2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

民主主義に対する不理解が多いのは何故か?

1 :RICK.DQN ◆6ORDQNVoZw :2006/01/12(木) 22:29:08 ID:q+y9BcRl ?
よく直接民主主義の代替えとして現在の関節民主主義があると言う感じで
国民の意志を実現するのが民主主義だという意見を聞くがそうではない

民主主義とは「自由に対する平等を実現する為に代表者が議会政治によって試行錯誤する」もの。

議会内の賛成の多数は自由な討議によって論理的に納得して獲得する訳で
そのまま民意が実現する事はあり得ない。

また誰もが無制限に自由という勘違いもあるが
自由に対して平等という制限がつくというのが正しい。

2 :右や左の名無し様:2006/01/14(土) 17:26:55 ID:5/YdRgWK
法治されていたので

人間には欲があるからです。またそこに力の原理が働くわけですな

民主主義を普遍的に見たら、己の政治的行動や意図の正当化する文句

>自由に対して平等という制限がつくというのが正しい
自由に対する平等ってちょっと意味違ってない?
例えば、自由な経済活動を認めると、貧富の差が出来て平等でない。
論旨から言って、平等のところには公共の福祉がくるべきでは?

3 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/14(土) 17:31:07 ID:oyOW/2Eh
>>2 各々の能力には個人差が有るのだから貧富の差てのは起こってしまうものなのだが、
努力を怠り、そんなカキコして福祉してくれなんて書いて恥ずかしくないのか喪舞?

4 :右や左の名無し様:2006/01/14(土) 19:04:24 ID:5/YdRgWK
>>2ですが

>>3 その解釈だと1さんの提起と一致しないでしょ
平等云々はフランス革命の歴史的事例を引いたまでです。
また、福祉でない「公共の福祉」。これで一語
この場合は、規範維持による共通利益のこと。
つまり道義による自由の制約と平等主義による自由の制約では、違うんじゃないって意味。

それに、なんで政治力学認めているのに、そう判断されねばならんの?

あとスレと関係無いが誤解が無いように、自分も新自由主義支持です。
ケインズ型政策だか共産主義思想だか分からないけど、
このままだと皆に等しく幸福と希望をどころか
皆に等しく不幸と絶望をになっちまうのは目に見えている。
第一、国家から底辺を引き上げる経済体力を奪って、
底辺で足並み揃えろなんて主張、そちら同様理解できない派です。

5 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/14(土) 19:16:32 ID:oyOW/2Eh
>>4 そりゃあ失敬しました、しかし>>1の書いてる意味てのは資本主義に置ける経済的自由ではなくて
民主主義においての自由て事だと思うんですよね。

6 :右や左の名無し様:2006/01/14(土) 19:44:06 ID:5/YdRgWK
>>5
そう、だから其方の
>民主主義においての自由
って云うのは規範、すなわち互いの自由の尊重による権利保障によって
成り立つのであって、それを守る義務から必然的に制約されるもので、この概念と
平等による制約概念とは、政治哲学・思想的に峻別すべきじゃないのかな?
と考えていると意見したのです。

7 :リック:2006/01/16(月) 12:45:49 ID:7cOb/zc5
>>2
>例えば、自由な経済活動を認めると、貧富の差が出来て平等でない。
つまり、自由に「公共の福祉」という形で平等という規制を…という事でしょ。

8 :右や左の名無し様:2006/01/16(月) 17:41:24 ID:ksvWb7XE
>>7 ちょっとした言い回しの誤解

自由に対し平等による規制って言葉の捕らえ方は、
左翼教員の競争よくない論や資本主義批判に代表されるモノ

彼方が言いたい自由を守るのための規制は、自由主義に内在する概念。
まず自由とは不等に支配されない事です。
しかし、無法な自由を認めたら人を支配する権利を認めるてしまいます。
この支配は、統治的な事柄だけでなく、他人から物を盗む事も
経済的自由を奪い取ったわけで同じ事です。
ゆえに自由は、互いの権利尊重=個人の尊重による(正当な)支配から
生まれる概念なのです。

ついでに単に平等による規制と言った場合は、選挙は一人一票とか、
誰でも18才に成れば自動車普通免許が取得できる等の
権利的被差別を指す場合が殆どです。

9 :RICK.DQN ◆6ORDQNVoZw :2006/01/16(月) 22:53:46 ID:SKfkzheD
民主主義(リベラルデモクラシー)とは革命によって国王の特権であった自由(フリー)を
国民に水平(リベラル)に分配しようとした由来から生まれた概念。

つまり、民主主義の自由とは個人が『責任』をもって『何かをすること』に
障害(束縛・強制など)がないということ。
そうすると今度は、人が自由に振る舞うためには、いろいろな条件が必要になる。
他人の自由を犯す様な何か問題のあるやつがいたら警察が捕まえてくれるとか、
様々な信頼関係がなければいけない、
そのような信頼を支えるのが公共財である国家であり運営方法として憲法があり
『法による規制』が定められ自由と平等を実現しようと試行錯誤する。

10 :右や左の名無し様:2006/01/19(木) 22:25:53 ID:eXUf1pG5
>>1
学校で教えないからだろ。

11 :右や左の名無し様:2006/01/20(金) 23:01:29 ID:hbQJn8Ku
>>1
古今東西、皇帝や将軍以外が政治哲学するなんて文化が日本にはないから。
ぶっちゃけ低俗な民族だと思う。もう少し深く社会や公共性に関して論ずる
教育があってもいいと思う。
大学で勉強しててそう思った。

12 :中田:2006/01/22(日) 02:17:13 ID:5SuvxX4W
自由と平等は、互いにバッティングする
人権と共産は互いにバッティングする。
個人と社会は、欲求の昇華の面で、いろんな個人の価値観の存在で、互いに制約を生じる。

これらの互いの価値観は、なんとか両立すべきではある。この対立する価値観の一方を
偏重して運動するものがいる。  人権団体であり、共産主義者である。

バッティングする価値観の融合を意識せねばならない。人権共産党、自由平等党 個人社会融合党のような綱領概念が必要であろう。

13 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/22(日) 02:46:40 ID:vyhgBK9O
>>11 政治哲学を愚民が語った結果が特亜だなんて笑わしたりしないよね?

 ま さ に 愚 衆 政 治 。

14 :右や左の名無し様:2006/01/22(日) 03:21:17 ID:MtYsAdDs
>>11
イエスの説教からパウロが強調した「隣人愛」(カリタス)の教義によって
キリスト教徒が信仰心から親や故郷の親しき者を愛する自然感情をエゴイズムとして退け
心情的に同情できない同じ共同体に属さない人間に対して施しをしたのが公共性の由来。

この隣人愛の精神を更に明確に示したのがプロテスタントのカルヴァン派。
人々が本当に必要としているものを生産し、適正な価格で市場に供給する事は
自らの救済の手段であるとカルヴァン主張した。
その結果として利潤を獲得し追求する事は(キリスト教徒の)倫理的な義務であり
「隣人愛の実践」した事の証明であると解釈した事によって
労働そのものを目的とし、救済の手段として尊重する精神が芽生えた。
その結果、利潤を追求し合理的な運営を永遠と続ける事がプロテスタントの
事実上の戒律となり資本主義の精神となった。
生産した物を適正な価格で市場に供給する為には異なる価値観の者同士が
取引する為の共通のルールの領域をビュルガーリッヘ=ゲゼルシャフト(経済的市民社会)
を公と言うようになったのが社会学的な常識。


15 :右や左の名無し様:2006/01/22(日) 04:39:01 ID:X7bYQ4cd
>>11
将軍も天皇もお飾りだよ。
建前だけ。
実際には寡頭政治

16 :右や左の名無し様:2006/01/22(日) 13:35:42 ID:L6gigO7y
間接。

17 :右や左の名無し様:2006/01/22(日) 19:43:02 ID:???
不理解者の一人です。勉強したいんで民主主義成立の歴史とか
これからどうしたらいいかとかの参考になる本を読みたいんだけど
みなさんのオススメなんかがあったら教えていただけませんか?

18 :右や左の名無し様:2006/01/23(月) 01:33:50 ID:gTJQUdlo
>>17
小室直樹の「悪の民主主義」は日本とヨーロッパを比較しながら
説明してくれるので結構明快で解りやすい。

19 :右や左の名無し様:2006/01/23(月) 02:10:42 ID:???
不理解なのは独裁者によって統治された実経験が無いからピンとこないからで、
その有り難さも言葉の意味も分からない。知る必要も感じない。
今の日本では民主主義という言葉は、もうその役割を終えていると思うよ。

愚衆ではなく衆愚と書こうね

20 :右や左の名無し様:2006/01/23(月) 04:19:25 ID:???
小室直樹を読むのなら、
新野哲也の『だれが角栄を殺したのか?』も良いんじゃないですか。
本来あるべき日本の民主主義と、なぜそれができないのかが、簡単に分かると思います。

21 :右や左の名無し様:2006/01/26(木) 21:28:12 ID:LIIMi8sx
民主主義といってもお国柄があって面白いな


22 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/26(木) 21:31:32 ID:Q3FxdUUa
こんな国でも民主主義、アホらしくて付き合えん。
http://www.geocities.jp/flip_flop_picnic/dangerkorea.html
http://web1.nazca.co.jp/hp/vipper774/bhw/bhw.html

23 :右や左の名無し様:2006/01/26(木) 21:54:41 ID:enkT9E5f
>12
亜細亜大学レベルだな


24 :中田:2006/01/26(木) 22:35:38 ID:kXkOp0I6
>>23 君の東大レベルうぃかもーーーん

25 :右や左の名無し様:2006/01/26(木) 23:27:23 ID:bDsmv7GX
ミミ彡ミミミ彡彡ミミミミ
,,彡彡彡ミミミ彡彡彡彡彡彡       反日で政権を維持する中朝韓
ミミ彡徂""""""""ヾ彡彡彡        反日教育に染まった中朝韓の青年達
ミミ彭         ミミ彡彡   
ミミ彭 _    _   ミミミ彡   大陸と距離を置いていた時代、
ミミ彡 '´ ̄ヽ  '´ ̄` ,|ミミ彡    日本文化は発展し、平安だった。
ミミ彡 ヽ ̄' 〈ヽ ̄ .|ミミ彡     大陸と交渉が多かった時代、
 彡|     |       |ミ彡   政治は乱れ、人々は不幸だった
 彡|   ´-し`)  /|ミ|ミ   
  ゞ|     、,!     |ソ  
   ヽ '´ ̄ ̄ ̄`ノ /       政治関係はクールに。
    ,.|\、    ' /|、     経済関係はウオーム。
 ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
    \ ~\,,/~  /       
     \/▽\/

中朝韓は敬して、遠ざけよ!



26 :詰まらんことを書くな。:2006/01/26(木) 23:30:35 ID:???
>>よく直接民主主義の代替えとして現在の関節民主主義があると言う感じで
国民の意志を実現するのが民主主義だという意見を聞くがそうではない


コレは「制度論」

>>民主主義とは「自由に対する平等を実現する為に代表者が議会政治によって試行錯誤する」もの。

↑これは「制度の運用論」。きちんと書け。
自由に対する平等を実現するために、代表者が云々といっても、結局、
国民の意思を反映させることにはかわらない。

あんたのいうように、「自由に対する平等〜」を直接民主制で
実践したらそれは「民主主義」じゃあないのか?そうではあるまい。
間接民主制は単なる直接民主制の代替制度ではない、という趣旨はわかるが、
直接民主制も民主制の一形態。

27 :右や左の名無し様:2006/01/26(木) 23:37:00 ID:???
 民主主義というのは、形式論的には、
「国民主権」にもとづき、国民の意思によって国家を動かそうとする
理念といっていい。
 民主主義であっても、独裁政治も、寡頭政治も、多数者独裁政治も、
いずれも成り立つ。
 ただ、たとえ「民主独裁」政治があったとしても、それを「民主的」
とはいわないよな。ここでいう民主的とは前者の形式論敵意味とは
異なり、「国民一人一人が自由である社会」を暗黙の前提としている。
古典的民主主義とは、正確に言えば「自由民主主義」である。
この場合の民主主義は、多数者専制も、少数独裁も、否定する。

※ 糞ウヨにかぎらずだが、一番多い誤解。
多数決至上主義と民主主義を誤解していること。


28 :ふざけた奴 ◆Sa5SBMSRMc :2006/01/26(木) 23:42:56 ID:Q3FxdUUa
>>27 嫌なら帰れて、豚も大統領(笑い)も両手を広げて待ってるぞ。
ヽ<`⊥´>/ホルホルー。

29 :右や左の名無し様:2006/01/27(金) 05:46:50 ID:t5TlUZyQ
>>27

「多数決至上主義≠民主主義」なのは否定しない。
しかし君が勘違いしているのは「多数決至上主義」を政治思想だと思っていること。
もしくは勘違いじゃなくて意識的に論旨を逸らしているのかな?
「多数決至上主義」は政治システムの結果の一つにすぎない。
もちろん民主主義がこれを選択することは有り得る。


30 :右や左の名無し様:2006/01/27(金) 19:08:46 ID:???
>>29 いやいや、政治思想というより、そこんところは
Gサルトーリの政治形態の分類をイメージしながら書いたのよ。
だから、政治思想というより、(議会内における)現実の
政治形態かなあ。
 制度論的にいえば、議院内閣制とか、二院制とかいうけんども、
そういった法律論的制度論による分類ではなく、その制度にのっかって
いる政治形態つーか。

>>28 よく解りもしないくせに、レスだけはしたいんだな、さすが
永谷園w


31 :右や左の名無し様:2006/01/27(金) 19:46:00 ID:???
日本の全体主義をなくすには、天皇制ぶっ殺すしかないな。
靖国と天皇制と右翼は日本の国益にならない。
とっととお国のために氏んでくれ。

32 :右や左の名無し様:2006/01/28(土) 01:47:47 ID:???
多数決が正しい答えを出せないことは、往々にしてあるし、歯痒い思いをさせられる。
その参加者のレベルが低ければ、なおさら悲惨な結果になる。
多数決とは、より良い答えを出すための方法ではなく、
結果の言い訳をする時に使われる、責任回避の道具であると考えるべきでしょう。
そんなものに主義なんて言葉を付けるのは止めようよ。

33 :右や左の名無し様:2006/01/28(土) 06:47:26 ID:???
天皇制については、皇太子が一言「私も選挙権が欲しい」といえば
流れが変わるんじゃないかな。
天皇家は民主国家の民ではないので、選挙権も被選挙権もない。

34 :右や左の名無し様:2006/01/29(日) 01:20:02 ID:???
住民票も無いんだっけ?
未だにそんな国だよこの国は

35 :右や左の名無し様:2006/01/29(日) 03:55:20 ID:dPaPPEmN
>>33
>天皇家は民主国家の民ではないので、選挙権も被選挙権もない。
つーか、民でも無い。
皇太子が一言「私も選挙権が欲しいから皇太子をやめる」と言えば
皇族を辞められる。

36 :右や左の名無し様:2006/01/29(日) 04:19:33 ID:/Um/hrw0
>>30
政治過程論のこと?
内容はイデオロギー論に近いと思うが。

多数決は統治の正当化根拠に多用されるが、行き過ぎると
最悪でカリスマ台頭独裁政治を生み出したりする。


国民統合の象徴として戴くって
日本人だと拝ませてもらえるってことかな?

37 :右や左の名無し様:2006/01/29(日) 05:27:21 ID:???
天皇家について考えれば、民主主義とか平等の意味が理解しやすいと思う。
『象徴天皇』とは、天皇には政治に参加させませんよと言う国民意思の対外的な表明なんだろうね。
皇族を守りたかったのだろうけど、自虐的な憲法になってしまっている。
民族統合の象徴は、大陸から独立したこの国土と独自の言語があれば十分だと思うが、どうだろう?

38 :RICK.DQN ◆6ORDQNVoZw :2006/01/29(日) 06:08:19 ID:dPaPPEmN
>>37
>『象徴天皇』とは、天皇には政治に参加させませんよと言う国民意思の対外的な表明なんだろうね。

いや、憲法ってのは国家の運営方針であって『象徴天皇』とは
国家の運営に対して神道の最高司祭にやってもらう役柄以外の何ものでも無い。
内閣総理大臣や最高裁判所長官を任命や憲法改正、法律、政令及び条約の公布に対して
主権者である国民の権力を示す最高権威の象徴として天皇であると言う事。

39 :右や左の名無し様:2006/01/29(日) 08:01:36 ID:???
>>38
運営方針なのは分かるよ。9条も運営方針だけど対外的な表明でもある。
民主国家に不滅の最高権威者を置いておくこと自体おかしいから、
民族統合の『象徴』とSymbolを訳した日本語で回りくどく表現される。
あくまでも主権在民。ってことか?

40 :RICK.DQN:2006/01/29(日) 14:44:19 ID:10IYobBL
>>39
>民主国家に不滅の最高権威者を置いておくこと自体おかしいから、
議院内閣制の国なら何処にも君主か、あるいは権能の小さい大統領が存在します。

41 :右や左の名無し様:2006/01/29(日) 20:51:47 ID:???
よそもそうだから、良いんじゃないかと言う現状追認ではなく
立憲時、国民心情的には承認されても
一方で法のもとの平等を謳い、片や恒久的な特権階級の存在を認めるのは
将来的に齟齬をきたしかねない。
だから、おかしいと書いたのだけど、RICK.DQNさんはおかしいと思いませんか?

42 :右や左の名無し様:2006/01/30(月) 02:14:43 ID:KlOGHMjd
恒久的な特権階級の在日は?

43 :大日本美桜塾 ◆HenXmdfsKc :2006/01/30(月) 02:21:53 ID:???
おしつけ憲法が国民の意志だって(´・д・)(・д・`)エーッ

44 :中田:2006/01/30(月) 02:36:26 ID:KlOGHMjd
今の植民地基本法を憲法ではなく、植民地基本法と名前を変えて、憲法改正96条を簡素にして
数十回改正しなければ、国民の意思なんて笑わせるw 国民の意志であると申す池沼は
改憲させても問題ないはずなのだが 激ワラ

45 :RICK.DQN ◆6ORDQNVoZw :2006/01/30(月) 04:24:03 ID:ySnW3Hqp
>>41
>一方で法のもとの平等を謳い、片や恒久的な特権階級の存在を認めるのは
>将来的に齟齬をきたしかねない。
国民の平等でしょ。
天皇は国民じゃあ無い。
問題は特権ではなく神聖視してしまう事だろうね。

46 :中田:2006/01/30(月) 09:34:24 ID:KlOGHMjd
国民ではない在日44万人月17万円、年1兆4千億円の生活保護特別脱税優遇クレーマー階級は放置でしょうか?

47 :右や左の名無し様:2006/01/30(月) 10:15:38 ID:???
>>46
計算すると

 44万人 × 月17万円 × 12ヶ月 = 年8976億円

在日ぶんは8976億円で、1兆4千億円もないのだけれど
その差額 約5千億円は役人がピンハネしているということですか?


48 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/30(月) 11:52:57 ID:???
日本人の生活保護者がいることを忘れているのか?

49 :右や左の名無し様:2006/01/30(月) 14:43:15 ID:???
天皇が民で無いにしても尊重されるべき基本的人権を有し
その基本的人権には平等権も含まれる。
これは在日北朝鮮人にも認められるべき権利。

日本と同様に他国から憲法を押し付けられたドイツは
これを占領終了時に失効するドイツ基本法としている。

50 :RICK.DQN ◆6ORDQNVoZw :2006/01/30(月) 15:54:44 ID:ySnW3Hqp
>>49
>天皇が民で無いにしても尊重されるべき基本的人権を有し
>その基本的人権には平等権も含まれる。
根拠は?

51 :中田:2006/01/30(月) 16:45:06 ID:KlOGHMjd
皇室予算は100億円で、文化財維持費が高かったりするから皇室廃止で
大統領?制ならいまより金かかるしなあ、次体制の見積もりないなら基地外じゃん
しかも皇族の人件費全部で6億円じゃん?
もっと金額減らせて、不平等な事項はあろうにねえ

52 :右や左の名無し様:2006/01/31(火) 02:28:39 ID:???
>>50
前文の、『政治道徳の法則は普遍的なものであり…』を根拠としてあげたい。
天皇が象徴ではあっても、日本国民ではないとする根拠は何に基づくのだろうか?

53 :右や左の名無し様:2006/01/31(火) 02:38:08 ID:???
>>18
読みました。良い本ですね。

54 :◆r0FmiN9ADk :2006/01/31(火) 10:23:04 ID:???
>>52
広義の国民であって、狭義の国民ではないという憲法解釈は一般的だけど
国民ではないから人権は保障されないのではなく、世襲という憲法規定が有る
皇族だから、その憲法規定に基づく一定の人権の制限は妥当で、であるから、
すべての国民に人権があるという場合の国民に含まれないという話である。

順番が逆なんだが、やつは馬鹿だから許してやれ。

で、聞きたいんだが、皇族の人権と天皇の人権は当然に扱いが違うんだが、
天皇において制限されている人権を回復する(つまり通常の公務員が一般よりも
制限される程度の妥当(とあなたが思う)な制限の範囲にするとして、
天皇制が維持されないと思う?俺はそう改定しても天皇制を廃止しなければなら
なくなる事態には陥らないと思うが・・・。(天皇・皇族の人権保障という視点からは・・・だよ)

55 :RICK.DQN ◆6ORDQNVoZw :2006/01/31(火) 11:40:48 ID:rEpnd19m
>>52
>前文の、『政治道徳の法則は普遍的なものであり…』を根拠としてあげたい。
国民じゃあ無いんだから『国民の自由と平等という政治道徳の普遍性』は根拠にならないでしょ。
何故、皇族が国民では無いのか単純に考えると「皇」と「民」は違う身分だと言う事。
>>54はスレの流れが読めていないんでチンプンカンプンだと思うんで言い直してみると
「皇」と「民」は違う身分だと言う根拠は何処にあるか考えると
憲法において国民の基本的人権が認められているが皇族は違うと言うところにある。
憲法において皇族は世襲制で職業選択の自由という基本的人権を認められていない。
基本的人権を認められない国民なんてあり得ないから別の身分である皇族なんだということ。
皇族は国民では無い日本人。

ちなみに政治道徳の普遍性の根拠は誰もが自給自足で生きていければ争いあう必要が無いから
自分の肉体と生産した資源を自由に駆使する権利を平等に与えれば秩序は保たれるであろうと言う事。

>>41
>よそもそうだから、良いんじゃないかと言う現状追認ではなく
ついでのこれにも答えておくと『よそもそうだから』ではなく
三権分立の為に国民の権力を示す権威を持った国民の機関が
内閣総理大臣や最高裁判所長官を任命や憲法改正、法律、政令及び条約の公布を行う。
つまり民主主義の徹底の為に象徴天皇制はある。

22 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)