2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ナナ*パスローラのスレ*ナナ

1 :ナナ☆パスローラ ◆7KTtrvLVOc :2005/12/05(月) 22:47:42 ID:EM3Haqti
ここは、ナナ☆パスローラのスレ。

ナナが気ままに遊ぶスレです。

2 :ナナ☆パスローラ ◆7KTtrvLVOc :2005/12/05(月) 23:47:43 ID:EM3Haqti
壁がつるつるネトネト。そっと壁に合わせた手が取れなくなってしまったわ。
昨日は、あんなにピカピカさらさらだったのに。
手の平が消えてしまった。
手を強く引き取ろうとすると、壁がぼわんと音を立てて
抵抗する。
わたしには、もう手の平がなくなった。
手の平は、壁に埋もれて壁の一部になってしまった。
これ以上力の出なくなったわたしは、、
取れなくなった手を伸ばしたままその場に座り込んだ。
白い手。白いセーターの袖と同じ白い手。
首にも体にも白く巻きつくセーターと白い手。
壁には蜘蛛。蜘蛛の足の節が壁の表面に浮き上がる。
壁の中に蜘蛛がいる。いつもは見えない蜘蛛が壁から
浮き上がろうとする。これでは蜘蛛の餌食になってしまう。
そう確信したわたしは、手の平に力をこめてグーを作る。

3 :ナナ☆パスローラ ◆7KTtrvLVOc :2005/12/06(火) 21:11:03 ID:6+ttjTZh
例えば、家。
密集する蟻のうごめく道に面した家。
蟻はパスローラの家には少しも向きを変えず道なりに進んでいく。
パスローラには聞こえる蟻の無数の足音が。
そういう家。

家の自室の壁にそっと手の平を置く。
壁の気を貰うのはいつでも気持ちいいから。
わたしは不意に異変を察知した。
壁が思うようでない。
手のひらは壁に取られ、幾度のトライにもどうしようもなく疲れ果て座り込む。
壁は白だった。その白と同じ白のセーターをわたしは着ていた。
壁との境の無くなりかけて行くわたし。
壁が隆起した。
壁の表面がくの字にせり出してくる。蜘蛛の足。とっさに思う。
壁は中には巨大な蜘蛛がいる。手の平は以前壁に取られたままだ。
これでは蜘蛛の餌食になってしまう。
そう確信したわたしは、手の平に力をこめてグーを作る。


2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)