子(19)典子(17)絢子(15)眞子(13)佳子(10)愛子(3)


9 連 続 女


これは天皇制を終わらせるべきという神の意思に違いない!

276 :ご隠居:2005/11/22(火) 20:55:02 ID:4VBA66cM
>>275
神の意思っておまえ、どこの神さんや。

277 :右や左の名無し様:2005/11/23(水) 00:27:12 ID:???
>>274で言っていることは簡単に言えば伝統スレでれさんが主張していた
ことのまとめですね。あのスレはちと理解できない(これは単純に僕の
知識,語彙,その他が不足しているという意味であり,あなたを侮辱している
意味合いは全くありません,念のため)部分が多かったのですが,好むと
好まざるとに無関係に私は日本人であり,よって無自覚だとしても日本の
文化と価値観を共有している(そしてそれは格別の理由がない限り残す
方がいい),という部分は,一般抽象論としては納得できる部分もある。
だから僕は>>274の最後2行を除いては一部賛同できる部分もある。ただし
国民の議論・意思とは無関係に残すべき伝統があるかどうかについては
僕はあなたと意見の一致を見ないようですが。

さて,れさんはその伝統の具体例として天皇制を念頭においておられると
感じるのですが,天皇制以外に例を挙げるとすれば何がありますか?


278 :右や左の名無し様:2005/11/23(水) 20:30:51 ID:yuMaHU7R
>>271,274
おおー、、、毎度毎度れさんのご意見には納得させられます。

ただテイノーな自分にとってはちょっと難しい文ですけどねw
しかし 頭のいい人が自分より頭の悪い人間と話をするときには
レベルを下の方に合わせなければいけない、と言いますしね、まあ仕方ないですねw

279 :右や左の名無し様:2005/11/23(水) 20:44:40 ID:???
天皇が国家ならウヨの祖国、北の半島になるな

280 :右や左の名無し様:2005/11/23(水) 21:46:01 ID:???
合理的な必要性は無い。が ある種の偏執者にとっては
鰯の頭も信心 という類の心のよりどころとして必要とされとるようだな

281 :ご隠居:2005/11/23(水) 22:14:03 ID:CQgicVFG
>>280
偏執者はおまえら。


282 :右や左の名無し様:2005/11/24(木) 13:03:42 ID:zPvJSjzG
>>274
「私たちは未来に色んなものを引き渡すだけの存在だ」って言ってるんですか?未来の利害も考えて変えれば良いじゃないって思います。
あと、なぜ継続性があると象徴する必要があるのか教えてほしいです。

283 :右や左の名無し様:2005/11/24(木) 13:55:02 ID:4fHKW87P
伝統を守るため

284 :右や左の名無し様:2005/11/24(木) 15:03:25 ID:zPvJSjzG
>>283
それじゃ答えになってないよー。もうちょい詳しく書いてよ。

285 :右や左の名無し様:2005/11/24(木) 18:21:12 ID:???
俺,天皇制残せるものなら残した方がいいと思ってたけど最近のテレビや週刊誌で
XだYだ言ってる電波な歴史家だけはまじ勘弁願いたい。あんなの出せば出すほど国民
にそっぽ向かれるの早く気づけっての。天皇制の流れってのを感じるのは源氏物語
みたいな古典読んだり歴史的建造物見てしみじみ昔の文化を偲んでいるときなのに,
血なんて正直どうだっていいんだよ。万世一系なんて神話の夢に包まれて信じたふり
してるうちがいいんだよ。それを遺伝子だとか言い出すから一気に夢もさめちまう。
左翼に馬鹿にされるのは我慢できても一般の国民に馬鹿にされてるの知ってんのかよ。
家系図に多少うそが入ってたって正直だれも気にしやしねえよ。そんなこじつけより
愛子さんを蹴落として強引にのし上がってきた奴に今の皇室に親近感持ってる一般人
が手振ると思ってんのかよ。

人間の平等で押して来る左翼の理論に対抗する理論が「伝統」と「Y」の一点張りって,
まじ勘弁。そのうち2ちゃんねらー左翼以外からもクソウヨ呼ばわりされちまうぞ!
自分たちのせんずりばっかりしてねえでせめて国民の方見てくれよ。


286 :右や左の名無し様:2005/11/25(金) 00:02:54 ID:???
天皇の為に死ぬ為

287 :右や左の名無し様:2005/11/25(金) 00:12:54 ID:+sW+OCHm
天皇は戦争に負けたときに死刑になるために存在しています

288 :右や左の名無し様:2005/11/25(金) 08:00:04 ID:LukLKZJn
               ,.ィ ´          `ヽ、,. - 、
              /              ヽ.  ヽ.
            / /      ,   、     ハ   ',
         / /  /  /   !/、,,__,..-ヘ l   ! l   i
.        ,' /  .!  l   l !     !l   l l!   |
.          | i ,  |  |!  |li      |L. L!l-il   ll 天皇陛下なんて生活に必要ナイわ。
       _j l i _,.l--H‐ュ! l     ,!ヒ‐ノ、!リl| ! リl
      / .!/ l l  |ヽ,r'7⌒ド      ィ_,ノ ilVリ  /ノ    なんでそんなモンにお金が要るのカシラ。
     /  /  V! il/ ヘ-イi|      |、_ソ| ./,.ィ
.    /   〉 /ヽ!ヽl  { rソ,ノ!      ゝ、ツ イ/,ノ    サイコーにバカバカしいわ。
    く    〉ヘ ヽ ヽ、 `ー'´    `     .ノイ
     \  i  |ヽ、          ,..、    ,.イ! |    年間に30億円以上もあげることないわ。
      `r i!  |  `¨^ヽ、_     ー' _,.ィ´ ll l
      / ! i |     ヽ ,.エー--‐T、 |   l! l    交通遺児なんかの施設に毎年投下すれば
      〈  | l  l     く r--ニ=、_/-ヘ    ヽヽ.
       ヽ| l ,.-! l     ヽ    L!   l    li l      イイのよ。
        y、 ヽヽ     ヽ  /,ハ\___!   l`ヽ.
         / ヽ  ヽ\     レ / iヽ  ヽ    !  i   新世紀になって王制なんてアホね。
       i    ヽ    \   ├'  i ヽァ‐^ヽ  | /|
       |    \    ヽ i iト、  l /   /!/Y !
      /      i /   }ハ リ ヽ i /  / ,ノ ! .|
       〈       l/   ノ ノ \ V /    l  |

289 :右や左の名無し様:2005/11/25(金) 10:33:05 ID:???
>>288
毎度毎度AA素敵っすNE!!

290 :ご隠居:2005/11/25(金) 10:49:06 ID:4cF44ZZb
>>288
イギリスやスウェーデンはアホか?

291 :右や左の名無し様:2005/11/25(金) 10:56:19 ID:???
>>290
アホだよ。日本と同じく。

292 :◆r0FmiN9ADk :2005/11/25(金) 10:56:42 ID:???
>>277-278
えーとまず基本的に、天皇スレが複数ある中で、二つ以上に常駐すると言うのは
2chと言う場で、余り適切でない中で、名指しでの質問だから、回答するスタンス
であることを断わっておきます。

で、二点有るのですが、一点は
>国民の議論・意思とは無関係に残すべき伝統があるかどうかについては
と言うのは、伝統と言う言葉の定義の問題だと思います。「世代を超えて譲りわたされた
民族などの一定の集団が有する、制度や文化などなどから導かれる基本的な心のあり
方、魂の有り方」と、仮に定義してしまえば、その同一性は、過去と現在と未来において
同一性を有する(つまり時系列的同一性の存在)と考えられるわけで、うつろいやすい
人々の価値観に基づく、「現在の世代の議論や意思」が、どれほどに伝統に関する尊重の
作法をしてなされ、発せられるかが重要でしょう。
   単純に言えば「未来の日本人に対する考慮」の問題です。

二点目は、天皇制だけではないと思います。と云うより、それは表現されている一部で
私は、和の理念と表現していますが、その伝統的な価値観(諍いを忌避すること、何事も
絶対と見ず、作法を持った(党派心を捨てる、の根源的な意味合いで)衆議への信頼)など
についてを、伝統として最も重視しています。(そこまでの話には2chでは、まずなりませんが・・・。)


293 :ご隠居:2005/11/25(金) 13:03:42 ID:4cF44ZZb
>>291
ノルウェー、デンマーク、ベルギー
オランダ、スペイン、タイ
みなアホか?
で、アメリカ、フランス、ロシア、
中国、韓国はみなカシコイのか?

294 :右や左の名無し様:2005/11/25(金) 13:23:08 ID:???
>>293
名前から想像するけど,あなたいい歳してんの?いろいろなスレで
短い書き込みいっぱいしてるみたいですけど。

文脈から言えば,世襲の王族税金で囲ってる国はどこも同じ問題を抱えて
いると言えるでしょう。そしてやがてはみな同じ議論に行き着くでしょう。
アホなのかカシコイのか,アホなのに続けるのか,カシコイのにやめちゃう
のか,いろいろ各国の人が判断すんじゃない?

295 :ご隠居:2005/11/25(金) 13:32:34 ID:4cF44ZZb
>>294
「どこも同じ問題を抱えている」というのは
聞いたこがないが。
もちろんそれぞれの国が判断するよ。
日本では天皇制を廃止という意見はまだ少数だ。
ちなみにスペインは共和制から王制に復古したな。

296 :右や左の名無し様:2005/11/25(金) 13:48:50 ID:???
>>294
明示すると,「どこも同じ問題を抱えている」というのは,存続すべし
という意見と廃止すべしという意見の対立をどう調整するかって問題のことね。
これなら「どこでもある」に賛同してもらえると思うけど。

で,天皇制に反対する人の本質的理論は「人間の平等」にあるから,
そういう人は天皇制だけでなく全ての王制に反対してると思うよ。
だから実は「皇室は税金の無駄」ってのは彼らの本質的理論ではない。
税金の無駄なんて他に山ほどあるし,場合によっては○×にもっと
税金出せってこともあるし。

297 :◆r0FmiN9ADk :2005/11/25(金) 15:29:20 ID:???
人間の平等との対立なら、別に完全に国政に無権能なんだから、日本の場合重篤な対立じゃ
ないだろうよ。w

だから政党において廃止論は皆無じゃん。

298 :ご隠居:2005/11/25(金) 16:42:24 ID:4cF44ZZb
>>296
私が例示した国々で「意見の対立」というのは
あまり聞かないがね。
唯一、ネパールでは毛沢東派などが強烈に反対してるようだが。
もちろん日本でも聞かんな。ここ2ch以外は。

299 :右や左の名無し様:2005/11/25(金) 18:23:32 ID:QyhwBCQK
「人間の平等」で天皇制に反対してる?
違うよ、乞食は乞食らしくしろよ。
秋篠宮みたくカッコつけんなってこと。



300 :右や左の名無し様:2005/11/25(金) 18:27:04 ID:???
>>292
>「世代を超えて譲りわたされた
>民族などの一定の集団が有する、制度や文化などなどから導かれる基本的な心のあり
>方、魂の有り方」
定められた『制度や文化などなど・・・』は譲り渡されるのではなく
どのような形であれ常に引き継ぎを強制されている。
引き継ぐも継がぬも好き誤勝手にどうぞと置き散らされている訳ではない。
しかしながら、情報が完全無欠で引き継がれることは有り得ないために
時系列上の個々を比べれば酷似していることはあっても同一では有り得ない。
全ての存在は、拡散し希薄化し消滅することが世の摂理。
外力を受ければ変化の速度が早まることはあっても遅くなることはなく
他のものと混交し異質なものへと変って行くのが物事の道理であり
人がこれを止めることは不可能。
時々の変化変質は好悪に係りなく受け入れるしかないものだ。
未来への考慮という言い方は、自身は何も変化を容認決断していないから
後々どうのように変化変質しようと責はない(責を負うような決断はしたくない)
という良い子ブリッコのエクスキューズでしかない。

>和の理念
マルキストが基盤とする絵空事

>衆議
一部の選択された利害関係者間の決め事
全集団の全ての意向が考慮反映されるというならば
これまたマルキストの絵空事。

301 :右や左の名無し様:2005/11/25(金) 19:01:04 ID:???
>>295
>日本では天皇制を廃止という意見はまだ少数だ。
天皇家の近状報告以外で天皇制擁護の意見ってよく耳にする?
今話題になってないだけじゃないか
>ちなみにスペインは共和制から王制に復古したな。
あそこは首長が変になったのを利用されただけ。

>>297
>人間の平等との対立なら、別に完全に国政に無権能なんだから、日本の場合重篤な対立じゃ
>ないだろうよ。w
逆、天皇家の人は国によって外交などの道具に使われて自由権がない。

>>298
>私が例示した国々で「意見の対立」というのは
>あまり聞かないがね。
日本で平穏な関係を保っている国の政治議論番組や
雑誌って見る機会ある?

302 :◆r0FmiN9ADk :2005/11/25(金) 19:11:07 ID:???
>>301
自由権が無い?具体的に・・・。

どんな自由権(法学上の自由権の種類)が制限されており、
それが他の公務員(例えば総理大臣や最高裁判事)と比較して許容できないほどに不当で、
かつ、それを是正すれば天皇制の維持が困難である場合に
初めて廃止の根拠となるわけだが、説明していただけるかな?



303 :ご隠居:2005/11/25(金) 20:17:45 ID:4cF44ZZb
>>301
スペインの国民が選択したんだろうが。


304 :右や左の名無し様:2005/11/26(土) 02:20:56 ID:???
天皇という血筋が存在するのは変えられないことだが、天皇を援助する気のない人の金を回すのはやりすぎだと思う。


305 :ご隠居:2005/11/26(土) 10:01:29 ID:G01YWdaH
>>304
君は民主主義というのを知らんのか。
例えば、生活保護者に税金を回すのは反対だ、
という少数意見があったとしても、それに従って
生活保護打ち切りとはならないわな。
税金の使い道は国民の代表者が決めるのだから。

306 :右や左の名無し様:2005/11/26(土) 14:25:28 ID:KmKA5Jtj
>>305
おい、その少数意見の生活保護が打ち切りなりそうなんだ。
お前知ったかぶりもいい加減にせやな。


307 :ご隠居:2005/11/26(土) 20:24:48 ID:G01YWdaH
>>306
打ち切りなら打ち切りで結構。
しかし、それは少数意見では決まらんよ。
多数意見になった時に決めるのだ。
それが民主主義。

308 :右や左の名無し様:2005/11/27(日) 01:20:54 ID:???
まぁ民主主義で決まるのは結構なのだが、人情としては愚痴って意思表示したくなるのよ。そんだけ。

309 :右や左の名無し様:2005/11/27(日) 17:52:57 ID:???
殺せ天皇制。

310 :ご隠居:2005/11/27(日) 18:14:00 ID:jNuihoCn
>>309
何とかの遠吠え。

311 :右や左の名無し様:2005/11/27(日) 19:05:54 ID:oZ80BHQv
最近話題になっている女系天皇容認問題ですが、天皇制維持のために断固反対しましょう!
○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○
┃●この問題が良く分からない方は、下記をどうぞ。●        .┃
┃  http://www.geocities.jp/banseikkei/qa.html      .    . ┃
┃                                        ┃
┃★女系天皇を認めるとどうなるのか。(一目で分かります↓)★  .┃
http://www.geocities.jp/banseikkei/aikosama-kodomo-keifu.jpg ..┃
○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○
お時間がありましたら、http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1132935112/114-128/も見てくださいm(_ _)m
皇籍復帰が望まれる元皇族については、http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1132935112/143-149/をm(_ _)m
旧皇族
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E7%9A%87%E6%97%8F

↑こちらもご一読くださいm(_ _)m



312 :右や左の名無し様:2005/11/27(日) 19:31:39 ID:???
必要ない

313 :お蚕様:2005/11/27(日) 20:58:49 ID:yskOnUwT
天皇の存在は
蟲でも認めない。

314 :ご隠居:2005/11/27(日) 21:33:58 ID:jNuihoCn
>>313
お前のような虫が認めなくても、何の痛痒もない。

315 :右や左の名無し様:2005/11/27(日) 21:34:59 ID:045JSuqe
税金の無駄、いらない

316 :ご隠居:2005/11/27(日) 22:33:54 ID:jNuihoCn
>>315
ここだけで吼えとってもしゃーないで。

317 :右や左の名無し様:2005/11/28(月) 08:19:50 ID:7BvhbR4R
憲法で国民統合の象徴といっている。

憲法上は必要となっている。
憲法を改正しないで天皇制を廃止するなど憲法違反だ。

318 :右や左の名無し様:2005/11/28(月) 15:52:26 ID:LLcftorJ
>>317
だから、なんなんだ。
憲法がどうのこうのじゃなくて
ここは、天皇が必要かどうか、それぞれ個人の意見を
話す場じゃないんですか?
あなたの考えを発表すればいいじゃないのですか?
それと、必ず返してくる、お前!お前だよ!
返してこなくていいから!おい お前だ!
おいらは、早く 皇族がこの日本から消えて欲しい
一人です。

319 :右や左の名無し様:2005/11/28(月) 16:16:23 ID:???
おまえら今のうちから竹田に手を振る練習しとけよ, 俺はしないけど.

320 :右や左の名無し様:2005/11/28(月) 18:37:24 ID:???
>>302
職業選択の自由がない
第3条によると精神又は身体の不治の重患や重大な事故がなければ
天皇を拒否できない。

養子をとる自由がない
第9条より天皇及び皇族は、養子をすることができない。

婚姻の自由がない
第10条 立后及び皇族男子の婚姻は、皇室会議の議を経ることを要する。

信教の自由がない
第24条 皇位の継承があつたときは、即位の礼を行う。 
第25条 天皇が崩じたときは、大喪の礼を行う。

参考 皇室典範http://www.houko.com/00/01/S22/003.HTM

ここまで生活が規制されていては不当、改正すれば文化的な天皇制の意義はなくなる、
これではまさに国の『もの』だね。

>>305
民主主義の国政は無回答と関心なし以外の最も多数な意見に従う、
意見が細分化されていればたとえ5パーセントの意見でも最も多数はである限り従わなくてはならない。

>>317
象徴は機関ではない、南北戦争は今は終わっていてもアメリカの象徴、
別に廃止されても天皇を忘れない限り第一条は守られる。

>>318
ここは言った意見に対して議論する場、
ただ発表したいだけなら誰もいないような提示版でやれば。

321 :右や左の名無し様:2005/11/28(月) 18:52:19 ID:xK7rDdZA
>>311
女系は問題ない女性は問題
要はアマテラスと一帯になれれば問題なし

322 :◆r0FmiN9ADk :2005/11/28(月) 19:24:45 ID:???
>>320
>職業選択の自由がない
即位の際の意思確認と、退位の自由を認め、皇籍離脱が可能なようにしても
天皇制を廃止するほどの重篤な危機は発生しないでしょうから、廃止の理由には
なりません。

>養子をとる自由がない
養子を取る自由を認めても天皇制を維持する重徳な問題は発生しませんから、以下同文。

>婚姻の自由がない
議を経なければならない≠自由がない です。国会議員は国会の承認がなければ国会議員
を辞めることが出来ませんが、職業選択の自由がないとは云いません。
総理大臣は次の総理が任命されるまで総理大臣でいなければなりませんが、以下同文。

>信教の自由がない
即位の礼や大喪の令は国事行為です。天皇が国家機関として行なうそれは、政教分離違
反ではない=宗教と関わらない行為、のはずですし、仮に関わっているとしても、それが
職業として選択した結果なら、自由権を侵害するとまではいえません。

改正しても天皇制の意義は危機に陥りません。ご苦労様でした。

323 :右や左の名無し様:2005/11/28(月) 19:29:22 ID:???
殺せ天皇制

324 :民主主義者:2005/11/28(月) 22:35:18 ID:g2jkVXds
2chを見ても日本には天皇という地位が要らないと主張したがる輩が普通に存在しているし
客観的に判断すればそのような者がすべて外国の工作員でもないだろう
これは何故かと考察を重ねていくつかの仮説を打ち立ててみたがしっくり来るものというとひとつだけである

「日本においては人々が民族という概念を極めて軽視するようになった」これが第一の原因ではなかろうか
例えば日本は大和民族の支配する国であるとしよう(そうでなければ天皇という地位が国家統合の象徴であるはずがない)
現在日本に住む人々のうち一定数は日本を支配する民族が漢でもアングロサクソンでも別にかまわないと考えているのかもしれない
どこの民族が支配しようと自分らの生活は変わらない 何の根拠もなくそう信じ込んでいるからこそ日本に天皇という地位は要らないと言い出すのであろう



325 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/28(月) 22:40:57 ID:8/HzhO0A
>>324
それは違うよ、天皇に民族のアイデンティティーを感じないほど、民族
の同一感が増したってことだ。

あんなボンボンの一家など居ても居なくても、ニッポンはニッポンである。

326 :右や左の名無し様:2005/11/28(月) 22:41:26 ID:???
トンチンかん。天皇制廃止は政治問題。戦前の政治体制、自民党大政翼賛会政治が
続いている。その下支えが天皇制であり、天皇制廃止とは憲法1-8条削除を示す。

327 :民主主義者:2005/11/28(月) 22:58:30 ID:g2jkVXds
>>325
君の言う民族とはネイションをさすのだろ 
大和だの漢だのアングロサクソンだのはエスニックグループの訳語としての民族だよ
エスニックグループ大和を定義してみてくれるかな

>>326
オレも自民党なんぞとっとと分裂すべきだし民主党も然りとは思うが
天皇制が現在の政治体制の下支えであるとする根拠が書いてないぞ


328 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/28(月) 23:22:42 ID:8/HzhO0A
>>327
エスニックを言うなら、日本には「日本語」て言う最強のエスニックを指し示す
指標があるじゃん。

天皇なんぞ必要なっしんぐ!

329 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/28(月) 23:27:34 ID:8/HzhO0A
外人がしゃべる下手糞な日本語をして「日本語が御上手ですね〜。」てな。
コリこそ、世界最強固のエスニックである証であろうとおもふ。

330 :民主主義者:2005/11/28(月) 23:28:18 ID:g2jkVXds
>>328
君も懲りないねオレは議論をしたくてこのスレに居るのだぞ
君はプロパガンダが流したいだけでしょ
それからね「日本語を話せば大和民族」なんて定義はおかしいから
ここでクイズをだすね「英語を話す人はどこの民族?」

331 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/28(月) 23:40:08 ID:vJAgjEjU
>>330
英語のようにグローバルな言語じゃないところがいいんじゃない。

332 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/28(月) 23:41:38 ID:vJAgjEjU
味噌汁もあるし、関西人を除けば納豆もある、いくらでも日本のエスニック
を挙げられるさ。

 天 皇 な ん ぞ 意 味 が 無 い 。

333 :ご隠居:2005/11/28(月) 23:47:35 ID:O0v6h/LH
>>332
だからこんなところで吼えてないで
実名で新聞にでも投書してみろよ。

334 :右や左の名無し様:2005/11/28(月) 23:56:43 ID:S1EnbJ+/
実名で?
そんなんただの馬鹿だよ。


335 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/28(月) 23:58:45 ID:vJAgjEjU
>>333
ご隠居は実名の名前でなくていいから、実際のお勤めの会社名をどんぞ。

336 :右や左の名無し様:2005/11/29(火) 00:00:59 ID:???
>>335
隠居してるから無理

337 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/29(火) 00:02:11 ID:WCKHDBkZ
>>336
たぶん隠居してねぇよやつは。

338 :右や左の名無し様:2005/11/29(火) 00:12:46 ID:???
>>337
S-RAMの予測は当たったためしがない。

339 :民主主義者:2005/11/29(火) 00:18:15 ID:D3stuzsN
S-RAM君を見ればオレの>>324での主張が理解されると思う
彼のように言葉や料理の好みでエスニックグループは存在しうるのだという主張をする者からすれば
民族の対立など彼にとってはばかばかしい戯言のように思えるに違いないし
民族差別なんて在り得ない気違い沙汰のように感ずるだろう
だが勿論現実には民族の対立はあるし民族差別もある

S-RAM君 
君は言葉の違いや料理の好みの違いで対立したり差別したりすると思うのかな?

340 :右や左の名無し様:2005/11/29(火) 00:45:15 ID:???
>>322
>天皇制を廃止するほどの重篤な危機は発生しないでしょうから
>養子を取る自由を認めても天皇制を維持する重徳な問題は発生しませんから
直系じゃなきゃそこいらのオッサンに任せたって同じ 結局本末転倒じゃん
>>婚姻の自由がない
承認がないといけないと法を改正しなければいけないでは違うんじゃない

そんな天皇制引き継いだ天皇なんか象徴として認めていいの?

>>324
>「日本においては人々が民族という概念を極めて軽視するようになった」これが第一の原因ではなかろうか
それは自分中心心理つまり
自分は普通 他は違うと思っているにすぎない それは政府の経済的排外政策や国産好きをみればわかるだろう

341 :右や左の名無し様:2005/11/29(火) 01:36:09 ID:???
あー、俺も天皇に生まれたかったなぁー(笑)
豪邸に住んで一生平民から搾取した税金で贅沢三昧して暮らせるし。
特定郵便局の局長の世襲が問題になってたけど天皇の世襲については何のお咎めもないんだしw

342 :女系天皇容認は天皇制廃止への第一歩です:2005/11/29(火) 06:45:19 ID:UCXGOrGb
最近話題になっておる女系天皇容認問題。。。
日本の最高の宝である、皇室伝統を維持するため、女系天皇容認に断固として反対しましょう!
○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○
┃●この問題が良く分からない方は、下記をどうぞ。●        .┃
┃  http://www.geocities.jp/banseikkei/qa.html      .    . ┃
┃                                        ┃
┃★女系天皇を認めるとどうなるのか。(一目で分かります↓)★  .┃
http://www.geocities.jp/banseikkei/aikosama-kodomo-keifu.jpg ..┃
○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○
お時間がありましたら、http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1132935112/114-128/も見てくださいm(_ _)m
皇籍復帰が望まれる元皇族については、http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1132935112/143-149/をm(_ _)m

旧皇族とは(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E7%9A%87%E6%97%8F

↑こちらもご一読くださいm(_ _)m

















343 :天皇制が下支えである理由:2005/11/29(火) 07:35:56 ID:???
天皇は戦前の政治最高権力者であった。戦後も、日本の象徴という意味不明ではあ
るが地位が与えられているので、戦前の体制批判がないと大衆、政府筋に受け取ら
れる。戦後、戦犯という戦争指揮者で政治責任を負うべき役割をなした人物の首相
就任のように、戦後、戦前の政治体制が否定されず、温存され継続が認められる。
国内政策の多くが戦前の金融統制経済政策の踏襲継続が指摘されているとおり。こ
れを暗黙のうちに認諾する理由になっている。GHQの日本統治政策の成功は評価
されるだろうが、個人的徳目の観点からは、天皇温存で人々に尊敬されないの
は間違いない。

344 :右や左の名無し様:2005/11/29(火) 08:12:14 ID:???
女系天皇容認7割 継承順は第1子47% 本社世論調査

 朝日新聞社は26、27の両日、全国世論調査を実施し、母方だけに天皇の
血筋を引く「女系天皇」の是非について初めて聞いたところ、「認めてもよい」
との答えが71%に達した。男系、女系を問わず「女性天皇」については、7
8%が支持した。女性天皇を認める場合の皇位継承順をめぐっては、「最初に
生まれた子どもを優先」が47%、「男子を優先」が39%と、意見が分かれ
た。
 「皇室典範に関する有識者会議」が24日、首相に報告書を提出し、「女性
天皇」「女系天皇」を認める方向を打ち出したのを受け、調査した。
 「女系天皇」に関する質問では、これまでは父方に天皇の血を引く男系の天
皇が続いており、女性天皇の子どもが天皇になるとしたら「歴史上初めて、母
方だけに天皇の血を引く女系の天皇を認めることになる」と前置きしたうえで
「男系を維持する方がよいか。それとも女系天皇を認めてもよいか」と尋ねた。
 その結果、「男系維持」は17%にとどまったのに対し、「女系容認」が大
きく上回って71%を占めた。「女系容認」は年齢が高いほど少ない傾向にあ
り、20代の84%に対し、70歳以上では59%だった。
 女性天皇についての質問は、今回が3回目。女性天皇支持は、愛子さま誕生
後の01年12月調査では83%、有識者会議発足後の今年1月調査では86
%だったのが、今回は78%と、やや減少した。
 有識者会議の検討が進むにつれ、男系の伝統を変えることなどをめぐり疑問
の声も上がってきたことで、可能なら男子の継承をと、女性天皇に対しても慎
重な見方がやや増えたとみられる。
 「女系天皇」を認めず「男系維持」と答えた人のうち、女性天皇については
支持する割合は42%に過ぎず、「男性に限った方がよい」が49%で上回っ
た。
 女性天皇を認める場合に、きょうだいの中で第1子と男子のどちらを優先す
るかについては、1月の調査(「第1子」47%、「男子」41%)とほぼ同
じ結果になった
2005年11月28日23時55分
ttp://www.asahi.com/national/update/1128/TKY200511280308.html

345 :ご隠居:2005/11/29(火) 10:10:54 ID:lvNExzad
>>344
女系にしろ男系にしろ、天皇制を存続させる、
という大前提での世論調査だろ。
天皇制を廃止させるという議論は、議論することさえ
未だ世論と成りえてない。

346 :右や左の名無し様:2005/11/29(火) 10:57:08 ID:VWddsyMB
>>318
>おいらは、早く 皇族がこの日本から消えて欲しい
一人です。

おいらは、早く >>318の両親がこの日本から消えて欲しい
一人です。



347 :右や左の名無し様:2005/11/29(火) 11:01:59 ID:VWddsyMB
>>320
>別に廃止されても天皇を忘れない限り第一条は守られる。

天皇の国事行為が出来なくなります。
天皇の承認がないと国会議員が資格を正式に得たことになりません。
国会が開けません。

憲法違反で国家を運営することになり法秩序が崩壊します。

348 :右や左の名無し様:2005/11/29(火) 12:03:46 ID:???
>>320
全部形式的なものじゃねえか。天皇がいないと国会が開けないってアンタ…


349 :右や左の名無し様:2005/11/29(火) 12:04:34 ID:???
>>348>>320>>347の間違いね。ごめん。

350 :右や左の名無し様:2005/11/29(火) 12:13:03 ID:???
>>341
けっ、世襲で日本人になっている奴が何言ってやがるんだ。


351 :ご隠居:2005/11/29(火) 13:07:31 ID:lvNExzad
>>348
「形」が大事だって言ってるだろうが。

352 :ネリネ皇女:2005/11/29(火) 13:45:14 ID:???
>>351
「形」が大事ならば、私のフィギアを玉座に置いても通用するのですね^−^
凛様、これから参りますわ〜☆

353 :民主主義者:2005/11/29(火) 14:11:58 ID:D3stuzsN
>>343
読みにくいな きちんと人に読ませるための文章を書くべきだ

>戦前の体制批判がないと大衆、政府筋に受け取られる。
誰がまたは誰の行動がこのように受け取られるの?

>これを暗黙のうちに認諾する理由になっている。
何が理由であろうと国家繁栄という目的に沿わないならば沿うように変更する枷にはならないだろ

>尊敬されないのは間違いない。
尊敬されないのはGHQ?それとも他の誰か?


354 :右や左の名無し様:2005/11/29(火) 18:49:32 ID:xc6A2bDo
天皇初代が人類の祖なら人類皆天皇家、血筋が途絶えることなどありません。

>>345
ここで議論が起こるのは何故、少なくとも一人は考えているということだよ。
議論されないから議論しないでは議論されることは永遠にない。
>>348
法になっている限り形式ではない。


355 :ご隠居:2005/11/29(火) 20:51:49 ID:lvNExzad
>>354
わかりにくい文章だが。
要は「世論」にまで成り得てないということ。
一人二人考えてるだけではね。

356 :右や左の名無し様:2005/11/29(火) 22:09:42 ID:WCKHDBkZ
>>339 名前: 民主主義者
>S-RAM君 
>君は言葉の違いや料理の好みの違いで対立したり差別したりすると思うのかな?

一度欧米人の目の前で、鯨の竜田揚げを「鯨だよ〜、美味しいよ〜」と言いながら
喰ってみな。
香具師らの目がみるみる、侮蔑の目に変わってゆくだろう。
それは論理でも倫理でもなく感情であり、文化の差である。

エスニックってもんはそんなものの積み重ねだよん。

言葉しかりである、関西弁丸出しのまま関東に転校した小学生は例えどんなに
真面目で堅い性格の持ち主でも、しゃべるたびにふざけていると思われるし、
逆なら、いきなり殴られる目にすらあう。

エスニックとはそんなもの。

357 :民主主義者:2005/11/29(火) 22:43:30 ID:D3stuzsN
>>356
>香具師らの目がみるみる、侮蔑の目に変わってゆくだろう。
>それは論理でも倫理でもなく感情であり、文化の差である。

あのね欧米人が鯨食うのは野蛮だといいはるのは
彼らが(フィンランド等取り決め自体に反対している地域住人除く)鯨を保護すべきだと勝手に取り決めたからだ
文化的に受け付けないからじゃないよ 彼らにとって鯨を保護することは正しいこと保護しないのは悪いことなのだよ

小学生の件については君の想像だろ
少なくともオレは小学生のころ神戸から越してきた女の子と同じクラスだったことがあるのだが
彼女は別にふざけたやつだとは思われてなかったぜ 勿論これはオレの体験に過ぎないからどうという事もないが
君も想像してでっち上げたことを一般的として語るのはやめるべきだ

358 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/30(水) 00:15:22 ID:GV6zhFq8
>>357
そんな理詰めの話じゃないよ、なぜって聞けば「鯨が可哀相!」て答えが
返ってくる。

で、牛はって話だが、怒り出すだけで話にならない。

359 :右や左の名無し様:2005/11/30(水) 00:46:52 ID:???
天皇制についての世論調査をしても意味ない。警察弾圧があるし、事実から目をふさ
ぎウソを蔓延させている。意味がない。

360 :右や左の名無し様:2005/11/30(水) 00:48:47 ID:???
宮内省を廃止してからアンケートを取るべき

361 :右や左の名無し様:2005/11/30(水) 09:32:24 ID:p4yaghrd
>>357
同感。人間10人いれば10人の考え方があり。自分で良かれと思ったことが、
他人にとっては悪だったりするよね。それが、宗教、文化、生い立ちなど
違ったら、なかなか難しいよね。
でも、人間は話合える事ができるよね。その上でお互い「歩みより」をす
ることができる。どっちかが折れるんじゃなくて、お互いにね。そして、
時間をかけていい方に向かっていけばいいじゃん。天皇の事も。

362 :ご隠居:2005/11/30(水) 12:16:38 ID:DVYpOTbi
>>359
「警察弾圧」とは恐れ入ったな?
いつの時代の話だ。

363 :右や左の名無し様:2005/11/30(水) 15:27:12 ID:tHzt1FV/
天皇制があろうとなかろうと、どちらにせよ日本は働き手が減る上に高齢者が増え経済水準は下がるので意味なし。経済大国の役目は終わりました。これからは中国、インド、ブラジルの時代です。

364 :右や左の名無し様:2005/11/30(水) 16:42:53 ID:???
>>357
同意、ランプの油を石油から作るようになったら、急に言い出した。
>>358
ヒンドゥー教徒が怒り出すよ
>>359
君の国じゃないんだからw
>>361
現実に超個人主義者もいれば人類不要主義者もいる、
どちらかが折れるかどちらもが折れない限り、
どちらがいい方なのかなど誰も判断できない。
>>363
経済大国だから天皇制があるわけではないだろ。
中国はさっさと一人っ子政策をやめるべき。

365 :右や左の名無し様:2005/11/30(水) 18:49:36 ID:hinirJCc
壇君=神武天皇

天皇は金一族と同じ

366 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/30(水) 21:51:22 ID:GV6zhFq8
>>364
その怒り出すヒンドゥーこそ、食い物が文化、エスニックであることを示している。

367 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/11/30(水) 22:03:57 ID:GV6zhFq8
>>339
をご参照あれ!

368 :女系天皇容認は天皇制廃止への第一歩です:2005/12/01(木) 06:19:16 ID:???
最近話題になっておる女系天皇容認問題。。。
日本の最高の宝である、皇室伝統を維持するため、女系天皇容認に断固として反対しましょう!
○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○
┃●この問題が良く分からない方は、下記をどうぞ。●        .┃
┃  http://www.geocities.jp/banseikkei/qa.html      .    . ┃
┃                                        ┃
┃★女系天皇を認めるとどうなるのか。(一目で分かります↓)★  .┃
http://www.geocities.jp/banseikkei/aikosama-kodomo-keifu.jpg ..┃
○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○

お時間がありましたら、http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1132935112/114-128/も見てくださいm(_ _)m

皇籍復帰が望まれる元皇族については、http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1132935112/143-149/をm(_ _)m

旧皇族とは(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E7%9A%87%E6%97%8F

↑こちらもご一読くださいm(_ _)m















369 :右や左の名無し様:2005/12/01(木) 17:45:17 ID:???
>>339
崇めてる動物を食ってる奴がいたら対立する

370 :民主主義者:2005/12/01(木) 23:29:00 ID:Jksj+gaQ
>>358
大人気ないまねするなよ
どうして人を殺しちゃいけないのって質問しているようなものだ

>>361
歩み寄れるならそれに越したことはない

>>366
誰も突っ込んであげないのも可哀そうだからオレが
ヒンドゥ(ヒンズー)って民族じゃなくて宗教だよ 

>>369
それは食べ物の好みの問題ではなく宗教の問題

371 :右や左の名無し様:2005/12/02(金) 17:39:39 ID:x4v3wdrZ
>>339
自分の好きなものや長年続けてきた習慣を否定されたら怒りえを覚えるのは当然
>>370
>どうして人を殺しちゃいけないの
民主政治の世界では大部分の人が、殺してはいけないという考えをもっているから。
独裁政治の世界では独裁者の人が、殺してはいけないという考えをもっているから。
論理問題では最初に論理を唱えた人が、殺されたくなかったから。

372 :◆r0FmiN9ADk :2005/12/02(金) 18:26:11 ID:???
ワロタ

373 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/12/02(金) 21:28:23 ID:oUs3x9up
>>370
エスニックとは、DNA的分類より宗教的分類の方が大きかったりする。
ユーゴスラビアの分割がそれを如実に示している。

374 :右や左の名無し様:2005/12/02(金) 21:33:11 ID:???
神聖不可侵たる天皇陛下に対し奉り不逞甚だしい。
非国民は纏めて半島なり大陸なりのゴミ溜めへ移住せよ。
神州大日本を汚す不遜な輩は消えて無くなれ。
天皇陛下万歳。

375 :右や左の名無し様:2005/12/02(金) 21:57:39 ID:???
皇賊を殲滅せよ。

376 :右や左の名無し様:2005/12/02(金) 22:00:31 ID:7Ko+iJDn
いらないと思う
この前ロシア人と会談したけど、なんの役にも立ってないじゃないか!

377 :天誅:2005/12/02(金) 22:12:45 ID:ekQCO4TP
このサイト自身存在する事が誤りである。天皇陛下を神聖な絶対的な
位置付けとし、日本国の元首となり、政治、経済等も御慎重頂き、
より良い日本国を建設することが第一である。貴様らにとっては、飯が
食えればよれで良いのだろう、この糞野郎どもが!!もっと神聖なものが
日本にある事だけでも有難いと思わない糞野郎は北朝鮮でも、ロシアでも
亡命してくれ。亡命できないのは今の日本が恋しいからだ!!
バカ野郎はわからないだろう!!糞まみれの人生をおくれ!!この外道!!

378 :右や左の名無し様:2005/12/02(金) 22:21:02 ID:???
>>377
ならあんたがここから立ち去れ。おつむの具合は大丈夫?

379 :右や左の名無し様:2005/12/02(金) 22:59:14 ID:???
私は天皇陛下のいない日本はもう日本じゃないと思う

380 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/12/02(金) 23:55:47 ID:oUs3x9up
>>379
宗教やるなら板が違うっての!

天皇制が無くなろうと、存続しようと、日本に日本人が住んでいる限り
日本は必要だし、決してなくしたりなどしない。

自分の思い込みはお花畑だけで楽しみたまえ。

381 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :2005/12/02(金) 23:59:24 ID:???
>>380
1週間ぶりで来たけれど、S−RAMさんは更年期障害がますます
ひどくなったみたいですね。

382 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/12/03(土) 00:11:16 ID:LCfBL1CZ
>>381
おまいの狂歌よろしく進歩が無いことは認める。

383 :右や左の名無し様:2005/12/03(土) 06:45:03 ID:???
お二人とも仲がよろしいですねぇーw
-------------------------------------------------------------------------
最近話題になっておる女系天皇容認問題。。。
日本の最高の宝である、皇室伝統を維持するため、女系天皇容認に断固として反対しましょう。
○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○
┃●この問題が良く分からない方は、下記をどうぞ。●        .┃
┃  http://www.geocities.jp/banseikkei/qa.html      .    . ┃
┃                                        ┃
┃★女系天皇を認めるとどうなるのか。(一目で分かります↓)★  .┃
http://www.geocities.jp/banseikkei/aikosama-kodomo-keifu.jpg ..┃
○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○
   『 問題がすぐに分かるQ&A 』 は
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1132935112/656-662を m(_ _)m

お時間がありましたら、http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1132935112/114-128/もご覧くださいm(_ _)m

皇籍復帰が望まれる元皇族については、http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1132935112/143-149/をm(_ _)m

旧皇族
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
------------------------------------------------------------------
旧皇族(きゅうこうぞく)は1947年、GHQの命令に基づく皇室財産の事実上の
没収により、従前の規模の皇室を維持できなくなったことなどから皇籍を離脱
した皇族及びその男系子孫の総称である。
(中略)
男系で見る限り現在の皇室とは非常に遠い親戚だが、明治天皇及び昭和天皇の
内親王との婚姻を通じて、女系では近親に当たる家も複数存在する。
(中略)
なお、皇籍を離脱した後も皇室の親戚という立場には変わりがなく、皇室の親
族が所属する親睦団体の菊栄親睦会に所属して現在でも皇室と親しく交流を続
けている。

384 :右や左の名無し様:2005/12/03(土) 17:36:44 ID:???
>>382
その汚い言葉使いは何とかならんのですか?

385 :右や左の名無し様:2005/12/03(土) 18:20:10 ID:thIy1C+z
天皇制があることによって使われている税金ってどのくらいなんですかねー?
私は天皇制はまったく必要ないと思うし天皇って何?って感じ
時間がたつにつれ戦争当事者などもいなくなり天皇の存在意義が薄れていくと思う。
そして街宣にも人がいなくなり…w
天皇さようなら〜

386 :右や左の名無し様:2005/12/03(土) 18:23:17 ID:thIy1C+z
天皇制存廃のアンケートをしたら
存続したほうがいいが2%
廃止したほうがいいが98%だったw


387 :右や左の名無し様:2005/12/03(土) 18:25:18 ID:thIy1C+z
「官」から「民」へ
   宮内庁を民営化して下さい。

  天皇家は沢山の資産を持ち、十分ひとり立ちできます。
 崇拝する国民も多く、官で「税金を食べなくても」生活できます。

小泉は、「日銀」や「NHK」より先に、いの一番に「宮内庁を民営化」すべきです。

388 :右や左の名無し様:2005/12/03(土) 19:10:06 ID:???
とりあえず,皇族のけつについてって新幹線ただ乗りしようとして
ぱくられる宮内庁職員みたいなのは真っ先に首切れ。

389 :右や左の名無し様:2005/12/03(土) 19:51:00 ID:Ao3ERBEI
天皇がいなくても日本語があるかぎり日本は日本だ。

390 :ご隠居:2005/12/03(土) 20:24:46 ID:OvuzlR40
>>386
出鱈目ぬかすな。

391 :右や左の名無し様:2005/12/04(日) 08:13:43 ID:g+M3Pv/f
天皇制が支持されるのはあと何年だろう…


392 :右や左の名無し様:2005/12/04(日) 09:17:59 ID:UomsztIX
捨民党が消えるのはあと何年だろう…

393 :右や左の名無し様:2005/12/04(日) 10:01:49 ID:vYI+1Q5Q
>>385
500億以上じゃなかった?


394 :右や左の名無し様:2005/12/06(火) 01:25:32 ID:1VWJQzU7
皇室の存在意義を問う前に、己の存在を疑え。

395 :右や左の名無し様:2005/12/06(火) 02:04:55 ID:???
必要ない。京都へ帰れ。

396 :右や左の名無し様:2005/12/06(火) 02:05:04 ID:???
>>394
疑うまでもなく,国民が主で天皇は従。天皇制の存続の可否・皇族の
範囲の定義・予算などは主である国民の匙加減一つ。

397 :◆r0FmiN9ADk :2005/12/07(水) 11:12:17 ID:???
その国民が、国会で決議され予算化され、宮内庁HPにも出ている税金を2chで聞くとは
コレイカニ・・・

改憲の機運を盛り上げようともせず天皇制廃止を2chで叫んでいるとは・・・コレイカニw

398 :右や左の名無し様:2005/12/07(水) 16:51:42 ID:???
よく、天皇とか天皇制を認めない者は「日本人」ではないとか「非国民」という人がいますが、
これはおかしなことですね。
天皇家よりも、日本列島に住み着いた人類学的な意味での日本人(日本列島に住んでいるという意味で)
のほうが歴史的に遥に古いのではないですか。日本列島には旧石器時代の遺跡も数多くあるのだから。
国民という概念は天皇制とは全く関係はないですね。

399 :右や左の名無し様:2005/12/08(木) 22:18:53 ID:???
別冊宝島Real069 「 男 女 平 等 バ カ 」

〜家庭、学校、会社、自治体、中央官庁の“ジェンダーな”事件簿
これを読んで男女平等運動の真実を知ろう!!
http://www5f.biglobe.ne.jp/~constanze/nomarin373.html

・アダルトグッズが飛び交う教室、コンドームを配る学校、「相手が好きならいつでも誰とでも自由に
セックスしていい」と考えるようになる生徒たち。
・「男らしさ」「女らしさ」は悪だと教えるジェンダーフリー教育。男女高校生を同じ教室で着替えさせ、
小五男女を同じテントに寝かせる。
・日教組女性部の正体とは?
・女子高廃止、男女混合名簿の導入、過激性教育推進、DV告発ネットワーク……。 千葉県は女権と
利権で議会を操る堂本暁子知事に乗っ取られた!
乱立する「男女共同参画センター」の怪
・大阪市内だけで六つもある女性会館(男女共同参画センター)のカネの流れを追う。
・あなたの職場は大丈夫? 自己中女が仕掛けるセクハラ冤罪の構図。気に入らない男は
みんなセクハラの濡れ衣を着せられる。
・「男はみんなレイプ犯」と教える不気味なフェミ講座、女性学の謎。
・DV防止法は家族解体を進める世紀の邪法である。
・男を全員痴漢扱い、日本の恥「女性専用車両」はフェミニストが仕掛けた罠。
・「男女共同参画」は国家解体論者たちによる破壊思想。
・「男女共同参画社会が少子化を防ぐ」の嘘を完全解明。データ改竄もなんのその。
・「女系天皇容認」論の陰にフェミニストあり。女系天皇こそ最大の伝統文化破壊だ。
・「 国 連 」と「先進国」に騙されるな! 「女子差別撤廃条約」の裏側とは。
フェミニズム世界革命の司令塔となった国連。その過激な男女平等思想の裏には、故ルーズベルト大統領夫人、
エレノアが持ち込んだ左翼イデオロギーが存在した。
・強姦事件発生率は日本の二〇倍、スウェーデンはじめとする欧州型「性の自由主義」の大誤算!
・「男の子でも育て方で女の子になる」「男女の性差は社会的・文化的につくられたもので先天的なもの
ではない」……。ジェンダーフリー理論の根拠となった「ブレンダ」学説は、やがて悲劇とともに崩壊した。


400 :右や左の名無し様:2005/12/08(木) 22:44:28 ID:/yNFswk7
天皇制の問題は倫理に対して無力なことである。
これが、イギリスやローマの王や法王と違うところだ。
悪を断ずることが出来ない天皇制は、関西各地にある
多数の御陵で権威を維持するだけのものになっている。
弱者の見方というスタンスであってほしい。

401 :右や左の名無し様:2005/12/09(金) 00:52:48 ID:???
徳仁必死だな

402 :右や左の名無し様:2005/12/10(土) 02:39:15 ID:ZqsY7BLf
天皇制必要派-----何がなんでも必要派
        |    |---天皇制は日本の伝統派(伝統重視派)
        |    |---現行社会の維持のために必要派(社会維持派)
        |    |---宗教制度維持のために必要派(宗教維持派)
        |    |---天皇制を愛することが日本人として当然派(親天皇愛国派)
        |  
        |---何となく必要派
             |---今あるからいいんじゃ派(現状維持派)
             |---みんなと同じでいいや派(多数志向派)
             |---触らぬ神にたたりなし派(放置派)
             |---マスコミなどに流される派(流され派)
             |---口出すと強硬派に攻撃されるのがいやだ派(怯え派)

403 :右や左の名無し様:2005/12/10(土) 02:40:02 ID:ZqsY7BLf

どっちでも派-------自分に関係ない派(無関心派)
       |----どうせ維持されるんだろう派(あきらめ派)

天皇制不要派-------何となく不要派
       |      |--税金の無駄遣い派(構造改革派)
       |      |--天皇家に自由が無くてかわいそう派(人道派)
       |      |--民主主義制度と相反しているのでは派(民主派)
       |      |--過去の遺物だからいらない派(未来志向派)
       |  
       |---何がなんでも不要派
             |---天皇制を愛さぬことが日本人として得策派(非天皇愛国派)
             |---共和制を進めるために不要(共和派)
             |---体制変革を進めるために不要(革新派)

404 :右や左の名無し様:2005/12/10(土) 08:05:46 ID:5q01TJaP
ホリエは天皇なんざいらないと言ってたよ

405 :右や左の名無し様:2005/12/10(土) 08:29:06 ID:???
ホリエモンも嫌いだけど、ホリエモンの天皇制不要論は大賛成だな。
まぁ俺は非天皇愛国派かな。

406 :右や左の名無し様:2005/12/10(土) 08:40:55 ID:???
天皇の生活費なぞ
小鼠の浪費に比べたら激安ですよ
自民のガカーイン共死んでくらさい

407 :右や左の名無し様:2005/12/10(土) 09:13:01 ID:???
どっちも死ねよ

408 :右や左の名無し様:2005/12/12(月) 16:51:02 ID:???
てs

409 :右や左の名無し様:2005/12/19(月) 08:28:29 ID:s9tbvBeO
>>406
じゃーーーーアンタ一人で天皇食わせていけよ。

410 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/12/19(月) 21:33:17 ID:aKTFNGYI
>>409
禿同でつ!

411 :右や左の名無し様:2005/12/25(日) 10:27:44 ID:Y9tFYxYH
正直、天皇陛下が居ない日本が考えられん

412 :右や左の名無し様:2005/12/25(日) 10:43:01 ID:???
天皇家はじめ宮家は
石油権益を人質にして自らの存続を図っている。

413 :右や左の名無し様:2005/12/25(日) 10:46:36 ID:???
アラビア石油との癒着のはなし?

414 :ぶさょブリーダ:2005/12/25(日) 15:33:47 ID:SVyT0+CO
【教えて】皇室の存在意義【下さい】part36
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1131162381/
こちらが1000になるのでお邪魔します。
>>343 なんで天皇や政治家に批判を向けて、全然、手をつけられていない(官僚)には無批判なの?
官僚と官僚体質を生み出したのが何か?ここを追求しないのが不思議なんだよ

いまの官僚が腐りだしたのは藩閥政治から学閥政治に以降したときに、報道のコントロールができなかったことだと思うし
その反省がいまだにないのが問題だと思っていますがね

415 :右や左の名無し様:2005/12/25(日) 15:36:20 ID:???
>>414
スレタイ見てみ、このスレで言うことじゃないでしょ

416 :右や左の名無し様:2005/12/25(日) 16:06:52 ID:1Awp8koU
>>414
参加は歓迎します。

自由な討論をしてください。

417 :ぶさょブリーダ:2005/12/25(日) 16:28:48 ID:KAprZPS8
>>416 ありがとうございます。415の反応もありえる反応ではあろうと思います。
天皇陛下が必要かどうかの検討スレのようですが、天皇批判や政治家批判のものが
皇室を廃止して、その後の体制明示はあいまいなのです。、また皇室存続時の妥協体制の「あるべき姿の提示も
見たことありません。
それに戦前の体制や今にいたる問題点は、テンノーセーにあるのではなく、劣化した官僚体制にあるのではと思うわかくしは
未熟な皇室廃止論者に、追求方法も追求方角も違うのではないの?と問いかけ、この事はこのスレにも関わる
根幹部分であろうとの事で414の書き込みをしたわけであります。今後もよろしくお願いします。

418 :右や左の名無し様:2005/12/25(日) 16:58:26 ID:???
>>【教えて】皇室の存在意義【下さい】part36の995
で、結局どこまでが独立していてどこまでが支配下なの?

419 :右や左の名無し様:2005/12/25(日) 17:16:13 ID:???
>>418
移行乙
責任を取ることができるのが独立している、
できないのが支配下。

420 :右や左の名無し様:2005/12/25(日) 17:21:00 ID:???
修正
>>414
移行乙

>>418
責任を取ることができるのが独立している、
できないのが支配下。


421 :◆r0FmiN9ADk :2005/12/25(日) 18:00:39 ID:???
どうする?次すれ立てる「存在意義スレ・・・」それともここに移行?

ドッチでも私はいいんだけど、途中で誰かが建てる悪寒・・・そうすると重複っぽくなるから
すみわけを考えて立てたほうがいいような希ガス・・・。

どちらでも、皆さんの意向に従いますが、私ここではお邪魔じゃないかしら・・・オホホ

422 :右や左の名無し様:2005/12/25(日) 18:04:20 ID:???
>私ここではお邪魔じゃないかしら
自覚症状はあるみたいだね。

423 :◆r0FmiN9ADk :2005/12/25(日) 18:10:50 ID:???
>>422 うん、

424 :右や左の名無し様:2005/12/25(日) 18:31:55 ID:eAoN2wkv
いろんな意見があったほうがいいと思う。批判しあいは良し。 排除はバツ。 お約束繰り返しは教育的指導 

425 :◆r0FmiN9ADk :2005/12/25(日) 18:57:22 ID:???
>>414
官僚は悪くないと思う。よく官僚が悪いと言う言い方をするけれども、それって、
戦前の一部軍部が悪いと言う発想と同じな希ガス。

つまり悪者探し、犯人探しじゃね?
私はかねがね思っているんだが、軍人は軍人としての責務があるわけですよね。分がある。
官僚も同じ。私は、命令・法に忠実でなければならんと思っている。
現状を正しく理解し、現実的な政策を考え、決断するのは、官僚(軍人も含む)の仕事じゃない
と思うんだよ。

結局、政治システムがダメなんだと思うよ。
それは結局のところ、日本の和の感情・精神・理念と、利害を追求し対立する与野党と言う図式が
マッチしていないからだろうと思っている。戦前の失敗も極論すれば、元老院に代わる事が出来な
かった政党人・・・軍部を政権交代という利害の為に政治の場に呼び込んでしまった政党政治・・・
に根源があるような気がする。現在も変っていない図式ですよ、政権をとるための反対・・・・・・

それを解消するのは、日本国の「国柄・国としての機軸・国としての個性・他国と違う統治体制をも
つ意義(同じ意味なんだが)」の共有が、第一歩のように思える。

426 :右や左の名無し様:2005/12/25(日) 18:58:44 ID:???
すみわけなら、このスレが(天皇が必要なの?)だから存在意義スレはこれどう?
【必要ない?】皇室の存在意義【代替体制は?】part37   

427 :ぶさょブリーダ:2005/12/25(日) 19:12:09 ID:???
>>425 戦前の官僚は今に続いて悪い。官僚は優秀だが悪い。官僚がなぜ悪くなったかは
れ氏が指摘のように政治システムが悪かった。なんで政治システムがわるくなったかというと
藩閥政治から平等にしようと学閥政治に切り替えた。学閥政治に切り替える条件として
またメディアの時代に対応する政治システムに、かけていたものがあろうと思う。
それがメディアコントロールであり、国内外諜報機関の充実、
どのヒャクショーが総理になっても問題ないように国民への民間防衛(スイス政府著)のような教育
それらが必要だったと考えており、これは今でも必要な事であると考えます。

百年前の(百年後の手紙)では、政治家やその頃マシだった官僚や軍人は、現実路線の平和意見でした。
そのときの文化人やマスコミは、まさに鬼畜米英いけいけどんどんでした。現在と180度違いますが
文化人とマスコミ、これが日本の癌でありつづけています。その癌治療をするのが戦前の反省であり
反省とは皇室解体でも解体したあとの体制はいまいちハッキリしていないだのという者達の意見では反省した
事にはならないと考えております。長文失礼


428 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/12/25(日) 20:10:13 ID:XBA7Ci9f
>>425
ダメなら、選挙でひっくり返すべきでしょうが。

429 :ぶさょブリーダー:2005/12/25(日) 20:19:36 ID:UpYOjlon
テンノーセーがあるからいかんと言う者が存在するのは
戦後教育のアメリカの子供達だから
想定内だけどね
アメリカからすれば、日本のひとりだちも警戒したし
かといってマトモな共和主義、社会主義者も困る
使い物にならない革命ビリーバーが
ちょうどいぃわけ
アメリカンチルドレンぶさょジャパン最強!

430 :右や左の名無し様:2005/12/25(日) 20:26:23 ID:???
テンノーセーがあるからいいってものでもないけどね。

431 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/12/25(日) 20:30:37 ID:XBA7Ci9f
>>429
ものすごく、上から他人を見下ろしているよね、君。

432 :ぶさょ:2005/12/25(日) 21:53:08 ID:???
>>428 だめなら変えればいいというのが話にならないんだって、とりあえずの暫定政権として
まかしていい品質をクリアしてないものを、経験踏ますとか、現政権へのお灸だなんて気にさせられて
失った十数年を経験してるのに自覚ないようだが、ったく、まあ何いってるかわからないのだろうけどさ

>>431 漏れは他のひとより少しだけ先に気がついた、雑草のような一般人さ、ただし一主権者として
自分の考えをぶつける事が義務だと思っている。自分の意見に賛同しなくてもいい。他者の意見を
ファイリングして自分の考えをバージョンアップできる民が増えた時なら、漏れの意見は差別者レッテルを貼られずに
常識となるんだろうと思うよ。その可能性はまだまだ先のようだがね、無知の知さ
無知の知をわかっている民の段階になって、初めて精神まで人間なんだろうと思う。
そしてその精神まで人間の確立は非常に低いのが人間社会さ、唯一、確立が高かったのは明治中期までの日本だったのかなと思うんだょ
http://www.kitashirakawa.jp/~taro/eigo48.html
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&c2coff=1&rls=GGLC%2CGGLC%3A1970-01%2CGGLC%3Aja&q=%E7%84%A1%E7%9F%A5%E3%81%AE%E7%9F%A5%E3%80%80%E3%82%BD%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%86%E3%82%B9&lr=


433 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/12/25(日) 22:07:22 ID:h3f6xtWx
>>432
>漏れは他のひとより少しだけ先に気がついた、雑草のような一般人さ、

早く天皇制の無意味さに気づいて下さいです。

434 :ぶさょ:2005/12/25(日) 22:51:01 ID:???
>早く天皇制の無意味さに気づいて下さいです。

君の説明では理解できない。体系的な代替え体制の提示もないし、君の案内、他者の案内では
アメリカ式にする。総理がそのまま大統領とかで、その内容突っ込みでボロボロだったわけで、
無意味なテンノーセーであるなら、テンノーセーが無意味だと言う人間集団が
半世紀以上もたって、
無垢な一般人でありながら、新たな政治体制を模索する人間であるわたくしに
あらたな皇室解体後の体制を体系的に示せないのはどういう事ですか?
簡単なことです。テンノーセーが無意味なら
とっくに段取りできているはずの、代替え体制を提示すればいいのです。
もちろん十七条憲法そのものの日本人集団の思考形態に合った体制内容であることが
納得要因でしょうが、そのことの是非も含めて、無意味というテンノーセーを駆逐したいのなら
やるべきことはひとつ、代替え体制を示し、説得し、賛同者を増やし、憲法改正まで進め
トットと体制変更すりゃあいいのです。

435 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/12/25(日) 23:31:15 ID:h3f6xtWx
>>434
その無垢な一般人ってなんじゃ?

まあいいけど、オリはもっと無垢な理系のしとだよ〜

436 :ぶさょ:2005/12/26(月) 01:50:30 ID:???
↑純真無垢な漏れを説得できないようでは、君の考えが日本の多数派意見として結実するわけないぞ!なんちて
ただ、実際、興味はあって、なおかつ他の考えもファイリングする気持ちある漏れに、代替え体制の一案として成り立つレベルのものを
示せないなら、マジで可能性ないょ?

437 :◆r0FmiN9ADk :2005/12/26(月) 08:37:01 ID:???
>>426
伝統を大切にする保守主義者が納得するとは思えないけど・・・。

>>428
政治システムをひっくり返す・・・の意味がわからない。



438 :右や左の名無し様:2005/12/26(月) 11:07:37 ID:???
>>434
民族の思想は永続しないよ、実証主義や政教分離なんてどこの民族思想でもないしね、
なぜ厩戸皇子がわざわざ憲法で明文化したかを考えれば
日本人でも思想が違うことがわかるだろう。

439 :◆r0FmiN9ADk :2005/12/26(月) 11:26:16 ID:???
>>438
そうやってすべてを「変り得るもの」と考えれば、日本国と言う枠組みを維持する必要性まで
究極的には否定してしまうことになります。

少なくとも、我が国の民主主義は我が国の国民と言う枠組みの中での民主主義ですから
それを維持しようとするならば、その必然として、我が国の個性と言うものが、未来の国民に
共有されるであろうことを前提としています。(そうでなければ、東アジア全体での民主主義を
目指し、あるいはアジア全体・もっと言えば世界統一統治機構の創出を目指す暫定的な
わくぐみであるとするしかありませんが、それって、戦前の・・・以下ry)

無論、共有は限定的な一部分であることは間違いのないことです。実際に変ってきたのです
から・・・しかし何か変らないものがあると考えないと、我が国を維持する必然さえ否定してし
まいます。

そのあたりは、どうかんがえますか?と言う話でしょう・・・

440 :ぶさょ:2005/12/26(月) 14:03:54 ID:???
まあ、最近まで非武装中立・地球市民・ひとりの命は地球より重いとか
言ってた手合いには、マトモな国家体制なんか提示できないようだよ

441 :ぶさょブリーダー:2005/12/26(月) 15:28:47 ID:pIlQg853
必要か必要ではないかというより
皇室のある現状の手直しはやぶさかではなくても
皇室なしの体制への移行世論が全くないわけで

ネット掲示板が必要かどうかみたいな話だなぁ

442 :438:2005/12/26(月) 16:20:52 ID:???
>>439
調和や平和を望む民族なら日本人以外もあります、
しかし彼らをすべて一つの国に集めろというわけでは無いでしょう。
あと、変わるといっただけで他と同じになるわけではありません。
日本国と言う枠組みを維持する必要性は、
国民の独立心の保持・国家統一の際のリスクの防止・出費の防止・統一言語の安心・
社会制度の格差による諸問題・民族差別の危険性など色々ありますが。
>>441
意味不明

443 :右や左の名無し様:2005/12/26(月) 17:00:04 ID:???
ネット掲示板を天皇に、インターネットユーザーを国民に例えるというのは理解できますが?
他の例えならスタートページのyahooでもいいだろうが

インターネットユーザがスタートページを、yahooにするかグーグルにするかmsnにするかは
多数派の意見みたいな

444 :右や左の名無し様:2005/12/26(月) 17:53:05 ID:QZp9USaE
漏れは共産党支持者だけど皇室に対しては畏敬の念をもっているが

こと戦前の植民地支配や大東亜侵略戦争に対して日本人として大変恥ず下賜く思っている

445 :右や左の名無し様:2005/12/26(月) 17:53:44 ID:???
>>443
天皇は便利だから積極的に利用しようってこと?

446 :◆r0FmiN9ADk :2005/12/26(月) 18:14:36 ID:???
>>442
別に一つにまとまる必要があると言っているわけではないんですが、一つになっては
いけない理由もないでしょう。w 一つになってもかまわないと考えるなら、日本国という
枠組みの永続性を否定すればいいんですよ。
この議論は「否定しないなら」と言う限定月の議論ですから・・・。

天皇制を廃止すると言うことは、「天皇と国民の良好な関係による国づくりの歴史」という
フィクションと言うか、枠組みの由来を捨てることになるわけですよね。

一言で言えば、歴史的な国の枠組みを放棄し、再構築する試みです。

貴方があげたそれは、暫定的には必然かもしれませんが、永続的な必然ではありませ
んよね。国民の独立心が及ぶ範囲が東アジア全域にならない、正当性を持たない
保証と言うか担保と言うかロジック(枠組みの根拠)を何に持つんでしょう。
(射や否定する必要がないと言うなら、そういってください。戦前のそれも、ロジックが誤っ
ているだけで、目指す方向は間違っていなかったと言う主張も一つの見識ですから)

天皇制があれば簡単ですよ。「歴史的に継続した枠組み」で、簡単に説明できますから。
少なくともこの1000年の歴史は、大まかな枠組みを提示していますよね、外延部分
は別として・・・と言うか外延があると言うことは既に中心と言うか大まかな枠があると
言うことに他ならないんですが・・・。



447 :ぶさよ:2005/12/26(月) 18:37:40 ID:???
世界国家とか、アジアはひとつとか、大東亜共栄圏なのではと (汗

448 :ぶさょ:2005/12/26(月) 20:48:54 ID:BsCepgu2
例えが不適切で申し訳ないのですが
モンゴロイドの肥満体質DNDは
氷河期では優良因子、飽食時代では成人病因子なわけだ。
現在をどの時代と見るかは個人の主観で
やることはその因子にどのような対処をするかなんだな

449 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/12/26(月) 22:26:03 ID:+FV2Vn/j
>>436
結実するかどうかなんて私にはわからん、しかし自分の意見を、ただただ実直に述べるのみ。
2ちゃんって所はそれでいいしょ。

450 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/12/26(月) 22:27:44 ID:+FV2Vn/j
>>448
DNDの説明か、修正を希望する。

451 :ぶさょ:2005/12/26(月) 22:31:49 ID:fh7nBGlZ
S-RAM君わりぃ、エロDVD再生してたから、DNAと混ざってしまったよ及川奈央ちゃん

意見を実直に? だ・か・ら、代替体制対案提示がボロボロの参考にならない呟きが意見とは
認定できませんよ? 採用しないでも意見というレベルにはシテ欲しいなあ

452 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/12/26(月) 22:38:50 ID:+FV2Vn/j
>>451
「天皇抜きの、議員内閣制」コレ十二分に一つの意見でしょうが。

エロDVDの件は了解した。

453 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/12/26(月) 22:47:41 ID:hVBxXDRt
ちなみに及川奈央ってば、十人並みに綺麗だけど、なんかオーラに欠けるね。
(このカキコがぷさよたんの個人的怒りを暴発させないことを願う。)

454 :ぶさょ:2005/12/26(月) 23:34:25 ID:fh7nBGlZ
>「天皇抜きの、議員内閣制」コレ十二分に一つの意見でしょうが。

だーかーらー、天皇制の存在価値スレでその案の詰めがボロボロだったわけ
意見とはいえない。まあ、一市民の未完成(提案)バージョン0.3くらいだな

それと天皇制どうこうじゃなくて、どのような国にしたいかが全面にでて、その結果がたまたま皇室解体を
必要とするスタンスじゃないのが、可能性もよい野党的影響もないんだって

及川奈央は十人並みじゃねえでしょ、オーラはないがエーーーロがあるからぃぃ!!”

455 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/12/26(月) 23:44:44 ID:Fise0QtA
>>454
ボロボロと表現するなら、決定的問題点を挙げてみな。

456 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/12/26(月) 23:47:21 ID:Fise0QtA
>>454
オーラ無くして、エロエロ世界とてスター足り得ないっしょ。
父が多きければ良いってもんでもない。

3年で忘れ去られるエロエロ女優とみた。

457 :ぶさよぶりーだー:2005/12/26(月) 23:56:42 ID:fh7nBGlZ
いや、過去レスを穿るより、新規にどのような国にしたいかから始めないから見込みないよ
君もそうだが、単なる邪魔にしたい皇室という存在の引き算であり、その矛盾穴埋めの繰り返しなんだよ

国家の建国理念には、アメリカのような人造国家みたいな情熱とか、長い長いフランス革命に裏打ちされた
指導者たち国民の同意が必要なんだって、革命であっても維新であっても、政権交代ののちの体制変更であっても
その国の国民性を反映したなかで落ち着くであろう。実際の体制、名目ではない社会モデルもそれぞれあろう。

養老猛の壁といえる。まず結論ありき、それに合わせただけの理念なき思いつき日替わり体制では、また
そんな程度の代替体制しか示せない、皇室反対派しかいない日本社会とは、ハッキリ皇室が空気のようにあって当然の
社会であるという現状の証明になっているわけですよ

458 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/12/27(火) 00:04:13 ID:w3+NZGaH
>>457
なんか論理が閉じていない、よ。
小泉バリに、一言でココが決定的にダメだぁ〜

って言ってごらんよ、簡潔な文章にまとめられないってのは、頭が混乱していて理解できていない
ってことなんだよ。

459 :右や左の名無し様:2005/12/27(火) 00:18:10 ID:+67KDx5+
天皇制を維持する費用はどれくらいかかっているのですか

460 :右や左の名無し様:2005/12/27(火) 00:23:37 ID:+67KDx5+
天皇制廃止に関する前提
1)天皇制廃止後、天皇は宗教法人(又はそれに類する社団法人)として存続する可能性あり。
   ☆「天皇制廃止」というのはあくまでも「国の機関としての(制度としての)天皇という地位」の
    廃止であって、家系としての「天皇家・皇族・皇室」の滅亡をはかるものではない。
2)参政権等の権利制限は行わない。(異論有り)
  政治的に祭り上げられるならばそれもよし。有権者の責任においてなされる
  政治上の選択を制限するための制度を作るべきではない。

461 :右や左の名無し様:2005/12/27(火) 00:25:56 ID:+67KDx5+
1)平等原則に違反する。
2)民主制に反する。時代遅れ。民主制が最高の政治体制というわけではない。
3)税金がもったいない。
4)戦争の原因は天皇制にもある。戦争の原因を作るな。


462 :ぶさよぶりーだー:2005/12/27(火) 00:27:12 ID:suNhFF+R
天皇に失礼であるが、>>448 で申した肥満因子を皇室とし、人間個体を国家国民の総体とするなら
17条憲法はDNA全体と見る。
江戸時代は社会が安定しすぎていたくらいであった。だから天皇家はわずか3万石の極貧状態で隔離放置された。
家康が偉かったのは、老中、御三家、外様含め、集団指導体制である部分は抜かりがなかった。
明治になり、欧米スタイルを日本流に改造したのが、氷河期に適した肥満因子よろしく、
中心を際出させる必要があった、それがテンノーセーとかコッカシントーとかと事後断罪表現されるものであろう。
国際社会に身を置くことへの、必要な要素として、皇室の存在理由を説明したが、わかる人間が一割いるのかどうかではある。
>>459 108億円というのを見たことあるし、周囲含めて300億円として、ひとり年間300円もない、一日一円もないわけだ。
ちなみに一般会計予算80兆円 税収40兆円プラス 国債発行30兆円 特別会計予算480兆円とか?

463 :右や左の名無し様:2005/12/27(火) 00:28:51 ID:x8Hd/WDS
国家論よみなよ
天皇制廃止するなら
国名を変える覚悟あるのだろうか
天皇制は政策ではないだろ

464 :右や左の名無し様:2005/12/27(火) 00:39:54 ID:c3fl89rp
>>461
1)国民が実際に不利益をこうむることはない。
2)天皇がいても民主制は機能している。
3)もったいなくても必要なお金。
4)共和制国家もよく戦争している。天皇制が原因とは到底いえない。

465 :右や左の名無し様:2005/12/27(火) 01:51:10 ID:+67KDx5+
>>464
すみません >>461は他のスレのテンプレみたいなものです。
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1134525228/5

466 :◆r0FmiN9ADk :2005/12/27(火) 09:24:39 ID:???
ラムタンへ・・・

決定的な欠陥を説明しても、貴方は単に感想を言うだけなんだろ?w
はっきりしているじゃん。世界の何処の国もやっていない、君主も象徴的大統領も
いない議院内閣制は、危険である。

(危険な理由の推測)
総理大臣の任命に象徴される【国民と言う権威の具象化】が三権の独立との関係で
うまくいかない。
(ファクター)
議院内閣制は議会との良好な関係を前提にしており、良好な関係が崩れたら内閣
総辞職あるいは総選挙で、直ちに(機動的に)関係の修復ができなければならない。
「憲法で定めた唯一性にで疑義のない人」の任命は、首相の正当性に疑義が生じ
にくく機動性を持つが、議長任命なら、議長の正当性・国会の正当性・選挙指名選挙
の正当性などの疑義を生じた場合混乱する。(災害や戦争など国家混乱時でも機動
性を持ちかつ、正当性を維持できる手法としては象徴的な大統領か君主は必然)

もう一つは現実に国家儀礼は必要なわけで、首相が国家儀礼を担っていては、政治
的活動に割く時間が減る。いずれにしても、費用の問題を取り下げたくないが為に
無理やり象徴的大統領を否定するなど、目的初めにありきの欺瞞だよ。

内容に関するレスは、存在意義を読んでからにしてくれ、繰り返すのはかったるい。

467 :◆r0FmiN9ADk :2005/12/27(火) 09:40:45 ID:???
>>459
http://www.kunaicho.go.jp/15/d15-03-02.html ぐぐればすぐ出てくるでしょ。

内廷費の3億2千万円は、天皇皇后両陛下、皇太子一家の人件費報酬的な生活費。
 (この中で、私的な世話係の人件費も支出される)
皇族費の2億7千万円は、それ以外の皇族全員の報酬的支出(建前は皇族としての
 威厳維持費だが)
--------------------------------------------------------------------
合計約6億円が、皇族に支払われる、国としての人件費と考えて差し支えないだろう。
国民一人あたり、年間5円ぐらい・・・w
--------------------------------------------------------------------
宮廷費の62億8千万円は内閣が呼んだ公的な要人の宮中晩餐会などにつかわれ
 また、皇居やその他の修繕費、改装費などに遣われている。・・・これは天皇制が
 なくなっても必要な経費である。
宮内庁費の107億7千万円は宮内庁職員の人件費などである。国の財産である
陵墓や御用邸、牧場などの維持管理などなどに遣われている。

>>461
平等原則に反している???権能がないんだから別に無問題。民主制?イギリス
は民主主義の国だぜ。時代遅れなどという感想は、その発想にこそ当てはまる。
税金は同程度あるいはそれ以上かかるだろう。上を参照。
戦争の原因?戦争の原因はNHKにも朝日新聞社にも同様にあるし、軍隊にも
戦争の原因はある。原因があるから廃止と言う理屈は成り立たないぜ。
非武装中立論の時代遅れでない限りは・・・。

468 :ぶさよぶりーだー:2005/12/27(火) 11:36:38 ID:suNhFF+R
□皇室の構成
 皇室は,天皇陛下と皇族方で構成されています。これらの方々は,内廷にある方々と,
それ以外の宮家の皇族方とに分かれています。
 現在,内廷にある方々は,天皇陛下,皇后陛下,皇太子殿下,皇太子妃殿下,敬宮殿下の5方です。
 また,宮家の皇族方は,秋篠宮(4方),常陸宮(2方),三笠宮(2方),
ェ仁(ともひと)親王(4方),桂宮(1方),高円宮(4方)の各宮家の17方です。

 なお,ご結婚により,皇族の身分を離れられた内親王で,現在おいでになる方は,
黒田清子様,池田厚子様,島津貴子様,近衞ィ子様,千容子様の5方です。




469 :右や左の名無し様:2005/12/27(火) 11:38:13 ID:???
やはり女系家族なんだな。
色々と手を尽くして男系を維持してきたわけだが、そろそろ限界だな。

470 :442:2005/12/27(火) 11:59:37 ID:???
>>446
それならば北海道やその他諸島はどうなるって話ですね、
文化を与えてやった蛮民だから日本の中に入っていて当然とでもいうんですかね。
歴史的なものだったら、歴史の教科書に「約2600年間天皇が日本の権威として君臨した」
「〜年天皇制が廃止された」の2項目を入れておけばいいだけの話、年間300円もかける必要はない。
>>462
明治=氷河期 欧米スタイル=肥満 事後断罪表現されだした=遺伝子が活動を始めた
これでいいか?
>>463
日本は地理的な位置から付けられた名前では。
>>466
>三権の独立との関係でうまくいかない。
象徴大統領の必要性はわかる、ただ内閣の下にある天皇は象徴大統領として
機能できないと言っていたんだよ。
>首相が国家儀礼を担っていては、政治的活動に割く時間が減る。
副総理とか暇そうな大臣にやらせればいいだろ、末端にいる天皇に来られるよりマシかと。

471 :470 ◆YMRpk4.bSI :2005/12/27(火) 12:09:29 ID:???
>>466
何を根拠に「唯一性にで疑義のない人」なのかわかりませんね、
私は憲法の行間を読むのは不可能なもんで。

472 :◆r0FmiN9ADk :2005/12/27(火) 13:05:52 ID:???
>>470
一段目:外延の話をしているじゃないですか。そして現在北海道の人々も沖縄の人々も
 日本人であることは、少なくとも明治時代には確定しているでしょうよ。
 年間一人五円だし・・・。
最家段:内閣の下じゃないんで・・・。w
 内閣の下であるというためには、内閣は天皇の人事権を有していなければダメでしょう。
 残念ながら、人事権は皇室典範で定められております。また摂政は内閣で決定できま
 せん。(皇室典範を読みましょう)
 で、副総理ができることなら、天皇はやっていないんですが・・・と言うか相手国の国家
 元首に対して副総理で済ますなんていう感覚で、日本が国際社会で名誉ある地位など
 えられませんよ。(もう少し物事を深く考えましょう)

>>471
へ?自称天皇は誰も認めませんが、国家混乱時、自称国会はありえるじゃないですか。


473 :ぶさよ:2005/12/27(火) 13:31:30 ID:???
戦後民主主義オンリー思考の方は、国と國の違いを勉強したほうがいいかもね

474 :右や左の名無し様:2005/12/27(火) 17:30:58 ID:???
○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○
┃★ 女系天皇を認めるとどうなるのか。(一目で分かります↓) ★ .┃
http://www.geocities.jp/banseikkei/aikosama-kodomo-keifu.jpg
┃                                          ┃
┃● この問題が良く分からない方は、下記をご覧ください ●     .┃
┃          http://www.geocities.jp/banseikkei/qa.html   ┃
○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○

八木氏が示す現実的な男系継承。旧宮家の皇籍復帰とは。
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2003/01291/contents/309.htm

様々な意見とblogを集約したSite。
http://plaza.rakuten.co.jp/oo00wa00oo/diary/200510200000/
歴史と伝統、そして心情的に男系維持に賛成な方の意見。
http://blog.goo.ne.jp/kurokuragawa/e/d17e724705f700bdfbeeb75dc85e5552
有識者達に対する批判と意見。
http://kahkun3601.at.webry.info/200509/article_14.html
旧皇族とは(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E7%9A%87%E6%97%8F

質問意見などは政治板までどうぞ
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1133695915/

475 :右や左の名無し様:2005/12/27(火) 18:26:29 ID:hM9PY8vO
文化を軽視するなよ

476 :右や左の名無し様:2005/12/27(火) 18:54:19 ID:x8Hd/WDS
だから頼むから国家論よんでよ
日本の名前の由来なんて今関係ないだろ
ソ連がロシアに変わるのに由来なんて関係なかったろ
国体の問題だろーが

477 :右や左の名無し様:2005/12/27(火) 18:54:43 ID:CCwaBVvi
皇室から学ぶものは何もないような気がする。
いらない!!

478 :ぶさょブリーダー:2005/12/27(火) 23:48:05 ID:ZtEYK90m
ような気がする(笑)
それでいらない。

こんなので体制変わったら
選挙の戦いや革命や戦争なんてなくなるかも(笑)

479 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/12/27(火) 23:50:42 ID:zmlA+6De
>>478
国民の「ような気がする。」でこれまで延命してきたのだ、「ような気がする。」で消滅してもらって
も何にも問題はない。

480 :ぱとりおっと:2005/12/27(火) 23:52:38 ID:hIykzF7b
 朝鮮には皇室がないので移住すれば?この非国民めが!

481 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/12/28(水) 00:00:26 ID:zmlA+6De
>>480
天皇制を国民の手で廃止するのが国民の義務であろう。
その義務を果たすため、日本の国民は国民として努力せねばならない。

482 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/12/28(水) 00:01:19 ID:zmlA+6De
>>480
そうそう、天皇家の人権蹂躙に手を貸す君こそが非国民である。

483 :右や左の名無し様:2005/12/28(水) 01:25:21 ID:???
>>472
>北海道の人々も沖縄の人々も
>日本人であることは、少なくとも明治時代には確定しているでしょうよ。
もちろん天皇体制の歴史がなくても確定していますよ。
>内閣の下であるというためには、内閣は天皇の人事権を有していなければダメでしょう。
省庁に勤める一般公務員の人事権は、国家公務員法によって定められていますが、
省庁は内閣の下ですよ。
>で、副総理ができることなら、天皇はやっていないんですが・・・
天皇が来ても、責任がない宮内庁の役人が一人来た以上の何かが感じられますか?
少しでも権力のある副総理の方が喜ばれると思いますけどね。
>へ?自称天皇は誰も認めませんが、国家混乱時、自称国会はありえるじゃないですか。
自称国会も誰も認めていませんが、国家混乱時、天皇が死亡し家計図が偽造されれば、
自称天皇もありえますが。
>>476
国家論は鉄則ですか?ちなみに名前が同じでも違う国はありえますよ。

484 : ◆YMRpk4.bSI :2005/12/28(水) 01:32:53 ID:???
>>483
名欄忘れてた471だからよろしく

485 :ぶさよぶりーだー:2005/12/28(水) 07:59:37 ID:3l0IZr/A
結局、必要じゃないとおもーーーうもん。だから廃止がいいんだもんっ!・・・・・という非論理感想しかないわけだが
これで賛同者を多数派にして、憲法改正までいけたらネ申

486 :右や左の名無し様:2005/12/28(水) 08:04:09 ID:???
女系天皇容認ともなれば俺も廃止派だな。

487 :右や左の名無し様:2005/12/28(水) 09:07:16 ID:dHi5bWgP
女性はいいが女系は皇室解体派と同義
自覚とは別に

488 :右や左の名無し様:2005/12/28(水) 09:20:12 ID:vrTTmZ3D
天皇制を存続すべきだ。これは国民的合意事項だ。

どんな人間が継承しても天皇として担ぐと言うことを前提に議論すべきだ。
いちいち継承のたびに資格や皇統を議論するなど愚かなことだ。
それらの議論に巻き込むことが、天皇制を廃止したい奴らのねらいであることを見抜くべきだ。

天皇制を維持させたいのであれば、男系男子の継承を優先すべきだ。

女性天皇論議は廃止させた奴らに利用された議論だ。

489 :右や左の名無し様:2005/12/28(水) 09:35:53 ID:???
>>488
なんか文章が錯綜してないか。
> どんな人間が継承しても天皇として担ぐと言うことを前提に議論すべきだ。

となれば女系天皇も許容される方向だし、

> 天皇制を維持させたいのであれば、男系男子の継承を優先すべきだ。

と筋が通ってないだろう。

490 :右や左の名無し様:2005/12/28(水) 09:41:07 ID:???
むしろ国民に女系天皇ともなればそれは天皇制では
ないことの自覚を促すべき。
女系天皇容認は天皇制廃止と同義であることを喧伝
すべき。

491 :右や左の名無し様:2005/12/28(水) 10:18:56 ID:???
上皇を廃止した明治以降の天皇制も天皇制ではないと理解すべき

492 :右や左の名無し様:2005/12/28(水) 10:29:18 ID:???
大嘗祭をやらなかった江戸前期にすでに天皇ではなくなったと理解すべき。
などなど、幾らでも何でも言えるんだよね。要するに万世一系で男系を維持するというのを
重要な要素と位置づけたのは明治政府。それでも当時は賛否ある中でそう決めた。
皇室の歴史を見れば外来文化を取り入れたり、時代ごとに価値観を変えたりして維持されてきた。
つまり「○○なら天皇とはいえない」などと言う考え方はむしろ皇室の歴史を分かってない。

493 :右や左の名無し様:2005/12/28(水) 10:32:12 ID:???
>>492
> 要するに万世一系で男系を維持するというのを
> 重要な要素と位置づけたのは明治政府。それでも当時は賛否ある中でそう決めた。

あら、明治政府以前には女系天皇があったとでもいうのか。

> つまり「○○なら天皇とはいえない」などと言う考え方はむしろ皇室の歴史を分かってない。

なにをもって天皇だというつもりなんだろうか。

494 :右や左の名無し様:2005/12/28(水) 11:49:59 ID:hfCPZFPq
>>1
こういったことを、問うこと自体日教組教育の成功をまざまざと感じさせるな

495 :右や左の名無し様:2005/12/28(水) 11:53:42 ID:???
>>493
>あら、明治政府以前には女系天皇があったとでもいうのか。
そんな話しはしてないんだが(苦笑

>なにをもって天皇だというつもりなんだろうか。
その地位だよ。

>>494
日教組が大嫌いなのは分かるが筋違い。
本来的に非民主的な存在なのだから、民主的な環境で育てば当たり前に疑問は出る。

496 :右や左の名無し様:2005/12/28(水) 12:02:29 ID:???
>>495
> >なにをもって天皇だというつもりなんだろうか。
> その地位だよ。

おまえよ。天皇という名を附せばそれでもって天皇だなどと言うつもりか?

497 :右や左の名無し様:2005/12/28(水) 12:05:32 ID:???
他に何がある?
そもそも天皇という呼称自体が道教から取り入れた唐の皇帝を模倣したもの。
大王(おおきみ)にでも戻すか?

498 :右や左の名無し様:2005/12/28(水) 12:07:12 ID:???
他になにがある?
なにいってんだか、男系男子でつないできたのが天皇。
その実質的要件欠いて天皇になった例は一つもないよ。


499 :右や左の名無し様:2005/12/28(水) 12:08:20 ID:???
おっと、つなぎで男系女性を忘れた。
いずれにしても女系は否定されている。

500 :右や左の名無し様:2005/12/28(水) 12:08:39 ID:???
これから女系の伝統も加わると解せば何の問題もないだろうな。

501 :◆r0FmiN9ADk :2005/12/28(水) 12:21:05 ID:???
>>483
>もちろん天皇体制の歴史がなくても確定していますよ。
ん?天皇の歴史以前と言うといつの時代だ?歴史の中で確定していると思うが・・・。

>省庁に勤める一般公務員の人事権は、国家公務員法によって定められていますが、
ん?誰がどの地位につくか決まっている国家公務員法を見たことがないけど・・・。 w
皇室典範は特定できるけど、国家公務員法で、誰がどの地位につくかを特定できない
でしょ?法律の範囲で、誰をどの地位につけるかを決める権利こそ人事権だよ。
各省庁の人事権は最終的に国務大臣にあり、国務大臣の人事はは総理が握っている。
各省庁の人事権は最終的に総理にあると言うことができるわけだね。天皇は違うでしょ。

>少しでも権力のある副総理の方が喜ばれると思いますけどね。
貴方がそう思っても、国際常識は違うのよ。

>自称国会も誰も認めていませんが、
ん?じゃァ、いまの国会は誰が国会と認めているの?
家系図偽造?皇統譜のことかな?事象天皇が出てくる可能性は誰も否定しないよ。
誰も認めないだけ・・・。国家が混乱しているときに、国会議事堂以外で行なう国会
が国会と呼べるためには、何が必要なんだろうね。ある集まりが国会であると言う
ためには、国会議員が定量集まって、国会だと言うだけで足りると思う?
おもうなら、自称国会を認めているじゃん。
逆にそれだけでは足りないと言うなら、一体何が必要なの?

502 :ぶさょ:2005/12/28(水) 12:22:37 ID:zQ7zz98x
1、女性も女系も無問題ダー
  今ここ
2、女性天皇ののち女系天皇即位数代のち
3、愛子様以降の天皇は正当性ないにだー
こちらの方こそ天皇にだーいやこちらダー

という仕込みがキティ路線です。

503 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/12/28(水) 18:37:03 ID:yJsecHOp
>>502
じゃ、小泉政権を倒してみな。

504 :右や左の名無し様:2005/12/29(木) 10:48:31 ID:0SVN8ydP
女帝問題を論ずるくらいなら、離婚させて、側室を持たせるか、旧華族か
浄土真宗の家から、男子が生まれやすい家系のオンナと再婚させな。


505 :右や左の名無し様:2005/12/29(木) 10:50:58 ID:???
>>504
そんな現実性のない意見を言っても、誰の説得もできないぞ。

506 :ぶさよぶりーだー:2005/12/29(木) 11:03:01 ID:j8N8PLIU
1、女性も女系も無問題ダー  女性天皇・女系天皇容認済み
↓  -------------------------今ここ-------------------------------------

2、女性天皇ののち女系天皇即位数代(愛子様の未来の子孫が即位とか仮定)

3、愛子様以降の天皇は正当性ないにだー ・・・・と1を推進してた連中が叫びだす。
↓  こちらの方こそ天皇にだー、いやこちらが本当の陛下にダー


4、エチオピア皇帝が退位したあとのエチオピアの歴史を日本がたどります。(特定アジアウマーーー!)


-----------------という仕込みがキティ路線です。 -------------------------
>>503 秋に満期退陣じゃん

507 :ニ−トウヨ最低!:2005/12/29(木) 11:15:32 ID:MGdbgVJ3
↑  
ハイレセラシエはクーデターにより成立した社会主義政権によりお銃殺されました


508 :右や左の名無し様:2005/12/29(木) 11:22:20 ID:???
>>506
エチオピアはムッソリーニから戦争しかけられたり、色々あったからな。
置かれた状況が日本とは全然ちがうよ。

509 :右や左の名無し様:2005/12/29(木) 11:23:45 ID:???
なるほろ
女系になって数代推移すれば、その時代の天皇の直系は神武天皇直系ではなくなるわけだからね
たくさんの天皇級家柄の方が並存する時代になるわけです。

エチオピアはその後、飢饉時代、長い内戦でもうボロボロですからね

510 :右や左の名無し様:2005/12/29(木) 11:24:31 ID:bWHW2bvy
愛子ちゃんから大和田天皇一族!!

いらないじゃん。

511 :右や左の名無し様:2005/12/29(木) 14:17:01 ID:0SVN8ydP
>>505
おれの、どこが現実性が無いのか?
過去、すべてこれで男系を守ってきたんだぞ

512 :右や左の名無し様:2005/12/29(木) 14:36:48 ID:???
>>511
過去からって何だよw
現在の法制度や国家機構による皇室の位置づけは戦後からのもの。
現在の法制度と価値観から逸脱する事は許されない。
それが無理なら国家から離脱した存在となり生き残るしかない。
国家管理の靖国神社が宗教法人として生き残ったのと同じ理屈だ。

513 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/12/29(木) 17:07:22 ID:ab9DtbC0
現代の日本と過去のエチオピアの状況が同じだとかぬかす○○がいるスレってここなんですね。

514 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :2005/12/29(木) 17:18:32 ID:???
>>513
似たようなスレたてといて、よくいうよ

515 :びさょ:2005/12/29(木) 19:18:11 ID:???
普通に、このままでは日本の未来はエチオピアみたいに混乱するよと
理解できないとは

状況の精細が、おんなじえはなく、 歴史が断絶して、場所というか地名としてのエチオピアは残っても
ハイレセラシエ以前のコプト系キリスト教国教のある歴史があって、黒人皇帝が君臨した
名誉あるアフリカの独立国が消滅したことは大きい。

共産嫌いのハイレセラシエ皇帝は、エチオピア軍を朝鮮戦争にも従軍させておった。
エチオピアに皇室があり続け、立憲君主制ででも存続できておるなら、もっとエチオピアは
内戦・飢饉・インフラ破壊も無かったであろう。

516 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/12/29(木) 19:33:24 ID:ab9DtbC0
>>515
複雑な国家のありようを、単に王の廃止の一点だけで行く先を予想するなんざあ、○○と
言わざるをえまいて。

517 :ぶさよ:2005/12/29(木) 19:53:49 ID:???
地名の日本は残るだろうし、たとえ中華人民共和国内の日本自治共和国として、51%人口割合の漢族が住む国になっても
(倭族30%6000万人、漢族51%一億300万人、半島系9%1700万人、その他・混血10%2000万人)
2050年 →チベット化を経て、現在満州状態となる。

この黄金プレイロードマップの為には、女性天皇の必要性で騙して、女系天皇承認が必要ですでに既定路線にした。
これからは、女性天皇愛子様が、そのまま女系家系のまま、次世代。次次世代まで推移して、天皇と同等と思われる方々を
乱立させて、聖徳太子から日本の歴史にあった、権威の一点集中を破壊せねばならないわけだ。
男系男子を復帰させたり、愛子様と結婚させたりも(妨害)するであろうことは、確実であろう。
また、一般国民も次世代に及ぼす深刻なる状況は認知できるほどの、知識も判断もないのだから簡単ではある。

518 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/12/29(木) 20:16:39 ID:ab9DtbC0
>>517
本気で皇室を無くせば、国が滅ぶとか思っているのか...デムパよのう。
天皇制が廃止になっても、何にも変わらない一日がまた繰り返されるだけさね。

519 :右や左の名無し様:2005/12/29(木) 20:57:03 ID:???
>このままでは日本の未来はエチオピアみたいに混乱するよと
しないよ。
エチオピアはイタリアに攻められたが、欧州各国への支援の訴えが受け入れられずに
混乱して帝政が破綻したわけだが、こんな状況は今の日本を取り巻く状況からはあり得ない。

520 :ぶさよ:2005/12/29(木) 21:07:26 ID:???
>しないよ。
君に2ちゃんで保証されても意味ないって
混乱を心配する要素があるだけで混乱なんだって、平均株価は正直に反応するが

経済界はバカじゃないから、皇室解体にGOサインなんか出さないってw

521 :右や左の名無し様:2005/12/29(木) 21:40:21 ID:???
>君に2ちゃんで保証されても意味ないって
ではレスなんてしなければいいだろう。オレは事実を書いてるだけで
君に何かを保証するつもりなどない。

522 :右や左の名無し様:2005/12/29(木) 21:49:23 ID:???
俺は天皇制はあっても良いと思うしわざわざ廃止する理由も無いと思う。
つーか個人的趣味としてあった方が良いと思う。
しかしながら「天皇制無けりゃ日本が滅ぶ」だのは絶対違うと思う。

523 :ぶさよ:2005/12/29(木) 21:54:39 ID:???
>オレは事実を書いてるだけで 君に何かを保証するつもりなどない。
 
君は未来の過程の個人的予測を(事実)と書いてしまえるネ申なんだね

女系、→実質的皇室解体第一弾→→ →→   →→→(ココ) ←ここの話をこのスレでしておる最中

ココがどうであるのか、そこまでのロードマップやら、予測はひとによって違う、しかも未来なんだからね 
君はどうやら未来からきたタイムトラベラーのようだね  事実ワラ



524 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/12/29(木) 22:30:23 ID:ab9DtbC0
ぷさよって、完全に言い負かされても、それを認められないお子ちゃまなんだね。

525 :右や左の名無し様:2005/12/29(木) 22:33:11 ID:???
>>523
君はエチオピアを例にして、同等の混乱が起きるなどと言っているから
「それはない」とオレは反論しているんだが。そもそもあらゆる条件が
違うのに同じ混乱が起きるとする根拠などないだろう。

526 :ぶさよ:2005/12/29(木) 22:42:06 ID:???
未来にはさまざまな要素がある。それを無いという(事実)にしてしまえる君はすごく素敵なんだよ

君は(事実)といった。未来の事実とはどんな事実かね?

527 :右や左の名無し様:2005/12/29(木) 22:49:53 ID:???
>>526
君がエチオピアの歴史に無知なだけだろう。
だから根拠もなく「同じ混乱」などといえる。

528 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/12/29(木) 22:58:57 ID:ab9DtbC0
ぷさよ、君の負けだ、人なら潔く負けを認めろ!

529 :ぶさよ:2005/12/29(木) 23:27:17 ID:???
同じ混乱とはどんな混乱だね?

530 :右や左の名無し様:2005/12/29(木) 23:31:59 ID:???
言い訳モードに入ったか。
もう、駄目だな。

531 :ぶさよ:2005/12/29(木) 23:38:28 ID:???
同じ混乱、未来の事実
その説明もなく、そんな事はない?。これはいい訳とすらならない会話としても成立してないぞ

532 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/12/29(木) 23:56:54 ID:ab9DtbC0
>>531
会話が成立しないのは、おまいだ、おまい。

533 :ぶさよ:2005/12/30(金) 00:01:28 ID:???
s−ram君論理的になりたまえ 君じゃないがね
同じ混乱とは?  未来の事実とは?  この確認がまだでは先には進まないから

534 :右や左の名無し様:2005/12/30(金) 00:10:38 ID:???
>>533
頭悪いんですか?
>日本の未来はエチオピアみたいに混乱するよ
と言ったのは君の方だ。君が説明したまえ。

535 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/12/30(金) 00:10:55 ID:L6qxbJNz
>>533
抗精神病薬は劇薬だから、医者に処方してもらってくれ。

536 :右や左の名無し様:2005/12/30(金) 00:31:48 ID:???
こんな下らん議題をだす国賊は朝鮮にでも亡命しろ!

537 : ◆YMRpk4.bSI :2005/12/30(金) 00:35:32 ID:???
>>501
>一段目
明治以前、あなたが言う通り一つ変わらないものが国を作るなら
何故外延が日本に組み込まれても上手くいっているかという話。
>二段目
皇室会議の議長は総理大臣
>四段目
誰が天皇を認めるの?DNA情報とかだって偽造できるし、死体がしっかりと残っているとも限らない
国民が真実を知っているとは限らないんだよ、天皇と名乗るオッサンは全員天皇ではないだろ。

538 :ぶさよ:2005/12/30(金) 00:40:47 ID:???
エチオピアみたいに混乱とは?内容まだぁ?
あなたは事実をもうしたというが事実とはなんだね?

539 :右や左の名無し様:2005/12/30(金) 00:44:30 ID:???
>>538
>エチオピアみたいな混乱とは?
ある国が敵国に攻められたけどどこからも支援がこなくて政治体制が崩壊する混乱
>事実とはなんだね?
現在の日本ではエチオピアみたいな混乱が起こることは無いという真実

540 :ぶさよ:2005/12/30(金) 01:02:12 ID:???
>ある国が敵国に攻められたけどどこからも支援がこなくて政治体制が崩壊する混乱
ほう、19XX年ですか?
>現在の日本ではエチオピアみたいな混乱が起こることは無いという真実
19XX年のことですか?

541 :右や左の名無し様:2005/12/30(金) 01:05:36 ID:???
>>540
「みたいな」だからね

だいたい天皇制を存続することによって国家が混乱しないという根拠はどこにあるのかね?

542 :ぶさよ:2005/12/30(金) 01:14:45 ID:???
みたいにとタイプすればよかったようだね

543 :右や左の名無し様:2005/12/30(金) 01:16:17 ID:???
>>542
ただ混乱するとタイプすればよかったんだよ

544 :ぶさよ:2005/12/30(金) 01:18:29 ID:???
時系列から、段階までの突っ込みにいくのはいいが、エチオピアスレじゃないから、リンクだけ貼っておくよ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%81%E3%82%AA%E3%83%94%E3%82%A2

545 :ぶさょ:2005/12/30(金) 12:40:11 ID:lVZ8ZHoi
皇室の解体後に混乱ないもあるも、どのような体制か提示ないのによくいうよ

546 :右や左の名無し様:2005/12/30(金) 12:59:03 ID:???
>>545
頭大丈夫ですか?
日本の軍事組織といえば自衛隊だが、ここは戦前からの反省を踏まえてシビリアン・コントロール
が充分に行き渡っておりエチオピア「みたいな」軍事クーデターによる皇帝撤廃など不可能。
また、エチオピア「みたいな」軍事クーデターの大きな遠因として、イタリアとの戦争(エチオピア戦争)
があり諸外国の援助の拒否があった。また、付け加えるならエチオピア皇帝は万世一系でもなし、
皇帝はキリスト教(といってもカソリックではなくエチオピア独自のもの)を保護していたが、
イスラム教とも少なくなく、さらに民族でいえば約80の種族を統合している国家。

これだけ違う条件の政変を「みたいな」などという安直な表現で対置させるのが如何に愚かなことか
分からない方が不思議なんだけどね。無知のなせる技なのかいw

547 :ぶさょ:2005/12/30(金) 13:25:39 ID:lVZ8ZHoi
もう、みたいに、に訂正してるのに何やってるの?

未来の事実が不思議だし、そもそも、少子化対策名目で、移民推進が止まらないなら
>>517 のように実質、日本は滅ぶ人口割合にもなりうる。
なにをもって、(未来の事実)なる不思議な感覚があるのかだが、
未来の体制がどうなのかも語らないのに、日本は大丈夫もなにもあったものではないではないか

君は、(エチオピアと同じ)に矮小化して、己の(未来の事実)を隠蔽しておるにすぎない。
そして万世一系であるからこそ、その皇室が解体した場合の衝撃はすごいというのに、ここも逆の紹介ですね

とにかく、移民によるチベット化はじめ、皇室解体後の日本共和国は、さまざまな危機がある。
それを、次世代の体制も提示なく、(未来の事実)なる奇怪な幻想で納得できるわけない。

具体的な体制も憲法も提示なく、混乱ないなどといえるわけないわけだ。
それとエチオピアと同じ状況であるわけなかろう。ここに頼るしかないだけ、行き詰まっておるから仕方ないのだろうがね

548 :右や左の名無し様:2005/12/30(金) 14:09:47 ID:???
>君は、(エチオピアと同じ)に矮小化して、己の(未来の事実)を隠蔽しておるにすぎない。
はあ?エチオピア「みたいに」なると言ったのは俺じゃない。(何度目だ?(苦笑)
俺はそこを指摘しているだけなんだが。根拠は既に書いた。>>546
君が見当違いのレスを続けても事実の確認以上の話しはできないんだけどw

549 :右や左の名無し様:2005/12/30(金) 14:21:42 ID:F5199Kez
天皇がいると小林よしのりみたいなキモウヨを制御できるよ
この一大右傾化時代に「天皇消えろ」なんていったら総スカン食らうし
陛下御自身は反戦平和をこよなく願っておられる。例え右翼政権まっしぐらに
なったとしたら、スットパーは天皇の良心しかないんだよ。それとも再び国土を灰燼に帰すか


550 :右や左の名無し様:2005/12/30(金) 14:40:34 ID:???
何で混乱するの?>>547

551 :右や左の名無し様:2005/12/30(金) 16:26:00 ID:CzH8a8AS
>>1
必要に一票


552 :547じゃあないが:2005/12/30(金) 16:56:09 ID:fgI3BjTJ
>>550
天皇という権威は否定するが
権威の存在の必要性は否定しないし、できない。
ところが天皇以上の権威を提示し得ない。

その状況で有象無象が適当な権威を持ち出してきたら・・・
それは混乱するわな


553 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/12/30(金) 17:40:09 ID:V9fYcVdP
>>552
現在の日本国における政治の最大の権威の源泉は民意である。
今の天皇にまともな権威などあるとは思っちゃいねーが、天皇に権威を認める
人がいるなら、それこそ混乱の元であろう。

現状は日本国憲法で、皇室の権力を皇族の人権をしてまで抑えているので問題
が表面化していないだけ。

根本問題は解決されていない。

554 :ぶさょ:2005/12/30(金) 19:36:53 ID:lVZ8ZHoi
皇室を解体しても=問題無いと、混乱はないと
そんぼ担保となる体制も提示がないと

これ、無知以前の会話としてはぁ?だってわかってないようだね

555 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/12/30(金) 19:46:37 ID:nLp27Hps
>>554
その「体制の提示」て言葉が好きだね。
民主主義でいいのよ、、ニッポンはさ、天皇の権威など必要ないの。

 判 る か ?

楽しいねぇ〜こんなやつの相手すののってば...しっかし。

556 :右や左の名無し様:2005/12/30(金) 20:01:31 ID:???
>これ、無知以前の会話としてはぁ?だってわかってないようだね
それは、そんな特殊な思想を持ってる人ではないから分からないさ。

557 :ぶさょ:2005/12/30(金) 20:20:17 ID:lVZ8ZHoi
だ・か・ら  無問題なわけねえって

>そんな特殊な思想
どんな思想よ?

>民主主義でいいのよ
聖徳太子からの日本の歴史からの一脱なんだから、体制明示で判断もできない以上は
移民大量政策やらなにやら、歯止めが効くかはまったく不透明、そもそも皇室解体はそうとうな難儀な
手続きを経て実現するわけで、新たな納得できる体制か、革命みたいな無理矢理じゃなければ成り立たない話

前者なら、その内容を見なければ判断できないし、後者ならやりたい放題が可能だからまったく混乱と考えられる。

どちらにしても、皇室解体=無問題 民主制で大丈夫だよーーーーってアフォ杉だっての
S−RAM君は、憲法1−8条廃棄で無問題といいだす。法治国家ならぬ、人治国家の野蛮人なんだから民主国家は語れないょ?



558 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/12/30(金) 20:36:58 ID:nLp27Hps
>>557
>S−RAM君は、憲法1−8条廃棄で無問題といいだす。法治国家ならぬ、人治国家の野蛮人なんだから民主国家は語れないょ?

いよいよ、論理が閉じなくなってきたねチミ。
私の主張がどんな論旨で、「法治国家ならぬ、人治国家の野蛮人」となるのだい?

薬やってんの?

559 :旅人:2005/12/30(金) 22:46:25 ID:???
やあ、ここが世に言うくそスレですか。
いいもの見させていただきました。ごっつぁんです。

560 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/12/30(金) 23:04:01 ID:nLp27Hps
>>559
お代は何らかの慈善団体にでも寄付しといてくれ!

561 :右や左の名無し様:2005/12/31(土) 00:01:18 ID:???
>どんな思想よ?
天皇に特別な思い入れが強く、必要以上の価値観を見いだしている思想。

>聖徳太子からの日本の歴史からの一脱なんだから、
「逸脱」と言いたい?何が?今の日本は神権政治でも、執権政治でもない。

>前者なら、その内容を見なければ判断できないし、後者ならやりたい放題が可能だからまったく混乱と考えられる。
ほらね。天皇を軸にして国家を見るからそうなるw 君は今の日本が民主制を採用しているという認識が足りない。

562 :右や左の名無し様:2005/12/31(土) 00:29:54 ID:x5juykCx
>>553
日本において民意は権力の源泉であるし、あるべきだが、権威の源泉ではない。
天皇にですら権威を認めることが混乱の元というなら、
それ以外に権威を認めることはより大きな混乱の元だ。

ちなみに憲法を使ってまで皇室の権力を抑える必要があるという発想をする御仁が、
口先だけ「天皇に権威がない」といったところで信用はされん。結局のところ
「権威がある」ことを暗黙的に認めているではないか。
あんた自身の根本問題が解決されていないだけの話だ。


563 :右や左の名無し様:2005/12/31(土) 01:08:58 ID:MzyNUhLy
うちのラボのアメ人なんかは日本にはエンペラーがいて羨ましいと言ってるが、、。
天皇なんてイランと言ってる国民て世界中で日本だけかもよ

564 :右や左の名無し様:2005/12/31(土) 01:44:26 ID:???
社会党・社民党というのは
マルクス主義者もいれば
キリスト教社会主義者も混在している伝統がある
共産党のように一枚岩の政党ではなかった
だから中には北欧の君主制社会主義を標榜する勢力が大きくあっても
本当はよかったはずなんだ
少なくとも党内で発言力もそれなりにある形で共存する余地があれば
社民党はここまで没落はしなかっただろう

565 :右や左の名無し様:2005/12/31(土) 01:52:27 ID:???
ここのスレ住人は誤解と曲解をしているようだ。

マルクス主義が科学に立脚したものであれば!
共産主義国家の建設が正しいと証明する、縮小モデルが必要なのだ!
で、その縮小モデルとして一番ふさわしいのが、皇室であるわけだ。

教養を高め真の人間性を確立したプロレタリアに、富と生産力を与えた場合、どのような結果が生じるのか。
皇室は見事に結果を残した。
女系天皇を認め、皇室を破壊させるのなら、俺達共産主義者に未来はないぞ!

566 :右や左の名無し様:2005/12/31(土) 02:02:06 ID:???
>>557
何で天皇制を廃止すると混乱するのかがわからない、
天皇が移民対策や治安維持の役に立っている理由もわからない。
>>562
横レスだが、何故天皇に権威があるかを理論的に説明してくれないと
何も言い返しようがない。
(権威がなければ国家が成り立たないからあるはず、という人もいるが、
それは自衛隊が派遣されたとこが非戦闘地域と同じ発想。)
>>563
実際アメリカ人の過半数が羨ましかったら、
アメリカは民主国家だから、すぐにエンペラーという地位を作るだろうよ。

567 :右や左の名無し様:2005/12/31(土) 02:04:34 ID:???
>>565
貴方は誤爆をしているようだ。

568 :右や左の名無し様:2005/12/31(土) 07:04:40 ID:???

芙蓉だろ

569 :右や左の名無し様:2005/12/31(土) 10:20:11 ID:???
>>501
>貴方がそう思っても、国際常識は違うのよ。
仮定で、天皇がNo2で副総理がNo3だとすると、
現状で副総理が接待してもNo3が接待したことにしかならないが、
天皇制が廃止されれば副総理の接待はNo2の接待になる。

570 :右や左の名無し様:2005/12/31(土) 18:01:28 ID:reKJ8ly9
日本から独裁者を出さないためにも
天皇は絶対必要なのだよ。

天皇制が独裁者防止に大きく貢献しているんだ。

571 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2005/12/31(土) 20:21:34 ID:TruN7DFZ
>>570
それおかしいよ、天皇制は本来独裁政治製造装置であって、防止機能の逆の
働きしかしない。

572 :右や左の名無し様:2005/12/31(土) 20:36:04 ID:???
来年は皇族が不幸まみれの1年でありますように。

573 :右や左の名無し様:2005/12/31(土) 21:39:40 ID:zrPX3whQ
いてもいなくとも
よい

574 :右や左の名無し様:2005/12/31(土) 21:54:46 ID:zrPX3whQ
仮に男の天皇続けても日本の均質性云々には、
あまり関係ないよ。
そういう国じゃないから。日本は。
歴史的イベントがなきゃ。
大儀がなきゃ。
国民は動きやしないよホント。
ほとんど無意味。

575 :右や左の名無し様:2006/01/01(日) 06:21:55 ID:???
天皇制=王制だから、「象徴」なんだろ。
王制で国民主権なら、欧州にある。

576 :右や左の名無し様:2006/01/01(日) 16:38:29 ID:???
      (______________ J
 そ 君  (__          ┌―‐―┐    ) き
 ん !  (_             |`l TT了|     }  ゃ
 な     (_           j .| .|:| .l |     /  あ
 か 待  (_            | | .|j .j |     イ  |
. っ ち  (,_             |.| .|l .|:|  ,. -‐ /_.  っ
 こ  た  (               |.|. |! |/     / !
 う  ま  (`           `ー /..:::::\≧,,,、:::7___
 で え  (―――――――――(:::::::>'´ == \::⌒l^⌒
_     (⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ノ く彡/// ∪,ノ   ;|
.レ⌒Y^'⌒`\________ く:::::∧ '_,. -、 く/::::::::/
   |:::| \xく   / ,__,.冫.     \:::::l、ヽ ,ノ  \,,∠,,__
 \|:::| _,....!,,_ \ i."/ _.  .,_リ   lF〒`ヾ.\,,..イ    |::::::::,
   `7´ _,,.ィ   ,!、〉 , ー, <‐ !     | ||  _,..-/7゙h _|:::::://
 \.{n|.ィァ it}   、」  !‐三ァ !   r'"三¨7´\|    |´.|:::://
   |:::トl、 rュj .   `i `ニィ、  / ゚`.|n./  .イl   ,∧ |:://
   |::,|  'ーケトr'TTlイ  /_`ヾtっ r'l゙    /⌒`lくミV /
 ,r1´|`'六´ //` ̄´ `Y´     |└┬シj  ./ 7ヽ〈  /ヾ)<
./ | ∨|::|∨ ! { r  ,、 _,シ /゙丁〈 /      } { { \
  |   ',|::|/ !  ,ゝ-< (   /   .| |/     ∧ \|
   l  .Y。 .|  |`  〃 ̄ ̄⌒  / 〈     /! ', __,,....::-‐
  .∧.  |。 {  ゙爪` ' ‐- 、..,,,...イ   '、   / .|  `|::::::::::::::::
\/  l  |。./  ,l | l,  .|  .  ||    `'ー' i |  j:::::::::::::::::
ヽ、`'::、L.∧/  / |.{  u   〈.|        イ 〈  /::::/:::::::::::
::::::::`ヽ、 ∨  / ̄| | 、   /  l:l.       | j /::::/:::::::::::::
:::::\::::.....  ̄`|   l |  鬱鬱  .l:l//    l| ∨:::/::::::::::::::::




577 :右や左の名無し様:2006/01/01(日) 21:45:27 ID:???
>>571
日本で独裁政権ってのは聞いたことないな、どんなのがあるんだい?
古代親政→豪族はともかく側近や皇族の意見を聞いてますよ
信長→若い頃は優秀な人材の声を聞いてるし晩年はおかしくなったから頃されますた
明治→複数の元老が政権を担当しました・・・・
自民→完璧に民主主義に則ってます、不信任もされます。

578 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2006/01/01(日) 22:12:06 ID:BfFummM6
>>577
藤原道長:「この世をわが世とぞ思ふもとづきの欠けたることのなしと思へば」

歴史ぐらいはベンキョしる!

579 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2006/01/01(日) 22:16:50 ID:BfFummM6
天皇の外戚を利用した専制政治は良く行われた。

日本ってのは、なぜか何かを立てた上でその権威の下、実権を自分だけで握る
ちゅう方式の独裁が多い。

例えば北条氏は、天皇ではなく天皇家から将軍を迎え、実質的な専制政治を
繰り広げた。

580 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :2006/01/01(日) 23:10:00 ID:YOdEVNgQ
>>678-579
で、そん時に天皇の存在はその為政者の暴走を防いでいたのではないの?

581 :右や左の名無し様:2006/01/01(日) 23:15:38 ID:5svqmaQa
>>579
だったら皇族将軍は2代だけで止めさせられんだろうに。

意図はともかく結果として権威がブレーキになって独裁にはなっていない。



582 :右や左の名無し様:2006/01/01(日) 23:34:32 ID:Dhybn39t
あまり千葉県では天皇に興味がありません。
会ったこともないし・・・

583 :右や左の名無し様:2006/01/02(月) 01:23:48 ID:???
栃木県は結構接点あるよ。那須があるから。
ウチの和菓子屋をやってる親戚も天皇が喰ったって自慢してる。

584 :大日本報靖會 ◆lZCvso1D7U :2006/01/02(月) 16:13:32 ID:???

 新年恒例の一般参賀が2日、皇居であり、天皇陛下は皇族方とともに宮殿・長和殿の
ベランダから笑顔で手を振った。2回目までの一般参賀には、皇后さま、皇太子ご夫妻、
秋篠宮ご夫妻、常陸宮ご夫妻、三笠宮ご夫妻、高円宮妃久子さまが姿を見せた。

 天皇陛下は集まった人々に「年頭にあたり、国民の幸せと世界の平安を祈ります」と
あいさつした。

585 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/02(月) 18:03:15 ID:???
賀正 本年もヨロシコ!

586 :右や左の名無し様:2006/01/03(火) 01:21:05 ID:???
・・・なんか旧宮家の男系男子に文句云いたい奴がウザイから貼っておく。

「安定的な皇位継承者の確保」がしたいなら、
皇統のバックアップとして存在する旧宮家を覚醒・復活させるのが筋。
それを妨害する有識者会議は明らかにおかしい。
◆1◆男系男子とは具体的に誰か
今年に宮家を復活させると23-33歳の年頃の皇族が出来る。
 東久邇宮稔彦王(戦後初の首相)の曾孫の方々
 東久邇征彦氏 1973/04/03生まれ
 東久邇照彦氏 1979/05/11生まれ
 壬生基成氏  1979/09/22生まれ
 東久邇睦彦氏 1980/11/13生まれ
 壬生基敦氏  1982/05/08生まれ
彼らがこれから子供を作れば、愛子様世代として皇室育ちになる。
さらに現皇太子が即位する頃には、愛子様世代の次の世代が生まれる。
それらの家族は、親子とも皇室生まれ皇室育ちになる。
愛子様が即位しなくとも、ここまでで国民への浸透は十分ではなかろうか?
(愛子様が即位すると、さらにもう一世代遅れます)

◆2◆男系男子とは具体的に誰か
旧皇族は全部で11宮家あります。
伏見宮家、梨本宮家、山階宮家、久邇宮家、北白川宮家、
閑院宮家、東伏見宮家、賀陽宮家、朝香宮家、東久邇宮家、竹田宮家
この中で、男系男子の子孫がいるのは
賀陽宮家、朝香宮家、東久邇宮家、竹田宮家。
男系男子は15名はいるといわれています。
賀陽家にも2歳だか3歳だかの男の子がいるのは確か。
それ以外にももう一人候補がいるとか。
愛子様より年下の彼等をこれから天皇として教育することは可能。

587 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2006/01/03(火) 01:33:50 ID:???
かわいそうに....彼の新年の挨拶の相手、誰かしてやってはくれまいか....

588 :ぶさぶり:2006/01/03(火) 11:06:10 ID:???
S-RAM氏観察

一、1条から8条は削除すべきだ。
二、実際に削除した憲法を提示されて、これですかと問われる。
三、それではないと答弁する。
四、条文案提示を求められる。
五、そこまで能力がないと言い出す。
六、減憲ですと答弁、減憲の内容紹介はまだなし

589 :右や左の名無し様:2006/01/03(火) 11:58:01 ID:xVCj7mut
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1135743021/1-37 男系皇室についてのスレ

590 :右や左の名無し様:2006/01/03(火) 12:51:43 ID:Ij9krZvT
天皇も皇賊も普通の「糞袋」、「製糞機」だ。五体満足なら働いて食え!

591 :右や左の名無し様:2006/01/03(火) 12:55:45 ID:xVCj7mut
>>590 宗教法人化でもいいけど、S−RAM氏の憲法を完成させたら?
そういうつぶやきは意味ないよ

592 :ぶさぶり:2006/01/03(火) 16:03:50 ID:???
必用でないと思うものは必要でないように、憲法を整備提示すればいいのです。なにをしておるのでしょうか?

必用ない必用ない必用ない必用ない必用ない必用ない必用ないと何十年つぶやいても
なーーーーーーーんにも事態は変わりませんよ

593 :右や左の名無し様:2006/01/03(火) 18:56:39 ID:???
波木井坊竜尊こそ我が国の精神的支柱である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E8%93%AE%E5%AE%97%E8%91%B5%E8%AC%9B

594 :右や左の名無し様:2006/01/03(火) 19:12:25 ID:+9K//TS7
要らない天皇。いらないどっか行け!

595 :右や左の名無し様:2006/01/03(火) 20:12:47 ID:xVCj7mut
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1135743021/1-37
基礎勉強

596 :右や左の名無し様:2006/01/03(火) 20:38:56 ID:???
新年に5万人くらい行ってんだろ?暇だねぇ〜,
もういいよ、役目は終わった。天皇制はもういいや。

597 :右や左の名無し様:2006/01/03(火) 22:02:03 ID:Ij9krZvT
天皇なんて、中世には治天の君(上皇の中の最実力者)の見習い期間だった。
近代天皇制になって絶対化されたんだ。
誤魔化しを取り除けば、「ただの糞袋」「製糞機」だよ。勝手に人権回復して
好きなように生きて行けよ。
皇賊なんて、ただの西洋の王族真似してる穀潰しの糞袋だ。てめえで生活費稼げ。
五体満足なら、働け。

598 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :2006/01/03(火) 22:48:07 ID:8iXcFUHa
>>597
戦後税金で皇族を養うようにしたのは皇室の権威を貶めるべくそうさしたGHQ。
おまいはアメポチか? それまでは皇室は莫大な財産を保有しており、もちろん
自活。災害などがあると皇室から助成金が出た。すなわち被災者は地震、台風
などの被害を受けると陛下から援助いただいたわけだ。

税金云々いうなら皇室の財産を皇室に返還せよ。

599 :右や左の名無し様:2006/01/03(火) 23:24:41 ID:???
大阪、京都は皇室領である。

600 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :2006/01/03(火) 23:52:34 ID:8iXcFUHa
大坂は徳川領=つーか直轄地。ちなみに江戸時代の上級武士のことばは
上方語。すなわち江戸幕府のおえらいさんは関西弁しゃべっていたわけだ。

601 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2006/01/04(水) 10:10:12 ID:DWwinJzn
>>598
戦争に負けたのだから、財産を没収されなくて良かったな、米国の慈悲に
感謝すっか?

602 :右や左の名無し様:2006/01/04(水) 12:21:33 ID:o3sDld7C
現状回復というのは常識なんであるが
国民ひとり300円にもみたない、一日一円もない宮内庁予算をとやかく言うのであれば
戦前に戻してからの話だあね  結果は逆に金がかかり過ぎだろうが

603 :右や左の名無し様:2006/01/04(水) 12:33:34 ID:SARPd4Gu
>反米愛国主義者・本多勝一を語ろう

矛盾している・・・
反米で日本が焼け野原にされたのを忘れたのか?
また反米で日本を焼け野原にしたいの?
愛国じゃなくて売国だよ。



604 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/04(水) 12:40:49 ID:???
というか、税金の話は決着済みだろうよ。

皇族費の半分と内廷費の三割は、つきの人たちの人件費だぜ。それを含めた報酬的支出は
国民一人あたり五円計算。それ以外の経費は、つまるところ国民が選んだ国会議員が予算
化した、国として必要な経費・・・。

単純な話、象徴的大統領を選んで据えたところで、選挙費用も含めればその程度の経費は
かかるし、総理を国家元首的地位に据えたって、今まで天皇が担ってきた公務は、誰かが行な
うわけだろ(総理がそれを行なえば、その下の人間が今まで総理が担ってきたことをやるわけだ。
・・・当然だよな、国会が選んだ内閣が必要だとして助言承認した行為なんだから・・・。
だったら、やっぱり、そういう経費はかかるじゃない。

頭悪すぎるんだよ、税金の話をしている香具師は・・・。

605 :右や左の名無し様:2006/01/04(水) 12:42:50 ID:???
金がかかるから、選挙はやめろってか

606 :右や左の名無し様:2006/01/04(水) 13:40:51 ID:???
象徴的大統領は1人。皇室は何人いる?
こんな単純なリクツが分からない人が良くもまあ、頭悪いなんていえるもんだ。

607 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/04(水) 14:13:49 ID:???
>>606
だから単純だって言うんだよ。象徴的大統領にだって予備は必要だぜ。
奥さん・子供だって公邸に住むし、警備も必要。兄弟親戚も・・・。(人質にでもなったら
どうするのさね)
国民の意思を具象化した投票によるのなら、まさか25年の任期など無理だろうから
選挙+就任の儀式だって現在の即位の礼一代一回限りじゃないわけだしね。

公邸の調度品だって、いまは別に代代伝わるものを使って問題もあろうはずはないが
選挙で選ばれた人なら、調度品が全部お古で良いわけもないし、公邸だってそだろ・・・。

ついでだから言うが、皇族は「皇族としての品位威厳を保つ費用」を支出されてはいるが
逆に国の仕事を担っているわけだしね。無論その公務は、必要と内閣が認めたから
行なわれているわけで、逆に全く必要ないなら、内廷皇族以外は、経済活動はできるん
だから(不動産の所有も許されているし、仕事をして報酬を得ることも可能)、内閣は
そうすればいいんだよ。

そういう総合的なものの見方ができれば、費用はさほどに大きくは違わないことぐらい
解るはずなのに・・・。


608 :右や左の名無し様:2006/01/04(水) 14:18:30 ID:???
>象徴的大統領にだって予備は必要だぜ。
だから何?一族郎党が予備になるワケじゃないだろ。

>奥さん・子供だって公邸に住むし、警備も必要。
生活や医療も含めて丸ごと一族を面倒見てる皇族と同じになると妄想したいんだw

>費用はさほどに大きくは違わないことぐらい
根拠もなくそう決めつけるのは賢明じゃないなあw

609 :右や左の名無し様:2006/01/04(水) 14:56:51 ID:VxbIlXoO
象徴であれ何であれ、そもそも天皇制を大統領制になぞらえて考えるのが間違いなのでわ・・・




610 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/04(水) 15:26:56 ID:???
>>608
象徴的大統領制では一族郎党が予備なわけがないじゃん。w
副大統領とかそういう人がいるわけで、そして彼らの子供や家族もいると言うだけの話ですよ。
そして、大統領や数人の副大統領や、その奥さんや子供にまで仕事をさせているのは内閣。
仕事をさせれば人件費・報酬的支出が伴うのは当たり前でしょうよ。

生活は丸ごと面倒見る(給料と言う報酬で出すのか、内廷費・皇族費として出すのかの違い
だけ)のが当然だし、公邸・官邸を用意したほうがはるかに危機管理コストは安いぜ。
医療に関して言えば、別に丸ごと面倒見てもらっているわけでもない。医療費は支出
されているぜ、報酬的に皇族に入った皇族費や内廷費・・・から。
宮内庁病院って宮内庁職員も利用していますけど・・・。で、最新の設備が入っていない上に
赤字なのは知っていますが、大統領だって常に医師団がついていますよね、何処の国でも。
国家元首の健康状態は重要な機密ですぜ、多少の経費はかかるものですよ。

具体的にどのくらい経費が削減でき、その根拠は何処にあるかも書かないで「経費の無駄だ」
と決め付けているのは、そっちのほうのような希ガス。

報酬的支出は、国民一人あたり5円だが、その程度は人件費でかかるでしょう?どんな制度に
したところで・・・。

>>609
経費の比較に限れば、別にいいんじゃない?

611 :右や左の名無し様:2006/01/04(水) 16:00:55 ID:???
同じ費用が掛かると思いこんでる人には何を言っても無駄か。
宮家が幾つ有るのか数えてみればいいのにw

612 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/04(水) 16:31:04 ID:???
>>611
いや、だからいくつも宮家があって、皇族費が支出されていて、それ以外に
内廷皇族と言うものがあって、内廷費が支出されていて、その合計が
「国民一人あたり年間五円」だと言っているんだが・・・。

君、内廷費とか皇族費と言う意味、わかっているん?

613 :右や左の名無し様:2006/01/04(水) 16:35:06 ID:???
>>612
だから何?
象徴的大統領が現在の皇室経費と同じだという証明にはなりませんよ?

614 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/04(水) 17:07:50 ID:???
>>613
だから何?経費の無駄遣いという証明をしない限り、話は進みませんけど。

1、象徴的大統領への報酬。
2、その家族に国の仕事をさせるならその報酬、させないなら、別の人が
  必要な仕事をするから、その報酬。
3、副大統領などへの報酬。
4、その家族に国の仕事をさせるならその報酬、させないなら、別の人が
  必要な仕事をするから、その報酬。
この合計は、結局、必要な仕事に対する人件費の総額・・・であり、その仕事を
担う人々の一家を維持する費用総額なんだから、仕事の質と量が変わらなけ
れば、人件費は概ね同額に決まっているじゃん。

天皇家が担っているがゆえに高額であると言う主張(例えば天皇家であるがゆえに
贅沢な暮らしをしており、その一家の維持費が高いとか)がない限り、普通仕事量に
応じた人件費は、人が変わっても必要だし、必要な仕事だから、内閣は助言承認、要請
しているわけだろ。

615 :右や左の名無し様:2006/01/04(水) 17:18:18 ID:???
天皇って権力者に利用されるだけの存在じゃん。

616 :右や左の名無し様:2006/01/04(水) 17:24:33 ID:???
一家揃って飛行機事故かなんかで死んじゃえばいいのにね

617 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/04(水) 17:31:18 ID:???
>>615
利用の意味はわからんが、その権力者の権力の源泉が国民なら、その国民に
寄与するんだから、国民主権国家としては望ましいでしょ。
違うなら、権力者に関する構造や制度の変更を主張すべきですよね。

618 :右や左の名無し様:2006/01/04(水) 18:08:34 ID:???
>違うなら、権力者に関する構造や制度の変更を主張すべきですよね。

うん、天皇制なくせばいいよね。

619 :右や左の名無し様:2006/01/04(水) 18:20:43 ID:???
無くなって困るのは天皇依存症のわずかな人たちだからね。

620 :右や左の名無し様:2006/01/05(木) 11:16:17 ID:???
天皇は皇室会議とか助言とかで、象徴大統領として役に立っていないんだから、
消して何か問題あるわけ?
あと天皇は国民の過半数ではなく3分の2の信任だということも少し大切。

621 :右や左の名無し様:2006/01/05(木) 13:15:03 ID:???
また経費だのコストだのかいな、まとめサイトあるかな?ループすぎてさあ

622 :右や左の名無し様:2006/01/05(木) 13:22:23 ID:k004LaA3
天皇の国事行為ってさ、なにもせずに金を遣るのはこじきと同じだからとりあえずなんかやらせとけってことでしょ?

623 :中田:2006/01/05(木) 13:28:10 ID:???
皇族の人件費は数億円で、宮内庁費ですら100億円ちょっとだから、財産で採算事業運営で自活してもらったほうがいい。
しかし国事行事していただくのだから数億円は当然なんだけどね、税金厨がウザイからね
だから皇室財産の金利運用で、数億円というか、数十億円年収確保自活していただき、旧皇族を復帰っっして
人員を数倍にして、公務は半減、人件費は倍増で自由な行動をしていただきたいね

まとめサイトきぼん

624 :右や左の名無し様:2006/01/05(木) 13:49:43 ID:???
そこで天皇分割民営化ですよ。
女系天皇、男系天皇、バイオ天皇、ロボ天皇をそれぞれ作って
国民が自己判断で選べばよろしい。

625 :中田:2006/01/05(木) 13:58:12 ID:???
女系にした段階で南北朝以上に候補者が混乱乱立するから実質、皇室解体なんだって

女系容認=数代先は皇室廃止なんだって

626 :中田:2006/01/05(木) 14:41:18 ID:???
http://kago-ai-chan.net/uploader/img/naver5513.jpg

627 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/05(木) 14:56:29 ID:???
いや元々皇室経済は、自己完結可能な状況だったわけで、GHQの意向に国会が
納得して(w)、皇室財産(実質的には内廷皇族財産・・・つまり天皇家の財産だけ
で、宮家の財産は除外)を国庫に入れ、かつ皇族の財産狙い撃ちの税金を特別
にかけて、復興の財源に当て、現在の状況にしたという事実がある。

現実的にそういう必要があったかどうかは疑問だが、GHQは「多額の財産を有して
いること」での国政に関する影響力を排除すると言う意図だったわけで、

これが間違っていた、皇室は自己完結の財政を持つべきだとするなら、当然に
狙い撃ちで徴収した税金を返還し、かつ天皇家の財産を原状回復しなければナラン
が、今の日本の国庫の状況じゃ無理だろ。 

都合が良すぎるのよ、元々自活していた皇族の財産を、国会の決議で取り上げ
ておいて、自活しろとか言うのは・・・。それなら原状に(元に)戻すしかないだろう。


628 :ぶさょブリーダー:2006/01/05(木) 15:12:08 ID:???
問題が起きたときは現状回復が基本ですね

1、数億円の税金を出したくない。(大統領経費はもっとかかるが) → 戦前の自活状態に戻せばいい

2、姉歯のマンションは危ない。→ ローン組んだ前の状態に戻す。取り壊して更地から立て直す

皇室解体派の税金うんぬん派は、原状回復という常識を持つべきだわな




629 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/05(木) 15:19:02 ID:???
と言うかもう少し勉強してから、税金の話をすればいいのに・・・。

税金の無駄を真剣に無くしたいなら、皇室に関する経費より多額の支出はたくさんあるんだから
そっちを真剣にやるだろうし、例え一円でも無駄は許せないと真剣に考えるなら、過去の経緯や
現状についてもっと勉強しないと・・・。

何でもいいからイチャモンをつけているだけ・・・と言う印象しかもてない。

630 :右や左の名無し様:2006/01/05(木) 16:24:12 ID:???
【マトメサイト】http://www.geocities.jp/banseikkei/qa.html
【マトメサイト】http://www.geocities.jp/banseikkei/
【マトメサイト】http://www.angelfire.com/journal2/hikojuro/
【有力なサイト】 http://nagane.kimono.gr.jp/hideki/messages/27_title_msg.html 【豊富です】
http://homepage2.nifty.com/nishidah/m_royal.htm(・∀・)イイ
http://mimizun.com/cgi/dattohtml.pl?http://mimizun.com:81/log/2ch/asia/tmp5.2ch.net/asia/kako/1118/11189/1118977539.dat天皇の事が少し分かります。
様々な意見とblogを集約したSite。 http://plaza.rakuten.co.jp/oo00wa00oo/diary/200510200000/
歴史と伝統、そして心情的に男系維持に賛成な方の意見。
http://blog.goo.ne.jp/kurokuragawa/e/d17e724705f700bdfbeeb75dc85e5552
有識者達に対する批判と意見。
http://kahkun3601.at.webry.info/200509/article_14.html

特定アジアを注視するSiteでも問題提起が。
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri/index.php?day=20051027
http://www.enpitu.ne.jp/usr4/bin/day?id=45126&pg=20051028

631 :右や左の名無し様:2006/01/05(木) 17:44:00 ID:???
つかなんであの不細工一家を税金で食わせてやんなきゃいけないんだ?

ただのニートの象徴じゃねえかwww

故にニートウヨは、四海同朋は理解出来なくても奴らを『神』と崇めるのか?

確かにろくすぽ働かず、責任も無い奴があれだけ豪勢な生活してんだから、ニートにとっちゃ『神』だわなwww

632 :右や左の名無し様:2006/01/05(木) 17:45:47 ID:???
勉強になった^〇^
私も税金に関しては素人なので偉そうに言っちゃあいけないかもしれないが、
>>627でも書かれているように、GHQの考え方そのものが、ここに集まっている『天皇・皇族たちは国民の血税を食らっているのだ!!だから返還せよ!』
などと思っている輩とほぼ同質だってことに。


633 :右や左の名無し様:2006/01/05(木) 18:02:57 ID:???
ホントは丸裸で放り出されても不思議じゃなかったからな、皇族は。

634 :右や左の名無し様:2006/01/05(木) 19:10:21 ID:EzR5bo4m
生きた天然記念物だから生かされているだけ

635 :右や左の名無し様:2006/01/05(木) 23:45:27 ID:6wgjpr/N
>>>598
てめえは天コロのポチだ、ばーか、死ね。

636 :中田:2006/01/05(木) 23:52:37 ID:c3txoyjk
GHQが奪った皇室財産の一部を皇室に変換すれば、6億円の皇族人件費は
金利や運用で楽に捻出できる。そんで権威の部分や大統領などの公務にあたる
部分は宮内庁費以下で、共和国派に算段してもらおう。もちろん文化財維持管理代も含まれるので
相応、以上になりそうだがw

637 :右や左の名無し様:2006/01/06(金) 08:10:52 ID:???
>GHQが奪った皇室財産の一部を皇室に変換すれば、
変換?返還の間違いか?
返還であれば、いかなる根拠でそうできるのか、法的根拠がなければ不可能だと思うよ?
戦前の皇室財産については色々と問題があるという面も踏まえれば返還が認められる
可能性は限りなく低い。

638 :右や左の名無し様:2006/01/06(金) 09:30:38 ID:???
薩長政府が奪った徳川の財産を返せと言ってるようなもん

馬鹿半虚なんか一々相手にするな

639 :右や左の名無し様:2006/01/06(金) 10:16:43 ID:wbDPMAra
今の天皇は不要、しかし、明治大帝はえらかった
白馬に跨り新吉原に通ってたもんな

640 :中田:2006/01/06(金) 10:50:48 ID:4MjgrQ6m
>返還であれば、いかなる根拠でそうできるのか、法的根拠がなければ不可能だと思うよ?

ほほう、税金がうんぬんの池沼に対しての、池沼が解決すべき問題提起ですが、こちらにふる池沼まででてきますかワラ

>薩長政府が奪った徳川の財産を返せと言ってるようなもん ←こいつも同じく、1、税金厨出現 2、税金厨への指摘 3、指摘について45度の回答者

この3の池沼がでてきました。もう何回も何年も繰り返されたループなんだけでね


641 :右や左の名無し様:2006/01/06(金) 10:58:32 ID:???
皇室の財産が返還されても国費としてもっと大事なところに回すべき。

642 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/06(金) 11:54:23 ID:???
よう解らんのだが、おれはGHQの意向で、皇室財産が「日本国」の国庫にはいったとは
かいたが、GHQがもって行ったなどとは書いていない。
多少はあっただろうが、そんなに多額ではないと思う。

仮に、天皇は自活せよと言う理屈が正しいなら、「天皇家の財産を日本国の財産」にして
「自活の道を奪った現憲法の規定」は、【間違った政策だった】ということになる。

間違った政策なら、原状に回復するのは当然で、天皇家の財産、皇室の財産として
【日本政府】が戻すべきロジックになると、言っている。

「間違った政策ではないが、既に役割を終えている・・・」としたところで、それならば、感謝
し、現在の皇室用財産はすべて返還し(土地だけで千代田区の二倍ぐらいになるが)、
あるいは現在の相場で返還後に買い取るなどしなければ、おかしいだろうよ。

当然憲法改正が必要だし、それにあわせての立法はされる必要がある。
「封建制度の解体は誤った政策」ではないから、薩長が奪った徳川の財産との比較は誤り。

643 :右や左の名無し様:2006/01/06(金) 12:20:35 ID:???
天皇陛下っていうか皇室は必要だよ
皇室外交が出来るし


644 :右や左の名無し様:2006/01/06(金) 12:43:42 ID:???
馬鹿だな

東京裁判はなんだったのか…
GHQのしたことはなんだったのか…

旧体制(軍国帝国主義)を解体し、日本を民主主義国にしてくれたんだろが…

例えば米と北が戦争して、米が勝っても金政権や朝鮮労働党をそのままにしといたらなんの意味もないだろ?

だから天皇も本来は強引に罪に問われるか、丸裸でほうりだされても仕方がなかったのさ

それを、国家神道抜け切らない国民の嘆願で、形だけは残される事になったのさ

645 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/06(金) 16:29:15 ID:???
>>644
「形だけ」とか「放り出されても仕方がなかった」なんていう貴殿の単なる感想や
思い込みなど、根拠が乏しいから、同意されないわけだし・・・。

戦時中「日本国民」を国際法に反して大量虐殺した米国の、更なる不当な裁判を
「日本を民主主義にしてくれた、全面的に受け入れるべき喜ばしいこと」というなら
ま、単なるバカだと軽蔑するね。

一ヶ月にも満たないで決められた草案に基づいた憲法を、60年間において、マトモな
運用をしてきたのは、日本人の順法精神と柔軟な思考の成果なわけで、米国の
憲法がすばらしかったからなわけじゃない。逆にいえば「明治憲法の改正」でも、同
様の成果は上げられたんじゃないかという推測も成り立つわけで・・・。


646 :右や左の名無し様:2006/01/06(金) 17:15:23 ID:???
それはそれでお前ら右翼が声を大にして訴えろよwwwやりもしないで文句たれんな馬鹿www

それ以前に文句垂れるくらいなら戦争なんかすんな禿www

そんなに戦前の体制が好きなら北か中国にいけよwそっくりだろ?

農地法改正、財閥解体、民主憲法…文句があんなら日本からでてけwww

647 :右や左の名無し様:2006/01/07(土) 05:23:40 ID:f6MmlPms
既出だと思うけど
こないだTVでやってたけど、どっかの金持ちが戦後GHQの将校を私財で接待して無理矢理存続させたみたいなこと言ってた。
そんな経緯で存続した身分制度の象徴はイラネ。


648 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/07(土) 09:04:38 ID:???
>>647
御伽噺の部類ですよwww
>>646
別に戦前の体制が好きだと言っている人はいないと思うが・・・。妄想でツカ?w
好き嫌いの話ではなく、なんか一方的に、【史実を無視して】まで、戦前全般を
あしざまに評価しても、戦争の反省とはほど遠い・・・わけでしょ。

農地法改正じゃなくて、農地解放だとも思うし・・・。

649 :右や左の名無し様:2006/01/07(土) 12:32:22 ID:???
皇室がなければ、確か日本は中国が侵攻してくる格好の餌食になると聴いた事がある。

また、由緒正しい万世一系の皇室はバチカンのローマ法王と同等、それ以上の存在として
各国政治家はじめ知識人に認識されている。

お陰で日本には大昔から絶えた事のない貴重な文化があると、日本自体が一目置かれる
存在たりえている。

ま、天皇イラネとか言ってる香具師ももう少し大人になってサヨの洗脳が解ければ分かるようになる。

650 :右や左の名無し様:2006/01/07(土) 15:11:11 ID:???
天皇はイラネと思いつつ目の前に登場すると尊敬語で会話。
こんなおれってどうよ?

651 :くそウヨ:2006/01/07(土) 15:23:29 ID:???
>>650
自分の嫌いな奴を他の奴の前で「あいつうぜ〜よな〜」って
言ってて、そいつが来ると「あっ〇〇君おはよう」って感じだな。

ある意味昔の共産党とかの方が筋は通ってると思うぞ。
長いものには巻かれろ、的な思考ですか?別にそういう人は現実に存在するんでしょうけど。

652 :650:2006/01/07(土) 15:35:00 ID:???
天皇マンセーって思うなら全財産国に寄付すれば良い。


653 :右や左の名無し様:2006/01/07(土) 16:11:07 ID:???
天皇マンセーな奴に限って財産ないからなw

654 :右や左の名無し様:2006/01/07(土) 16:18:06 ID:???
>>653俺は関西だから天皇マンセーの思想がわからないけど
関東ってどんな感じ?特に東京で

655 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/07(土) 17:13:33 ID:???
と言うか「天皇マンセー」って何よ、どういう概念?

天皇万歳・・・
ばんざい 【万歳】・・・ではなく
ばんぜい 【万歳】<〔漢音〕
(4)長寿・長久を願って、また、祝福していう語。感動詞的にも用いる。

こういう意味だろう? 何処に思想らしき意味合いがあるのやら。
俺は東京は長かったけど、別に「東京人だから特段に天皇に対して親近感がある」
と言うイメージはないなぁ。栃木県の那須周辺のほうが、はるかに親近感を持つ人は
多いんじゃない?

656 :右や左の名無し様:2006/01/07(土) 18:04:07 ID:2bdu/6W3
http://www.sutapura.net/c/tsdc/

http://www.sutapura.net/cgi-bin/tsdc/honey/honey.cgi

657 :右や左の名無し様:2006/01/07(土) 18:18:00 ID:???
天皇マンセーな奴は迷惑だよね。

658 :右や左の名無し様:2006/01/08(日) 22:30:41 ID:dXCRME/O
結局天皇の存在意義って何なの?
ないんだったら無理して財産を取り返したりする必要ないんじゃあ・・・

659 :右や左の名無し様:2006/01/09(月) 01:44:46 ID:???
居なくなったら分かるんじゃない?
天皇制がなくなれば日本人の意識も
外国の日本に対する意識や態度も少し変わりそうだし
問題は、日本にとって良い方に変わるのか悪い方に変わるのかだよね

660 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/09(月) 11:50:56 ID:???
だから、天皇がいない場合に、我が国の独立の継続を、一体何処に求めるのか・・・と
言うことだよ。

別に天皇がなければ、我が国の継続根拠がなくなるとは言わないけど、ただ単に
なくした場合、我が国と言う枠組みの由来を何処に求め、我が国が独立していく必然を
何によるのか・・・と言うことだよ。

日本という国が独立を維持し継続していく必要は、歴史の中での我が国の独自性に
根拠するしかないだろう? いまの憲法でその歴史性を示しているのは天皇に関する
条項以外にないでしょ。

で、ポ宣言受諾を新たな日本の由来だとするなら、竹島や北方領土や沖縄は、我が国の
枠組みの範疇になく、沖縄は返還ではなく編入だろう。竹島の我が国領土である根拠は
何処に求めるの?北方領土は?

我が国が過去から継続しているがゆえに主張でき、国益にかなうことはたくさんあるんだぜ。


661 : ◆YMRpk4.bSI :2006/01/09(月) 14:33:42 ID:wsrgwPvM
>>660
横レスだが
天皇制が廃止されてもそれも日本の歴史の一つになるんだって、
別に天皇が廃止されたら日本は日本でなくなりますっていうわけじゃないだろ、
歴史性だったら日本っていう国名だけでも十分じゃないの?

662 :右や左の名無し様:2006/01/09(月) 14:44:55 ID:ug8pqnC1
じゃあ、日本人としてのアイデンティティはどうする?

663 :右や左の名無し様:2006/01/09(月) 14:47:13 ID:???
2千年以上天皇(皇帝)がいる立憲君主国 → 普通の新生共和国
う〜ん、軽薄・・・

664 :右や左の名無し様:2006/01/09(月) 14:54:56 ID:???
>>662
国旗とかそういうのでいいじゃないの?
それ程ナショナリズムに依存しても仕方ないだろう。

665 :右や左の名無し様:2006/01/09(月) 15:01:24 ID:ug8pqnC1
つまり、国旗とかモノじゃなくて、歴史とか文化の概念の代表が天皇。例えばアメリカなら、自由という概念がアイデンティティだしさ。イギリスなら王室がそれだろ?とオレは思う

666 :右や左の名無し様:2006/01/09(月) 15:03:29 ID:EhBER9oB
>>662
日本人って、まとまるのが下手だからなぁ
その上人が良すぎて、個人の自由として何でも受け入れてしまうところもあるし
天皇制がなくなれば、ますます愛国心って奴が必要になってくるかもね
どっかの国みたいに、隣国を恨むことでまとまるようになったら嫌だな

667 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/09(月) 16:20:41 ID:???
>>661
天皇制が廃止されたら、日本が日本でなくなるかどうかは、日本と言う国が必要
であると言うロジックの用意の仕方にもよると考えていますが・・・。

単純な話し、現在に日本国の由来は、別に神話まで持ち出さなくとも、平安京以前に
求められるでしょ?ある国に、「日本はポツダム宣言受諾によって生まれ変わっ
たんだから、北方領土や竹島の領土権など持ち出せないんだよ・・・」と言われたときに
「何いってんの、平安時代以前から天皇は存在していますし、それが現代まで継続
しているんで、新たな国になったわけではなく、領土に関して主張できますけど・・・」と
言えるよね。

ある国から、「日本は元々中国の一部だ。国王がいたぐらいだから・・・。今後は中国も
含めた人民の多数決で決めていきましょう。」と言われたとき、
「なにを言っているの、天皇は中華思想における王ではなく、その天皇を国の中心的
位置において1000年以上も我が国は継続しています」と言えるよね。

天皇制を排除して、一体何をそういう歴史性の根拠として、国民はコミットメントしてい
くのさ。日本人の同一性(アイデンティティ)というのは、言い方を買えれば、日本人以
外との異質性ということだぜ。異質でないなら、いっしょの国になっていいじゃん。
東アジア国として多数決で国の行方を決めればよい。それを否定するに天皇と言う歴
史を「否定してしまったら、日本が日本でなくなる余地はある」わけで、否定しないのなら
一体どのような日本国の歴史性を国として提示するか・・・と言う話だが・・・。



668 :右や左の名無し様:2006/01/09(月) 16:25:48 ID:???
政治的に利用価値があるという話しなら
別なアプローチを用いればいいだけだと思うなあw

669 :右や左の名無し様:2006/01/09(月) 16:38:38 ID:???
別なアプローチとは?

670 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/09(月) 16:39:20 ID:???
別なアプローチって?
政治的利用?政治的利用は、そもそも【我が国の必然】が同意された以降の話
なんだから、関係ないと思うけど。

解りやすく言っているだけで、【我が国と言う枠組み維持のロジック】をどう国民が
享有するのか・・・と言う話だろうよ。

で、別のアプローチがあるというなら書いてみてくださいな。

671 :右や左の名無し様:2006/01/09(月) 17:06:05 ID:zY4vmwRE
天皇陛下・・・?もちろん日本には必要な人材。
何故かって・・・聖徳太子の時代に王を天皇(天子)に格上げしてだろ。それは
当時、支那を支配していた隋の煬帝と日本の「王」が対等な立場に立てた分けだ!
要は天皇陛下と皇室は日本国独立の旗印=象徴なのだ!!

672 :右や左の名無し様:2006/01/09(月) 17:46:58 ID:???
理屈を引っ張り出してきて「はい、もう天皇は要りません」っていう単純な話でもないんだよな
むしろこういうことは、心情や感覚といったものが一番大切になってくるんじゃないかと
アイデンティティは大袈裟な言い方だとしても、少なくとも天皇がいるだけで世界に2つと無い日本の個性なわけで
まさに日本国の象徴と言える、しかも他の国にない程の伝統の重さも持ち合わせてる
そういう精神的感覚的な部分を大切にしたいと思う気持ちは解るし、それもまた日本人らしさだと思うけどなぁ

673 :右や左の名無し様:2006/01/09(月) 22:23:37 ID:???
天皇イラネ

674 :右や左の名無し様:2006/01/09(月) 23:16:40 ID:???
>>673
おまいが一番要らない件についてw

675 :右や左の名無し様:2006/01/10(火) 09:05:11 ID:+mhHeFW/
英国王室も、まあまともに賛否を勘定したらイラねって言われてるしな。

676 :右や左の名無し様:2006/01/10(火) 09:37:26 ID:Iu6vx3WX
在日朝鮮人が日本人のフリをして、天皇制を潰そうと必死らしいね。

密入国者の子孫が日本の国政に口を出す権利も資格も無いはずなのだが。

677 :右や左の名無し様:2006/01/10(火) 11:25:30 ID:???
ほんとだよ

天皇はとっとと半島へ帰れ!!

678 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/10(火) 11:38:05 ID:???
いまさら日韓併合論?賛成できないなぁ。

679 :右や左の名無し様:2006/01/10(火) 14:36:42 ID:???
密入国者の子孫=天皇

680 : ◆YMRpk4.bSI :2006/01/10(火) 20:45:10 ID:???
>>667
別に天皇なんていなかったと言いたいわけじゃありませんよ、
歴史性だったら「日本」という名前の国の一部だったで十分じゃありませんか?
上皇制が廃止された天皇制が昔と同じ制度なのかとか、
他の国が天皇制そっくりの制度を作った場合とかはどうなんですか。

681 :右や左の名無し様:2006/01/10(火) 21:56:15 ID:???
日本は天皇のためにあるとか言っている妄想オタクがいるのはこのスレですか?

682 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 00:05:13 ID:???
いいえ、このスレではありません

683 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2006/01/11(水) 00:19:44 ID:998825AN
>>655
2ちゃん用語を普通の辞書で引いても、ニュアンスは載ってないってば。

684 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 05:28:34 ID:A2BdetWI
>>655

韓国読み

685 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 07:44:32 ID:???
靖国と天皇制と右翼は国益にならない。
とっととお国のために氏んでくれ。

686 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/11(水) 09:22:44 ID:???
>>680
どうして国名だけで、日本国・国民の独自性が主張できるのか良く分かりません。

国名が同じでも、別の国家運営は可能でしょ?
問題は統治に関する歴史的継続性=権威の正統性(≠正当性)ですよ。

江戸時代と現代が同じ日本であることは、徳川幕府が天皇の征夷大将軍任命
を権威の根拠としていたからです。国名が同じだから同じだと言われれば
クーデターを引き起こした輩が同じ国名を名乗れば「正統な歴史的継続性の
ある政府」といえますか?

我が国と言う固有の存在の由来を国名によって象徴するなら、その国名の由来は
一体なんですか?天皇を除外して語ってみてください。

687 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 10:18:39 ID:4/hTLyUg
なんで在日は天皇を攻撃するのかなぁ?

それが分からないんだよなぁ。
何か目的はあるんだろうけど!

688 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 10:54:15 ID:???
単なる日本列島にある共和国で歴史断絶ならば移民にのっとられる可能性大かも

689 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/11(水) 12:37:32 ID:???
>>688
そだね、それも問題だよね。

日本国民である=日本国に行方を決められる主権者の特定は戸籍に基づいている。
日本国と言う国名が残っても、天皇を会えて排除すると言うことは壬申戸籍の正当性
は排除することになる(無論、排除しないなら何らかの理屈が必要)。

今日本国と言う名称の地域にすんでいる人が新たな日本国の主権者であるとした場合
当然に現在の在日外国人の方々も主権者となり、さすれば当然、同様の人々の移民は
受け入れる必然が生じるな。


690 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 13:33:04 ID:A2BdetWI
違う。“日本”という国家の概念は江戸時代には無い。
律令国家制度は10世紀に崩壊している。初期の明治政府が養老律令の太政官制を復活させるまでの間は、この列島に“国家”“日本”という概念は存在していない。“社会”は存在したが“国家”はそこに無かった。


691 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 13:46:02 ID:jRHFWQYa
>>690 近代国家やナショナリズムなんてものが
明治以前からあったかのごとき錯覚をおこすのは、
俄仕込みの「保守主義」者によくあること。

実際は、「天子様?」へーっというていど、領主のほうが
地方にとっても武士にとっても大切だった。

天皇を軸にすえた”愛国心”は明治以後の教育により
つくられていったもの、ってことで。

692 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 13:51:11 ID:???
江戸時代に日本という概念がない?
幕藩体制しか知らない庶民がいたにしても、その幕藩体制は
天皇からお借りした体制であって、平和すぎて天皇を意識せずにすんだだけなんだがw

693 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 13:53:47 ID:???
>平和すぎて天皇を意識せずにすんだだけなんだがw
いや、江戸幕府は意図的に朝廷の影響力を低下させる政策をとってきたんだが。


694 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 14:04:00 ID:???
どちらにしても江戸時代は日本以外の懸念が少なかったから幕藩だけ考えればよかった。
国際社会で生きて、鎖国もしないのなら、皇室を意識しないで、日本国運営なんて考えられない。

これは歴史の継続性を意識するなら皇室を有する日本国であるし

単なる日本列島に現在住む人間で、国家運営なら、日本共和国であろう。中国朝鮮二億人流入で

695 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 14:04:47 ID:jRHFWQYa
>>692
香ばしいね、コヴァ?
近代ナショナリズムなるものがあったことの
論証にはなんらなっていないが?

天皇は単に征夷大将軍に任じるだけ。

大日本帝国憲法に書かれていることそのままの政治思想が、
はるか昔からあったとでも?せいぜい、吉田松陰あたりからでは
ないか?

696 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 14:06:47 ID:???
>>692

禁中並公家諸法度

一、天子御芸能之事。第一御学問也。学ばざれば則ち古道明らかならず。....

697 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 14:07:04 ID:/LKGNZuQ
江戸時代の政治と
明治以降の政治とどちらがいいのか。。。
とりあえず今は駄目だと思うのだが

698 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 14:10:37 ID:jRHFWQYa
>>697
今の政治がダメだというのは同意だが、
だからといって明治や江戸よりましとはおもわない。
すんでみないと解らないこともあろうが。

おれ的には

江戸 << 明治 << 戦後

身分制がない、
言論の自由、結社の自由など各種自由の整備不十分、
などの理由から。

699 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 14:12:36 ID:jRHFWQYa
× だからといって明治や江戸よりましとはおもわない。
○ だからといって明治や江戸のほうがましとはおもわない。

ま、原時代に大正デモクラシーとか政党政治とかあったけどね、
右のひとが”天皇絶対主義”への批判としてやるように。ただ、
それらが「誰により」「なぜ」崩壊したか、考えるとね。

700 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 14:15:58 ID:A2BdetWI
>>695

尊王論かい?
元来は中国の儒学。本居宣長の国学、藤田東湖の後期水戸学が維新時の政治的スローガンから忠君愛国と変化して昭和のファシズムまで繋がってる。

701 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 14:20:55 ID:/LKGNZuQ
過度の自由=民族の荒廃

じゃないか?

弊害というものには悪い面も良い面もある。
国民の立場からすると、そらぁ自由がいいが
客観的にみて、自由すぎると人間性の低下につながる傾向がある
つまり二極化の管理社会の到来だよ
自由といっても人間はロボットになっていく。

昔の人のほうが不自由な面は多かったが、
それでも精神的に優れていたと思う





702 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 14:21:55 ID:A2BdetWI
>>695

さらにたどると、国学に影響を与えたのが、江戸初期の山崎暗斎の垂加神道

703 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 14:22:01 ID:/LKGNZuQ
701は698
へのレスね

704 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 14:22:10 ID:jRHFWQYa
>>元来は中国の儒学

本居か吉田か、ちょっと混同している鴨な。おれ。
「日本」の「朱子学」に対する反発じゃあ、なかったっけ?
水戸学、いずれにせよ、


>>本居宣長の国学、藤田東湖の後・・・

は同位。大日本帝国憲法を読んでみても、連想させられる部分が
多々ある。



705 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 14:25:35 ID:jRHFWQYa
>>昔の人のほうが不自由な面は多かったが、
それでも精神的に優れていたと思う

自由な人間が必ずしも豊かな精神を持つということにはならない、
その意味で、自由が拡大し、かつ、権利も多々獲得した人間が、
昔より精神的に豊かになっている、とは、断定はしない。

しかし、だから、「昔の人たちのほうが豊かであった」というのは
一種、豊かな現在からみた「あこがれ」「憧憬」の類であるとおもう。

モラル崩壊が説かれるが、決して国家や体制から与えられるものではない。
戦前、江戸時代などにも、賄賂や疑獄などは多々あったであろうことは
容易に想像ができる。警察力の行使の仕方などもまた同じ。

706 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 14:27:47 ID:A2BdetWI
>>704

そそ!それに、プロセイン憲法を混ぜて、欽定憲法の出来上がり。

707 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 14:44:21 ID:/LKGNZuQ
ではその昔に

動悸もなく面白半分に母親を毒殺したり、
少年が虐殺的連続殺人を犯したり
学舎か寺子屋に侵入して無差別に子供を殺したり
母親が、子供を監禁し、食事をわざと与えず餓死させたり
無惨な折檻をしたり
そういうことが行われていたと?

自由の結果
国の危機になったら命を投げだすようなことも出来ない
「下らない、国の為に死ぬなんて」という人ばかりですよ。
性にもだらしがなくなり、言葉も知らず
教養も品性もなくなっていますが?

もちろん統計などないから、一蹴したければそれでいいが
俺は自由すぎる故に不自由によって得る何かを失ったと思うよ





708 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/11(水) 14:48:50 ID:???
江戸時代に、日本と言う概念についての理解が農民クラスにまで及んでいたことは
歴史学によって証明されていますが・・・。

私は何度か書いていますが、起請文がまずその証明として理解できることです。
「日本国中の天神地祇(天津神と国津神)に誓う」と言う起請文は、武家から
商家、そして農民にまで浸透しています。(落語の三枚起請などでもわかる)

第二点は寺子屋です。講談社の「古文書を読もう」などで紹介されていますが
学習の順番として「いろは」「数字」「名頭(人の名前)」に続いて、「村名、国尽(村や国の名前)」
そして、証文や用文書の後に「諸往来」を学ぶと言うカリキュラムでした。

また仏教が他国からのものであることを知らない人はいないでしょう。(梵字・経典)
無論、国民国家という概念などないでしょうが、五機七道があり、上り下りの概念を知っている
わけですから、京都に存在する天皇と、将軍の関係も理解できるわけです。

こういう事実に目をそむけないとできない言論は、果たして・・・。

709 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 14:49:55 ID:???
>>母親が、子供を監禁し、食事をわざと与えず餓死させたり
無惨な折檻をしたり

 「こけし」の意味しってる?俗説という主張もあるが、
そもそも食い扶持減らしのために、子供を捨てていたのは
良くあったそうだが?
 明治時代はムスメを酌婦(売春)させるために売りに出した。
 おいらんになるために、12歳のころから少女は働かされた。
 袖の下、という言葉も見事にある。
 

ま、707さん、今の世相に憤るのはじゆうだが、昔も相当
ひどいものでっせ?ユートピアでは、ない。


710 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 14:51:10 ID:???
>>日本と言う概念についての理解が農民クラスにまで及

だから、「日本」という「名称」と、「近代国家、近代ナショナリズム」
を伴った「日本」とは別個。

711 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 14:57:33 ID:/LKGNZuQ
>>709

食い扶持減らしや、身売りは
まずしい事からの致し方ない方法ではいのか?
昔は中絶なんて無かったし、

今の人は平気で中絶するが、それと「こけし」とどう違う?
身売りだって、今は女が進んでやってる時代。
これが自由による害だというわけ

ユートピアなんて求めてないよ
そんなものはない。
ただこれからどうなっていいくか
過去にも目を向けたほうがいいのではという意見だよ



712 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 14:58:14 ID:A2BdetWI
>>708

だから、近代国家=中央集権官僚機構は10Cに消滅して明治に太政官制が復活して初めて成り立つだろ

713 :新参者:2006/01/11(水) 15:00:37 ID:???
あのさ、俺今まで天皇制って日本の伝統であって国の象徴だから存在してなんらおかしい事はないって思ってたんだけど、
反対派は税金の無駄遣いとか公務をわざわざ天皇がする必要はないって意見じゃん?
そう言われればそうかなって思ってきたんだけど、実際天皇制がなくなったらどうなる?象徴と伝統がなくなるのはもちろんだけど、それを除いたとしたら廃止して本当にうまくいくのかな?
よくわからんくなってきた…誰か教えてくれ(´Д`)
あ、それとエリザベス女王は天皇みたいなもんなんかな?

714 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 15:02:54 ID:???
明治以前は日本という歴史観も価値観もなかったとする説は
もろくも崩れたわけですね

明治以前は国家や皇室の意義に伝統なんかなかったという、お約束答弁陥落w

715 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 15:03:52 ID:jRHFWQYa
>>711 

「貧しいから致し方ない」と、弁護せねばならないほど、
ひどいことをしなければならなかったわけだよ。

「こけし」つまり、食い扶持減らしのために子供を遺棄したり
することがひどい行為だということ自体は認めるわけだろ?

自由意志で身売りするのと、本人の意思にかかわらず「身売り」
させられるのと、どちらがひどい?「親」のモラルとやらはどうなる?

誰も過去を全否定などとはしていない。今の世がひどいからと
いって過去をユートピアのようにおもわないほうがいい、と
いっている。

716 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/11(水) 15:10:56 ID:???
>>710 >>712
俺は近代国家の概念について語っていないから・・・。
>>689参照)

近代国家概念と言うものさえ、はっきり言って、日本の歴史としては、そのような
切り口が妥当かどうか・・・所詮西欧におけるの評価の問題かと・・・。

日本の場合で言えば、日本の国民(という表現が妥当かどうかはともかく)は、江戸時代
から日本国と言う概念を有していたわけで、それは網野氏の研究からすれば奈良時代に
遡るかもしれないらしい。

で、単純に言えば、江戸幕府の権威への忠誠に基づく平安は、主従関係の合意に
基づいているわけで、その合意の基盤は、天皇からの征夷大将軍任命。
そして、明治維新は、徳川との主従関係の解体と、兵農分離の解体(つまり軍政の解体)
なだけで、統治ロジックの変貌と言うわけではない。

そして明治立憲にいたって、その統治ロジックと近代主義の融和があって、(律令の廃止)
天皇の皇祖皇宗と臣民との良好な関係性=天地の公道に基づき、万機公論に決する政治
を目指しているだけで、内部的な統治ロジックについて、近代云々と言う分類は、さほどに
意味はないかと・・・。

717 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 15:13:15 ID:???
10Cまでは中央集権近代国家? 古代ギリシャとかも? まぐなかるたも古いしなあ

718 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 15:14:18 ID:/LKGNZuQ
>>715
おまえ本当に面倒なやつだな
ユートピアなんて無いと言ってるのに。。。

自由というのは良いよもちろん。
でも自由過ぎると歪むっていってるだけ

それから
貧しいから子供を棄てるのは
俺は酷いとは思わない。むしろ当然だと思う。
そら目も当てられんほどむごい事だが仕方がないんだよ
結局あとで家族全員が餓死してしまうことになるから
むしろ貧しくもないのに、子供を中絶したり
餓死させたりそっちの方が残虐でしょ?
ってことよ。

身売りにしていやいや働かされるのは
そら嫌だろうど、それでも頑張っている人には節度がある
自分から身売りしている女には節度がない
だらしがないんだよ

どっちにも良い面はあるし悪い面もあるが
少なくとも今より昔のほうが精神的に優れていたのは
事実だと思うよ。。

719 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 15:15:45 ID:???
日本は時代が変わっても、いじられてない聖域があるね

皇室を中心とすること、官僚機構はそのまま残る。

720 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/11(水) 15:15:56 ID:???
>>713
このスレの前あたりと、
【教えて】皇室の存在意義【下さい】part36
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1131162381/l50
とこの過去ログでも読んでみれば?

721 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 15:16:44 ID:jRHFWQYa
>>近代国家概念と言うものさえ、はっきり言って、日本の歴史としては、そのような
切り口が妥当かどうか・・・所詮西欧におけるの評価の問題かと・・・。

近代国家としての日本と、保守の人が「国民国家」という言葉にこめる意味とは
不可分。国民とはナショナルな民という意味であり、日本を国民国家というとき、
民が「ナショナルな単位としての日本に住む者」としてそのよしあしはともかく、
一体感を感じている、という情況を表現したいのではないの?
 このような「ナショナル」なまとまりというのはそもそも「民族自決」の概念が
でてきた近代以降の西欧ものであり、「西欧の評価にすぎない」といいきって問題視
しようとしないのは、いかがなものか。
 もちろん、「天皇陛下」「天皇制」のもと「国民」が一体感をもつ、
というのも、これまたナショナルな概念。

”れ”の場合はわかっているかおぼろげにわかっていながら、ああだこうだ
いっているようだから、救いがあるのかタチが悪いのかw

なお、下記は意味不明、正直言って救いようが無い。

>>明治以前は日本という歴史観も価値観もなかったとする説は
もろくも崩れたわけですね

意味不明だが。日本という名称と、近代ナショナリズムの意味が
こめられた「(国民国家)日本」との混同こそ、

「もろくも崩れた」

わけだが、っつーかあんまり解っていないみたいだな。だいたい
「明治時代」以後の「天皇崇拝」的心情と、それ以前の「天子様」
とでは、まったく意味合いも態度も位置づけもちがうのだが。



722 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 15:17:17 ID:???
現在の価値観で過去までくくる人間がいかに多いかと養老さんも、バカの壁で書いていたが
そのまんまだもんなw

723 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 15:21:51 ID:jRHFWQYa
>>貧しいから子供を棄てるのは
俺は酷いとは思わない。むしろ当然だと思う。
そら目も当てられんほどむごい事だが仕方がないんだよ

仕方が無いか。
今の時代で「仕方が無い」といって同様のことをすれば、
おそらく物凄い批判が浴びせられ、場合によっては「現代」を
全否定しようとする論者の格好の材料とされるであろう。

私は、今の時代は「仕方が無い」といってかようなことを
することを肯定する必要は無いほどに、モラルも、一応の富もまだ、
ある、社会的基盤も不十分ながらにある、そのこと自体を、肯定する。
世相はたしかにひどい、しかし、私は、今現在、現代日本を、全否定
していない。

あと、過去を全否定などしていないといっているだろう?
君がそうだ、と断定していると捉えるならば、それは誤ろう。ただ、
今を全否定し、いたずらに過去を礼賛するようなのがたまにいるが、
そういったのは過去を「ユートピア」と同一視するような輩だと言っているわけ。

724 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 15:22:47 ID:jRHFWQYa
>>現在の価値観で過去までくくる人間がいかに多いかと養老さんも、バカの壁で書いていたが
そのまんまだもんなw

過去の価値観で今をくくる人間も同様ではないか?

725 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 15:25:25 ID:CSdbcDMi
「天皇の御存在は絶対である。その形式については敢えて言わぬ。空気の
如き大恩は忘れられるものである」(東条英機遺書)

いざさらば 苔の下にて我待たん 大和島根に花薫るとき

726 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/11(水) 15:26:51 ID:???
>>721
後段は私のそれではないので・・・。

で、国民国家という表現が、意味があるとは私は思っていないし、近代独特で
あるとも思っていないのよ。

西欧では地続きで宗教観も一定の一致があるから、それを意識しないと国の枠組み
と言うものが希薄の方向に流れて、保守主義者にとって都合が悪いと言うのはよく
わかるんだわさ。

日本では別に必要ないじゃん。民族的一致が有って、宗教的価値観の一致があって
多元的で重層的な宗教発展の中で、相互に同意する規範があって・・・。

明治時代と江戸時代の違い・・・まぁそれはあるにはあるだろうが、庶民が日本民族
について意識し一体感をもつなどしなくとも、日本民族であること、中国や朝鮮などの
外国人や、西欧・米国などのガイジンと違う人々であることの意識など醸造する必然な
どないんだと思うけどねぇ。

皆で話し合って決めるという文化の中で、犯試合に参加できる範囲が国家運営まで
徐々に広がってきたと言うだけの話で、たいした変換ではないと思うよ。

将棋の坂田三吉の終戦の感想・・・「天皇はんもこれから大変やなぁ・・・」こういう感覚かと。

727 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 15:32:55 ID:/LKGNZuQ
>>723
あんたの言いたいことが分からん。

俺は自由による歪みのこと言ってるだけだ。
過去を礼賛してもいないだろ
貧しい故の歪みも認めている。
精神的に、幼稚になったと言うだけだよ

あと、肯定するのはいいが、それだけなら建設的な意見がでないよ

>今の時代で「仕方が無い」といって同様のことをすれば、
>おそらく物凄い批判が浴びせられ、場合によっては「現代」を
>全否定しようとする論者の格好の材料とされるであろう。

こういうわけのわからん事いってるようじゃね。。。。


728 :中田七郎:2006/01/11(水) 15:35:12 ID:???
現在価値観、とりわけ近代国家なるものは、日本に押し付けられた文化的レイプでしかないわけよ
それを最上とし、その価値観が日本になかったとすることで、天皇制解体を論じるもの、
伝統ではないとぬかすものは、ずいぶんねじれた感覚で、なおかつ分化レイプに加担する洗脳されたものでしかないわけだが

おそらく簡単には通じない話ではあろうがね

729 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 15:39:18 ID:jRHFWQYa
>>国民国家という表現が、意味があるとは私は思っていないし、
近代独特であるとも思っていないのよ。

前段の御説は尊重するが、「『国民』国家」という以上、ナショナルな民
という意味、つまり近代国家、近代ナショナリズムという概念から近代以後の
のものではない、というのは、やはり無理があるとおもう。

 二段目、キリスト教というもので統一性はあるが、宗教戦争などがあったように
宗派で激しく対立していた。言語も違う、しかし地続きである、ゆえに、
「国境」「国家」というものの人為性を強く打ち出さねばならなかった、
といえるのでは?だから「ナショナリズム」「一言語一国家」が主張された。

三段目、ウエスタンインパクト(黒船来航)が強烈でアヘン戦争などで
強国とおもわれていた清朝がメタメタにやられ、それが大変な脅威に
感じられた。おのずと彼我の違いに気づかされていったわけだよ。だから、
本地垂迹などという考えから、「日本オリジナル」を探そう、仏教や
漢心などどいう外来思想を排して。違い、日本人であるという意識、という
のはやはり、近代以後のものであろう。

730 :中田七郎:2006/01/11(水) 15:39:29 ID:???
単なる地域の共和国、これはハイエナが徘徊する国際社会において、地域を植民地状態にするのに都合いいわけよ

731 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 15:43:06 ID:jRHFWQYa
>>727 いくつもまえ、おれが一番最初にこの話題で書いたとき。
自由が必ずしも豊かさをもたらさない、という趣旨の文は
冒頭で、明確に、すでに書いてあるが。

それでも食い下がってきているから、? なわけだ。

「こけし」を今の世でやれば非難ごうごう、過去でやれば仕方が無い、
というようなダブスタをする奴がたまにいるので、こういう奴は
過去をユートピアとみなし、現在を全否定したいという輩である、
とは付け加えている、ただし、それがアンタだとは、一言も
書いていないし、誤解あたえたなら、誤るとも書いてあるが。


732 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 15:43:47 ID:/LKGNZuQ
天皇解体には反対だが

近代国家の概念が文化的レイプだというのは
いささか疎い考えだな
本質的であるがゆえに現実的でない

733 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 15:46:27 ID:jRHFWQYa
あと。「養老」を出してきたわけ尻顔に聞きたいのだが。

 「全体主義」「一党独裁」は悪だ!とかいっている奴がいるが(もちろんコレ自体に
反論はない)、これは「今の価値観」 じゃあないのか?
 
 おれのカキコをみればわかるとおもうが、
「大正デモクラシー」「政党政治」が良いものであることを前提として、
「大日本帝国憲法時代」を評価し、左翼の「天皇制絶対主義説」への批判と
するのは、これも「現在の価値観で過去をくくる」行為じゃないのか?

 政党政治は山県有朋が批判していたものだがね、憲法制定当時。
それについてはいかが?
 共産党がやるのと同様に「天皇機関説」は抹殺されたのだが、
共産党批判と同様に、どうしてこの天皇機関説事件を批判しない?

どうせ、わけのわからない煽りで逃げるだけだろうがw

734 :中田七郎:2006/01/11(水) 15:47:21 ID:???
>「こけし」を今の世でやれば非難ごうごう、過去でやれば仕方が無い、
>というようなダブスタをする奴がたまにいるので、こういう奴は
>過去をユートピアとみなし、現在を全否定したいという輩である、

あは、間引きなんて過去は避妊の意味しかないよ、なんで過去がユートピア信者とまで認定するかねw
現在の避妊が過去の堕胎間引きにあたるし、現在に堕胎するのは、過去では子殺しに該当するっての



735 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 15:47:38 ID:/LKGNZuQ
>>731
すまん。
だだ俺の言ってる意味がほんとに分かってるのか?
と思ってな。

736 :中田七郎:2006/01/11(水) 15:49:51 ID:???
>「全体主義」「一党独裁」は悪だ!とかいっている奴がいるが(もちろんコレ自体に
論はない)、これは「今の価値観」 じゃあないのか?

今の大衆の価値観ですがなにか?


737 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 15:50:23 ID:jRHFWQYa
「現在の基準をもって過去をくくる」

それを「明らかに」特定の方向だけに用いる人間のつまらないレトリックは、
見飽きたのでね。ユートピア思想やあこがれ、あるいは理想主義と現実主義、
などというのも、左右どちらにも当てはまりうるもの。

738 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/11(水) 15:52:52 ID:???
>>729
だから、ナショナルな民と言う概念の必然がないといっている。
民族国家で十分でしょ?

>言語も違う、
違うと言っても津軽弁と鹿児島弁よりも近いらしいよ。
基本的に文化に言語が重要なファクターである理由は言語が概念をつくり、そこに
価値観をもたらすからだろう。ブラザーに上下関係はなく兄弟に上下関係があるように。
その意味では価値観の違いが国家を分かつ最大の動機なはずで、人為的に
意識しなければ「人間中心主義」のも徒に終結するEUが存在するように、国家の枠組みは
徐々に出も拡散するが、日本にその必要はないでしょ?

>おのずと彼我の違いに気づかされていったわけだよ
見た目だけで十分なインパクトです。だから外人と外国人の違いを表現しています。
そのような感覚が存在するのは、見た目と言語での分別であり、歴史的自称で気づかされ
たと言う判断は間違いだという、一つの証左になりますが・・・。
オリジナルを探す?日本のオリジナルなんて、民族性以外にないし、それこそが強固な
オリジナルです。オリジナルの意識など、近代に生れました?外来の服装と住宅と食べ物を
取り入れて?衣食住ですぜ旦那。初めから有るから、そういう根源的なものを取り入れても
日本人であることが揺るがなかったでしょ。w

739 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 15:54:05 ID:/LKGNZuQ
理想を持たない人間こそ自由の生んだ歪みだな

740 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/11(水) 15:58:09 ID:???
理想を目指し突き進んだ人々の事例
人種的理想を追いかけたヒトラー、宗教的理想を追いかけたアサハラ
思想的理想を追いかけた毛沢東、幼児趣味の理想を追いかけた宮崎勉
革命理想を追いかけた連合赤軍、北一輝の理想を追いかけた226の指導者

うーん、ほどほどに追いかけたほうが良いかも・・です。>>739

741 :中田七郎:2006/01/11(水) 15:59:49 ID:???
現在の価値観で過去をくくるものの代表が、
東京裁判を絶対視して、
ロサンゼルス講和条約も、国会満場一致採択の名誉回復も知らず
A級戦犯wとか真顔でいいだす池沼のなんと多いことかw

742 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 16:02:27 ID:jRHFWQYa
>>738 罠にはめるわけではなかったが、民族自決という近代ナショナリズム
のスローガンは「一『民族』一『言語』一『国家』」ではなかったか。
「民族国家」も近代ナショナリズムとは無縁ではなかろう。

後段、だんだん意味不明になってきたな。他の国の人々と私たちのとは
違う、というのは意識したであろう、だが、それが「日本人」「日本民族」
などという意識に拡大するのは、近代以後。意図的に「日本」という名称と
近代日本、近代ナショナリズム的意味合いの「日本」を混同させているのが
「れ」の論法。煽りモードに突入か?苦しくなってきたか?

>>736
レスのやり取りの文脈から離れて、なにいいってんのw

堕胎と避妊が同じ?だそうだ。

「過去がユートピア信者とまで認定」

図星だったようだね、君がそうではないならば、そこまで
おれに煽ることもないだろう。いるんだよ、
「大日本帝国」「戦前」はユートピアだった、といわんばかりに
「サヨクは理想主義でユートピア思想に毒されている」と
絶叫する奴に限って特に。田中、お前のことだよ、きっと。

743 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 16:03:20 ID:jRHFWQYa
>>740 「大東亜共栄圏」も「ユートピア」に付け加えてくれ

744 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 16:03:25 ID:/LKGNZuQ
人種的理想を追いかけたマンデラ、キング牧師
宗教的理想を追いかけた釈迦、キリスト
思想的理想を追いかけた孔子、荘子
革命理想を追いかけたゲバラ、龍馬
平和理想を追いかけたガンジー
貧困救済の理想を追いかけたマザーテレサ

理想をもってこそ人間だね。。。>>740

745 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 16:07:10 ID:jRHFWQYa
「ユートピア」「理想」それ自体は元来悪でもなんでもない、すばらしい
側面をもつ。ただ、次の公式

「サヨクは『理想主義』で『ユートピア思想』の持ち主」

が刷り込まれた奴は冷静な味方が自他共にできなくなる。
この公式から「理想主義」=悪だ!「ユートピア」=悪だ!
と騒ぎ立てるだけになる。
そして自分のことを省みられなくなる。


746 :中田七郎:2006/01/11(水) 16:15:20 ID:???
ユートピア認定もきもいが、戦前はユートピアでなく
時代の荒波に翻弄された時期であって、ユートピアなんかじゃない。戦国時代が世界に広がった時期だしね

そんで全体主義。一党独裁が悪だという一般人の現在価値観はそのとおりだが、それでなにかは言えないのかい?

747 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/11(水) 16:16:16 ID:???
>>742
前段はスローガンが必要な動機は、西欧にあるということ。
日本は近代以前から民族の国家だったと言うことです。別に民族国家が近代以前にない
というわけでもないし、日本は正に国家たる要素「国土・国民・統治機構」を奈良時代には
獲得していましたが・・・。

>他の国の人々と私たちのとは
>違う、というのは意識したであろう、だが、それが「日本人」「日本民族」
>などという意識に拡大するのは、近代以後。意図的に「日本」という名称と
>近代日本、近代ナショナリズム的意味合いの「日本」を混同させているのが
>「れ」の論法。煽りモードに突入か?苦しくなってきたか?
えーと、煽っていないできちんと説明しましょうよ。意味不明なら、まず聞くこと。
何処がどうわからない、これはこういう意味でよいのかと確認しながら議論しましょうよ。

違うと意識していて、日本国・日本人と言う意識も江戸時代からあったわけですが
それが「どういう意識になること」を「拡大」と評価しているのかがわかりません。
また、意図的も何も「日本」と言う国号ははるか以前から有り、江戸時代の庶民の文献でも
「日本国中の天神地祇」と普通の約定で使われていたわけで・・・。
民族と言う言葉は明治に出来た言葉でしょうが、べつに日本人で十分でしょうし・・・。


748 :中田七郎:2006/01/11(水) 16:18:36 ID:???
http://ja.wikipedia.org/wiki/A%E7%B4%9A%E6%88%A6%E7%8A%AF#.E5.90.8D.E8.AA.89.E3.81.AE.E5.9B.9E.E5.BE.A9.E3.81.AB.E3.81.A4.E3.81.84.E3.81.A6

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:A%E7%B4%9A%E6%88%A6%E7%8A%AF
戦犯関係で戦後豚反応する手合いは、ここらからじっくり勉強しなおせよな

749 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 16:23:08 ID:jRHFWQYa
>>746 だから文脈からはなれてなにいってんの。
おれはそれ自体反対しないが、といってんのだがw
「今の価値観で過去をくくる」とか言い出した奴のレスのなかでの
発言を、文脈から単体で切り出してなにさわいでんの?

>>747 民族は明治にできた、なるほど、なら君の言い出した
「民族国家」も
まさにおれの言うとおり。

750 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 16:24:18 ID:jRHFWQYa
>>748 で、なんで戦犯に話が飛躍すんの?その連想、その発想が
すでに・・・・ワラ

751 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 16:26:10 ID:/LKGNZuQ
749って頭悪いよな
人のいってる事理解しようとする気がない


752 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 16:28:38 ID:jRHFWQYa
>>751 人の言っていることを理解しようとしているのは、どちら?

レスの流れを無視して勝手に言葉だけを取り上げて騒ぎしかも
「戦犯」まででてきたり。

あるいは

「民族」「国民」「日本」とつぎつぎ言葉を変えて、ゴニョゴニョ
いってきたりw



753 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/11(水) 16:29:12 ID:???
>>749
誤読かと・・・。
民族と言う言葉は明治に出来た言葉≠民族は明治にできた

マトモな議論を望んでいないような印象ですね・・・。質問に答えようがなくなったのなら、
保留していただいて結構ですが、少なくともマトモに読まない、あるいはそのような煽り
をされるような議論をした覚えはないんですが・・・残念です。

754 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 16:44:00 ID:jRHFWQYa
>>753 最初に煽りに入ったのはそちらだったようだが。

>>民族と言う言葉は明治に出来た言葉≠民族は明治にできた

なるほど、誤記だ。で本論だが、
仮に「民族という言葉が明治にできた」
として、それでは、「民族国家」という言葉はいったい
いつの時代からあったのだ? 言葉が無いということは、
通常、その言葉が与えられた概念自体が無かったことを
意味する。

>>君の言い出した 「民族国家」もまさにおれの言うとおり。

という結論は変わらないとおもうがね。


755 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 16:44:57 ID:ZzRFD1E6
必要。

756 :中田七郎:2006/01/11(水) 16:47:06 ID:???
自分から、全体主義。一党独裁を悪とする風潮は現在価値観ではなのか?

と質問して、それで、現在の大衆の価値観だけどなにか?

と反応したら、議論から離れているなんていう池沼なら、最初から問いかけすんなよタコ

757 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 16:53:01 ID:jRHFWQYa
田中もしつこい奴だな。おれは >>733 で「ななし」の >>722 
にレスしたんだよ。

その >>733 は、「現在の価値観で過去をくくる」とかいうならば
という文脈の例でつかったんだろうが、全体主義がどうとかいうのはな。

その中で、それ自体はおれも反対しない、と書いてあるだろうが。

もし「現在の文脈で過去を云々する」な、というのであれば、現在の
価値である「全体主義」「一党独裁」で過去の歴史をどうのこうのと
いわないんだろうな、といってんのだが、

お前の目は節穴か?

758 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/11(水) 16:53:18 ID:???
明治以前に民族国家という概念がないのは間違いありませんが、それ以前から
民族国家であると判断することは、別に何の問題も有りませんが・・・。

たとえば徳川慶喜が、京都で貴族や薩摩藩主の前で大演説をしたことは事実ですが
演説と言う言葉は、スピーチの和製漢語で明治です。
神道も仏教も宗教ですしキリスト教も宗教ですが、その意味での宗教と言う言葉の概念は
明治時代です。伊藤博文さえ「宗教なるもの」と表現しています。「宗教」と表現される言葉
自体は江戸時代から有りましたが概念が違う、別の言葉です。

和製漢語は明治以前にも有りましたが、明治になって翻訳を動機とした和製漢語が大量
に作られ、保険や政治経済分野では、中国や韓国でも「日本からの外来語」として非常に
たくさん使用されています。そのようなことは常識ですので、抑えておいたほうがよろしいかと。

民族と言う表現が明治だとしても、だから民族国家が明治からだと言うのはナンセンスかと。
ご苦労様でした。


759 :中田七郎:2006/01/11(水) 16:53:25 ID:???
しまいには国家神道とかまで持ち出して、伝統じゃない伝統じゃないの呪文を言い出す左巻きが周囲にいるのだが


760 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/11(水) 16:58:30 ID:???
といか議論に勝ちたいのか、議論を深めて何らかの見解を得たいのかによって、
議論者の質は図れると思う(自省をこめて)。

相手の言ったことについてきちんと質問しているかどうか、相手の言っていること
を解ろうとするかどうかは重要だと思うし、自分の言いたいことを丁寧に説明しようと
する態度も必要だな。
そうではない・・・という姿勢を見せたなら、相手から【議論に値しない人】と評価され
やすいと思うぞ。

761 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 16:58:31 ID:jRHFWQYa
>> こら田中w

おまえ、一人相撲やっておきながら何騒いでんだw

>>758 意味不明。「民族国家」という言葉が無いのに、
どうやって「民族国家」という概念がそれ以前からあったというわけ?
明治になって、これこれを民族国家ということにしよう、という取り決め
がなされ、そういう概念が以後使われるようになった、ということと、
「それ以前の日本人が民族国家という概念をもっていた」こととは
まったく別個。

ご苦労さまですたw

762 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/11(水) 16:59:51 ID:???
>>761
ん?宗教と言う概念が日本には明治までなかったわけだが、キリスト教も仏教も
宗教だろう?。意味がわからないなら、そういうことで・・・。

763 :中田七郎:2006/01/11(水) 17:00:17 ID:???
国民も十分バカだぜ?
なぜかといえば、自衛隊を軍隊として認めたい7割 武装は必要だ9割 海外派遣は必要だ7割
んで 9条改正はしたくない6割  なんだからな 脳みそあんのかってこと 雰囲気に流されてるだけだしな

独裁も全体主義も、時代や状況においては、選択肢にくらいはすべき体制だが、現在はともかく
過去においても批判する池沼がほとんどだしな

極めつけは成熟した封建社会すら否定する始末、過去において封建制度は社会安定の要だったわけで
過去において有益で、そのエッセンスは継承しながら現在は採用しないという価値観はまだないわけだな

764 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 17:01:12 ID:jRHFWQYa
>> レ
それはこっちのせりふ。民族、国民国家、ナショナリズムなど
都合のいいように本来の文脈とはなれて好き勝手いっておきながら
なにいってんの。日本の意味も意図的に混同。

あと田中。おまえな、国家神道と神社神道の区別さえ知らないのに
伝統か?ワラ 自分へのレスでもないのに一人相撲しておきながら、
なにいってんの?七氏がお前だったのか?なら、ちゃんと
>>733 の文脈に沿った反論しろなw




765 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 17:01:51 ID:/LKGNZuQ
>>761
それを演説のたとえで出してるんじゃね?
もう、おまえどっかいけば?

766 :中田七郎:2006/01/11(水) 17:03:37 ID:???
国家神道が伝統ではないとお約束45度意見者ですか?

767 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/11(水) 17:03:50 ID:???
というか、俺は、民族国家と評価できる状況が日本には近代以前からあるといって
いるだけで、民族国家という概念を支配者あるいは人々が有していたとは言って
いないぞ。

誤読なのか恣意的な誘導なのかはわからんが、そういうことだよ。
で、>>747の後段の質問は放棄ですかね。それなら議論は無理ですよね。(>>760参照)


768 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 17:07:44 ID:jRHFWQYa
>> おい、田中w封建社会が好きなら、明治時代も福沢も否定したらどうだ。士農工商を
破壊したのは奴らだぞw

>> キリスト教と仏教を「宗教」と呼ばれるものと認識したのが、
お前の説が正しいならば、明治以後だろう。そして宗教という包括的
概念は無かったことになる。明治以後、包括的概念としての宗教が
「自覚」されたことになる。

 それと同じように、「民族」という言葉もお前の言うように、明治
以後であるならば、それまで藩などでばらばらに統治されていた日本が
「民族としてまとまったもの」「民族国家」という包括的概念で自覚
されるようになったのも、明治以後。

なんら、矛盾しないが。バカか?

769 :中田七郎:2006/01/11(水) 17:08:41 ID:???
民族国家という概念は近世のものでも、民族国家という形体は
日本国において古来より存在していたのは否定できないわな

つまり概念誕生の時期と、その概念が存在していた時期のずれだよな

770 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/11(水) 17:13:54 ID:???
>>768
だから初めから、自覚としては日本国・日本人で十分だといっているじゃない。

民族と言う自覚などないでしょうよ、またある必要もない。
国民という概念だってそもそも存在しないわけで、国民国家という概念がないんだから
そんなことは意識していないよ、しかし事実として奈良時代には国家の要素は獲得して
いるし、西欧ほどの意識をする必然がないし、そんなことは日本で意識する必然がない
といっているのだが、どうかご理解いただきたいものです。

そしてそういうことに関する「意識・自覚の有無」を検討する必然を貴方が挙げれば
いいのよ。奈良時代から国家としての要素を獲得していて、日本人である、日本国で
あると言う意識が農民レベルまで浸透しているのに・・・。
日本の場合は日本人=日本民族=日本国民なんだから意味がないでしょ。
(日韓併合以降はとりあえず保留するが・・・。)


771 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 17:14:22 ID:jRHFWQYa
>>767 誘導であろうが誤読であろうが、おれのいう

「民族国家」なるものが明治以後という結論に大差ないのだがね、
レ。

ああ、お前の言うように、宗教という包括的概念は明治時代には
無かったのかもな、それとおなじように、民族、民族国家などという
包括的概念も、明治以前にはなかった。もちろん、仏教や神道が
存在していたのと同じように、今で言う「日本人」は存在して
いただろうよ、天皇陛下のもと集合した「国民国家」「国民(臣民)」
という意識は無かったろうがね。



田中。それをいうなら概念誕生の時期と、概念が指し示す「実在」の
誕生もしくは存在の時期、だ。

772 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 17:19:09 ID:jRHFWQYa
>>770
 なにいってんだか...民族国家といいだしたのはそちらだろうが。
くどくどいうが、「日本」という言葉と、国民国家としての
「日本」は別物。
 神話がどうの、とか「伝統」に政治の正統性を求め、その正統性
ゆえに国家はかくまとまるべし、という政治体制、政治思想がよく
つくられるが、その政治思想の成立存在時期と、「神話」の成立
時期は違う。イスラム教の成立時期と「イスラム教に基づく宗教国家」
成立時期が違うのとまったく同じ。王権神授説とキリスト教でもいいぞ。

いずれにせよ。「民族」と後の世に呼び習わされる人々が、列島
にすんでいたからといって、その人たちが「民族国家」をずっと
自覚していたわけでもないし、「民族国家」が成立していたことを
意味するわけでもない。

アホか。



773 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/11(水) 17:20:54 ID:???
>>771
>お前の言うように、宗教という包括的概念は明治時代には
>無かったのかもな、
これは難しい問題だな。w 「信心の対象」という言葉での概念はあっただろうな。
ただし病原菌さえ判明していない明治初期までに、「超越的な何か、人を超える何か
を信じること」を信仰であると概念できたといえば、まぁ間違いだろうから、宗教と言う
定義のもよるなぁ。信心の対象と言う意味においての概念は既にあっただろう。
おそらく鎌倉時代には既に・・・。

>天皇陛下のもと集合した「国民国家」「国民(臣民)」
>という意識は無かったろうがね。
それは同意するが、そんなもの明治になったって、対象~昭和にいたってもなかった
んじゃないの?国民・臣民と言う意識はあったと思うが「天皇の下に終結した」という意識は
国民に置いてなかったと思うよ。w

で、質問には回答したが君は回答してくれないのかね。フェアにいこうぜ。


774 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 17:26:27 ID:lPijCzIo
ゲラゲラゲラ
成熟した封建社会だってよw

社会の安定に必要?特高が国政への反対論者を拷問殺人して押さえ込んでただけじゃねえかwww

「れ」より馬鹿だなこいつ

775 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/11(水) 17:28:08 ID:???
>>772
何を言っているか良く分からん。日本人=日本民族=日本国の民なんだから、民族国家
という実態はあったというか、日本人国家、民族国家、国民国家の違いは何?

日本人の国家は既に奈良時代にはあったじゃない。それが民族国家ではないというの
なら、民族国家とは何ぞ矢と言う話になるんだが・・・。

>、「日本」という言葉と、国民国家としての「日本」は別物。
いや別物でもいいんだが、奈良時代あるいは平安時代の日本国と、その国民国家の
違いは何?そしてそれを分けて考える必然は何処にあるの?説明しようよ、ねぇ。

成立時期が違うと何か問題があるの?意味わかんねーよ。

自覚と言う場合、何を自覚すれば民族国家なの?日本人と言う人々が存在しそれは現在
日本民族と呼ばれる人々とほぼ一致し、当時の人々は日本人であることを自覚し
日本人を統治する機構があることを自覚し租税を納め・・・なんかわめいているような印象で
何も伝わらないんだけど、餅ついて答えなよ。




776 :中田七郎:2006/01/11(水) 17:28:12 ID:???
すごい痛い名無しが香ばしい反応連発で楽しいですね

民族と人種と宗教がごっちゃだし、封建制度は封建制度の時代において安定発展社会形態なんだってw

それこそ事後の価値観で過去を断罪する、東京裁判史観レベルのバカの壁そのものじゃんw

それに藩に分かれていた幕藩体制を地方自治と認知できないのも笑止w
先帝王が割拠していた神聖ローマ帝国住民は、まぎれもなくゲルマン民族の緩い連邦制であったし
ハンザ同盟も都市国家間通商として、個々の自治と広範な地域の自由交易としてすばらしいが
それも個々がバラバラではなく、同じドイツ語を話す諸都市の自治連合として、ばらばらじゃねえしw

>田中。それをいうなら概念誕生の時期と、概念が指し示す「実在」の 誕生もしくは存在の時期、だ。

つまり認めてるわけね、民族国家の概念誕生は最近、その実体存在は太古よりあったと
それが日本でもあるとw  つまり日本が日本でありつずける国民の意思があれば、おのずと皇室の存在は必要になるとね

もちろん単なる場所とsての日本列島単位の統治としての共和国がいいという者が多数派になるなら別だけどねw
そこまで日本人もバカではないし、中国朝鮮人が二億人移民されるような油断を与えるほどバカじゃないでしょw

777 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 17:28:27 ID:jRHFWQYa
>>773 「宗教」概念は、キリスト教、仏教、イスラムなどを含んだ
包括的概念だろうw包括的概念が存在しないからといって、
おれが、いつ、仏教や神道が存在していないといった?それら宗教が
包含するあるなにものか、それを「宗教」として呼び習わす。その概念
は、宗教という言葉が出来るまでは自覚できなかった。

あと修辞上の問題に噛み付くのはやめれw文句があるなら
「天皇を主権者とする・・・」でよかろう。

>>772 でも嫁

778 :中田七郎:2006/01/11(水) 17:29:12 ID:???
楽しい名無しが無知の限りに恥さらしなのが微笑ましい。

779 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 17:31:54 ID:lPijCzIo
ギャハハハハ!!

じゃあ今現在、その成熟した封建社会を実践してる国はどこにあるよ?

まさかイスラム圏とか言わねえよなwww

こいつテラバカスwww

780 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 17:33:18 ID:jRHFWQYa
>>776 

プ 
もういいよおまえ。

幕藩体制が地方自治wだそうだw
論功行賞で領地あたえられて代々世襲していくことが
地方自治だって?

たしかにひも付き財源をもとめて中央官庁詣でし、かつ、
期間委任事務で中央に締め付けられぱなっしの現状は、
ヨクにているがなw

781 :中田七郎:2006/01/11(水) 17:34:38 ID:???
国家神道なるもんは国際社会にデビューする日本が、キリスト教国教概念を接木で容易したもんだが

あと江戸時代が成熟した封建社会でなかったらなんなんだ?今やってるとこ?それ何の意味あるんだ?
このひとの歴史観不思議すぎ

782 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 17:40:17 ID:lPijCzIo
ただの階級社会だ馬鹿www

インドのカースト社会とかわらねえよwww

そんな社会を「成熟」とはいわねえんだよ禿www

783 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 17:40:32 ID:A2BdetWI
渡来人系の豪族、隼人、蝦夷はどうなる?彼らは、奈良時代末期まで抵抗を続けてたやん蝦夷民族だと誇りを持ってただろ。 これもまとめて日本民族?
琉球王国、アイヌは言うまでもないが

784 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 17:40:55 ID:jRHFWQYa
 >>781 田中。
 国家神道についてよく解っているじゃないか。靖国は
だから「伝統」なんかじゃないっておれは別のところでいっている
のだがw

あと、
参勤交代は地方自治の表れだ!とかいうのか、田中w

地方自治っていうのはな、首長やら議員をその地方の「住民」が
直接選挙して選ぶから「地方」「自治」っていっているんであってな、
なにも世襲の大名が地方を各地おさめているから「地方」「自治」とか
いってんじゃないの。それをいうなら、首長が内務省だかどっかから
選挙なしで送られてきていた戦前のほうが世襲ではないだけ「自治」は
進んでいることになるかもなw

もういいよ田中。お前、賢いつもりなんだろうが無駄だから、w

785 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/11(水) 17:45:23 ID:???
>>777 いい番号だな。w
>「天皇を主権者とする・・・」
え-と・・・笑えば良いのか?・・・フルすぎる世ねキミの感覚・・・。

天皇が主権者であると言う概念を国民が享有していた些少を一つ揚げてみてくれ。
または、天皇が主権者として振舞った事象を、一つで良いから揚げてくれ。

明治憲法は天皇主権であるというようなことを自明のようにかかれても
笑うか、お相手をご遠慮するしかなくなるんだが・・・政治思想板だぜ。

宗教については既に見解を書いている。信心の対象と言う意味での包括的概念は
あっただろうよ。すべての宗教を意識しなければ包括概念じゃないとは言わないよね。
その意味で民族と言う概念すらなかったこととは違う罠。

で、質問には全く答えようとしないので、この辺で・・・。

786 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/11(水) 17:46:34 ID:???
というか、まぁ、仏教の経典などが海外からの渡来と昔の日本人はわからなかったとでも
思っているのかしら・・・。
おそらくは、昔の社会の授業で「武士は5%」「士農工商の身分制度」「農民は80%以上」
「農民は土地に縛り付けられ移動不可能」「被差別部落は支配者によって作られた」
などを江戸時代と信じちゃっているんだろうなぁ。

左翼系歴史学者の網野さんの本でも読んでみなさいよ、天皇制には批判的だから
読めるでしょ?そこには士農工商は明治の区分、農民はそんなにいなかった、被差別民
の差別は支配の都合じゃない、移動は結構できた、日本と言う国は、さほどに海で切り離さ
れていない、などのことが史実を提示しながらかかれているから・・・。

知識もなく、昔教わった思い込みと、マルクス史観に侵された岩波三部作の国家神道概念
などを、後生大事に抱え込んでも、まぁ通用しない時代になってきている。
ネット社会はありがたいもんだねぇ。




787 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/11(水) 17:50:24 ID:???
>>783
違う民族であると言うと言葉があるんだから、その後に同化したという
ことでしょう。別に日本民族が単一民族であるなどと思っている人はいない・・・でしょ。

日本民族は多くの民族が同化した結果だし、統治機構を別にする必然がない程度
に同化はしているが、同じになっているわけではないと言うことで・・・。

と言うかキミ、>>748のような壊れ方ってどう思う。見苦しいよね。

788 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 17:51:01 ID:???
>>758
お前は帝国憲法をまったく読んだことが無いらしいな。人の
古さを云々する以前に、無知を知れ。

第一条  大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス
第五十五条 1  国務各大臣ハ天皇ヲ輔弼シ其ノ責ニ任ス

これが何を意味するか。知れ。
これを国民が「知らなかった」ことを証明しろ。教育勅語、
軍人勅諭、すべて天皇に尽くせという趣旨の文言が書いてある。

お前こそ、明治憲法の文言をまったく理解せず、天皇の
「戦争(無)責任論」に依拠したようなごまかしをするな。
ま、お前はいつも概念をごまかすかあいまいにしてやり過ごそうと
するからな。

なあ、終戦の決断は、なぜ天皇ややったんだい?統帥権者で
主権者からじゃ、ないのかい?w

789 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 17:53:02 ID:A2BdetWI
>>787

ん?だから日本民族の概念は明治以降って事でしょ?

790 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 17:53:20 ID:jRHFWQYa
臣民向けの公民教科書にも、乗っているとおもうのだがね、
天皇は主権者であるということは。

791 :中田七郎:2006/01/11(水) 17:55:25 ID:???
幕藩体制の日本が、民族国家でなかったと恥じ発言したのは君

その根拠が、民族国家という概念が最近のもの、しかし概念と実体は違うと指摘されてふぁびょったわけだが
煽りに逃げようが、情けなさは決定的ですね

>たしかにひも付き財源をもとめて中央官庁詣でし、かつ、 期間委任事務で中央に締め付けられぱなっしの現状は、 ヨクにているがなw

馬脚を自ら出さなくてもいいのに

>インドのカースト社会とかわらねえよwww
ほう、江戸時代の幕藩体制 封建社会と、インドのカースト制度が一緒とは、松沢病院に行けば?

隼人は薩摩藩になって明治維新では主軸にすらなったし、琉球はハワイと同じような併合だし
蝦夷はシャクシャインの事いぜんに、交易相手にしかみていなかった江戸幕府の対応に問題あったな
http://www.ainu-museum.or.jp/nyumon/nm04_rks02.html ここでもみなよ
それとハンザ同盟は地方自治ではないような言いぐさが笑った。

792 :中田七郎:2006/01/11(水) 18:02:46 ID:???
江戸時代の藩が地方自治でなければなんなのだ?住民が選挙権あるのが前提という価値観が笑えるが
江戸時代の藩は、アメリカの州以上の自治状態だってのw

州軍がいるじょうたい。独自の軍隊がいる状態。領地もあり、藩札まで発行していた。
これは国家の要件すら満たしており、江戸時代の日本は連邦制ですらあったといえるだろうに、無知とはむごいことよのう。

793 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 18:12:18 ID:lPijCzIo
ん?わかんねえか?

奴隷カーストのお前は万世奴隷だということだwww

同じように、水飲み百姓のお前は万世水飲み百姓だということだwww

さて、このような社会形態のどこが成熟した社会なのか答えて貰おうかwww

794 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 18:13:04 ID:jRHFWQYa
>>田中、お前もう出てくんなw
ははーん、「州」の軍隊がいる、とかいっているあたりアメリカを
連想しているわけか。おい、田中、藩は「州」と呼ばれていたのか?なんで幕州体制と呼ばなかったんだ?
「州」というあたりアメリカ合州国を連想しているのだが、アメリカ合州国は、
参勤交代なぞしないし、首長は直接選挙で選んでいるぞ? 選挙がなんだって?

あとな、アメリカの州は、大統領から「論功行賞」で与えられたんじゃあ、
ないぞw地方自治が、なんだって? ハンザ同盟?知るか。お前が論証しろw
井沢の本でも読んでいそうな雰囲気だなw

”レ”
「臣民」にいう「臣」とはどういう意味なのかな、レ。

【教育勅語】爾臣民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ恭儉己レヲ持シ博愛衆ニ及ホシ
學ヲ修メ業ヲ習ヒ以テ智能ヲ啓發シ徳器ヲ成就シ進テ公益ヲ廣ノ世務ヲ開キ常ニ國憲ヲ重ジ
國法ニ遵ヒ一旦緩急アレハ義勇公ニ奉ジ 「以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ」
是ノ如キハ 「獨リ朕カ忠良ノ臣民」タルノミナラズ又以テ爾祖先ノ遺風ヲ顕彰スルニ足ラン

795 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/11(水) 18:15:09 ID:???
>>788
質問に答えようとしない上に、そんな言い古された古い話じゃ、まぁ
笑うしかないね。
統治すとはスベシラスの意味で、神聖不可侵は無答責条項
輔弼は必須なのだから、天皇主権であるならばありえない
と言う議論もあるんだが・・・。法律は議会が決め大臣の副署がない限り
出来ないんだから、それを主権者と呼べるかという議論だよ。w
キミそういう議論に不慣れなのか?
http://www.aaa-www.net/~log2ch/log/sisou/1030084784.html
http://www.aaa-www.net/~log2ch/log/sisou/1031906260.html
あたりで弁居すれば?
終戦の決断をしたのは、やむをえなかったが憲法違反だった・・・との評価が
あることも知らないのか?(226のことも同じ)
きみさぁ、もっと真摯に議論する人だと思っていたけど・・・。残念だよ。

>>789
意味がわからん。レス番号とその質問がどう関係するの?

>>790
教科書にのっている?・・・主権者とはっきり書いてい有るものを見たことがない。
無論国家主権のありかの話ではないだろうな。具体的にに提示してください。
そう読むことも可能・・・と言う思い込みのそれでなかったら・・・。


796 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 18:23:59 ID:A2BdetWI
江戸のシステムの基盤は、将軍が藩主に対してその土地の支配を認めるご恩と、平時は参勤交代の奉公だろ。藩兵は他藩即ち、他国向けに組織されとるだろ。テキサス州兵とコロラド州兵がお互いのドンパチを想定しとるか?
律令国家とはちゃうぞ

797 :中田七郎:2006/01/11(水) 18:26:17 ID:???
ハンザ同盟くらい知ってから自治のことを言えよ
住民自治と団体自治も知らないようだし、自治以上の連邦状態だっての

国家の構成要素 領地 領民 軍隊  あと独自貨幣まであるんだからな
これが国家の連邦状態でなくしてなんというのやら

798 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 18:28:15 ID:A2BdetWI
>>795

ああ。その補弼事項云々の論争は確かにあるな

799 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 18:30:49 ID:jRHFWQYa
しかし、田中もアホだな、井沢w本でも読んだのかもしれんが、
「州」などとは同一視できないし、第一、政治体制が違いすぎる。
決定的な差異は、アメリカが封建時代を経験していないということ。

さて、レ。得意げに

統治すとはスベシラスの意味で、神聖不可侵は無答責条項
輔弼は必須なのだから、天皇主権であるならばありえない
と言う議論もあるんだが・・・。法律は議会が決め大臣の副署がない限り
出来ないんだから、それを主権者と呼べるかという議論だよ。w

とかいっているが、誰がいってんのかな?おれの部屋には「美濃部」「上杉」
という代表的な「当時」の憲法学者の本があるのだが・・・で、美濃部は
「天皇は機関」であり「主権は国家という法人にある」としたのであるが
それでも「最高機関」としている。それが、弾圧されたのだが・・・w

800 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 18:34:13 ID:jRHFWQYa
>>797 お前はそれ以前に、アメリカのことをよく知ってから、
日本の幕藩制度とアメリカの連邦制を同一視しろw

しかも、アメリカは封建時代を体験してませんが、何か?w
トクヴィル

>>住民自治と団体自治も知らないようだし、自治以上の連邦状態だっての

国家の構成要素 領地 領民 軍隊  あと独自貨幣まであるんだからな
これが国家の連邦状態でなくしてなんというのやら

↑意味不明だな。近代国家が成立する以前の王権、王領が散在する
情況だったらそれら全て当然のこと。もちろん、全て
「地方自治」になるわけだw

801 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/11(水) 18:36:17 ID:???
>>799
皇室の存在意義のパート1と2の過去ログを挙げているんで、それでも見てくれよ。
キミが議論する気がないわけだから、そう粘着して「れ依存症」になられても困るんで。

52氏と言うコテハンがいるから、その関係を読めばまぁ結構勉強にあるぜ。その反対者の猫タンも
いるんで、そのあたりの論争は結構読み応えがあるし。

で、国家主権との区別もついていないようだから・・・もう下がって良いよ。

802 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 18:37:53 ID:pbfKeKsN
ウヨ論破合戦!! 逃げ出すウヨ続出!!
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1136970946/l50
ウヨ論破合戦!! 逃げ出すウヨ続出!!
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1136970946/l50
ウヨ論破合戦!! 逃げ出すウヨ続出!!
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1136970946/l50
ウヨ論破合戦!! 逃げ出すウヨ続出!!
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1136970946/l50
ウヨ論破合戦!! 逃げ出すウヨ続出!!
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1136970946/l50
ウヨ論破合戦!! 逃げ出すウヨ続出!!
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1136970946/l50
ウヨ論破合戦!! 逃げ出すウヨ続出!!
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1136970946/l50
ウヨ論破合戦!! 逃げ出すウヨ続出!!
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1136970946/l50
ウヨ論破合戦!! 逃げ出すウヨ続出!!
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1136970946/l50
ウヨ論破合戦!! 逃げ出すウヨ続出!!
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1136970946/l50
ウヨ論破合戦!! 逃げ出すウヨ続出!!
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1136970946/l50
ウヨ論破合戦!! 逃げ出すウヨ続出!!
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1136970946/l50

803 :中田七郎:2006/01/11(水) 18:41:24 ID:???
>テキサス州兵とコロラド州兵がお互いのドンパチを想定しとるか?

これがまた不思議なんだが、明治維新の事かね?

アメリカと同一となぜ暴走できるのかな?結局、概念と存在の民族国家の自爆を
隠しつづけた結果の連続自爆のようだがね
天皇機関説を得意になって出しても、ちゃんと意見を閉じるまでまとめてくださいな
>それでも「最高機関」としている。それが、弾圧されたのだが・・・w
それで ? 結論まで君はいかないではないか

まあ、君が致命的なのは、民族国家の概念時期と民族国家の存在時期を思い込み自爆したのが最初なんだがね


804 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 18:41:46 ID:jRHFWQYa
>>801
依存?お前が執拗に反論してくるから答えているだけだ。
国家主権との区別?一体何との区別かな?

上杉は「統治者」と断言しているぞ。
美濃部は「最高機関」だ。

上杉は天皇の「無責任」ゆえに「主権者ではない」などという論法は
していない。

統治権者タル天皇ノ意思ハ国家ニオケル絶対最高ノ意思ニシテ...

上杉「『憲法述義』114ページ」

という「説」もあるのだがね。

805 :中田七郎:2006/01/11(水) 18:53:11 ID:???
で?天皇機関説をの、統治者派も最高機関派も、弾圧されたらしいが
弾圧の内容は? それで弾圧されたことにどんな意味があるのだ?
そしてどうあるべきだったのか?そこまで意見としてまとめてくれないと何が言いたいのかだよったく
こっちも反応できんわぃ

806 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 18:53:31 ID:???
いずれにせよ、上杉美濃部論争もあるが「天皇を主権者」とする考え
が皆無であったわけではなく、天皇機関説事件によりむしろ、強化され、
「天皇は機関である」という説が国家自身により抹殺されたという歴史的
事実がある。

これが何を意味するか。

国家が美濃部説を自らの手でもって否定したことを意味する。
「統治権の主体が天皇に存することを明示」したのは国家。国体明徴声明。


>>803 お前のバカさはわかったから、消えろなw

合州(衆)国との単純なアナロジーが簡単にその虚偽を暴露され、
こんどは、おれとレの天皇機関説事件に口出しするきか?

ワラ やけどすんなよw

>>なのは、民族国家の概念時期と民族国家の存在時期を思い込み自爆

は?過去ログ嫁ば?すでにロムパ済み。

807 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/11(水) 18:53:58 ID:???
>>804
いや、いくら質問しても回答しないで、付きまとっているんだから、依存症の朝貢があるぞ。w

美濃部や上杉の天皇機関説などに関する議論の「主権」というのは

我が国の主権を中国の領海侵犯によって侵された・・・などと使う場合の主権であって
国民主権・天皇主権という場合の主権と違う意味なんですし、そんなこたー常識なんで

そんなことも知らないレベルの人と議論する気もありませんし・・・。大爆笑ですね。


808 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 18:57:01 ID:???
おっと、下げになってしまった。
レ。美濃部も上杉もいいからさ。当時の国家自体が「国体明徴声明」
で「統治権の主体が天皇に存することを明示」していることについて
論じてくれ。

たしかに「天皇は機関」であるという「説」は有力だったよ、おれも
天皇機関説事件は暴挙であると考える。しかし、天皇機関説事件以後、

公式には「統治権の主体は天皇にある」とした。つまり、主権者であるな。

>>805 お前はだまっとれ。

809 :中田七郎:2006/01/11(水) 19:03:17 ID:???
2ちゃんの論破まで持ち出すなんて終わった名無しだな、ちゃんと意見にしなよ

最初に、民族国家の概念時期=民族国家といいはじめた自爆を
隠すために、ここまで長々と連続自爆乙

やっと機関説の意見が形になってきたね、最初から結論まで書こうね
>>806 この機関説論は意見として成り立ってるよ


810 :中田七郎:2006/01/11(水) 19:14:50 ID:???
まずは意見として体系化してくれ
それぞれの意見者がそれぞれ体系化した意見を提示しあう。
ありがちな揚げ足とりでごまかすなよ

ところで806の機関説否定が形となる事件は?否定されたとか
http://blog.satohs.jp/200503/article_55.html ここ参考にな
ここで示されたのは個々の内面に問題とあるね、それと藩閥政治から学閥政治に切り替わるときに
内外諜報機関とマスコミ統制の必要性をわかっていなかったからだと思うね
つまり、マスコミと進歩的文化人の今と180度逆の暴走、その暴走を制御どころか
空気に流された軍部と政治家と国民ね、よく言われる軍部の暴走というお約束答弁は
もっともではあるが、なぜ暴走したのかという根本が見えてないわけでね、それは今もこの国を
蝕んでいるんだがね

811 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/11(水) 19:45:29 ID:???
>>808
いや、だから、まず、常識として
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%9A%87%E6%A9%9F%E9%96%A2%E8%AA%AC%E4%BA%8B%E4%BB%B6
あたりでも読んでくれよ。

天皇機関説に対する概念としての天皇主権者説と言うのは、国民主権か君主主権かと
言う話とは別物の、国家主権に関する議論なんですよ。

つまり統治権のありかが、天皇にあるか国家と言う法人に有るかと言う議論(統治権行使の主体が
天皇か国家と言う法人かと言う話)と

統治権の行使に関する「決定権」が、国民に有るのか君主に有るのかと言う議論は、同じ主権と言う
言葉を使っていても、全く違う次元なの。解るかな?

天皇が統治権を行使するが、その決定は国民に有ると言うことも可能なわけ。

常識なんですけど・・・。

812 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 19:52:22 ID:qUILwK+r
とにかく天皇なんかいらない。
どっかにいってくれ。
東京にいるな!!!
うざいw

813 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/11(水) 20:02:07 ID:???
でだ、天皇が統治権を行使するとしても、その決定権が国民にあると言う政体はあり
うるわけです。

したがって、天皇が統治権を行使する=天皇が国の行方を決定できる最終権利者であるという
図式は成り立ちません。というかそもそも、君臣一体となって国を運営すると言う思想から
すれば、ッチに主権があるか・・・つまり天皇と国民の対立を予定する・・・必然はない
と考えるほうが、自然でしょう。(対立しないのだからドウデモよいと言うこと)

その極限が現憲法だと言って差し支えないでしょうし、それは結局のところ、歴史的な天皇の
振舞いを最も純化した状況だとひゅかすることも出来ます。

明治憲法下で天皇がご聖断をくだした・・・ご聖断が特殊な事象を表現する言葉である以上
そもそも明治憲法秩序内で存在しない出来事であり、明治憲法の秩序が崩れ聖断をする
以外に憲法秩序を取り戻せない状況下で行なわれた脱法的ではあるがやむをえない出来
事です。

で、その意味で天皇機関説というものは妥当ですし、機関説の排除が党利党略と軍部の
予算獲得と言う極めて生臭くアホラシイ動機であった割に、起こった軍部の政治介入は
重篤な結果を引き起こしました。軍人に選挙権がなく、政治介入しないという軍人勅語の
精神が破壊されたわけです。

814 :中田七郎:2006/01/11(水) 20:18:08 ID:???
>>812 とにかくでは論理性もなく形になるだけの説得力がありません
あなたの個人的叫びなんでしょうが、犬がないた価値すらもありません。具体的にどうぞ

統治権を行使する天皇と、決定権がある国民ね、両立するから問題ないなあ

しかし江戸時代なりに天皇が存在したわけで、皇室解体とか歴史上なかったことをするのなら
正当性、必要性、新規体制くらい示してもらいたいもんだわな



815 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 21:01:59 ID:Gf5ENLPa
TBSが皇族に対する失礼なテーマを設定。


 三笠宮寛仁さまが、女系天皇に異論。
 政府は皇族の意見を皇室典範の改正に反映させるべきだと思いますか?

 A.思う
 B.思わない

投票はここから↓
http://tbs954.jp/ac/index.html

816 :中田七郎:2006/01/11(水) 21:22:34 ID:???
女性天皇はいいが女系は数世代先に、南北朝以上の混乱を及ぼすから問題外だなあ
なにが有識者会議だってえの、女系を容認する=皇室解体だってのに

女系ではなく、 皇系(男系)維持か、皇室解体かの問題なんだがな、国民もピンときてないし
その判断材料を提示するのが有識者会議だろうに、バカ杉じゃん

817 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2006/01/11(水) 21:56:15 ID:998825AN
>>816
国民がピンとこない天皇制を続ける意義はないっしょ。

818 :中田七郎:2006/01/11(水) 22:14:58 ID:???
>>817 ピンとこない1-8条削除は?
ピンとくるこないのは、あやしい説明不足、国家運営の基本的価値観の欠慮
ピンと来ない=やめるというのがまたオカシイ、
ピンと来ないなら、やめるも続けるも、変化させるも結論は出せないっての


819 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 22:26:10 ID:jRHFWQYa
さて、ギロンを一時中断してパチスロ逝ってきた。復活な。

>>つまり統治権のありかが、天皇にあるか国家と言う法人に有るかと言う議論(統治権行使の主体が
天皇か国家と言う法人かと言う話)と

統治権の行使に関する「決定権」が、国民に有るのか君主に有るのかと言う議論は、同じ主権と言う
言葉を使っていても、全く違う次元なの。解るかな?

だからな第一に、
「美濃部」学説がどうであれ、国家が公的にこれを排除したのであるから
「国家機関説」の妥当性はともかく、公的学説としては「国家機関説」は
当たらないの。有力学説であったことは認める、これは当然だ。さて。

れ、そこを参照するのはいいが、コレを読め
「『主権(この場合、国家の最高決定権)を有するのは誰か?』という問いに対して、
「君主である」と答えるのが君主主権説、『国民ないし人民である』と答えるのが
国民主権説ないし人民主権説であるが、『国家である』と答えてこの点を曖昧にするの
が国家主権説である」

君が参照した出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
だ。

君の言うような
>>統治権の行使に関する「決定権」が、国民に有るのか君主に有るのかと言う議論は、同じ主権と言う
言葉を使っていても、全く違う次元なの。解るかな?

天皇が統治権を行使するが、その決定は国民に有ると言うことも可能なわけ。

などということがどうやって「天皇機関説」から導かれるのかね?
『統治権の行使に関する「(最終)決定権」』は、少なくとも、そこには
「国家にある」とはかかれていても「国民にある」などとはかかれていない。

820 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 22:32:44 ID:jRHFWQYa
解りにくいレスかもしれんが、
「れ」は『ウィキペディア(Wikipedia)』を参考にしている。そして

「統治権の行使主体」としての主権と「意思決定権者」としての主権の
二つの意味がある、とレはいう。そしてレは、両者は別だ、混同するな、
といい、ウィキぺディアを嫁という。

もちろん、んなことは知っている。だが、気の毒なことに、ウィキベディア
自体が主権を「国家の最終決定権」と言う意味で用い、天皇機関説を説明
している。その後のウヨによる天皇機関説排撃がいかに珍妙でDQNなもので
あったか、それは言うまでもないことだが、私が言いたいこと、それは
それらDQNの攻撃により国家が公的に

「天皇機関説」をとることは無い、あれは誤りで不敬である、

と宣言したことである。機関説をもちだして弁護するのはよし、ただし、
最終的に国家がその学説を採ることは、無かった。

解る?機関説の弁護をしても、大日本帝国時代がそういった政治体制で
あった、というのは、当の国家自体の声明によって、否定されるわけ。

821 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 22:38:05 ID:jRHFWQYa
まあ、不器用ながら、レも難解な部分に属するであろう「統治権」の
問題に触れようとする気概は認めなくも無い。ただ、『ウィキペディア(Wikipedia)』
をせっかく読みながら、

「大日本帝国憲法の解釈は、当初、帝国大学教授・穂積八束らによる
天皇主権説が支配的で、藩閥官僚による専制支配(超然内閣)を理論の
面から支えた。天皇主権説とは天皇に主権があると説く説であり、君主
主権説の日本への適用である。また、この天皇主権は究極のところ天皇
の祖先(皇祖皇宗)に主権があることを意味し、神勅主権と呼ばれた(王権
神授説の日本への適用)。

といったとこをどうして読まないのか。どうしてその後の国体明徴声明の
部分を読まないのか。猫氏などのギロンを読むのもいい(全面的に彼を支持する
わけではない)がね、杜撰だな。


822 :中田七郎:2006/01/11(水) 22:44:30 ID:???
>『統治権の行使に関する「(最終)決定権」』は、少なくとも、そこには
>「国家にある」とはかかれていても「国民にある」などとはかかれていない。

現在、主権者がは国民なわけですが?

823 :中田七郎:2006/01/11(水) 22:48:19 ID:???
結局なにがいいたいの?ななしたん

824 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 23:01:21 ID:???
>結局なにがいいたいの?ななしたん
お前が馬鹿だから分からないんだろw
明治憲法の話しだってレス読んでりゃわかるさw


825 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 23:07:34 ID:jRHFWQYa
こら、レ!お前ウィキベディア読んだんじゃあ、ないのか?なら「靖国に感謝できますか」スレの

http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1129385686/862

はなんだこりゃ。いい加減なことかくな。お前の参照したウィキベディアは

「1937年、文部省は『国體の本義』を発行して全国の教育機関に配布した。その内容は、先の国体明徴
声明を踏まえて、天皇機関説は西洋思想の無批判導入であり、機関説問題は西洋思想の影響を受けた一
部知識人の弊風に原因があると断じた」

とあるぞwうそをつくなウソを。文部省が配布しているじゃないかw あと、当スレ >>813

「したがって、天皇が統治権を行使する=天皇が国の行方を決定できる最終権利者であるという
図式は成り立ちません。というか ....その極限が現憲法だと言って差し支えないでしょうし(後略」

なんだこりゃ。同じくお前が参照した「ウィキベディア」によると

「天皇を最高機関とせず国民主権原理に基づく日本国憲法が成立するに至り、天皇機関説は解釈学説としての使命を終えた。」

とあるが。リンクはって理解しろとかいうまえに、お前が理解しろ。

「まあ、不器用ながら、レも難解な部分に属するであろう「統治権」の問題に触れようとする気概は認めなくも無い。」

は全面撤回w あえて答えてやろう。国の行為を最終的に決定できるのは、しいて言うなら
「国会」であって天皇じゃないの。解る?国家法人説にたつならな。これは現行憲法解釈。国家法人説だぞ、天皇機関説じゃあ、無いぞw


>>823 理解できないなら無理にレスすんな

826 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2006/01/11(水) 23:09:41 ID:998825AN
>>818
元々国民の総意のを前提とした制度なのである。
ピンとこなくなったら、前提条件が崩れたってこと。

827 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 23:10:26 ID:jRHFWQYa
つか、レ、ワラタ、今腹痛い・・・w

おまえなあ、たいがいにしとけよw

828 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 23:16:56 ID:???
>>686
象徴大統領制が日本の独自性なのですか?
天皇の子孫がいる国なら何処でもいいということでは。
だいたい一州の文化として天皇を受け入れると言われたら結局独立は守れませんが。

829 :中田七郎:2006/01/12(木) 00:00:57 ID:???
部分部分が明快で全体がぼやけてる長文なんて意味なし、ななしくん
ちゃんとまとめなさい。

830 :中田七郎:2006/01/12(木) 00:03:04 ID:???
>>826 ははあ?日本国憲法制定時は、国民の総意があったのかね?

831 :右や左の名無し様:2006/01/12(木) 07:44:47 ID:9bbwK8/R
何だかんだ言っても、天皇はいい制度だと思う。
なにせ、実は実権のない天皇をトップにその信任を受けた奴が統治する仕組みは、何度も国の混乱を最低限に押さえてきた。
本来、明治維新も終戦ももっと多くの血が流れていたはず・・・
現憲法の規定は、それをはっきりさせているだけだろう。
それを現在の都合で無くしたら、将来国を混乱させるほどのことが起きたとき、打つ手立ての一つがなくなる。

832 :右や左の名無し様:2006/01/12(木) 07:50:32 ID:???
>>831
最低限じゃなくて、最低の間違いだろうw
歴史のサイクルで天皇が表に出るときは国が荒れるって法則を知らないのか?


833 :右や左の名無し様:2006/01/12(木) 08:46:23 ID:wemL/5uj
イギリスのウインザー城に行って味噌。
皇室の菊の紋章が下げられているぞ
だからといって、イギリスが世界の王室国家の一番とは言わないが

834 :右や左の名無し様:2006/01/12(木) 09:14:28 ID:???
タイに行ってみれ。あのいい加減(いい悪い両面)な国でも国王の元、一本ちゃんと筋あるぞ。

格で言えば、キングじゃなくてエンペラーなんだからヨーロッパの王室より断然上。

なくしたら自ら皇室絶やした馬鹿チョンや中国まで格が落ちる。個人的にはもっと政治参加して欲しい。

835 :右や左の名無し様:2006/01/12(木) 11:20:38 ID:9bbwK8/R
>>832
いや、国が荒れたから天皇が出てくるんだろ。
明治維新なんて、へたすれば天皇と言う分かりやすい御輿がなければ、国が二つに割れそうだし、終戦の時も徹底抗戦を主張する一部軍人を押さえられんじゃないか。

836 :右や左の名無し様:2006/01/12(木) 11:24:50 ID:???
鎖国で安定なら存在を意識しなくてもいいが、国際社会に身をおくなら重要な存在であるという
価値観を体感できるが、説明はむつかしいね

837 :右や左の名無し様:2006/01/12(木) 11:29:36 ID:???
維新ってのは元々が天皇を担いだクーデターだよ。
終戦は天皇の名で戦争始めたんだから、当人が終わらせなきゃ仕方ない。


838 :右や左の名無し様:2006/01/12(木) 12:15:53 ID:9bbwK8/R
>>837
そうだよ、でも明治維新で担ぐ御輿が権威を持たない者だったら、坂本竜馬は幕府を説得する材料がなく、江戸で大規模な市街戦になるんじゃない?維新も成功したとは思えないから外国軍の介入もあり得るしね。
終戦も天皇の名前で始めたから天皇の名で終わらす・・・そりゃそうだが同じ事を政治家がやってもクーデターが起こるだろ、政治家は任期があるから、天皇ほどの権威は作れない、だから権力のない権威は重要。

839 :右や左の名無し様:2006/01/12(木) 12:18:29 ID:???
欧米の知識人にいわせれば、日本の近代史は
イッツサクーーールらしいよ?あとは気持ちの名誉回復だけじゃん

840 :右や左の名無し様:2006/01/12(木) 12:20:17 ID:???
室町時代には権力と権威を完全分離させた日本て、政教分離より偉業なことを成し遂げたわけなんだけどね

841 :右や左の名無し様:2006/01/12(木) 13:47:06 ID:9bbwK8/R
小松左京の日本沈没みたいに、日本人が難民化したとして。
イスラエルのごとく国を作るためには、神話が必要だろう・・・
その為には、天皇のような分かりやすい日本国の象徴はものすごく便利だ。
まして、宇宙に移民するような時代が来ても対応可能。
なにせエルサレムと違って、移動可能な聖地みたいなもんなんだぜ、天皇は。

842 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/12(木) 14:08:19 ID:???
>>819-812=825
ん?サイトに書いてあることは基礎知識の問題。
俺が全面的に同意しているわけではない。

排除した以降=国体の本義が出る以前・・・と以降を同一に語れない
というのは、何年か前から2chで言っていることだが・・・。
まして、文部省の教育的見解であって、純粋な政府見解ともいえないことなんで。

というか、国会が議決したことに忠実な事象に、何が文句あるのかよくわか
らんが・・・。

頭が悪い人が始めて主権論に触れただけの話しで、詳細な検討もせず
わけ若芽の言いがかりをつけている・・・という印象。


843 :右や左の名無し様:2006/01/12(木) 16:03:46 ID:???
リンク先は会話の基礎知識として提示だろうに、そのまま同意と認定思い込みとか痛すぎナナシですね

844 :中田七郎:2006/01/12(木) 16:07:22 ID:???
明治維新以降の動きや、天皇制なるもんや国家神道なるもんがニホンの伝統ではないと左巻きが決り文句で
問い掛けるわけですよ、リアルでもねwもうお約束のようにw んで、それは認められるし同意なのよw

そんで明治以前にも聖徳太子くらいまでは確実に、日本史には天皇が存在し続けてるという伝統はどうなの?と聞いたら撃沈なんだから笑えるんだけどね

845 :右や左の名無し様:2006/01/12(木) 16:59:54 ID:???
天皇が政治に入る必要はない、日本の象徴なら一宗教法人で十分。

846 : ◆YMRpk4.bSI :2006/01/12(木) 17:15:08 ID:???
>>830
今まで変更されてないだろ、同意できなかったらもう変更されているだろ。
>>838
そんなに権威がある天皇が、日本を解体するとか言ったらどうなるんだろうね、
任期も選挙もないんだから民意とかけ離れたことを言う可能性が高いからね。
>>841
難民になったら天皇はたぶん殺される、殺されなくても日本人は極地に追いやられる。
>>844
ただ血統が続いているだけで、まったく違う制度だと言うよ。

847 :中田七郎:2006/01/12(木) 17:20:14 ID:???
>>846 >今まで変更されてないだろ、同意できなかったらもう変更されているだろ。

あれえ?タブー視された戦後で議論しただけで閣僚更迭された半世紀をもって承認とはまあ
一回も直接国民信認の投票もないってのに、それに代替憲法との選択がないなら意味ないしさ、まったく

>ただ血統が続いているだけで、まったく違う制度だと言うよ

そうだよ、室町以前とか、武家社会とか、明治体制とか、戦後体制とか違いますが? しかし天皇がいた伝統は揺るがないわけじゃんwぎゃは

848 :右や左の名無し様:2006/01/12(木) 17:26:38 ID:???
>>847
>一回も直接国民信認の投票もないってのに、それに代替憲法との選択がないなら意味ないしさ、まったく 憲法との選択がないなら意味ないしさ、まったく
議員が国民投票を行わないで代替案も出ないってことは変えることを望んでいないってことだろ。
>そうだよ、室町以前とか、武家社会とか、明治体制とか、戦後体制とか違いますが? しかし天皇がいた伝統は揺るがないわけじゃんwぎゃは
バカ?天皇の役割が違ったら同じ伝統じゃないよ。

849 :中田七郎:2006/01/12(木) 17:29:38 ID:???
現憲法が平和憲法だの9条が素晴らしいだの笑わせる。アメリカに人殺し部門を代行してもらっただけで
アメリカより罪深いではないか。9条信者は間接人殺しであって、直接人殺しより罪びとである。
なんせ平和主義だと申すのだからね、んでアメリカ追随するしかない9条を神聖化しながら
アメリカ追随のニホンと、世界覇権国家アメリカを非難するわけだ。まったく馬鹿げた9条の会シンパである。

ちなみに9条の会代表の大江は、沖縄訴訟問題、井上は家庭内暴力&動物虐待の奴だしな、基本的にアレな奴がこうなるという事だな

850 :中田七郎:2006/01/12(木) 17:35:19 ID:???
>>848 >議員が国民投票を行わないで代替案も出ないってことは変えることを望んでいないってことだろ。

今後、容易されつつある独自憲法を、争点とする選挙で、改正派が圧勝するかどうかで信憑性がはじめて問われるわけじゃん
君の論理は、実現できなかった時代の壁は一切無視した、空論でしかない。まずは議題にも出せなかった時代の空気という壁が
やっと取り除けた段階であるし、結論はこれから未来でなければわからないって、よって現状は敗戦国暫定基本法を押し付けられただけの状況じゃんか

>天皇の役割が違ったら同じ伝統じゃないよ。

これで三回目だが、聖徳太子からいままでは確実に、天皇の存在があった伝統といっておるが、大丈夫かね君?


851 : ◆YMRpk4.bSI :2006/01/12(木) 18:15:53 ID:???
>>849
名欄忘れたスマン
9条が間違っているという世論になったから国民の信任がなくなり、
憲法を変えよういう動きがでたんだろ、
今まで1条変更の話が出ていないってことは国民が1条を信任しているってことじゃないのか。
>>850
>今後、容易されつつある独自憲法を、争点とする選挙で、改正派が圧勝するかどうかで信憑性がはじめて問われるわけじゃん
やっと取り除けた段階であっても1条改正論はでてないだろ。
>これで三回目だが、聖徳太子からいままでは確実に、天皇の存在があった伝統といっておるが、大丈夫かね君?
だから血がつながっているだけで、そのころの天皇は今の天皇とは違うものなんだって。


852 :中田:2006/01/12(木) 18:57:11 ID:???
第1条 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。
>◆YMRpk4.bSI
第1条 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。

なぜ一条をセレクトして反応するかはこのスレだから理解はしよう。9条が間違ってるという世論になったから
憲法を変える動きが出てきたのも同意である。

ただ君の伝統は時代により、天皇が役割を変えているという事をもって今の天皇は伝統の状態ではないと?
状況違いまで伝統にするのならそうだろうね しかしそんなことに意味があるのかな?

漏れは天皇が存在し続けたことに伝統といっておる。君の意見は意見として成り立ってはいるが
天皇が存在しつづけた日本国の伝統にはいささかも影響を与えない回答でしかないのだよ

周囲のブサヨがこの事に、なんの返答も出来ずに退散したことはいうまでもない。

853 :右や左の名無し様:2006/01/12(木) 19:45:30 ID:Me0Vzalz
皇族の存在が必要なのはなんとなくわかるんですが、
偉い存在である必要はあるのですか?
子どもまで「愛子さま」とかいう呼び方をするのが
異様なことに思えて仕方ないのですが・・・

854 :”れ”が無様な醜態を晒します田:2006/01/12(木) 19:49:03 ID:???
こら、レ!お前ウィキベディア読んだんじゃあ、ないのか?なら「靖国に感謝できますか」スレの

http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1129385686/862

はなんだこりゃ。いい加減なことかくな。お前の参照したウィキベディアは

「1937年、文部省は『国體の本義』を発行して全国の教育機関に配布した。その内容は、先の国体明徴
声明を踏まえて、天皇機関説は西洋思想の無批判導入であり、機関説問題は西洋思想の影響を受けた一
部知識人の弊風に原因があると断じた」

とあるぞwうそをつくなウソを。文部省が配布しているじゃないかw あと、当スレ >>813

「したがって、天皇が統治権を行使する=天皇が国の行方を決定できる最終権利者であるという
図式は成り立ちません。というか ....その極限が現憲法だと言って差し支えないでしょうし(後略」

なんだこりゃ。同じくお前が参照した「ウィキベディア」によると

「天皇を最高機関とせず国民主権原理に基づく日本国憲法が成立するに至り、天皇機関説は解釈学説としての使命を終えた。」

とあるが。リンクはって理解しろとかいうまえに、お前が理解しろ。

「まあ、不器用ながら、レも難解な部分に属するであろう「統治権」の問題に触れようとする気概は認めなくも無い。」

は全面撤回w あえて答えてやろう。国の行為を最終的に決定できるのは、しいて言うなら
「国会」であって天皇じゃないの。解る?国家法人説にたつならな。これは現行憲法解釈。国家法人説だぞ、天皇機関説じゃあ、無いぞw


>>823 理解できないなら無理にレスすんな

855 :”れ”が無様な醜態を晒します田:2006/01/12(木) 19:56:01 ID:???
 全部同意するわけではない、だとさ、”れ”
主権概念だのなんだのと御託のべて”ウィキベディア”嫁とかいった"れ"

えらそうなこといったわりには、彼とはまったく違う定義がのっているw

国体明徴声明が政府見解ではないならば、声明をだした時の岡田内閣は、
いったいなんなんだ、政府じゃないのかw

国体明徴声明と国体の本義が別物とでもいうのかね、”れ”君w


856 :”れ”が無様な醜態を晒します田:2006/01/12(木) 20:02:15 ID:???
 あ、いっておくけど、この「天皇機関説事件」で大騒ぎした
糞ウヨのことだけど、まあ、いろいろいるがね、戦後も生き残って、
新米ウヨに成り下がっているというやつが多いことは知っておいたほうがいい。

しかも”シレ”っとして
大日本帝国時代は絶対主義ではなかった、政党政治があった、などとほざく。
政党政治を破壊したのも、天皇機関説を排撃したのも、大正デモクラシーを
破壊したのも、ウヨ。

そのウヨが、自分の行為を棚に上げて”戦前を暗くばかりいうな”とかいうw
だれが暗くしたんだっつーの。

857 :中田七郎:2006/01/12(木) 20:20:50 ID:???
>>853
尊い存在?XX様と一律に呼び出した段階で尊くはなってないよ、XX親王 皇太子 妃殿下 様々に呼び方が、主に様になっておる
尊いのは天皇でも皇室でもない。天皇と皇室をいただくわが国のありようなんだよ

>>854-856 あのさ長いのはいいから、まずは要点をリストしてくれ、それを前提に長文みるから
君は長文に逃げて、ひとりで悦に浸ってるだけなんだって、

いいかい?自分の意見の要点を頼むよ、それさえあれば長文も良しとするからさ

858 :右や左の名無し様:2006/01/12(木) 20:52:20 ID:???
おお、田中君。漏れのレスさえ理解できないのに
えらそうに憲法論議かね。レベルが知れてるね。
憲法裁判所がなんだって?
理解できないならレスしなくていいよ。

859 :853:2006/01/12(木) 20:53:15 ID:Me0Vzalz
>>857
多分そちらの勘違いだと思いますが私は尊いではなく偉いという表現
を使っております。「様」というのは一般的な用法としては尊敬表現
にあたるので、そのような呼び方をする背景にはその対象に対する敬
意があると思うのです。国のありようが尊いかどうかはまず置いてお
いて。

860 :右や左の名無し様:2006/01/12(木) 21:37:25 ID:9bbwK8/R
>>846
何で難民化した日本人が天皇を殺す必要があるんだ?
本当に殺されるのは、非武装中立とか、非現実な事をそれでも主張しかねない、危険分子日本サヨクだと思うが(笑)

861 :中田七郎:2006/01/12(木) 22:06:44 ID:???
>>858 結局、要点を1,2行ずつ要約しないと、どこから君の世界観を理解するのかという問題ですよ
君の中では自分の世界観を示したつもりだろうが、1、XXXXXXXX 2、XXXXXXと示したうえでの長文を示すことが
出来ないだんかいで、君の能力は自分よがりということなんだよ、掲示板には向いてないね君
要点も出せないで、長文に逃げるのはよくあるパターンだけど、要点を出すと突っ込まれるから避けているようだね
自信がないのはわかるが、別にディベートではなく、君の世界観の細部まで明確にして理解したいだけなんだが
要点なしの長文で逃げ回っているのなら仕方ないね、ザンネンですわ

>>859 偉いでしたか間違えてすまそ、偉いというより重要な存在でしょうね、天皇自体が重要であるとする部分で
反天皇派が噛み付くパターンが多いのですが、重要な天皇の(存在)をゆうする日本国のありようが重要というニュアンスだと
今まで反発してた者の何割かは、理解しましたが、もっといい表現はないものかと考えておるところです。

862 :右や左の名無し様:2006/01/12(木) 22:11:34 ID:???
>>861
 わからないからって他人の要約の責任にしなくてもいいだろw
おまえがウィキベディアの該当個所を理解できないっていっている
だけだからw

おれは、レとウィキの正誤表wを提示しただけw

しかし、おまえほんと、無知だなぁ。



863 :中田七郎:2006/01/12(木) 22:17:05 ID:???
>>862 長文で逃げた君は、ウィキの参考資料提示を=事実として(れ氏)からも突っ込まれ
ここでは、中田にまでウィキのことを持ち出す混乱ぶり、自分の長文を、1、XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
2、XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX  3、XXXXXXXXXXXXXXXXXXX と明確に示したうえで出さないのは
これは能力というよりマナーの問題ですらあるんだって、このよくありがちな長文逃げパターンで勝利宣言では
スレの消費が無駄なだけだって、実際この数十スレの無意味な状況はどうだねと・・・・・早く出したら?要約数点・・・たく意地になって

864 :右や左の名無し様:2006/01/12(木) 22:38:18 ID:???
>>863
はいはい、長文逃げね、あれだけ丁寧に
”れ”と、ウィキの原文を比較して掲載してあげているのに
”長文だ”とかほざくんだから、お手上げだねwあれがわからないなら
もう法律に口出さないほうがいいよ。

レはあきらかに「主権」のウィキの定義を読み間違っているしw
しかも「国体の本義」が「国体明徴声明」と別個のものだと誤解
しているしw国体明徴声明は時の岡田内閣がだしたのに、
「内閣の公式見解ではありません」とかほざくし。

これだけ丁寧に指摘してやってんのに、長文だ、とかいうのは、もはや

お ま え の 国 語 力

の問題でしかないw





865 :右や左の名無し様:2006/01/12(木) 22:50:07 ID:???
>>864
ウヨが潰した天皇機関説をウヨが臆面もなく引用するな。
しかもその引用が理解においても不完全かつ誤用に満ちている。

と、まあ趣旨はこんな具合なんだろ。

ところでスレの趣旨に立ちあなたがどのような立場に立つのか
書いてもらえないだろうか。

866 :中田七郎:2006/01/12(木) 22:50:22 ID:???
>あれだけ丁寧に ”れ”と、ウィキの原文を比較して掲載してあげているのに

だらだらと長すぎる書き込みはテイネイとはいわず、スレ消費でしかないって

国語の問題ではなく、ひとにものを伝える思いやりとマナーの問題なんだって、そうこうしてるうちに
その内容がますますぼやけて、変な部分にリソースがメイン消費されておる現状を見てみなさい。
掲示板にはビジターも、参加者もいるのです。このパターンは非常によくありがちな
スレ消費だけしか生み出さないパターンではないですか!今後はシンプルにまとめてくださいとは
いいませんが、今後も同じことを、何十回も繰り返すなら、貴方をわたしは、ソンケーしますよ


867 :右や左の名無し様:2006/01/12(木) 22:58:23 ID:zU2+LQDs
受験時代の記憶ですので、間違ってたらご指摘をお願いします。
軍部、右翼が貴族院で、美濃部の天皇機関説(当時の学会の定説、伊藤もこの見解だった)を排撃→政友会も倒閣為便乗→岡田啓介内閣はビビッて美濃部の著作を発禁&2度に渡り、‘国体明徴’を声明→この国体明徴運動をうけて、文部省が‘国体の本義’を刊行

868 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2006/01/13(金) 00:39:14 ID:jG4MVnmb
>>830
無かったなら、なおさら廃止するべきだけど??

869 :中田:2006/01/13(金) 04:36:24 ID:???
>>868 ほう、敗戦から冷戦終結、インターネット前夜までに、タブー化された空気でかね?
現在の状況と同一してんじゃねえの?

870 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/13(金) 09:27:51 ID:???
>>864
ウィキが、基礎的な知識の習得に寄与するが、別にかいてあることの全てに
権威が有ると思っているなら間違いだよ。

国体の本義が明徴運動の結果だと言うことは理解しているが「現人神である」
と言う認識が政府見解として出ているわけではないから、一致していると考え
ていくのも、間違いだと言うようなことは、この議論では、普通のことだと思うが・・・。

国語力については、まぁ、オマエガナーと言っておこうかW

871 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/13(金) 09:42:18 ID:???
>>867
その流れで間違ってはいませんよ。

ただ、その場合に言う右翼(在郷軍人など)についていえば、結局「利害」でうごいていた
と言うことですよ。海軍の予算獲得などなど・・・。

岡田内閣は結構抵抗したわけです。しかしどうにもならなかった。そしてこれが翼賛会
の流れを作ってしまう契機です。つまり政党政治の崩壊と言う側面から見ると、
便乗した政党にこそ、最大の責任がある。

軍人勅語では、軍人が政治に介入することを厳しく戒めています。いまで言う文民統制です。
事実軍人に選挙権はなかった。軍人の内閣への参加についても紆余曲折があった。
統帥権は天皇が持っています。統帥に絶対服従が軍の使命です。天皇が法律を議会と大臣
の合意がない限りつくれません。つまり天皇に絶対服従者が大臣になることこそ極めて危険
であるということです。

それは逆を言えば、信頼に足りる政治家がいなければなりません。元老院がそれを担保して
きたわけですが、それが崩壊した(226もその意味で重大ですね)。元老にかわって、政党政治が
それを担わなくてはならない・・・。ところが彼らは政権奪取という利害を優先した。

このあたりに日本の先の戦争の真の反省が潜んでいると私は考えています。
政党は未だに利害優先でしょう。真の反省は出来ていないんじゃないかと・・・。


872 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 09:54:50 ID:???
>>864
そいつは君のレスした内容が理解できてないだけのバカだから、相手することないよ。
ちゃんと読めば分かる内容なのに、自分の読解力のなさを人のせいにしてるだけだから。


873 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 09:59:26 ID:???
>軍人勅語では、軍人が政治に介入することを厳しく戒めています。いまで言う文民統制です。
こりゃまた、珍説ですなw
これだかられタンのレスはおもしろいw


874 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/13(金) 10:47:38 ID:???
>>873
・・・兵力の消長は是国運の盛衰なることを弁へ、世論に惑はす、
「 政 治 に 拘 ら す 」
只々一途に己か本分の忠節を守り・・・

軍人勅語の一部だが・・・。w
で、軍人の選挙権はこの部分のとおり、行使できなかったでしょ?

875 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 11:04:07 ID:???
肝心な所は無視するのがれタンクオリティ。

>汝等は朕を頭首と仰きてそ其親は特に深かるへき朕か国家を保護して
>上天の恵に応し祖宗の恩に報いまゐらする事を得るも得さるも汝等軍人か其職を尽すと尽さゝるとに由るそかし
>我国の稜威振はさることあらは汝等能く朕と其憂を共にせよ

要は皇軍として自覚しろと言ってるのであって文民統制なんかじゃないからねw


876 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 11:13:38 ID:ntY+hPIr
今朝の新聞で陛下のお歌を詠んだが

最低〜だね。歴代天皇のなかで。これは昭和天皇の責任かな

877 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 11:18:57 ID:???
このスレの名無しに見苦しいものがいる。

878 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 11:27:37 ID:???
天皇制が崩壊したところで、日本は崩壊しないから安心してよ。
天皇制という歴史は長いことは事実だけど、庶民からすれば
マイナーな集まりなんだよ。明治以前の身分社会では、知識や
情報はお上に独占され、世襲されていたといってもいい。下々の
者は天皇をという存在を知らずに一生を終えていたんだ。武士による
支配に対し、新しい対抗軸として天皇制が作り上げられただけ。
かなり人工的な、イカサマな部分があるんだよ。いまさら伝統なんて
言うのがおかしい。

879 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/13(金) 12:00:47 ID:???
>>875
意味がわからんが・・・軍人が政治に関わらず、皇軍として自覚して
統帥権のある天皇に忠誠を誓い、絶対服従するのは、国家元首が
天皇の国で、何か問題があるのか?

というか軍は上位の命令に絶対服従じゃないと困るわけだが・・・。

オマエさんも軍人差別主義?

880 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/13(金) 12:16:22 ID:???
どうもバカが多いわけだが、軍人が国家元首で統帥権を有する天皇に忠誠を誓うのは
極めて重要で、不可欠なことですよ。

世論がどうであれ、それに惑わされることなく、政治が悪いとか言ったって、そういうことに
関与せず、政治決定されたことに忠実であれ・・・これは軍隊が求められる規範でしょう。

逆に、世論が戦闘を求めているから、勝手に戦闘を開始したり、政治家が悪いと言う思い
込みでクーデターを起こしてもらっては困るわけでしょ?天皇という国家元首が作戦に関する
統帥権も持っている憲法の国では、天皇の軍隊として天皇に忠誠を誓うのは
当然だし、そういう自覚を持ってもらわないと困るのは臣民ですよ。

>汝等は朕を頭首と仰きてそ其親は特に深かるへき朕か国家を保護して
>上天の恵に応し祖宗の恩に報いまゐらする事を得るも得さるも汝等軍人か其職を尽すと尽さゝるとに由るそかし
>我国の稜威振はさることあらは汝等能く朕と其憂を共にせよ
「軍人としての心構え」として「朕が国家元首で統帥権を有している国としては」当然のことですが・・・。

881 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 12:43:59 ID:???
>どうもバカが多いわけだが、
天皇の忠誠を文民統制と読み違えるほどのバカではないけどね。


882 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/13(金) 13:04:19 ID:???
>>881
天皇への忠誠は文民統制とは関係がないと思うが・・・。

軍人は政治に関わらない・・・はいまで言う文民統制だが・・・。

日本語の理解が出来ない人を馬鹿というなら、キミはその部類の可能性が有る。
無論、単に叩きたいだけで、議論しようとしない馬鹿という可能性のほうが高いとは思うが・・・。

883 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 13:07:45 ID:???
>>882
>>871
>軍人勅語では、軍人が政治に介入することを厳しく戒めています。いまで言う文民統制です。
はどう言い訳するつもりですか?
文民統制とは全く違った概念ですよw


884 :中田:2006/01/13(金) 13:39:35 ID:???
>>878 あらら、自分から天皇という存在を重要であるという紹介をしてしまったねえ

戦国時代を終えて徳川時代になっても、家康から数代将軍までは
徳川幕府が続くなんて確証なんかなかったんだって、また徳川幕府が承認されたのも
天皇から国の運営権をお預かりした形があるから承認されたのであり、外国の影響で
幕藩体制が崩れたら、明治維新になったわけだが、明治政府が天皇との関係を再構築するのは当然のこと
戦後も再構築したわけだが、今後もリニューアルはありうる。結局、国家運営の正当性は
連綿と継続された作法の継承によって示される天皇とのやりとりであるという、補完の意見を君は述べたにすぎないっわけよ


885 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/13(金) 13:58:59 ID:???
>>833
>軍人勅語では、軍人が政治に介入することを厳しく戒めています。いまで言う文民統制です。
何か言い訳が必要ですか???

軍人勅語が、そのメインたる趣旨を軍人の忠誠においていますが、そのなかでは
軍人が政治に介入することを厳しく戒めています。いまで言う文民統制です。

こう表現すればよかったのですか?私には、さほどに読者の無知を考慮するような
失礼なことはしないですよ。前段は誰でも知っていることですから・・・。
え、貴方は知らなかった???まぁ、・・・以下自粛

>>884
まぁ、井沢の逆説なんかを読んで、最も参考に有るところはそこだね。

我々は、そうなってしまった歴史を知っているから、そうなる必然があると思い込んでしまう。

逆説には私も異論はあるけれども、そういう考え方にたって検証しようとする姿勢と
史料に基づいているところは好感が持てる。

886 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 14:01:13 ID:???
井沢信者であろうとは前から見当がついていたがw


887 :中田:2006/01/13(金) 14:10:33 ID:???
聖徳太子以前から現在にいたるまで、天皇の存在が確実にあったことが伝統でなくてなんなのかね?
>>878

888 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/13(金) 14:11:06 ID:???
>>886
信者か?と聞かれれば、違うと言うよ。呼んでいるし結構参考になる。

まぁ、○○信者とか右翼とか言うラベリングに益はないと考えているんで
どうでも良いけどね。結構違う部分がある(例えば卑弥呼天照説など)。

存在意義すれでも井沢の話、よくは出していたから、キミは新参だね。

889 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 14:18:39 ID:3+ITBk59
>>871

でも、軍人の政治不関与を説いた軍人勅語を作った山県本人が、将来の政党内閣時代の到来に対する危機感から、軍部による倒閣の武器になり得る軍部大臣現役武官制をつくったわけだし。。なんだかなー矛盾しとるがなって思いません?

890 :中田:2006/01/13(金) 14:20:12 ID:???
江戸時代と明治以降、戦後もそうだが、国家と天皇、主権者とか権力者との関係が違うことをもって
イコール天皇の存在がいらない?変わっているから伝統ではない?このお約束答弁をするものは
脳があるのだろうか?そもそも体制がかわれば、その関係は変わるのが必然ではないか。
そしていくら変わっても、天皇が日本の歴史のなかで日本国という組織のなかで、日本国の継承である体制に
関わり続けて、その体制の正当性をしめしてきた存在であることは紛れもない事実であり(伝統)であるわけだ。
そしてその伝統の必然性を国民が選択するのなら次世代の関係再構築のなかでも反映させるし
それをやめたいのなら、選挙結果を反映して、共和国なりの国家に変容するのであろう。単なる地域の共和国という場所国家にね

それを選択するようなバカは少ないという現状が、皇室支持90%の現状ではあるわけだ。 

891 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/13(金) 14:23:44 ID:???
美濃部の天皇機関説なんていうのは、明治憲法の解釈としては打倒至極だろ。
明治憲法というのはそもそも天皇が国家元首なんだから、機関として最高なことは
当然だし・・・。

明治立憲の趣旨から言えば、天皇が国家元首たる地位につくことの根拠は、まさに
天皇と臣民の歴史的関係性に基づいているわけで、その歴史的関係性のなかで
否定されているのが、軍政(征夷大将軍任命による国家統治)=兵農分離と表現し
ている・・・部分だ。

軍政を否定した直後の軍人勅語で、政治と軍隊の関係性に無頓着であるわけがない。

西欧の革命が古き善き何かに戻ることを意味するように、日本の明治維新も
古き善き天皇と臣民の良好な関係性のときに戻る、と言う意味があり、だから復古
と位置付けられた。これは「物語」の承認であって、史実に基づく何処かの時代に
戻ると言うことではない。あたかも社会契約説の契約や、正義論の自然状態が
史実に基づく事象でないように・・・。

と三つねたふりと、>>878関係に対する、物語の承認と伝統の考え方を少し書いてみた。



892 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 14:29:11 ID:3+ITBk59
明治憲法自体、文民統制を否定してませんか?統帥権の独立(内閣の関与する一般の国務)で。天皇が最高指揮権を持ってて、軍令部総長の補弼で行使されるから。帷幄上奏で内閣総理大臣を通さずに、直接天皇に上奏できる切り札もあるわけだし。

893 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/13(金) 14:32:22 ID:???
>>889
そだね、結局政治家に対する不信があったんだろうね。
今でも官僚出身の政治家はいっぱいいるし、陸軍・海軍の大臣を、軍部以外から
出したのでは、軍部が納得できないで政府を攻撃する、そこに政党がつけ込む・・・
こういう事を防止するためには、文民統制の考え方が重要なんだけれども、
考え方としてはあっただろうけれども、それが絶対不可欠なこととなったのは、はっき
り言えば先の大戦以降でしょ、世界的にも・・・。

そこを非難するのは、現代的視点で過去を評価する見本みたいな話ですよ。

考えて見れば、軍人が自由にモノを考え主張し、国政に関与するのがなぜ悪いと
言ったら、貴方には説明できます?

軍人の役割は上の命令に絶対服従であるからとしても、決定に従うなら、軍人も
意見を言うことに、何か問題がありますか?・・・結局大臣の地位が天皇との関係で
あって、総理との関係でない、議院内閣制でないとしても、当時の議会に大臣を
決定できるほどの信頼はなかったわけだし。時代の限界と言うしかないと思いますよ。

894 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 14:42:34 ID:3+ITBk59
>>892

結局、山県は藩閥を維持したかっただけじゃないんかなぁー薩長幕府みたいなw事実、陸軍と内務省の官僚を手中に収めてたのは山県ですからねぇ。

895 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/13(金) 14:50:14 ID:???
>>892
統帥権が独立していること、誰かが専横的に即時に判断し決定できることは
軍事上必要ですから、その範囲が明確になっていなかったことが問題であって、
貴方の指摘する部分に問題があったとは思えません。現代と比較してみればわかります。

問題は統帥権の拡大解釈です。当然に軍艦の保有数は統帥権に含まれません。
予算が関係しますから議会によります。軍艦を何処に配置するかは作戦上の問題ですから
統帥権に属します。統帥権侵犯問題は正に拡大解釈ですよね。

作戦上のことについて統帥権があることが問題だと言うなら、軍事上の秘密保持は不可能ですし
直ちに決定することも出来ず、国防に瑕疵が生じます。
もう少し理解しましょう。軍事に関する教育が不足しているせいか、米国の学生なら、当然至極の常識
として把握していることですよ。


896 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 14:51:51 ID:???
>>892
そういう仕組みは文民統制とは言いませんよw


897 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 14:54:47 ID:???
そもそも文民統制が機能する仕組みなら
統帥権侵害問題なんて起きようがありません。


898 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 15:02:13 ID:3+ITBk59
>>895

ん?明治憲法自体が文民統制を否定してるってのは常識ですよ?
統帥権干犯問題ですか?それはあなたの言う通り、統帥権の拡大解釈ですね。兵力量と常備兵の決定は、内閣の補弼事項ですからね。じゃないと予算自体成り立ちませんからな。

899 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/13(金) 15:04:01 ID:???
文民統制の考え方があったからとしても完全に機能すると言うところまでは至って
いないと言うことでしかありません。時代の限界です。

しかしながら、事実軍人に選挙権さえなかった、軍人勅語に「政治に関わらず」と
されていたことは事実です。

また文民統制がされていたとしても、統帥権の範囲に関して疑義が生じる余地はあるわけで
>>897は、平和を唱えていれば平和が来る、文民統制さえきちんと出来ていれば、
軍の政治への関与は防止できると言う、空想社会党平和主義に似た匂いがします。

文民統制をしたとしても、旧軍人が長官になっています。制度が機能するためには
制度が有ればよいと言うものではありません。重要なことは、軍人の忠誠心が国民に向き
どのくらい利害を無視して国に尽くせるか・・・逆を言えばそうできるほどに国民が敬意を
表しているか・・・そういう総合的なことです。
まぁ、靖国を口汚く誹謗するだけの輩には、国防は語れない・・・同意していただけますよね。

900 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 15:04:51 ID:3+ITBk59
>>896

すんません。オレは、明治憲法では明らかに文民統制のシステムには反してるって書きたかったんです。

901 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/13(金) 15:06:10 ID:???
>>898
常識と言われても一体どういうことか説明しないと・・・。

否定しているなら、軍人はなぜ選挙権を有していなかったんですか?
軍人勅語では政治に関わらずとなぜ書いてあるんですか?

十分でなかった・・・と否定しているは」、全然違うことですが・・・。

902 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 15:11:33 ID:???
>>900
すいません、オレの読み違いでした。
それにしても軍人勅語が文民統制だというのは久々のヒットですねw
明治政府の仕組みを分かって言ってるとは思えませんね。


903 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/13(金) 15:17:35 ID:???
まだ誤読している人がいますね。w


904 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 15:21:57 ID:???
文民統制の意味を間違って使ってましたといえば済むのにw
変に意地を張らずに認めれば良いんだよ。


905 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 15:24:04 ID:3+ITBk59
統帥権は、条文に明記されてるじゃないですか?
はっきりと文民統制を否定してます。
補弼事項ってのは、あくまで憲法解釈でしょう?軍、政府、学者で解釈に差があったわけですから。
だから、軍人勅語と憲法と現役武官制などそれぞれ矛盾してるなーって言ったじゃないすか。オレが聞きたいくらいっすよw

906 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 15:30:28 ID:3+ITBk59
軍人勅語には、大元帥である天皇が直接軍の統帥にあたるって書いてませんっけ?
大体、軍人の政治不関与を説いた本義を理解してますか?自由民権運動の高揚が背景にあったからっすよ。軍人が運動に参加されちゃあ困るし取り締まる側の道具ですから。

907 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 15:30:51 ID:???
>>905
日本国憲法制定以前に、日本には文民統制の機能が存在しなかったというのは
政治学や憲法学でも通説ですからね。無理矢理軍人勅語からひねり出すのが
無謀というものです。本気で文民統制の意味を知らないんじゃなないですかね?


908 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/13(金) 15:36:30 ID:???
>>904
いや、だから、何が間違っているのよ。
軍人に政治にかかわるなと言い、軍人に参政権を与えていない事実を、
現代で言う文民統制の考え方と言って、何が間違っている?

909 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 15:36:55 ID:3+ITBk59
軍人勅諭で憲法の制定以前で、天皇と軍人の直属関係を説いているじゃないですか? これを具体化したのが明治憲法11条統帥権云々なのでしょ?
さっき言ったように、勅諭の政治不関与の部分はあなたの意味のとり違い。即ち拡大解釈。

910 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 15:42:36 ID:???
>現代で言う文民統制の考え方と言って、何が間違っている?
全然違うでしょうw
文民統制の意味、分かってますか?
軍の指揮権の最高指令を発するのは文民でなくてはいけないという意味ですよ?
だから「文民優越」とも言われる訳です。天皇は文民ではないでしょうw


911 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/13(金) 15:53:18 ID:???
困ったなぁ、統帥権について、こんなに理解していない人がいるの?

まず、質問に答えてくれるかな?
質問1:軍人は政治に関わるなと軍人勅語に書き、軍人が参政権を持っていない
     ことは、どういう考え方から出来たと考えているの?


で、統帥権と言うのは文民統制かであっても、「軍人」が関与することなんですが
理解していませんよね、おそらく。統帥権と言うのは、軍の作戦上の権限なんです。
だから軍人が関わってよい範囲のことなんですけど・・・。
軍人と、指揮命令権をもつ最高責任者だけで決定できる作戦の範囲=統帥権の範囲
なんです。

したがって、統帥権が有ることと文民統制の考え方があることは矛盾しないんですが・・・。
逆にいって、明治憲法が統帥権について政治上のことも内包しているなら、統帥権侵犯
問題は、統帥権の拡大解釈という評価が出来ないでしょ。w


912 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 16:01:34 ID:???
>統帥権が有ることと文民統制の考え方があることは矛盾しないんですが・・・。
まずは文民統制の意味を正しく理解してください。
あなたの間違いはここがすべてです。幾度となく指摘してもあなたはそこを理解しようとしない。
もっといえば、あなたの様に考えてる政治学者や憲法学者はいません。戦前には文民統制の概念が
存在しなかったというのは通説です。


913 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/13(金) 16:07:33 ID:???
ちょっと具体的な事例を出しますね。

例えば現代において、何処かの国が攻撃してくる作戦を感知したとします。それに対して
対抗措置をとることは法律で一定の範囲を決めて定まっていますよね。
一定の範囲の中で、一体誰が最終的な判断を下すのか、現場の指揮官でよいのか
それとも、総理大臣なのかは緊急性に考慮して定められています。

また軍事作戦を公開すると言うのは国防の瑕疵を生じます。したがって秘密裏に行なわれ
ることはありえます。作戦に関することは軍人と最高指揮官が決める・・・政治ではなく軍事
についてはそうするのが一般的であり、そうしなければ国防に瑕疵が生じる・・・これ常識です。

我が国の明治憲法下での統帥権が、政治上のそれを含むかどうか・・・含まないが明治憲法
解釈の通説ですよね。だから統帥権干犯問題は統帥権の拡大解釈という評価が成り立つ。

統帥権を天皇が把握するのか、他の人が把握するのかは別として、陸軍海軍大臣が文民で
あることをして文民統制というのでしょうから、大臣を軍人であっても良いとするのは文民統制
に反します。が、統帥権を天皇が持っても、大臣が文民であれば文民統制は可能なのですから
統帥の大権を明治憲法が規定したことをして文民統制の否定と言うのは間違いです。

解りましたよね。w 統帥権の規定は文民統制を否定していない・・・それだけの話で
文民統制を明治憲法が推進したとか、そういうことを言っているわけではない。
不十分だし全然機能しない時代があったが、軍人に政治参加を禁ずるなど、考え方としては
存在していた・・・それだけの話ですが・・・。

914 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 16:14:33 ID:3+ITBk59
だから、言ったでしょ。お冠と解釈は別でって。
軍人勅諭で軍人の政治不参加が書かれたのは、背景に、自由民権運動の高揚があったから。仮に自由民権運動が起こらなかったら、軍人の政治不参加云々は書かれなかったはず。
あなたは意図を取り違えています。即ち拡大解釈。

915 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 16:16:53 ID:3+ITBk59
補弼事項の解釈と、統帥権自体は別で考えて下さいよ。大体にして、軍人勅諭の文民統制の話なのに、論点をそらさないでください。

916 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/13(金) 16:18:19 ID:???
>>912
いや、ですから、質問に答えてくれればいいでっすよ、
軍人は政治に関わるなと軍人勅語に書き、軍人が参政権を持っていない
ことは、どういう考え方から出来たと考えているの?

明治憲法において文民統制という考え方がなかったと言うのは通説でしょうし、
私もそれを支持しますけど・・・・。ただ、否定していたと言うのは言いすぎかと・・・。

で、明治憲法にその間が得方がなかった根拠は統帥権の大権ではないし、明治憲法に
ない考え方が、政治全般になかったと言うことでもありあませんし・・・。

で、何が間違っているのかを書かないで、間違っていると言われても、理解に苦しむでしょ?
何処がどう間違っています?作戦上の最高指揮権者が文民である必要がある・・・これが文民
統制ですか?局地戦では軍人が作戦上の決定権を持っていますよ。
文民統制の最大のことは政治に関わらない・・・つまり戦争の可否や遂行に関わるような
作戦上の決定、及びそれ以上の政治に軍人が関わらないことが重要・・・ですよね。

で、質問に答えてくれますか?

917 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 16:20:20 ID:???
>>913
どんな事例を出してもあなたが文民統制の意味を理解していない事には
間違った解釈を直すことはできませんよ?


918 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/13(金) 16:23:46 ID:???
>>914
自由民権運動の成果ですか、で、どういう意図だったんですか?文民統制の意図はない
としたら一体なんですか?



919 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 16:26:12 ID:???
>局地戦では軍人が作戦上の決定権を持っていますよ。
戦略と戦術の違い、あるいは軍事作戦の実行に関しての細部の話しをしても無意味ですよ?
日露戦争時は作戦実行に際して現場の指揮官が本国政府の決定を仰いでますが、
だからと言って文民統制が仕組みとしてあったという話しにはなりません。この戦争では
そうした命令系統で動いていたというだけの話しです。仕組みがないのですから、
当然の帰結として統帥権侵害問題も起こるし関東軍の政府無視も起きる訳です。


920 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 16:28:25 ID:3+ITBk59
前に書いたから読んで下さいな。 あと、統帥権。あなたの解釈で正しいと思いますよ。けど、本来の法の制定時のお冠、要は意図と解釈は切り離して考えて下さいよ。
あと、その人を見下したような口調やめてもらえませんか?あなたが熱弁振るう以前にみなさんご存じだと思いますよ。

921 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/13(金) 16:55:00 ID:???
>>919
>だからと言って文民統制が仕組みとしてあったという話しにはなりません。
全く同意しますが・・・。w 俺は「仕組みがあった」と言った事は一度もない・・・。
俺にそのレスをするということは、そう誤読していたのか?拡大解釈wか?

>>920
レス番号をアンカーつけるぐらいは、しましょうよ。
で、誰が何処で、何を前に書いているんです?ななし君の見分けはつきませんよ、私には。
コテで書いている人がいえることですよ、それは・・・。人を見下して、自分のレスを
分別して判断しる!などと言う態度は止めてください・・・トもいえますが・・・。w
そんなことを書く暇に、自分のレスにアンカーをつけて示せば良いことですが・・・。

見下したような口調は、私の2ch内のキャラクターですから、イヤなら無理して私と話さなけ
れば良いでしょう。口調に文句を言うことが貴方の論旨の正当性を補完しませんし・・・。

意図と解釈を、貴方が書けばいいんですよ、それと質問に答えれば・・・。

統帥権と文民統制は矛盾しない・・・OKですね?明治憲法としては・・・ですよ。
現実に統帥権干犯問題に端を発する問題が先の戦争の不幸な結果をもたらした・・・
別にそこに異論はありません。しかしそれが明治憲法の不備だったとしても、統帥権の
範囲の認識問題であり、かつ大臣を軍人とした問題であると言うコトであって、それは
明治憲法の欠陥だというには明治22年のそれは酷でしょ?解釈運用の問題と捉えないと
なかなか妥当な結論に至りませんよ。w



922 : ◆YMRpk4.bSI :2006/01/13(金) 16:56:29 ID:???
>>852
天皇の血統が伝統だというのなら、
政治に関わらなくても伝統は存続できるということ、
政治と切り離して宗教法人にしても問題はないのでは。

923 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 17:01:43 ID:???
>>921
あなたは
>軍人が政治に介入することを厳しく戒めています。いまで言う文民統制です。
と言っていますね。言い訳はやめませんか?


924 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/13(金) 17:05:46 ID:???
>>923
言い訳も何も、軍人勅語が戒めていることは事実ですし、それが今で言う文民統制の意図で
あったことも、誰だか知りませんが自由民権運動の成果という言葉で、補完していますよね。
しかし仕組みがなかったことも事実なわけで、質問に答えず、何を人のせいにしているんですか?

貴方が勝手に、仕組みがあっると私が言ったと、拡大解釈あるいは誤読したのは
私の責任じゃなくて、貴方の問題でしょう。w



925 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 17:12:09 ID:???
まずは文民統制の正しい理解をしてくださいな。
話しになりませんよw


926 : ◆YMRpk4.bSI :2006/01/13(金) 17:13:26 ID:???
>>890
>そもそも体制がかわれば、その関係は変わるのが必然ではないか。
伝統が途絶えるのも必然ですよ。
>天皇が日本の歴史のなかで日本国という組織のなかで、日本国の継承である体制に関わり続けて、
天皇という名前の機関があっただけ、現代の天皇制とは違うもの。
>その体制の正当性をしめしてきた存在であることは紛れもない事実であり(伝統)であるわけだ。
南北朝時代はどう説明するのでしょうかねw
>皇室支持90%の現状ではあるわけだ。 
ソースをください。


927 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 17:18:14 ID:3+ITBk59
>>924

>>923同意。言ってる事が変わってますよ。コテさん。
政治不関与を説いたのは、自由民権運動と軍人を近付けない為&取り締まる側の道具だからだってのは通説。じょーーーしきですよ。

928 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 17:22:10 ID:3+ITBk59
>>924

だから、誤読してるのはあなたの方ですってww
自由民権運動が起こらなかったら、政治の不関与の記述は存在しなかったって言ってるじゃないですか。 もうワケわかんなくw
認めてくださいよ。

929 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/13(金) 17:27:03 ID:???
>>925
もういいですよ、具体的に何も書かないんでは、話にならない。

>>927
変わっていませんよ。(とエルメス風に・・・)
で、その通説のソースお願いできますか?
日本語的に意味がよく解らないんでで、貴方に解説していただくより、ソースを上げていた
だいたほうが、マトモな日本語になっているようですので・・・。

しかし誤読や拡大解釈を謝罪もせずに引っ張りますねぇ。誰が制度としてあったなどと
書いています?書いてあることそれ以上でも、以下でもないんですけど・・・。w

930 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/13(金) 17:28:54 ID:jP826ecS
>>927 軍人が政治に関心を持ったりするとクーデターとか起こしたりするから
政治には不関与で有るべきなんだよ、君の常識は君の常識でしかなく、漏れのや他人のとは違うだろ?

931 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/13(金) 17:29:48 ID:???
>>928
だから、何処をどう誤読していると言っているのですか?
貴方の言っていることはサッパリ解りません。具体的にレス番号を示して
引用して、何処が誤読なのか、示しましょうよ。
誤読と言うには、そういう提示が必要でしょ?

フェアにやりましょうよ、ネ、お願いだから・・・。

932 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 17:36:38 ID:???
しかし軍人勅語と文民統制の意味が同じだというのは凄いね。
いいかげん文民統制の正しい意味を理解してはいかがですか?
前提が間違って認識してるから、そこから抜け出せない訳です。


933 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/13(金) 17:48:52 ID:???
>>982
誰がそんなことを言っているのですか?誤読と言うより、悪意ある捏造ですね。w

>>928君などは、こういう議論態度をどう思うんだね。書いてみてくれないか?


934 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 17:57:29 ID:3+ITBk59
>れ.さん
軍人勅諭の政治不干渉は、自由民権運動の高揚から軍人を近付けないようにする意図から書かれたってのは常識、定説。なのに、まだ意地を張って捏造だなんて。。あなたが主張しとる文民統制ってのはあなたの持論でしょう?
正直かなわん。。
誰かかわって下さいw


935 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/13(金) 18:08:34 ID:???
>>934
だから、ソース出しましょうよ。ね・・・定説ならソース有るでしょ?出せばすむ話なんだから
出しましょうよ・・・それが議論態度として公正でしょ?

出せばすむ話なのに、なぜ出さないの?軍人を自由民権運動に近づけないためにと言うのが
定説なの?そういう説があるという程度じゃなくて定説と言うからには、ソースがあるでしょうよ。
で、動機が政治運動に関わらせない・・・?はっきり言うとそれは「世論に惑わされず」じゃないの?
どうして参政権を与えなかったか・・・の説明になっていないんじゃないの?
軍人が大臣になれなかった時期が有ると言う説明もできないことだよね。

軍政を否定する動機が明治維新政府にあったということは同意できる?

で、>>934に言うわけじゃないが
アイも変わらず、質問に答えない、人のレスを悪意を持って曲解し捏造する、ミエミエだよね、
叩きたいだけで、議論するつもりが毛頭ない人なのは・・・。

こういう人が天皇制を批判していると言うことが、解れば、まぁ書いている意義もあるとい
うことだね。捏造と拡大解釈・・・昔の軍部そっくりの心情と手段だよ。

俺は、はっきり言って、こういうマインドが先の戦争につながったんだろうと思っているよ。
何か正しいことをしているつもりになって、捏造や偽造を正義の手段として肯定してしまう・・・。
それは戦前15年戦争当時の一部軍人にも、戦争を仕掛ける米国にも、連合赤軍にも、
政権奪取が目的化した野党にもいえることだが、>>932のような人も同じなんだろうなぁ。

誰も、正義の行為と信じて疑わず、その手段としての悪口を正当化してしまうことがある。
地獄への道は、善意が敷き詰められていると言うキリスト教?の言葉は真実なんだよね。

で、次レスガ必要な場合は、ここを消化してから存在意義スレとして俺は立てる。
過去スレがHTML化しているからそれを提示することは、意義があると思うからだ。

一応報告まで。

936 : ◆YMRpk4.bSI :2006/01/13(金) 18:14:13 ID:???
>>926
付け足しておくと
制度が変わっている以上、天皇は世襲制の王と同じ意味だと考えられるでしょう、
それならば天皇の伝統はどこの国にもありふれた宗教指導者の王ということになります。


937 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 18:17:52 ID:???
>軍政を否定する動機が明治維新政府にあったということは同意できる?
だからその事と文民統制の意味は違うと言ってる訳です。
軍政を指向する事、あるいは軍政に移行する事を望まない事と文民統制とは全く関係ありませんよ?
いい加減文民統制の意味を間違ってると認めればいいのにw
別にあなたが間違えたからといって非難はしませんよ。間違うことは誰にでもあることです。
問題なのはあなたが間違った理解をしたまま意地を張ってる事です。

>>934
>誰かかわって下さいw
お察しします。


938 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 18:28:06 ID:???
つまり明治憲法は軍政を否定しておきながらも
何も対策をしなかったということでいいですか?

939 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/13(金) 18:29:40 ID:???
>>937
だから何処が間違っているか指摘してくれればいいのよ。それはそれを望んでいる。
具体的にレス番号と発言を引用して、何処が間違っているか、指摘しようよ。

な、そういうことが重要なんだよ。俺は過ちを集成するに、何の拒否もしないよ。

ただな、貴方の勘違いや、貴方が間違っていると思っていることが間違っている可能性も
有るだろ?だから検証可能な議論のために俺はコテをつけているんだよ。

だからここが間違っていると指摘で気や憂いでしょ?なぜそれをしないで
間違っていると繰り返すの?

で、軍政の否定と言うのは、幕府下の否定と言う意味だがわかっている?幕府化否定
と言うのは文民統制と同じ考え方なんですよ。兵農分離の否定・・・わかる?

はっきり言うと、軍人勅諭自体に、自由民権運動から来る動揺を抑える意図がある。
自由民権運動に対抗して、忠義を前面に打ち出しているのが軍人勅諭ですよ。
そんなことは知っています。

940 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/13(金) 19:57:05 ID:???
ちょっと軍人勅諭のついて解説しておいてやるから、まぁ、何か有ったらレスすればよい。

徴兵令によって徴兵された平民出身の兵士に入れ替えられ、近代軍隊化していく中で、
西郷などのリスマ性を持った人物との心情的関係によっていることは、問題だった。
佐賀の乱・西南戦争などの反乱、自由民権運動、大久保利通暗殺事件、竹橋事件など、
、封建的主従関係や、民権論の浸透などがあり、忠誠の強化が必然であったわけだ。

我が国の当時の軍隊は、武家の組織を前提としたもので、つまり階級階層社会の中での上位に
対しての忠誠と言うロジック・・・つまり封建的主従関係が残っている。それを天皇という地位に
忠誠を集約する必然があった。軍政・幕府政治の否定である。
これが軍人勅語の動機と言って差し支えない。

で、それは正当至極のことである。軍人が自由民権運動に染まろうと、それをして勝手に軍隊が
自らの意志で動いてもらっては困るわけだ。自由勝手に動いてはいけない、軍隊は国家元首たる
天皇の命令に絶対服従であることを、必要とする。

941 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/13(金) 19:59:58 ID:???
つづき

問題は政治不関与の意図である。一つのポイントは「西周」が武士のイデオロギーを高く評価し
ている点である。もう一点は「勅諭稿」で、信義の項目にあったそれが、忠義の項目に移ったこと
である。軍人が政治に不関与であることは人としての信義ではなく、軍人としての忠義として
必要であると言うロジックに変遷している。

これは当然と言えば当然で、天皇への忠義を中心としなければ、幕府政治であり、
軍人は命令に忠実である必要から政治に介入しない・・・これは武家や会の主従関係を基本とした
軍隊制度において、幕府政治を否定するに最低限必要なことであり、命令に忠実な存在が、
政治に介入すれば勝手な行動をおこしかねないから・・・必要なロジックである。

さて、これが、各軍人が自由民権運動に染まることを怖れたロジックであろうか・・・。

現代の文民統制に関するロジックはどういうことか検討してみよう。
軍事に対し政治が優越するという民主主義国家の基本の一つであると言うことに異論は有るまい。
「軍隊からの安全」と「軍隊による安全」、戦争を軍人に任せるには重大すぎる、と戦争を政治家に
任せるには重大すぎると言う、バランスの上に文民統制は検討すべきことである。
いずれにしても軍隊は武力を持っているがゆえに危険な存在では有るが、ゆえに安全をもたらす
存在である。その中で、軍隊自身が、「自らの考えによって」安全を確保し、あるいはそのために
一定の制限を国民にかけ、また、外交の一部である戦争を決定してよいのかといえば、違うわけで
、国としての統治権の行使主体に忠誠を誓う一環として、政治に関われないとするのが
文民統制の基本であろう。

942 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2006/01/13(金) 22:29:42 ID:jG4MVnmb
>>887
洗濯板も日本に大昔からあったが、洗濯板が無くなったからって日本が滅んだか?
洗濯板が伝統か?洗濯板はのこさにゃならんかったか?

昔からあれば意味があるってのは、ちゃんちゃらおかしいぜ!

943 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2006/01/13(金) 22:30:53 ID:jG4MVnmb
また、れたんのクセが始まったみたいだ..私に至っては読んでもないけど。

944 :中田:2006/01/13(金) 22:39:11 ID:???
>>942 伝統でないとの45度答弁に対しての、伝統であるとの回答で
その判断は、>>890 で示したように、国民が判断する。君個人がどう判断するか、洗濯板くらいな代替品とみながら
代替案もしょぼいままなのは自由だが、まあ勝手に皇室解体の新体制まで実現するように進めればよろしい。無駄な事だろうがね

945 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2006/01/14(土) 00:06:50 ID:RXhOYJ9P
>>944
天皇制そのもが、代替品に何度も、何度も摩り替わって来た...おまい、日本史ぐらい
勉強しろよ、中学の教科書で十分だ。

946 :右や左の名無し様:2006/01/14(土) 00:09:51 ID:2fyls+cn
”れ”って能書きたれだが、実は
知識に致命的誤りが多い

947 :中田:2006/01/14(土) 00:13:12 ID:???
>>945 1,天皇制とはなんだね? 2,代替え品のリストアップは? 確認しないと君の異次元感覚にコメント不可

948 :右や左の名無し様:2006/01/14(土) 08:57:01 ID:???
れの場合、用語を平気で誤用するからな。
その言い訳のために長々と長文レスしてるだけ。
政治思想だから考え方やモノのとらえ方に違いがあるのはいいのだが、
用語の使い方が間違えてるから話しにならんのよ。


949 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/14(土) 09:06:53 ID:???
叩きたいだけの「れ依存症」が多いね。間違いがあればレス番号と発言を引用して
指摘する・・・あるいは自説を展開する・・・そういうことが出来ないと「依存症」から
脱却できないぞ・・・。w

「れ依存症」は、精神によくないからなぁ。w

950 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2006/01/14(土) 10:02:19 ID:RXhOYJ9P
>>947
異次元感覚はおまいだ、おまい。

951 :右や左の名無し様:2006/01/14(土) 10:11:26 ID:???
>>949
前から思うが、オマエは自意識過剰。

952 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :2006/01/14(土) 10:12:02 ID:qIirYe4/
至極簡単な幼稚園児でも分かる話だとおもうけどもよ。

戦乱の限りで民は今も呻吟右往左往している

かたや民は豊かでアホな国のアホな要求でもほぇーと聞くおおらかさ。

953 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :2006/01/14(土) 10:44:57 ID:qIirYe4/
どっちがよいかわからんやしはしな・ちょそか左翼

あほすぎてはなしにもならんわ

954 :右や左の名無し様:2006/01/15(日) 00:03:37 ID:???
積極的に必要とは思わんが、
消極的に絶対必要。

靖国と一緒。
サヨクに言われてやめるものではない。

955 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2006/01/15(日) 00:07:21 ID:QXJMSqMx
>>954
当事者である、皇太子の人格否定発言じゃ不足か?

956 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/15(日) 00:23:31 ID:br/gW8eW
>>951 ふ、依存症て志の低いのも多数居るいるんだけど、漏れも自意識過剰なの?
やっぱ乞食て何かに依存しないと生きてけないの?

957 :右や左の名無し様:2006/01/15(日) 00:28:15 ID:???
なくせば日本中荒れるんだろ。
そんな混乱望みません。

958 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2006/01/15(日) 00:32:54 ID:QXJMSqMx
>>957
郵政民営化の混乱以下で済むかもよ。

959 :右や左の名無し様:2006/01/15(日) 00:51:31 ID:???
歴史的な検証、省察をきちんと行った上で、
国民の総意に基づき、大量の手続きを踏んで、
それでもやめるなら、それも良かろう。

後世の為にその経緯は、歴史・公民の教科書にちゃんと書いてね。
数十年後に未だ日本があって、子孫達が、
「あなたたちの爺さん、婆さんが『民主主義的な』手続きに則り、
天皇制を廃止した結果、今の荒廃した世の中が生まれたのです」という、
別の反省、自虐観を産まないよう、気を付けてね。w

960 :右や左の名無し様:2006/01/15(日) 04:19:45 ID:tZd/1BHC
(・ω・)ノ{何で日本中荒れるぽ?

荒れるのは右翼や保守派だけじゃないぽ?

ぽにとっては、天皇なんていてもいなくてもどうでもいい…どっちかってと、右翼がうざいからいない方がいいかな

共産党や公明党は大喜びだろうけどね

961 :右や左の名無し様:2006/01/15(日) 05:24:20 ID:???
右翼が暴れるから、左翼も暴れるだろうな。
(左翼が暴れる中から、新たな右翼勢力も出るだろう)
天皇がバランス取ってんじゃないのか。w

962 :右や左の名無し様:2006/01/15(日) 08:13:51 ID:???
友よ、天皇陛下の御名のもと美しい日本国を築こうではないか。


           .,.v-ー''″ ミ,
         ,,/  ,,,,   ミ
       .,/   ,,|||||||,,  ミ.
       ,!′  ,,||||||||||||| .゙゙!;
      ノ   |||||||||||||||||  ゙`!;        日本人だけの特権!
      .\.,  "|||||||||||||"   ..ミ            世界の中心で天皇陛下万歳を叫ぶ!
        .\  "|||||||" ,.,v-r|i
         )   ""  ./ ′ .ミ,
         .)    .,r'′   ミ.
          .゙'ー‐'¨¨″     フ∧_∧
                    r(,,゚Д゚)
                     〉日本つ
                    ⊂、 ノ
                      し'

     天 皇 陛 下 万 歳 !

日出づる処の極東板より
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1135328170/

963 :右や左の名無し様:2006/01/15(日) 12:47:32 ID:gzfhrqnq
普通に要らない。人間は生まれながらに平等である。まあ、象徴
ということであれば容認してもいいかな

964 :右や左の名無し様:2006/01/15(日) 14:03:20 ID:m10MWcxJ
天皇なんてA級戦犯として死刑にすべきだったんだよ。
今でもあの一族が今でも特別待遇なんて許せん。
廃止までとは言わないが特別待遇するな、
皇居なんて贅沢だ自分働いてアパートでも借りろ。
借りれなければホームレスになれ。

965 :右や左の名無し様:2006/01/15(日) 14:20:50 ID:???
>>964
自分がアパート住まいだからって...
頑張ってビッグになれ。ここは自由主義国家だ。

966 :中田:2006/01/15(日) 17:37:12 ID:???
http://ameblo.jp/weblogconcent2/entry-10008032681.html
天皇は、生命的次元において信心に関わってきている。だから一千数百年存続したとすれば、いったいそれはどんな信仰心の支えとなったか。
天皇が神そのものではないが、というより、その神観念がアラーやキリストとは異なるのであって、カミとカタカナで書きたいようなものであって。

司祭や牧師や神父や神主と考えてよい側面はある。天孫降臨の神話もある。王権神授説もある。ローマ法王の例もある。

そのへんが八百万になっていて解けない。解けないが、何かそういう「信」を天皇的なるものは底支えしてきたように思える。

こういう側面を意識できず、天皇制の解体、女性・女系問題にデリケートであることのできない政府と諮問委員会一座とは、いったい何者なのか?

近代化の化け物、米国政府の傀儡であろう。



967 :右や左の名無し様:2006/01/15(日) 17:50:19 ID:kmiLH6kB
天皇陛下は現人神ではない。
日本神道の祭事を司る最高位である。
帝國政府に利用された天皇は、
現在でもその延長において誤解されている。

968 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2006/01/15(日) 18:34:28 ID:QXJMSqMx
>>961
純粋な左翼はほぼ壊滅しているし、右翼は暴対法ができてから金がなく衰退
している。

バランスを取る必要などない。

969 :右や左の名無し様:2006/01/15(日) 19:20:31 ID:???
天皇制がなくなって、元天皇を日本神道の最高位として祭り上げて宗教法人でも作ったらどうなるだろうな
保守派や嫌中韓の若者達がその勢いで神道に改宗しちゃったりして
で、いままで宗教と言うよりも日本古来の習慣としてぼんやりしていた神道がはっきりと保守的思想としての色を持ち始めて
一気に信者達が湧いて出てきて、国内で信者1千万人以上の宗教団体が出来上がっちゃったりして
で、それをウヨが巧いこと利用して、2chで媚中韓とか売国奴なんて言われそうな奴らや、層化みたいなカルト教団はどんどん駆逐されちゃったりして
もしそんなことになったら、それはそれで面白そうだな

970 :右や左の名無し様:2006/01/15(日) 20:22:16 ID:???
ねえねえ、今の天皇が死ぬ日って、6年後の自分の誕生日だってw
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1136110909/85

971 : ◆YMRpk4.bSI :2006/01/15(日) 23:10:46 ID:???
>>947
毎度のことながら横レスだが
1,日本における王である天皇の世襲などを決めている制度、
  歴史の中で移り変わってきている。 
2,上皇制の廃止、内閣や国会などによる天皇への解消の容認など。
>>964
>天皇なんてA級戦犯として死刑にすべきだったんだよ。
歴史をもう少し勉強しましょう
>廃止までとは言わないが特別待遇するな、
天皇が政治に関わり続けるなら、とりあえず国会議員並の待遇は必要。
>>966
だったら一宗教法人に成り下がって他の宗教と同じになれってこと

972 :右や左の名無し様:2006/01/15(日) 23:33:35 ID:1OGYzziv
君主国にしか存在価値が無いと思っている人がいるようですねw

973 :中田:2006/01/15(日) 23:47:52 ID:???
>>971 あなた自体の価値観を自スレで紹介していただけたら参考にしたいです。
とくにS-ram君のような、意見交換できないタイプではなさそうですし

>>972 というか国民の選択でしょう。個人個人がどのような価値観をもっても、さけんでもいいですが
個人の価値観と、国民の多数派の価値観だったり、惰性的流れは別物でありますからね

974 : ◆YMRpk4.bSI :2006/01/15(日) 23:50:51 ID:???
>>971
×解消
〇干渉

975 : ◆YMRpk4.bSI :2006/01/16(月) 00:17:18 ID:???
>>973
たぶん重複になる

誰か次スレキボン

976 :右や左の名無し様:2006/01/16(月) 03:04:43 ID:8gauHePS
天皇が好きな人は、よく自分自身の生い立ちを振り返り、
いつもいいわけばっかりしてきた自分を反省しなさい。
天皇なんて、いらないなーって思えてきたら、ちょっと
自分に自信が持ててきた証拠ですよ!

977 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/16(月) 03:11:05 ID:gsuJH/uF
>>976 チョンが要らない。

978 :月夜裏 野々香:2006/01/16(月) 04:31:08 ID:???
初めて書き込みます。
 天皇がいるということは、日本民族にとってプラスです。
 天皇がいなければ、総理大臣に権力と権威が集中してしまいます。
 歴史的にみてもそうです。日本の権力構造が絶対王政にならずに済んだのは天皇家が存続していたからです。
 特に好き嫌いでいっているわけではないです。
 権力構造が移り変わるときも天皇がいたおかげで、小競り合い程度で済んだと思います。

979 :右や左の名無し様:2006/01/16(月) 04:32:33 ID:???
>総理大臣に権力と権威が集中してしまいます。
しないよ、別に。


980 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :2006/01/16(月) 07:13:18 ID:Yaq1u776
イギリス(カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどの英連邦を含む)、ベルギー、
オランダ、スウェーデンなどなどブサヨの好きな国は全て王制の国。

必要ないかどうかはじっくり考えてみな。

981 :右や左の名無し様:2006/01/16(月) 18:37:18 ID:???

    ┏━━━ / |━━━━━┓
    ┗┳┳━ |_| ━━━┳┳┛
      ┃┃ /  ヽ     ┃┃
    ┏┻┻ |======| ━━┻┻┓
    ┗┳┳ ヽ__ ¶_ ノ ━━┳┳┛
      ┃┃ (/)     ┃┃
      ┃┃ (/)     ┃┃
    凸┃┃ (/)     ┃┃凸
    Ш┃┃ (/)     ┃┃Ш
    .|| ┃┃ (/)     ┃┃.||
  ∧_∧   (/) ∧_∧
  ( ・∀・)  (/)(´∀` ) 皇族が全員死にますように♪
  (つ  つミ (/)(⊃⊂ )
  |_|_|_I(/)_|_|_|__
  /////ノ,,,,,,ヽ ////|
////////////  |
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
|        奉  納        |

982 :中田:2006/01/16(月) 20:15:24 ID:???
>>980
しかもドイツや、おふらんすはじめ、ヨーロッパの国々は王室が無くても
貴族や名家由来の階級社会であり、フランスみたいに建前共和国だと、
貴族社会の存在と、大量移民の乖離から不満分子の暴走に繋がったわけで
見えない貴族なんかより、圧倒的な孤高の権威がある天皇と皇室の存在があったほうが
割り切りができるというもんですな、ちなみに大量移民反対ですがね

983 :S−RAM ◆nXT9l8d5qU :2006/01/16(月) 21:35:49 ID:tnK82PBb
>>982
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1134530975/

相手してやれ。

984 :右や左の名無し様:2006/01/16(月) 23:29:10 ID:UhgjGOnK
天皇も、天皇に敬称つかってるマスコミも、国旗振ってる沿道の市民も、みんな
ウンコなんだよ!愛子さまって何だよ!ただのガキだろ!マスコミも天皇家にはノータッチ
だよ。芸能人のパンチラは撮るのに皇族のパンチラ撮る勇気はないんだから。

 

985 :警告!:2006/01/16(月) 23:35:16 ID:5l5FC8B8
最近、在日朝鮮人が日本人のフリをして天皇批判、天皇廃止のスレをやたら増やしています。

在日団体の陰謀です。

惑わされないように注意しましょう。

986 :右や左の名無し様:2006/01/17(火) 03:27:17 ID:FvB4CKbJ
安心して。それは皆わかってる。日本人なら天皇批判なんかしないよ(^ω^)
反天皇の在日の相手してあげるなんてみんな優しいね。でもあいつらは絶対自分の意見が正しいって思って変えないからこれ以上言っても無駄だよ(´・ω・`)
だからあいつらを更正させるなんて無理だよ(´・ω・`)

987 :右や左の名無し様:2006/01/17(火) 04:43:53 ID:eNMoWc9h
朝鮮半島出身の天皇を批判しないなんて、将軍様の命令か?

988 :右や左の名無し様:2006/01/17(火) 17:55:46 ID:JPffBmfR
>>985
直接半島からアクセスしてるんだろ

989 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/17(火) 18:39:15 ID:EcEjpzWT
剣道や花見だけじゃなくて天皇までウラナリかよ?
ウリジナルて何か無いの?糞舐めとか罰ゲームみたいな猫車位か?
ったく此れだからチョンは。

990 : ◆YMRpk4.bSI :2006/01/17(火) 18:52:14 ID:???
>>980
政治制度が支持されているわけではなく、社会福祉が支持されているだけ。
>>982
どっちもイラネ
>>987
人権主義者がアフリカ好きというわけでもないだろ、出身地は別に関係ない。


991 :ひじき:2006/01/18(水) 09:42:58 ID:bIGqcGe9
日教組の集まりで、在日が『天皇制は恐ろしい!父は天皇を恨んで死んだ!」と泣き叫び会場全体がすすり泣き!
まるで在日は教祖のようだった!
特権階級でしょ、在日って。
これで天皇制なくしたら日本人は馬鹿だ!
【在日朝鮮人は悲劇の差別被害者を装った特権階級=z

・生活保護優遇
(一世帯あたり年600万円が無償で支給。在日朝鮮人64万人中46万人が無職。
なお仕事を持っていても給付対象から外されることはない)
・国民年金全額免除(“掛け金無し”で年金『受給』が可能)
・保険診療内の医療費は全額タダ(通院費も全額支給)
・都営交通無料乗車券給与。
・仮名口座可(脱税の温床)
・上下水道基本料金免除。
・JRの定期券割引。
・NHK全額免除。

・特別永住資格(外国籍のまま子々孫々とも日本に永住できる)
・公文書への通名使用可(在日隠蔽権獲得)
・公務員就職の一般職制限撤廃。
・永住資格所有者の優先帰化。
・公営住宅への優先入居権。
・外国籍のまま公務員就職。
・犯罪防止指紋捺印廃止。

・朝鮮学校、韓国学校の保護者への年間数十万円の補助金援助(所得に関係なく全額補助)
・大学センター試験へ韓国語の導入(朝鮮語受験者への異常な優遇)
・民族学校卒業者の無審査公私高校受験資格付与。
・競争率の低い帰国子女枠で有利に進学可能。
・朝鮮大学校卒業者の司法試験1次試験免除。
・民族学校卒業者の大検免除。

992 :右や左の名無し様:2006/01/18(水) 13:09:15 ID:/4JW3Ne0
(゜o゜;)ふざけんな!!勝手に日本国に住み着いてる寄生虫に何故そこまでしてやるんじゃ(゚Д゚)ゴルァ!!

993 :右や左の名無し様:2006/01/18(水) 13:53:46 ID:sxCbR9kw
そうですよ

994 :右や左の名無し様:2006/01/18(水) 14:15:50 ID:???
天皇制という言葉自体が日本共産党による造語なんだと
最近知りました

995 :糞ウヨ厨房 ◆EO.qomHMmU :2006/01/18(水) 22:20:00 ID:ievApdlZ
>>994
日本共産党というか、元来はコミンテルン用語でしょ。
戦後は共産党系にかかわらずひろく使用されている用語だが。

996 :右や左の名無し様:2006/01/18(水) 22:33:48 ID:???
寄生虫の在日を優遇することをやめれば何兆円も節税できるのと
一国二制度状態や、優遇階級在日という存在の不平等状態が終わらせるわけだ。
自由で平等でとか、無駄使いだの平和だの言う奴らが、この部分にだんまりなのはなぜなんだろう?

997 :ぱとりおっと:2006/01/18(水) 22:55:33 ID:qWxeOP5q
>>994 たしか日共24年テ−ゼで造られた言葉です。我々は絶対使いません。
今年は固定資産税を払わない朝総連事務所を追求し、地方財政を助け、法のもとの平等を訴えます^^

998 :右や左の名無し様:2006/01/19(木) 00:57:27 ID:???
>我々は絶対使いません。
我々って右翼団体か何か?


999 :右や左の名無し様:2006/01/19(木) 01:38:23 ID:W0AYtb0/
ajwe

1000 :大日本美桜塾 ◆HenXmdfsKc :2006/01/19(木) 01:53:16 ID:???
   ∧_∧
  ( ´・ω・`)
  | ⊃/(__
/ ̄└-(    /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 <⌒/ヽ-、___
∠<_/_____/

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

376 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)