2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

(´・ω・)エゴを丸出しにすれば戦争が減る(・ω・`)ヘー

1 :引用男:2005/09/23(金) 22:03:28 ID:???
(PHP研究所 - 戦争が嫌いな人のための戦争学 日下公人(著) より一部抜粋)
 実は、戦争を設計したほうがかえって戦争が減る。戦争設計の中心は自分の国の利益、国益である。国益を明らかにして戦争を設計することは、けっして悪いことではない。
各国がエゴイズムで戦争設計をするのは、世界平和のために非常にいいことである。
 もし、お互いの国がエゴを丸出しにすれば、相手の国益がハッキリする。相手の戦争設計が見えるわけで、次にどう出てくるか、全て読める。
そういうときは将棋の用語で言えば敵の攻撃を予測して守るので、お互いに「手を殺し合う」ようになる。
周辺国にも同じことが見えてくるので、周辺国もまた手を殺し合う。すると、かえって平和になるのである。
(中略)
 剣術の達人同士の試合は、二人が「いざ、いざ」と言って刀を取って向かい合うが、どちらからも仕掛けない。
(中略)そのうち片方に汗が出て、呼吸が乱れてきて、やがて太刀を投げ出して、「恐れ入りました。この勝負は私の負けです。遠く及ぶところではありません」ということで終わってしまう。
 これはお互いに手を殺し合っているのである。仕掛けるのが無理だから仕掛けない。
仕掛ければ切られるのが分かっているから、仕掛ける勇気がない。
然りとて向こうからも来ない。というのは、まさに侵さず侵されずである。
お互いに、血を流さずに勝負がつく。これは平和になったということでもある。
 戦後日本の平和主義者と称する人やマスコミは、「戦争を論じること自体、軍国主義に通じる道」と世論を誘導してきたが、
こういった人たちの考えはかえって戦争に巻き込まれやすく、危険な思想である。
第一次世界大戦は、まさにパシフィスト(平和主義者)がいたために起きた大戦だと言ってよいのである。それまでは、あのような全面戦争はなかった。
パシフィストがいなくて好戦的な君主がたくさんいたからである。

2 :引用男:2005/09/23(金) 22:04:57 ID:???
これ読んでなるほどな〜っと思いました。
2chでも理想主義的な平和論者はよく見かけますが、それは結局理想であり、国を護るために軍事力は必須なのです。
戦争は起こるものです。しかし少しでも減らすために軍備を増強し、↑にもあります「仕掛けるのが無理だから仕掛けない」
という状況を作らなければならないと思います。
また、このような状況を作れば、外交も上手くいくと思います。まぁ圧力の御蔭ではありますがw特亜が相手では仕方ないのです。
よく、軍備の増強、核の保持は「緊張を生み、テロが起こる原因となる」と言う方がいますが、そんな事を恐れて戦争設計を怠れば、
それこそテロ以上の被害を齎す原因となるのではないでしょうか。
ちなみに自分は天皇(←HN)サソの「武器の輸出を解禁し、日本の軍需産業の復活を計るべきである」という主張に激しく同意です。
それによってのメリットはいくつかありますが、特に 軍備の増強が容易になる、という点は日本に多大な国益を齎すかと思います。
皆さんはどう思われますか?

P.S. 日本語が下手ですが、自分は一応 歴とした日本人ですのでwそこんとこは見逃してくださいm(_ _)m

3 :昭和の代理 ◆zSR/6flQ0. :2005/09/23(金) 22:05:25 ID:???
>>1
同意します。
私や、本家の昭和の主張と、だいたい同じですね。

4 :軍事力だけでは、平和など来ないよ:2005/09/23(金) 23:00:28 ID:???
>>1
>(中略)
>剣術の達人同士の試合は、二人が「いざ、いざ」と言って刀を取って向かい合うが、どちらからも仕掛けない。
>(中略)そのうち片方に汗が出て、呼吸が乱れてきて、やがて太刀を投げ出して、「恐れ入りました。この勝負は私の負けです。遠く及ぶところではありません」ということで終わってしまう
はい、これは負けた方も、かなりの剣術家なんですね。自分の強さを自覚している。
相手がチンピラゴロツキなら、何も考えずに遠くから投石して、ナイフで無理矢理切りかかるものです。
ついでに、テロリストなんてのは、弱い事を知っているから、正面からかかってくる事は無いよ。

ところが、チンピラゴロツキが手を出せない状況もあるのだよ。
例えば、自分の金蔓とかですね。
多少喧嘩が弱くても、借金取りは何時の世でも強い物です。
軍事力だけで、平和が保たれると言うのは、まだまだ素人ですよ。
まぁ、何もしない平和主義者が、世界平和の役にも立たないのは事実なのだが。

5 :引用男:2005/09/23(金) 23:17:04 ID:???
>>3
ありがとうございますm(_ _)m

>>4
 自分も軍事力だけでは平和を手に入れることなどできないと思ってます。
自分が言いたいのは「平和のためには軍事力 も 必要である」という事です。

>まぁ、何もしない平和主義者が、世界平和の役にも立たないのは事実なのだが。
ご賛同してくださり ありがとうございますm(_ _)m

6 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2005/09/23(金) 23:17:32 ID:GG92UMWi
>>1
で、世界の歴史で戦争が無かった期間は、どれぐらいかネ?
人類の歴史は戦備増強→戦争→戦備増強→戦争→停戦→と、
繰り返しているだわさ。
ハテハテ?それはどうした事かネ?
キミが、引用してきたものを信じれば、
戦争なんて歴史上起こってない事になるだわさ。
不思議だネ。

7 :昭和の代理 ◆zSR/6flQ0. :2005/09/23(金) 23:21:50 ID:???
>>6
いままでの戦争の大半が、強い国が弱い国をいじめる戦争だったからですよ。
みんなが剣術の技をみがけば、>>1さんの言うとおりになりますよ。

8 :右や左の名無し様:2005/09/23(金) 23:22:13 ID:???
>>第一次世界大戦は、まさにパシフィスト(平和主義者)がいたために起きた大戦だと言ってよいのである。それまでは、あのような全面戦争はなかった。
パシフィストがいなくて好戦的な君主がたくさんいたからである。

詭弁だのう。第一次世界大戦は、それまで牧歌的だったのが
「近代兵器」を投入することで、圧倒的な力を得ることになったが、
同時にひかくにならないコストがかかるようになった結果、
総力戦の全面戦争になったのだよ。

つーか日下は中学生なみのバカか。


9 :右や左の名無し様:2005/09/23(金) 23:29:38 ID:???
>>1
たしかに、大国同士の直接戦争は二次大戦から消え去り経済と国家運営の差で米ソの勝負は着いたな。
米は我が世の春を築いたが、今度は中国がそのバランスを崩すかもしれない。

何にせよ、日本がその無防備さのために隙を作り、大規模戦争の口火となってしまうような
愚かなことは避けるべきだな。

10 :右や左の名無し様:2005/09/23(金) 23:30:57 ID:???
大日本帝国海軍もその「バランス」とやらで「軍縮」させられ、
暴発したっけw

11 :引用男:2005/09/23(金) 23:36:36 ID:???
>>6
戦争は必然的に起こる物だと思いますが、戦争設計をする事で
しないよりは抑止される物だとも思います。
>>7さんフォローありがとうございましたw

>>8
まぁ>>8さんのおっしゃるように理由が 平和主義者がいた、という事のみでは
ないかと思いますが、少なくとも自称平和主義者によって平和は訪れないものと思っております。

>>9 ありがとうございますm(_ _)m

>>10 著しく軍備を増強すれば軍縮させられる可能性もあるかと思いますが、
日本は戦争を仕掛けられない事に一応なっておりますし、
過度の軍備の増強は必要ありませんのでその心配はないかと思われます。

12 :右や左の名無し様:2005/09/23(金) 23:41:38 ID:???
>>11 日下が、第一次世界大戦が、それまでの戦争とはちがう
近代戦−国家財政と国家がもつ技術力を最大限動員して近代兵器
を大量導入する戦争−という、きわめて当たり前の事実を、
意図的に無視し、単にパシフィストだけの責任に帰するという
誘導をやっているのがわからないのかのう。
 あんたのいう「過度の軍備の増強」を抑止しているのは
具体的にはなんなのさ。まさか、憲法九条というのではないだろうな。

13 :さすがはPHP:2005/09/23(金) 23:46:02 ID:???
 第一次世界大戦が全面戦争化したのは、パシフィストの責任でも
なければ「好戦的君主不在」でもない。ただ、単純に、軍事バランス
が崩れたからである。そしてその軍事バランスを崩したのが、
「機関銃」「戦車」「戦闘機」「潜水艦」
という近代兵器の発明開発だった。各国が国力を総動員して兵器を
開発したのは、このバランスを崩して一挙に優位に立とうとしたから
だ。パシフィストがバランスを崩しただと?あほか。バランスを崩す
要因は兵器開発だろう?日下は「MAD戦略」を知らないわけがない。
そこでの核戦力均衡要因はなんだ、いってみろ、日下。
 し ら な い と は い わ せ な い ぞ w



14 :さすがはPHP:2005/09/23(金) 23:49:39 ID:???
 日下は相互確証破壊による核戦力均衡をいっているんだよ。
冷戦とはそういうものだった。

 相互確証破壊のために何を削減したかね?米ソは。

 ほら、日下。いってみろ。



15 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2005/09/23(金) 23:54:23 ID:GG92UMWi
>>7
今と何処がどう違うのかネ?
剣術磨けばって、>>1の引用は浅はか過ぎて突っ込み気にもならんかっただわさ。
だって、比較する事がアホらしいネ。
当事者同士ならそれは有りうるが、戦争指導者って兵隊をコマとして見るから
捨て駒感覚で、兵力を探り、兵力を削りって行くのネ。
最終的に自分たちが生き残る為に、兵隊盾にするだわさ。
当事者は傷付かないから、無意味な例えネ。

16 :昭和の代理 ◆zSR/6flQ0. :2005/09/24(土) 00:00:22 ID:???
剣術ってのは核武装の比喩ですよ。
そんなことも、いちいち解説しなきゃならないんですか

17 :PHPの正体:2005/09/24(土) 00:01:08 ID:???
 糞ウヨは「パシフィスト批判」で「ヘー」とおもって飛びつく。
しかし、第一次世界大戦あたりの世界史を常識的に知っている人間は
その詭弁と誘導がすぐに見抜ける。

 日下は「相互確証破壊」のために米ソが相互に核兵器を圧倒的に
もって、かつ、効果的迎撃手段を奪うように取り決め−表向きは
「核軍縮」−をやったことを知らないわけがない。「剣の達人」
が、「受身」「技の開発」を放棄しあうことで、冷戦下のバランス
を保とうとしたことを知らないわけがない。そしてパシフィスト
という言葉を用い、彼らに原因があった、と「糞ウヨ」に受け入れ
られやすい「偽の結論」を与えて、満足させようとしている。

18 :引用男:2005/09/24(土) 00:01:38 ID:???
>>12
なるほど、つまり貴方は軍備を増強しだしたら
歯止めが効かなくなるかもしれない、という事を危惧しておられるのですか?

自分には必要以上の軍備増強はメリットが見出せません。
どこの国を占領しようとも日本の国益にはなりませんので。

>>13-14 和紙は日下じゃないとです(´・ω:;.:...

19 :PHPの正体:2005/09/24(土) 00:02:48 ID:???
>>16 おまえは、その「核による均衡」の具体的中身を
なにもしらないでほざいているだけ。バカ。



20 :右や左の名無し様:2005/09/24(土) 00:06:22 ID:???


>>18 も前さんを攻撃してもはじまるまい。

日下のあまりにずさんな誘導と、それにひっかかる現場をみて、
日下に怒りを感じただけだ。嘘を書いているからな。奴は。

それはともかく、
「最大限の歯止め」はあきらかに「9条」だし、その歯止めを
なくせといっているのが、改憲派だから、説得力はないよ。

当然日下も改憲派

21 :右や左の名無し様:2005/09/24(土) 00:09:58 ID:???
>>20
九条は防衛の歯止めにもなりえないか?
侵略を受けた時に「九条を正しく解釈したら軍事力保持は違憲」と言って、
国内で反自衛隊運動を展開しようとする団体が出現するかもしれんよ。

22 :昭和の代理 ◆zSR/6flQ0. :2005/09/24(土) 00:12:12 ID:???
土木用の爆薬という建前で核爆弾をもつ分には、憲法違反に
なりませんね。

23 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2005/09/24(土) 00:12:40 ID:4Ryt5e+X
>>16
質問には答えてくれないのかネ?

>剣術ってのは核武装の比喩ですよ。
だから、無意味だって言ってるだわさ。
小型核兵器作っているのは何故かネ?
より易くする為で、決して威嚇牽制する為でないのだわさ。
そんな事実も知らないのかネ?
人は「力」を求めれば、より大きな「力」をさらに求めるものネ。
アメリカの銃社会を見なさい、もう銃が手放せなくて
より強力な銃が、平気で売られているのネ。

24 :右や左の名無し様:2005/09/24(土) 00:15:06 ID:???
昔、実際にソ連で農業用の人造湖を核爆発で作る計画があったラシィ

25 :昭和の代理 ◆zSR/6flQ0. :2005/09/24(土) 00:17:21 ID:???
>>23
私も、元祖の昭和も、抑止力としての核の必要性を
主張しているだけで、アメリカやロシアほど沢山の
核をもつことを主張しているものではありません。

疑問をもつのは勝手ですが、人は・・・・・・というものだ
というような人間観についてここで議論しても、きり
がありませんね。

26 :右や左の名無し様:2005/09/24(土) 00:17:57 ID:???
結局、第一次世界大戦、第二次世界大戦、冷戦、とも、均衡が
崩れる要因は「兵器開発」だった。近代戦では、新兵器が開発
されると、一挙にそれまでの兵器が旧式化して、圧倒的な戦力
差ができる。

こういう状況を正しく認識したとき、「バランス」をとるためには
根本的に何が必要か教えてくれw

@ だから致命的かつ圧倒的兵器を互いに持ち続けるよう
 努力しつづけましょう
A お互い軍備を競い合うのはやめましょう

さて、日下さんはどちらをいっているのでしょうか?w


27 :昭和の代理 ◆zSR/6flQ0. :2005/09/24(土) 00:19:02 ID:???
>>24
私が言っているのは建前で、ほんとうに爆発させようというのではありません

28 :右や左の名無し様:2005/09/24(土) 00:21:53 ID:???
>>24
もしそれを実行したら、制御をミスったICBMがアメリカに飛んだかもしれんな。
何せ実験のために原発一つを暴走させた国だ。

29 :右や左の名無し様:2005/09/24(土) 00:24:12 ID:???
>>26
通常戦力を普通の国並に整備して、運用することも@の条件に当てはまり
それを実行しようとしたら、敵国から即核兵器が打ち込まれてしまうのでしょうか?

30 :右や左の名無し様:2005/09/24(土) 00:27:10 ID:???
>>28
実行しました。
>>25>>27
爆発しない核弾頭は、保有した事になりません。
また、沢山保有しないと、力の「均衡」には成らないのだが。

31 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2005/09/24(土) 00:27:14 ID:4Ryt5e+X
>>25
>いままでの戦争の大半が、強い国が弱い国をいじめる戦争だったからですよ。
これに対して、僕は今と何処がどう違うのネ?と、質問したけど
キミは全然答えてくれないのかネ?

人間観?心理学だと僕は思うがそんなことはどうでも良いけど、
戦争って誰が起こすのか判ってるかネ?
人が起こすものなのだわさ。
ならそれに、因果関係が少しでも?あるものを書くのは当たり前ネ。
キミの思う戦争は、勝手に起こるのかネ?

32 :引用男:2005/09/24(土) 00:39:01 ID:???
>>31
>今と何処がどう違うのネ?
今も変わらない事だと思います。
ですから 戦争設計をして 戦争に備えなければならないのでは?
と思うのです。
それが不可能な国は戦争に巻き込まれてしまうと思うのです。

33 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2005/09/24(土) 00:58:08 ID:4Ryt5e+X
>>32
>>6にループするが良いネ。
結局、最終的に戦争になるわけだわさ。


34 :引用男:2005/09/24(土) 01:04:36 ID:???
>>33
結局戦争になるというのが正しいのならば
軍事力があろうとなかろうと同じ、いやむしろ
軍備の増強の際軍需産業が潤う事のきっかけとなりますので
(輸出解禁前提)
戦争設計はして損はないかと思います。

35 :右や左の名無し様:2005/09/24(土) 01:16:35 ID:???
>>34
武器輸出を解禁しても、軍需産業は儲からないよ。
何せ、日本は人件費が高い物でして。
また、工作機械への投資も渋っておりまして。
その上、日本製武器を信用してくれる所が無いもので。
さらに、日本製武器を買ってくれる所も無いもので。

36 :右や左の名無し様:2005/09/24(土) 01:21:20 ID:???
>>35
中国みたいに地雷やAK47を大量に作っても売れないだろうな。

37 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2005/09/24(土) 01:24:26 ID:4Ryt5e+X
>>34
ん?それはキミが引用した人の通りにすると、そうなると言っているのだわさ。
勘違いしないでネ。
では、軍隊廃止した1948年以降コスタリカが侵略や併合されてないのは
何故なのかネ?
まあ、僕は自衛計画まで放棄する事は無いと思うがネ。
今の日本の軍備で、十分だわさ。
どこぞの誰かみたいに、キミは核が有れば平和なんて
言う事無いと思うけど言わないでネ。

38 :右や左の名無し様:2005/09/24(土) 01:33:05 ID:???
>>37
技術は日々進化しているし、国際情勢もまた同様。
今のままの自衛隊でいい、などとはとても思えないよ。

39 :引用男:2005/09/24(土) 01:38:33 ID:???
>>35
日本の武器の精度を舐めたらいけませんぞ(゚ー゚)

>>37
コスタリカなど侵略も併合もする価値が無いのです。

40 :キャッチ22 ◆kSz0.H0MK6 :2005/09/24(土) 02:20:14 ID:P0LVwiLR
60年間戦争したことの無い国の独自開発する
「武器としての技術」は疑問。

F-2はアメに強姦されたとか言ってるけど
日本独自で開発してたら使い物にならんかったとか。

武器は実戦して
ノウハウを柔軟に生かして、なんぼの世界。

戦に敗れてなお、戦車やライフルを造る
ドイツ・イタリアを例に見ても
白人共の造る武器には歴史と伝統と考え方が違うような。
車や家電を作るようにはいかんだろな。

41 :右や左の名無し様:2005/09/24(土) 02:45:18 ID:???
>>37
中南米は超大国の裏庭、日本のおかれた地理的環境とは全く別物では?

日本製兵器については訓練機かなにかで引き合いがあったが断わざるを
得なかった、っつー防衛産業の悔しげな話があったな。
ちなみに武器輸出は、国防上の機密(性能スペック)が漏れるリスクも
高く諸刃の刃。スウェーデンなんか国産兵器でなんとかがんばってたが…
極端な貿易収支トライアングル図を描くと
日本;産油国から石油輸入、アメリカに機械製品輸出
米国;日本から民生機械輸入、産油国に武器輸出
産油国;米国から武器輸入、日本へ石油輸出
なんて構造だから、政治的にも日本製武器輸出はメリット無しと思われ

42 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2005/09/24(土) 03:29:14 ID:4Ryt5e+X
>>38
軍事費世界3位で不満かネ?

>>39
何だネ?その開き直りの答えかネ?
キミの引用の法則とは違う結果は、お気に召さないかネ。

>>41
地域情勢はキミの指摘通り違うが、

参考までに
ttp://www.jca.apc.org/costarica/cosinfo.html#rekisi(h抜き)
(コスタリカ共和国の歴史)

実際、日本より激しい環境ネ。
でも、「永世・非武装・積極的」中立を1983年に宣言してからは、
侵攻すら受けてないだわさ。

43 :引用男:2005/09/24(土) 03:49:20 ID:???
   ∩___∩         |
   | ノ\     ヽ        |
  /  ●゛  ● |       >>42
  | ∪  ( _●_) ミ     >お気に召さないかネ。
 彡、   |∪|   |        J
/     ∩ノ ⊃  ヽ
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

44 :キャッチ22 ◆kSz0.H0MK6 :2005/09/24(土) 03:53:13 ID:P0LVwiLR
>>42
コスタリカは親米反共。米州相互援助条約(軍事)。
米軍庇護下で隊員訓練も米軍&イスラエル。
警察はロケット砲装備。8000人の国境警備隊。
人口比では日本と同等。非常時の徴兵等。

オーストラリアとニュージーランドの空軍みたいなもんか?

軍隊ないっつっても、庭先で親米路線の弱小国を侵略しようなんて
誰も思わんな。トラップそのもの。
イスラエルに訓練仕込まれた日にゃ、日本より恐ろすぃ((;゚Д゚)ガクブル

45 :右や左の名無し様:2005/09/24(土) 03:54:56 ID:YiyXWWI+
>>1
日本は中途半端に軍事力を持っているわけだよね。

あんたは、日本も核兵器を持つべきだと思うの?

46 :引用男:2005/09/24(土) 04:00:26 ID:???
>>45
すぐには持てないでしょうが、
持てるチャンスが来たら即持つべきだと思っています。
例えば南チョソが核持った時とか。

47 :右や左の名無し様:2005/09/24(土) 04:26:00 ID:YiyXWWI+
核兵器って、冷戦中と後では、少し役割が違ってるんじゃない?
今核兵器は、持ってる国でも、少し厄介者になりつつあるんじゃないだろうか?
実際には使う事の出来ない兵器に、多額のお金が必要なわけだし。


48 :昭和の代理 ◆zSR/6flQ0. :2005/09/24(土) 07:31:46 ID:???
>>47
平和のための投資だと思えば安いものです。
自衛隊も大幅に縮小できます。

49 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2005/09/24(土) 13:32:11 ID:HbUnLvCe
>>44
日本と状況が良く似ているネ。
大陸との陸路が無いだけ日本の方が、マシな環境だわさ。
って事は、日本も然程に軍隊は必要ないと思えるネ。
ま、今のままで十分だわさ。

50 :キャッチ22 ◆kSz0.H0MK6 :2005/09/24(土) 14:36:17 ID:P0LVwiLR
>>49
軍事費名目の予算計上は「確かに」ないけど、中米大陸7ヶ国中3位の防衛費よ。
隣国ニカラグアの3倍の予算。
軍を失くしたのは、政情不安が常の中南米の軍事クーデターを恐れた産物で。

米国のパナマ侵攻時の米軍の訓練基地を受け入れて、
米国によるノリエガ政権打倒に協力しとるがな(´・ω・`)

ニカラグア内戦時にゃ、サンディニスタ政権打倒の
反共反政府ゲリラ・コントラの兵站・攻撃基地をアメに提供して
内戦終結後は隣国政権を崩壊させとるし。

台湾と国交を持ち、中共・キューバとの国交無し。首都にはCIA支局。

非武装中立なぞ、国際社会から誰も認めていないのが本当のところで、
>コスタリカは軍隊が無いので他国から侵略・侵攻されない
というのは、日本のサヨクが好んで持ち出すだけよん。

51 :キャッチ22 ◆kSz0.H0MK6 :2005/09/24(土) 14:42:25 ID:P0LVwiLR
>>49
まー、似てると言われれば、似てるかも。
アメリカ頼みな所が。

軍隊は持って無いけど
自衛部隊は持ってますよ、
みたいな言葉遊びが両国とも好きみたい。

52 :右や左の名無し様:2005/09/24(土) 14:58:06 ID:YiyXWWI+
日本は、武器を持つより、「防具」の開発に力を注ぐべきなんじゃない?

「核の均衡でしか世界の秩序は守れない」では、人類は安心して暮らせないよ。

53 :右や左の名無し様:2005/09/24(土) 18:47:21 ID:dA/gNJTi
ちんこ丸出しにすれば戦争が減る

54 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2005/09/24(土) 19:04:46 ID:dKwzNjhW
>>50-51
>というのは、日本のサヨクが好んで持ち出すだけよん。
戦争が無いのは事実だから、それで十分ネ。
ただ、何が何でも軍拡だが好きな人達には認めたくない事例の一つとして
出してるだけだわさ。

コスタリカって状況も日本と似ていて、平和保てるから良いと思えるのネ。
核にも反対みたいだし、立場も似ているだわさ。

自衛部隊なら、言葉遊びで色々非難もかわせて好都合だわさ。
軍とすれば、日本はアジア諸国から「またか」と警戒されるけどネ。
軍は結局「攻め」主体で、自衛隊は「あくまで国防」主体と
認識している人が結構多いと思うけどだわさ。

日本も徴兵制とかしだしたら、そのうち軍事クーデター起こって
「こんなはずでは無かったのに」って政治家嘆きそうネ。
そんな事は、核だ軍拡だと言っている人は心配しないようだけどネ。

55 :昭和の代理 ◆zSR/6flQ0. :2005/09/24(土) 19:06:31 ID:???
>>54
> そんな事は、核だ軍拡だと言っている人は心配しないようだけどネ。

もちろん、そんな心配はご無用です。

56 :昭和の代理 ◆zSR/6flQ0. :2005/09/24(土) 19:48:26 ID:???
>>54氏は、いまどき「軍事クーデター」なんてものが、そんなに簡単に
起こせると思っているのでしょうかね?

57 :引用男:2005/09/24(土) 21:13:48 ID:???
>>54
>軍とすれば、日本はアジア諸国から「またか」と警戒されるけどネ。
               ↑アジア諸国=特亜。
特亜…反日政策をしていないとまとまらない哀れな国。
日本が特亜に侵略しても国益がないと分かっていながら
    日本を困らせるために喚くと予測される。

ちなみに自分が 改憲→戦争設計 をする事を望むのは
もちろん>>2で述べたような事も含みますが
それに加えて 今の政府の弱腰外交が多少なりとも 改善されると思うからです。

また、竹島や北方領土などの他国に不法占拠されている領土を
対話とそれこそ「圧力」によって取り返す事も現実的になってくると思います。

何にせよ多くの面において 戦争設計をする事は国益があるのです。

58 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2005/09/24(土) 21:14:34 ID:BrJSpdWR
>>55-56
ハイハイ、キミの核さえ持てば平和になれるよりは、マシね。
アメリカが今、核もって平和であるかどうか答えれるかネ?

59 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2005/09/24(土) 21:29:17 ID:BrJSpdWR
>>57
特亜は何処を示しているのかネ?
大東亜圏の覇権制覇と言って、大陸に侵攻したのは確か日本だったわさ。

キミは>>6の事に対して今まで僕が言った事を踏まえて、
回答してくれないかネ?

どうやらキミは、ただ単に戦争したいようだネ。

60 :引用男:2005/09/24(土) 21:43:03 ID:???
>>59
特亜とは支那と北・南チョソの事です。
昔と今では状況が違いますから、
日本が特亜に攻め込むメリットなどないと
彼らも本当は分かっているはずです。

>回答してくれないかネ?
え(・▽・;)...>>11で答えたつもりだったのですが…

戦争は必然的に起こる物だと思いますが、戦争設計をする事で
しないよりは抑止される物だとも思います。

に加えて、昭和の代理サソの>>7 です。

…以前はそんなこと思ってなかったのですが、
>どうやらキミは、ただ単に戦争したいようだネ。
というような発言からして、ネ申サソが釣り師に思えてきました(´;ω;`)

61 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2005/09/24(土) 22:05:55 ID:BrJSpdWR
>>60
特亜ってやっぱりそれなのネ。
メリットはキミやキミが頼りにする昭和2くんが軍需だって
言っているだわさ。

え?>>11のあれ回答かネ?
昭和2くんって、たいしたフォローでもなかったし、それに続くキミの>>32
矛盾した回答で今に至っているのだわさ。

「ただ単に戦争したいようだネ」見て、釣りと思うのかネ?
キッチリ全部に反応してるだわさ。
それに「戦争したい」はキミの本心でないかネ?
ついでに言えば、「次は勝つのだ」も本心かネ?

62 :引用男:2005/09/24(土) 22:28:09 ID:???
>>61
戦争設計をする過程でのメリットはあります。
しかし侵略戦争はメリットどころか
世界中から叩かれ、各国との関係を悪くする原因になります。

 それとネ申サソは矛盾している、とおっしゃっておりますが、
どこが矛盾しているのでしょうか?
>>1で引用した文が全て正しいとは自分は言っておりません。
 平和主義者の存在のみが 戦争の原因でないと思いますし、
軍事力のみで 国、国民が護れるとも思いません。
 ただ、戦争を想定して、それに備える事は必要な事だと思うのです。
 つまり、戦争設計は戦争を多少は抑止できるが、それでも戦争は起こるもの、
しかし だからこそ それに備える必要があると思うのです。

>それに「戦争したい」はキミの本心でないかネ?
>ついでに言えば、「次は勝つのだ」も本心かネ?
 …自分の正直な気持ちは、おっしゃるとおりです。
もう一度戦争をし、特亜に勝利し、日本国民の誇り、大和魂を取り戻したい。
心中はそうです。しかし、国益を考えれば、上記のように−面の方が多いことは事実です。
ですので冷静になって考えると 侵略戦争は 日本の国益を考えればするべきでない、と思っております。

63 :右や左の名無し様:2005/09/24(土) 22:38:24 ID:???
誇りか…
そんな物は受験の時に捨てたよ。

64 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2005/09/25(日) 00:30:29 ID:YkdSj4Zl
>>62
戦争とは相手がいて始めて出来る事ネ。
戦争設計とは、その相手国を想定して戦う準備を整える事だわさ。
ようは、戦争をする為の準備段階で次は戦争を実行するのネ。

戦争への歴史は、ほぼこれに沿って行われているのだわさ。
それを理解してない人の引用をして、戦争計画するべきだが矛盾だと言う事ネ。
さらに言えば、いずれ戦争が起こるから戦争計画するのだとは、
このスレタイと矛盾していると言えるだわさ。

エゴ(エゴイズム)とは
1 利己的な人。利己主義者。
2 エゴイズムを信奉する人。唯我論者。自我主義者。
って事ネ。
これを丸出しにして国家間は信頼できる関係が、成り立たないだわさ。

ちなみに中国が軍備増強したら(実際してるが)、これをキミは戦争を起こさせない為の
行動だと言い切れるかネ?

冷静になって考えると、侵略戦争は日本の国益を考えればするべきでないと言うが、
なら国益になるならすると言う事かネ?
先の大戦の反省からするべきではないと言う気持ちは無いのは、キミの心中から
推測でき、それは選民思想だわさ。
それでは北朝鮮の考えと同じで、彼らが核持つ事も批判は出来ないと言う事ネ。

戦争とは人的資源の損失、天然資源の無駄使いで
メリットと言うべき科学の進歩も、より強力な兵器を作る為の布石だわさ。

65 :引用男:2005/09/25(日) 05:05:53 ID:???
>>64
>ようは、戦争をする為の準備段階で次は戦争を実行するのネ。
 では戦争設計をしていない状態で
戦争が起こったら(相手から仕掛けられたら)どう対応するのでしょうか。
 また、きちんと戦争設計をしておけば >>2で言ったように
「仕掛けるのが無理だから仕掛けない」
という状況ができるので、敵国がどうしても戦争をしないといけなくなった場合を除いて、
戦争を仕掛けられる事はなくなると思うのです。

>これを丸出しにして国家間は信頼できる関係が、成り立たないだわさ。
 特亜は例外です。
この国々に妥協というものは禁物です。
 そもそも今までの日本(戦後の日本)はお人好し過ぎたのです。
もうそんな事ではやっていけないのです。
特亜に遠慮する必要など全くありません。

66 :引用男:2005/09/25(日) 05:07:15 ID:???
>>65の続き

>中国が軍備増強したら(実際してるが)、これをキミは戦争を起こさせない為の行動だと言い切れるかネ?
言い切れません。しかし、理由がなんであれ、それは支那の勝手です。
 同じように、日本も国益のため、戦争を予防するため、万が一戦争が起こっても
国を護れる力をつけるために、軍事力の増強を行っても良いはずです。

>先の大戦の反省からするべきではないと言う気持ちは無いのは、
 大東和戦争は日本が生き残るためには仕方なかったと思います。
でなけりゃ今頃日本はロシアです。
生き残るための戦争は 止むを得ないと思います。

>選民思想だわさ。
 ( ̄△ ̄;)エッ・・? 選民思想というのは他国にも自国の考えとかを強制させる、
みたいなやつですか?そんな事ちっとも思ったことないです!
民族性が違うので無理ですw

>それでは北朝鮮の考えと同じで、彼らが核持つ事も批判は出来ないと言う事ネ。
 そもそも核の保持はルール違反ですから 批判はできます。
しかし北チョソの気持ち(?)も分かります。。。(._.?) ン?
 ん〜世界、特に特亜は日本の軍拡を許さんでしょうね〜…
まぁ仕方ないですねw無視するしかないすね。

67 :市民派護憲教師:2005/09/25(日) 05:15:43 ID:zt091dxm
日本は余り領土とか主権とかに拘らない方が良いと思う。
領土や主権に拘るから、戦争が起きるのだし、平和を守る為に
領土を明渡すことも戦略であると思う。
平和憲法を守り、市民を守り、永遠に戦争の無い日本に成ることが問われている。



68 :引用男:2005/09/25(日) 05:43:51 ID:???
                        |
                        |  
      ∩___∩              |  ぷらぷら
      | ノ  _,  ,_ ヽ        ((   |
     /  ●   ● |         (=)
     |    ( _●_)  ミ _ (⌒)  >>67 ))
    彡、   |∪|  ノ  
⊂⌒ヽ /    ヽノ  ヽ /⌒つ
  \ ヽ  /        ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ
もうそれ見たの4回目w
馬鹿にすんじゃね〜( ゚Д゚)!!

69 :右や左の名無し様:2005/09/25(日) 09:17:01 ID:uLqWt6mh
主権や主権にかかわらなくて国家といえんのかね?
将来、国家が消滅する、というぜんていのようだが、現状の国際社会ではあまりに楽天的。

ただ、必ずしも強力な軍隊が、主権や領土を守れるとは言えないだろう。
弱小国家、地域あるいは民族も、テロを含めた様々な抵抗手段がある。

ま、その意味で、軍隊は無用だが、主権の主張は市民レベルの抵抗で示したらよい。

70 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2005/09/25(日) 20:32:09 ID:YkdSj4Zl
>>65-66
>戦争が起こったら(相手から仕掛けられたら)どう対応するのでしょうか。
何の為の自衛隊だわさ。そして何の為の日米安保かネ?

>「仕掛けるのが無理だから仕掛けない」 〜中略〜
            戦争を仕掛けられる事はなくなると思うのです。
仕掛けるのが無理と言いながら、敵国が戦争しなくてはいけないとは
また矛盾な事で、さらに日本が仕掛ける事がある危険性は無視かネ?
先の大戦は何処の国が仕掛けたのやらネ。

>特亜は例外です。〜中略〜遠慮する必要など全くありません。
あらあら、それ以外の国で妥協しっぱなしのアメリカがあるだわさ。
まあ、気持ちは判らなくないが、向うも日本に同じ気持ちでいる事を知りなさいネ。

戦争を反省すると言いつつ、軍拡を進めれば
「何だこの国は?全く反省すらしてない」って意見が出ると思わないのかネ。
現実に戦争反省しますと言ってすぐに
戦争賛美しA戦犯祀っている靖国に参いったら、ものの見事に非難されただわさ。
そしてキミのような考えが、後々戦争を起こす原因の一端、「選民思想」となるわけネ。

>言い切れません。〜中略〜軍事力の増強を行っても良いはずです。
そして、相互不信で戦争突入ネ。
そんな実例幾らでも、歴史上あるだわさ。
一番判りやすいパターンで、アメリカとイラクを挙げれば判るのでないのかネ?
キミの言う戦力増強で、牽制したけど結局戦争なってるだわさ。

>大東和戦争は日本が生き残るためには〜中略〜止むを得ないと思います。
では、生き残る為の止むを得ない状況を説明してネ。
所詮は、エゴ丸出しの戦争なんだからネ。
それと大東和戦争は間違いで、大東亜戦争で正式名は太平洋戦争ネ。

71 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2005/09/25(日) 20:33:54 ID:YkdSj4Zl
>>70の続き

>選民思想というのは他国にも〜中略〜民族性が違うので無理ですw
自分たちが選ばれた民族だと、思う事で他民族を導こうとする考えネ。

>そもそも核の保持はルール違反ですから〜中略〜無視するしかないすね。
キミは>>2
「よく、軍備の増強、核の保持は〜中略〜
    それこそテロ以上の被害を齎す原因となるのではないでしょうか」
って言っといて今度はルール違反だと、他国には言うのネ。
矛盾しっぱなしな事に、気付くだわさ。
日本の核保持も、許されない事なのだわさ。

さて、キミの言う通りに軍備増強してその仮想敵国はどうすると思うかネ。
また、向うも戦備増強していきそして、また日本も戦備増強してイタチゴッコだわさ。
一体いつ均衡を保つのだろうネ?一触即発状態に陥るだけだわさ。
そんな過ちに気付いたから、米ソは軍縮会議したし核削減にも同意したのでないのかネ?

72 :昭和の代理 ◆zSR/6flQ0. :2005/09/25(日) 21:16:07 ID:???
>>71
> 米ソは軍縮会議したし核削減にも同意したのでないのかネ?

核を廃棄する予定はないだわさ

73 :右や左の名無し様:2005/09/25(日) 21:25:16 ID:???
バカを丸出しにすれば戦争は減る

74 :バカを丸出し:2005/09/25(日) 22:32:10 ID:PxaEdUY2
名前:杉村太蔵26歳自民党新議員,当選2日後に寝転びながら最新BMWの購入映像放映

マスコミを総動員した巧妙極まりない詐術で
自公政府と民主党という「野党」を手に入れた。
小泉純一郎と前原誠司という殆どマンガのような男 をでっち上げたのだ。
2005年初秋
冗談としか思えない政治状況が現出した。
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/yuseimineika01.htm
http://homepage1.nifty.com/revolt/hinomaru.html


75 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2005/09/25(日) 23:13:52 ID:YkdSj4Zl
>>72
ちゃんと調べたのかネ?
それから言いなさいネ。
そして、何らかのそれに関する資料でも出す事だわさ。
キミのカキコの信用性を上げる為にもネ。

参考までに
ttp://home.hiroshima-u.ac.jp/heiwa/JNL/26/yamada.pdf(h抜き)
(米露間戦略核削減と「備蓄」問題)

まだ、有るけどいるならカキコしてネ。

76 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2005/09/25(日) 23:23:09 ID:YkdSj4Zl
>>74
あれ結局、購入出来なかったんじゃないのかネ?
理由は自民党から「運転しっちゃダメ」って言われたからだったと思うだわさ。

しかしながら、杉村か?あれは酷過ぎネ。
インタビューで「お父さん、お母さん」だって、
もうチョット社会経験してから、議員になるべきだわさ。
自民も後悔してるだろうネ。

77 :右や左の名無し様:2005/09/25(日) 23:37:42 ID:Wqnl7OvA
しかし核全面廃絶は現実的じゃない(´・ω・`)

78 :右や左の名無し様:2005/09/26(月) 00:00:05 ID:???
>>77
だからといって、日本の核武装も現実的ではない(´・ω・`)

79 :右や左の名無し様:2005/10/22(土) 14:42:14 ID:???
バカ丸出し

80 :右や左の名無し様:2005/11/03(木) 01:27:47 ID:no/S73T4
>各国がエゴイズムで戦争設計をするのは
日下氏、何か勘違いしていないだろうか?
一つの国の向う数年の経済見通しすら外れまくっている現状で、
「国の設計」などできるのだろうか?
設計したつもりが、外れまくりでは、機能不全になるか暴走するか、
どっちにしたって、設計という手間をかけるだけ無駄、無駄。

81 :右や左の名無し様:2005/11/05(土) 01:23:40 ID:???
つい、怒ってしまう人の心理学
「怒りの習慣」に振りまわされない法

C・セメルロース/D・スミス:著
和田秀樹:監訳 新里 聡:訳
定価(税込):1575円
発行年月:2005年10月
判型:46 造本:並製 頁数:226
ダイヤモンド社

つい、「カッ!」となって損をしていませんか?
あなたの「怒り」の背後には、実に驚くべき習慣が潜んでいたのです。

人は怒ると、カッとして見境のない二歳児になってしまう。
すると、人の中に潜んでいた「怒りの習慣」が首をもたげ、相手をコントロールしたり攻撃するばかりか、結局は自分自身をも攻撃してしまう。
そうした「怒りの習慣」を正しく認識させ、段階的にそれらを克服していくプロセスをわかりやすく多くの事例で示す。

↑この本のはじめのほうに書かれてる戦争の起こる理由は自然に入ってこれた。

82 :右や左の名無し様:2005/11/05(土) 05:30:36 ID:7O1L+RmW
互いに銃口を突き付けあってテーブルに座ってる状態が何時まで保てるやら…

83 :右や左の名無し様:2005/11/21(月) 11:14:06 ID:???
( ̄△ ̄;)エッ・・?

84 :右や左の名無し様:2005/12/04(日) 00:45:12 ID:a2+b2EMW
戦争の無い世界、、、
一方的に搾取・虐待される側と、する側が存在する世界。
今よりもっと恐ろしいと思うけど。

85 :右や左の名無し様:2005/12/04(日) 00:50:58 ID:a2+b2EMW
>ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY

おまえ、ほんと頭悪いな。死んでいいよ。

問題なのは自国の平和だろうが。
自国は何してもいいんだよ。
わかる?
何が「日本が戦争仕掛けるリスク」だよ。
それは他国のリスクだろうが。

86 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2005/12/04(日) 02:01:17 ID:1MMFiWYY
>>85
何か、dでもない事言ってる人だネ。
キミのその理屈が通るなら、北が核持とうと中国が国境侵犯しようと
アメリカが広島・長崎に原爆落とした件ですら
「自国の平和」の為だから、許されるとなるだわさ。

87 :右や左の名無し様:2005/12/24(土) 14:27:44 ID:/MgH3BQU
>>86
だからお前は日本人だろうが。他国のやってることは間違ってて当然だろ。敵なんだから。
主観的な考えじゃないと国は成り立たないんだよ。国の存在意義そのものがすでに主観的エゴなんだから。

エゴを通すのか、国を否定するのか、どっちか選べってことだ。
無理に客観的シソーをして自分が頭良いと考える馬鹿ほど、共産主義や地球市民にハマってしまう。


88 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2005/12/25(日) 02:44:47 ID:Fdkc9teT
>>87
キミのその日本は絶対正しいと言う考えは、
それこそ「自分」(キミの事指して言っていない、日本を擬人化したもの)が
頭良いと考えるからではないのかネ?

簡単に例を言って挙げるが、国をキミ自身に置き換えた時
他人がやっている事は、間違ってて当然だと自己中心的な考えだけで
世の中通らないだわさ。

人間誰でも主観的な物持っているのだから、多少は客観的な物持たないとネ。

それと僕がカキコした内容が、
頭良いと考えるのはキミから見た考えでしかないからネ。
僕より、頭良い人なんて幾らでもこの板で見かけるだわさ。

89 :右や左の名無し様:2005/12/25(日) 21:44:51 ID:1pEJbGsq
>>88
正しい正しくないって表現はおかしかった。
正しくは、利益になるならないって意味だ。
日本の利益になれば、何をしようとOKなんだよ。
「世の中通らない」っつーんなら、それは単なる一つのリスクである。
それを考慮したうえでの利益を導き出すべき!!
極端な話、(リスクを考慮したうえで)利益になるのならホロコーストしてもかまわない。


90 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2005/12/26(月) 02:23:05 ID:1dDOchhD
>>89
「世の中通らない」を単なるリスクで終らせる気かネ?
ハイリスクな事を、そう言えるキミは北朝鮮の独裁者と思考が良く似ているだわさ。
それとも、アメリカの帝国主義かネ?
その結果は、判るだろうにネ。

それを考慮した上でって、その時点で客観的に考慮しないと
利益は導き出せないと思うがネ。

極端な話は、唖然とするだけで例えにもならない話なのネ。

91 :SPADA:2005/12/26(月) 04:23:09 ID:XpmIgC1Q
私は今まで2ちゃんねるというものがどういったものなのか知らなかった。
まさかこういった議論がなされているとは。
ここで議論なさっている皆さんの建設的、積極的姿勢を心から讃える。

私も意見を述べていこう。
国家が自己中心的なものだということのは私も賛成だ。しかし、日本の
利益になれば何しようとOKというのはどうだろう。

そういったありかたを貴方は本当に肯定しているのだろうか。
ホロコーストをしても構わないという発言には私は大反対だ。そういった
行為によってもたらされるものが貴方の望む平和なのだろうか。

だとすれば、私はそういった平和に反対だ。

そして、私は平和というものは一国家の中だけに成り立つことは無いと
考えている。
自国の利益のみを追求しだせば、平和などありえないだろう。

ちなみに私は共産主義も批判すべき点がたくさんある(現に共産主義
国は皆失敗した。)と思うし、地球市民はともかく、世界政府などと
いうものには非常に懐疑的だ。

しかし、資本主義もまた無批判に受け入れられるべきものではない。

国家という話からは離れるが、貴方の考えでは自分の利益のためには何
をしてもよいとなるのだろうか。
そこに倫理的あるいは人道的な問題など存在しないのか。

もしそうであるというなら、一切の法は必要なくなるが。
国家に話を戻せば、国際法ということになる。
そのあたりも含め、もう少し詳細に意見をお聞きしたい。

92 :SPADA:2005/12/26(月) 04:57:15 ID:XpmIgC1Q
核について前に議論になっていたようだ。私はインターネットのルールのような
ものをあまりよく知らない。過去の話題を再燃させることは失礼になってしまう
のだろうか。
だが、私自身興味のあることなので、核に対する私自身の考えをここに述べる。

私は、核兵器は最終的には廃絶されるべきだと考えている。
その上で、少なくとも削減し、そして不拡散がなされていかなければならない
と思う。

そういった点で、私はNAMの提出している国連決議案に共感する点が多い。

戦争をしたいと考えることは私は愚かだと思う。
少なくとも日本が積極的に戦争をする理由は現在ないし、これからも戦争を
起こさないことをまず考えて行動するべきではないだろうか。
悪戯に軍備を拡張することは周辺国にかえって緊張を招くだろう。

言いたいことは随分あるが、あまり私一人が長々と書いても仕方がない。
皆さんの意見を待とう。
それから、私はネットで物申すさんの発言には賛成できる点が多い。

もう一つ言っておこう。
文章としてみて、頭悪いだとか、死んでいいなどという発言は無駄ではないだろうか
批判は有益だが、罵りは無意味だ。
無駄の多い文章は意見を伝えにくくしてしまう。その点は注意しなければなら
ないだろう。

しかし実に有益な議論の場だ。どうしてこういった場があまり一般に認知
されないのだろう。

93 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2005/12/26(月) 23:06:57 ID:1dDOchhD
>>91-92
普段良スレは、ここ板では稀なのネ。
大抵は、ウちゃんサちゃんが言い合って罵り合って無茶苦茶な言論が
飛び交っているのだわさ。

議論の再燃させる事は、別に行って良いと思うのネ。
そこからまた、新しい意見や考えも生まれるだろうし中には
新しく来た人もいるだろうから、そう言った人も加われる利点もあるのだわさ。
現にこのスレ此間まで、カキコの日付見てもらえば判るけど
飛び飛びでカキコが有っただけだからネ。

核に対しての意見は、僕の発言に賛成してくれてサンクスなのネ。
やっぱり戦争になる事を前提にするより、戦争を無くす事を前提にした方が
平和な世の中には近づくと僕は思うのネ。

94 :右や左の名無し様:2005/12/27(火) 00:22:31 ID:9ttht07u
>>86
>「自国の平和」の為だから、許されるとなるだわさ。

誤解を承知で言えばそうさ。
日本に原爆を落としたことは、国内では許され、世界(とりわけ日本では)許さない。
それが心情だよ。

日本が軍隊を持ったら反省していないことになるなどと言うのは、
どこをどう叩いたらでてくるのかまったく理解できん。
過去、戦争をまったくやったことのない国などはどこにもないのだろう。
そして戦争で悲惨なめにあった、あわせた国ばかりだろう。
にもかかわらず、軍備を持っていない国がなければ、総ての国が反省をしていないわけで、
そんなことで、海外から嘆息されたり失笑されたり、まして非難される謂れなんぞない。

戦争をシミュレートすること。それに備えること。
無駄ではない。軍拡で緊張が高まるのならば、そのレベルですむのならばその方がいい。

犯罪をなくす為に法整備や警察などの努力をしさえすれば、
犯罪がおこるかも知れないと、鍵かけなどの防犯をする必要はない(ここまでは言ってなさそうだが)
ということにはなるまい。なくすように努力はすべきだが、おこった時のことを考えないのは、生命を
預かる立場としてはいかがなものか。
言葉にすれば、それがおこるなどと言う今時小学生でも言わない迷信を言うつもりでもなかろう?

95 :右や左の名無し様:2005/12/27(火) 00:27:53 ID:9ttht07u
国家に真の友人はいない。
極限状態になれば、誰もが身内を、そして自分を選ぶ。

たいした飢餓にもあったことのない人間には、そんな生物の本能も想像できんのかも知れんがな。

96 : ◆rjJiBMHO3I :2005/12/27(火) 00:41:04 ID:???
>95
そこで敢えて「そうしないでいられる」のが人間の美しさだと思うよ。
このモーグリは。

97 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2005/12/27(火) 00:44:09 ID:+YbAJYZO
>>95 極限状態の飢餓になぞ親や周りの社会のお陰で有った事なぞないのだが、
親は漏れに尽してくれたので漏れも子に尽す、動物でさえ身を盾にして子をかばったりするのだが、
親の為に鍋に成ったりするのが美談だったりするお国柄だとどうなの?

漏れとしてはそんな事為れても嬉しくない。

98 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2005/12/27(火) 00:55:08 ID:t5uiLf6z
>>94
>日本が軍隊を持ったら反省していないことになるなどと言うのは、〜以下略
持ったら等と、僕はカキコしてないのネ。
正確には軍拡したらとカキコしてるのだわさ。
今の自衛隊レベルで十分、しいてやるなら空・海と陸の比率を入れ替えた方が
良いと思うがネ。

>軍拡で緊張が高まるのならば、そのレベルですむのならばその方がいい。〜以下略
なら、中国の軍拡もしょうがない事と言えるのかネ?
えらく日本は危険だと言っているだわさ。
かつて戦争が、どう言った風にして起きたか歴史を振り返ると判ると思うがネ。

>犯罪をなくす為に法整備や警察などの努力をしさえすれば、〜以下略
だから、自衛隊や安保が有るだろうってこのスレの中でも
言っているのだがネ。

99 :右や左の名無し様:2005/12/27(火) 00:55:16 ID:9ttht07u
>>96
だから、“美しくない人間”がいっぱいいるから戦争になるんだろ?
落とし主の判っている財布を届けなかったり、家主がいないと判っているから空き巣にはいるわけだ。

>>97
君みたいな人間が、さらに自分に害をなした人間にすら尽くすようになれば、そんな人間ばかりになれば
戦争なんてなくなるんだろうけど。
美談は美談でしかないよ。人は、美談にしてほしくて人に尽くすわけじゃない。人に尽くした結果が美談になるんだから。


100 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2005/12/27(火) 01:05:35 ID:+YbAJYZO
>>99 他人に尽すつもりはない、自分のDNAを大切にしたいだけだ、
漏れに害を為すと言う事は漏れの後に残すDNAに対する攻撃と判断為して攻撃しているに過ぎない、
とても動物的本能とは言えるのだが本能に逆らって居ないし自己矛盾が発生しない。

101 :右や左の名無し様:2005/12/27(火) 01:07:25 ID:???
>>親の為に鍋に成ったりするのが美談だったりするお国柄だとどうなの?


詳しくおせーて

102 :右や左の名無し様:2005/12/27(火) 01:07:58 ID:9ttht07u
>>98
>正確には軍拡したらとカキコしてるのだわさ。
同じこと。では、どれくらいの軍隊だったは反省していることになるのか?

>国の軍拡もしょうがない事と言えるのかネ?
しようがないだろうね。はた迷惑な話だが。迷惑だから、日本の立場では文句をつける。
緊張状態は戦争状態ではない。冷戦状態が崩壊して、戦争が毫も減ったのか?

>だから、自衛隊や安保が有るだろう
こっれは失敬。勢い余って誤爆でした。

で、シミュレートしなければ戦争は起こらないのかい?
戦争のことを考えなければ戦争は起こらないのかい?



103 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2005/12/27(火) 01:10:02 ID:+YbAJYZO
>>101 藻舞いは鍋にでも成ってろよw

104 :右や左の名無し様:2005/12/27(火) 01:17:15 ID:9ttht07u
>>100
>他人に尽すつもりはない、自分のDNAを大切にしたいだけだ、

ね? 地獄から最後にひとりだけを助け出せるとした時、日本人なら日本人を選ぶ可能性が高いし、
韓国人なら韓国人、イギリス人ならイギリス人ということだよ。
そして、選ばれなかった人やその人の身内は選ばなかった人を恨むしかない。話し合いでどうこう
できるもんではないという状況はいくらでもあるってこと。悪意はなくったって、恨みはいくらでも買う。
悪意だけが戦争をおこすわけじゃない。
清廉潔白な人間は殺されないわけじゃない。
でも、清廉潔白な人のことはなおさら、大好きな人だって守らなくちゃならない。
争いや戦争、武装してさえなければおこらないのかという単純で高い壁にぶち当たる。

105 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2005/12/27(火) 01:30:59 ID:+YbAJYZO
>>104 争いが無いのなら其れに越した事は無いし、後の為に地獄に成らないようにとは思うのだが
己れの自由は己れで守るし己れの自由が己れで守れない子孫もいらない。

106 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2005/12/27(火) 01:37:49 ID:t5uiLf6z
>>102
>同じこと。では、どれくらいの軍隊だったは〜以下略
同じ事ではないし、これもこのスレの>>54にカキコしてるし
あと>>70にもだわさ。

>しようがないだろうね。はた迷惑な話だが。〜以下略
イタチゴッコの軍拡が戦争にならない保障等ないのだわさ。
軍拡して緊張状態と、軍拡しないで緊張状態にならないのはどちらが
戦争になる確率が高いと思うのかネ?
冷戦状態が崩壊して、代理戦争は減っただろにネ。

>で、シミュレートしなければ戦争は起こらないのかい?
?今も昔もそんな事しているだろうにネ。

>戦争のことを考えなければ戦争は起こらないのかい?
?自衛隊は何の為に、いるのかネ?

107 :右や左の名無し様:2005/12/27(火) 01:38:52 ID:9ttht07u
>>105
>己れの自由が己れで守れない子孫もいらない。
まったく、感服する。これは皮肉ではないよ。君みたいな人間ばかりなら、本当に戦争にはならない。

>己れの自由は己れで守る
が、私はそうではない。きっと私だけではない。
某国が経済制裁なんぞを仕掛けてくれば真っ先に干上がるタイプの人間。穀物モラトリアムなんぞされた日にゃ。
だから、国に頑張ってもらって守ってほしいと切に願う。
母ちゃんが「お国(私)のために頑張ってきてね」って泣いてくれるなら敵対する奴は殺すしかないと思っている。

世界中の人間が、貴方のようなら……。


108 :右や左の名無し様:2005/12/27(火) 01:49:20 ID:9ttht07u
>>106
>同じ事ではないし、
それをきれい事という。自衛隊は、戦争をする為にある。
戦争とは、国家の名の下に敵対国の人間を殺すことを合法化することで、一人でも百人でも、
人を殺し、国家財産を守る機関でしかない。

>イタチゴッコの軍拡
軍拡に対抗しうる手段は軍拡だけなのか?

>今も昔もそんな事している
だから、そのシミュレートが戦争を助長しているのか否かというのとなのだが?

>自衛隊は何の為に
敵対国の人間を殺し、国家財産を守る為に存在する。


109 :右や左の名無し様:2005/12/27(火) 01:51:17 ID:9ttht07u
>>106
君はひょっとしたら、戦争でさえなければそれが平和だと思っている人種なのか?


110 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2005/12/27(火) 01:58:49 ID:+YbAJYZO
>>107 正直に言ってしまえば富めて居るのなら援助てのは有名税や無用な争いを
起こさない為の安全保障の為の税位には思うのだが、
権利を犯されたままの事を棚に上げたままや恐喝されたり不当な請求に応じる訳にはいかない、
それは自由や権利を侵されて居る事に他ならないからだ、
誠意て難しいねお互いに言い分が有るし。

111 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2005/12/27(火) 02:21:44 ID:t5uiLf6z
>>108
>それをきれい事という。
何が奇麗事なのか、上げてくれないかネ?

>自衛隊は、戦争をする為にある。〜以下略
自衛隊は自衛権を守る為にいるのネ。
戦争をする為にいると言う表現は、仕掛けるも含まれるから適切でないのだわさ。

>軍拡に対抗しうる手段は軍拡だけなのか?
キミは自分で、軍拡だと言っている事を忘れないでネ。
軍拡に対抗できる手段は、
1・相互不信を無くす。
2・周辺諸国と協調する。
3・特定の国を、仮想敵国としない。
など、あるだろうにネ。
(3については相手にそう思っているが伝わる事が、相手の軍拡を招くのネ)

>だから、そのシミュレートが戦争を助長しているのか否かというのとなのだが?
有るだろうって言うか軍事訓練って、特定の相手を敵に見立てるだわさ。
それって敵にされた方は、どう思うか判るだろうにネ。

>敵対国の人間を殺し、国家財産を守る為に存在する。
質問している意味が、違うのだがネ。
自衛隊は自衛権を守る為に存在するだから、戦争が起こることも想定されて
組織されているのも当たり前だと、キミの質問に投げかけたのだがネ。

112 :SPADA:2005/12/27(火) 02:35:42 ID:EweIxPcd
94さんへ

私も日本は軍事力を持つべきではないなどと言うつもりは無い。現在の世界情勢
の中で日本一国が非武装化してもほぼ意味はないし、安全保障上大問題だ。
だが、日本は軍事力を持っている。それを認めようとしていないだけだ。
日本の軍事費は世界の中で見ても高いほうだ。これ以上を求めるのだろうか。
危機に備えることは大切だ。しかし、悪戯に軍拡をすることは手段として
本末転倒である。
日本が軍拡を始めれば、周辺諸国には緊張が走る。軍拡が軍拡を呼び、競争
になることは歴史を見れば明らかだ。
こうして周辺諸国も軍拡を始める。
そのレベルならと貴方は言っているが、このレベルこそ危険ではないだろうか。
そして、貴方は平和というものをどうお考えだろう。
互いが銃口を突き付けあって静止している消極的平和が貴方の目指す世界
のありかただろうか。
それは一触即発の危機を常に抱えている。少なくとも私はそれを理想に掲げは しない。あまりに危険で、脆いものだからだ。
それから過去への反省についてだ。
私も日本(とドイツ)だけが戦争の責任を問われるのは正当ではないと思う。
東京裁判が国際法的な視点から見て違法であったと認める学者は近年非常に
多い。
また、サンフランシスコ講和条約において賠償金請求権についても公式に
廃棄されたのだ。
国際法上はそこで日本の戦争責任(それ自体不当なものだが)は清算された
ことになるのである。
であるから、今さら謝罪しろなどと言われる筋合いはないのだ。
もっとも、日本政府はその後も中国、韓国に対して10数回謝罪をしている。
しかし、謝罪というか、歴史への反省を見せることは有益だと思うし、必要
だとも思う。
例えば終戦記念日に戦没者に哀悼の意を表すのと同じに、東南アジア諸国
や中国、韓国などに公式な謝罪文を送り、メディアなどを通じて国民や
国際社会に認知してもらうことは日本の国益にもなると思うし、またそれは
平和への一歩とは言わないまでも半歩程度ではあると思うのだ。

113 :SPADA:2005/12/27(火) 02:36:42 ID:EweIxPcd
95さんへ

失礼だが、貴方自身も「大した飢餓にもあったことの無い人間」の一人だと
思う。
少なくともこうしてインターネットをしていられるのだから、途上国などの
世界での貧困層のような悲惨な状態にはないだろう。
想像できないなどと決め付けないで欲しい。
私は努力を続けている。
所詮私は貧困をどこか他人事のようにとらえてしまっているのだろうし、
貧困を解決するために全力を尽くしてなどいない。
しかし、そういったことから目を背けようとは思わない。
だからこそ私は学んでいるのだ。
私は到底完璧ではない。しかし無力でもないのだ。
生物の本能について反論はしないが(というよりこれはここで話されていること
と直接関係ない)、貴方はその生物の本能を国際政治の場で実行すべきだと
お考えなのだろうか。
結果がどうなるかは目に見えている。

114 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2005/12/27(火) 02:59:57 ID:+YbAJYZO
>>113 間違われては困るのだが子孫繁栄の本能はは共栄あってこそとは考える、
しかし権利や自由を侵されるつもりは無い。

115 :SPADA:2005/12/27(火) 03:10:16 ID:EweIxPcd
なるほど。
権利や自由の例をあげていただけないだろうか。

というのは、人々が互いに権利、自由を無限に主張し合えば共栄(共存)
は不可能だからだ。

貴方の意味する権利、自由という言葉の定義を聞かせて欲しい。

116 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2005/12/27(火) 03:26:24 ID:+YbAJYZO
>>115 権利と自由は相手の権利を侵さない限りに於いての自由だ。
勿論相手が富んで居るから疎外感を味わう等と言う戯言は含まれない。

117 :SPADA:2005/12/27(火) 03:38:02 ID:EweIxPcd
IDをたどって貴方の書き込みを少し読ませてもらった。
100番のコメントが大変分かりやすかった。

どうも皆さんハンドルネームが同じであったりするのでどれが誰の発言か
判別できずに苦労する。
まぁ、それは置いておいて。
とすると、貴方は現在の日本の国防体制の方向性には賛成だととってよろしい
だろうか。
自衛隊は専守防衛を掲げている。それが、自他の権利を侵さない種の保存
(この言葉をこのように使うことは本来適切ではない。種の保存に国籍は関係ない)
でろう。

ちょっと具体例が欲しいので、今話題にしている自衛隊をあげてみた。
どうだろう、私は貴方の意見を適切に理解できているだろうか。

118 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2005/12/27(火) 04:00:50 ID:+YbAJYZO
>>117 自分のハンドルネームは自分しか使っていないし◆(トリップ)
てのが付いてるのは全部漏れです。

自衛隊(自衛軍)についての漏れの認識は自衛(大陸間弾道弾ミサイル基地攻撃を含む)
を行う為の組織で有り子孫(含む生活圏)防衛以外での戦闘を支持する訳ではないです、
子孫(遠い親戚)が減る。

119 :SPADA:2005/12/27(火) 04:06:42 ID:EweIxPcd
失礼した、貴方と95の方を取り違えていたようだ。

なるほど、つまり貴方にとって「子孫」とはいわば全人類を指す
のでしょうか。

120 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2005/12/27(火) 08:13:58 ID:+YbAJYZO
>>119 挙げ足を取る奴まで知らん。

121 :右や左の名無し様:2005/12/27(火) 14:09:39 ID:Bz0SlcS3
>>111

>何が奇麗事なのか、上げてくれないかネ?
ここにかかれていることの総てがきれい事だと気付かないのか?
上にも書いたが、悪意はなくても怨まれる。誠心誠意接しても怨まれる。
そして、俺は外国人と仕事をしているからわかるが、“言葉の壁”は大きい。
通訳があればすむというものではない。
人が理解し合えるというのは、正直言ってきれい事に他ならない。
軍拡もやむ無しだし、それが状況的に許されなければ、相手方の軍縮を迫るしかない。
鍵かけ論というが、そのとおりだと思う。
玄関に鍵をかけるのは、その実自分以外を信じていないからでひじょうに非礼な行為だ。
仮想敵国を設定するというのは、まさにこの鍵かけ(空き巣が入るかもしれない)と同じだが、
鍵をかけるから、対策対象とされた空き巣は奮起して犯罪をするのか?
日本にとって、特に中華は脅威である。
同時に、中華にとって本格的に軍備を充実させた日本は、アメリカと協調路線をとろうとする日本は脅威であろう。
だから、脅威を感じている中華の軍拡は仕方がないし、同時に日本には冗談ではないという悲鳴になる。
政治や外交は騙しあいだし、駆け引きだ。いかにもっともらしい嘘を巧みに並び立てるかが肝になる。
自衛隊が軍隊ではないなどというのは、ていのいい嘘だし、そんなことを信じているものは海外にはひとりもいない。
法律でいかにがんじがらめにしようとも、状況が許せば侵略行為はいくらでも可能だ。
人は、自分の子供以上に他人の子供をかわいがる事などできない。
日本政府は、日本人をもっともかわいがるし、アメリカ政府はアメリカ人をもっともかわいがる。


122 :SPADA:2005/12/27(火) 18:01:27 ID:EweIxPcd
ふざけた奴さんへ

いいや、揚げ足を取っているのではない。
貴方の意見を注意深く理解するために説明が欲しいのだ。
悪意から質問を繰り返しているのではない。どうかご理解いただきたい。
私はこうして議論をすることはとても大切だと思うのだ。
互いの意見を聞きあってこそ進歩があるのだ。
私は様々な人の意見を聞きたい。貴方の意見を聞きたいと思っているのだ。

私たちは文化的差異はあるが、生物的には皆同一種なのである。
子孫を増やすのであれば国籍や文化は関係ないだろう。

この問題に生物的本能を持ち出すのは適切ではないと私は思うのだが、しかし
そういった観点から見るとどうなるのかにも興味はある。

私は生物的本能から言えば上で述べたようになる。
それは、私としては根拠が十分ではないが、方向性としては大変よい理想
であると思う。
理想は恥じるべきものでもばかばかしいものでもない。
それがあるからこそ私たちは進んでいけるのだ。

ちなみに私はこういった問題を自己決定権を中心に考えている。
貴方の発言を待ってから、そのことについても説明しよう。

123 :SPADA:2005/12/27(火) 18:16:21 ID:EweIxPcd
121さんへ

そうだ。私たちは完璧になどなれないだろう。それには私も賛成する。
しかし、理想を忘れてはならない。
貴方が言うように言葉の壁は確かに大きい。言葉は認識の基礎だ。私たちは
そういった点であまりに大きな違いを抱えている。安易に相互理解できると
考えるのは誤りだ。
また、宗教、習慣などの文化的差異も非常に大きい。そういった相違点は広範
にわたって存在している。

政治や外交が騙し合いなのは私もつくづくそう感じている。私は研究会で
国連に関して学んでいるのだが、そこでも外交の本質を垣間見て、いかに
困難な現状にあるかを思い知る。
しかし、現状はすべてではない。
どのような理想を持ち、どうやって少しでも現実を理想に近づけていくか。
それが重要ではないだろうか。

それから、貴方は鍵をかけることと軍事演習を同様のものとみなしているようだ。
だが、決定的に違うことは鍵をかけても誰かに脅威を感じさせることは
無いということだ。
中国が台湾海峡で軍事演習を行えば、台湾は間違いなく脅威を感じるだろう。
備えるという意味では同じだが、備えている対象が肝心なのだ。

124 :右や左の名無し様:2005/12/27(火) 18:53:08 ID:???
>>123

ある発言に対してレス(返信?)する場合は、
レスアンカーというものをつけると、見ている人にとって分かりやすいですよ。
(>>**という感じ)**の中に対象のレスナンバーを入れてください。
例:121にレスする場合
  >>121さんへ

ついでに、2ちゃんねるをより快適に閲覧するためには、
専用ブラウザというものをDLすることをオススメします。
人大杉も回避できます。自分としてはJane Dor Styleというのがオススメです。

2ちゃんねる専用ブラウザ 「Jane Style」
http://janestyle.s11.xrea.com/

余計な御節介すみませんでしたm(_ _)m


で、自分としてはヤッパリ戦争は起こるモンということを認識しておかないと、
ヒトラーみたいな奴の台頭を許してしまうと思うんですよね。

例えば自分たちがこうやって平穏に暮らせるのも、あまり実感が湧きませんが
警察という暴力装置が働いているからで、延いては自衛隊という暴力装置によって
他国の日本に対する侵略を抑止しているだと思うんです。

といっても今の自衛隊は他国に攻撃できないようになってますから、
米軍があるってのもかなり大きいですよね。
いわば日本は国防を米国に依存しているわけです。
ですから米国から独立するためには軍拡が必要なわけですが、サヨクは
軍拡もダメと言うし、米軍が駐留していることもダメという。。。。

全く都合のいい人たちですw

125 :右や左の名無し様:2005/12/27(火) 19:17:12 ID:Bz0SlcS3
>>123

ようは、どの国が一番最初に軍隊を手放すか。その気概を持っているか、ということだよ。
そして、それが平和への間違いない端緒になると世界が知るには、その国が最低でも百年は紛争に巻き込まれず、経済力を落とさないでいることが必要だ。いや、百年ではたらんし、むしろ経済力は上昇していなくてはならんだろう。
それを、身をもって証明する勇気がどの国にあるのか?
少なくとも、日本にはそんな勇気はない。古い話になるが、自衛隊に反対をしていた社会党が、(連立)政権をとったとたんにその意見を引っ込めたことからもわかる。また、何かあれば政府要人や官僚の所為だと、国民には毫も責任はないと騒ぐ国民を見てもそれは明白だ。
軍隊は何も生み出さない。軍は悪だなどと極論に騒いでいる輩に限って、軍がなくなったことの弊害をあとで政府に追及しそうなのは想像に容易い(これは言いすぎだな)。
だからといって軍拡をしてもいいという意見にもっていくのは極端かな?

そこで、施錠は誰にも脅威を与えないということについて。
冗談ではない。施錠は、空き巣をしようという人間には脅威のひとつだ。なにせ、ピッキングをするあいだに誰かに目撃されては意味がないからだ。軍隊そのものが身体や命を張った組織なのだから、命の危険を感じさせなければ抑止や覚悟を見せることなどできるものか。

ようは気合の問題。
昔、自分に拳銃を向けられているその状況で「話せば解る」と話し合いでそのばを収めようとしていた首相が、「問答無用!」と撃ち殺された事件は有名であろう。
気概をみせるまでは良しとしても、殺されたくはない。
いや、自分だけならそれも良しとしても、家族を巻き込まれるのだけはごめんだ。

軍隊があっては戦争はなくならないのだろうが、軍隊がなくても戦争は起こるということだ。

126 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2005/12/27(火) 21:41:59 ID:nS7QDnmI
>>122
>いいや、揚げ足を取っているのではない。
こういう板に居ると疑い深く成って。

生物的本能の赴くままで良いんだとは思うんですよね、思想は変えれても本能の命ずる所は変えようも
ないと思う訳です。

子孫繁栄も自衛権の行使も当然の行為と本能で有り否定する事自体に無理が生じてしまうと思う訳です。

フロイトですかね?

127 :右や左の名無し様:2005/12/27(火) 21:47:43 ID:???
これでわしにどうしろと?w
そんなにたまっとらんぞい

128 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2005/12/27(火) 22:22:50 ID:+YbAJYZO
>>127 本能の結果が何を受け取れるかだろ?偽物なんて残しても何の価値も無い。

129 :SPADA:2005/12/27(火) 23:43:49 ID:EweIxPcd
>>125
125さんへ

いいや、どこかの国が最初に軍隊を手放すなどということは不可能だ。私はどこかの国がいっぺんに軍事力をなくすのではなく、国際的に段階的軍縮をしていけばいいと思うのだ。
これは核問題におけるNAMの決議の姿勢と似ている。核兵器も、どこか一国のみが廃棄することはできない。
だからこそ、完全廃絶を最終目標とした核不拡散、段階的核軍縮を提唱するのだ。
核がある世界より、核の無い世界のほうがより安全であるという理想にもとづいた現実的な行動方針である。
どこか一国が身をもって証明せずとも、国連(不完全な組織だが)で議論し、段階的に軍縮していくことは困難だが、不可能ではない。
私は軍事力を完全廃絶することはできないと思うが、少なくとも軍拡はすべきでないと思うのだ。それは自ら危険を生み出してしまうことだからだ。
それから鍵と軍事力の話だが、犯罪者に脅威をあたえるというのはいくらかおかしな例えではないだろうか。犯罪は当然すべきではないのである。
犯罪者は批判されて当然なのである(もちろん適切な方法によってだ)。しかし、どこかの国家を敵国(犯罪者)とみなしてしまうことは危険だ。というのはその根拠が主観的過ぎるということだ。
命の危険を感じさせねば抑止できないと貴方は発言している。そうかもしれないが、それによって命の危険を感じさせられた側はどうするだろう。軍拡をするに違いない。
それは自国への脅威を自ら増やしてしまっていることになるのだ。
私は軍事力を直ちに捨てろなどという無理なことは言わない。きちんと話し合い、段階的にみんなで軍縮をしていこう。そう言いたいのだ。
それこそ自国への脅威を減らす根本的解決手段であると思うのだ。それをすべきでない理由があるだろうか。


130 :SPADA:2005/12/27(火) 23:57:55 ID:EweIxPcd
>>126
ふざけた奴さんへ

自己防衛本能も、子孫繁栄の本能も、別に間違ってはいないだろう。だが、本能は
こういった国際政治の話の中で持ち出してもあまり説得力は帯びないが。
どうも私は貴方を別人物と混同して考えていたので、誤解した発言をしていたかもしれない。
貴方の言う生物的本能からすると、私が唱える軍縮はどう写るだろう。
この上のコメントで別な人に書いたのだが、ぜひ読んでそれに対して貴方の意見を述べてみて欲しい。

それから、私のコメントが誘導しているように見えていたことを改めて謝罪する。
申し訳ない。私は好奇心旺盛な人間なのである。貴方の意見を聞きたいがために
いくらかしつこく質問を繰り返してしまった。
疑い深くなることについてだが、私の友人のブログに以前酷い非難を浴びせかけた
訪問者が二人いた。
私は友人の許可をもらい、その二人に対して論理的に発言を検証し、再度意見を説明するよう
求めた。
結果、一人はきちんと意見を説明してくれ、もう一人は未だに音沙汰無い。
私は何か意見を聞くときには、とりあえず相手の姿勢は真剣なものであると仮定することが
いいと思う。そうすることでこちらも冷静に議論できるし、あるいは相手が真剣な姿勢で無かったとすれば、
それはいずれ見破れることなのだ。論理性を打ち破ることのできる罵声など存在しない。
どうか、ここを有益な議論の場とするためにも、そのような姿勢で臨んでいただけないだろうか。
私たち次第で、有益な議論の場はいくらでも作り出せるのだ。

131 :SPADA:2005/12/28(水) 00:11:55 ID:Kvle8/rB
>>124
124さんへ

親切に教えてくださってありがとう。
私はどうもインターネットやパソコンには弱いので、大変ありがたい。
貴方のコメントの下の部分が隠れていて気がつかなかった。コメントが遅れて申し訳ない。
そう、私は左翼右翼という考え方も非常に有害なものだと思うのだが、確かに日本のいわゆる左翼的思想
には無責任なものが多い。自衛隊をなくしてどうしようというのだろう。いっそうアメリカへの依存が強まり、
日本として独立した意見を言えなくなるだけではないだろうか。
私は国家として安全保障を無視するわけにはいかないから、軍事力は必要(直ちに捨てることはできない)だと思う。
しかし、そういった現状を見据えた上で国際的に軍縮をしていくべきだと思うのだ。
どちらかが一方的にではなく、みんなでということだ。
核問題についても日本はもっと積極的に発言すべきだと思うのだ。唯一の被爆国という言葉は建前ではないだろう。
私が言いたいことは、つまりは理想のことである。それがなければ現実を変えてなどいけない。
戦争をすることが理想なのか、戦争をなくすことが理想なのか。
理想を実現するためにはどうするべきか。そういうことである。


132 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2005/12/28(水) 01:17:28 ID:ELonowTn
>>130 此処の板には大きく別けて疑問を埋めようとする人と偽ろうとする人が居るみたいなのでどうしても
疑い深く成ってしまい、昨日の自分のカキコに疑問を覚えたものの気付かずに書いてしまい非礼をお詫びします。

 軍縮に関してですが第二次世界大戦前にも有りましたが、其の効果ってのは疑問に思うんですよね、
軍縮して蓄財してもいざと慣れは戦力に転換してしまいますから、それよりも少ない戦力でも攻め込みやすい
軍事力の空白や希薄地帯をを造らないように努める事が紛争や戦争の減少に繋がると思います。

近所付き合いやクラスメートや同僚でも弱味を見せず、付け入る隙を見せないのが無益な争いを生まない
コツだとも思うのです。

133 :SPADA:2005/12/28(水) 02:04:57 ID:Kvle8/rB
>>132
ふざけた奴さんへ

ご存知かもしれないが、それはまさしく消極的平和という考え方だ。核抑止などはこの
考えに基づいている。
しかし、どうなのだろう。それを「目指す」べきなのだろうか。
例えば貴方のあげてくれた例にある近所付き合いや友人、同僚との関係も、貴方はそれが望ましい
ものだと考えているだろうか。
軍縮は今までいくつかの例外を除いてほとんど成功していない。過去の例から見て効果を疑問に思う
のは当然だが、当時と現在では状況が変わりつつあるのだ。
NAMがここ最近大きな力を持つようになりつつあるのだ。P5が安保理付託を叫ぶのもこのあたりの
事情があるらしい。
可能性は以前より大きくなりつつあると思うのだ。

134 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2005/12/28(水) 02:39:31 ID:12sHTFOf
>>121
>ここにかかれていることの総てがきれい事だと気付かないのか? 〜以下略
全てが奇麗事?そうなると法や倫理観、心情や道徳観を全て否定する気かネ?
「悪意なくても恨まれる、誠心誠意接しても恨まれる」と言うが、
「悪意を持ち、傍若無人で接する」どちらが恨まれる度合いが大きいと
思うのだわさ?
そして、前者に置いてはまだ救いが有るが後者に置いては救いの道も
極端に狭まってしまうだろうにネ。

>軍拡もやむ無しだし、それが状況的に許されなければ〜以下略
で、軍拡の行き着く果ては何があると思うのかネ?
まさか、冷戦のように何時の間にか崩壊するとでも思っているなら
それこそ楽観的だわさ。

>自衛隊が軍隊ではないなどというのは、ていのいい嘘だし、〜以下略
キミさ、外交が騙し合いだとか嘘の突き合いって言ってる割には、
その「自衛隊」である建前を理解してないようネ。
それと、どうやら戦争や侵略をキミはしたい様だと思われるだわさ。
「自国の利益の為には、戦争をし侵略しなければならない」
が、キミの本音だろうネ。

あ、言っておくけど僕は性悪説には、賛同しているから
キミの考えも判らなくはないが、キミのそれは後天的な人の進歩を
無視しているのだわさ。



135 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2005/12/28(水) 02:55:51 ID:ELonowTn
>>134 人間てのは本能として争うのも好きだったりするんだよ、君みたいに。

136 :右や左の名無し様:2005/12/28(水) 03:20:59 ID:wmsDBzsL
誰かが得するだけだろ。でもそれは兵士でないこだけは確かだ。

137 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2005/12/28(水) 03:22:38 ID:315BB6JC
>>133 争う事が好きだったりもする本能も有る訳だから、
其れを無理に否定してしまうのもどうかとは思う訳で、
軍事力が悪とは言えるけれど逆に軍事力の空白も悪な訳でどちらにも偏らない思想で自分は中道です。

138 :右や左の名無し様:2005/12/28(水) 03:27:35 ID:D+20Kjnc
>>134
>そうなると法や倫理観、心情や道徳観を全て否定する気かネ?
そのとおり。窮鼠は猫を噛む。極限状態の人間は何をするか解らないですよ。
誠心誠意尽くせばかならずつたわる、とかいつか伝わるというファンタジーは、価値観が同じ人間だけに通用する。

>どちらが恨まれる度合いが大きいと
どちらともいえないな。総ては、結果によるところが多いだろう。
悪意を持った窃盗と過失の殺人。後者の方が怨まれると思う。もっとも、これすらも相手によろう。一元化できると思わないほうがいい。 Aというリアクションに対してかならずBという答えが返ってくるわけではない。

>軍拡の行き着く果ては何があると思うのかネ?
経済の破綻。国家の沈没。 とどのつまり、民族が家を失う。だから、許されない状況になれば、仮想敵国の軍縮を画策すべきだとも言っている。
では、軍縮の行き着く先にはなにがある? 明るい未来が必ず待っているわけではなかろう。

>外交が騙し合いだとか嘘の突き合いって言ってる割には、
理解している上で言ったのだ。インターネットとはいえ、国内発言だからね。



139 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2005/12/28(水) 03:28:50 ID:315BB6JC
>>136 しないんじゃない?得をしても陰口を言われ批判され、威信を失なう
総ては空で有り無、なんちゃって?

140 :右や左の名無し様:2005/12/28(水) 03:29:07 ID:D+20Kjnc
>「自国の利益の為には、戦争をし侵略しなければならない」
軍隊を持ったら、軍拡を目指したら戦争がしたいと察するのは一種の脊髄反射だよ。
正確には、殺されるくらいなら殺す。ただでは殺されない。だ。

>あ、言っておくけど僕は性悪説には、賛同
もうしわけないが、私は性悪説なぞまともには信じてはおらん。

人間は天使のように振舞いたいと欲しつつも悪魔のように振舞ってしまう。
善意ゆえに殺人者になる。

と思っているだけだ。

まぁ、以上を総括すると、
>>135
になる。ありがとう、ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc さん。
貴方の方が伝わりやすいかな?


141 :右や左の名無し様:2005/12/28(水) 03:48:29 ID:D+20Kjnc
>>129
>犯罪は当然すべきではないのである。

現在の倫理では当然、侵略行為も犯罪である。ですから、当然すべきではない。
が、事実ある。鶏と卵の関係だが、すでに軍隊を持った時点で、そのあたりは後戻
りできなくなっている(悲観的に言えば)。
私はこうも言った。軍隊というのは、命と身体をはったものだから、それに対して
抑止してみせるのであれば、同等のものでなくてはならない。空き巣くらいのもの
なら圧力をかける必要もなかろうが、なんせ相手は命を張って構えているのである。言葉を選ばずに言えば、なりふりをかまっていない状態なのだ。

>国際的に段階的軍縮をしていけばいいと思うのだ。
現実的ではない。日本では、ミラクルピースの序段階で太閤による刀狩がおこなわ
れた。琉球王朝でも同じようなことがおこなわれている。
が、これはひとつの強大な権力があればこそだ。いわば、国家という枠組みの中で
だからこそ成立した。現在の世界という枠では、それに相当するものが存在しない。
とはいえ、かつて日本は百余国に分かれていたのがひとつになった。世界政府なる
ものができるわけがないというのは、悲観のし過ぎだろう。
が、これから千年や二千年で出来上がるものではないと思うよ。

142 :SPADA:2005/12/28(水) 03:48:44 ID:Kvle8/rB
なるほど、貴方は人間の本質から国家の本質を考えようということだろうか。
そう、私も国家とは、人間の拡大した図だと思う。だから貴方の言いたいことにはある程度共感する。

例えば、私たちは時にけんかをする。私も幼いころよくしていた。軍事力というか、武器が一切無くなった
としても、そういった暴力は私たち自身が持っているので無くなりはしない。
武器をなくせば平和だなどという考えには疑問を覚える。私も性悪説を肯定する一人だ。
しかし後天的な要素、つまり努力によってそういった要素は消すことはできなくても、抑制することはできる
と思うのだ。
性悪説で唱えられることが本能なのかは私は疑問にも思うが、無理に否定してしまうことはそう悪くはないと
思うのだ。というのは、そういった本能(ひとまずそう呼ぼう)に無制限に従うことは自分にとっても利益とはなりえないからだ。
もちろん私は禁欲主義者ではない。食欲も性欲も生物として当然のことだ。
戦闘欲というものもあるとすれば、それを完全に押さえつけることは難しいだろう。だが、それは何も戦争や殺人をせずとも、スポーツや
ゲーム、映画や読書などで発散させることはできると思うのだ。
それから、本能を国際政治で語ることにはやはりあまり説得力が無いと思うのだ。本能は完璧ではない。他の生物ならともかく、人間のように
高度に発達し、強大な力を持つようになると本能だけでは成り立たなくなるのだ。それは倫理的、道徳的な意味ではない。現実問題として
破滅するということだ。
それから、他人へのコメントにまで口を出してすまないが、135番のコメントに少し疑問がある。
貴方はネットで物申すさんは争いを好んでいると発言しているが、それはここで議論をしているからだろうか。
だとすれば、それは間違いだと思う。
確かに議論はそれ自体競技にもなっている。私の友人もそういったサークルで大会などに出場している。
しかし、議論とはもともと勝負ではないと思うのだ。
互いの意見を述べ合い、批判をしあうことで共に進歩する手段だと思うのだ。
私は議論と対話を同じ意味として考えている。議論は争いではなく、進歩への協力ではないだろうか。
少なくとも私はそうとらえて議論を行う。

143 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2005/12/28(水) 03:49:23 ID:315BB6JC
>>140 漏れのは話が跳ぶので判り辛いです、自分にも理解為やすくて助かります。

144 :SPADA:2005/12/28(水) 03:50:47 ID:Kvle8/rB
失礼、>>142のコメントは>>137のふざけた奴さんに対してのものだ。

145 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2005/12/28(水) 03:57:03 ID:12sHTFOf
>>135
だから、僕は性悪説に賛同しているのだわさ。
キミも争う事が好きだろうにネ。


146 :SPADA:2005/12/28(水) 04:08:01 ID:Kvle8/rB
>>141

なるほど、私の説明は適切ではなかった。申し訳ない。だが、やはり鍵と軍事演習の例も適切ではないと思う。
というのは、軍事演習は攻められることを危惧して攻める練習をしているわけだが、鍵はそういった備えではない。
戦争への備えと犯罪への備えを対比させるなら、空き巣への備えとしてこちらも空き巣の練習をしなければ
ならないのではないだろうか。要するに相手に与える印象の問題だが、まぁ、これについてはともかくおこう。今の論点からずれる。
確かに国際的な段階的軍縮(廃絶するかは別だが)は困難なことかもしれない。しかし理想として
掲げる価値はあると思うのだ。その理想に向かって現実を変えようと努力することは可能なのだ。
それについてはどうだろう。
理想としては、どういった世界を目指すべきだろうか。

147 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2005/12/28(水) 04:11:07 ID:315BB6JC
>>142 議論も例えばで言えば争いで有り、戦争も外交の延長線に有る訳ですから、
コミュニケーションとは言える訳ですよね、うーん難しく成って来たような気ガスるものの、
漏れとしては侵略的争いは好みませんが、自衛的行動で有れば大義名分が付く訳ですから
本能の命ずるままに自衛権を発動します。

148 :SPADA:2005/12/28(水) 04:23:31 ID:Kvle8/rB
>>147

争いという言葉の定義が広すぎる。共に進歩を望むようなものについてはこの言葉の適用をはずしたいが、
いいだろうか。
つまり争いとは、自己利益のために相手を叩き潰す、破壊するための行為という意味として私は使おう。
それから自衛権についてだが、それは国際法上も認められているので、議論の余地はない。私もそれは当然
必要だと思う。
侵略については好む好まないの問題ではなく、国際法によって禁じられているので同じく議論の余地は無い。
話が少しそれてきてしまっている。整理しよう。

つまり私が言いたいことは理想として何を目指し、そのために現実をどう変えていくかということなのである。
戦争がある世界と、戦争が無い世界とどちらが理想的だろうか。

戦争があること、無いことのどちらを前提に考えるかということではない。
(ちなみにここで議論されている皆さんは「ある」という前提に賛同される方が多いようだ。私もその一人だ。)

私が言いたいことは戦争をすること、なくすことのどちらを目指すべきかということだ。

149 :右や左の名無し様:2005/12/28(水) 04:25:25 ID:D+20Kjnc
>>142
>しかし、議論とはもともと勝負ではないと思うのだ。

そのとおりだよ。というかそうであるべきだよ。でもそう思えない人もいる。
僕などは、自分は少なくともそう思っていると“思い込んでいるだけ”ではないかと思う。
また、
犬養毅のように、いくら言葉をつくして現実を突きつけようとしても、
「問答無用!」
と、理想論に殺されてしまうという皮肉なパターンすらある。

とどのつまりはね、血もつながらない顔も知らない人間をどこまで掛け値無しで信用できるのか? ということなのだ。
君を信じていると声高に叫んでいれば、相手も信じてくれるわけではない。
単純にそれだけのことなのだ。
だからこその歩み寄りが必要でも、それは自分を省みれば解ることなのではないか?

見も知らぬ、会話すら交わしたこともない人間の借金の保証人になれるのか。躊躇逡巡なく、懸念も何もなくその書類に捺印ができるのか。その瞬間にすら顔の見えない人間の保証人に?

が、いつかはそういう方向にもっていくべきだし、かすかにでもそれには向かっているとは思う。
ただ、任意的に目指すのであればやはりそれは、たんなる理想でしかないと思う。
釈迦無二やジーサスのような聖人君子になれるのか? ということだ。
聖人君子であるものたちだけがそうすべきだと叫ぶことを許されると思う。

形の上だけで信頼していても(ポーズだけ)、疑念の固まりの上に平和という城を築くことも危険でしかない。

琉球や秀吉のこと、かつての日本が国家として分裂していたことを上にあげたが、日本が一つにまとまるのにどれだけの戦争がおこったか。
それは矛盾なのかそうでないのか?

世界中の人間が、借金の保証人に快くなれれば軍隊を手放すことも容易いでしょう。

150 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2005/12/28(水) 04:33:37 ID:315BB6JC
侵略的争いを好まないてのは、理性や道徳で抑圧為ている物で有り、
この国では(漏れだけか?)其れが誇りだったりもする訳ですが、その想いを無視為れる又は
侵略行為を受けた場合は当然抑圧為れて居た感情(本能)の反動は当然
大きな物と成って返す結果に成ると思います。

151 :右や左の名無し様:2005/12/28(水) 04:35:30 ID:D+20Kjnc
>>148
>私が言いたいことは戦争をすること、なくすことのどちらを目指すべきかということだ。

どちらも目指すべきではない。二者択一を迫られたら、俺は答えられない。
戦争はいやだ。が、私は他者を信用しきれない。
私のように、他者を信用しない人間がいくら「戦争をしない世界を目指そう」と
言っても、どこまで信用できる?
禅問答のように聞こえるだろうが、>>149にも書いたとおり、平和を目指そうという相手に、
自分から(自分だけでも)どれだけ腹の中(またはプライベート)を見せることができるかということは
真に平和を望むという精神のバロメーターになると思う。

152 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2005/12/28(水) 04:39:02 ID:12sHTFOf
>>138
あのさ、原始人じゃ有るまいし一応それなりに文明も発達した人間同士なのネ。
キミの考えだと、回りは皆獣だわさ。

>どちらともいえないな。総ては、結果によるところが多いだろう。〜以下略
キミの世界は、悪意の塊のような世界なんだネ。
それとも、キミは文化交流やコミニケーションを他国とする事は
バカらしい事だとでも、思っているのかネ?
食うか食われるか、支配してしまわない限り永遠に敵はいなくならない
その考え方は、北朝鮮や帝国主義に良く似ている思想だわさ。

>経済の破綻。国家の沈没。〜以下略
それが判っているのに、他国の軍拡は脅威で、
それを防ぐ手段が自国の軍拡だとは、単純すぎないかネ?
それに、仮想敵国を軍縮に持ち込むには戦いではなく話し合いであり、
相手を理解し信頼し、こちらも信頼できる国に成らなければならないと
言う事が判らないかネ?

>理解している上で言ったのだ。〜以下略
判っているなら「自衛隊」を「軍」にする必要は余りないと理解できるだろにネ。

>軍隊を持ったら、軍拡を目指したら戦争がしたいと察するのは〜以下略
軍拡がやがて相互不信を招くって、僕カキコしてないかネ?
それに、大き過ぎる「力」は必ず使いたがるものなのネ。
そんなことは、過去の歴史を振り返れば判るはずだわさ。

>もうしわけないが、私は性悪説なぞまともには信じてはおらん。〜以下略
それならそれで良いが、キミの考えでは人間は悪意しか持ってと成るのネ。
その後の「善意ゆえに殺人者になる」って特殊事例だわさ。

153 :SPADA:2005/12/28(水) 04:44:47 ID:Kvle8/rB
>>149

私は無条件に他者を信じろとは言わない。だからこそ議論をするのである。対話しなければ
何も見えてはこないのだ。
借金の保証人というのはいくらか極端な例だ。
私もどこか一国が無条件に軍事力を縮小あるいは放棄することは不可能だと思う。
しかし、ジュネーブ軍縮会議や国連第一委員会で国際的に軍縮を話し合い、きちんと拘束を
かけた上で段階的に行うなら見知らぬ他人の保証人になるほどリスクを負わずにすむのではないだろうか。

それから、当然だが私は聖人ではない。というよりは完璧ではない。しかし、私は無力ではない。
理想を直ちに実現することはできないし、私自身いわゆる聖人のようには到底なれないが、しかし私にも
いくらかずつ理想を実現する力があると思うし、理想を持つこと、述べることはよいことだと思うのだ。
完璧にはならないかもしれないが、国際社会が軍備を今よりも縮小すること、きちんとした人道援助体制を
築くことは例え自分の奥底と矛盾しようとも有益なことだと思うのだ。

154 :右や左の名無し様:2005/12/28(水) 04:45:02 ID:D+20Kjnc
>>152
>>151などでさんざぱら書いているから、もうかかないが、
察するに、
君は、天使のように振舞いたいと思い、天使のようにしか振舞えない人間のようだ。
ならばもんだいないよ。ただ、君のような人間ばかりではないということは理解してくれ。

>それに、大き過ぎる「力」は必ず使いたがるものなのネ。
これは、
>キミの考えだと、回りは皆獣だわさ。
にかかる言葉と相殺するというか矛盾しているように思えるのだがどうなんだ?


155 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2005/12/28(水) 04:52:12 ID:315BB6JC
>>148 人類は戦争と言うコミュニケーションを使って更に
発展して来たと言う一面も有るので戦争には反対なのだが、実物を作り、
互いに技術を競いシュミレーションしてる分には技術革新の為にも良いかとは思う
思えばネットも元は米軍の通信用だし。

156 :SPADA:2005/12/28(水) 04:53:20 ID:Kvle8/rB
>>151

なるほど、貴方にとって平和とは信頼と深い関係があるようだ。
そう、だがもっと単純に考えて答えて欲しいのだ。
理想として、貴方はどちらがよいと思うのだろう。
私にはそれは自明であるように思える。戦争状態を望む人は極めて少数ではないだろうか。
そういった理想のために少しずつ行動していくことは建設的な姿勢だと思う。

157 :右や左の名無し様:2005/12/28(水) 04:56:25 ID:D+20Kjnc
>>153
>私は無条件に他者を信じろとは言わない。

けれど、武装の根源は他者を信用できないということなのだ。
借金の保証人というのは、いささかも大袈裟ではない。
国家に対して(他の日本人に対して)武装を減らせと言うのであれば、
自分はそれをできるのかという自問をしょわなければならない。
己の弱点を、どこまで他者にさらすことができるのか、それに見合った
ものしか要求をするべきではない。

>国際的に軍縮を話し合い、きちんと拘束を かけた上で

さて、ある一国はそれでも裏側に軍隊を隠していました、と俺なら疑ってしまうが?

国家を超越した機関ができれば、国家同士の戦争はなくなるよ。暴動くらいですむ。
医者が、自分の腹の中をさぐれないのといっしょで、国家は国家の業を解消することはできない。

158 :SPADA:2005/12/28(水) 05:01:40 ID:Kvle8/rB
>>154

貴方は戦争をコミュニケーションと呼んでしまうのか。私はだいぶ違和感を
感じるのだが。
そう、戦争によって科学技術が飛躍的に進歩してきたことは事実だ。
だが、技術革新のために戦争をする、あるいはその危険性を保持し続けること
は私にはメリットとリスクがつりあわないように思える。
インターネットがもともと兵器であったことは私も知っていた。
飛行機もその一面が強い。
どちらも平和利用によって大きな利益を私たちにもたらしてくれた。
私たちは空間的にも、精神的にも距離を縮めることができた(あるいはそうしやすくなった)のだ。
しかし、戦争、あるいは兵器は負の側面が強すぎる。

159 :右や左の名無し様:2005/12/28(水) 05:05:31 ID:D+20Kjnc
>>156
>そういった理想のために少しずつ行動していくことは建設的な姿勢だと思う。

当たり前です。

>戦争状態を望む人は極めて少数ではないだろうか。

皆無といってもいいでしょう。
結局、人間が聖人のように強くないからこそ戦争がおこる。
戦争をなくすためには、むしろ自己の鍛練のほうが早道で、
自動車を減らせば交通事故が減るというのとは違う。

武器や兵器が戦争をするのではなく、人間の思慮が戦争をするのだから。
(交通事故は、無思慮だからね)。

>貴方にとって平和とは信頼と深い関係があるようだ。

戦争でさえなければ平和というのは危険な思想だと思う。
「戦争よりましだ!」って思考停止に陥りそうだから。
信頼が出来さえすれば、戦争なんぞおこらんし、それにはまず信頼をするように努力をするのではなく、
その為の精神を作ることからはじめなければならんと思う。(偉そうに言っても、凡人の俺には無理そうだが)。

160 :SPADA:2005/12/28(水) 05:11:46 ID:Kvle8/rB
>>157

コメント前半に対して議論を始めると論点がずれてしまう。別な機会に
話合おう。
私がここで話したいのは後半のような内容だ。前半はそれ自体大きなテーマなので、
別に話し合うほうがいいと思うのだ。

もちろんやり方によるだろう。であるから段階的に行うことが重要なのだ。
その間にきちんと査察団などによって検証を行いつつ実行していけばリスクは
かなり縮小できるのではないだろうか。
そして、私は完全廃絶までは唱えていない。一定の軍縮を段階的に行うということだ。
どこか一国が隠し持っていても、それ以外の国による制裁措置を考慮すれば軽はずみな
行動には出られないはずだ。
私は核抑止論者だと思われるだろうか。いいや、とんでもない。
理想を全廃と掲げ、その達成の手段として相互確証破壊を用いているということだ。

161 :SPADA:2005/12/28(水) 05:20:39 ID:Kvle8/rB
>>159

ありがとう。それを当たり前と言ってもらえることを望んでいた。
その点を知りたかったし、それが大切だと思うのだ。

自己の鍛錬か。なるほど根源的に言えばそうなる。しかし、軍事力を少しずつ削減する
ことも対症療法に過ぎないかもしれないが、有効なのではないだろうか。

それから、戦争でなければ平和という考えを消極的平和という。
核抑止もこの考えの下に行われる。
つまり、互いに核兵器を突き付けあって一触即発だが、少なくとも今は戦争は起きていない
(冷戦)という状況である。
私もこの状態は危険だと思う。
だからこそ現実的手段として軍縮を唱えるのだ。
私の意見は対症療法的であり、貴方の意見は根源的原因についてを多く言及しているという
ことではないだろうか。

162 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2005/12/28(水) 12:27:45 ID:315BB6JC
>>158 言葉や文字も武器に成るように武器も文明で有りコミュニケーションツールの一つでしかない、
武器や戦争と言うコミュニケーションツールを使わなくて済むように対話が有る訳だが、
対話で補いきれない部分を武器で補って居る訳だから、争いの元である
互いの文化の違いと理由を双方が理解しない限り武器だけ減らそうと言うのは強引だと思う、
流れに逆らって川の流れを止めたりすると決壊した時の被害て計り知れないでしょ?

163 :右や左の名無し様:2005/12/28(水) 16:12:57 ID:WR+nzGne
ぶさょ 國とは戦争とは age 2005/12/27(火) 14:46:47 ID:???
同じ獨立國家、主權國家でありながら、何故、星条旗は毅然として掲げられ、日の丸の掲揚は躊躇されるのか、
この問題を解かねばならなかった。ケネディは格調高い大統領就任演説で、アメリカ國民に對して國家の品性を説き、
國家を食い物にせず、むしろ品格ある國家への貢獻を各自の標的とせよと、當然のように訴えたが、
同じ民主國家・日本にあって卑屈にならず、これと同じ言動を敢えてなすには、相當の勇気と覺悟を必要とするだろう。
素朴な疑問は大きな廣がりをみせ、そもそも國家とは何であり、近代日本とは一體何であったか、近代日本の理想と
現實の相剋、近代日本の背負わされた重さと辛さの意味を、事實を確認しながら、根底から問い直さねばならなくなった。
この點で、これまで教師たちがわたしに教えたことは正しかったか、教師たちはわたしを騙さなかったか、
嘘を教えなかったか、と。國際法上、戰争とは主權國家間における複數の正義が衝突する、紛爭解決のための
文明の作法、技術であって、善でも惡でもなく、國内刑法上の惡あるいは罪たる殺人とはその次元も、範疇も異にするが
、戰後一度も戰爭をしたことのない國の平和教育が何故、殺人との類比で戰爭を一方的に彈劾し、「戰う」ことを惡の領域
に封じ込める反戰教育と等値されて來たのか、と。政治の要諦は、國家が國民の生命・生活・財産を護ることに盡きると
すれば、確かに戰爭は悲慘で、平和は尊いが、アメリカを鏡にすれば、わが國の所謂一國絶對平和主義とは何だったの
か、とおのずから問わねばならない。國民を護らない國家を國民は信頼しその品格を誇ることができようか、と。あるいは
、修羅場を經驗したことのない軟弱なわが國の戰後民主主義とは一體何なのか、と。
http://www.tcp-ip.or.jp/~ainuzuka/nichibei/text4-3.htm

164 :SPADA:2005/12/29(木) 00:26:53 ID:PGDNr6dl
>>162

なるほど、私と貴方とではコミュニケーションという言葉の使い方がだいぶ異なっているようだ。
だが、それについて質問を繰り返しても私が聞きたいことと離れてしまうので、それについても
ひとまずおこう。

貴方はどういった世界を理想と考えているだろうか。理想そのもので構わない。
私はきれい事だの、現実的でないだといった的外れなことは決して言わない。
どうか、率直に聞かせていただきたい。
貴方は、どんな世界を理想とするだろうか。

165 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2005/12/29(木) 01:34:11 ID:skiVKxCb
>>164 近所付き合いと同じだと思うのだが、基本的には相互不干渉と、
自己責任が国家間にも有って然るべきだ、例えば友人や結婚相手を誰に選ぼうが隣人は関係無いし
周りと仲の悪い隣人と付き合が無くて其処の一家が飢えて死んでしまっても周りの隣人のせいには成らないだろう、
嫌いな隣人と交流をしないのは隣人の自由な訳で、無理に話しをしようと
引きずり出せば余計に関係が悪化するし最後には手が出るだろう。

隣人だからと言って隣の人と一緒の寝室や一つ屋根の下で暮らせないのと一緒だし、
隣の家の垣根や塀を不要だと言ったり金属バットや木刀や包丁の数を制限しましょうと
隣人が口を挟むのは正直に言うと余計な詮索しか覚えない。

166 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2005/12/29(木) 01:41:56 ID:skiVKxCb
>>164 集団として生活する単位が共同体だったりする訳だが、
言葉や習慣や価値観が違うのに共同生活と言うのは無理だろう、人の営みはあくまで自然で有るべきだ
無理の有る人工的な介入と言うのは自然界に何時も重大な影響を及ぼす結果に成る。

167 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2005/12/29(木) 01:53:56 ID:/Yft7OwJ
>>154
>ただ、君のような人間ばかりではないということは理解してくれ。
それは理解出来るのネ。
だから、ここで議論や意見を書き込んでいるのだわさ。

さて、矛盾だと思われている件だけど、なるほどそう思われても
仕方がないかも知れないが、僕が言う獣とは「言葉が通じない」を指し
そして「力」とはここでは文字通り力で殺傷能力を指すのネ。
この「力」だが、>>150での ふざけた奴の言葉を借りるなら
「理性や道徳で抑圧為ている」のだが、大きすぎればそれも
緩くなるのネ。
キミも銃を持てば、撃ちたくなる欲望が湧くだろでも実際には
理性や道徳、そして法があるから撃たないだわさ。(普通ならネ)

もしかして、相互不信と言った点が矛盾だと言うのなら
先に話し合いもなく信頼も築けずに、軍拡させ
「さあ、僕らはキミ達を信用している」
が、通じるのは余りに稀有な例ネ。

168 :右や左の名無し様:2005/12/29(木) 02:02:05 ID:D0FLggqh
(・ω・)ノ{嫌いな奴への対応…

当たり障り無く…或は一々相手にしないのが普通の人

相手と同じレベルでやり合ったり、「引っ越し、引っ越し、さっさと引っ越し」と煩く騒ぎたてるのが馬鹿ウヨ

169 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2005/12/29(木) 02:38:14 ID:skiVKxCb
>>168 俺に取っては引っ越しババアも藻舞も一緒なうえに嫌うとそれを嫌う奴は
馬鹿ウヨ!とか挙げ句藻舞いは干渉する訳だよ、だから尚更嫌いに成る訳だよ、
理解出来た?

170 :SPADA:2005/12/29(木) 02:55:02 ID:PGDNr6dl
>>165
>>166

私も貴方の発言に共感を覚えるところはある。私もアメリカのしていることに疑問を
感じる。だから、価値観を押し付けあうようなことには私も反対だ。

大変丁寧に説明していただき、私としてはうれしいのだが、もっと単純に答えていただいても
よかった。私は理想について質問したのである。貴方はどんな世界がいいと思うか、
それをそのまま発言してくれれば良いのだ。
私は文化を統一するようなことは当然すべきでないと思うのだ。それはイスラム社会と
欧米の間で繰り返されている問題を見ればよく分かるだろう。その点では多様性が認められるべきだ。
私は理想として、文化の多様性を認め、互いが互いを理解しあう世界を望んでいる。それは無条件で
築かれるものではない。相手の文化的価値観をしっかりと学び、排除しようとするのでなく、共生しよう
としていかなければならない。
だから私は世界政府を目標にはしていない。今あるシステム(国連など)を改善していけば良いと思うのだ。
そして私は戦争の無い世界が理想だと思う。互いに殺しあう世界よりは、それぞれ幸せに生きられる世界の
ほうが私は良いと思うのだ。
この理想を実現するために、段階的に一定の軍縮をし(廃絶するかは別だ)、WTOや人道支援、ODA等のシステム
を改善していくべきだと考えている。国連改革もその一つだろう。
それは困難なことであるだろう。だが、私は諦めるのではなく、行動していきたいのだ。
それは貴方も賛同してくれた通り、建設的な姿勢だと思うからだ。
具体的な手段については私はまだまだ勉強不足であまり多くを語ることはできない。だが、こうした
理想を実現するためにどのような手段が適切か、これから全力で学んでいくつもりだ。
私はこのような理想のもと発言してきた。
このような形でもう一度説明していただけないだろうか。
何度も質問を繰り返して申し訳ない。だが、私は貴方と対話することが楽しいし、有益だと思うのだ。
そしてどうも私と貴方の意見には似ているところがあるように感じるのだ。
よろしくお願いします。

171 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2005/12/29(木) 03:44:57 ID:O+La+uLt
>>170 お互いに目指して居る所はそんなに変わる訳では無く、色々な権力構造からの個の独立だと思うんです、
自分が貴方と会話出来る事が自分の確認の為に有益だと思います、自分は学ぶべき事がこれからも沢山有り
こちらこそよろしくお願いしたいです、軍縮に関しては相互理解が深まれば抵抗は有っても自然と行われて
行く物だと思っています。

理想と言うのは自分には難しくて説明しづらいのですが、個の独立を促す為に貧困の解決と人道支援は
有って良いと思うんですそれが結果として互いの無用な干渉を防ぎ個の独立に寄与すると思うからです。

172 :右や左の名無し様:2005/12/29(木) 07:43:14 ID:D0FLggqh
(・ω・)ノ{>>169
嫌うのは勝手だけど、こんな掲示板で気違いじみた発言を繰り返すから引っ越し婆というぽ

普通の人は一々嫌いだ嫌いだ、等と触れ回ったりはしないぽ

173 :田中 ◆f5TAnaKAAA :2005/12/29(木) 09:38:12 ID:UATMzGWC
ヒント:まずプリントアウトしてみよう。
(紙媒体は読みやすく、理解しやすいです。)

174 :田中 ◆f5TAnaKAAA :2005/12/29(木) 09:43:03 ID:UATMzGWC
詭弁の特徴
 1:事実に対して仮定を持ち出す
     「俺はノンケだって構わないで食っちまう人間なんだぜ」
 2:ごくまれな反例をとりあげる
     「僕…阿部さんみたいな人好きですから」
 3:自分に有利な将来像を予想する
     「それじゃあとことんよろこばせてやるからな」
 4:主観で決め付ける
     「ウホッ!いい男…」
 5:資料を示さず自論が支持されていると思わせる
     「きっといい気持ちだぜ」
 6:一見関係ありそうで関係ない話を始める
     「ところで俺のキンタマを見てくれ」
 7:陰謀であると力説する
     「このぶんだとそうとうがまんしてたみたいだな」
 8:知能障害を起こす
     「いいこと思いついた。お前俺のケツの中でションベンしろ」
 9:自分の見解を述べずに人格批判をする
     「自分の肛門の中に小便をさせるなんてなんて人なんだろう」
 10:ありえない解決策を図る
     「いいよ、いいよ。俺が詮しといてやるからこのまま出しちまえ」
 11:レッテル貼りをする
     「すごく…大きいです…」   
 12:決着した話を経緯を無視して蒸し返す
     「やらないか」
 13:勝利宣言をする
     「出…出る…」
 14:細かい部分のミスを指摘し相手を無知と認識させる
     「実はさっきから小便がしたかったんです」
 15:新しい概念が全て正しいのだとミスリードする
      「うれしいこと言ってくれるじゃないの」

175 :右や左の名無し様:2005/12/29(木) 14:47:07 ID:ev3gxON1
>>167
>「さあ、僕らはキミ達を信用している」
>が、通じるのは余りに稀有な例ネ。

言いつづけているように、世間は貴方のように天使ではない。
そして、大袈裟な言い方をすれば究極の選択でしかない。
世間を信用して、武装を放棄するか、
世間を信用せず、不信感を買うか。
天使の貴方は、裏切られて刺し殺されるようなことになっても笑顔で死ねるということで、
わたしには、そんな気概がないというだけのこと。そして、天使の価値観に巻き込まれたくはないということだ。
われわれは、銃刀法によって非武装となっているが、包丁で殺されてもおかしくはないと思っているし、灰皿でさえ人を殺すことができると知っている。

国内ですら殺人事件はじめさまざまに脅かす要因があるのに、海外を国内と同等レベルにまで信用せよ(サヨク連中の思想だと)国内以上に信用せよというのは、
私に言わせれば狂気の沙汰だとしか思えない。

まぁ、恋人が強姦される直前でも、「俺の恋人だからてを出すな」と暴力に訴えず話し合いだけで解決してみればいい。
以下に言葉が無力か、
極限状態の人間がどんなものか、
自らが死ぬことになっても、憎い相手に一矢報いれればいいという思想の人間がいないという保証はどこにあるのか。

176 :右や左の名無し様:2005/12/29(木) 16:38:28 ID:D0FLggqh
(・ω・)ノ{ならば、常に出刃包丁を持って行動するしかないぽ

しかし現実にはそれは銃刀法違反で許されない行為だからぽ

何故なら君みたいな人間が、一番その武器を使って人に危害を加える可能性が高いからぽ

君を北朝鮮、武器を核、法を核拡散防止条約に置き換えてみるぽ

177 :右や左の名無し様:2005/12/29(木) 16:49:55 ID:???
>>176
なぁなぁ、ぽサンは議論じゃなくて煽りが目的なの?
せっかくふざサンもこのスレじゃかなりマジメに議論してて、
汚い言葉もほとんど吐いてなかったのに、煽る人がいると
スレが汚れちまうよ。。

貴方も左寄り論客としてネ申サンを見習え!

178 :右や左の名無し様:2005/12/29(木) 16:53:50 ID:D0FLggqh
(・ω・)ノ{煽ってないし、口汚く罵ってもいないぽ

179 :右や左の名無し様:2005/12/29(木) 16:59:27 ID:???
>>178
自分にはふざサンをものすごく敵視したレスに見えてしまうぽ・・・
せっかくかわいい顔文字使って語尾を工夫して、語調が強くならないように考慮してるんだから、
もっと穏やかに、、、というか、貴方方の好きな平和的な話し合いをしましょうよ、とか言ってみたりw

180 :右や左の名無し様:2005/12/29(木) 17:05:05 ID:ev3gxON1
>>176
>常に出刃包丁を持って
だから、究極の選択だって言ってるじゃない。
私は、笑いながら殺されるのも、それで良しという人に巻き込まれるのもごめんだ。
それに、国内には警察機構がある。
が、
国際的にはそれに相当するものが皆無。類似品はあってもね。
イコール、取り締まる法律がないということ。
ならば、その法律と罰則ができなければ。


181 :右や左の名無し様:2005/12/29(木) 17:07:45 ID:D0FLggqh
(・ω・)ノ{ぽ?ぼのレスのどの部分がキツイとおもったぽ?

182 :右や左の名無し様:2005/12/29(木) 18:21:52 ID:???
>>181

まず>>168にて馬鹿ウヨ発言、続いて>>172にて、
ふざサンの発言に対し基地外じみていると言い、
>>176では「君みたいな人間が」、と、>>175さんを煽る発言を、、

って、まぁみんな似たようなことやってるけどw、もうちょい間接的な表現にした方が、、、、ね?

183 :右や左の名無し様:2005/12/29(木) 21:10:23 ID:D0FLggqh
(・ω・)ノ{>>168では、引っ越し婆みたいなのを表現するとき、「馬鹿」としか言いようがないぽ…

>>172は、うざたんのレスを読んだことがある人なら皆同意見だぽ
以前、他の人のレスを引用して「お前のレスもこれくらい気持ち悪いぞ」と注意され、反省してたけど全然直ってないぽ

>>176は、武器を持ちたがる人間は武器を使いたがるという、極当たり前の話ぽ

184 :KURA:2005/12/29(木) 21:39:51 ID:XgNCtw3u
>>181さんゴミに釣られたら駄目です。
182みたいなゴミは無視しましょう。

スレの清掃に御協力お願いします。

185 :KURA:2005/12/29(木) 21:45:13 ID:XgNCtw3u
すいません。アンカーミスです。
>>184
181=>>182
182=>>183
でした

186 :右や左の名無し様:2005/12/29(木) 21:45:05 ID:D0FLggqh
(・ω・)ノ{>>180黙ってやられろも、やられる前にやれも、どちらも嫌ぽ
ぽは、やられたらやり返すぽ…たとえ最初に受ける一撃が痛恨の一撃だろうと、最初の一撃は受けざるを得ないと思ってるし、なによりそんな事態にならないようにするのが外交だと思うし、まずはそれに全力を尽くすべきと思うぽ

国際法の整備は同意ぽ

187 :キャッチ22 ◆kSz0.H0MK6 :2005/12/30(金) 00:06:45 ID:s2QzH8t1
外交を強くしたくば、世界中に諜報員送り込むことだね。
もちろん国際法無視の方法も取らざるを得ないでしょう。

ついでに国内においても盗聴、よく言えば通信傍受。
この法整備と、柔軟な運用。

これのアレルギー多い人に限って、やたら外交を強調したがるんだが・・・

188 :SPADA:2005/12/30(金) 00:45:33 ID:iuSid4E4
>>171

ありがとう。議論によって互いに自分の意見をより的確に認識できるようになるということ
はとても有益だ。共に高めあっていこう。

そして大きな収穫があった。理想に大きな差異はないということだ。誤解しないでほしいのだが、
私は人は皆同じだなどと言いたいわけではない。戦争は理想的ではないという合意がとれたという
ことだ。
理想とは平和であり、それぞれが幸福に生きていける世界ということである。
では、この理想を実現するためにどのような具体的目標を掲げるべきか。そして、それをどのような
手段で達成していくかというところに議論は移っていく。
私はその目標が国連の改正であり、軍縮だと思うのだ。
貴方にとっては相互理解、個の独立ということになるのだろうか。
ここについて議論をしていこう。具体的目標、手段についてだ。私は少し勉強をしてこよう。
私にはまだまだ知識が足りない。書き込みが遅くなるかもしれないが、必ず返答はするので、
どうかお待ちいただきたい。
国連改革、軍縮、核軍縮についてしばらく学ぶことにする。議論する上でより多くの情報と
具体的数値が必要だ。私にはそれが足りない。

189 :SPADA:2005/12/30(金) 01:18:02 ID:iuSid4E4
>>175

極限状態について随分言及なさっているが、どうだろう、私たちはそれほど常に極限状態にあるだろうか。
文末の例であるように恋人が強姦される直前において言葉(対話)は確かに意味を成さないかもしれない
が、私たちは常にそういった極限状態にあるわけではないし、言葉(対話)は無力ではないと思うのだ。
それが無力であるならコミュニケーションなど無意味になってしまう。
私はそうは思わない。
それから、どのような左翼的思想団体が即刻武装解除を主張しているのか私は知らないが、そういった
考えには私も反対だ。それは私もそれは無意味だと思うし、現実を無視しすぎていると思う。
誰しも天使のようにはなれない(あるいは極めて困難)だろう。しかし、それを理由に
理想的でない現実に留まってしまうことは建設的ではないと思う。
私は以前にも述べたが、国際的に段階的な軍縮をしていくことを提案している。
それについては私もまだまだ知識不足で、今後きちんと調べて改めて発言するつもりだ。
そういった私の考えについて貴方の意見を聞きたい。
どうか、私に貴方の意見を説明して欲しい。その際、貴方の理想を述べて欲しいのだ。
よろしくお願いします。

190 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2005/12/30(金) 02:00:56 ID:iGsJs+7Z
>>175
>言いつづけているように、世間は貴方のように天使ではない。 〜以下略
あのさ、世間の価値観を確定付けない方が、良いと思うがネ。
世間は、キミの価値観と同じと言えないだろうしネ。
キミ自身「そうでない人もいる」って言ってるのだから、逆もまた然りだわさ。

それと究極の選択って対になる考えを上げて、選択肢にしないとネ。
世間を信用して、武装放棄するか、
世間を信用せず、武装強化するか、
てな具合にネ。それに僕がいつ武装放棄するなどと言ったのかネ?
僕は今のままで十分だと言っているだわさ。
キミは僕を「天使」と言う表現を用いて、「非現実」と言う事を言いたいのだろうけど、
話し合う事が大事と言うのが、それほど「非現実」なのかネ?

国家間の問題を、人同士の問題まで引き下げて例えるのは良いが、
そこに「正当防衛」って言うモノの存在は、置き忘れているのだわさ。
ついでに人同士のレベルで言って挙げるが、ではどんな人でも銃を持ち
他人も信用しない世界で、そこは平和と言えるかネ?

それでも、判り難いなら実例でアメリカと言う国家を考えれば良いと思うがネ。
自国の主義に従わない国は敵国と決め付け、自国の利益の為には
有りもしないイチャモンを付け他国へ侵攻し、「解放」「正義」だと言い放っては
後始末も満足に出来ない、結果自国はテロの脅威に一層怯え、
さらに他国により信用出来ない状況にして行き、より軍拡へと走る繰り返しで
彼らにとっての平和は、全ての国が彼らに従わなければ平和が訪れない状況だわさ。

キミにとっては、そう言った考えの方が好ましいのだろうけどネ。

191 :ぶさょ:2005/12/30(金) 02:28:41 ID:gSqJc0jG
国際社会に正義なんてないでしょう。
アメリカはアメリカに都合いい世界地図を描く、他国もそれぞれ

それがどうかしたのかな?

192 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2005/12/30(金) 02:44:04 ID:iGsJs+7Z
>>191
この世に「正義」はないだわさ。
そんな事、わざわざ反応しなくて良いのだけど、何か言う前に
スレ読んでから言ってだわさ。
そこだけ、取り上げられても僕は困るのネ。

193 :ぶさょ:2005/12/30(金) 03:06:50 ID:ztukTGEq
>>192 本当にアメリカが無意味なイラク侵攻であったと思うわけかね?

194 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2005/12/30(金) 03:53:40 ID:iGsJs+7Z
>>193
アメリカにとっては、無意味でないだろうネ。
フセインの排除・反米諸国への見せしめ・武器の実験場
アメリカ石油企業のイラクへ進出・軍事費の拡大・親米国家の樹立などなど
目的が達成できた物も出来なかった物もあるだわさ。

ところで、キミ>>191とコテ名は同じだがID違うけど同一人物かネ?

195 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2005/12/30(金) 04:10:33 ID:51Ty24vc
SPADAさんへ
確かに対話は干渉ではないですね、相互理解の為な訳ですし。
対話ではなく干渉に成る事を防ぐにはやはり国としても
個の独立が必要なのだと思うのですが・・・難しい。

196 :SPADA:2005/12/30(金) 04:14:47 ID:iuSid4E4
>>195

ありがとう。そう、繰り返すが対話とは有益なのだ。

貴方の考える個の独立というものがどういったものなのか、国家と、個人それぞれの
例をあげて説明してくれないだろうか。ちょっとまだ貴方の考えをつかみきれていないのだ。


197 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2005/12/30(金) 04:30:18 ID:51Ty24vc
>>196 いえ、こちらこそ考える考える機会を与えて頂いて有難いです、
説明については1〜2日位考えさせて下さい。

198 :SPADA:2005/12/30(金) 04:52:38 ID:iuSid4E4
>>197

分かりました。
しかし、議論とは実に有益で、また楽しいものだ。対話ほど私が好むものは無い。
私は話すことが大好きだ。私はコミュニケーションを重要視しており、その理由は様々
だが、感情的に大きいのは、それが実に楽しいからなのだ。
もし私たちが互いを罵りあい、くだらない侮蔑語をわめきあっていたらどうだっただろう。
少なくとも面白くないし、得られるものも全く無かっただろう。
しかし私たちは冷静かつ誠実に対話し、私は学習の意欲を、貴方は熟考の意欲を得た。
議論、対話がいかに有益で、罵りあうことがいかに無意味かは明白だ。
どうかこのような対話、姿勢を広めていくことに協力して欲しい。それは貴方にとっても
得るものは大きいと思うのだ。
方法も簡単だ。罵りを一切使わなくすること、分からないことはきちんと質問すること、
勝手に断定せず、じっくり相手の意見を聞くこと。その程度だ。
せっかくこんなに良い場所があるのにもったいないではないか。

199 :右や左の名無し様:2005/12/30(金) 07:29:13 ID:4E3XeVcn
>>189
>私たちはそれほど常に極限状態にあるだろうか。

常に極限状態ではない。平時という言葉があるように、極限であるわけもない。
が、戦争そのものが極限状態だと言うことなんだけど。常に武力はいってい以上持っていなくては
いけない。無論、過剰ではならない。なぜならば、その国の財政を圧迫するからだ(このあたりは、
君と意味合いが違う)。また、極限状態になった時に備えなければならない。ドロナワで軍備を増や
すことなんぞできない。国民総動員法で徴用された兵隊がどこまで役に立ったかというのはかなり
怪しい話しだ(無論、国防の気概は買わなければならん)。むずかしいことではない、災害に備えて
保存食は蓄えておくだろう。通常生活を圧迫せん程度に蓄えないか?

>>190
>僕は今のままで十分だと言っているだわさ。

現在の軍備では、北朝鮮に空爆ができないそうだ。
つまりは、核ミサイル基地の攻撃ができず、ミサイルの発射は軍備に置いて阻止するというチャン
ネルは存在しない。話し合いという駆け引きだけになる。ミサイルは迎撃するだけになる。しかも
撃ち落とす手段もない。発射されて、制度があれば、着弾は免れない。
自衛隊も、外に出て行けないと言うことであれば(実際にはそうでもないが)戦場は自ずと日本領内に
なる。最悪、簡単に本土となるであろう。
アメリカを実例になされているが、日本がそうならなければいいだけのこと。武器を持っているか
ら出て行っているのではなく、出て行きたいから出て行っているのである。そのあたりはあなた達
のような人を信用しているし、自分だってそうだ。
君も矛盾は認めたようだが。
私は、他人(この場合他国)を信用しきっていないが、自国は信用している。なぜならば選挙や世論
というカタチで主権が及ぶからだ。死ぬも死なないも自分の責任において行動ができる。

200 :右や左の名無し様:2005/12/30(金) 07:31:42 ID:4E3XeVcn
お二方に言いたいのは、話し合いなどというのはあなた達の言うレベルではまだ時期尚早だというこ
とだ。現在に置いてはまだポーズの段階を脱していないし、本当に単なる駆け引きである。それは、
まさにアメリカをみれば明白で、話し合いの最中にでも銃口を向けられ引き金を引かれたらアウト
だと言うことである。軍隊のいってい以下の保有であれば信用してもらえるというのであればそれ
にすべきだろうがそんなものは存在しない。
ただ、悲観したもんでもない、日本国内のことですら、百年前まで戦争でないと片づかないことは
多かった。今は、その状態を脱している。それは、進歩をしめすことだし、未来を示すことだ。何
万年後かは知らないが、情報化が進めば世界もそうなる時は来よう。
それには意識改革が必要で、気がついたら軍隊がなくなっていたというレベルの話しになる。意図
的に減らしているうちではまだダメだ。

二〜三日アクセスできません

201 :ぶさょ:2005/12/30(金) 12:35:26 ID:lVZ8ZHoi
>>194 アメリカはアメリカに都合いい世界地図を再構築しつづけるのは当然だわな
イラクについては、
フセイン一家が莫大な資産をたくわえつづけて、王朝として息子世代にバトンタッチというのは
サウジのアブドラ皇太子世代、イランとの三国同盟時代阻止のために必然といえましょう。
クウェートはイギリスのクウェート石油会社であるから、イギリス舞台はクウェートをバクダットから守るように配置だったりするし
アフガン・パキスタンを確保するのも、カスピ海からのパイプライン確保でもあるわけだ。

反戦を叫ぶもの、アメリカのイラク侵攻を非難するものは、かかる中東の懸念
アメリカが中東に展開しなかった場合には、そのマイナス面で、アメリカを非難しそうだがw
とにかくそのマイナス面を指摘されるまえに、自ら提示して、そのマイナス面を
シミュレートした上で受け入れる英断なり、他の解決案を体系的に示した上で、反戦運動・アメリカ批判をすべきなわけよ

アメリカの石油確保・中東関与による恩恵の中にいながら、ポーズだけの反戦・反米は、激しく醜い存在なわけです。

202 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2005/12/30(金) 20:42:56 ID:7RjPWMPX
>>196 個人間や国家間にも個の独立てのは全ての事柄について有る訳で、
依存する姿勢が個の独立を妨げてしまう訳なんだけど、集団や国に何をして
貰えるかではなくて、個や国が何を出来るかと言う事になるのだと思う。

身近な所だと子は親に経済的に依存している訳だから干渉を受ける訳なんだけど、
経済的に独立すれば基本的には干渉を受けない訳でしょ?でも恩や義理なんてのも
発生する訳だから一概には言えないのだけど其れも数値的というか相対的な物だよね
作用全てには反作用て物が発生する訳で、此れは軍縮に関しても言える訳で
先に軍縮を言ってみても一時的軍縮は見るかも知れないが反作用を生じてしまう結果に
成ると思う、後にれは国民性か個人的な物か微妙だが日本では兵隊を兵隊さんと呼び
余り忌み嫌わない、此れは世界史から見れば日本が安定していたからだと思うのだが
漏れは警察機構にも感謝をしているし、世話に成った事が有る訳ではないが
自衛隊の方々も災害救助等をしてくれるので心強くは思っても余り嫌いではない。

203 :SPADA:2005/12/30(金) 22:55:01 ID:iuSid4E4
>>200

私は理想と、その実現に向けた具体的目標、手段について話している。現状が理想でない
ことは貴方の言うとおりだ。
しかし、ではどうすれば理想に近づいていけるかということを話し合いたいのだ。
貴方の言うように何万年も待たなければならないのだろうか。また、私たちには待つこと
しかできないのだろうか。
情報化によってなぜ軍隊が自動的になくなるのか、意識改革とはどのようなことか、もう少し詳細に説明して欲しい。
それから、貴方はどのような世界を理想とし、実現のためにどのような手段をお考えだろうか。
どうか、説明していただきたい。

204 :SPADA:2005/12/30(金) 23:08:04 ID:iuSid4E4
>>199

コメントの順番が前後して申し訳ない。
なるほど、貴方の言いたいことは理解できた。私もそれは、その通りだと思う。
しかし、私が聞きたかったことは理想と、その実現のための目標、手段についてだ。
私は、平和で、それぞれが幸福に生きていける世界が理想だと思う。つまり、戦争は
理想的ではない。
そういった理想的世界を実現するためにどのような目標、手段が適切だろうか。
私はその目標として軍縮、国連改革をあげる。
どうか、貴方の理想とする世界を述べてみて欲しい。そして、そういった世界を実現する
ためにどのような目標を掲げるべきだろうか。
質問を繰り返してすまない。しかし、どうかお答えいただけないだろうか。

205 :SPADA:2005/12/30(金) 23:15:59 ID:iuSid4E4
>>202

申し訳ない、ちょっとまだ理解し切れていない。
依存と干渉、作用と反作用について私はまだ明確に理解できていない。それは、同じもの
なのだろうか。つまり、依存と干渉というものは、作用と反作用の例なのだろうか。
とすれば軍縮に対する反作用とはどのようなものだろう。
本当に何度も質問を繰り返してしまい、申し訳ない。
長くなっても構わないので、できるかぎり詳細に説明して欲しい。私は下手に誤解をしたまま
話を進めたくないのだ。よろしくお願いします。

206 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2005/12/31(土) 02:30:08 ID:QLowBsZh
>>199-200
>現在の軍備では、北朝鮮に空爆ができないそうだ。〜以下略
>>98で僕が言っている事も読もうネ。

>アメリカを実例になされているが、日本がそうならなければいいだけ〜以下略
10年前PKO法案で小泉がなんと言ってたか知っているかネ?

ttp://www.president.co.jp/pre/special/editor/200.html (h抜き)
(小泉首相の原点はいずこに?より)

と、言う様に言って置きながら今の現状だわさ。
アメリカのように成らなければ良いとキミは言うが、今現在アメリカ追随で
その危険性は増しているのネ。
政府を信用するのは結構だが、その政府自体が無理矢理な憲法解釈で
イラクに自衛隊を派遣、そして今「防衛庁」を「防衛省」に格上げしようと
しているのネ。
軍拡とは、単純に武器を多く持つだけでは有る訳でもないが、10年前は
PKO以上にならないと明言してた人はかなりあの当時いたが10年後
キミは、徴兵制が復活しないと明言できるかネ?
この時、キミが言う「死ぬも死なないも自分の責任において行動ができる」は
吹っ飛ぶ訳だわさ。

>まさにアメリカをみれば明白で、〜以下略
明白であるが、その後の信用の失墜が抜けてるだわさ。

>ただ、悲観したもんでもない、日本国内のことですら〜以下略
今の人類は原始人なのかネ?
少なくとも、反戦意識は広がっている事は考えないのかネ?

207 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2005/12/31(土) 02:35:22 ID:QLowBsZh
>>201
で、キミは何を言いたいわけかネ?
それとアメリカが中東に展開しなかった場合のマイナス面って何か
カキコしてくれないかネ?

208 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2005/12/31(土) 15:23:23 ID:s5hMu03P
>>205 依存と干渉は一次的な経済的支配や軍事的や従属によって得る事の出来る物で
強者・弱者に関係なく平等性を欠いた関係では依存していると言う形で表す事が出来ると思う、
作用・反作用は依存や干渉が作用で有り依存や干渉といった不平等を含む結果として二次的な
反作用として捉える事が出来ると思う。

209 :Y・H・W・H:2006/01/02(月) 12:56:17 ID:m9eRZw2a
>>302
>貴方の言うように何万年も待たなければならないのだろうか。また、私たちには待つこと
>しかできないのだろうか。

待つことだけではない、が、あたらずも遠からずというやつだろう。どうやっても直接的努力で“理想的”な世界情勢は訪れない。
己の力をどうすればそがれず、敵国(総ての外国)の力をいかに削ぐか。その駆け引きの連鎖が最終的な“理想的な世界情勢”をつくることになる。そして、そのための実質的な戦争は避けて通れないだろう。
そして、

>情報化によってなぜ軍隊が自動的になくなるのか、意識改革とはどのようなことか、

情報化というのは、遠方を身近に引き寄せるということ。情報というのは、知識のことだけではない。むしろ知識のことではない。理解することだし、いわば麻痺してしまうことだ。もっと言えば、文化文明の差異が消滅することである。
で、意識改革というのは、その文化文明を維持したままどこまで理解できるのかということ。見も知らない人の死をテレビニュースで聞いて、身内と同じように悲しめる精神の飛躍がじつげんされること。
そして、

>>204
我々が、ここでかたっているような“理想世界”を実現すること、生きていくことは不可能だろう。江戸時代の人間が、直接選挙すらかなわなかったように。
努力することはすべきだろうが、一足飛びにできることではない。現在の段階は、
>己の力をどうすればそがれず、敵国(総ての外国)の力をいかに削ぐか。
の駆け引きの時代だ。
そのバロメーターは、貴方がどこまで隣人を信用しているのか。と自問することである。
ここでいう平和とは、国家力のレベルで実現することだが、その国家を構成するのは我々一個人なのだから、我々が隣人を信用できないのに、国家に隣国を信用せよというのは本末転倒である。

210 :Y・H・W・H:2006/01/02(月) 12:57:37 ID:m9eRZw2a
>>206
これで、答えになっているか?
君のように、国家と個人が乖離した発想の人間では理解できんかも知れんが。
>この時、キミが言う「死ぬも死なないも自分の責任において行動ができる」は
吹っ飛ぶ訳だわさ。

だから、この言葉を理解できないととぼけてみせよう。ぶっとんでなどいない。
自分が選んだ政治家が徴兵制を望むのならばそれに従ってみせねばなるまい。
選んだ責任はとらねばならん。たとえ自分がそれに反する議員に投票していたとしても、「入れたやつは誰だ」などという見苦しいまねはせん。それこそが隣人を信用しないことと道議だからだ。

211 :SPADA:2006/01/05(木) 22:32:05 ID:Hner25fc
>>208

どうも依存、干渉と作用、反作用との軍縮の関係がよく分からない。では、軍縮がなぜ手段として
成り立たないのかを説明していただけないだろうか。
理解が遅く申し訳ない。

212 :SPADA:2006/01/05(木) 22:44:19 ID:Hner25fc
>>209

なぜ直接的努力によって理想的平和をもたらすことができないのだろう。貴方の考えを聞かせて欲しい。
そしてもう一つ、つまり貴方は戦争が平和をもたらすとお考えなのだろうか。
貴方の目指す平和とは戦争の結果を言うのだろうか。どうかそのあたりもご説明いただきたい。

文化文明の差異が消滅するということは、私としては好ましくないことだと思う。文明(技術)はともかく、
文化の差異がなくなるということは相互理解が進んだということではない。

意識改革については異論はない。すばらしい理想だ。

私は即刻無条件武装解除を唱えているのではない。段階的軍縮を唱えているのだ。
我々も、国家も隣人を信用できていないということはよく分かっている。
しかし、私は完璧に信用して無防備になれと言っているのではない。段階的に
武装を削減し、信頼関係を築けるよう努力していこうと言いたいのだ。
困難な現実の前に屈するのではなく、理想を掲げて行動しようと呼びかけているのだ。

213 :Y・H・W・H:2006/01/06(金) 12:40:50 ID:tYDG49Tp
>>212
>困難な現実の前に屈するのではなく、理想を掲げて行動しようと呼びかけているのだ。
>段階的軍縮を唱えているのだ。 我々も、国家も隣人を信用できていないということはよく分かっている。

難しい話ではない。とどのつまりが、隣人を信用していないのに、(武装に限らず)武器を減らすということがどういうことなのか。そのことの方が常軌を逸しているとしか思えない。
理想を掲げるのは結構で、軍縮も結構なことだ。が、それに代わる決定的な力がない。いわば代案のない状態で理想だけ押し通すのはどういうことなのか。

“理想(や夢)で飯は喰えん”“才能がなければ、職業にならん”

芸能人になりたいという中学生の進路希望をなだめるPTAのようだが、まさにそのとおりなのだ。
人間が人間を信用できるのならば、武装など微塵も要らない。
裏を返せば、信用さえすれば、段階的な軍縮なり放棄なりすればよい。たとえ、軍備が小さいゆえに外交が不利になろうとも、軍備がない為にどこかの国の侵略を受けようとも、それは“信じた”全国民が身をもって受ける責任だからそれでいい。
が、私が繰り返しているのは、
「信じているのか? なにを信じているのだ?」
である。


214 :Y・H・W・H:2006/01/06(金) 12:41:51 ID:tYDG49Tp
>>213の続き

>文化の差異がなくなるということは相互理解が進んだということではない。
まさにそのとおりだが、単純に生活習慣の違う人間をどこまで受け入れられるかというのは意外と難しい。
器をテーブルに置いたまま顔を器に近づけて食べる習慣は、日本人なら知っていても誰でもギョッとする。それがその国ではデフォルトだとしても。それを維持したまま理解を進めるのならば意識改革が必要だと言っているだけ。

>なぜ直接的努力によって理想的平和をもたらすことができないのだろう。貴方の考えを聞かせて欲しい。
くりかえす。
あなたが、あなたの努力(直接説的)において、家の防犯設備をはずしていったからといって犯罪はなくならないということだ。いくらあなたが世間に対して、「泥棒はいけない。障害殺人なんってもってのほかだ」と誠心誠意叫んで、そのように活動をしても、犯罪は減らない。
そして、あなたが、家の防犯装置をはずすときは、世間から犯罪が無くなったとあなたが認識したときのはずだ。
防犯装置(軍隊)だってただではない。むしろ家計(国庫)の負担は長大なものだ。
誰も空き巣になんて入らないと解っているのに、施錠をするなどというのはナンセンスである。
状況が許しさえすれば、そうなってしまうのだ。

かつては、日本のあちこちに軍閥があった。
徳川幕府が圧倒的な政治力をもってミラクルピースを実現したが、それでも藩という軍閥はなくならなかった。
しかし、有史いらい日本に無数にあった軍閥は、維新、大東亜戦争を経て霧散したといってもいいだろう。
それは、法で禁止されているということがもあるが、維持ができているのは各地方自治体(や国民)が国家を信用しているからだ。
県が、国家を信用するレベルで日本が世界を信用できるようになれば軍隊は必要なくなるでしょう。

最後の段落は、飛躍していて中途半端な比喩だけど遠からずだと思う。
でもね、現状の世界情勢ではそれも不可能だよ。どこか抜きん出る組織がでてきて、強制力のある『法律を作るところから』はじめにゃならん。現在の国際法のように『やってはいけません』というせいぜい口裏あわせのレベルでは……。



215 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/06(金) 22:50:38 ID:w166LBz0
>>211 御免ね自分にも良く判らなく成っちゃった、依存てのは互いの軍事力も互いに
依存しあって居るし干渉もし合って居る訳なんだけど、相手がね飛行機を持って居れば
こちらも飛行機が買える予算が降りる訳だし機関銃もミサイルも買えてと言うか、
色々な民族や軍事力や勢力の干渉の上に軍事バランスが成り立って居る訳で逆に干渉しようと
すると依存(時には余った金)が発生して、又其れが戦争を起こしてしまう、戦力は維持している
だけでも消耗はする訳だから軍縮と言うか消耗はしている訳でバランスを崩すてのは危険だよね。

216 :SPADA:2006/01/07(土) 00:12:59 ID:Cz/jiL2J
>>213
>>214

私の理想はそれぞれが幸福に生きていける世界だ。互いに殺しあったり、銃口を
向け合ったり、文化的価値観を押し付けあうような世界は私にとって理想ではない。
その実現のために私は国際的な段階的軍縮を目標にあげている。
まず膨大な武装を少しずつ減らすことが互いを信頼するための近道にもなると思うからだ。

最終的(理想的)には貴方の言うような施錠の必要のない社会が完成すれば戦争も
軍備も自然消滅するだろう。
しかし、それを待つだけでは時間がかかりすぎるのだ。
そういった側面からももちろん行動を起こしていくべきだ。同じように、戦争を減らし、
最終的にはなくしていくための直接的努力(軍縮その他)も怠ってはならないと思う。

貴方の言う意識改革については全く賛成だ。文化への偏見は無くさなければならない。

私は全く現状に満足していない。私たちにはまだまだ改善していくべき問題が山積している。
私たちは無力ではない。だからこそ、私は理想を掲げ、その実現のため努力するべきだ
と考えている。

貴方は、どのような世界を理想としているのだろう。そのために、貴方はどのような努力をするべき
とお考えだろうか。
そういった点から議論を進めよう。私たちは困難な現状を嘆くために日々生きているのではないのだから。

217 :SPADA:2006/01/07(土) 00:25:35 ID:Cz/jiL2J
>>215

なるほど、貴方の言うことが理解できたかもしれない。
確かに、現在の軍事バランスを崩すような軍縮はかえって危険だ。
私は軍縮の仕方については十分な議論が必要だと思う。そして、
国際的に行わなければならない。まずはP5が責任を持って軍縮を
すべきだろう。

また、掲げる目標の順序だが、私は軍縮より国連改革を優先的に
行うべきだと思っている。そうしなければ、軍縮はうまくいかないと思うのだ。
このあたりは核軍縮におけるNACの1998年の共同声明などが参考になるだろう。

理想の実現のためには行動を起こさなければならない。
私たちも無力ではないのだ。どのような行動を起こしていくべきかを話し合おう。

218 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/07(土) 00:32:41 ID:TtPjt1Fw
>>217 喧嘩腰でも本音で話して居ればお互いに少しずつでも理解は深まる
んじゃないかな、インターネットは便利だね。

219 :SPADA:2006/01/07(土) 00:37:54 ID:Cz/jiL2J
>>218

喧嘩腰では効率が悪いだろう。また、互いに論理的な考察を無視して
発言を始めてしまうと無益なものとなってしまう。
やはり、冷静かつ論理的な姿勢を保つことが議論への近道であろう。
まだまだ無意味な罵りを多く含めた文章が多いが、私たちが同じことを
していては進歩が無い。
何かを変えるためにはまず自分が行動を起こすしかない。

220 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/07(土) 00:45:10 ID:TtPjt1Fw
>>219 効率は悪いのだけど、人間て愚かな訳だし経験しないと理解出来ない
所も有るし、それを理解出来る為には悪い事では無いと思うんですよね、
すみません今日は寝ます。

221 :SPADA:2006/01/07(土) 00:58:57 ID:Cz/jiL2J
>>220

だが、それは自覚的に行うべきではないだろう。
むしろ、喧嘩腰で議論をしようとする人がいたら、そんなことをする
必要は無いということを私たちは伝えていくべきだ。
私たちは同じ言語を話しているのだから、非常に容易にコミュニケーション
がとれるのだ。何も怒鳴らずとも私たちは意見を聞くことができるのだ
ということを行動で示せばいい。
貴方は他のスレッドでも議論されているようなので私よりも多くの人と
接しているのだろう。
大切なことは、相手がどのような態度であっても、冷静で論理的な姿勢で
臨むことだと思う。
これは私が用いている手段であり、私の目的の一つだ。

222 :右や左の名無し様:2006/01/07(土) 01:28:38 ID:ZreBo9lv
>>220
明日は休日無料出勤日なんだろ?


223 :SPADA:2006/01/07(土) 01:58:03 ID:Cz/jiL2J
>>222

私は以前から思っていたのだが、貴方が行ったような発言に意味はあるのだろうか。
ふざけた奴さんの明日の予定などここでの議論の内容とは全く関係ないと思うのだ。

224 :右や左の名無し様:2006/01/07(土) 05:16:24 ID:f6MmlPms
みんなが建設的な意見が出せるという理想と
残念ながら程度の低い不愉快な発言する奴は存在してしまうという現実('A`)



225 :SPADA:2006/01/07(土) 05:34:50 ID:Cz/jiL2J
>>224

程度の低い不愉快な発言とは、やはり罵りや煽りなどのことを指すのだろう。
しかし、そういった発言を現在している人も、いくらでも変わることはできる。
単にそういった言葉を使うことをやめ、真剣に論理的に自身の意見を述べる
ようにすればいいのだ。
大丈夫、現実は変えていける。現にこのスレッドではもう下らない罵りは
非常に少なくなってきた。
嘆いていても現実は変えられない。行動しよう。

226 :Y・H・W・H:2006/01/07(土) 21:17:09 ID:7DvjuF/g
>>216
>私の理想はそれぞれが幸福に生きていける世界だ。互いに殺しあったり、銃口を
>向け合ったり、文化的価値観を押し付けあうような世界は私にとって理想ではない。

私も同じ。

>その実現のために私は国際的な段階的軍縮を目標にあげている。
>まず膨大な武装を少しずつ減らすことが互いを信頼するための近道にもなると思うからだ。

これは意見を異にする。武装があろうがなかろうが、信頼というものは揺るがない。よって近道だのなんだのというものとは根っこが違うと言うことだ。

>しかし、それを待つだけでは時間がかかりすぎるのだ。
>そういった側面からももちろん行動を起こしていくべきだ。同じように、戦争を減らし、

努力はすばらしいことだが、無茶は格好の悪いことで傍迷惑なことだ。努力と無茶を履き違えてはいけない。

>私は全く現状に満足していない。私たちにはまだまだ改善していくべき問題が山積している。

まったくそのとおりだが、

>私たちは無力ではない。だからこそ、私は理想を掲げ、その実現のため努力するべきだ

人間は無力である。くどいようだが自己を省みなさい。自分が真に強くなり、近親者までが同じように強くなったと判った時に、戦争のない世界が訪れる。
以前にも描いたかも知れないが、軍縮をもって戦争根絶をしようという思想は、
薬で風邪を無理矢理治そうという行為とまったく同じなだけで、風邪にかかる根本的な原因を根絶しようとしていない。一時的に風邪は治っても、明くる年またひいてしまうでしょ?


227 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/07(土) 21:52:17 ID:un8eYYz5
>>210
おいおい、「自分の責任において行動できる」と言って置いて、
国に「従ってみせねばならない」って可笑しいことだわさ。
国家あっての国民ではない、国民あっての国家が成立するのだと言っても
キミに理解出来るのかネ?
まあ、キミのような人間なら国も利用しやすい事だろうネ。
何故ならキミは、帝国主義者のようだからネ。
力を持った国が、他国を支配してようやく平和になると考えているようだが、
それこそ戦争がテロやレジスタンスにとって代わるだけで、
何の解決にもならないのだわさ。
それに支配されるのが、日本でないとも言い切れないしネ。

それと、軍縮を薬に例えているが
風邪が戦争で、
薬が不可侵条約(戦争しないなどの条約)等で、
根本的な原因が武器や軍備って考えて御覧なさいネ。
それに、風邪予防や予防薬って有るのだけどそれ打つと掛かり難くなるのだわさ。
明くる年また風邪引くかもしれないが、症状は軽くて済むのだわさ。

228 :Jehovah:2006/01/07(土) 23:16:45 ID:???
>>227
軍縮の否定=帝国主義者?

では、君は永遠に原因のわからない小さな争いを永遠に繰り返してくれたまえ。

229 :Y・H・W・H:2006/01/07(土) 23:20:40 ID:7DvjuF/g
>>227
>おいおい、「自分の責任において行動できる」と言って置いて、
>国に「従ってみせねばならない」って可笑しいことだわさ。

僕にはあなたの方が不思議な発言をしているようにしか思えんのだが、
政治、
選挙、
気概、
あなたは、責任というものがどういうものか解っていないようだな。

230 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/07(土) 23:28:57 ID:un8eYYz5
>>228
スレちゃんと読もうネ。
それから、カキコすると良いだわさ。


231 :右や左の名無し様:2006/01/07(土) 23:29:48 ID:???
>>227
>薬が不可侵条約(戦争しないなどの条約)等で、
>根本的な原因が武器や軍備って考えて御覧なさいネ。
いいねぇ、約束は必ず守ってもらえるものだと思っているようだし、武器さえなければあらそいがおこらないと思っているようだね。
脳天気な人はいい。
総てが自分の都合のいい方にしか進まないと、総ての人間が善意と誠意でできていると思っているというのは、本当に特定の人としか付き合いがないようだな。


232 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/07(土) 23:44:27 ID:un8eYYz5
>>229
>僕にはあなたの方が不思議な発言をしているようにしか〜以下略
で、何かネ?
戦争になる責任は、国民に有るとでも言いたいのかネ?

それと薬の件は、考えてみたのかネ?


233 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/07(土) 23:47:55 ID:un8eYYz5
>>231
スレすらちゃんと読まないで、批判しかしない人は単純ネ。
その続きなんて書いてるかすら目に入らないのかネ?



234 :Y・H・W・H:2006/01/08(日) 00:18:10 ID:Jcjd1SKP
>>232
>戦争になる責任は、国民に有るとでも言いたいのかネ?

いかにも、国と国民が乖離していると思っている人間の発言だ。
国民が選んだ政治家が戦争をやむなしだという結果を導き出したのならば、その責任は
自動的に国民がおう。政治家の総てを見抜けなかった責任も負わねばならん。
責任とはそういうものだ。選挙に行ったことがあっても、ひやかし程度で覚悟もなく投票
していればとにかく(国や)政治家が悪いの一言で片づけてしまうのか?

それから、私は>>231と同様、総ての外国を信用していないし、武器がなければ争いが無く
なるなどとは思っていない。風邪はひいてから直すものではなく、ひかないようにすべきだとも思っている。
風邪をひく原因の方をどうにかせにゃならんと思っているし、その方法は、軍縮ではないと思っている。


窃盗をしてはいけないという法律はあるのだから(条約)
ピッキングしやすい、ちゃちな鍵に切り替える(軍縮)
という気概ができてから、他人に多くを望みなさい。
強固な防犯は挑発ではないということだが、君が他人をまったく
信用していないということには違いがないのだ。
自分は他人を信用しないが、国には外国を信用しろ。それも、国にだけ総て責任があるなんて言われたら、
政治家はアホらしくてやってられない職業のひとつになる。

為政者は悪。軍は悪。
なんて、一昔前のアニメのようなことを言っていると、
通学電車の中で殴られたら、鉄道会社が悪い。
生徒が万引きをしたら、その学校が悪い、なんて幼稚園児のような発想しか生まれないんだろうな。

235 :Y・H・W・H:2006/01/08(日) 00:20:02 ID:Jcjd1SKP
SPADAさんは、私の意見の意味合いが解って反論をしてくれているみたいだが、
ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY さんは、語っているレイヤーがまるで違っていることに気づいていないみたいだね。

236 :Y・H・W・H:2006/01/08(日) 00:24:15 ID:Jcjd1SKP
>戦争になる責任は、国民に有るとでも言いたいのかネ?

こういう、政治に対する姿勢がアマちゃんの人間が、ここに常駐するの
他の人間に対しての侮辱行為だ。

237 :SPADA:2006/01/08(日) 00:44:10 ID:WhoHnlNS
>>226

私の質問に応じてくれてありがとう。
まずは私たちは理想の点で一致を見た。つまり、目指すべき世界についてのおおまかな
方向性は私たちの間に相違はない。
では、話は実現の手段へと移っていく。
確かに、軍縮は対症療法でしかない。戦争は武器が起こすのではない。人間が起こすのである。

では、貴方はこの理想を実現するためにはどのような手段が適切だとお考えだろうか。
それについてもう少し詳細に説明して欲しい。

それから、貴方は本当に私たちが無力だとお考えだろうか。
私はそうは思わないのだ。私たちはただ行動を起こしていないだけだ。
私たち一人一人が無力であるなら国家もまた力を持ち得ないだろう。
まして日本は先進国である。私たち一人一人の力は想像以上に大きいのだ。

私は自身を決して無力だと思わない。無力であると諦めてしまえばもはや
私にすることは無い。

理想があるのだ。次はその実現のための手段を話し合っていこう。

238 :SPADA:2006/01/08(日) 01:01:00 ID:WhoHnlNS
>>228
>>231
>>236

まず228さんはネットで物申すさんに帝国主義者だという批判をしている
が、これは的外れだと思う。単にアンカーを間違えているのかもしれないが。
どちらにせよ、説明が無いので貴方の意見が伝わらない。
もっと説明的な文章を書いて欲しいのだ。そうでないと議論にならないだろう。

231さんは、文章に推測が多すぎると思う。そういったことを勝手に推測して
嘲笑するのではなく、質問をするべきだ。
そうすれば、相手の意見をより明確に理解できるし、より的確に批判できるように
なるだろう。

Y・H・W・Hさんとネットで物申すさんの対話も、やはり互いに説明不足だ。
もっともっと質問をしたほうが、互いの意見を理解しやすくなるだろう。
インターネットの匿名掲示板なのだから誰しも初対面で、相手のことは全く知らない。
互いに批判しあえるようになるまでには、相当の質問によって互いの意見を把握
しなければならないだろう。

もっと質問をしよう。相手の発言のうち理解できなかった部分に説明を求めれば
いいのだ。推測で嘲笑しあっても得るものは無い。
まずは理解しようとする姿勢が必要なのだ。議論はその後に行われていくのだ。

239 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/08(日) 01:21:14 ID:QO6S1DIF
戦争を減らそうと思えば、相手の思想を理解し互いに踏み込まず世界中が平等て物を理解
しない限り減る事はないだろう。

240 :SPADA:2006/01/08(日) 01:45:56 ID:WhoHnlNS
>>239

そうだ。私もそう思う。
互いの価値観を尊重しあい、寛容な精神を持ち、平等を実現するため
に途上国に経済援助や人道援助をより積極的に行い、格差の縮小に
努めなければ、根本的な解決策とはなり得ない。

そのために国連改革が私は必要だと思う。現在の国連の形は現状に即していないからだ。
私が軍縮を主張するのは、それが象徴となり得るからだ。
国際的潮流として、平和の実現に向けて世界は動き出しているのだという
ことを印象付け、各国政府がその流れに反するような行動をとることに対し
圧力をかけられるような情勢を作り出すことが目的なのだ。
また、軍備が減るということは、純粋に戦争をしにくくなるということでもあるのだ。

私もシステムを変えれば戦争は無くなるなどとは考えていない。
異文化理解や経済格差など複雑な問題を解決していかなければならない。
両面から行動を進めていくべきだというのが私の意見だ。
まず私が身近なことでできることは、こうして議論をすることだ。
議論の重要性やあるべき姿勢をできる限り多くの方に理解してもらい、
協力してもらうことだ。
コミュニケーションなしに私たちは団結して行動することはできないからだ。

私たちはかなり近い意見を持っているようだ。少なくとも私は貴方の意見にとても共感している。

相手の思想を理解し、互いに踏み込まず(価値観を押し付けず)にいる
ために必要なことがまさに対話であり、議論なのだ。
ここは議論の場である。ここから私たちは行動を起こすことができる。
私は議論の重要性、あるべき議論の姿勢をより多くの方に伝えていきたい。
それが、私にできる第一歩だからだ。

241 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/08(日) 02:08:43 ID:WaUXj1R1
>>234-236
>国民が選んだ政治家が戦争をやむなしだという結果を〜以下略
外交は誰がするのかネ?
それにキミが言う、国民に政治家を選んだ(選んでなくても)責任あると
言うのなら、BSEの危険がある米牛輸入再開も血液製剤問題も
国民の所為かネ?
「自動的のおう」とは、戦争だけでは無くそう言ったことまでも負う事になるのだわさ。

>それから、私は>>231と同様、総ての外国を信用していないし、〜以下略
で、方法は何かぐらいカキコしないのかネ?

>窃盗をしてはいけないという法律はあるのだから(条約) 〜以下略
例えが、例えになってないし意味判らんだわさ。
例えっていうのは、
殺人を起こしてはイケナイと言う法律(条約)があり、
いつ起こるか判らない犯罪から身を守る為、銃(軍備)を持つ
でも誰でも持てるから、より危険さが増すのでもっと強力な銃(軍拡)を持つ、
そしたら犯罪を犯すものはどうすると思うかネ?
それで犯罪が止まると思うのは、キミのような考えしか持たない人だけだわさ。
此処での原因である凶器を、法によって取り締まる(軍縮)しかないないのネ。
だだし、キミの例えも僕の例えも警察を抜きにしているがネ。

続くネ。

242 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/08(日) 02:10:02 ID:WaUXj1R1
>>241の続きネ。
>為政者は悪。軍は悪。〜以下略
こらこら、僕がいつ悪だと決め付けたかネ?
このスレでも、他スレでも良いが何々が「悪」と決め付けた事無いだわさ。
大体、強ければ全て良しなんて考えている方が余程、幼稚な考えネ。

>こういう、政治に対する姿勢がアマちゃんの人間が、
アマちゃんは、キミね。
軍拡の行き着く先の想像すら付かないのだからネ。
そして、日本が軍拡に向かえばそれ自体が中国などにさらに軍拡を進める口実に
なる事等も、最悪下手すれば軍拡前に核打ち込まれて終りだって事も考えないの
だろうネ。

軍拡、軍拡と言うのはとっても楽だろうけど信頼の無い平和なんていうのは
脆い事も理解しないのかネ?

243 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/08(日) 02:34:46 ID:QO6S1DIF
>>240 自分も有り難く共感する所多いのでずが、圧力てのは圧力を生んで
しまい難しいです、貴方の言う国連もシステムで有り難しいんではないかと
思います、しかし人類はインターネットて平等を手にし行く末に希望が持てる
訳ですが、平等の為に戦う事は止める訳には行かず軍備てのも平等を
成しえる為の道具でも有り難しいです。

244 :右や左の名無し様:2006/01/08(日) 02:42:44 ID:???
わが国は不思議な国である。

中国や韓国等から「靖国に行くな」といわれると、
即座に「内政干渉だ!」と反発するが、
米国から「憲法を変えろ」といわれても、
反発するどころか、むしろ、米国の意向に従って
改憲をもくろもうとする。

どうも「内政干渉」とは、中国や韓国等による口出し限定で、
米国による口出しには当てはまらないようだ。

それはおそらく、わが国は、形式的には主権国家であるが、
実質的には米国の一州であることに起因しているのではないか。
わが国、いや、わが州は、半ば米国の51番目の州であり、
小泉純一郎氏は日本国首相というよりも、
むしろ共和党所属の日本州知事といった方が良さそうなくらいだ。

もし、BSEに感染した牛肉につき、米国ではなく、
中国や韓国などから輸入を迫られた場合、
果たして輸入をすんなりと受け入れられただろうか?

だが、そんな米国民的日本人にも、嫌いな米国産物がある。
それは「日本国憲法」である。
BSE牛肉を「押し付け」と思わない彼らも、
憲法だけは「押し付け」と信じて疑わないのだ。

既に、BSE牛肉を食べる前から、
アタマの中身はスポンジ状になってしまっているのかも・・・。


245 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/08(日) 02:42:58 ID:QO6S1DIF
>>242 そもそも考えを押し付けてしまう君に信頼をしようが無いのだよ、
しかも撃てると言うなら撃てば良いではないか、打ち込めば終わるとでも
思う幼稚なのは君だ、日本人は世界中に居る訳だし世界の人も日本にも居る
浅はかで幼稚な脅しなんて通じるとでも思ってるのか?余りに幼稚な話するなら
他のスレで遊んでやるよ。

246 :右や左の名無し様:2006/01/08(日) 02:48:41 ID:???
>>244
押し付け憲法だと喚いてるのはクソウヨだけさw

247 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/08(日) 02:52:47 ID:QO6S1DIF
>>244 アメリカとは共同しているから、内政干渉には成らず忠告や進言
と受け止める訳だよ、押し付けの憲法は押し付けでしかないのだから拒否する
のだがね、しかし靖国に関しては文化の否定でしかない、BSEに関しては
平等で有れば認めない所ではないし、食べたくなければ食べなけりゃあ良いだけだ、
選択が出来る話だが、文化の否定は選択しようが無く否だ。

248 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/08(日) 02:56:46 ID:QO6S1DIF
>>246 押し付け憲法を押し付けたいのは、見捨てられたり仮敵にされた
特亜の連中だけに成ったね。


249 :右や左の名無し様:2006/01/08(日) 03:05:24 ID:???
>>246
ほらねwクソウヨが喚いてるw

250 :右や左の名無し様:2006/01/08(日) 03:08:17 ID:???
>>247
「日本国憲法は押し付けだから破棄するんだーい」と喚いてるのは
クソウヨだけだが。
日本国憲法を一部改正したいと思ってる一般人は大勢いるが。

251 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/08(日) 03:13:24 ID:QO6S1DIF
>>250 一部改正も押し付け憲法破棄も根本的には変わらと思うのだが、
君が大多数の意見を代表するような書き方は慎んだらどうだ?
全員に聞いて歩いたのか?でなければ君の発言自体無責任と言う事に
成るんじゃないか?

252 :右や左の名無し様:2006/01/08(日) 03:33:12 ID:???
>>251
一部改正と破棄は根本的に違うが。そんなことも判らない馬鹿ですか?
破棄するつもりならわざわざ改正の手続きなどとらんでもよろしいが、
そんなことを熱望してるのは極一部のクソウヨのみである。

253 :SPADA:2006/01/08(日) 04:08:33 ID:WhoHnlNS
>>251
>>252

今までの話の流れと直接関係の無い憲法に関する話をされている。このスレッドの流れから
ずれているので、憲法についての話し合いは別なスレッドで行うほうが効率的だろう。

ふざけた奴さんへ
ここだ。なぜ貴方は>>246さんや>>242さんに対して私と議論しているときと同じ姿勢で
臨んでくれないのだろう。
私の議論を重要視する姿勢に貴方は賛同してくれていたではないか。
罵りや煽りなど無意味だ。自身の意見の説明と相手への質問を繰り返すことが
有益な議論を構築する唯一の手段だ。
それは常にそういった姿勢でいることが不可欠なのだ。

>>246>>249>>252さんへ
貴方は自身の意見を説明していない。それから、「クソウヨ」と呼ばれる集団
は具体的にどういった集団だろう。
また、一々侮蔑語を文章に付加する必要は無い。文章を無駄に長くするだけだ。
貴方自身の意見をきちんと説明することが必要だ。
そうでなければ私たちは貴方の意見を知ることができない。

254 :SPADA:2006/01/08(日) 04:25:25 ID:WhoHnlNS
>>243

圧力という言葉のとらえかたが私たちの間で異なっているようだ。
私は外交的な圧力を指している。例えば条約なども外交的圧力の一つだ。
世界が平和の実現のために進む中、どこか一国がそれに逆行して軍拡や侵略を
行えば国際的非難を買うだろう。
そのようなリスクから、平和の実現に逆行する行動をためらわせることが
外交的圧力だ。
もちろん国連もシステムだ。システムだけを変えても理想を実現することは
できないが、システムを無視することはできない。
ボトムアップ、トップダウン両面からの努力が不可欠だ。

軍備で平等を実現するということは、つまり極端な例を挙げればすべての国が
核を持つというようなことだろうか。
それもまた一つの平等かもしれないが、私はそれを理想とはしない。
理想的平等とはすべての国が核を持つことだろうか。
それとも、すべての国が核を廃絶することだろうか。

ところで、インターネットで平等を手にするというのはどういうことだろう。
上の例も含め、貴方の考える理想的平等とはどういったものなのか説明して欲しい。

255 :右や左の名無し様:2006/01/08(日) 05:08:03 ID:???
>>253
あなたはこれまでの「ふざけた奴」の口汚い差別カキコを
読んだ上でそう言っているのですか?
散々ぱら板を汚してきたのは彼の方からなんですが。
それはまさに思想とは別次元のカキコ、ネオナチそのもの。

256 :SPADA:2006/01/08(日) 06:27:55 ID:WhoHnlNS
>>255

ふざけた奴さんのすべての発言を確認したわけではないが、彼がそういった
発言をしているのを目にしたことはある。
しかし、彼は私の呼びかけに応え、私と対話する際には下らない侮蔑語などは
一切使わずに議論してくれている。

私は特定の誰かを非難するつもりはない。意味の無い侮蔑語、煽りを使わないで欲しい
と訴えているのだ。
そういった発言が下らないものであることは貴方もよくご存知のようだ。
ならば、貴方はそういった発言をしなければいいのだ。
彼のほうからそういった発言をしてきたのなら、貴方はそういった発言を繰り返すのではなく、
冷静かつ論理的にその発言を検証し、説明を求め、必要なら明確な根拠に基づいた
批判を行っていけばいいのだ。

257 :Y・H・W・H:2006/01/08(日) 07:32:51 ID:Jcjd1SKP
>>244
>中国や韓国等から「靖国に行くな」といわれると、
>即座に「内政干渉だ!」と反発するが、
>米国から「憲法を変えろ」といわれても、
>反発するどころか、むしろ、米国の意向に従って
>改憲をもくろもうとする。

身も蓋もない言い方をすれば、
靖国への圧力はよけいなお世話だが、改憲は日本人にも思うところがあると言うことだよ。
靖国のことをアメリカが言ってくれば内政干渉だと言うことになる。
改憲は、アメリカに言われるも無く日本の側にも思うところがあったと言うことだ。



258 :右や左の名無し様:2006/01/08(日) 07:52:50 ID:Jcjd1SKP
>>241
>だだし、キミの例えも僕の例えも警察を抜きにしているがネ。
あなたを脳天気だと言う理由なんだが、
我々、個々に対しての警察はあるが、
国家、個々に対しての警察というのは存在しない。

>そして、日本が軍拡に向かえばそれ自体が中国などにさらに軍拡を進める口実に
>なる事等も、

軍縮をすれば、必ず戦争が無くなる。軍隊をなくせば必ず戦争がなくなるというのなら、軍縮をするべきだろう。
無論、軍拡をすれば戦争が無くなるわけではない。とどのつまり、軍隊は戦争の道具にすぎず、戦争がおこることとは
無関係だということだよ。

>最悪下手すれば軍拡前に核打ち込まれて終りだって事も考えないの
>だろうネ。

と、あなた自身が言っているようにね。

すくなくとも、政治に対して責任をとる気概くらいはもちなさいよ。
為政者や軍隊把握だとは言っていないというが、戦争がおこる理由が国民にないと言っていれば同じだよ。


259 :Y・H・W・H:2006/01/08(日) 18:23:22 ID:Jcjd1SKP
為政者や軍隊把握だとは言っていないというが、×
為政者や軍隊は悪だとは言っていないというが、○

260 :右や左の名無し様:2006/01/08(日) 18:54:26 ID:???
>>256
こんな奴とまともに話できるって、不思議↓


831 名前:ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc 投稿日:2006/01/06(金) 12:41:48 81Z74uqN
君は過度だの嫌韓で不愉快だのと言うが、実社会では犯罪率が高く政治では左右に入り
込み妄想と嘘を撒き散らしネットでは民俗名も名乗らず日本人の振りをする日本人でも朝
鮮人でもないチョンをどうやって過度に嫌うなと言うんだ?て言うかどうしたら過度に嫌って
居る事に成るんだ?
未だ日本海に朝鮮人全員を帰れと言って叩き込んだ訳じゃないぞ
嘘を吐いて妄想を撒き散らし日本人の振りをして過度はイカンとか言う
自浄能力の全く無いチョンが嫌いだと言って居る訳だが
問題が有ると言うなら一応話し位聞こうじゃないか。

261 :ふざけていない奴:2006/01/08(日) 19:07:55 ID:GgvIKnAg
>>260
ふざけた奴は、毎週タダで残業したり、タダで休日出勤してる非効率的な奴だよ。
奴にとって気に入らない者を朝鮮人に認定して、自分自身のプライドを高めている。
右翼とは国粋主義のなれの果ての姿。


262 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/08(日) 20:14:11 ID:QO6S1DIF
>>255 喪舞裸との民族の違いから来る宗教観や風習の違いをイデオロギーの違い
に摩り替えて捏造・偽造を繰り返す喪舞裸に比べれは漏れのカキコなんざ可愛いもんだよ
嘘偽りを書いている訳ではなく事実を書いて居るだけだ。

事実を書くとネオナチに成るのかね?君裸みたいに民族を偽りイデオロギーを偽り
事実を偽る喪舞なんぞと同次元にされちゃ堪らん。

相手のカキコに礼を尽くしているだけだよ、真剣なカキコには真剣に対応したいと思って
いるが偽りのカキコに礼を尽くせと言うのか?俺に礼を乞うんじゃねえよ。

>>260 IDを隠し名無しの喪舞と何を話せと言うんだ?ははは、あんまり笑わすなよ。

>>261 又幸せニダリンでラリってのカキコかね?毎週タダで残業したり、
タダで休日出勤してる非効率的な奴だよ右翼とは国粋主義のなれの果ての姿
とか妄想して、自分自身のプライドを高めている、て君の事ジャマイカ。

何を言ってるんだと言うか喪舞の自己紹介すんなよ、漏れは何も考えなくて済むから
楽出来て良いけどよ。

263 :右や左の名無し様:2006/01/08(日) 21:31:26 ID:???
>>262
糞がいきなり認定してますが....。
お前の方が捏造してんじゃん。ココに貼り付いてる朝鮮人は
ミスリードを目論むお前ぐらいだろ。

264 :右や左の名無し様:2006/01/08(日) 21:53:30 ID:???
>>262
おめえが相手を在日などと認定する基準はなんだ?
反自分=在日ってか?w

おめえのようなスタンダードな日本人の価値基準から
かけ離れた人間に言われてもねえ。w

265 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/08(日) 21:58:06 ID:QO6S1DIF
>>263 漏れが朝鮮人で何でチョンの事を書くんだ?まあ喪舞みたいな
妄想の酷い馬鹿チョンがまともな朝鮮人の足を引っ張り双方の関係を悪化
させているとは言えるだろうけどな。

266 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/08(日) 22:03:41 ID:QO6S1DIF
>>264 喪舞みたいのはまずチョン確定だな、礼儀が全く無く反社会的で
喪舞に都合の良い価値観を基準とかスタンダードとか捏造して押し付ける
のも特徴とは言える。

267 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/08(日) 22:09:27 ID:QO6S1DIF
>>264 君のね価値観やむ基準を都合よく押し付けようとするその姿勢に
君の個の独立性が認められないんだよ、周りと違う自分を周りに合わせて
貰おうと乞うて居る訳だよ、民族的に君が自立していない証拠で有り、
まあそんな恥ずかしい君では朝鮮民族と名乗る事も出来ないだろうな。

268 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/08(日) 22:35:11 ID:WaUXj1R1
>>244
賛同するネ。
自民党は、その目標に改憲を掲げているがそれは「押し付け憲法」だから
そうだわさ。
だが、その憲法によって今の日本は一応戦争もせずに平和に繁栄していると言う
現実がある事を、失念しているらしいのネ。
僕から言わせれば、
「エエやん、押し付けでも良い物は良いのだから改憲しなくても」
って、なるわけネ。
それに、改憲して「自主憲法」って言ってるけど9条なんて
国際協調なんてもっともらしく言っているけど、彼らの言う「国際」って
「アメリカ」なのよネ。
同じやるなら「国連協力」って入れとくべきなのだわさ。

BSEにしたって、食の安全が疑わしいのに輸入再開して国民に「食え」と言うし、
ふざけた奴は、「選択」出来ると考えも無しに言っているが、
加工食品に「選択」要素はないだわさ。
それに外食産業がワザワザ「BSE危険性の少ない米国産牛使用」って表示するとでも
思っているんだろうかネ?

269 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/08(日) 22:41:06 ID:QO6S1DIF
>>268 喪舞みたいな無能貧乏人は米の牛でも食って脳味噌スポンジに
なりゃあ良いだろ、どうせ元々スポンジみたいな脳味噌なんだからよ。

270 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/08(日) 22:52:10 ID:WaUXj1R1
>>245
キミの立てたスレ
「【改正】憲法九条を改正汁!【改正】 」
って、キミの考えを押し付けてないのかネ?
人に「押し付け」だって言うのは結構だが、自分自身そうだと言う事
忘却してるのだわさ。

>しかも撃てると言うなら撃てば良いではないか、〜以下略
やらないって思うキミの方が、浅いネ。
イラクがどうだったかもう忘れているのかネ?
アメリカが、まさか国連軽視で動くなんて思わなかったはずネ。
それにイラクの人だって世界中にいるのだが、関係なく戦争をアメリカが
仕掛けただわさ。
ほらネ、キミの方が考えが上辺だけなのだわさ。


271 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/08(日) 23:05:52 ID:QO6S1DIF
>>270 改正汁と君に押し付けて居る訳じゃないんだよ、国民の漏れが
国に要求するのは当然の事だ、君の考えを漏れに押し付けるな。

アメリカは国際連盟に加盟して居なかったし現在の国連も疎ましく思って
居るよ、否定出来ないだろ?国連でチャンコロとかが反対すれば通ると思って
信じて居たのは君だよ、
>まさか国連軽視で動くなんて思わなかったはずネ。
と君が書いて居るジャマイカ、漏れは上辺にも思って居なかったし
信じてた君が馬鹿じゃん、オウム信者とか騙された馬鹿の使う言葉だよ
『思わなかった』なんてな。

チャンコロに関しては出来る能力が有るか無いかの問題だよ、日本に核を打ち込んで
アメリカの基地に被害が出たらどうなるんだ?もしくは日本の生産設備を全部破壊出来るのか?
アメリカや日本からの報復攻撃を防ぐ能力があの国に無いだろ?特攻するような根性や
気概も無いチャンコロに何が出来ると言うんだ?あんまり笑わすなって。

272 :右や左の名無し様:2006/01/08(日) 23:31:03 ID:???
ネオナチ気質丸出し。
こいつと議論しても全くの無駄ってことを自分で証明してるのな(w
在日=反自分ってのも気付いてないようだし。
馬鹿は死ななきゃ直らない?ってか(w

273 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/08(日) 23:34:21 ID:WaUXj1R1
>>258
>あなたを脳天気だと言う理由なんだが、〜以下略
で、僕の例えの回答はそれだけかネ?
国個々の警察が無いって簡単に言っているが国連は一応ストッパーとしての
役割も有るのネ。
それに「世界の警察」と自称しているアメリカがいるだわさ。
まあ、この警察は「自国批判者」を殲滅する事が主な仕事の
「なんちゃって警察」らしいがネ。

>軍縮をすれば、必ず戦争が無くなる。〜以下略
世界が軍縮と軍拡していくのどちらが、戦争が起こる可能性が高いと思うのかネ?
それと、>>227の例え話をもう一度よく読んでネ。

>と、あなた自身が言っているようにね。
はあ?軍拡するから危険が増す前に打つ可能性が有るって言う話なのに
話が違うだわさ。

>すくなくとも、政治に対して責任をとる気概くらいはもちなさいよ〜以下略
政治が世論を完全反映するのなら、国民にも責任は有るだろうが
さて、それが言えるのかネ?
それに、情報操作もされない状態でだわさ。

274 :右や左の名無し様:2006/01/08(日) 23:37:23 ID:???
>>270
相手しても時間の無駄だと思うなぁ。
ネさんは、以前も経験したでしょ?

275 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/09(月) 00:08:11 ID:rfNwudpb
>>271
>改正汁と君に押し付けて居る訳じゃないんだよ〜以下略
「国に要求するのは当然の事」って、此処でかネ?
「汁」って事は「押し付け」なんだからネ。
僕は自分がカキコしてる事が「押し付け」だと思われても、
結構だとカキコしてるのだが、
キミの言っている事は、見苦しい言い訳にしか見えないのだわさ。

>アメリカは国際連盟に加盟して居なかったし〜以下略
「まさか国連軽視で動くなんて思わなかったはずネ。」
これって、イラクの考えを指しているのだがネ。

>チャンコロに関しては出来る能力が有るか無いかの問題だよ〜以下略
日本は何の為に軍拡するのかネ?
アメリカの対中国牽制役としてするのだわさ。
単純に日本対中国って考えているのなら、それはお粗末な事なのネ。
まあ、それで考えても良いがそれなら尚更打ち易いだろうにネ。
さて話は戻るが、対立構図は
日本・アメリカ(ただし自国に核打ち込まれない限り核使用無し)
イギリス(いかんせん距離が有り過ぎで可能性少なし)

中国・両朝鮮(十分有り得る)・ロシア(ドサクサに)
てな具合になるわけだわさ。
で、戦場は日本近海・日本列島・朝鮮半島辺りになるだろうネ。
無論、これだけがシュミレーションではないが、キミは中国大陸が戦場と言う
だろうから言って置くが、補給線を考えないとイケナイのだわさ。

276 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/09(月) 00:20:34 ID:Rr7cbR2y
>>275 当然の要求は他として、押し付けたら押し付けた責任てのを取らない
と成らないのだが、君は責任を取る気が有るのかね?他国での発言だからと言って
他国民との説明も無く、喪舞の無責任な発言を押し付けられても笑う他無いよ。

まあフセインはアホだ、喪舞がチャンコロの力を信じていなかった言い訳には成らないが。

戦場は取り合えず、米軍が撤収した半島だろ?漏れがやるなら其処でチャンコロの国力を削いで
内戦でも勃発させて武器でも売り付けるかな?フランスなんてめざといからせっせと売り込んでるし
奴等はチャンコロの為に血を流す気なんてないし、朝鮮戦争は戦前の日本みたいに
勘違いしてただけだろ?いい加減懲りたみたいだけどアメちゃんも。

277 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/09(月) 01:00:02 ID:rfNwudpb
>>276
>当然の要求は他として、押し付けたら押し付けた責任てのを取らない〜以下略
意味判らんだわさ。
何をどう言いたいのかネ?

>戦場は取り合えず、米軍が撤収した半島だろ?〜以下略
アメリカに()で「自国に核打ち込まれない限り核使用無し」って僕がカキコして
いるのは、日本には打ち込まれる可能性が有る事って言う意味だわさ。
それと奴等ってどれ指してんのだわさ?

278 :Y・H・W・H:2006/01/09(月) 01:00:24 ID:uFkD9UOr
>>273
>政治が世論を完全反映するのなら、国民にも責任は有るだろうが
>さて、それが言えるのかネ?
>それに、情報操作もされない状態でだわさ。

そういう態度が、無責任だというんだよ。
選挙という行程を踏んでいる以上は、責任が発生する。
情報操作されていようとも、それを見抜く責任もある。騙されていた! などというのは子供のいいわけだ。
無論、騙した方にも責任はある。が、それが騙された人間が無罪だということにはつながらない。罰則は発生しないが、
責任はある。
転んで泣いてて、「カワイソウね〜。痛かったでしょ〜」って甘やかされててもいいのは子供だけ。

>国連は一応ストッパーとしての
>役割も有るのネ。

いちおうで、強制力は存在するのか? 法律を破った時の罰則は明文化されているか?

>世界が軍縮と軍拡していくのどちらが、戦争が起こる可能性が高いと思うのかネ?

軍拡、軍縮と戦争がおこるおこらないは全くの無関係だと言っているのが解らないのだろうか。
それとも、おこっても小さいから(大きいよりは)いいと言いたいのだろうが、その小さな戦争で、
あなたの大切な人だけがなくならなければいいんだが。

>>276
>君は責任を取る気が有るのかね?

ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY さんは責任というものをまったく理解していない。
「私が被害者です!」と先に悲鳴をあげてしまえば、被害者面できると勘違いしている
市民団体と大差はないようですよ。

279 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/09(月) 01:13:55 ID:Rr7cbR2y
>>277 ほらね君は押し付けた責任なんて事は何も考えて居ない訳だよ、
押し付けたからには責任て物が日本では特亜ではないから発生するのだが
直列の中華思想の君では理解出来ないかな?

日本が核を打ち込まれる可能性?中国が防衛出来る可能性と同じだよ。

奴等てのは欧米だよ、奴等は借金をさせようが日本からの投資の金だろうが
何でも良いんだよ金が集まれば、君は歴史から何を学んだんだ?武器を売る側は
同族とやろうがどうでも良いんだよ儲かれば、しかも其の責任は求めた側に
有る訳だから連中は笑いが止まらないだろうよ。

280 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/09(月) 01:25:06 ID:rfNwudpb
>>278
>そういう態度が、無責任だというんだよ。 〜以下略
だから、「外交は誰がするのかネ?」って僕カキコしているよネ?
それとキミに聞くが、なら選挙で選ばれたなら国会議員は何しても良いのかネ?
世論も関係なく、反対意見も聞かず、独裁的な事しても仕方ないとなるのかネ?
キミは「選んで無くても責任が有る」と言っていたが、こう言う時は
「そう言う人を選んだ人に責任が有る」って事に人ってなるもんだわさ。
他国は信用できないってキミは言ってる割には、人の心理状況は
あまり考えない様ネ。

>いちおうで、強制力は存在するのか?〜以下略
経済制裁ってあるよネ?

>軍拡、軍縮と戦争がおこるおこらないは全くの無関係だと〜以下略
なら、戦争起こす時の過程をたどってみたらどうかネ?

>あなたの大切な人だけがなくならなければいいんだが。
フッキミが戦争時に敵と戦ってる内でなく、
訳も判らないうちに死ぬって事が無ければ良いがネ。

281 :Y・H・W・H:2006/01/09(月) 01:30:09 ID:uFkD9UOr
「人が信じられないなんて淋しいじゃないか」
などというすてきな言葉があるが、その言葉に酔っている人が多い。
どんな状況でも人を信用することは格好のいいことだが、それならば、裏切られた時に「俺は被害者です」といっていれば、他人は同情はしてくれるだろうが頭の巡らない人間だとも思われるだけだ。

「俺は被害者だ」
を連呼すれば、失ったものの総てが還ってくるのならばそれもいいが、おそらくはなにひとつ還っては来ない。

現状の世界情勢は無法地帯だ。
無法地帯だと言うと本当に無法地帯になってしまうという「口にしたら本当になる」という迷信を信じている人間にはたまらない言葉だろうが、戦国時代と大差がない。
日本にもあった戦国時代。
足利家という名目上の治安の番人は存在していたが、機能しきっていなかった。顔を合わせれば、誰もがひれ伏しはしたが、事実上それに従っていた人間はいないと言ってもいい。これは、現状の連合国(国際連合)と同じではないか?
では、その戦国の世を終わらせた徳川幕府は、どうやって軍縮を実現させたのか?
そして、国際社会に“徳川場幕府”が存在しているのか?
軍縮そのものは、金をかけない方向に行くこともあって結構なこともあるが、それを叫んでいる人間の無責任な発言に危機を感じる。

>っとでもの申す ◆iHHEiHL5FY

いぜんあなたは、今の人間は原始人か? と私に言ってきたことがあるがそれに答えよう。
現在の人間は、間違いなく原始人だ。“惻隠の心を持つ野蛮”な生き物だ。矛盾している言葉に思えるだろうが、そういう生き物だと思っている。
現に、大きな力を持てば使いたがるのが人間だとあなた本人も言っている(だから軍縮すべきなのだと)。あなた自身が、実は誰も信用していないのだろう? いや、それとも他人を信じているふりをする自分に悦に入っているだけか?

282 :Y・H・W・H:2006/01/09(月) 01:32:21 ID:uFkD9UOr
>>280
>なら、戦争起こす時の過程をたどってみたらどうかネ?

はい。
戦争をしたい、戦争をする羽目になるかも知れないから軍備を整えるのであって、
軍備を整えたから戦争をするのではありません。

283 :Y・H・W・H:2006/01/09(月) 01:37:54 ID:uFkD9UOr

>>280
>経済制裁ってあるよネ?

経済制裁ってのは、明文化された罰則でしょうか?
また、国際連合のようなところがそれを指揮してやったことはあるのでしょうか?
あれは、一国に対して複数の国がおこなう、いわば村八分のようなもので罰則ではないと思うのですがどうでしょうか?

刑法とか民法とか、そんなむずかしいレベルのことまで理解する必要はないけど、
国が国民に対しておこなう罰則と、
複数の国が一国に対しておこなう罰則を同じに論じるのは変だ。

284 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/09(月) 01:40:38 ID:rfNwudpb
>>279
>ほらね君は押し付けた責任なんて事は何も考えて居ない訳だよ、〜以下略
だから、何をさして無責任と言う事が出てくるのかカキコしないと
訳判らんだろうにネ?
それと、中華思想ってどんな思想かネ?

>日本が核を打ち込まれる可能性?中国が防衛出来る可能性と同じだよ。
同じワケがないだわさ。
それにキミ「奴等てのは欧米だよ〜以下略」ってカキコしてるけど、
それなら尚更、中国には防衛出来てもらわないと稼げないのネ。

285 :Y・H・W・H:2006/01/09(月) 01:51:28 ID:uFkD9UOr
>>280
>だから、「外交は誰がするのかネ?」って僕カキコしているよネ?

国がやったことにたいして自分には責任がないというのであれば、あなた自身でやればいい。
自分の生活にどうしても海外のことが絡んでくるのであれば、あなたの実力を持ってあなた自身の責任においてあなた自身の外交をすればいい。
べつに、国がやらなければならないなどと言うことはない。
無論、あなたは日本人でもその時は日本人としての看板は下げてもらう必要はあるけどね。
あなたの一挙一動に他の日本人まで巻き込まれたら迷惑だから。何せ、私はあなたには一票を投じてはいない。
もちろん、その時のあなたの利益は総てあなたのものです。

286 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/09(月) 02:03:12 ID:XfuIv7lk
>>284 押し付けたら責任を取らないと成らない訳だよ、
例えばアメリカは大日本帝国軍を滅亡為せたから日本を防衛せねば成らなく成った訳だし
朝鮮やベトナムでも戦わなくては成らなく成った訳だし、
日本政府は嫌応無しに国民に日本国民を押し付けてしまう訳だから保護も為なければ成らない、
互いに干渉しあうなら責任を負ってこそ平等に成る訳だが、
中華思想だとピラミッドとか直列の封権主義で平等が保証為れず下の者に対しての責任も発生しない訳だ
馬鹿な愚民にはもってこいの思想だよ、なんつうのかな?糞過ぎて生きた価値なんてねえよなこんな連中
犬猫の方がマシじゃね?

287 :右や左の名無し様:2006/01/09(月) 03:19:13 ID:???
大日本帝国は国民に対して責任を果たしたわけだ。
んなこと無い。ただただ、己らの利益のために国民
を引きずり回しておいて、負けたら総懺悔。
そんなもん肯定できる道理がない。

288 :Y・H・W・H:2006/01/09(月) 10:52:45 ID:uFkD9UOr
>>287
>ただただ、己らの利益のために国民
>を引きずり回しておいて、負けたら総懺悔。

でた。未だにこんなこと言ってる人がいようとは。
為政者や軍隊は悪ですか。そうですか。アニメの見過ぎだよ。
当時の日本人がそれを望んでいなかったとでも言い切りたい勢いだが、当時の日本人は望んでいたのだ。
アメリカからの経済制裁の撤廃、
満州の利権、
支那大陸の租界の利権、
何よりも確固たる独立国家であること。

国民はそれらを望み、国は手段として戦争を選んだ。
勝った時は、国が得た利権を享受し、負けた時は国の所為でしたというのでは虫がよすぎる。
小学生の所行だよ。


289 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/09(月) 22:24:13 ID:rfNwudpb
>>281-283>>285
>いぜんあなたは、今の人間は原始人か?〜以下略
キミは、今の人間が原始人というのだネ。
なら、そんな原始人が武器持って考える事は想像が付くだろうにネ?
だからこそ、軍縮って事になるんだよ救い様が無いぐらい全てが破壊される前にだわさ。

キミは軍拡って言っているが、他国も軍拡していく中で双方がバランス取れる事を
前提にそのバランスで戦いが無くなるような事を言うが
それこそ相手がそうなると信頼しないと、成り立たないのでないかネ?

>戦争をしたい、戦争をする羽目になるかも知れないから〜以下略
どのような言い回ししようと、軍備を整える、敵以上に戦力を持つ等の軍拡は
戦争が起こる起こす事を前提にしているのネ。
戦争って戦備整えないと起こせないのだわさ。
それが違うと言うなら、
「中国の軍拡は脅威だ」
なんて言わない事ネ。

>経済制裁ってのは、明文化された罰則でしょうか?〜以下略
ある程度効果あるなら良いのだわさ。
それに変だと言うのも、キミが感じるだけの話で国連で決める以上
1対多数で有るのも当たり前だろうにネ。

続くネ。

290 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/09(月) 22:25:26 ID:rfNwudpb
>>289の続きネ。
>国がやったことにたいして自分には責任がないというのであれば〜以下略
国に責任がないというなら、選挙の意味も無いのだわさ。
人の上に立つと言う事はその責任も莫大な代償としてあるのネ。
キミ自身カキコしている様に、
「その時のあなたの利益は総てあなたのものです」
ってな具合に政治家にも見返りが有るのだわさ。

キミの考えは「国家有っての国民」だろうが、国なくなっても人は生きて行けるの
だわさ。でも、国は人がいなければ成立しないのネ。
何やら、戦前の「国家の為に」や安物の物語みたいな王と名乗れば皆ひれ伏すとでも
思っているのかネ?
ご立派な騎士道精神を唱えるのが、責任ある行動だと思うのは勝手だが
人に無責任と「押し付け」るのは、いかがな物かネ?

291 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/09(月) 22:39:32 ID:rfNwudpb
>>286
>例えばアメリカは大日本帝国軍を滅亡為せたから〜以下略
それはアメリカの都合だわさ。
別に責任取る事を考えているワケがない事ぐらい、アフガン・イラクの
侵攻後のアメリカの動きから悟れそうな物だろうにネ。

>日本政府は嫌応無しに国民に日本国民を押し付けてしまう訳だから〜以下略
んで、今キミは平等さを感じられるのかネ?

>中華思想だとピラミッドとか直列の封権主義で平等が保証為れず〜以下略
その発言にキミは責任を持てるのかネ?
もってそう言っているなら、何も言う事はないだわさ。
「責任」と言う事を人に言うのだから、キミの発言自体にも「責任」が発生するのネ。
特に、キミからそう言う言葉を聞くと僕としては「?何言ってんだか?」となるだわさ。


292 :右や左の名無し様:2006/01/09(月) 22:39:54 ID:???
国なくなっても人は生きていけるって、明らかに極論だろ
流石にサヨは考えが非現実的な方向にぶっ飛んでるな

293 :右や左の名無し様:2006/01/09(月) 22:46:37 ID:???
 (´・ω・)マラ゙を丸出しにすれば戦争が減る(・ω・`)ヘー               .ノ′    } 〕    ,ノ           .゙'┬′   .,ノ
                  ノ      } ゙l、   」′           .,/′   .,ノ _,,y
    .,v─ーv_         〕      〕 .|  .il゙            《 ._   .,,l(ノ^ノ
   ,i(厂  _,,,从vy      .,i「      .》;ト-v,|l′          _,ノ゙|.ミ,.゙'=,/┴y/
   l  ,zll^゙″  ゙ミ    .ノ       .il|′アll!           .>‐〕 \ _><
   《 il|′     フーv,_ .,i″       ||}ーvrリ、             ¨'‐.`   {    
    \《 ヽ     .゙li ._¨''ーv,,_     .》′  ゙゙ミ| ,r′                }
      \ ,゙r_    lア'    .゙⌒>-vzト    .ミノ′                 〕
       .゙'=ミ:┐  .「      ./ .^〃     :、_ リ                   .}
         ゙\ア'   .--  ,,ノ|    、    ゙ミ}                   :ト
           ゙^ー、,,,¨ -   ''¨.─   :!.,   リ                   ノ
              〔^ー-v、,,,_,:     i゙「   }                  .,l゙
              l!     .´゙フ'ーv .,y    ]                  '゙ミ



294 :右や左の名無し様:2006/01/09(月) 22:47:40 ID:???
固くなくなっても人は生きていけるって、明らかに極論だろ
流石にサヨは考えが非現実的な方向にぶっ飛んでるな
                 ノ      } ゙l、   」′           .,/′   .,ノ _,,y
    .,v─ーv_         〕      〕 .|  .il゙            《 ._   .,,l(ノ^ノ
   ,i(厂  _,,,从vy      .,i「      .》;ト-v,|l′          _,ノ゙|.ミ,.゙'=,/┴y/
   l  ,zll^゙″  ゙ミ    .ノ       .il|′アll!           .>‐〕 \ _><
   《 il|′     フーv,_ .,i″       ||}ーvrリ、             ¨'‐.`   {    
    \《 ヽ     .゙li ._¨''ーv,,_     .》′  ゙゙ミ| ,r′                }
      \ ,゙r_    lア'    .゙⌒>-vzト    .ミノ′                 〕
       .゙'=ミ:┐  .「      ./ .^〃     :、_ リ                   .}
         ゙\ア'   .--  ,,ノ|    、    ゙ミ}                   :ト
           ゙^ー、,,,¨ -   ''¨.─   :!.,   リ                   ノ
              〔^ー-v、,,,_,:     i゙「   }                  .,l゙
              l!     .´゙フ'ーv .,y    ]                  '゙ミ



295 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/09(月) 22:52:09 ID:rfNwudpb
>>292
うんうん、極論だわさ。
で、それがどうしたのかネ?
まさか、サちゃんって言いたいだけかネ?
それならそれでご苦労さんだわさ。
サちゃんでないけどネ。

296 :右や左の名無し様:2006/01/09(月) 23:00:09 ID:???
>>288
十人十色って言葉を知らないらしい。
全員が望んでなどいないだろう。

反論者を徹底的に弾圧した天皇ファシズム国家
が国民を引きずり回した結果敗戦した。

297 :右や左の名無し様:2006/01/09(月) 23:47:14 ID:???
>>290
>キミの考えは「国家有っての国民」だろうが、国なくなっても人は生きて行けるの
>だわさ。

そう思うのであれば、どんな傷害を起こしても、窃盗をしても罰されることのない世界で生きていけばいい。
国家があるということは、法律があるということだし、守ってもらえると言うことでもある。
もっとも、あんたにしてみれば国は単なる納税先でしかないようだが。


298 :Y・H・W・H:2006/01/09(月) 23:54:16 ID:uFkD9UOr
>>290
>国に責任がないというなら、選挙の意味も無いのだわさ。
>人の上に立つと言う事はその責任も莫大な代償としてあるのネ。

同等に責任がある。国に責任があるから国民に責任がないなどというのは、責任のなすりつけあい
と同じ発想でしかない。
それから、人の上に立つというのは、特権か? 代償という言葉からはそういう意味が臭ってくるが。


299 :右や左の名無し様:2006/01/10(火) 00:35:59 ID:???
>>295
極論だと認めてる時点でもうだめじゃん・・
君の空想レベルの話をしてもしょうがないし

300 :右や左の名無し様:2006/01/10(火) 12:29:01 ID:JcaH7VOv
>>296
>全員が望んでなどいないだろう。

そんなことは当たり前。で、戦争をやらなかったら『やらにゃならん』
と思っている国民の意思を反映したことにはならんが。民意は反映し
なくてもいいのか?
それから、ファシズムの意味はちゃんと把握したほうがいいぞ。
日本では、太古から、ファシズム政権というのは

天武天皇と後醍醐天皇のときにやろうとして失敗しているだけ。

で、他には存在しない。


301 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/10(火) 22:43:17 ID:qmyBWbJ5
>>297
国家は何時も国民を必ず守ってくれるのかネ?

>>298
政治家には、一切の特権はないのかネ?

>>299
極論は極論だが、これが空想でもない事は北朝鮮を脱国する人がいるから
成り立つ極論だわさ。
それにネ、国が唐突に出来きるワケでない事ぐらいわかるだろうにネ。

302 :右や左の名無し様:2006/01/10(火) 22:51:05 ID:???
>>300
やっぱり馬鹿ウヨの歴史観は歪んでますな。
話になりませんわ。

ファシズム
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

一般的には過剰な民族主義による抑圧的な政治体制を指す。
全体主義と呼ばれることもある。第一次世界大戦後における国家への国民統合を推進した
イデオロギー及び政治運動、統治機構などを含む。

ファシズムが表れた国として有名なのはナチス・ドイツ、イタリア王国、大日本帝国或いは
第二次大戦中にドイツの占領、影響下にあった諸地域であるが・・・・・。

303 :右や左の名無し様:2006/01/10(火) 22:55:28 ID:???
天皇制ファシズム
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

天皇制ファシズム(てんのうせい- )とは、1930年代の大日本帝国において、天皇の
統帥権を旗印に右翼や軍部の勢力が強まり、また対外戦争を遂行する中で国家総
動員法などにより確立された戦時下の政治体制を指す。

天皇制ファシズムに関する意見
「天皇制ファシズム」という用語は、主に第二次世界大戦後の天皇制批判の中で使
われるようになった。

二・二六事件の後、天皇を中心とした国を確立するため、政治的には政党内閣を否定
し、思想的にはマルクス主義をはじめ反対派を弾圧し、経済的には統制経済化を進め
広い意味でファシズム化したとされる事態を指す。また、その頂点に立ち、崇められて
いた天皇を日本のファシストの頂点と見る事を指す。

304 :右や左の名無し様:2006/01/10(火) 23:02:55 ID:???
第二次世界大戦は、東アジアにおける日本、ヨーロッパにおけるイタリア・ドイツの
ファシズム諸国家が、領土拡大をめざして、ヴェルサイユ・ワシントン体制を打破
しようとする動きからはじまった。国際連盟による集団安全保障体制がくずれるな
かで、当初はドイツ・イタリアがヨーロッパ地域で、日本が中国で、それぞれ独自の
侵略戦争を開始したが、独ソ戦と太平洋戦争の開始とともに、これらの戦争は一体
化して文字通り世界戦争に拡大した。反ファシズムの立場に立つアメリカ合衆国・
イギリス・ソ連などは、はやくから民主主義とそれにもとづく戦後の国際秩序を提案
して、多くの国々を連合国側に組織したのに対し、ファシズム諸国家は、それぞれの
支配圏樹立をめざすだけで、他国民を納得させる普遍的理念を持たず、さらにその
暴力的占領地支配は、ヨーロッパやアジア各地の占領地域民衆の多様な抵抗運動
をよびおこした。その結果ファシズム諸国家は、事実上、全世界を敵にまわすことに
なって敗北した。第二次世界大戦の犠牲者は、軍人および民間人など非戦闘員をあ
わせて数千万人にのぼるといわれる。それには人種的・宗教的差別による追放や大
量殺害もふくまれ、戦後になっても各地で多くの難民をうんだ。

305 :Y・H・W・H:2006/01/10(火) 23:03:41 ID:Uv6NlfPY
>>302
>一般的には過剰な民族主義による抑圧的な政治体制を指す。
抑圧などされとりません。

>301
国家は、過半数の人間の不利益を伴わないかぎりまもってくれます。どの外国人よりも優先に。

政治家には政治特権(仕事をする上での特権)はあります。がそれだけです。

日本の保護下からでて、たった一人で生きてから、国が無くても生きていけると言ってください。
私だったら、あなたが国の保護下からはずれたら真っ先に財産を奪いに行くけどね。
さんざん国の世話になっておいて言う言葉ではない。

306 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/10(火) 23:07:55 ID:BUGk0Qk2
>>303 ウィキペディアが完全な訳ではないんだよ、2.26は乞食を併合
なんてしてやって国が傾いてしまったから起こった訳で、中国への進出も
中国側が反日とかして邦人を虐殺しなければ起こらなかった訳だよ、
物事には何にでも理由が有り、突然始まる訳ではないんだよ、大丈夫かい?君。

307 :ふざけていない奴:2006/01/10(火) 23:18:26 ID:EC3UIseM
>>306
侵略戦争をセキュリティーの為のやむを得ない戦争とするバカの一つ覚えも見苦しい。
高市早苗みたいな右翼議員の発言を聞くたびに日本人であることを恥じる気持ちになる。
チーママにもっとケツの穴をよく掘ってもらえや!


308 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/10(火) 23:21:57 ID:qmyBWbJ5
>>305
>国家は、過半数の人間の不利益を伴わないかぎりまもってくれます。
へえ〜、なら耐震偽装問題は?血液製剤問題は?水俣病補償問題は?
BSE牛肉輸入は?ハンセン病隔離補償問題は?等など色々でてくるけど
守ってくれているのかネ?

>政治家には政治特権(仕事をする上での特権)はあります。がそれだけです。
なにやら、政治家がとても高潔そうに言っているが「献金汚職」が
何故でてくるのか答えてくれないかネ?

>日本の保護下からでて、たった一人で生きてから、〜以下略
何の為に、税金払っているのか答えてネ?
それともキミは「税金」や「人」がいない状態で、国が成立するとでも
思っているのかネ?
そう思っているのなら、明日にでもキミの「国」を作って見せてくれないかネ?

309 :右や左の名無し様:2006/01/10(火) 23:48:08 ID:???
>>307
自衛の側面を無視して侵略戦争とする方が馬鹿の一つ覚えだよ
日本で義務教育を受けたとは思えない程の偏向ぶりだね

310 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/10(火) 23:53:21 ID:BUGk0Qk2
>>307 強盗の家に警察が踏み込んだら不法侵入とか言われても困るがな、
因みに乞食を更生施設に移すと不法な搾取に成るのか?

>チーママにもっとケツの穴をよく掘ってもらえや!
君達の慣わしは知らんがな。

311 :右や左の名無し様:2006/01/10(火) 23:59:43 ID:???
ベトナム戦争の犠牲は大きく、撤退したアメリカ軍でさえ5万8千人以上の
戦死者を出しました。ベトナム人に至っては200万近い人が犠牲になった
といわれています。

312 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/11(水) 00:06:42 ID:vw6xcBDT
>>309
日本の義務教育で、何と言っているのか教えてくれないかネ?

313 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/11(水) 00:12:44 ID:TXfrMH35
>>312 九年間も税金で教えてやってるのだから自分でちったあ考えろ、
何でも乞いやがって貴様やはりチョンか?

314 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 00:15:57 ID:???
中学校の参考書によるファシズム

資本主義の危機の段階に現れ、歴史の流れに逆らう、暴力的な独裁政治
の形態。恐慌による資本主義の動揺に対して、右翼政党や軍部が大資本
家と結びつき、共産主義勢力を抑えて独占資本の支配と維持をはかり、個
人の幸福より民族・国家の利益を優先させて、国民の自由や権利を奪い、
また経済危機を切り抜けるために侵略戦争を行うのを特徴とする。
例、第二次大戦中の日本、ドイツ、イタリアなど。

315 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 00:21:47 ID:t/icZ1io
>>310
<強盗の家に警察が踏み込んだら不法侵入とか言われても困るがな、
   ↑
ムチャクチャなご都合主義の例えだなwwww



316 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/11(水) 00:22:02 ID:TXfrMH35
>>314 参考書は義務教育とは違うのだが、良い事を書いてるね
『資本主義の危機の段階に現れ』るのだから日本を経済的危機に
陥れてはいけないのだよ、半島併合で経験済みなのだが、
特亜に金を恵んでやったりしては駄目だと言う事だな、乞食が飯を
食えなくて死滅するのを助けるのは、歴史の流れに逆らう愚かな行為だ。

317 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/11(水) 00:23:50 ID:TXfrMH35
>>315 面倒なのだが、強盗は成敗する他ないだろ。

318 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/11(水) 00:28:18 ID:vw6xcBDT
>>313
なんだ〜都合悪いのかネ?本当の事がカキコ出来ないぐらいにネ。
義務教育でなんと教えているのか、答えるだけに文句で
返すしか脳がないのかネ?

319 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/11(水) 00:35:27 ID:TXfrMH35
>>318 都合なんて悪くないよ、都合悪い事なんて日本はしていないからね、
日本の教科書にはファシズムに対しての記述が殆ど無いんだよ、元々は
邦人虐殺とかへの反発や半島併合での経済の傾きに端を発して居るから
糞近隣諸国への配慮も有って正確に記述してあげられないんだよ、喪舞みたいな
チョンも日本に居るからね、日本政府てチョンにも優しいんだから感謝汁。

320 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 00:39:10 ID:???
>>312 >>318
いや、だからさぁ、知識ではなく教養の問題だろ
なんと教えてるのかではなくて、それなりに考える力を養えてないってこと
そんぐらい解れよ
まぁ養えてないから、そんな的外れな方向に話を持っていくんだろうけど
ちょっとひどいね

321 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/11(水) 00:42:30 ID:vw6xcBDT
>>319
都合悪くないのなら、ウンタラカンタラ言ってないで、
日本の義務教育で何と教えているか答えて御覧なさいネ。
配慮とか優しいとかそんなのどうでも良いから、>>309が言っている事が
本当なのかを知りたいのネ。

322 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 00:45:07 ID:???
あらら、もう口喧嘩のレベルだな

323 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/11(水) 00:52:05 ID:vw6xcBDT
>>320
何誤魔化しているのかネ。
教養で「侵略戦争」かどうか判るのかネ?
知識を教えてこそ初めて判る事だわさ。
その上で、後々考察していく事でまた「侵略」かそうではないか判断する事が
出来るのだわさ。
新たな発見なら別だがネ。
義務教育って言うのは、最初の段階の知識を教えるのネ。
その義務教育で何と教えているのか、僕は答えてくれと言っているわけだわさ。
キミは>>309でまるで義務教育で、それを習う表現を使って相手を
侮辱しているのだから、それが真実なのか答えてくれないのかネ?

324 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/11(水) 00:54:17 ID:TXfrMH35
>>321 そんな20年近くも昔の話を正確に覚えてないよ睡眠学習してたしさ、
つうかね、良いとか悪いとか日本の教科書では思想を押し付けはしていないんだよ、
自分で考える頭を養いなさいて事だよ、でないと互いに平等ではなくなるし
君のような、ON/OFFでしか物を考えられない馬鹿が出来てしまうだろ。

325 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/11(水) 00:57:09 ID:TXfrMH35
>>323 そのね、君の『最初の段階の知識を教えるのネ』てのが駄目ネ
考える事を教えないと君の様な乞う馬鹿に成る。

326 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 01:00:24 ID:???
>>323
だからそういう話じゃないってのw
お前、わざと馬鹿なふりして話をずらしてるだろww

327 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/11(水) 01:01:23 ID:vw6xcBDT
>>324
おいおい、散々>>316>>319で義務教育や教科書の事言って置いて
「覚えてない」は無いだわさ。
大体、僕は教科書の「思想」を聞いているのでなく義務教育で教えていることを
聞いているのだがネ?
それにON/OFFでこれ聞いているのでも無いのだがネ。

328 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 01:04:50 ID:???
真性のアホが義務教育=歴史教科書に固執してるだけだな

329 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/11(水) 01:09:13 ID:TXfrMH35
>>327 一言一句覚えてないよ、まんどくさい、日独伊は当時ファシスト
だった位は書いて居たと思うが何故ファシズム化したかに付いては書いて
ないのだよ、特亜が乞食や強盗だったからと書くと弊害が有るだろ、
国内のチョンが火病起こして口から泡吹いて死んだらまんどいだろ?

330 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/11(水) 01:14:14 ID:vw6xcBDT
>>325
数は考えて数えれるようになるのかネ?
始めに数を教えないと、数えれないのだわさ。
意味判るかネ?

>>326
不用意に、義務教育学べば「侵略戦争」で無いと言い切って
「自衛の側面」を強調しているが、それこそが考察していかないと判らない
段階だわさ。
そして、考察したって「侵略側の自衛の側面」しか言えないだろうにネ。
(対米戦は、除くがネ)

義務教育がキミが言っているような事教えてないのなんて、
そんなの百も承知の上で聞いているのだわさ。

331 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/11(水) 01:18:29 ID:TXfrMH35
>>330 何言ってるの?虐殺する強盗なんて成敗して当然だろ、今でも
国連は虐殺する土人にUNを送ってるだろ、普通の事だよ。

332 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/11(水) 01:19:12 ID:vw6xcBDT
>>329
「侵略戦争」って教えていたのか教えてないのかそれだけなのに
キミはトコトンそれで行くわけかネ?

333 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/11(水) 01:21:43 ID:TXfrMH35
>>330 ついでに言っておくが、ファシズムは悪い事だと捉えられがちだが、
強盗共産主義に対する民衆からの強盗共産主義に対する民意の反発で有り決して
悪い事ではない。

334 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/11(水) 01:24:51 ID:TXfrMH35
>>332 強盗に侵略とか言われても困る。

335 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 01:30:26 ID:???
>>330
だから、お前が勝手に話をずらしてるだけだってw
これだけ説明してもまだわからねぇのかよ
話になんねぇ
揚げ足取って口喧嘩のレベルにもっていったりとか
論点をずらして逃げたいってだけなの?
わざとやってるよね?
そうじゃなかったら、お前そうとうやばいよww

336 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/11(水) 01:30:51 ID:vw6xcBDT
>>331
また同じ事言ってるのネ。
まず、政府の公式見解をひっくり返して国連でその主張が通るのか考えてから
言って来てネ。

>>333
はあ?僕にそれ言っても無駄だわさ。
独裁国家にだって良い点、悪い点が有るって他スレでカキコしているのに
今更、そんな事を言われてもネ。

337 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/11(水) 01:37:20 ID:TXfrMH35
>>335 もれもこいつ相当にやばいとは思う。

>>336 喪舞が散々説明してやっても理解出来ないだけだろ、
独裁国家に良い事なんて有る訳ねえだろ、いい事有るように見えるのは
独裁してる連中だけだよ馬鹿も大概にしとけ。

338 :ふざけていない奴:2006/01/11(水) 01:46:44 ID:t/icZ1io
>>337
<強盗に侵略とか言われても困る。

もれも337のこいつ相当にやばいとは思う。
まるでチンピラ暴走族みたいな奴。

平日の昼間、やっと働き口が見つかったかと思ったら昼休みに右翼の書き込みを加えているし、
昼休みが終わった午後の1時過ぎにも未練がましく右翼のバカ書き込みをやってる。
それでいて残業だとよwww
手に負えない奴だ。

被害者を強盗だということで決めつける自尊心を高めるバカな奴。


339 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/11(水) 01:48:15 ID:TXfrMH35
>>338 幸せニダリンの使い過ぎは体に障るぞホモチョン。

340 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/11(水) 01:59:38 ID:vw6xcBDT
>>335
なんだ、キミも結局それかいネ?
義務教育で「自衛戦争」ですって書かれているのか、
それとも「侵略戦争」って書かれているのか答えられないから、
キミもふざけた奴も、そうやって誤魔化しているだけだろうにネ。
逃げたいのはキミだわさ。
でなければ、とっくに義務教育ではこうだと言い切っているだろうにネ。

>>337
なんだかネェ〜答え難いと、そう言う事しか言わないのキミらはネ。
独裁国家ってすぐ北朝鮮を思い浮かべるようだが、それは悪政の代表例としては
良いがネ。
独裁国家って言うのは、一つの党、一人の人間によって裁決支配されるが
此処に賢君が統治すれば良政を敷く事も可能で、その時国民は幸福に
暮らせるだろうが、暴君ならまあドン底になるだけの話だわさ。

理解出来たかネ?

341 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/11(水) 02:02:53 ID:TXfrMH35
>>338 先程、寝て起きたと書いたろ?残業ではないのだが、幸せニダリンを
使うと時間軸や現実認識能力に支障をきたすようだな。

342 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/11(水) 02:15:25 ID:TXfrMH35
>>340 馬鹿だなあ、賢君が統治して良政を敷いていれば民意が反映されていた
と評されて、独裁と言うには弊害が生じるんだよ、ちっと考えて書け。

343 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/11(水) 02:20:24 ID:vw6xcBDT
>>342
独裁の意味調べてから言いなさいネ。
圧政とゴチャにして語らないだわさ。

344 :ふざけていない奴:2006/01/11(水) 02:20:42 ID:t/icZ1io
>>341
あれ? 今日は休日じゃないよ。 平日w
社員かなんか知らないけど、まだ入社したばかりなら代休が取れるご身分じゃないでしょ??

10日火曜日の昼間の休憩時間と午後の1時半頃に、この板で右翼のHIV書き込みしてたでしょ??
それとも日雇いのバイト? 君のケツの穴がガバガバだけど業種は?


345 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/11(水) 02:40:08 ID:TXfrMH35
>>343 民意が反映されていれば独裁に成らないだろ、民意を受け入れてる訳だから、
何言ってるの?

>>344 定時で退社して飯食ってさっさか寝たんだよ、後ホモの話したいなら
そういう板に池、此処で物色すんな。

346 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/11(水) 02:46:12 ID:TXfrMH35
アホらしいから又寝るわ。

347 :ふざけていない奴:2006/01/11(水) 02:59:55 ID:t/icZ1io
>>345
???意味不明???
何か話がすれ違ってる。 俺は昼間の話をしているんだけどw
それとも夜勤明けか?
右翼らしい運送業か?

現実逃避したい場合は、寝るなり2chやるなり、どうぞご自由に。



348 :右や左の名無し様:2006/01/11(水) 12:03:11 ID:oOheog8H
>>308
>何の為に、税金払っているのか答えてネ?

あえて言わにゃならんのか。
「馬鹿か?」
と。
その国がなけりゃ税金を原湾でも言いと言うだけだ。
あんたの言い分じゃあ「税金を払ってやってるんだからありがたく思え」
で完結してその先がない。
税金に対しての行政サービスだと言うんなら、なおさらギブアンドテイクでプラマイ0
じゃねーか。なら、「行政サービスしてやってんだからありがたく思え」ってのが国の立場になるぞ。

国が必要ないなら、納税するなってことなんだぜ?

349 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/11(水) 23:31:32 ID:vw6xcBDT
>>345
民主主義でも、民意が反映されない時は独裁なのかネ?
ちゃんと独裁の意味調べてから言って来てと、警告してあげたのに
調べてないのネ。
だから、そんな事言っているのだわさ。

350 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/11(水) 23:34:27 ID:vw6xcBDT
>>348
税金や人がいないで、国が成り立つのかネ?
成り立つと言うなら、キミの国を作ってみたら良いだわさ。


351 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/11(水) 23:52:30 ID:hd2u++1W
>>349 難民の民意なんて興味ないぞ。

352 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/12(木) 00:01:11 ID:zUOulHGe
>>351
答えられないの誤魔化すのかネ?
どこに難民ってカキコしているのだわさ。

353 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/12(木) 00:38:42 ID:bPcUeVur
>>352 ただ漠然と反映されないと独裁ニダとか言われても知らん。

354 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/12(木) 01:09:33 ID:zUOulHGe
>>353
ほらまた誤魔化してるだわさ。
キミは>>345で言っている事と矛盾していないのかネ?
調べる事も、答えることもキミはしないのネ。


355 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/12(木) 01:16:14 ID:bPcUeVur
>>354 独裁か独裁でないかなんて所詮は主観でしかないんだよ、民意の
背景が無ければ独裁と言われるし、民意の背景が有っても国民のモラルが低ければ
愚帝と言われる事に成る、独裁ニダなんてのはそういうシステムを作り出してしまった
馬鹿な連中の言い訳に過ぎない、別に誤魔化しちゃいねえよ君に理解するとか
整理するとかて能力が欠けているだけだ。

356 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/12(木) 01:29:02 ID:zUOulHGe
>>355
だから、圧政と独裁をゴッチャにしないでネ。
独裁国家って言うのは、圧政に成り易い欠点があるがそれをキミは
勘違いして独裁とは、そう言うものだと思っているらしいだわさ。

まあ、取り合えず独裁の意味言って御覧なさいネ。

357 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/12(木) 01:35:43 ID:bPcUeVur
>>356 圧政てのも個人の主観に過ぎないとも言える、難民からも消費税
を取るなニダとか言う連中からは圧政と受け取るだろし、難民なんぞ祖国に
叩き返せと言う国民からすれば、それも又圧政だ。

358 :右や左の名無し様:2006/01/12(木) 01:40:42 ID:FIRB7Gp9
ログを途中から読まないで書込んでみる

平和には2種類ある
一つは、>>1のいう力の均衡による平和
もう一つは、圧倒的に強いものが世の中を支配することによる平和
まず、前者の平和だが、これはお互いが威嚇しあっているため、相手よりも強くなければ
という強迫観念から、無限に軍事力が膨張していく性質がある。
このため、どこかでなにかの拍子に大戦争になるという危険をはらんでいる。
米ソの冷戦がまさにそれだっただろう。あれは運よく戦争にまで発達しなかったけど。
次は、後者の平和だが、これは支配するものの力が圧倒的に強く、それに従うものが弱小でないと成しえない。
江戸時代、百年近く戦争が起こらなかったが、これは幕府が参勤交代などで大名の力を弱まらせたおかげだろう。
その間に町民文化は栄え、産業は多様化した
結局、真の平和っていうのはだれかリーダーを決めてその人にまとめてもらうのが一番なんだろうね。
しかし、そのリーダーもアメリカみたいな野心を持っている奴じゃなくて、徳川幕府みたいに「平和がいーやwww」
って思っている奴じゃないとねwww

359 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/12(木) 02:01:19 ID:zUOulHGe
>>357
はいはい、独裁の意味調べてから言ってきなさいネ。
それとも答えられないのかネ?

360 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/12(木) 02:10:45 ID:bPcUeVur
>>359 まんどいなあ、こうやって貼りゃあ良いだろうによ。

グーのじしょ。

どくさい 0 【独裁】

(名)スル
(1)自分一人の判断で物事を決めること。
(2)絶対的な権力を握る一定の個人または集団・階級が独断によって全体を治めること。また、そのような体制。
「一国を―する」

(1)も(2)も一神教的ならではの事柄と言えるよね、多神教だとこういった
事柄は起こり難い訳だわさ、挙句派虫類でも拝んでいれば世話無いだわさ、
土人たちが爬虫類を拝んでる土人達の動物園にちゃっちゃ帰れだわさネ。


361 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/12(木) 02:40:59 ID:zUOulHGe
>>360
お、やっとカキコしたかネ。
では、キミが>>337>>342>>345>>355で言っている独裁と
違う事が判ったかネ?

そして、意味も無く今度は一神教とか宗教での事柄とか訳判らん事言わないだわさ。
戦国時代を出せば、キミの言う事なんてあっと言う間に崩れるのだからネ。

あくまで、独裁国家って言うのはその形態を示す物でどうしても
良いとか悪いとか言いたいのなら、北朝鮮のような国とか圧政国家とか言った方が
良いだわさ。

362 :右や左の名無し様:2006/01/12(木) 02:52:27 ID:???
>>361
奴は北朝鮮の悪口だけは口が裂けても正面切って言えないんだろ。
金豚とか比喩使って誤魔化さないと。

363 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/12(木) 02:55:55 ID:ujgHLIP3
>>361 小泉が首相をしていても藻舞裸は独裁と言うジャマイカアホらしい、
戦国時代や江戸時代もは大名て言うお上てのが沢山居た訳だよ、各家庭にもかみさんてのが居る訳だよ、
まあ日本で独裁政権の部類に入るのは徳川幕府かも知れんが、更に上は居た訳で
独裁とは言い難いし御三家とか老重とか居た訳だからある程度民意だとは言える訳で、
まあ多神教だから成り立つ理屈なんだよね。

364 :キャッチ22 ◆kSz0.H0MK6 :2006/01/12(木) 02:57:03 ID:abZrJXGz
大陸に関与しなかったことが長期安定の一因だが、家康〜秀忠以下しばらく
外様潰しの野心は有りまくりなんだが・・・言うこと聞かず篭城したら占めたもの。
挑発に乗らず耐え忍び結果として幕末の討幕運動のエネルギー源の一つになったことは否定できまいよ。

しかし、お二方も相変わらず元気そうで何よりですなぁwおやすみ、ぐぅ。

365 :キャッチ22 ◆kSz0.H0MK6 :2006/01/12(木) 03:01:04 ID:abZrJXGz
>>364>>358にささやいてみた。

366 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/12(木) 03:02:31 ID:ujgHLIP3
>>364 貴殿もお元気そうで何よりでつ、漏れも寝ますお休みなさい。

367 :Y・H・W・H:2006/01/12(木) 12:32:57 ID:haUb8F8n
>>358
同意します。
一部の人間は、第三の平和として誰も武装しない平和を望んでいるようだが、絵に描いた餅でしかない。
物欲もなく、自分の遺伝子の保存にも興味がない。そして、誰も彼もを疑わない人間ばかりになれば
それもかなうだろうけど。

ただ、第二の平和も巧みな駆け引きで軍事力の膨張も抑えられるし、戦争にはならない。
なぜならば、
「他人は痛いめにあってもいいが、自分や家族がそうなるのはいやだ」
という本能があって積極的に戦争をしたいわけじゃないということだ。これは、相手方に対する温情ではなく
自己愛ゆえである。もっとも、それゆえ(自己や家族を守る為)に戦争にもなるんだけど。
それから、軍備に予算を割けばそのぶん国は貧しくなるわけで、限度が知れてくるということになる。ゆえに、
相手方に対する恐怖から、相手の軍縮を迫る政治工作にも出るのだ(一次大戦後のイギリスのように)。

手っ取り早いのは第一の平和だけど、そんな組織が今の地球上に存在しない。戦国〜江戸時代にかけての
日本にとっての天皇、将軍のような存在がいない以上はそんな組織はできそうにない。
国際連合(皮肉って連合国というが)にそれを期待する人がなぜか多いけど、その成立過程や現状の状態を見
ればよっぽど無理。


ようは、>>1がいっていることって、「自分の意見をしっかりいえよ!」ってことだと思う。話し合えってこと。
何を考えているやつよりか、無茶苦茶な意見でもそれを言う人間は信用できる(明確な対策ができる)って
こと。

368 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/13(金) 00:29:20 ID:6fy7Owvb
>>363
まずナチス・ドイツの成り立ちはどうだった考えようネ。
そして、戦国時代各国においての総大将はどう言った立場だったか思い出そうネ。
さらに、江戸時代の武士の割合を考えてからキミが言う民意が、
どの程度であったか言うべきではないのかネ?
ここに、宗教が関係有ると思っているなら大間違いだわさ。

369 :うざけた奴 ◆ZS4YjI4csc :2006/01/13(金) 00:32:10 ID:???
>>365
>>366の弟分です。よろちく

370 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/13(金) 00:35:50 ID:yG8+MtGV
>>368 >>369 君達の為に用意したスレなんだよ、宜しくね。

【奴隷】共産主義者という名の哀れな奴隷【奴隷】
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1121357134/

●○○○○   ○
         ○ ○
        ●   ○
  平等     奴隷
民主主義  共産主義
 多神教   一神教

 共産主義(儒教・中華思想・チェチェ思想等)に囚われてしまうと、
社会的に上記の図の右下の●の様な位置に精神的位置を置く事に成ってしまい、
民主主義者達に対しても奴隷感を味わう事に成ってしまう。

 結果として満たされないフラストレーションが、歴史の捏造や偽造はたまたテロや
虐殺等の愚行を行う事に成ってしまう、自ら進んでて奴隷思想を受け入れてしまった、
愚か者と言う事も出来るが、元々他人に依存しないと存在価値さえ見出せない屑と言える。

民主主義者(一神教)をAとし、共産主義者(その他あほ一神教)をBとすると公式としては。

A>B

と言う単純な公式に成ってしまう、違うと言うなら反論してみたまえ。

371 :うざけた奴 ◆ZS4YjI4csc :2006/01/13(金) 00:38:36 ID:???
>>370
うーん。なかなか深淵な思想でつね。さすが兄貴

372 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/13(金) 00:40:42 ID:6fy7Owvb
>>362
あ、そう言えばそうだネ。
彼はしょっちゅうチョン(侮蔑用語だがふざけた奴曰く区別用語)とか
言っている割には北の事は、余り文句垂れないだわさ。
どこぞのスレで工作員だと言われていたが、こうなると何か疑わしいネ。
でも本当だとしても、ダメダメ工作員だわさ。

373 :大日本美桜塾 ◆HenXmdfsKc :2006/01/13(金) 00:42:19 ID:???
ふざけた奴さん、舎弟を持ちましたか
出世しましたなぁ( ^ω^)ゞ

374 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/13(金) 00:43:03 ID:yG8+MtGV
>>368 >>369 立て直しますたんで此方へどんぞ。
【共産】一神教信者という名の哀れな奴隷【中華】

375 :うざけた奴 ◆ZS4YjI4csc :2006/01/13(金) 00:44:06 ID:???
>>373
美桜さん、よろしくお願いします。
これからも、兄貴をささえていきまつ

376 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/13(金) 00:49:09 ID:6fy7Owvb
>>370
一生懸命考えたんだろうネ。
でも、その○の位置がどう何を示しているのか良く判らんし、
共産主義で多神教な国、民主主義で多神教はどうなるのかも出さないと
イケナイのでないかネ?
それと>>369で言った事は、考えてみたのかネ?

377 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/13(金) 00:55:09 ID:yG8+MtGV
>>376 喪舞が馬鹿で何べん説明してやっても理解しないから、思い出して
やったんだよ、共産主義で多神教だと矛盾が生じて弾圧したりしてんだろ、
民主主義で多神教は問題が生じにくいだろう、一神教を求めるのに民主主義だと
揉めたりはしているみたいだかな。
>>369 は漏れは切り離したし漏れが認めないから関係ない。

378 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 00:56:37 ID:???

●○○○○   ○
         ○ ○
        ●   ○
  平等     奴隷
民主主義  共産主義
 多神教   一神教

 共産主義(儒教・中華思想・チェチェ思想等)に囚われてしまうと、
社会的に上記の図の右下の●の様な位置に精神的位置を置く事に成ってしまい、
民主主義者達に対しても奴隷感を味わう事に成ってしまう。

     ↑
   悪いが意味不明
  大体○●がさっぱりわからん 

要は共産主義は糞って事がいいたいんだろけど

 

379 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/13(金) 00:57:13 ID:yG8+MtGV
>>373 君とは友人で有りたいと漏れは思う、平等が良いよね。

380 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/13(金) 00:58:48 ID:yG8+MtGV
>>378 ●が本人の位置で○は他人の位置だよ。

381 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/13(金) 01:07:40 ID:6fy7Owvb
>>377
図で表さないのかネ?
>>369の指定は間違いで>>368だったが、キミ回答しないのネ。
それともそのキミが言っている認めないから回答しないのかネ?
そうであるなら、キミが言っている事も他者が認めないから関係ないで
終了だわさ。

382 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/13(金) 01:10:47 ID:yG8+MtGV
>>381 まんどいなあ、なんか書くよ。

383 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/13(金) 01:14:55 ID:yG8+MtGV
>>381

●○○○○   ○   金豚
漏  小  天  ○ ○  党員
れ  泉  皇 ●   ○ ネ君
  平等     奴隷
民主主義  共産主義
 多神教   一神教

こんなんで判る?

384 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 01:22:37 ID:???
>>380
うーん、わからん スマンね、、
共産だと精神性格差が広がるって事なのかな?

民主主義は所得と精神安定が切り離せないよね?
それこそトンデモなく稼ぐ人もいれば、ホームレスもいるでしょ。
尊敬できる人もいればDQNヤンキーも共存している社会。
生きて行くのは大変だが、法律範囲内であれば自由がある社会。

共産主義は、限られたトップ官僚のみが、好き勝手やり放題、国民から搾取。(この点は日本などの先進国もそうだが)
国民=家畜ぐらいしか認識されていない。
決められた人生しかないので、国民は皆DQNになるしかない。
最悪なのは、言論封殺、思想弾圧だね。
個人個人が考える事を許されない世界。
死なない程度の配給のみ。俺なら発狂して死ぬ。



385 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/13(金) 01:29:06 ID:6fy7Owvb
>>383
こらこら、「共産主義で多神教な国、民主主義で多神教」を図で示してくれないかネ?
それと、「民主主義で多神教」と「民主主義で一神教」は同じで良いのかネ?

もう一つ疑問があるのだが、キミと小泉と天皇が同じ位置となっているが
まず小泉は国民に選挙で選ばれて議員になっている、そして天皇は国民の総意で
あることが条件だわさ。
となると、精神的位置はそれであっているのかネ?
生命の価値と置き換えた方が、良くないかネ?

ついでに僕の>>368は結局キミは、都合悪くて答えられないわけネ。   

386 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/13(金) 01:34:52 ID:yG8+MtGV
>>384 はあ、まあ判りやすい説明有難う御座います、ただ稼ぐのも
ホームレスに成るのも本人の技量な訳で、其の位の面白さが無いと
人生に飽きてしまうと思うんですよね、結局漏れも発狂して死ぬと
思います刺激の無い人生なんてて共産主義の方が刺激的なのはなんとも
皮肉な話ですね。

387 :右や左の名無し様:2006/01/13(金) 01:39:02 ID:???
>>386

全く同意


388 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/13(金) 01:48:15 ID:yG8+MtGV
>>385 喪舞下手な図を楽しんでるだろ、「共産主義で多神教な国、民主主義で多神教」
どちらでも争いを生むだけだよ、
○  ○
 ●
○ ○ 
ほらグチャグチャになっちったジャマイカ。

ナチスドイツは基本的に一神教で民主主義だから危うく成り易いんだよ。
戦国時代は戦国武将て神が沢山居て面白かったし、士農工商は家康のアホが
儒教なんて下らない中華思想を持って来たから、明治維新で駆逐されたじゃろあほらしい。

389 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/13(金) 01:55:54 ID:yG8+MtGV
ん間違えたな民主主義で多神教だと○○○●○
民主主義で一神教だとナチスドイツみたいに
  ○   ちょび髭
 ○ ○  党員
●   ○ ネ君

390 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/13(金) 02:03:10 ID:6fy7Owvb
>>388
あ、やっぱりグチャグチャになったかネ。
民主主義、共産主義を無理矢理宗教とコジツケルからだわさ。

>ナチスドイツは基本的に一神教で民主主義だから危うく成り易いんだよ。
ナチスドイツの成り立ち聞いているのだがネ。

>戦国時代は戦国武将て神が沢山居て面白かったし、〜以下略
戦国武将はその国において独裁的立場だろうにネ。
そして、多神教なのに独裁は成立するのにキミは独裁はないと言うのかネ?
おまけに儒教の影響で独裁になるなんて今度は、言い始めるがそうなると
ヨーロッパはどうなのかと説明出来るのかネ?
一神教にループしそうだから、先言っとくが戦国時代はどうなのかにループするからネ。

結論を言って置くが、独裁に宗教は関係ないのだわさ。
せめて、宗教を独裁に利用したならまだ判るがネ。

391 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/13(金) 02:07:58 ID:yG8+MtGV
>>390 ヨーロッパは基本的にキリスト教だろ、だいたい多神教だから
争わないなんて書いてねえぞ、仏教も神教も戦う時は戦って居る。

392 :ふざけていない奴:2006/01/13(金) 02:44:25 ID:p6v7L7hD
旧東側では今でも民族紛争や宗教対立はあるものの、
EUは基本的にアメリカ合衆国の各州と同じ多宗教の集まり。
多少の宗教対立で個人宅爆破殺害はあっても大きな紛争に発展していない。


393 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/14(土) 01:38:23 ID:xlyFYdoE
>>391
だから、多神教、一神教だから独裁だ共産だ民主だとか
関係ないのと、僕は言っているのだがネ。

394 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/14(土) 01:45:32 ID:oyOW/2Eh
>>393 チャンコロやチョンに民主主義なんて高等な政治なんて無理なんだよ、
キリストのヨーロッパ系も多大に世界中に迷惑を掛けてきたろ、キリスト教は
最近は他の宗教を認めるようには成ったが、爬虫類を拝んでる土人じゃ話に成らない。

395 :右や左の名無し様:2006/01/14(土) 01:54:27 ID:???
共産主義国家が今でも存在してるって
ふざけた馬鹿はマッカーシー症候群でしょうか?


396 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/14(土) 02:01:17 ID:oyOW/2Eh
>>395 中華共産主義はML共産主義の遥か昔から有るんだよ、中華(生殖器の中心)て
言う属国(衛星国家)も従えたれっきとした爬虫類の爬虫類による爬虫類の為の共同体だ。

397 :大日本美桜塾 ◆HenXmdfsKc :2006/01/14(土) 02:13:37 ID:???
≫ふざけた奴さん

若造ですがこれからもヨロシクでつ(´・ω・)人(・ω・`)
献花腰でなければ思想の違う片方とも仲良くしたいでつね
平等→たいら→ひんぬー…∩(´・ω・`)∩マンセー!!

≫うざけた奴さん

五分の兄弟でないなら彼の思想を理解したとは言えませんよ〜
まぁ何はともあれ、ヨロシク

398 :大日本美桜塾 ◆HenXmdfsKc :2006/01/14(土) 02:16:04 ID:???
刺激が足りないなら色んな意味でこのスレお勧めw

ぁ……おにぃちゃん………そこは違う穴だよぅ……
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/gal/1136455904/

399 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/14(土) 02:18:44 ID:xlyFYdoE
>>394
民主主義が一番最初に発症したと思われる国は、どこかネ?
それと前にも言ったけど、各国の政治体系と宗教が一神教か多神教かを
挙げないと何々教だから民主主義は、無理だと言うのもキミのただのこじ付けで
誰も納得出来ないのでないかネ?

400 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/14(土) 02:46:22 ID:oyOW/2Eh
>>399 ローマだったっけ?

401 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/14(土) 02:49:01 ID:oyOW/2Eh
>>397 こちらこそ此れからも宜しくでつ、ひんぬー良いよねえ。

402 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/14(土) 02:50:52 ID:oyOW/2Eh
>>399 発症てさあ火病じゃあないんだから発祥に汁よ。

403 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/14(土) 02:58:35 ID:oyOW/2Eh
>>398 其処じゃあないと言われた事有る。

404 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/14(土) 03:09:59 ID:xlyFYdoE
>>400>>402
発症でなく発祥だったネ。
指摘アリガトだわさ。
で、それなんだが一応古代ギリシャだと言われているが、
その宗教は何かネ?
あ、ローマだと思うならローマの宗教でも良いだわさ。

んで、各国の政治体系と宗教が一神教か多神教かは挙げないわけネ?

405 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/14(土) 03:10:54 ID:oyOW/2Eh
もう寝る。

406 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/14(土) 03:13:11 ID:oyOW/2Eh
>>404 ローマはギリシャ神話。

407 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/14(土) 03:13:55 ID:oyOW/2Eh
>>404 おやすみ。

408 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/14(土) 03:26:19 ID:xlyFYdoE
>>405-407
ギリシャ神話って宗教なのかネ?

あ!またこんな時間までカキコしてしまったのネ!
キミも寝る様だし、僕も眠るだわさ。
それじゃ、お休みネ。

409 :右や左の名無し様:2006/01/14(土) 04:31:38 ID:G1MPKQWx
>>408
立派な宗教。もっとも、彼らがその宗教をどのように故障していたかまでは解らないけれど。
もっとも、宗教の総てに名前があるわけではないし。
むしろキリスト教のように宗教であることを主張する宗教でもなければ、生活に溶け込みすぎていて
意識はしていなかったかも。

410 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :2006/01/14(土) 06:35:14 ID:qIirYe4/
>>409
老婆心ながらキリスト教は宗教ではないと主張している。

よき訪れ(福音)らすい。

シナの儒教は日本じゃ儒学、アニミズム、シャーマニズム、トーテミズム
他者からみればイワシの頭かも?

411 :右や左の名無し様:2006/01/14(土) 06:37:41 ID:WjQcaBjR
今日はうんこした?

412 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/14(土) 13:15:20 ID:oyOW/2Eh
>>408 多神教てのは生活に溶け込み易いから消えたように見えるだけで、
日本の八百万の神々も日本人が信仰していると言う自覚なんて他宗教に比べたら
希薄だろ?まあそれだけに他の宗教や変な事言ってる連中が目立ってるだけなんだけどな。

413 :阪京 ◆/Z7uecnQUY :2006/01/14(土) 13:31:52 ID:qIirYe4/
>>411
今ウンコしたがそれがなにか?

414 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/14(土) 17:43:32 ID:xlyFYdoE
>>409
回答サンクスね。
よく判らんかったので聞いてみたのだが、
チョロっと調べただけだが主神ゼウスを頂点にして
オリュンポス十二神(合ってる?)がいる宗教ぽいようネ。
古代ギリシャ人にとっては、心の支えみたいだわさ。
宗教と言っても良いと思えるネ。

415 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/14(土) 18:14:49 ID:xlyFYdoE
>>412
話がソレついでに、聞きたいのだがgooの辞典で多神教の意味を
調べて見てくれないかネ?
キミが見れば、そのコテ名が文句に変わると思える内容だわさ。
僕の意見としては、「何だこの辞典?そりゃ違うだろ」って感じネ。

んで、本題の方だがその発生した民主主義だが出来上がった時点で
「実質はペリクレス独裁」だったわけなのネ。
多神教でありながら独裁な訳で、発祥地自体がそう言ったモノなのだから
キミが言う一神教だから多神教だからで独裁だ民主だとかが
当て嵌まると言うこじ付けは、違うのネ。

416 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/14(土) 18:55:42 ID:oyOW/2Eh
>>415 君の指摘する通りgooの辞書に関しては思慮が浅いとでもしか言いようがないと言えるな。

民主主義で有ろうとも独裁に近く成ったりする事てのは有ったりもするのね、まあ原因としては
外圧を受けたりすると纏まり易いてのが多くに見られる原因だったりはするのだが、
歴史的に見ると、強力な権力を持った者が一神教が都合良いので取り入れて
いったって事だろう、多神教てのは自覚無く民衆に溶け込み易く、一神教てのは
権力とかを求める貧しい心を持った君みたいな者に取って都合が良かったんだよ。

417 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/16(月) 00:55:39 ID:b8rEJEqp
>>416
>君の指摘する通りgooの辞書に関しては〜以下略
あ、やっぱりそうかネ。
宗教で、未開とか言うのは可笑しな事と言うのは、キミ判る訳ネ。

>民主主義で有ろうとも独裁に近く成ったりする事てのは有ったり〜以下略
「外圧受け〜中略〜原因」もあるが、
カリスマ的政治家の出現によって、独裁になり易いのもあるのネ。
その例は、ナチスドイツで判ると思うがネ。
で、そこでだがそれに宗教は関係あったのかネ?
宗教は関係はなく、関係あったのは強力な民族主義だわさ。

>歴史的に見ると、強力な権力を持った者が一神教が〜以下略
>>390で僕が「宗教を独裁に利用したならまだ判るが」と言った事が
ようやく判ったのかネ?
でも、「一神教が都合良い」って言ってるところがまだ判ってないようネ?
それ言うなら、「宗教が都合良い」だわさ。
でも、キミはそれに反論するだろうから、
先に大和朝廷はどういう宗教だったか、そしてどのようにして他の神(国津神)を
取り込んでいったかを考えて欲しいだわさ。
そして、それでもまだキミは一神教だから独裁とか権力を求めると
言うのなら、今ある独裁国家はまず何処と何処なのかそして、
その国の国教(無論、一神教だから独裁なら国教になるはず)が何なのかを
教えてくれないかネ?

418 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/16(月) 01:23:42 ID:gsuJH/uF
>>417 未開てのはどういう意味で使っているのか説明して貰おう。

外圧が有ると独裁者を時代が求めるとも言えたりはするね、まあ勝手に独裁を
始める馬鹿者も居るけどさ、民族主義が嫌ならそんな民族の居る国に来んなよ。

特亜の三馬鹿国は根本的に中華思想とかが国教みたいなもんだろ?
そいで拝んでるのが爬虫類なもんだから人間を食おうがお構いなしだし、
何をしようと爬虫類のする事だからモラルなんて発生しないし最低だよね。

419 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/16(月) 02:31:17 ID:b8rEJEqp
>>418
>未開てのはどういう意味で使っているのか説明して貰おう。
未開って文明として成長してないって意味でないかネ?
まあ、辞書作った人が何考えてそう言ってるのか理解しがたいがネ。
でだ、キミが宗教で未開などが変だと判るのに、同じく宗教で独裁だ民主主義だって
言っている事は、変でないかネ?

>外圧が有ると独裁者を時代が求めるとも言えたりはするね、〜以下略
良いかネ?僕が言っているのは「強力な民族主義」で、
それはつまり選民思想って事だわさ。
そしてそこで、利用するのが宗教であったりする事もあるわけだわさ。
これで「宗教を独裁が利用したならまだ判るが」って意味が判るかネ?

>特亜の三馬鹿国は根本的に中華思想とかが国教みたいなもんだろ? 〜以下略
こらこら、チャンと答えれないのかネ?
中華思想が宗教なんて可笑しいな事、言わないでだわさ。
それと前から気になっていたのだが「拝んでいるのが爬虫類」って何なのか
詳しく説明してくれないかネ?
結局キミは、大和朝廷がどうだったか考えなかった訳ネ。

420 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/16(月) 02:52:23 ID:gsuJH/uF
>>419 未開てえのは他人の価値観を否定していて失礼な言葉だと思わないかね?
大きな力を得て志が低く独裁をする度色々な価値観が失われて来た訳だよ、
まあ支配する為の一神教だね、ML共産主義なんてのは其の頂点だね愚の骨頂だよ。

選民思想と君は言うが余りに価値観が違うとどうにか成らないんじゃないの?
しかも価値観の違いに付け込んだ事をしたりすれば尚更だよね、
嫌われるのには理由が有るんじゃない?

中華思想て馬鹿三国の根本的な考え方だろ?こっちからすりゃあ気持ち悪い宗教みたいな物だよ
爬虫類は竜の事だよそれとも両生類とかかな?どちらにしてもとても気持ち悪い。

大和朝廷の話てのは昔の人達が戦った話の事だろ?戦国時代みたいな物で其れだけだ。

421 :右や左の名無し様:2006/01/16(月) 06:06:22 ID:???
最低最悪な無礼者「ふ」

422 :右や左の名無し様:2006/01/16(月) 12:31:48 ID:mN9BSm7E
>>419
>中華思想が宗教なんて可笑しいな事、言わないでだわさ。

神仏がでてこなきゃ宗教じゃないというのは、呼称がなければ宗教ではないというのは
宗教の受け止め方として間違い。
人間を無思慮のレベルでさえも支配するのが宗教。

思想、習慣も宗教のひとつである。

共産主義、中華思想、日本人の島国根性、総て宗教。

423 :右や左の名無し様:2006/01/16(月) 18:33:33 ID:ksvWb7XE
>>422 島国根性は違うんじゃない
宗教を定義付ければ、崇拝する対象を伴う思想・教義・習慣。

中華思想は確実だね。

ふざけた君は単に共産、社会主義体制についての全体主義批判が
したいだけで、宗教は例えじゃないの?

424 :右や左の名無し様:2006/01/16(月) 23:37:16 ID:???
「ふ」の主張する昆虫を拝むが確かに気になる。
半島人はカブトムシとかクワガタみたいな昆虫を拝んでいるのかね?

425 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/17(火) 00:30:01 ID:QD/RCMSl
>>420
>未開てえのは他人の価値観を否定していて失礼な言葉だと思わないかね?〜以下略
僕は未開とは、その国の今現状の価値や存在を著しく下げる物だと思うがネ。
あ、あまりキミの考えと変わらんだわさ。

>まあ支配する為の一神教だね、ML共産主義なんての〜以下略
だから、宗教で独裁であるとかないとか関係ないだわさ。
それとマルクスの考えと、今の共産主義が同じとキミは思うのなら余りに単純すぎるだわさ。

>選民思想と君は言うが余りに価値観が違うとどうにか成らないんじゃないの?〜以下略
価値観がそうズレル事は、その国の中ではないだろうにネ。

>嫌われるのには理由が有るんじゃない?
唐突にそう言われても、何がそうなのかよく判らんだわさ。

>中華思想て馬鹿三国の根本的な考え方だろ?〜以下略
良いのかネ?そんな事言っていると思わぬ落とし穴があるもんだわさ。
キミのその中華思想って、他国が中華の正当な継承者だと主張する「小中華思想」に
繋がったりするのネ。
そして問題はそこからなのだが、それは日本でも発生し「水戸学」に通じて行くのだわさ。
そしてそれは後に、水戸学で尊王思想が育まれ明治以降の国体思想や皇国史観を
生み出す結果になるのだそうネ。
まあ参考にした物は、僕がウちゃん系かと思うウィキペディアなので
信用性はキミの判断に任せるが、違うと思うのなら違う説を出して欲しいのネ。

>爬虫類は竜の事だよそれとも両生類とかかな?
ああ、龍ネ。キミの言う爬虫類である竜は西洋のモノと思うがネ。
それ崇めると気持ち悪いのかネ?
日本にも竜神信仰有るし、それに十二支も考えようネ。

>大和朝廷の話てのは昔の人達が戦った話の事だろ?〜以下略
誤魔化さないで答えて欲しいが、キミには神話辺りから出さないとダメかネ?

426 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/17(火) 01:23:17 ID:doyY294i
>>425 権力を持った物が他の神とかを排除してきた結果、君の嫌うと言う独裁な訳だが
君は此れをどう思う訳よ?嫌いなんだろ?

マルクス君も折角、奴隷達を奮い立たせる為に書を書いたのに、まさか同意してくれた
連中が奴隷に成るたあ思わなかっただろうね。

価値観のズレと嫌われるのに関しては。
価値観のズレを君達がおかしいたのこうしろだの言って押し付けるから嫌うんだよ
滅茶苦茶にする連中も居る訳だし、まあ嫌われて当然だね、一神教と多神教の
違いだね、多神教は否定しないから君達は今までやって来る事が出来たが、一神教の
君達は多神教を否定してしまう、否定された側は致し方なく君達の否定に出ているだけだよ
自業自得な訳だし、まあ成るように成るだろ。

三馬鹿に興味は無い、馬鹿なだけだ。

漏れの所て水戸系なんだけど水戸学とかああいうの漏れ嫌いなんだよね、徳川光圀とか徳川家康とか漏れ
嫌いなんだよ家臣は大迷惑で、未だに尻拭いまでさせられる始末さ、天皇に関しては1000年近く前とかから
有る訳だから関係ないよ。

てえ事は竜てえのは両生類かな?まあどちらにしても日本では鱗の付く物は汚らわしいつうてね
嫌う傾向が有ったりして拝む対象には余り成らないんだよね、生臭いでしょ?日本に竜神信仰てのは
有るが川が反乱したりしたから仕方なく持ってきたんだろ、やだよあんな蛇のお化け、十二支てのは
向こうから伝わったんだろ?多神教で裾野が広くて心が狭くないから否定はしなかったよ、丙午て
言われちゃうんだよね知らんかも知れんけど。

大和朝廷の話てのは神話になってしまうほど昔の話な訳よ、所在さえも判らないほどにね、諸説有る訳よ
君は神話を一言一句信じるハッピー君なのかね?漏れとしてはあやふやに成ってしまった話に興味が沸かない
んだよね。

誤魔化す誤魔化さないとか馬鹿じゃないの?だいたいどうでも良いつうか、喪前に関係ねえだろ。

427 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/17(火) 01:27:13 ID:doyY294i
>>424 昆虫か爬虫類かて事なんだけどね竜て、どうも両生類やも知らん。

428 :うざけた奴 ◆ZS4YjI4csc :2006/01/17(火) 01:39:44 ID:???
>>426
こんなの読む気にならない。

ネという人も、ちょっとヘンだけど

429 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/17(火) 02:00:19 ID:QD/RCMSl
>>422
そうかネ?
思想と宗教は違うと思うがネ。
僕は思想は判断系(ちと旨く説明できん)で、宗教は心理系だと考えてるのだわさ。



430 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/17(火) 02:08:31 ID:doyY294i
>>429 宗教の構造てのはその人の心の構造なのだから心理系なんだわさ。

431 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/17(火) 02:36:59 ID:QD/RCMSl
>>426
>権力を持った物が他の神とかを排除してきた結果、〜以下略
?君の嫌うと言う独裁って言うのが良く判らんだわさ?
良し悪しが有るとは、言った覚えは有るがネ。

>マルクス君も折角、奴隷達を奮い立たせる為に書を書いたのに〜以下略
奴隷かどうかは、知らんが大きく歪んでいる事は判ったのネ?

>価値観のズレと嫌われるのに関しては。 〜以下略
「強力な民族主義」の件が、何故そんな訳の判らん答えをキミが言ってくるのが
僕には理解出来ないのだがネ。
ん?上とゴチャかネ?
それにしても良く判らんので、もう少し判るようにカキコして欲しいだわさ。

>漏れの所て水戸系なんだけど水戸学とかああいうの漏れ嫌いなんだよね〜以下略
キミが嫌いなのは嫌いで良いが、キミがウちゃんなら明治以降の国体思想や皇国史観を
否定する事にならないかネ?
別に、僕としてはそんな物どうでも良いがネ。

>てえ事は竜てえのは両生類かな?
想像上の生物に類が有ると思うかネ?「神って何類?」と聞いてるようなものだわさ。
それと、鱗嫌う割には「竜」が付く地名が日本には結構有るのだがネ。
ついでに丙午が何だと言うのかネ?

>大和朝廷の話てのは神話になってしまうほど昔の話な訳よ、〜以下略
おいおい、自分の国の多神教の元に関しての話だろうにネ。

432 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/17(火) 03:26:58 ID:doyY294i
>>431 神が一神て時点で独裁じゃねえかよアホらしい、チョンだからていい加減にしとけ。

喪舞裸チョンがマルクス君に乞うたから歪んだんだよアホらすい。

価値観に関して理解出来ないて君がチョンで馬鹿だから理解出来ないて言われても
んなん知らんよ、鈴虫も人間の言葉は理解しないだろ。

漏れが喪舞裸の望むウだてか?中道だっつってんだろ物覚えの悪りいチョンだな。

竜なんて虫けらに付き合っちゃあいらんねえよ、竜て地名?川が氾濫したり鉄砲水
とかに襲われた事が有るて事だよ、日本は治水したから想定外意外はこっちゃないね、
丙午位自分で調べろよ俺に乞うんじゃねえチョン。

大和朝廷の神話も八百万の神の話の一つに過ぎないんだよ、どうせ喪舞てチョンだから
幾ら説明しようが理解出来ないだろチョンだから、もういい加減漏れもアホらしいよ。

君から学んだのはやっぱりチョンてどうしょもないな、先人達もチョンて言うわこりゃ。

433 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/18(水) 01:12:31 ID:OSd3y0y/
>>432
>神が一神て時点で独裁じゃねえかよアホらしい、〜以下略
キミ一神教の神って、最終的に何示しているか判っているかネ?

>喪舞裸チョンがマルクス君に乞うたから歪んだんだよアホらすい。
なんだそりゃネ。
もうちっと、調べておいでだわさ。

>漏れが喪舞裸の望むウだてか?〜以下略
キミの言う中道とは、極端に走らない中正の道かネ?
キミはそうだと言えるかどうか、一度考えた方が良いと思うよ自称中道さんはネ。

>竜なんて虫けらに付き合っちゃあいらんねえよ〜以下略
竜王山とか言う地名も結構有るのだわさ。
川ばかりあると思ったら、大間違いネ。
あ、池にもあるからネ。
それと丙午持ち出して来て、何がいいたいのかネ?

>大和朝廷の神話も八百万の神の話の一つに過ぎないんだよ〜以下略
キミの言う多神教が、統治に関わっていないのかネ?
そして、日本神話は「これが日本の成り立ちだ」としていないのかネ?

434 :大日本美桜塾 ◆HenXmdfsKc :2006/01/21(土) 00:05:16 ID:???
年に一度の靖国詣、集まる仲間は少ないが
遠い遥かな特攻基地で眠るか戦友は安らかに
安らかに

若い命を燃やして消えたあの戦友あの声あの瞳
一足先にさんずの川で待っているぜと別れたが
別れたが

あいつが散った南の空も今日の青さによく似てた
無理に笑った涙の顔が浮かんで見える雲の果て
雲の果て

435 :右や左の名無し様:2006/01/21(土) 01:08:56 ID:???
>>434
おまえらみたいなオタクネトウヨに参られちゃあ
英霊も吐き気がするってよ。
二度と逝くな。

436 :うざけた奴 ◆ZS4YjI4csc :2006/01/21(土) 01:50:07 ID:???
漏れと兄は中道だからネトウヨでないからな

437 :右や左の名無し様:2006/01/21(土) 02:33:15 ID:???
じゃぁ、ネト虫(ちゅう)だな。


438 :右や左の名無し様:2006/01/21(土) 04:52:30 ID:???
>>437
いいねえ、その言葉。「ネト虫」もらい!

439 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/21(土) 12:43:30 ID:HmLXbHRE
>>433
>最終的に何示しているか判っているかね?
君達が拝んでるのは人じゃなくて虫な訳でしょ?虫が複数だと多虫教とかに成るの?
虫は多数でも中華思想てのは頂上は一人の一神教だろ。

>藻舞裸共産主義者(チョン)は恵みの少なそうな領主様の代わりに
新しい沢山恵んでくれそうな領主様を求めただけだよ、マルクス君もがっかりだろうよ。
>資本家にも労働者傾かず漏れは中道だよ。

お釈迦様も嘘ばかり吐く虫を拝む変な連中は想定外だよつうか論外だ、
地獄に堕ちろ。

竜て名を付けるてえからにゃ禍が有るとか色々な意味とか有るんだよ
丙午の意味が君に判らないからて何で漏れが君に教えを恵んでやんなきゃ成らない訳?
藻舞が幾ら乞食だからて漏れに乞うなよチョン。

神話にも色々有って当たり前なんだよ、日本昔話だって色々有るだろ、
つうか藻舞みたいなチョンに関係無い話なんだから文句有るなら帰りゃ良いだろ、チョン。

440 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/22(日) 03:05:23 ID:vVeM1A7T
>>439
>君達が拝んでるのは人じゃなくて虫な訳でしょ?〜以下略
質問に答える気がないなら、カキコする必要ないのネ。

>新しい沢山恵んでくれそうな領主様を求めただけだよ、〜以下略
意味不明だわさ。

>資本家にも労働者傾かず漏れは中道だよ。
極端に走らない中正の道かネ?
自称中道さん、これぐらい答えようよネ。

>竜て名を付けるてえからにゃ禍が有るとか色々な意味とか有るんだよ
色々って禍以外にも、祀られているって意味だろかネ?
四神に竜がいるぐらいキミ知らないのかネ?

>丙午の意味が君に判らないからて何で漏れ〜以下略
丙午の意味は知っているのネ。何故唐突にそれを用いた意味を聞いているのだわさ。
何でも出せば良いとキミは、考えているのかネ?

>神話にも色々有って当たり前なんだよ、〜以下略
マトモに答える事出来ないと、キミ「チョン」って言うのはワンパターンだわさ。

わざわざ、罵倒と戯言のレスご苦労な事だわさ。

441 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/22(日) 03:30:26 ID:vyhgBK9O
>>440
>質問に答える気がないなら、カキコする必要ないのネ。
都合の悪い話は答えられませんてか?ヒューザーの小島と一緒だな、民族性乙。

>意味不明だわさ。
渦中の者は気が付かないだけさ。

>極端に走らない中正の道かネ?
>自称中道さん、これぐらい答えようよネ。
チョンはぶっ殺せとか言ってねえだろ、これ以上乞うなよチョン。

>色々って禍以外にも、祀られているって意味だろかネ?
>四神に竜がいるぐらいキミ知らないのかネ?
楽しそうに妄想してるね、形が似てるとかイレギュラー位は有るんじゃね?

>丙午の意味は知っているのネ。何故唐突にそれを用いた意味を聞いているのだわさ。
>何でも出せば良いとキミは、考えているのかネ?
君は知らなくて良いよ。

>マトモに答える事出来ないと、キミ「チョン」って言うのはワンパターンだわさ。
本当の事を書いて何か悪いの?

442 :右や左の名無し様:2006/01/22(日) 03:38:00 ID:???
>>441
ただいま火症中。乙。

443 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/22(日) 03:39:01 ID:vyhgBK9O
>>442 泡吹いて逝くなよチョン。

444 :うざけた奴 ◆ZS4YjI4csc :2006/01/22(日) 03:39:35 ID:???
「ネ」氏は珍しく兄をかまってくれる人道にあつい人だw

445 :うざけた奴 ◆ZS4YjI4csc :2006/01/22(日) 03:40:58 ID:???
>>442
藻前こそ火病だろ

446 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/22(日) 03:42:57 ID:vyhgBK9O
>>444 >>445 君の中道て何か変なんだよね、まあ良いか。

447 :右や左の名無し様:2006/01/22(日) 03:43:52 ID:???
>>443-445
火症兄弟。乙。

448 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/22(日) 03:44:04 ID:vVeM1A7T
>>441
>都合の悪い話は答えられませんてか?ヒューザーの小島と一緒だな、民族性乙
キミがネ。
何勘違いしてるか知らんが、キミがマトモに答えてないのだわさ。

>渦中の者は気が付かないだけさ。
やっぱり意味不明ネ。

>楽しそうに妄想してるね、形が似てるとかイレギュラー位は有るんじゃね?
ほら、これもキミは答えれないだけだわさ。

>チョンはぶっ殺せとか言ってねえだろ、これ以上乞うなよチョン。
これ以上突かれると、中道でない事がバレるからだろうのにネ。

>君は知らなくて良いよ。
キミ自身がワケも判らず用いたから、説明も出来ないのかネ?

>本当の事を書いて何か悪いの?
ワンパターンな解答ご苦労だわさ。

449 :うざけた奴 ◆ZS4YjI4csc :2006/01/22(日) 03:44:51 ID:???
何が変でつか

450 :うざけた奴 ◆ZS4YjI4csc :2006/01/22(日) 03:45:55 ID:???
>>448
なにマジになてるの?バカミタイ

451 :右や左の名無し様:2006/01/22(日) 03:46:32 ID:???
>>449
「ふざけた奴」の脳内。乙。

452 :うざけた奴 ◆ZS4YjI4csc :2006/01/22(日) 03:48:09 ID:???
>>451
脳内じゃなくて弟だよチョン

453 :うざけた奴 ◆ZS4YjI4csc :2006/01/22(日) 03:52:38 ID:???
にしても「ネ」は毎晩こんな遅くまで起きてて俺と同じ無職なのかな

454 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/22(日) 03:52:49 ID:vyhgBK9O
>>447 まあ嫌いでは有るから、漏れは怒っては居るけど、半島では火症て言うの?

>>448 漏れはさあ一々答えてあげて居るのに、君は言葉を変えて繰り返してるだけじゃん。

 馬 鹿 な の ?

>>449 うーん、微妙て言うか、仏教では正しいと言う事は無いと説くんだよね。

455 :うざけた奴 ◆ZS4YjI4csc :2006/01/22(日) 03:59:15 ID:???
>>454
仏教聖典には「だから正しい教えは、実にこの地上に、美しいまことの
団体を作り出す根本の力であって、それは先に言ったように、互いに見
いだす光であるとともに、人ぴとの心の凹凸[おうとつ]を平らにして、和
合させる力でもある。」とありますが。

456 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/22(日) 03:59:58 ID:vyhgBK9O
>>453 職業訓練校とかも楽しいぞ、不規則な生活てのも楽しいけどよ。

おやすも。

457 :うざけた奴 ◆ZS4YjI4csc :2006/01/22(日) 04:01:14 ID:???
それにしても「チョン」と和合はどういう関係があるのでつか?

458 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/22(日) 04:02:35 ID:vyhgBK9O
>>455 聖典て有ったっけ?弟子とかが伝えた話なんだよね、美しいと言えば
醜い物を作る事に成るんだよ、此れは有る意味では悪な行為なんだよ。

459 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/22(日) 04:04:02 ID:vyhgBK9O
>>457 それ意味が判んない、何か書いといて。

寝る。

460 :うざけた奴 ◆ZS4YjI4csc :2006/01/22(日) 04:04:42 ID:???
>>458
だけどhttp://www10.0038.net/~butto/nakama3syou.htmに書いてありまつ

461 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/22(日) 04:08:33 ID:vyhgBK9O
>>460 どうなんだろね、他人が介在するとどんどんズレる。

462 :右や左の名無し様:2006/01/22(日) 06:21:24 ID:???
>>452-461
馬鹿ウヨの美しき兄弟愛。乙。

463 :ネっとでもの申す ◆iHHEiHL5FY :2006/01/22(日) 18:00:49 ID:vVeM1A7T
>>454
アレが回答とは、随分ご立派な回答ネ。
罵倒・侮蔑と言うんだわさ。
キミは自分が何カキコしたかも、理解できないわけネ。


464 :右や左の名無し様:2006/01/22(日) 18:06:02 ID:CJBBAZDE
北朝鮮系列の朝鮮労連とNHKが癒着している

これは国会議員に国会記者が伝える情報
の作成に北朝鮮労働組合の構成員が
入っており  このような手続きで捏造された
情報を検査なしで 国会に流していたためである

このように NHKを通じて 日本の国会議員を
動かし 日本の政治を 手玉に取ることが
北朝鮮には可能なのである

NHKのこのような行為は放送法に反し
北朝鮮のような外国に 日本を売ることにつながる以上NHK報道部を 強制調査して問答無用に
関係者を懲戒解雇するべきである 



 

465 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/22(日) 19:57:35 ID:vyhgBK9O
>>463 判って居て書いてるに決まってんだろチョン、君は目的も無く
書いたりするのかね?あんまり幸せニダリンを使い過ぎると泡吹いて死んじゃウヨ。

466 :うざけた奴 ◆ZS4YjI4csc :2006/01/22(日) 20:05:52 ID:FWgnGWH6
ネのいうことなんか、わかててもわかてなくてもどうでもいいけどね

467 :右や左の名無し様:2006/01/22(日) 21:26:18 ID:???
>>465
分かってるはず無い。こいつの脳内は差別意識に固まりで
汚い言葉しか浮かばない。
いざ問いつめられると、その内容に対してはほとんど返答できず
差別カキコで切り返すのが関の山。氏んだほうがマシだね。



468 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/22(日) 22:08:21 ID:vyhgBK9O
>>467 君みたいな頭の悪い馬鹿なチョンが多いから漏れは楽が出来る、
区別する事で日本で変な事を言い続けて来た連中の正体を見る事が目的なのだが、
君みたいな付ける薬の無い馬鹿チョンは幾らでも居るから君にだけ特別に教えてあげるよ。

469 :右や左の名無し様:2006/01/22(日) 22:11:27 ID:???
ふざたんはチャンネル桜とか見ないんですか?

470 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/22(日) 22:12:58 ID:vyhgBK9O
>>469 見ません。

471 :右や左の名無し様:2006/01/22(日) 22:15:11 ID:???
なんで?
いい無料視聴コンテンツあるよ
ふざたんが、桜見ないのは以外ですた

472 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/22(日) 22:21:10 ID:vyhgBK9O
>>471 漏れは中道ですし、保守言論人の発言てのにも抵抗を覚えたりもします。

まあ、漏れは漏れ。

473 :右や左の名無し様:2006/01/22(日) 22:23:23 ID:???
私は自衛隊演習コンテンツなんか好きでつ
ふざたんは、割と一匹狼っぽいんでつね
ほいじゃ、またバイ



474 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/22(日) 22:33:40 ID:vyhgBK9O
>>473 距離感が好きなだけですけどね、ほいじゃま。

475 :右や左の名無し様:2006/01/22(日) 22:35:14 ID:XYldBS2c
>>472
お前、極右なら極右ってきちんと自己紹介しなよ。

「私は、馬鹿で差別主義者で脳内妄想し妄言吐きまくり
の極右ファシストこと、ふざけた奴です。」って

やっぱあれか?最後の段階では北朝鮮の首領さまを裏切れないってか?
心配すんな、そんな極右は日本に沢山いるから。

476 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/22(日) 22:38:22 ID:vyhgBK9O
>>475 何を火病っとんじゃチョン、首領様なんて敬語使ってねえで豚の元に帰えれ。

477 :うざけた奴 ◆ZS4YjI4csc :2006/01/22(日) 22:54:53 ID:FWgnGWH6
いつも挑戦ネタになりまつね

478 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/22(日) 23:00:42 ID:vyhgBK9O
>>477 彼等>>475とか発想の根源が其れしかねえんだろ?可哀想とは言えるだろうけど、
日本には関係の無い話だしな。

479 :右や左の名無し様:2006/01/23(月) 00:04:07 ID:UIZiI+WJ
>>478
お前、極右なら極右ってきちんと自己紹介しなよ。

480 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/23(月) 00:14:52 ID:pSyrWs+D
>>479 排外主義ではないし漏れは中道なんだけど、まあ君が中道を
理解出来なくてこそチョンと言える訳だよ。

481 :右や左の名無し様:2006/01/23(月) 01:33:57 ID:???
何でもかんでも中道と言えばいいってもんじゃない

482 :大日本美桜塾 ◆HenXmdfsKc :2006/01/23(月) 02:38:36 ID:???
>>471>>473

(*´・ω・`)ちょっと興味あるなぁソレ

≫ぽタソ

ハードモード8の刻、楽勝クリアwww
縄の男、「滅」か「撃」を使えば簡単に倒せれたぉ
一周目は蓄積の強化し損なって「刻」が使えず苦戦したけどw
ついでにミッションモードレベル9まで進出〜

483 :右や左の名無し様:2006/01/23(月) 03:06:48 ID:???
桜たんは、確か携帯だよね。
PCなきゃネトカフェで見たらいいんじゃない?


484 :大日本美桜塾 ◆HenXmdfsKc :2006/01/23(月) 03:32:27 ID:???
PC自体はあるんだけどね、エロゲにしか使ってないw
最近DVDプレイヤーがエラー頻発して困ってるぉ(´・ω・`)

チャンネル櫻って有料テレビ番組かな?

485 :右や左の名無し様:2006/01/23(月) 03:37:37 ID:???
PCネトにつないであるんなら、ちゃんねる桜で検索しませう
桜のHPにつながったら、BBコンテンツにゴー
BBコンテンツは無料っぽよ

486 :右や左の名無し様:2006/01/27(金) 01:54:12 ID:6s3tY/SM
結局「バカふ」は「ちくわふ」と変わらんような
中身の無い議論もまともに出来ない人間とい
うことが証明されたスレだったね。

269 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)